何気なく使っている言葉の意味

「雪 と・墨」

(「ゆき と・すみ」)

 

「皆さん」は

「雪 と・墨」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「雪 と・墨」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「物・事」が

 「全・く」
 「正・反対」で

 「有 る・事」や

 

 「違・い」が

 「甚 だ・しい」

 (「はなは だ・しい」)

 「事」の

 

 「たとえ」だ

       そうです。

 

「雪 と・墨」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

 「雪 と・墨」とは

 「真っ白 な・雪」と

 「真っ黒 な・墨」を

 「対・比」し

 「正反対 で・ある」
 「様・子」や

 「違・い」が

 「大 き・過ぎ」て

 「比べる に・及ばない」

    と、いう

 「ニュアンス」が

 「由・来」だ、そうです。

 

「雪 と・墨」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです

 

・「雪と・墨」は

 「提灯 に・釣鐘」と

 (「ちょうちん に・つりがね」)

 「同・様」に

 「非常 に・異なり」

 「比 較・出来ない

 「意・味」で

 「用 い・られる」が

 

 「共・に」

 「優劣 を・競う」

 「表現で は・無い」と

 「言 わ・れて」いる。

 

・「彼女 の・考え方」と

 「上司 の・考え方」は

 「全 く・異なる」

 「雪 と・墨」で

 

 「応 接・室」で

 「説 教・される」

 「事」は

 「日 常・茶飯事」だった。
 (「にち じょう・さはんじ」)

 

「雪 と・墨」の

「類 義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「月 と・スッポン」

   (「つき と・すっぽん」)

 

・「大空に輝 く・満月」と

 「泥の中 に・すむ」

 「スッポン の・甲羅」は

 「共 に・丸く」

 

 「形 は・似ている」が

 「存在 価値・には」

 「大き な・違い」が

 「有・り」

 

 「月」を

 「優れ た・もの」

 「スッポン」を

 「劣った・もの」と

 

 「月 と・スッポン」に

 「優劣 を・付けた」

 「表・現」だ、そうです。

 

「雪 と・墨」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「五十歩・百歩」

    (「ごじっぽ・ひゃっぽ」)

 

 「表 面・上」は

 「僅か な・違い」が

 「有・る」が

 「本 質・的」には

 

 「何・ら」

 「違い が・ない」

 「事」の

 「たとえ」で

 

 「中・国」
 「戦国・時代」の

 「思 想・家」
 「孟 子」の

 (「もう し」)

 

 「言・葉」が

 「由・来」だ

       そうです。

 

 「孟 子」は

 「戦・場」で
 「五十歩・逃げた」

 「者」が

 

 「百歩・逃げた」

 「者」を

 「臆 病・者」と

(「おく びょう・もの」)

 

 「嘲笑・した」
  (「ちょうしょう」)

 「事」を

 「引 き・合い」に

 「出・し」て

 「逃げ た・事」に

 「変わ り・ない」から

 「同 じ・だ」と

 「答・え」た、そうです。



「SPEED」は

(「スピード」)

 

「雪が溶けて やがて

   春がくる 頃」の

「歌詞 が・ある」

 

White Love

(「ホワイト・ラブ」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,997・年」に

「リリース」

   し た

「5 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「スピード」

「1,995・年」に

「結成・され」た

「女 性・4人 組」の

 

「ダンス & ボーカル」

「グループ」で

「全・員」が

「沖縄 県・出身」です。

 

「1,996・年」に
「ファースト・シングル」

「BODY & SOUL」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・4位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「レコード・大賞・
   新人 賞」を

「受・賞」しました。

 

「代 表・曲」に

 

White Love

「STEADY」

my graduation」等が

「有・り」ます。

 

「デビュー・当時」
「4・人」の

「平均・年齢」は

「13 .5・歳」で

 

「メンバー・全員」が

「小・中 学生」で

「茶 の・間」の

「注目 を・浴び」ました。

 

「1,997・年」に
「リリース」

   し た

「サード・シングル」

 

「Go !Go  !  Heaven」が

「シングル・曲」で

「自身・初」の

オリコン・1位」で

「ミリオン・セラー」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・アルバム」

 

「Starting Over」が

オリコン・1位」で

「ダブル・ミリオン」を

「記・録」しました。

 

「同・年」に
「リリース」した

「5 th・シングル」

White Love」が

「シングル・曲」で

「歴代・33 位」の

「185・万枚」を

「セールス」し

 

オリコン・1 位」で

「ミリオン・セラー」を

「記・録」し

 

「自身 の・代表曲」の

「一・曲」に

「成・り」ました。

 

「同年・同曲」で

「レコード・大賞・
   優秀作品 賞」を

「受・賞」し

 

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」して

「紅・組」の

「トップ ・バッター」の

「重・責」を

「務・め」ました。

 

「同・年」に

「リリース」した

「6 th・シングル」

my graduation

 

「1,998・年」に

「リリース」した

「7 th・シングル」

「ALIVE」

 

「同・年」に

「リリース」した

「8 th・シングル」

ALL MY TRUE LOVE」と

 

「シングル・4 作品」が

「連続・して」
オリコン・1 位」で

「ミリオン・セラー」に

「成・り」

 

「ALIVE 」で

「レコード・大賞・

「最優秀作品 賞」を
「受・賞」しました。

 

「1,998・年」に
「リリース」した

「ファースト」
ベスト・アルバム

 

「MOMENT」が

「アルバム・作品」で

「歴代・55 位」の

「232・万枚」を

 

「セールス」し

オリコン・1位」で

「ダブル・ミリオン」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「リリース」した

「セカンド・アルバム」

「RISE 」が

 

「アルバム・作品」で

「歴代・72 位」の

「205・万枚」を

「セールス」し

 

オリコン・1位」で

「ダブル・ミリオン」に

「成・り」ました。

 

「1,999・年」に

「リリース」した

「サード・アルバム」

「Carry on my way」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」

「デビュー・以来」

「アルバム・3 作品」が

 

「連続・して」

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「1,999・年」の

「人気・絶頂 期」に

「グループ」の

「発展 的・解散」が

「発表・され」

 

「メンバー」は

「ソロ・活動」を

「開・始」しました。

 

「2,008・年」に

「再・結成」を
「発・表」し

「15 th・シングル」

 

「あしたの 空」を

「リリース」し

「9 年・振り」

「4 回・目」の

 

「紅白・出場」を

「果 た・し」ました。

 

「2,021 年・11月」に

「デビュー」

「25 周年」を

「記念・して」

 

「ファースト」

「トリビュート・アルバム」

「SPEED SPIRITS」を

「リリース」しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,997・年」の

White Love」〜

「2,008・年」の

「あしたの 空」まで

 

「通 算・4 回」

「出・場」しました。

 

 

「SPEED」

White Love

「作・詞」「作・曲」

「伊秩 弘将」

 

果てし ない 

あの雲の 彼方へ

私を つれて いって

その手 を 離さないで ね

 

真冬の 星座 から 

舞いおち た 白い恋

胸の 奥に 降り つもる

心に 染みて 涙になる

       (「しみて」)

仲間とは 違う 

サインで 呼び合う たび

強く なれる

離れてい ても 

いつだって ひとつだ よね

 

もっと ちゃんと いつも 

つかまえて いて

電話が ない 夜は 

強がって でも

ホントは ね I miss you ・・

果てし ない 

星の光の ように

胸いっぱい の 愛で

今あなた を 包み たい

天使が くれた 出逢い は

あの 空を 突きぬけ て

永遠に 輝き続け る

 

白いため息 で

曇った窓に にじむ 

イルミネイション

うれしい ほど

明日が 不安 で 

泣けるもの ね

新しい 手帳にも

あなた の イニシャル が

沢山

 (「たくさん」)

あります ように

次の 約束 が あるから

生きて いける よ

雪が 溶けて 

やがて 春がくる 頃

あなた に とって 

木洩れ日 の ような

 (「こもれび」)

やすらぎ に なって たい

 

果てし ない 

星の生命 の ように

   (「いのち」)

くじけそう に なっても

ずっと 愛し続ける よ

儚い 雪みたい  に

(「はかない」)

この 今の しあわせ が

いつか 

消えてしまわぬ ように

 

「愛して る・・

   抱いて いて・・」

 

果てし ない 

あの雲 の 彼方へ

私を 連れて いって

その手 を 離さないで ね

 

天使が くれた 出逢いは

奇跡 なんか じゃ ないよ

神 様 見つめて て

生まれたて の 愛を

永遠に 大切にするから

- あなた の 為に
   生きて いきたい ・・- 

 

 

※「雪の上 に・霜」

(「ゆきのうえ に・しも」)

 

「雪の上 に・霜」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「積もっ た・雪の上」に

 「霜 が・おりて」も

 「同じ様 な・もの」が

 「加わ る・だけ」で

 

 「余計 な・もの」や

 「無駄 な・もの」の

 「たとえ」だ

    そうです。

 

「雪の上 に・霜」の

「由来 や・語源」は

「特 に・無い」そうです。

 

「雪の上 に・霜」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「雑・談」で

 「ウッカリ・して」

 「友・人」に

 

 「明・日」は

 「彼女・との」

 「大事 な・デート」だと

 「話し て・しまった」ら

 

 「友・人」は

 「行 き・先」から

 「ランチ・メニュー」まで

 「考え て・くれた」が

 

 「彼」は

 「既」に

 「決め て・おり」

 「雪の上 の・霜」で

 

 「単・なる」

 「余・計」な

 「お・節介」だった。

・「念には 念を・入れよ」

    と、いう

 「ことわざ」が

 「有・る」が

 

 「同 じ・作業」を

 「繰 り・返す」

 「事」は

 「雪の上 に・霜」で

 

 「時間 と・労力」の

 「無駄・使い」の

 「様」な

 「気」が、する。

 

「雪の上 に・霜」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

・「屋上屋 を・架す」

    (「おくじょうおく を・かす」)

 

 「屋上屋 を・重ねる」

   (「おくじょうおく を・

  かさねる」)

    と も

 「言・い」ます。

 

・「屋・上」とは
 「屋根 の・上」の
 「平ら に・なっている」

 「部・分」で

   

 「人」が

 「休憩・時間」等に

 「出入り・出来」る

 「場・所」です。

 

 「本・来」

 「屋上 が・あれ」ば

 「雨 や・風」を

 「凌・げ」

 (「しの・げ」)

 

 「十分 な・はず」

    です が

 「屋上 の・上」に

 「更・に」

 

 「屋根 を・作る」

 「事」で

 「慎重・過ぎる」

 「人」が

 

 「無駄 な・物」や

 「余計 な・物」を

 「作る と・いう」

 「意・味」だ、そうです。

 

 「架」は

 (「か」)

 「橋 を・架ける」や

 「虹 が・架かる」等で

 「使 わ・れ」ます。

 

「雪の上 に・霜」の

「対 義・語」を

「検索・して」も
「出 て・来」ません。


・「そつ が・無い」

   (「そつ が・ない」)

 

・「そつ」とは

 

①「無・駄」や

 「無・益」な
 「費・用」の

 「事」や

 

②「手・抜かり」や

 「手・落ち」の

 「事」で

 

 「これ」を

 「否定・する」

 「そつ が・無い」
    と は

 

①「無駄 や・落ち度」が

 「無 い・事」

 

②「手・抜かり」が

 「無 い・事」

 

③「無駄 や・欠点」が
 「無・く」

 「完璧 で・ある」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「橋 幸夫」は

(「はし ゆきお」)

 

「この子 も 霜ン 中 

   こごえ 死ぬ」の

「歌詞 が・ある」

 

「子連れ 狼」

(「こづれ おおかみ」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,971・年」に

「リリース」

   し た

「115 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「橋 幸夫」は

「1,943 年・生まれ」で

「東京 都・荒川 区」
「出・身」の

 

「歌・手」

「俳・優」

「作 曲・家」です。

 

「呉 服・屋」の

「9 ・人」
「きょうだい」の

 

「末っ・子」

   と、して

「生ま・れ」ました。

 

「城西 大学・付属」

「中 学・高 校」の

「学生・時代」は

「悪・童」で

 

「ケンカ」を

「磨 く・為」に
(「みが く」)

「ボクシング・部」に

「所・属」しました。

 

「心配・した」

「母・親」が

「遠藤 実」

(「えんどう みのる」)
「歌謡・教室」に

「通 わ・せた」

「事」が

「歌 の・世界」に

「入・る」

 

「キッカケ」に

「成・リ」ました。

 

「1,960・年」

「高校・在学 中」

「リリース」

   し た

 

「ファースト・シングル」

潮来 笠」で

(「いたこ がさ」)

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「レコード・大賞・
   新人 賞」を

「受・賞」し

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」

   しました。

 

「代 表・曲」に

 

潮来 笠」

「霧 氷」

「子連れ 狼」等が

「有・り」ます。

 

「後・発」で

「デビュー・した」

「舟木 一夫」

「西郷 輝彦」と

「共・に」

 

「御・三家」と

(「ご・さんけ」) 

「称・され」


「アイドル・的」

「人・気」を

「集・め」ました。

 

「ち な・み」に

「更 に・後発」の

「三田 明」を

「含 め・る」と

 

「四・天王」と

(「し・てんのう」) 

「呼 ば・れ」ました。

 

「こ の・時代」

   に は

オリコン・株式 会社」は

「創立され て・おらず」

 

「御・三家」が

「全 盛・期」の

オリコン・順位」は

「有・り」ません。

 

「1,962・年」に
「リリース」

   し た

「27 th・シングル」で

 

「吉永 小百合」

   と の

「ヂュエット・曲」

「いつでも 夢を」が

「ミリオン・セラー」を

「記録・する」

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「日本・レコード・大賞」に

「輝・き」ました。

 

「1,966・年」に

「リリース」

   し た

「84 th・シングル」

 

「霧 氷」も

(「む ひょう」) 

「日本・レコード・大賞」に

「輝・き」ました。

 

「大・賞」の

「2 回・受賞」は

「橋」が

「初 め・て」でした。

 

「作・年」で

「63・回」を
「数 え・た」

「日本・レコード・大賞」

   です が

 

「複 数・回」の

「大・賞」

「受 賞・者」は

「下・記」です。

 

「E X I L E」(「4・回」)

「浜崎 あゆみ」(「3・回」)

「A K B  48」(「2・回」)

「乃木坂 46」(「2・回」)

 

Mr. Children」(「2・回」)

「安室 奈美恵」(「2・回」)

「中森 明菜」(「2・回」)

「五木 ひろし」(「2・回」)

 

「細川 たかし」(「2・回」)

「橋 幸夫」(「2・回」)

   です。

 

「1,964・年」に

「邦・楽」に

「初 め・て」

「エレキ・サウンド」を

「導入・した」

 

「54 th・シングル」

「恋を するなら」で

「レコード・大賞・

   企画 賞」を

「受・賞」しました。

 

「その・後」も

「ゼッケン NO 1 スタートだ」

「涙に さよならを」

「あの娘と 僕」と

 

「一・連」の

「リズム 系・

   歌謡 曲」を 

「発・表」し

 

「人気 と・実力」を

「兼 ね・備え」た
「若手 N O 1・歌手」と

「評価・され」

 

「青春・映画」

   に も

「多・数」

「出・演」しました。

 

「1971・年」に

「リリース」

   し た

「115 th・シングル」

 

「子連れ 狼」が

「日本・テレビ 系」で

「放送・され」た
「テレビ・ドラマ」


「子連れ 狼」の

「主 題・歌」に

「起用・され」

「茶の間 に・浸透」し

 

「レコード・大賞・

   大衆 賞」を

「受・賞」しました。

 

「子連れ 狼」は

萬屋 錦之介」

(「よろずや きんのすけ」)

「主 演・にて」

 

「1,973・年」〜

「1,976・年」まで

「放送・され」た

「テレビ・時代劇」です。

 

「母・親」を
「柳生・一族」に

「殺 さ れ・て」

「刺・客」の

(「し・かく. 殺し屋」)

「父・親」

「拝 一刀」と

(「おがみ いっとう」)

「二・人」で

 

「木・製」の
「乳 乳・車」に

(「う ば・ぐるま」)

「乗・り」
「旅・する」

「わずか・3 歳」の

「大五郎」が

「不・憫」でした。

(「ふ・びん」)

 

「2,000・年」

   に は

「T B S・テレビ  系」で

「放送・され」た

 

「テレビ・ドラマ」

「水戸 黄門」の

「主 題・歌」に

「起用・され」た

 

「ああ 人生に 涙あり」を

「御・三家」

「揃 い・踏み」で

(「そろ い・ぶみ」)

「歌・唱」しました。

 

「2,005・年」に

「橋」の

「デビュー・45 周年」を

「記・念」し

 

「茨城 県・潮来 市」の

「前川 あやめ園」に

「記 念・碑」が

「建 立・され」

  (「こん りゅう」)

   

潮来 笠」の

「歌・詞」が

「刻 ま・れ」ました。

 

「2,021 年・10 月」に

「80 歳の・誕生日」を

「迎 え・る」」

「2,023 年・10 月」を

「以っ・て」

 

「歌手・活動」
   か ら

「引退・する」と

「発・表」しました。

 

「加齢 に・よる」
「声・帯」の
「筋肉 の・衰え」で

「歌 う・事」が

 

「困難 に・なった」

「事」が

「引退・理由」だ
   そうです。

 

「テレビ・ドラマ」

「出 演・等」の

「芸能・活動」は

「継続・する」そうです。

 

「私・生活」

   で は

 

「1,971・年」

「28 歳の・時」に

「スチュワーデス」の

(「キャビン・アテンダント」) 


「一般人・女性」と

「結・婚」し

「1,974・年」に

「第一子・長女」を

 

「1,977・年」に

「第二子・長男」を
「儲 ・け」

「47・年間」

「連れ添 い・ました」が

 

「2018・年」

「74 歳の・時」に

「熟年・離婚」

   しました。

 

「同・年」
「離婚・直後」に

「18 才・年下」で

「事務所・スタッフ」の

 

「一般人・女性」と

「再・婚」しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,960・年」の

潮来 笠」〜

「1,998・年」の

「いつでも・夢を」まで

(「4 回・目」)

 

「通 算・19 回」

「出・場」しました。

 

 

「橋 幸夫・若草児童 合唱団」

「子連れ 狼」

「作・詞」「小池 一雄」

「作・曲」「吉田 正」

 

〈セリフ〉

 

「小高い丘の 城跡の

   くずれかけて た

   東屋で その子は

(「あずまや」)

   父を 待って いた

   この日の 朝には

   帰るはずの 父で あった。

   それが 三ツ目の 朝となり

   四ツ目の夜 が来て

   五ツ目の 朝が 雨だった。」

 

しとしと ぴっちゃん・

しと ぴっちゃん

しと ぴっちゃん

 

哀しく 冷たい 雨 すだれ

(「かなしく」)

おさない 心を 凍てつか せ

                     (「いて」)

帰らぬ 父を 待って いる

      (「ちゃん」)

ちゃん の 仕事 は 刺客 ぞな

                        (「しかく」)

しとしと ぴっちゃん・

しと ぴっちゃん

 

涙 かくし て 人を 斬る

                          (「きる」)

帰りゃ いい が 

帰りゃん ときゃ あ

この子 も 雨ン中 骨に なる

この子 も 雨ン中 骨に なる

あ・・大五郎 まだ 三才

                        (「みっつ」)

 

しとしと ぴっちゃん・

しと ぴっちゃん

 

ひょう ひょう しゅるる・

ひょう しゅるる
ひょう しゅるる

 

さびしく ひもじい 北風

こけし頭 を なでて いく

帰らぬ 父は いま どこ に

ちゃん の 仕事は 刺客 ぞな

 

ひょうひょう しゅるる・

ひょう しゅるる

 

涙 かくし て 人を 斬る

帰りゃ いい が 

帰りゃん ときゃ あ

この子 も 雨ン中 土に なる

この子 も雨 ン中 土に なる

あ・・大五郎 まだ 三才

 

ひょうひょう しゅるる・

ひょう しゅるる

 

〈セリフ〉

 

「六ツ目 の 朝 霜が おりた

   季節の 変わり目 を

   つげる 別れ霜 が・・」

 

ぱきぱき ぴきんこ・

ぱき ぴきんこ
ぱき ぴきんこ

 

雨風 凍って わかれ 霜

  (「こおって」)

霜 ふむ 足が かじかん で

父を さがし に 出ていく 子

ちゃん の 仕事 は 刺客 ぞな

 

ぱきぱき ぴきんこ・

ぱき ぴきんこ

 

涙 かくし て 人を 斬る

帰りゃ いい が 

帰りゃん ときゃ あ

この子 も 霜ン中 こごえ 死ぬ

この子 も 霜ン中 こごえ 死ぬ

あ・・大五郎 まだ 三才

 

ぱきぱき ぴきんこ・

ぱき ぴきんこ

 

 

「雪 と・墨」を
「英・語」で

 

 「as didiferent as

       chalk and cheese」と

 

 【「白・墨」と「チーズ 」ほど も・

       (「はく・ぼく」)

        違う」】

 

 「言・う」そうです。

何気なく使っている言葉の意味

「しば・れる」

 

「皆さん」は

「しば・れる」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「しば・れる」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「しば・れる」を

 「漢字 に・する」と

 「凍・れる」と

 「書・く」そうです。

 

 「北海道」や

 「東北 地方」

 「特・有」の

 「方言・だと」

 「思って・いる」

 「人 」が

 「い る」

 「そうです」が

 

 「しば・れる」を

 「厳しく・冷え込み」

 「痛い ほど・寒い」

    と、いう

 

 「感覚的 な・表現」を

 「正 し・く」

 「使っ て・いる」

 「人」が

 

 「95 %・以上」で

 「全国・共通 語」と

 「認知・出来」る

 「言・葉」だ、そうです。

 

「しば・れる」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「余り に・寒く」

 「体 が・縛られ」て

 「身動 き・出来ない」

 「様」に

 

 「感じ る・事」が

 「由・来」だ、そうです。

 

 「外・気」が

 「氷点下 15 °c 以下」に

 「冷 え・込んだ」

 「快晴 の・朝」で

 

 「湿度 が・高く」

 「風 の・無い 日」に

 「ご く・まれ」に

 「霧 が・氷結」し

 

 「幻 想・的」で

 「神 秘・的」な

 「ダイヤモンド・

    ダスト」に

 

 「遭遇・出来る」

    そうです。


 「ダイヤモンド・
    ダスト」と

 「似 た・現象」の
 「オーロラ」は

 

 「北・米」や

 「北・欧」で

 「ご く・まれ」に

 「見 ら・れる」

    そうです。

 

「しば・れる」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「大学生 の・時」

 「同 じ・部活」で

 「北海道・育ち」の

 「人 に・聞いた」が

 

 「真冬 に・なる」と

 「外」は

 「しば・れる」

    「様」に

 「寒 く・て」も

 

 「家 の・中」は

 「暖・炉」等の

 「暖房・設備」が

 「充実して・いて」

 

 「快・適」に

   「過 ご・せる」そうだ。

 

・「彼」は

 「しば・れる」

 「様」な

 「寒 さ・なの」に

 

 「手・袋」を

 「家・に」
 「忘れ て・来て」

 「しまった」ら

 

 「彼・女」は

 「自分 の・コート」の

 「ポケット の・中」に

 「彼の手 を・誘い」

 

 「にぎ り・しめ」て

 「温め て・くれた」

       そうだ。

 

「しば・れる」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

・「極・寒」

   (「ごっ・かん」)

 

・「きわめ て・寒い」

 「事」や

 「非常 に・寒い」

 「事」で

 

 「冬 の・寒さ」の

 「最も厳しい・時期」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「しば・れる」

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「寒さ が・緩む」

   (「さむさ が・ゆるむ」)

 

・「そ れ・まで」の
 「厳しかった・寒さ」が

 「和 ら・ぎ」

 (「やわ ら・ぎ」)

 

 「落 ち・着く」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 

「鶴岡 正義」と・

「東京・ロマンチカ」は

(「つるおか まさよし」)

 

「こんなに しばれる 星空 だから

   語り明かした 吹雪の 夜を」の

「歌詞 が・ある」

 

「小樽の ひとよ」

(「おたる」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,967・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」で

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「東京・ロマンチカ」は

「1,965・年」に

「作 曲・家」の
「鶴岡 正義 を・中心」に

 

「結成・した」

「男性・7 人 組」の

「コーラス・

   グループ」で

 

「ムード・歌謡」を

「代 表・する」

「グループ」の

「一・つ」です。

 

「1,967・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」で

 

「北海道・小樽 市」の

「ご 当地・ソング」

「小樽の 人よ」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

「テレビ・朝日 系」で

「放 送・され」た
「テレビ・ドラマ」

 

「霧のロマン 小樽の女」の

「主題歌 に・起用され」

「150・万枚」を

「セールス・する」

 

「ミリオン・セラー」の

「大 ヒット曲 に・なり」

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「代 表・曲」に

 

「小樽の 人よ」

「君は心の 妻だから」

「旅路の 人よ」等が

「有・り」ます。

 

「1,968・年」に

「リリース」

   し た

「8 th・シングル」

 

「旅路の 人よ」で

「レコード・大賞・

   歌唱 賞」を

「受・賞」しました。

 

「1,969・年」に

「リリース」

   し た

「10 th・シングル」

 

「君は心の 妻だから」が

「自身・2 番目」の

「50・万枚」を

「セールス・し」

 

「日本有線・大賞・

   スター 賞」を

「受・賞」しました。

 

「2,014・年」に

「グループ」の

「リーダー」で

「ギター・奏者」の

 

「鶴岡 正義」が

「レコード・大賞・
   功労 賞」を

「受・賞」しました。

 

「ボーカル」の

「三條 正人」は

(「さんじょう まさと」)

「1,943 年・生まれ」で

 

「滋賀 県・大津 市」

「出・身」の

「歌・手」です。

「県・立」

膳所・高校」を

「卒 業・後」

 

「法政・大学」に

「進・学」しました。

 

「大学・在学 中」に

「コーラス・グループ」を

「結・成」し

「ダンス・ホール」で

 

「プロ・歌手」

   と、して

「活・動」を

「始・め」ました。

 

「1,967・年」

「24 歳の・時」に

「鶴岡 正義 と・
   東京ロマンチカ」に

 

「リード・ボーカル」

   と、して

「迎え入 れ・られ」
   ました。

 

「甘 く・切なく」

「且・つ」

「美 し・く」

「哀愁 を・帯びた」

「歌・声」は
「ムード歌謡・全盛期」

   で、あった

「当・時」の

「大人 の・心」を

「大 き・く」
「揺 さ・振り」ました。

 

「1,973・年」

「30 歳の・時」に

「1 才・年下」の

「大・女優」

 

「香山 美子」と

(「かやま よしこ」)

「結・婚」し

「長・男」を

「儲・け」ました。

 

「2,017 年・10 月」

「悪性・リンパ腫」の

(「血液 の・ガン」)

「診断・にて」

 

「家・族」に

「看取ら れ・ながら」

「永・眠」しました。

 

「享・年」
「74・歳」でした。

 

「紅白・歌合戦」

   に は

 

「1,968・年」の

「小樽の 人よ」〜

「1,973・年」の

「君は心の 妻だから」まで

(「2 回・目」)

 

「6 年・連続」で

「出・場」しました。

 

「鶴岡 正義」と・

「東京 ロマンチカ」

「小樽の 人よ」

「作・詞」「池田 充男」

「作・曲」「鶴岡 正義」

 

逢いたい 気持ち が 

まま なら ぬ

北国の 町は つめたく 遠い

粉雪 まいちる 小樽の 駅に

ああ ひとり 残して 

来た けれど

忘れは しない 愛する 人よ

 

二人で 歩いた 塩谷の 浜辺

                (「しおやの はまべ」)

偲べば 懐かし 古代の 文字 よ

(「しのべば なつかし」)

悲しい 別れ を 二人で 泣いた

ああ 白い 小指 の つめたさ が

この手の 中に いまでも 残る

 

小樽は 寒かろ 東京 も

こんなに しばれる 星空 だから

語り明かし た 吹雪の 夜を 

ああ 思い出してる 僕 だから

かならず いくよ 待ってて おくれ

待ってて おくれ

 

 

※「凍て つ・く」

  (「いて つ・く」)

 

「凍て つ・く」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

・「凍 り・つく」の

 (「こお り・つく」

 「比 喩・的」な

 (「ひ ゆ・てき」)

 「表・現」で

 「や や」

 「文 学・的」な

 「表現 の・中」で
 「しば・しば」

 

 「使 わ・れる」

 「事」が

 「多 い・言葉」だ

    そうです。

 

「凍て つ・く」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

 「辺・り」の

 「空・気」が

 「凍 る・ほど」に

 (「こお る」)

 「寒 い・事」が

 「由・来」だ

    そうです。

 

「凍て つ・く」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「こんな」に

 「凍てつ く・夜」は

 「鍋物 を・肴」に

             (「さかな」)

 

 「熱・燗」で

 (「あつ・かん」)

 「体を温める・のが」

 「一・番」だ。

 

・「凍て つ・く」

 「様」な

 「寒さ の・中」

 「二人 は・ベンチ」で

 

 「身」を

 「寄 せ・合って」
 「星・空」を

 「見上 げ・て」いた。

 

「凍て つ・く」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。


・「氷結・する」

   (「ひょうけつ・する」)

 

・「一般・的」には
 「空・気」が

 「凝 固・点」(「0° C」)

 (「ぎょう こ・てん」)
 「以下 に・なり」

 

 「液・体」が
 「凝・固」し

 「固化・する」

 (「こか」)

    と、いう

 

 「意・味」だ

    そうです。

 

「凍て つ・く」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「うだるよう な・暑さ」

   (「うだるよう な・あつさ」)

 

・「うだる」は

 「暑・さ」を

 「形容・する」

 「表・現」で

 

 「最 高・級」の

 「暑・さ」を

 「意味・する」

 「言・葉」だ、そうです。

 

 

・「桂 銀淑」と「浜 圭介」は

   (「けい うんすく」と

    「はま けいすけ」)

 

「夜の札幌 あなたに 逢えて

   凍てつく 心に 灯りが ともる」の

「歌詞 が・ある」

「北 空港」

(「きた くうこう」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,987・年」に

「リリース」
   し た

「作 曲・家」

 

「浜 圭介」と

「桂 銀淑」の

「師 弟・コンビ」に

   よ る

 

「初」の

「ヂュエット・ソング」で

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

You Tube」で

「聴い て・いる」と

「浜 圭介」の

「歌・声」は

 

「石原 裕次郎」の

「歌声 と・歌い方」を

「彷彿 と・させ」ます。

(「ほうふつ」)

 

「浜 圭介」は

「1,946 年・生まれ」で

「中国・満州

「出・身」の

 

「作 曲・家」

「元・歌手」です。

 

「1,974・年」
「28 歳の・時」に

「1 才・年下」で

「歌・手」の

 

「奥村 チヨ」と

「結・婚」しました。

 

「二・人」は

「おしどり・夫婦」

   と、して

「知られ て・います」が

 

「残念・ながら」
「子供・には」

「恵まれ・なかった」
「様」です。

「作 曲・家」

   と、して

「提供・した」
「代 表・曲」に


「終着 駅」

(「奧村 チヨ」)

「そして 神戸」

(「クール・ファイブ」)

 

「雨」

(「三善 英史」)

「街の 灯り」

(「堺 正章」)

 

「折 鶴」

(「千葉 紘子」

「酔っ払っちゃた」

(「内海 美幸」)

 

「ホテル」

(「島津 ゆたか」)

「望郷 じょんがら」

(「細川 たかし」)

 

「すずめの 涙」「夢 おんな」

「酔いどれて」「北 空港」

「真夜中の シャワー」

(「桂 銀淑」)

 

「石狩 挽歌」

(「北原 ミレイ」)

「舟 唄」「雨の 慕情」

(「八代 亜紀」)

 

「哀しみ本線 日本海

(「森 昌子」)

「心 凍らせて」

(「高山 巌」) 等

 

「数 え・上げれ」ば

「キ リ」が

   ありません。

 

「2,005・年」に

「紫綬・褒章」を

「しじゅ・ほうしょう」)
「受・賞」しました。

 

「桂 銀淑」は

(「けい うんすく」)

「1,961年・生まれ」で

「韓国・ソウル 市」

「出・身」の

「演歌・歌手」

「モデル」です。

 

「1,977・年」

「高校生 の・時」に

「韓国 の・モデル」

   と、して

 

「芸能 界・入り」

   しました。

 

「1,979・年」に

「韓・国」で

「歌手・デビュー」
   しました。

 

「浜 圭介」に

「見出・され」て

「1,985・年」

「24 歳の・時」に

 

「ファースト・シングル」

「大阪 暮色」で

「日本・デビュー」

   しました。

 

「独・特」の

「ハスキー・ボイス」が

「視 聴・者」の

「心 を・とらえ」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「北 空港」

「すずめの 涙」

「べサメ ムーチョ」等が

「有・り」ます。

 

「1,987・年」に

「リリース」し た

「セカンド・シングル」

「すずめの 涙」が

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「同・年」に

「リリース」した

「ファースト」

「デュエット・曲」

「北 空港」は

「数・ある」

「デュエット・曲」の

「中」でも

「人気 が・高く」

「常 に・上位」に

「ランク・イン」
「して・いる」そうです。

 

「以・後」も

「1,988・年」の

「4 th・シングル」
「夢 おんな」

 

「1,989・年」の

「5 th・シングル」

「酔いどれ て」

 

「1,990・年」の

「7 th・シングル」

「真夜中の シャワー」

 

「1,991・年」の

「9 th・シングル」

「悲しみの 訪問客」

 

「1,994・年」の

「12 th・シングル」

「花のように 鳥のように」

 

「1,995・年」の

「13 th・シングル」

「べサメ ムーチョ」等

 

「ヒット・曲」を

「連・発」し

「多くの・音楽 賞」を

「受・賞」しました。

「レコード・大賞」

   で は

「通 算・5 回」

「各・賞」を
「受・賞」しました。

 

「2,007 年・11月」

覚醒剤 取締法・違反」で

(「所・持」)

「現行 犯・逮捕」
   されました。

 

「桂 銀淑」は

「自分 が・使うつもり」と

「容疑 を・認め」
「謝・罪」しました。

 

「同 年・12 月」に

「懲役・1 年 6ヶ月」

「執行 猶予・3年」の

「有 罪・判決」を

 

「東京・地裁」

   か ら

「言 い・渡され」

   ました。

 

「こ の・結果」

「桂 銀淑」は

「国 外・追放」と
「成・り」

 

「日 本・で」の
「活・動」に

「終 止・符」が

「打 た・れ」ました。

 

「現在・60 歳です」が

「韓・国」で
「再・始動」し
「2,019・年」に
「37 年・振り」に

 

「アルバム」

「Re : Birth」を

「リリース・した」

   そうです。

 

「私・生活」

   で は

「1,992・年」

「31 歳の・時」に

「実 業・家」の

「キム・ヨンス」と

 

「結・婚」し
「玉 の・輿」と

(「たま の・こし「)

「話題 に・なる」も

 

「1998・年」に

「離・婚」しました。

「二人 の・間」に

「子供 は・いない」

   そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,988・年」の

「すずめの 涙」〜

「1,994・年」の

「花のように 鳥のように」まで

 

「7 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「桂 銀淑」&「浜 圭介」

「北 空港」

「作・詞」「やしろ よう」

「作・曲」「浜 圭介」

 

〈女〉

夜の 札幌 あなたに 逢え て

凍てつく 心に 灯りが ともる

                     (「あかり」)

 

〈男〉

これから は 二人だ よ 

もう 泣かない で

ついて おいで よ

淚を 捨てて 過去さえ 捨てて

 

〈男・女〉

愛が 飛び立つ 北 空港

 

〈男〉

夜の 札幌 おまえに 惚れ て

                              (「ほれ」)

さすらう 旅路 に 明日が 見える

 

〈女〉

信じて も いいです ね 

もう あなた だけ

命 尽くす わ

淚を 捨てて 過去さえ 捨てて

 

〈男・女〉

愛が 飛び立つ 北 空港

 

〈女〉

夜の 札幌 舞い散る 雪も

 

〈男〉

二人の 夜空 で 

咲く花 に なる

どこまで も 一緒 だよ 

もう 離れず に

 

〈女〉

夢を 探そう

 

〈男・女〉

淚を 捨てて 過去さえ 捨てて

愛が 飛び立つ 北 空港

 

 

「しば・れる」を

「英・語」で

「Be tied up」と

 

(「しば・れる」)

 

「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「胸突 き・八丁」
 (「むなつ き・はっちょう」)

 

「皆さん」は

「胸突 き・八丁」

   と、いう

 

「慣 用・句」を 

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「胸突 き・八丁」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「胸 を・突かれ」た

 「様」に

 「苦しくな る・状況」の

 「事」で

   

 「苦し い・所」を

 「何回 も・乗り越えた」

 「後」に

 「最後 に・迎え」た

 「最・難関」や

 

 「長 い・過程」に

 「於 い・て」

 「最・も」

 「苦し く・なる」

 

 「正 念・場」

  (「しょう ねん・ば」)
    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「胸突 き・八丁」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「日・本」が

 「世界 に・誇る」

 「富 士・山」が
 「由・来」だ、そうです。

 

 「富 士・山」の

 「頂 上・付近」

 「9 合・目」

    に は

 

 「急・斜面」の

 「上り坂 が・あり」

 「この・場所」が

 「最・難関」と

 

 「言 わ・れ」て

    います。

 

 「そ の」

 「険 し・い」

 「上 り・斜面」が

 「八丁 も・続き」

 (「872・m」)

 

 「上る の・が」

 「余 り・にも」

 「き つ・い」

 「為」に

 

 「胸突 き・八丁」
    と、いう

 「言・葉」が
 「出・来」た、そうです。

 

「胸突 き・八丁」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

 

・「私」は

 「高校生 の・時」

 「夏 休・み」を

 「利・用」し

 

 「友人 と・二人」で

 「槍 ヶ・岳」

 「穂 高・岳」

 「等」の

 

 「北・アルプス」

 「連・峰」を

 「登・山」しました。

 

 「途・中」で

 「富 士・山」に

 「立 ち・寄り」

 「登 り・ました」が

 

 「体力 が・有った」

    の で

 「休憩 も・なし」に

 「前を歩 く・人達」を


 「追 い・越し」て

 「胸突 き・八丁」を

 「楽・々」と

 「登 り・切り」ました。

 

 「む し・ろ」

 「砂 の・斜面」を

 「一・気」に

 「駆 け・下りる」

 

 「帰・り」の

 「須 走・ルート」で

 「転 げ・落ちる」

 「危険 な・目」に

 

 「遭 った・事」を

 「記 億・して」います。

   

・「彼」は

 「人・知れず」

 「も が・き」

 「苦し み・ながら」

 

 「最・後」の

 「一 番・苦しい」

 「胸突 き・八丁」を

 「乗 り・超え」て

 

 「何・と」か

 「目・標」を

 「達・成」した。

 

「胸突 き・八丁」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「天 王・山」
   (「てん のう・ざん」)

 

 「1,582・年」に

 「織田 信長」を

 「本能寺 の・変」で

 「討っ・た」

 

 「明智 光秀」と

 「羽柴 秀吉」が

 (「豊臣 秀吉」)

 「戦っ・た」

 

 「世紀 の・合戦」

 (「せいき の・かっせん」)

 「山崎 の・戦い」が

 「由・来」で

 

 「勝敗 や・運命」の

 「分か れ・目」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「胸突 き・八丁」の

「対 義・語」を

「検 策・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「平 々・凡々」

   (「へい へい・ぼんぼん」)

 

 「特」に

 「普段 と・変わった」

 「事」や

 「刺激 も・無く」

 

 「ご く」

 「ありふれ て・いる」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「村田 英雄」は

(「むらた ひでお」)

 

「胸突き八丁の 道ばかり

   それが 夫婦 と

   軽く は 言うが」の

「歌詞 が・ある」

 

「夫婦 春秋」

(「めおと しゅんじゅう」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,967・年」に

「リリース」

   し た

「47 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に
「成・り」ました。

 

「村田 英雄」は

「1,929 年・生まれ」で

「佐賀 県・唐津 市」

「出・身」の

 

「演 歌・歌手」
「俳・優」 で

「愛・称」は

「ムッチー」でした。

 

「浪・曲」で

「鍛 え・上げ」た

「歌・声」と

「男 ら・しい」
「風・貌」を

 

「持 ち・味」に

「戦 後・歌謡界」の

「黄 金・期」を

「リード・した」

 

「演 歌・界」を

「代 表・する」

「歌・手」の

「一・人」でした。

 

「13 歳の・時」に

「浪・曲」の

「真打 に・昇進」

   しました。

 

「1,945・年」

終戦・間際」の

「16 歳の・時」に

「海軍 に・志願」し

 

佐世保・基地」の

「輸 送・班」に

「配 属・され」ました。

 

「終 戦・後」の

「1,949・年」に

「妻 と・共」に
「上・京」しました。

 

「たま・たま」

「村田 の・浪曲」を

「聴い て・いた」

「当・時」

「随・一」の

「作 曲・家」

「古賀 政男」に

「見 出・され」て

 

「浪 曲・家」

   か ら

「演 歌・歌手」に

「転・向」しました。

 

「1,958・年」に

「浪・曲」を

「歌謡 曲・化」
   し た

 

「ファースト・シングル」

「無法松 の 一生」で

「デビュー」しました。

 

「代 表・曲」に

 

「王 将」

「人生 劇場」

「夫婦 春秋」等 が

「有・り」ます。

 

「1,961・年」に

「リリース」

   し た

「30 th・シングル」

 

「王 将」が

「ミリオン・セラー」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「日本・レコード・大賞」に
「輝・き」

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「相 乗・効果」に

   よ り

「かつ て・歌った」
「人生 劇場」

 

「無法松 の 一生」が

リバイバル

   ヒット」に

「成・り」ました。

 

「1,967・年」に

「歌手・生活」

「10 周年 を・記念」して

「リリース・した」

 

「47 th・シングル」

「夫婦 春秋」が

「日本 作詞大賞・特別賞」を

「受 賞・する」

 

「ミリオン・セラー」の
「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「デヴュー・当初」から

「一 貫・して」

「男・人生・夫婦」を

「テーマ と・した」


「演・歌」を

「歌 い・続け」

   ました。

 

「同 じ・時代」に
「活・躍」し

「歌 謡・界」を
「リード・した」


「三橋 美智也」

「春日 八郎」と

「三人 の・会」を

「結・成」し

 

「ジョイント・

   コンサート」を

「数多 く・開催」
   しました。

 

「俳・優」と

   して  は

「身 長・160 cm」と
「小 柄・ながら」

 

「男らしい 風貌」と

「鍛 え・上げ」た

「声」で

「任 侠・映画」 に


「欠か せ・ない」
「主 演・スター」

   と、して

「大・活躍」しました。

 

「鶴田 浩二」

「高倉 健」

「北島 三郎」

「千葉 真一」等 と

 

「多数 の・作品」で

「共・演」しました。

 

「村 田」は

「無類 の・酒 好き」で

「肉 を・好み」

「大 の・野菜 嫌い」でした。

 

「こう し・た」

「生 活・習慣」が

「影・響」し

「35 歳の・時」に

「糖 尿・病」を

「発・症」しました。

 

「1,973・年」

「44 歳の・時」に

「糖 尿・病」 の

「悪化 で・倒れ」て

 

「1 年間 の・休業」を

「余儀な く・され」

   ました。

 

「以・後」
「糖 尿・病」と

「闘 い・ながら」
「演・歌」が

「再・び」

「注 目・される」まで
「歌う と・いう」

「執・念」で

 

「精 力・的  に
「活・動」し

「世間 の・注目」を

「集・め」ました。

 

「村 田」の

「人・生」は

「糖尿 病・との」

「闘い と・なる」も

 

「1,995・年」

「65 歳の・時 まで」

「ステージ」に
「立 ち・続け」ました。

 

「同・年」に

「糖 尿・病」との

「合 併・症」が

「深刻 に・なり」

 

「急 性・心筋 梗塞」と

「心・不全」で

「一時・危篤状態」に

「成・り」ました。

 

「1,991・年」に

「三人 の・会」の

 「一・人」で

「5 年・先輩」の

 

「春日 八郎」が

「没・し」 

 

「1,996・年」に

「1 年・先輩」の

「三橋 美智也」が

「死・去」しました。

 

「村 田」が

「一 ・番」

「信頼して・い た」

「三橋 の・死去」は

 

「村 田 」

   に・とって

「大き な・ショック」

   でした。

 

「1,996・年」に

「そう・した」

「心労 が・重なり」

「下・脚」が
(「か・し」)

 

「壊 死・する」

(「え し」)
「病・気」で

「右脚 を・切断」

   しました。

 

「村 田」は

「一・切」

「無 に・なりたい」と

「剃・髪」しました。

(「てい・はつ」)

 

「坊 主・頭」と
「作 務・衣」

(「さ む・え」) 

「衣・装」が

 

「村 田」の

「歌 唱・姿」の

「トレード・マーク」に

「成・り」

 

「全 国・公演」を

「実・施」し

「復・活」を

「アピール」 しました。

 

「1,997・年」に

「今・まで」

「飲ん だ・事」の

「無かっ・た」

「白・ワイン」を

「酒 と・知らず」に

「大量 摂取 ・した」

「為」に


「生・死」を
「さま よ・い」

   ました。

 

「2,001・年」

   に は

「左脚 も・切断」

   しました。

 

「村 田」は

「脚」が

「無 く・て」も

「歌 え・る」と

 

「自ら を・鼓舞」し

              (「こぶ」)

「ます・ます」

「存 在・感」を
「示・し」ました。

 

「同・年」に

「同 じ・く」

浪曲 師・出身」で

「長年 の・ライバル」と

 

「言 わ・れ」た

「6 年・先輩」で

「1,964・年」に
「開 催・され」た

 

「東 京・オリンピック」の
「テーマ・ソング」

「東京 五輪・音頭」 を

                (「おんど」)
「歌っ・た」

 

「三波 春夫」が

「死・去」しました。

 

「村 田」は

「こ れ・で」

「生 き・残って」

「い る・のは」

 

「俺 だけ・だ」と

「憔 悴・仕切った」

(「しょう すい」)

「表・情」で

「記 者・団」の

「インタビュー」に

「応・じ」ました。

 

「同・年」に

「も う」

「時間 が・無い」と

「言 い・なが」ら

 

「三人 の・会」の

「オリジナル・曲」を

「レコード・会社」の

「枠 を・超え」て

(「わく を・こえ」)

 

「C D・化」に

「こぎ つ・け」

   ました。

 

「2,002・年」に

「糖 尿・病」の

「合 併・症」に

   よ る

 

「肺炎 の・診断」で

「永・眠」しました。

 

「享・年」

(「きょう・ねん」)

「74・歳」でした。

 

「没・後」に

(「ぼつ・ご」) 

「勲 四等・瑞宝 章」

(「くん よんとう・

     ずいほう しょう」) を

 

「政府・から」

「授 与 ・され」

   ました。

 

「2,004・年」に

「故郷 で・ある」

「佐賀 県・唐津 市」の

「有志 に・より」

 

「村田 英雄」

「記 念・館」が

「オープン」しました。

 

「私・生活」

   で は

 

「1,947・年」

「終 戦・後」で

「18 歳の・時」に

「少 女・浪曲 師」の

 

「吉田 伊万里」と

「結・婚」しました。


「二・人」は

「二・男」と

「一・女」を

「儲 け・ました」が

 

「1,991・年」

「62 才の・時」に

「妻」に

「先立 た・れ」ました。

 

「2,000・年」

「71 歳の・時」に

「一般・人」で

「1 才・年下」の

 

「石田 須磨子 さん」と

「再・婚」しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,961・年」の

「王 将」〜

「1,989・年」の

「王 将」ま で

(「4 回・目」)

 

「通 算・27 回」

「出・場」しました。

 

 

「村田 英雄」

「夫婦 春秋」

「作・詞」「関沢 新一」

「作・曲」「市川 昭介」

 

ついて来い とは 言わぬ のに

だまって あとから ついて 来た

俺 が 二十 で お前 が 十九

   (「はたち」).      (「じゅうく」)

さげた 手鍋 の その中 にゃ

       (「てなべ」

明日 の めし さえ

なかった なァ お 前

 

ぐちも 涙も こぼさず に

貧乏 おはこ と 笑って た

そんな 強気 の お前が いちど

やっと 俺ら に 陽が さした

                      (「ひ」)

あの日 なみだ を

こぼした なァ お 前

 

九尺二間 が 振り出しで

(「くしゃくにけん」)

胸突き 八丁 の 道 ばかり

それが 夫婦 と 軽くは 言うが

      (「めおと」)

俺と お前で 苦労 した

花 は 大事 に

咲かそう なァ お 前

 

 

※「辛抱する木 に・金が なる」

  (「しんぼうするき に・

       かねが なる」)

 

「辛抱する木 に・金が なる」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「辛 抱・強く」

 「コツコツ・務めれ」ば

 「いつか・成功」し

 「財産 も・できる」

 「事」の

 

 「たとえ」で

 「何事 に・も」

 「辛抱強さ が・大切」

    と、いう

 

 「教・え」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「辛抱する木 に・金が なる」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「木 と・気」を

 「ダジャレ」で

 「か け・た」

 「事」が

 

 「由・来」の

 「ことわざ」だ

     そうです。

 

「辛抱する木 に・金が なる」の

「代 表・的」な

「使 表・例」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「辛抱する木 に・金が なる」

    と、いう

 「ことわざ を ・信じ」て

 

 「辛くて・くじけそう」に

 「成っ・て」も

 「諦 め・ず」に

 「気・力」で

 

 「頑張っ て・いる」

    そうだ。

・「継続 は・力なり」

    と、いう

 「ことわざ」も

 「有・る」が

 

 「彼・女」の

 「今 が・あるのは」

 「辛抱する木 に・金が なる」

 「様」に

 

 「毎 日・コツコツ」と

 「継続 して・来た」

 「か ら」だ、そうだ。

 

「辛抱する木 に・金が なる」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「石の上に も・三年」

    (「いしのうえに も・さんねん」)

 

・「つら く・て」も

 「辛抱し て・いれ」ば

 「いつ か・は」

 「物・事」を

 

 「成し遂 げ・られる」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「辛抱する木 に・金が なる」の

「対 義・語」を

「検 策・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「先んずれ ば・人を 制す」
    (「さきんずれ ば・ひとを せいす」)

 

・「ひた・すら」

 「辛抱・して」

 「耐え て・いる」

 「だけ で・無く」

 

 「他 人・より」

 「先手 を・打ち」

 「一歩先 を・歩く」

 「事 に・より」

 

 「有利 な・立場」に

 「立 て・る」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「さだ まさし」は

 

「お金 は あるか

   今度 いつ 帰る」の

「歌詞 が・ある」

 

「案山子」

(「かかし」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,977・年」に

「リリース」

   し た

「4 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「さだ まさし」は

「1,952 年・生まれ」で

「長崎 県・長崎 市」

「出・身」の

 

「シンガーソングライター」

「小 説・家」

「ラジオ・パーソナリティー

「大学・客員 教授」です。

 

「史 上・最高」の

「4,400 回・以上」の

「ライブ・コンサートを

「開・催」しました。

 

「高校生・大学生」

「時・代」は

「落語・研究会」に

「所・属」し

「鍛 え・た」

「軽妙 な・トーク」も
「大き な・魅力」の

「一・つ」で

 

「コンサート」の

「観・衆」と

「一 体・化」
   します。

 

「3 歳 の・時」

   か ら

「バイオリン」を

「習 い・始め」

 

「才・能」を

「発・揮」しました。

 

「中学・1 年生」の
「時」に

「バイオリン・修行」の

「為」に

 

「単 身・上京」し

「区・立」

「中 川・中学校」に
「転・校」し


吹奏楽・部」に

「所・属」しました。

 

「都・立」

駒場・高校」を

「受 験・する」も

「失・敗」し

 

「私・立」

國學院 附属・高校」に

「進・学」しました。

 

「こ の・頃」
   か ら

「バイオリン」の

「夢」を

 

「捨 て・去り」
「ギター  に・よる」

「曲・作り」に

「没・頭」しました。

「高校 卒業・後」

國學院・大学」

「法・学部」に

「進 学・する」も

 

「中・退」し

「ペンキ・屋」の

「アルバイト」

「等」で

「生計 を・立て」て

   いました。

 

「1,972・年」

「肝・炎」に
「罹・患」し

(「り・かん」)

長崎県 に・帰郷」し

 

「古くから の・友人」で

「シンガーソングライター」の

「吉田 正美」と

「再・会」しました。

 

「二・人」‘は

「東・京」で

「共 同・生活」を

「し な・がら」

 

「ヂュオ」の

「フォーク・グループ」

「グレープ」を

「結・成」し

 

「デビュー」の
「チャンス」を

「ひた・すら」に
「待・ち」ました。

 

「1,973・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「ゆきの 朝」で

「デビュー」する も

「8,000・枚」しか

「売 れ・ません」でした。

 

「1,974・年」に

「リリース」し た
「セカンド・シングル」

「精霊 流し」が

(「しょうろう ながし」) 

 

オリコン・2 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「同・年」に

「レコード・大賞・

   作詞 賞」を

「受・賞」しました。

 

「さだ まさし」が

「著 し・た」
「小・説」

「精霊 流し」は

 

「ベスト・セラー」に

「成・り」

「ドラマ・化」

   さ れ

 

「2,002・年」に

NHK・テレビ」で

「放送・され」ました。

 

「2,015・年」に

「セブン & アイ・出版」

「か ら」

「出 版・され」た

 

「さだ まさし」の

「著・書」

「さ だ・語録」

   に は

 

・「家族 の・ことば」

・「人間関係  の・ことば」

・「仕事 の・ことば」

・「人生 の・ことば」

・「日本 の・ことば」の

 

 「五章 から・なる」

 「189・ページ」に
 「亘・る」

   (「わた・る」)

 

 「142・句」の

 「名・言」が
 「記 さ・れて」

    お り

 

 「各句 に・対する」

 「説・明」も

 「為 さ・れて」います。
   (「なさ」)

 

「何・れ」も

「含蓄 が・有り」

「心 に・沁みる」

「言 葉・ばかり」です。

 

「私」は

「偶・燃」に

「近・所」の

「コンビニ エンス・
   ストア」で

 

「発 見・して」

「購・入」

   しました。

 

「サラリー・マン

「現 役 の・頃」
「一諸 に・支店」を

「回っ た・同僚」に

「支店 の・人達」と

「会 話・する」の に

「役 に・立つ」と

「思・い」

 

「貸 し・て」
「あ げ・ま した」が

「数・日」で

「返 さ・れ」ました。

 

「真・剣」に

「言葉 の・意味」を

「考 え・ながら」

「読・め」ば

 

「数 ヶ・月」は

「掛 か・る」

「は ず」です。

 

「本・当」に

「読ん だ・のか」

「疑問 に・感じ」

   ました。

 

 「1,976・年」

「さだ まさし」の

「肝・炎」の

「再発 を・機」に

 

「フォーク・グループ」

   と、 して の

「音楽・活動」に

「限界 を・感じ」

 

「人気・グループ」

「グレープ」を

「解・散」しました。

 

「さだ まさし」は

「1,976・年」に

「リリース」した

「ファースト・シングル」

 

「線 香・花火」で

「ソ ロ・デビュー」
   しました。

 

「代 表・曲」に

 

「案山子」

(「かかし」)

「関白 宣言」

「雨 やどり」等 が

「有・り」ます。

 

「1,977・年」に
「リリース」

   し た

「セカンド・シングル」

 

「雨 やどり」が

「自身・初」の

オリコン・1位」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「リリース」

   し た

「4 th・シングル」

 

「案山子」が

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「同・曲」で

「1,996・年」と

「2,006・年」の

「2・回」

 

「紅 白・歌合戦」に

「出・場」しました。

 

「1,978・年」に

「リリース」

   し た

「7 th・シングル」

 

「関白 宣言」が

「150・万枚」を

「超 え・る」

「ミリオン・セラー」の

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「その・後」も

「親父の 一番長い日」

「道化師の ソネット

「防人の 歌」等

(「さきもり」)

 

「数・々」の

「ヒット・曲」が

「続・き」ました。

 

「2,000・年」に

「ロンドン」の

「ロワイアル・

   ホール」で

 

「日本人・男性」

「初」の

「単独・コンサート」を

「開・催」し

 

「日本 を・代表 する」

「シンガーソングライター」の

「一・人」に

「成・り」ました。

 

「2,004・年」に

「存命者 では・初」の

「長崎 市・名誉市民」に

「選出・され」ました。

 

「2,018 年・5 月」に

「開催され た・競馬」

「日 本・ダービー」で

君が代 を・独唱」しました。

 

「2,020 年・8 月」に

「東京 芸術・大学」

「客 員・教授」に

「就・任」しました。

 

「現 在・69 歳」

   です が

「2,021 年・7 月」に

「25 th・シングル」

 

「存在 理由」を

「リリース」し

「コンサート」を

「中・心」に

「現・役」で

「第一線・にて」
「活躍・して」います。

 

「私・生活」

   で は

 

「1,983・年」

「31 歳の・時」に

「スチュワーデス」の

(「キャビン・アテンダント」)

 

「一般人・女性」と

「結・婚」し

「1,984・年」に

「長・男」が

 

「1,987・年」に

「長・女」が
「誕・生」しました。

 

「長・男」の

「佐田 大陸」は

(「さだ たいりく」)

「ヴァイオ・リスト」

   と、して

「活 躍・して」います。

 

「長・女」の

「佐田 詠夢」は

(「さだ えむ」)

「ピアニスト」で

 

「2,015・年」

「28 歳の・時」に

「人・気」

「コーラス・グループ」

 

ゴスペラーズ」の

「メンバー」で

「ベース・ボーカル」を

「担当・する」

 

「13 才・年上」の

「北山 陽一」と

「結・婚」しました。

 

「琥 珀・歌合戦」

   に は

 

「1,979・年」の
「関白 宣言」〜

「2,007・年」の

「Birthday」まで

 

「通 算・19 回」

「出・場」しました。

 

 

「さだ まさし」

「案山子」

「作・詞」「作・曲」

「さだ まさし」

 

元気 で いる か 

街に は 慣れた か

友達 出来た か

寂しか ない か 

お金 は ある か

今度 いつ 帰る

 

城跡 から 見下ろせ ば 

(「しろあと」)

蒼く 細い 河

(「あおく」)

橋のたもと に 造り酒屋 の

                  (「つくりざかや」)

レンガ 煙突

この街 を 綿菓子 に

染め抜い た 雪が

消えれ ば お前が

ここを 出てか ら

初めて の 春

 

手紙が 無理なら 電話でも いい

「金 頼む」の 一言 でも いい

お前 の 笑顔 を 待ちわび る

おふくろ に 聴かせて やって くれ

 

元気 で いる か

街に は 慣れた か

友達 出来た か

寂しか ない か

お金 は あるか

今度 いつ 帰る

 

山 の 麓

(「ふもと」)

煙 はいて 列車が 走る

凩が 雑木林 を

(「こがらしが ぞうきばやし を」)

転げ落ち て くる

(「ころげおち」)

銀色 の 毛布 つけ た

田圃 に ぽつり

(「たんぼ」)

置き去られ て 雪を かぶっ た

案山子 が ひとり

(「かかし」)

 

お前も都会の 雪景色 の 中で

丁度 あの 案山子 の 様に

寂しい 思い しては いない か

体を こわして は いない か

 

手紙が 無理なら 電話でも いい

「金 頼む」の一言 でも いい

お前 の 笑顔 を 待ちわび る

おふくろ に 聴かせて やって くれ

 

元気 で いる か

街に は 慣れた か

友達b出来た か

寂しか ない か

お金 は ある か

今度 いつ 帰る

 

寂しか ない か

お金 は あるか

今度 いつ 帰る

 

 

「胸突 き・八丁」を

「英・語」で

 

 「Chest thrust 

     eight chome」と

 

 (「胸突 き・八丁」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「風雲 急を・告げる」

  (「ふううん きゅうを・つげる」)

 

「皆さん」は

「風雲 急を・告げる」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「風雲 急を・告げる」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「何・か」

 「大き な・事件」が

 「起 き・そう」な

 「差 し・迫った」

 

 「状況 に・なる」

    と、いう

 「意・味」の

 「ことわざ」だ、そうです。

 

「風雲 急を・告げる」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「風 と・雲」の

 「動・き」に

 「嵐 に・なる」

 「様」な

 

 「気配 が・ある」

 「事」が

 「由・来」だ、そうです。

 

「風雲 急を・告げる」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「マシュー・ペリー」の

 「黒船・来航」は

 「風雲 急を・告げる」
 「幕末 の・時代」の

 「中」で

 

 「単・なる」

 「幕 開・け」の

 「一・つ」に

 「過・ぎ」なかった。

 

・「二人 の・間」

      に は

 「常・に」

 「一触・即発」の

 (「いっしょく・そくはつ」)

 

 「雰 囲・気」が

 「漂・い」
 (「ただよ・い」)

 

 「既・に」

 「風雲 急を・告げる」

 「ムード」に

 「成っ・て」いた。

 

「風雲 急を・告げる」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

・「嵐の前 の・静けさ」

   (「あらしのまえ の・しずけさ」)

 

・「大き な・事件」や
 「異・変」が
 「起こ る・前」に

 「一時・的」に

 「訪 れ・る」

 (「おとず れ・る」)

 「不気味 な・静けさ」

    と、いう

 

 「意・味」だ

    そうです。

 

「風雲 急を・告げる」の

「対 義・語」を

「検索・して」も

「出 て・来」ません。


・「台風・一過」

   (「たいふう・いっか」)

 

・「台風 が・去った」

 「時 の・様」に

 「騒動 が・収まり」

 「通・常」の

 

 「平穏 な・状態」に

 「戻・る」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

 

「いきもの がかり」は

 

「風が 吹いて いる」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,012・年」に

「リリース」

   し た

「24 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に
「成・り」ました。

 

「いきもの がかり」は

「1,999・年」に

「結成・した」

 

「吉岡 聖恵」

「山下 穂尊」

「水野 良樹」から

「成・る」

 

「男女・3 人 組」の

「音楽・グループ」です。

 

「神奈川 県・海老名 市」

「市・立」
「海老名・小学校」

「時代・から」の

 

「同 級・生」
   で、あった

「山下 穂尊」と

「水野 良樹」は

 

「1,999 年・2 月」

「県・立」
「厚木・高校」

「3 年生 の・時」に

 

「男性・2 人 組」
「ヂュオ」の

「アマチュア・バンド」を

「結・成」しました。

 

「同年・11月」に

「同級生 の・妹」で

「県・立」
「海老名・高校」

「1 年・生」の

「吉岡 聖恵」が

「ボーカル」

   と、して

「加 わ・り」

 

「現・在」の
「男女・3 人 組」に

「成・り」ました。

 

「いきもの がかり」

   と、いう

「バンド・名」は
「山下 と・水野」が

 

「小学・1 年生」の

「時」に

「係・活動」で

「金・魚」に

「エサ を・あげる」

 

「生き物 係・だった」

(「いきもの がかり」)

「事」に

「由・来」し

「名 付・け」ました。

 

「2 年・間」の

「インディーズ」

「経・験」を

「経・て」

 

「2,006・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」


「SAKURA」で

「メジャー・デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

オリコン・17 位」の

「スマッシュ・ヒット」

   なが ら

 

「NTT DENPO ・
   115」の

「 CM・ソング」に

「起用・され」

 

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「代 表・曲」に

 

「ありがとう」

「YELL」

(「エール」)

「風が吹いて いる」等が

「有・り」ます。

 

「2,009・年」に

「リリース」

   し た

「15 th・シングル」

 

「YELL」が

「N H K」の

「みんなの うた」に

「採用・され」


「レコード・大賞・
   優秀作品 賞」を

「受・賞」し


「シングル・曲」で

「自身・最高 位」の

オリコン・2 位」に

「成・り」ました。

 

「2,010・年」に

「リリース」した

「18 th・シングル」

「ありがとう」が

 

「N H K」の

「連続 テレビ・小説」

「ゲゲゲ の 女房」の

「主 題・歌」に
「器用・され」て

 

「レコード・大賞・
   優秀作品 賞」を

「受・賞」し

「シングル・曲」で

「自身・最高位 タイ」の

オリコン・2 位」に

「成・り」

 

「自身 の・代表 曲」の

「1・曲」に

「成・り」ました。

 

「2,012・年」に

「リリース」した

「24 th・シングル」

「風が吹いて いる」が

「N H k」の

「ロンドン オリンピック・
   パラリンピック」の

「番組 テーマ・ソング」に

「起用・され」て

 

オリコン・3 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「レコード・大賞・
「優秀作品 賞」を

「受・賞」しました。

 

「アルバム」

   で は

 

「2,008・年」の

「サード・アルバム」

My song your song

 

「2,009・年」の

「4 th・アルバム」

ハジマリノウタ

 

「2,012・年」の

「5 th・アルバム」

「NEWTRAL」

 

「2,013・年」の

「6 th・アルバム」

「 I 」

 

「2,014・年」の

「7 th・アルバム」

「FUN! FUN! FANFARE!」

 

「2,010・年」の

「ファースト」

ベスト・アルバム

「BEST セレクション」

 

「2,012・年」の

「セカンド」

ベスト・アルバム

「バラ ー 丼」

 

「2,016・年」の

「サード」

ベスト・アルバム

「てんねん 記念 メンバーズ」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「レコード・大賞」

   で は

「通算・7 回」

「各・賞」を

「受・賞」しました。

 

「数・々」の
「ヒット・曲」を
「世」に

「送 り・出し」


「音 楽・ファン」が

「選・ぶ」
「好きな アーティスト・
   ランキング」で

 

「2,010・年〜 

   2,013・年」まで

「4 年・連続」で
「2・位」に

「成・り」ました。

 

「2,021 年・3 月」に

「リリース」した

「9 th・アルバム」

「WHO」が

 

オリコン・4 位」に

「成・り」

「人気 に・翳り」は

「有・り」ません。

 

「2,021 年・6 月」に

「山下 穂尊」が

「同 年・夏」を
「以っ・て」

 

「グループ」を
「脱退・する」と

「発表・して」

「大き な・話題」に

「成・り」ました。

 

「メイン・ボーカル」の

「吉岡 聖恵」は

(「よしおか きよえ」)

「1,984 年・生まれ」で

 

「神奈川 県・厚木 市」

「出・身」の

「歌・手」

「ラジオ・

   パーソナリティ」です。

 

「高校・卒業 後」

「昭和 音楽・大学・

   短期・大学 部」に

「進・学」し
「卒・業」しました。

「2,020 年・8 月」

「36 歳の・時」に

「10 年の・交際」を

「経・て」

「一般人・男性」で

「年・上」の

「実 業・家」と

「結・婚」しました。

 

「紅白・歌合戦」

   に は

 

「2,008・年」の

「SAKURA」〜

「2,019・年」の

「風が吹いて いる」まで

(「2 回・目」)

 

「通算・11 回」

「出・場」しました。

 

 

「いきもの がかり」

「風が吹いて いる」

「作・詞」「作・曲」

「水野 良樹」

 

時代は いま 変わって いく

僕たちには 願いが ある

この 涙も その 笑顔も

すべてを つないで いく

 

風が 吹いて いる 

僕は ここで 生きて いく

晴れわたる 空に

誰かが 叫んだ

ここに 明日は ある

ここに 希望は ある

君と 笑えたら

夢を つなぎあえた なら

信じあえる だろう

想いあえる だろう

この 時代 を 僕ら を

この 時間 を 

(「とき」)

 

言葉に できない こと

涙が 溢れる こと

(「あふれる」)

ふるえる 心で 感じた

すべて が

僕の いままで を

つくって きたんだ

出会い と さよなら とが

決意を 強く させた

(「おもい」)

手を 振り 誓った 

あの日 が あるから

僕らは ここに いるんだ

 

優しい 歌 聴こえて いる

背中を 押す 言葉が ある

この いのち よ この 一瞬 よ

誰かの 光に なれ

 

風よ 吹いて いけ

きみと ともに 生きて いけ

晴れわたる 空が

悲しくなる 日も

ひとりじゃ ないんだ

声は そばに ある

君と 笑いたい

空を 分かち合い たくて

歌いあえる ように

奏であえる ように

(「かなで」)

この 時代 を 僕ら を

この 時間 を

 

強さを 手にする より

弱さを 越えたいん だよ

守りたいもの から 

逃げたく ないん だ

つぼみ は そこに あるんだ

 

愛しい ひと 忘れは しない

胸にやどる 誇りが ある

この さだめ よ この 勇気 よ

僕らの 望みと なれ

 

風の なかに いる 

ここに 陽はまた 昇る よ

ぶつけあう 日々 に 

こたえ を 築こう

この 時代 を

たがい を この 時間 を

 

たくされ た “ 今 ” が ある

歩むべき 道が ある

はじまり の つづき を 

生きて いる

この胸の なか に 

きずな は あるんだ よ

ずっと ずっと

 

風が 吹いて いる 

僕は ここで 生きて いく

晴れわたる 空に

叫びつづけ よう

新しき 日々 は

ここに ある ある

風よ 吹いて いけ

君と 夢を つなぎたい

愛しあえる だろう

つくりあえる だろう

この 時代 を 僕ら を

この 時間 を 

 

La La La 

 

 

※「臆病風 に・吹かれる」

  (「おくびょうかぜ に・

       ふかれる」)

 

「皆さん」は

「臆病風 に・吹かれる」 

    と、いう


「慣 用・句」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「臆病風 に・吹かれる」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「慣用句 の・中 」の
 「風」は

 「名詞の後 に・付き」

 「そのよう」な

 

 「状態 に・なる」
 「事 を・表し」

 「吹 かれる と・受動態」で

 「表現す る・こと」で

 

 「臆病な 気持ち に・なる」や

 「怖気・づいて」

 「怖くなっ て・くる」

    と、いう

 

 「意・味」だ

    そうです。

 

「臆病風 に・吹かれる」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「明治・時代」に

 「国木田 独歩」

    に、より

 「書 か・れた」

 「日清・戦争」の

 「従軍・日記」

 「愛弟・通信」の

 「中 で・使われた」

 

 「臆 病・風」
    と、いう

 「表・現」が

 「由・来」だ、そうです。

 

「臆病風 に・吹かれる」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「上・司」は
 「土壇場 に・なって」

 「臆病・風」に

 「吹 か・れ」て

 「急 に・弱気」に

 「成っ て・しまい」

 「その姿 を・見て」

 「部下 の・士気」は

 

 「一 気・に」

 「急降下・して」

    しまった。

 

・「彼・女」は

 「臆病風 に・吹かれ」

 「途方に・暮れ」て

 「立ち尽くした・まま」の

 

 「彼 」の

 「背中 を・押して」

 「最初 の・一歩」を

 「踏み出 さ・せて」

 「上・げ」た。

 

「臆病風 に・吹かれる」の

「類 義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「血の気 が・引く」

   (「ちのけ が・ひく」)

 

・「恐怖 や・戦慄」

              (「せんりつ」)
 「等」で

 「顔 が・青ざめ」

       た り

 

 「震 え・上がる」等

 「強 い・恐怖心」を

 「表現・する」
 「時」に

 

 「用 い・られ」る
 「言・葉」だ

       そうです。

 

「臆病風 に・吹かれる」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「勇猛・果敢」
   (「ゆうもう・かかん」)

 

・「勇・猛」とは

 「勇まし く・強い」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「果・敢」とは

 「決断力 が・あり」

 「大・胆」に

 「行動・する」事で

 

 「勇猛・果敢」とは

 「勇気 が・あって」
 「思い切 り・実行する」

    と、いう

 

 「意・味」だ

    そうです。

 

 

「レミオ・ロメン」は

 

「風に 吹かれて 似たよう に

   凍える のに」の

「歌詞 が・ある」

 

「粉 雪」 
(「こな ゆき」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,005・年」に

「リリース」

   し た

「8 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「レミオ・ロメン」は

「山梨 県・笛吹 市」
「出・身」で
「小・中・高」の

「同 級・生」で

 

「県・立」
「石和・高校」の

「ブラス バンド・部」

「所属・だった」
「男性・3 人」が

 

「2,000・年」に

「結成・した」

「ロック・バンド」で

「愛・称」は

「レミオ」です。

 

「3 年・間」の

「下積・み」

「活・動」を

「経・て」

「2,003 年・3 月」に

「リリース」した

「ファースト・アルバム」

「フェスタ」で

 

「インディーズ」

   か ら

「デビュー」しました。

 

「同・アルバム」は

オリコン・89 位」と

「振るい・ません」
   でした。

 

「同年・8 月」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「電 話」で

「メジャー・デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

オリコン・29 位」に
「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「粉 雪」

「3 月 9 日」

「ありがとう」等が

「有・り」ます。

 

「2,005・年」の   

「7 th・シングル」

「蒼の 世界」

(「あおの せかい」)

 

「同・年」の

「8 th・シングル」

「粉 雪」

 

「2,006・年」の

「9 th・シングル」

「太陽の 下」と

 

「シングル・曲」

「3・作品」が

「連続・して」

「自身・最高 位」の

 

オリコン・2 位」の

「大 ヒット・曲」に
「成・り」ました。

 

「特・に」

「粉 雪」は

「フジ・テレビ 系」で
「放送・され」た

 

「テレビ・ドラマ」

「1 リットル の 涙」の

「挿入・歌」に

「起用・され」て

 

(「主 題・歌」は

「K」の「Only Human」)

 

「85・万枚」を

「セールス」し

「自・身」の

「代 表・曲」の

 

「1・曲」に

「成・り」ました。

 

 

「ウィンター」を

「キー・ワード」

   と、した

「カラオケ」

「リクエスト・

   ランキング」で

「1・位」だ

   そうです。

 

「2006・年」に

「リリース」

   し た

「サード・アルバム」

 

「HORIZON」が

「自 身・初」の

オリコン・1位」に

「成・り」ました。

 

「2,009・年」に

「リリース」した

「ファースト」

ベスト・アルバム

「レミオ・ベスト」が

オリコン・1 位」に
「成・り」ました。

 

「同・年」に

「リリース」した

「16 th・シングル」

「恋の予感 から」で

 

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

(「紅白・出場」は

    こ の・1 回 のみ」)

 

「2,012・年」に

「ソロ・活動」に

「転向・する」

「事」を

 

「理・由」に

「活動 の・休止」

「グループ の・解散」を

「発・表」しました。

 

 

「レミオ・ロメン」

「粉 雪」

「作・詞」「作・曲」
「藤巻 亮太」

 

粉雪 舞う季節 は いつも すれ違い

人混みに 紛れても 同じ空 見てる のに

風に 吹かれて 似たように 凍える のに

                                   (「こごえる」)

 

僕は 君の 全てなど

知っては いない だろう

それでも 一億 から

君を 見つけたん だよ

根拠は ないけど

本気で 思ってる んだ

 

些細な 言い合いも なくて

(「ささいな」)

同じ時間 を 生きてなど いけない

素直に なれない なら

喜びも 悲しみも 虚しい だけ

                    (「むなしい」)

 

粉雪 ねえ 心まで

白く 染められた なら

二人 の 孤独を 分け合う 事が

出来たの かい

 

僕は 君の心 に 耳を 押し当て て

その声 の する方へ

ずっと 深くまで

下りて ゆきたい そこで

(「おりて」)

もう一度 会おう

 

分り合いたい なんて

上辺を 撫でて いたのは 僕の方

(「うわべを なでて」)

君の かじかんだ 手も

握りしめる ことだけ で

繋がってた のに

(「つながってた」)

粉雪 ねえ 永遠を 前に

あまりに 脆く

        (「もろく」)

ざらつく アスファルト の 上

シミ に なって ゆくよ

 

粉雪 ねえ 時に 頼りなく

心は 揺れる

それでも 僕は 君のこと

守り続け たい

 

粉雪 ねえ 心まで

白く 染められた なら

二人 の 孤独を 包んで

空に かえす から

 

 

「風雲 急を・告げる」を

「英・語」で

 「raise the alarm」と

 

 (「風雲 急を・告げる」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「歯 を・食いしばる」

(「は を・くいしばる」)

 

「皆さん」は

「歯 を・食いしばる」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「歯 を・食いしばる」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「苦難 や・困難」

 「或 い・は」

 「無念 や・憤り」

          (「いきどおり」

 「等」を

 

 「必死 に・堪える」

              (「こらえる」)

    と、いう

 「意味」だ、そうです。

 

「歯 を・食いしばる」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

・「戦時中 の・軍隊」

    で は

 「上・官」が

 「部下 を・しかる」

 「時」に

 

 「平手等 を・使って」

 「ほほ を・殴る」

    と、いう

 「お・仕置き」が

 

 「行な わ・れて」

    いました。

 

 「そん な・時」

 「殴 ら・れ」て

 「口の中 を・切らない」

 「様」に

 

 「上・官」は

 「慈悲 の・心」で

 「歯 を・食いしばれ」と

 「言っ た・事」が

 

 「由・来」に
 「成 っ・た」そうです。

 

「歯 を・食いしばる」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。


・「根・性」

    と、いう

 「言・葉」は
 「若い人達・には」

 

 「嫌われ て・いる」

    そうだ が

 「歯 を・食いしばり」

 「頑張 る・事」も

 

 「時・に」は
 「必・要」な
 「気」が、する。

 

・「上 司・から」の

 「理不尽 な・説教」に

 「怒り が・沸いた」が

 「歯 を・食いしばり」

 

 「必・死」に
 「耐・え」た。

 

「歯 を・食いしばる」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「忍 の・一字」

   (「にん の・いちじ」)

 

・「外 部・から」

 「加え ら・れる」

 「強 い・力」に

 「対・し」て

 「じ っ・と」

 「我 慢・して」

 「耐 え・る」

    と、いう

 

 「意・味」だ

    そうです。

 

「歯 を・食いしばる」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。


・「白旗 を・あげる」

   (「しろはた を・あげる」)

 

・「相手 の・攻撃」を

 「こらえ・よう」と

 「必死 に・なって」

 「耐 え・る」も

 

 「結・局」

 「耐 え・切れず」

 「戦・意」を

 「喪失・して」

 

 「降 参・する」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「岩佐 美咲」は

(「いわさ みさき」)

 

「奥歯 噛み締め て

(「おくば かみしめ て」)

    我慢する」の

「歌詞 が・ある」

 

鞆の浦 慕情」

(「とものうら ぼじょう」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,014・年」に

「リリース」

   し た

「サード・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に
「成・り」ました。

 

「岩佐 美咲」は

「1,995 年・生まれ」で

「千葉 県・出身」の

「演 歌・歌手」です。

 

流山市 立・

   西 初石 中学」を

「卒 業・後」に

 

「通信 制・高校」の

「クラーク 記念・高校」に

「入・学」しました。

「2,008・年」

「13 歳の・時」に

「AKB 48・7 期生」

「オーディション」に

 

「合・格」し
「芸能 界・入り」

   しました。

 

「2,011・年」に

「氷川 きよし」

「山川 豊」等が

「所 属・する」

 

「音 楽・事務所」に

「移・籍」しました。

 

「2,012・年」

「17 歳の・時」に

「ファースト・シングル」

無人 駅」で

 

「演 歌・歌手」

   と、して

「ソロ・デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

オリコン・5 位」の

「大 ヒット曲」に

「成・り」ました。

 

「AKB ・メンバー」の

「演 歌・歌手」

「デビュー」は

「初 め・て」でした。

 

「2,013・年」に

「リリース」

   し た

「セカンド・シングル

 

「もしも私が 空に住んでいたら」が

オリコン・5 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

鞆の浦 慕情」

無人 駅」

「アキラ」等 が

「有・り」ます。

 

「2,014・年」

「19 歳の・時」に

「リリース」した

「サード・シングル」

 

鞆の浦 慕情」が

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

「演 歌・歌手」

   に、よる

オリコン ・1 位」

「獲・得」は

 

「氷川 きよし」の
「ときめきの ルンバ」

「以・来」
「4 年 5ヶ月・振り」で

 

「10・代」の
「演 歌・歌手」に

「限・る」と
「城之内 早苗」の

あじさい 橋」

「以・来」
「27 年 7ヶ月・振り」の

「快・挙」でした。

「ま た」

「デビュー」から

「3 作・連続」

オリコン

   トップ 5 入り」は

 

「森 昌子」

「以・来」
「41 年・振り」の

「偉・業」でした。

 

「同・年」に

鞆の浦 が・在する」

「広島 県・福山 市」

   か ら

 

「特 別・大使」を

「任 命・され」ました。

 

「同・年」に

「開 催・され」た

「広島 東洋カープ VS ・
   中日ドラゴンズ」戦で

 

「国 家・独唱」と

「始 球・式」を

「務・め」ました。

 

「2,016・年」に

「AKB ・48」を

「卒・業」しました。

 

「現 在・26 歳」

   です が

「ま・だ」
「未・婚」の 様 です。

 

「紅白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「岩佐 美咲」

鞆の浦 慕情」

「作・詞」「秋元 康」

「作・曲」「宮島 律子」

 

冷たい 風 雲を 筆にして

墨絵の ような 海を 描いてる

(「すみえ」).    (「えがいて」)

いつか あなたが 話して くれた

あれが 仙酔島

     (「せんすいじま」)

 

私一人 きり

波止場 から

雁木へ 焚場へ

(「がんぎへ たでばへ」)

番所

(「ふねばんしょ」)

あなた は 心の端 に 建つ

ああ 燈籠堂

(「とうろどう」)

 

残した 愛も 残された 愛も

潮待ち 港

(「しおまち みなと」)

鞆の浦 慕情

(「とものうら ぼじょう」)

 

鉛色の 空が 崩れて も

雨が降る だけ 雪は 降らない と

あの日 あなた が 教えて くれた

冬の 強情っ張り

 

奥歯 噛み締め て

我慢 する

終わって しまった

恋 模様

遠くの 島影 滲むの は

               (「にじむ」)

瞳の 雪

 

一粒 ぽろり 未練 が ぽろり

癒やして おくれ

(「いやして」)

鞆の浦 慕情

 

私一人 きり

波止場 から

雁木へ 焚場へ

番所

あなた は 心の端 に 建つ

ああ 燈籠堂

 

残した愛 も 残された 愛も

潮待ち 港

鞆の浦 慕情

 

 

※「蟷螂 の・斧」

  (「とうろう の・おの」)

 

「蟷螂 の・斧」の

「意・味」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「蟷・螂」

 (「とう・ろう」)

    と は

 「カモキリ」の

 「事」で


 「斧」は

 (「おの」)

 「カマキリ」の

 「前・足」の
 「事」です。

 

 「蟷螂 の・斧」
    と は

 「弱 い・者」が

 「自分 の・力」を

 「わきまえ・ず」に

 

 「強 い・相手」に

 「立 ち・向かう」

 「事」や

 

 「身 の・程」」を

 「わきま え・ない」

 「行動 を・する」

 「事」や

 

 「実力 の・無い」

 「者」が

 「いた ず・ら」に

 「悔し がっ・たり」

 

 「苛立っ た・り」

 (「いらだっ た」)

 「す る・事」の

 「た と・え」だ

    そうです。

 

「蟷螂 の・斧」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「中・国」
 「前漢・時代」の

 「思想・書」

 「淮南子」に

 (「えなんじ」)

 

 「記さ・れた」
 「下記・故事」が

 「由・来」だ、そうです。

 

 「カマキリ」は

 「無謀・にも」

 「前脚 を・上げて」

 「斉の荘公 の・乗る」

 (「せいのそうこう」)

 

 「大き な・車」に

 「立 ち・向かった」

    と、いう

 「故・事」だ、そうです。

 

「蟷螂 の・斧」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

・「ほと ん・ど」

 「初 心・者」の

 「彼」は

 「無謀・にも」

 「全国・レベル」の

 「選手 に・挑んだ」が

 「蟷螂 の・斧」の

 「様」に

 

 「コテンパン」に

 「負 け・て」

    しまった。

 

・「彼・女」は
 「悪し き・慣習」に

 「風穴 を・空けよう」と

 (「かざあな」)

 「立 ち・上がった」が

 

 「所・詮」は
 「蟷螂 の・斧」で

 「既得権 の・上」で

 「あぐら を ・かいている」

 「人達 に・阻まれ」て

 

 「何」も

 「変え る・事」は

 「出・来」なかった。

 

「蟷螂 の・斧」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「ごまめ の・歯ぎしり」
   (「ごまめ の・はぎしり」)

 

・「ご ま・め」

    と は

 「イワシ」の

 「一種 で・ある」

 「カタクチ・イワシ」の

 「幼・魚」を
 「干 し・た」

 「も の」で

 

 「正 月・料理」の

 「田 作・り」に

  (「た ずく・り」)

 「用 い・られ」ます。

 

 「ご ま・め」は

 「小さ く・て」も

 「お 頭・付き」の

 「祝魚・です」が

 

 「高級・魚」で
 「無 い・為」に

 「軽 視・される」

 「事」が

 「多 い・魚」です。

 

 「ごまめ の・歯軋り」

    と は

 「実力 の・無い」

 「者」が

 

 「や た・ら」と

 「憤慨・して」

 (「ふんがい」)

 「悔し がっ・た」り

 

 「腹 を・立て」て

 「いき り・立つ」

    と、いう

 「事」で

 

 「そうし た・行為」が

 「無駄 で・ある」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「蟷螂 の・斧」の

「対 義・語」を

「検索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「長い物に は・巻かれろ」

   (「ながいものに は・まかれろ」)

 

 「目雨 の・者」や

 「権力の ある・者」
    と は

 「争わ ず・に」

 

 「おとなしく」

 「従っ た・方」が

 「無難 で・ある」

    と、いう

 

 「意・味」だ

    そうです。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します、

 

 

「平松 愛理」は

(「ひらまつ あいり」)

 

「大地を はうような あなた の

   いびきも 歯ぎしり も」の

「歌詞 が・ある」

 

「部屋と Yシャツと 私」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,992・年」に

「リリース」

 し た

「8 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「平松 愛理」は

「1,964 年・生まれ」で

「兵庫 県・神戸 市」

「出・身」の

 

「シンガー・ソング・
   ライター」

「作 詞・家」

「作 曲・家」です。

「父・親」は

「地・元」で
「平松・医院」を

「開・業」し

「4 歳の・時」に

「ピアノ」を

「習 い・始め」

   ました。

 

「私・立」
「親和 女子・高校」

「在 学・時」は

 

「軽 音楽・部」に

「所・属」し
「ガールズ・バンド」を

「結・成」し

「文 化・祭」で

「自作の曲 を・披露」し

「好・評」を
「博・し」ました。


「1,982・年」に

「神戸 海星・女子学院 大学」に

「進 学・後」は

「関西地区 を・中心」に

 

「アマチュア

   と、して

「ライブ・活動」を
   しました。

 

「1,986・年」

「22 歳の・時」に

「単 身・上京」し

「アルバイト」を

「し な・がら」

 

「自・作」の

「デモ・テープ」を

「レコード・会社」に

「売 り・込み」ました。

 

「1,989・年」

「25 歳の・時」に

「リリース」

   し た

 

「ファースト・シングル」

「青春の アルバム」で

「デビュー」しました。

 

「代 表・曲」に

 

「部屋と Yシャツと 私」

「部屋と Yシャツと 私〜あれから〜」

「戻れない 道」等 が

「有・り」ます。

 

「1,992・年」に

「リリース」

   し た

「8 th・シングル」

 

「部屋と Yシャツと 私」が

「ミリオン・セラー」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「レコード・大賞・
   作詩 賞」を

「受・賞」しました。

 

「同・曲」は

「さだ まさし」の

「ヒット・曲」
「関白 宣言」への

 

「アンサー・曲」

   だ と

「言 わ・れて」います。

 

「1,995・年」に

「神戸 の・実家」が

阪神 淡路・大震災」で

「倒・壊」し

「同・年」に
「震災 チャリティー

   ソング」で

「16 th・シングル」の

 

「美し都〜がんばろや

    We love KOBE」を

「リリース」

   し て


「J R・西日本」

「三都 物語」の

「C M・ソング」に

「起 用・され」ました。

 

「2,001・年」に

「持・病」の
「子宮 内膜・症」が

「悪・化」し

「子・宮」の

「全・摘出」

「手・術」を
「受・け」ました。


「2,002・年」

   に は

「乳・ガン」が

「見つ か・り」

 

「音 楽・活動」の

「休・止」を
「余儀な く・され」

   ました。

 

「2,004・年」に

「25 th・シングル」

「YOU ARE MINE」を

「リリース」し

 

「歌 手・活動」を

「再開・する」と

「共」に

「闘 病・手記」の

 

「エッセイ」を

「新・聞」や

「雑・誌」に
「執・筆」しました。

 

「2,019・年」に

「デビュー」

「30 周年・記念」を

「祝 し・て」

 

「28 th・シングル」で

「部屋と Y シャツと 私」の

「続編 的・楽曲」

   と、して

 

「部屋と Y シャツと 私

   〜それから〜」を

「リリース」しました。

 

「私・生活」

   で は

「1,994・年」

「30 歳の・時」に

「5 歳・年上」の

「作 曲・家」

 

「清水 信之」と

「結・婚」し

「1,996・年」に

「第一子・長女」が

「誕生・しました」が

「2,005・年」に

「離・婚」しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「平松 愛理」

「部屋と Y シャツと 私」

「作・詞」「作・曲」

「平松 愛理」

 

お願いが あるの よ 

あなたの 苗字になる 私

大事に 思うなら ば 

ちゃんと 聞いて ほしい

飲みすぎて 帰って も

3 日 酔い までは 許すけど

4 日目 つぶれた 夜 

恐れて 実家に 帰らない で

部屋と Y シャツと 私 

愛する あなたの ため

毎日 磨いて いたい から 

時々 服を 買って ね

愛する あなたの ため 

きれい で いさせて

 

いつ わらわないで いて 

女の勘 は 鋭いもの

あなた は 嘘をつく とき 

右の眉 が 上がるの

あなた 浮気をしたら 

うちでの 食事に 気を つけて

私は 知恵を しぼって 

毒入り スープ で 一緒に いこう

部屋と Y シャツと 私 

愛する あなたの ため

毎日 磨いて いたい から 

友達の 誘う パーティー

愛する あなたの ため 

おしゃれ に 行かせて

 

大地 を はうよう な 

あなた の いびき も 歯ぎしり も

もう 暗闇に 独りじゃ ないと 

安心できて 好き

だけど もし  寝言 で 

他の娘 の 名を 呼ばぬ ように

気に入った 女の子 は 

私と 同じ名前 で 呼んで

ロマンスグレー に なって 

冒険の 人生

突然 選びたく なったら 

最初に 相談して ね

私は あなたと なら 

どこでも 大丈夫 

 

もし 私が 先立て ば 

オレも 死ぬと 言って ね

私は その言葉を 胸に 

天国へと 旅立つ わ

あなた の 右の 眉 

看とどけた あと で

(「み」)

部屋と Y シャツと 私 

愛する あなたの ため

毎日 磨いて いたい から 

人生の 記念日 には

君は 綺麗と いって 

その気 で いさせて

 

 

「歯 を・食いしばる」を

「英・語」で

 「Clench your teeth」と

 

 (「歯 を・食いしばる」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「蛍雪 の・功」

(「けいせつ の・こう」

 

「皆さん」は

「蛍雪 の・功」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

「蛍雪 の・功」の

「意・味」は

「下・記」で、そうです。

・「蛍・雪」と は

 「苦 労・して」

 「勉学 に・励む」

 「事」で


 「功」と は

 「経験 や・努力」の
 「積 み・重ね」に

      よっ て

 

 「出 て・来ろ」

 「効・果」
    と、いう

 「意・味」で

 「蛍雪 の・功」

       とは

 「苦 労・して」

 「勉学 に・励み」

 

 「収め た・成果」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「蛍雪 の・功」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

・「紀元 3・世紀」

 「中・国」
 「晋 の・時代」の

 「史・書」に

 「記さ れ・た」

 「車 胤」と

 (「しゃ いん」)

 「孫 康」

 (「そんこう

    と、いう

 

 「二人 の・青年」の

 「話」が

 「由・来」だ、そうです。

 「二・人」は

 「官・吏」を

 (「かん・り」)

 「目指 し・て」

 

 「読書 を・して」

 「努力 を・しました」が

 「夜に 本を・読む」

 「為」の

 

 「明かり で・ある」

 「灯火 の・油」も

 「買え ない・ほど」

 「貧し い・家庭」でした。

 

 「そ し・て」

 「二・人」は

 「蛍 の・放つ

 (「ほたる」)


 「わ ず・か」な

 「明 か・り」と

 「雪 の・薄 灯り」で
            (「うす あかり」)

 

 「努 力・した」
 「結・果」

 「高 級・官吏」に

 「成 れ・た」そうです。


 「そこから」

 「蛍 と・雪」が

 「蛍・雪」と
 「成・り」

 「苦 労・して」

 「勉学 に・励む」

 「事」を

 「蛍・雪」と

 

 「表 現・する」

 「様」に

 「成 っ・た」そうです。

 

 「日・本」でも

 「卒 業・式」の

 「唱・歌」の

 「定 番・曲」に

 「蛍の光 窓の雪」の

 「歌詞 の・ある」

 「蛍 の 光」が

 「有 り・ます」が

 

 「蛍雪 の・功」の

 「由・来」は

 「上記 の・逸話」だ

    そうです。

 

「蛍雪 の・功」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「チョイ・悪」で

 「ガリ 勉・タイプ」で は

 「無か っ・た」ので

 

 「蛍雪 の・功」

    と、いう

 「言・葉」は

 「似 合・わ」なかった。

 

・「子供 の・頃」は

 「蛍雪 の・功」

    と、いう

 「慣 用・句」を

 

 「知ら な・かった」

    の で

 「蛍 の 光」の

 「歌詞 の・意味」も

 

 「考 え・ず」に

 「歌っ て・いた」

 「気」が、する。

 

「蛍雪 の・功」の

「類 義・語」は

「下・記」だそうです。

 

・「血と汗 の・結晶」

   (「ちとあせ の・けっしょう」)

 

・「並 々・ならぬ」

 「熱意 と・努力」に

 「よ っ・て」

 「得ら れ・た」

 

 「成・果」
    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「蛍雪 の・功」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「骨折り 損の・くたびれ 儲け」

   (「ほねおり ぞんの・

       くたびれ もうけ」)

 

・「苦労 した・だけ」

 「無駄・だった」

 「事」で

 「努力 の・結果」に


 「残った・のは」

 「疲労 だけ・だった」や

 「苦労 の・わり」に

 「成・果」が

 「出 な・かった」

    と、いう

 「意・味」です。

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「G L A Y」は

(「グレイ」)

 

「街灯 の 下 ひらひら と

(「がいとう」)

   凍える 頬に 舞い散る 雪」の

「歌詞 が・ある」

 

「Winter, again」

(「ウインター・アゲイン」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,999・年」に

「リリース」

   し た

「16 th・シングル」で

 

「J R 東日本・

   J R SKISKI」

「キャンペーン・ソング」に

「採・用」さ れ

 

オリコン・1 位」で

「シングル・曲」で

「自 己・最高」の

「164・万枚」を

 

「セールス・する」

「ミリオン・セラー」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」


「見・事」に

「日本・レコード・大賞」に

「輝・き」ました。

 

「グレイ」は

「1,988・年」に

「結 成・した」

「男 性・4 人 組」の

 

「ヴィジュアル」

「系」の

「ロック・バンド」です。

 

「白」(「ポップス」) 

 で も

「黒」(「ロック」)

 でも

「無・い」

 

「バンド」を

「目 指・す」

   と、いう

「意味 を・込め」て

 

「白と黒 の・中間 色」

「G L A Y」と

(「灰・色」) 

「名 付・け」ました。

 

「4・人」は

「高校 を・卒業 後」

「北海道」か ら

「上・京」しました。

 

「ライブ・ハウス」で

「演 奏・する」

「姿」を

 

「X・JAPAN」の

YOSHIKI」に

(「ヨシキ」)

「見染 め・られ」

 

「1,994・年」に

YOSHIKI」の

「プロヂュース」に

   よ り

 

「リリース」し た

「ファースト・シングル」

「RAIN」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・26 位」と

「今・ひとつ」

   なが ら

 

「10・万枚」を

「セールス・する」

「スマッシュ・ヒット」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「Winter , Again」

「誘 惑」

「HOWEVER 」等 が

「有・り」ます。

 

「1,996・年」に

「リリース」

   し た

「セカンド・アルバム」

 

「BEAT out」が

「自 身・初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「1,997・年」の

「12 th・シングル」

「HOWEVER」〜

 

「1,999・年」の

「16 th・シングル」

「Winter , again」まで

 

「シングル・曲」が

「5 作・連続」で

「ミリオン・セラー」に

「成・り」ました。

 

「1,996・年」の

「サード・アルバム」

「BELOVED」〜


「1,999・年」の

「5 th・アルバム」

HEAVY GAUGE」まで

 

「アルバム・曲」が

「3 作・連続」で

「ダブル・ミリオン」に

「成・り」ました。

 

「1,997・年」に

「リリース」した

「ファースト」

ベスト・アルバム


「REVIEW・BEST OF GLAY」は

「487・万枚」の

「クアドラブル・セール」に

「成・り」

 

「宇多田 ヒカル」

(「First Love」「765・万枚」)

「B‘ Z」に

(「Pleasure」「514・万枚」)

「次・い」で

 

「アルバム・売上」

「歴 代・3 位」の

「驚 異・的」な

「ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「ライブ」 の

「観 客・動員 数」は

「歴 代・1 位」を

「維 持・して」います。

 

「1,990・年 代」〜

「2,000・年 代」

「2,010・年 代」
「2,020・年 代」まで

 

「4 つ の・年 代」で

オリコン・1 位」

「作・品」を

「世 に・排出」し

 

「現・在」も
「根強 い・人気」を

「誇 っ・て」います。

 

「現 在・まで」に

「リリース」

   し た

 

「シングル・曲」

「63・作品」の

「内」で

「22・作品」が

 

「アルバム・曲」

「26・作品」の
「内」で

「14・作品」が

 

オリコン・1 位」に

「成 っ・て」います。

 

「レコード・大賞」

   で は
「3 回・各賞」を

「受 賞・して」います。

 

「紅 白・歌合戦」

   へ は

 

「1,997・年」の

「HOWEVER」〜

「1,999・年」の

「サバイバル」ま で

 

「3 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「G L A Y」

「Winter, again」

「作・詞」「作・曲」

TAKURO

 

無口 な 群衆、息 は 白く、

         (「ひと」)

歴史 の 深い手 に 引かれ て

幼い日 の 帰り道、

凛 と 鳴る 雪路 を 急ぐ

(「りん と なる ゆきじ」)
街灯 の 下 ひらひら と、

凍える 頬 に 舞い散る 雪

(「こごえる ほほ」)

目を 閉じれ ば 昔の まま、

厳しく も 日々 強く

生きてる 者 よ

 

いつか 二人 で 行きたい ね

雪が 積もる 頃に

生まれた 街の あの 白さ を、

あなた にも 見せ たい

逢いたい から、恋しく て、

あなた を 想う ほど

寒い夜 は、未だ 胸の奥、

鐘の音 が 聞こえる

 

のしかかる 雲を 見上げ て、

時の 速さの 流れに 問う

誰も が 抱く 悲しみ の、

終着駅 は 何処に あるの か

陽だまり、暮れる 坂道 で、

若さの 幻と 出逢い

<元気 です>の 一言 に

懐かしさ より も、

戸惑い 立ち止ま る

 

過ぎ去り し 世に 揺れる 華、

遠く を 見つめて た

冷たい 風に さらされ た

愛は あの日 から 動けない と、

逢いたい から、

逢えない 夜に は、

あなた を 想う ほど

想い出 には、二人 が 歩いた

足跡 を 残して・・・

 

降り続く 白い雪 は、

心 模様、そっと

滔々 と 白い雪 は、

(「とうとう」)

無常なる 人の 世を

すべて 許す よう に

降り 続いて 行く

 

いつか 二人 で 行きたい ね

雪が 積もる 頃 に

生まれた 街の あの 白さ を、

あなた にも 見せ たい

逢いたい から、恋しく て、

あなた を 想う ほど

寒い夜 は、未だ 胸の奥、

鐘の音 が 聞こえ る

逢いたい から、

逢えない 夜に は、

あなた を 想う ほど

想い出 には、二人 が 歩いた

足跡 を 残して・・・

 

 

※「壺の中で は・火は 燃えぬ」

  (「つぼのなかで は・ひは もえぬ」)

 

「壺の中で は・火は 燃えぬ」

「意・味」は

「下・味」だ、そうです。

 

・「壺 の・中で」は
 「火 が・燃えない」様に

 「狭 い・窮屈」な
 「場・所」や

 

 「ふさわしく・無い」

 「環・境」に

 「於 い・て」は

 「人」は

 

 「大き な・仕事」や

 「十分 な・働き」が

 「出来・ない」
 「事」や

 

 「仕事 を・する」
    に は

 「そ れ・なり」の

 「環・境」が

 「必・要」だ

    と、いう

 「たとえ」だ、そうです。

 

「壺の中で は・火は 燃えぬ」の

「由 来・語源」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「小学生 の・時」の

 「理科 の・実験」を

 「思 い・出し」ました。

 

・「空気 (「酸素」) の

 「循環 が・殆ど 無い」

 「壺 の・中」へ

 「火 の・つい た」

 「ロウソク」を

 「入 れ・る」と

 「ロウソク」の

 「火」に

 

 「酸素 を・奪われ」て

 「壺 の・中」の

 「酸素 の・濃度」が

 「低く・なり」ます。

 

 「酸素 の・濃度」が

 「低下・する」と

 「ロウソク」の

 「燃焼・速度」が

 

 「遅 く・なり」

 「発熱量 が・小さく」

 「成・り」ます。

 

 「すると」

 「ロウソク」の
 「炎 の・温度」を

 「維持・できず」に

 

 「ロウソク」の

 「火」は

 「消・え」ました。

 

 「空 気・中」で
 「ロウソク」が

 「燃 え・続ける」

   「為」 に は

 

   「12 〜 17  %」

 「以・上」の

   「酸素 が・必要」で

 「火 を・燃やす」

  に は

 

 「適し た・場所」や

 「環・境」が

 「必・要」な

 「事」が

 「壺の中で は・火は 燃えぬ」の

 「由来 の・様」な

 「気」が、します。

 

 

「壺の中で は・火は 燃えぬ」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「壺の中で は・火は 燃えぬ」

    と、いう

 「ことわざ」の

 「様」に

 

 「彼」に

 「この・まま」

 「今 の・仕事」を

 「させ て・いた」ら

 

 「心 の・中」で

 「燃え盛っ て・いる」

 「激 し・い」

 「炎」も

 

 「やがて」

 「酸素・不足」で

 「消え て・しまう」に

 「違・い」ない。

 

・「壺の中で は・火は 燃えぬ」

    と、いう

 「ことわざ」が

 「有・る」が

 

 「彼・女」には

 「有り余 る・才能」が

 「有・る」のに

 「黙し て・語らず」に

 

 「上・司」から

 「指示・され」た

 「雑・用」を
 「こなして」いた。

 

 「如何 に・も」
 (「いか に・も」)

 「もった い・ない」
 「気」が、する。

 

「壺の中で は・火は 燃えぬ」の

「類 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「陸に 上がっ た・河童」

   (「おかに あがっ た・かっぱ」)

 

・「水 の・中」では

 「自由・自在」に

 「泳 ぎ・回る」

 「河・童」も

 

 「一・度」

 (「ひと・たび」)

 「陸 に・上がる」と

 (「おか に・あがる」)

 

 「何 も・出来なく」

 「成って・しまう」

 「事」が

 「由・来」で

 

 「能力 が・高い」
 「人」でも

 「自分 に・適した」
 「環境 から・離れる」と

 

 「本来 の・力」を

 「発揮・する」

 「事」が

 「出来・ず」に

 「無・能」に

 「成って・しまう」

    と、いう

 「意・味」です。

 

「壺の中で は・火は 燃えぬ」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も
「出 て・来」ません。

 

・「水を得 た・魚」

   (「みずをえ た・うお」)

 

・「その・人」に

 「適 し・た」

 「場・所」で

 「生 き・生き」と

 「活躍・する」

 「事」の

 「たとえ」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

 

「大川 栄策」は

(「おおかわ えいさく」)

 

「燃えたって 燃えたって

   あゝ 人の妻」の

 「歌詞 が・ある」

 

「さざんか の 宿」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

山茶花」と

(「サザンカ」)

「椿」の

(「ツバキ」

「花」は

「良 く・似て」います。

 

山茶花 の・開花 時期」は

「10 月 〜 12 月」で

「椿 の・開花 時期」は

「12 月 〜 4 月」です。

 

山茶花 の・花が散る 時」は

「花 びら が・落ち」

「椿 の・花が散る 時」は

「花首 から・落ち」

 

「首 が・落ちる」のは

「縁起 が・悪い」と

「武士・に」は

「嫌われ て・いた」そうです。

 

「1,982・年」に

「リリース」

   し た

「33 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に
「成・り」ました。

 

「大川 栄策」は
「1,948 年・生まれ」で

「福岡 県・大川 市」

「出・身」の

 

「演 歌・歌手」

   です。

 

「県・立」
「佐賀 商業・高校」

「在学・中」は

「空手 と・野球」に

「熱・中」しました。

 

「村田 英雄」に

「憧・れ」て

「高校卒業 と・同時」に

「単身・上京」し

「昭和 を・代表する」

「作 曲・家」

「古賀 政男」に

「弟 子・入り」しました。

「1,969・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「目ン無い 千鳥」で

「デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

「TBS ・テレビ 系」で

「放送・され」た

「テレビ・ドラマ」

 

「新妻 鏡」の

「主題・歌」に

「起用・され」

「大 ヒット」しました。


「代 表・曲」に

 

「さざんか の 宿」

「目ン 無い 千鳥」

「泣かせ 雨」等 が

「有・り」ます。

「そ の・後」も

「古賀 が・存命 中」は

「古 賀・メロディー」を

「歌 い・続け」

 

「1,982・年」に

「リリース」

   し た

「33 th・シングル」

 

「さざんか の 宿」が

「累・計」で

「180・万枚」を

「セールス・する」

 

「ミリオン・セラー」の

「大 ヒット・曲」に
「成・り」ました。


「翌・年」に
「レコード・大賞・
「ロング セラー・賞」を

「受・賞」し


「念・願」の

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」

   しました。

 

「以・後」
「日・本」の
「演 歌・界」を

「支 え・る」

 

「大・御所」の
「一・人」
   と、して

「活・躍」しました。

 

「現在・73 歳」

   です が

「2,021・12 月」に

「112 th・シングル」

 

「男泣かせの雨が降る」を

「リリース」し

「第・一線」で

「活躍・して」います。

 

「私・生活」

   で は

 

「結 婚・歴」は

「無・く」

「独身 を・貫いて」

「来・た」様 です。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,983・年」の

「さざんか の 宿」〜

「1,986・年」の

「雨 の 港」ま で

 

「4 年・連続」で

「出・場」

   しました。

 

 

「大川 栄策」

「さざんか の 宿」

「作・詞」「吉岡 治」

「作・曲」「市川 昭介」

 

くもり ガラス を 手で 拭いて

                               (「ふいて」)

あなた 明日 が 見えます か

愛して も 愛して も

あゝ 他人 の 妻

   (「ひと」)

赤く 咲いて も 冬 の 花

咲いて さびしい さざんか の 宿

 

ぬいた 指輪 の 罪 の あと

かんで ください 思い きり

燃え たって  燃え たって

あゝ 他人 の 妻

運命 かなしい 冬 の 花

(「さだめ」)

明日 は いらない さざんか の 宿

 

せめて 朝まで 腕 の 中

夢を 見させ て くれます か

つくして も  つくして も

あゝ 他人 の 妻

ふたり 咲いて も 冬 の 花

春は いつ くる さざんか の 宿

 

 

「蛍雪 の・功」を

「英・語」で

 「burn the midnight oil」と

 

 (「深夜 遅く まで・勉強に 励む」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「子供の 喧嘩 に・親が 出る」

(「こどもの けんか に・

    おやが でる」)

 

「皆さん」は

「子供の 喧嘩 に・親が 出る」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?


「子供の 喧嘩 に・親が 出る」の

「意・味」は
「下・記」だ、そうです。

 

「大人 気・ない」

「振 る・舞い」を

「し た・り」

「余・計」な

「口 出・し」を

「す る・な」

   と、いう

「戒・め」の

 

「ことわざ」だ

   そうです。

 

「もしも」

「悩んでいる人が・いたら」
「ママ友との・上手な付き合い方」で

「検索し・てみて」下さい。

 

「少し・は」

「参考 に・なるかも」

「知・れ」ません。

 

「子供の 喧嘩 に・親が 出る」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

「子供・同士」の

「他愛 の・ない」
「喧・嘩」に

「双方 の・親」が

 

「干渉・する」と

「親・同士」が

「憎 ん・だ」り

「恨 ん・だ」り

 

「す る・よう」に
「なる こと・から」

「転 じ・て」

「当事者・以外」が

 

「しゃしゃ・り」

「出・て」

「余計 な・こと」を

「す る」

 

「お節介 な・人」が

「由・来」だ、そうです。

 

「子供の 喧嘩 に・親が 出る」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「夫婦 喧嘩 は・犬も 食わない」

    と、いう

 「ことわざ」が

 「有・る」が

 

 「子供の 喧嘩 に・親が 出る」

 「様」な

 「余計 な・お節介」は
 「止め る・べき」だ。

 

・「普段・から」

 「犬猿 の・仲」の

 「二 ・人」が

 「ちょっと・した」

 

 「言葉 を・キッカケ」に

 「始ま っ・た」

 「喧嘩・だ」が

 

 「子供の 喧嘩 に・親が 出る」

 「様」に

 「仲裁 に・入る」と

 「大きな・お世話だ」と
 「逆 に・恨まれ」て

 

 「こちら に・まで」

 「飛び 火・して」

 「きそ う・ なの」で

 「見て見 ぬ・振り」を

     していた。

 

「子供の 喧嘩 に・親が 出る」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「子供 喧嘩 が・親 喧嘩」

   (「こども けんか が・

       おやげんか」)

 

 「子供・同士」の

 「いさか・い」に
 「親・同士」が

 「口を出し て・しまい」

 

 「ま す・ます」

 「混乱 して・しまう」
 「こと が・よくある」

 「事」より

 

 「つま ら・ない」

 「事・柄」に

 「当事者・以外」が

 「でしゃ・ばって」

 「余計 な・こと」を

 「す る・人」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「子供の 喧嘩 に・親が 出る」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「童 諍 い・大人 しらず」

   (「わらべ いさか い・

       おとな しらず」)

 

 「子供・同士」の

 「喧・嘩」に
 「い ち・いち」

 「親」が

 

 「出 る・べき」で

 「無・い」

    と、いう

 「戒・め」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

 

「氣 志 團」は

(「き し だん」)

 

「喧嘩 上等」

(「けんか じょうとう」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「私」が

「小学 6 年生 の・時」に

「クラス の・意見」が

「真っ二つ に・割れ」て

 

「収拾 が・付かなく」

「成・り」

「双・方」が
「代表 を・立て」て

 

「い わ・ゆる」

「タイマン・勝負」で

「決着する・事」に

「成・り」ました。

 

「一方 の・代表」に

「私 が・選ばれ」

「相手 の・代表」に

「悪・ガキ」で

 

「番・長」と

「呼ばれ て・いた」
「男」が

「選 ば・れ」ました。

 

「対・戦」は
「放課・後」に
「校庭 の・片隅」で

「衆人 環視 の・もと」に

 

「行わ れ・ました」が

「本気 を・出す」

「事 は・無く」

「プロレス・技」を

「真似・する」等

「ジャレ・合い」に

「終・始」し

「黒白・付けず」に

 

「引き・分け」に

「終わっ・た」
「懐しい・思い出」が

「有・り」ます。

 

「喧嘩 上等」は

「2,014・年」に

「リリース」した

「17 th・シングル」で

 

オリコン・5 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「氣 志 團」は

「1,997・年」に

「千葉 県・木更津 市」で

「カリスマ 的・不良」と

 

「呼ばれて・いた」

「綾小路 翔」を

(「あやのこうじ しょう」)

「中・心」に

「結成・され」た

 

「男性・6 人 組」の

「ヤンキー ・系」

「ロック・バンド」です。

 

「1,980 年・代」の

「不・良」を

「彷彿 と・させ」る

(「ほうふつ」)

 

「リーゼント & 学ラン」

「サングラス・姿」で

「活動・する」

「異色 の・グループ」です。

 

「2,002・年」に

「ファースト・シングル」

One Night Carnival」で
「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・7 位」の

「ヒット・曲」に

「成・り」

「2,004・年」に

「同・曲」で

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「代表・曲」に

 

「喧嘩上等」

One Night Carnival

「我ら 思う
   故に 我ら 在り」等 が

「有・り」ます。

 

「氣 志 團」は

「同・年」に

「TBS・テレビ 系」で

「放 送・され」た

 

「岡田 准一」

「主演 に・よる」

「テレビ・ドラマ」

「木更津・キャッツアイ」に

 

「出演 し・話題」に
「成・り」ました。

 

「同・ドラマ」は

「翌・年」に
「映画 化・され」

「映画・内」で

 

「氣 志 團」が

「木 更 津」で

「野外・ライブ」を

「行 う・シーン」が
「有・り」

 

「氣 志 團」の

「知 名・度」は

「更 に・高まり」

   ました。

 

「同・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・アルバム」

 

「1/6 LONELY NIGHT」が

「自身・最高 位」の

オリコン・3 位」に

「成・り」ました。

 

「2,004・年」に

「東京・ドーム」で

「単独・ライブ」を

「開・催」し

 

「4 万・5,000 人」を

「動・員」

   しました。

 

「2,014・年」に

「リリース」

   し た

「17 th・シングル」

 

「喧嘩 上等」が

「フジテレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

 

「極悪 がんぼ」の

「主 題・歌」に

「起 用・され」

「ヒット」しました。

 

「2,012 年・以降」は

「千葉 県」の

袖ヶ浦海浜 公園」を

「会場 に・して」

 

「毎年・9 月」に

「豪華・アーティスト」を

「招・き」
「氣 志 團・万博」を

 

「開催・して」

「音楽・ファン」の

「支持 を・得て」

「い る」そうです。

 

「2,020 年・9 月」に

氣志團 万博・2,020」の

「公式・テーマソング」

「No Rain, No Rainbow」を

「配信・リリース」

   しました。

 

「2,021 年・4 月」に

「ファースト」

「トリビュート・アルバム」

(「著名人 の・カバー アルバム」)

 

Oneway Generation」を

「リリース」しました。

 

「リーダーで・ボーカル」の

「綾小路 翔」は

「1,976 年・生まれ」で

「千葉 県・君津 市」

「出・身」の

 

「歌・手」で

「キャッチ・コピー」は

「房総 の・狂犬」

「永遠 の・16 歳」です。

 

「中学生・時代」に
「バンド・活動」を

「開・始」しました。

 

「県・立」
「天羽・高校」

「在 学・中」は

「暴 走・族」

「木更津・サリー」に

「所属・して」

   いました。

 

「高校 卒業・後」に

「同級生 を・中心」に

「氣 志 團」を

「結・成」しました。

 

「2,006・年」

「30 歳の・時」に

「一般人・女性」と

「結・婚l」し

 

「2,008・年」に

「第一子・長女」を

「儲・け」ました。

 

「紅白・歌合戦」

   に は

 

「2,004・年」の

One Night Carnival」と

「2,005・年」の

「One Night Carnivaj」で

(「2 回・目」)

 

「2 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「氣 志 團」

「喧嘩 上等」

「作・詞」「綾小路 翔」

「作・曲」「西園寺 瞳」

 

WOW・・ 命ある 限り は

恋せよ 乙女

WOW ・・ 血祭りだ わ

かかって こい や 喧嘩 上等

 

C‘mon !!

 

バカ な 女だね なんて

聞き飽き た 耳に タコ

クサい 台詞 が 欲しい の

      (「セリフ」)

甘く 囁いて いて

(「ささやいて」)

 

嘘 でも 作り事 でも

何だって 構わ ない

涙など 出やしない わ

疾うに 枯れ果てた もの

(「とうに」)

 

海が 死んだっ て

例え あなた が 死んだっ て

私は くたばり は しない から

 

うらんで も いい

WOW・・ 生き抜く のよ

そうよ 女だった ら

WOW・・ 度 胸・愛 嬌・最 強

うらんで も いい

WOW ・・ 命ある限り は

恋せよ 乙女

WOW ・・ 血祭りだ わ

かかって こい や 喧嘩 上等

 

C‘mon !!

 

殺して でも 奪いたい わ

そんな 恋も あった わ

昔話 は 苦手 よ

ただ 強く 抱いて いて

 

C‘mon !!

 

春が 死んだっ て

秋が 死んだっ て

愛も 心も 死んだっ て

私は 私しか 信じ ない

 

うらんで も いい

WOW ・・ 自惚れる の

               (「うぬぼれる」)

あたし は いい 女

WOW ・・ 踊り ましょう

アン・ドゥ・トロワ

ラッタッタッタ・

タラッタラッ・タッタッター

 

うらんで も いい

WOW・・ 生き抜くの よ

そうよ 女だった ら

WOW・・ 度 胸・愛 嬌・最 強

うらんで も いい

WOW ・・ 命ある限り は

恋せよ 乙女

WOW ・・ 血祭りだ わ

かかって こい や 喧嘩 上等

女のみち は 喧嘩 上等

 

C‘mon !!

 

 

※「子供 の・使い」

  (「こども の・つかい」)

 

「子供 の・使い」の

「意・味」は
「下・記」だ、そうです。

・「1,991・年」か ら

 「日本・テレビ 系」で

 「はじめて の・おつかい」

    と、いう

 

 「バラエティ・番組」が

 「不・定期」に
 「放 送・されて」います。

 

 「今・年」は
 「1 月・8 日」(「土」) に

 「放送・され」ました。

 

 「生まれ て・初め」て

 「一・人」で
 「おつ かい」に

 「挑 戦・する」

 

 「幼 い・子供 達」の

 「奮闘・ぶり」と

 「それ を・見守」る

 「親・達」を

 

 「ドキュメント・

    タッチ」で

 「描 い・て」います。

 

 「子供 の・自立」を

 「応援する に・とどまらず」

 「親子 関係 の・あり方」

 「育児 教育 の・あり方」を

 

 「視 聴・者」に

 「改め て・考え させ」る

 「機・会」も

 「提 供・して」います。

 

 「夢 の・ない」

 「現 実・的」な

 「言 い・方」に

 「成 り・ます」が

 

 「子供 の・使い」

    と は

 「要領 を・えず」

 「役 に・立た ない」

 

 「使・い」の
 「た と・え」だ

    そうです。

 

「子供 の・使い」の

「由来 や・語源」は

「特 に・無い」

「様」です。

 

「子供 の・使い」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「私」は

 「書 く・もの」を

 「持っ て・こい」と

 「言 っ・た」だ ろ。

 

 「子供 の・使い」

    じ ゃ

 「あ る・まい」し

 「気 を・利か」せ ろ。

 

 「書 く・もの」と

 「言 っ・た」ら

 「ペ ン・だけ」で

 「無・く」

 「紙」も

 「一・緒」に

 「持 っ・て」こ い。

 

・「子供 の・使い」

    じ ゃ

 「無 い・ので」

 「何・の」

 

 「成果 も・無く」

 「手ぶら で・帰る」

 「わ け・には」

 「行・き」ません。

 

「子供 の・使い」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「要領 を・得ない」

   (「ようりょう を・えない」)

 

 「会話 や・発言」の

 「道筋 が・おかしい」や

 「言っ て・いる」

 「意味 が・分からない」

 

 「言っ て・いる」

 「事」が

 「間違っ て・いる」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「苦言 を・呈する」

 「時」に

 「使 わ・れる」

 「表・現」だ、そうです。

 

「子供 の・使い」の

「対 義・語」を

「検索・して」も

「出 て・来」ません。


・「的 を・射る」

   (「まと を・いる」)


 「的 を・得る」と

 (「まと を・える」)

 「表現す る・人」も

 「多 い・様です」が

 

 「近年・では」

 「誤用で は・無い」

    と、いう

 「説 が・主流」です。

 

 「こと の・要点」を

 「正・確」に
 「突い て・いる」や

 「核・心」を

 「突 い・た」

 「鋭 い・意見」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「西川 峰子」は

(「にしかわ みねこ」)

 

「いやよ いや いや

   子供じゃ ないわ」の

「歌詞 が・ある」

 

「あなた に あげる」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,974・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

「西川 峰子」は

「1,958 年・生まれ」で

「福岡 県・田川 郡・赤 村」

「出・身」の


「演 歌・歌手」

「女・優」です。

 

「都・立」
「代々木・高校」に

「進学・しました」が

 

「1,973・年」に

「全日本 歌謡・コンテスト」で

「グランプリ」を

「獲・得」し

「高校 を・中退」し

「芸能 界・入り」を

「果 た・し」ました。

 

「1,974・年」

「16 歳の・時」に

「リリース」し た

「ファースト・シングル」

 

「あなたに あげる」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

「大 ヒット」し

オリコン・1 位」に

「成・り」

「レコード・大賞・
   最優秀・新人賞」他

「各種 新人賞・レース」を

「総・ナメ」に、して

 

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」し

「一・躍」に

   し て

 

「人気・歌手」の

「仲間・入り」を

   「果たし」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「あなた に あげる」

「峰子 の マドロスさん」

「東京 ラブ・コール」等 が

「有・り」ます。

 

「そ の・後」も

「コンスタント」に

「ヒット・曲」を

「放・ち」ました。

「1,985 年・頃」から

「思 う・よう」に

「声」が

「出な く・なり」

 

「女優 に・転向」し

「映・画」

「吉原 炎上」で

「迫真 の・演技」を

 

「見・せ」て

「視聴者 を・感動させて」

「自身 の・代表作」に

「成・り」ました。

 

「フジ・テレビ 系」で

「放 送・され」た

タモリ」の

「笑って いいとも ! 」に

 

「レギュラー・出演」し

「茶 の・間」の

「人 気・者」に

「成・り」ました。

 

「1,998・年」に

那須・高原」の

「新築・1ヶ月」の

「別・荘」が

「台風・4 号」に

「伴 う・豪雨」で

「流 さ・れ」て

「話題 に・なり」ました。

 

「2,009・年」に

「芸・名」を

「西川 峰子」

   か ら

 

「現・在」の
「仁支川 峰子」に

「改・名」

   しました。

 

「現 在・63 歳」

   です が

「歌手や・タレント」

   と、して

 

「第・一線」で

「活 躍・して」

「い る」そうです。

 

「私・生活」

   で は

 

「2,001 年・7 月」

「43 歳の・時」に

「7 才・年上」で

「島根 県・隠岐島 町」

「在・住」で

「後鳥羽・上皇」の

「墓 守・り」の

「旧家 の・子孫」で

「町 議会・議員」の

 

「村上 隆」と
「結婚・しました」が

「2,008 年・3 月」に

「離 婚・調停」が

「開・始」し

 

「2,009 年・4 月」に

「正・式」に

「離・婚」が

「成・立」しました。

 

「元・夫」は

「離婚・後」に

「失・踪」し

「現在・で」も

 

「行方・不明」の

「状・態」だ

   そうです。

 

「紅白・歌合戦」

   に は

 

「1,975・年」の

「あなた に あげる」〜

「1,978・年」の

「東京 ラブ・コール」まで

 

「4 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「西川 峰子」

「あなた に あげる」

「作・詞」「千家 和也」

「作・曲」「三木 たかし」

 

幼な ごころ に  いとしい 人 の

胸に 抱かれる 夢みて 泣いた

いやよ いや いや

子供じゃ ない わ

可愛い だけ の 恋なんて

あなた に あげる 私を あげる

あゝ あなた の 私に なりたい の

 

長い黒髪 とかれ て 散って

膝で 甘える その日 を 待つの

嘘よ!嘘 嘘

指され て 触れぬ

きれい な だけ の 恋なんて

あなた に あげる 私を あげる

あゝ あなた の 私に なりたい の

 

好きに なって は いけない ならば

なんで 逢わせた こうまで させた

駄目よ!駄目 駄目

子供じゃ ない わ

つぼみ で 終る 恋なんて

あなた に あげる 私を あげる

あゝ あなた の 私に なりたい の

 

 

「子供の 喧嘩 に・親が 出る」を

「英・語」で

 

 「Parents appear

      in child quarrels」と

 

 (「子供の 喧嘩 に・親が 出る」)

 

 「言・う」そうです。