何気なく使っている言葉の意味

「雨 が 降ろう が・槍 が 降ろう が」

(「あめ が ふろう が・やり が ふろう  が」)

 

「皆さん」は「雨 が 降ろう が・槍 が 降ろう が」と、いう

「ことわざ」を「使った・事」は「有り」ませんか?。

 

「雨 が 降ろう が・槍 が 降ろう が」の「意味」は

「下記」だ、そうです。

 

「どんな」「障害 や 困難 が・あろう と」
「必・ず」「やり・遂げ る」「固  い・決意」を

「表 す・言葉」だ、そうです。

 

「雨 が 降ろう が・槍 が 降ろう が」

「一旦 決め た・以上」「出発・します」
「止めて も・無駄 です よ」が

「代表的 な」言い・回し」です。

 

 

「雨 が 降ろう が・槍 が 降ろう が」の「類義語」は

「下記」だ、そうです。

 

・「是非・是非」(「ぜひ・ぜひ」)

 

 「是非」(「ぜひ」) を「重ねて 強調 した・表現」で

 「必・ず」「どうして・も」「ぜひ・とも」と、いう

 「意味」だ、そうです。

 

・「何 が・何で  も」(「なに が・なんで も」)

 

 「あらゆ る・手段」を「尽くし て・でも」

 「どんな 事 を して・でも」「何んと して・でも」

 「やり 遂 げ・たい」と、いう

 「意味」だ、そうです。

 

・「石 に 齧り つい て・ても」

  (「いし に かじり つい て・ても」)

 

 「石 に しがみつい て・ても」と「表現 する・人」が

 「非常 に・多い そう です」が「誤・表現」です。

 

 「どん な 苦労 を して・ても」「我慢・して」

  (「がまん・して」)

 「石 に かじり つい て・でも」

 「やり 遂げ・たい」と、いう

 「意味」だ、そうです。

 

 

「雨 が 降ろう が・槍 が 降ろう が」の「対義語」を

「検索・して」も「出 て・来」ません。

 

・「高み の・見物」(「たかみ の・けんぶつ」)

 

 「高い・場所」から「大騒ぎ して・いる」

 「苦しん で いる・人々」を「楽し む・様 に」
 「第三者 の・立場 から」「見る」と、いう

 「意味」です。

 

 

「ヨルシカ」は「雨 の 匂い に 懐かしく なる」の

「歌詞」で「始 ま・る」「ヒッチコック」と、いう

「歌」を、歌いました。

 

オリコン・順位」は「不明・です」が

「歌・ネット」への「アクセス・件数」が

「非常 に・多く」「人気・曲」の、様です。

 

「アクセス」や「ダウン・ロード」「して・いる」のは

「若い・世代 」の「人達・だと」「思い」ます。

「私」は「ダウン・ロード」」の「仕方・すら」

「知り」ません。

 

「ヨルシカ」は「2,017 年」に「結成・され た」
「男 女・2人 組」の「ロック・バンド」です。

 

「先入観・で」「歌を 聴い て・欲しく ない」との

「コンセプト」から

「顔」「姿」「生 年・月 日」「出身・地」等

「全・て」「非・公開」です。

 

「バンド・名」は「2,017 年」に「リリース」された

「ファースト・ミニ アルバム」「夏草 が 邪魔 をする」に
「収録・され た」「雲と 亡霊」の「歌詞 の・一節」

「夜しか もう 眠れず に」から「引用・した」そうです。

 

「2,017 年」「ファースト・ミニ アルバム」

「夏草 が 邪魔 を する」で

「メジャー・デビュー」しました。

 

「同・曲」は「オリコン・32位」と、

「まずまず の・成績」でした。

 

「2,018 年」に「リリース」した

「セカンド・ミニ アルバム」

「負け犬 に アンコール は いらない」が

オリコン・5位」に、なりました。

 

「2,019 年」「セカンド・アルバム」

「エルマ」を「リリース」しました。

 

「同・アルバム」は「オリコン・1位」と

「LINE MUSIC  チャート・1位」を

「獲得」しました。

 

「2,020 年・2 月」「日本・ゴールド・ディスク 大賞」

「ベスト・5」「ニュー・アーティスト 邦楽」を

「受賞」しました。

 

「2,020 年・6 月」「6 月・公開 予定」の

「長編」「アニメ・映画」「泣きたい 私 は 猫 をかぶる」の

「主題・歌」に「花 と・亡霊」「挿入・歌」に「夜行」が

「採用・される」事が「決定・して」います。

 

 

「ヨルシカ」「ヒッチコック

「作詞」「作曲」:「n-buna」

 

雨 の 匂い が 懐かしく なる のは

(「あめ の におい  が なつかしく なる」)

何で なんで しょう か

夏 が 近づく と 胸 が 騒めく のは

(「むね が ざわめく」)

何で なんで しょう か

人 に 笑われ たら 涙 が  出る の は

何で なんで しょう か

それでも いつか 報わ れる(「むくわ れる」) から と

思えば いいんで しょう か

 

さよなら って 言葉 で こんな に 胸 を 裂い て

(「むね をさい て」)

今 も たった 数瞬 の 夕焼け に 足 が 止まって いた

(「すうしゅん の ゆうやけ に」)

 

先生、人生相談 です

この 先 どうなら 楽 です か

そんな の 誰も わかり は しないよ なん て

言われ ます か

ほら、苦しさ なんて 欲しい  わけ ない

何も しない で 生き て いたい

青空 だけ が 見たい の は 我儘 (「わがまま」) です か

 

胸 が 痛んで も 嘘 が つける し

(「むね  が いたんで も うそ が つける し

何で なんで しょう か

悪 い 人 ばかり が 得 を している のは

何で なんで しょう か

幸せ の 文字 が 「 ¥  」を 含む の は

(「しあわせ の もじ が おかね をふく む」)

何で なんで しょう か

一つ 線 を 抜けば 辛さ に なる のは

(「ひとつ せん を ぬけば つらさ に なる」)

わざ と なんで しょう か

 

青春 って 値札 が 背中 に 貼られ て いて

(「せいしゅんって ねふだ が せなか に はられ て」)

ヒッチコック みたい な サスペンス を

どこ か 期待 して いた

 

先生、どうで も いいん です よ

生きて いる だけ で 痛いん です よ

ニーチェフロイト も この 穴 の 埋め方 は

(「この あな の うめかた は」)

書か ない ん だ

 

ただ 夏 の 匂い に 目 を 瞑っ て

(「なつ の におい に め を つぶっ て」)

雲 の 高さ を 指 で 描こ う

(「くも の たかさ を ゆび で かこ う」)

想い出 だけ が 見たい の は

我儘 (「わがまま」) です か

 

ドラマチック に 人 が  死ぬ ストーリー っ て

売れる じゃ ないです か

花 の 散り際 に すら 値 が 付く の も

(「はな の ちりぎわ に すら ね が つく の も」)

嫌 に (「いや に」)  なりまし  た

 

先生 の 夢 は 何だっ たん です か

大人 に なる と 忘れ ちゃう もの

なんです か

 

先生、人生相談 です

この 先 どうなら 楽 です か

涙 が 人 を 強く する なん て

全部 詭弁 でし た

(「ぜんぶ きべん でし た」)

 

あゝ この 先 どうでも いいわけ なく て

現実 だけ が ちらつい て

夏 が 遠くて

 

これで も 本当 に いいん です が

この まま 生き て も いいん です か

そんな の 君 に しか わから ない よ なん で

言われますか。

 

ただ 夏 の 匂い に 目 を 瞑り たい

いつまで も 風 に 吹かれ たい

青空 だけ が 見たい の は

我儘 です か

 

あなた だけ を 知りたい のbは

我儘 です か

 

人 の 不幸 は 蜜 の 味」(「みつ の あじ」) と

他人が 不幸 に なる事 を

願って いる 人 が

 

 

※「晴耕・雨読」(「せいこう・うどく」)

 

「晴耕・雨読」の「意味」は

「下記」だ、そうです。

 

「四字・熟語」は「漢字」が「連なっ て・いる」為

「中国」で「生まれ た・言葉」が「殆 ど・です」が

「晴耕・雨読」は「日本で・生まれ た」

「四字・熟語」だ、そうです。

 

「自分 の したい が まま の 生活 ぶり」で

「堕落 した・生活」と「解釈 して・いる」

 (「だらく した・せいかつ」と「かいしゃく して・いる」)

「人 が いる・そう です」が

「間違・い」です。

 

「晴れ て いる・時」は「外 に・出て」

「田畑 を・耕 し」

 (「でんぱた・たはた」) を・たがや し」)

「雨 が 降って いる・時」は「家 の 中・で」

「読書 を・する」「意味」で

 

「自分」の「思い の・まま」に

「のんびり・暮ら す」と、いう

「意味」だ、そうです。

 

「晴れ の 日・には」「体 を・使っ て」「汗 を・流 し」

「雨 の 日・には」「読書 に・よって」「頭 を・使え る」

「喜び・を」「味わう・生活」が「人 に・とっ て」

「理想 的 な・生活 だ」と、いう「意味」だ、そうです。

 

「ずっと」「世間 の・荒波」に「もま・れ」

「忙しい・生活」を「送って・きた ので」

「定年・後」は「のんびり・したい」と、いう

「使い方 を・する」のが「一般・的」だ、そうです。



「晴耕・雨読」の「類義語」は

「下記」だ、そうです。

 

・「悠々・自適」(「ゆうゆう・じてき」)

 

 「俗世 を・離れ て」「心・静か に」

  (ぞくせ を・はなれ て」)

 「日々 を・送る」と、いう

 「意味」だ、そうです。

 

 

「朝丘 雪路」(「あさおか ゆきじ」) は

「雨が やんだら」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「1,971 年」に「発売」された

「大・ヒット 曲」です。

「同年」「同曲」で「10 回 ・目」の

「紅白・歌合戦」に「出場」しました。

 

「古い・歌 なの」で「細か な・情報」が

「集・まり」ません。

 

 

「朝丘 雪路」は「1,935 年・生まれ」で

「東京 都・中央 区 築地」「出身」の「女優」

「歌手」「タレント」「舞踊・家」(「ぶよう・か」)

「司会・者」です。

 

「父親」は「日本・画家」で「美人画」を
「描か せ・たら」「右 に 出る・者」は
「いな・い」と「言わ・れた」「伊東 深水」です。

 (「いとう しんすい」)

 

「伊東 深水」の「美人・画」は「お宝・鑑定 団」に

「頻繁 に・出品 されます 」が「殆ど・が」「偽・物」です。

「本物 で・あれ ば」「数百・万円」の

「値 が・付き」ます。

「雪路」の「母親」は「料亭 の・女将」で

 (「りょうてい の・おかみ」)

「深水」の「 お めかけ さん・でし た」が

「深水」は「雪路」を「溺愛」(「できあい」)し

 

「雪路」が「小学生の・時」

「当時 と・して」も「異・例」の

「人力・車」での「送迎 を・させ」ました。

 

「深水」の「過・保護」は

「雪路」が「思春 期 を・迎え て」も

「続き」ました。

 

「雪路」は「生涯 に・渡っ て」

 (「しょうがい に・わたっ て」) 

「公共 の・交通 機関」に「乗った 事  が・無い」

 

「結婚 する・まで」「家事」を「やった事 が・無い」

「自分」で「お金 を・払っ て」

「買物 を した 事 が・無い」と、いう

「話」は「伝説 に・なって」います。

 

「中学校・卒業 後」「宝塚 音楽・学校」に

「進学」しました。

「卒業・後」「宝塚・歌劇 団」に「入団」しました。

「1,955 年」に「退団」しました。

 

「その・後」は「女優」と、して「映画」や

「テレビ・ドラマ」に「多数・出演」しました。

 

「司会・者」や「バラエティ・番組」にも

「進出・し」「おっとり・した」

「憎め・ない」「キャラクター」で

 

「お嬢様・らし い」「天然・ボケ」と

「天真・爛漫」(「てんしん・らんまん」) な

「愛嬌」(「あいきょう」) で

「芸能界 を・筆頭」に「広く」「国民・に」

「愛・され」ました。

 

「バスト が・大き く」「元祖・ボイン」と

 (「がん そ・ぼいん」)

「呼ば・れ」ました。

 

「深水 流・舞踊 の 会」の「家・元」と、して

 (「ふかみず りゅう・ぶよう の かい」の「いえ・もと」)

「俳優・養成 所」「青二・塾」の

「講師 を・勤め」ました。

 

「朝丘 雪路」「ヒット 曲・メドレー」で

「検索・する」と「若い 頃 の・動画」で

「妖艶・な」(「ようえん・な」) 「芸者・姿」で

「雨が やんだら」を「歌う」「雪路」の「動画」を

「見る・事」が「出来」ます。

 

「1,981 年」に「文化 庁・芸術祭 賞・優秀 賞」を

「受賞」しました。

「2,003 年」に「芸術 選奨・文部科学 大臣 賞」を

「受賞」しました。

 

「2,011 年」に「旭日・小授 賞」を

「受賞」しました。

 

「歌手 と・して」も「数々 の・ヒット 曲」を

「残し」ました。

 

「1,957 年」に「発売・した」「初」の

「紅白・歌合戦」「出場・曲」「星は 流れる」

「1,965 年」に「発売・した」「振り向いて も くれない」

「1,971年」に「発売」した「雨が やんだら」が

「雪路」の「代表・曲」です。

 

「私・生活」と、しては

 

「1,967 年」に「見合・い」」で

「青森 県」の「内科・医」と

「結婚」し「男児 を・もうけ」ました。

 

「1,968 年」に「離婚」しました。

「雪路」の「家系 が・立派」で

    (「かけい が・りっぱ」)

 

「医者・でも」「家・柄」(「いえ・がら」) が

「不釣 り・合い」(「ふつ り・あい」) だった、と

「世間・では」「まこ と・しや か 」に

「ささ や・かれ」ました。

 

「1,973 年」に「俳優」「映画・監督」
「芸能・プロヂューサー」「評論・家」の

「津川 雅彦」(「つがわ まさひこ」)  と

「再婚」し「翌年」「長女 を・出産」しました。

 

「二・人」は「テレビ」でも「数多 く・共演」し

「芸能 界 を・代表 する」「おしどり・夫婦」でした。

 

 

「津川」は「大 俳優・でし た」が

「長谷川 一夫」等を「主演 に・起用」した

「映画・監督」と、しても

「有名」でした。

 

「津川」の「祖父」は「阪東 妻三郎」「片岡 千恵蔵」

「嵐 寛寿郎」「市川 右太衛門」等を「主演 に・起用」し

「日本 映画 の・父」と「呼ば・れた」「牧野 省三」です。

「兄」は「俳優」の「長門 裕之」です。

 

「津川 の・家系」も「雪路」の「家・系」に

「劣 り・ません」でした。

 

「最・晩年」(「さい・ばんねん」) には

アルツハイマー型・認知 症」を「患い」(「わずらい」)

「2,018 年・4 月」に「認知症 との・診断」にて

「82・年間」の「生涯 を・閉じ」ました。
 (「しょうがい を・とじ」) 

 

「2018 年・8 月」「おしどり・夫婦 らし く」

「津川」は「雪路」の「後 を・追う よう に」

「4 ヶ月・後」に「心・不全」にで

「7 8・歳」で「没・し」(「ぼっ・し」) ました。

 

「2,018 年・11 月」「夫 と・合同」の

「お別れ の・会」が「青山・葬儀 場」で

「しめやか」に「執 リ・行わ れ」ました。

 (「と り・おこなわ れ」)

 

「紅白・歌合戦」には

 

「1,957l 年」の「星は 流れる」〜

「1,971 年」の「雨が やんだら」まで

「通算・10 回」「出増」しました。

 

 

「朝丘 雪路」「雨が やんだら」

「作詞」:「なかにし 礼」「作曲」:「堤 京平」

 

雨 が やんだ ら お 別れ なの ね

二人 の・思い出 水 に 流し て

二度 と 開け ない 南 の 窓 に

ベルー の カーテン 引き ま しょ う

濡れ た コート で 濡れ た 体 で

あなた は あなた は

誰 に 誰 に 逢い に 行く の かし ら

雨 が やんだ ら 私 は ひと り

ドア に もたれ て 涙 に むせ ぶ

 

雨 が やんだ ら 出て 行く あな た

冷たい 靴音 耳 に 残し て

あなた が つくっ た インク の しみ を

花瓶 (「かびん」) を づらし て 隠 し ましょ う

濡れ た コート を 濡れ た 体 を

あなた は あなた は

誰 に 誰 に あたた めて もらう の

雨 が やんだ ら わたし は ひと り

あなた の ガウン を まとっ て ねむ る

 

 

「雨 が 降ろう が ・槍 が 降ろう が」を

「英語 で・言う」と

「下記」だ、そうです。

 

「I go if it rains or will not rail」

 

(「雨 が・降 ろう」が 「降 る・まい」が「私」は「行 き・ます」) と

「言う」そう です。

 

何気なく使っている言葉の意味

「女々・しい」

 

「皆さん」は「女々・しい」(「めめ・しい」」) と、いう

「慣用・句」を「使った・事」は「有り」ませんか?。

 

「女々・しい」の「意味」は

「下記」だ、そうです。

 

「考え・方」や「立ち・振る 舞い」(「たち・ふる まい」) が

「女性・らしい」と、いう

「意味」だ、そうです。

 

「基本・的」に「男性 に・対して」

「侮辱・的」な「思い を・込め」

 (「ぶじょく・てき」な 「おもい を・こめ」)

「使われ る・言葉」だ、そうです。

 

「男 の・くせ」に「仕・草」(「し・ぐさ」) や

「物・言い」(「もの・いい」) が「女 の・よう だ」


「意気地 」(「いくじ」) が・無く て」

「弱々し い・奴 だ」(「やつ だ」) と、いう事を

「表現する・時」に「適し た・言葉」だ、そうです。

 


「女々・しい」の「類義語」は

「下記」だ、そうです。

 

・「不甲斐・ない」(「ふがい・ない」)

 

 「情 け・なく」」「意気地 ガ・無い」「さま」等を

 「意味する・表現」の「言葉」だ、そうです。

 

・「意気地‘・なし」(「いくじ・なし」)

  「困難 に・挫けず」(「こんなん に・くじけず」)

 「立ち・向かう」「気力 が・無い 」と、いう

 「意味」だ、そうです。

 

・「根性・なし」(「こんじょう・なし」)

 「物事・を」「最後 まで・やり 通す」根気 が・ない」

 「怖がっ・て」(「こわがっ・て」) 「物事 を・始め る」

 「勇気 が・ない」と、いう「意味」だ、そうです。

 

 

「女々・しい」の「対義語」は

「下記」だ、そうです。

 

・「雄々・しい」(「おお・しい」)

 

 「力強 く・勇まし く」「困難 な 物事」に「対し・て」

 「果敢・に」(「かかんに に 」) 「立ち・向かう 姿」を

 「形容 する・時」に「使う・言葉」だ、そうです。

 

・「猛々・しい」(「たけだけ’・しい」)

 「凛々・しく」(「「りり・しく」) 「堂々 と・して いて」

 「勇し く・強 そう」(「いさましく・ つよそう」)で 

 「有る」と、いう「意味」で

 「使われ る・言葉」だ、そうです。

 

 

「ゴールデン・ボンバー」は「女々しくて」(「めめしく て」)

  と、いう「歌」を、歌いました。

 

「2,009 年」に「リリース」され、た「10 th ・シングル」で

オリコン・4位」に、なりました。

 

「ゴールデン・ボンバー」は「2,004 年」に

「結成・された」「4 人・組」の「ヴィジュアル・系」

「エアー・バンド」です。

 

「エアー・バンド」の、為「ボーカル・以外」の

「3 人 の・メンバー」は「楽曲 に・合わ せ」

「楽器 を・演奏 する」「フリ」を、しています。

 

「2,008 年」「ファースト・シングル」

「抱きしめ て ジュヴァルツ」で「デビュー」しました。

「同曲」は「オリコン・104 位」と

「振る い・ません」でした。

 

「2,009 年」「6 th・シングル」「女々しく て」を

「リリース」しました。

「同曲」は「売り・上げ」は「今  一つ・でした」が

オリコン・カラオケ」「ランキング」で

「49 週・連続 1位」を「獲得」し「新記録 を・樹立」し

「更 に・記録」を「51 週・迄」(「まで「) 

「伸ば・し」ました。

「女々しく て」は「自身 の・代表 曲」に、なりました。

 

「2,012 年」「女々しく て」で

「バンド」「結成 時・から」の「念願・だった」

「紅白・歌合戦」に「初・出場」しました。

 

「2,013 年」「女々しく て」で

「日本・レコード大賞・特別 賞」を

「受賞」しました。

 

「2,013 年」「13 th ・シングル」

Dance My Generation」が

「シングル と・して」「初」の

オリコン・1位」に、なりました。

 

「同年」「5 th ・ベスト・アルバム

ザ・バスト・マスターズ・Vol.1」が

「アルバム と・して」「初」の

オリコン・1位」に、なりました。

 

「2,014 年」「女々しく て」の「ボーカル」で

「作詞」「作曲」を「手掛 け・た」
「鬼龍院 翔」(「きりゅういん しょう」) が

「日本・レコード 大賞・作曲 賞」を

「受賞」しました。

 

「2,015 年」「各・メンバー」の「体臭・付き」

 (「たいしゅう・つき」)

「カード」に「CD を・セット に した」

 

「ボディー・スメル・フレグランス」で

「16 th・シングル」の「死んだ 妻 に 似て いる」を

「リリース」しました。

 

「同時・に」「セカンド・アルバム」

「ノー・ミュジック・ノー・ウェポン」を「発売」し

「シングル」「アルバム」「共・に」

オリコン・1位」を「獲得」しました。

 

「2,016 年」「17 th・シングル」

「水商売 を やめて くれない か」を「発売」し

「8作・連続」で「オリコン・トップ 「 5 」入り」を

「果た・し」ました。

 

「2,019 年」「22 th・シングル」「ガガガガガガガ」を

「リリース」しました。

「同曲」は「NHK」「テレビ・ドラマ」「トクサツ ガガガ」の

「主題・歌」に「採用・され」ました。

 

「2,020 年・4 月」「24 th・シングル」

「CD 買ったら(「送料」) 無料」を「リリース」し

「現在」「オリコン・2位」に、なっています。

 

「紅白・歌合戦」には

 

「2,012 年」〜「2,015 年」まで

「全て」「女々しく て」を「歌いl

「4 年・連続」で「出場」しました。

 

 

「ゴールデン・ボンバー」「女々しく て」

「作詞」「作曲」:「鬼龍院 翔」

 

女々しく て. 女々しく て

女々しく て 辛い よ (「つらい よ」)

 

僕 の 事 を からかっ た の?

あんな に 好き と言った の に

奴 (「やう」) の どこ を 気に 入った の?

僕 は もう 要ら ない?(「いら ない?」)

 

君 と 手 を 繋ぎ 踊り たい (「て を つなぎ おどり たい」)

沢山 の 人混み の 中 で (「たくさん の ひとごみ の なか で」)

君 の  笑顔 だけ が 輝い て

 

愛され たい ね きっと 見過ごし た (「みすごし た」)

君 の シグナル もう 一度

きまぐれ かな? でも 構わ ない (「かまわ ない」)

君 と 居たい から (「いたい から」)

 

女々しく て 女々しく て

光 を 浴び て

女々しく て 女々しく て

恋 の 歌 歌っ て

女々しく て 女々しく て

いざ 辿り着い た (「たどりつい た」)  この 世界 は もう

女々しく て

女々しく て

女々しく て 辛い よ

 

今日 は 踊ろう もう 忘れ よう

昨日 の 古い 悩み など

君 は 誰 を ? 次 は 誰 と ?

心 を 酌み 交わ す (「くみ かわ す」)

 

本当 は 抱き合っ て 踊りた い

カラカラ に 渇いた 心 を (「かわいた こころ を」)

君 の 美しさ で 潤し て (「うるおし て」)

 

恋 に 焦が れ (「こが れ」) いつ も ミス を した

女心 雲 の 様

惚れ た 腫れ た 狭い 心 が

(「ほれ た はれ た」) (「せまい  こころ が」)

また 妬んで いる (「ねたんで いる」)

 

女々しく て 女々しく て

二人 を 見つ め

女々しく て 女々しく て

君 が 笑顔 で

女々しく て 女々しく て

奴 の 手 に 触れ た

この 胸 は もう

女々しく て

女々しく て

女々しく て 辛い よ

 

愛情っ て ゆう か ただ 君 が 欲し い

僕 の 心 犬 の よう

騙さ れ たって どうぞ かまわ ない

(「だまさ れ たって」)

君 と 居られ る なら

愛され たい ね きっと 見過ごし た

君 の シグナル もう 一度

気まぐ れ かな ? でも 構わ ない

君 と 居たい から

 

女々しく て 女々しく て

光 を 浴び て

女々しく て 女々しく て

恋 の 歌 歌っ て

女々しくて 女々しく て

いざ 辿り着い た この 世界 は もう

女々しく て

女々しく て

女々しく て 辛い よ

 

 

※「男 は 度胸・女 は 愛嬌」

 (「おとこ は どきょう・おんな は あいきょう」)

 

「男 は 度胸・女 は 愛嬌」の「意味」は

「下記」だ、そうです。

 

「男・に」「求め られる・もの」は

「物怖 じ・せず」「強 い・姿勢」で

 (「ものお じ・せず」)

 

「女・に」「求め られる・もの」は

「好感 を・持たれ る」様な

「可愛 らし さ で・ある」と、いう
 (「かわい らし  さ で・ある」) 

「意味」だ、そうです。

 

「度胸」(「どきょう」) とは「物事・を」「恐れ ない・心」

「気おくれ・し ない」「精神力」「きもっ・たま」

「肝 が・据わっで いる」(「きも が・すわって いる」) と、いう

「意味」だ、そうです。

 

「愛嬌」(「あいきょう」) とは「にこや か・で」

「かわ い・らし く」「ひょうきん で・憎め なく」(「にくめ なく」)

「女性 らし い・仕草」(「しぐさ」) や「表情 を・する」と、いう

「意味」だ、そうです。

 

「愛嬌 と 似 た・言葉」に「愛想」(「あいそう」) が

「有り」ます。

「しかし」「愛想」は「他人 に・好感」を「与える・為」に

「故意 に・なさ れる」「振る・舞い」や「言動」です。

 (「こい に・なさ れる」「ふる・まい」や「げんどう」)

 

「愛嬌」は「その・人」が「生来 身に・付け」て、いる

「資・質」で

 (「せいらい みに・つけて」て、いる「し・しつ」)

「愛嬌」と「愛想」は「意味・合い」が「異な・り」ます。

 

 

「男 は 度胸・女 は 愛嬌」の「由来」は

「下記」だ、そうです。

 

「昭和・29 年」「発行・の」

「世界 格言・辞典」に

「男 は 度胸・女 は 愛嬌」が

「載って・いる」(「のって・いる」) そうです。

 

「江戸 時代・以降」「産業 の・発展 に つれ」

「男女・の「性別・分業」が

「次第・に」「強化・され」ました。

 

「二次 ・産業」「三次・産業」に

「従事・する」「人々・は」
「労働 の・対価」で、ある「給料」で「生計 を・立て」
「労働 の・担い 手」(「にない て」) は「男性」でした。

 

「私 の・実家」は「一次・産業」の「農家」でした。

「母」も「二人 の・兄弟」も

「貴重・な」「労働 の・担い 手」でした。

 

「二次・産業」「三次・産業」の「家庭・では」

「女性 の・仕事」は「炊事」「洗濯」「掃除」等の

「家事」や「子育・て」でした。

 

「女性・は」「家計」や「子供 の・教育 方針」に「
「関し・て」「決定権 を・持た ず」

「非常・に」「弱 い・立場」でした。

 

「こうした・背景」を「探 る・と」(「さぐ る・と」)

「男 は 読経・女 は 愛嬌」の「ことわざ」の「裏・に」

「男性・は」「働・き」「家族 を・養う」(「やしなう」)

「強さを・持ち」

 

「女性・は」「夫 に・対し」「素直 に・従う べき」と、いう

 (「すなお に・したがう べき」)

「当時・の」「日本 社会 の・考え 方」が

「浮かん・で」「来」ます。

 

 

「男 は 度胸・女 は 愛嬌」には

「続き が・有る」そうです。

「きょう」と、いう「言葉 の・語呂 合わ せ」です。

 (「ことば の・ごろ あわ せ」)

 

「男 は・度胸」「女 は・愛嬌」

「坊主 は・お経」(「ぼうず は・おきょう」「子供 は・勉強」

「世間 は・不況」(「せけん は・ふきょう」)

 

「男 は・度胸」「女 は・愛嬌」

「牧師 は・説教」(「ぼくしは・せっきょう」)
「おかずは・らっきょう」

 

「男 は・度胸」「女 は・愛嬌」「学生 は・勉強」

「庭 で・鶯 」(「うぐいす」) 「ホー・ホケキョウ」

 

「男 は・度胸」「女 は・愛嬌」

「カレー に・らっきょう」

「ここ は・東京」

「帰れ ぬ・故郷」(「かえれ ぬ・こきょう」)

 

「男 は・度胸」「女 は・愛嬌」

桃屋 は・(「ももや は」) らっきょう」

「私 は・発狂」(「わたし は・はっきょう」)

 

「調べ て・みま した」が

桃屋 の・花 らっきょう」は

「現在・でも」

「販売 され て・いる」様です。

 

 

「現在・では」「女性 の・社会 進出」が「進・み」

「昭和・40年」に「制定・された」

「男女 雇用 機会・均等法」の「施工 も・有り」
「女性 の・地位」は「向上・して」います。

 

「女子・マラソン」「女子・サッカー」

「女子・柔道」等が「オリンピック」の

「正式・種目」に「なった・のは」

「そんなな・に」「昔の・話」では「有り」ません。

 

「信じ て・もらえ ない」かも「知れ・ません」が

「私 が・若い 頃」には

「妊娠・する」と「退職・する」のが

「暗黙 の・了解」でした。

 (「あんもく の・りょうかい」)

 

「役職者 に・登用 される 事」も

「やくしょくしゃ に・とうよう される こと」

「稀・れ」(「ま・れ」) でした。

 

「男 は 度胸・女 は 愛嬌」と、いう「ことわざ」は

「既・に」(「すで・に」) 「死・語」(「し・ご」) に

「なって・いる」「気が」します。

 

 

「宮 史郎 と・ぴんから トリオ」は

「女 の みち」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「1,972 年」に「リリース」された

「ファースト・シングル」で

「大・ヒット曲」に、なりました。

 

「宮 史郎」(「みや しろう」) は

「1,943 年・生まれ」で

「兵庫 県・加西 市」「出身」の

「歌手」「芸人」です。

 

加西市 立・北条 高校」を「中退」し

姫路市 の・キャバレー」で「働き・なが」ら

「1,959 年」「自主・制作」で「男 の 花道」を

「発売」しました。

 

「1,963 年」「宮 五郎」(「史郎 の・兄」)

「並木 ひろし」と「共・に」「音楽・漫才」「コンビ」

「ピンから・トリオ」を「結成」しました。

「宮 史郎」は「ヴォーカル」を「担当」し

浪花節 的・歌唱 法」で「人気 を・博し」ました。

 (「なにわぶし てき・かしょう ほう」)

 

「グループ・名」の「由来」は「公表・され て」いません。

「ピン・キリ」の「ピン」(「最高 に・良い 物」) から

「連想・する」と

「最高」の「歌手 に・なり」

 

「紅白・歌合戦」で「最後 に・歌う」

「トリ」を「目指・す」と、いう「意味」で

「ピン」から「トリ を」の「芸名」を

「名 付 けた の・では?」と「思って」います。

 

「1,972 年」「ファースト・シングル」

「女 の みち」を「リリース」しました。

 

「同曲」は「有線・放送」と「地道 な・営業」で

「火 が・付き」(「ひ が・つき」) 「史上・2 位」と、なる

「420・万枚」を「売り・上げ」る

「大・ヒット曲」に、なりました。

 

「因み・に」(「ちなみ・に」) 「史上・1 位」は
「子門 真人」(「しもん まさと」) が「歌った」

「およ げ・たいやき くん」の「500・万枚」です。

 

「史上・3位」は「サザン・オール・スターズ」が

「歌った」「TSUNAMI」の「300・万枚」です。

 

「この 年・に」「レコード・大賞」と。なった「歌」は

「売上・枚数」で「女 の みち」に「劣り」

オリコン・2位」だった「ちあき なおみ」の「代表・曲」

喝采」(「かっさい」) でした。

 

「翌・1,973b 年」「女 の みち」で「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「1,972b 年」「女 の みち」に「続き」「リリース」した

「セカンド・シングル」「女 の ねがい」も

「170・万枚」を「売り・上げ」る

「ミリオン・セラー」に、なりました。

 

「女 の みち」の「大・ヒット」「以降」「殿様 キングス」等の

「漫才・出身」の「グループ・演歌」が

「昭和・50年 代」「前半・まで」
「一世 を・風靡」(「いっせい を・ふうび」) しました。

「1,973 年」「並木 ひろし」が「脱退」し

「グループ・名」を「ピンから・兄弟」に

「改名」しました。

 

「1,983 年」「グループ を・解散」し

「史郎」は「ソロ・歌手」と、して「デビュー」し

「活動 を・開始」しました。

 

「兄・五郎」は「引退」し「史郎」の

「マネージャー」に、なりました。

 

「女 の みち」と、いう「歌謡 史上 に・残る」

「名曲 の・威光」(「いこう」) は「衰え・ず」(「おとろ ず・ず」)

「演歌・番組」「懐メロ・番組」「地方・興行」等で

「多忙 な・日々」を「過ご・し」ました。

 

「2,012 年」「多機能・不全」で「死・去」しました。

「享・年」(「きょう・ねん・満 年齢 プラス 1 年」)

「70・歳」でした。

 

「没・後」(「ぼつ・ご」) 「生前 の・功労」を

「称 え・られ」(「たた え・られ」) 「NHK」より

「特別・功労 賞」(「とくべつ・こうろう しょう」) を
「追贈・され」(「ついぞう・され」) ました。

 

 

「宮 史郎 と ぴんから トリオ」「女 の みち」

「作詞」:「宮 史郎」「作曲」:「並木 ひろし」

 

私 が ささげ た その 人 に

あなた だけ よ と すがっ て 泣いた

うぶ な 私 が いけない の

二度 と しない わ 恋 なん か

これ が 女 の みち なら ば

 

ぬれ た ひとみ に また うか ぶ

捨て た あなた の 面影 が (「おもかげ が」)

どうして こんな に いじめる の

二度 と こない で つらい から

これ が 女 の みち なら ば

 

暗 い 坂道 一筋 に

(「くら い さかみち ひとすじ に」)

行け ば 心 の 灯 が とも る (「ひ が とも る」)

きっと つかむ の 幸せ を

二度 と あかり を けさ ない で

これ が 女 の みち なら ば

 

 

「女々・しい」を「英語」で「言う」と

「下記」だ、そうです。

 

 「soy boy」

 

 (「女々しい・男だ」) と

 

 「言う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「巧緻 は 拙速 に・如か ず」

 

「皆さん」は「巧遅 は 拙速 に 如か ず」と、いう

 (「こうち は せっそく に・しか ず」)

「ことわざ」を「使った・事」が「有り」ませんか?。

 

「2,019 年・11月」〜2,020 年・3月」に、かけて

「テレビ・東京」「月曜 日」「22 : 00〜22:54」に

「小泉 孝太郎」と「高嶋 政伸」が「W・主演」した

 

「病院 の 治し方〜ドクター有原 の 挑戦〜」が
「放送・され」ました。

 

「テレビ・ドラマ」の 中 で「小泉 孝太郎」は

「拙速 は 巧緻 に・勝る」と「表現」しました。

 (「せっそく は・こうち に・まさる」)
「巧緻 は 拙速 に・如か ず」と「同じ・意味」で

「ネットで・検索 する」と「どちら」も「出て・来」ます。

 

「しかし」「ことわざ」と、しては

「巧緻 は 拙速 に・如か ず」が「正しい」ようです。

「巧緻 は 拙速 に・如か ず」の「意味」は

「下記」だ、そうです。

 

「巧緻」(「こうち」) とは

「出来・栄え」(「でき・ばえ」) は「良い」が

「完成 する・まで」に「時間 が・かかる」事で

 

「拙速」(「せっそく」) とは

「迅速」(「じんそく」」) に「物 を・作り 上げる」が

「出来・栄え」は「良く・無い」と、いう

「意味」だ、そうです。

 

「如かず」(「しかず」) とは「及ば・ない」と、いう

「意味」だ、そうです。

 

「巧緻 は 拙速 に・如か ず」の「意味」は

「出来・栄え」は「良く・て」も「遅 く・作り 上げる 事」は

「出来・栄え」は「悪く・て」も「速 く・作り 上げる 事」には

「及ば・無い」と、いう「意味」だ、そうです。

 

「ぐずぐず・して いる」より「上手 で・無くて」も

「迅速 に・物事」を「進め る・べき だ」と、いう

「意味」だ、そうです。

 

「多く の・場合」「仕事・には」「期日 が・有り」

「約束 した・期日」に「間に 合わ な・けれ ば」

「アウト」です。

 

「とは・言え」「いい 加減 な・物」を

「提出 して・しまう」と「信用 を・失って」

「二度」と「仕事 を・させて」「もらえ・ない」
「可能性 が・有り」ます。

 

「求め られ る・品質」「レベル」を

「良 く・理解」し「それ に・達 し たら」

「それ・以上」「無駄 な・手間」は「掛け・ない」事が

「拙速 に・繋が る」と「思い」ます。

 (「せっそく に・つなが る」)

 

「男女 の・恋愛 関係」にも「通 じ・る」

「ことわざ の・様」な「気・が」します。

 

 

「巧緻 は 拙速 に・如か ず」の「類義語」を「検索・して」も
「出 て・来」ません。

 

・「トンビ に 油揚げ を・さらわ れる」

  (「とんび に あぶらあげ を・さらわ れる」)

 「トンビ (「トビ」) ・は」「普段・は」「悠々・と」

  (「ゆうゆう・と」)

 「大空 高く・飛んで 」います。

 

 「しかし」「ひと・たび」)

 「獲物 を・見つけ る」と「非常 に・素早 く」

 「空 から・舞い降り て」

 「獲物 を・攫って」(「さらって」)「行き」ます。

 

 「さらわ・れる」のが「あぶらあげ・なの」は

 「トンビ の・好物」が「あぶらあげ」と、いう

 「意味 では・鳴い」そうです。

 

 「人間」が「神社 に・供える 物」と、して

  (「そなえる もの」)

 「あぶらあげ」が「有り」ます。

 

 「それ・を」「トンビ 」に「奪わ・れて」

 「食べられ て・しまった」と、いう

 「意味」です。

 

 「鳥 や・獣」(「とり や・けもの」) に

 「食べられ・ない」「安全 な・場所」に

 「素早・く」「奉納 すべ き・だった」のに

  (「ほうのう すべき」)

 

 「行動 が・遅く」「ぐずぐず・して いた」為に

 「あぶらあげ」を「さらわれ て・しまい」ました。

 「素早 く・テキパキ」と「行動 する・事」が
 「大切」と、いう「教え」の「ことわざ」です。

 

 

「巧緻 は 拙速 に 如かず」の「対義語」を「検索・して」も
「出 て・来」ません。

 

・「慌て る 乞食  は・貰い が 少ない」

  (「あわて る こじき は・もらい が すくない」)

 

 「慌て て・急ぎ 過ぎ る」と

  (「あわて て・いそぎ すぎ る」」)

 「結果 的・に」「失敗・したり」

 「かえっ て・損して しまう」と、いう

 「意味」です。

 

 「少しで も・早く」「たくさん・貰おう と」する

 「乞食・は」「施す・人」(「ほどこすひと」) に

 「欲深さ を・見透か され」

  (「よくふかさ を・みすか され」)

 

 「反感 を・買い」(「はんかん を・かい」)

 「かえって」「貰い が・減る」事の

  (「もらい が・へる」) 

 「教え」の「ことわざ」です。

 

 「辺り」が「妥当 な・気」が、します。

 

 

「斎藤 和義」は「深夜高速」と、いう

「歌」を、歌いました。

 

「シングル」と、しては「発売・されて」いません。

「アルバム の・中 に」「収録され て・いる はず」です、が

「アルバ 名 が・特定 出来」ません。

 

 

「斎藤 和義」(「さいとう かずよし」) は

「1,966 年・生まれ」で「栃木 県・壬生 町」「出身」の

「ギタリスト」「シンガーソングライター」です。

 

「小学生 の・時」「ギター と・出会い」ました。

「作新 学院・高校」を「卒業・後」

「山梨 学院・大学」に「進学」しました。

 

「21 歳 の 時」「大学 を・中退」し「歌手 を・目指 し」

「単身・上京」しました。

 

「1,992 年」「TBS・テレビ」の

「オーディション・番組」に「出場」し

「5 週・連続」で「勝ち・抜き」「デビュー の・権利」を

「獲得」しました。

 

「1,993 年」「ファースト・シングル」

「僕の見た ビートルズ は TV の 中」で

「メジャー・デビュー」しました。

「同曲」は「オリコン・圏外」(「200 位・以下」) でした。

 

「デビュー・15 周年」の「2,007 年・頃」から

「人気 が・定着」し「遅咲き の・花」を

「咲か・せ」ました。

 

「2,007 年」「12 th・シングル」「I LOVE ME 」が

オリコン・7位」と「初・の」

「トップ・10 入り」しました。

 

「2,012年」「デビュー・20 周年」に、して

「39 th・シングル」「やさしくなりたい」で

「念願・だった」「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「同年」「さいたま・スーパー アリーナ」で

「単独・ライブ」を「開催・し」

「自身・最多」の「18,000・人」を

「動員」しました。

 

「2,018 年」「19 th・アルバム」

「Toys Bloob Music」を「リリース」し

「初」の「オリコン・1位」に、なりました。

 

「遅咲き の 花 は・大輪 に なる」と、いう
 (「おそざき の はな は・たいりん に なる」)

「ことわざ」が「ピッタリ な・歌手」です。

 

「私・生活」では

 

「1,995 年」に「同 世代・の」「一般人・女性」と

「結婚」しました。

「2,010 年」「結婚 15 年 に・して」

「第一子・男児」が「誕生」しました。

 

 

「斎藤 和義」「深夜高速」

「作詞」「作曲」:「鈴木 圭介」

 

青春 ごっこ を 今 も 続け ながら の 旅 の 途中

ヘッドライト の 光 は 手前 しか 揺らさ ない

真っ暗 な 道 を 走る 胸 を 昂ら せ 走る

(「むね を たかぶら せ はしる」)

目的地 は ないん だ 帰り道 も 忘れた よ

 

壊れ たい わけじゃ ない し 壊し たい もの も ない

だから と いって 全て に 満足 してる わけ が ない

夢の 中 で 暮らし てる 夢 の 中 で

生き て いく

 

心 の 中 の 漂流者 (「ひょうりゅうしゃ」)

明日 は どこ に ある?

 

生きて て よかっ た 生きて て よかっ た

生きて て よかっ た そんな 夜 を 探し てる

 

年 を とったら とる だけ 増え て いく もの は 何?

年 を とったら とる だけ 

透き通る (「すきとおる」) 場所 は どこ?

十代 は いつ か 終わ る 生き て いれ ば すぐ 終 る

若さ は いつで も 素裸 (「すっぱだか」) 

見苦しい 程 ひとり ぼっち

 

生きて て よかっ た 生きて て よかっ た

生きて て よかっ た そんな  夜  を 探してる

生きて て よかっ た 生きて て よかっ た

生きて て よかっ た そんな 夜 は どこ だ

 

僕 が 今まで やって きた たくさん の ひどい 事

僕 が 今まで 言って きた たくさん の ひどい 言葉

涙 なんか じゃ 終わら ない 忘れられ ない 出来事

ひとつ 残らず 持って け どこまで も 持ってけ よ

 

生きて て よかっ た 生きて て よかっ た

生きて て よかっ た そんな 夜 を 探して る

生きて て よかっ た 生きて て よかっ た

生きて て よかっ た そんな 夜は どこ だ

いこう ぜ 行こう ぜ 全開 の 胸 で

いこう ぜ いこう ぜ 震わせ て いこう ぜ

もっと もっと もっと もっと 見た こと ない 場所 へ

ずっと ずっと ずっと ずっと

種 を 撒いて いく (「たね を まいて いく」)

全開 の 胸 全開 の 声 全開 の 素手 で (「すで で」)

感じる こと が 全て 感じた こと が 全て

 

生きて て よかっ た 生きて て よかっ た 生きて て よかっ た

生きて て よかっ た 生きて て よかっ た 

生きて て よかっ た 生きて て よかっ た

生きて て よかっ た 生きて て よかっ た

 

 

※「証文 の・出し 遅れ」

 (「しょうもん の・だし おくれ」)


「証文 の・出し 遅れ」の「意味」は

「下記」だ、そうです。

 

「せっかく」の「有力 な・証拠」も

「ここぞ と・いう  時」に「間に 合わな・けれ ば」

「何 の 役にも・立た ない」と、いう

「意味」だ、そうです。

 

「時期 に・遅れ」て「役 に・立た ない」事の

「たとえ」だ、そうです。

 

「証文 の 出し 遅れ」の「類義語」は

「下記」だ、そうです。

 

・「後 の 祭り」(「あと の まつり」)

 

 「後悔・する」と、いう「意味」で

 「使う・人」が「多い そう ・です」が

 「間違・い」です。

 

 「時期 に・間に 合わ ず」

 「手遅れ に・なった」と、いう

 「意味」だ、そうです。

 

 「後 の・祭り」の「由来」は

 「下記」だ、そうです。

 

 「祇園・祭」(「ぎおん・さい」) は「毎年・7月」に

 「京都」で「開催・され. る」

 「日本」「三大・祭」の「一つ」です。

  (「祇園・祭」「天神・祭」「神田・祭」)

 

 「祇園・歳」は「山鉾・巡行」が
  (「やまぼこ・じゅんこう」) 

 「行われ・る」「前 の・祭り」と「それ を・見送 る」」

 「後 の・祭り」の「二部・構成」で
 「運営・されて」います。

 

 「前 の・祭り」は「派手 で・賑やか」です、が

  (「はで で・にぎやか」)

 

 「後 の・祭り」は「地味 に・行わ れる」ので

 「後 の・祭り」は「今更」「見に・行って」も

 「手遅れ で・ある」と、いう「意味・で」
 「使わ れる・よう 」に「なった」そうです。

 

・「六日 の 菖蒲・十日 の 菊」

  (「むいか の しょうぶ・とおか の きく」)

 

 「菖蒲」(「しょうぶ」) は「五月・五日」の

 「端午 の・節句」(「たんご の・せっく」) に

 「用いられ る・花」で、「六日 に・咲いて」も

 「節句 ・に」「間に 合わ・無い」事で

 

 「菊」は「九月・九日」の「重陽 の・節句」に

  (「ちょうよう の・せっく」)

 「用いられ る・花」で「十日 に・咲いて」も

 「節句・に」「間に 合わ・無い」と、いう

 「意味」だ、そうです。

 

 

「佐川 満男」は「遅かっ た の かい」の

「歌詞 で・始まる」「今は 幸せ かい」と、いう

「歌」を、歌いました。

 

「1,968 年」に「35 th・シングル」と、して

「リリース」され「大・ヒット曲」に、なりました。

「1,969 年」「同曲」で「7 年・ぶり」に

「2回・目」の「紅白・出場」しました。

 

「今 は 幸せ がい」「遅かっ た の かい」は
「流行・語」に、なりました。

「佐川 満男」は「1,939 年・生まれ」で

「兵庫 県・神戸 市」「出身」の

「歌手」「俳優」「タレント」です。

 

「神戸市 立・須磨 高校」を「中退」し

「大阪・難波」の「ジャズ・喫茶」「銀馬車」の

「オーディション」に「合格」し「歌っ て・いました」が

「歌手 を・目指 し」「単身・上京」しました。

 

「1,960 年」「来日し て・いた」「ニール・セダカ」から

「提供 を・受けた」「楽曲」で「ファースト・シングル」の

「二人 の 並木路」で「歌手・デビュー」しました。

 

「1,961 年」「8 th・シングル」「背広姿 の 渡り鳥」で

「紅白・歌合戦」に「初・出場」しました。

「しかし」「その・後」「長期・低迷 期」を

「経験」しました。

 

「1,968 年」「29 歳 の・時」「35 th・シングル」

「今は 幸せ かい」が「大・ヒット曲」に、なりました。

「後・に」「この・時期」は「若・ハゲ」の為

「カツラ を・被って いた」と「告白・して」います。

 

「1,976 年」に「芸能界 を・引退」し

「クラブ・経営者」と、なりました。

「1,986 年」に「復帰・し」「歌手 の・他」に

「俳優」「タレント」と、して「活動・して」います。

 

「私・生活」と、しては

 

「1,971 年」に「人気・歌手」だった「伊東 ゆかり」と

「結婚・して」「二児 を・授かり」(「さずかり」) ました。

「1,976 年」に「離婚」しました。

 

「離婚・後」も「一緒・に」「舞台 に・立ち」
「ゆかり」が「引き・とった」「実 娘 と・一緒」に

「3 人・で」「テレビ・出演 する」等「仲 が・良く」

「離婚・理由」は「謎 に・包まれ て」います。

 

「紅白・歌合戦」には

 

「1,961 年」の「背広姿 の 渡り鳥」〜

「1,970 年」の「いつで も どうぞ」まで

「通算・4 回」「出場・して」います。

 

 

「佐川  満男」「今は 幸せ かい」

「作詞」「作曲」:「中村 泰士」

 

遅かっ た の かい 君 の こと を

好き に なる の が 遅かっ た の かい

ほか の 誰か を 愛し た 君 は

僕 を おい て 離れ て ゆく の

遅かっ た の かい 悔やん で (「くやん で」)  みて も

遅かっ た の かい 君 は もう いない

 

若かっ た の かい ふたり とも

傷つけ あう の が 恐かっ た (「こわかった」)  の かい

君 は 君 の 心 を 知ら ず

僕 は 僕 の 心 を 知ら ず

 

若かっ た の かい 悔ん で みて も (「くやん で みて も」)

若かっ た の かい 君 は もう いない

 

今 は 幸せ かい 君 と 彼 は 

甘い 口づけ は 君 を 酔わせ る かい

星 を 見つめ て 一人 で 泣い た

僕 の こと は 忘れ て いい よ

今 は 幸せ かい 悔ん で みて も

今 は 幸せ かい 君 は もう いない

 

 

「巧遅 は 拙速 に・如かず」を「英吾」で「言う」と

「下記」だ、そうです。

 

 「it's better to be brisk and slapdash than painstaking but slow」

 

 (「しゃにむ」に「速く 作った・物」は「ゆっくり」と

 「手間 を・かけて」「作った 物・より」「優れ て・いる」) と

 

 「言う」そうです。

何気なく使っている言葉の意味

「順風・満帆」

 

「皆さん」は「順風・満帆」と、いう
 (「じゅん ぷう・まん ぱん」)

「四字・熟語」を「使った・事」は「有り」ませんか?。

 

「順風・満帆」の「意味」は

「下記」だ、そうです。

 

「じゅんぷう・まんぽ」と「読む人 が・いる そう です」が
「誤り」です。

 

「順風」(「じゅんぷう」) とは「船 の・進行 方向」に

「向かっ て・吹く 風」「追 い・風」の、事だ、そうです。

「満帆」(「まんぱん」) とは「帆 」(「ほ」) を

「限界 まで・張る こと」の「意味」だ、そうです。

 

「帆」は「船  の・柱」等に「張ら れる・布」で

「受け た・風 の 力」で「船 を・進め」ます。

 

「以上・より」「限界.まで・張った 帆」に「追い風 を・受け て」

「船 が 快適 に・進む」と、いう「イメージ」から

「順風・満帆」は「物事・が」「順調 に・進む」と、いう

「様子 を・表す」「四字・熟語」だ、そうです。

 

「一旦・良い 風」に「乗っ て・しまえ」ば

「周り の・状況」が「常・に」「移り 変わ る・中」で
「自分 の・能力」を「存分 に・発揮」して

 (「ぞんぶん に・はっき」して」)
「順風・満帆」に「物事 を・進め られ」ます。

 

「重要・なの」は「風向き の・良し 悪し」を

 (「かざむき の・よし あし」) 

「見極め る・事」と「風に 乗るの に・良い」
 (「みきわめ る・こと」)
「タイミング」を「見計ら う・事」です。

 (「みはからう・こと」) 

 

「良 い・風」を「見逃さ ぬ・様」

 (「みのがさ ぬ・よう」)
「帆 を 張 る・準備」を
「事前 に して・おく」事 が「大切・だ と」

「私」は「思っ・て」います。

 

 

「順風・満帆」の「類義語」は「下記」だ、そうです。

 

・「一路・順風」(「いち ろ・じゅんぷう」)

 

 「一路」(「いちろ」) とは「一筋・の」

 「真っ直ぐ な・道」を

  (「まっすぐ な・みち」)

 「意味・して」います。

 

 「どこ・まで」も「真っ直ぐ な・道」を
 「マラソン・選手」が「追い風 を・受け」て

 「スピード を・加速」し「走り・抜ける」
 「イメージ」から「転・じ」て

 

 「自分 が・思う 通り」の「方向」へ
 「真っ直ぐ 無事 に・進む」と、いう

 「意味 を・持つ」「言葉」だ、そうです。

 

・「一路・平安」(「いちろ・へいあん」)

 

 「旅人 を・見送る 時」に「使われ る・言葉」で

 「主 に・手紙」に「記 る・される」そうです。

  (「し る・される」)

 

 「出発 する・旅人」の「道中・が」

 「無事 で・ある よう」に
 「祈 る・言葉」だ、そうです。

 

 

「順風・満帆」の「対義語」は
「下記」だ、そうです。

 

・「天歩‘・艱難」(「てんぽ・かんなん」)

 

 「天歩」(「てんぽ」) とは「天運 や・時運」を

  (「てんうん や・じうん」)

 「意味 する・言葉」だ、そうです。

 

 「艱難」(「かんなん」) とは

 「困難 に・苦しむ」と、いう

 「意味」だ、そうです。

 

 「天歩・艱難」は「運命 の・巡り 合わせ」に

  (「うんめい の・めぐり あわせ」)

 「恵まれ・ず」「時 の・流れ に」「乗り・切れ ず」に

 「悩 み 苦し む・様子」の「意味」だ、そうです。

 

 

「小泉 今日子」は「出逢い は・風 の 中」の

「歌詞 で・始まる」

「木枯し に・抱か れて」を

「歌い」ました。

 

「1,986 年」に「リリース・され」た「20 th ・シングル」で

オリコン・3位」に、なりました。

 

「小泉 今日子」は「1,966 年・生まれ」で

「神奈川 県・厚木 市」「出身」の「歌手」「女優」です。

「愛称」(「あいしょう」) は「キョンキョン」です。

 

「アイドル」と、しては「松田 聖子」「中森 明菜」の

「2 強 に・次ぐ」「存在」でした。

 

「1,981 年」「日本 テレビ・系」の「オーディション・番組」

「スター・誕生」に「出場 し・合格」しました。

「1,982 年」「ファースト・シングル」「私 の・16 歳」で

「アイドル・歌手」と、して「デビュー」しました。

 

「同期」に「中森 明菜」「堀 ちえみ」「三田 寛子」

「石川 秀美」「松本 伊代」「早見 優」「シブがき 隊」等が、おり

「花 の・82 年 組」と「呼ば・れ」ました。

 

「1,983 年」「髪 を・ショーカット」に「イメージ・チェンジ」した

「5 th・シングル」「真っ赤 な・女の子」で「大・ブレイク」しました。

「同曲l」は「月曜・テレビ ドラマ」の「主題・歌」に「抜擢・され」

「今日子」は「主演」し「女優」と、して「デビュー」しました。

 

「1,984 年」「9 th・シングル」「渚 の はいから 人魚」を

「発売」し「33・万枚」を「売り・上げ」

「初」の「オリコン・1位」に、なりました。

「同年」「同曲」で「紅白・歌脱線」に「初・出場」しました。

 

「キュート な・容姿」が「広く・支持 され」ました。

「天真・爛漫」(「てんしん・らんまん」) な「明る・さ」で

「新し い・アイドル 像」を「作り・上げ」

「不動 の・人気」を「獲得」しました。

 

「1,985 年」に「主演・した」「連続・テレビ ドラマ」

「少女 に・何が 起こった のか」は「好評 を・博し」

「毎回l「20% を・超える」「視聴率 を・獲得」し

「今日子 の・代表 作」に、なりました。

 

「1,991 年」に「自身 が・作詞」し「リリース」された
「32 th・シングル」「あなた に 会え て・よかっ た」が

「158・万枚」を「売り・上げ」る「ミリオン・セラー」と、なり

「自身 の・代表 曲」と、なりました。

 

「2,013 年」「連続 テレビ・小説」「あまちゃん」に「出演」し

「劇 中・歌」「潮騒 の・メモリー」が「オリコン・2位」と

「大・ヒット 曲」と、なり「話題 を・集め」ました。

 

「2,018 年」「歌手」「女優・業」を「休業」し

「舞台・製作」等

「プロヂューサー・業」に「専念・する」と

「発表」しました。

 

「私・生活」では

 

「1,995 年」「俳優」の「永瀬 正敏」と「結婚・しま した」が

「2,004 年」に「離婚」しました。

「2,015 年」「俳優」の「豊原 功補」との「不倫・関係」が

「報道・され」ました。

 

「紅白・歌合戦」には

 

「1,984 年」の「渚 の はいから 人魚」〜

「2,013 年」の「潮騒 の めもり」(「特別・企画」) まで

「通算・6 回」「出場」しました。

 

 

「小泉 今日子」「木枯らし に・抱か れて」

「作詞」「作曲」:「高見沢 俊彦」

 

出逢い は 風 の 中 恋 に 落ちた あの 日 から

気づかぬ うち に 心 は あなた を 求めて た

 

泣かない で 恋心 よ 願い が 叶う なら (「かなう なら」)

涙 の 河を 超え て すべて を 忘れ たい

 

せつない 片想 い (「かたおも い」)

あなた は 気づか ない

 

あなた の 背中 を 見つめ 愛 の 言葉 ささやけ ば

届かぬ 想い が 胸 駆け抜け てく (「むね かけぬけ てく」) だけ

 

哀しい 程 の (「かなしい ほど の」) 星空 に 天使 の 声 が する

諦め きれ ぬ 恋 でも 夢 は 見て いたい のよ・・・

 

せつない 片想 い 

あなた は 気づか ない

 

恋人達 は いつか

心 傷つく たび (「こころ きずつく たび」)

愛する 意味 を 知る

涙・・・やさし く

 

その 手 に 確か な 夢 を つかん で

 

白い 季節 の 風に 吹か れ

寒い冬 が やって 来る

激しく 燃える 恋 の 炎 は

誰に も 消せ ない の

 

せつない 片想 い

あなた は 気づか ない

せつない 片想 い

あなた は 気づか ない

 

 

※「風 が 吹け ば・桶屋 が 儲かる」

 (「かぜ が ふけ ば・おけや が もうかる」)

 

「風 が 吹け ば・桶屋 が 儲かる」の「意味」は

「下記」だ、そうです」

 

「思い も・よらぬ 事」が「原因・で」「利益 が・生ま れる」
「影響 が・現れる」事を「伝え・た」
「江戸・時代」に「生ま・れた」「ことわざ」だ、そうです。

 

 

「風 が 吹け ば・桶屋 が 儲かる」の「由来」は

「下記」だ、そうです。

 

「風 が・吹く」と「土ぼこり に・よって」

「目 が・見えにくく」「なっ・て」

「琵琶・法師」(「びわ・ほうし」) の、様に

 

「目 が・見えなくて」も「仕事 に・なる」
「三味線・弾き」(「しゃみせん・びき」) を

「志す・人」(「こころざす・ひと」) が

「増え」る。 

 

「三味線・弾き」が「増える・と」
「三味線 に・使う」「猫 の 数 が・減る」

「猫 が・減る」と「自然・に」

「ネズミ が・増え」る。

 

「ネズミ が・増える」と

「ネズミ」は「いたる ところ の・桶」(「おけ」) を

「食い・荒らす」(「くい・あらす」)

 

「かじられ た・桶」が「増え・る」と

「桶・を」「買い求め る・人」が「増え」る。

「結果 と・して」
「風 が 吹け ば・桶屋 が 儲かる」と、いう
「ショート・ストーリー」が「出来・上がり」ました。

 

「一見・する」と「少し」「こじつけ が・ある 様」に

「思え・ます」が「思わ ぬ・所 から」
「ビジネス が・生ま れる」と、いう

「意味」の「教え・方」です。

 

マーケティング・戦略 」の

「極意 を・極め た」

 (「ごくい を・きわめた」)

「面白・い」「ことわざ」です。

 

「何 も・せず」「ジット・して いて」は

「そうし た・チャンス」に「遭遇する・事」は

 (「そうぐう する・こと」)

「有り・得」ません。

 

「何か を・行動して いれ」ば

「何時 か・思いがけ なく」

「チャンス に・出会う」事は

「有り・得る」(「あり・うる」) と「思い」ます。

 

「私」は「一縷 の 望み を・賭け て」

 (「いちる の のぞみ を・かけ て」)

「チャンス と・巡り 会える」事を「期待・して」

 (「めぐり あえる」)
「日々」を「過 ご・して」(「すご・して」) います。

 

「風 が 吹け ば ・桶屋 が 儲かる」の「類義語」は

「下記」だ、そうです。

 

・「バタフライ・効果」(「ばたふらい・こうか」)

 

 「マーケティング・理論」で「よく」「引き・合い」に

 「出さ れる・言葉」だ、そうです。

 

 「小さ な・出来事」が「大き・な」

 「ビジネス・チャンス」を「生む・事」の
 「たとえ」だ、そうです。

 

 「ベラジル」での「バタフライ」(「蝶」) の

 「羽・ばたき」が「遙か・遠く」(「はるか・とおく」) の

 「アメリカ」で「トルネード」(「竜巻」) を「巻き・起こす」と

 「気象・学者」「ローレンツ」が「言った・言葉」が「由来」の

 「考え・方」だ、そうです。

 

 「蝶 の・羽ばたき」が「遠く・離れ」た

「 場所」で「竜巻 を・巻き 起こす」「可能性」を

 「否定しきれ・ない」ません。

 

 「しかし」「その よう な・事象」は

 「計測・精度」を「高め・て」も「予測  が・つか ず」

 「一つ  の・事象」が「どん な・形」で「波及・するか?」を

 「予測・する」事 は「困難・だ」と、いう「意味」だ、そうです。

 

・「因果・応報」(「いんが・おうほう」)

 

 「人 に・は」「良い 行い を・すれ」ば

 「良 い・報い」が「訪・れ」

 「「よい・むくい」が「おとず・れ」)

 

 「悪 い 行い を・すれ」ば「悪 い ・報い」が

 「訪れ・る」 と、いう

 「意味」だ、そうです。

 

 「現在・では」「自業・自得」(「じごう・じとく」) と

 「同じ・く」「悪い・意味」で「使われ る 事」が

 「主流 に・なっって いる」そうです。

 

 「風 が 吹け ば・桶屋 が 儲かる」は

 「もちろん」「良 い・意味」で「使わ・れる」
 「ことわざ」です。

 

 

「風」は「22 歳 の・別れ」と、いう

「歌」を、歌いました。

 

「1,975 年」に「リリース・され」た

「ファースト・シングル」で「ミリオン・セラー」と、なる

「大・ヒット曲」に、なりました。

 

「風」は「かぐや姫」の「伊勢 正三」と

「猫」の「大久保  一久」が

「1,975v 年」に「結成・した」

「2 人 組」の「フォーク・デュオ」です。

 

「風 の よう に・留まら ず」(「とどまらず」)

「音楽 的 に・進化 して ゆく 事」を「目指・す」と、いう

「願い を・込め て」「伊勢 正三」が「名付・け」ました。

 

「1,975 年」「かぐや姫 の・解散」と

「時を 同じ く・して」「ファースト・シングル」

「22 歳 の・別れ」を「リリース」しました。

 

「同曲」は「ミリオン・セラー」と、なり

オリコン・1位」に、なりました。

 

「私」が「21・歳」で「大学・3 年生」の「時」に

「流行っ た・歌」(「はやっ た・うた」) でした。

「強い・思い 入れ」で

「聴い て」(「きい て」) いました。

 

「その・後」「海岸 通」「あいつ」「北国 列車」「古都」

「あの 唄 は・もう 唄わない の ですか」「ささやか な・この 人生」

「君 と 歩いた・青春」「海風」「BYe BYe」等、が

「続 け・ざま」に「ヒット・曲」に、なりました。

 

「1,997 年」「日本・武道館」で

「単独・ライブ」を「開催」し

「大成功 を・収め」ました。

 

「1,979 年」「突然」「解散 を・発表」しました。

「惜しま れ・つつ」「4・年間」の

「グループ・活動」に

「ピリオド を・打ち」ました。

 

 

「風」「22 歳 の・別れ」

「作詞」「作曲」:「伊勢 正三」

 

あなた に さようなら って

言える の は 今日 だけ

明日 に なっ て また あなた の

暖かい 手 に 触れ た ら きっと

言えな く なって しまう

そんな 気 が して

私  には 鏡 に 映っ た (「うつっ た」)

あなた の 姿 を 見つけ られず に

私 の 目 の 前に あっ た

幸せ に すがり ついて しまっ た

 

私 の 誕生日 に

22 本 の ローソク を たて

ひとつ ひとつ が みんな 君 の

人生 だよ ねって 言っ て 17 本 目 から は

いっしょ に 火 を つけた の が

昨日 の こと の よう に

今 は ただ 5 年 の 月日 が (「つきひ が」)

永すぎ た 春 と (「ながすぎ た はる と」) いえる だけ です

あなた の 知ら ない ところ に

嫁い で  ゆく (「とつい て ゆく」) 私  に とっ て

 

ひとつ だけ こんな 私 の

わがまま 聞いて くれる なら

あなた は あなた の まま で

変わらず に いて 下さい

その まま で

 

 

「順風・満帆」を「英吾」で「言う」と「下記」だ、そうです。

 

 「go smoothly up 」

 

 (「順調 に・進む」) と

 

 「言う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「遠きを知りて・近きを知らず」

 

「皆さん」は「遠きを 知り て・近き を 知ら ず」と、いう

 (「とおきを しり て・ちかき を しらず」)

「ことわざ」を「使った・事」は「有り」ませんか?。

 

「遠くを 知り て・近き を 知ら ず」の「意味」は

「下記」だ、そうです。

 

「自分・に」「関係・無い」「他人 に・ついて」は

「良 く・わかる」が「自分 自身 に・ついて」は

「分か ら・ない」事 や

 

「遠大 な・事 は」「分かって・いる」が

「身近 で・ありふれた 事」が「分か ら・ない」と、いう

「意味」だ、そうです。

 

 

「遠き を 知りて・近き を 知ら ず」の「類義語」は
「下記」だ、そうです。

 

・「岡目・八目」(「おかめ・はちもく」)

 

 「当事者・より」も「第三者 の・方」が

 「物事・を」「正しく・判断 できる」と、いう

 「意味」だ、そうです。

 

 「囲碁」(「いご」) が「由来」で

 「岡目」(「おかめ」とは「傍 から・見る」事で

  (「はた から・みる」) 

 「囲碁 の・対局者 同士」を「すぐ そば で・見る」事を

 「意味 して・いる」そうです。

 

 「八目」(「はちもく」) の「目」は

 「囲碁 の・碁盤の 目」(「いご の・ごばんの め」) や

 「碁石」(「ごいし」) を「数える時 に・使う 言葉」で

 「八手先 を・読む」(「はってさき を・よむ」) と、いう

 「意味」だ、そうです。

 

 「囲碁 の・対局者 同士」は「勝負 の・行方」で

 「必死 に・なり」「周り が・見えなく なる」事が

 「有り」ます。

 

 「将棋・でも」「解説者 の・方」が「何手も 先 まで・読み」

 「対局者 が・指した」「次 の・一手」を

 「悪手 (「あくしゅ」) だと・指摘 する」事は

 「珍しく・有り」ません。

 

 

・「灯台・下 暗し」(「とうだい・もと くらし」)

 

 「遠く に・ある 物」は「気付く 事 が・出来 て」も

 「すぐ 足元 に・ある よう な」「身近 な・出来事」は

 「逆・に」「気付く 事  が・出来  ない」と、いう

 「意味」の「ことわざ」で

 

 「日常生活 や・仕事 等」「様々 な 場面 に・於い て」

 「些細 な (「ささい な」) 事 が・理由」で

 「身近 に あった・答え」に「気付 か・ず」に

 

 「損 を して・しまっ た 時」に「口 に・する」

 「反省 を・表す 言葉」と、して

 「用い られ て・いる」そうです。

 

 「灯台・下 暗し」が「使われる 機会」は

 「非常 に・多く」「緻密・さ」(「ちみつ・さ」) を

 「要求・されるl「仕事」に「携わっている ・人 ほど」

  (「たずさわっ て いる・ひと ほど」)

 「心当たり が・有る」「言葉」だ、そうです。

 

・「灯台・下 暗し」の「由来」は

 「下記」だ、そうです。

 

 「灯台」は「船 を・導く」「灯台 では・無く」

 「灯明・台」(「とうみょう・だい」) と、いう

 「室内 を・明るくする ため」の「照明・器具」が

 「由来」だ、そうです。

 

 「発明・王」「トーマス・エジソン」が

 「電球 を・発明  した」のは「1,880 年・です」が

 「灯明・台」は「1,651 年・には」「既・に」(「すで・に」)

 「使われ て・いた」そうです。

 

 「灯明 台・は」「主・に」「本 を 読む 時 に・使わ れ」

 「構造・上」「灯台 と・同じ」く

 「根本 の・部分」(「ねもと の・ぶぶん」) が

 「暗 く・なった」そうです。

 

 

「遠き を 知り て・近き を 知ら ず」の「対義語」は

「下記」だ、そうです。

 

・「痘痕 も・靨」(「あばたも・えくぼ」)

 

 「痘痕」(「あばた」) の「痘」とは「世界 規模で・流行 した」

 「天然痘」(「てんねんとう」の、事です。

 「天然痘 に・罹患」(「りかん」) する 、と「死亡 率・20 %」と

 「コロナ・ウィルス」の「比で は・有り ません」でした。

 

 「1,798 年」に「イギリス」の「免疫・学者」

 「エドワード・ジェンナー」は「自分 の・子供」を

 「実験・台」に、して「天然痘・ワクチン」を「発明・した」と

 「まこと.しやか な・伝説」に「なって」います。

 

「話 は・戻り ます」が

「あばた」とは「天然痘 が・治った 後」に「出・来る」

「小さ な・くぼみ」の事だ、そうです。

 

「靨」(「えくぼ」) とは「笑った 時 」に

「頬 に 出 来る」(「ほほ に・できる」)

「小さ な・くぼみ の 事」だ、そうです。

 

「アバタ も・エクボ」とは

 

「好きに なっ た・相手 なら」「短所 も・長所」に
「見え て・しまう」事で

「他人 から・見て」「悪い と・思わ れる 事」でも

「好き に・なった ら」「良く 見え て・しま う」

 

「心理 状態 を・表して いる」そうです。

「好き に・なった ら」「嫌 な・ところ も」

「好まし く・見えて しまう」事の

「たとえ と・して」「使わ れる・言葉」だ、そうです。

 

「心 から・誰 か」を「好き に・なる」と

「短所・さえ」「可愛 らし く・見える ため」
「良 い・意味」で「使わ れる・機会」が

「多い」そうです。

 

 

「屋比久 知奈」は 「どこ まで・遠く 行ける かな」の

「歌詞 が・ある」「どこまで も〜 How Far I'll Go 」を

「歌い」ました。

 

「2,017 年」に「公開・され た」

「ディズニー」「アニメ・映画」

「モアナ と・伝説 の 海」の「日本 語・吹き替え 版」

「主題・歌」です。

 

「いく ら・調べ 」ても「オリコン・順位」は

「分か・り」ません。
「歌・ネット」で「多数 の・アクセス」が「有り」

「人気・曲」だと「思い」ます。

 

 

「屋比久 知奈」(「やひく ともな」) は

「1,994 年・生まれ」で

「沖縄 県・沖縄 市」「出身」の

「女優」「歌手」「声優」です。

 

「母」が「クラシック・バレエ 」の
「先生 だっ た・影響」で
「4 歳 の・時」に

クラシック・バレエ」を・初め」ました。

 

「20 歳 の・頃 から」「クラシック・バレエ」の

「指導・者」と、して「活動・して」います。

 

沖縄県 立・コザ 高校」を「卒業・後」
「好き な・英語」を「使う 仕事 を・したい」と「思い」

「国立」「琉球 ・大学」「英語 文化・専攻」へ

「進学」しました。

 

「大学  2 年生 の・時」「講義 の・一環」と、して

「英吾」で「ミュージカル」「フット・ルース」の

「ヒロイン」を「演じ」ました。

 

「フット・ルース」の「責任者・だった」

「大学 教授 の・勧め」で「ミュージカル」「H ・12」の

「オーディション」を「受け」「合格」しました。

「東京・公演」「沖縄・公演」に「出演」しました。

 

「2,016 年」「H・12」の「プロヂューサー」の「勧め」で

「全国・拡大」「ミュージカル・のど 自慢」に「出場」し

「応募・総数」「2,000・組」の「中・から」
「グランプリ」を「獲得」しました。

 

「その・様子」を「見て・いた」「プロヂューサー」から

「ダイヤモンド の・原石 だ」と、して

「即日」(「そくじつ」) 「スカウト・され」ました。

 

「2,016 年」「大 ヒット・作」と、なった

「ディズニー」「アニメ・映画」

「モアナ と 伝説 の 海」の

「オーディション」を「受け」ました。

 

「知奈」は「主人公」「モアナ・役」の

「声優」に「抜擢・され」(「ばってき・され」)

「声優」と、して「デビュー」しました。

 

「2,017 年・3月」に「日本 で・公開‘・され」た

「モアナ と・伝説 の 海」の「日本 語・吹き替え 版」の

 (「にほん ご・ふきかえ ばん」)

「主題・歌」「どこまで も〜How Far I'll Go」を「歌い」

「歌手」と、して「デビュー」しました。

 

「2,017 年」「大学 を・卒業」し「単身・上京」しました。

「2,018 年」「40周 年・記念 公演」「ミュージカル」

「肉 の・海」で「主役 を・演じ」

「女優」と、して「デビュー」しました。

 

「2,019 年」「オーディション」を「経て」(「へて」)

「ミュージカル」「レ・ミゼラブル」に「エボニーヌ・役」で

「帝国・劇場」の「舞台 を・踏み」ました。

 (「ぶたい を・ふみ」) 

 

 

「屋比久 知奈」どこまで も〜How Far I'll Go」

「作詞」「作曲」:「Lin-Manuel Miranda」

 

打ち 寄せ る 波 を ずっと ひとり

見つめ てた 何も 知らず に

そうよ 期待 に 応え たい (「こたえ たい」)

でも 気づけ ば いつも の 海 に 来てる の

 

どの 道 を 進んで も たどり つく とこ は 同じ

許され ない の 憧れ の (「あこがれ の」) 遠い 海

 

空 と 海 が 出会う ところ は どれ ほど 遠い の

追い風 うけ こぎだせ ば きっと わかる の

どこ まで 遠く いける の かな

 

そうね みんな とっても 幸せ そう だわ

それは わかる の

そうよ 自分 の 居場所 が (「いばしょ が」) ある の って ほんと

すてき な ことよ ね

 

この 道 を 進んで く 望まれる こと は 同じ

でも 心 に 響く の は (「ひびく の は」) 違う 歌

光輝く (「ひかりかがやく」) 海 が 私を 呼んで いる おいで と

早く 見つけて 欲しい と 呼んで る

教えて よ そこには 何が まってる の

 

空 と 海 が 出会う ところ は どれほど 遠い の

追い風 うけ こぎだし て きっと

私 は ゆくの よ

 

 

※「遠くの 親戚 より・近く の 他人」

 (「とおく の しんせき より・ちかく の たにん」)

 

「遠くの 親戚 より・近くの 他人」の「意味」は

「下記」だ、そうです。

 

「いざ と いう 時 に・頼り に なる」のは

「遠く 離れ て・暮ら す」親戚・より も」

「近所 に 住んで いる・他人 の 方だ」と、いう、

「意味・だ」そうです。

 

「血 の 繋がっ て・いる」「親戚 で・あって も」

 (「ち の つながっ て・いる」しんせき」)

「遠 く・離れ て」「暮らし て・いれ 」ば


「行き来 が・少なく なり」「情け も・伝わら なく なり」

「万が・一」「急 を・要 する」「出来事 が 有った・場合」
「助け て 上げる 事 が・出来 ない」事だ、そうです。

「赤 の 他人 で・あって も」「自分 の・近く」に

「住んで いる・人 の 方」が「かえっ・で」

「力 に なって・くれ る」と、いう

「意味」だ、そうです。

 

「遠くの 親戚 より・近く の 他人」の「類義語」は

「下記」だ、そうです。

 

・「遠水 渇.を・救わ ず」

  (「えんすい がつ を・すくわ ず」)

 

「遠く に ある・水」は「喉 の 渇きを潤す」の、には

  (「のど の かわき を うるおす」)

「直ぐに は・役 に 立た ない」

「遠く に・ある もの」は「急の用 に・役立 た・ない」と、いう

「意味・だ」そうです。

 

「遠く の 親戚 より・近く の 他人」の「対義語」は

「下記」だ、そうです。

 

 

「私」は「2,018 年・11 月・9 日」に

「餅 は・餅屋」(「もち  は・もちや」の

「ブログ」を「投稿」しました。

 

「ブログ の・中」で

「フォーク・グループ」「海援隊」(「かいえんたい」) が

「歌った」「贈る・言葉」(「おくる・ことば」) と、いう

「歌」を「紹介」しました。

 

「私」は「1 度・紹介」した「歌手」の「別の・歌」は

「極力」「採用・しない」様「頑張って・来」ました。

「しかし」「餅 は・餅屋」を「投稿し た・時期」には

「歌手 の・プロフィール」は「紹介・して」いません。

 

「今回」「海援隊」が「歌っ・た」
「思え ば 遠く に・来たもん だ」の

「歌 と・共 に」/「海援隊 の・プロフィール」を

「紹介・させ て」「頂き」ます。

 

「思え ば  遠く に・来た  もんだ」は

「1,978 年」に「リリース」され た

「12 th・シングル」です。

 

海援隊」の「代表 作 の・1つ です」が

オリコン・順位」は「調べ・ても」
「分か・り」ません。

 

「歴史 上・の」「海援隊」は「江戸 時代・幕末」に

「坂本 龍馬」が「率いた」(「ひきいた」) 「組織」です。

 

「フォーク・グループ」の「海援隊」は

 

「1,971 年」に「3人 に・より」「結成・され」ました。

「リーダー」の「武田 鉄矢」が「坂本 龍馬」の

「ファン・だった 事」より「名付・け」ました。

 

「リーダー」で「ヴォーカル」の

「武田 鉄矢」は「1949 年・生まれ」で

「福岡 県・博多 市」「出身」の「歌手」「俳優」「タレント」

「司会・者」「作詞・家」です。

 

「マル ちゃん」「赤い きつね と・緑の たぬき」の

「C・M」で「有名」です.。

 

「キツネ・そば」「タヌキ・うどん」の
カップ・麺」を「スーパー で・探しました」が

「見つか り・ません」でした。

 

海援隊」は「1,972年」「ファースト・アルバム」

海援隊 が・ゆく」で「メジャー・デビュー」しました。

 

「1,973年」「セカンド・アルバム」「望郷 篇」に

「収録・され た」「母 に 捧げる・バラード」が

「3人 の」地道 な・活動」で「有線 放送・から」

「火 が・つき」 ました。


「大・ヒット 曲」に、なり

「自身 の・代表曲」と

「なり」ました。

 

「1,974 年」「同曲」で「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「その ・後」「しばらく」は「低迷・し」

海援隊 に・とって」は

「冬 の・時代」を「過ご・し」ました。

 

「コンサートを・開い て」も「客席 は・ガラガラ」で

「キャバレー」で「寄った・客」「相手 に・歌い」

「武田 鉄矢」は「妻 と・一緒」に「居酒屋で・皿洗い する」等

「困窮 を・極め て」(「こんきゅう を・きわめ て」) いました。

 

「1,977 年」「武田 鉄矢」の「惨・状」を

 (「さん・じょう」)

「見か ね・て」「谷村 新司」は「事務所 の・移籍」を

「進言」(「しんげん」) しました。

 

「移籍 した・事務所」は「海援隊 」の

「将来性 を・見抜 き」

「CD」の「販売・促進」等「全面・的」に

「サポート」しました。

「1,977 年」「8 th ・シングル」「あんた が・大将」を「発売」し

「ヒット・曲」と、なり「海援隊」は「突如 と・して」

「再・び」「注目 される 様 に・なり」ました。

 

「1,979年」「武田 鉄矢」「主演」の「テレビ・ドラマ」

「3 年 B 組・金八 先生」が「最高 視聴 率・39.9 %」を

「叩 き・出す」(「たたき・だす」)

「大 ヒット・作」に、なりました。

 

「同・番組」の「主題・歌」「16 th・シングル」
「贈る・言葉」は「ミリオン・セラー」と、なりました。

「1,980 年代・以降」「同曲」は「卒号・式」に「欠か せ・無い」

「定番・曲」に、なっています。

 

「餅 は・餅屋」の「ブログで も・書きまし た」が

「贈る・言葉」は「卒業 ソング では・無く」

「失恋・ソング」だと

「私」は「思って」います。

 

「紅白・歌合戦」には

 

「1,974年」の「母に 捧げ る・バラード」〜

「1,993年」の「贈る・言葉」(「2回・目」) まで

「通算・3回」「出場」しました。

 

 

海援隊」「思え ば 遠くへ・来た もん だ」

「作詞」:「武田 鉄矢」「作曲」:「山本 康世」

 

踏切り の 側に 咲く (「ふみきり の そばに さく」)

コスモス の 花 ゆらし て

貨物列車 が (「かもつれっしゃ が」) 走り 過ぎる

そして 夕陽 に (「ゆうひ に」) 消えて ゆく

十四 の 頃 の (「じゅうし の ころ の」) 僕は いつ も

冷たい (「つめたい」) レール に 耳 を あて

レール の 響き (「ひびき」) 聞き ながら

遥か な (「はるか な」) 旅路 を (「たびじ を」) 夢見 てた

思え ば 遠く へ 来た もん だ

故郷 離れ て (「ふるさと はなれ て」) 六年 目

思え ば 遠く へ 来た もん だ

この 先 どこ まで  ゆく の やら

 

筑後 の (「ちくご の」) 流れ に

小魚 釣り (「こざかな つり」) する 人 の 影

川面 に (「かわも に」) ひとつ 浮かんで た

風 が 吹く たび 揺れ て (「ゆれ て」) いた

20 歳 に (「はたち に」) なった ばかり の 僕 は

別れた 女 を 責め なが ら (「せめ  なが ら」)

いっそ 死のう と 泣いて いた

恋 は  一度 と 信じて た

思え ば 遠く へ 来た もん だ

今 では 女房 (「にょうぼう」) 子供 持ち (「こども もち」)

思え ば 遠く へ 来た もん だ

あの 頃 恋し く 思い 出す

 

眠れぬ 夜 に 酒 を 飲み

夜汽車の汽笛 (「よぎしゃのきてき」) 聞くたびに

僕の 耳 に 遠く 近く 

レール の 響き が 過ぎて ゆく

思え ば 遠く へ 来た もん だ

振り向く たび に 故郷 は

思え ば 遠く へ 来た もん だ

遠く なるよ な 気が します

思え ば 遠く へ 来た もん だ 

ここ まで 一人 で 来た けれ ど

思え ば 遠く へ 来た もん だ

この 先 どこ まで ゆくの やら

 

 

「遠く を 知り て・近く を 知ら ず」を「英吾」で「言う」と

「下記」だ、そうです。

 

 「knowing the distance and not knowing the near 」

 

 (「遠くを知りて近きを知らす」)

 

 と「言う」そうです。

 

 

 

 

 

何気なく使っている言葉の意味

「急ぎ の 文 は・静か に 書け」

 

「皆さん」は「急ぎ の 文 は・静か に 書け」と、いう

  (「いそぎ の ふみ は・しずか に かけ」)

「ことわざ」を「使った・事」は「有り」ませんか?。

 

 

「急ぎ の 文 は・静か に 書け」の「意味」は

「下記」だ、そうです。

 

・「急ぎ の・手紙 ほど」「大事 な・用件」が「多く」


 「焦っ・て」(「あせっ・て」)「早く・書こう とする」と

 「書き・誤り」や「書き・漏れ」(「かき・もれ」) が
 「多く・なる」ので「落ち・着いて」「ゆっくり・書く 方」が

 「良いと・いう」「たとえ」だ、そうです。

 

 

「急ぎ の 文 は・静か に 書け」の「類義語」は

「下記」だ、そうです。

 

・「急が ば・回れ」(「いそが ば・まわれ」)

 

 「急ぐ から と・いって」「危険 で・何がある 」か「分から・ない」

 「近道 を・選ぶ より」も「遠 い・けれ ど」
 「確実 に・辿り 着ける」(「たどり・つける」) 「道 を・選ぶ 方」が

 「賢明 な・選択 だ」と、いう「たとえ」だ、そうです。

 

・「急いて は・事 を 仕損じる」

  (「せいて は・こと を しそんじる」)

 「物事」を「焦っ て・急ぐ」(「あせっ て・いそぐ」) と

 「失敗・しやすい」事の「たとえ」

 

 「焦っ て・いろ 時」「程」(「ほど」) 「じっくり」と

 「落ち・着い て」「物事」に「取り組 む・べき」と、いう

 「教え」だ、そうです。

 

 

「急ぎ の 文 は・静か に 書け」の「対義語」を

「検索・して」も「出て・来」ません。

「急が ば・回れ」の「対義語」で「対応」します。

 

・「先ん ずれ ば・人を 制す」

  (「さきん ずれ  ば・ひとを せいす」)

 「他人・より」も「先に 事 を・行え ば」

 「有利 な 立場 に・立てる」

 「後手 後手 に・回って」は「いけない」と、いう

 「教え」だ、そうです。

 

・「思い 立った が・吉日」

  (「おもい たった が・きちじつ」)

 

 「物事 を・始め よう」と「思っ た・なら」
 「ためらう 事・無く」「すぐ に」

 「実行 に・移す」のが「良い」と、いう

 「教え」だ、そうです。

 

 

アンジェラ・アキ」は

「手紙〜 拝啓 十五 の 君へ〜」を

「歌い」ました。

 

「2,008年」に「リリース・され」た「6 th・シングル」で

「大・ヒット」し「オリコン・3位」に、なりました、

 

アンジェラ・アキ」は「1,977年・生まれ」で

「徳島 県・板野 町」「出身」の「女性」「シンガーソングライター」

「ジャズ・ピアニスト」です。

 

「アンジェラ」の「父」は

「全国・主要 都市」で「250・以上」の「英会話・教室」を

「展開・する」「イーオン」の「創業・者」の

「安芸 清」(「あき きよし」) です。

 

「母」は「イタリア 系・アメリカ 人」で

「アンジェラ」は「ハーフ」です。

 

「3歳・から」「ピアノ を・習い 始め」ました。

「15 歳 の・時」「家族 と・共に」

「ハワイ に・移住」しました。

 

「4 年制 の・ハイスクール」では「特待・生」でした。

「ハイスクール」を「卒業・後」

「1,996年」に「ワシントン・大学」「政治 経済・学部」に

「進学」しました。

 

アメリカ」には「偏差値」(「へんさち」) と、いう

「基準 は・無い」そうです。

 

「世界 大学・ランキング」で「検索・する」と
「ワシントン・大学」は「19・位」で

「東京・大学」は「36・位」でした。

 

「1・位」は「イギリス」の

「オックスフォード・大学」でした。

 

「大学 1年 生 の・時」「本格・的」に「音楽・活動」を

「開始」しました。

 

「大学 卒業・後」「ワシントン」の「会社 に・就職」し

「昼」は「秘書 と して・働き」

「夜」は「21:00」〜24:00」まで「ライブ・ハウス」で

「歌っ・て」いました。

「2,000年」「アメリカ の・インディーズ」で

「歌手・デビュー」しました。

 

「2,003年」「自作 の・楽曲」が「ヤクルト」の

「CM ・ソング」に「採用・され」ました。

「これ を・キッカケ」に「日本で の 歌手 を・目指し」

「26 歳 の・時」に「帰国」しました。

 

「あちこち」「売り 込み に・走り回りました」が

「年齢 が・足 かせ」と,、なり

「取り合っ て・くれる」「事務所」は「有り・ません」でした。

「その・間」「デモ・曲」を「500 作・以上」「作り」ました。

 

「2,005年」「インディーズ」で「ピアノ・弾き 語り」の

「ミニ・アルバム」「ONE 」を「リリース」し

「日本・での」「CD・デビュー」を「果たし」ました。

 

「地道」な「下積み の・生活」が「
「音楽・関係者」の「目 に・留まり」(「め に・とまり」)
「好調 だっ た・ミニ アルバム」の「売上 と・相まっ て」

「メジャー・デビュー」が「決定」しました。

 

「2,005年」「ファースト・シングル」「HOME」で

「メジャー・デビュー」しました。

「2,006年」「ファースト・アルバム」「HOME」を「リリース」し

「60 万枚 を・超える」「ロング・セラー」に、なりました。

 

「同年」「日本 武道館・史上」「初 と・なる」

「ピアノ・弾き 語り」「ライブ」を「開催」しました。

「以後」「武道館・ライブ」は

「毎年・開催 される」「恒例 行事 に・なり」ました。

 

「同年」「HOME 」で「紅白・歌合戦(」に

「初・出場」しました。
「2,007年」「セカンド・アルバム」「TODAY」を「リリース」し

「初」の「オリコン・1位」に、なりました。

 

「2,008年」「NHK」「全国 学校 音楽 コンクール・中学 の 部」の

「課題・曲」に「手紙〜拝啓 十五 の 君へ〜」を「提供」しました。

「同曲」は「オリコン・3位」と、なり

「大・ヒット 曲」と、なりました。

 

「2,009年」「サード・アルバム」「ANSWER」を「リリース」し

オリコン・初 登場 1位」と、なりました。

「同年」「NHK」「連続 テレビ ・小説」「つばさ」の「主題・歌」
「9 th・シングル」「愛の 季節」を「リリース」しました。

 

「2,013年」「2,014年・秋」を「以て」(「もって」)

「日本・での」「音楽・活動」を「無 期限・停止 する」と

「発表」しました。

 

「私・生活」では

 

「ワシントン に・在住 していた 頃」に「アメリカ 人・男性」と

「結婚・しました」が「離婚」しました。
「2,007年」「デビュー  前・から」「支え て・くれ た」

「音楽・ディレクター」と「結婚」しました。

「2,012年」に「男児 を・出産」しました。

 

「紅白・歌合戦」には

 

「2,006年」の「HOME」〜

「2,011年」の「One Famify」まで

「6 回・連続」で「出場」しました。

 

 

アンジェラ・アキ」「手紙〜 拝啓 十五 の 君へ〜」

「作詞」「作曲」:「アンジェラ・アキ

拝啓 この 手紙 読んで いる あなた は

どこ で なに を している の だろう

 

十五 の 僕 には 誰にも 話せ ない 

悩み の 種 が あるの です

 

未来 の 自分 に 宛てて (「あてて」) 書く 手紙 なら

きっと 素直 に 打ち明け られる だろう

 

今 負け そう で 泣き そう で 消えて しまいそう な 僕 は

誰 の 言葉 を 信じ 歩けば いい の?

ひとつ しか ない この 胸 が 何度 も ばらばら に 割れ て

苦しい 中 で 今 を 生きて いる

今 を 生きて いる

 

拝啓 ありがとう 十五 の あなた に

伝えたい 事 が ある の です

 

自分 とは 何で どこ へ 向かう べき か

問い 続けれ ば 見えて くる

 

荒れ た 青春 の 海 は 厳しい けれ ど

明日 の 岸辺 (「きしべ 」) へと 夢 の 舟 よ 進め

 

今 負け ない で 泣か ない で 消えて しまいそう な 時 は

自分 の 声 を 信じて 歩け ば いい の

大人 の 僕 も 傷ついて 眠れ ない 夜 は あるん だ

苦く て 甘い (「にがく て あまい」) 今 を 生きて いる

 

人生 の 全て に 意味 が ある から

恐れず に あなた の 夢 を 見て

Keep on believing 

 

負け そう で 泣き そう で 消えて しまい そうな 僕 は

誰 の 言葉 を 信じ 歩け ば いい の?

ああ 負け ない で 泣か ない で 消えて しまい そうな 時 は

自分 の 声 を 信じて 歩け ば いい の

 

いつ の 時代 でも 悲しみ を 避けて は 通れ ない けど

笑顔 を 見せ て 今 を 生きて いこう

 

拝啓 この 手紙 読んで いる あなた が

幸せ な 事 を 願い ます

 

 

※「文 は・人 なり」(「ふみ は・ひと なり」)

「文 は・人 なり」の「意味」は

「下記」だ、そうです。

 

・「文章・には」「書き・手」(「かき・て」) の

 「思想 や・人柄」「生き・方」等が「表れ て・しまう」為

 「文章 を・見れ」ば「書き・手」の「人 と・なり」が

 「判断・出来る」と、いう「意味」だ、そうです。

 

・「フランス」の「博物・学者」「ビュフォン」が

 「1,753年」に「開催・され」た「アカデミー・フランセーズ」の

 「演説 で・言った」「言葉」だ、そうです。

 

 

「文 は・人 なり」の「類義語」は

「下記」だ、そうです。

 

・「ペン は・剣 より も 強し」

    (「ペン は・けん より も つよし」)

 

 「言論 の・力」(「げんろん の・ちから」) は

 「武力」(「ぶりょく) より も「大き な・力」を

 「持っ て・いる」

 「文章・で」「表現 され る・思想」は「世論 を・動か し」

 「武力・以上」に「強い力 を・発揮 する」「意味」で

 「イギリス」の「政治・家」「小説・家」の
 「ヴルワー・リットン」が「言っ た・言葉」だ、そうです。

 

 

「手紙 と・電話」の「利点 と・欠点」を「検索」しました。

「しかし」「機能 の・違い のみ」の「説明・だけ」で

「情緒 の・違い」(「じょうちょ の・ちがい」) の「記載」は

「全く・ありま せん」でした。

 

「固定・電話」「公衆・電話」と「携帯・電話」の

「違い に・ついて」も「言及・されて」いません。

「私」は「字 が・下手 くそ」(「へた くそ」) です。

「それで も」「学生・時代」には「時々」

「辞書 を・片手 に」「時間 を・かけ」「思い 入れ を・込め  た」

「手紙 を・書 き」ました。

 

「手紙」は「電話で・言った 事」と「異・なり」

「相手 の・手元」に「残って・しま い」ます。

「何度・でも」「繰り 返し・読む 事」が

「可能」です。

 

「私 が 書い て・いる」「ブログ も・同じ です」が

「証拠 と して・残る」ので「嘘 や・ハッタリ」を「書く・事」も

「相手・に」「馬鹿 に・される よう」な「文章 を・書く事」も

「出来」ません。

 

「正 しい・言葉 使い」「気 の 利い た・言い 回し」を

 (「ただしい・ことば づかい」「き の きい た・いい  まわし」)

「思 い・付く」には「時間」と「辞書 で・調べ る」

「労力 が・必要」でした。

 

「恥ず か・しく」て「文字 に・出来 ない」「気持・ち」は

「行間 に・記 し」(「ぎょうかん に・しる し」)

「相手」が「読み とっ て・くれる 事」を

「願・い」ました。

 

「手紙」は「パソコン」や「携帯・電話」の

「メール の・様」に「書き・間違 え」を

「消去・して」「書き 直 す・事」が

「出来」ません。

 

「投函 する・前」(「とうかんすろ・まえ」) に

「書い た・手紙」を「読 み・返し」

「誤字」「脱字」「衍字」(「えんじ・字 余り」) や

「表現 の・誤り」を「発見 した・時」や

 

「相手 に・読ま れる」のが「恥ずか しく・なった 時」は

「手紙」を「破 り・捨て」(「やぶ り・すて」) ました。

 

「別れ た・相手」から「もらっ た・手紙」を

「大切 に・残して いる」「人 も・いる そう」です が

「私」は「すぐ・に」「焼 き・捨 て」(「や き・す て」) ました。

 

「現代・では」「スピード」が「求 め・られ て」います。

「相手 の・元」に「届 く・の に」「1 日 以上・かか る」

「手紙 を・書く 人」は「ほとん ど・いない」と

「思い」ます。

 

「通信 や・情報」の「世界」は「日進・月歩」で
「劇的 に・進歩 し続け て」います。
「パソコン や・携帯 電話」で「メール・送信 すれ」ば

「数秒 で・相手」に「届き」ます。

 

「急ぎ の 文 は・静か に 書け」や「文 は・人 なり」と、いった

「ことわざ」や「行間 を・読む」(「ぎょうかん を・よむ」) と、いった

「慣用・句」(「かんよう・く」) は

「やが て」「死語 に・なる」と「思い」ます。

 

 

「由紀 さおり」は「手紙」と、いう

「歌」を、歌いました。

 

「1,970年」に「リリース」され た「セカンド・シングル」で

オリコン・1位」に、なりました。

 

「由紀 さおり」(「ゆき さおり」) は「1,948年・生まれ」で

「群馬 県・桐生 市」「出身」の「歌手」「女優」

「タレント」「ナレーター」です。

 

「少女・時代」から「本名」の「安田 章子」で

「姉」の「安田 翔子」と「共に」

「童謡・歌手」と、して

「活躍」しました。

 

「1,969年」「由紀 さおり」の「芸名」で

「ファースト・シングル」

「夜明け の・スキャット」を「リリース」し

「メジャー・デビュー」しました。

 

「同曲」は「150・万枚」を「売り・上げ」

「ミリオン・セラー」と、なる

「大・ヒット 曲」に、なりました。

 

「同年」「同曲」で「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「1,970年」「セカンド・シングル」「手紙」が

オリコン・6 週 連続」「1位」と、なる

「大・ヒット 曲」と、なり

「日本・レコード・大賞 歌唱 賞」を「受賞」しました。

 

「歌手と して の・人気」の「一方」で

「タレント の・資質」を「見込・まれ」

「バラエティー・番組」に

「多数・出場」しました。

 

「特に」「8 時 だヨ!全員 習合」で「共演・した」
「いかりや 長介」の「指導 の・下」

「コメディアンヌ」(「女性 の・コメディアン」と、しての

「才能 を・開花 させ」「ドリフ  大 爆笑」の

「最多・ゲスト」と、なりました。

 

「1980年・代」には「テレビ・司会者」「タレント」

「女優  と、して」の「活躍 が・多く」なり

「マルチ な・才能」が「更 に・発揮 され」ました。

 

「2,011年」「世界 50 ヶ 国 以上」で「CD・発売」と

「デジタル・配信」し「ワールド・ミュージック」で「1 位」の

「快挙 を・達成」しました。

 

「姉との・歌手 活動」と、しては

 

「1,985年」「童謡・アルバム」「あの 時、この 時」を

「リリース」し「姉」「安田 祥子」と「共に」

「童謡・コンサート」を「スタート」しました。

 

「1,986年」「日本・レコード大賞・企画 賞」を

「受賞」し「童謡・ブーム」の
「火付 け・役」に、なりました。

 

「現在・でも」「歌手・活動」を「ベース」に

「テレビ・ドラマ」「CM」「音楽 番組 の・司会」等

「幅広 く・活躍 して」います。

 

「紅白・歌合戦」には

 

「1,969年」の「夜明け の・スキャット」〜

「2,012年」の「夜明け の・スキャット」 (「2回・目」) まで

「通算・13 回」「出場」しました。

 

 

「由紀 さおり」「手紙」

「作詞」:「なかにし 礼」「作曲」:「川口 真」

 

死んで も あなた と 暮らして いたい と

今日 まで つとめ た この 私  だけ ど

 二人 で 育て た 小鳥 を にが し

二人 で 描 い た この 絵  燃や し ましょ う

何 が 悪い のか 今 も わから ない

涙 で 綴り かけ た (「つづり かけ た」) 

お 別れ の 手紙

 

出来る もの なら ば 許され る の なら

もう 一度  生まれ て やり 直 し たい

二人 で 飾った レース を はずし

二人 で 開け た 窓 に 鍵 を かけて

明日 の 私 を 気づ かう こと より

あなた の 未来 を 見つめ て ほしい の

涙 で 綴り 終え た お 別れ の 手紙

涙 で 綴り 終え た お 別れ の 手紙

涙 で 綴り 終え た お 別れ の 手紙

 

 

「急ぎ の 文 は・静か に 書け」を「英語」で「言う」と

「下記」だ、そうです。

 

 「More haste less speed」

 

 (「急い で  いる・時」「程」(「ほど」)

 「スピード を・落とせ」) と

 「言う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「風上 にも・置け ない」

「皆さん」は「風上 にも・置け ない」と、いう
 (「かざかみ にも・おけ ない」) 

「ことわざ」を「使った・事」は「有り」ませんか?。

 

「風上 にも・置け ない」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「相手」の「性質 や・言動」が「余り にも 卑劣 (「ひれつ」) な・時」

 「罵っ・て」「ののしっ・て」) 「言う・言葉」だ、そうです。

 

・「相手」の「「言動や 性格 を・含め」「憎しみ の・気持ち」で

 「放た れる・言葉」の「意味」だ、そうです。

 

・「人道 を・外れ」(「じんどう を・はずれ」)

 「卑劣」(「ひれつ」) で「卑怯」」(「ひきょう」) で

 「鼻持 ち・なら ない」(「はなも ち・なら ない」)「 相手」と
 「感じた・時」に「相手 を・蔑む」(さげすむ」) 「気持ち で・使う」

 「言葉 の・意味」だ、そうです。

 

・「常軌を 逸して いる」(「じょうき を いっして いる」) ので

 「仲間 として は・到底 扱え ない」(「とうてい あつかえ ない」) と、いう

 「ニュアンス を・含み」「喧嘩・腰」(「けんか・ごし」) で「使う」

 「激しい・言葉」です。

 

・「冗談 や・冷やか し」」で「使わ・れる」言葉 では・無く」

 「強い 怒り を・伴っ て」「発せ られ  る・言葉」です。

 

・「職位 を・傘に 着て「(「しょくい を・かさに きて」)

 「新入・女子  社員」を「泣か す・なんて」

 「風上にも・置け ない」「上司・だ」と、いう様に

 「使う・のが」「一般的 な・使い方」です。

 

 

「風上 にも・置け ない」の「語源」は「下記」だ、そうです。

 

 「風下 にも・置け ない」と「誤用 する・人が 多い」そうです。

 

 「悪臭 を・放つ 人間」が「風上 に・いる」と

 「風下 に いる・多くの 人」は「不幸」です。

 

 「風上 の 人間 が 放つ・悪臭 の 影響」を

  (「あくしゅう の えいきょう」) 

 「多分 に・受け」「臭く て・困っ て」しまいます。

 

 「風上 に・嫌 な 異臭」を「放つ・人間」が「居る」と

 「その・異臭」が「風下・に」「どんどん・溜まっ て」

 「非常 に・臭くなって」しまいます。

 

 「つまり」「風上 にも・置け ない」は「風上の・悪臭」は
 「風下  に・やって くる」ので

 「異臭. を 放つ・人間」を「風上 に・置い ては」「いけない」と、いう

 「科学的 な・根拠」から「生まれ た・ことわざ」だ、そうです。

 

 

「風上 にも・置け ない」の「類義語」は「下記」だ、そうです。

 

・「人の 道 を・外れる」(「ひと の みち を・はずれる」)

 「人 と・して」「正しく ・無い」事を「しまくる」

 「悪人 の・意味」だ、そうです。

 

 

「風上 にも・置け ない」の「対義語」は

「下記」だ、そうです。

 

・「心 清 く・正しい」(「こころ きよ く・ただしい」)

 

 「人 と・して」「守る べき・事」を
 「遵守 (「じゅんしゅ」) ・する」事の

 「意味」だ、そうです。

 

 

「FLOW」は「風ノ唄」を「歌い」ました。

 

「2,016年」「31 th・シングル」と、して「リリース」され

オリコン・17位」に、なりました。

 

「Flow」は「1,998年」に「結成・された」
「5人・組」の「ロック・バンド」です。

 

「2,003年」「インディーズ」で「海援隊 の・贈る 言葉」の

「カバー・曲」を「リリース」し「30 万枚 を・超える」
「ヒット・曲」と、なり

オリコン・6位」に、なりました。

 

「同年」「プラスター」で「メジャー・「デビュー」しました。

「同曲」は「オリコン・12 位」:と、なりました。

「2,003年」「ファースト・アルバム」「SPLASH!!!!」を「発売」し

「自身・最高 位」の「オリコン・2位」と、なりました。

 

「2004年」「テレビ・アニメ」「NARUTO・ナルト」の

「主題・歌」に「採用・され」「その・後」も「話題・アニメ  作品」

交響詩篇エウノカセブン」「コードギアス 反逆のルルージュ」等

「数々 の・テレビ アニメ」の「主題・歌」に「起用・され」ました。

「2,010年」に「リリース」した「6 th・アルバム」「MICRCOSM」が

「欧米を・中心」に「世界・44 ヶ国」に「発売」し

「世界・進出」を「果たし」ました。

 

「以後」「現在・まで」「海外・20 ヶ国」で

「海外・活動」を「継続・して」います。

 

 

「Tlow 」「風ノ唄

「作詞」:「kohashi asakawa 」「作曲」:「takeshi asakawa」

 

遥か (「はるか」) その 先 へ と 君 の 旅路 を (「みち を」)

追い風 に 乗って 行こう

探す 答え(「さがす こたえ」) 易し く (「やさしく」) 見つかり は しない

最初 から わかって 踏み出し たん だ

 

何度 も 遠回り して 夢 の 足跡 (「あしあと」)

描き 足し て (「かき たし て」) いった 世界 地図 を 広げ たら

 

響け (「ひびけ」) 風ノ 唄 (「かぜの うた」)

背中 を 押す よ 目指 す 雲 は (「めざす くも は」)

ずっと もっと 高く

届け 風ノ 唄 耳 澄ませ ば (「すま せば」) 心 の 声

溢れ 出す よ (「あふれ だす よ」)

眩しい (「まぶしい」) ほど の 輝き を 放つ

君 よ 青い 旋律 (「せんりつ「) に なれ

 

気に して いない ふり して 隠し 持って いる (「かくし もって いる」)

憂鬱 が 膨れ あがって  (「ゆううつ が ふくれ  あがっ て」)

大丈夫 と 笑う けど 見上げ る 空 

そう ため息 で 滲ん で (「にじん で」) いた

 

何度 も 諦め かけ て (「あきらめ かけ て」) 

それで も やって きた

苦しみ の 果て (「はて」) 辿り 着け る (「たどり つけ る」)

場所 が ある

 

響け 風ノ 唄 耳 澄ませ ば 心 の 声 背中 を 押すよ 目指 す 雲は

ずっと もっと 高く

届け 風ノ 唄 耳 澄ませ ば 心 の 声 溢れ 出すよ 

眩しい ほど の 輝き を 放つ

君よ 青い 旋律 に なれ

 

立ち はだかる 苦悩 (「くのう」) 迷い の 数々 (「まよい の かずかず」)

同じ風 に 吹かれて いる 僕ら だか ら 歌える 唄が ある

 

響け 風ノ 唄 目 を 閉じ れば 

心 の 声 背中 押す よ 目指す 雲 は

ずっと もっと 高く

届け 風ノ 唄 耳 澄ませ ば 心 の 声 溢れ 出す よ

眩しい ほど の 輝きを放つ

君よ 青い 旋律 に なれ

 

その 願い 高く 舞い あがれ

 

 

※「風 の・吹き 回し」(「かぜ の・ふきまわし」)

 

「風  の・吹き 回し」」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「態度 が・一定 しない」で「その時 の・模様 しだい」で

 「変わる・事」の「意味」だ、そうです。

 

 「どういう」「風 の・吹き 回しか」

 「今日」は「やけ に・優しい」と、いう

 「使い方 を・する」のが「一般的」です。

 

 

「どういう」「風 の・吹き回しか」の「語源」は

「下記」だ、そうです。

 

「どういう 風の・吹き回し か」は

「思いがけ・ない」事 が「起きた・時」に「使う」

「常套・句」(「じょうとう・く」) だ、そうです。

 

「良い こと が・起きる」には「何らか の・原因 理由」が

「ある・はず」ですが「追求 する こと・無く」

「どういう」「風の ・吹き回し か」で「片付けて・しまう」のが

「一般・的」だ、そうです。

 

「逆に」「思いがけない・不幸な事」に

「遭遇 (「そうぐう」) した・場合」には

「何の・因果で」(「なんの・いんがで」) と、いう

「常套・句」を「使う」そうです。

 

「因果」とは「過去 に・自分 が 犯した」

「悪行 の・報い」(「あくぎょう の・むくい」) です。

 

「しかし」「その」「原因 や・理由」を「追求・せず」

「どいいう」「風の・吹き回しか」で「片付・け」

「自分 の ・事」を「棚 に・上げる」(「タナ に・あげる」) のが

「一般・的」 だ、そうです。

 

 

「風 の・吹き 回し」」の「類義語」は

「下記」だ、そうです。

 

・「拍子 抜け・する」(「ひょうし ぬけ・する)

 

 「こちら」が「期待していた・反応」が「全く・無い」事の

 「意味」だ、そうです、

 

・「瓢箪 から・駒 が 出る (「ひょうたん から・こま がでる」)

 「意外 な・所」から「意外な 物 が・出て くる」事の「たとえ」

 「ふざけ て・言った」事が「実現・する」事の「たとえ」

 「とうてい・ありえない」事の「たとえ」の

 「意味」だ、そうです。

 

 

「杉 良太郎」は「すきま風」と、いう

「歌」を、歌いました。

 

「1,976年」に「19 rh・シングル」と、して「発売・され」

「ミリオン・セラー」に、なりました。

 

「杉 良太郎」(「すぎ りょうたろう」) は「1,944年・生まれ」で

「兵庫 県・神戸 市」「出身」の「俳優」「歌手」です。

 

「現在 の・妻」は「演歌・歌手」の「伍代 夏子」です。

「先妻 との・間」に「俳優」の「山田 潤大」と

「二人 の・娘」が、います。

「特技」は「合気・道」で「五段 の・免許」を「持って」います。

 

「外務・省」「日本 ベトナム・特別 大使」「麻薬 追放 協会・会長」等

「数々 の・肩書」を、持っ・て」います。

「巣 立った 子供 を・含め」「100 人・以上」の
ベトナム 人 の・子供」の「里親」(「さとおや」) と、なりました。

 

「デビュー・前」の「15 歳 の・頃 から」

「刑務所 を・慰問 する」等

「50 年・以上」「社会・貢献」に

「献身的 に・尽くし」ました。

 

「主・な」「栄典・表彰 歴」と、しては

「緑綬 褒章・受賞」「紫綬 褒章・受賞」

「文化 功労 賞・受賞」等、です。

 

「数々 の・時代 劇」で「主演」し「中高 年・女性」から

「杉・様」(「すぎ・さま」) の「愛称」(「あいしょう」)で

「呼ばれ」ました。

「日本・各地」で「ディナー・ショー」を「開催」しました。

 

「幼少 の・頃」から「歌手 を・志し」

「各地 の・ノド・自慢 大会」に「出場し・続け・ました。
「しかし」「なかなか・評価 」を

「得られ・ません」でした。

 

「1,965年」「ファースト・シングル」「野郎笠」で

「念願」の「メジャー・でユー」を「果たし」ました。
「しかし」「全く・売れ ません」でした。

 

「1,967年」「NHK」「テレビ・ドラマ」

「文五捕物絵図」で「主演」し

「俳優・デビュー」しました。

 

「以後」「遠山の金さん「右門捕物帖」「新五捕物帳

一心太助」「同心暁欄之介」「大江戸捜査網」「喧嘩屋右近」等で

「連続 で・主演」しました。

 

「1,969年」〜「1,971」まで「国民・的」テレビ・ドラマ」
「水戸 黄門」で「佐々木 助三郎」こと

「初代」「助 さん・役」を「演・じ」ました。

 

「1,975年」「17 th・シングル」「なやみ」が

「10 万枚 を・超える」「ヒット・曲」に、なりました。

「1,976年」「19 th ・シングル」「すきま風」を「リリース」し

「ミリオン・セラー」に、なりました。

 

「最近 の・テレビドラマ」では「2,018年」に

「TBS‘・系 列」で「放送・され」た「テレビ・ドラマ」
「下町・ロケット」に「出演」しました。

 

「帝国 重工・社長」「藤間 秀樹」の「風格 ある・演技」が

「私 に・とって」「記憶 に・新しい」「役柄」です。

 

 

「杉 良太郎」「すきま風」

「作詞」:「いで はく」「作曲」:「遠藤 実」

 

人を 愛し て 人は 心 ひらき

傷つい て すきま風 知る だろう

いいさ それで も 生きて さえ いれば

いつ か やさしさ に めぐり あえる

その 朝 おまえ は 小鳥 の ように

胸に 抱かれ て 眠れ ば いい

 

夢を 追いかけ 夢に 心 とら れ

つまづい て すきま風 見る だろう

いいさ それ でも 生きて さえ いれば

いつ か ほほえみ に めぐり あえる

その 朝 おまえ は 野菊 の ('「のぎく の」)  よう に

道 の ほとり に 咲い たら いい

 

いいさ それ でも 生きて さえ いれば

いつ か ほほえみ に めぐり あえる

その 朝 おまえ は すべて を 忘れ

熱い 涙 を 流せ ば いい

 

 

「風上にも・置けない」を「英語」で「言う」と

「下記」だ、そうです。

 

「He is intolerable insufferable a repulsive fellpw」

 

(「風上 にも・置け ない」「奴だ」(「やつだ」) と

「言う」そうです。