2024-01-01から1年間の記事一覧

何気なく使っている言葉の意味

「出る 杭は・打たれる」 (「でる くいは・うたれる」) 「皆さん」は 「出る 杭は・打たれる」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「出る 杭は・打たれる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「才能 や・手腕」が …

何気なく使っている言葉の意味

「寄 り・添う」 (「よ り・そう」) 「皆さん」は 「寄 り・添う」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「寄 り・添う」の「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「誰か や・何処か」と 「体が 触れる・程」 「物 理・的」…

何気なく使っている言葉の意味

「ありがた・迷惑」 (「ありがた・めいわく」) 「皆さん」は 「ありがた・迷惑」 と、いう 「慣 用・句」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「ありがた・迷惑」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「人の 親切や・好意」が 「受ける 人に…

何気なく使っている言葉の意味

「選り取り・見取り」(「よりどり・みどり」) 「皆さん」は 「選り取り・見取り」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「選り取り・見取り」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「よりどり・みどり」と 「ひらがな・…

何気なく使っている言葉の意味

「蛇に 睨まれた・蛙」 (「ヘビに にらまれた・カエル」) 「皆さん」は 「蛇に 睨まれた・蛙」 と、いう 「ことわざ」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「蛇に 睨まれた・蛙」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「蛇に 見込まれた・蛙」…

何気なく使っている言葉の意味

「東 奔・西走」 (「とう ほん・せいそう」) 「皆さん」は 「東 奔・西走」 と、いう 「四 字・熟語」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「東 奔・西走」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「何か の・目的」を 「成し遂げる・ため」に …

何気なく使っている言葉の意味

「一難去って また・一難」 (「いちなんさって また・ いちなん」) 「皆さん」は 「一難去って また・一難」 と、いう 「ことわざ」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「一難去って また・一難」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「一つ…

何気なく使っている言葉の意味

「とんとん・拍子」 (「とんとん・びょうし」) 「皆さん」は 「とんとん・拍子」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「とんとん・拍子」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「物・事」が 「思い通り に・進み」 「順…

何気なく使っている言葉の意味

「運を 天に・任せる」 (「うんを てんに・まかせる」 「皆さん」は 「運を 天に・任せる」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は「有・り」ませんか? 「運を 天に・任せる」の 「意・味」は 「下・記」だそうです。 ・「物事 に・対し」て 「最善 …

何気なく使っている言葉の意味

「水泡 に・帰す」 (「すいほう に・きす」) 「皆さん」は 「水泡 に・帰す」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「水泡 に・帰す」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「予想外 の・事態」に 「起 因・して」 「こ…

何気なく使っている言葉の意味

「呆れて 物も・言えない」 (「あきれて ものも・いえない」) 「皆さん」は 「呆れて 物も・言えない」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「呆れて 物も・言えない」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「余り の・…

何気なく使っている言葉の意味

「看板に 偽り・あり」 (「かんばんに いつわり・あり」) 「皆さん」は 「看板に 偽り・あり」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「看板に 偽り・あり」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「外見 や・表面」は 「…

何気なく使っている言葉の意味

「折り紙・付き」(「おりがみ・つき」) 「皆さん」は 「折り紙・付き」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「折り紙・付き」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「折り紙・とは」 「鑑定書 の・事」で 『確かな 品質…

何気なく使っている言葉の意味

「でんぐり・返し」 (「でんぐり・がえし」) 「皆さん」は 「でんぐり・返し」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「でんぐり・返し」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「地面や 床・等」に 「両手をついた・状態…

何気なく使っている言葉の意味

「諦めは 心の・養生」 (「あきらめは こころの・ ようじょう」) 「皆さん」は 「諦めは 心の・養生」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「諦めは 心の・養生」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「過去 の・失敗」…

何気なく使っている言葉の意味

「桜切る 馬鹿・梅切らぬ馬鹿」 (「さくらきる バカ うめきらぬバカ」) 「皆さん」は 「桜切る 馬鹿・梅切らぬ馬鹿」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「桜切る 馬鹿・梅切らぬ馬鹿」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうで…

何気なく使っている言葉の意味

「溜息 を・吐く」 (「ためいき を・つく」) 「皆さん」は 「溜息 を・吐く」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「溜息 を・吐く」の 「意・味」は 「下・記」だ、 そうです。 ・「嘆息 を・はく」は 「誤 読・なの」で 「…

何気なく使っている言葉の意味

「備えあれば 憂い・なし」(「そなえあれば うれい・なし」) 「皆さん」は 「備えあれば 憂い・なし」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「備えあれば 憂い・なし」の 「意・味」は「下・記」だ。そうです。 ・「事前 の・準…

何気なく使っている言葉の意味

「大目玉 を・食う」 (「おおめだま を・くう」) 「皆さん」は 「大目玉 を・食う」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「大目玉 を・食う」の 「意・味」は 「下・記」だ。そうです。 ・「大目玉 を・食らう」や 「大目玉 を…

何気なく使っている言葉の意味

「瓜・二つ」(「うり・ふたつ」) 「皆さん」は 「瓜・二つ」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「瓜・二つ」の 「意・味」は「下・記」だ、そうです。 ・「親・子」や 「きょうだい・など」 「血縁の ある・人」の 「外・見」…

何気なく使っている言葉の意味

「海老で 鯛を・釣る」 (「えびで たいを・つる」) 「皆さん」は 「海老で 鯛を・釣る」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか。 「海老で 鯛を・釣る」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「エビ・とは」 「魚を 釣る時に…

何気なく使っている言葉の意味

「感・極まる」(「かん・きわまる」) 「皆さん」は 「感・極まる」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「感・極まる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「極まる・とは」 「限度 に・達する」 と、いう 「意・味…

何気なく使っている言葉の意味

「何食わぬ・顔」 (「なにくわぬ・かお」) 「皆さん」は 「何食わぬ・顔」 と、いう 「慣 用・句」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「何食わぬ・顔」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「ウソ を・ついた」り 「失敗したり・して」 「…

何気なく使っている言葉の意味

「苦肉 の・策」 (「くにく の・さく」) 「皆さん」は 「苦肉 の・策」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「苦肉 の・策」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「苦 し・紛れ」に (「くるし・まぎれ」) 「編 み・出…

何気なく使っている言葉の意味

「猫が 顔を洗うと・雨」 (「ネコが かおをあらうと・あめ」) 「皆さん」は 「猫が 顔を洗うと・雨」 と、いう 「ことわざ」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「猫が 顔を洗うと・雨」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「ネコ が 顔を…

何気なく使っている言葉の意味

「見る 影も・ない」 (「みる かげも・ない」) 「皆さん」は 「見る 影も・ない」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「見る 影も・ない」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「過去 の・華やかさ」が 「想像 でき…

何気なく使っている言葉の意味

「どんぶり・勘定」(「どんぶり・かんじょう」) 「皆さん」は 「どんぶり・勘定」 と、いう 「慣 用・句」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「どんぶり・勘定」の「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「収支を 計算・した」り 「帳簿等に 記…

何気なく使っている言葉の意味

「煮え切ら・ない」 (「にえ きら・ない」) 「皆さん」は 「煮え切ら・ない」 と、いう 「慣 用・句」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「煮え切ら・ない」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「態度 や・考え方」が 「曖・昧」で (「あ…

何気なく使っている言葉の意味

「四つ に・組む」 (「よつ に くむ」) 「皆さん」は 「四つ に・組む」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「四つ に・組む」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「互・い」に 「正 面・から」 「ぶつかり・合って…

何気なく使っている言葉の意味

「足を 向けて・寝られない」 (「あしを むけて・ねられない」) 「皆さん」は 「足を 向けて・寝られない」 と、いう 「慣 用・句」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「足を 向けて・寝られない」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「恩…