何気なく使っている言葉の意味

「冬来たりなば・春遠からじ」

(「ふゆきたりなば・

     はるとおからじ」)

 

「皆さん」は

「冬来たりなば・春遠からじ」

    と、いう

「ことわざ」を

 

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「冬来たりなば・春遠からじ」の

「意・味」は

「下・味」だ、そうです。

 

「冬が・来た」

   なら ば

「次・は」

 

「春眠 暁を・覚えず」
(「しゅんみん あかつきを・

     おぼえず」)

     と、いう

 

「ことわざ」に
「代表・される」
「様」に

 

「年・間」で

「最・も」

「過ごし・やすい」

「季・節」で、ある

 

「春」が

「必ず・来る」

   と、いう

 

「励ま・し」の

「ニュアンス」が

「込め・られ」た

「ことわざ」だ、そうです。

 

「たとえ」「今」が

「不幸で・あって」も

「ジッ・と」「耐え・て」

「待・て」ば

 

「近い・内」に

「幸せが・訪れる」

    と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「冬来たりなば・春遠からじ」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「イギリスの・詩人」

「パーシ・ビッシュ

    シェリー」の

「西風に寄せる歌」の

 

「下記・一節」が

「由・来」だ、そうです。

 

「If winter comes,

   can spring be far behind ?」

 

「この・詩」が

「元に・なって」

「冬来たりなば・春遠からじ」

   と、いう

 

「ことわざ」が

「生ま・れた」そうです。

 

「冬来たりなば・春遠からじ」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「とにかく」

 「今」は

 「冬来たりなば・春遠からじ」を

 「信・じ」て

 

 「ジッ・と」

 「耐える・以外」に

 「術」(「すべ」) は

 「無」い。

 

 「下手に・動け」ば

 「墓穴を・掘る」事 に

 (「ぼけつを・ほる」)

 「成り・かね」ない。

 

・「冬来たりなば・春遠からじ」と は

 「言・う」が

 「冬の・間」に

 「目的を・持って」

 

 「準備・しなけれ」ば

 「春」に「成・果」を

 「期待する・事」は

 「出・来」ない。

 

「冬来たりなば・春遠からじ」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「臥薪・嘗胆」

  (「がしん・しょうたん」)

 

 「臥」とは「臥し・寝る」事

                  (「ふし・ねる」」)

 「薪」とは「たきぎ」の 事

 「嘗」とは「なめる」事

 「肝」とは「苦い・きも」の 事で

 

 「将来の・成功」を

 「ひたすら」に
 「期・して」

 

 「試・練」や

 「苦・労」に

 「耐え・る」  と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「冬来たりなば・春遠からじ」の

「対義・語」を

「検索・して」も
「出て・来」ません。

 

・「再起・不能

  (「さいき・ふのう」)

 「もう・一度」

 「以前の・様」な

 「良い・状態」に

 「戻ろうと・して」も

 

 「戻れ・ない」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

 

「B o A」(「ボア」) は

「Winter Love」(「冬の 恋」)

   と、いう

「歌を・歌い」ました。

 

「2,006・年」に

「リリース」し た

「22 ・シングル」で

 

オリコン・順位」は

「不・明」です。

 

「同・曲」で

「レコード・大賞・金賞」を

「受・賞」しました。

 

「ボア」は

「1,986 年・生まれ」で

「韓・国「ソウル」

「出・身」の

 

「女・性」の

「歌・手」「女・優」で

 

「韓・国」「日・本」

アメリカ」を

「中・心」に

「活動・して」います。

 

「1,998 年」

「12 歳の・時」に

 

「韓・国」の
「オーディション」を

「受け・る」「兄・に」

「ついて・行った」ら

「兄」で は「無・く」

「ボア」が

「スカウト」され、ました。

 

「この・時」か ら

「2 年・間」

「歌手・デビュー」に

「向・け」て

 

「ダンス」や「歌」の

「厳しい・練習」に

「加・え」て

 

「世界・進出」に

「向・け」て

 

「日本・語」と

「英・語」の

「特・訓」も

「始・め」ました。

 

「2,000・年」に

「韓・国」に て

「I D, pease B」で

「歌手・デビュー」し

 

「女性・新人賞」を

「受・賞」しました。

 

「2,001・年」に

「日・本」に て

「ファースト・シングル」

 

「I D, pease B」で

「歌手・デビュー」しました。

 

「代表・曲」に

 

「メリクリ」「VALENTI」

「ミンナノキモチ」

「WInter Love」等 が

「有・り」ます。

 

「主・な」

「ジャンル」は

「ヒップ・ホップ」や

「R & B 」で

 

「宇多田 ヒカル」

「浜崎 あゆみ」等

「多くの・歌手」と

「比較・され」ました。

 

「アジアの・星」と

「呼ば・れ」

「韓国を・代表」す る

「歌手の・一人」です。

 

「2,002・年」に

「ファースト・アルバム」

「LISTEN TO MY HEART」を

「リリース」し

 

オリコン・1 位」で

「ミリオン・セラー」を

「記・録」しました。

 

「同・年」

「同・アルバム」で

「レコード・大賞・金賞」を

「受・賞」し

 

「アルバム」の「収録・曲」

「VALENTI」で

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「2,003・年」に

「セカンド・アルバム」

「VALENTI」が

 

オリコン・1 位」で

「ミリオン・セラー」に

「成・り」ました。

 

「2,005・年」に

「ファースト」

ベスト・アルバム

 

「BEST OF SOUL」を

「リリース」し

 

「3 回・目」の

「ミリオン・セラー」に

「成・り」ました。

 

「2,006・年」に

「自・身」の
「20・歳」を

「記念・して」

 

「Winter Love 」を

「リリース」し

「レコード・大賞・金賞」を

「受・賞」し

 

「5年・連続」で

「紅白・歌合戦」に

「出・場」しました。

 

「2,008・年」に

「6 th・アルバム」

「THE FACE」が

 

「デビュー」か ら

「6 作・連続」で

オリコン・1 位」

   と、なり

 

「歴・代」

「単独・2 位」に

「成・り」ました。

 

「現・在」も

「歌・手」「女・優」

   と、して

「活躍・して」お り

 

「2,018・年」に

「開催・された」
「野外・フェス」で は

 

「5・万人」を

「動・員」しました。

 

「私・生活」と、しては

 

「中学生の・時」に

「デビュー・した」

「ボア」です、が

 

「現・在」

「34・歳」に

「成・り」ました。

 

「これ・まで」に

「結婚・歴」は

「無・い」そうです。

 

「紅白・歌合戦」に は

 

「2,002・年」の

「VALENTI」〜

「2,007・年」の

「LOVE LETTER」ま で

 

「6年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「B o A」「Winter Love/」

「作・詞」:「Natsumi Watanabe」

「作・曲」:「ats - 」

 

冬の 妖精たちが

輝き 舞い降りて くる

何も することが ないから

笑顔の写真 くちづけた

 

約束した 映画の 長い列に

二人して もう並ぶ事は ないの

だけど 心はそばに いるから

友達にも Miss you もう

二度と 戻れない

 

あなたが 好きで

会いたくて キスが

100 億 の 雪を 伝うの

何処かで 偶然に

めぐり逢える日 まで

忘れなくても Baby

好きでも いいんですか?

ずっと 忘れない

 

たった 一人ぼっちの

自分に 気づいた 瞬間

本当の 淋しさがネ

溢れては また 込み上げる

 

人を愛する そんな想いを 今

大切だって 忘れないって 思う

この アドレスを 何度 変えても

その声も 夢も 私を 離れないの

 

時が 流れて

違う恋しても あなたを

想い出すでしょう

出逢えた 運命が

交わした 温もりが

あなたで 良かったって

心から 言えるよ

いつか 会えるまで

 

本来は Can't stop やって来る

悲しいほど 遠く Forever 

幸せだって 傷ついたって 

誰かを 愛するとき

Just alive 

 

あなたが 好きで 

会いたくて キスが

100 億の 雪を伝うの

何処かで 偶然に

めぐり逢える日 まで

忘れなくても Baby

好きでも いいん ですか?

ずっと 忘れない

 

 

 

※「我が 世の・春」

(「わが よの・はる」)

 

「我が 世の・春」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「自分の・人生」に
「於い・て」

「勢いが・盛ん」で

 

「全・て」が

「思い・通り」 に
「成・る」

 

「最も・充実した」

「絶頂の・時期」が

「来・た」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「我が 世の・春」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「春」と、いう

「時・期」は

「季節の・中」で は

「過ごし・やすい」 の で

 

「心地・良い

「世界に・いる」と

「感じる・事」より

 

「思い・通り」に

「物事が・進む」と

「判断・する」事 が

 

「我が 世の・春」の

「語・源」に

「成っ・た」 そうです。

 

「我が 世の・春」の

「代表・的」な
「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」の

 「持・論」は

 「気・力」さ え

 「有・れ」ば

 

 「人」は

 「年・齢」に

 「関係・なく」

 「進化・出来る」で

 

 「我が 世の・春」は

 「今・まで」に

 「経験が・無く」て

 

 「これから」

 「やって・来る」と

 「本・気」で

 「思って・いる」様だ。

 

・「鎌倉 時代・初期」に

 「成立・した」

 「祇園精舎の 鐘の声」で

 「始ま・る」

 

 「平家・物語」は

 「我が 世の・春」の

 「はかなさ」「短かさ」を

 「表現・した」

 

 「軍記・物語」の

 「代表・作」だ。

 

「我が 世の・春」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

・「黄金・時代」

  (「おうごん・じだい」)

 

 「人」の
 「一生の・中」で

 「最・も」

 「繁栄した・時期」

 

 「勢いの・有った」

 「時・期」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「我が 世の・春」の

「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「奈落の・底」

  (「ならくの・そこ」)

 

 「どう」「あがいて」も

 「抜け出せ・ない」
 「どうにも・ならない」

 「状・態」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 

「イルカ」は

「今 春がきて

   君は きれいに なった」の

「歌詞が・ある」

 

「なごり 雪」

   と、いう

「歌を・歌い」ました。

 

「1,975・年」に

「リリース」し た

「サード・シングル」で

 

オリコン・4 位」に

「成・り」ました。

 

「イルカ」は

「1,950 年・生まれ」で

「東京都・中野 区」

「出・身」の

 

「フォーク・シンガー」

「絵本・作家」です。

 

「ジャズ・バンド」の

「サックス・奏者」の

「父」と「音楽・好き」の

「母」との「間に・生まれ」

 

「中学生・時代」か ら

「ギターを・弾き」

「曲・作り」を

「して」いました。

 

「東京 文化・高等 学校」で は

「器楽・部」に「所・属」し

「卒業・後」

 

「女子 美術・大学」

「生活 デザイン・科」に

「進・学」し

「卒・業」しました。

 

「大学生・時代」は

「フォーク・ソング」

「同 好・会」に

「所・属」しました。

 

「ある・時」「皆・が」

「ギター・ケース」を

「持っ・て」

「帰る姿を・見て」

 

「イルカ」の

「群れ・みたい」と

「言っ・た」事 が

「キッカケ」で


「周・囲」か ら

「イルカ」と

「呼ば・れる」様 に

「成・り」ました。

 

「1,970・年」に
「音楽・グループ」

「シュークリーム」の

 

「ヴォーカル」と、して

「デビュー」しました。

 

「1,974・年」に

「ファースト・シングル」

「あの 頃 の ぼくは」で

「ソロ・デビュー」しました。

 

「代表・曲」に

 

「なごり 雪」「雨の 物語」

「あの頃の 僕は」「海岸 通」

「君は 悲しみの」等 が

「有・り」ます。

 

「1,975・年」に

「かぐや  姫」の

「伊勢 正三」

「作詞・作曲」の

 

「サード・シングル」

「なごり 雪」を

「リリース」し

 

「80・万枚」を

「売り・上げ」る

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「1,992・年」に

「同・曲」で

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

 (「紅白・出場」は

    「こ の」「1 回・のみ」)

 

「1,977・年」に

「サード・アルバム」

「植物 誌」を

「リリース」し

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「1,979・年」に

「5 th・アルバム」

「いつか 冷たい 雨が」を
「リリース」し

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「1,977 年」〜

「1,980 年」に、かけ て

 

「絵・本」

「小さな 空」

「全・4 巻」を

「発・表」し

 

「ベスト・セラー」に

「成・り」ました。

 

「2,004・年」に

「国際自然保護・連合会」の

「親善・大使」に

「任命・され」ました。

 

「2,010・年」に

「母・校」の

女子美術・大学」の

 

「客員・教授」に

「就・任」しました。


「私・生活」と、して は

 

「1,972 年」

「大学・卒業」と

「同・時」に

 

「大学生・時代」に

「結成・した」

「フォーク・ソング」

「グループ」

 

「シュリークス」の

「メンバー」で

「早稲田・大学」

「卒・業」の

 

「神部 和夫」と

「結・婚」しました。

 

「1,975 年」に

「イルカ」の

「ソロ・デビュー」に

「伴・い」

 

「音楽・プロヂューサー」

「マネージャー」に

「専・念」し

 

「イルカ」と

「二人・三脚」で

「音楽・活動」を

「続・け」ました。

 

「しかし」「夫」は

「1,986 年」に

「パーキンソン・病」を

「発・症」し

 

「イルカ」の

「必死の・介護」も

「むなしく」


「2,007・年」に

「パーキンソン・病」と の

「20 年・間」の

「闘病の・末」に

 

「急性・腎不全」の

「診・断」に て

「5 9・歳」で

「死・亡」しました。

 

「一人・息子」の

「神部 冬馬」も

「シンガー・ソング」

「ライター」です。

 

「イルカ」は

「現・在」

「70・歳」です が

「コンサート」等 で

 

「現・役」で

「活躍・して」

「いる」そうです。

 

 

「イルカ」「なごり 雪」

「作・詞」「作・曲」

「伊勢 正三」

 

汽車を待つ

君の横で

ぼくは時計を

気にしてる

季節はずれの

雪 が 降っ てる

「東京 で 見る 雪 は

   これが 最後ね」と

さみしそうに 

君 が つぶやく

なごり 雪も 

降る時を 知り

ふざけ すぎ た 

季節の あとで

今 春 が 来て 

君 は きれい に なった

去年より ずっと 

きれいに なった

 

動き 始めた

汽車の 窓に 

顔を つけて

君は 何か 

言おうと している

君の 口びるが

「さようなら」と

動く ことが

こわくて 

下を 向いてた

時 が 行けば 

幼い 君も

大人に なると 

気づかない まま

今 春が来て 

君は きれいに なった

去年より ずっと 

きれいに なった

 

君が 去った 

ホームに 残り

落ちては とける 

雪を 見ていた

今 春が来て 

君は きれい に なった

去年 よりずっと 

きれいに なった

 

 

「冬来たりなば・春遠からじ」を

「英・語」で

 

 「If winter comes,

     can spring be far behind?」

 

 (「冬来たりなば・春遠からじ」) と

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「恩に・着る」

(「おんに・きる」)

 

「皆さん」は「恩に・着る」

    と、いう

「慣用・句」を「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「恩に・着る」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです」

 

「恩に・着ります」は

「誤・表現」で

「恩に・着ます」が

「正しい・使い方」です。

 

「恩」とは「他人から・受ける」

「感謝すべき・行為」や

「恵・み」「情・け」と、いう

「意味が・有る」そうです。

 

「恩に・着る」とは

 

「他人・から」「恩を・受け」て

「有り・難く」(「あり・がたく」)

「思・う」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「恩に・着る」の

「由・来」は

「特には・無い」ようです。

 

「恩に・着る」の

「代表・的」な「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「膨大な・仕事量」

       なの で

 「徹・夜」を

 「覚悟して・いた」が

 

 「あなた」が

 「手伝って・くれた」

 「お・陰」で

 「早く・終わ」った。

 

 「心」から

 「恩に・着」ます。

 

・「人と・して」

 「当然の・事」を

 「した・だけ」

        なの で

 

   「特・に」

 「恩に・着る」

   「必・要」は

 「無・い」よ。

 

● 「恩に・着るよ」
 「恩に・着ます」と

 「言われた・時」の

 「返し・言葉」は

 

 「どう いたしまして」

 「気に しないで」が

 「一般・的」に

 「使わ・れて」います。

 

● 「自・分」に「対・して」
 「あえて」「恩」を

 「感じ・させる」様 に

 「仕・向ける」事 は

 

 「恩に・着せられた」と

 「受け止め・られ」

 「逆効果に・なる」ので

 「注意が・必要」です。

 

「恩に・着る」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「かたじけ ない」

 

 「身に余る・親切」や

 「処・遇」に
 「対・して」
 「感謝に・たえない」

 

 「もったい・ない」
    と、いう

 「気持ちを・表す」

 「言・葉」だ、そうです。

 

 「目上の・人」に

 「対・して」は

 

 「かたじけなく・

  存じます」と

 

 「使・う」の が

 「一般・的」です。

 

・「かたじけ ない」と

 「言わ・れた」時 の

 「返し・文句」

   と、して は

 

●「お・礼」の

 「かたじけ ない」に

 「対し・て」は

 

 「どういたし まして」

 「とんでも ございません」

 

●「恐・縮」の

 「かたじけ ない」に

 「対し・て」は

 

 「お気になさらないで・

   ください」と

 

 「使・う」の が
 「一般・的」です。

 

「恩に・着る」の

「対義・語」を

「検索・して」も

「出て・来」ません。

 

・「有り難・迷惑/」
  (「ありがた・めいわく」)

 

 「余計な・お世話」や

 「余計な・お節介」と

 「ほ ぼ」

 「同義・語」で

 

 「他人・から」

 「受けた・親切」に

 「対・して」

 

 「あり がたい」

    と、いう

 「思・い」と

 

 「迷・惑」で

 「不・愉快」

    と、いう

 「思・い」が

 

 「同・時」に

 「混・在」し

 「どちら か」と

 「言・う」と

 

 「迷・惑」で

 「不・愉快」な

 

 「気持・ち」の

 「方」が

 

 「強・い」

       と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥当・な」
 「気」が、します。

 

 

「FUNKY MONKEY  BABYS」は

(「ファンキー・モンキー・

 ベイビーズ」)

 

「ありがとう」

 と、いう

「歌を・歌い」ました。

 

「2,013・年」に

「リリース」した

「21 th・シングル」で

 

オリコン・4 位」に

「成・り」ました。

 

「FUNKY MONKEY  BABYS」は

「2,004 年・元旦」に

「結成・した」

「男・性」「3人・組」の

 

「音楽・グループ」で

「全・員」が

「東京都・八王子市」

「出・身」です。

 

「グループ・名」の

「由・来」は

「それ ぞれ」が

「ソロ・活動

「して・いた」

 

「ファンキー・加藤」と

「モン・吉」が

「グループ」を

「結・成」し

 

「ファンキー・

   モンキー」と


「名付・けた」

 事 が

「由・来」です。

 

「ベイビーズ」と は

「グループ」を 

「応援 して・くれる」

「ファン」の 事で

 

「略・称」は

(「りゃく・しょう」) 

「ファン・モン」です。

 

「C・D」の

「イメージ」に

「ふさわ しい」

 

「有名・人」を

「選・び」

 

「ジャケット」の

「顔・写真」と

「プロモーション・

    ビデオ」に

 

「起用・する」

    事 が

 

「特・徴」に

「成っ・て」います。

「今・回」

「紹介・する」

「ありがとう」

   に は

 

「明石家 さんま」が

「起用・されて」います。

 

「代表・曲」に

 

「告 白」「あと ひとつ」

「ちっぽけな 勇気」

「ありがとう」等 が

「有;・リ」ます。

 

「2,006・年」に

「ファースト・シングル」

「そのまんま 東へ」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン

「77・.位」でした。

 

「2,009・年」に

「サード・アルバム」

「ファンキー・モンキー・

   ベイビー・3」が

 

「初」の

オリコン・1位」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「初」の

「日本・武道館」
   で の

 

「単独・ライブ」を

「開・催」しました。

 

「日本・テレビ 系」で

「放・送」の

「ズームイン」の

 

「テーマ・ソング」

   と、なった

「11 th・シングル」

 

「ヒーロー」で

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「2,010・年」に

「ファースト」

ベスト・アルバム

 

「ファンキー・モンキー・
    ベイビーズ・BEST」を

「リリース」し

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,011・年」に

「4 th・アルバム」

「ファンキー・モンキー・
   ベイビーズ・4」を

 

「リリース」し

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,012・年」に

「理・由」は

「不・明」

   です が

 

「2,013・年」に

「実施・予定」の

「全国・ツアー」を

「以っ・て」

 

「グループ」を
「解散・する」と

「発・表」しました。

 

「2,013 年・2 月」に

「グループ」

「結成・時」

    か ら

 

「支えて・くれ」た

「全ての・人」に

「感謝・する」
「ラスト・シングル」

 

「ありがとう」を 

「リリース」しました。

 

「同 年・3 月」に

「セカンド」

ベスト・アルバム

 

「ファンキー・モンキー・
   ベイビーズ・
   LAST BEST」を

「リリース」し

 

オリコン・1 位」に

「成・リ」ました。

 

「同 年・6 月」に

「東京・ドーム」で

「ラスト・ライブ」を

「開・催」し

 

「惜しまれ・ながら」

「グループ」を

「解・散」しました。

 

「紅白・歌合戦」には

 

「2,009・年」の

「ヒーロー」〜

「2,012・年」の

「サヨナラじゃ ない」ま で

 

「4 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「FUNKY MONKEY  BABYS」

「ありがとう」

「作・詞」:「作・曲」

「FUNKY MONKEY  BABYS」


君に どうしても

聞いておきたい ことが あるんだ

ずっと 強がってた

本当の僕は もっと 臆病で

思ってた よりも 弱くて

でも 何かを してあげたくて

必死に 叫んでいた 歌声は

どれだけ 届いて いましたか?

 

何も 見えない 暗闇の 中で

君の涙に 気付けて いたかな

頼りなく 手探りを していたけど

いつだって 君だけは

僕の 光だった

 

君と 寄り添って 

いくつも 乗り越えた

悲しみの 夜を 僕は 忘れない

いつも そばにいて 

支え合えた 日々と

温かな 君の笑顔に ありがとう

 

ラララ・・・僕は 忘れない

ラララ・・・笑顔に ありがとう

 

眩しいくらいの 夢物語

(「まぶしい」) 

でも うまくは いかない事 ばかり

悔し涙を 何度も 流し

(「くやし なみだ」) 

昨日より 明日を 必死に 探し

そこにあった 君との つながり

僕を照らした 希望の 灯り

                           (「あかり」)

また続いてく 夢物語

旅は 始まった ばかり

 

もしも 離れ離れの 時が きて

もしも 未来が 不安に 染まっても

君と 手を取り 積み重ねてきた

一つの 絆 (「きずな」) だけが

僕の 光なんだ

 

眠れない 夜を 

笑い合った 日々を

君と見た 景色を 

僕は 忘れない

さりげない 言葉に 

その手の 温もりに

僕を 照らしてくれた

笑顔に ありがとう

 

いくつもの 思い出が 愛しくて

立ち止まって しまいそうに なる

それでも 僕は歩いて 行かなくちゃ

今よりも もっと 輝くため

 

きっと この涙も

笑顔に 変わってゆく

いつだって 僕らは

そう 信じていた

 

君と 寄り添って 

いくつも 乗り越えた

悲しみの 夜を 

僕は 忘れない

いつも そばにいて 

支え合えた 日々と

温かな 君の笑顔に

ありがとう

 

ラララ・・・

僕は 忘れない

ラララ・・・

笑顔に ありがとう

ラララ・・・

ずっと 忘れない

ラララ・・・

君への ありがとう

 

 

※「笠に・着る」

(「かさに・きる」)

 

「笠に・着る」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「6・割」の

「人」が

「笠に・着る」の

「意・味」を

 

「感・違い」

   して

「いる」そうです。

 

「笠に・着る」と は

「権威の・ある」

「後援・者」等 を

「頼・り」に、したり

 

「自・分」に

「保証・されて」い る
「地・位」を

「利用・して」


「威張っ・たり」

「自分・勝手」に


「振る・舞う」

    と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「笠に・着る」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「笠」は「スゲ」や「カヤ」

「編ん・だ」(「あん・だ」)
「雨」や「雪」や「日差・し」を

「防ぐ・為」に

 

「被・る」

(「「かぶ・る」)

「物」で

 

「頭に・被る」

「笠」を

「権力・者」の

「庇・護」 (「ひ・ご」)

 

「又」は

「自・分」の

「権・威」の

「有り・様」に

 

「見立・てた」

   事 が

「笠に・着る」の

「由・来」だ、そうです。

 

「笠に・着る」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「あの・人」は

 「自・分」の「後ろ・盾」

                  (「うしろ・だて」)

       と、なる

 

 「重・役」の

 「威・光」を

 (「い・こう」) 

 

 「笠に・着て」

 「出世・した」が

 

 「苦労・知らず」で

 「役職に・ふさわしい」

 

 「実・力」が

 「備わって・いない」
       ので

 

 「言・動」が

 「軽・薄」で

 「重・み」が「無」い。

・「彼」と は

 「同じ・立場」の

 「同僚と・して」

 

 「親し・く」

 「接して・いた」が

 

 「出身・した」

 「途・端」に

 「態度を・変え」

 

 「職・位」を

 「笠に・着て」

 「威張り・始め」た。

 

「笠に・着る」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「虎の 威を・借る狐」

  (「トラの いを・かるキツネ」)

 

 「本・来」は

 「弱い・人」が

 

 「強・い」

 「他人の・力」を

 「頼・リ」に

 

 「威・張る」

     と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「笠に・着る」の

「対義・語」を

「検索・して」も

「出て・来」ません。

・「独立・独歩」

  (「どくりつ・どっぽ」)

 

 「周囲の・雑音」に

 「左右・されず」

 「自分の・価値観」や

 「ものさし」で

 

 「世の・中」を

 「計・る」

 (「はか・る」)

 

 「少・し」

 「ひねくれ・者」で

 

 「一匹・狼」に

 「イメージ」が

 「近・い

 「言・葉」です。

 

 「辺・り」が

 「妥当・な」
 「気」が、します。

 

 

「橋 幸夫」は

(「はしゆきお」)

 

潮来 笠」

(「いたこ がさ」)

   と、いう

「歌を・歌い」ました。

 

「1,960・年」に

「リリース」した

「ファースト;・シングル」で

 

オリコン…順位」は

「有・り」ません。

 

「同・年」「同・曲」で

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「橋 幸夫」は

「1,943 年・生まれ」で

「東京都・荒川区
「出・身」の

 

「歌・手」「俳・優」

「作曲・家」です。

 

「代表・曲」に

 

潮来 笠」「雨の中の 二人」

「恋をするなら」「霧 氷」

「江梨子」「子連れ 狼」等 が

「有・り」ます。

 

「呉服・屋」の

「9 人・きょうだい」の

「末っ・子」と、して

「生ま・れ」ました。

 

「城西 大学・付属」

「中学校・ 高等学校」の

「学生・時代」は

「悪・童」で

(「あく・どう」) 

「ボクシング・部」に

「所・属」しました。

 

「心配した・母親」が

「遠藤 実」
「歌謡・教室」に

「通わ・せた」事 が

 

「歌の・世界」に

「入・る」

「キッカケ」に

「成・リ」ました。

 

「1,960・年」

「高校 在学・時」に

「ファースト・シングル」

 

潮来 笠」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

「大・ヒット」し

レコード大賞・新人賞」を

「受・賞」し

 

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「後・に」

(「のち・に」) 

「デビュー」した

 

「舟木 一夫」

「西郷 輝彦」と

「共・に」

 

「御・三家」と

(「ご・さんけ」) 

「称・され」


「アイドル・的」

「人・気」を

「集・め」ました。

 

「ちなみ」に

「後・発」の

「三田 明」を

「含め・る」と

 

「四天・王」と

(「してん・のう」) 

「呼ば・れ」ました。

 

「この・時代」に は

オリコン」は

「発足して・おらず」

 

「御三・家」の

「全盛・期」の

オリコン・順位」は

「有・り」ません。

 

「1,962・年」に

「吉永 小百合」との

「ヂュエット・曲」

 

「いつでも 夢を」が

「ミリオン・セラー」を

「記録・する」

 

「大 ヒット・曲」

   と、なり

 

「日本・レコード・大賞」を

「受・賞」しました。

 

「1,966・年」に

「84 th・シングル」

「霧 氷」(「む ひょう」) で

 

「日本・レコード・大賞」を

「受・賞」しました。

 

「大・賞」の

「2 回・受賞」は

「橋」が

「初め・て」でした。

 

「作・年」で

「61・回」を「数・える」

「日本・レコード・大賞」

   です が

 

「複数・回」の

「大・賞」

「受賞・者」は

「下・記」です。

 

「E X I L E」「4・回」

「浜崎 あゆみ」「3・回」

「A K B  48」「2・回」

「乃木坂 46」「2・回」

 

Mr. Children」「2・回」

「安室 奈美恵」「2・回」

「中森 明菜」「2・回」

「五木 ひろし」「2・回」

 

「細川 たかし」「2・回」

「橋 幸夫」「2・回」

 

「1,964・年」に

「邦・楽」に

「初め・て」


「エレキ」

サウンド」を

「導・入」した

 

「54 th・シングル」

「恋をするなら」」で

「レコード・大賞・企画賞」を

「受・賞」しました。

 

「その・後」も

「ゼッケン NO 1 スタートだ」

「涙にさよならを」

「あの娘と僕」と

 

「一・連」の

「リズム系・歌謡曲」を 

「発・表」し

 

「人気と・実力」を

「兼ね・備えた」
「若手 N O 1・歌手」と

「評・価」さ れ

 

「映・画」にも

「多・数」

「出・演」しました。

 

「1971・年」に

「115 th・シングル」

「子連れ 狼」を

「リリース」し

 

「テレビ・ドラマ」

「子連れ 狼」の

「主題・歌」と、なり

「茶の間に・浸透」し

 

「レコード・大賞・大衆賞」を

「受・賞」しました。

 

「2,000・年」に は

「テレビ・ドラマ」

水戸黄門」の

「テーマ・ソング」

 

「ああ 人生に 涙あり」を

「御・三家」で

「歌・い」ました。

 

「2,005・年」に

「橋」の

「デビュー・45 周年」を

「記・念」し

 

茨城県潮来市」の

「前川 あやめ園」に

 

「記念・碑」が

「建・立」

  (「こん・りゅう」)

   さ れ

 

潮来 笠」の

「歌・詞」が

「刻・まれ」ました。

(「きざ・まれ」) 

 

「2,019・年」に は

「大泉 洋」

「主・演」の

 

ラグビー

「テレビ・ドラマ」

ノーサイド・ゲーム」に

 

「西郷 輝彦」と

「共・に」

「出・演」しました。

 

「私・生活」と、しては

 

「1,971・年」

「28 歳 の・時」に

 

「日本・航空」

「国際・線」の

「スチュワーデス」

「だった」

 

「一般人・女性」と

「結・婚」し

「一男・一女」を

「儲・け」ました。

(「もう・け」

 

「2,017・年」

「74 歳 の・時」に

 

「結婚・生活」

「47・年」に、して

「離・婚」しました。

 

「2,018・年」

「75 歳 の・時」に

 

「18 歳・年下」の

「一般人・女性」と

「再・婚」しました。

 

「紅白・歌合戦」には

 

「1,960・年」の

潮来 笠」〜

「1,998・年」の

「いつでも 夢を」ま で

 

「通算・19 回」

「出・場」しました。

 

 

「橋 幸夫」「潮来 笠」

「作・詞」:「佐伯 孝夫」

「作・曲」:「吉田 正」

 

潮来の 伊太郎 

ちょっと 見なれば

薄情 そうな 渡り鳥

それで いいのさ 

あの 移り気な

風が 吹くまま 

西 東 (「にし ひがし」)

なのに ヨー 

なぜに 目に浮く 潮来

 

田笠の 紅緒が

(「たがさの べにお」) 

ちらつくようぢゃ

振り分け 荷物 重かろ に

わけは きくなと 

笑って みせる

粋な 単衣の

(「いきな ひとえ」) 

腕まくり

なのに ヨー 

後髪 引く 潮来

(「うしろがみ」) 

 

旅空 夜空で 

いまさら 知った

女の 胸の 底と 底

ここは 関宿

(「せきやど」) 

大利根川 へ

人に かくして 

流す 花

だって ヨー 

あの娘 (「こ」)

川下 潮来

(「かわしも」) 

 

 

「恩に・着る」を

「英・語」で

 

「I feel indebted to you

   for your kindness」

 

(「ご 親切」「恩に・着ます」) と

 

「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「月に叢雲・花に風」

(「つきにむらくも・はなにかぜ」)

 

「皆さん」は

「月に叢雲・花に風」と、いう

「ことわざ」を「使った・事」は
「有・り」ませんか?

 

「月に叢雲・花に風」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「物・事」が「上手・く」

「いって・いる」「時」に は

 

「邪魔が・入りやすく」

「思う様には・いかない」

   と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「現・代」では

「チャンスの・時」に は
「邪魔が・入りやすい」
「或い・は」

 

「良い・状況」は

「いつ までも」は「続か・ない」

    と、いう「意・味」で

「使われて・いる」そうです。

 

「月に叢雲・花に風」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「叢・雲」(「むら・くも」) と は

「群・がり」(「むら・がり」)
「集・まった」

「雲の・事」です。

 

「今も・昔も」

「日本・人」は

「月」を「眺め・る」の が
           (「ながめ・る」)

「好・き」で

 

「月」に「ロマン」を

「感・じ」て、います。

 

「しかし」「い ざ」

「月」を

「見上・げる」と

 

「すぐ・に」

「雲が・現れ」て
「月」を

「覆い・隠し」て

(「おおい・かくし」)

 

「月」が

「見え・ない」事 が

「よ く」「有・り」ます。

 

「ま た」「日・本」に は

「古・来」より

「花見の・風習」が

(「梅の・花」「桜の・花」等 )

「有・り」ます。

 

「けれ ども」
「風」が

「吹き・荒れ」て

 

「花・びら」を

「散らして・しまう」

「事 」が

「珍しく・無く」

 

「月に叢雲・花に風」の

「由・来」だ、そうです。

 

「月に叢雲・花に風」の

「代表・的」な「使用・例」は

「下・記」だ。そうです。

 

・「彼・女」に「結・婚」を

 「申し・込み」

 「O K 」の」
 「返事を・もらい」

 

 「有頂・天」に
 (「うちょう・てん」)

 「なって・いた」ら

 

 「彼・女」の

 「親・戚」から

 「猛・反対」の

 「邪魔が・入っ」た。

 

 「月に叢雲・花に風」の

 「ことわざ」「通・り」

 「簡・単」には「事」は

 「進み・そう」も、ない。

 

・「明・日」は
 「結婚・式」なの に

 「昔」の「恋・人」から

 「邪・魔」が「入・り」

 

 「正・に」

 「月に叢雲・花に風」だ。

 

「月に叢雲・花に風」の

「類義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「好事・魔多し」
  (「こうじ・まおおし」)

 

 「幸運に・恵まれ」た り

 「物・事」が

 「上手く・運ぶ」等

 

 「良い・事」が

 「有った・時」に は

 「邪・魔」が

 「入り・やすい」ので

 

 「手・放し」で

 「喜んで・いて」は
 「いけ ・ない」

   と、いう

 

 「戒・め」の

 (「いまし・め」) 

 「言・葉」だ、そうです。

 

「月に叢雲・花に風」の

「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「追風に・帆を揚げる」
  (「おいてに・ほをあげる」)

 

 「追・風」(「おい・て」) と は

 「真・後」(「ま・うしろ」) か ら

 「吹・く」「追・風」の 事で
               (「おい・かぜ」) 

 

 「帆を・揚げる」と は

 「船の・帆」を

 「目一杯に・張る」事で

 

 「追風に・帆を揚げる」と は

 「勢いに・乗って」

 

 「物・事」が

 「順調に・進む」事 の

 「たとえ」だ、そうです。

 

 

PUFFY」は

(「パフィー」) 

「くれぐれも じゃましないでね」の

「歌詞が・有る」

 

「これが 私の  生きる道」

   と、いう

「歌を・歌い」ました。

 

「1,996・年」に

「リリース」した

「セカンド・シングル」で


オリコン・1 位」で

「ミリオンセラー」に

「成・り」ました。

 

PUFFY」には

「太った」「息切れ した」

「ぱっと 咲く」「うぬぼれた」

    と、いう

 

「意・味」が

「有り・ます」が

 

「どの・意味」で
「グループ・名」に

「した・のか」は

「不・明」です。

 

「東京都・町田市」

「出・身」で

 

「左・脚」に
「ウサギ」の

「タトゥー」を

「入れる・ほど」

 

「ウサギ」が
「大・好き」な

「大貫 亜美」と

 

大阪府寝屋川市
「出・身」の

「吉村 由美」と が

 

「1,995・年」に

「結成・した」

「ヂュオ」の「女・性」

「ボーカル・ユニット」です。

 

「代表・曲」に

 

「渚にまつわる エトセトラ」「愛の しるし」

「アジアの 純真」「これが 私の 生きる道」

「サーキットの 娘」等 が

「有・り」ます。

 

「1,996・年」に

「ファースト・シングル」

「アジアの 純真」で

「デビュー」し

 

オリコン・3 位」に

「成・リ」ました。

 

「作・詞」を

「シンガーソングライター」の

「井上 陽水」が

 

「作・曲」を

「ユニ・コーン」の

「ボーカル」

「奥田 民生」が

 

「担・当」した

「同・曲」は

「ミリオン・セラー」に

「成・り」ました。

 

「以・後」

 

「1,996・年」に

「リリース」した

「セカンド・シングル」

「これが私の 生きる道」と

 

「1997・年」に
「リリース」した

「サード・シングル」

「サーキットの 娘」と

 

「同・年」に

「リリース」した

「4 th・シングル」

「渚にまつわる エトセトラ」で

 

「3 作・連続」で

「シングル」

オリコン・1 位」

   に、なり

 

「デビュー」か ら

「4 作・連続」で

「ミリオン・セラー」を

「記・録」しました。

 

「これが私の 生きる道」は

「翌・年」の

「春」の

「選抜高校 ・野球大会」の

 

「入場 行進・曲」に
「採用・され」ました。

 

「同・曲」で

「レコード 大賞・最優秀 新人賞」
「他」

 

「各・種」
「新人賞・レース」を

「総 ・ナメ」に、しました。

 

「1,997・年」か ら

「アジア・ツアー」を

「開・始」して

 

「アジア・各国」の

「ファン」を

「獲・得」し

 

「2,002・年」に は
「北米・ツアー」を

「実・施」し

 

「各・国」で

「デビュー」しました。

 

「1,999・年」に

「吉村 由美」は

 

「西川 貴教」と

  (「T M : revolution」)

「結婚・しました」が

 

「2,002・年」に

「離・婚」しました。

 

「この・時期」に は

「ドラマ・出演」や

「メイン・キャスター」の

「担・当」や

 

「全国・ツアー」の

「実・施」等 で

 

「寝る・暇」が

「無い・程」に

「多・忙」でした。

 

「2,006・年」に は
「米国での・活躍」が

「認め・られ」て

「国土・交通省」か ら

「観光 親善・大使」を

「任命・され」ました。

 

「2,016・年」に
「デビュー・20 周年」を

「迎・え」

 

「紅白 ・歌合戦」に

「初・出場」し


PUFFY ・20 周年」

「紅白 スペシャル」を

「歌・い」ました。

 

 

PUFFY

「これが 私の 生きる道」

「作・詞」「作・曲」:

「奥田 民生」

 

近ごろ 私達 いい 感じ

悪い わ ね ありがと ね 

これから も よろしく ね

もぎたての 果実の いい ところ

そういう事に しておけば 

これから 先も イイ 感じ

 

もしも 誰かが 不安 だったら 

助けて あげられ なくは ない

うまく いっても ダメに なっても 

それが あなたの 生きる道

 

もえてる 私達は いい 感じ

生きて いる あかし だね 

世の中 が すこし 見えたね

もぎたての 果実の いい ところ

そういう事に しておき な 

角度 変えれば また イイ 感じ

 

少し ぐらいは 不安 だってば 

これが 私の 生きる道

近ごろ 私達は いい 感じ

悪いわ ね ありがと ね 

これから も よろしく ね

まだまだ ここからが いいところ

最後まで 見ていて ね 

くれぐれも じゃましない でね

もぎたての 果実の いい ところ

そういう事に しておけば 

これから 先も イイ 感じ

 

それで は さようなら

 

 

※「花鳥・風月」
(「かちょう・ふうげつ」)

 

「花鳥・風月」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「花・鳥」と は

「自然の・美」の「代・表」で

「花を・見て」「鳥の・声」を

「聞・く」

 

「風雅な・心」
(「ふうが」)

   と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「風・月」と は

「自然の・風景」に

「親しむ・事」

「風流を・楽しむ 事」で

 

「自然の・風物」に

「親しみ・ながら」

「詩・歌」や

(「しい・か」)

 

「詩・文」を

(「し・ぶん」) 

「作る・才能」  と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「花陵・風月」と は

「花・鳥・風・月」

   と、いう

 

「自然・界」の

「美・しい」

「景色や・風物」の

 

「詩・歌」を

「詠・み」(「よ・み」)

「絵」を「描・く」

   など、して

 

「自然・界」の
「風雅な・趣」を

(「ふうがな おもむき」)

 

「楽しむ・事」を

「表・す」

「四字・熟語」

   だ、そうです。

 

「花鳥・風月」の

「由・来」は

「下・記」だ

   そうです。

 

「室町・時代」の

能楽・師」

 

「世 阿弥」の

(「ぜ あみ」) 

「風姿・花伝」

   と、いう

 

「能」の「理論・書」の

「下・記」
「一・文」が

「由・来」だ、そうです。

 

「上職の 品々、花鳥風月 の 事態、

   いかにも いかにも 細かに 似すべし」

(「上品な 性質や 振る舞いは、

    能にとって 大切なことである」)

 

「日本の・特徴」に

「四・季」がs「有・る」と

「言・う」「人」が いる

   そうです が

 

「四季が・ある」の は

「日本・だけ」で は

「無・く」

 

「単純・に」
「言・う」と


「日・本」と

「同 ・緯度」の

        (「いど」)

「国」に は

 

「四・季」が

「有・り」ます。

 

「しかし」

「日・本」に は

「下・記」

「条件が・ある」為

 

「四・季」を

「敏・感」に

「感じとる」事 が

「出来・る」そうです。

 

①「日・本」が

 「狭い・島国l」で

   「海」と「山」が

 

 「極め・て」

 「近い・距離」に

 「位置・して」いる。

 

 「海と・山」が
 「近・い」為 に

 「朝・晩」の

 「寒暖の・差」や

 

 「季節・ごと」の

 「気候の・差」が

 「大き・く」

 「出・やすい」そうです。

 

②「日本・人」が

 「心情・的」な

 「感性に・あふれ」

 

 「自然と・共存する」

    と、いう

 「考・え」の

 「民・族」で、ある。

 

 「日本・人」に は

 「はる か」

 「古・代」から

 

 「外国・人」が

 「持って・いない」

 「価値・観」で

 

 「四季を・楽しむ」

   と、いう

 「土壌が・備わって」

    いる、そうです。

 

「花鳥・風月」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「会・社」を

 「退職・した」

 「今」は

 

 「花鳥・風月」に

 「親しみ・ながら」

 「四季を・旅する」

 「毎・日」だ。

・「花鳥・風月」を

 「愛・でる」

 (「め・でる」)

 

 「彼・女」の

 「心」は

 「清・らか」で

 

 「その・姿」は

 「上・品」で

 「誰・より」も

 「美」しい。

 

「花鳥・風月」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「雪月・風花」
  (「せつげつ・ふうか」)

 

 「冬の・雪」「秋の・月」

 「夏の・風」「春の・花」と

 

 「四・季」の
 「季節・ごと」の

 「美・し」い

 「自然の・風景」の 事。

 

 「又・は」

 「それら」の

 「風・景」を

 「鑑賞・して」

 

 「詩・歌」を

 「作っ・たり」する

 

 「風流な・生活」

       と、いう

 「意・味」だ

  そうです。

 

「花鳥・風月」の

「対義・語」を

「検・策」して も

「出て・来」ません。

 

・「酒池・肉林」
  (「しゅち・にくりん」)

 

 「酒」を「池に・満たし」

 「肉」を「林に・掛ける」

 「事」より

 

 「ぜいたく」の

 「限・り」を

 「尽く・した」

 「盛大な・宴会」

 

 「又」は

 

 「男・女」が

 「裸に・なる」
 「みだら」な

 「宴・会」で

 

 「全・く」

 「趣」が

(「おもむき」) 

 「無・く」

 

 「下・品」だ 

       と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「浦島 坂田船」は

(「うらしま さかたせん」)

「花鳥・風月」と、いう

「歌を・歌い」ました。

 

「2,017・年」に

「リリース」した

「ファースト・シングル」

 

「SHOW MUSIC GO ON !!」に

「収録・されて」います。

 

「同・シングル」は

オリコン・8 位」に

「成・リ」ました。

 

「浦島 坂田船」は

「2,013・年」に

「結成・した」

 

「男・性」

「4 人・組」の

「ユニット」です。

 

「うら たぬき」「志 麻」

「あほの 坂田」「センラ」の

「4・人」で

「編成・され」

 

「それ・ぞれ」の

「名・前」から

「2・文字」を

「取・り」

 

「浦島 坂田船」と

「名・付け」ました。

 

「ファン・から」は
「クルー」と

「呼ば・れて」います。

 

「主・に」

「ニコニコ・動画」で

「活躍・して」

「いる」そうです。

 

「甘い・歌声」と

「高い・歌唱力」で

「若い・女性」を

「中・心」に

「人・気」が

「高まって・いる」

「アーティスト」

   だ、そうです。

 

「代表・曲」に

 

「Peacock Epoch」

「誠-Live for justice」

「花鳥 風月」等 が

「有・り」ます。

 

「2,015・年」に

「ファースト」

「ミニ・アルバム」

 

「はじまりの 合図」で

「C・D」

「デビュー」しました。

 

「2,016・年」に

「ファースト・アルバム」

「CRUISE TICKET」で

「メジャー・デビュー」しました。

 

「2,018・年」に

「サード・アルバム」

「V- emus」が

 

オリコン」「及・び」

ビルボード・ジャパン

「ランキング」で

「1・位」に、なりました。

 

「2,020・年」に

「リリース」した

「5 th・アルバム」

「RAINBOW」が

 

オリコン・2 位」に

「成・リ」ました。

 

 

「浦島 坂田船」

「花鳥 風月」

「作・詞」「作・曲」

「まふまふ」

 

 おぼつか ない 足取りだって

幾夜ほど 昔だろうと

(「いくよ」) 

愛しく覚えて しまった

(「いとしく」)

運命は 斯くも 在るか

       (「かくも あるか」)

 

いつまでも いつまでも と

袖を 引く 夕間 暮れ に

            (「ゆうま ぐれ」)

風そよぐ 髪と

まだ 慣れぬ 白粉

    (「なれぬ おしろい」)

 

傷つく ほどに 愛撫 しよう

                 (「あいぶ」) 

忘れない ように

この指先で ふたりを

書き残す ほどに 強く触りたい

                             (「さわり」) 

 

今宵 (「こよい」)

夜が 明けずとも

君の傍 (「そば」) に

いたいんだ

この世では 許されぬ

逢瀬と 契り

(「おうせと ちぎり」)

 

愛を 哀 (「あい」) と

見間違わぬ ように

明かし 尽くす 月影 よ

                  (「つきかげ」) 

玉響 (「たまゆら」) な

命を 今 照らして おくれよ

 

時が 連れ込む 夜と

静けさと 微睡む 温度

          (「まどろむ」) 

風 吹けば 落ちてしまう

宛ら (「さながら」)

花びらの ように

 

すれ違う人に 塗れ

               (「まみれ」) 

空 目 (「そら め」) した

彼方 (「かなた」) の 夢

掻き 分ける 髪に

(「かき わける」) 

懐か (「なつか」) しき

面 影 (「おも かげ」)

世界中が 君の 運命を

狂わそうと した

泡沫 (「うたかた」) の

ように はじけた

舌先 恋と 心音

          (「こころね」)

 

濡れる 羽衣の 肌と

     (「はごろも」)

熟し (「じゅくし」) きらぬ

その 花の

酸 味 (「さん み」) まで

愛する 仰せの ままに

      (「おおせ」) 

 

その 身

いつか 浮雲 と なりて

    (「うきぐも」)

暮れる 東雲 の 空へ

    (「しののめ」)

揺蕩う なら

(「たゆたう」) 

翼 を 得て 啄み に いきたい

           (「ついばみ」)

 

今宵 夜が 明けず とも

君の傍に いたいんだ

この世では 許されぬ

逢瀬 と 契り

 

愛を 哀と 見間違わぬ ように

明かし 尽くす 月影よ

玉響な 命を

今 照らして おくれよ

 

 

「月に叢雲・花に風」を

「英・語」で

 

「Wind on Murakumo

   in the moon」

 

(「月に叢雲・花に風」) と

 

「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「舌を・巻く」

(「したを・まく」)

 

「皆さん」は

「舌を・巻く」  と、いう

「慣用・句」を「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「舌を・巻く」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「非・常」に「驚 い・たり」

「感 心・したり」する

「様・子」で

 

「そ れ」に、よって

「言葉 が・出ない」
    と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「舌を・巻く」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「中・国」「漢の・時代」の

「書・物」

漢書・掲雄伝」に

「記さ (「しるさ」) ・れた」

 

「舌・巻」と、いう

「言・葉」が

「語・源」だ、そうです。

 

「舌・巻」と は
「舌」を「折 り・曲げ」て

「舌・先」を「飲み・込む」

「状・態」で

 

「この ・状態」で は

「声を・出す事」も

「話す・事」も

「出・来」ません。

 

「ちなみ」に「皆さん」は

「感心・したり」

「驚い た・時」に

「ポカン」と

「口」を「半・分」

「開け・ながら」

 

「声」が 「出な く・なった」

「経・験」は

「有・り」ませんか?


「舌を・巻いて」

「声が・出ない」

「状・態」を

 

「舌を・巻く」と

「比喩 (「ひゆ」) ・した」

「事」が

 

「舌を・巻く」の

「由・来」だ、そうです。

 

「舌を・巻く」の

「代 表・的」な「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「モナ・リザ」を

 「描いた・画家」と、して

 「知ら・れる」

 

 「レオナルド・ダ・ヴィンチ」は

 「歴史・上」「最・も」

 「天・才」と「呼ば・れ」


 「建築・家」でも「有・り」

 「彼の・手」で「500年・前」に

 「制作・された」

 「設計・図」は


 「現代の・専門家」も

 「舌を巻く・程」の

 「高い・レベル」だった。

 

・「彼・女」の「仕事の・スピード」と

 「正確・さ」に は「いつも」

 「驚ろか・される」が

 「更・に」

 

 「指示・される」のを

 「待た・ず」に
 「一歩先を・読んだ」

 

 「仕事・振り」には

 「舌を・巻かざる」を

 「得」ない。

 

「舌 を・巻く」の
「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「目を・丸くする」

  (「めを・まるくする」)

 

 「素晴ら・しい」

 「物・事」に「対し・て」

 「感じ・入る」事 や

 「驚く・事」等 に、より

 

 「目」を「大きく・見開く」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

・「感服・する」

  (「かんぷく・する」)

 

 「強く・感銘」し

 「印象に・残る」事 や

 「感・動」し て

 

 「讃えたく・なる」
 (「たたえたく」)

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「舌を・巻く」の

「対義・語」を

「検策・して」も

「出て・来」ません。

 

・「呆れて・物も言えない」

  (「あきれて・ものもいえない」)

 

 「あまり」の

 「出・来」の

 「酷・さ」(「ひど・さ」) に

 「あっけに・取 られ」て

 

 「声が・出ない」

 「何も・言え無い」

    と、いう

 「意・味」です。


 「辺・り」が「妥当・な」
 「気」が、します。

 

 

JUDY AND MARY」は
  (「ジュディー・アンド・マリー」)

「誘惑に 舌を巻く この 運命」の

「歌詞が・有る」

 

「Happy?」

   と、いう

「歌を・歌い」ました。

 

「1,997・年」に

「リリース」した

「4 th・アルバム」

「THE POWER SOURS」に

 

「収録・されて」おり

「同・アルバム」は

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「ジュディー・アンド・マリー」は

「1,992・年」に「結 成・された」

「男・女」「4 人・組」の

「ロック・バンド」です。

 

「ヴォーカル」の「YUKI 」を

「快活で・ポジティブ」な

「女の・子」

「JUDY」と

 

「少・し「ひねくれ・者」で

「ネガティヴ」な
「女 の・子」

「MARY」と、いう

 

「女の・子」の
「二面・性」を「表・現」し

「JUDY・AND ・MARY」と

「名付・け」ました。

 

「愛・称」は

(「あい・しょう」) 

「ジュディ・マリ」です。

 

「代表・曲」に

 

「そばかす」「Over Drive

「クラシック」「クリスマス」

「くじら 12号」等 が

「有・り」ます。

 

「1,993・年」に

「ファースト・シングル」

「POWER OF LOVE」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・9 5 位」でした。

 

「1,996・年」に

「9 th・シングル」

「そばかす」を

「リリース」し

 

「初」の

オリコン・1 位」に、なり

「ミリオン・セラー」を

「記・録」しました。

 

「同・年」「同・曲」で

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「同・年」に「初」の

「日本・武道館」

大阪城・ホール」を

「含・む」

 

「全国・19 都市」で

「23・公演」の

「単独・ライブ」を

「開・催」しました。

 

「1,997・年」に

「4 th・アルバム」

「THE POWER SOURCE」を

「リリース」し

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「同・アルバム」は

「アルバム・売り上げ」

「歴代・6 7 位」

   と、なる


「216・万枚」を

「記録・する」

「ダブル・ミリオン」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に
「史上・初」の

「国立 代々木・競技場」

「第 一・体育館」での

「2 日間・公演」と

「横浜・スタジアム」と

「甲子園・球場」で

「野外・コンサート」を

「開・催」しました。

 

「1,998・年」に

「5 th・アルバム」

「POP LIFE」を

「リリース」し

 

オリコン・1 位」で

「ミリオン・セラー」を

「記・録」しました。

 

「2,000・年」に
「ファースト」

ベスト・アルバム

「FRESH」を

 

「リリース」し

オリコン・1 位」で

「ダブル・ミリオン」を

「記・録」しました。

 

「2,001・年」に

「6 th・アルバム」

WARP」を

「リリース」し

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「同・アルバム」を

「以っ・て」

(「もっ・て」)

「ジュディ・マリ」の

 

 「1 0・年間」に「渡・る」
「バンド・活動」に
「終止・符」を
(「しゅうし・ふ」) 

「打・ち」ました。

 

「紅白・歌合戦」に は

 

「1,996・年」の「そばかす」と

「1,998・年」の「散歩道」で

 

「通算・2 回」

「出・場」しました。

 

 

JUDY AND MARY

「happy ?」

「作・詞」:「YUKI

「作・曲」:「TAKUYA」

 

マグネティックに 腕に
噛み (「かみ」) ついて

離れない あの 彼

御馳走 (「ごちそう」) に

つられて うっかり

スカート を 脱いだ 彼女

Dry  &  High Days ah ha ・・・
誘惑に  舌を巻く この運命 と

踊る ボサノヴァ

欠伸 (「あくび」)

眩暈 (「めまい」) の  繰り返し

ホラー 映画 の 方が マシ よ

Dry  &  High Days ah ha ・・・

 

優しい ほど 傷つく ばっかり

回り路 (「まわりみち」)  

苦笑い (「にがわらい」)

あたしの アンテナ は

曲がって 折れて

 

Happy ? Happy Days ? ah ha ・・・

Happy ? Happy Days ? ah ha ・・・

Happy ? Happy Days ? ah ha ・・・

Happy ? Happy Days ? 
So pretty pretty Days ?

 

黒い雲が すごい 速さ で

通りの 上を 横切る

Oh Baby Cry Baby

泣いちゃう くらい

抱きしめられたら イイ のに

イイ のに なぁ

 

優しいほど 光は 見える 

心は 言葉に なる

あたしの 鼓動 (「こどう」) は

続いてる

 

Happy ? Happy Days ? ah ha ・・・

Happy ? Happy Days ? ah ha ・・・

Happy ? Happy Days ? ah ha ・・・

Happy ? Happy Days ? 
So pretty pretty Days ?

 

Happy ? Happy Days ? ah ha ・・・

Happy ? Happy Days ? ah ha ・・・

Happy ? Happy Days ? ah ha ・・・

Happy ? Happy Days ? 
Um mumumu ・・・nya !

 

 

※「舌打ちを・する」

(「したうちを・する」)

 

「舌打ちを・する」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「いまいましい」「思・い」や

「悔・しい」(「くや・しい」)

「思・い」を「した・時」など

「いらだった」「時」に

 

「ネガティブ」な「感・情」で

「舌・を」

「うわあご」に「当・]て」

 

「チッ」と

「音を・出す」

「仕・草」だ、そうです。

 

「多くの・場合」には

「周りの・人」に 

「不快・感」を「与・え」

「舌・打ち」を

「安・易」に「多用・する」と

「周りの・人」に

「嫌わ・れる」そうです。

 

「心当・たり」の

「ある・人」は

「舌・打ち」は

「今すぐ・直すべき」

「悪い・癖」で
「検・策」し

 

「参考に・する事」を

「お 勧・め」します。

 

「舌打ちを・する」の
「語・源」・「由・来」は

「特に・無い」様です。

 

「舌打ちを・する」の

「代 表・的」な「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「上・司」に「辛・辣」な

      (「しん・らつ」) 

 「皮肉を・言われた」の で

 

 「深・く」「頭 」を

 「下・げ」なが ら

 「心 の・中」で は

 「舌打ちを・して」いた。

 

・「彼・女」を

 「デートに・誘った」ら
 「身も蓋も・ない」
 (「みもふたも・ない」)

 「素っ気・ない」
 「言い・方」で

 「断ら・れた」

  の で

 

 「思わ・ず」

 「舌打・ち」を、した。

 

「舌打ちを・する」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「歯ぎしり・する」
  (「はぎしり・する」)

 

 「思い・通り」に
 「事」が「運ば・ず」

 

 「残念・がる」

 「怒・る」と、いう
 (「いか・る」)

 「意・味」だ、そうです。

 

「舌打ちを・する」の

「対義・語」を

「検策・して」 も

「出て・来」ません。

 

・「ほくそ・笑む」

  (「ほくそ・えむ」)

 

 「狙い・通り」に

 (「ねら い・どおり」)

 「事・が」
 「上手く・行 き」

 

 「人・知 れず」に

 「ニヤリ」と「小さ・く」

 「笑・う」と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が「妥当・な」

 「気」が、します。

 

 

「KAT- TUN」は

(「カ・トゥーン」) 

「舌打ちを した」の

「歌詞が・有る」

 

「Real Face」

  (「リアル・フェイス」)

   と、いう

「歌を・歌い」ました。

 

「2,006・年」に
「リリース」し た

「ファースト・シングル」で

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「同・曲」は

「カ・トゥーン」の

 

「代表・曲」
「カラオケ・人気曲」

「ランキング」で

「1・位」です。

 

「カ・トゥーン」は

「2,001・年」に

「結成・され」た


「ジャニーズ・事務所」
「所・属」の

「3 人・組」 の「男・性」

「アイドル・グループ」です。

「代表・曲」に

 

「Real Face」「Keep the faith 」

「喜びの 歌」「Love Yourself」

「ハルカナ 約束」「LIPS」等 が

「有・り」ます。

 

「結成・時」は

「男・性」「6人・組」の

「アイドル・グループ」でした。

 

「従・来」の
「アイドル・像」が

「優等・生」だった のに

「対・し」て

 

「カトゥーン」は

「結成・当初」か ら

「メンバー・個々」の
「個性が・強く」

 

「クール」や「ギラギラ/」

  と、いった

「イメージ」を「持・つ」

「グループ」です。

 

「最・初」は
「叱られて・ばかり」の

「やんちゃ」な

「異端・児」でした が 

(「いたん・じ」)

 

「自身の・考え」を

「貫く・姿勢」と

「果敢・な」

(「かかん・な」)

「パフォーマンス」が

 

「徐々・に」「評価・され」

「ジャニーズ」で は

「異・色」の

 

「ワイルド」な

「グループ」と

「称・され」て、います。

 

「メンバー」の「一・人」
「上田 竜也」は

「TBS ・テレビ系」で

「放送・されて」いる

 

「炎の 体育会」で

「高・い」
「身体・能力」を

「発揮・して」います。

 

「2,006・年」に
「ファースト・シングル」

「Real Face」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・1 位」で

「ミリオン・セラー」を

「達・成」しました。

 

「以・後」「リリース」し た

「シングル」「27・作品」

「アルバム」「11・作品」

「全・て」が

 

オリコン・1 位」

   と、なる

「快・進撃」を

「継続・中」です。

 

「2,009・年」に は

「史上・最多」

    と、なる

 

「東京・ドーム」で の

「8 日・間」

「連続・ライブ」を

「開・催」しました。

 

「2,010・年」に「赤西」

「2,013 年」に「田中」

「2,016・年」に「田口」が
「脱・退」し

 

「残る・3人」で

  (「亀梨」「上田」「中丸」)

「1 年・8ヶ月」の

 

「活動・休止」を

  (「充電・期間」) 

「経・て」(「へ・て」)

 

「2,018・年」に

「活動・再開」しました。

 

 

「KAT - TUN」「Real Face」

「作・詞」:「スガシカオ

「作・曲」:「松本 孝弘」

 

ギリギリで いつも

生きていたいから

さぁ 思いっきり

ブチ 破ろう

リアルを 手に

入れるんだ

 

(「俺が ハスラー  KID

これ 果たすだけ」)

声 からす訳 

超えられるか Dis  

それは 誰だ ? Ha - Ha  

俺は JOKER 

Doop な Rhyme で 

泣き出す 嬢ちゃん

待ちに 待った 

これが 俺の Show Time 

壮大 (「そうだい」) キメろ 

All Night

ヤバメ な FLOW で 

沸き (「わき」) 出す 場内

West Side  East Side 

上げ ろ Hands up !

 

アスファルト

蹴り (「けり」) 飛ばして

退屈 な 夜に

ドロップ キック

した つもり

すべって 空振り・・・
テキトー な ノリ で

パック れて

ありえねー ウソ

並べたって

世界  変えられ や しない・・・

 

夢を語る フリ してれば

(「J・O・K・E・R 

 K・O  劇に なる」)

なんて 大人になれる

気がして

(「Ai - Yo  警報 鳴らせ

かざせ 手を」)

舌打ち を した

「丁重に 呼べよ」

(「ていちょう」) 

 

ギリギリで いつも

生きていたい から

Ah ここ を 今 

飛び出して 行こう ぜ

この ナミダ・ナゲキ →

未来への ステップ

さぁ 思いっきり

ブチ破ろう

(「To go Through

time and water」)

リアル を 手に入れるんだ

(「The low of the jungle,

So we never lost」)

 

新しいシャツ

脱ぎ捨てて

ずぶ濡れ になった

火曜日を

笑いたきゃ 笑えばいい

雨上がり 濡れた

堤防 で

はじめて 君に

ついた ウソは

いまも 乾いちゃ いない

         (「かわい」) 

 

悪いけど 賢く は ないさ

(「Sneaker ・Speaker, Dive ,

ここの  Key Right ?」)

きっと アタマより ココロ で

Big Star, East Side, West Side,

俺 の Big Time

考える タイプ

帝王 (「ていおう」)  

手を 上げろ 

騒げ ハラパック

 

ギザギザ で 牙 (「きば」) を

むき出し ながら

Ah 俺流 (「おれりゅう」)  

Start Dash で 行くんだ

この 誓い・デカイ × セカイの 先へ

さぁ 無限 こえて いこう

(「Time lost can't be recalled」)

リアル を 見つけに いこう

(「Faith como move mountain」)

(「J・O・K・E・R  Yeath

Wake up, wake up, make up 

覚めろ (「さめ ろ」)  才能

play back, make bounce  

定番 壊し (「こわし」)

Shine on」)

 

ギリギリで いつも

生きていたいから

Ah ここを 今 

飛び出して 行こうぜ

この ナミダ・ナゲキ →

未来 への ステップ

さぁ 思いっ きり

ブチ 破ろう

(「Failure teaches success,

So I wanna believe」)

リアル を 手に 入れるんだ

(「The die is cast,

So we have to go」)

 

「俺 が ハスラー. KID.
これ 果すだけ

声 からす訳 

超えられるか Dis 

それは 誰だ ? 

Ha - Ha  俺は JOKER 

Doop な Rhyme で 

泣き出す嬢ちゃん

待ちに待った 

これが 俺の  Show Time 

壮大 キメろ All Night

ヤバイ な  FLOW で 

沸き出す 場内

West Side  Eeast Side  

上げ ろ Hands up」)

 

 

「舌を・巻く」を

「英・語」で

 

「Her friends were filled

   with admiration for her singing」

 

(「彼女の・歌」に は
 「友・達」も「舌を・巻いた」) と

 

「言・う」そうです。

 

 

何気なく使っている言葉の意味

「人の噂も・七十五日」

(「ひとのうわさも・しちじゅうごにち」)

 

「皆 さん」は

「人の噂も・七十五日」と、いう

「ことわざ」を「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「人の噂も・七十五日」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「人の噂も・四十九日」と

「使う人が・いる」

   そうです が

「誤・表現」です。

 

「恐ら・く」「仏・教」で

「死者の・霊」が

「この・世」に

「とどまる・期間」が

 

「亡くなって・から」
「49・日」と

「言われて・いる」ので

 

「その・概念」と

「混同して・いる」と

「思わ・れ」ます。

 

「人の噂も・七十五日」とは

「世間の・噂」は

「長く・続かず」

「忘れ・去られる」から

 

「あえて」「騒が・ず」

「放って・おけ」ば
「良・い」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「75・日」が

「長いと・感じる」か

「短いと・感じる」かは

「その人・次第」です が

 

「ことわざ」では

「わずか」「75・日」

   と、いう

「ニュアンス」で

 

「表現・されて」

「いる」そうです。

 

「人の噂も・七十五日」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「七十五日」は
「一つの・季節」が

「75・日」と、いう

「解・釈」が

「由・来」だ、そうです。

 

「365・日」を

「四季で・割る」と

「91・日」と、なり

 

「ことわざ」の

「75・日」と
「合・い」ません。

 

「そこで」

「登場・する」のが

「土・用」」と、いう
(「ど・よう」) 

「概・念」だ、そうです。

 

「土・用」とは

「立・春」「立・夏」

「立・秋」「立・冬」の

「直・前」の

 

「約」「18 日・間」を

「指・す」そうです。

 

「すると」「一つの・季節」は

「91・日」-「18・日」=

「73・日」と、なり

 

「ほぼ」「ことわざ」の

「七十五日」と

「成り」ます。

 

「人の噂も・七十三日」で

「無・く」

「人の噂も・七十五日」と

   した のは

 

「七十五日」の「方」が

「語・呂」(「ご・ろ」) が

「良かった・から」だと

「思わ・れ」ます。

 

「人の噂も・七十五日」の

「代表・的」な「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「今」は「いろいろ」と

 「悪口を・言われ」て

 「キツイかも・知れない」が

 「人の噂も・七十五日」で

 

 「悪口を・言い続ける」
 「事」に

 「飽き・て」
 「すぐ・に」

 

 「忘れて・しまう」から

 「放って・おく」のが

 「一・番」だよ。

 

・「昔」は
 「人の噂も・七十五日」と

 「言われて・いた」が

 

 「現代」では

 「ネット・上」に
 「証拠が・残る」ので

 

 「無責任な・事」

 「嘘」や「ハッタリ」を

 「書く・事」は

 「出・来」ない。

 

「人の噂も・七十五日」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「良きも 悪しきも・七十五日」

 (「よきも あしきも・しちじゅうごにち」)

 

・「世の 取り沙汰も・七十五日」
 (「よの とりざたも・しちじゅうごにち」)

 

 「いず・れ」も

 「人の噂も・七十五日」と
 「同じ・意味」で

 「同義・語」です。

 

「人の噂も・七十五日」の

「対義・語」は

「下記」だ、そうです。

 

・「虎狼 より・人の口 恐ろし」

 (「ころうより・ひとのくち おそろし」)

 

  「虎」(「トラ」) や

 「狼」(「オオカミ」) の

 「襲撃・から」

 

 「身を・守る」
 「事 」なら

 「施し・様」が

 (「ほどこし・よう」)

 「有・る」が

 

 「人」の「陰・口」や

              (「かげ・ぐち」) 

 「誹謗・中傷」は

 (「ひぼう・ちゅうしょう」) 

 

 「防ぎ・よう」が
 「無・く」

 「恐ろ・しい」 と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 

ピンク・レディー」は

「くちびる盗む 早わざは  

   うわさ通りだわ」の

「歌詞が・ある」

 

「渚の シンドバッド」

   と、いう

「歌を・歌い」ました。

 

「1,977・年」に

「リリース」した

「4 rh・シングル」で

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「シンドバッド」は

千夜一夜・物語」に
(「アラビアン・ナイト」)

「登場・する」

「船乗りの・主人公」で

 

「酒癖と・女癖」が

(「さけぐせと・おんなぐせ」)
「悪い・事」で

「知ら・れて」います。

 

ピンク・レディー」は

「1,976・年」に

「結・成」し

 

「1,970 年代・後半」に

「活・躍」した

 

「ミー」と「ケイ」から

「成・る」「ヂュオ」の

「ダンス・ミュージック 系」

「アイドル・グループ」です。

 

「ジン」を「ベースに・した」

「カクテル」の

ピンク・レディー」を

「由・来」に、して

 

「作曲・家」の

「都倉 俊一」が

「名・付け」ました。

 

「キャッチ・フレーズ」は

「はじめて」の

「味・覚」  (「あ・じ」) です。

 

「永・遠」の「伝・説」の
「最・大」の

「スーパー・アイドル」と

「呼ば・れ」

「歌謡・界」の

「あらゆる・記録」を

「塗り・変え」ました。

 

「代表・曲」に

 

「渚の シンドバッド」「U F O」

「ペッパー 警部」「S・O・S」

「ウオンテッド」等が

「有・り」ます。

 

ピンク・レディー
   よりも

「3 年・前」に

「デビュー」した

 

「アイドル・トリオ」の

キャンディーズ」と

「比較・される」事が

「多・く」「有・り」ました。

 

「意外に・感じます」が

「レコード」の

「売り上げ・枚数」では

 

ピンク・レディー」の
「方」が

「圧倒・的」に

「上回っ・て」いました。

 

静岡市に・開校」する

「私・立」

常葉大学 附属・高校」の

 

「同級生で・親友」だった
「二・人」は

 

「1,973・年」に

ヤマハ・音楽」の

「オーディション」に

「合・格」し

 

「特待・生」と、して

ヤマハ・ボーカル」

「スクール」に

「通う・事」に、なり

 

「そこ・で」

「ヂュオ・グループ」を
「結・成」しました。

 

「1,976・年」に

「ファースト・シングル」

「ペッパー・警部」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

「60・万枚」を

「売り・上げ」

 

「日本・レコード 大賞・

「新人賞」を

「受・賞」しました。

 

「同・曲」では
「両・股」を

「ガニ・股」に

「開く・ポーズ」等

 

「斬・新」な

(「ざん・しん」) 

「踊・り」が

「世・間」から

「大きな・注目」を

「集・め」

 

「キワモノ・的」な

「見・方」も
「され・ました」が

「子供・達」が

「踊・り」を

「熱心に・覚え」

「真似を・始めた」為

 

「老若・男女」から

(「ろうにゃく・なんにょ」)

「幅広い・人気」を

「獲得・する」事に

「成・功」しました。

 

「続・く」

 

「第・2弾」

「S・O・S」と

 

「第・3弾」

カルメン‘ 77」も

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「そし・て」

「1,977・年」に

「リリース」した

「第・4弾」の

「渚の シンドバッド」が

 

オリコン・1 位」で

「自身・初」の

「ミリオン・セラー」に

「成・り」ました。

 

「同・曲」に、より

ピンク・レディー」の

「人・気」は

「社会・現象」と、なり

 

「日本・列島」に

ピンク・レディー

「旋・風」が
(「せん・ぷう」) 

「吹き・荒れ」ました。

 

「続・く」

「第・5弾」の

「ウオンテッド」も

オリコン・1 位」で

「ミリオン・セラー」に

「成・り」ました。

 

「第・6弾」の

「U F O」も

オリコン・1 位」で

 

「ミリオン・セラー」

   と、なり

「日本・レコード・大賞」を

「受・賞」しました。

 

「第・7弾」の

「サウスポー」も

オリコン・1 位」で

 

「ミリオン・セラー」に

「成・り」ました。

 

「第・8弾」の

「モンスター」も

オリコン・1 位」で

 

「ミリオン・セラー」に

「成・り」ました。

 

「第・9弾」の

「カメレオン・アーミー」も

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「松田 聖子」に

「代表・される」

「ニュー・ミュージック」が

「全盛期を・迎えた」

 

「1,979・年」に

「リリース」した

「11 ・th ・シングル」

ジパング」は

 

オリコン・4 位」に

「留ま・り」
(「とどま・り」)

 

「S・O・S」からの

「連・続」

オリコン・1 位」は

「9・作」で「ストップ」し

 

「ペッパー・警部」からの

「連・続」

「ミリオン・セラー」も

(「出荷・ベース」)

 

「10 作・連続」で

「ストップ」しました。

 

「1,980・年」に

「活動・期間」

「4 年・7ヶ月」にて

 

「解・散」を

「発・表」しました。

 

「解散・後」は

「それぞれ」が

 

「ソロ・歌手」

「女・優」

「タレント」と、して

「活躍・して」います。

 

「2,010・年」

「解・散」から

「30 年・後」に

 

「再・結成」を

「発・表」しました。

 

「2,017・年」に

ピンク・レディー」の

「作詞を・担当」した

.「故」「阿久 悠」が

 

「特別・賞」を
「受賞・した」事を
「祝・し」

 

「日本・レコード・大賞」に

「39 年・振り」に

「特別・ゲスト」と、して

「出・演」し

 

「ペッパー・警部」

「ウオンテッド」

「U F O」の

 

「3・曲」

「ノン・ストップ」

「メドレー」を

「歌・い」ました、

 

「2,018・年」には

「1,978・年」に

「U F O」で

 

「日本・レコード・大賞」を

「受賞した・時」の

「司会・者」


「高橋 圭三」への

「追・悼」で

(「つい・とう」) 

 

「U F O」「S・O・S」

渚のシンドバッド

「サウスポー」の

 

「4・曲」

「ノン・ストップ」

「メドレー」を

「熱・唱」しました。

 

「紅白・歌合戦」には

 

「1,977・年」の

「ウオンテッド」〜

「2,000・年」の

スペシャル メドレー」まで

 

「通算・4 回」
「出・場」しました。

 


ピンク・レディー

「渚の シンドバッド」

「作詞」:「阿久 悠」

「作曲」:「都倉 俊一」

 

アアア アアア・・・

アアア アアア・・・ 

渚のシンドバッド

ここかと思えば

またあちら 

浮気な ひとね

サーフィンボード

小わきに かかえ 

美女から 美女へ

ビキニがとっても

お似合いですと 

肩など 抱いて

ちょいと おにいさん 

なれなれしいわ

くちびる盗む 早わざは 

うわさ通り だわ

あなた シンドバッド

セクシー 

あなたは セクシー

私はいちころで ダウンよ

もうあなたに 

あなたに おぼれる

 

波乗りあざやか

拍手をあびて 

キッスの嵐

あちらの パラソル

こちらの パラソル 

ウィンク 投げて

夜ふけになったら

あなたの部屋へ 

しのんで 行くよ

ちょいと おにいさん 

いい気な ものね

うっとりさせる

テクニック 

腹が立つ ほどよ

あなたシンドバッド 

セクシー 

あなたは セクシー

私はいちころで ダウンよ

もう あなたに 

あなたに おぼれる 

 

 

※「老いたる 馬は・道を 忘れず」

(「おいたるうまは・

       みちをわすれず」)

 

「老いたる 馬は・道を忘れず」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「老いた・馬」は

(「おいた・うま」) 

「道」を

「良く・知っている」

「事 」より

 

「経験を・積んだ」

「者」は

 

「進むべき・道」を

「誤ら・無い」

「事 」から「転じ・て」

 

「高齢・者」の

「知恵や・経験」は

 

「活用す・べき」

    だと、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「老いたる 馬は・道を 忘れず」の

「語・源」は

「下・記」だ、そうです。

 

「中・国」「戦国・時代」の
「法・家」「韓 非」が

「春秋・時代」の

 

「思・想」「社・会」の

「集・大成」と、して

「編纂した・著書」

 

「韓非 子」に「記さ・れた」
「下・記」「言・葉」が

「由・来」だ、そうです。

 

「斎」の「管仲・達」が
「道に・迷った」「時」に

「管 仲」が「老馬を・放ち」

「その後を・歩む」と


「やが・て」

「進むべき・道」に

「たどり・着いた」

   と、いう

 

「一・節」が

「ことわざ」の

「由・来」だ、そうです。

 

「老いたる 馬は・道を 忘れず」の

「代表・的」な「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「老いたる 馬は・道を 忘れず」と

 「言う・から」

  「この・問題」を

 「人生の・先輩達」に

 

 「相談・する」のも

 「一つ・の」

 「解決・方法」に

 

 「成・る」かも

 「知・れ」ない。

 

・「老いたる 馬は・道を 忘れず」と

 「言・う」が

 「人」「それぞれ」が


 「生きて・来た」

 「道」が「違・う」ので

 「頼る・人」を

 「間違・えて」は、いけない。

 

「老いたる 馬は・道を 忘れず」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「亀の 甲より・年の 功」

  (「かめの こうより・としの こう」)

 

 「亀」は

 「万年・生きる」と

 「言わ・れて」おり

 「それに・比べれば」

 

 「人・生」の

 「八十年・程度」は

 「短く・感じる」

    と、しても

 

 「年長・者」の

 「経験・から」

 「身に・付けた」
 「知恵や・技術」は

 

 「貴ぶ・べき」と、いう

 (「とうとぶ」)

 「意・味」だ、そうです。

 

「老いたる 馬は・道を 忘れず」の

「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「老いては・子に 従え」

  (「おいては・こに したがえ」)

 

 「年を・とった」ら
 「出しゃ・ばったり」
 「意地を・張らず」に

 

 「何・事」も

 「子供や・若い者」に
 「任せ・て」

 

 「それ・に」
 「従って・行く方」が

 「良・い」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 

アン・ルイス」は

「忘れないわ あなたの声」の

「歌詞が・有る」

 

「グッバイ・マイ・ラブ」

    と、いう

「歌を・歌い」ました。

 

アン・ルイス」は
「1956 年・生まれ」で

 

兵庫県・神戸市」

「出・身」の

「歌・手」です。

 

「アイドル・歌手」
   と、して

「デビュー」し た

「後」は

 

「歌謡・ロック」の

「第一人・者」

    と、して

「活・躍」しました。

 

「父・親」が

アメリカ・人」

 

「母・親」が

「日 本・人」の

「ハーフ」です。

 

横浜市に・在った」

「米 海軍の・住 宅街」

「ベイサイド・コート」で

「育・ち」ました。

 

「1 4 歳 の・時」

「外国 人・墓地」を

「散 歩・中」に

 

「作詞・家」の

「なかにし れい」に

「スカウト」
    され ました。

 

「1,971・年」に
「ファースト・シングル」

「白い 週末」で

 

「アイドル・歌手」

    と、して

「デビュー」しました。

 

「代表・曲」に

 

「グッバイ・マイ・ラブ」

「あゝ 無情」「六本木 心中」

「WOMAN」等が

「有・り」ます。

 

「1,974・年」に

「6 th・シングル」

 

「グッバイ・マイ・ラブ」を

「リリース」し

「大・ヒット」しました。

 

「同・曲」は
「布施 明」の

「そっと おやすみ」と

「共」に

 

「スナック」の

「閉店・時」の

「定番・曲」でした

 

「その・後」

「歌謡・ロック」に

「転・向」し

 

「1,970 年・代」〜

「1,980 年・代」に

「かけ・て」

 

「ラ・セゾン」「あゞ 無情」

「女は それを 我慢 できない」

「六本木 心中」等の


「ヒット・曲」を

「連・発」し

「多くの・歌手」に

「カバー」されました。

 

「ファッション」に

「こだわり」を

「持・ち」

 

「自・身」で

「ステージ・衣装」を

「手掛・け」ました。

 

キャンディーズ」が

「歌っ・た」

「やさしい 悪魔」の 

 

「ステージ・衣装」の

「デザイン」も

「手掛・け」ました。

 

「1,995 年・頃」に

「パニック・障害」を

「患・い」

 

アメリカ」に

「居・住」を

「移・し」ました。

 

「2,005 年」に

「一・時」「復・帰」

  しました、が

 

「2,013・年」に
「完・全」に

「芸能・界」か ら

「引・退」しました。

 

「私・生活」

   と、して は

 

「1,980・年」

「24 歳の・時」に


「ミュージシャン」

「俳・優」の

「桑名 正博」と

「結・婚」しました。

 

「翌」「1981・年」に

「長・男」を

「出・産」しました。

 

「1,991・年」に

「夫」が「未成年・女性」への

「強制 わいせつ・容疑」で

「逮捕・され」

「更・に」「同・年」に

大麻・パーティ」を

「開・催」し「事情・聴取」を

「受・け」ました。

 

アン・ルイス」は

「夫」に

「愛想を・尽かし」


「別居・生活」

   と、なり

「1,984・年」に

「離・婚」しました。

 

「紅白・歌合戦」へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

アン・ルイス

「グッバイ・マイ・ラブ」

「作・詞」:「なかにし 礼」

「作・曲」:「平尾 昌晃」

 

グッバイ・マイ・ラブ 

この街角 で

(「まちかど」) 

グッバイ・マイ・ラブ 

歩いて ゆきましょう

あなたは 右に 私は 左に

ふりむいたら 負けよ

 

グッバイ・マイ・ラブ 

も一度抱いて

グッバイ・マイ・ラブ 

私の 涙を

あなたの 頬で

        (「ほほで」) 

ふいて いるのよ

泣きまねじゃ ないの

 

忘れない わ 

あなたの 声

やさしい

が仕草 (「しぐさ」) 

手の ぬくもり

忘れない わ 

くちづけの とき

そうよ あなたの 

あなたの 名前

 

Good bye my love,

I'll nsver forget you 

And please, oh, please 

say you'll never forget me 

We can meet again sameday 

 

グッバイ・マイ・ラブ

f二人の 恋が

グッバイ・マイ・ラブ 

真実 ならば

いつかは 逢える 

これが 本当の

さよならじゃ ないの

 

忘れない わ 

あなたの 声

やさしい 仕草  

手の ぬくもり

忘れない わ 

くちづけの とき

そうよ あなたの 

あなたの 名前

 

もちろん あなたの 

あなたの 名前

 

 

「人の噂も・七十五日」を

「英・語」で

 

 「Gossip lasts Just 75 days」

 

 (「人の噂も・七十五日」) と

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「雉も鳴かずば・撃たれまい」

(「きじもなかずば・うたれまい」)

 

「皆さん」は

「雉も鳴かずば・撃たれまい」と、いう

「ことわざ」を「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「雉も鳴かずば・撃たれまい」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「うっかり」余・計」で

「無・用」な 事 を

「言った・ばかり」に

 

「災難を・被る」と、いう

      (「こうむる」) と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「雉も鳴かずば・撃たれまい」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「こ の」「ことわざ」は

「日本の・民話」の

「悲しい・物語」が

「由・来」の 様 です が

 

「長・すぎ」て

「書ききれ・ない」の で

「手・短か」に

「表・現」します。

 

「ことわざ」の「由・来」を

「知・る」と

「せつない・気持ち」に

「成・り」ます。

 

「気 に・なる」「人」は

「ネット」で

「ことわざ」の「由・来」で

「検策・して」下さい。

 

「キ ジ」は「甲高 い・声」で

               (「かんだか い・こえ」)

ケーンケーン」と

「鳴・き」ます。

 

「そのため」

「自分の・居場所」を

「簡単に・見つけられ」て

 

「猟師に・鉄砲」で
(「りょうし」)

「撃た・れて」しまいます。

 

「この・事」か ら

「雉も鳴かずば・撃たれまい」
   と、いう「ことわざ」が

「生ま・れた」そうです。

 

「雉も鳴かずば・撃たれまい」の

「代表・的」な「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「雉も鳴かずば・撃たれまい」

       と「言・う」のに

 「機嫌の悪い・彼女」に

 

 「更・に」

 「機嫌を・損なう」様な

               (「そこなう」

 「余計な・事」を

 「言う・なんて」

 

 「彼」の「無神経・ぶり」に

 「呆れ・て」しまった。

 (「あきれ・て」)

 

・「彼女の・支店」では

 「今日の・業後」に

 「無礼講の・飲み会」が

 (「ぶれいこう」) 

 「有る・そう」なの で

 

 「雉も鳴かずば・撃たれまい」で

 「調子に・乗って」「余計な・事」を

 「言わない・様」に「注意・しろ」と

 「アドバイス」した。

 

「雉も鳴かずば・撃たれまい」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「口は・災いの 元」

 (「くちは・わざわいの もと」)

 

・「不用意な・発言」は

 「自らに・災難をもたらし」

 「身を滅ぼす・要因」に

 「なる事も・有る」ので

 

 「迂・闊」に

 (「う・かつ」) 

 「言葉を・発する」と

 「相手の・機嫌」を

 「損じ・かねない」ので

 

 「注意・すべき」

        と、いう

 「戒・め」だ、そうです。

 (「いまし・め」) 

 

・「藪をつついて・蛇を出す」

 (「やぶをつついて・へびをだす」)

 

 「藪を・つついて」

 「わざわざ」「ヘビを・追い出し」
 「その」「ヘビに・噛まれる」
   と、いう

 

 「愚か・さ」を

 「嗜め・た」

  (「たしなめ・た」)

 「ことわざ」だ、そうです。

 

「雉も鳴かずば・撃たれまい」の

「対義・語」を

「検索・して」も

「出て・来」ません。

 

・「言わぬ事は・聞こえぬ」
 (「いわぬことは・きこえぬ」)

 

 「口に・出して」
 「言わな・けれ」ば

 「自分の・気持ち」が

 「相手に・伝わらず」に

 

 「理解して・もらう」事 が

 「出来・ない」と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「吉川 晃司」は
(「きっかわ こうじ」) 

「KISS に 撃たれて 眠りたい」
   と、いう

「歌を・歌い」ました。

 

「1,993・年」に
「リリース」し た

「17 th・シングル」で

 

オリコン・8 位」に

「成・り」ました。

 

「吉川 晃司」は

「1,965 年・生まれ」で

広島県安芸郡府中町

「出・身」の

 

「シンガー・ソング・ライター」

「俳・優」「会社・役員」です。

 

「代表・曲」と、して

 

「モニカ」「せつなさを 殺せない」
「ラ・ヴィアンローズ」「アクセル」

「kiss に 撃たれて 眠りたい」等が

「有・リ」ます。

 

広島県・屈指の 進学校

「私・立」「修道・高校」で は

水球部に・所属」し

 

「高校・時代」に は

「世界 ジュニア・水球大会」で

「2 年・連続」で「日本・代表」に

「選ば・れ」て

 

「全・日本」

「高校・最優秀選手」に、なり

「最年少・日本代表」と、して

「海外・遠征」しました。

 

「高校・時代」に

「ロック・バンド」を

「結・成」し

 

「地元を・中心」に

「コンサート」を
「開・催」しました。

 

「吉川」の「歌唱・力」

「ルックス」

「パフォーマンス」に は

「求心力が・有り」

 

「アマチュア・バンド」

   ながら

「会・場」は「いつも」

「大・盛況」でした。

 

「高校・2 年生の 時」

「斯業・大手」の

(「しぎょう・おおて」)

「ナベ・プロ」か ら

「スカウト」さ れ

 

「高校を・中退」し
「事務・所」に
「所・属」しました。

 

「1,982年」に

「ファースト・シングル」

「モニカ」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・4 位」
   と、なり

 

「日本・レコード 大賞・新人賞」と

「日本・有線放送・最優秀 新人賞」を

「受・賞」しました。

 

「1,984・年」に

「セカンド・アルバム」

「LA  VIE EN ROSS」を

「リリース」し

 

「初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「アルバム」で は
「他・に」「下記・作品」が

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「1,985・年」の

「サード・アルバム」

「INNOCENT SKY」

 

「1,986・年」の

「4 th・アルバム」

「MoDERN  TIME」

 

「1,992・年」の

「8 th・アルバム」

「Shyness Overdive」

 

「1,994・年」の

「9 th・アルバム」

「Cloudy Heart」

 

「1,985・年」に

「リリース」した

「4 th・シングル」

「Your Gotta Chance」が

 

「シングル」では

「初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「同・年」の

「5 th・シングル」

「にくまれそうな NEW フェイス」が

 

「連・続」で

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「同・年」「同・曲」で

「紅白・歌脱線」に

「白組・トップバッター」

   と、して

 

「初 出場・しました」が

「リハーサル」に は

「無・い」

 

「自由・奔放」な

(「じゆう・ほんぽう」) 

「行動を・繰り返し」

「番組の・進行」を
「邪魔した・上」に

 

「歌唱・後」に は
「使用した・ギター」を

「ステージに・叩き付け」

「破壊して・しまい」ました。

 

「紅白・歌合戦」を
「事務所の・力関係」や

「政治・力」の

「忖・度」に、よる

(「そん・たく」) 

 

「出来・レース」と

「非・難」す る

「吉川」の「精・一杯」の

「抵抗・でした」が

 

「本件・以降」は

「N H K」へ の

「出入・禁止」と

「成・り」ました。

 

「大柄な・体格」と

「男気・溢れる」

「性・格」で

 

「俳・優」と、しても

「数・々」の「映・画」

「テレビ・ドラマ」に

「出・演」し

 

「アカデミー・賞」や

ブルーリボン・賞」を

「受・賞」しました。

 

「近・年」で は

「2,019 ・年」に

「テレビ・ドラマ」

「下町 ロケット」で

 

「帝国・重工(株)」

「宇宙航空・推進グループ」

「部・長」

「財前 道生」「役」を

 

「2,020・年」に
「テレビ・ドラマ」

「探偵・由利 麟太郎」で

「主役を・演じ」ました。

 

「私・生活」と、して は

 

「2,011・年」に
「医療 関係で・働く」

「一般人・女性」と

「結・婚」しました。

 

 

「吉川 晃司」

「KISS に 撃たれて 眠りたい」

「作・詞」「作・曲」:「吉川 晃司」

 

もっと  裸の 心を 見せないか

ときめきよ 踊れ わがままに

 

つらい 昨日 (「きのう」) が

鎖 (「くさり」) に なるのなら

孤独よ 燃えろ 真心さえ 焼きつくせ

 

たとえ 誰に なにを 言われても いいさ

好きに やれる 一瞬 (「いま」) が あれば 

それで いい

 

KISS  に 撃たれ て 眠りたいぜ OH YEAH 

ロマンティックな 夢を 

いつまでも 追いかけて

最後まで 止まらないぜ OH  YEAH 

俺たちしか やれない 

世界だけを 狙え (「ねらえ」)

 

どうせ 1,000 年もない 人生さ

涙も 笑え 笑いとばせ こなごなに

 

たとえ どんな 罠 (「わな」) も

邪魔 (「じゃま」) すれば いいさ

好きで決めた 明日があれば それでいい

 

KISS に 撃たれて 眠りたいぜ OH  YEAH 

ロマンティックな 愛に 

殺されて しまうまで

 

いつまでも 止まらないぜ OH YEAH 

俺たちしか みえない 世界だけの ために

 

たとえ 誰に なにを言われても いいさ

好きにやれる 一瞬 (「いま」) が あれば

それで いい

 

KISS に 撃たれて 眠りたいぜ OH  YEAH 

ロマンティックな 夢を 

いつまでも 追いかけて

最後まで 止まらないぜ OH  YEAH 

捜し (「さがし」) てた

微笑み (「ほほえみ」) を

いつの日か かわすまで

 

いつまでも 止まらないぜ OH  YEAH

俺たちしか できない 世界を 狙え

WOW  WOW  WOW  WOW  WOW ・・・

 

BABY・・・KISS  ME  BABE 

BABY ・・・KILL  ME  BABE

 

 

※ 「鳴かぬ蛍が・身を焦す」

( 「なかぬほたるが・身をこがす」)

 

「鳴かぬ蛍が・身を焦す」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。


「恋に焦がれて 鳴く蝉よりも

   鳴かぬ蛍が・ 身を焦がす」を

(「こいにこがれて なくセミよりも

    なかぬ ホタルが・みをこがす」) 

 

「省・略」し た

「ことわざ」だ、そうです。

 

「自分が・思っている」事を

「全て 口に・出す」「者」よりも

「あまり」「口に・出さない」

「者の・方」が

 

「心の・中」で

「深く・思っている」

    と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「蝉」(「セミ」) は

「鳴き・叫んで」

「注意を・引く」事 が
「出来・る」が

 

「鳴くことが・出来ない」

「蛍」(「ホタル」) は

「鳴く・代わり」に

 

「身を・焦がさん」
         (「こがさん」)

「ばかり」に「光っ・て」

「注意を・引く」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「蛍 二十日に・蝉 三日」

(「ホタル はつか に・セミ みっか」)

 と、いう

「ことわざ」も「含ま・れて」

「い る」そうです。

 

「ホタル」と「セミ」は

「成・虫」に、なり

「姿を・見せる」と

 

「それぞれ」が

「2 0・日」「3・日」で

「死・ぬ」事 より

 

「命」の「はかなさ」を

「象・徴」する

(「しょう・ちょう」) 

 

「夏」の「昆・虫」

    と、して

「並べ立て・られる」事 が

「多・く」

 

「盛りの・時期」は

「短・い」と、いう

「意・味」の
「ことわざ」だ、そうです。

 

「鳴かぬ蛍が・身を焦す」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

平安時代・後期」の
「和歌・集」

「後拾遺・和歌集」の

 

「下記・一節」が

「由・来」だ、そうです。

 

「現代語・訳」に、する と

「声にも・出 さず」
「内なる・思い」に

「燃えて・飛ぶ」

 

「ホタル」こそ

「鳴・く」セミ

    よりも

 

「感慨・深い」「もの」が

(「かんがい・ぶかい」) 

「有・る」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「ま た」

「恋に焦がれて 鳴く蝉よりも

   鳴かぬ蛍が 身を焦がす」

  と、いう

 

「都々逸・調」に

(「どどいつ・ちょう」) 
「成っ・て」おり

 

「ままならぬ」

「恋愛の・心情」が

「謡われて・いる」そうです。

(「うたわれて」) 

 

「都々逸」(「ドドイツ」) は
「江戸時代・末期」に

「大・成」され

 

「恋・愛」を「テーマ」に

「寄・席」(「よ・せ」) 等 の

「舞台の・上」で

 

「三味線」等に

(「しゃみせん」) 

「合わ・せて」
「唄わ・れた」

 

「七・七・七・五」の

「並・び」で

「綴・る」(「つず・る」)

「唄」だ、そうです。

 

「因・み」(「ちな・み」) に

「俳・句」(「はい・く」) は

「季語 (「きご」) の・入った」

「五・七・五」

 

「川・柳」は
(「せん・りゅう」) 

「季語の・入っ て いない」

「五・七・五」

 

「短・歌」は

(「たん・か」) 

「五・七・五・七・七」

 

「都々・逸」は

(「どど・いつ」) 

「七・七・七・五」で

「構成されて・いる」そうです。

 

「鳴かぬ蛍が・身を焦す」の

「代表・的」な「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「会・社」で は

 「家族の・話」は

 「一切・しない」

 「上・司」だ が

 

 「鳴かぬ蛍が・身を焦す」で

 「家・では」

   「すごい・愛妻家」で
             (「あいさいか」) 

 「家族・思い」らしい。

 

・「軽・薄」(「けい・はく」) で 

 「口先だけの・男」には

 「も う」「うんざり」だから

 「次」の「彼・氏」は

 

 「鳴かぬ蛍が・身を焦す」様 な

 「寡・黙」(「か・もく」) で

 「内」に「強い・思い」を

 「秘 め・た」

 

 「男・性」を

 「見つ け・たい」と

 「思っ・て」います。

 

「鳴かぬ蛍が・身を焦す」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「目は口ほどに・物を言う」

 (「めはくちほどに・ものをいう」)

 

 「気持の・込もった」

 「眼・指し」は
 (「まな・ざし」) 

 「口で・言う」のと
 「同じ・位」

 

 「相手・に」

 「気持を・伝える」

 「事」や

 

 「たとえ」

 「嘘を・ついて」も

 「目を・見れ」ば

 「言っている・事」が

 

 「本・当」か「嘘」か

 「分 か・る」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「鳴かぬ蛍が・身を焦す」の

「対義・語」を「検策・して」も

「出て・来」ません。

 

・「舌先・三寸」

  (「したさき・さんずん」)

 

 「口先・だけ」で

 「上手い・事」を

  (「うまい・こと」)

 「言っ・たり」

 

 「上返・だけ
 (「うわべ」) 

 「愛想・良く」

 (「あいそう・よく」)

 

 「取り・繕う」と
 (「とり・つくろう」)

 「する・事」で

 

 「立・派」で

 「難し・そうな」事を

 「言って・いる」けれど


 「話の・内容」に

 「真実・味」が
 「無・い」と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が「妥・当」な

 「気」が、します。

            

 

「松原 のぶえ」は

「蛍」 (「ホタル」)
 と、いう

「歌を・歌い」ました。

 

「1,990・年」に

「リリース」した

「24 th ・シングル」で

 

「同・曲」で

「紅白・歌合戦」に

「5 回・目」の

「出・場」を、しました。

 

「松原 のぶえ」は

「1,961 年・生まれ」で

 

大分県・中津 市」
「出・身」の

「演歌・歌手」です。

 

「代表・曲」に

 

「おんなの 出船」「演歌 みち」

「あなたの 水中化」「赤提灯の 女」

「夕霧 岬」「雪割 草」「蛍」等が

「有・リ」ます。

 

「幼 少・期」よ り

「川の 岩場に・立って」

「歌っ・て」いました。

 

「中学生の・時」

「タレント」を

「志・し」
(「こころざ・し」) 

 

「片・道」
「4 時間を・かけて」

 

「福岡・市内」の

「タレント・養成 所」に「通・い」

「歌手と・して」の「才・能」を

「見出・され」ました。

 

「中学・3 年生」の

「時」に

「オーディション」を

「受・け」

 

「北島 三郎」が

「主・宰」する

(「しゅ・さい」) 

「音楽・事務 所」に

「スカウト」され ました。

 

「1,979 ・年」に

「歌手を・目指し」
「高校を・中退」し

「単身にて・上京」しました。

 

「1,979・年」に
「ファースト・シングル」

「おんなの 出船」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は「大・ヒット」し

「日本・レコード 大賞・新人賞」他

「各種 新 人賞・レース」を

「総・ナメ」に、しました。

 

「クセの・無い」
「素直な・発声」に、よる

「安定した・歌唱力」を

「武・器」に

 

「女性 演歌・歌手」を

「代・表」す る

「実力派・歌手」の

「一・人」に、なりました。

「1,989・年」に

「優れ・た」
「女性・演歌 歌手」に

「贈ら・れる」

 

「日本・レコード大賞
    美空 ひばり 賞」を

「受・賞」しました。

 

「2,000・年」に

「日本・文化振興会・
   国際芸術 文化賞」を

「受・賞」しました。

 

「私・生活」と、して は

 

「幼少・期」か ら
「腎臓・障害」が

「有・り」

 

「デビュー・当時」か ら

「利尿・剤」を

「服・用」し ながら

 

「闘病・生活」を

「送っ・て」いました。

 

「2,008 年・時点」で は

「既・に」

「1・回」に「4 時間を・かけて」
「週・3 回」の「人工・透析」が

              (「じんこう・とうせき」) 

 

「必要な・程まで」に

「腎・機能」は

「低下・して 」いました。

 

「2,009・年」に

「実・弟」か ら

「腎提の・提供を 受け」

「8 時間に・及ぶ」

 

「生体 ・腎臓 移植」の

「大手術を・受け」
「無・事」に

「成・功」しました。

 

「1,992・年」

「31 歳の・時」に

 

「自・身」の

「マネージャー」と

「結・婚」しました。

 

「夫」は「のぶえ」の

「事務・所」の

「社長・でした」が

 

「無断・勝手」に

「多額の・借金」を

「作っ・たり」

 

「のぶえ」を

「妻と・して」で
「無・く」

 

「タレント」

   と、しか
「見てくれ・ない」

 等で

 

「夫」への
「不信感が・つのり」

「夫婦・関係」に

「亀裂が・入り」

 

「2,003・年」に

「離・婚」しました。

 

「二人の・間」に

「子・供」は
「いない」そうです。

 

「以後は・独身」を

「貫い・て」います。

 

 

「紅白・歌合戦」に は


「1,985・年」の
「おんなの 出船」〜

「1,992・年」の

「愛冠 岬」ま で


「通算・7 回」

「出・場」しました。

 

 

「松原 のぶえ」

「蛍」(「ほたる」)

「作・詞」:「たか たかし」
「作・曲」:「玄 哲也」

 

はぐれ 蛍が よりそっ て

しあわせ 手さぐり 夢 さぐり

きれいごと では 愛しきれ ない

この人 と この人 と

命 かさね て

生きる ふたり の 
濁り (「にごり」) 

 

抱いて ください おもいっ きり

明日 (「あした」) の ゆくえ も 
わからない

夜の すき間を こぼれ 落ちて

この人 と この人 と

躰 (「からだ」) こがし て

生きる ふたりの 螢 川 (「ほたる がわ」)

 

水が 濁っ た (「にごっ た」) この 街に

蛍は 住めぬと 人は いう

いいの 一緒に 飛べたら いい の

この 人 と この 人 と

おなじ 運命 (「さだめ」) を

生きる ふたりの 情け 川(「なさけ がわ」)

 

 

「雉も鳴かずば・撃たれまい」を

「英・語」で

 

 「Avoiding unnecessary

      tslk can prevent disater tslling on one」

 

 (「不必要なおしゃべりを・控える事」は

 「災難が降ってくる事を・防ぐ」) と

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「戸惑いを・覚える」

(「とまどいを・おぼえる」)

 

「皆さん」は

「戸惑いを・覚える」と、いう

「慣用・句」を

 

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「戸惑いを・覚える」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「戸・惑い」とは

「予想外の・出来事」や

「初めて・経験る事」に

「対応・する」


「手段や・方法」が

「分か・らず」に

「迷・う」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「覚・える」とは

「心に・留める」

「記憶・する」 と、いう

「意味の・他」に

 

「体や・心」に

「感じ・る」  と、いう

「意・味」でも

「使わ・れる」そうです。

 

「戸惑いを、覚える」とは

「とるべき・行為」が

「分か・らず」に

「心理・的」に「迷・う」

 

「何をしたら・良い」のか

「分か・らず」

「困惑・する」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「戸・惑い」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「昔・ながら」の

「大きな・日本家屋」には

「いくつもの・部屋」が

「有・り」ました。

 

「その・為」「夜・中」に

「目が・覚め」(「さめ」)

「部屋を・出る」と

「寝ぼけ・て」

 

「入るべき・部屋」が
「分からなく・なった」事が

「由・来」だ、そうです。

 

「戸惑いを・覚える」の
「代表・的」な「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「課長への・昇格」と「共・に

 「自・宅」から「通勤・不能」な

 「支・店」へ の「異動・通知」が

 「回・覧」された。

 

 「これから」の「単身・生活」や

 「家族の事を・考える」と

 「昇格を・素直」に

 「喜ぶ事は・出来」ず

 「家族・へ」の

 「報告・方法」も

 「分か・らず」に

 「戸惑っ・て」いる。

 

・「君子は・豹変す」と、いう

  (「くんしは・ひょうへんす」)

 「ことわざ」が「有・る」が

 

 「他」の「誰にも・まして」

 「可愛がって・くれて」いた

 「担当・役員」に

 

 「ある日・突然」に

 「鬼の・形相」で

 (「おにの・ぎょうそう」)

 「睨」(「にら」) まれた。

 「完全な・濡れ衣」だが

    (「ぬれぎぬ」)

 「取り付く・島」が

 「無・く」

 

 「今後の・接し方」も

 「分か・らず」

 「ただただ」「戸惑・う」しか
    「無」かった。

 

「戸惑いを・覚える」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「二の足を・踏む」

  (「にのあしを・ふむ」)

 

 「一 歩・目」は「順・調」に
 「踏み出し・ながら」も

 「二 歩・目」は「ためらい」で

 「足が・出ず」

 

 「その・場」で

 「足踏み・するだけ」で

 「前進・出来ない」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「戸惑いを・覚える」の

「対義・語」を「検策・して」も

「出て・来」ません。

 

・「死に物・狂い」

 (「しにもの・ぐるい」)

 

 「死ぬ事も・恐れず」に

 「必死に・頑張り」

 「物事に・取り組む」

 「事」で

 

 「迷・い」や「困・惑」で
 「戸惑って・いる」
 「時間も・余裕も「無・い」

       と、いう「意・味」です。

 

 「辺・り」が「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

SHAZNA」(「シャズナ」) は

「戸惑い 隠せず 君は微笑む」の

「歌詞が・有る」

 

Melty Love」と、いう

(「メルティ・ラブ」)

「歌を・歌い」ました。

 

「1,994・年」に

「リリース」した

「ファースト・シングル」で

 

オリコン・2 位」に

「成・り」ました。

 

「シャズナ」は

「1,993・年」に

「結成・した」

「男女・6 人組」の

「ヴィジュアル・系」

「ロック・バンド」です。

 

「シャズナ」と、いう

「バンド・名」には

「得に・意味」は

「無・い」そうです。

 

「ほ ぼ」「同時・期」に

「メジャー・デビュー」した

 

MALICE MIZER

「FANATIC ◇ CRISIS」

「La‘ cryma Christi」と

「共・に」

 

「ヴィジュアル・系」

「ロック・バンド」の

「四天王」(「してんのう」) と

「呼ば・れて」いました。

 

「代表・曲」に

 

Melty Love」「White Silent Night」

「すみれ Septenber Love」

SWEET HEART MEMORY」等が

「有・り」ます。

 

「1,997・年」に

「ファースト・シングル」

Melty Love」で

「メジャー・デビュー」しました。

 

「同・曲」は

「88・万枚」を「売り・上げ」

オリコン・2 位」と、なり

 

「自・身」の

「代表・曲」の「一・つ」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「リリース」した

「サード・シングル」

「White Silent Night」が

 

「初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「1,998・年」に

「リリース」した

「ファースト・アルバム」

「GOLD SUN AND SILVER MOON」が

 

オリコン・1 位」で

「ミリオン・セラー」を

「記・録」しました。

 

「シャズナ・現象」と

「呼ば・れた」

「空前・絶後」の

「人・気」を「得」ました

 

「しかし」「彼・ら」に

「待ち受けて・いた」のは

 

「1日の・睡眠時間」が

「1〜2・時間」しか

「無・い」と、いう

 

「常軌を・逸した」

(「じょうきを・いっした」)

「多・忙」な

「スケジュール」でした。

 

「2,010・年」に

「デビュー」から

「わずか」「3 ・年」

   に、して


「活動・休止」を

「発・表」しました。

 

「活動休止・後」

「メンバー・各人」は

 

「ソロ・アーティスト」や

「俳・優」と、して

「活・躍」しました。

 

「2,006・年」

「6 年・振り」に

「グループ」を

「再・結成」しました。

 

「2,008・年」に

「再・結成」から

「わずか」「2・年」

   に、して 

 

「2,009 年・末」を

「以っ・て」
「解散・する」事 を
「発・表」しました。

 

「2,017・年」に
「メジャー・デビュー」

「20・周年」を

「記・念」して

 

「メンバー」を

「入れ・替え」て

「グループ」を

「再々・結成」しました。

 

 

SHAZNA」「Melty Love

「作・詞」:「IZAM」

「作・曲」:「A・O・I

 

Melty Love ・・・Melty Love ・・・

Melty Love ・・・Melty Love ・・・

 

君が あこがれた 恋を 

今 追いかけて ゆこうか

たとえ 僕と 2 人 で

変わらない景色  肌を くすぐる

春風の中で 君を つかまえた

 

ひと目で おちた 

君の 大きな瞳に 恋した

午後の 胸さわぎ

戸惑い 隠せず

君は 気づいて

髪を かき上げ 微笑む

 

2 人 が 夢見てる 恋は 

淡く 優しい 春色

変わることなく いたいね

僕は 君のこと 

大切に思う 今なら

何を失くしても いい

 

ひと目で おちた 

君の 大きな 瞳に 恋した

午後の 胸さわぎ

戸惑いを 隠せず

君の 微かな (「かすかな」)

鼓動 (「こどう」) が

きこえた夜を 止めて

ずっと 夢の中へ

 

Melty Love 

離さない 離さない

愛らしい 君の笑顔

少しだけ 想い出す

ピュアな あの気持ち

Melty Love 

恋焦がれ (「こがれ」) 焦がれ

退屈な 恋じゃ なくて

愛し (「いとし」) くて 愛しくて

夜も 眠れない

 

Melty Love 

Melty Love ・・・Melty Love 

Melty Love ・・・Melty Love 

 

空が 黒く 染まり (「そまり」)

碧い (「あおい」) 月に

向かう 所

白い星が 降りそそぐ中

冷めた (「さめた」) 風が

2 人 溶か (「とか」) して

 

Melty Love 

離さない 離さない

愛らしい 君の笑顔

少しだけ 想い出す

ピュアな あの気持ち

Melty Love 

恋焦がれ  焦がれ

退屈な 恋じゃ なくて

愛しくて 愛しくて

夜も 眠れない

Melty Love ・・・

 

Uh ・・・Melty Love 

Melty Love ・・・

 

Melty Love ・・・Melty Love ・・・

Melty Love ・・・Melty Love ・・・

Melty Love ・・・Melty Love ・・・

Melty Love ・・・Melty Love ・・・

Melty Love ・・・Melty Love ・・・

Melty Love ・・・Melty Love ・・・

Melty Love ・・・Melty Love ・・・

Melty Love ・・・Melty Love ・・・

 

 

※「全力・投球」

 (「ぜんりょく・とうきゅう」)

 

「全力・投球」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「戸・惑う」事「無・く」

「力・一杯」「全・力」で

「物事に・取り組む」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「全力・投球」の
「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「野球の・ピッチャー」が

「変化・球」で
「打者を・討ち取ろう」と

 「せず・に」

 

「ありったけの・力」を
「振り・絞って」

 (「ふり・しぼって」)

「直・球」(「ストレート」) で

 

「勝負する・戦法」を

「選択・した」事 が

「由・来」だ、そうです。

 

「全力・投球」の

「代表・的」な「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「器用では・無い」が

 「何・事」にも

 「全力投球・する」事を

 「ポリシー」と、し

 

 「愚・直」を

  (「ぐ・ちょく」) 

 「モットー」と、して

 「実・践」している。

   

・「全力投球・した」

 「か ら」と、いって

 「必ず・しも」

 

 「望む・結果」が

 「手に・入る」とは

 「限・ら」ない。

 

 「しかし」

 「全良・投球」で

 「挑まな・ければ」

 

 「良い・結果」が

 「手に・入る」

 「可能性・すら」

 

 「生ま・れる」事は

 「無い・はず」だ。

 

「全力・投球」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「一所・懸命」

 (「いっしょ・けんめい」)

 

 「一生・懸命」と

  (「いっしょう・けんめい」) 

 「同じ・意味」で

 

 「テレビを・始め」

 「メディア」では

 「一生・懸命」を

 「使って・いる」様 です。

 

 「力の・限り」「頑・張る」
                          (「がん・ばる」)

 「命・がけ」で「物・事」に
 「取り・組む」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「全力・投球」の
「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「手抜・き」

 (「てぬ・き」)

 

「本・来」は

「やらな・けれ」 ば

「いけ・ない」「手 続・き」や

「手・間」(「て・ま」) を

 

「故・意」に「省・く」と、いう

                    (「はぶ・く」) 

「意・味」だ、そうです。

 

 

「スキマ・スイッチ」は

「全力 少年」と、いう

「歌を・歌い」ました。

 

「2,005・年」に

「リリース」した

「5 th・シングル」で

 

オリコン・3 位」に

「成・り」

 

「同・年」「同・曲」で
「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「歌・ネット」の

「表示・回数」は

「173・万回」を

「超・え」

 

「異例な・数値」を

「示・し」て、います。

 

「スキマ・スイッチ」は

「1,999・年」に

「結成・した」


「男性・2 人組」の

            (「ヂュオ」)

「音楽・ユニット」で

 

「略・称」は
(「りゃく・しょう」) 

「スキマ」です。

 

「芸名の・由来」は

「まだ」「売れ・ない」

「当・時」に

「住ん・で」いた

 

「古・い」

「木造の・アパート」は

「すきま・風」が

「入・り」

 

「天井の・照明」は

「スイッチの・ヒモ」を

「引っ張る・古いタイプ」

   だった 事 より

 

「グループ・名」を

「スキマ・スイッチ」と

「名・付け」ました。

 

「代表・曲」に

 

「奏」(「かなで」) 「全力 少年」

「ゴールデン・タイム・ラバー」

「ボク・ノート」等が

「有・り」ます。

 

「2,003・年」に
「ファースト・シングル」

「view」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は 

オリコン・68 位」でした。

 

「2,004・年」に

「ファースト・アルバム」

「夏雲 ノイズ」を

「リリース」しました。

 

「同・アルバム」は

オリコン・2 位」に

「成・り」ました。

 

「2,005・年」に

「セカンド・アルバム」

「空創 クリップ」を

「リリース」し

 

「初」の

オリコン・1位」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「リリース」した

「5 th・シングル」

「全力 少年」が

 

オリコン・3 位」

   と、なり

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「2,006・年」に

「リリース」し た

「8 th・シングル」

「カラナ」が

 

「シングル」で

「初・の」

オリコン・1位」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「リリース」し た

「7 th ・シングル」

「ボク ノート」が

 

オリコン・3 位」

    と、なり

「日本・レコード大賞・金賞」を

「受・賞」しました。

 

「2,007・年」に

「ファースト」
ベスト・アルバム

 

「グレイテスト・ヒッツ」が

オリコン・1位」に

「成・り」ました。

 

「2,018・年」に

「初」の

「横浜・アリーナ」での

 

「単独・ライブ」を

「開・催」しました。

 

「同・年」に

「セカンド」

「コンセプト・アルバム」

 

「スキマノ・ハナタバ〜

    Love Song Selection」で

「日本・レコード大賞・企画賞」を

「受・賞」しました。

 

「2,019・年」に

「11年・前」の

「2,008・年」に

 

You Tube 」で

「公・開」し た

「ミュージック・ビデオ」


「奏」(「かなで」) の

「再生・回数」が

「1 億・回」を

「突・破」しました。

 

「紅白・歌合戦」には

 

「2,005・年」の

「全力 少年」〜

「2,007・年」の

「奏」まで

 

「3 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「スキマ・スイッチ」

「全力 少年」

「作・詞」「作・曲」
:「スキマ・スイッチ」

 

躓い (「つまずい」) て 

転ん (「ころん」) で  いた ら

置いて(「おいて」)  かれん だ

泥水 (「どろみず」) の

中を 今日も

よろめき ながら 進む

 

汚れ (「よごれ」) っち まった
僕の セカイ 

浮いた話など 無い

染み 付いた (「しみ ついた」)

孤独 論理、(「こどく ろんり」)

拭え (「ぬぐえ」) なく

なっている

 

試 (「ため」) されて までも

ここに いることを 決めたのに

呪文 (「じゅもん」) の ように

「仕方ない」と

つぶやいていた

 

積み上げたもの

壊 (「こわ」) して 

身に着け (「つけ」) た もの

取っ払 (「とっぱら」)  って

止め処 (「とめど」) ない

血と汗で

乾 いた (「かわいた」)

脳を 潤せ(「うるおせ」)

あの頃の 僕らは きっと

全力で 少年だった

 

セカイを 開くのは 誰 だ ?

 

遊ぶこと 忘れていたら

老いて (「おいて」)

枯れ (「かれ」) んだ

ここんとこは 仕事オンリー 

笑え なくなっている

 

ラクタ の中に

輝いてた物が

いっぱい あったろう ?

“大切 なもの 全て

埋 もれてしまう前に

(「うもれて」)  

 

さえぎるものは ぶっ 飛ばして 

まとわりつくもの かわして

止め処ない 血と汗で

渇いた (「かわいた」) 心臓 潤せ

あの 頃の僕らは きっと

全力で 少年だった

 

怯えて (「おびえて」) たら

何も 生まれない

 

澱んだ 景色に 答えを

(「よどんだ」) 

見つけ出すのは

もう止め  (「やめ」) だ !

濁 った 水も

(「 にごっ た」) 

新しい 希望 (「ひかり」) で

すぐに 透み渡っていく

    (「すみわたって」)  

 

積み上げた もの ぶっ壊し て 

身に 着けたもの

取っ払 (「とっぱら」) って

幾重 (「いくえ」) に 重なり合う

描 (「えが」) いた 夢への

放物線 (「ほうぶつせん」)

紛れ (「まぎれ」) もなく 僕ら 

ずっと 全力で 少年なんだ

 

セカイを 開くのは僕だ

 

視界は もう

澄み (「すみ」) 切ってる

 

 

 

「戸惑いを・覚える」を

「英・語」で

 

 「At a loss」

 

 (「どう したら・よい」か

 「分か ら・ない」) と

 

 「言・う」そうです。