何気なく使っている言葉の意味

「ばつ が・悪い」 (「ばつ が・わるい」) 「皆さん」は 「ばつ が・悪い」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「ばつ が・悪い」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「ば つ」に 「相 当・する」 「漢・字」は 「無…

何気なく使っている言葉の意味

「朴・念.・仁」 (「ぼく・ねん・じん」) 「皆さん」は 「朴・念・仁」 と、いう 「慣 用・句」を「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「朴・念・仁」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「人 の・性格」を 「表 す・表現」で 「無・口」で 「…

何気なく使っている言葉の意味

「叩けよ さらば・開かれん」 (「たたけよ さらば・ ひらかれん」) 「皆さん」は 「叩けよ さらば・開かれん」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「叩けよ さらば・開かれん」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「…

何気なく使っている言葉の意味

「一 泡・吹かせる」 (「ひと あわ・ふかせる」) 「皆さん」は 「一 泡・吹かせる」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「一 泡・吹かせる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「創 意・工夫」を 「凝 ら・し」て …

何気なく使っている言葉の意味

「名無し の・権兵衛」 (「ななし の・ごんべえ」) 「皆さん」は 「名無し の・権兵衛」 と、いう 「慣 用・句」を 「聞い た・事」は 「有・り」ませんか? 「子供 の・頃」に 「当た り・前」の 「様」に「使っ て・いた」 「言 い・回し」を 「突・然」に…

何気なく使っている言葉の意味

「我 を・忘れる」 (「われ を・わすれる」) 「皆さん」は 「我 を・忘れる」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「我 を・忘れる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「物・事」に 「心」を 「奪 わ・れる」 「事…

何気なく使っている言葉の意味

「怖い もの・知らず」 (「こわい もの・しらず」) 「皆さん」は 「怖い もの・知らず」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「怖い もの・知らず」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「怖・い」と 「恐・い」は 「…

何気なく使っている言葉の意味

「水 清けれ ば・魚 棲まず」 (「みず きよけれ ば・うお すまず」) 「皆さん」は 「水 清けれ ば・魚 棲まず」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「水 清けれ ば・魚 棲まず」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・…

何気なく使っている言葉の意味

「起 死・回生」 (「き し・かいせい」) 「皆さん」は 「起 死・回生」 と、いう 「四 字・熟語」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「起 死・回生」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「生・死」 と、いう 「極端 な・意味」を 「持 つ・…

何気なく使っている言葉の意味

「腕 が・鳴る」 (「うで が・なる」) 「皆さん」は 「腕 が・鳴る」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「腕 が・鳴る」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「お手て つないで 野道を 行けば」の 「歌・詞」で 「…

何気なく使っている言葉の意味

「意志ある ところ に・道が ある」 (「いしある ところ に・ みちが ある」) 「皆さん」は 「意志ある ところ に・道が ある」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「意志ある ところ に・道が ある」の 「意・味」は 「下・記…

何気なく使っている言葉の意味

「だんまり を・決め込む」 (「だんまり を・きめこむ」) 「皆さん」は 「だんまり を・決め込む」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「だんまり を・決め込む」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「漢・字」で 「…

何気なく使っている言葉の意味

「雪崩 を・打つ」 (「なだれ を・うつ」) 「皆さん」は 「雪崩 を・打つ」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「雪崩 を・打つ」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「なだれ」が 「起こ る・よう」に 「大勢 の・…

何気なく使っている言葉の意味

「親の意見と 冷酒 は・後で 効く」 (「おやのいけんと ひやざけ は あとで きく」) 「皆さん」は 「親の意見と 冷酒 は・後で 効く」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「親の意見と 冷酒 は・後で 効く」の 「意・味」は 「…

何気なく使っている言葉の意味

「薄氷 を・踏む」 (「はくひょう を・ふむ」) 「皆さん」は 「薄氷 を・踏む」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「薄氷 を・踏む」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「いつ・割れて」も 「不思議で・ない」 「…

何気なく使っている言葉の意味

「我が物と 思えば 軽し・笠の 雪」 (「わがものと おもえば かろし・ かさの ゆき」) 「皆さん」は 「我が物と 思えば 軽し・笠の 雪」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「テレビ・ドラマ」で 「こ の」 「ことわざ」を 「…

何気なく使っている言葉の意味

「背筋 が・寒くなる」 (「せすじ が・さむくなる」) 「皆さん」は 「背筋 が・寒くなる」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「背筋 が・寒くなる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「恐・怖」や 「不 気味・さ…

何気なく使っている言葉の意味

「冷や水 を・浴びせる」 (「ひやみず を・あびせる」) 「皆さん」は 「冷や水 を・浴びせる」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「冷や水 を・浴びせる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「相手 の・気分」が …

何気なく使っている言葉の意味

「感謝 感激・雨 あられ (「かんしゃ かんげき・あめ あられ」) 「皆さん」は 「感謝 感激・雨 あられ」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「感謝 感激・雨 あられ」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「全・て」…

何気なく使っている言葉の意味

「雪 と・墨」 (「ゆき と・すみ」) 「皆さん」は 「雪 と・墨」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「雪 と・墨」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「物・事」が 「全・く」 「正・反対」で 「有 る・事」や 「…

何気なく使っている言葉の意味

「しば・れる」 「皆さん」は 「しば・れる」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「しば・れる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「しば・れる」を 「漢字 に・する」と 「凍・れる」と 「書・く」そうです。 「…

何気なく使っている言葉の意味

「胸突 き・八丁」 (「むなつ き・はっちょう」) 「皆さん」は 「胸突 き・八丁」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「胸突 き・八丁」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「胸 を・突かれ」た 「様」に 「苦しく…

何気なく使っている言葉の意味

「風雲 急を・告げる」 (「ふううん きゅうを・つげる」) 「皆さん」は 「風雲 急を・告げる」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「風雲 急を・告げる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「何・か」 「大き な・…

何気なく使っている言葉の意味

「歯 を・食いしばる」 (「は を・くいしばる」) 「皆さん」は 「歯 を・食いしばる」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「歯 を・食いしばる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「苦難 や・困難」 「或 い・は…

何気なく使っている言葉の意味

「蛍雪 の・功」 (「けいせつ の・こう」 「皆さん」は 「蛍雪 の・功」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「蛍雪 の・功」の 「意・味」は 「下・記」で、そうです。 ・「蛍・雪」と は 「苦 労・して」 「勉学 に・励む」…

何気なく使っている言葉の意味

「子供の 喧嘩 に・親が 出る」 (「こどもの けんか に・ おやが でる」) 「皆さん」は 「子供の 喧嘩 に・親が 出る」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「子供の 喧嘩 に・親が 出る」の 「意・味」は「下・記」だ、そうで…

何気なく使っている言葉の意味

「怒れる 拳・笑顔に 当たらず」(「いかれる こぶし・ えがおに あたらず」) 「皆さん」は 「怒れる 拳・笑顔に当たらず」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「怒れる 拳・笑顔に 当たらず」の 「意・味」は 「下・記」だ、そ…

何なく使っている言葉の意味

「目を白黒・させる (「めをしろくろ・させる」) 「皆さん」は 「目を白黒・させる」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「目を白黒・させる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「予想外 の・出来事」に 「驚・き…

何気なく使っている言葉の意味

「虎穴に入らずんば・虎子を得ず」 (「こけつに いらずん ば・ こじを えず」) 「明けまして・おめでとう ございます」 「無責任 な・言い方」 です が 「コロナ に・負けず」に 「頑張っ・て」下さい。 「今・年」は 「寅 が・主役」の 「1・年」に 「成・…

気なく使っている言葉の意味

「きりきり・舞」 (「きりきり・まい」) 「皆さん」は 「きりきり・舞」 と、いう 「慣用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「きりきり・舞」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「充・分」に 「対処 が・出来ない」 「程」に 「や…