何気なく使っている言葉の意味

「細工は 流流・仕上げ を ご覧じろ」

(「さいくは りゅうりゅ・しあげ を ごろうじろ」)

 

「皆さん」は

「細工は 流流・仕上げ を ご覧じろ」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?


「細工は 流流・仕上げ を ご覧じろ」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「仕事 の・やり方」は

「色々 なの・だから」

「途 中・で」

「とや かく・言わず」に

 

「出 来・上り」を

「見 て・から」

「批判 して・欲しい」

   と、いう

 

「意・味」だ

   そうです。

 

「細工は 流流・仕上げ を ご覧じろ」の

「語・源」は

「下・記」だ、そうです。

 

「細・工」

   と は

「手・先」を

「使・い」

 

「細 か・い」

「作・業」で

「物 を・作る」

「事」で

 

「流・流」

  と は
「人 に・よって」

「さ ま・ざま」な

 

「流・儀」が
「有 る・事」が

「語・源」だ

   そうです。

 

「細工は 流流・仕上げ を ご覧じろ」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「細工は 流流・仕上げ を ご覧じろ」で

 「今・は」

 「成果 と・して」

 「現れ て・いない」が

 

 「必・ず」

 「良 い・結果」を
 「出・す」

      の で

 

 「終わ る・まで」

 「黙っ・て」

 「見 て・いて」

 「欲・し」い。

 

・「マニュアル」

    「通 り・では」

 「無 く・て」も

 「自分 の・流儀」で

 「上 手・く」

 「仕上 げ・て」

 「みせ る・から」

   「細工は 流流・仕上げ を ご覧じろ」で

 

 「途・中」で

   「口 を・はさむ」

 「事」は

 「止め て・欲し」い。

 

「細工は 流流・仕上げ を ご覧じろ」の

「類義・語」を

「検 策・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「終わりよけれ ば・全て 良し」

   (「おわりよけれ ば・すべて よし」)

 

 「イギリス の・劇作家」

 「ウィリアム・シェイクスピア」の

 「戯・曲」

 「All's well that ends well」を

 

 「きっかけ に・して」

 「広 く・知られる」

 「様」に

 「成っ た・言葉」です。

 

 「戯曲 の・ストーリー」は

 「あ る・女性」が

 「自分 に・気の ない」

 「男性 と・結婚する」為 に

 

 「あの 手・この手」を

 「使・い」

 「最 終・的 に
 「結 婚・まで」

 「こ ぎ・つける」

    と、いう

 「内・容」だ

    そうです。

 

 「終わりよけれ ば・全て 良し」の

 「意・味」は

 「過程 は・どうで あれ」

 「最終的 な・結果」が

 

 「良 け・れ」ば
 「丸 く・収まる」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「た だ・し」

 「途 中・経過」を

 「おろ・そか」に

 「し て・も」

 

 「かま わ・ない」

    と、いう

 「意 味・で」は

 「無・い」の で

 

 「注・意」が

 「必・要」です。

 

「細工は 流流・仕上げ を ご覧じろ」の

「対義・語」を

「検 策・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「ローマ は・1 日にして ならず」

   (「ローマ は・いちにちにして ならず」)

 

  「素晴ら しい・功績」も

 「小さ な・積み 重ね」の

 「賜・物」と、いう

 (「たま・もの」)
 「ことわざ」で

 

 「結 果・だけ」を

   「見・て」

 「評 価・する」事

 「無・く」

 

 「そこ に・至るまで」の

 「過程 が・大事」

    と、いう

 「考 え・方」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「村下 孝蔵」は

(「むらした こうぞう」) は

 

「初恋 は ふりこ 細工 の

   放課後 の 校庭」の

「歌詞 が・ある」

「初 恋」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,983・年」に

「リリース」

   し た

「5 th・シングル」で

 

オリコン・3 位」に

「成・り」ました。

 

「村下 孝蔵」は

「1,953 年・生まれ」で

「熊本 県・水俣 市」

「出・身」の

 

「シンガーソング・
   ライター」です。

 

「中学生・時代」か ら

「平 泳・ぎ」の

「選・手」と、して

「活・躍」し

 

「水泳 部・特待 生」で

「私・立」

「鎮 西・高校」に

「進・学」し

 

「九 州・大会」

「100 m・平泳ぎ」で

「優・勝」しました。

 

「1,971・年」

「高 校・卒業 後」に

新日鉄・八幡 製作所」に

「就 職・しました」が

 

「歌手 の・夢」を

「捨 て・切れず」に

「同・年」に

「退・職」しました。

 

「1,972・年」に

「日本 デザイナー・学院」に

「入・学」し

「バンド を・結成」しました。

 

「卒 業・後」は

ヤマハ」に

「就・職」し

「ピアノ」の

 

「調 律・師」と

   し て

「働 き・ながら」

「弾 き・語り」の

 

「アルバイト」

「等」で

「音 楽・活動」を

「行・い」ました。

 

「1,979・年」に

CBSソニー」の

「オーディション」で

「グランプリ」を

 

「獲・得」し

「歌・手」

「デビュー」が

「決・定」しました。

 

「1,980・年」に

「ファースト・シングル」

「月 あかり」で

「デビュー」しました。

 

「代表・曲」に

 

「初 恋」

「踊り 子」

ロマンスカー」等 が

「有・り」ます。

 

「1,983・年」に

「リリース」し た

「サード・シングル」

「初 恋」が

 

「50・万枚」を

「売 り・上げる」

「ヒット・曲」に

「成・り」

 

「一・躍」

「人 気・歌手」の

「仲 間・入り」を

「果 た・し」ました。

 

「そ の・後」も

「踊り子」

ロマンスカー
「等」の

 

「ヒット・曲」を

「世」に

「送 り・出し」

   ました が

 

「1,999 年・6 月」

「コンサート」の

「リハーサル・中」に

「倒・れ」

 

「高血圧 性・脳内 出血」の

「診・断」に て

「46・歳」で

「急・逝」しました。

 

「私・生活」で は

 

「1,979・年」

「デビュー・1 年 前」の

「26 歳の・時」に

「ピアノ・講師」の

 

「一般人・女性」と

「結・婚」しました。

 

「1,980・年」に

「長・女」が

「誕・生」

   しました が

 

「1,985・年」に

「離・婚」しました。

 

「時・期」は

「不 明・です」が

「一般人・女性」と

「再・婚」し

 

「村 下」が

「死・去」し た

「1,999・年」ま で

「寄 り・添い」ました。

 

「紅白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「村下 孝蔵」

「初 恋」

「作・詞」「作・曲」

「村下 孝蔵」

 

五月雨 は 緑色 

(「さみだれ」)

悲しく させたよ 一人 の 午後は

恋をして 淋しくて 

届かぬ 想いを 暖めて いた

好きだよ と 言えず に 初恋 は

ふりこ 細工 の 心

放課後 の 校庭を 走る 君が いた

遠くで 僕は いつでも 君を 探して た

浅い夢 だから 胸を はなれ ない

 

夕映 は あんず 色 

(「ゆうばえ」)

帰り道 一人 口笛 吹いて

名前さえ 呼べなくて 

とらわれた 心 見つめて いた よ

好きだよ と 言えず に 初恋 は

ふりこ 細工の 心

風に 舞った 花びら が 

水面を乱す ように

(「みなもをみだす」)

愛という字 書いて みて は 

ふるえて た あの頃

浅い夢 だから 胸を はなれ ない

 

放課後の 校庭を 走る 君が いた

遠くで 僕は いつでも 君を 探して た

浅い夢 だから 胸を はなれ ない

 

 

※「神は 細部 に・宿る」

  (「かみは さいぶ に・やどる」)

 

「神は 細部 に・宿る」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「細か い・部分」に

   ま で

「こだわ り・抜く」

「事」で

 

「全体 と・して」の

「完成度 が・高まる」

   と、いう

「格・言」だ、そうです。

 

「全 体・像」や

「見 た・目」

「ば か・り」を

「気 に・して」

 

「細 い・部分」を

「おろそか に・すれ」ば

「結果 と・して」

「作 品・自体」の

 

「完成度 も・落ち」

「本物 に・ならない」

   と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「神は 細部 に・宿る」の

「由 来・語 源」は

「不・明」だ、そうです。

 

「神は 細部 に・宿る」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「良 い・仕事」は

 「神は 細部 に・宿る」

 「様」に

 「細 部・まで」

 

 「仕 上・げ」て

 「お り」

 「手 抜・き」は

 「一・切」ない。

 

・「神は 細部 に・宿る」を

 「モットー」に

 「仕・事」を

 「し て・いる」と

 

 「効 率・性」が

 「悪・く」なる。

 「大 事・なの」は

 「手・抜き」

  と の

 「バランス・感覚」だ。

 

「神は 細部 に・宿る」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

・「良い神 は 細部 に・宿る」

   (「よいかみ は さいぶ に・やどる」)

 

 「人・種」や

 「民・族」に

 「関 系・無く」

 「世 界・的」に

 

 「認 め・られる」
 「様」な

 「芸 術・作品」は

 「第三者 が・見て」も

 

 「気付 き・にくい」

 「細やか な・部分」に

 「ま で」

 「気 を・配り」

 

 「技・術」が

 「施され て・いる」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「神は 細部 に・宿る」の

「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「木 を 数えて・林 を 忘 れる」

  (「き を かぞえて・はやし を わすれる」)

 

 「細・部」に

 「ば か・り」

 「気 を・取 られ」て

 「い る」と

 

 「全 体・感」を

 「見・失う」

       と、いう

 「格・言」だ、そうです。

 

 

「広瀬 香美」は

(「ひろせ こうみ」)

 

「ロマンス の 神様」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,993・年」に

「リリース」

   し た

「サード・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「広瀬 香美」は

「1,966 年・生まれ」で

「福岡 県・筑紫野 市」

「出・身」の

 

「シンガーソング・
   ライター」

「音 楽・プロヂューサー」

   で す。

 

「親 の・方針」で

「3 歳の・時」

   か ら

 

「クラシック」

「音・楽」の

「英 才・教育」を

「受・け」

 

「手 に・職」を

「付 け・させたい」

   と の
「母親 の・意向」で

 

「4 歳・から」

「ピアノ」を

「5 歳・から」

「声・学」を

 

「6 歳・から」

「作・曲」を

「始・め」ました。

 

「私・立」

「福岡 女学院・高校」

「音 学・科」を

「卒 業・後」に

「国立 音楽・大学」

「音楽 部・作曲 科」に

「進・学」しました。

 

「多・数」の

「デモ・テープ」を

「レコード・会社」に

「送・り」

「ビクター・

  エンターテイメント」の

「プロヂューサー」の

「目 に・留まり」

 

「デビュー」が

「決・定」しました。

 

「1,992・年」

「ファースト・アルバム」

「Bingo!」で

「デビュー」しました。

 

「代表・曲」に

 

「ロマンス の 神様」

「ゲレンデ が とけるほど 恋したい」

「promise」等 が

「有・り」ます。

 

「1993・年」に

「リリース」

   し た

「サード・シングル」で

 

アルペン」の

「C M・ソング」に

「成っ・た」

 

「ロマンスの 神様」が

オリコン・1 位」で

「180・万枚」を

「売 り・上げる」

 

「ミリオン・セラー」に

「成・り」ました。

 

「1,997・年」に

「リリース」

   し た

「6 th・アルバム」

 

「welcome - Muzak」が

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「1,998・年」に

「リリース」 し た

「ファースト」

ベスト・アルバム

 

「The Best LOVE WINTER」が

「280・万枚」を

「売 り・上げ」ました。

 

「冬」に

「ヒット・曲」が

「生 ま・れる」

「事」よ り

「冬 の・女王」と

「呼 ば・れ」ました。

 

「1,999・年」に

「ヴォイス・トレーニング」や

「ヴォーカル・レッスン」を

「指 導・する」

 

「広瀬 香美・音楽 学校」を

「開・校」し

「校・長」を

「務・め」て、います。

 

「現・在」

「55・歳」

   です が

 

「拠・点」を

「ロサンゼルス」に

「置 き・ながら」

「可 能・性」を

 

「開 花・すべく」

「ワールド・ワイド」に
「活 動・して」

   いる そうです。

 

「私・生活」で は

 

「1,999・年」

「33 歳の・時」に

「2 歳・年上」で

「俳・優」の

 

「大沢 たかお」と

「結 婚・しました」が

「2,006・年」に

「離・婚」しました。

 

「2,008・年」

「42 歳の・時」に

「一 般・企業」に

「勤 務・する」

「1 歳・年上」の

アメリカ・人」と

「再・婚」しました。

 

「紅白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「広瀬 香美」

「ロマンス の 神様」

「作・詞」「作・曲」

「広瀬 香美」

 

勇気と 愛が 世界を 救う 

絶対 いつか 出会える はず なの

沈む 夕日に 淋しく 一人 

こぶし 握りしめる 私

週休 二日 しかも フレックス 

相手は どこにでも いるん だから

今夜 飲み会 期待 してる 

友達の 友達に

 

目立つ には どうしたら いい の 

一番の 悩み

性格 良ければ いい 

そんなの 嘘だと 思い ませんか?

 

Boy Meets Girl  幸せの 予感 

きっと 誰かを 感じて る

Fall In Love ロマンスの 神様 

この人 でしょう か

 

ノリと 恥じらい 必要なの よ 

初対面の 男の人 って

年齢 住所 趣味に 職業 

さりげなく チェック しなく ちゃ

待って いました 合格 ライン 

早く サングラス 取って 見せて よ

笑顔が 素敵 真顔も 素敵 

思わず 見とれて しまう の

 

幸せに なれるもの ならば 

友情より 愛情

“ 帰りは 送らせて ” と さっそく OK  

ちょっと 信じられ ない

 

Boy Meets Girl 恋してる 瞬間 

きっと あなたを 感じて る

Fall In Love  ロマンスの 神様 

願いを かなえ て

Boy Meets Girl 恋する 気持ち 

何より 素敵な 宝物

Fall In Love  ロマンスの 神様 

どうも ありがとう

 

よく あたる 星占い に 

そういえば 書いて あった

今日会う人 と 結ば れる 

今週 も 来週 も 再来週 も

ずっと oh yeah !

Boy Meets Girl 土曜日の 遊園地 

一年 たったら ハネムー

Fall In Love  ロマンスの 神様 

感謝して ます

Boy Meets Girl いつまで も 

ずっと この気持ち を 忘れたく ない

Fall In Love  ロマンスの神 様 

どうも ありがとう

 

 

「細工は 流流 仕上げ を・ご覧じろ」を

「英・語」で

 

 「See the finishing touches」と

 

 (「細工は 流流 仕上げ を・ご覧じろ」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「産み の・苦しみ」

(「うみ の・くるしみ」)

 

「皆さん」は

「産み の・苦しみ」

   と、いう

 

「慣用・句」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「産み の・苦しみ」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「物・事」を

「新 し・く」

「作 り・出し」
   た り

 

「始 め・る」
「時」の

「苦・労」

   と、いう

 

「意・味」だ

   そうです。

 

「産み の・苦しみ」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「出・産」の

「時」の

「母・親」の

「苦し・み」が

 

「由・来」だ

   そうです。

 

「産み の・苦しみ」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「案ずる より・産むが 易し」

   (「あんずる より・うむが やすし」)

    と、いう

 「ことわざ」を

 

 「平気 で・使っていた」が

 「今 回・自 分」が

 「産み の・苦しみ」を

 「味 わ・い」

 

 「女性 の・大変さ」を

 「改 め・て」

 「理 解・出来」た。

 

・「如・何」に

 「天 才・棋士」と

 「呼 ば・れる」
 「藤井 聡太・二冠」で も

 

 「勝負を・決める」

 「次 の・一手」を

 「ひね り・出す」

    の に

 

 「二・時間」も

 「長・考」し

 「産み の・苦しみ」を

 「味わっ・た」そうだ。

 

「産み の・苦しみ」の

「類義・語」を

「検 策・して」も

「出て・来」ません。

・「コロンブス の・卵」

   (「コロンブス の・たまご」)

 

 「一 見・して」

 「簡 単・そう」に

 「見え る・事」

    で も

 

 「未知 の・こと」を

 「初・め」て

 「す る・事」は

 

 「難 し・い」

    と、いう

 「たと・え」です。

 

「産み の・苦しみ」の

「対義・語」を

「検 策・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「二 番・煎じ」
   (「に ばん・せんじ」)

 「既・に」

 「誰・か」が

 「開 発・した」

 「事」を

 

 「真似 る・だけ」で
 「難し く・無い」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

DA PUMP」は

(「ダ・パンプ」)

 

「もしも 君じゃ なかった ら

    苦しむ ことも ない」の

「歌詞 が・ある」

 

「i f・・」

(「イ フ・・」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,000・年」に

「リリース」

   し た

「12 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「紅白・歌合戦」に

「3 度目 の・出場」を

   しました。

 

「ダ・パンプ」は

「1,996・年」に

「結 成・された」

「沖縄 県・出身」の

 

「男 性・6 人組」の

「ダンス & ボーカル」

「グループ」です。

 

「DA」は

「THE 」の

スラング」で

 

「DAMP」は

「JUMP」の

(「ジャンプ」)

「事」で

 

「音楽に のって

   飛び跳ねる 仲間」 

   と、いう

「意・味」で

 

「名・付け」

   ました。

 

「1,997・年」に

「リリース」

  し た

「ファースト・シングル」

 

「Feelin ‘ Goob - It's 

   PARADISE -」で

「デビュー」しました。

 

「代表・曲」に

 

「U . S . A」

「I r・・・」

「桜」等 が

「有・り」ます。


「1,998・年」に

「日 本・武道館」で

「単 独・ライブ」を

「開・催」しました。

 

「2,000・年」に

「リリース」

   し た

「12 th・シングル」

 

「I f ・・」で

「レコード・大賞・
   優秀作品 賞」を

「受・賞」しました。

 

「同・年」に

「リリース」

   し た

「サード・アルバム」

 

「BEAT BALL」が

「自 身・初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,018・年」に

「リリース」

   し た

「29 th・シングル」

 

「U . S . A」の

「M V・再生 回数」が

「236・百万 回」を

「突 破・して」います。

 

「2,021 年・3 月」に

「リリース」

   し た

「DREAM on the street」が

 

「シングル」で

「初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「紅白・歌合戦」に は

 

「1,998・年」の

「Rhapsody in BIue」〜

「2,019・年」の

「ONE TEAM メドレー」ま で

 

「通 算・7 回」

「出・場」しました。

 

DA PUMP

「I f ・・・」

「作・詞」:「m・c・A・T」

「作・曲」:「冨樫 明夫」

 

高鳴る 鼓動 は 夕暮れ の

君の姿 に シンク する

見せない プライド ささやか な

君の全てに スィング する

 

Do you know it ? 月の明かりを背負い

絡んで きた 運命の 糸を 追う

(「からんで」)

願い その答え は 見えない

じゃまな 雲が かくすん だ その 先は

 

もしも 君が ひとり なら

迷わず 飛んで いくさ

俺の 行く末 密かに 暗示する人 Honey

もしも 誰かと いた時 は

解けるの かな 魔法 は

張り裂け そうな 胸の 痛み は・・・

せつない 思い は 忘れ ない

出会いの 日まで リンク する

来ない 夜明け を 待つ 俺に

あの日 の 君が ウィンク する

 

Don't you know it ? 夢で 逢えれば まだ いい

「あきらめる・・・」と 今夜も 言い 聞かす

愛しい この気持ち は 消え ない

だから 明日も 期待する んだ この 先を

 

もしも 君じゃ なかった ら 苦しむ ことも ない

俺の 行く末 密かに 暗示する人 Honey

「もしも あの時 会わなけ りゃ・・・
なんて 意味ない こと

君しか もう 見えないん だから・・・

Up to date, be my Baby !Up to date, be my Baby 

均等の 愛なんて もう とうに ない!

無理に 誰かを 愛そう なんて 無理 無理 無理 無理

この愛の 重さは 超ド級

ちょうどよく なんて 考えじゃ ダメージ ダメージ!

今 高鳴る胸 冷静 に 君に 届けよ 決心の メッセージ!

もしも 君じゃ なかった ら こんなに 愛せ ない

俺の 行く末 密かに 暗示する人 Honey

もしも 醒めない 夢なら ば この 運命 たぐりよせ

君の もとへ と 思い 届けに・・・
君しか もう見えないん だから・・・

 

 

※「若い時の 苦労 は・買ってでも せよ」

 (「わかいときの くろう は・

     かってでも せよ」)

 

「若い時の 苦労 は・買ってでも せよ」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「若い世代 の・人達」に

「不人気 な・ことわざ」の

「代 表・格」だ

   そうです。

 

「年 配・者」か ら

「自・分」が

「若 い・頃」は

「大・変」で

「苦 労・した」

   の に

「今 の・若者は」と

「前・置き」し

 

「恩 着・せ」

「が ま・しく」

「命 令・口調」で
「言 わ・れた」ら


「反 発・したく」

「成・る」の は

「当然 の・様」な

「気」が、します。

 

「こ の・ことわざ」を

「分か り・やすく」

「と ら・える」

   に は

 

「苦労 を・買う」

   と、いう

「言・葉」を

 

「自 主・的」に
「望・む」

   と、いう

「意 味・合い」で

 

「更・に」

「苦・労」を 

「チャレンジ」と

「変 換・する」と

 

「ことわざ」の

「持・つ」

「本・質」を

 

「正 し・く」

「理解 し・やすく」

「成・る」そうです。

 

「若 い・時」で

「有・れ」ば

「チャレンジ」し て

「失 敗・して」も

 

「若 さ・ゆえ」の

「体・力」や

「精 神・力」で

「リ・カバリー」

 

「しや・すい」

   と、いう

「メリット」が

「有・り」ます。

 

「た と・え」

「チャレンジ」

   し て

「失 敗・して」も

 

「そ の」

「経・験」は

「何 も・せず」

「た だ」

 

「毛 布・に」
「くるまって・‘いる」

「だけ の・人」と

「比 べ・れ」ば


「経 験・値」の

「差 と・いう」

「形」で

 

「優・位」に

「立 て・る」

「は ず」です。

 

「苦・労」は

「買わ・なく」て も

「向こ う・から」

「勝・手」に

 

「やって・来ます」が

「目的 を・持って」

「買った・苦労」

   ほ ど

 

「良 い・経験」に

「変わり・やすい」と

「言 わ・れて」
   います。

 

「若い時の 苦労 は・買ってでも せよ」の

「由・来」「語・源」は

「特 に・無い」様 です。

 

「若い時の 苦労 は・買ってでも せよ」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「若い時の 苦労 は・買ってでも せよ」

    と、いう が

 「そ れ・なり」に

 「苦労 した・つもり」だ が

 

 「い ま・だ」に

 「苦・労」が

 「続 い・て」いる。

 

・「若い時の 苦労 は・買ってでも せよ」

       と、いう

 「ことわざ」が

 「本・当」な ら

 

 「若 い・人」が

 「今、して いる」

 「苦・労」は

 

 「将・来」

 「きっ・と」

 「役 に・立つ」はずだ。

 

「若い時の 苦労 は・買ってでも せよ」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「艱難 汝 を・玉にす」

   (「かんなん なんじ を・たまにす」)

 

 「艱・難」

    と は

 「困・難」に

 「出会っ・て」

 「苦し み・悩む」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 「玉」と は

 「美し い・もの」や

 「大切 な・もの」と

 「い う」

 

 「意・味」だ

    そうです。

 

 「艱難 汝 を・玉にす」

    と は

 「苦 し・み」や

 「悩・み」が

 

 「人」を

 「立派 に・する」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「若い時の 苦労 は・買ってでも せよ」の

「対義・語」を

「検 策・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「三十六計 逃げる に・如かず」

   (「さんじゅうろっけい にげる に・しかず」)

 

 「作・戦」

    に は

 「色・々」と

 「有・る」が

 

 「面倒 な・事」が

 「起 き・た」ら

 「逃 げ・る」

    の が

 

 「得・策」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「社 このみ」は

(「やしろ このみ」)

 

「花は 苦労の 風に咲く」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,019・年」に

「リリース」

   し た

「7 th・シングル」で

 

オリコン・24 位」に

「成・り」ました。

 

「社 このみ」は

「1,989 年・生まれ」で

「北海道・札幌 市」

「出・身」の

 

「女・性」

「演 歌・歌手」です。

 

「4・歳」よ り

「江 差・追分」等

(「え さし・おいわけ」)

「北海道 の・民謡」を

「習 い・始め」

 

「小 学・6 年生」の

「時」に

江差 追分・全国 大会」

「少年 の・部」で

 

「当・時」

「史 上・最年少」で

「優・勝」を

「果 た・し」ました。

 

「以・来」

「数々 の・大会」で

「優・勝」し

 

「民 謡・チャンピオン」

   と、して

「ブラジル」や

「東・欧」を

 

「訪・問」し

「歌」を

「披・露」しました。

 

「2,007・年」

「私・立」

「札幌 静修・高校」

「3 年生 の・時」に

 

「N H K」

「それ行け 民謡 うた祭り」に

「出 演・した」

「事」が

 

「きっ・かけ」で

「細川 たかし」に

「見 出・され」
「師・事」しました。

 

「2,013・年」に

「ファースト・シングル」

「三味線 わたり鳥」で

「デビュー」し

 

「レコード・大賞・
   新人 賞」を

「受・賞」しました。

 

「代表・曲」に

 

「くちなし 雨情」

「花は 苦労の 風に 咲く」

「残んの 月」等 が

「有・り」ます。

 

「2017・年」に

「デビュー・5 周年」を

「記・念」し て

「リリース」し た

 

「5 th・シングル」

「残んの 月」が

「カラオケ・ファン」に

「愛・され」

 

「ロング・ヒット」に

「成・り」

「レコード・大賞・
   作曲家協会 選奨」を

「受・賞」しました。

 

「2,018・年」に

「リリース」し た

「6 th・シングル」

「くちなし 慕情」が

 

オリコン・演歌・

   ランキング」で

「1・位」に

「成・り」ました。

 

「2,019・年」に

「7 th・シングル」

「花は 苦労の 風に 咲く」を

「リリース」しました。

 

「私・生活」で は

 

「2,020 年・7 月」

「31 歳の・時」に

「1 歳・年下」で

「大・相撲」

 

「元・大関」の

「高 安」と

「結・婚」しました。

「2,021 年・2 月」に

「第 一・子」

「長・女」を

「出・産」しました。

 

「紅白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「社 このみ」

「花は 苦労の 風に 咲く」

「作・詞」:「坂口 照幸」

「作・曲」:「岡 千秋」

 

浮世草 でも いいじゃ ない

(「うきよぐさ」)

土の中 ほど 温かい

持って いるのよ 弱さの 中に

人は 出直す 力 まで

今は 実り の 時を 待つ

花は 苦労 の 風に 咲く

 

歩くそば から 道に なる

きっと 灯りも 見える はず

       (「あかり」)

いいの いいの よ 小さな 夢で

そこに 値打ちも きっと ある

一期一会 の 人を 待つ

(「いちごいちえ」)

花は 苦労 の 風に 咲く

 

思いやる 人 やれる 人

花の かおり は 宿る もの

深い海 まで 抱いてる ような

母の 姿が 道 しるべ

明日 に 実り の 春を 待つ

花は 苦労 の 風に 咲く

 

 

「産み の・苦しみ」を

「英・語」で

 

 「growing pains」と

 

 (「産み の・苦しみ」)

 

 「言・う」そうです。

 

 

何気なく使っている言葉の意味

「パンドラ の箱 を・開ける」

(「パンドラ のはこ を・あける」)

 

「皆さん」は

「パンドラ の箱 を・開ける」

   と、いう

 

「西洋 の・ことわざ」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「パンドラ の箱 を・開ける」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「パンドラ の・箱」と は

「触 れ・て」は
「いけ ない・もの」の

「たと・え」だ、そうです。

 

「触 れ・て」は
「いけ ない・もの」

   と は


「実 行・したり」

「話題 に・する」と
「よく ない・事」が

「起 き・た」り

「誰・か」を

「傷つけ て・しまう」

「行・い」

   と、いう

 

「意・味」だ、

   そうです。

 

「パンドラ の箱を・開ける」

   と は

「災・い」を

(「わざわい」)

 

「引 き・起こす」
「原因 を・作る」

   と、いう

「意・味」で

 

「使 わ・れて」
「い る」

   そうです。

 

「パンドラ の箱 を・開ける」の

「語・源」は

「下・記」だ、そうです。

 

ギリシャ・神話」が

「語・源」だ

   そうです。

 

「神々 の・神」と

「呼 ば・れる」

「最 高・神」の

「ゼウス」は

 

「地・上」に

「送っ・た」

「最初 の・女性」

「パンドラ」に

 

「あら ゆる」

「不幸 や・災い」が

「入っ た・箱」を

「渡・し」て

 

「絶・対」に
「開 け・て」は

「な ら・ない」と

「命・じ」ました。

 

「しか し」

「パンドラ」は

「好 奇・心」

   か ら

 

「箱 を・開けて」

   しま い

「中」に

「入っ て・いた」

 

「病気 や・憎悪」

「犯罪 や・争い」

「怒り や・苦しみ」等の

「災・い」や

 

「ネガティヴ」な

「感・情」が

「飛 び・出して」

「しま い」ました。

 

「パンドラ」は

「あわ て・て」
「直ぐ に・蓋」を

「し ま した」が

 

「箱 の・中」

   に は

「希 望・だけ」が

「残・り」ました。

 

「こ の・神話」

   か ら

「パンドラ の・箱」は

「開 け・て」は

 

「な ら・ない」
「も の」の

「た と・え」に

「成・り」ました。

 

「パンドラ の・箱」の

「中 に・残った」

「希・望」の

「解・釈」は

 

「2 通り・有り」

「ポジティブ」な

「解・釈」
   で は

 

「人間 の・手元」に

「希望 が・残った」

「事」に

「よ り」

 

「希望 を・持って」

「生き る・事」が

「出 来・る」

「或 い・は」

「新た な・挑戦」が

「出 来・る」

   と、いう

「解・釈」と

 

「希望 に・向かい」

「前 進・して」も

「待 ち・受ける」

「の は」

 

「困 難・だけ」で

「希・望」も

「災い の・ひとつ」

   と、いう

 

「ネガティヴ」な

「解・釈」だ

   そうです。

 

「パンドラ の箱 を・開ける」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「上・司」が

 「気 に・して」

    「いる」

 

 「触れ られ・たく」

   「な い」

 「話・題」を

 「振っ て・しまい」

 

 「パンドラ の・箱」を

 「開 け・て」
       しまった。

 

・「彼・女」は

 「あ え・て」

 「パンドラ の箱 を・開ける」

 「事」に、より

 

 「過去 の・風習」を

 「突 き・破り」
 「新た な・風」を

 「巻 き・起こし」た。

 

パンドラの箱 を・開ける」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「タブー を・破る」
  (「タブーを・やぶる」)

 

   「タブー」に は

 「禁・忌」

 (「きん・き」)
 「すな わ・ち」

 

 「禁じ られて・いる」

 「事」と、いう

 「意・味」が

 「有・り」ます。

 

 「タブー を・破る」と は

 「禁止され て・いる」

 「事」を

 「やって・しまう」

 「ある い・は」
 「手 を・出して」は

 「い け・ない」
 「事」に

 

 「首」を

 「突っ込んで・しまう」

    と、いう

 「意・‘味」だ、そうです。

 

 

パンドラの箱 を・開ける」の

「対義・語」を

「検 策・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「確 信・犯」

  (「かく しん・はん」)

 

 「意・味」を

 「勘違 い・している」

 「人 が・多い」

 「言・葉」だ、そうです。

 

 「思想 的・信念」に

 「基づ い・て」

 「正 し・い」と

 「信 じ・て」

 「為 さ・れる」

  (「な さ・れる」)
 「犯 罪・行為」

 「又」は

 

 「そ の・行為」を

 「行 う・人」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「南野 陽子」は

(「みなみの ようこ」)

 

「パンドラ の 恋人」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,982・年」に

「リリース」

   し た

「8 th・シングル」で

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「代表・曲」に

 

「吐息で ネット」

「はいからさんが 通る」

「パンドラ の 恋人」等 が

「有・り」ます。

 

「南野 陽子」は

「1,967 年・生まれ」で

「兵庫 県・伊丹 市」

「出・身」の

 

「女・優」

「歌・手」です。

 

「1,980 年・代」を

「代 表・する」

「アイドル」の
「一・人」で

 

「デビュー」

「時・’期」が

「近・かった」

 

「工藤 静香」

「中山 美穂」

「浅香 唯」と

「共」に

 

「四・天王」と
(「し・てんのう」)

「呼ば・れ」ました。

 

「私・立」

「松蔭・高校」

「2 年生 の・夏」に

「単 身・上京」し

 

「堀越・高校」に

「編・入」しました。

 

「1,984・年」に

「テレビ・ドラマ」

「名門 私立 女子高校」で

「女 優・デビュー」しました。

 

「1,985・年」に

「ファースト・シングル」

「恥ずかし すぎて」で

「歌 手・デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・‘57 位」

   でした。

 

「同・年」に

「フジ・テレビ 系」

「テレビ・ドラマ」

 

「スケバン 刑事 Ⅱ 

   少女 鉄仮面 伝説」で

 

「主人・公」

「麻宮 サキ」

「役」を

「演・じ」

 

「一・躍」

「トップ・アイドル」の

「座」を

「獲・得」しました。

 

「1,987・年」に

「公 開・された」

「スケバン 刑事」の

「主 題・歌」

「楽園の Door」が

「自 身・初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「以・後」

「同・年」の

「7 th・シングル」

「話しかけた かった」

 

「同・年」の

「8 th・シングル」

「パンドラ の 恋人」

 

「同・年」の

「9 th・シングル」

「秋 の Indication」

 

「同・年」の

「10 th・シングル」

「はいからさん が 通る」

 

「1,988・年」の

「11 th・シングル」

「吐息で ネット」

 

「同・年」の

「12 th・シングル」

「あなたを 愛したい」

 

「同・年」の

「13 th・シングル」

「秋からも、そばに いて」と

 

「シングル・8 作品」が
「連 続・して」
オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「1,989・年」に

「リリース」

   し た

「16 th・シングル」

 

「フィルム の 向こう側」が

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「1,987・年」に

「リリース」し た

「4 th・アルバム」

「GARLAND」

 

「1,988・年」の

「ファースト」

ベスト・アルバム

「NANNO Singles」

 

「1,989・年」に

「リリース」し た

「7 th・アルバム」

GAUCHE」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「1,992・年」に

「映・画」

「寒 椿」他 で

「主・演」し

 

「日 本・アカデミー 賞

   主 演・女優 賞」を

「受・賞」しました。

 

「現・在」

「53・歳」

   です か

 

「近・年」で は

「2,018・年」に

「N H K・大河 ドラマ」

「西郷 どん」

 

「2,020・年」に

「TBS・系」

「テレビ・ドラマ」

「半沢 直樹」に

 

「出 演・する」

「等」で

「幅・広く」

「活 躍・して」います。

 

「私・生活」で は

 

「2,011・年」

「43 歳の・時」に

「4 歳・年下」で

「人材 派遣・会社」

 

「社・長」の

「金田 充史」と

「結・婚」しました。

 

「二人の・間」に

「子・供」は

「いな い」

   そうです。

 

「紅白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「南野 陽子」

「パンドラ の 恋人」

「作・詞」:「田口 俊」

「作・曲」:「色井 登志夫」


とめて 時間  (「とき」) を

その 唇で

まばゆい 一瞬 を

とめて 夏を

水晶 (「プリズム」) 色 に

胸に やきつけ て

 

パンドラ の 小箱を あける よう に

あなた の 心の 中

そっと のぞいたら 恋は どこか に

逃げて しまう かしら

引き潮 の 濡れた 砂

あなた の 背中

後ろから 抱きしめ て

鼓動 だけ 感じたい

 

燃える 想い

ねえ せつなくて

一秒が つらい の

たとえ 誰か 悲しませ ても

もう 離れない で

 

白い 帆 (「セイル」) の 方

舟に 乗って

陽炎 (「かげろう」) の

外海 (「そとうみ」) を

漂流 (「ながさ」) れて

行き たい

 

あざやか な 夏の影

落とす 陽射し (「ひざし」) が

空色を 染め ながら

この胸に あふれる の

 

燃える 想い

ねえ 苦しくて

頬 (「ほほ」) に こぼれた なら

抱いて 強く

眩暈 (「めまい」) する ほど

もう 離れない わ

 

とめて 時間 を

その 唇で

まばゆい 一瞬 を

とめて 夏を

水晶色 に 胸に やきつけ て

 

 

※「開けて 悔しき・玉手箱」

 (「あけて くやしき・たまてばこ」)

 

「開けて 悔しき・玉手箱」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「期待 して・いた」
「も の」が

「結果 を・見る」と

「予想 に・反し」た

 

「意外 な・もの」で

「あ る・事」が

「分かっ・‘て」

「残・念」に

「感 じ・る」

   と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「開けて 悔しき・玉手箱」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「浦島 太郎」が

「乙 姫」

   か ら

「もらっ・た」

「玉 手・箱」を

「開 け・た」ら
「白・煙」が

「立 ち・昇り」

 

「白髪 の・老人」に

「成っ・た」

   と、いう

「伝・説」が

 

「由・来」だ

   そうです。

 

「開けて 悔しき・玉手箱」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼・女」か ら

 「手・紙」を

 「渡さ れ・た」

  の で

 

 「てっきり」

 「ラブ・レター」

    だ と

 「思って・いた」ら

 

 「開けて 悔しき・玉手箱」で

 「中・味」は

 「別・れ」の

 「挨 拶・状」だった。

 

・「友・達」が

 「デパート」に

 「買い物 に・行く」と
 「聞 い・て」

 

 「大・枚」を

 (「たい・まい」)

 「はたい」て

 

 「福・袋」を

 「買って・きて」

 「もらっ・た」ら

 

 「開けて 悔しき・玉手箱」で

 「中・味」は

 「嫌い な・色」

    「ばかり」だった。

 

「開けて 悔しき・玉手箱」の

「類義・語」を

「検 策・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「当て が・外れる」

  (「あて が・はずれる」)

 

 「当・て」と は

 「期待 して・いた」

 「成・果」と、いう

 「意・味」で

 

 「外 れ・る」と は

 「そ の・様」に
 「なら な・かった」

 「事」で

 

 「当て が・外れる」

    と は

 「思って・いた」
 「内・容」と

 

 「実際と の・間」に

 「許 容・出来 ない」
 「差 が・あった」
 「時」に

 

 「使・う」

 「言・葉」です。

 

「開けて 悔しき・玉手箱」の

「対義・語」を

「検 策・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「望外 の・喜び」

  (「ぼうがい の・よろこび」)

 「法外 の・喜び」と

 (「ほうがい の・よろこび」)

 「使 う・のは」

 「間・違い」です。

 

 「望・外」

       と は

 「望んで・いた」

 「以・上」に

 

 「良 い・結果」
       と、いう

 「意・味」です。

 

 「望外 の・喜び」

       と は

 「これ 以上・ない」

    「ほ ど」の

 

 「喜・び」の

   「事」で

 

 「うれしい・気持」を

 「通 り・越し」て
 「天に も・昇る」

 「気・持」や

 

 「うれしく・て」
 「たま ら・ない」
    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「シェネル」は

 

「嬉しい こと

   悔しい こと」の

「歌詞 が・ある」

 

「Happiness」

(「ハッピネス」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「シェネル」は

「1,983 年・生まれ」で

「オーストラリア」

「出・身」の

 

「外 国・人」
「女 性・歌手」です。

 

「代 表・曲」に

 

「Happiness」

「ビリーヴ」

「奇 跡」等 が

「有・り」ます。

 

「日・本」で は

「2,011・年」に

「ファースト」

「カバー・アルバム」

 

「ラブ・ソングス」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・3 位」に

「成・り」ました。

 

「2,012・年」の

「サード・アルバム」

「ビリーブ」と

 

「2,013・年」の

「4 th・アルバム」

「アイシテル」が

 

オリコン・2 位」に

「成・り」ました。

 

「2,014・年」に

「石原 さとみ」と

「松下 奈緒」が

「W・主演」し た

 

「フジ・テレビ 系」

「テレビ・ドラマ」

「ディア・シスター」の

「主 題・歌」

「Happiness」を

「リリース」し

「配 信・サイト」

「ランキング」で

 

「30・冠」を

「達・成」しました。

 

「現・在」は

「ロサンゼルス」を

「拠・点」に

 

「R & B ・シンガー」

   と、して

「活 躍・して」

「い る」そうです。

 

 

「シェネル」

「Happiness」

「作・詞」「Che ‘ Nell」

「作・曲」「FASTLANE・LISA」

 

嬉しい こと 悔しい こと

一番に 伝えたい のに

空回り ばかり Oh 

 

嬉しい とき 悔しい とき

探し求めて も 見つから ない

キミ も そうなの?


When you're sad in the dark 

すぐに 分かる よ

I'm not gonna give up tonight 

不器用 だけ ど 隣に いるよ ずっと

 

I'm always gonna be with you 守りたい の

世界中 で 一番 キミ の コト が 大切 なの

大好き すぎて 上手く 言えない けど

キミ が いる それだけ で いい

’Cos いつまで も You are my Happiness 

You are my Happiness 

 

雪降る 夜 星が 流れ

キミ を 思い浮かべ

つよがり すぎない でね

 

この街 の きらめきたち

どんな 未来 に

繋がって いるの?

(「つながって」) 

ともに 光へ

 

Make a wish tor You and I 

Under silent night 

キミ の 幸せ が 叶う の ならば

何度 も ワタシ 祈る よ

 

誰よりもキミを守りたい の

今日 も 明日 も ずっと 

変わら ない よ

It's never gonna change 

大好きすぎて 上手く 言えない けど

キミ が いて 強く なれる

Cos いつまで も You are my Happiness 

 

近く に いすぎ て 気づけ なかった けど

Everyday キミ にね 救われ てた

ありがとう Forever the love of my life 

 

誰より も キミ を 守りたい の

You're my happiness 

 

I'm always gonna be with you 守りたい の
世界中 で 一番 キミ の コト が 大切 なの

大好きすぎて 上手く言えない けど

キミ が いる それだけ で いい

Cos いつまで も You are my・・・

You are my Happiness 

 

大好きよ You're my Happiness 

 

 

「パンドラ の 箱を・開ける」を

「英・語」で

 

 「Open Pandora's Box」と

 

 (「パンドラ の箱 を・開ける」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「飛んで火に 入る・夏の虫」

(「とんでひに いる・なつのむし」)

 

「皆さん」は

「飛んで火に 入る・夏の虫」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「飛んで火に 入る・夏の虫」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「自 ら・進んで」

「危険 に・近づく」

「事」を

「たと え」た

 

「ことわざ」だ

   そうです。

 

「危険 と・承知」で

「近づ い・た」

「場・合」と

 

「危険 と・知らず」に

「ウッカリ」

「近づい て・しまった」

「場・合」の

 

「双・方」で

「使 わ・れる」
「ことわざ」で

 

「テレビ・ドラマ」で

「悪・役」が

「使 い・そう」な

「セリフ」です。

 

「飛んで火に 入る・夏の虫」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「多く の・虫」が

「光 に・集まる」

「習・性」を

「利 用・して」

 

「古・く」か ら

「害・虫」を

「駆 除・する」

「為」に

 

「灯・火」を

(「とう・か」)

「使っ・て」いました。

 

「灯・火」に

「向かっ・て」
「勢 い・よく」

「飛んで・行った」

「虫」が

「焼 け・死ぬ」
「様・子」を

「表・現」し た

 

「ことわざ」だ

   そうです。

 

「飛んで火に 入る・夏の虫」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「不 機・嫌」な

 「彼・女」を

 「カラカイ」に

 「行 く・なんて」

 

 「火 に・油を 注ぐ」

 「様 な・もの」で

 「飛んで火に 入る・夏の虫」も

 「い い・ところ」だ。

 

・「プール・でも」

 「ロ ク」に

 「泳 げ・ない」

 「く・せ」に

 

 「こん な」

 「荒・海」に

 「飛 び・込む」

    なん て

 

 「命・知らず」で

 「飛んで火に 入る・夏の虫」だ。

 

「飛んで火に 入る・夏の虫」の

「類義・語」を

「検 策・して」も
「意 味・不明」です。

 

・「火中の栗 を・拾う」

   (「かちゅうのくり を・ひろう」)

 

 「イソップ・寓話」の

 「中」で

 「サ ル」が

 「ネ コ」を

 

 「おだ て」て

 「炉 の・中」の

 「ク リ」を

 「拾 わ・せ」

 「ネ コ」は

 「大・ヤケド」を

 「し た・話」に

 「基づ・き」

 

 「おだ て」に

 「乗っ・て」

 「他人 の・ため」に

 「危険 な・こと」に

 「手 を・出す」

    と、いう

 「意・味」です。

 

「飛んで火に 入る・夏の虫」の

「対義・語」を

「検 策・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「君子危うき に・近寄らず」

   (「くんしあやうき に・ちかよらず」)

 

 「君・子」と は

 「主・君」や

 「貴・人」の

 「他」に

 

 「学識 や・人格」が

 「優れ た・人」を

 「指・し」ます。

 

 「そうし た・人」は

 「危機 を・察知」し

 「自・ら」

 「危な い・ところ」に

 

 「近づ い・て」
 「災い を・被る」

 (「わざわい を・こうむる」)

 「様」な

 

 「愚か な・こと」は

 「し ない」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「サーカス」は

 

「あれは 遠い

   夏の日の 幻」の

「歌詞 が・有る」

 

「Mr. サマータイム

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,978・年」に

「リリース」

   し た

「セカンド・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「サーカス」は

「1,977・年」に

「結 成・された」

 

「男 2人・女 2人」から

「成・る」

「4 人・組」の

「コーラス・グループ」です。

 

「デビュー・当時」は

「3 人・姉弟」と

「従・姉」か ら

(「いと・こ」)

「成・り」

 

「コーラス・グループ」の

「先 駆・者」と

(「せん く・しゃ」)

「呼ば れ・て」います。

 

「1,977・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「月夜の 晩には」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・圏外」

   でした。

 

「代表・曲」に

 

「Mr . サマータイム

アメリカン・フィーリング」

「Woman in Love」等 が

「有・り」ます。

 

「1,978・年」に

「リリース」し た

「セカンド・シングル」

「Mr . サマータイム」が

 

オリコン・1 位」で

「ミリオン・セラー」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「デビュー・43 年」が

「経 ち・ました」が

「メンバー」の

「加 入・脱退」を

 

「経・て」

「現・在」も

「テレビ・ラジオ」を

「初・め」

 

「全 国・各地」の

「ママ さん・グループ」

「学校 の・合唱団」

「シニア・混声 合唱団」と

 

「ハーモニー」の

「輪」を

「広げ て・いる」

   そうです。

 

「紅白・歌合戦」に は

 

「1,978・年」の

「Mr . サマータイム」と

「1,979・年」の

アメリカン・フィーリング」で

 

「通 算・2 回」

「出・場」しました。

 

 

「サーカス」

「Mr . サマータイム

「訳・詞」「竜・真知子」

「作・曲」「FUGAIN MICHEL PAUL」

 

ミスター・サマー タイム

さがさない で あの頃 の 私を

ミスター・サマー タイム

あの 夏の 日 つぐなえ る 何か が 欲しい

待ち伏せ た 誘惑 に

(「まちぶせ た」)

誘われ て 思わず あなた を 忘れた の

たより なく 若い 日々

ただ ひとつ の 愛に そむいて しまった の

Uh ・・・

ミスター・サマー タイム

忘れさせ て あの人 の まなざし

ミスター・サマー タイム

失くした 恋 よみがえ る せつない 想い

しのび よる 囁き に

               (「ささやき」)

ふりむい た あの 日 の ひと時 の あやまち

許される はずも ない

愛した 人は ただ あなた だけ なの

Uh ・・・

ミスター・サマー タイム

あれは 遠い 夏の日 の 幻

ミスター・サマー タイム

気まぐれ から 何もかも 失くした 私

かけがえ の ない 愛に

包まれて いなが ら 気づかず に いたの ね

誘惑 の 熱い砂

ただ ひとつ の 愛に そむいて しまった の

Uh ・・・

ミスター・サマー タイム

さがさない で あの頃 の 私を 

ミスター・サマー タイム

あれは 遠い 夏の日 の

 

 

※「夏 歌うもの は・冬 泣く」

 (「なつ うたうもの は・ふゆ なく」)

 

「夏 歌うもの は・冬 泣く」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「働け る・時」に

「働 い・て」

「お か・ない」と

「後」で

 

「暮 ら・し」に
「困・る」

   と、いう

「たと え」で

 

「夏」に

「歌な ど・歌って」

「遊 び・暮らし」て

「い る・者」は

 

「冬」に

「蓄え が・無く」

「餓・え」に

(「う・え」)

 

「苦 し・む」

   と、いう

「意・味」だ

   そうです。

 

「夏 歌うもの は・冬 泣く」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「イソップ・寓話」

「アリ と・キリギリス」が

「由・来」だ

   そうです。

 

「夏 の・間」に

「汗 を・流して」

「食 べ・物」を
「運ん で・いる」

「ア り」を

「キリギリス」は

「バカ に・して」

「見・て」いました。

 

「しか し」

「冬 に・なって」

「周り に・食べ物」が

「無 く・なって」

 

「キリギリス」は

「初 め・て」

「アリ の・行動」を

「理・解」しました。

 

「夏 歌うもの は・冬 泣く」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「夏 歌うもの は・冬 泣く」

    と、いう

 「ことわざ」が

 「有・る」様 に

 

 「今 を・楽しむ」

    の も

 「結 構・だが」

 「将来 の・事」も

 

 「考 え・ない」と

 「泣き を・みる」

 「事」に

 「成 り・かね」ない。

 

・「夏 歌うもの は・冬 泣く」

 「様」に

 「人 が・やらない 時」に

 「頑張っ・て」

 「アドバンテージ」を

 「稼・ぎ」

 「一歩先 を・歩く」の も

 「一つ の・手」だ。

 

「夏 歌うもの は・冬 泣く」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「楽 は・苦の 種」

   (「らく は・くの たね」)

 「楽 を・すれ」ば

 「後」で

 「苦・労」を

 「味わ う・こと」に

 

 「成・る」

    と、いう

 「意・味」だ

    そうです。

 

「夏歌うもの は・冬泣く」の

「対義・語」は
「下・記」だ、そうです。


・「苦 は・楽の 種」
   (「く は・らくの たね」)

 

 「現 在の・苦労」は

 「将・来」

 「楽 に・過ごす」

 「為」の

 

 「種」を

 「まい て・いる」

 「様」な

 「も の」で

 「今」

 「苦 労・して」

 「お け」ば

 「後・々」

 

 「楽 に・なる」

    と、いう

 「意・味」だ

    そうです。

 

 

「Class」は

(「クラス」)

 

「夏の日 の 1,993」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,993・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「クラス」は

「1,993・年」に

「結 成・された」

 

「日浦 孝則」と

津久井 克行」か ら

「成・る」

「男 性・ヂュオ」でした。

 

「デビュー・時」は

「二 人・共」に

「33・歳」と

「異・例」の

 

「遅 咲・き」の

「デビュー」でした。

「代表・曲」に

 

「夏の日 の 1,993」

「冬の日 の 2,009」

「もう君を 離さない」等 が

「有・り」ます。

 

「1,993・年」

「テレビ・朝日 系」で

「放 送・された」

「テレビ・ドラマ」

 

「君と いつまでも」で

「起 用・された」

「デビュー・曲」

「夏の日 の 1,993」が

 

「170・万枚」を

「売 り・上げる」

「ミリオン・セラー」に

「成・り」ました。

 

「そ の・後」
「6 枚 の・シングル」と

「7 枚 の・アルバム」を

「リリース・しました」が

 

「1,996・年」に

「グループ」を

「解・散」し

 

「共・に」

「ソロ・活動」に

「専・念」しました。

 

「2,003・年」に

「デビュー・10 周年」を

「記 念・して」

「再・結成」しました。

 

「2,009・年」

津久井」が

「50 歳 の・誕生日」を

「目前 に・して」

 

「膵 臓・ガン」で

「死・去」し

「グループ」は

「自 燃・消滅」しました。

 

 

「Class」

「夏の日 の 1,993」

「作・詞」「松本 一起」

「作・曲」「佐藤 健」

 

まるで 別人 の プロポーション

Ah 水ぎわ の Angel 

君は 初めて 僕の目 に 見せた

その 素肌 その Sexy 

 

超高層 ビル 走る Highway 

Ah  銀色 の プール

ざわめく街 を 切るよう に 君は

トビウオ に なった

 

ドラマティック に Say Love 

ミステリアス に So Tight 

こんな に 一緒に いた のに・・・

1,993

恋を した oh  君に 夢中

普通 の 女と 思っていた けど

Love 

人違い oh そうじゃ ないよ

いきなり 恋して しまった よ

夏の日 の 君に

 

服の上 からは 計れない ね

Ah  色っぽい チャーミング

僕の 視線を 避ける ように いたね

意識して しまう

 

スキャンダラス に Say Love 

ダイアモンド に So Tight 

宝の山 だよ すべて が

 

1,993

ジェラシー さ oh  とんでも ない

不思議 な 気分に 戸惑う よ

夏の日 の 君に

 

ドラマティック に Say Love 

ミステリアス に So Tight 

こんな に 一緒に いた のに

 

1,993

恋を した oh 君に 夢中

普通 の 女と 思っていた けど

Love 

人違い oh そうじゃ ない よ

いきなり 恋して しまった よ

夏の日 の 君に

 

 

「飛んで火に 入る・夏の虫」を

「英・語」で

 

 「Summer bugs flying and on fire」と

 

 (「飛んで火に 入る・夏の虫」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「ぐうの音 も・出ない」

(「ぐうのね も・でない」)

 

「皆さん」は

「ぐうの音 も・出ない」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「ぐう の音 も・出ない」の

「意・味」は

「下・味」だ、そうです。

 

「痛 い・所」を

「突か れ・たり」

「徹 底・的」に

「やり込 め・られ」て

 

「反・論」や

「言 い・訳」が

「出 来・ない」
   と、いう

 

「意・味」だ

   そうです。

 

「ぐう の音 も・出ない」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

「ぐ う」

   と、いう

「音 の・響き」

「か ら」

 

「お腹 の・鳴る 音」と

「思 う・人」が

「い る・かも」

「知 れ・ません」が

 

「残 念・ながら」

「違・う」そうです。

 

「ぐ う」と は

「呼吸 が・詰まった」り

「物 が・のど」に

「つか え・て」

 

「苦し い・時」に

「発 す・る」

「呼 吸・音」だ

   そうです。

 

「そう した」

「音」も

「出 な・い」
「ほ ど」に

 

「完全 に・まいった」
「事」が

「由・来」に

「成っ・た」そうです。

 

「ぐう の音 も・出ない」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「相 手・チーム」と の

 「力 の・差」は

 「歴然 と・して」

 「い て」

 

 「ぐう の音 も・出ない」

 「ほ ど」に

 「コテン パン」に

    やられた。

 

・「上・司」は

 「部・下」が

 「言 う・事」を

 「き か・ない」の で

 

 「注 意・しよう」と

 「し た」が

 「正・論」で

 「反 論・され」て

 

 「ぐう の音 も・出なく」

 「成っ・て」しまった。

 

「ぐうの音 も・出ない」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「手も 足も・出ない」
   (「ても あしも・でない」)

 

 「力 が・足りず」に

 「自分 の・力」

 「で は」

 「どうす る・事」も

 

 「出 来・ない」

    と、いう

 「意・味」だ

    そうです。

 

「ぐう の音 も・出ない」の

「対義・語」を

「検 策・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「惜敗 を・喫する」

   (「せきはい を・きっする」)

 

 「1 点・差」で

 「負 け・る」等

 「惜しく も・敗れる」

 「事」で

 

 「完・敗」を

 「意 味・する」

 「ぐう の音 も・出ない」

 「と は」

 

 「反対 の・意味」に

 「成・り」ます。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「中 孝介」は

(「あたり こうすけ」)

 

「言い訳 さえも できない ほど に

   何かに 深く 傷ついた なら」の

「歌詞 が・ある」

 

「花」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,007・年」に

「リリース」

   し た

「サード・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「中 孝介」は

「1,980 年・生まれ」で

「鹿児島 県・奄美大島 市」

「出・身」の

 

「歌・手」

「唄・者」です。

 

「1,997・年」

「県・立」

「大島・高校」

「1 年生 の・時」に

 

「高校・3 年生」

   だった

「元 ちとせ」の

(「はじめ ちとせ」)

 

「イベント」で

「島・唄」を

(「しま・うた」)

「聞 い・て」

「衝撃 を・受け」

「島・唄」を

「独・学」で

「習 い・始め」ました。

 

「高校・卒業 後」に

琉球・大学」

「法 文・学部」に

「進・学」しました。

 

「2,000・年」

「大学・在学 中」に

「日本 民謡 協会

   奄美 連合 大会」で

 

「総 合・優勝」を

「果 た・し」

「歌 唱・力」が

「認 め・られ」

「大学・卒業 後」に

「芸能 界・入り」

   しました。

 

「2,006・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「それぞれに」で

「デビュー」しました。

 

「同・年」に

「リリース」し た

「ファースト」

「アジア 版・アルバム」

 

「触動 心弦」が

「台 湾」の

「ミュージック・

   チャート」で

 

「1・位」に

「成・り」ました。

 

「代表・曲」に

 

「花」

サンサーラ

「夏 夕空」等 が

「有・り」ます。

 

「2,007・年」に

「リリース」

   し た

「サード・シングル」

 

「花」が

「ロング・ヒット」を

「記・録」しました。

 

「同・年」に

「花 を・収録」

   し た

「ファースト・アルバム」

 

「ユライ 花」が

オリコン・初登場」

「7・位」に

「成・り」

 

「森山 直太朗」

「以・来」

「3 年・振り」に

「ファースト・アルバム」が

 

オリコン

「トップ」

「10・入り」を

「記・録」しました。

 

「独・特」の

「うねり」の

「有・る」

「歌・声」は

 

「地上で 最も

   優しい・歌声」と

「称 え・られ」

「国内 は・もちろん」

 

「台 湾」や

「香 港」で も

「人気 を・博し」て

   います。

 

「現・在」は

「出 身・地」の

「奄 美・大島」を

「拠点 に・して」

 

「マイペース」な

「活・動」を

「展開 して・いる」
   そうです。

 

「ボディ・ビルダー」

「並 の・筋肉」を

「維 持・する」

「為」に

 

「筋・トレ」も

「欠か さ・ない」

   そうです。

 

「私・生活」で は

 

「現 在・41 歳」

   です が

「結・婚」は

「ま だ」の  様です。

 

「紅白・歌合戦」
   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「中 孝介」

「花」

「作・詞」:「御徒町 風」

「作・曲」:「森山 直太朗」

 

もしも あなた が 雨に 濡れ

言い訳 さえ も できない ほど に

何かに 深く 傷付いた なら

せめて 私は 手を 結び

風に 綻ぶ 花に なりたい

(「ほころぶ」)

 

もし あなた の 夢 破れ

行き先 の ない 日々は 暮れ ゆき

信じること さえ できなく なれ ば

せめて 私が 声に して

明日に 揺蕩う 歌を うたおう

      (「たゆた う」)

 

花の よう に 花の よう に

ただ そこに 咲くだけ で 

美しく あれ

人は みな 人は みな

大地を 強く 踏みしめ て 

それぞれ の 花 心に 宿す

 

例え この身 が 果てる とも

戦ぐ 島風 願いに 染まれ

(「そよぐ」)

 

花の よう に 花の よう に

ただ 風に 揺れる だけ の 

この 生命

人と 人 また 人と 人

紡ぐ 時代 に 身を まかせ

(「つむぐ」)

それぞれ の 実が 

たわわ なれば と

 

花の よう に 花の よう に

ただ そこに 咲くだけ で 

美しく あれ

人は 今 人は 今

大地を 強く 踏みしめ て 

それぞれ の 花 心に 宿す

 

 

※「ぼろ が・出る」
  (「ぼろ が・でる」)

 

「ぼろ が・出る」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「漢・字」で は

襤褸 が・出る」と

「書・く」

   そうです。

 

「今・まで」

「隠し て・いた」

「欠・点」や

「弱・点」が

「バ レ」て

「表 に・出る」

   と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「ぼろ が・出る」の

「由・来」は

「下・来」だ、そうです。

 

「ぼ ろ」と は

「着古 し・た」
「衣・服」の

「事」で

 

「元・々」は

「衣・服」が

「ひど く・傷んで」

「い る」

 

「ぼろ・ぼろ」
   か ら

「派 生・した」

「言・葉」が

 

「由・来」だ

   そうです。


「水前寺 清子」は

(「すいぜんじ きよこ」)

「ぼろ は 着てて も

   こころ の 錦」の

         

「歌詞 が・ある」

「いっぽんどっこ の 唄」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「ぼろ が・出る」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「身 の・丈」

 (「み の・たけ」)

 「以・上」の

 

 「難し い・話」を

 「す る」と
 「直 ぐ・に」

 

 「ぼろ が・出て」

 「しまう」の で

 「注・意」が

 「必・要」だ。

 

・「彼」は

 「自・分」は

 「綺 麗・好き」と

 「自慢して・いた」が

 

 「彼・女」に

 「部屋 を・見られ」

 「ぼろ を・出して」

    しまった。

 

「ぼろ が・出る」の

「類義・語」は

「下・記」だ

   そうです。

 

・「化けの 皮が・剥がれる」

   (「ばけの かわが・はがれる」)

 

 「うわ べ・だけ」の

 「ごま か・し」が

 「きかな く・なって」

 「次・第」に

 

 「真・相」が

 「あらわ に・なる」

    と、いう

 「意・味」だ 、そうです。


「ぼろ が・出る」の

「対義・語」を

「検 策・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「猫 を・被る」

   (「ねこ を・かぶる」)

 

 「生ま れ・付き」
 「持っ て・いる」

 「性格 を・隠して」

 「おとな し・そう」に

 

 「表 面・だけ」を

 「体 裁・良く」

 (「てい さい」)

 「つく ろ・う」

 「事」や

 

 「知っ て・いて」も

 「知らな い・フリ」を

 「す る」と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「内藤 やす子」は

(「ないとう やすこ」)

 

「想い出 ぼろぼろ」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

「1,976・年」に

「リリース」

   し た

「サード・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「内藤 やす子」は

「1,950 年・生まれ」で

「神奈川 県・横浜 市」

「出・身」の

 

「歌・手」

「女・優」です。

 

「浪 曲・師」の

(「ろう きょく・し」)

「両親 の・もと」に

「生 ま・れ」ました。

 

「幼少 の・頃」よ り

「身体 が・弱く」

「学校 を・休みがち」

「でし た」が

 

「小学校・3 年生」の

「時」に

「柔道 を・始め」

「丈夫 に・なり」

 

「初・段」の

「免・許」を

「持・ち」

 

「地 元・では」

「名 の・知れた」

「ヤンキー・少女」

   でした。

 

「私立 の・名門」

「豊岡 女子・高校」

「在 学・中」に

「ロック・バンド」を

 

「結 成・し」

「ボーカル」を

「務 め・て」

   いました。

 

「24 歳の・時」に

「スカウト」

「さ れ」

 

「翌・年」に

「ファースト・シングル」

「弟 よ」で

「デビュー」しました。

 

「代表・曲」に

 

「想い出 ぼろぼろ」

「六本木 ララバイ」

「弟 よ」等 が

「有・り」ます。

 

「1,976・年」に

「リリース」

   し た

「サード・シングル」

 

「想い出 ぼろぼろ」が

ピンク・レディー」を

「抑・え」て

(「おさ・え」)

 

「レコード・大賞・
   最優秀 新人賞」他

「各・賞」を

「総・ナメ」に、しました。

 

「1,977・年」に

大麻 取締法・違反」で

「逮補 され・ました」が

 

「起 訴・猶予」に
(「き そ・ゆうよ」)

「成・り」ました。

 

「こ の・影響」で

「芸 能・活動」を

「一 時・停止」

「し た・後」

 

「1,984・年」に

「リリース」

   し た

「14 th・シングル」

 

「六本木 ララバイ」が

「ロング ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「2,006・年」に

「福島・市内」で 

「ディナー・ショー」を

「開 催・中」に

 

「脳 内・出血」で

「倒 れ・て」

「緊 急・入院」

   しました。

 

「退 院・後」

「自 宅・療養」に

「専・念」し

 

「長 期・間」

「芸 能・活動」を

「停・止」

   しました。

 

「一・時」は

「自・分」が

「歌 手・だった」

「事」も

 

「忘 れ・る」

「記 憶・喪失」の

「後 遺・症」が

「残 り・ました」が

 

「夫 の・介護」を

「受 け・ながら」

「懸命 の・リハビリ」を

「続・け」

 

「2,016・年」

「65 歳の・時」に

「歌 手・活動」を

「再 開・する」事 を

 

「発・表」し

「中居 正宏 の

   金曜日の スマイル たちへ」に

「久・々」の

「テレビ・出演」を

「果 た・し」

「想い出 ぼろぼろ」等 を

「熱・唱」しました。

 

「私・生活」で は

「1,995・年」

「45 歳の・時」に

「21 歳・年下」で

「英 語・教師」の

 

「オーストラリア・人」と

「結・婚」しました。

 

「二・人」に

「子供 は・なく」

「現 在・でも」

「新婚 の・よう」に

 

「ラブ・ラブ」だ

   そうです。

 

「紅白・歌合戦」に は

 

「1,989・年」の

「六本木 ラタバイ」〜

「1,990・年」の

「KOKU - HAKU」ま で

 

「2 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「内藤 やす子」

「想い出 ぼろぼろ」

「作・詞」:「阿木 燿子」

「作・曲」:「宇崎 竜童」

 

ドアを 細め に 開け ながら

夜更け に アイツ が 帰って くる

蛇口 に 顔を 近づけ て

(「じゃぐち」)

水飲む 音が 聞こえて くる

言い訳 繕う その 前に

      (「つくろう」)

やさしさ 装う  その 前に

        (「よそおう」)

聞いて おきたい 事が ある・・だけど

幸福 ぼろぼろ こぼれる から

(「しあわせ」)

寝返り 打って 夢ん中

 

時計を はずす 影一つ

薄明り の 中 映って いる

                 (「うつって」)

着替え の 間 漂う は

               (「ただよう」)

私の 知らない 移り香 だよ

                    (「うつりが」)

言い訳 繕う その 前に

やさしさ 装う その 前に

聞いて おきたい 事が ある・・だけど

涙が ぼろぼろ 溢れる から

                     (「あふれる」)

布団 かぶって 夜ん中

 

酔いに まかせた 体ごと

足音 しのば せ 眠る 人

中合せ の ぬくもり と

静かな 寝息 が 聞こえて くる

言い訳 繕う その 前に

やさしさ 装う その 前に

聞いて おきたい 事が ある・・だけど

想い出 ぼろぼろ くずれる から

瞳 こらして 闇ん中

 

 

「ぐう の音 も・出ない」を

「英・語」で

 

 「be completely beaten」と

 

 (「完全 に・負ける」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「罪 が・無い」
(「つみ  が・ない」)

「皆さん」は 

「罪 が・無い」

   と、いう

 

「慣用・句」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「罪 が・無い」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

①「無邪気 で・ある」

②「悪気 が・無い」

③「憎 め・ない」
       と、いう

 

   「意・味」だ

      そうです。

 

「罪 が・無い」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「主・に」

「子・供」や

「女・性」の

 

「無 邪・気」で
「純・真」な

「性・格」を

 

「言 い・表した」

「言・葉」が

「由・来」だ

   そうです。

 

「罪 が・無い」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「子・供」

    に は

 「罪 が・無い」

    か ら

 

    「何 気・ない」

 「仕・草」を

 「見 て・いる」

    「だ け」で

 

 「心」が

 「洗 わ・れる」
    ようだ。

 

・「彼・女」の

    「子供 の・よう」な

 「罪 が・無い」

 「笑・顔」は

 

 「まる で」

    「砂・漠」の

 「オアシス」の

 「様」で

 

    「他・人」の

    「気 持・ち」に

 「うるお・い」を

 「与 え・て」くれる。

 

「罪 が・無い」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「天 真・爛漫」
   (「てん しん・らんまん」)

 

 「主・に」

 「子・供」や

 「大人 の・女性」を

 「ほめ る・時」に


 「まる で」

 「天使 の・ようだ」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「使 わ・れる」

 「言・葉」だ

    そうです。

 

 「純・粋」で

 「素・直」で

    「自 燃・体」な

 「様・子」で

 

 「飾 り・気」が

 「無・く」

 「あり の・まま」の

 「姿」を

 

 「指 し・た」

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

「罪 が・無い」の

「対義・語」を

「検・策」して も

「出 て・来」ません。

 

・「海 千・山千」

   (「うみ せん・やません」)

 

 「中国 の・故事」に

 「海に 千年・山に千年」

 「住 み・続けた」
 「ヘ ビ」は

 

 「龍 に・なる」

    と、いう

 「言 い・伝え」が

 「有・り」

 

 「世 の・中」の
 「裏 も・表」も

 「知 り・尽くし」て

 「い る」

 

 「老獪 な・人」

 (「ろうかい」)

 「ずる がし・こい」

 「人」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「石橋 正次」は

(「いしばし しょうじ」)

 

「君には 罪は ない

   罪は ないんだ よ」の

「歌詞 が・ある」

 

「夜明けの 停車場」
           (「ていしゃば」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,972・年」に

「リリース」

   し た

「サード・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「石橋 正次」は

「1,948 年・生まれ」で

「大阪 府・大阪 市」

「出・身」の

 

「俳・優」

「歌・手」です。

 

「私・立」

「大阪 電通大学・高校」を

「卒 業・後」に

「単 身・上京」しました。

 

「1,967・年」に

「劇・団」

「新 国・劇」に

「入・団」し

「俳・優」と

   して の

「活・動」を

「開・始」しました。

 

「1,970・年」に

「映・画」

「非行少年 若者の 砦」で

「主・演」し

 

「映・画」

「デビュー」しました。

 

「同・年」に

「当・時」

「人 気・最高 潮」

   だっ た

 

「ボクシング・劇 画」

「あした の・ジョー」の

「主 人・公」

「矢吹 丈」を

 

「舞・台」と

「映・画」の
「双・方」で

「演・じ」ました。

 

「同・映画」の

「主 題・歌」に

「成っ・た」

「ファースト・シングル」

「あした の 俺は・・」で

「歌・手」

「デビュー」しました。

 

「代表・曲」に

 

「夜明け の 停車場」

「鉄橋を 渡ると 涙が はじまる」

「あした の 俺は・・」等 が

「有・り」ます。

 

「1,971・年」に

「平 均・視聴率」

「47. 4 %」

 

「最 高・視聴率」

「55. 2 %」の

「驚 異・的」な

「人 気 を・誇った」

「N H K 」

「連 続・テレビ 小説」

「繭子 ひとり」で

 

「主・演」の

「山口 果林」の

「弟・役」を

「演・じ」

 

「国 民・的」な

「人・気」を

「博・し」ました。

 

「1,972・年」に

「リリース」

   し た

「サード・シングル」

 

「夜明け の 停車場」が

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

(「紅 白・出場」は
    こ の・1 回 のみ」)

 

「現・在」

「72・歳」

   です が

 

「舞・台」を

「主軸 に・据え」

「活 躍・して」

「い る」そうです。


「私・生活」で は

 

「時期 は・不明」

   です が

「一般人・女性」と

「結・婚」しました。

 

「二人 の・間」

   に は

「五 男・一 女」が

「い る」そうです。

 

 

「石橋 正次」

「夜明けの 停車場」

「作・詞」:「丹子 晴美」

「作・曲」:「叶 弦大」


夜明け の 停車場 に ふる雨 は つめたい

涙を かみしめ て さよなら 告げ る

きらい でも ない のに なぜ か

別れたく ない のに なぜ か

ひとり で 旅に 出る 俺は 悪い奴

だから ぬれて いない で 早く お帰り

君には 罪は ない 罪は ないん だよ

 

一駅 過ぎる たび 悲しみ は 深まる

こんな に 愛して て さびしい こと さ

きらい でも ない のに なぜ か

別れたく ない のに なぜ か

しあわせ 捨てて ゆく 俺が わから ない

だから 遠くなる ほど 胸が 痛む よ

君には 罪は ない 罪は ないん だよ

 

 

※「罪を 憎ん で・人を 憎まず」

  (「つみを にくん で・ひとを にくまず」)

 

「罪を 憎ん で・人を 憎まず」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「罪」を

「犯 し・た」

「人」が

「い た・ら」

 

「そ の・罪」

「自・体」は

「憎 ん・だ」と

「し て」も

 

「そ の・人」が

「罪 を・犯す」に

「至 る・まで」の

「事・情」を

 

「かんが・み」て

「罪 を・犯した」

「人・間」

「そ の・もの」

 

「ま で」は

「憎 ん・で」は

「な ら・ない」

   と、いう

 

「格・言」だ

   そうです。

 

「罪を 憎ん で・人を 憎まず」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「中・国」

「春 秋・時代」の

「思 想・家」

「孔 子」の

「下・記」

「言・葉」が

「由・来」だ

   そうです。

 

「古之 聴訟者、悪其意、不悪其人」

(「昔の 裁判官 は、罪人の 罪は 憎んだ が

    罪人そのもの は、憎まな かった」)

 

「訴・訟」の

「取 り・裁き」に

「関 し・て」

「昔 の・裁判官」は

 

「罪 を・犯した」

「事 に・ついて」は

「悪 い・事」と
「認 め・た」が

「そ の・人物」

「自・体」を

「悪 と・する」

「事」は

 

「し な・かった」

   そうです。

 

「又」

「由・来」

   で は

「有 り・ません」が

 

「聖・書」 に も

イエス・キリスト」の

「逸・話」

(「いつ・わ」)

   と、して

 

「罪を 憎ん で・人を 憎まず」に

「相 当・する」

「内・容」が

 

「記 さ・れて」

「い る」そうです。

 

「罪を 憎ん で・人を 憎まず」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「相・手」に も

 「止む を・得ない」

 「事情 が・有った」の

 「だろう」から

 

 「罪を 憎ん で・人を 憎まず」と

 「言・う」

 「様」に

 

 「相・手」に

 「復 讐・しよう」と
 「して」は

    いけない。

 

・「受け た・仕打ち」の

 「倍返 し・した い」

    の が

 「本・音」で

 

 「罪を 憎ん で・人を 憎まず」

    と、いう

 「言・葉」は

 「知っ て・いて」も

 

 「実 践・出来る」

 「程」に

 「寛容 な・人」は

 「少 な・い」だろう。

 

「罪を 憎ん で・人を 憎まず」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「痘痕 も・靨」
   (「あばた も・えくぼ」)

 

 「あばた」と は

 「天 燃・痘」が

 (「てん ねん・とう」)

 「治っ た・後」

 「後 遺・症」で

 「皮膚 に・残る」

 「小さ な・くぼみ」の

 「事」で

 

 「自・分」が

 「好き に・なった」

 「相・手」

 「な ら」ば

 

 「欠 点・ さえ」も

 「長所 に・見える」

 「事」の

 「たとえ」だ、そうです。

 

「罪を 憎ん で・人を 憎まず」の

「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「坊主 憎け りゃ・袈裟 まで 憎い」

   (「ぼうず にくけ りゃ・けさ まで にくい」)


・「お 坊・さん」 を

 「憎 く・なる」と

 「僧・侶」が

 「着 て・いる」

 

 「袈・裟」ま で

 (「け・さ」)

 「憎 く・なる」

 「事」よ り

 

 「そ の・人」に

 「関 わ・り」の

 「有 る・物」

 「全・て」に

 「嫌 悪・感」を

 「い だ・く」

 「心・理」の

 「たと え」だ、そうです。

 

 

My Little Lover」は

(「マイ・リトル・ラバー」)

 

「少しの リグレット と

   罪 を 包み込ん で」の

「歌詞 が・ある」

 

「Hello, Again

   〜昔からある 場所〜」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「リグレット」は

「後・悔」や

(「こう・かい」)

 

「悔 し・い」

   と、いう

「意・味」です。

 

「1,995・年」に

「リリース」

   し た

「サード・シングル」で

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

My Little Lover」は

「以・前」は

「小林 武史」

「藤井 健二」が

 

「所・属」し て

「い ま・した」が

「現・在」は

「ボーカル」の

 

「a k k o」の

(「アッコ」)

「ソ ロ・プロジェクト」

   と、して

 

「活・動」

「して・お り」

「略・称」は

「マイ・ラバ」です。

 

「アッコ」は

「1,973 年・ 生まれ」で

 

「神奈川 県・伊勢原 市」

「出・身」の

「歌・手」です。

 

「5 歳の・時」

   か ら

「ピアノ」を

「習 い・始め」

 

「県・立」

「有 馬・高校」を

「卒 業・後」に

 

「国立 音楽・大学」

「音 楽・部」に

「進・学」しました。

 

「1,995・年」に

「3 人・体制」で

「ファースト・シングル」

 

「Man & Woman」を

「リリース」し

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・7 位」に

「成・り」ました。

 

「代表・曲」に

 

「Hello lAgain 

   〜昔から ある 場所〜」

「A L I C E」等 が

「有・り」ます。

 

「同・年」に

「リリース」

   し た

「サード・シングル」

 

「Hello, Again 

   〜昔から ある 場所〜」が

「シングル」

「歴 代・32 位」の

 

「180・万枚」を

「売 り・上げる」

「ミリオン・セラー」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・アルバム」

 

「evergreen」が

「アルバム」

「歴 代・27 位」と

   な る

 

「280・万枚」を

「売 り・上げる」

「ダブル・ミリオン」に

「成・り」ました。

 

「1,996・年」に

「リリース」

   し た

「4 th・シングル」

 

「A L I C E」も

「ミリオン・セラー」に

「成・り」ました。

 

「そ の・後」も

「ヒット・曲」が

「続 き・ました」が

 

「2,002・年」に

「藤井 健ニ」が

「2,006・年」に

「小林 武史」が

 

「グループ」か ら

「脱・退」しました。

 

「アッコ」は

「現・在」

「48・歳」

   です が

 

「新・曲」の

「リリース」は

「有 り・ません」が

 

「ライブ」を

「中・心」に

「活動 して・いる」

   そうです。

 

「私・生活」で は

 

「1,996・年」

「23 歳の・時」に

My Little Lover」の

「プロヂューサー」で

 

「キーボード」を

「担当して・いた」

「小林 武史」と

「結 婚・しました」が

 

「2,008・年」に

「離・婚」しました。

 

「二人 の・間」

   に は

「二・女」が

「お り」

 

「アッコ」が

「女 手・一つ」で

「育・て」ました。

 

「長・女」は

「音 楽・ユニット」

「Ander lust」の

 

「ボーカル」

「ギター」の

「越野 アンナ」で

 

「二・女」の

「HARUHI」は

「2,016・年」に

「ソロ」で

 

「歌 手・デビュー」

   しました。

 

「2,014・年」

「41 歳の・時」に

「5 歳・年下」で

「アパレル・会社」の

 

「社・長」と

「再・婚」しました。

 

「紅白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

My Little Lover

「Hello, Again 

   〜昔からある場所」

「作・詞」:「K A T E」

「作・曲」:「藤井 健二」

                   「小林 武史」

 

いつも 君と 待ち 続けた 

季節 は

何も 言わず 通り 過ぎた

雨は この街 に 降り 注ぐ

少し の リグレット と

罪を 包み込ん で

 

泣かないこと を 誓った まま 

時は 過ぎ

痛む 心に 気が 付かず に 

僕は 一人 に なった

 

「記憶 の 中で ずっと 二人 は 

   生きて 行け る」

君の声 が 今も 胸に 響く よ 

それは 愛が 彷徨う 影

               (「さまよう かげ」)

君は 少し 泣いた? 

あの時 見えな かった

 

自分 の 限界 が どこまでか を 

知る ため に

僕は 生きている 訳じゃ ない

 

だけど 新しい 扉を 開け 

海に 出れ ば

波の 彼方 に 

ちゃんと “ 果て” を 感じ られる

 

僕は この手 を 伸ばし て 

空に 進み 風を 受けて

生きて 行こう どこかで また めぐる よ 

遠い昔 から ある 場所

夜の間 で さえ 季節 は 変わって 行く

 

雨は やがて あがって いた

 

「記憶の 中で ずっと 二人 は 

   生きて 行ける」

君の声 が 今も 胸に 響くよ 

それは 愛が 彷徨う 影

君は 少し 泣いた? 

あの時 見え なかった

 

Hello, Again a feeling heart

 

Hello , Again my old dear place 

 

 

「罪 が・無い」を

「英・語」で

 

 「Baby is innocent」と

 

 (「赤ちゃん に・罪は ない」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「濡れ手 で・粟」

(「ぬれて で・あわ」)

 

「皆さん」は

「濡れ手 で・粟」

   と、いう

 

「慣用・句」を

「使った・事」は

「有・‘り」ませんか?

 

「濡れ手 で・粟」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「濡れ手 で・泡」と

「書・き」

「いく ら」

「努 力・して」も

 

「報わ れ・ない」と

「解 釈・する」

   の は

「間・違い」です。

 

「粟」と は

(「ア ワ」)

「イネ・科」の

 

「雑・穀」の

   (「ざっ・こく」)

「事」で

 

「日・本」で は

「古・く」は

「米 の・代わり」に

「食 べ・られて」いました。

 

「ア ワ」「キ ビ」「ヒ エ」は

「学校 の・授業」で

「聞い た・事」が

「有 る・だけ」で

 

「農 家・育ち」の

「私」で も

「見 た・事」は

「有・り」ません。

 

「小粒 で・軽い」

   の で

「濡れ た・手」で

「つか む」と

 

「手 の・ひら」

「以・外」に

「手 の・濡れた」

「部・分」に

 

「たく さん」

「粟」が

「付い て・くる」

   の で

 

「骨 を・折らず」に

「利益 を・得る」

   と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「濡れ手 で・粟」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「歌 舞・伎」の

(「か ぶ・き」)

「下 記・一節」が

「由・来」だ、そうです。

 

「棹の 雫か 濡れ手で 粟

(「さおの しずくか ぬれてで あわ」)

   思いがけ なく 手に 入る 百両

   こいつぁ 春から 縁起が いいわぇ」

 

「濡れ手 で・粟」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「濡れ手 で・粟」で

 「得 た・もの」

       な ど

 「身 に・付かず」

 

 「水 の・泡」の

 「様」に

 「消 え・去って」

 「しま・う」だろう。

 

・「濡れ手 で・粟」を

 「つか ん・だ」

 「経験 の・有る」

 「人」は

 

 「おそ ら・く」
 「地道 に・働く」

 「事」が

 

 「バカ・らしく」

 「成っ・て」

    しまうだろう。

 

「濡れ手 で・粟」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「漁夫 の・利」

   (「ぎょふ の・り」)

 

 「鷸」が

 (「シギ」)

 「蛤 の・肉」を

 (「ハマグリ」)

 

 「食 べ・よう」と
 「し ま・した」が

 「ハマグリ」に

 

 「嘴」を

 (「クチバシ」)

 「は さ・まれ」ました。

 

 「シギ  は・ハマグリ」に

 「今日 も・明日」も

 「雨」が

 「降ら な・けれ」ば

 

 「死ん だ・ハマグリ」に

 「成っ て・しまう」

 「だろ・う」と

 「言・う」と

 

 「ハマグリ」は

 「今日 も・明日」も

 「クチバシ」を

 「使え な・かった」ら

 

 「飢 え・て」
 (「う え・て」)

 「死ん だ・シギ」に

 「成っ て・しまう」

 「だろ・う」と

 「言っ・て」

 

 「互・い」に

 「譲 り・ません」

 (「ゆず り」)

   でした。

 

 「そ こ・へ」

 「漁師 が・来て」

 「シギ」も

 「ハマグリ」も

 

 「捕 え・て」

 (「つかま え・て」)

    しまいました。

 

 「こ の・こと」が

 「由・来」に

 「成・り」

 

 「漁夫 の・利」

    と は

 「当 事・者」

 「同・士」が

 

 「争っ て・いる」
 「う ち」に

 「第・三者」が

 

 「何」の

 「苦労 も・無く」

 「利益 を・さらう」

    と、いう

 

 「たと・え」に

 「成っ・た」

    そうです。

 

「濡れ手 で・粟」の

「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。

・「骨折り損 の・くたびれ 儲け」

   (「ほねおりぞん の・

       くたびれ もうけ」)

 

 「苦労 を・して」

 「た く・さん」の

 「時・間」と

 「エネルギー」を

 

 「消 費・した」

    の に

 「得 た・もの」は

 「疲 労・だけ」で

 

 「無駄 な・事」を

 「し て・しまった」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 

「中西 保志」は

(「なかにし やすし」)

 

「最後の 雨に

   濡れない ように」の

「歌詞 が・有る」

 

「最後 の 雨」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,992・年」に

「リリース」

   し た

「セカンド・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「歌・ネット」の

「表 示・階数」は

「132・万回」を

「超・え」

 

「異・常」に

「大 き・な」
「数・字」に

「成っ・て」います。

 

「中西 保志」は

「1,961 年・生まれ」で

「奈良 県・奈良 市」

「出・身」の

 

「歌・手」で

「バラード・シンガー」

   と、して

「知 ら・れて」います。

 

「奈 良・市立」

「春 日・中学」

「時・代」は

 

「生 徒・会長」を

「務 め・て」

   いました。

 

「私・立」

「清 風・高校」を

「卒 業・後」に

 

同志社・大学」

「経済・学部」に

「進・楽」しました。

 

「大学・時代」は

「バンド を・結成」し

「ボーカル」を

「担 当・して」いました。

 

「大学・卒業 後」は

「地・元」の

「百 貨・店」に
「就 職・する」 も

 

「ストレス」で

「体調 を・崩し」

「職」を

「転・々」と、しました。

 

「フリーター」を

   し ながら

「路 上・ライブ」を

「して いた・ところ」が

 

「芸 能・事務所」の

「目 に・留まり」

「27 歳の・時」に

「上・京」しました。

 

「1,992・年」

「31 歳の・時」に

「ファースト・シングル」

「愛しか ないよ」を

 

「リリース」

   し て

「デビュー」しました。

 

「代表・曲」に

 

「最後 の 雨」

「千年前 から 見つめて いた」

「Another Rain」等 が

「有・り」ます。

 

「同・年」に

「リリース」

   し た

「セカンド・シングル」

 

「最後 の 雨」が

「80・万枚」を

「売 り・上げる」

 

「ロング・ヒット」に

「成・り」

 

「杏 里」他

「さま ざま」な

「アーティスト」に

「カバー・され」

 

「若 い・世代」に も

「なじみ の・歌」に

「成って・いる」

   そうです。

 

「1,995・年」の

「ファースト」

ベスト・アルバム

「It's only a Ballade」が

 

「自 身・最高 位」の

オリコン・2 位」に

「成・り」ました。

 

「現・在」

「60・歳」

   です が

 

「ライブ」を

「中・心」に

「第・一線」で

「幅・広く」

 

「活 躍・して」

「い る」そうです。

 

「私・生活」で は

 

「時期 は・不明」

   です が

「一般人・女性」と

「結 婚・して」

 

「子供 が・2 人」

「い る」そうです。

 

「紅白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「中西 保志」

「最後 の 雨」

「作・詞」:「夏目 純」

「作・曲」:「都志見 隆」

 

さよなら 呟く君が

        (「つぶやく」)

僕の 傘 残し て 駆け出して ゆく

哀しみ 降り出す 街中 で 

銀色 に 煙って

君 だけ 消せ ない

最後の 雨に 濡れない よう に

追い 掛けて ただ 抱き寄せ 

瞳 閉じた

本気 で 忘れる くらい なら

泣ける ほど 愛したり しない

誰か に 盗られる くらい なら

            (「とられる」)

強く 抱い て 君を 壊し たい

                         (「こわし」)

 

ほどいた 髪を 広げ て 僕の 夜 
包んだ 優しい人 さ・・・

不安な 波に さらわ れる 

砂の 城 怖く て

誰か を 求めた の?

強がり だけ を 覚え させた ね

微笑み は もう 二人 の 夢を 見ない

本気 で 忘れる くらい なら

泣ける ほど 愛したり しない

さよなら を 言った 唇も

僕のもの さ 君を 忘れない

 

明日 の 君を 救える 愛は

僕じゃ ない でも この まま 

見つめて いる

言葉 に 出来ない のが 愛さ

言葉 では 君を 繋げ ない

                   (「つなげ」)

行き場 ない 愛が とまら ない

傘を 捨て て 雨を 見上げて いた

 

本気 で 忘れる くらい なら

泣ける ほど 愛したり しない

誰か に 盗られる くらい なら

強く 抱いて 君を 壊し たい

 

 

※「コツ を・掴む」

  (「コツ を・つかむ」)

 

「コツ を・掴む」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「漢・字」

   で  は

「骨 を・掴む」と
「書・く」そうです。


「物・事」の

「要・点」を

「把・握」し

 

「核・心」を

「外 さ・ない」

「様・子」や

 

「要・領」を

「得・た」

「様・子」の

「事」だ、そうです。

 

「コツ を・掴む」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「骨」の

(「コツ」) 

「由・来」は

 

「芸・道」の

「奥・義」や

(「おう・ぎ」)

「中核 と・なる」

「大・切」な

「ポイント」の

「事」だ、そうです。

 

「人体 の・骨」の

「様」に

「隠・れ」た

「と こ・ろ」で

 

「物・事」を

「支 え・て」

「い る」

「本 質・部分」で

 

「主」に

「仕・事」や

「技・術」

「等」の

 

「要・領」や

「勘・どころ」

   と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「コツ を・掴む」

   と は

「コ ツ」を

 

「自分 の・もの」に

「する」

   と、いう

「意・味」だ、 そうです。

   

「コツ を・掴む」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「コツ を・掴む」
 「コ ツ」は

 「経・験」と

 「学・習」だ、そうだ。

 

 「そし・て」

 「よ り・良く」

 「出来・る」

    に は

 

 「ど う・すれば」
 「良 い・か」を 

 「常」に

 「考え て・いる」

 「事」が

 「大 切・だ」と

 「言 わ・れて」

 「い る」そうだ。

 

・「子供 の・頃」や

 「若 い・時期」は

 「コツ を・掴む」

    の が

 

 「簡 単・だった」が

 「年齢 と・共」に

 「難 し・く」

 「成っ・て」きた。

 

「コツ を・掴む」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「要点 を・押さえる」

   (「ようてん を・おさえる」)

 

 「物・事」の

 「中」で

 「重・要」な

 「部・分」を

 

 「理 解・する」

    と、いう

 「意・味」だ

    そうです。

 

「コツ を・掴む」の

「対義・語」を

「検・策」して も

「出 て・来」ません。

 

・「要領 が・悪い」

   (「ようりょう が・わるい」)

 

 「要・領」と は

 「上 手・く」
 「物・事」を

 「行・う」

 

 「手・段」や

 「方・法」

    等 を

 

 「意 味・する」

 「言・葉」です。

    

 

 「要領 が・悪い」

    と は

 「段 取・り」が

 「キチン」と

 「出 来・て」

 「い な・い」
 「事」や

 

 「手際 が・悪い」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

   

「久保田 早紀」は

(「くぼた さき」)

 

「鳥や 雲や 夢まで も

   つかもう と している」の

「歌詞 が・ある」

 

「異 邦人」

(「い ほうじん」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「異 邦人」と は

「主・に」

「西 洋・人」を

「指 し・て」います。

 

「1,979・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」で

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「代表・曲」に

 

「異 邦人」

ピアニッシモ で」

「夢 飛行」等 が

「有・り」ます。

 

「久保田 早紀」は

「1,958 年・生まれ」で

「東京 都・国立 市」

「出・身」の

 

「シンガー・ソング・
   ライター」です。

 

「4・歳」か ら

「クラシック」

「ピアノ」を

「習 い・始め」ました。

 

「13 歳の・時」に

「バンド を ・結成」し

「キー・ボード」を

「担・当」し

 

「文 化・祭」

   等 で

「演・奏」を

「披 露・して」いました。


「共立 女子・高校」を

「経・て」

「共立 女子・短期 大学」

「文 学・科」に

「進・学」しました。

 

「1,979・年」に

「短大 を・卒業」

「す る」と

「三 洋・電機」が

 

「タイアップ 」に

「付・き」

「デビュー」が

「決 ま・り」ました。

 

「同・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「異 邦人」で

「デビュー」

   しました。

「当・時」

「流 行して・いた」

「エーゲ・海」

「地 中・海」等 の

 

「異 国・情緒」を

「連 想・させる」

「歌・詞」と

「メロディ」で

 

「サブ・タイトル」

   に は

シルクロード」の

「テーマ」が

「付・され」ました。

 

「タイアップ」

   し た

「三 洋・電機」の

 

「カラー・テレビ」の

「C・M」が

「放 送・される」に

「連・れ」て

 

「オリエンタル」で

「神 秘・的」な

「曲・詞」と

「歌・声」に

 

「早 紀」の

「美・貌」も
「相・まって」

「最 終・的」に

 

「144・万枚」を

「売 り・上げる」

「ミリオン・セラー」に

「成・り」ました。

 

「テレビ・出演」の

「時」は

「ピアノ・弾き 語り」で

「歌・い」

 

「一・躍」

「話・題」の

「ニュー・ミュージック」

「歌・手」に、なりました。

 

「以・後」も

「シンガーソング・

   ライター」

   と、して の

 

「活・動」を

「続 け・る」も

 

「異 邦人」の

「久保田 早紀」の

「イメージ」は

「ぬぐ え・ず」

「デビュー・曲」を

「超 え・る」

「ヒット・曲」

   に は


「恵ま れ・ません」

   でした。

 

「1,985・年」

「結婚 を・機」に

「芸 能・界」を

「引・退」しました。

 

「現・在」

「63・歳」

「で す」が

 

「キリスト・教」の

「音 楽・伝道者」

   と、して

「讃美歌 を・歌い」

 

「コンサート」や

「講・演」等 で

「活 躍・して」

「い る」そうです。

 

「私・生活」で は

 

「1,985・年」

「26 歳の・時」に

「1 歳・年上」で

「音 楽・家」の

 

「久米 大作」と

「結・婚」しました。

 

「39 歳の・時」に

「長・い」

「不 妊・治療」を

「経・て」

 

「長・男」を

「出・産」しました。

 

「紅白・歌合戦」

   ヘ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「久保田 早紀」

「異 邦人」

「作・詞」「作・曲」

「久保田 早紀」

 

子供たち が 空に 向かい 

両手 を ひろげ

鳥や 雲や 夢まで も

つかもう と して いる

その姿 は きのうまで の

何も 知らない 私

あなた に この 指が

届く と 信じて いた

 

空と 大地 が ふれあう 彼方

                                (「かなた」)

過去から の 旅人 を 呼んでる 道

あなた に とって 私

ただ の 通り すがり

ちょっと ふり向いて みただけ の

異邦人

 

市場へ 行く 人の波 に 身体 を 預け

                                  (「からだ」)

石だたみ の 街角 を 

ゆらゆら と さまよう

祈り の 声 ひずめ の 音

歌うよう な ざわめき

私を 置きざり に

過ぎて ゆく 白い 朝

 

時間 旅行 が 心 の 傷を

(「じかん りょこう」)

なぜかしら 埋めて ゆく

不思議 な 道

サヨナラ だけ の  手紙

迷い続け て 書き

あと は 哀しみ を もて余す 異邦人

あと は 哀しみ を もて余す 異邦人

 

 

「濡れ手 で・粟」を

「英・語」で

 

 「make easy gain」と

 

 (「簡単に 利益 を・得る」)

 

 「言・う」そうです。