何気なく使っている言葉の意味

「自分で蒔いた 種は・

   自分で 刈り取る」

(「じぶんでまいた たねは・

    じぶんで かりとる」)


「皆さん」は

「自分で蒔いた 種は・

   自分で 刈り取る」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「自分で蒔いた 種は・

   自分で 刈り取る」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「自分で 蒔いた・種」

    と は

 「自分 が・キッカケ」を

 「作り 招いて・しまった」

 

 「悪 い・事態」や

 「悪 い・結末」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「自分で蒔いた 種は・

       自分で 刈り取る」

    と は

 「自ら の・言動」に

 「対 し・て」

 

 「最 後・まで」

 「責任 を・負う」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「自分で蒔いた 種は・

   自分で 刈り取る」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「英語 の・ことわざ」

 「You reap what you sow」が

 (「あなたが 蒔いた種は・
      あなたが 刈り取りなさい」)

 「由・来」の

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「自分で蒔いた 種は・

   自分で 刈り取る」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「友・人」は

 「自分の 失敗が・原因」で

 「招 いた・トラブル」の

 「後・始末」を

 

 「上司に 頼ん・だら」

 「自分で蒔いた 種は・

       自分で 刈り取れ」と

 「突き 放・され」て

 

 「しまっ ・た」

    そうだ。


・「彼・女」は
 「子供の 頃・から」

 「両・親」に

 「自分で蒔いた 種は・

       自分で刈り取れ」と

 「言われて 育った・ので」

 「潔く 失敗を・認め」

    (「いさぎよく」)

 「他人 の・力」を

 「当て に・せず」に

 

 「自分 の・力」で

 「解決 して・しまう」

 「責任感 の・強い」

 「女・性」だ。

 

「自分で蒔いた 種は・

   自分で 刈り取る」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「立つ鳥 あとを・濁さず」

   (「たつとり あとを・

        にごさず」)

・「立つ 鳥・とは」

 「飛び 立つ・鳥」
    と、いう

 「意・味」で

 

 「立ち去る 時・には」

 「後始末 を・キチン」と

 「せねば なら・ない」や

 「引 き・際」は

 

 「潔く ある・べき」と

 「い う・意味」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「自分で蒔いた 種は・

   自分で 刈り取る」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「後は 野となれ・山となれ」

   (「あとは のとなれ・

       やまとなれ」)

 

・「目先の 事・さえ」

 「解 決・出来れ」ば

 「後」は

 「ど う・なって」も

 「構 わ・ない」と

 「い う・例え」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

 

いきものがかり」は

 

「心に蒔いた その種子 は

   いつかきっと 芽吹くんだ」の

「歌詞 が・ある」

 

「心の花を 咲かせよう」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2008・年」に

「リリース・した」

「4 rh・アルバム」

My song Your song」に

 

「収 録・され」て

   います。

 

「同・アルバム」は

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・作」に

「成・り」ました。

 

「いきもの がかり」は

 

「1999・年」に

「結 成・した」

「吉岡 聖恵」と
(「よしおか きよえ」)

 

「山下 穂尊」と

(「やました ほたか」)

「水野 良樹・から」

(「みずの よしき」)

「成・る」

 

「男 女・3 人組」の

「音 楽・グループ」

   です。

 

「神奈川 県」

「海老名・市立」
「海老名・小学校」

「時 代・から」の

 

「同 級・生」で

「有 っ・た」

「山下 穂尊」と

「水野 良樹」は

 

「1999 年・2 月」

「県・立」
「厚 木・高校」

「3 年生 の・時」に

 

「男 性・2 人組」の

「アマチュア

   バンド」を

「結・成」しました。

 

「同 年・11 月」に

「県・立」
「海老名・高校」

「1 年・生」の

 

「吉岡 聖恵」が

「ボーカル」

   と、して

「加・入」し

 

「男 女・3 人組」

「体・制」の

「音 楽・グループ」に

「成・り」ました。

 

「いきもの がかり」

   と、いう

「バンド・名」は
「山下 と・水野」が

 

「小 学・1 年生」の
「時」に

「係・活動」で

「金・魚」に

 

「エサ を・あげる」

「生き物 係・だった」

(「いきもの がかり」)

「事」に

 

「由 来・して」

「名 付・け」

   ました。

 

「2 年・間」の

「インディーズ」

「経・験」を

「経・て」

 

「2006・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」


「SAKURA」で

「メジャー・デビュー」を

「果 た・し」ました。

 

「同・曲」は

オリコン・17 位」の

「スマッシュ・ヒット」

   なが ら

 

「NTT DENPO ・
   115」の

「 C M・ソング」に

「起 用・され」


「ロング・セラー」を

「記 録・して」

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「代 表・曲」に

 

「ありがとう」

「気まぐれ ロマンチック」

「YELL」等が

(「エール」)

「有・り」ます。

 

「2009・年」に

「リリース」

   し た

「15 th・シングル」

 

「YELL」が

「N H K・テレビ」の

「みんな の・うた」に

「採 用・され」


「レコード・大賞・
   優秀 作品 賞」と

「日本 有線・大賞」を

「受・賞」し


「シングル・作品」で

「自 身・最高 位」の

オリコン・2 位」に

「成・り」ました。

 

「2010・年」に

「リリース・した」

「18 th・シングル」

「ありがとう」が

 

「N H K・テレビ」の

「連続 テレビ・小説」

「ゲゲゲ の 女房」の

「主 題・歌」に


「起 用・され」て

「レコード・大賞・
   優秀 作品賞」を

「受・賞」し

 

「シングル・作品」で

「自身 最高位・タイ」の

オリコン・2 位」に

「成・り」

 

「そ れ・まで」

「若者 を・中心」

   と、した

「支 持・層」が

 

「幅 広い ・世代」に

「拡・大」しました。

 

「同・年」に

「自 身・初」の

「日 本・武道館」に

「於 け・る」

 

「単 独・ライブ」を

「開・催」し

「好評 を・博し」

   ました。

 

「2012・年」に

「リリース・した」

「24 th・シングル」

「風が 吹いている」が

 

「N H k・テレビ」

「ロンドン・オリンピック・
   パラリンピック」の

「番組 テーマ・ソング」に

 

「起 用・され」て

オリコン・3 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「レコード・大賞・
「優秀 作品賞」を

「受・賞」しました。

 

「アルバム」

   で は

 

「2008・年」に

「リリース・した」

「サード・アルバム」

My song your song

 

「2009・年」に

「リリース・した」

「4 th・アルバム」

「ハジマリノ ウタ」

 

「2012・年」に

「リリース・した」

「5 th・アルバム」

「NEWTRAL」

 

「2013・年」に

「リリース・した」

「6 th・アルバム」

「 I 」

 

「2014・年」に

「リリース・した」

「7 th・アルバム」

「FUN! FUN! FANFARE!」と

 

「5・作品」が

「連 続・して」

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2010・年」に

「リリース・した」

「ファースト」

ベスト・アルバム

「BEST セレクション」

 

「2012・年」に

「リリース・した」

「セカンド」

ベスト・アルバム

「バラ ー 丼」

 

「2016・年」に

「リリース・した」

「サード」

ベスト・アルバム

「てんねん 記念 メンバーズ」と


ベスト・アルバム

「3 作品が 連続・して」

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「レコード・大賞」

   で は

「通算 7 回・各賞」を

「受・賞」しました。

 

「数・々」の
「ヒット・曲」を
「世」に

「送 り・出し」


「音 楽・ファン」が

「選・ぶ」
「好きな アーティスト・
   ランキング」で

 

「2010・年〜 

   2013・年」まで

「4 年・連続」で
「2・位」に

「成・り」ました。

 

「2021 年・6 月」に

「山下 穂尊」が

「音楽 の・方向性」の

「違い を・理由」に

 

「同 年・夏」を
「以っ・て」

「グループ」を
「脱 退・し」

 

「芸 能 界」を

「引 退・する」と

「発 表・して」

「大き な・話題」に

 

「成・り」

「ファン」に

「ショック」を

「与・え」ました。

 

「以・後」は
「吉岡 と・水野」の

「ヂュオ と・して」

「活 躍・して」います。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2008・年」の

「SAKURA」〜

「2019・年」の

「風が 吹いて いる」まで

 

「通 算・11 回」

「出・場」しました。

 

 

「いきもの がかり」

「心の花を 咲かせよう」

「作・詞」「作・曲」

「山下 穂尊」

 

僕等が駆け抜けた 時期

                        (「とき」)

明日へと 向かう旅
多くを語らず 自ら

その 先を 見据えてく

一瞬迷うけど 必ず道がある 

届かない様な ゴールなんて無い

 

遠くに見えてた 舞台に

待つものは 何だろう
心に蒔いた その種子は  

いつかきっと 芽吹くんだ
眠れない 一人の夜

巡る思考回路は 悟る
「今の自分で 間違いない…」

ってさ

 

心にある花を 枯らさずに

咲かせ よう
夢がやがて 確かな輝きへ

変わる ように
夢見たその景色は 決して

色 褪せずに

(「いろ あせず」)
永遠に僕等の 胸に

刻まれるの だから
今日の日も ここに

「僕」と いう

意味を生む 曇り無き

素朴な 光だ

 

もう 負けないと

誓った あの夜の

泪を拭ったその時に 宿った

(「なみだを ぬぐった」)

魂が あって

 

忘れない日々を 越えて

やっと辿り着けた 場所に
「後悔」なんて もんは

必要 ないってさ

 

心に咲く花を 大切に育てよう 

時に 雨に打たれ 

時に 風に吹かれ
やがて花は 朽ちても

              (「くち」)

生まれ ゆく 生命が ある
永久に続く 連鎖に

「僕」という 意味を持つ
あの日の 僕等が笑う 

咲き誇る 花を慕う

                (「したう」)
今の僕等に 向ける

その眼差しは 語る
日常の日々こそ 奇跡 

僕達が紡いでく 奇跡

     (「つむいで」)
探すのは「特別」では なく

日常という 名の

目の前の 奇跡

 

輝いた今日に 感謝と

惜しみなく続く 拍手を
燃え尽きた僕等が 今抱く

誇りこそ持つべき 必然
いつか今日が 過去に変わり

「今」に 負けそうに なっても
僕達は 思い出すだろう 

情熱に染まった 日々を

 

心にある花を いつまでも

咲かせ よう
たとえ水が 尽きても 

たとえ闇が 覆っても

   (「おおって」)
終わりという 始まり 

始まりという名の 終わり
僕達はまだ 歩いてく 

僕達がまだ 歩いてく
その先に 未知なる

癒えぬ痛みが 待つとも 

(「いえぬ」)

ひたすらに続く 未来が見たい
ひとひらの淡い 奇跡を見たい

 

 

※「自 縄・自縛」

  (「じじょう・じばく」)

 

「自 縄・自縛」の

「意・味」は

「下・記」だそうです。

 

・「自・分」の

 「言動 に・よって」

 「身 動・き」が

 「取れなく・なり」

 「非・常」に

 「苦 しい・立場」に

 「陥 いる・事」を

   (「おちいる」)

 「た と・え」た

 

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

「自 縄・自縛」の

「由・来」は

「下・記」だそうです。

 

・「自分 の・手」で
 「綯 った・縄」で

 (「な った・なわ」)

 「自分自身 を・縛り」

 

 「自・由」に
 「動けなく・なる」

 「事」が

 「由・来」の

 

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

「自 縄・自縛」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だそうです。


・「友・人」は
 「嘘を つか・ない」

 「事 を・モットー」

 「し て・いる」が

 

 「嘘 も・方便」で

 (「うそも・ほうべん」)

 「時 と・して」

 「嘘 を・つけ」ば

 「穏便 に・済む」

 

 「事 も・あり」

 「自 縄・自縛」に

 「苦 しんで・いる」

    そうだ。

 

・「自 縄・自縛」は

 「決 めた・事」を

 「守 ろうと・する」

 「意志の 強い・人」や

 

 「頑固 な・人」が

 「陥 り・やすい」と

 「言 わ・れて」

    いる。

 

「自 縄・自縛」の

「類 義・語」は

「下・記」だそうです。


・「自 業・自得」

   (「じ ごう・じとく」)

 

・「か つ・て」の

 「自分 の・行為」の

 「結果 の・報い」を

 「自分 が・受ける」と

 

 「い う・意味」の

 「四 字・熟語」で

 「一般 的・には」

 「悪い 事を・する」と

 

 「その 報いを・受ける」と

 「いう 意味・合い」で

 「用い ら・れる」

    そうです。

 

「自 縄・自縛」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「運 否・天賦」

   (「うんぷ・てんぷ」)

 

・「運 否・とは」
 「幸運 と・不運」

    と、いう

 「意・味」で


 「天 賦・とは」

 「天が 与える・もの」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「運否 天賦・とは」

 「人 の・運命」は

 「自分の 言動・とは」

 「関係 が・無く」

 

 「全・て」

 「天が 決める・もの」と
 「い う・意味」の

 「四 字・熟語」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

「尾崎 豊」は

(「おざき ゆたか」)

 

「誰にも 縛られたく ないと

   逃げ込んだ この夜に」の

「歌詞 が・ある」

 

「15 の 夜」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1983・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「尾崎 豊」は

「1965 年・生まれ」で

「東京 都・世田谷 区」

「出・身」の

 

「シンガーソング・

   ライター」でした。

 

「1983・年」

「私・立」
「青山学院・高等部」

「在 学・中」に

 

「ビクター」と

CBSソニー」の

「オーディション」に

「合 格・し」

 

「高校を 中退・して」

「芸能界・入り」

   しました。

 

「同・年」に
「リリース・した」

「ファースト・シングル」

「15 の 夜」で

 

「メジャー・デビュー」を

「果 た・し」ました。

 

「同・曲」は

オリコン・15 位」

   なが ら

「自・身」の

 

「代 表・曲」の

「一・曲」に

「成・り」ました。

 

「ライブ・では」
「熱・烈」で

「被 虐・的」な
(「ひ ぎゃく・てき」) 

「パフォーマンス」や

 

「夢 や・愛」

「生きる 事の・意味」を

「ストレート」に

「表・現」しました。

 

「赤・裸々」な

(「せき・らら」)

「歌・詞」で
「社会 や・学校」で

「感じた・葛藤」

 

「心 の・叫び」やー

「一 貫・した」

「反・エリート 主義」を

「表現 した・曲」で

 

「若者 を・中心」に

「多くの 支持を・得」て

「カリスマ 的・存在」に

「成・り」

 

「若者 の・教祖」

   と、まで

「称 さ・れ」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「I LOVE YOU 」

「15 の 夜」

「卒 業」等が

「有・り」ます。

 

「同・年」に

「開 催・した」

「大 阪・球場」に

「於 け・る」

 

「自 身・初」の

「単 独・ライブ」で

「26,000人」を

「動・員」しました。

 

「1987・年」

「22 歳の・時」に

「実・父」の

「告発 に・より」

 

「覚せい 剤・取締法」

「違・反」で

「逮 捕・され」

「裁判 の・結果」

 

「懲 役・1 年 6 ヶ月」

「執行 猶予・3 年」の

「有 罪・判決」を

「受・け」ました。

 

「1988・年」に

「人気 音楽・番組」

「夜の ヒットスタジオ」に

「生・涯」で

「最初 で・最後」の

「テレビ・出演」を

   しました。

 

「同・年」に

「東 京・ドーム」で

「開 催・した」

「単 独・ライブ」で

 

「56,000人」の

「観・衆」を

「動・員」しました。

 

「1991・年」に

「リリース・した」

「11 th・シングル」

「I LOVE YOU 」は

 

「自 身・最大」の
「名曲 と・呼ばれ」

「宇多田 ヒカル」

コブクロ」他

 

「47・組」の

「アーティスト」に

「カバー・され」

   ました。

 

「1994・年」に

「リリース・した」

「14 th・シングル」

OH MY LITTLE GIRL」が

 

「シングル・曲」で

「自 身・唯一」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「アルバム」

   で は

 

「1985・年」に

「リリース・した」

「セカンド・アルバム」

「回 帰 線」

 

「1990・年」に

「リリース・した」

「5 th・アルバム」

「誕 生」

 

「1992・年」に

「リリース・した」

「6 th・アルバム」

放熱への証」が

 

「各・々」
オリコン・1 位」の

「大 ヒット・作」に

「成・り」ました。

 

「1992・4・25・早朝」
「自宅の マンション・から」

「500 m・離れ」た」

「民家の 庭・にて」

 

「全裸 の・泥酔状態」で

「傷だらけ の・まま」

「倒れて いる・ところ」を

「住民に 発見・され」

 

「住・民」は

「警察 に・通報」し

「救急車・にて」

「近隣 の・病院」に
   

「緊急 搬送・され」

   ました。

 

「診察 した・医師」は

「専門医 に 診て・もらう」

「様」に

「アドバイス」しました。


「し か・し」

「尾崎は 妻と・共」に

「自宅 に・帰り」
   ました。

 

「妻 と・マネージャー」が
「見 守る・中」

「暴れたり・眠ったり」を

「繰り 返し・ました」が

 

「突・如」
「危篤状態 に・陥り」

「再・び」

「救 急・車」で

 

「日本 医科大学

   附属 病院」の

「救 命・病棟」に

「搬 送・され」

   ました。

 

「病・院」で

「蘇 生・措置」を

(「そ せい・そち」)

「受 け・る」も

 

「肺・気腫」の
(「はい・きしゅ」)

「診 断・にて」

「死・亡」しました。

 

「享・年」

(「きょう・ねん」)
「弱・冠」

「27・歳」でした。

 

「後・日」
「雨の 降る・中」

護国寺・にて」

「葬 儀・追悼式」が

 

「執り 行な・われ」

「4 万・人」が

「参・列」し

「そ の・規模」は

 

「美空 ひばり」に

「匹 敵・する」

「参列者 の・人数」

   でした。

 

「私・生活」

   で は

 

「1988・年」

「22 歳の・時」に

「一般 人・女性」と

「結・婚」し

 

「1989・年」に

「第 一子・長男」が

「誕・生」

   しました。

 

「長・男」は
「シンガーソング・

   ライター」の

「尾崎 裕也」です。

(「おざき ひろや」)

 

「紅 白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」そうです。

 

 

「尾崎 豊」

「15 の 夜」

「作・詞」「作・曲」

「尾崎 豊」

 

落書きの 教科書と

外ばかり 見てる俺
超高層ビルの 上の空

届かない夢を 見てる
やりばのない 気持の

扉 破りたい
校舎の裏 煙草をふかして

見つかれば 逃げ場もない
しゃがんで かたまり  

背を 向けながら
心のひとつも 解りあえない

大人達を にらむ
そして仲間達は 今夜

家出の計画を たてる
とにかくもう 学校や家には

帰りたく ない
自分の存在が 何なのかさえ

解らず 震えている
15 の 夜


盗んだバイクで 走り出す

行き先も 解らぬまま
暗い夜の 帳りの中へ. 

         ( 「とばり」)
誰にも縛られたく ないと

逃げ込んだ この夜に
自由になれた 気がした

15 の 夜

 

冷たい 風 冷えた体 人恋しくて
夢見てるあの娘の 家の横を

サヨナラ つぶやき
走り 抜ける
闇の中ぽつんと光る 自動販売
100 円玉で買える ぬくもり

熱い缶コーヒー  握りしめ
恋の結末も 解らないけど
あの娘と俺は 将来さえ

ずっと夢に 見てる
大人達 は心を 捨てろ捨てろと

言うが俺は いやなのさ
退屈な授業が 俺達の

全てだと いうならば
なんてちっぽけで なんて

意味のない なんて無力な
15 の 夜


盗んだバイクで 走り出す

行き先も 解らぬまま
暗い夜の 帳りの中へ
覚えたての 煙草をふかし

星空を 見つめながら
自由を 求め続けた

15 の 夜

 

盗んだバイクで 走り出す

行き先も 解らぬまま
暗い夜の 帳りの中へ
誰にも 縛られたくないと

逃げ込んだ この夜に
自由になれた 気がした

15 の 夜

 

 

「自分で蒔いた 種は・

   自分で 刈り取る」を

「英・語」で

 

 「pay one‘s consequence 

    for one's action」と

 

 (「自分で蒔いた 種は・

         自分で 刈り取る」)

 

 「言・う」そうです。

 

 

何気なく使っている言葉の意味

「引っ 張り・だこ」

(「ひっ ぱり・だこ」)

 

「皆さん」は

「引っ 張り・だこ」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「引っ 張り・だこ」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「た こ・とは」

 「海 に・棲む」

           (「すむ」)

 「8 本・足」の

 「蛸 の・事」で

 

 「多く の・人気」を

 「獲 得・して」

 「多くの 人・から」

 「誘い や・働きかけ」を

 

 「受 け・る」と

 「い う・意味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「引っ 張り・だこ」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。


・「鮹 の・干物」を

 (「タコ の・ヒモノ」)

 「作 る・際」に

 「タコ の・足」を

 

 「四 方・八方」に

 「広げて 干・し」た
           (「ほ・し」)

 「形 が・由来」だ

    そうです。

 

 「昔」は

 「その 形・から」

 「はりつけ の・刑」や

 「処刑 される・罪人」を

 

 「表 す・言葉」

    と・して
 「引っ 張り・だこ」が

 「使わ れた・もの」の

 

 「いつ し・か」

 「現在 の・意味」に

 「変化 して・いった」

    そうです。

 

「引っ 張り・だこ」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「友・人」は

 「いわ ゆ・る」
 「ハ イ・スペック」で

 「多くの 女性・から」

 

 「引っ 張り・だこ」

 「状 態・だった」が

 「彼女 以外の・人」に

 「目を くれる・事」は

 

 「一度 も・無かった」

    そうだ。

 

・「彼・女」の

 「人の 心を・つかむ」

 「歌 唱・力」は

 「超・一流」で

 

 「デビュー を・前提」に

 「数・多く」の

 「音楽 事務所・から」

 「引っ 張り・だこ」だ。

「引っ 張り・だこ」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「引く 手・数多」
  (「ひく て・あまた」)

 

・「引く 手・とは」

 「自分 の・方」へ

 「来 て・欲しい」と

 「誘う人 の・事」で

 

 「数 多・とは」

 「数が 多い・事」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「引く手 数多・とは」

 「誘う人が 多い・事」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」で

 「一般 的・には」

 「た く・さん」の

 「人」に

 

 「誘 わ・れる」

 「状・況」で

 「用 い・られ」る
    そうです。

 

「引っ 張り・だこ」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

・「総・スカン」
   (「そう・スカン」)

 

・「総・とは」

 「す べ・て」や

 「全・部」と
 「い う・意味」で


 「スカン・とは」

 「西日本 の・方言」で

 「好 か・ん」と

 「い う・意味」で

 

 「好 かん・とは」

 「好き じゃ・ない」や

 「嫌・い」な
 「事」で

 
 「総 スカン・とは」

 「全ての 人・から」

 「嫌 わ ・れる」や

 「孤立 して・いて」

 

 「誰 に・も」

 「相手に され・ない」
    と、い う

 「意・味」で

 

 「総 スカン を・食う」

 「総 スカン に・あう」

 「総 スカン に・される」

 「等」と

 

 「用い られる・のが」

 「一 般・的」な

 「使 用・例」だ

    そうです。

 

 

「なにわ 男子」は

(「なにわ だんし」)

 

「ドラマに 映画に

   引っ張りだこ」の

「歌詞 が・ある」

 

「Seven Stars」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2022・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・アルバム」

 

「1 st Love」に

「収 録・され」て

   います。

 

「同・アルバム」は

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・作」に

「成・り」ました。

 

「なにわ・男子」は

「2018・年」に

関ジャニ  ∞」の

             (「エイト」)

「メンバー の・一人」

 

「大倉 忠義」の

「プロヂュース に・より」

「関西 ジャニーズ・Jr」の

「メンバーの 中・から」

 

「結 成・した」

「男 性・7 人 組」の

「アイドル・グループ」

   です。

 

「デビュー 前・から」

「人気 は・すさまじ」く

「個人のみ に・限らず」

「グループ と・して」も

 

「次・々」と
「テレビ や・ラジオ」の

「レギュラー・出演」が

「決・定」し

 

「世・間」の

「注 目・度」は

「一・気」に

「高 ま・り」ました。

 

「2021 年・11 月」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「初心 LOVE」で
(「ウヴ・ラブ」)

「メジャー・デビュー」を

「果 た・し」ました。

 

「同・曲」は

「テレビ・朝日 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

 

「消えた 初恋」の

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

オリコン・1 位」の

 

「大 ヒット曲 に・なり」

「翌・2022 年」に

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

(「紅 白・出場」は

  「この 1 回・のみ」)

 

「代 表・曲」に

 

「初心 LOVE」

「The Answer」

「サチ アレ」等が

「有・り」ます。

 

「2022 年・4 月」に

「リリース・した」

「セカンド・シングル」

「The Answer」が

 

「メンバー の・1 人」

「道枝 駿祐」が

(「みちえだ しゅんすけ」)

「主役 を・演じ」た

「テレビ・ドラマ」

 

金田一少年の 事件簿」の

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

 

「2022 年・11 月」に

「リリース・した」

「サード・シングル」

「ハッピー・サプライズ」が

 

「サンスター」

「オーラ・ツー」の

「C M・ソング」に

「起 用・され」て

 

「2023 年・3 月」に

「リリース・した」

「4 th・シングル」

「Special kiss」が

 

ソフトバンク

「なにわ男子 HOUSE」の

「C M・ソング」に

「起 用・され」て

 

「同 年・9 月」に

「リリース・した」

「5 th・シングル」

「Make Up Day」が

 

「日 本・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

「紅さす ライフ」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

 

「2023 年・11 月」に

「リリース・した」

「6 th・シングル」

「I Wish」が

 

「TBS・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

「マイ・セカンド・アオハル」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

 

「デビュー・から」

「リリース・した」

「シングル・作品」

「6・作品」が

 

「連 続・して」

オリコン・1 位」の

「快・進撃」を

「継 続・中」です。

 

「アルバム・では」

「デビュー・から」

「3・作品」

「連・続」で

 

「映像 作品」・では」

「デビュー・から」

「2・作品」

「連・続」で

 

「各・々」
オリコン・1 位」の

「快・挙」を

「継 続・中」です。

 


「なにわ 男子」

「Seven Stars」

「作・詞」「なにわ 男子」

「作・曲」「玉木 千尋

 

なにわの赤色 務めてます
朝ドラ2回も 出演してます
恋人にしたい  NO.1
チワワ 顔で かまって ワン
カメラを 向ければ

思わず ウィンク
あなたの 心を

エキサイティング
堺が生んだ 演技派アイドル
1 Star!西畑 大吾!

      (「にしはた だいご」)

 

大 ちゃん!!  大 ちゃん!!

 

なにわ男子の グッズ担当
でも自分が一番 マスコット
いつでも どこでも

キューティー マスター
願いを 叶える

シューティング スター
頭の中は ファンタジー
でもなにより 一番

ファン 大事
勢い西から愛 大西から
2 Star!大西 流星!

    (「おおにし りゅうせい」)

 

りゅちぇ!! りゅちぇ!!

 

なにわ男子の 末っ子ちゃん
かわいい 笑顔、まるで 赤ちゃん
あっと 驚く
アートの 実力
ファッションセンス も

ピカイチ で
衣装を 担当、say いいね!
笑顔の 貴公子
3 Star!長尾 謙杜!

         (「ながお けんと」)

 

謙 杜!! 謙 杜!!

 

美形 ビジュアル

なにわの エース
ファンのみんなは プリンセス
スタイルはまるで モデル 級
でも、普段は ドローン に 夢中
ドラマ に 映画に 引っ張りだこ
どんな 君でも 愛しいだよ
王道 進む、絶壁、完璧
4 Star!道枝 駿佑!

   (「みちえだ しゅんすけ」)

 

みっちー!!  みっちー!!

 

なにわの イケメン

ビジュアル 王子
いつでもどこでも 鏡を直視
前髪 命、自分 大事
こっちかな?いや、こっちかな?
ジャニーズ 1 の ナルシスト
けど、おバカが

漏れているの いつも
へい × 4 恭平 へい!
5 Star!高橋 恭平!

   (「たかはし きょうへい」)

 

恭平!! 恭平!!

 

なにわ男子の 最年長
トークも笑いも 最高潮
みんなが頼れる リア 恋兄さん

                         (「こいにいさん」)
リハ着は ユニフォーム が 1 番
野球語れば 止まらない
漫才作る手 止まらない
アイドルと芸人の  二刀流
6 Star!藤原 丈一郎!

    (「ふじわら じょういちろう」)

 

丈!! 丈!!

 

最後は なにわの

愛され リーダー
見るもの 震わす

エンターテイナー
歌声 響かせ

ハイトーンボイス
でも 地声は カスカス、

ハスキーボイス
プリン 食べ過ぎて

お尻 プリンプリン
ギャップ武器に 乙女

ドキンドキン
人類 大好き!
7 Star!大橋 和也!

     (「おおはし かずや」)

 

和也!! 和也!!

 

1 2 3 4 5 6 7
We are seven stars

 

Let's fly high
果てなく続く夜空でも
7 色の 光、消えや しない
Let's get shine
ここから 始まる

未来へと journey
夢掴むまで ずっとずっと
そうさ、

It's one for seven stars

 

Let's Go! 

NANIWA DANSHI”!!!!!!!

 

 

※「足を 引っ・張る」

   (「あしを ひっ・ぱる」)

 

「足を 引っ・張る」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。


・「他人 の・前進」や

 「成・功」を

 「意図的に 邪魔・する」

 「又・は」

 

 「意図せず に・妨げる」

                  (「さまたげる」)

    と、いう

 「意・味」の

 「慣 用・句」で

 「互い の・人」が

 「邪魔 して・いる」

 「状・況」は

 「足の 引っ張り・合い」と

 

 「表 現・する」

    そうです。

 

「足を 引っ・張る」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「他 の・人」の
 「足を 引っ・張って」
 「前に 進ませ・ない」

 「様」に

 

 「邪魔を する・事」が

 「由・来」の

 「慣 用・句」だ

    そうです

 

「足を 引っ・張る」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「新・部署」に
 「転勤 した・時」に

 「朝 の・ミーティング」で

 

 「皆・さん」の

 「足を 引っ張ら・無い」

 「様」に

 「頑張り ます・ので」

 

 「よ ろ・しく 」
 「お 願い・します」と
 「挨 拶・した」

    そうだ。

 

・「彼・女」は
 「彼 の・将来」の

 「足を 引っ・張る」

 「事 が・嫌」で

 

 「別れる・事」を

 「決 心・して」

    しまった。

 

「足を 引っ・張る」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「足 手・纏い」)

   (「あしで・まとい」)

 

・「手足 に・纏わりつき」

 「何かを 行う・際」に

 「邪魔に なる・物」や

 「邪魔を する・人」と

 

 「い う・意味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「足を 引っ・張る」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「後 押し・する」

   (「あとおし・する」)

 

・「物・事」が
 「順調 に・進む」

 「様」に

 「わ き・から」

 

 「援 助・する」と

 「い う・意味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 

「シ ド」は

(「S I D」)

 

「月日が 邪魔をする

   向かう 先は」の

「歌詞 が・ある」

 

「レイン」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。


「2010•年」に

「リリース・した」

「6 th・シングル」で

「TBS・テレビ 系」で

 

「放 送・され」た
「テレビ・アニメ」

「鋼の 錬金術師」の

(「はがねの れんきんじゅつし」)

「オープニング・テーマ」に

 

「起 用・され」て

オリコン・2 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「シ ド」は

「2003•年」に

「結 成・した」

「メンバー・全員」が

 

「イケ・メン」の

「男 性・4 人組」

「ビジュアル 系・
   ロック バンド」です。

 

「メンバー」の

「中」に

「作 曲・者」が 

「3 人いる・為」に

 

「タイプ」の

「異なる・楽曲」が
「特・徴」の

「ロック・バンド」です。

「インディーズ」で

「5 年・間」に
「10・作品」を

「発 表・後」

 

「2008 年・5 月」に

「リリース・した」

「11 th・シングル」

「モノクロの キス」で

 

「メジャー・デビュー」を

「果 た・し」ました。

 

「同・曲」は
「TBS・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・アニメ」

 

黒執事」の

「オープニング・テーマ」に

「起 用・され」て

オリコン・4 位」の

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「同 年・11 月」に

「メジャー・デビュー」を

「記 念・して」

「日 本・武道館」に

 

「於 い・て」

「自 身・初」の

「単 独・ライブ」を

「開・催」しました。


「代 表・曲」に

 

「嘘」

「いつか」

「レイン」等が

「有・り」ます。

 

「2009•年」に

「リリース・した」

「9 th・シングル」

「嘘」

 

「2010 年・3 月」に

「リリース・した」

「15 th・シングル」

「Sleep」

 

「同 年・6 月」に

「リリース・した」

「16 th・シングル」

「レイン」

 

「2011・年」に

「リリース・した」

「19 th・シングル」

「いつか」が

 

「シングル・作品」で

「自 身・最高位」の

オリコン・2 位」に

「成・り」ました。

 

「2013•年」に

「リリース・した」

「ファースト」

ベスト・アルバム

 

「Aniversary BEST」が

「自 身・唯一」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「メジャー・デビュー」

   か ら

「シングル・作品」

「19・作品」が

 

「連 続・して」

オリコン

「トップ 10・入り」を

「記・録」しました。

 

「アルバム」

   で は

 

「2009•年」に

「リリース・した」

「5 th・アルバム」

「Hikari」〜

 

「2019•年」に

「リリース・した」

「10 th・アルバム」

「承認 欲求」まで

 

「6・作品」が

「連 続・して」

オリコン

   トップ 5 入り」

   しました。


「紅 白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

「シ ド」

「レイン」

「作・詞」「マ オ」

「作・曲」「ゆうや」

 

六月の嘘 目の前の本当
セピアに しまいこみ
寄り添うとか 温もりとか
わからなくなってた

「君はひとりで 平気だからね」と
押しつけて さよなら
その類の 気休めなら

(「たぐい」)
聞き飽きた 筈なのに

鳴り止まない 容赦ない

思い出 たちは
許してくれそうにも ない
目を閉じれば 勢いは増すばかりで
遠巻きで 君が笑う

雨は いつか 止むのでしょうか
ずいぶん長い間 冷たい
雨は どうして 僕を選ぶの
逃げ場のない 僕を選ぶの


やっと見つけた 新しい朝は
月日が 邪魔をする
向かう先は 「次」じゃなくて
「過」ばかり 追いかけた

(「すぎ」)

慰めから きっかけを

くれた 君と
恨めしく 怖がりな僕
そろそろかな 手探り

疲れた 頬を
葛藤が こぼれ落ちる

(「かっとう」)

過去を 知りたがらない瞳
洗い流して くれる指
優しい歩幅で 癒す傷跡
届きそうで 届かない距離

雨は いつか止むのでしょうか
ずいぶん 長い間 冷たい
雨は どうして 僕を選ぶの
包まれて いいかな

雨は 止むことを 知らずに
今日も降り続くけれど
そっと 差し出した 傘の中で
温もりに 寄り添いながら

 

 

「引っ張り・だこ」を

英・語」で

 

 「sought after」と

 

 (「引っ 張り・だこ」)

 

 「言・う」そうです。

 

 

何気なく使っている言葉の意味

「脇目 も・振らず」

(「わきめ も・ふらず」)

 

「皆さん」は

「脇目 も・振らず」

   と、いう


「慣 用・句」を

「使 った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「脇目 も・振らず」の

「意・味」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「横を見る 事も・しない」や

 「周りの 様子を・窺う」

                    (「うかがう」)

 「様」な

 「事 も・せず」に

 

 「死にもの・狂い」で

 「集中して・いる」

 「様・子」と

 「い う・意味」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。


「脇目 も・振らず」の

「由・来」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「言 葉・通り」に

 「視線 を・横」に

 「一切 逸ら・さず」に

       (「そら・さず」)

 「何か 1つの・事」に

 

 「夢中に なって・いる」

 「様子 が・由来」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「脇目 も・振らず」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「脇目 も・振らず」に

 「集中している・時」の

 「彼」は

 「あた か・も」

 

 「何・か」に
 「取り憑かれて・いる」

 (「とりつかれて」)
 「様」に

 「見・え」る。

 

・「脇目 も・振らず」に

 「仕事を して・いる」
 「彼女 の・姿」は

 「長所 でも・ある」が

 

 「短所 でも・あり」

 「周囲 の・事」が

 「全く見え・なく」

 「成 っ・て」しまう。

 

「脇目 も・振らず」の

「類 義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「一 心・不乱」

   (「いっしん・ふらん」)

 

・「一つの 事に・集中して」

 「取り組む・様子」を
 「表 現・する」

 「言・葉」で

 

 「特定の事 以外・には」

 「脇目も・振らず」に

 「ひた む・き」に

 「行動する・時」に

 

 「用い ら・れる」
 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

「脇目 も・振らず」の

「対 義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「上 の・空」

   (「うわ の・そら」)

 

・「他 の・こと」に

 「気を とられて・いて」

 「今 やるべき・事」に

 「注意が 向か・ない」と

 

 「い う・意味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 

「渡辺 麻友」は

(「わたなべ まゆ」)

 

「今は 脇目も振らず に

   同じゴールまで 走れ」の

「歌詞 が・ある」

 

「シンクロ ときめき」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2012・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「渡辺 麻友」は

「1994 年・生まれ」で

「埼玉県・さいたま市

「出・身」の

「元・歌手」

「元・女優」で

「愛・称」は
まゆゆ」でした。

 

「2006・年」

「12 歳の・時」に

「AKB・48」の
「第 三・期」

 

「オーディション」に

「合 格・して」

「芸能界・入り」

   しました。

 

「2007・年」に

「AKB・劇場」に

「於 い・て」

「青春 ガールズ」で

 

「公 演・デビュー」を

「果 た・し」ました。

 

「2008・年」に

「映・画

「スリーデイ ボーイズ」に

「出 演・して」

 

「女 優・デビュー」を

「果 た・し」ました。

 

「2012・年」に

「AKB・48」の

「活動と 並行・して」

「リリース・した」

 

「ファースト・シングル」

「シンクロ ときめき」で

「ソロ・デビュー」を

「果 た・し」ました。

 

「同・曲」は

「自身 が・主演」し

「テレビ・東京 系」で

「放 送・され」た

 

「深 夜・ドラマ」

「サバ どる」の

「オープニング・テーマ」に

「起 用・され」て

 

オリコン・2 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「シンクロ ときめき」

「ヒカル ものたち」

「出逢いの 続き」等が

「有・り」ます。

 

「同・年」に

通信制・高校」を

「3 年・間」で

「卒 業・させる」


「サポート・校」の

「トライ 高等・学院」を

「卒・業」しました。

 

「同・年」に

「リリース・した」

「サード・シングル」

「ヒカル ものたち」が

 

「自 身・唯一」の

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「2014・年」に

「開 催・され」た

「AKB・48」

「選抜 総・選挙」で

 

「1 位 を・獲得」し

「単・独」で

「グループ・での」

「センター・ポジション」の

 

「重・責」を

「務・め」ました。

 

「2017・年」

「23 歳の・時」に

「AKB・48」を

「卒・業」しました。

「2020・年」に

「健康上の・理由」で

「芸 能・界」を

「電 撃・引退」し

「13 年・間」の

「芸 能・活動」に

「終 止・符」を

「打・ち」ました。

 

「引 退・まで」に

 

「5・作品の

「シングル・作品」と

「1・作品」の

「アルバム・作品」を

 

「リリース・して」

「全 て・オリコン

「トップ 5・入り」

   しました。

 

 

「私・生活」

   で は

 

「現 在・30 才」

   です が

「結・婚」は
「未・だ」の 様です。

 

「紅 白・歌合戦」

   へ の

「ソロ での・出場歴」は
「無・い」様 です。

 

 

「渡辺 麻友」

「シンクロ ときめき」

「作・詞」「秋元 康」

「作・曲」「岡村 郁二郎」

 

フェンス乗り越え 非常口抜けて
教室までの 最短コースさ
ふと隣を見たら 遅刻常習犯
君と 競い合ってた

 

螺旋階段 登って行く時

(「らせんかいだん」)

「君が先に 登っているから」
制服のスカート 短すぎるよ

「君のお尻が チラチラ 目の毒

 

あと 数秒後には
始業チャイムが 鳴る
そんなこと 気にしていられない

 

今は 脇目も振らずに
同じゴールまで 走れ!

 

この 息遣い

(「いきづかい」)
脈の 打ち方
僕は ドッキッ!ドッキッ!ドッキッ!
恋の 予感
吹き出す 汗も
乱れる 髪も
2 人の 気持ちは
シンクロ ときめき

 

どうにかセーフ 席に座っても

「なぜか心臓 落ち着かないんだ」
先生の話は 眠くなるよ

「頭は君のことで いっぱいさ」
窓の向こう 見たら
2年 C組で
君もまた授業に 飽きていた

 

ちょっと 不思議なくらいに
同じ行動を してる

 

何が 好きとか
何が 大事とか
きっと ピンとピンとピンと
一致 するんだ
どんな マンガとか
どんな 音楽とか
2人の センスは
シンクロ ときめき

 

この 息遣い
脈の 打ち方
僕は ドッキッ!ドッキッ!ドッキッ!
恋の 予感
吹き出す 汗も
乱れる 髪も
2 人の 気持ちは
シンクロ 中

 

惹かれて ゆくのは

(「ひかれて」)
シンクロ ときめき

 

 

※「脇・役」

  (「わき・やく」)

 

「脇・役」の

「意・味」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「映画 や・ドラマ」

 「演 劇・など」で

 「主役を 引き・立て」て

 「物語の 展開に・必要」な

 

 「役割を 務める・役」で

 「物事の 補佐的な・役割」

    と、い う

 「意・味」の

 

 「二 字・熟語」だ

    そうです。

 

「脇・役」の

「由・来」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「能 楽・から」

 (「のう・がく」)

 「生 ま・れ」た

 「言・葉」で

 「能・では」

 「主役 の・こと」を

 「シテ と・呼び」

 (「仕手」)

 

 「そ の・シテ」の

 「特性を 引き・出す」

  「相手を 演じる・役」を

 「ワキ と呼んだ事・から」

 (「脇」)

 

 「主役を 引き・立て」る

 「役」を

 「脇・役」と

 「呼 ぶ・よう」に

 

 「成った・事」が

 「由・来」だ

    そうです。

「脇・役」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「目立つ・のが」

 「苦・手」で

 「何・時」も

 

 「脇・役」に

 「徹して・いた」

    そうだ。


・「いぶし・銀」と

 「呼ばれる・俳優」が

 「名・脇役」を

 「演じる・ドラマ」は

 

 「必・ず」
 「高・視聴率」を
 「叩・き」出す。

 

「脇・役」の

「類 義・語」を

「検 索・して」も

「ピン と・来」ません。

 

・「縁の下 の・力持ち」
   (「えんのした の・

        ちからもち」)

 

・「縁側を 下・から」

 「支える 柱の・様」に

 「人知れず 支えて・いる」

 「存在 の・こと」で


 「表舞台に 立つ・事」は

 「無・い」が

 「その存在 無し・では」
 「あり得・ない」

 

 「陰 の・働き手」

    と、いう

 「意・味」の
 「ことわざ」です。

 

「脇・役」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「花・形」

   (「はな・がた」)

 

・「あ る・分野」で

 「人気 が・あり」

 「注目を 集めて・いる」

 「華やかな・存在」や

 

 「人 や・物事」

    と、いう

 「意・味」の

 「二 字・熟語」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気・が」します。

 

 

Sexy Zone」は

(「セクシー・ゾーン」)

 

「名 脇役」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2018・年」に

「リリース」

   し た

「5 th・アルバム」

 

「XYZ = repainting」に

「収 録・され」て

   います。

 

「同・アルバム」は

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「同・曲」は

「自身 の・代表曲」の

「一・曲」に
「成・り」ました。

 

「セクシー・ゾーン」は
「2011・年」に

「結 成・した」

「男 性・4 人組」の

(「当初・5 人組」)

 

「アイドル・グループ」で

「略称は・セクゾ」で

「ファン の・呼称」は

「セクラバ」でした。

 

「SMILE  UP」の

(「旧・ジャニーズ事務所」)
「元・社長」の

「故・ジャニー 喜多川」

   か ら

 

マイケル・ジャクソン」の
「様」な

「セクシー・さ」を

「イメージ・して」

 

「グループ・名」を
Sexy Zone」と

「名付 け・られ」

   ました。

 

「結 成・当時」

「メンバー」は

「11 歳〜・17 歳」

   でした。

 

「同・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

Sexy Zone」で

「メジャー・デビュー」を

「果 た・し」ました。

 

「同・曲」は

「セクシー・ゾーン」が

スペシャル・サポーター」を

「務 め・る」

 

「ワールド・カップ

「バレーボール・2011」の

「イメージ・ソング」に

「起 用・され」

 

オリコン・1位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「平 均・年齢」

「14 . 4 歳・での」

「初登場・首位」は

「ソロ と・グループ」を

 

「通・じ」て

オリコン・史上」

「最年少・記録」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「RUN」

「ぎゅっと」

「名 脇役」等が

「有・り」ます。

 

「2013・年」に

「Lady 他・4 曲」の
「組・曲」で

「紅 白・歌合戦」に


「初・出場」し

「白・組」の

「トップ ・バッター」を

「務・め」ました。

 

「2014・年」に

「初 の・冠番組

      (「かんむりばんぐみ」)

Sexy Zone CHANNEL」が

「放 送・開始」しました。

 

「2018・年」に

「日 本・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「チャリティー・番組」

 

「愛は 地球を救う」の

「メイン・パーソナリティ」を

「務・め」ました。

 

「2024 年 4 月」に

「グループ・名」を

「timeless」に

(「タイムレス」)

「変・更」しました。

 

「現 在・まで」に

「26・作品」の

「シングル・作品」と

「11・作品」の

「アルバム・作品」を

「リリース・して」

「全・て」が

オリコン・1位」と

「成・る」

 

「快・進撃」を
「継 続・中」です。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2013・年」の

「Sexy 平和 Zone 組曲」〜

「2018・年」の

「カラクリ だらけの

   デンタネス」まで

 

「6 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

Sexy Zone

「名 脇役」

「作・詞」「作・曲」
「竹縄 航太」

 

どこに いても 

何を していたと しても

君のことばかり 思い出し

おとなしく 苦しんでいるよ

 

なぜなの でしょう

告白したわけじゃ ないのに

別にフラ れた わけじゃないのに

僕はなぜ 苦しむんでしょう

 

「それはたぶん わかってるから」って

それさえも わかりたくない

もういっそ もうずっと

 

思い出したくも ないよ

なんて思えば 余計にもっと

身体でも頭でもない 心が動くの

困らないでよ 苦しくさせないでよ

そんな風に 優しくすんなよ

なんにも 知らないくせして

「どうしたの?」なんて

聞いて くんな

他でもない 君で

こんな始末に なってるんだと

なんて 言えるわけもない

僕は いつもと

同じ顔でいう「なんでも ないよ」

 

「世界探したら 星の数ほど他にも

   たくさん 女の子はいるから」

なんてこと 聞いた気がするけど

 

それなのに どうしてだろう

君が いいのは

いや、答えなんかは いいんだ

ただ ちょっと

 

目が合った くらいで いつも

「もしかして・・」

なんて 思ってしまって

あまりの バカさに

思わずもう 笑えてくるよ

きっと なんの意味も

持たないよ その仕草に

僕はまた 振り回れてんだよ

なんにも しらないくせして

「なんで 笑ってたの?」って 言う な

他でもない 君で

こんな始末に なってるんだよ

なんて 言えるわけもない

僕は いつもと

同じ顔で いう

「え? 笑ってたかな?」

 

君の 友達ランキング だったら

僕は ナンバーワンを

取っているんだろうか ならば

もしも「親友に抱く

   感情が 好きに近い」が

本当だとすれば、君は僕を

また同じ たらればを 繰り返し て

“ 友達 “という 肩書き背負って

なんとか ギリギリ

君の隣に いられるのです

なにかしらの 間違いでいいから

僕のものに なってくれないかなあ

 

忘れさせても くれなくて

むしろ 忘れたくなんか ないって

身体でも 頭でもない 心が言うのです

だからもう 困らせてよ 

苦しくさせて いてよ

そんな風に 優しくしといてよ

 

なんにも 知らないくせして

「どうしたの?」なんて

聞いて くんな

他でもない 君で

こんな始末に なってるんだよ

なんて 言えるわけもない

僕は いつもと

同じ顔でいう「なんでも ないよ」

 

そんなこと ばっかを 

考えて いること

君が 知るのは 

いつに なるかな

 

 

「脇目 も・振らず」を

「英・語」で

 

 「Don‘t even 

    look aside」と

 

 (「脇目 も・振らず」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「音 を・上げる」

(「ね を・あげる」)

 

「皆さん」は

「音 を・上げる」

   と、いう

「慣 用・句」を

 

「使った・事」は
「有・り」ませんか?

 

「音 を・上げる」の

「意・味」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「困難 な・状況」に

 「耐える 事が・出来ず」

 「悲鳴 を・上げる」や

 「弱音 を・吐き」

 

 「ギブアップ・する」と

 「い う・意味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「音 を・上げる」の

「由・来」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「苦しい・時」に
 「思 わ・ず」

 「泣 き・言」を

 「吐 く・事」が

 (「はく」)

 

 「由・来」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「音 を・上げる」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は
「下・記」だ、そうです。


・「彼」は

 「シャベル を・使い」

 「掘り起こ・して」

 「根こそぎ に・した」

 「つ も・り」の

 「畑 の・雑草」が

 「次 から・次」と

 「生えて 来る・のに」

 

 「音 を・上げ」て

 「防 草・シート」を

 「地・面」に

 「敷 い・た」が

 「効果 は・不明」だ

    そうだ。

 

・「彼・女」は
 「困難 に・ぶつかる」と

 「ヤル気 を・出す」

 「タイプ・なの」で

 

 「ど ん・な」に

 「辛い 仕事・でも」

 「音 を・上げる」

 「事 が・無い」

 

 「強靭 な・精神力」を

 (「きょうじん」)

 「持 っ・て」いる。

 

「音 を・上げる」の

「類 義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「匙 を・投げる」

   (「サジ を・なげる」)

 

・「昔 の・漢方医」は

 「サジ を・使って」

 (「スプーン」)

 「薬を 調合・して」

    いました。

 

 「そ の・サジ」を

 「投 げ・出し」

 「治療を 断念・して」

 「病・人」を

 

 「見放す事・より」

 「前途 の・見込み」が

 「無いと 判断・して」

 「諦 め・る」と

 

 「い う・意味」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「音 を・上げる」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「七 転・八起」

   (「しちてん・はっき」)

 

・「七転び・八起き」
 (「ななころび・やおき」)

    と も

 「言・い」ます。

 

 「失・敗」を

 「何・度」

 「繰 り・返して」も

 「挫 折・しない」で


 「そ の・都度」

 「起 き・上がり」

 「諦 め・ない」で

 「困・難」を

 

 「乗 り・越える」と

 「い う・意味」の

 「四 字・熟語」

    です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

「福田 こうへい」は

(「ふくだ」)

 

「愚痴も 恋も 泣き言も

   聞いて くれたよ」の

「歌詞 が・ある」

 

「ふるさと 山河」

             (「さんが」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2022•年」に

「リリース・した」

「12 th・シングル」で

「自身 最高位・タイ」の

 

オリコン・5 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「福田 こうへい」は

「1976 年・生まれ」で

岩手県岩手郡雫石町

           (「しずくいしちょう」)

「出・身」の


「演 歌・歌手」

   です。

 

「地・元」の

「県・立」
「雫 石・高校」を

「卒 業・後」に

 

「地・元」の

「呉 服・店」に

「サラリー・マン

   と、して

「就・職」
   しました。

「父・親」は
「民 謡・歌手」で

「23 歳の・時」に

「民謡を 習い・始め」

「2012•年」

「35 歳の・時」に

「日本 民謡・
「フェスティバル」で

 

「グランプリ」を

「獲 得・する」等

「数々 の・コンクール」で

「優・勝」し

「スカウト・され」

「芸能界 入り・した」

「遅・咲き」の
「歌・手」です。

 

「同・年」
「36 歳の・時」に

「呉 服・店」を

「退・職」し

 

「ファースト・シングル」

「南部 蝉しぐれ」で

「歌 手・デビュー」を

「果 た・し」ました。

 

「同・曲」は

オリコン
   総合 チャート」で

「8・位」

 

オリコン
    演歌 チャート」で

「1・位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「翌・年」に
「レコード・大賞・
   新人賞」を

「受・賞」し

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「代 表・曲」に

 

「南部 蝉しぐれ

イヨマンテの 夜」

「ふるさと 山河」等が

「有・り」ます。


「2021・年」に
「リリース・した」

「11 th・シングル」

「星屑の 町」で

 

「レコード・大賞・
   最優秀 歌唱賞」を

「受・賞」しました。

 

「私・生活」

   で は

 

「時・期」は

「不 明・です」が

「歌 手・デビュー」

「前」の

 

「呉 服・屋」

「勤 務・時期」に

「一般人・女性」と

「結・婚」し

「子 供・にも」

「恵まれて・いる」

   そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2013•年」の

「南部 蝉しぐれ」〜

「2017・年」の

「王 将」まで

 

「通 算・4 回」

「出・場」しました。

 

 

「福田 こうへい」

「ふるさと 山河」

「作・詞」「万城 たかし」

「作・曲」「丘 千秋」

 

花よ 鳥よ 青い空
根雪残した 北の春

友よ 友よ… 男なら
母の大地の 峠を越えて
でっかくなれと 笑って泣いた
奥羽山脈 ふるさと山河

(「おううさんみゃく」)

愚痴も 恋も 泣き言も
聞いてくれたよ この山々が
友よ 友よ… ありがとう
帰るところが お前にゃあると
背中を押して 勇気をくれた
奥羽山脈 ふるさと山河

風よ 雲よ 秋嵐

            (「あきあらし)
岩手山から 冬になる
友よ 友よ… 会いたいナ
雪よ荒れるな 吹雪いちゃならぬ
達者かみんな 変わりはないか
奥羽山脈 ふるさと山河

 

 

※「ぐうの 音も・出ない」

   (「ぐうの ねも・でない」)

 

「ぐうの 音も・出ない」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「痛 い・ところ」を

 「突かれ・たり」

 「徹 底・的」に

 「やり込め・られ」て

 

 「反・論」や
 「言 い・訳」が

 「出 来・ない」

    と、いう

 

 「意・味」の
 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「ぐうの 音も・出ない」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「ヒョッ と・して」

 「グウ と・いう」

 「音の 響き・から」

 「お腹 が・空い」た

 

 「時 に・鳴る」

 「グウ の・音」と
 「思う人が いる・かも」

 「知 れ・ません」が

 

 「残 念・ながら」

 「違・い」ます。

 「ぐ う・とは」

 「呼吸 が・詰まった」り

 「食べた・物」が
 「のど に・つかえ」て

 

 「苦しい・時」に

 「発 す・る」

 「呼 吸・音」だ

    そうです。

 

 「そ う・した」

 「苦しい・呼吸音」も

 「出 せ・無い」

 「程」に

 

 「完全 に・まいった」

 「事 が・由来」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「ぐうの 音も・出ない」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。


・「我 が・チーム」と

 「相手 チーム・との」

 「力 の・差」は

 「歴然と して・いて」

 

 「ぐうの 音も・出ない」

 「程」に

 「コテン・パン」に
 「負 け・て」しまった。

 

・「上・司」は
 「部・下」が
 「言 う・事」を

 「きかない・ので」

 

 「注 意・した」が

 「逆」に

 「正・論」で
 「反 論・され」て

 

 「ぐうの 音も・出なく」

 「成 っ・て」しまった。

 

「ぐうの 音も・出ない」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「太刀打ち・できない」
   (「たちうち・できない」)

 

・「太刀打ち・とは」

 「刀剣 の・太刀」を

 「使って・戦う」と
 「い う・意味」で

 

 「転 じ・て」

 「相手 の・力」が

 「強すぎる・為」に

 「まとも に・張り合って」

 

 「立 ち・向かう」

 「事」が

 「出 来・ない」と

 「い う・意味」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「ぐうの 音も・出ない」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「惜敗 を・喫する」

   (「せきはい を・きっする」)

 

・「1 点・差」で

 「負 け・る」等

 「惜しくも・敗れる」

 「事」で

 

 「完・敗」を
 「意 味・する」

 「ぐうの音 も・出ない」

    と は

 

 「反対 の・意味」に

 「成・る」

 「慣 用・句」

    です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

「I N I 」は

(「アイ・エヌ・アイ」)

 

「太刀打ち できない

   運命の ように」の

「歌詞 が・ある」

 

「Cardio」

(「心・臓」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2021・年」に

「リリース・した」

「ファースト・シングル」

「A」に

 

「収 録・され」て

   います。

 

「同・シングル」は

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・作」に

「成・り」ました。

 

「アイ・エヌ・アイ」は

「2021・年」に

「韓 国・発祥」の

「オーディション・番組」

 

「PRODUCE 101 

   JAPAN SEASON 2」の

「最 終・回」で

「視聴者・投票」

 

「上 位・11 人」で

「結 成・した」

「男・性」の
「アイドル・グループ」で

 

「愛・称」は

「イ ニ」で

「ファン の・呼び名」は
「ミ ニ」です。

 

「2021・年」に

「リリース・した」

「ファースト・シングル」

「A」で

 

「メジャー・デビュー」を

「果たし」ました。

 

「同・シングル」は

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「同・シングル」の

「収 録・曲」

「Rocketeer」で

「レコード・大賞」

 

「新 人・賞」を

「受・賞」し

「同・曲」は

「日 本・テレビ 系」で

 

「放 送・中」の

「バラエティ・番組」

「浜ちゃんが」の

「エンディング・

   テーマ」に

 

「起 用・され」

   ました。

 

「代 表・曲」に

 

「Brighter」

「Rocketeer」

「FANFARE」等が

「有・り」ます。

 

「現 在・まで」に

 

「シングル・作品」

「5・作品」

「アルバム・作品」

「2・作品」を

 

「リリース」

   し て

「全・て」

オリコン・1 位」の

 

「快・進撃」を
「継 続・中」です。

 

「紅 白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 「I N I」

「Cardio」

「作・詞」「Mia」

「作・曲」「Jay & Rudy」

 

Speed it up! Now
Speed it up! Now

絶えぬ アドレナリン
息がぐっと 詰まって
危険な  Heart attack
吹きまくる 心臓音

本能的な 疾走
目覚める 感覚
もう君の まなざしに

スピード Max

抵抗もできずに
吸い込まれる ように
思わず踏む ペダル

ずっと続く 絶頂の温度
貪欲は 俺を握って Yeah
すべてを 支配する
理性 なんてさ
崩れ落ちて いる

So Baby Hit the cardio
最後の瞬間まで もっと
You Baby Hit the cardio
まだまだ 終わってない

狂おしい ほど

Jumping out
I'll be your challenger
君を見ると どんな恐れも

No more

この 喜悦は

(「きえつ」)
統制 できない
I need to run run run run
Hit the cardio

神経を 刺激する ビット
That's not a scream
絶対 終わらない
奇跡のような  Moving

I can't stop 24/7
心配 しないで
これからすべて 俺に任せて

強くなる風に 押されても
思いっきりこの胸に 抱かれて
許される返事は 一つ
So tell me if you

wanna with me

赤くなった 空気の中に
君と俺を 閉じ込める
少しだけでも いい
行って しまっても
また追いつく から

So Baby hit the cardio
最後の瞬間まで もっと
You Baby Hit the cardio
まだまだ 終わってない

狂おしいほど Jumping out
I'll be your challenger
君を見ると どんな恐れも

No more

この 喜悦は
統制 できない
I need to run run run run
Hit the cardio

俺は 飲み込まれてく Baby
太刀打ち できない

運命の ように

I can keep it up forever

only for ya
壊れても 構わない
君さえ いれば
どこにでも Drive

Work it work it work it

work it work it
We gotta work it all night
Work it work it
That's worth it worth it

So Baby Hit the cardio
最後の瞬間まで もっと
You Baby Hit the cardio
まだまだ 終わってない

狂おしいほど Jumping out
I'll be your challenger
君を見ると どんな恐れも

No more

この 喜悦は
統制 できない
I need to run run run run
Hit the cardio

 

 

「音 を・上げる」を

「英・語」で

 「raise the sound」と

 

 (「音 を・上げる」)

 

 「言・う」そうです。

何気なく使っている言葉の意味

「成り行き・任せ」

(「なりゆき・まかせ」)

 

「皆さん」は

「成り行き・任せ」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「成り行き・任せ」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「自主性 や・主体性」を

 「自・ら」

 「放棄して・しまい」
 「外的な 要因に・従って」

 

 「物・事」の

 「変化 や・推移」に

 「身 を・任せる」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「成り行き・任せ」の

「由・来」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「成り行き・には」 

 「株式の 売買・時」に

 「値段を 指定・する」

 「指 値・注文」と

 (「さしね」)

 

 「値段を 指定・しない」

 「成り行き・注文」

    と、いう

 「相 手・任せ」の

 

 「注 文・方法」が

 「有 り・ます」が

 「こ の・事」が

 「成り行き・任せ」に

 

 「関係 が・ある」

 「様」な

 「気 が・して」

 「成・り」ません。

 

「成り行き・任せ」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「大 学・4 年生」に

 「成 っ・て」も

 「自・分」の

 

 「やりたい・仕事」が

 「分から ない・まま」に

 「成り行き・任せ」で

 「就職した・事」を

 

 「今 で・も」

 「後悔して・いる」

    そうだ。

 

・「彼・女」は

 「意志が 強い・ので」

 「日・々」を

 「成り行き・任せ」に

 

 「決し て・せず」

 「子供の 頃・から」の
 「夢」を

 「実・現」した。

 

「成り行き・任せ」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「行 雲・流水」
   (「こう うん・りゅうすい」)

・「空を行く・雲」や
 「流れる・水」が

 「片時も 止まら・ない」

 「様」に

 

 「特定 の・物事」に

 「こだわ ら・ず」に
 「自然 の・成り行き」に
 「身 を・任せ」て

 「行 動・する」と

 「い う・意味」の

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

「成り行き・任せ」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

・「不 撓・不屈」

   (「ふ とう・ふくつ」)

 

・「特定 の・物事」に

 「対 し・て」
 「強い 意志を・持って」

 「どんな・苦労」や

 

 「困 難・にも」
 「くじけ・ない」と

 「い う・意味」の

 「四 字・熟語」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「桂 銀淑」は

(「ケイ・ウンスク」)

 

「たかが 人生

   なりゆき まかせ」の

「歌詞 が・ある」

 

「すずめ の 涙」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「雀の 涙・とは」

「ご く・わずか」な

「事」を

「大・袈裟」に
(「おお・げさ」)

「表 現・した」

「慣 用・句」です。

「1987・年」に

「リリース」

   し た

「セカンド・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「桂 銀淑」は

「1961 年・生まれ」で

「韓 国・ソウル 市」

「出・身」の

 

「演 歌・歌手」

「モデル」です。

 

「1977・年」

「高校生 の・時」に

「韓国 の・モデル」

   と、して

 

「芸能界・入り」し

「1979・年」に

「歌 手・デビュー」

   しました。
  

「1985・年」

「24 歳の・時」に

「作 曲・家」の

「浜 圭介」に

(「はま けいすけ」)

 

「見 出・され」て

「リリース・した」

「ファースト・シングル」

「大阪 暮色」で

 

「日本・デビュー」を

「果 た・し」ました。

 

「独・特」の

「ハスキー・ボイス」が

「視 聴・者」の

「心 を・とらえ」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「すずめ の 涙」

「べサメ ムーチョ」

「北 空港」等が

「有・り」ます。

 

「1987・年」に

「リリース・した」

「セカンド・シングル」

「すずめ の 涙」が

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「同・年」に

「リリース・した」

「ファースト」

「デュエット・曲」

 

「北 空港」は

「数・ある」

「デュエット・曲」の

「中」でも

 

「人気 が・高く」

「常 に・上位」に

「ランク・イン」
「して・いる」そうです。

 

「以・後」も

 

「1988・年」に

「リリース・した」

「4 th・シングル」
「夢 おんな」

 

「1989・年」に

「リリース・した」

「5 th・シングル」

「酔いどれて」

 

「1990・年」に

「リリース・した」

「7 th・シングル」

「真夜中の シャワー」

 

「1991・年」に

「リリース・した」

「9 th・シングル」

「悲しみの 訪問客」

 

「1994・年」に

「リリース・した」

「12 th・シングル」

「花のように 鳥のように」

 

「1995・年」に

「リリース・した」

「13 th・シングル」

「べサメ ムーチョ」等

 

「ヒット・曲」を

「連・発」し

「多くの・音楽賞」を

「受・賞」しました。

 

「レコード・大賞」に

「於 い・て」は

  
「レコード・大賞・
   金賞」他

「通 算・5 回」

「各賞 を・受賞」

 しました。

 

「2007 年・11月」

「46 歳の・時」に

覚醒剤 取締法・違反」で

(「所・持」)

 

「現行犯 逮捕・され」

   ました。

 

「桂 銀淑」は

「自分が 使う・つもり」と

「容疑 を・認め」
「謝・罪」しました。

 

「同 年・12 月」に

「懲 役・1 年 6ヶ月」

「執行 猶予・3年」の

「有 罪・判決」を

 

「東 京・地裁」

   か ら

「言 い・渡され」

   ました。

 

「こ の・結果」

「桂 銀淑」は

「国 外・追放」と
「成・り」

 

「日 本・で」の
「活・動」に

「終 止・符」が

「打 た・れ」ました。

 

「現 在・62 歳」

   です が

 

「韓・国」で
「再・始動」し
「2019・年」に
「37 年・振り」に

 

「アルバム」

「Re : Birth」を

「リリース・した」

   そうです。

 

「私・生活」

   で は

 

「1992・年」

「31 歳の・時」に

「実 業・家」の

「キム・ヨンス」と

 

「結・婚」し
「玉 の・輿」と

(「たま の・こし」)

「話題 に・なる」も

 

「1998・年」に

「離・婚」しました。

 

「二人 の・間」に

「子供 は・いない」

   そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1988・年」の

「すずめ の 涙」〜

「1994・年」の

「花のように

   鳥のように」まで

 

「7 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「桂 銀淑」

「すずめ の 涙」

「作・詞」「荒木 とよひさ」

「作・曲」「浜 圭介」

 

世の中で あんた

 一番 好きだった けれど

追いかけて すがりつき  

泣いても みじめになるだけ

幸せを 窓に閉じこめて  

飼いならして みても

悲しみが 胸のすき間から  

忍び込んで くる

たかが人生  なりゆきまかせ

男 なんかは  星の数ほど

泥んこに なるまえに  

綺麗に あばよ

好きで いるうちに  

許して あばよ

 

もし・・・今度  

生まれてくるなら  

孔雀よりも 

 (「くじゃく」) 

口紅も香水も つけないで  

誰かと 暮すわ

色づいた夢を 見るよりも  

ささやかでも いいの

あたしだけ飛べる 青空を  

持ってる人 ならば

たかが人生  綺麗なときは

花よりもっと  短いはずね

酔いどれに なるまえに  

背中に あばよ

好きでいる うちに

 許して あばよ

 

たかが人生  なりゆきまかせ

男なんかは  星の数ほど

泥んこに  なるまえに  

許して あばよ

好きでいる うちに  

許して あばよ

許して あばよ

 

 

※「思うに 任せ・ない」

   (「おもうに まかせ・ない」)

 

「思うに 任せ・ない」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「物・事」が

 「すん なり・とは」
 「思 い ・通り」に

 「進 ま・ない」や

 「考え た・通り」に

 「事 が・運ばず」に

 「順調 に・行かない」と

 「い う・意味」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「思うに 任せ・ない」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「思 う・とは」 

 「思っ た・通り」や

 「意 の・ままに」と

 「い う・意味」で

 

 「任せ ない・とは」

 「本・来」

 「自分の やる・べき」

 「事」を

 「他 に・委ねる」

          (「ゆだねる」)

 「意・味」の
 「任 せ・る」の

 「否 定・形」で

 

 「思うに 任せ・ない」

    と は

 「望んで いた・通り」に

 「事が 進ま・ない」と

 

 「い う・事」が

 「由来 に・なった」

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「思うに 任せ・ない」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「女心 と・秋の空」

    と、いう

 「ことわざ」の

 「様」に

 

 「女性 の・気持ち」は

 「コロコロ」と

 「変わ り・やすく」

 「思うに 任せ・ない」が

 

 「男心 と・秋の空」

    と、いう

 「ことわざ」も

 「有・り」

 

 「男 も・女」も

 「似 たり・寄ったり」で

 「どっち も・どっち」と

 「言 わ・れて」いる。

 

・「彼」の

 「これまで の・人生」は

 「正・に」
 「思うに 任せ・なかった」が

 「こ れ・から」は

 「勝 手・気まま」に

 「生きる・つもり」だ

    そうだ。

 

「思うに 任せ・ない」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「儘 なら・ない」
   (「まま なら・ない」)

 

・「文語体・では」

 (「文 章・表現」)

 「まま・ならぬ」と
 「表 現・する」

    そうです。

 

 「自由 に・ならない」や

 「思い通り に・ならない」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」だ
    そうです。

 

「思うに 任せ・ない」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「やりたい・放題」

   (「やりたい・ほうだい」)

 

・「やりたい・こと」を

 「勝 手・気まま」に

 「行・う」と

 「いう・意味」の

 「慣 用・句」で

 「ビジネス シーン・では」

 「ネガティヴ」な

 「ニュアンス」で

 

 「用 い・られ」て

    います。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

 

Snow Man」は

(「スノー・マン」)

 

「純粋じゃ ない

   ままならない 愛を」の

「歌詞 が・ある」

 

「Feel the light, Lovely」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2022・年」に

「リリース・した」

「7 th・シングル」

「オレンジ kiss」に

 

「収 録・され」て

   います。

 

「同・シングル」は

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・作」に

「成・り」ました。

 

「スノー・マン」は

「2019・年」に

「結 成・した」

「男 性・9 人組」の

 

「アイドル・グループ」

   です。

 

「ジャニー・喜多川」が

「最・後」に

「デビュー・させ」た

「アイドル・グループ」で

 

「歌・ダンス」

「アクロバット

   と、いう

「武器 を・強み」に

 

「9 人・それぞれ」が

「持つ 強い・個性」が

「化学反応 を・起こし」

「魅力 を・放って」います。

 

「2020・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「D . D .」で

「メジャー・デビュー」を

「果 た・し」ました。

 

「同・曲」は

「NTT・ドコモ」

「新体験・ライブ」の

「キャンペーン・ソング」に

 

「起 用・され」て

「132・万枚」を

「セールス・する」

「ミリオン・セラー」を

 

「記 録・して」

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「翌・年」の

「2021・年」に

「同・曲」で
「正 式・枠」で

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「代 表・曲」に

 

「君の彼氏に なりたい」

「ナミダの海を 越えて行け」

「D . D .」等が

「有・り」ます。

 

「現 在・まで」に

 

「10・作品」の

「シングル・作品」と

「3・作品」の

「アルバム・作品」

 

「4・作品」の

「映 像・作品」を

「リリース・して」

「全・て」   

 

オリコン・1 位」の

「快・進撃」を

「継 続・中」です。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2021・年」の

「D . D.」と

「2022・年」の

ブラザー・ビート」で

 

「2 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

Snow Man

「Feel the light, Lovely」

「作・詞」「柿沢 雅美」

「作・曲」「Erik Lidbom

 

Tell me what you want ?

you want , I'll take you there 

Hey, tell me what you want ?

 

我慢 できない

Take you hends and

heart right now 

Oh my my mind 

 

純粋じゃ ない

ままならない 愛を

Don't wait for me night 

ひとつの星が 照らす

So 絶対に 道はあるんだ

Baby Don't worry 

We're all ready 

Never give up 

 

Just moment !

Feel the light !

So , feel the light !

One touch 指先から 走る

Lovely On my way 

Wait, Feel the jight 

So, Feel the light yeah 

Wait, はっきり 光る

cause love 

Wait, やっぱり 君が

cause love go straight 

Woo ah ah woo ah ah

woo ah ah 

I‘ll be by your side 

Whyve you been afraid 

君と だったら 

どこへでも 行ける

 

これから だよ Life our life 

心は So fly so fly 

確かな One light uhh yeah 

 

図々しく わがまますぎる愛を

Don't wait for the night 

ひとつの星が 見てる

So 絶対に希望は 消さない

Baby Don't worry 

We're all ready 

Never give up 

 

Just moment !

Feel the light !

So , feel the light !

One touch 指先から 走る

Lovely On my way 

Wait, Feel the jight 

So, Feel the light yeah 

Wait, はっきり 光る

cause love 

Wait, やっぱり 君が

cause love go straight 

Woo ah ah woo ah ah

woo ah ah 

Wait, やっぱり 君が

cause love go straight 

Woo ah ah woo ah ah

woo ah ah 

Waight はっきり 分かる

caose love 


One light One light

ただ cause love 

 

この Scene,

Borderline もう

get out Turn it up 

Whose life ?

ours right ?

Show でも get it now 

One light, More light,

Just want me cause love 

 

Just moment !

Feel the light !

So , feel the light !

One touch 指先から 走る

Lovely On my way 

Wait, Feel the jight 

So, Feel the light yeah 

Wait, はっきり 光る

cause love 

Wait, やっぱり 君が

cause love go straight 

Woo ah ah woo ah ah

woo ah ah 

Wait, やっぱり 君が

cause love go straight 

Woo ah ah woo ah ah

woo ah ah 

Wait, やっぱり 君が

cause love go straight 

 

 

「成り行き・任せ」を

「英・語」で

 

 「leave it to chance」と

 

 (「成り行き・任せ」)

 

 「言・う」そうです。