何気なく使っている言葉の意味

「大袈裟」

 

「皆さん」は「大袈裟」(「おおげさ」) と、いう「慣用句」を「使った事」が

「有り」ませんか?。

 

「大袈裟」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「袈裟」(「けさ」) とは「僧侶が・着る」「法衣の袈裟」(「ほうえのけさ」) の、事で

 「階級」に、より「着る袈裟の・色」が「変わり」ます。

 「大袈裟」とは「僧侶」が「必要以上に・大きな」「袈裟を・着る事」です。

 

・「物事や・話」を「実際以上に・誇張 (「こちょう」) する事」です。

 

・「必要以上」に「大きな・仕掛け」を「作る事」です。

 

 

「大袈裟」の「類義語」と、して「下記」が「有る」そうです。

 

・「針小棒大」(「しんしょうぼうだい」)

 

 (「針ほどの・小さな物」を「棒ほどに・大きく」「言う」

 「些細」(「ささい」) な「物事」を「おおげさに・誇張」(「こちょう」)して「言う」)

 

・「大言壮語」(「たいげんそうご」)

 

 (「自分の・実力」を「超えていて」「出来そうもない・難題」を「出来る」と「言う」)

 

・「仰々しい」(「ぎょうぎょうしい」)

 

 (「大袈裟」を「更に・誇張」した「言葉」)

 

 

「大袈裟」の「対義語」と、して「下記」が「有る」そうです。

 

・「控えめ」(「ひかえめ」)

 

 (「思うままに・表現」せず「内輪」(「うちわ」) に「とどめる事」)

 

・「謙虚」(「けんきょ」)

 

 (「控えめで・有り」「慎ましい  (「つつましい」) 事」

 「自分の・能力等」に「おごることなく」「へりくだり」「素直に・人の意見を聞く事」)

 

 

「大袈裟な人」の「心理」や「特徴」は「下記」だ、そうです。

 

・「自分の思いを・理解して欲しい」

 

 「甘く・見られたり」「軽く・あしらわれたり」する事に「不満を・抱く人」は

 「大袈裟な・表現」を、してでも「自分を」「理解して・欲しい」と、いう

 「欲求が・強い」そうです。

 「大袈裟な・表現」には「嘘」や「作り話」が「含まれる事が・殆ど」だ、そうです。

 

・「注目を浴びたい・目立ちたい」

 

 「大袈裟な・表現」を、しで「注目を・浴びる事」「目立つ事」に「喜びを・感じ」

 「快感を覚えている・人」が、いるそうです。

 「同じ事を・繰り返している」と「だんだん」に「見放されて・しまう」そうです。

 「童話」「オオカミ・少年」の、様に「話を信じてくれる人が・いなくなる」そうです。

 

・「人からの評判を・良くしたい」

 「見栄を張る・という意味」で「大袈裟な・人」が、いるそうです。

 「過去の栄光を・かなり盛り」「大袈裟に・伝え」「尊敬されたい」と
 「願っている」そうです。

 「他人の・自慢話」は「聞き苦しい・物」です。

 

 

「Super fly」は「大袈裟だけど受け取って」の「歌詞」の、ある

「愛をこめて花束を」と、いう「歌」 を、歌いました。

 

「スーパーフライ」は「2,004年」に「越智 志保」と「多保 孝一」に、より「結成」された

「音楽・ユニット」です。

 

「2,007年」「ハロー・ハロー」で「デビュー」しました。

「同年」「多保 孝一」が「脱退」し「越智 志保」(「おち しほ」) のみの

「ソロ・ユニット」に、なるも「Super tly」の「芸名」は「継続」しました。

 

「2,008年」「愛をこめて花束を」を「発表」し「自身最大の・ヒット曲」と、なり

オリコン・1位」と、なりました。

「2,010年」「My Best Of My Lire」が「全国選抜高校・野球大会」の

「入場行進曲」に、なりました。

「同年」「Wild flower & Cover Songs : Complete Best」で

オリコン・1位」と、なりました。

 

「2,015年」「Beautiful」で「紅白・歌合戦」に「初出場」しました。

「2,017年」「愛をこめて花束を」で「2度目の・紅白出場」を、しました。

「2,018年」「34歳の・時」「ロックバンド」「フジファブリック」の「メンバー」

「金澤 ダイスケ」との「結婚を・発表」しました。

 

「同年」「Girts」で「3度目の・紅白出場」を、しました。

「2,019年」「TBS・火曜ドラマ」「わたし、定時で帰ります」の「主題歌」

「Ambitious」を「書き下ろし」「歌い」ました。

NHK連続テレビ小説」「スカーレット」の「主題歌」「フレア」を

「書き下ろし」「歌い」ました。

 

 

「Superfly」「愛をこめて花束を」「作詞」:「越智 志保」「作曲」:「多保 孝一」

 

二人で 写真を 撮ろう 懐かしい この景色 と

あの日と 同じポーズ で おどけて みせて 欲しい

 

見上げる 空の青さ を 気まぐれ に 雲は 流れ

キレイな ものは 遠くに あるから キレイ なの

 

約束した とおり あなた と

ここに こられて 本当に 良かった わ

この 込み上がる 気持ち が 愛じゃない なら

何が 愛か わからない ほど

 

愛を こめて 花束 を 大袈裟 だけど 受け取って

理由なんて 訊かない (「きかない「) で よね

今だけ すべて 忘れて 笑わないで 受けとめて

照れて いないで

 

昨日 (「きのう」) と よく似た 今日は 何気ない 別れ道を

分かって 選び そびれた 臆病の せい でしょう

 

私は 泣くのが 得意で

最初から 慰め (「なぐさめ」) を 当てに してたわ

何度も 間違った 道 選び 続けて

正しく ここに 戻って きたの

 

巡り巡る 時 (「めぐりめぐるとき」)を 超え いつも あなたの 所へと

この 心 舞い戻って (「まいもどって」) ゆく

無理に 描く (「えがく」) 理想より 笑い合える 今日の 方が

ずっと 幸せね

 

violet.indigo.black.and.blue  (「青味が強い・紫色」「藍色」「黒色」「青色」)

 flame.yellow.purple.sKyblue  (「炎の様な・赤色」「黄色」「赤味が強い・紫色」「空色」)

pink.yellow.green.ash.brown (「ピンク・明るい・赤色」「黄色」「緑色」「茶色」)

あなたに 贈る 色は・・・?

 

巡り巡る 時を 超え いつも あなたの 所へ と

この 心 舞い戻って ゆく

ありがとう も 言い出せず に 甘えて いた

今日 ここへ 来る までは

 

愛を こめて 花束を 大袈裟 だけど 受け取って

理由なんて 訊かない でね

今だけ すべて 忘れて 笑わないで 受けとめて

本当の わたし を

 

いつまでも そばに いて

 

 

※「自然薯・栽培」(「じねんじょさいばい」)

 

 私は「ブログ」で「自然薯・栽培」に、ついて「大袈裟」に「書いて」きました。

 

「天狗」(「てんぐ」) は「伝説上の・生き物」で「人を・悪の世界」に「導く」

「妖怪」(「ようかい」) です。 

「天狗に・なる」の「意味」は「自分を・過大評価」し「いい気になって・自慢する」です。 

 

「天狗」は「慢心の・権化」(「まんしんのごんげ」) と「言われ」

「高い鼻」は「その・象徴」です。

「因みに」「ピノキオの鼻」は「嘘をつく度に・伸びた」そうです。

 

 私は「自然薯・栽培」に、於いて「高慢ちき」(「こうまんちき」) に「成って」いました。
「謙虚さ」を「何処かに」「置き忘れて・しまって」いました。

「自分の・考えた通り」に、やれば「成功する」と
「傲慢」 (「ごうまん」) に・なって」いました。

 

「現実に・於いて」「想定を遥かに凌ぐ (「しのぐ」) ・厳しさ」を「経験」しました。

「いくつかの・ミス」を「犯し」ました

「台風・15号」と、いう「自然の・猛威」の、前に「自分の・無力さ」を「痛感」しました。

「私が・思い描いていた」のは「絵に描いた・餅」(「えにかいたもち」) でした。

 

「金魚の池を・借り」「餌やりを・お願い」している「田村さんの・奥さん」との

「約束を・守る」為「20本・近く」「掘って」みました。

「結果」は「当初の希望」を「遥かに・下回り」ました。

 

「姿を・消して」しまった「種芋」(「たねいも」) も「有り」ました。

「植えた・種芋」より「小さい・自然薯」も「数多く・有り」ました。

「その中」で「かろうじて」「手の親指位の・太さ」で「長さ・80cm位」の
「自然薯・3本」を「田村さんの・奥さん」に「手渡し」ました。

 

「先端の・10cm位」は「細すぎて・調理には不適」なので

「来年の・種芋」に「残し」ました。

「今年・生まれ変わった」「自然薯」は「掘らずに・来年の種芋」と、する事にしました。

 

「翌日」「気になった」ので「田村さんの・奥さん」に「電話」しました。

「奥さん」は「第一声」で「美味しかったよ!」と「言ってくれ」ました。

「私が言い残した・様に」「皮ごと・すりおろした」そうです。

 

「粘りが・強い為」「ダシ醤油で・伸ばし」「刻みのりと・わさび」を「少し・加え」
「とろろ・ご飯」で「食べた」そうです。

「3人家族」でも「十分に・足りた」そうです。

「腐っても・鯛」と、いう「ことわざ」が「有り」ますが「小さくても・自然薯」でした。

 

「今年」の「自然薯・栽培」は「私の・完敗」でした。

「天狗位に・長くなって」いた「鼻」は「ポキンと・折れ」「短く」なりました。

「私は」「改めて」「世の中は・思い通りにならない」事を「思い知らされ」ました。

「負け惜しみで・無く」「失敗して・良かった」と「思い」ました、

 

「神様」は「私が・天狗になり」「傲慢に・ならない様」「咎めて」(「とがめて」)

「諫めて」(「いさめて」)「忠告して」くれた」、と「思って」います。

 私は「自然薯・栽培」の「完敗」を「祝い」「一人・ワイン」で「乾杯」しました。

 

 

「長渕 剛」は「乾杯」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「今年の・9月」に「投稿した・ブログ」「逆転の発想」で

「とんぼ」と、いう「歌」と、共に「長渕 剛」の「プロフィール」は
「紹介・済」です。

 私は「同じ歌手の・歌」は「極力」「使わないつもり」で、いました。

 

 しかし「今回」は「どうしても」「この歌で・終わらせたい」と「思い」

「スタート・地点」を「決め」ました。

「足枷を・外せば」(「あしかせをはずせば」)

「切り口の・発想」は「広がり」ます。

 

「長渕 剛」「乾杯」「作詞」:「長渕 剛」「作曲」:「長渕 剛」

 

かたい 絆に (「きずなに」) 想いを よせて

語り尽く せぬ 青春の 日々

時には 傷つき 時には 喜び

肩をたたき あった あの 日

 

あれから どれくらい たったの だろう

沈む 夕日を いくつ  数えたろう

故郷 (「ふるさと」) の 友は 今でも 君の

心の中に いますか

 

乾杯! 今 君は 人生の

大きな 大きな 舞台に 立ち

遥か (「はるか」) 長い道のり を 歩き始めた

君に 幸せ (「しあわせ」) あれ!

 

キャンドルライト の 中の 二人を

今こうして 目を 細めてる

大きな 喜びと 少しの さみしさを

涙の 言葉で 歌い たい

 

明日 (「あす」) の 光を 身体 (「からだ」) に あびて

振りかえらず に そのまま 行けば よい

風に 吹かれて も 雨に 打たれて も

信じた 愛に 背を 向ける な

 

乾杯! 今 君は 人生 の

大きな 大きな 舞台に 立ち

遥か 長い道のり を 歩き 始めた

君に 幸せ あれ!

 

乾杯! 今 君は 人生 の

大きな 大きな 舞台に 立ち

遥か 長い 道のりを 歩き 始めた

君に 幸せ あれ

君に 幸せ あれ

 

 

「大袈裟」を英語」で「言う」と

 

「on a large scale」

 

 (「大仕掛けに」)

 

 と「言う」そうです。

 

 

何気なく使っている言葉の意味

「噂をすれば影がさす」

 

「皆さん」は「噂をすれば影がさす」(「うわさをすればかげがさす」) と、いう

「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。

「テレビドラマ」等を「見ている」と「噂をすれば何とやら」と、いう「言葉」は

「良く・耳にします」が「影がさす」と、いう「言葉」は「使って」いません。

 

 

「噂をすれば影がさす」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「その場にいない人」の「噂話」(「うわさばなし」) を、していると「タイミング・良く」

 「噂話の・本人」が「現れる」

 

・「噂話」は「いつか・当人の耳に入る」ので「人の・噂話」は、

 「するべきで・ない」と、いう「戒め」(「いましめ」)

 

 

「噂をすれば影がさす」の「語源」は「下記」だ、そうです。

 

 

・「江戸時代・後期」の「擬作者」(「ぎさくしゃ」)

 「十返舎一九」(「じっぺんしゃいっく」) が「書いた」「滑稽本」(「こっけいぼん」)

 「東海道中膝栗毛」(「とうかいどうちゅうひざくりげ」) の、中での「言葉」

 

・「噂話も・ほどほどに」と、いう「戒め」の「言葉」

 

 

「噂をすれば影がさす」の「類義語」は「下記」だ、そうです。

 

・「噂をすればむしろを敷け」(「うわさをすればむしろをひけ」)

 

 (「噂をすれ」ば「その当人が・現れる事が多い」ので「その人の為に・席を用意しておけ」

 「軽々しく・噂話」を「するものでは・ない事」の「戒め」)

 

・「虎を談ずれば虎至る」(「とらをだんずればとらいたる」)

 

 (「虎の・話」を、いていたら「気が付くと」「そばに・虎がいる」)

 

・「誹り者門に立つ」(「そしりものかどにたつ」)

 

 (「他人を・悪く言う」と「当の・本人」が「家の前に・現れた」

 

 

「噂をすれば影がさす」の「対義語」を「検索」しても「出て来」ません。

 

・「虚心坦懐」(「きょしんたんかい」)

 

 (「何のわだかまりも無い・素直な心」で「事に・のぞむ」)

 

・「明鏡止水」(「めいきょうしすい」)

 

 (「邪念」(「じゃねん」) が「無く」「心が澄み切った・様子」を「表す・言葉」)

 

 辺りが「妥当」な「気が」します。

 

 

「くしゃみをすると・噂されている」と、いう「ことわざ」が「有り」ます。

 

「くしゃみ」は「意識的」に「出したり・止める事」は「出来」ません。

「くしゃみの・回数」に、より「下記の・意味」が「有る」そうです。

 

・「1回の・くしゃみ」の「場合」は

 

 「誰か」に「褒められている」(「ほめられている」)

 

・「2回の・くしゃみ」の「場合」は

 

 「誰か」に「悪口の・噂話」を「されている」

 

・「3回の・くしゃみ」の「場合」は

 

 「誰か」に「惚れられて・いる」(「ほれられている」)

 

・「4回の・くしゃみ」の「場合」は

 

 「風邪 」(「かぜ」) を、ひいてしまった」

 

「他の・解釈」も「有る」そうです。

「気になる・人」は「調べて」下さい。

 

 

「柴崎 コウ」(「しばさきこう」) は「影」(「かげ」) と、いう「歌」を、歌いました。

 

「柴咲 コウ」は「1,981年・生まれ」の「女優」「歌手」「実業家」です。

「1,998年」「映画」「CD」・「バトル・ロワイヤル」で「女優・デビュー」しました。

「CD」で「日本アカデミー賞」を「受賞」しました。

「2,014年」「劇団ひとり」が「初監督」を、して「話題と・なった」

「青天の霹靂」(「せいてんのへきれき」) で「ヒロイン」を「演じ」ました。

 

「テレビドラマ」では「2,003年」に「GOOD LUCK!」で「最高視聴率」「37%」を

「叩き出し」ました。

「2,017年」「NHK大河ドラマ」「おんな城主・直虎」で「井伊 直虎」を「演じ」ました。

 

「2,002年」「Trust my feelings」で「歌手・デビュー」しました。

「2,003年」「月のしずく」が「ミリオン・ヒット」し「オリコン・1位」と、なりました。

「2,004年」「かたちあるもの」が「オリコン・2位」と、なりました。

「2,006年」「影」が「オリコン・2位」を「記録」しました。

 

「実業家」と、しては「2,018年」「衣・食・住」を「テーマ」と、した

「ファッション・ブランド」「ミヴァコンス」を「立ち上げ」ました。

 

「2,018年」「環境省」の「環境特別広報・大使」に「任命」されました。

「同年」「アンバザダー」(「大使」) と、して「伊勢神宮」に「月のしずく」を

「奉納」しました。

 

 

「柴崎 コウ」「影」「作詞」:「柴崎 コウ」「作曲」:「渡辺 未来」

 

「僕は今 どこに いるの だろう」

そんな 立ち位置 など

たいして 興味は ない

対 (「つい」) に なる 棘 (「とげ」) たち

頼り (「たより」) など はじめ から

持ち合わせて いない

穏やかさ (「おだやかさ」) などは きっと

味わうことは ない

 

ah そうして 重みを (「おもみ」) 伏せて (「ふせて」) も

交わう (「まじわう」) ことは できぬ

愛すべき 連れ人 (「つれびと」)

 

悲しみ もつのは そう 僕の

残る わずかな 強さ

君の幻 (「まぼろし」) 見る

一人など 怖くない

・・・そっと つぶやいた

 

昔、僕の母が 言ってた

「ここ には なにも ない

探し物 (「さがしもの」) は 私達

なにも 持って いない

 

せめて 底へ 沈まぬ ためにも

未知なる 種 (「たね」) を もった

君の 後ろ姿・・・

壊れかけて た 夢を 繋ぎ (「つなぎ」)

今日を 無事に 終わろう

君を 取り囲ん で

唯一の 糧 (「ゆいつのかて」) にする

・・・そっと つぶやいた

 

君が 幸せ 掴む (「つかむ」) ように

偽日 (「にせび」) に なり 祈ろう (「偽日」とは「造語」で「偽りで・作り出された日々?」)

少しの 念 (「ねん」) こぼし

その先に 残るのは

呼吸 (「こきゅう」) の あと だけ

 

 

 

※「根も葉もない」(「ねもはもない」)

 

「根も葉もない」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「何の根拠もないこと」

 

・「根も葉もない・噂」(「うわさ」) や「根も葉もない・悪口」(「わるくち」) や

 「根も葉も無い・嘘」(「うそ」) が「代表的な・使用例」だ、そうです。

 

 

「根も葉もない」の「類義語」は「下記」だ、そうです。

 

・「事実無根」(「じじつむこん」)

 

 (「根拠となる・事実が無い」)

 

・「口から出まかせ」(「くちからでまかせ」)

 

 (「思いつくまま」に「でたらめな内容」を「話す事」)

 

・「根拠薄弱」(「こんきょはくじゃく」)

 

 (「確固たる・根拠がない事」)

 

 

「根も葉もない・噂」を「流したり」「根も葉も無い・悪口」を「言ったり」

「根も葉もない・嘘」を「言う」のは「下記の様な人」だ、そうです。

 

・「他人に対する・嫉妬心」(「しっとしん」) の「強い・人」

 

・「自分が打ち負かされた事に対する・復讐心」(「ふくしゅうしん」) の「強い・人」

・「実生活で感じ」た「妬み」(「ねたみ」)「嫉み」(「そねみ」)「僻み」(「ひがみ」)

 「辛み」(「つらみ」) を「発散」する為に「快楽目的」で「行動する・力」の「強い・人」

 

・「自分こそが・正義」だと「信じ込み」「自分と違う考え方をする・人」や

 「反抗する・人」を「使えない・人間」と「思い込む・力」の「強い・人」

 

・「単純」に「話を盛り上げよう」と「根も葉もない・噂・悪口・嘘」を
 「罪悪感・無し」で「平気で話す・力」が「強い・人」

 

「ここだけの話・だけれど」と「発せられ」た「根も葉もない」

「悪質」な「噂・悪口・嘘」は「悪事千里を走る」が、如く (「ごとく」)

「あっという間」に「広まる」でしょう。

「周りの人の・態度」が「急に・よそよそしく」「成ったり」したら

「根もない噂・悪口・嘘」を「流された・可能性」が「有り」ます。

 

「人の噂も・七十五日」と「言い」ますが「人の・心の中」に「植え付けられた」

固定観念」「偏見」(「へんけん」は「誤解を・晴らす」「機会が・無ければ」

「払拭」(「ふっしょく」)「出来」ません。

「ある時」「上司と個別・面接」する「機会」が「有り」ました。

「上司」は「面接した・全員」に「同じ質問を・した」そうです。

「私の面接の・順番」に、なりました。

 

「上司は・私に質問しかけ」て「途中で」

『「あっ、○○さん」に「意見を・訊いて」(「きいて」) も

「どうせ・分からない」だろうから「訊くだけ・無駄だね」』と

「視線を逸らし」(「しせんをそらし」)「話の腰を・折って」しまいました。

「上司から」「投げかけられた・質問」は「私が得意とする・分野」でした。

「言葉に出して・言った事」は「有りません」でしたが「他の誰よりも・熟知している」と

「自負」(「じふ」) して、いました。

「私」は「馬鹿らしく」なり「反論」も「言い訳」も、しませんでした。

 

「話題も無く」「面接」は「あっという間」に「終わり」ました。

「上司」は「私の・仕事振り」を「見て」いませんでした。

「誰かが・立て」た「根も葉もない・噂・悪口・嘘」が
「上司の耳に・届いていた」のだと「思い」ました。

 

「根も葉もない・噂・悪口・嘘」を「平気で言う・人」は

「自分のなした・行為」が「人の人生を・変えてしまう」「可能性が・有る」との

「認識」を「全く・持って」いません。

「自分の不平・不満」を「他人に・すげ替える事」は「許されざる・行為」です。

 

「根も葉もない・噂・悪口・嘘」を「言った・人」は「名誉毀損」(「めいよきそん」) で

「訴えられる・可能性」が「十分に・有る」ので「注意して」下さい。

 

「訴え」を「裁判所が・認めれ」ば「慰謝料」(「いしゃりょう」) を「支払うと・共に」 

名誉毀損罪」(「めいよきそんざい」) で「3年以下の・懲役」若しくは「禁固」(「きんこ」)

 又は「50万円以下の・罰金」の「判例」(「はんれい」) が「数多く」「有り」ます。

「勿論」「仕事」も「懲戒免職」(「ちょうかいめんしょく」に、なります。

 

「前歴」(「ぜんれき」) は「警察官」「検察官」に「逮捕された・時点」で「付き」ます。

「前科」(「ぜんか」 ) は「裁判で・有罪判決」を「受けた・時点」で「付き」ます。

「前歴者」も「前科者」も「指紋」(「しもん」) を「取られ」ます。

「日本の・司法制度」を「甘く見ている」と「痛い目に・逢いかね」ません。

 

 

「C & K」は「根」と「葉」の「歌詞」が「有る」「クローバーとダイヤモンド」と、いう

「歌」を、歌いました。

 

「シーアンド・ケー」は「2,007年」に「結成」された「男性・2人組」の「ユニット」です。

「フォーク」〜「歌謡曲」まで「幅広い・ジャンル」を「2人の・感性」で「歌い」ます。

文教大学・在学中」に「出会い」「バンド」を「結成」しました。

「2,008年」「60億分の1」で「デビュー」しました。

 

「同曲」は「オリコン・12位」を「記録」しました。

「以後」は「全国を・回る」「ライブ・活動」を「主軸」とし「活動」』しました。

「耳を疑うような・美声?」の「男性2人組・ユニット」と「評され」ました。

「2,014年」「マリンメッセ・福岡」での「単独・ライブ」で「1万人」を「動員」しました。

 

「2,016年」「福岡県・中道浜公園」での「野外・ライブ」で「2万人」を「動員」しました。

「2,018年」「クローバーとダイヤモンド」を「リリース」しました。

「2,019年」「6th・アルバム」「TEN」を「発売」「オリコン・5位」を「獲得」しました。

 

 

「C & K」「クローバーとダイヤモンド」「作詞」:「CLIEVY」「作曲」:「CLIEVY」

 

今までの 悩み、苦悩 は

明日の 夢の種 (「ゆめのたね」)

冬を 越えれば 芽がでる のか?

そこで ツボミが 開く のか?

ストーリー

辛いこと (「つらいこと」) ばかり

今は 根をはり

枯れず 大切に 咲かせる 白い花

 

雨の日も 風の日も 負ケズニ

ここに 立ち続け たい

晴れの日 は 大空に 向かって

伸びてく 四つ葉 の クローバー

我が道 を 堂々と

揺るがない 心

行く道 は 煌々と (「こうこうと」)

太陽が 照らしてる

 

今までの 涙、苦労 は

誰と 何の 為?

10年 (「つきひ」) を かけて 見つけたんだ

これは 誰にも 渡さない

ストーリー

続く 物語

1人じゃ 辿り着く (「たどりつく」) ことの できない

また 新たな 旅に

 

荒れ果てた 海原 (「うなばら」) に

航海に 出て 後悔は ない

星のない 大空で

頼りは 路示す (「みちしめす」) ダイヤモンド

我が道 を 堂々と

揺るがない 心

行く道は 煌々と

未来は 輝いてる

 

見えない ゴール

不安な日 も ある

めげず に 前に 進んで ゆく

愛の スコール

鳴り止まぬ (「やまぬ」)  アンコール

声を 聞かせてよ!

 

雨の日も 風の日も 負ケズニ

ここに 立ち続け たい

晴れの日 は 大空に 向かって

伸びてく 四つ葉 の クローバー

荒れ果てた 海原に

航海に 出て 後悔は ない

星のない 大空で

頼りは 路示す ダイヤモンド

我が道 を 堂々と

揺るがない 心

行く道 は 煌々と

未来は 輝いてる

 

 

「噂をすれば影がさす」を「英語」で「言う」と

 

「speak of the devil」

 

 (「悪魔の話をすると、悪魔が出て来る」

 

 と「言う」そうです。

何気なく使っている言葉の意味

「一期一会」

 

「皆さん」は「一期一会」(「いちごいちえ」) と、いう「四字熟語」を

「使った事」は「有り」ませんか?。

 

「一期一会」を「座右の銘」 (「ざゆうのめい」) に、している・人」は「多い」そうです。

 

 

「一期一会」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「一期」(「いちご」) とは「一生」「生涯」の「意味」です。

 「一会」(「いちえ」) とは「一度の・機会」「一度の・出会い」の「意味」です。

 「一期一会」は「一生に一度の・出会い」「生涯に一度の・出会い」の「意味」です。

 「出会いを・大事にする」と、いう「意味」で「使い」ます。

 

・「初めて出会う人だけに・使う言葉」と「勘違いしている・人」が「多い」そうです。

 

・「同じ人と・何回出会って」も「その人との・出会い方」は

 「生涯」(「しょうがい」) に、於いて「一回しかない」と、いう「意味」で「使い」ます。

 

・「身近な・人」でも「毎回の・出会い」を「大切に・しよう」と、いう「意味」で

 「使い」ます。

 

・「今日という日は・一期一会」「今の出会いも・一期一会」

 「日々の出会いを・大切にしよう」と、いう「意味」で「使い」ます。

 

 

「一期一会」の「類義語」は「下記」だ、そうです。

 

・「一世一代」(「いっせ、いちだい」)  

 (「いっせい、いちだい」) と「読むのは・間違い」)

 (「一生に・一度だけあること」)

 

・「千載一遇」(「せんざいいちぐう」)

 

 (「またと無い、絶好の機会のこと」)

 

 

「一期一会」の「対義語」を「検索」しても「出て来」ません。

 

・「日常茶飯事」(「にちじょうさはんじ」)

 

 (「毎日のことで、ありふれている」

 「いつものことの様に、平凡に起こる事柄」)

 

 辺りが「妥当」な「気が」します。

 

 

「一期一会」を「大切にする人」は「下記の様な・考え」を「持っている」そうです。

 

・「過去でも・未来でも・無く」「今を大切に・生きる」

 

 「過去の・出来事」は「時の経過」が「薄めて」くれます。

 「未来への・不安」を「感じ過ぎる」と「萎縮」(「いしゅく」) して、しまいます。

 「今・この瞬間」に「縁があった」「一期一会」を「大切に・する事」で

 「未来・への」「新たな・可能性」が「広がって行く」かも「知れ」ません。

 

・「どんな人」からでも「学ぶ・チャンス」が、有る」

 

 「固定観念の・強い人ほど」「井の中の蛙・大海を知らず」に「なりがち」です。

 「一期一会」を「大切にし」「出会った人と・話をし」「交流を・深める」と

 「今までの自分に・無かった」「新たな気付き・考え方・価値観」を

 「得られる・チャンス」が「生まれるはず」です。

 

・「人に対して」「感謝の気持ち」が「芽生える」

 

 「人に対しで」「感謝の念を持って・接する」と「人間関係が・良くなり」ます。

 「一期一会」とは「生まれてから・死ぬまで」の「一生の中」での「人との・出会い」を

 「大切に・考える事」です。

 「従って」「一期一会」を「大切にする・人」は「感謝の・念」を「持って」います。

 

・「人を思いやる事」が「できる」

 

 「心に余裕が・無い」と「相手を・傷つける様な事」を「言って・しまった」り

 「辛く当たって・しまう事」が「有り」ます。

 「一期一会」を「大切にする・心持ち」には「心の・余裕」が「生まれ」ます。

 「従って」「相手を・思いやる事」が「出来」ます。

 

 

「北原 ミレイ」は「愛は一期一会」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「北原 ミレイ」は「1,948年・生まれ」の「歌手」です。

「1,970年」「ざんげの値打ちもない」で「デビュー」しました。

「迫力有る・歌唱力」は「高く・評価」されました。

「1,975年」「石狩晩歌」が「ヒット」しました。

 

「他に」も「マゼンダの黄昏に」「ベネチアの雪」「忘れないで」「雨の物語」等

「若い世代の・人達」にも「曲の・良さ」を「分かって・もらえる」と「思い」ます。

北原ミレイ」が「紅白・歌合戦」に「1度も・出場していない」事を「知り」

 私は「驚き」ました。

 

 

「北原 ミレイ」「愛は一期一会」「作詞」:「たきの えいじ」「作曲」:「玄 哲也」

 

幸せ 計る (「はかる」) ものさし が ありますか

時を 戻す 時計が ありますか

人生 は ひと幕 だけの 劇場

続きの ない 物語

愛は  一期一会 一瞬  (「いっしゅん」)  の キセキ

あなたに 逢えて 良かった

愛は  一期一会 いつもそばにいて

生きて 行ける 一秒先 (「いちびょうさき」) の 未来へ  (「みらいへ」)

 

自慢に 出来る 過去なんて ないけれど

歩いて きた 一人で ひたむき に

淋しさ (「さびしさ」) が 友達 だった いつ でも

あなたに 逢う 昨日 (「きのう」) まで

愛は  一期一会 熱くなる 心

目と 目で 全て わかる の

愛は  一期一会 強く 抱きしめて

離さ ないわ 眠って いても この手 は

 

生きて 行ける 一秒先の 未来へ

 

 

※「一日千秋」(「いちじつせんしゅう」)

 (「いちにちせんしゅう」) は「読み・間違い」です。

 

「一日千秋」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「千秋」とは「具体的な・数」では無く「非常に・長い」と、いう「意味」です。

 

・「秋」が「使われで」いるのは「中国」では「秋を基準」に「1年を数えていたから」です。

 「中国にも・四季」が「有り」ますが「秋以外の・季節」(「9ヶ月」) を

 「三秋」 (「さんしゅう」) と「呼ぶ」そうです。

 

・「1日がとても長く・感じられ」「待ち遠しく・思う事」です。

・「逢いたい人と・逢える事」や「楽しみな・事」を「控え」

 「早くその日・その時」に「ならないかな」と「強く待ち望んでいる・人」の

 「心持ち」です。

 


「一日千秋」の「類義語」と、して「下記」が「有る」そうです。

 

・「一日三秋」(「いちじつさんしゅう」)

 

 (「相手を恋しく思い・逢えるのが待ち遠しい」)

 

 

MISIA」は「逢いたくていま」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「ミーシャ」は「1,978年・生まれ」の「歌手」です。

「本人以外」の「家族・4人」は「全て・医者」です。

「5・オクターブ」の「音域を持つ・歌声」で「アジアを代表する・歌手」です。

「1,998年」「つつみ込むように・・・・」で「デビュー」しました。

 

「デビュー・アルバム」「Mother Father Brother Sister」は「250万枚」を「売上」ました。

「2,000年」「テレビドラマ」「やまとなでしこ」の「主題歌」「Everything」は

「200万枚」を「売上」ました。

 

「以後」「活動の拠点」を「海外に・移し」ました。

「社会貢献・活動」「慈善・活動」にも「積極的に・取り組み」

「国連」の「名誉・大使」も「務め」ました。

 

「2,009年」「逢いたくていま」を「リリース」しました。

「2,009年」〜「2,010年」に、かけて「ロング・ツアー」

「星空のライヴ V Just Ballade」を「開催」しました。

「デビューからの・累計」で「250万人・以上」の「観客動員数」を「記録」しました。

 

「2,012年」「アメリカ・ワシントン」で「開催された」「桜祭り」に「出演」しました。

「前年に・起きた」「東日本大震災に・際し」「アメリカから・寄せられた」

「多くの・支援」に「感謝の・メッセージ」を「送り」ました。

「Everything」「明日へ」等を「熱唱」しました。

 

「2,012年」「デビュー・14年」に、して「紅白・歌合戦」に「特別・出演」し

「アフリカ、・ナミブ砂漠」からの「中継」で「Everything」を、歌いました。

「2,013年」「外務省」から「アフリカ開発会議・名誉大使」に「任命」されました。

 

「2,015年」「特別・出演」と、して「戦後・70年企画」の「会場」で、あった

長崎県」の「平和祈念像・前」からの・中継」で「オルフェンスの涙」を「歌い」

「紅白・2度目」の「出場」を、しました。

「2,018年」「アイノカタチ 2,018」で「紅白・3度目」の「出場」を、しました。

 

 

MISIA」「逢いたくていま」「作詞」:「MISIA」「作曲」:「Jun sasaki」

 

初めて 出会った日の こと 覚えて ますか

過ぎ行く日の 思い出 を 忘れずに いて

あなたが 見つめた 全てを 感じて いたくて

空を 見上げた 今は そこで 私を 見守って いるの? 教えて・・・

今 逢いたい あなた に

伝えたい ことが たくさん ある

ねえ 逢いたい 逢いたい

気づけば 面影 (「おもかげ」) 探し て 悲しく て

どこに いるの? 抱きしめて よ

私は ここに いるよ ずっと

 

もう 二度と 逢えない ことを 知って いたなら

繋いだ (「つないだ」) 手を いつまでも 離さずに いた

「ここに いて」と そう 素直に 泣いて いたなら

今も あなたは 変わらぬ まま 私の隣り で 笑って いるかな

 

今 逢いたい あなた に

聞いて 欲しい こと いっぱい ある

ねえ 逢いたい 逢いたい

涙が あふれ て 時は いたずらに 過ぎた

ねえ 逢いたい 抱きしめて よ

あなた を 想って いる ずっと

 

運命 (「うんめい」) が 変えられ なくても 伝えたい ことが ある

「戻りたい・・」あの 日 あの 時に 叶う (「かなう」) の なら 何も いらない

 

今 逢いたい あなた に

知って 欲しい こと いっぱい ある

ねえ 逢いたい 逢いたい

どうしようも なくて 全て 夢と 願った

この心 は まだ 泣いてる

あなた を 想って いる ずっと

 

 

「一期一会」を「英語」で「言う」と

 

「Once in thel liretime chance」

 

 (「一生に一度きりのチャンス」)

 

 と「言う」そうです。

 

 

何気なく使っている言葉の意味

「奇想天外」

 

「皆さん」は「奇想天外」(「きそうてんがい」) と、いう「四字熟語」を「使った事」は

「有り」ませんか?。

 

「奇想天外」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「奇想」とは「奇抜な・考え」(「きばつなかんがえ」)「天外」とは「はるかかなたの空」

 

・「常識では・考え付かない程」「奇抜な考え・発想」

 

・「考え方」が「普通では・思いもよらぬ程」「奇抜で・有る事」

 

・「普通の・人」には「理解されない」様な「考え方」

 

 

「奇想天外」の「類義語」は「下記」だ、そうです。

 

・「斬新奇抜」(「ざんしんきばつ」)

 

 (「趣向」や「着想」が「独特」で、ある事。)

 

・「石破天驚」(「せきはてんきょう」)

 

 (「人を・驚かす」程「奇抜で・巧み」(たくみ」) な事。)

 

 

「奇想天外」の「対義語」は「下記」だ、そうです。

 

・「平々凡々」(「へいへいぼんぼん」)

 

 (「特に・優れた所」や「変わった所」が、無く「ごく・ありふれている」事。)

 

・「平凡陳腐」(「へいぼんちんぷ」)

 

 (「古臭く・ありふれて」いて「面白味」が無い事。)

 

 

「奇想天外な・発想」を、する人の「特徴」は「下記」だ、そうです。

 

・「発想力・とは」

 

 「発想」とは「とっさの・思いつき」「ひらめき」です。

 「子供の・方」が「大人・より」「発想力が・豊か」と「言われて」います。

 「発明王」と「呼ばれ」た「トーマス・エジソン」は

 『「1%の・ひらめき」と「99%の・努力」』と、いう「名言」を「残し」ました。

 

 「ひらめこう」と「努力する」よりも「ひらめいて」から「努力する」事が

 「大切」」だと「説いて」(「といて」) います。

 

・「気になった」ら「まずは・行動している」

 

 「奇想天外な・人」は「気になる・事」を「すぐに・行動に移し」ます。

 「気になる・事」に「気づいた・時」は「チャンスになる・可能性」が「有り」ます。

 「チャンス」は「誰もが・掴んでいる」(「つかんでいる」) と「言われて」います。

 「行動するか」「行動しないか」で「結果は・変わる」そうです。

 

・「失敗を・恐れない」

 

 「奇想天外な・人」は「失敗を・恐れ」ません。

 「失敗を・恐れている」と「前へ・進めず」「前例を・頼り」に「物事を・こなし」ます。

 「前例が無いと・失敗する」と「思い込んで」しまったら

 「新しい・発想」を「思いつく・事」は「困難に・なる」と「言われて」います。

 

・「ルールに・縛られない」

 

 「奇想天外な・人」でも「常識」や「ルール」を「知って」います。

  しかし「それに・縛られない」よう「自分を・コントロール」します。

 「どこか」に「自由な部分を・持ち」「思わぬ事」が「起きて」も「それを使い」
 「対応」します。

 

・「考え方が・柔らかい」

 

 「奇想天外な・人」には「ああしなければ・いけない」
 「こうでなければ・いけない」と、いった「概念」が「殆ど・有り」ません。

 「違った・切り口」から「出発」し「問題を・解決」する事が

 「稀に」(「まれに」)「有り」ます。

 

・「別の道を見つけるのが・得意」

 

 「奇想天外な・人」には「固定観念」に「縛られる・事」が「ほとんど・有り」ません。

 「本来であれば・こうすべき」と「思われている・道に進む」のでは、無く

 「暗中模索」(「あんちゅうもさく」) しながら「新しい・道」を

 「探し出して・しまう」事が「稀に・有り」ます。

 

・「色んな事に・興味を持っている」

 

 「奇想天外な・人」は「何時も・複数の事」を「考えて」います。

 「結果的」に「ひらめきに・遭遇する」(「そうぐうする」)「チャンス」は「増え」ます。

 「本命に対する・ひらめき」で、無くても「別の・考え」に「応用」できます。

 「それが・本命になる」「可能性」も「有り」ます。

 

 

関ジャニ∞」は「奇想天外」の「歌詞」が「有る」

「パノラマ」と、いう「歌」を、歌いました。 

 

関ジャニ∞」は「2,003年」に「結成」された「関西出身者」だけによる

「5人組」の「アイドルグループ」「ロックバンド」です。

「2,004年」「浪花いろは節」で「デビュー」し「オリコン・1位」に、なりました。

「2,006年」「関風ファイティグ」で「オリコン・1位」に、なりました。

 

「2,011年」「漫画・アニメ」「クレヨン・しんちゃん」の「主題歌」を「担当」しました。

24時間テレビ」「愛は地球を救う」の「メイン・パーソナリティー」を「務め」ました。

「2,012年」〜「2,018年」まで「7回・連続」で「紅白・歌合戦」に「出場」しています。

「恐らく」「今年も・出場」すると「思い」ます。

 

 

関ジャニ∞」「パノラマ」「作詞」:「SHIKATA」「作曲」:「SHIKATA

 

Tu Tu Tu Tu・・・Latta talala Latta talala

 

今日も 一日が スタート カバンを 忘れて しまった

俺が カメか ウサギかって どうでもいい

100回 やり直し たって 100% やり切れ ば

どんなことでも 大抵 (「たいてい」) は そう 笑える さ

 

導く 不思議な チカラ

胸が 踊る ような 景色 見つけ 出せ!(「Ride on」!!) 

 

解き放て (「ときはなて」) 秘めた その情熱で 鐘を 打ち鳴らせ

勇気の一歩 踏み出せ たら もう 1人じゃ ない

大事な人 守る為に いざ 立ち上がれ

奇想天外 摩訶不思議  (「まかふしぎ」) 七転八起  (「しちてんはっき」) で

起死回生 (「きしかいせい」)

WOW・・最高で 最強な 瞬間  (「とき」) は パノラマ

 

Tu Tu Tu Tu・・・Latta talala Lattalala

 

楽観的 思考 で 変幻自在 (「へんげんじざい」) の フォーメーション

高まる 絆 (「きずな」) が あれば 百人馬力 (「ひゃくにんばりき」)

東に 西へ ダンシング いじめっ子 には グーパンチ

メソメソ すんな 今日が ダメでも 明日が あるさ

 

果てない 大地を 目指せ

探してた 答えは きっと そこに ある (「Ride on!!」)

 

巻き起こせ 勇気の火を 絶やさず 運命 切り開け

その先 には みんなの 笑顔が 待って いる

大事な人 守る 為に また 強く なれ

威風堂々 (「いふうどうどう」) 意気揚々 (「いきようよう」) 

以心伝心 (「いしんでんしん」) 意気投合 (「いきとうごう」)

WOW・・最高で 最強な 時間 は (「ときは)」)   パノラマ

 

導く “終わらない ストーリー”
今こそ その胸に 無限の パワーを (「Ride on!!」)

 

解き放て 秘めた その情熱で 鐘を 打ち鳴らせ

勇気の 一歩 踏み出せ たら もう 1人じゃ ない

大事な人 守る為 に いざ 立ち上がれ

奇想天外 摩訶不思議 七転八起 で 起死回生

WOW・・最高で 最強な 瞬間 は パノラマ

 

Tu Tu Tu Tu/・・・Latta talala Lattalala

 

 

※「天涯孤独」(「てんがいこどく」)

 

「奇想天外」の「天外」と「同じ・読み方」に「天涯孤独」の「天涯」が「有り」ます。

 

「天涯孤独」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「血縁関係の・有る人」が「この世に・1人もいない」「境遇に・なってしまった事」

・「身寄りが・無い事」

 

・「故郷を・遠く離れ」「一人で・暮らす事」

 

 

「社会生活の中で・天涯孤独」に「なる・人」には「下記の・特徴」が「有る」そうです。

・「コミュニケーション・能力」が「低い」

 「相手の気持ちを・考えず」「一方的に・会話してしまう」

 「逆に」「相手の気持ちを・考え過ぎ」「全く・自分の意見」を「言えない」

 「いずれの・場合」も「相手と分かり合える・会話」が「出来」ず

 「相手と心が繋がった・関係」を「作る事が・困難」に、なってしまう」

・「人と・関わる事」が「煩わしい 」(「わずらわしい」)

 

 「上記の・様」に「人と・心が繋がらない」「状態」が「重なる」と

 「徐々に」「人と関わる事・自体」が「煩わしく・面倒」に「感じて・しまう」

 「結果」と、して「天涯孤独な・人生」に「なりやすい」

 

・「自分は・幸せになる」「価値が・無い人間」と「思っている」

 「これまでの・人生」の「何処か」(「どこか」) で

 「徹底的」に「叩きのめされた・事」が

 「トラウマ」(「死を意識する・程」の「恐怖体験」による「心的外傷」) と、なり
 「自分には能力がなく・幸せになる価値」が「無い」と「思い込んで・いる」

 

 「自分は・幸せになってはいけない」と、さえ「感じ」

 「自ら」「寂しい・状況」や「苦しい・状況」を「無意識」に「作り出して・しまう」

 

・「人に頼るのが・苦手」

 

 「人に頼る事」は「相手に・迷惑をかける事」だという「強い信念」を「持っている」

 「結果」と、して「全てを・抱え込み」
 「天涯孤独」に「成ってしまう・パターン」が「有る」

 「上司」には「部下の現状を・把握し」「相談相手となる・義務」が「有る」

 

 「自分の責任」と、して「自分の・役割」を「果たす事」は「重要で・ある」

   しかし「いくら・頑張って」も「自分一人」では「解決・出来ない」と「判断・したら」

 「適宜・人に頼る」べきで「健全な組織」「社会生活」に、於いては「当然な・行動」

 

 

THE ALFEE」は「孤独の美学」と、いう「歌」を、歌いました。

 

アルフィー」は「1973年」に「結成」された「3人組」の「ロックバンド」です。

「1,974年」「夏しぐれ」で「デビュー」しました。

「1,983年」「メリーアン」が「ヒット」しました。

「同年」「紅白・歌合戦」に「初出場」しました。
「以後」は「カウントダウンコンサート」に「出場」し「紅白」には「出場」していません。

 

「翌年」には「星空のディスタンス」「STASHIP-光を求めて-」などの「ヒット曲」が

「続き」ました。

「メリーアン・以降」「シングル・52作」が「オリコン・トップ10」に入り「継続中」です。

「毎年・1月下旬」に「行われる」「大阪国際・女子マラソン」の「イメージソング」 を、

「1,987年」〜「2,018年」まで「31年間・担当」しました。

 

 

THE ALFEE」「孤独の美学」「作詞」:「高見沢 俊彦」「作曲」:「高見沢 俊彦」

 

シルクの 香り (「かおり」) たちこめる

霧の メトロポリス (「巨大都市」)

甘い誘惑に 満ちた

光と 影の 街で

 

悲劇を 演じた 道化者 (「どうけもの」)

摩天楼 (「まてんろう」) 涙 しみこむ  (「摩天楼」とは「天に達する程の高い建物」)

 

サヨナラ 一言で 愛が

崩れ落ち ても

男は 夢に 生きる

淋しき Soldier (「兵士」)

 

失うもの すら ないほど

愛に いきた 日々よ

ひとかけら の 追憶 (「ついおく」) さえ

キラキラ 輝いてる

 

互いの 胸の 鼓動は

ひそやかに そして 激しく

 

サヨナラ 一言で 愛が

朽ち 果てる (「くちはてる」) なら

心で 鳴り響け よ

哀しき (「かなしき」)  Thunder  (「雷鳴」・「らいめい」)

 

誰もが 愛の 幻想 (「まぼろし」) を

追いかける 時に

孤独を さりげなく 着こなす

男で いたい

 

グラスを 床に 叩きつけ

淋しさ 心 かみしめ

ああ ひとり 生きて 行く

 

サヨナラ 一言の 重さ

胸に 焼きつけ

男は 夢に 生きる

孤独 な Soldier

 

 

「奇想天外」を「英語」で「言う」と

 

「unxpeocted  ideas」

 

 (「予想だにしない発想」)

 

 と「言う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「触らぬ神に祟りなし」

 

「皆さん」は「触らぬ神に祟りなし」(「さわらぬかみにたたりなし」) と、いう

「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。

 

「触らぬ神に祟りなし」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「祟り」(「たたり」) とは「神・仏」や「怨霊」(「おんりょう」) に、より

 「災厄」(「さいやく・災い (「わざわい」) 災難」) を「被る」(「こうむる」) 事。 

 

・「罰」(「ばち」・「神・仏」からの「こらしめ」) や
 「科」(「とが」・「人」からの「非難、責め」) や

 「障り」(「さわり」・「人」からの「さまたげ、支障」) を「受ける」事。

 

・「物事に関係しなけれ」ば「面倒な事」に「巻き込まれる事」は、無い。

 

・「余計な事をしなけれ」ば「災を招かない」「揉め事」(「もめごと」) は

 「傍観的」(「ぼうかんてき」) に「対応するのが・ベスト」と、いう「思考」を、する事。

 

・「面倒な事」に「余計な首を突っ込むな」と、いう「たとえ」。

 

 

「触らぬ神に祟りなし」の「類義語」と、して「下記」が「有る」そうです。

 

・「君子危うきに近寄らず」(「くんしあやうきにちかよらず」)

 

 (「学識・人格」が「優れている人」は「言動を・慎しむ」ので「自ら」「危ない・所」に

 「近づいて・災難に会う」様な「馬鹿な事」は、しない。)

 

・「七日通る漆」(「うるし」) も「手に取らね」ば「かぶれぬ」

 (「なのかとおるみちもてにとらねばかぶれぬ」)

 

 (「面倒な事」に「関わら無けれ」ば「危険に会わない」)

 

・「腰が引ける」(「こしがひける」)

 

 (「責任を取る事」を「怖がり」(「こわがり」)「やり方」が「消極的に・なる」)

 

「私の・個人的な感想」では「この解釈」が「触らぬ神に祟りなし」の「本来の・意味」に

「1番・相応しい」様な「気が」します。

「臭いものに蓋をする」(「くさいものにふたをする」) と「似た・意味」に「聞こえ」ます。

 

 

「触らぬ神に祟りなし」の「対義語」は「下記」だ、そうです。

 

・「寝た子を起こす」(「ねたこをおこす」)

 

 (「静かに収まっていつ物事」に「余計な手出し」を、して「問題を起こす」)

 

・「藪をつついて蛇を出す」(「やぶをつついてへびをだす」)

 

 (「余計な事」や「不必要な事」を、した「結果」「災い (「わざわい」) を招く」)

 

・「義を見てせざるは・勇無きなり」(「ぎをみてせざるはゆうなきなり」)

 

 (「人として・行うべき事」を「行わない」のは「勇気が無いから」)

 

「私の・個人的な感想」では「この解釈」が「触らぬ神に祟りなし」の

「本来の・対義語」に「1番・相応しい」様な「気が」します。

「見て見ぬ振りを・しない」と「似た・意味」です。

 

 

 私が「高校・3年生」の頃「中村 敦夫」(「なかむら あつお」)「主演」の

「時代劇・テレビドラマ」「木枯し紋次郎」(「こがらしもんじろう」) が

「大ヒット」しました。

 

「中村 敦夫」は「東京外国語大学・中退」の「異色の・俳優」でした。

「2,004年」「政治家」に「転向」し「参議院議員」に、なりました。

「2,010年」「旭日中綬章」(「きょくじつちゅうじゅしょう」) を「受賞」しました。

 

木枯し紋次郎」は「大きく・ボロボロ」な「三度笠」(「さんどがさ」) を

「被り」(「かぶり」)「薄汚れた」「道中合羽」(「どうちゅうがっぱ」) を「羽織り」

「長い楊枝」(「ようじ」) を「咥え」(「くわえ」) ながら「旅を」する「渡世人」でした。

「他人との関わりを・嫌い」「己・一本の腕」で「生きる」「ニヒルな・スタイル」でした。

 

木枯し紋次郎」は「悪者に襲われ」「危機となっている人」を「見て」

「あっしには、関わりのない事で、ござんす」と「独り言」を「言いながら」

「見て・見ぬ振り」をし「通り過ぎ」ます。

 しかし「気を・取り直し」で「引き返し」「悪者を・やっつけ」「弱者を・救い」ました。

 

「当時の・時代劇」の「主役」は「悪者を・バッタバッタ」と「切り捨て」ました。

 しかし「木枯し紋次郎」は「さほど・強くなく」「カッコ悪い・姿」で

「かろうじて」「泥くさい・勝利」を「得ま」した。

「現実感」が「溢れて」(「あふれて」) いました。

 

 

「植村 花菜」は「トイレの神様」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「植村 花菜」(「うえむら かな」) は「1,983年・生まれ」の「シンガーソングライター」です。

「先祖」に「明治の・元勲」(「げんくん」) と「呼ばれ」た

「大久保 利通」(「おおくぼ としみち」) が、います。

 

「4人きょうだいの・末っ子」と、して「母子家庭に・育ち」

「母が・働いている間」ぱ「祖母に・育てられ」ました。

 そうした「祖母との・思い出」を「基」に「トイレの神様」と、いう「歌」が

「生まれた」のだと「思い」ます。

 

「植村 花菜」は「まずテーマを・決め」「自身の・身の回り」に「起きた事を・題材」に

「長文を・書き」その中から「歌詞になる・言葉」を「抜粋」し「作詞」するそうです。

「2,005年」「大切な人」で「メジャー・デビュー」しました。


「2,010年」「トイレの神様」が「大ヒット」し「社会現象」を「巻き起こし」ました

「同曲」で「紅白・歌合戦」に「初出場」しました。

「同曲」は「9分52秒」も、ある「長い・歌」でしたが「紅白・バージョン」で

「7分50秒に・縮め」「歌唱」しました。

 

 

「植村 花菜」「トイレの神様」「作詞」:「植村 花菜」「作曲」:「植村 花菜」

 

小3 の 頃から なぜだか

おばあちゃん と 暮らしてた

実家の隣 だった けど

おばあちゃん と 暮らしてた

 

毎日 お手伝いを しで

五目並べ も した

でも、トイレ掃除 だけ 苦手な 私に

おばあちゃん が こう言った

 

トイレ には

それは それは キレイな 女神様が いるんやで

だから 毎日 キレイに したら

女神様 みたいに べっぴんさん に なれるん やで

 

その日 から 私は

トイレ を ピカピカに し始めた

べっぴんさん に 絶対なりたく て

毎日 磨いてた

 

買い物に 出かけた 時には

二人で 鴨なんば 食べた

新喜劇 録画し損ねた おばあちゃん を

泣いて 責めたりも した

 

トイレ には

それは それは キレイな 女神様が いるんや で

だから 毎日 キレイに したら

女神様 みたいに べっぴんさん に なれるん やで

 

少し 大人になった 私は

おばあちゃん と ぶつかった

家族とも うまく やれなくて

居場所が なくなった

 

休みの日 も 家に 帰らず

彼氏と 遊んだり した

五目並べ も 鴨なんば も

二人の間 から 消えてった

 

どうして だろう?

人は 人を 傷つけ、大切なもの を なくしてく

いつも 味方をしてくれていた おばあちゃん を 残して

ひとり きり

家 離れた

 

上京して 2年が 過ぎて

おばあちゃん が 入院した

痩せて  (「やせて」)  細くなって しまった

おばあちゃん に 会いに 行った

 

「おばあちゃん、ただいまー!」って わざと

昔みたい に 言って みたけど

ちょっと 話しただけ だったのに

「もう 帰りー。」って

病室を 出された

 

次の日 の 朝

おばあちゃん は 静かに 眠りに ついた

まるで まるで

私が 来るのを 待っていて くれた ように

 

ちゃんと 育ててくれた のに

恩返し も してない のに

いい孫じゃ なかった のに

こんな 私を

待ってて くれたん やね

 

トイレ には

それは それは キレイな 女神様が いるん やで

おばあちゃん が くれた 言葉は

今日の 私を べっぴんさん に してくれてる かな

 

トイレ には

それは それは キレイな 女神様が いるん やで

 

気立ての 良い お嫁さん に なるのが 夢だった 私は

今日も せっせと

トイレ を ピカピカに する

 

おばあちゃん

おばあちゃん

ありがとう

 

おばあちゃん

ホンマ に

 

ありがとう

 

 

※「有り触れた」(「ありふれた」)

 

「触る」(「さわる」) と「触れる」(「ふれる」) は「同じ・漢字」を「使い」ます。

 

「ありふれた」と、いう「言葉」は「ありふれた・毎日」「ありふれた・出来事」の様に

「ひらがな」で「書かれるのが・一般的」です。

「ありふれた」を「有り触れた」と「書く」のを「初めて・知った人」は
「意外に・多い」ような「気が」します。

 

「有り触れた」 の「意味」は「下記」だ、そうです。

・「有る」は「存在する事」「触れる」は「広く・多くの人々」に「知られている」の「意味」

 

・「どこにでも・あること」

 

・「普通で・あること」

 

・「平凡で・つまらない事」

 

 

「有り触れた」の「類義語」と、して「下記」が「有る」そうです。

 

・「何の変哲もない」(「なんのへんてつもない」)

 

・「ご多分に漏れず」(「ごたぶんにもれず」)

 

・「面白味に欠ける」(「おもしろみにかける」)

 

・「凡庸な」(「ぼんような」)

 

 

「すぎもと まさと」は「ありふれた人生だけど」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「すぎもと まさと」は「1,949年・生まれ」の

「シンガーソングライター」「作曲家」です。

「作曲者」と、しては「杉本 眞人」と「名乗り」ました。

 

「1,975年」「あすふぁると」で「歌手・デビュー」しました。

「2,007年」「吾亦紅」(「われもこう」) で「紅白・歌合戦」に「初出場」しました。

「今、改めて・聞いてみました」が「心に響く・名曲」だと「思い」ます。

「2,017年」「68歳の・時」「ありふれた人生だけど」を「発表」しました。

 

 

「すぎもと まさと」「ありふれた人生だけど」「作詞」:「星川 裕二」「作曲」:「杉本 眞人l

 

近頃 めっきり 酒も 弱く なり

色気も とうに ご無沙汰 で (「ごぶさたで」)

昔の ことを 思い出し ても

昨夜 (「ゆうべ」) の ことは 忘れてる

 

馴染み (「なじみ」) の 店にも 足が 遠のいて

可愛い あの娘 (「あのこ」) の お誘い や

誰かに 遊びに 誘われた なら

断り きれない 俺が いる

 

ああ 浮世 (「うきよ」) の 義理 も しがらみ も

すべて 捨てたら 気楽 だろう が

そうは いかぬ が 人生 だから

ぐっと こらえて 苦笑い (「にがわらい」)

 

それでも 自分は 自分さ

誇れる ものは ない けれど

ありふれ た ありふれ た 人生 それで いい

 

親しい 友が 今日も また ひとり

遠くへ 行って しまった よ

真赤に 燃えた あの 夏の日 の

若さは すでに ない けれど

 

ああ 泣かされた 過去や 裏切り は

胸に 刺さった 青い 棘 (「あおいとげ」)

戻れない のが 人生 だから

悔やむこと から 逃れ ない  (「のがれない」)

 

それでも 自分は 自分さ

自分 らしく 生きりゃ いい

ありふれた ありふれた 人生 それで いい

ありふれた ありふれた 人生 それで いい・・・

 

 

「触らぬ神に祟りなし」を「英語」で「言う」と「下記」だ、そうです。

 

「Don't ask for trouble」

 

(「やっかい事を、自ら求めるな」)

 

と「言う」そうです。

 

 

何気なく使っている言葉の意味

「桜咲く」

 

「皆さん」は「桜咲く」(「さくらさく」) と、いう「ことわざ」を「使った事」が

「有り」ませんか?。

 

「桜咲く」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「桜の花が咲くこと」「桜の開花」「めでたい事の・象徴」の事。

 

・「受験に・於いて」「志望校に・合格」する事。

 

「昭和・30年代」〜「昭和・50年代」まで「大学の・合否通知」は

「電報」で、なされました。

「合格の・場合」は「サクラ・サク」「不合格の・場合」は「サクラ・チル」の

「電報・メッセージ」が「自宅に・届き」ました。

 

「皆んな」「電報が届くのを・待ち切れ」ず「長い時間をかけ」「列車を・乗り継ぎ」

「校庭」に「合格者の・受験番号」を「貼り出して」ある「掲示板」を「見に行き」ました。

「合格」し「胴上げされている人」が「あちこち」に、いました。

「私の・受験番号」は「9690」(「苦労をくれ」)で「不吉な・予感」を「感じた事」も

「有り」ましたが「無事・合格」して、いました。

 

 

「桜咲く」の「類義語」と、して「下記」が「有る」そうです。

 

・「桜花爛漫」(「おうからんまん」)

 

 (「桜の花」が「見事に・咲き乱れている」様子。

 「天真爛漫」(「てんしんらんまん」) の「爛漫」は「ありのままに輝く」の「意味」)

 

・「百花繚乱」(「ひゃっかりょうらん」)

 

 (「色々な話」が「咲き誇っている様子」)

 

・「華如桃李」(「かじょとうり」)

 

 (「桃や・スモモの花」が「咲きこぼれている様子」)

 

 

「桜咲く」の「対義語」と、して「下記」が「有る」そうです。

 

・「サクラ・チル」

 

 (「大学・受験」で「不合格と・なる事」)

 

 

日本テレビ」「水曜日」「22:00〜23:00」に「テレビドラマ」「同期のサクラ」が

「放送されて」います。(「11/20日」に「7話」を「放送」) 

「主人公」は「北野 サクラ」(「演・高畑 充希」(「たかはたみつき」) です。

「1話」で「1年」「進行」し「全・10話」で「完結する」ようです。

 

「サクラ」は「過疎の・離島」で「育ち 」「1人・上京」し

「大手・建設会社」に「入社」しました。

「サクラ」は「入社式」で「私の夢」は「故郷と・本土」を「結ぶ橋を・架ける事です」と

「宣言」しました。

 

「サクラ」は「夢の実現の為」なら「どんな・障害」にも「自分を・曲げ」ません。

「サクラ」は「一切の・忖度」も、せず「上司の・理不尽な言動」にも

「一切の・妥協」も、せず「煙たがられ」「左遷」(「させん」) されました。

「同期・入社」の「他の・4人」も「最初」は「サクラの・頑固さに手を焼いて」いました。

 

「同期の・4人」は「サクラの・ひたむきさ」に「驚きつつ」も「少しづつ」「共感を・示し」

「サクラに対する評価を・変え」「サクラを・応援する様」に、なりました。

 しかし「上司」は「全く・理解を見せ」ず「執拗に」「サクラ」に「対して」

「不条理」(「ふじょうり」) な「言動」を「繰り返し」ます。

 

「前回の・放送」で「サクラ」は「島に橋を架ける」と、いう「夢」と

「たった一人の・肉親」で、ある「祖父」を「同時」に「失い」ました。

「一杯一杯」の「気持ち」で「生きて来た」「サクラ」を「支えてて来た」のは

「祖父の・励ましの言葉」でした。

 

「サクラ」は「2つの・大事な宝物」を「失い」ました。

「肉親が・いない」「天涯孤独」(「てんがいこどく」) に、なってしまいました。

「さすがの・サクラ」も「心が・折れて」しまうでしょう。

 私は「ドラマ」を「見ながら」「何度も・涙を拭いて」います。

 

「この・テレビドラマ」の「エンディング」が

「桜散る」で、無く「桜咲く」と、なる事を「祈って」います。

「11/27 」(「水」) は「特集番組・編成」の為「同期のサクラ」は「放送・中止」の、様です。

 

 

「同期の櫻」と、いう「軍歌」が「有り」ました。

「太平洋戦争・時」「国民」に「好んで・歌われた」そうです。

「華々しく・散る」(「戦死する」)「姿」を「桜花」に「喩えた」(「たとえた」)「歌」です。

「曲」は「行進曲」の様に「勇ましく」「聞こえ」ます。

 

「詩」は「国の為なら・いつでも死ぬ覚悟は出来ている」と、いう「切ない・歌詞」です。

「私の・死んだ父親」も「この歌を・歌いながら」「戦った」と「思い」ます。

「戦国時代」の「武将・達」も「主君の為なら・何時でも死ねる」「覚悟」でした。

「現代と・比べ」「命の・重み」が「全く・違い」ました。

 

 

「同期のサクラ」の「主題歌」は「森山 直太郎」が「歌う」「さくら」です。

 

「森山 直太郎」(「もりやま なおたろう」) は「1,976年・生まれ」の

「シンガーソングライター」「作詞家」「作曲家」です。

「母」は「フォークの・女王」と「呼ばれ」た「森山 良子」(「もりやま りょうこ」) です。

 

「2,002年」「星屑のセレナーデ」で「歌手・デビュー」しました。

「2,003年」「さくら (「独唱」) 」で「紅白・歌合戦」に「初出場」しました。

「2,005年」「愛知・万博」の「開会式・テーマソング」「マザーアース」を

「母親」の「森山 良子」に「提供」しました。

 

「同年」「風花」で「2度目の・紅白出場」を「果たし」ました。

「森山 良子」は「さとうきび畑」で「出場」し「番組史上・初」の

「親子・競演」が「話題」に、なりました。

「2,008年」「生きているのが辛いなら」で「日本・レコード大賞・作詞賞」を

「受賞」しました。

 

「同年」「生きているのが辛いなら」で「紅白・3度目」の「出場」を、しました。
「2,018年」「作曲家」「ピアニスト」の「平井 真美子」と「結婚」しました。

 

 

「森山 直太郎」「さくら」「作詞」:「森山 直太郎」「作曲」:「森山 直太郎」

 

僕らは きっと 待ってる 君と また会える 日々を

さくら並木 の 道の上で 手を振り 叫ぶよ

どんなに 苦しい時も 君は 笑っている から

挫け (「くじけ」) そうに なりかけて も 頑張れる 気が したよ

 

霞み (「かすみ」) ゆく 景色の中に あの日の 唄 (「うた」) が 聴こえる

 

さくら さくら 今、咲き誇る (「さきほこる」)

刹那 (「せつな」) に 散りゆく 運命 (「さだめ」) 知って

さらば 友よ 旅立ちの 刻 (「とき」) 変わらない その想い を 今

 

今なら 言えるだろう か 偽り (「いつわり」) の ない 言葉

輝ける (「かがやける」) 君の 未来を 願う 本当の 言葉

 

移りゆく 街は まるで 僕らを 急がす ように

 

さくら さくら ただ 舞い落ちる

いつか 生まれ変わる 瞬間 (「とき」) を 信じ

泣くな 友よ 今 惜別 (「せきべつ」) の 時 飾らない あの笑顔 で さあ

 

さくら さくら いざ 舞い上がれ

永遠 (「とわ」) に さんざめく 光を 浴びて

さらば 友よ また この場所で 会おう

さくら 舞い散る 道の上で

 

 

※「恋・忘れ貝」(「こいわすれがい」)

「恋・忘れ貝」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「二枚貝である・その貝」の「一片 (「いっぺん」) を・拾えば」

 「恋の苦しさを・忘れさせてくれる」「貝殻」(「カイガラ」) の事。

 

・「忘れ貝」(「ワスレガイ」) の「別名」で、ある事。

 

・「ワスレガイ」は「海に生息する・二枚貝」で「殼」(「から」) は「ツルツルで・薄く」

 「紫を基調とした・紋様」でした。

 「ふくらみが・少なく」「ハマグリ」に「良く似た・貝」です。 

 「房総半島・以南」の「太平洋沿岸に・分布」して、います。 

 

「私達が・子供の頃」「自転車に・乗り」「海まで行き」「釣りをしたり」

「ハマグリ」を「採り」ました。

「ハマグリ」が「採れる」のは「遠浅の・砂浜」の「海」でした。

「膝上まで・波が押し寄せる場所」で「体をくねらす」と「足の裏」に「貝が当たり」ました。

 

「面白いよう」に「たくさん」「採れ」ました。

「外見は・そっくり」でしたが「厚さの・違う」「ハマグリ」が「採れ」ました。

「ふっくらと・厚みがある」「ハマグリ」は「身が大きくて・柔らかく」「味も良く」

「本・ハマグリ」と、呼び「焼き・ハマグリ」で「食べる」のが「最高の・ご馳走」でした。

 

「一方」「厚みの・少ない貝」は「身が少なく・固く引き締まって」いました。

「単に」「ハマグリ」と「呼び」「主に」「吸い物・味噌汁」の「出汁 (「だし」) 取り」

「具材」に、しました。

 この「薄い・ハマグリ」を「恋・忘れ貝」と「呼ぶ」とは「夢にも思わず」

「想像だに」しません、でした。

「知っていた」と、しても「子供だった・私」には「無縁な・話」でした。

 

「森山 良子」(「もりやま りょうこ」) は「禁じられた恋」と、いう「歌」を

「歌い」ました。

「禁じられた恋」は「森山 良子」の「カラオケ・人気曲」で「1位」だ、そうです。

「1,969年」に「発売された」「9th・シングル」です。

 

「禁じられた恋」と、いうと「イギリスの・劇作家」「ウィリアム・シェイクスピア」が

「書いた」「ロミオと・ジュリエット」を「連想して」しまいます。

 

「森山 良子」は「1,948年・生まれ」の「歌手」「タレント」です。

「長男」は「シンガーソングライター」の「森山 直太郎」です。

「1,967年」「この広い野原いっぱい」で「歌手・デビュー」しました。

「1,969年」「まごころ」で「日本・レコード大賞」を「受賞」しました。

 

「同年」「まごころ」で「紅白・歌合戦」に「初出場」しました。

「この曲」で「フォークの・女王」から「歌謡曲の・女王」に、なったと「評され」ました。

「出産」の為「一時期・活動休止」しましたが「1,972年」に「復帰」し「多く」の

「ヒット曲」を「世に送り出し」ました。

 

「1,998年」「冬季・長野オリンピック」の「開会式」で「同・大会」の「テーマソング」

「明日こそ、子供達が・・」を「自分の・子供達」と「一緒に・歌い」

「世界中に・放映」されました。

 

「日本・レコード大賞」を「3回・受賞」しました。

「紅白・歌合戦」には「10回・出場」しました。

「2,018年」「芸術選奨文部科学大臣賞」を「受賞」しました。

「2,019年」「紫綬褒章」(「しじゅほうしょう」) を「受賞」しました。

 

 

「森山 良子」「禁じられた恋」「作詞」:「山上 路夫」「作曲」:「三木 たかし」

 

禁じられて も 逢いたい の

見えない 糸に ひかれる の

恋は いのちと 同じ ただ 一つの もの

だれも 二人の 愛を こわせない のよ

あなたに 逢いに 夜を 超えて

駆けて (「かけて」) ゆきたい 私 なのよ

 

禁じられて も 胸の炎 (「ほのお」)

燃えたつ ばかり 消えない の

恋を すてろと 言うの むごい 言葉よ

それは わたしに とって 死ぬこと なのよ

あなたを 求め 闇 (「やみ」) の 中を

駆けて ゆきたい 私 なのよ

 

こんな きれいな 恋を なぜ わからない の

愛し合う 美しさ わかって ほしい

あなたの 胸に 愛を こめて

駆けて ゆきたい 私 なのよ

私 なのよ

 

 

「桜咲く」を「英語」で「言う」と

 

「cherry blossom bloom」

 

 (「桜咲く」)

 

 と「言う」そうです

 

 

何気なく使っている言葉の意味

「千里の道も一歩から」

 

「皆さん」は「千里の道も一歩から」(「せんりのみちもいっぽから」) と、いう

「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。

  この「ことわざ」を「座右の銘」 (「ざゆうのめい」) に

「している・人」は「多い」そうです。

 

 

「千里の道も一歩から」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「一里」とは「距離を表す・単位」で「約・3.93km」です。

 

・「千里」とは「具体的な・距離」では無く「遠い道のり」を「意味」します。

 

・「千里もある・遠い距離」でも「最初の・一歩」を「踏み出せ」ば

 「やがて」「ゴールに・たどり着く」と、いう「意味」です。

 

・「どんな」「大きな・課題」でも「手近な・事」から「着実に・努力を重ねて行け」ば

 「やがて・大成する」と、いう「教え」です。

 

・「下記」「三百六十五步のマーチ」の「歌詞」「三歩進んで・二歩さがる」は

 「悪戦苦闘・しながら」も「継続は力なり」の、如く(「ごとく」)「休む事なく」

 「少しづつ・前進する姿」が「目に・浮かび」ます。

 

 

「一歩進んで・二歩さがる」と、いう「言葉」を「耳にした・人」は、いませんか?。

 

・「結果」と、して「一歩・下がって」しまい「マイナス・ではないか?」と「思うかも」

 「知れ」ません。

 

・「しかし」「物は捉えよう」(「ものはとらえよう」) です。

 「一歩踏み出した・自分」に「注目」して、下さい。

 「間違いなく」「一歩・歩けた」のです。

 「失敗を・恐れ」「御託を並べ」(「ごたく」)「何もしない人」より「ずっと・立派」です。

 

「一度・歩けた」なら「必ず」「次も・歩け」ます。

「二歩・歩けた」ら「二歩・下がって」も「スタート・地点」です。

「三歩・歩ける様」に、なったら「二歩・下がって」も「一歩・前進」です。

「そこに」「新しい自分に・生まれ変われる」「チャンス」が「発生」します。

 

「歩かない人」には「変化」は「起こり」ません。

「歩く人」には「多岐に渡り」(「たきにわたり」)「変化が・起き」ます。

「その中」から「自分にあった物」を「選択」すれば

「自分らしい・生き方」と、なる「可能性が・有る」と「思い」ます。

 

 

「千里の道も一歩から」の「類義語」と、して「下記」が「有る」そうです。

 

・「まず」は「隗」(「かい」) から始めよ 」(「まずはかいからはじめよ」)

 

 (「隗」とは「中国・戦国時代」の「武将」「郭隗」(「かくかい」の事です。

 「郭隗」は「王」に「どうすれば・賢者」(「けんじゃ」) を「招く事ができるか?」と

 「問われ」ました。

 

 「郭隗」は「まず」「私の様な・凡人」を「優遇する事」から「始めて」下さい。

 「そうすれ」ば「凡人でさえ・優遇されるなら」「自分は・更に優遇されるだろう」と

 「優秀な人材」が「集まってくるでしょう」と「答えた」と、いう「故事」です。)

 

・「最も短い答え」は「行動する事だ」

 

・「手を付けさえ」すれば「仕事」の「3分の・1」は「終わったも・同然だ」

 

 

「千里の道も一歩から」の「対義語」を「検索」しても「出て来」ません。

 

・「無気力」

 

・「変化を嫌う」

 

・「向上心が無い」

・「面倒な事を、後回しにする」

 

 辺りが「妥当な気」が、します。

 

 

水前寺清子」は「千里の道も一歩から」の「歌詞」が「有る」

三百六十五歩のマーチ」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「30年以上・前」の「八重垣神社・祇園祭」の「時」だったと「記憶」して、います。

「私達の・区」は「10年に・1度」の「年番町」でした。

「祭りの・余興」と、して「水前寺 清子」を「招き」ました。

「チラッと・見た姿」は「意外に・小柄」でした。

 

 私は「裏方の・仕事」を「担当していた」ので「歌っている・舞台」を「見る事」は

「出来」ませんでした。

「ピークを過ぎて」いた為「地方の・小さな巡業」に「応じてくれた」のだた「思い」ます。

 しかし「聞こえて来た・歌声」には「迫力を・感じ」ました。

 

 

水前寺清子」は「1,945年・生まれ」の「演歌・歌手」「女優」です。

「愛称」は「チータ」です。

 

「1,964年」「涙を抱いた渡鳥」で「歌手・デビュー」しました。

「1,970年」「民放史上・最高」の「平均視聴率・56.3%」を「記録」した「TBS・テレビ」の

「ありがとう」に「主演」し「山岡 久乃」が「演じ」た「母親と・娘」(「水前寺」) の

「日常生活」「石坂 浩二」との「恋」を「演じ」ました。

 

「1,965年」「涙を抱いた渡鳥」で「紅白・歌合戦」に「初出場」しました。

「以降」「1,986年」まで「22回・連続出場」し「紅組・司会者」を「4回・務め」ました。

「1,968年」「三百六十五步のマーチ」が「ミリオン・ヒット」に、なりました。

「翌年」の「選抜高等学校・野球大会」の「入場・行進曲」に「選ばれ」ました。

 

「1,989年」「音楽家」「小松 明」と「結婚」しました。

「2,019年」「旭日小綬章」(「きょくじつしょうじゅしょう」) を「受賞」しました。

 

 

「水前寺 清子」「三百六十五步のマーチ」「作詞」:「星野 哲朗」「作曲」:「米山 正夫」

 

しあわせ は 歩いて こない

だから 歩いて ゆくん だね

一日 一歩 三日で 三歩

三歩 進んで 二歩 さがる

人生は ワン・ツー・パンチ

汗かき ベソかき 歩こうよ

あなたの つけた 足あと にゃ

きれいな 花が 咲く でしょう

 

腕を 振って 足を あげて

ワン・ツー・ワン・ツー

休まない で 歩け

ソレ ワン・ツー・ワン・ツー

ワン・ツー・ワン・ツー

 

しあわせ の 扉は せまい

だから しゃがん で 通る のね

百日 百歩 千日 千歩

ままに なる日 も ならぬ 日も

人生は ワン・ツー・パンチ

あした の あした は また あした

あなた は いつも 新しい

希望 の 虹を だいて いる

 

腕を 振って 足を あげて

ワン・ツー・ワン・ツー

休まない で 歩け

ソレ ワン・ツー・ワン・ツー

ワン・ツー・ワン・ツー

 

しあわせ の 隣に いても

わからない 日も あるん だね

一年 三百六十五日

一歩違い で にがし ても

人生 は ワン・ツー・パンチ

歩みを 止めずに 夢 みよう

千里の 道も 一歩 から

はじまる ことを 信じ よう

 

腕を ふって 足を あげて

ワン・ツー・ワン・ツー
休まない で 歩け

ソレ ワン・ツー・ワン・ツー

ワン・ツー・ワン・つー

 

 

※「日進月歩」(「にっしんげっぽ」)

 

「日新月歩」は「誤用」ですので「気をつけ」て、下さい。

「徐々に進歩する」と、いう「解釈」も「誤り」なので「気をつけ」て、下さい。

 

 

「日進月歩」の意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「とどまる事無く」「急速に・進歩する事」

 

・「技術開発の・分野」や「文明の進み具合」で「進歩の・スピード」は

 「加速」して「どんどんと・早くなっている」

 

 

「日進月歩」の「類義語」は「下記」だ、そうです。

 

・「飛躍的」(「ひやくてき」)

 

 (「進歩・向上」などの「急激なさま」)

 

・「日就月将」(「にっしゅうげっしょう」)

 

 (「とどまる事」無く「急速に進歩する」)

 

 

Jeepta」は「日進月歩」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「歌詞の・中」に「四字熟語」が「数多く」「出て来」ます。

「四字熟語の・歌詞」が「多い歌」と、いうと「2,013年」に「テレビ・アニメ化」された

機巧少女は傷つかない」の中で「紅組雪中花」が「歌った・主題歌」「回レ!雪中花」の

「歌詞」の、中には「20個の・四字熟語」が「散りばめられて」います。

 

 

Jeepta」(「ジプタ」) は「2,004年」に「千葉県」で「結成」された「バンド」です。

「バンド名」「ジプタ」は「絵本」「しょうぼうじどうしゃ・じぷた」が「由来」です。

「2,004年」「千葉市稲毛区」に、ある「k‘s Dream」を「拠点」に「活動」しました。

「2,008年」「初・アルバム」「シナリオ」で「全国・ツアー」を「行い」ました。

 

「2,009年」「千葉テレビ」等で「放送」された「THE MOMENT」で「特集が・組まれ」

「初の・テレビ出演」を、しました。

「同年・大晦日」に「幕張メッセで・行われた」「COUNTDOWN JAPAN」に「出演」後

「直ぐに」「k’ s Dream」で「カウントダウン・ライブ」を「行い」ました。

 

「2,010年」「日進月歩」を「リリース」し「小・ヒット」しました。

「2,013年」「大きな・ヒット曲」も、無く「名前」も「殆ど知られる事」無く

「解散」しました。

「誰にも知られる・歌手」に、なるのは「ごくほんの・一握りの人達」だけだと「思い」ます。

 

 

「Jeept」「日進月歩」「作詞」:「石井 卓」「作曲」:「石井 卓」

 

始まりは いつも 決まって 後手 後手 の モグラたたき

追いかけて ばっか いたら 迷宮 (「めいきゅう」) に 入った 心地  (「ここち」)

 

妙に 気負って しまった

 

僕らは 一進一退 繰り返して 順風満帆 (「じゅんぷうまんぱん」) じゃ なくって

試行錯誤 を しまくって 自分を 磨く (「みがく」)

たったの 小っせえ 小っせえ 一歩だって でっけえ でっけえ 意味が あって

一寸先が 闇だって 絶えず 進み続けるん だって

 

いつから どっちが「前」かを 見失って いで 足が止まって しまったか

目指すべき 場所 への ルートは 自由選択 だから ちょっと 開拓 しようか

 

日ごと 夜ごと に 上へと 登って 超えた先の 未来は 全て 君のもの

 

僕らは 一生懸命 突っ走って 右往左往 (「うおうさおう」)  しまくって

暗中模索  (「あんちゅうもさく」) 繰り返して 光を掴む (「つかむ」)

わずかな 細っせえ 細っせえ 光 だって 太ってえ 太ってえ 道に なって

一寸先が 闇だって 絶えず 進み続けるん だって

 

僕らは 一進一退 繰り返して 順風満帆 じゃ なくって

試行錯誤 を しまくって 自分を 磨く

たったの 小っせえ 小っせえ 一歩 だって でっけえ でっけえ 意味が あって

一寸先が 闇だって 絶えず進むしか ないん だって

 

 

「千里の道も一歩から」を「英語」で「言う」と「下記」だ、そうです。

 

「Rome was not built in a day」

 

(「ローマは一日にしてならず」)

 

と「言う」そうです。