何気なく使っている言葉の意味

「諦めは 心の・養生」

(「あきらめは こころの・
    ようじょう」)

 

「皆さん」は

「諦めは 心の・養生」

   と、いう


「ことわざ」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「諦めは 心の・養生」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

・「過去 の・失敗」や

 「不運 だった・出来事」を
 「クヨクヨ」と

 「考える・より」は

 

 「キッパリ」と

 「諦めた・方」が

 「精神の 健康・には」

 「良・い」と

   

 「い う・意味」の
 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「諦めは 心の・養生」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「諦 め/・とは」

 「願い が・叶わず」に

 「仕方 が・ない」と

 「断念する・事」で

 

 「養 生・とは」

 「健康の 増進を・図る事」や

 「病気の 回復に・務める事」と

 「い う・意味」で

 

 「諦めは 心の・養生」

    と は

 「過去 の・失敗」や

 「不運 に・とらわれ」て

 

 「い つ・まで」も

 「悔やんで・いて」も
 「心 の・健康」を

 「害する だけ・なの」で

 

 「サッパリ」と

 「忘れ て・しまい」

 「前 向・き」に

 「生きる・べき」と

 

 「い う・教え」が

 「由・来」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「諦めは 心の・養生」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。


・「い く・ら」

 「過去 を・振り返って」も

 「後の 祭り・なの」で

 「諦めは 心の・養生」と

 

 「割 り・切って」

 「過去 の・不運」や

 「失・敗」を

 「全 て・忘れ」て

 

 「前 を・向いて」

 「進 む・しか」

 「心 の・健康」を

 「維 持・出来」ない。


・「友・人」が
 「過去 の・出来事」を

 「後悔して いた・ので」

 「彼」は

 

 「諦めは 心の・養生」で

 「済んで・しまった」

 「出来事 は・諦め」て

 「気 持・ち」を

 

 「リフレッシュ・しない」と

 「健康 に・良くない」と

 「忠告して・やった」

    そうだ。

 

「諦めは 心の・養生」の

「類 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「潔・い」
   (「いさぎよい」)

 

・「思い切り が・良い」や

 「未練がましく・無く」

 「言・動」が

 「サッパリ・している」と

    

 「い う・意味」の

 「慣 用・句」です。

 

「諦めは 心の・養生」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「未 練・タラタラ」

   (「みれん・たらたら」)

・「過去 の・出来事」を

 「割り切る 事が・出来ず」に

 「後ろ髪 を・引かれ」て

 「ずっと 諦められ・ない」と

 

 「い う・意味」の

 「慣 用・句」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「細川 たかし」は

(「ほそかわ たかし」)

 

「逢って わかれて

   諦め ました」の

「歌詞 が・ある」

 

浪花節だよ 人生は」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

1984・年」に

「リリース・した」

「24 th・シングル」で

「20 人の・歌手」に

 

「カバー・される」

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「細川 たかし」は

「1950 年・生まれ」で

「北海道・真狩 村」

           (「まっかり むら」)

「出・身」の

 

「演 歌・歌手」で

「民 謡・三橋流」の
「名 取・でも」

「有・り」ます。

 

「地元 の・高校」に

「進 学・する」も

「歌手 を・目指し」

「中・退」し

 

「昼・間」は

「自動車・整備工」

   と、して

「働 き・ながら」

 

「夜」

「札 幌・すすきの」の

「ナイト・クラブ」を
「中・心」に

 

「歌 手・活動」を

「行・い」ました。

 

「ナイト・クラブ」で

「歌う姿に 注目・した」

「東・京」の

「プロダクション・から」

 

「メジャー・デビュー」の

「誘い の・声」が

「掛 か・り」ました。

 

「妻子 を・残し」て

「単 身・にて」

「上京 する・事」に

「ため ら・う」も

 

「妻 の・後押し」が

「有・り」

「1・年」で

「売 れ・なかった」ら

 

「札・幌」に

「戻 る・覚悟」で

「上・京」を

「決・心」しました。

 

「1975・年」

「25 歳の・時」に

「リリース・した」

「ファースト・シングル」


「心 のこり」で

「メジャー・デビュー」を

「果 た・し」ました。

 

「伸 び・やか」な

「高・音」と

「民・謡」で
「鍛え上 げ・られ」た

 

「肺 活・量」を

「武器 に・した」

「迫力 ある・歌声」が

「評 価・され」て

 

「同・曲」で

「レコード・大賞・
   最優秀 新人賞」他

「各・種」の


「新人賞・レース」を

「総ナメ に・して」

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「代 表・曲」に

 

「北 酒場」

浪花節だよ 人生は」

「矢切りの 渡し」等が

「有・り」ます。

 

「1982・年」に
「リリース・した」

「18 th・シングル」

「北 酒場」が

 

「テレビ・朝日 系」で

「放 送・され」た

「バラエティー・番組」

「欽ちゃんの

   どこまでやるの」の

 

「挿 入・歌」に

「起 用・され」て

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「見・事」に

「日 本・レコード・大賞」の

「栄・冠」に

「輝・き」ました。

 

1984・年」に

「リリース・した」

「19 th ・シングル」

「矢切の 渡し」で

 

「当・時」

「史 上・初」の
「日 本・レコード・大賞」

「2 年・連覇」の

 

「偉業 を・達成」

   しました。

 

1984・年」に

「リリース」

   し た
「24 th・シングル」

 

浪花節だよ人生は」で

「レコード・大賞」
「最優秀・歌唱賞」を
「受・賞」しました。

 

「これ に・より」

「最優秀・新人賞」

「最優秀・歌唱賞」

「大・賞」の

 

「三・冠」を

「成 し・遂げ」

   ました。

 

「日 本・レコード・大賞」の

「三 冠・達成者」は

「都 はるみ」

「細川 たかし」

 

「北島 三郎」

「氷川 きよし」

「近藤 真彦」の

「5 人・だけ」です。

 

「現 在・73 歳」

   です が

 

「毎・年」
「新曲 を・発表」し

「2023 年・7 月」に

「最 新・曲」で

 

「84 th・シングル」の

「残雪・津軽」を

「リリース・する」等

「第 一・線」で

 

「活 躍・して」

   います。

 

「私・生活」

   で は

 

「1974・年」
「24 歳の・時」に

「2 才・年上」の

「一般人・女性」と

 

「結・婚」し
「同・年」に
「第一子・長男」が

「誕・生」しました。

 

「妻」は

「細 川」の

「デビュー 前・から」

「支 え・続ける」も

 

「2018・年」に

「胸部 大動脈瘤

   破裂」の

「診 断・にて」

 

「享年 71・歳」で

「他・界」しました。

 

「2024 年・1 月」

「73 歳の・時」に

「50 歳・代」の

「一般人・女性」と

 

「再婚 した・事」を

「発・表」し
「世間 の・人」を

「驚 か・せ」ました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1975・年」の

「心 のこり」〜

「2021・年」の

「北 酒場」まで
   (「特 別・枠」)

 

「通 算・40 回」

「出・場」しました。

 

 

「細川 たかし」

浪花節だよ 人生は」

「作・詞」「藤田 まさと」

「作・曲」「四方 章人」

 

飲めと言われて  素直に飲んだ
肩を抱かれて  その気になった
馬鹿な出逢いが  利口に化けて
よせばいいのに  一目惚れ
浪花節だよ女の. 女の人生は

 

嘘は誰かが  教えてくれる
恋も誰かが  見つけてくれる
そんな誰かに  振り廻されて
消えた女が  またひとり
浪花節だよ女の. 女の人生は

 

咲いて萎んで  捨てられました

  (「しぼんで」)
逢って別れて  諦めました
人の情けに  つかまりながら
折れた情けの  枝で死ぬ
浪花節だよ女の  女の人生は

 

 

※「英気 を・養う」

  (「えいき を・やしなう」)

 

「英気 を・養う」の

「意・味」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「休養 を・取った」り

 「ストレス」を

 「解消する 等・して」

 「体力 や・気力」を

 

 「回 復・させ」て

 「活力 を・蓄える」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「英気 を・養う」の

「由・来」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「英 気・とは」

 「生 き・生き」と

 「活動 しようと・する」

 「気力 や・やる気」と

 

 「い う・意味」で

 「ここで」の

 「養 う・とは」

 「衰え ない・様」に

 

 「現状 を・保つ」や
 「更 に・育てる」

       と、い う

 「意・味」で

 

 「用 い・られ」た

 「事 が・由来」の
 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「英気 を・養う」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は
「下・記」だ、そうです。


・「友・人」は
 「今週 は・とても」
 「忙しかった・ので」

 「週・末」は

 「何 処・にも」

 「出か け・ず」に

 「家・族」と

 「のんびり」と

 

 「過 ご・し」て

 「英気 を・養う」

 「予・定」だ

    そうだ。

 

・「彼女 の・場合」

 「好き な・音楽」を
 「聴 く・こと」が

 「最・も」

 「英気 を・養う」

 「為」の

 「有効 な・手段」だ

    そうだ。

 

「英気 を・養う」の

「類 義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「リフレッシュ・する」

 

・「気 分・転換」や

 「体 を・休め」て

 「気力 や・体力」を
 「十分 に・回復する」と

 

 「い う・意味」の
 「表・現」だ

    そうです。  

 

「英気 を・養う」の

「対 義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「生気 を・失う」

   (「せいき を・うしなう」)

 

・「生き て・行く」
 「根源 と・なる」

 「活気 や・気力」を
 「失くして・しまう」と

 

 「い う・意味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 

THE ALFEE」は

(「ジ・アルフィー」)   

「気力 しだい」で

   未来は 変わる」の

「歌詞 が・ある」

 

「希望の 橋」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2004・年」に

「リリース・した」

「52 th・シングル」で

「TBS・テレビ 系」で

 

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

「サラリーマン 金太郎」の

「主 題・歌」に

 

「起 用・され」て

オリコン・4 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

ジ・アルフィー」は

「1973・年」に
「結 成・した」
「全・員」が

明治学院・大学」を

「卒 業・した」

「男 性・3 人組」の

「アイドル・系」

 

「フォーク・バンド」

   です。

 

「1974・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「夏 しぐれ」で

「メジャー・デビュー」を

「果 た・し」ました。

 

「同・曲」は

「全 く・売れず」に

オリコン・圏外」

   でした。

 

「代 表・曲」に

 

「星空の ディスタンス」

「恋人達の ペイヴメント

「SWET & TEARS」等が

「有・り」ます。

 

「1983・年」に

「リリース・した」

「16 th・シングル」

「メリーアン」が

 

「自 身・初」の

オリコン
   トップ 10 入り する」

オリコン・7 位」の

「大ヒット曲 に・なり」

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。
(「紅 白・出場」は

 「この 1回・のみ」)


「以・後」

 

「2023 年・5 月」に

「リリース・した」

「72 th・シングル」

「鋼の騎士 Q」まで

 

「シングル・作品」

「57・作品」が

オリコン
  トップ 10 入り」を

「継 続・中」

   です。

 

1984・年」に

「リリース・した」

「19 th・シングル」

「恋人達の ペイヴメント」が

 

「自 身・初」の

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「そ の・後」

 

「1985・年」に

「リリース・した」

「20 th・シングル」

「シンデレラは 眠れない」

 

「1987・年」に

「リリース・した」

「26 th・シングル」

サファイアの 瞳」

 

「同・年」に

「リリース・した」

「28 th・シングル」

「My Truth」が

「各・々」

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「毎 年・1月」に

「開 催・され」る

「大阪 国際・

   女子 マラソン」の

 

「イメージ・ソング」 を

「1987年〜2018年・まで」
「32 年・間」

「担・当」し

 

「ギネス・世界記録」に

「認 定・され」ました。

 

「3 人・全員」が

「今・年」
「70・歳」を

「迎 え・ます」が

 

「2023 年・5 月」に

「リリース・した」

「最 新・シングル」で

「72 th・シングル」の

 

「鋼の騎士 Q」が

オリコン・2 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「人気 に・翳り」は

「有・り」ません。

 

 

THE ALFEE

「希望の 橋」

「作・詞」「作・曲」

「高見沢 俊彦」

 

夜明けに 向かって 街が
眠りから 覚める頃
壊れた心 癒されぬまま
キツイ日が 始まる

 

いつも 出口のない 迷路を
夢中で 歩き続けて
昨日に迷い  明日に戸惑い
今日まで 生きて来た

 

ふと 振り向いた 時
澱んだ 河面に

(「よどんだ かわも」)
臆病な 自分の
影が 揺れている

 

この世に たった一人の 君だよ
流れる河に 逆らうように
誰にも 真似出来ない  生き方で
どこまで やれるのか 頑張ろう

 

向かい風にも 負けない 勇気で
吹雪にも 凍えない その愛で
弱音を吐かない タフな 心で
現実を 越えて行け!
希望の橋を 渡れ!

 

日々の不安に とらわれず
自由に生きて いたいけど
あきらめて ても  

あきらめたく ない
夢に 縛られてる

 

比べることなんて 出来ない
それぞれの 生き方がある
理想と挫折  繰り返しながら
未来を 変えよう

 

名もなき 涙の河は
いくつも 交じり合い
やがては 大いなる
海になって 輝く

 

いつでも 本気で

立ち向かう のさ
気力しだいで 未来は変わる
心に七色の 橋を架けて
運命という鍵を 解き放て

 

嵐にも負けない 船のように
暗闇に輝く 星のように
誰よりも激しい 情熱で
現実を 越えて行け!
希望の橋を 渡れ!

 

満たされぬ心が いつだって
未来のビジョンを 遠ざける
この都会で 夢を叶えるには
何よりも自分に 打ち勝つことさ

 

いつでも本気で 立ち向かうのさ
気力しだいで 未来は変わる
どんなに季節が 変わろうとも
ありのままの 君でいればいいさ

 

ここに生きる 意味を確かめて
試練という河を 越えて行こう
そしてきらめく 流星のように
一瞬にすべてを かけて生きよう

 

この世に たった一人の 君だよ
流れる河に 逆らうように
誰にも 真似出来ない 生き方で
どこまでやれるのか 頑張ろう

 

向かい風にも 負けない 勇気で
吹雪にも 凍えない その愛で
弱音を吐かない タフな 心で
現実を 越えて行け!

希望の橋を 渡れ!

 

 

「諦めは 心の・養生」を

「英・語」で

 「For a lost thing care not」と

    

 (「失くした物は・気にするな」)

 

 「言・う」そうです。

 

 

何気なく使っている言葉の意味

「桜切る 馬鹿・梅切らぬ馬鹿」

(「さくらきる バカ

   うめきらぬバカ」)

 

「皆さん」は

「桜切る 馬鹿・梅切らぬ馬鹿」

   と、いう

「ことわざ」を

 

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「桜切る 馬鹿・梅切らぬ馬鹿」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「桜 と・梅」は

 「同じ バラ・科」の
 「樹・木」で

 「花も 似て・います」が

 

 「桜と 梅の・剪定」が

       (「せんてい」)

 「違う 事・から」

 「樹木 の・育て方」の

 「違・い」を

 

 「人 間・にも」

 「当 て・はめ」て

 「一 人・一人」の

 「個・性」を

 

 「大事 に・した」り

 「育て方 や・教育法」も

 「柔・軟」に

 「対応する・べき」や

 

 「子供 や・人間」の

 「教育 に・於い」て

 「臨 機・応変」に

 「対応 す・べき」と

   

 「い う・教え」が

 「こ の・ことわざ」の

 「正しい・解釈」だ

    そうです。

 

「桜切る 馬鹿・梅切らぬ馬鹿」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「桜 の・枝」は

 「切 っ・た」り

 「折ったり・する」と

 「そこから 菌が・入り」

 

 「腐 っ・て」

 「枯れやすく なる・ので」

 「切らない・方」が
 「良・く」

 「一・方」
 「梅 の・枝」は

 「切る 事に・より」

 「枝数 が・増え」

 

 「花 も・実」も

 「多く 付く・ので」

 「切った・方」が
 「良 い・事」が

 

 「由・来」の
 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「桜切る 馬鹿・梅切らぬ馬鹿」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「桜切る 馬鹿・梅切らぬ馬鹿」
    と、いう

 「ことわざ」が

 「有・る」が

 

 「アメリカ の・初代大統領」

 「ジョージ・ワシントン」は

 「6 歳の・時」に

 「父親が 大事に・している」

 

 「自宅の 庭の・桜の枝」を

 「斧で 切って・しまった」が

 「正直 に・謝った」ら

 「怒られる・どころ」か

 

 「褒 め・られ」た

    と、いう

 「有名 な・逸話」が

 「有・る」そうだ。

 

・「桜切る 馬鹿・梅切らぬ馬鹿」

    と、いう

 「ことわざ」が

 「有・る」が

 

 「教える・側」の

 「知識 の・無さ」を

 「揶揄した・表現」だ

 (「やゆ」)

    そうだ。

 

「桜切る 馬鹿・梅切らぬ馬鹿」の

「類 義・語」を

「検 索・して」も

「ピン と・来」ません。


・「当 意・即妙」

   (「とう い・そくみょう」)

 

・「状況 に・合わせ」て

 「即・座」に

 「機転を 働か・せる」と

 「い う・意味」の

 

 「四 字・熟語」で

 「主・に」

 「心 の・動き」や

 「反応 に・対し」て

 

 「用 い・られ」

    ます。

 

 「ち な・み」に

 「似 た・意味」の

 「臨 機・応変」は

 「行・動」や

 

 「動き に・対し」て

 「使わ れる・事」が

 「多・い」

 「四 字・熟語」です。

 

「桜切る 馬鹿・梅切らぬ馬鹿」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「杓 子・定規」

   (「しゃく し・じょうぎ」)

 

・「何 で・も」
 「一・定」の

 「基準 や・規則」に

 「当 て・はめ」て

 

 「処置 しようと・する」

 「事」で

 「融通の 利か・ない」

 「態度 や・やり方」と

 

 「い う・意味」の

 「四 字・熟語」

    です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

 

「J O・1」は

(「ジェイオー・ワン」)

 

「幸せに 感じるのって

   人それぞれ ちがうけど」の

「歌詞 が・ある」

 

「君の まま」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2022・年」に

「リリース」

   し た

「セカンド・アルバム」

 

「KIZUNA」に

(「キズナ」)

「収 録・され」て

   います。

 

「同・アルバム」は

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・作」に

「成・り」ました。

 

「J O・1」は

「2019・年」に

「オーディション・番組」

「PRODUCE 101 JAPAN」の

 

「合格者・11 人」で

「結 成・した」

「ボーイズ・グループ」

   です。

 

「2020 年・3 月」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「PROTOSTAR」で

「メジャー・デビュー」を

「果 た・し」ました。

 

「同・曲」は

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「OH - EH - OH」

「MONSTAR」

「無限大」等が

「有・り」ます。

 

「2021 年・11 月」に

「自 身・初」の

「有観客・ライブ」を

幕張メッセ・にて」

 

「開・催」し

「3 日間・5 公演」で

「45,000・人」を

「動・員」しました。

 

「2022・年」に

「無限大」で

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「2023・年」に

「サード・アルバム」

「EQUINOX」の

「収 録・曲」

 

「Trigger」で

「レコード・大賞・
   優秀作品賞」を

「受・賞」しました。

 

「現 在・まで」に

 

「7・作品」の

「シングル・作品」と

「3・作品」の
「アルバム・作品」を

 

「リリース・して」

「全・て」

オリコン・1 位」を

「継 続・中」です。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2022・年」の

「無限大」と

「2023・年」の

「NEW Smile」で

 

「2 年・連続」で

「出 場・中」です。

 

 

「J O・1」

「君の まま」

「作・詞「Masahiro Oochi」

「作・曲「Hayato Tanaka」

 

助手席の 君の話
うなづいてる
きっと何か あったんでしょ
話して みて

 

選んだ道は これで
良かったのかだ なんてさ
きっと わからないよ
でもわかることも あるよ
ここに 居てくれて

本当に 良かった

 

君の まま
笑ってよ 笑ってよ
隣に居れば  言葉交わせれば
これ以上の幸せ  見つけられない
そうだよ

 

ほんの少しだけ 遠回りしよう
うなづいて くれた君
好きな もの
好きな歌を 聴かせて欲しい

 

幸せに 感じるのって
人それぞれ 違うけど
君は君の ままで
優しいそのままで  いつも
誰かのために 生きていると

思うよ

 

君の まま
歩いてよ  歩いてよ
頑張ら ないで  

好きな ペースでいい
世界で一番 大事な人は

君だよ

 

命の輝きは 一瞬なんだ
それを君と 見つめていたくて
明日はどんな 景色になるの
肩を 並べてさ

 

君の まま
歩いてよ  歩いてよ
遠回りでも  どんな場所だって
特別なものなど 何も望まない

 

君の まま
歩いてよ  歩いてよ
ひとつづつで いい
一歩づつで いい

 

きっと 素敵なことが
迎えに来るよ  そうだよ

 

 

※「正直者 が・馬鹿を見る」
   (「しょうじきもの が ・
       バカをみる」)

 

「正直者 が・馬鹿を見る」の
「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「悪賢い・者」が
 (「わるがしこい」)

 「ズルく 立ち・回って」

 「得をする・のに」

 「反 し・て」

 

 「正直な・者」は

 「逆・に」
 「ひどい 目に・あう」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「正直者 が・馬鹿を見る」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「正し い・事」が

 「通らない・世の中」の

 「矛盾 を・批判した」

 「言・葉」が

 

 「由・来」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「正直者 が・馬鹿を見る」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「正直者 が・馬鹿を見る」
    と、いう

 「ことわざ」が

 「有・る」が


 「友・人」は

 「神様が 見て・くれ」て

 「い る・はず」と

 「信 じ・て」


 「こ れ・から」も

 「正・直」に
 「生きて いく・つもり」だ

    そうだ。

 

・「正直者 が・馬鹿を見る」

    と、いう

 「ことわざ」が

 「有・る」が

 

 「彼・女」は
 「例え 損を・して」も

 「後ろめたい・思い」を

 「するのが・嫌」で

 

 「馬 鹿・正直」に

 「生きて・いる」

    そうだ。

 

「正直者 が・馬鹿を見る」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「偽りの 頭に・宿る神あり」

   (「いつわりの こうべに・
       やどるかみあり」)

 

・「正直者の 頭に・神宿る」

   (「しょうじきものの こうべに・

        かみやどる」)

        と、いう

 「ことわざ」の

 

 「対 義・語」で
 「神様 と・いえど」も

 「常・に」
 「公平 では・無く」

 

 「不正直な 者に・まで」

 「幸運 を・もたらす」

 「事 も・ある」と

 「い う・意味」の

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「正直者 が・馬鹿を見る」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「正直は 一生の・宝」

   (「しょうじきは いっしょうの・
        たから」)

 

・「正直だという・事」は

 「一生 を・通し」て

 「守らなねば・ならない」

 「大切なもので・あり」


 「正直者 は・信頼され」

 「その 信頼に・よって」

 「幸せを 得る・事」が

 「出 来・る」と

 

 「い う・たとえ。の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

 

GLAY」は

(「グレイ」)

 

「世間はいつも したたかだから

   正直者が 馬鹿が見る」の

「歌詞 が・ある」

 

「Missing you」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2000・年」に

「リリース」

   し た

「21 th・シングル」で

 

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「グレイ」は

「1988・年」に

「結 成・した」

「男 性・4 人組」の

 

「ヴィジュアル・系」の

「ロック・バンド」
   です。

 

「白」(「ポップス」) 

 で も

「黒」(「ロック」)

 で も

「無・い」

 

「バンド」を

「目 指・す」

   と、いう

「意味 を・込め」て

 

「白と黒の・中間色」

「G L A Y」と

(「灰・色」) 

「名 付・け」ました。

 

「4・人」は

「高校 を・卒業後」

「北海道・から」

「上・京」しました。

 

「観客 の・少ない」

「ライブ・ハウス」で

「演 奏・する」

「姿」を

 

「X・JAPAN」の

YOSHIKI」に

「見 初め・られ」

(「み そめ」)

 

「1994・年」に

YOSHIKI」の

「プロヂュースに・より」

「リリース・した」

 

「ファースト・シングル」

「RAIN」で

「メジャー・デビュー」を

「果 た・し」ました。

 

「同・曲」は

オリコン・26 位」の

「スマッシュ・ヒット」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「Winter , Again」

「誘 惑」

「HOWEVER 」等が

「有・り」ます。

 

「1997・年」に

「リリース・した」

「12 th・シングル」

「HOWEVER」が

 

「TBS・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

「略奪愛・アブない女」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

「シングル・曲」で

「自 身・初」の

 

「ミリオン・セラー」を
「記 録・する」

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「以・後」

「1999・年」の

「16 th・シングル」

「Winter , again」まで

 

「シングル・曲」が

「5 作・連続」で

「ミリオン・セラー」に

「成・り」ました。

 

「特・に」

「Winter, again」は

「シングル 曲・では」

「自 身・最大」の

「165・万枚」を

「セールス・する」

「ミリオン・セラー」を

「記 録・して」

 

「見・事」に

「日本・レコード・大賞」の

「栄・冠」に

「輝・き」ました。

 

「アルバム」

   で は

 

「1996・年」に

「リリース・した」

「セカンド・アルバム」

「BEAT out」が

 

「アルバム・作品」で

「自 身・初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「1996・年」に

「リリース・した」

「サード・アルバム」

「BELOVED」〜


「1999・年」に

「リリース・した」

「5 th・アルバム」

HEAVY GAUGE」まで

 

「アルバム・作品」が

「3 作・連続」で

「ダブル・ミリオン」に

「成・り」ました。

 

「1997・年」に

「リリース・した」

「ファースト」

ベスト・アルバム


「REVIEW・BEST OF GLAY」は

「487・万枚」の

「クアドラブル・セール」を

「記 録・して」

 

「宇多田 ヒカル」

(「First Love」「765・万枚」)

「B‘ Z」に

(「Pleasure」「514・万枚」)

「次・ぐ」

 

「アルバム・売上」

「歴 代・3 位」

   と、なる

「驚 異・的」な

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「ライブ」 の

「観 客・動員数」は

「歴 代・1 位」を

「維 持・して」います。

 

「1990 年・代」〜

「2000 年・代」

「2010 年・代」
「2020 年・代」まで

 

「4 つ の・年代」で

オリコン・1 位」

「作・品」を

「世 に・送り出し」

 

「現・在」も
「根強 い・人気」を

「誇 っ・て」います。

 

「現 在・まで」に

「リリース・した」

 

「シングル・作品」

「61・作品」の

「内」で

「22・作品」が

 

「アルバム・作品」

「26・作品」の
「内」で

「14・作品」が

 

オリコン・1 位」に

「成 っ・て」います。

 

「レコード 大賞・では」

「通 産・3 回」

「各・賞」を

「受 賞・して」います。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1997・年」の

「HOWEVER」〜

「1999・年」の

「サバイバル」まで

 

「3 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

GLAY

「Missing you」

「作・詞」「作・曲」
TAKURO

 

冬を待たずに I miss you,oh no

心変わりを 呼び起こす
そして 密やかな胸

伝え切れず  孤独を購う

                 (「あがなう」)
部屋に残る 温もり、

思い出が 旅立つ気持ち 鈍らせる
二人の間にだけ 通う言葉も

もう 使うこともない

 

国道走る車 黙り込んで

別れを 知りながら
どうして二人 惹かれたのだろう?

                 (「ひかれて」)

 

どこまでも 白い雪のような

あなたに降る 夢の礫

                    (「つぶて」)
声を届けてよ  いつものように

それだけで  距離さえ超える

 

世間はいつも したたかだから

正直者が 馬鹿を見る
気のあるふりの女  嘘つきな男

怖がりな 老いた犬のようだ

 

振り返れば僕ら 形のない

愛という 文字を
これほど までに

求めようと するけれど…

 

春の恋しさよ  花の息吹よ

                       (「いぶき」)

冬の長さが 募らせて
あなたを失くした 初めての雪は

つらつらと 慕情に落ちる
今はまだ 容赦なく 吹きすさぶ風に

歌う歌も かき消されて

 

僕らが過ごした 青春の日々を

何で 計れるの?
吹雪にも似た 激動の平成

                            (「いま」)

瞳閉じないで 見つめていて

 

どこまでも 白い雪のような

あなたに降る 夢の礫

声を届けてよ  いつものように

それだけで 距離さえ超える
今はまだ 声も細く  永久を乞う

                          (「とわをこう」)

悲しみに 閉ざされている
今はまだ 容赦なく  吹きすさぶ風に

歌う歌も かき消されて…

 

 

「桜切る 馬鹿・梅切らぬ馬鹿」を

「英・語」で

 

 「An idiot who cuts cherry blossoms 

    An idiot who doesn't cut plums」と

 

 (「桜切る 馬鹿・梅切らぬ馬鹿」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「溜息 を・吐く」

(「ためいき を・つく」)

 

「皆さん」は

「溜息 を・吐く」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「溜息 を・吐く」の

「意・味」は

「下・記」だ、 そうです。

 

・「嘆息 を・はく」は

 「誤 読・なの」で

 「注・意」が
 「必・要」です。

 

 「吐・く」を
 「つく と 読む・言葉」に

 「嘘 を・吐く」等が
 (「うそ を・つく」)

 「有・り」ます。

 

 「溜息を 吐く・とは」

 「心配事 や・悩み事」を

 「抱え て・いる」

 「時」に

 

 「大 き・く」
 「息 を・吐く」や

           (「はく」)

 「息 を・出す」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。


 「一般的・には」

 「溜・息」に

 「マイナス」の

 「イメージ」を

 

 「抱いて・いる」
 「人」が

 「多・い」
    そうです が

 

 「溜・息」は

 「自 律・神経」の

 「バランス」を

 「整 え・る」

 

 「効能が・あり」

 「健康に・良い」と

 「言われ・て」

      います。

 

「溜息 を・吐く」の

「由・来」は

「下・記」だ、 そうです。

 

・「溜・息」は
 「ストレス・等」を

 「感じた・時」に

 「大 き・く」

 

 「息 を・吐く」

 「行・為」です。

 

 「溜息を 吐くと・
    幸せが 逃げる」と

 「い う・言い伝え」が

 「有 り・ます」が

 

 「こ れ・は」
 「溜息を・吐く」

 「程」の

 「生・活」が

 「不幸 な・生活」で

 「あ る・事」を

 「示 し・た」

 「迷・信」です。
   

 「あ る・時」

 「溜息を・不快」に

 「思った・人」が

 「溜息を 吐いた・人」に

 

 「こ の・よう」に

 「言 い・聞かせ」て

 「溜・息」を
 「止め させた・事」が

 

 「溜息 を・吐く」と

 「い う・慣用句」の

 「由・来」だ

    そうです。

 

「溜息 を・吐く」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、 そうです。

 

・「彼」は

 「若い頃・には」

 「簡単 に・出来」た
 「作・業」が

 「現 在・では」

 「いくら・頑張って」も

 「出 来・なく」

 「成って・しまい」

 「人・目」を
 「はばかる 事も・無く」

 「胸の奥底・から」

 「吐き出す・様」に

 

 「深・い」

 「溜息 を・吐い」た

    そうだ。

 

・「彼・女」は

 「プロ でも・難しい」と

 「言 わ・れる

 「難・曲」の

 

 「ピアノ・演奏」の

 「練習を して・いた」が

 「何 度・やって」も

 「上手く・いかず」

 

 「自 嘲・気味」に

 (「じ ちょう」)

 「大 き・な」

 「溜息 を・吐い」た。

 

「溜息 を・吐く」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「嘆息 を・漏らす」

   (「たんそく を・もらす」)

 

・「落胆 や・憂愁」

       (「ゆうしゅう」)

 「等」に

 「起 因・して」

 

 「大 き・く」

 「息 を・吐く」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「溜息 を・吐く」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「胸を 撫で・下ろす」

   (「むねを なで・おろす」)

 

・「心配事・から」

 「解 放・され」て

 「安 心・して」
 「手で 胸を・撫で」て

 

 「大・き」な

 「呼吸 を・吐く」と

 「い う・意味」の

 「慣 用・句」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

 

「岩崎 宏美」は

(「いわさき ひろみ」)

 

「なぜだか 重い

   ためいき ついている」の

「歌詞 が・ある」

 

「シンデレラ・ハネムーン」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1978・年」に

「リリース」

   し た

「14 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「岩崎 宏美」は

「1958 年・生まれ」で

「東京 都・江東 区」

「出・身」の

 

「歌・手」

「女・優」です。

 

「歴 代・アイドル」の

「中 で・最」も

「歌 が・上手い」と

「言 わ・れて」います。

 

「タッチ」が

「代 表・曲」で

「歌 手・女優」の
「岩崎 良美」は

(「いわさき よしみ」)

 

「3 歳・年下」の

「実・妹」です。

 

「中 学・3 年生」の

「時」に

「日 本・テレビ」の

「オーディション・番組」

 

「スター・誕生」に

「出・場」し
「最優秀・賞」に
「輝・き」


「8 社・から」

「スカウト を・受け」

「ビクター・レコード」と

「契・約」し


「芸能界・入り」

   しました。

 

「1975・年」
「私・立」
「堀 越・高校」

「在 学・中」に

 

「リリース・した」

「ファースト・シングル」

「二 重 唱」で

(「ヂュエット」) 

 

「メジャー・デビュー」を

「果 た・し」ました。

 

「同・曲」は

オリコン・19 位」の

「スマッシュ・ヒット」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「聖母たちの ララバイ」

(「マドンナ」)

「センチメンタル」

「思 秋 期」等が

「有・り」ます。

 

「同・年」に

「リリース」

   し た

「セカンド・シングル」

 

「ロマンス」が

オリコン・1 位」で

「ミリオン・セラー」を

「記 録・する」

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

「レコード・大賞・
   新人賞」他

 

「各種 新人賞・レース」を

「総ナメ に・して」

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」し


「紅・組」

「トップ・バッター」の

「重・責」を

「務・め」ました。

 

「同・年」に

「リリース」

   し た

「サード・シングル」

 

「センチメンタル」が

「連 続・して」

オリコン・1 位」に

「成・り」

 

「春」の

「選抜 高校・野球大会」の

「入場行進・曲」に

「採 用・され」ました。

 

「1977・年」

「高校卒業・後」に

「リリース・した」

「11 th・シングル」

 

「思 秋 期」で

(「ししゅうき」)

「レコード・大賞・
   歌唱賞」を

「受・賞」しました。

 

「1978・年」に

「リリース・した」

「14 th・シングル」

「シンデレラ・ハネムーン」が

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

「レコード・大賞・
   金 賞」 を

「受・賞」しました。

 

「同・曲」を

「ものまね・タレント」

「コロッケ」が

「物真似・して」


「茶 の・間」の

「視 聴・者」の

「笑・い」を

「誘い」ました。

 

「1982・年」に

「リリース・した」

「28 th・シングル」

「聖母たちの ララバイ」が

 

「日 本・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「火曜 サスペンス・劇場」の

「主 題・歌」に

 

「起 用・され」て

「130・万枚」を

「売 り・上げ」る

「ミリオン・セラー」を

 

「記・録」し

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「春」の

「選抜 高校・野球大会」の
「入 場・行進曲」に

「採 用・され」ました。

 

「1986・年」に

「タッチ が・代表曲」の

「実・妹」の

「岩崎 良美」が

 

「歌・唱」し

「大 ヒット・曲」に

「成 っ・た」

「青 春」が

 

「春」の

「選抜 高校・野球大会」の

「入 場・行進曲」に

「採 用・され」

 

「同・大会」の

「入 場・行進曲」に

「選 ば・れ」た

「唯・一 」の

 

「姉 妹・歌手」に

「成・り」ました。

 

「現 在・65 歳」

   です が

 

「2023 年・8 月」に

「31 th・ベストアルバム」

聖母たちのララバイ」を

「リリース・する」等

 

「現役 と・して」

「第・一線」で
「活 躍・して」います。

  

「私・生活」

   で は

 

「1988・年」
「30 歳の・時」に

「三 井・財閥」の

「御・曹司」で

(「おん・ぞうし」)

 

「商 事・会社」に

「勤 努・する」

「一般人・男性」と

「結・婚」し

 

「玉の輿・婚」と
(「たまのこし・こん」)

「呼 ば・れ」ました。


「1989・年」に

「第一子・長男」が
「1892・年」に

「第二子・二男」が

 

「誕 生・する」も

「1995・年」に

「協 議・離婚」

   しました。

 

「夫」は

「宏 美」に

「芸 能・界」を
「引・退」し

 

「家庭 に・入る」
「事」を

「望 ん・だ」
   そうです。


「し か・し」

「宏 美」は

「家事 や・子育て」を
「こなし・ながら」

 

「芸 能・活動」を

「継・続」し

「離 婚・原因」の

「一・つ」に

 

「成 っ・た」

   そうです。

 

「協 議・離婚」の

「条・件」は
「子供 の・親権」を

「夫」が

 

「子供 の・養育権」を

「宏美 が・得る」

   と、いう

「条・件」でした。

 

「元・夫」は

「離 婚・成立」の
「翌・年」に
「再・婚」しました。

 

「後・妻」は

「二人 の・子供」と

「養子縁組 した・結果」

「養育権 を・得て」

 

「後・妻」が

「二人 の・子供」の

「実・母」に
「成・り」ました。

 

「宏 美」は

「裁・判」を

「起 こ・そう」と

「考 え・ました」が

 

「公 判・中」は

「子 供・には」

「会わせ・ない」 と

「言 わ・れ」

 

「泣 く・泣く」

「主・張」を

「取 り・下げ」

   ました。

 

「宏 美」は

「2009・年」

「51 歳の・時」に

「10 才・年下」で


「舞 台・俳優」の
「今 拓哉」と

(「こん たくや」)

「再・婚」しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1975・年」の

「ロマンス」〜

「1988・年」の

「未 成 年」まで

 

「14 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「岩崎 宏美」

「シンデレラ・ハネムーン」

「作・詞」「阿久 悠」

「作・曲」「筒美 京平」

 

いつでも 二人は

シンデレラ ハネムー
時計に 追われる

シンデレラ ハネムー
好みの煙草  あ一本になり
あなたは  やるせない

目をして  見てる
肩でもいいわ しっかり抱いてよ
ルージュもいつか  乾いた色になり
言葉は一つ おやすみ 残すだけ

 

日ぐれに  はじまる

シンデレラ ハネムー
夜ふけに  別れる

シンデレラ ハネムー
このまま朝が  訪れそうだけど
重ねたくちびるが  つめたくなって
せつなさなんか  教えてくれるの
シャッター おろすばかりの 店先で
花など買って ふざけたふりをする

 

いつまで  つづくの

シンデレラ・ハネムー
あなたと  私は

シンデレラ ハネムー
シャンプーした髪を 夜風にさらし
あなたの口ぐせを 思い出してる
しあわせ だから いいじゃないかなの
私はひとり  爪など切りながら
なぜだか重い  ためいきついている

 

ルルル…
私 はひとり  爪など切りながら
なぜだか重い  ためいき ついている

 

 

※「天に向かって 唾を・吐く」

 (「てんにむかって つばを・

     はく」)

 

「天に向かって 唾を・吐く」の

「意・味」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「天に 唾・する」

 (「てんに つば・する」)

    と も

 「言・う」そうです。

 

・「人 に・向かって」

 「何 か・害」を

 「与え ようと・する」と

 「かえ っ・て」

 

 「自・分」が
 「害 を・被る」

            (「こうむる」)

    と、いう

 「意・味」の

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「天に向かって 唾を・吐く」の

「由・来」は
「下・記」だ、そうです。

 

 「仏教 最初の・漢訳経典」

 「四十二章経 に・ある」

 「下 記・一文」が

 「由・来」だ、そうです。


 「悪人の 賢者を 害する は、

    猶し 天を仰いで 而も 唾せん に、

    唾、天を汚さず して、

    還って 己が身を 汚し、

 

    風に 逆らって 人に 塵く に、

    塵、彼を 汚さずして、

    かえって 身に 塵するが ごとし」

 

 (「いくら 天に向かって

  唾を吐いた ところで、

  空を汚すことなど 出来ず、

  吐いた唾が 自分の顔に

  ふりかかってくる だけ」)

 

「天に向かって 唾を・吐く」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「友・人」は

 「仕事 の・出来る」

 「後輩 を・妬んで」

      (「ねたんで」)

 「足」を

 

 「引っ張ろう と・した」が

 「バチが 当たった・のか」

 「自・分」が

 「失敗して・しまい」

 

 「天に向かって 唾を・吐く」

 「結・果」に
 「成って・しまった」

    そうだ。

 

・「同・僚」は
 「会社 の・運動会」で

 「1 位 を・取ろう」と

 「ライバル」の

 

 「進路妨害 を・した」が

 「逆・に」

 「自・分」が

 「転んで・しまい」

 

 「天に向かって 唾を・吐く」

 「事態 に・成って」

    しまった。

 

「天に向かって 唾を・吐く」の

「類 義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「自 業・自得」

    (「じ ごう・じとく」)

 

・「自・分」の

 「悪行 の・報い」を

 「自分 が ・受ける」

 「事」で

 

 「一般的・には」

 「悪 い・報い」に

 「対 し・て」

 「用い ら・れる


 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

「天に向かって 唾を・吐く」の

「対 義・語」を
「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「情けは 人の為・ならず」

   (「なさけは ひとのため・ならず」)

 

・「国・民」の

 「半 数・以上」が

 「ことわざ の・意味」を
 「間違えて いる・との」

 

 「文 化・庁」の

 「統・計」が

 「有・る」そうです。

 

 「間違った・解釈」
    と は

 「人に情け を・かける」

 「事」は

 

 「甘やかす・事」に

 「つな が・り」

 「その人 の ・ため」

       に は


 「な ら・ない」

    と、いう

 「解・釈」です。

 

 「情けは 人の為・ならず」の
 「正しい・意味」は

 「人に 情けを・かける」と

 「それ が 巡り・巡って」

 

 「自・分」に

 「跳ね返って・来る」や

 「誰・か」に

 「親切に して・あげる」と


 「その人 は・何時」か

 「恩返し して・くれる」

    の で

 「人には 親切に・せよ」と

 

 「い う・教え」の

 「ことわざ」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

UVERworld」は

(「ウーパー・ワールド」)

 

「見に起こる その数十%

   自業自得 でも」の

「歌詞 が・ある」

 

「一滴の 影響」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2017・年」に

「リリース」

   し た

「30 th・シングル」で

 

「TBS・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・アニメ」

「青 の・エクソシスト」の

 

「オープニング・

   テーマ 曲」に

「起 用・され」て

オリコン・2 位」の

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「ウーバー・ワールド」は

「2000・年」に

「結 成・した」

「全・員」が

 

「滋賀 県・出身」の

「男 性・6 人 組」の

「ロック・バンド」

   です。

 

「ドイツ・語」で
「越 え・る」を

「意 味・する」

uber」と

 

「英・語」の
「over」を

「組み 合・わせ」た

「造・語」で

 

「自分達の 世界を

 越える」

   と、いう

「意味 を・込め」て

 

「UVERWworld」と

「グループ・名」を

「名 付・け」ました。

 

「2005・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「D - tecnoLife」で

「メジャー・デビュー」を

「果たし」ました。
   

「同・曲」は

「テレビ・東京 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・アニメ」

 

BLEACH」の

「オープニング・
   テーマ 曲」に

「起 用・され」て


オリコン・4 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「儚くも永久の カナシ」

「THE OVER」

「AVALANCHE」等が

「有・り」ます。

 

「2008・年」に

「リリース」

   し た

「12 th・シングル」

 

「儚くも 永久の カナシ」が

「TBS・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・アニメ」

 

「機動 戦士・ガンダム」の

「オープニング・

   テーマ 曲」に

「起 用・され」て

 

「シングル・曲」で

「自 身・初」の
オリコン・1位」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「日 本・武道館」で

「単 独・ライブ」を

「開・催」し

 

「好・評」を
「博・し」ました。

 

「ウーパー・ワールド」の

「ライブ・形式」は

 

「男 性・のみ」の
「観・客」で

「構 成・する」

「男・祭り」


「女 性・のみ」の
「観・客」で

「構 成・する」
「女・祭り」

 

「客・席」を

「中・央」で

「男 性・席」と
「女 性・席」に

 

「分 け・る
「3・形態」で

「開 催・され」

   ます。

 

「2011・年」に

「日 本・武道館」で

「4 年・連続」

   と、なる

 

「クリスマス・ライブ」を

「開催 し・自身初」の

ライブ・ビューイング」を

「行・い」

 

「全国 の・映画館」
「62 ヶ・所」の

「他」に

「中国・香港」

 

「台・湾」の

「映 画・館」で

「観・客」を

「動・員」しました。

 

「2017・年」に

「さいたま・

   スーパー ドリーム」で

「アーティスト・史上」

「最・大」の

 

「23,000・人」を

「動 員・した」

「男 祭・り」を

「開・催」しました。

 

「2018・年」に

「日 本・武道館」に

「於 い・て」

「男 祭・り」を

 

「横 浜・アリーナ」で
「女 祭・り」を

「同・日」に

「開 催・する」

 

「初 の・ライブ」を

「敢・行」しました。

 

「2019・年」に

「東 京・ドーム」で

「男・祭り」を

「開・催」し

 

「歴代・最高」の
 「45,000・人」の

「男 性・観衆」を
「動・員」しました。

 

「2019・年」に

「リリース・した」

「10 th・アルバム」

「UNSER」が

 

「アルバム」で

「自 身・初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「現 在・まで」に


「41・作品」の

「シングル・曲」を

「リリース」し

「内・38 作品」が

 

「14・作品」の

「アルバム・作品」を

「リリース」し

「全・作品」が

 

オリコン
「5 位・以内」に

「成 っ・て」

   います。

 

「紅 白・歌合戦」の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

UVERworld

「一滴の 影響」

「作・詞」「TAKUYA∞

「作・曲」「TAKUYA∞

 

許せば  進めるし

恨みは  立ち止まらす
あれは  僕のせいにしな

それも  僕のせいにしてよ
君をずっと  立ち止める

その  全てと
僕以外を  許し て

進んで  行きなよ

 

生涯  枯れることのない

花と  名付けても
生涯  枯れることのない

花に  なることはない
真面目に  生きていれば

いつか  報われる
そうやって  言い切ってしまえば

それは  嘘になる

 

身に起こる  その数十%

自業自得  でも
残りの数%  誰のせいでもない

その  不平等を

 

許せば  進めるし

恨みは  立ち止まら す
あれは  僕の せいにしな

それも  僕の せいにしてよ
僕以外を  許して

進んで  行きなよ
君自身の  ことも

許して  あげてよ

 

満たされ  過ぎてるか

全く  足りないか
どちらに  せよ

幸か不幸かは  感じ方次第
バタフライ  蝶が羽ばたく

裏で起こす  台風
一滴の  潮騒

     (「しおさい」)

彼方を  闇に包む

 

罪と罰が  問えないもの

生きることは  傷つくこと
誰もが  幸せになれるなんて

思っちゃ  いないけど

 

一番いけない  ことはさ

自分はダメ だと  思うこと
誰のせいでも ないことを

自分の  せいにして
今日も君は  生きている

 

人の涙を見ても  何も

感じなくなって  きたのは

自分の心を  殺すのが

上手過ぎる  哀しいサインだよ

 

真面目に  生きていれ ば

いつか  報われる
そうやって  言い切って

しまえばそれは  嘘に なる
身に起こる  その数十%

自業自得  でも
残りの  数%

誰のせいでもない  不平等

 

一番いけない  ことはさ

自分は ダメだと  思う こと
誰のせいでも  ないことを

自分のせいに  しないで
立ち止まら  ないで

 

ずるい奴が  笑う世界

そう言い ながら  物事が
ゆっくりでも  良い方に

進むと信じ  今日も
正しく  生きようとする

君は   素敵だよ
そんな  自分を

君も愛して  あげて よ

 

 

「溜息 を・吐く」を

「英・語」で

 

 「let out a sigh」と

 

 (「溜息 を・吐く」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「備えあれば 憂い・なし」
(「そなえあれば うれい・なし」)

 

「皆さん」は

「備えあれば 憂い・なし」

   と、いう


「ことわざ」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「備えあれば 憂い・なし」の

「意・味」は
「下・記」だ。そうです。


・「事前 の・準備」を

 「しっかり と・していれ」ば

 「いざという・時」に

 「結果 が・どうなるか」と

 

 「心配する 必要は・ない」と

 「い う・意味」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「備えあれば 憂い・なし」の

「由・来」は
「下・記」だ。そうです。

 

・「古 代・中国」の

 「殷国 の・宰相」

 「傅 説」が

 (「ふえつ」)

 「著 し・た」

 

 「歴 史・書」

 「書・経」に

 (「しょ・きょう)

 「記 さ・れた」


 「下 記・一節」が

 「由・来」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

 「有 備・無憂」

 (「ゆうび・むゆう」)

 (「備えて おけば・

     憂いは ない」)

 

「備えあれば 憂い・なし」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は
「下・記」だ。そうです。


・「彼」は

 「備えあれば 憂い・なし」で

 「逆 算・して」

 「早・目」に

 

 「準・備」に

 「取り掛・かった」が

 「思いの・外」に
 「時間を・要し」て


 「完・了」が

 「期 日・ギリギリ」に

 「成って・しまう」

    そうだ。

 

・「社・長」は

 「備えあれば 憂い・なし」で

 「株主総会 の・前に」は

 「各・部」に


 「株主から・出そう」な

 「想 定・問答集」を

 「準 備・さて」て

    いる。

 

「備えあれば 憂い・なし」の

「類 義・語」は
「下・記」だ。そうです。

 

・「転ばぬ先 の・杖」

   (「ころばぬさきの・つえ」)

 

・「不測 の・事態」が

 「発生した 時・でも」

 「対 応・できる」

 「様」に

 

 「あらかじめ」
 「準備しておく・事」の

 「大切さを・説い」た

 「格・言」で

 

 「転んで ケガを・する」

 「前」に

 「身体 を・支える」と

 「い う・意味」で

 

 「さまざま な・リスク」に

 「対 し・て」

 「事前 に・十分」な

 「備えを しておく・べき」と

 

 「い う・意味」の
 「教・え」の
 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「備えあれば 憂い・なし」の

「対 義・語」は
「下・記」だ。そうです。

 

・「渇して 井を・穿つ」

   (「かっして いを・うがつ」)

 

・「穿 つ・とは」

 「穴 を・掘る」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「喉が 渇いて・から」

 「井戸 を・掘って」も
 「手 遅・れ」と

 「いう 意味・から」

 

 「必要に 迫らて・から」

 「あわ て・て」

 「準 備・して」も

 「間に合わ ない・事」や

 

 「時期 を・失する」と

 「い う・例え」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

 

「三代目・J・SOUL・BROTHERS・
   from・EXILE・TRIBE」は

(「さんだいめ・ジェイ・ソウル・

    ブラザーズ・フロム・

    エグザイル・トライブ」)

 

「然るべき チャンスに

(「しかるべき」)

   備えたい」の

「歌詞 が・ある」

 

「FIGHTERS」

(「ファイターズ」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2011・年」に

「リリース」

   し た

「4 th・シングル」で

 

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「三代目・J・SOUL・BROTHERS・
   from・EXILE・TRIBE」は

「2010・年」に

「結 成・した」

 

EXILE の・血を引く」

「男 性・7 人組」の

「ダンス & ボーカル」

「グループ」です。

 

「2010・年」に

「リリース・した」

「ファースト・シングル」

「BEST Friend Girl」で

 

「メジャー・デビュー」を

「果 た・し」ました。

 

「同・曲」は

「明治・Melty Kis」の

「C M・ソング」に

「起 用・され」て

 

オリコン・3 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「R.Y.U.S.E.I」

「C.O.S.M.O.S」

「花 火」等が

「有・り」ます。

 

「2011・年」に

「リリース・した」

「4 th・シングル」

「FIGHTERS」が

 

「日 本・テレビ 系」で
「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

「ろくでなし BLUES」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

「自 身・初」の

オリコン・1 位」の

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「以・後」

 

「2014・年」に

「リリース・した」

「13 th・シングル」

「R.Y.U.S.E.I」

 

「2015・年」に

「リリース・した」

「16 th・シングル」

「starting over」

 

「2015・年」に

「リリース・した」

「18 th・シングル」

「Summer Madness」

 

「2017・年」に

「リリース・した」

「21 th・シングル」

「HAPPY」

 

「同・年」に

「リリース・した」

「22 th・シングル」

「J.S.B HAPPINESS」

 

「2020・年」に

「リリース・した」

「26 th・シングル」

「Movin ‘ on」

 

「2023・年」に

「リリース・した」

「29 th・シングル」

「STARS」が

 

「各・々」
オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「特・に」

 

「R.Y.U.S.E.I」と

「2015・年」に

「リリース・した」

「Unfair World」で

(「オリコン・2 位」)

 

「日本・レコード・大賞」の

「栄・冠」に

「2・度」
「輝・き」ました。

 

「アルバム」

   で は

 

「12・作品」を
「リリース・して」

「内」

「7・作品」が

 

「映 像・作品」

   で は

 

「7・作品」を
「リリース・して」

「内」

「6・作品」が

 

「各・々」

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・作」に
「成・り」ました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2012・年」の

「花 火」〜

「2018・年」の

「R.Y.U.S.E.I」まで

 

「7 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「三代目・J・SOUL・BROTHERS・
   from・EXILE・TRIBE」

「FIGHTERS」

「作・詞」「作・曲」
「lil' showy」

 

常日頃から 抱いてる
夢で描いた 絵図
気持ちだけ 常に焦る
予想図と 自分の 位置関係

 

Oooh 磨いてる 拳で
Oooh 前に 突き出して
Oooh 同じ 場所に don't stay
Oooh 足元 見据えて
Oooh

 

どうしても 手に入れたいなら
その手を 上へ
Lemme hear you say oh
Now lemme hear you say oh
間違いなく芯を捉える 一撃で
Lemme hear you say oh
Now lemme hear you say oh

 

We fighters  今がやる時

待ったなし 負けられない勝負
We fighters この戦いには

ain't no joke

 

誰一人 知るはずない
尽力は 陰密スタイル
然るべき チャンスに備えたい

 

Oooh 遠く 険しくたって
Oooh 手に したい夢
Oooh をつかめる 場所へ
Oooh 歩みを 止めないで
Oooh

 

どうしても 手に入れたいから
この手を 上へ
Lemme hear you say oh
Now lemme hear you say oh
直撃する クロスカウンター
空を 突き破れ
Lemme hear you say oh
Now lemme hear you say oh

 

We fighters

このメンツが起こす

それは 奇跡
We fighters お前の敵、

俺の エネミー

 

勝利を意味する 強力スクラム

気迫 本気 闘志  うずまく
左の負けん気  右の勝気

ただやるのみさ 言葉なしに
ブチ抜くワンツー 避けて通れない

火を噴くワンツー 俺らが問う未来
仲間と共に この先も行く

身構えな we figters we figters

 

どうしても 手に入れたいなら
その手を 上へ
Lemme hear you say oh
Now lemme hear you say oh

間違いなく 芯を捉える 一撃で
Lemme hear you say oh
Now lemme hear you say oh

 

We fighters 今がやる時

待ったなし 負けられない勝負
We fighters この戦いには

ain't no joke

 

どうしても 手に入れたいから
この手を 上へ
Lemme hear you say oh
Now lemme hear you say oh
直撃する クロスカウンター
空を 突き破れ
Lemme hear you say oh
Now lemme hear you say oh

 

We fighters 勝負は 勝つのみ

負けられない SOUL
We fighters Hands up 2 get high

掴み 取る

 

 

※「後顧 の・憂い」

  (「こうこ の・うれい」)

 

「後顧 の・憂い」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「将来に 悪い・事態」が
 「予測 される・時」に

 「不安 に・思った」り

 「心配 したり・する」

 

 「あとあとの・心配」と

 「い う・意味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 「あとあとの・心配」

    と は

 「何年も 先の・将来」を

 「表す 事も・あれ」ば

 

 「数時間・後」や
 「数日後 の・事」を
 「表 す・事」も

 「有・る」そうです。

 

「後顧 の・憂い」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「中国 の・故事」

 「李沖伝 に・記され」た

 (「りちゅうでん」)

 「下 記・一節」が

 「由・来」だ、そうです。

 

 「我をして、境を出し、

  後顧の憂い 無からしむ」

 (「李沖は 私が国の外に 出る時に、

     後の心配が 無い様に してくれた」)

 

「後顧 の・憂い」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。


・「彼」は

 「転勤 の・内示」を

 「受・け」て

 「後顧 の・憂い」が

 

 「無 い・様」に 

 「細 か・く」

 「全・て」
 「後 任・者」に

 

 「申し送り を・した」

    そうだ。

 

・「友・人」は
 「家 の・事」は

 「奥・さん」が
 「守って くれる・ので」

 

 「後顧 の・憂い」

 「無・く」

 「趣味 に・没頭」

 「出・来」た、そうだ。

 

「後顧 の・憂い」の

「類 義・]語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「危・惧」

   (「き ぐ」)

 

・「漠然 と・では」

 「無・く」

 「具 体・的」に

 「何か の・危険」を

 

 「予感して・いる」と

 「い う・意味」の

 「二 字・熟語」だ

    そうです。

 

「後顧 の・憂い」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「安・堵」

   (「あんど」)

 

・「気掛かり な・事」が

 「取り 除か・れて」

 「安心する・事」と

 「い う・意味」の

 

 「二 字・熟語」で

 「心配して・いた」

 「事」が

 「上手く・運び」

 

 「ホット した・時」に

 「使わ れる・事」が

 「多 い・表現」だ

    そうです。

 

 

「金田 たつえ」は

(「かねだ たつえ」)

 

「厚い 化粧に

   憂いを かくして」の

「歌詞 が・ある」

 

「花街の 母」

(「はなまちの はは」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1973・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「金田 たつえ」は

「1948 年・生まれ」で

「北海道・砂川 市」

「出・身」の

 

「民 謡・歌手」

「演 歌・歌手」

   です。

 

「生 後・80 日」で

「金田 イチ」の

「養・女」に

「成・り」ました。

 

「北海道・江差」で

「芸者をして・いた」

「イ チ」は

「砂川市 に・移り」

 

「民 謡・教室」の 

「師匠 と・して」

「生計 を・立て」

タツエ」を

 

「育 て・ながら」

「民・謡」を

「教・え」ました。

 

「1961・年」

「15 歳の・時」に

「日本 民謡協会・

   全国 大会」で

 

江差 追分」を

(「えさし おいわけ」)

「歌 唱・して」

「グランプリ」に

「輝・き」ました。


「道・立」
「北海道 砂川南・

   高校」を

「卒 業・後」に

 

「母」

「北海道 に・残し」て

「単 身・にて」

「上・京」しました。

 

「1968・年」に

「コロンビア」の

「専 属・歌手」に

「成・り」

 

「江州 音頭」で

「民謡歌手 と・して」

「デビュー」を

「果 た・し」ました。

 

「し か・し」

「どうして」も

「演・歌」を

「歌 い・たく」て

 

「1973・年」

「25 歳の・時」に

「演 歌・歌手」に

「転・向」し

 

「ファースト・シングル」

「花街の 母」で

「再・デビュー」
   しました。

 

「同・曲」は

「大阪地区・限定販売」

「厳しい・条件付き」

   ながら も


「歌・詞」が

「自身 の・人生」に

「似 て・いる」

   と、して

 

タツエ」は

「花街の 母」を

「何 年・かかっても」

「必・ず」

 

「世に 出し・たい」と

「決・心」しました。

 

「努力の・甲斐」が

「有・り」

「6 年目・には」

「累・計」で

 

「260 万枚・以上」を

「セールス・する」

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「同名 の・題名」で
「テレビ・ドラマ 化」や

「映画化・され」

「数々の 賞を・受賞」し

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

(「紅 白・出場」は

    この 1 回・のみ」)

 

「代 表・曲」に

 

「花街の 母」

「しのび 恋」

「人 妻」等が

「有・り」ます。


「現 在・75 歳」

   です が

 

「2022・年」に
「最新の・シングル」で

「99・シングル」

「故郷 のれん」を

 

「リリース・する」等

「テレビ や・ラジオ」の

「歌番組 を・中心」に

「現 役・にて」

 

「第一線・にて」

「活躍して・いる」
   そうです。

 

「私・生活」

   で は

 

「1968・年」

「18 歳の・時」に

「事務所 の・社長」と

「結・婚」しました。

 

「二・人」は
「二 人・三脚」で
「人・生」を

「歩いて・くる」も

 

「残 念・ながら」

「子 宝・には」

「恵まれ・なかった」

「様」です。

 

 

「金田 たつえ」

「花街の 母」

「作・詞」「もず 唱平」

「作・曲」「三山 敏」

 

他人に きかれりゃ  

(「ひと」)

お前の ことを
年のはなれた 妹と

作り笑顔で  答える私
こんな苦労に キリつけて

たとえ ひと間の 部屋でよい
母と娘の  暮しが欲しい

 

〈 セリフ 〉

 

いくら なじんだ 水でも

年頃の娘のいる 左褄

(「ひだりづま・芸者のこと」)
住みにくう ございます
浮名を流した 昔もありましたが…
ああ  あのひと
私を残して  死んだ  

あの人を 恨みます

 

厚い化粧に  憂いをかくし
酒で涙を ごまかして

三味にせかれて  つとめる座敷

(「しゃみ」)
あれが子持ちの 芸者だと

バカにされても 夢がある
それはお前の  花嫁姿

 

〈 セリフ 〉

 

女の盛りは アッという間です

若い妓の  時代

(「わかいこ」)
もう 私はうば桜  出る幕ないわ
でも もう少し この花街に

私を置いて 下さい
せめてあの娘に いい花聟が

                     (「はなむこ」)

見つかります まで

 

何度死のうと  思ったことか
だけど背で泣く 乳呑児の

                    (「ちのみご」)

声に責められ  十年過ぎた
宵に褄とる  女にも

(「よいにつまつとる」)

きっといつかは  幸福が来ると
今日まで  信じて生きた

 

 

「備えあれば 憂い・なし」を

「英・語」で

 

 「Teer‘s no need to worry

    if you're prepared」と

 

 (「備えあれば 憂い・なし」)

 

 「言・う」そうです。

 

 

何気なく使っている言葉の意味

「大目玉 を・食う」

(「おおめだま を・くう」)

 

「皆さん」は

「大目玉 を・食う」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「大目玉 を・食う」の

「意・味」は

「下・記」だ。そうです。

 

・「大目玉 を・食らう」や

 「大目玉 を・頂戴する」

                (「ちょうだい」)

    と も

 「表 現・する」そうです。

 

 「い ず・れ」も

 「目上の 人・から」

 「酷く 叱ら・れる」と

 (「ひどく」)

 「い う・意味」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「大目玉 を・食う」の

「由・来」は

「下・記」だ。そうです。


・「大 目玉・とは」

 「酷く 怒っている・人」が

 「怒られて いる・人」を

 「睨み 付けた・時」の

 (「にらみ つけた」)

 

 「目」を

 「剥き 出しに・して」

 (「むき」)

 「大き く・なった」

 

 「目・玉」に

 「例え た・事」が

 「由・来」だ

    そうです。

 

「大目玉 を・食う」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ。そうです。

 

・「彼」は

 「大学生 の・時」

 「兄 の・車」を

 「槙塀 に・擦り」

 (「まきべい に・こすり」)

 

 「大目玉 を・食った」

 「事」が

 「忘れ られ・ない」

    そうだ。

 

・「友・人」は

 「取引 先・との」

 「商 談・時間」に

 「遅 刻・して」


 「部 長・から」

 「大目玉 を・頂戴した」

    そうだ。

 

「大目玉 を・食う」の

「類 義・語」を

「検 索・して」も

「ピン と・来」ません。

 

・「雷を 落とさ・れる」

   (「かみなりを おとさ・れる」)

 

・「目上の 人・から」

 「大・声」で
 「こっぴ・どく」

 「叱られ・る」と

 

 「い う・意味」の

 「慣 用・句」です。

 

「大目玉 を・食う」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「拍手喝采 を・浴びる」

   (「はくしゅかっさい を・

       あびる」)

 

・「手を 叩き・ながら」

 「大・声」で
 「ほめ たたえら・れる」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

 

「増位山 大志郎」は

(「ますいやま だいしろう」)

 

「車で おくると

   いわれた けれど

   奈実さん に 叱られる」の

「歌詞 が・ある」

 

「そんな女の ひとりごと」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1977・年」に

「リリース」

   し た

「8 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「増位山  大志郎」は

「1948 年・生まれ」で

「兵庫 県・姫路 市」

「出・身」の

 

「歌・手」

「元・力士」

   です。

 

「7 代目・増位山」の

    (「大・関」) 

「長男 と・して」

「誕・生」しました。

 

「日大 一中・高校」の

「時・代」は

「水 泳・部」に

「所・属」し

 

「インター・ハイ」
   に も

「出・場」しました。

 

「1967・年」

「19 歳の・時」に

「周囲 の・反対」を

「押 し・切り」

 

「父・親」が

「親方 を・務める」

三保ヶ関・部屋」に

「入・門」しました。

 

「1968・年」に

「父 の・四股名

          (「しこな」)

「増位山」を

「襲・名」しました。

 

「身 長・182  cm」

「体 重・116  kg」の

「均整 の・取れ」た

「細身 の・体型」で

 

「力士 と・して」は

「小柄 な・体格」

   でした。

 

「小 兵・ながら」

(「こ ひょう」)

「多彩 な・技」を

「駆 使・して」

「活・躍」し


「1980・年」

「31 歳・2 ヶ月」の

「時 に・当時」の
「史 上・最年長」で

 

大関 に・昇進」し

「史 上・初」の

「親 子・大関」が

「誕・生」しました。

 

「1981・年」

「33 歳の・時」に

「ケガ に・より」

「現役 を・引退」し

 

三保ヶ関・部屋」の
「親方 と・して」

「父 の・跡」を
「継・ぎ」ました。

 

「師匠 で・ある」

「父 親・から」

「相 撲・だけ」を

「やっ て・いて」は

 

「人・間」に

「幅 と・奥行き」が

「出てこな い・ので」

「何でも いい・から」


「やっ て・みて」

「芸を 身に・つけろ」と
「アドレス・され」

   ました。

 

「1972・年」

「十 両・力士」の

「時」に

「リリース・した」

 

「ファースト・シングル」

「いろは 恋歌」で

「歌 手・デビュー」

   しました。

 

「現 役・力士」の

「甘 い・歌声」に

「世間 の・人達」は

「驚・き」

 

オリコン・順位」は

「不 明・です」が

「スマッシュ・ヒット」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「そんな女の ひとりごと」

「そんな夕子に ほれました」

「男の 背中」等が

「有・り」ます。

 

「1974・年」に

「リリース・した」

「サード・シングル」

「そんな夕子に ほれました」が

 

「120・万枚」を

「セールス・して」

「ミリオン・セラー」を

「記 録・する」

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「1977・年」に
「リリース・した」

「8 th・シングル」

「そんな女の ひとりごと」も

 

「130・万枚」を
「セールス・する」

「ミリオン・セラー」を

「記 録・して」

 

「自 身・最大」の

「ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「1976・年」に

「おゆき」を

「リリース・して」

「大 ヒット・した」

 

「将・棋」の

「内藤 国雄」

「元・棋聖」と

「共・に」

 

「異 色・歌手」と

「呼 ば・れ」ました。

 

「2013・年」に

「日 本・相撲協会」を

「定 年・退職」

   しました。

 

「現 在・75 歳」

   です が

 

「ちゃんこ 鍋・店」を

「営 む・傍」で

      (「かたわら」)

「2022・年」に

 

「全曲集 を・発表」し

「歌 手・活動」も

「継続して・いる」

   そうです。

 

「私・生活」
   で は

 

「1973・年」

「23 歳の・時」に

「一般人・女性」と

「結・婚」し

 

「長男 と・長女」に

「恵ま れ・た」

   そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「増位山 太志郎」

「そんな女の ひとりごと

「作・詞」「木末 野奈」

「作・曲」「徳久 広司」

 

お店のつとめは  はじめてだけど
真樹さんの  紹介で
あなたの 隣りに 座った の
あそびなれてる  人みたい
ボトルの名前で  わかるのよ
そんな女の  ひとりごと

 

身体に毒だわ  つづけて飲んじゃ

(「からだ」)
ユミさんは  こないけど
10 時に電話が  入るわよ
あなた歌でも  唄ったら
少しは気持ちも はれる でしょう
そんな女の  ひとりごと

 

車でおくると いわれたけれど
奈美さんに  しかられる
あなたの浮気は  有名よ
ジンのにおいで  私まで
酔わせるつもりね  今夜また
そんな女の  ひとりごと

 

グレーの背広に  ラークのタバコ
ママさんの  いい人ね
身の上 ばなしを  したいけど
渋い笑顔に  どことなく
かなしい昔が  あるみたい
そんな女の  ひとりごと

 

 

※「大目 に・見る」

(「おおめ に・みる」)

 

「大目 に・見る」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「些細 な・欠点」や

 (「ささい」)

 「不 備・など」を

 「気 に・しない」で

 

 「寛大 に・扱う」と

 「い う・意味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「大目 に・見る」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「大 目・とは」

 「大き な・目」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「小さ な・事」に

 「こだ わ・らず」に
 「大き な・視点」で

 「物・事」を

 

 「見 る・事」が

 「由・来」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「大目 に・見る」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「上 司・には」

 「人 の・失敗」を

 「大目 に・見る」

 「寛 容・さ」が

 

 「有 る・ので」

 「部・下」に

 「尊 敬・され」て

    いる。

 

・「友・人」は

 「大概 の・事」は

 (「たいがい」)

 「許し て・来た」が

 

 「他人 を・傷つける」

 「様」な

 「無・神経」な

 「言 動・だけ」は

 

 「大目 に・見る」

 「事」は

 「出来 な・かった」

    そうだ。

 

「大目 に・見る」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「目 を・瞑る」

   (「め を・つぶる」)

 

・「相手 に・とって」

 「見ら れ・る」と

 「都合が 悪い・場面」を

 「目 撃・した」り

 

 「そう した・事実」を

 「知っ た・際」に

 「そ の・事実」

 「見 な・かった」

 

 「ある い・は」

 「知らな・かった」

 「事 に・する」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「大目 に・見る」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「重箱の 隅を・つつく」

   (「じゅうばこの すみを・

        つつく」)

 

・「重 箱・とは」

 「料理 を・詰める」

 「箱形 の・ふた付き」

 「容・器」です。

 

 「そ の・四隅」に

 「残った・食べ物」を

 「楊枝 で・つついて」

 (「ヨウジ」)

 「食べる 意味・から」

 

 「どうでも・いい」
 「様」な

 「細かい 事・ばかり」

 「取 り・上げ」て


 「口・うるさく」

 「指 摘・する」

 「事」を

 「例・え」た

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

 

ウルフルズ」は

 

「大目にみよう 大目にみよう

   敬語が できないくらい」の

「歌詞 が・ある」

 

「明日が あるさ」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2001・年」に

「リリース」

   し た

「21 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

ウルフルズ」は

「1988・年」に

「大阪 府・大阪 市」で

「結 成・した」

 

「男 性・4 人組」の

「ロック・バンド」

   です。

 

「1992・年」に

「リリース・した」

「ファースト・シングル」

「やぶれ かぶれ」で

 

「メジャー・デビュー」
   しました。

 

「同・曲」は

「全 く・売れず」

オリコン・圏外」

   でした。

 

「代 表・曲」に

 

「明日が あるさ」

「バンザイ〜好きでよかった〜」

「笑え れば」等が

「有・り」ます。

 

「以・後」も

「新・曲」を
「リリース・する」も

「全・く」

 

「売 り・上げ」が

「伸 び・ず」

「迷・走」しました。

 

「1995・年」に

「リリース・した」

「9 th・シングル」

「ガッツ だぜ !!」が

 

オリコン・6 位」と

「トップ 10入り・する」

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「そ の・際」

「歌詞 の・一部」が

「卑猥 と・して」

(「ひわい」)

 

「一・部分」の

「歌・詞」を

「変 更・して」

「歌・唱」しました。

 

「同・年」に

「リリース・した」

「サード・アルバム」

「バンザイ」が

 

「自 身・唯一」の

オリコン・1 位」で

「ミリオン・セラー」を

「記 録・する」

 

「大 ヒット・作」に

「成・り」ました。

 

「2001・年」に

「リリース・した」

「21 th・シングル」で

「坂本 九」の

 

「カバー・曲」

(「歌詞は 異なります」)

「明日が あるさ」が

「50・万枚」を

「セールス・して」

 

「自・身」の

「代 表・曲」の

「一・曲」に

「成・り」

「5 年・振り」に

「紅 白・歌合戦」に

「2 度・目」の
「出・場」を


「果 た・し」

   ました。

 

「2009・年」に

「グループ」の

「活 動・休止」を

「発・表」しました。

 

「2014・年」に

「グループ」の

「活 動・再開」を

「発・表」し

 

「6 年半・振り」の

「全 国・ツアー」と

「5 年・振り」の

「野 外・コンサート」

「ヤッサ!」を

「開・催」しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1996・年」の

「ガッツだぜ!!」と

「2001・年」の

「明日が あるさ・

   新世紀 スペシャル」で

 

「通 算・2 回」

「出・場」しました。

 

 

ウルフルズ

「明日が あるさ」

「作・詞」「青島 幸男」

「作・曲」「中村 八大」

 

明日があるさ  明日がある
若い僕には  夢がある
いつかきっと  いつかきっと
わかって くれるだろう
明日がある  明日がある

明日が  あるさ

 

会社をおこした  奴がいる
会社に残った  オレが いる
あせること  ないさ

あせること  ないさ
自分に  言いきかす
明日がある  明日がある

明日が  あるさ

 

新しい上司は  フランス人
ボディー ランゲージ も

通用  しない
これは  チャンス

これは  チャンス
勉強  しなおそう
明日がある  明日がある

明日が  あるさ

 

ある日突然 考えた
どうして オレは

がんばって いるんだろう
家族のため?  自分のため?
答えは 風の中
明日がある 明日がある

明日が あるさ

 

近頃の 若いやつはと

よく言う けれど
自分の頃より  だいぶまし
大目にみよう  大目に見よう
敬語ができないくらい
明日がある 明日がある

明日が あるさ

 

明日があるさ 明日がある
若い僕には 夢がある
いつかきっと いつかきっと
わかって くれるだろう
明日がある 明日がある

明日が あるさ

 

 

「大目玉 を・食う」を

「英・語」で

 

 「eat a big eyeball」と

 

 (「大目玉 を・食う」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「瓜・二つ」
(「うり・ふたつ」)

「皆さん」は

「瓜・二つ」
   と、いう

 

「ことわざ」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?


「瓜・二つ」の

「意・味」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「親・子」や

 「きょうだい・など」
 「血縁の ある・人」の

 「外・見」が

 

 「ソックリ」で

 「よく 似て・いる」

 「事」を

 「表 現・する」


 「ことわざ」で

 「人 で・無く」

 「品物が 似て・いる」

 「事 に・対し」て

 

 「用いる・のは」

 「誤・用」だ

    そうです。

  

「瓜・二つ」の

「由・来」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「瓜・とは」

 「マクワ・ウリ」を

 「指・す」
    そうです。

 

 「一つ の・瓜」を

 「縦半分 に・切る」と

 「そ の・切り口」は

 「とて良く 似て・いて」

 

 「区別が つかない・程」

 「似ている・様子」を

 「親・子」や
 「きょう・だい」に

 

 「例えた・事」が

 「由・来」の
 「ことわざ」だ

    そうです。

 

 「野菜 や・果物」の

 「切 り・口」は

 「左右対称・です」が

 「瓜が 選ばれた・のは」

 

 「昔」は

 「瓜が 庶民に・とって」

 「ポピュラー」な

 「食 べ・物」で

 「その 身近さ・から」

 「ソックリ な・事」を

 「瓜 に・例えた」と

 「言 わ・れて」います。

 

「瓜・二つ」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「彼 と・お兄さん」は

 「子供 の・頃」

 「顔・立ち」は

 「瓜・二つ」で


 「ソックリ・だった」が

 「性・格」は
 「正 反対・だった」

    そうだ。


・「彼・女」は

 「初 め・て」

 「彼 の・家」に

 「挨拶に 行った・時」

 

 「お父さん と・彼」が

 「瓜二つ だった・ので」

 「驚 い・て」

    しまった。

 

「瓜・二つ」の

「類 義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「生 き・写し」

   (「いき・うつし」)

 

・「特定 の・人」の

 「見た目 や・仕草」

 「等 に・関し」て

 「別 の・人」と

 

 「全 く・同じ」と

 「感じる・程」に

 「似 て・いる」と

 「い う・意味」の

 

 「慣 用・句」で

 「血縁 の・ある」

 「人 に・限って」
 「用 い・られ」ます。

 

「瓜・二つ」の

「対 義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「似ても 似つか・ない」

   (「にても につか・ない」)

 

・「二人 を・見比べ」た

 「場・合」に

 「姿・形」が

 「全く 似て・いない」と

 

 「い う・意味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 

「中村 雅俊」は

(「なかむら まさとし」)

 

「港の街に よく似た

   女が いて」の

「歌詞 が・ある」

 

「恋人も濡れる 街角」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1982・年」に

「リリース」

   し た

「17 th・シングル」で

 

「東 映・映画」

「蒲田 行進曲」の

(「かまた こうしんきょく」)

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

 

オリコン・5 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「中村 雅俊」は

「1951 年・生まれ」で

「宮城 県・牡鹿 郡・

   女川 町・出身」の

 

「俳・優」

「歌・手」

「タレント」

「司 会・者」です。


「地・元」の

「県・立」

石巻高等・学校」

「在 学・時」は

「182・cm」の

「長・身」を
「生 か・し」て

「バスケットボール・部」に

 

「所・属」し

「活・躍」しました。

 

「外 交・官」の

「職・業」に

「憧 れ・て」

「都内 の・国立大学」

 

「東京外国語・大学」

「国際社会・部」
   へ の

「進学 を・目指」し


「地・元」の

「東 北・大学」

   へ の

「進学を 希望・する」

 

「母・親」と

「進路 に・ついて」
「対・立」しました。

 

「結・局」
「東京外国語・大学」を

「受 験・する」も

「失・敗」し

 

「1 年 浪人・して」

慶應義塾・大学」

「経 済・学部」に

「進・学」しました。

 

「大 学・在学 中」に

文学座附属 演劇・

   研究所」に

「入・所」し

 

「大 学・卒業」と

「同・時」に

「文 学・座」に

「入・団」しました。

 

「1974・年」
「23 歳の・時」に
「日 本・テレビ 系」で
「放 送・され」た

 

「青 春・ドラマ」

「われら 青春」の

「主・役」に
「新 人・ながら」

 

「抜 擢・され」て

「俳 優・デビュー」し

「茶の間 の・人気」を

「獲・得」しました。

 

「同・年」に

「同・番組」の
「挿 入・歌」と

「成 っ・た」


「ファースト・シングル」

「ふれあい」で

「歌 手・デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

オリコン・1 位」で

「ミリオン・セラー」を

「記 録・する

 

「大 ヒット・曲」に
「成・り」

「一躍 に・して」

「トップ・スター」の

 

「座」に

「上 り・詰め」

   ました。

 

「代 表・曲」に

 

「俺たちの 旅」

「恋人も 濡れる街角」

「ふれあい」等が

「有・り」ます。

 

「1975・年」に

「小椋 佳・から」

「楽・曲」の

「提供 を・受け」

 

「自身 が・主演した」

「テレビ・ドラマ」

「俺たちの 旅」の

「主 題・歌」に

   

「起 用・され」

「リリース・した」

「4 th ・シングル」

「俺たちの 旅」と

 

「1982・年」に

「桑田 佳祐・から」

「楽・曲」の

「提供 を・受け」

 

「松 竹・映画」

「蒲田 行進曲」と

「テレビ・ドラマ」

「おまかせ ください」の


「主 題・歌」に

「起 用・され」た

「17 th・シングル

「恋人も 濡れる 街角」が

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「1985・年」

「34 歳の・時」に

「文 学・座」を

「退・団」し

 

「以・後」は
「司会 や CM・にも」

「進・出」し
「マルチ な・才能」が

 

「広 く・世に」

「知 れ・渡り」

   ました。

 

「俳・優」と

   して は

 

「1970 年代 〜

   2010 年代」の

「5 世代の・長き」に

「亘・り」

 

「多くの・映画」や

「テレビ・ドラマ」で

「主 人・公」を

「演・じ」ました。

 

「現 在・73 歳」

   です が

「デビュー・以来」
「現・在」も

 

「毎・年」

「定 期・的」に

「コンサート・ツアー」を

「敢・行」し

 

「そ の・数」は

「累・計」で

「1,500・回」を

「超・え」

 

「い ず・れ」の

「コンサート」も

「大き な・成功」を

「収 め・て」います。

 

「私・生活」

   で は

 

「1977・年」
「26 歳の・時」に

「1 才・年下」で

「清純派・女優」の

 

「五十嵐 淳子」と
(「いがらし じゅんこ」)

「結・婚」し

「一男・三女」の

 

「子・宝」に

「恵・まれ」ました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1982・年」の

「心 の 色」と

「2012・年」の

「花は 咲く」で

 

「通 算・2 回」

「出・場」しました。

 

 

「中村 雅俊」

「恋人も濡れる 街角」

「作・詞」「作・曲」

「桑田 佳祐」

 

不思議な恋は  女の姿をして
今夜あたり  訪れるさ
間柄は 遠いけど
お前とは  OK  今すぐ

YOKOHAMA じゃ 今

乱れた恋が 揺れる
俺とお前の  まんなかで
触るだけで 感じちゃう
お別れの  Good-night

言えずに


ああ つれない そぶりさえ
よく見りゃ愛しく  思えてく
ただ一言で いいから
感じたままを 口にしてよ
愛だけが  俺を迷わせる
恋人も  濡れる街角

 

港の街に よく似た 女がいて
シャイな メロディ 口ずさむよ
通り過ぎりゃ いいものを
あの頃の  Romance  忘れず
ああ ときおり 雨の降る
馬車道あたりで 待っている
もうこのままで いいから
指先で俺を いかせてくれ


愛だけが  俺を迷わせる
恋人も濡れる 街角
女なら くるおしいままに
恋人も  濡れる街角

 

 

※「二 つ・返事」

  (「ふたつ・へんじ」)

 

「二 つ・返事」の

「意・味」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「ためらい・無く」

 「すぐに 承知・する」と
 「い う・意味」の
 「慣 用・句」で

 

 「決 し・て」
 「しぶしぶ・承諾する」と
 「いう 意味・では」

 「有・り」ません。

 

 「昔・から」

 「ハイ は・1 回」と

 「言われ て・おり」

 「ハイ、ハイ」と

 

 「二回 返事を・する」と

 「失礼 に・当たる」と

 「教えられて・きた」

  の で

 

 「誤った・意味」で
 「使 い・がち」です。

 

「二 つ・返事」の

「由・来」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「二つ返事・とは」

 「ハイ」を

 「二回 重ねた・返事」

 「ハイ、ハイ」の

 

 「事 を・指す」
    そうです。

 

 「依頼された・時」

 「ハイ、ハイ」と

 「勢 い・よく」

 「承諾する 事・から」

 「躊 躇・せず」に

 「すぐ 承知する・事」と
 「い う・意味」で

 「使われる・様」に

 

 「成った・事」が

 「由・来」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「二 つ・返事」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「友・人」は

 「求 婚・した」ら

 「彼・女」は

 「二 つ・返事」で

 

 「O・K」と

 「返事して・くれる」と
 「思っていた・のに」

 「彼・女」は

 

 「下 を・向いて」

 「はにかんだ」

 「笑み を・浮かべ」

 「曖・昧」な


 「態度を取った・ので」

 「短気 を・起こし」て

 「別 れ・よう」と
 「言 い・残し」て

 

 「先・に」

 「帰って・しまった」

    そうだ。

 

・「彼・女」は

 「人が 良い・ので」

 「頼 ま・れる」と

 「何 時・でも」

 「二 つ・返事」で

 「気持ち・良く」

 「引 き・受け」て
    くれる。

 

「二 つ・返事」の

「類 義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「快・諾」
   (「かい・だく」)

 

・「快・く」
 (「こころよく」

 「聞き入れる・事」や

 「気持ち・よく」

 

 「承 諾・する」と

 「い う・意味」の

 「二 字・熟語」だ

    そうです。

 

「二 つ・返事」の

「対 義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「生・返事」
   (「なま・へんじ」)

・「生・とは」

 「い い・加減」や

 「中 途・半端」と

 「い う・意味」で

 

 「生返事・とは」

 「曖昧に 返事・したり」

 「気乗り・しない」で
 「いい 加減な・返事」を

 

 「繰 り・返す」と
 「い う・意味」の

 「三文字・熟語」だ

    そうです。

 

 

「一青 窈」は

(「ひとと よう」)

 

「二つ返事が できるのなら

「うん」と 甘えたいな」の

「歌詞 が・ある」

 

「冬 め く」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2010・年」に

「リリース」

   し た

「15 th・シングル」で

 

「日 本・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「情 報・番組」

スッキリ!!」の

 

「エンディング・

   テーマ 曲」と

「テレビ・東京 系」で

「放 送・され」た

「音 楽・番組」

 

「JAPAN COUNT DOWN」の

「オープニング・

   テーマ 曲」に

「起 用・され」て

 

「ヒット・曲」に
「成・り」ました。

 

「一青 窈」は

「1976 年・生まれ」で

「台 湾・出身」の
「歌・手」

 

「作 詞・家」

「女・優」です。

「台湾人 の・父」と

「日本人の 母・との」
「間・に」
「生 ま・れ」

 

「一 青」は

「母方 の・姓」で

「全国 に・およそ」

「30 人・いる」そうです。

   

「幼稚園 卒園・後」に

「父」を

「台湾 に・残し」て

「日・本」で


「母親 と・姉」と

「共」に

「暮 ら・し」

   ました。


「神奈川県 に・在する」

「私立 の・共学校」

「森村 学園」に

「入・園」し

 

「高校卒業・後」は

慶應義塾 大学・
   環境情報 部」に
「進・学」しました。

 

「大学卒業・後」に
「福 祉・イベント」で

「歌っている・ところ」を

「スカウト・され」て

 

「芸能界・入り」

   しました。

 

「2002・年」に

「リリース・した」

「ファースト・シングル」

「もらい 泣き」で

 

「歌 手・デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

オリコン・4 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「レコード・大賞・

   新人賞 を・受賞」し

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

「代 表・曲」に

 

ハナミズキ

「かざぐるま」

「もらい 泣き」等が

「有・り」ます。

 

「同・年」に

「リリース・した」

「ファースト・アルバム」

「月 天 心」が


「大・ブレイク」し

「一 流・歌手」の

「仲 間・入り」を

「果 た・し」ました。

 

「2004・年」に

「リリース・した」

「5 th・シングル」
ハナミズキ」が

 

「大・ヒット」し

「自身 の・代表曲」の

「一・曲」に
「成・り」

 

「同・曲」で

「紅 白・歌合戦」に

「3・回」

「出・場」しました。

 

「同・年」に

「松 竹・映画」

「珈琲 時光」で

(「コーヒー じこう」)

「主 演・して」

 

「女 優・デビュー」し

「日本・アカデミー賞

   新人 女優賞」を

「受・賞」しました。


「私・生活」

   で は

 

「2015・年」
「37 歳の・時」に

「妊 娠・4ヶ月」の

「授かり・婚」で

 

「2 才・年上」の

「ギタリスト」

「山口 周平」と

「結・婚」し

「同・年」に

「第一子・長男」

「2017・年」に

「第二子・長女」

 

「2019・年」に

「第三子・二女」が

「各・々」
「誕・生」しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2003・念」の

「もらい 泣き」〜

「2008・年」の

「はじめて」まで

 

「通 算・5 回」

「出・場」しました。

 

 

「一青 窈」

「冬 め く」

「作・詞」「作・曲」
「小林 武史」

 

夜は左手で はじまりました。


彼はTAXIで 仕掛けてきました
何きっかけに あたしは
ぐっと もたれちゃったの
遠回り したいの
握り 返して
送り届けたら 終るの?
二つ返事が できるのなら
「うん」と甘えたいな 

今日は


あなたと あたしが

恋人になる 予感
まだまだ 知りたいのに
おあずけ されたいのに

 

確信は ないけど
バランス とって
ものの見事に 女にもなって
心に フリルを つけた


後はどういう 変化球?


無駄歩きじゃ ないの 全部
ときめくの 邪魔をしないでね


あたしもう

はじまっちゃってるの


サンタクロースにも なれる

あなたとあたしが

物語に なるまで
まだまだ  話せなくて
今でも 危うくて
んんん
冬めく街ごと

あたしを 後押しして
わざと くっついてたの


想い 巻き戻しても
ちゃんと あなたに

優しく できてますか

 

あなたと あたしが

永遠続く 時間
いつでも 触れていたい
冬めく 街ごと
あなたと あたしが

恋人になる 予感
今も ときめいてたい
季節が 過ぎても

愛してる あいしてる 

あいしてる


これ以上の 想い

 

 

「瓜・二つ」を
「英・語」で

 「Just like」と

 

 (「瓜・二つ」)

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「海老で 鯛を・釣る」

(「えびで たいを・つる」)

 

「皆さん」は

「海老で 鯛を・釣る」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか。

 

「海老で 鯛を・釣る」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「エビ・とは」
 「魚を 釣る時に・使う」

 「安・価」な

 「小エビ の・事」で

 「わずか な・負担」を

 「元手 に・して」

 「小さな 投資や・労力」で

 「大きく 利益を・得る」と

 

 「い う・意味」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「海老で 鯛を・釣る」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。


・「安・価」な

 「小・エビ」を

 「エサ に・して」

 「高級魚 の・タイ」を

 

 「釣 り・上げる」

 「事 が・由来」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「海老で 鯛を・釣る」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「サラリーマン・時代」

 「海老で 鯛を・釣る」

 「様」な

 

 「上手い・話」は
 「絶対 に・無い」と

 「信じていた・ので」
 「何・時」も

 「コツコツ」と

 「地道 な・努力」を

 「続けて・いた」

    そうだ。

 

・「彼・女」は
 「バレンタイン・デー」に
 「皆 と・同じ」に

 「先・輩」に

 

 「義 理・チョコ」を
 「渡 し・た」ら

 「喜んで・くれて」

 「ホワイトデー」に

 「ブランド・バッグ」を

 「プレゼント・され」

 「海老で 鯛を・釣った」

 「気分 に・なり」

 

 「丁重 に・断った」

    そうだ。

 

「海老で 鯛を・釣る」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「濡れ手で・粟」

   (「ぬれてで・あわ」)

・「イネ科 の・穀物

 「粟」を

 「濡れた 手で・触る」と

 「自・然」と

 「粟・粒」が

 (「あわつぶ」)
 「くっついて・くる」

 「事 が・由来」で

 

 「苦労 を・せず」に

 「多く の・利益」を

 「得 る・こと」

    と、いう

 

 「意・味」の
 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「海老で 鯛を・釣る」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「骨折り損の くたびれ・儲け」

   (「ほねおりぞんの くたびれ・

       もうけ」)

 

・「骨折り損・とは」

 「せっかく の・苦労」が

 「無駄になる・事」と

 「い う・意味」で

 

 「くたびれ 儲け・とは」

 「疲労を 得た・事」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「骨折り損の くたびれ・儲け」

    と は

 「せっかく 苦労を・したのに」

 「得たものは 疲労・だけ」と

 

 「い う・意味」の

 「ことわざ」で

 「無駄 な・事」を

 「し て・しまった」と

 

 「後悔 の・気持ち」を

 「表 す・際」に

 「用いら・れる」

 「表・現」だ、そうです。

 

 

「太田 裕美」は

(「おおた ひろみ」)

 

「みんなで 釣りへでも

   行きなよ」の

「歌詞 が・ある」

 

「君と歩いた 青春」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1981・年」に

「リリース」

   し た

「21 th・シングル」で

 

「フォーク・グループ」

「風 の・カバー曲」で

「ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「太田 裕美」は

「1955 年・生まれ」で

「東京 都・荒川 区」

「出・身」の

 

「シンガーソング・

   ライター」です。

 

「小 学・3 年生」の

「時」に

「家 庭・教師」を

「迎・え」て

 

「ピアノ」を

「習 い・始め」

「コーラス・部」に

「所・属」しました。

 

「1967・年」に

「私・立」

上野学園・中学」

「音声 指導・科」

 

「声 楽・科」に

「進・学」しました。

 

「中 学・3 年生」の

「時」に

「友・人」の

「代 わ・り」に

 

「スクール・メイツ」の

「オーディション」を

「受・け」て

「合・格」し

 

「学校 に・内緒」で

「タレント・養成所」

「東京 音楽・学院」に

「入・学」しました。

 

「1972・年」

上野学園・高校」

「3・年生」の

「時」に

 

NHK 」の

「音 楽・番組」

「ステージ・101」の

「レギュラー・グループ」

「ヤング・101」の

「オーディション」に

「合・格」し
「同・番組」に

 

「レギュラー 」と

   し て

「出・演」しました。

 

「1973・年」に

「テレビ・朝日 系」の

「オーディション」

「番・組」

 

「スター・オン・ステージ・

   あなたなら OK」で

「グランプリ」を

「獲 得・して」

 

「音 楽・事務所」に

「スカウト・され」

「芸能界・入り」

   しました。

 

「1974・年」

「19 歳の・時」に
「リリース・した」

「ファースト・シングル」

 

「雨 だれ」を

「ピアノ・弾き語り」で

「歌 唱・して」

「メジャー・デビュー」し

 

「レコード・大賞・
   新人 賞」を

「受・賞」

   しました。

 

「代 表・曲」に

 

「木綿の ハンカチーフ」

「九月の 雨」

「赤い ハイヒール」等が

「有・り」ます。

 

「1975・年」に

「リリース」

   し た

「4 th・シングル」

 

「木綿の ハンカチーフ」が

「ミリオン・セラー」を

「記 録・して」

オリコン・2 位」で

 

「自 身・最大」の

「ヒット曲 に・なり」

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。


「当・時」は

「アイドル・歌手」の

「様」な

「扱い を・受け」

 

「学 園・祭」に

「多 数・出演」し

「学 園・祭」の

「女・王」の

 

「異・名」を

「取・り」ました。

 

「木綿の ハンカチーフ」は

「現 在・でも」

「幅広 い・世代」の

「人 達・から」

 

「深 い・愛着」と

「思 い・入れ」を

「寄 せ・られ」て

「老 若・男女」

 

「多く の・ファン」に

「愛されて・いる」

   そうです。

 

「1977・年」に

「リリース・した」

「9 th・シングル」

「九月の 雨」が

 

「大・ヒット」し

「2 回・目」の
「紅 白・出場」に

「於 い・て」は

 

キャンディーズ

「山口 百恵」

桜田 淳子」が

「各・々」

 

「傘を 差し・ながら」

「バック・ダンサー」を
「務・め」ました。

 

「1982・年」に

「歌 手・活動」を

「一 時・休業」し

「語学 習得の・為」に

 

「ニューヨーク」に

「8 ヶ月・間」

「単 身・留学」

   しました。

 

「現 在・69 歳」

   です が

 

「ライブ」や

「ディナー・ショー」

「テレビ・出演」を

「中・心」に

 

「現役 と・して」

「第・一線」で

「活躍 して・いる」

   そうです。

 

「私・生活」

   で は

 

「1985・年」

「30 歳の・時」に

「1 歳・年上」で

「実 業・家」

 

「音 楽・プロヂューサー」

「ディレクター」の

「福岡 智彦」と

「結・婚」し

 

「1989・年」に

「第一子・長男」が

「1991・年」に

「第二子・二男」が

 

「各・々」

「誕・生」しました。

 

「2019・年」

「64 歳の・時」に

「乳・ガン」が

「見つか・る」も

 

「手術 に・より」

「完 治・した」

   そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1976・年」の

「木綿の ハンカチーフ」〜

「1980・年」の

「南 風・SOUTH WIND」まで

 

「5 年・連続」で

「出・場」しました。 

 

 

「太田 裕美」

「君と歩いた 青春」

「作・詞」「作・曲」

「伊勢 正三」


君が どうしても
帰ると いうのなら

もう止めは しないけど

心残りさ  少し

幸せに 出来なかった事

 

故郷へ 帰ったら 

(「くに」)

あいつらに 会うといいさ

よろしく 伝えてくれ

きっと又  昔のように

みんなで 楽しくやれるさ

 

みんないい奴 ばかりさ

僕とは 違うさ

そして あの頃と 同じように

みんなで 釣りへでも 行きなよ

 

ケンカ早い 奴もいた

涙もろい 奴もいた

みんな 君の事が

好きだったん だよ

 

本当は あいつらと

約束 したんだ

抜けがけは しないとね

バチ当りさ  僕は

だけど本当さ 愛していたんだ

 

きれいな 夕焼け雲を

憶えて いるかい

君と始めて 出逢ったのは

僕が一番 最初 だったね

 

君と歩いた 青春が

幕を 閉じた

君は なぜ

男に生まれて こなかったのか

 

 

※「水を 得た・魚」

   (「みずを えた・うお」)

 

「水を 得た・魚」の

「意・味」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「自・分」に

 「ふさわしい・場所」や

 「得意 な・分野」の

 「仕事 を・得て」

 

 「生 き・生き」と

 「活躍して・いる」
 「様・子」と
 「い う・意味」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「水を 得た・魚」の

「由・来」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「三国志 の・中」で
 「劉備 玄徳」が

 (「りゅうび げんとく」)

 「三顧 の・礼」を

 (「さんこ の・れい」)

 「尽くして・迎え」た

 

 「諸葛公明 に・ついて」
 (「しょかつ こうめい」)

 「部・下」の

 「関羽や・張飛」に
 (「かんう や・ちょうひ」)

 「対 し・て」

 

 「言った と・される」
 「言・葉」で

 「ふさわしい・場所」を

 「得・て」

 

 「活 躍・する」と

 「い う・意味」で

 「用 い・られ」た

    そうです。

 

「水を 得た・魚」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は
「下・記」だ、そうです。


・「趣・味」で
 「畑・仕事」に

 「熱中 して・いる」

 「時」の

 

 「彼」は

 「あた か・も」

 「水を 得た・魚」の

 「様」に

 

 「生 き・生き」と

 「躍 動・して」

    いる。


・「友・人」は
 「自分 の・特技」を

 「生 か・せる」

 「新しい 部署に・移り」

 

 「水を 得た・魚」の

 「様」に

 「人 の・何倍」も

 「働 い・て」いる。

 

「水を 得た・魚」の

「類 義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「適 材・適所」

   (「てきざい・てきしょ」)

・「事業 や・組織」の
 「ニーズ に・対し」て

 「人的資源 の・最適化」を

 「実現 する・事」で

 

 「適 材・適所」に

 「なっているか・どうか」で

 「その 組織の・仕事」の

 「効率性 や・意思決定」の

 

 「有効性 が・決まる」と

 「言われて・いる」

    そうです。

 

「水を 得た・魚」の

「対 義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「陸に 上がった・河童」

   (「おかに あがった・かっぱ」)

 

・「水の中・では」

 「泳ぎ が・得意」な

 「河 童・でも」

 「陸」に
 (「おか」)

 

 「上がって・しまう」と
 「何も 出来・なく」

 「成って・しまう」

 「事 が・由来」で

 

 「能力の 高い人・でも」

 「自分 に・適し」た

 「環境 から・離れる」と

 「本来 の・力」を

 

 「発揮する 事が・出来ず」

 「無能に なって・しまう」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

 

「山下 達郎」は

(「やました たつろう」)

 

「生き生きと している

   眩しさが 好きだよ」の

(「まぶしさ」)

「歌詞 が・ある」

 

「DREAMING GIRL」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1996・年」に

「リリース」

   し た

「29 th・シングル」で

 

NHK・テレビ」

「連続 テレビ・小説」

「ひまわり」の

「主 題・歌」に

 

「起 用・され」て

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「山下 達郎」は

「1953 年・生まれ」で

「東京 都・豊島 区」

「出・身」の

 

「シンガー・ソング・
   ライター」

「ミュージシャン」

   です。

 

「都・立」
「竹早・高校」を

(「たけはや」)

「卒 業・後」

 

「1 年・浪人」し

「明治・大学」

「法・学部」に
「進 学・する」も

 

「わずか・3 ヶ月」で

「中・退」しました。

 

「大学 中退・後」に

「アマチュア・バンド」

シュガー・ベイブ」に

「加・入」しました。

 

「1975・年」

「22 歳の・時」に

「リリース・した」

「ファースト・シングル」 

 

「DOWN TOWN」で

「ソロ・デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

「200 位・以下」で

オリコン・圏外」

   でした。

 

「代 表・曲」に

 

「クリスマス・イヴ」

RIDE ON TIME

「さよなら 夏の日」等が

「有・り」ます。

 

「1980・年」に

「リリース・した」

「7 th・アルバム」

RIDE ON TIME」が

 

「自 身・初」の

オリコン・1 位」の

「大ヒット・作」に

「成・り

 

「アルバム・から」

「カット・した」

「シングル・曲」

RIDE ON TIME」が

 

「日 本・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

「警 視・K」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「デビュー・4 年目」に

   し て

「ブレイク」しました。

 

「1983・年」に

「リリース・した」

「12 th・シングル」

「クリスマス・イブ」が

 

「J R・東海」の

「クリスマス」

「キャンペーン・曲」に

「採 用・され」て

 

「シングル・曲」で

「自 身・唯一」の

オリコン・1 位」に

「成・り」

 

「以・後」

クリスマス・ソング」の

「定 番・曲」に

「成・り」ました。

 

「アルバム」

   で は

 

「36・作品」の

「アルバム・作品」を

「リリース・して」

「内・11 作品」が

 

オリコン・1 位」に

「成 っ・て」います。

 

「現 在・71 歳」

   です が

 

「2023 年・7 月」に

「リリース・した」

「53 th・シングル」

「Synk Of Summer」が

 

オリコン・5  位」に

「成・る」等

「現 役・にて」

「第・一線」で

 

「活 躍・して」

   います。

 

「私・生活」

   で は

 

「1982・年」

「29 歳の・時」に

「2 才・年下」で

「同 じ・く」

 

「シンガーソング・
   ライター」の

「竹内 まりや」と

「結・婚」し

 

1984・年」に

「第一子・長女」が
「誕・生」

   しました。

 

「二・人」は
「超 の・付く」

「おしどり・夫婦」

   と、して

 

「知られて・いる」

   そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「家族との・時間」を

「大切 に する・為」に

「テレビ・には」

「一・切」

 

「出演 しない・との」

「ポリシー・より」

「出 場・歴」は

「有・り」ません。

 

 

「山下 達郎」

「DREAMING GIRL」

「作・詞「松本 隆」

「作・曲「山下 達郎」

 

君が跳んだ 水たまりへと
街の翳が 雪崩れてゆくよ

(「まちのかげ」)
不意に微笑う ただそれだけで
胸の棘が 抜ける気がする

(「とげ」)

 

手のひらの上に 太陽を乗せて
心の暗がり 照らし出しておくれ

 

Dreaming Girl Dreaming Girl
雨上がりの 少女
Dreaming Girl  君と
めぐり逢えた 素敵な奇跡

 

孤独だった 無数の夜が
白い朝に溶けて 消えてく
そして今は 隣りに君の
蜜のような 息を感じる

 

どんなカメラにも 写せない君の
生き生きとしてる 眩しさが好きだよ

 

Dreaming Girl Dreaming Girl
陽だまりの まなざし
Dreaming Girl  ぼくは
君をめぐる 青い惑星

 

さりげない日々に 沈んできらめく
真実のかけら そっと見せておくれ

 

Dreaming Girl Dreaming Girl
風にそよぐ 髪に
Dreaming Girl Dreaming Girl
天使の輪が 光る
Dreaming Girl Dreaming Girl
雨上がりの 少女
Dreaming Girl  君と
めぐり逢えた 素敵な奇跡
めぐり逢えた 素敵な奇跡

 

Dreaming Girl Dreaming Girl
Dreaming Girl Dreaming Girl
Dreaming Girl Ah Ah Ah Ah Uh…

 

 

「海老で 鯛を・釣る」を

「英・語」で

 「cach sea bream with shrimp」と

 

 (「海老で 鯛を・釣る」)

 

 「言・う」そうです。