何気なく使っている言葉の意味

「二枚舌 を・使う」

(「にまいじた を・つかう」)

 

「皆さん」は「二枚舌 を・使う」と、いう
「ことわざ」を「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?。

 

「二枚舌 を・使う」の「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「あたかも」「舌」が「2 枚・ある」かの 様 に

「それ・ぞれ 」の「舌」が「違 う・話」を

「して・いる」と「感じ た・時」に

「使 ・う」「言・葉」だ、そうです。

 

「以 ・前」に「言っ て・いた」事 と

「違 う・事」を「言っ て・いる」と

「感じ た・時」に「使・う」

「言・葉」だ、そうです。

 

「1つ の・物事」に、つい て

「手 の・ひら」を「返 し・た」様 に

「矛・盾」(「む・じゅん」) し た

「話 を・する」事 の

「たとえ」だ、そうです。

 

「二枚舌 を・使う」と は

「簡・単」に「言・う」と

「嘘 を・つく」「行・為」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「話 す・相手」に、より

「話 の・内容」を「変 え・る」事 も

「二枚舌 を・使う」「人」の

「特・徴」だ、そうです。

 

「勘・違い」や「言・い」「間・違い」で

「以・前」に「言っ・た」「内・容」を

「覆・す」(「くつがえ・す」)

「場・合」に は

 

「悪・意」は「無・い」の で

「二枚舌 を・使う」と は

「言 わ・ない」そうです。

 

「二枚舌 を・使う」の「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「二枚・舌」は「仏・教」で は

「下・記」⑦  の

「両・舌」(「りょう・ぜつ」) と も

「呼 ば・れる」そうです。

 

「両・舌」は「仏・教」の

「教・え」に、ある

 

「1 0 の・罪悪」(「十・悪」) の

「一 ・つ」で「由・来」に

「成っ・た」そうです。

 

「十・悪」と は「以・下」の

「罪」だ、そうです。

 

①「殺・生」(「せっ・しょう」)

・「生 き・物」を「殺・す」事

 

②「偸・盗」(「ちゅう・とう」)

・「他人 の・物」を「盗・む」事

 

③「邪・淫」(「じゃ・いん」)

・「配偶・者」で「無・い」「異・性」と

 「性・行為」を、する 事


④「妄・語」(「もう・ご」)

・「嘘」を「付・く」」事

 

⑤「綺・語」(「き・ご」)

・「言・葉」を「飾 り・立て」て

 「偽・る 」(「いつわ・る」) 事

 

⑥「悪・口」(「あっ・く」)

・「人」を「罵・り」(「ののし・り」)

 「悪・口」(「わる・くち」) を

 「言・う」事

 

⑦「両・舌」(「りょう・ぜつ」)

・「嘘」を「付・く」に

 「止 ま・らず」(「とど ま・らず」

 「相・手」に、より「話」の

 「内・容」を「変 え・る」事

 

⑧ 「瞋・恚」(「しん・い」)

・「憎・み」(「にく・み」)

 「恨・む」(「うら・む」)  事

 

⑨「邪・見」(「じゃ・けん」)

・「誤っ・た」「見・方」

 「考 え・方」」を、する 事

 

⑩「貪・欲」(「どん・よく」)

・「欲・深い」(「よく・ぶかい」) 事

 

「二枚舌 を・使う」の「代表・的」な

「使用・例」は「下・記」だ、そうです。

 

・「二枚・舌」ばか り「使っ て・いる」と

 「相・手」に「して・くれ る」「人」が
 「い な・く」なるぞ。

 

・「彼」は「二枚・舌」を「使・い」

 「上・司」と「部・下」と で

 「言 う・事」が「異っ・て」いる。

 

「二枚舌 を・使う」の「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「虚・言」

 (「きょ・げん」)

 

 「他・人」を「あざむ・く」為 の

 「う そ」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

・「舌 先・三寸」

 (「した さき・さんずん」)

 

 「口先・だけ」で「誠実・さ」に
 「欠 け・る」「物・言い」で

 

 「相・手」を「だま・し」

 「言 い くる・める」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

・「風 見・鶏」
 (「かざ み・どり」)

 

 「風 見・鶏」は「西・洋」で は

 「屋根 の・上部」等 に

 「日・本」で は

 「人 が・集まる」「場・所」等 に

 

 「設置・され」る「事 が・多い」

 「風 向・計」で

 「風 見・鶏」の「向 く・方向」に、より

 「風 向・き」が「分 か・り」ます。

 

 「風見・鶏」は「元・々」は
 「風 に・向かって」

 「雄々・しく」(「おお・しく」)

 「立・つ」と、いう

 

 「肯 定・的」(「こう てい・てき」) な

 「意・味」を「持・つ」

 「言・葉」と、して

 「用 い・られ」た、そうです。

 

 「しかし」「現・代」で は

 「定・見」を「持 た・ず」

 「自分 に・とって」

 「都合 の・良い 人」に「な び・く」

 

 「優柔・不断」な「人」

 (「ゆうじゅう・ふだん」)

 「日和 見・主義 者」と、いう

 (「ひより み・しゅぎ しゃ」) 

 

 「否定・的」な「意 味・合い」で

 「用 い・られ」て、いる そうです。

 

「二枚舌 を・使う」の「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「誠・実」

 (「せい・じつ」)

 

 「嘘」や「偽・り」が「無・く」

 「真面・目」(「まじ・め」) で

 「正直・さ」が「感 じ・‘られ」る

 「実・直」な「態・度」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

・「終始・一貫」
 (「しゅうし・いっかん」)

 

 「終・始」と は「始・め」から

 「終 わ・り」ま で と、いう

 「意・味」で

 

 「一・貫」と は「いつ・も」

 「同 じ・考え方」や「方・法」を

 「貫 き・通す」(「つらぬ き・とおす」) と、いう

 「意・味」で

 

 「終始・一貫」と は

 

 「始 め・から」「終わ り・まで」

 「ずっ・と」「主・張」や「態・度」が

 「変わ ら・ない」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 

「日々 を・生きる」中」で「時 と・して」

「二 枚・舌」(「にまい・じた」) や

「嘘 も・方便」(「うそ も・ほうべん」) は

 

「必要・悪」(「ひつよう・あく」) なの かも

「知・れ」ません。


「しかし」「それ ら」は「リスク」を

「内・包」して、おり「安・易」に

「使 う・べき」で は「無・い」と

「思・い」ます。

 

「仮・に」「嘘」や「二枚・舌」が

「バレ」た「場・合」に は
「そ れ・まで」に「積 み・上げ」

「築 い て・来た」

 

「周・囲」から の「信・頼」を
「一挙 に・失 う」事  が

「十・分」に「考 え・られ」ます。

 

 

「東京・スカパラダイス・オーケストラ」は

「嘘を つく 唇」と、いう

「歌」を「歌・い」ました。

 

「2,015 年」に「リリース」し た

「3 8 th・シングル」で

オリコン・1 6 位」に、なりました。

 

「東京・スカパラダイス・オーケストラ」は
「1,985 年」に「結成・され」た「9人・組」の

「音楽・バンド」です。

「略・称」(「りゃく・しょう」) は「スカ・パラ」です。

 

「1,990 年」「ファースト・シングル」

MONSTER ROCK」で

「メジャー・デビュー」しました。

 

「同・曲」は「オリコン・54 位」に

「成・り」ました。

 

「同・年」「ファースト・アルバム」

スカパラ 登場」を「リリース」しました。

「同・アルバム」は「オリコン・1 0 位」と

「初」の「トップ・1 0 入り」しました。

 

「2,000 年」「メジャー・デビュー」

「1 0・周年」を「記・念」し て

「イギリス」「フランス」「ドイツ」

「ベルギー」「オランダ」で

「海外・公演」を「開・催」しました。

 

「2,002 年」「9 th ・アルバム」

「Stompin On DOWN BEAT ALLY」を

「リリース」し「初」の

オリコン・1 位」に、なりました。

 

「2,005 年」「ヨーロッパ・11 カ 国」で

「157・公演」の「ツアー」を

「実・施」しました。

「2,015 年」「日本・武道館」で

「単独・ライブ」を

「開・催」しました。

 

「2,019 年」「45 Th ・シングル」

「リボン  feat  桜井 和寿」と

「2 2 th・アルバム」

「ツギハギ カラフル」を「リリース」し

 

「共・に」「オリコン・5 位」に

「成・り」ました。

 

「2,020 年・3 月」「5 th ・ベスト アルバム」

「TOKYO SKA TREASURES 〜・

   東京・スカパラダイス・オーケストラ〜」を


「リリース」し

オリコン・4 位」に、なりました。

 

 

「東京・スカパラダイス・オーケストラ」
「嘘を つく 唇」

「作・詞」:「谷中 敦」「作・曲」:「GAMO

 

「好きだ から 仕方ない って、

  それも 勿論 (「もちろん」) 仕方 ないんだ けど、

  どうにも ならない ことも ある。

  嘘 を つく 唇 は いつも 堅く (「かたく」) なるの よ。

  そんな 唇 では キス は 出来 ない・・・。」

 

見て いた だけ の 祭り

聴いて いた だけ の D  J

期待も せずに 来た から

お洒落 (「おしゃれ」) せず に ナメ て た

気怠くて (「けだるくて」)

もう 少し したら 帰ろうか なんて

 

秘密 は パフューム だった わ

でも 嘘 は 毒 に なる の

その 毒 回った 男 が

近づいて 来て いた わ

助けて よ

もう 少しだけ 一緒 に いたい の

 

揺れ て (「ゆれ て」) 揺れ 回って きた

逃げ切れ ず 捕まり (「つかまり」) そう

揺れ て 揺れ 回って きた

酔った ふり して フロア に 逃げた わ

 

「忘れさせて よ。」

 

代わり が 効かない (「かわり が きかない」) なんて もう

思い 始めてる なら ヤバ い でしょ

私より もっと いい子 きっと

可愛い 子 (「かわいい こ」) は いくら でも

世の中 には いるじゃ ない

始め の ころ 強気 だった

あなた に また 戻った なら

疲れ ない 恋 を すれば いい

 

揺れ て 揺れ 回って きた

逃げ 切れ ず 捕まり そう

揺れ て 揺れ 回って きた

使い 捨て で いじめ てよ

揺れ て 揺れ 回って きた

逃げ 切れ ず 捕まり そう

酔い も せず に 溺れ て (「おぼれ て」) みたい わ

 

「どう しよう。」

「帰れ なく なっちゃっ た。」

 

見て いた だけ の 祭り

聴いて いただけ の  D  J

午前 三時 で 酔えない から

呆れ て (「あきれ て」) 諦めて よ

気怠く て

 

リピート 希望 で 何度 も

連絡 を して きて も

一途 な (「いちず な」) 想い 重すぎ て

嘘 つき たく なるの よ

助けて よ

刺激 の ない 恋 なんて 消去 (「しょうきょ」)

 

傷 も つかない わ

 

モリー も 消去

 

遊ん で いたい の

 

踊らせ て みて よ

 

 

※「嘘 から 出た・実」
 (「うそ から でた・まこと」)

 

「嘘 から 出た・実」の「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「オオカミが・来たぞ」と
「村・中」に「ずっ ・と」

「嘘・ばかり」「つい て・いた」為

 

「本・当」に「オオカミ」が「来 た・時」に

「信・用」し て「もらえ な・かった」と、いう

「イソップ・物語」の「オオカミ・少年」が

「連想・され」ました。

 

「嘘」や「冗・談」で「言っ た・事」が

「偶然・にも」「本・当」の「結・果」に
「なって・しまう」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「江・戸」「いろは・かるた」が「語・源」の

「ことわざ」で

「実」(「まこと」) を「真」や「誠」と「書・く」の も

「間 違・い」で は「無・い」そうです。

 

「嘘から 出た・実」の「代表・的」な

「使用・例」は「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は「宝・くじ」に「当たっ・た」と

 「ずっ・と」「ウソ」を「付い て・いた」が

 「嘘 から 出 た・実」で「今・回」は

 「本・当」に「当たっ・た」らしい。

 

・「彼」は「有名・人」と「結婚・する」と

 「うそぶい て・いた」が「偶然 の・出会い」で

 「嘘 から出 た・実」の 様 に「本・当」に

 「結婚・する」事 に、なった そうだ。

 

「嘘 から 出た・実」の「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「瓢箪 から・駒」

 (「ひょうたん から・こま」)

 

 「ひょうたん」は「口 」が

 「狭くなっ て・いる」の が「特・徴」で
 「酒」や「飲 み・物」を「入 れ・て」

 

 「持 ち・運べる」様 に

 「加・工」されて います。

 

 「駒」と は「将・棋」の「駒」で は「無・く」

 「馬」の 事 を  「指して・いる」そうです。

 

 「中国 の・説話」に「仙・人」が「旅 の・途中」の

 「休憩・時」に「馬」が「逃げ ぬ・よう」に

 「ひょうたん」の「中」に「しまっ・た」と、いう

 「一・節」が「有・る」そうです。

 

・「根も ない 嘘 から・芽 が 生える」

 (「ねも ないうそ から・め が はえる」)

 

 「初・め」は「嘘・だった」事 が

 「だん だん」に

 「本・当」に「なっ て・しまう」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 

「三山 ひろし」(「みやま ひろし」) は

「男 の うそ」と、いう

「歌」を「歌・い」ました。

 

「2,012 年」に「リリース」し た

「5 th・シングル」で

オリコン・2 1 位」に、なりました。

 

「三山 ひろし」は「1,980 年・生まれ」で

「高知 県」「南国 市」「出・身」の
「演歌・歌手」です。

 

「人」に「安心・感」と「活・力」を  

「与 え・る「歌・声」は

「ビタミン・ボイス」と
「呼 ば・れて」います。

 

「小学生 の・時」「両親 が・離婚」し

「中学・1年生」の「時」か ら「新聞・配達」を

「始・め」「家・計」を「助・け」ました。

 

「高校・卒業」「後」は「地・元」の

「ガソリン・スタンド」に「就・職」しました。

 

「祖母 の・勧 め」で「一 ・緒」に

「詩吟 (「しぎん」) ・教室」に「通 ・い」

「詩吟 の・師匠」の「道」を
「勧 め・られ」ました。

 

「しかし」「演・歌」が

「歌い た・かった」為

「本格・的」に「レッスン」を

「始・め」ました。

 

「2,004 年・1月」「2 1 歳 の・時」
「地・元」の「高知 県」で「開催・され」た

NHK ・のど 自慢」に「出・場」し

 

「氷川 きよし」の「白雲 の 城」を「歌・い」

「そ の・大会」の「チャンピオン」に

「成・り」ました。

 

「歌・手」を「志・し」

「2 5 歳 の・時」

「単身・上京」しました。

 

「3・年 間」「レストラン」で

「ウェーター」と、して

「働 き・ながら」

 

「作曲・家」「中村 典正」の

「下・で」

「修・業」を「続・け」ました。

 

「2,009 年」に「ファースト・シングル」
「人恋 酒場」で

「メジャー・デビュー」しました。

 

「同・曲」は「オリコン・1 7 位」に、なり

「2,010 年」に「売 り・上げ」

「1 0・万枚」を「突・破」し

ゴールド・ディスク」に「認定・され」ました。

 

「2011 年」に「同・曲」で「日本・レコード大賞

  奨励 賞」を「受・章」しました。

 

「2,012 年」に「5 th・シングル」

「男 の うそ」を「リリース」し

 

オリコン」「演歌 ・チャート」

「1・位」(「全体 で・2 1 位」) を

「獲・得」しました。

 

「2,013 年」「高知 市」から
よさこい」「 親善・大使」に「任命・され」

「アンバザダー」(「大・使」) と、して

「高・知」の「よさこい・祭り」を

「全・国」に「P ・R」しました。

 

「2,013 年・頃」か ら「コンサート」の

「余・興」(「よ・きょう」) と、して

「けん・玉」を「始 ・め」ました。

 

「日 ・本」「けん 玉・協会」の
「会・員」に、なり「全・国」で

「600 人・しか」いな い
「二・段」を「取・得」し

 

「2,015 年」に は「三・段」を

「取・得」しました。

 

「ステージ」で「歌 い・ながら」

「けん・玉」を「披露 ・する」事 も「有・り」

「けん・玉」「演歌・歌手」と、して

「注目・され」ました。

 

「2,015 年」に「7 th・シングル」
「お 岩木山」で

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「紅白・歌合戦」で「歌唱・後」

「2,012 年」に「修行・時代」の

「師匠 の・二女」と「結・婚」し

 

「2人・の」「子供 が・いる」事 を  

「ステージ・上」で
「公・表」しました。

 

「2,017 年」に「芸能・界」で は

「単独・最 上位」と、なる

「けん・玉」「四・段」を

「取・得」しました。

 

「2,018 年」「10 th・シングル」
「いごっそ 魂」で

「紅白・歌合戦」に「出 場」し

 

「番・組」「出演・者」「124・人」

「全・員」が「けん・玉」に「成・功」し

「ギネス」「世界・新 記録」に
「認定・され」ました。

 

「紅白・歌合戦」に は

 

「2,015 年」の「お 岩木 山〜

「2,019 年」の「望郷 山河」・

   第3回 けん玉 世界記録 への 道〜」まで

 

「5年・連続」で「出場・して」います。

 

 

「三山 ひろし」「男 のうそ」

「作・詞」:「仁井谷 俊也」「作・曲」:「中村 典正」

 

愛する あなた の そば に いて

夢さえ 見れた ら それで いい

あなた の 上着 の 移り 香 (「うつり が」) も

わざ と 知ら ない 振り を する

だか ら・・だか ら・・男 の 嘘 (「うそ」) で

嘘 で わたし を 泣かさ ない で

 

女 の ひとり 寝 (「ね」)  寒 すぎ て

気づけ ば 今夜 も なみだ 酒

幸せ あげる と 抱きしめ て

なんで  一夜 (「ひとよ」) 過ごせ ない

だか ら・・だか ら・・男 の 嘘 で

嘘 で わたし を 泣かさ ない で

 

苦労 が 沁み (「しみ」) て る 女 には

罪 (「つみ」) です あなた の やさしさ は

指輪 の サイズ を  教えろ と

それ も どこ まで 本気 やら

だか ら・・だか ら・・男 の 嘘 で

嘘 で わたし を 泣かさ ない で

 

 

「二枚舌 を・使う」を  「英・語」で

 

 「be deceitful in speech」

 

 (「会話 の・中」で「嘘・つき」に「成・る」) と

 

 「言・う」そうです。

 

 

何気なく使っている言葉の意味

「独・壇場」

(「どく・だんじょう」)

 

「皆さん」は「独・壇場」と、いう「慣用・句」を

「使っ た・事」は「有・り」ませんか ?。

 

「独・壇場」の「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「あ る 人・だけ」が「思い の・まま」に
「振 る・舞う」(「ふ る・まう」) 事 が

「出 来・る」「場・所」や「場・面」で

 

「他 の・人」の「追・随」(「つい・ずい」) を

「許 さ・ない」

「独 り・舞台」(「ひと り・ぶたい」) と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「独・壇場」の「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「独・壇場」の「壇」と

「土壇・場」(「どたん・ば」)  の「壇」は

「同・じ」「漢・字」です。

「土壇・場」の「意・味」は

「決・着」を「せまら・れる」「時」や

「最後 の・決断」だ、そうです。

 

「土壇・場」に、きて「キャンセル」す る

「ドタ・キャン」と、いう「言・葉」は

「現・在」で も「良・く」

「使 わ・れて  」います。

 

「最・初」に「中・国」で

「生 ま・れた」「熟・語」は

「独・壇場」(「どく・ぜんじょう」) 

「だっ・た」そうです。

 

「独・壇場」(「どく・ぜんじょう」) と、いう

「熟・語」が「日・本」に「伝来・した」「時」に

「独・壇場」(「どく・だんじょう」) と

「読・み」「間 違っ・て」しまった、そうです。

 

「ちな み」に「独・壇場」(「どく・せんじょう」) の

「意・味」は

「思 う・まま」に「勝手 に・振る 舞う」

「事」だ、そうです。

 

「現・在」で は

「独・壇場」(「どく・せんじょう」) と、いう

「言・葉」が「使 わ・れる」事 は「無・く」

「検索・して」も「出 て・来」ません。

 

「独・壇場」の「代表・的」な「使 い・方」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「運動・会」は「彼」の「独・壇場」と、なる

 「年 に・1 回」の「日」だ。

 

・「会・議」は「あ の・人」の「独・壇場」と、なり

 「同席・者」に「異・議」を「さ し・はさむ」

 「余・地」を「与・え」なかった。

 

 

「独・壇場」の「類義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「総・なめ」

 (「そう・なめ」)

 

 「全・て」の「敵」や「相・手」を

 「打 ち・負かす」(「う ち・まかす」) と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

・「一人・天下」

 (「ひとり・てんか」)

 

 「誰」も「そ の・人」を「抑え る・事」が

 「出 来・ず」「その 人・だけ」が

 「勝・手」に「振 る・舞う」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「独・壇場」の「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「団栗 の・背比べ」

 (「どんぐり の・せいくらべ」)

 

 「どれ も」「ぱっ・と」しない

 「代わ り・映え」(「かわ り・ばえ」) の、しない

 「者・同士」が「競 い・合っ て」いる と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 

「BUCK - TICK 」(「バク・チク」) は

「独 壇場 Beauty」と、いう

「歌」を「歌・い」ました。

 

「2,010 年」に「リリース」し た

「2 9 th・シングル」で

オリコン・7 位」に、なりました。

 

「バク・チク」は「1,985 年」に

「結成・され」た

「5 人・組」(「クインテット」) の

「ロック・バンド」です。

 

「インディーズ」「活・動」を「経・て」

「1,987 年」に「ファースト・シングル」

「TO - SEARCH」で

「メジャー・デビュー」しました。

 

「同・曲」は「オリコン・圏外」

  (「200 位・以下」) でした。

「デビュー・当時」は「急進・的」な

「ハード・コア」「バンド」でした。

 

「1,989 年」に「リリース」し た

「4 th・アルバム」「TABOO」が

「初」の「オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「1,990 年」に「リリース」し た

「5 th ・アルバム」「君 の 華」

「6 th・アルバム」

「HURRY UP MODE」が

 

オリコン・1 位」と、なり

「アルバム・3 作」が「連・続」で

オリコン・1 位」に、なりました。

 

「1,990 年」に「リリース」し た

「サード・シングル」「悪 の 華」が

「シングル」で「初」の

オリコン・1 位」に、なりました。

 

「1995 年」に「リリース」し た

「8 th・アルバム」「Six /Nice」が

オリコン・1 位」に、なりました。

 

「1,980 年・代」「後・期」の

「バンド・ブーム」か ら「現・在」ま で

「解散・する」事「無・く」

「メジャー」で「活躍・して」い る

 

「数・少ない」「現・役」で、あり

「バンド・結成」か ら「現・在」ま で

「メンバー」の「加入・脱退」に、よる

「メンバー・チェンジ」が「有・り」ません。

 

「2,020 年・1 月」に「リリース」し た

「3 9 th・シングル」
「堕 天使」(「だ てんし」)が

オリコン・6 位」に、なりました。

 

「2,020 年・9 月」に「リリース」し た

「2 2 th・アルバム」

「ABRACADABRA」が

オリコン・3 位」に、なりました。

 

 

「BUC- TICK」「独壇 場 Beauty」

「作・詞」「作・曲」:「今井 寿」

 

Yesth  Yesth  独壇場 Beauty

孤独 絶望 Yeath おまえ が 自由

 

Yeath Yeath  花も 灰も Beauty

風も 命も Yeath  Yeath  無限 も 永遠 も

 

オーマイガッ 神様 も 使えない な 

それなら 勝手 に やっちゃえ

ワイン も 煙草 も 薔薇 (「ばら」) も ある

俺 が 笑って 観て て (「みて て」) やる

 

Yeath Yeath  飛ばして くれ Beauty

あの 空 の 上 Yeath Yeath おまえ の 自由

 

Yeath Yeath  優しいん だな Beauty

もう 大丈夫 Yeath  Yeath 何も 起きない さ

 

オーマイガッ 神様 は 見ない ふり 

それなら 派手 に やっちゃ え

死ぬ ほど 楽しめ 踊 れ

俺 が 笑って 観てて やる

 

Go Go  Beauty round round nothing's gonna stop 

Yeath  Beauty round round nothing's stop Yeath !

 

オーマイガッ 神様 も 止められ ない

思うが まま が 人生

最後 に 全部 食べちゃえ よ

俺 が 笑って 観て て やる

 

Go Go  Beauty round round nothing's gonna stop 

Yeath  Beauty round round nothing's stop Yeath !

 

Go Go  Beauty round round nothing's gonna stop 

Yeath  Beauty round round nothing's stop 

 

Go Go  Beauty round round nothing's gonna stop 

Yeath  Beauty round round nothing's stop Yeath !

 

 

※「独 り・ぼっち」

 (「ひと り・ぼっち」)

 

「独 り・ぼっち」の「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「一人・ぼっち」と「表記・する」の も

「間・違い」で は「無・い」そうです。

 

①「全・く」「人・気」(「ひと・け」) の

 「無・い」「場・所」に「ポツン」と

 「一・人」で、いる「状・况」や

 

②「自・分」か ら「好 ん・で」「単・独」で

 「行・動」して いる「人」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「独 り・ぼっち」の「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

「本・来」の「漢・字」「表・記」は

「独 り・法師」 (「ひと り・ほうし」) で

「特・定」の「宗・派」や「教・団」に

「属 さ・ず」

 

「あ て」も「無・く」「世 の・中」を

「彷徨・う」(「さまよ・う」) 

「僧・侶」(「そう・りょ」」) の

「事」だった そうです。

 

「独 り・法師」が

「変・化」し た「言・葉」が

「独 り・ぼっち」だ、そうです。

 

「独 り・ぼっち」な「人」の

「特・徴」が

「気 に・なる」「人」は「ネット」で

「調 べ・て」みて、下さい。

 

「独 り・ぼっち」の「代表・的」な

「使用・例」は「下・記」だ、そうです。

 

・「山」に「仕事・仲間」で

 「ハイキング」に「来・た」が

 「歩・く」の が「遅 い・為」に

 「取り 残・され」

 

 「他 の・人」を「見・失い」

 「独 り・ぼっち」に

 「成っ・て」しまった。

 

・「あ の・人」は「他 の・人」と

 「連 れ・立って」「行動・する」の が

 「嫌・い」で「いつ も」

 「独 り・ぼっち」だ。

 

「独 り・ぼっち」の「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

・「一匹・狼」

 (「いっぴき・おおかみ」)

 

 「集・団」で「行動・する」事 を

 「好 ま・ず」「自 ら・進んで」
 「単独・行動」を、する「人」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

・「お一人・様」
 (「おひとり・さま」)

 

 「飲食・店」など で「他 の・人」と

 「同伴・せず」「一・人」で

 「食事 を・する」「人」で

 

 「他 の・人」と

 「距離 を・置く」「人」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 

「TWICE」(「トゥワイス」) は

「ひとり ぼっち 感じる 日」の

「歌・詞」が「有・る」

 

「フィール・スペシャル」と、いう

「歌」を「歌・い」ました。

 

「2,019 年」に「韓・国」で「リリース」し た

「8 th・ミニ アルバム」で

「トゥワイス」の

「人気・曲」「ランキング・1 位」です。

 

「トゥワイス」は「2,015 年」に

「結成・され」た「9 人・組」の

「多・国 籍」「ガールズ・グループ」です。

(「韓国 人・5 人」「日本 人・3 人」「台湾 人・1 人」)


「芸・名」の「TWICE」は「英・語」で

「二・回」や「二・度」と、いう「意・味」で

 

「いい・音楽」 と「素晴 ら・しい」

「パフォーマンス」で  「二・度」「人」を
「魅了・する」と、いう「思い を・込め」

「名・付け」ました。

 

「ちな み」に「一・回」や「一・度」は

「ONCE」(「ワンス」 ) と「言・い」ます。

 

「ones more」(「ワンス・モア」・

「も う・一度」) は

「聴 き・慣れ」た「言・葉」です。

 

「2,015 年」「トゥワイス」の

「メンバー」を「選 考・する」

「オーディション」

「テレビ」「番・組」

 

「SIXTEEN」の「放・送」が

「スタート」し「2 ヶ・月 間」の

「選考 の・末」「9 人の・メンバー」が

「決・定」しました。

 

「2,015 年」に「韓・国」に て

「ファースト」「ミニ・アルバム」

「THE STORY BEGIN」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」で「デビュー」か ら

「わず か」「4 4・日」で

「2,015・Mnet Asian Music Awards」

「女性・新人 賞」を「受・賞」しました。

 

「2,016 年」に「サード」「ミニ・アルバム」

「TWICE coaster : LANE 1」を「リリース」し

「音楽・番組」を「総・ナメ」に、する

「1 3・冠」を「達・成」しました。

 

「日・本」で の「デビュー・前」に も

「拘 ら・ず」(「かかわ ら・ず」)


「同・曲」は「日・本」の

オリコン・アルバム」「1 0 位」に

「ランク・イン」しました。

 

「2,017 年・6 月」に「ファースト」

ベスト・アルバム」「♯ TWICE 」で

「日・本」で の「メジャー・デビュー」を

「果 た・し」ました。

「同 年・10 月」「日・本」で の

「ファースト・シングル」

「One More Time」を「リリース」し

オリコン・1 位」に、なりました。

 

「2,018 年」に「日・本」で の

「サード・シングル」「Wake Me Up 」を

「リリース」し「日本・レコード 大賞・
  最 優秀作品 賞」を「受・賞」しました。

 

「2,019 年」に「韓・国」で

「6 th ・ミニ アルバム」

「Feel Speciel」を

「リリース」しました。

 

「同・曲」は「ビルボード

「ワールド・ランキング」で

「1・位」に、なり「自・身」の

「代表・曲」に、なりました。

 

「2,020 年・7 月」に「日・本」で の

「6 th・シングル」

「Fanfare」を「リリース」し

オリコン・1 位」に、なりました。

 

「同 年・9 月」に「日・本」で の

「サード」「ベスト・アルバム

「♯ TWICE 3」を「リリース」し

オリコン・1 位」に、なりました。

 

「紅白・歌合戦」に は

 

「2,017 年」の「TT-  Japaneese ver-」〜

「2,019 年」の「Let's Dance Medley 2,019」まで

 

「3 年・連続」で「出場・して」います。

 

 

「TWICE」「fFeel Special - Japanese Ver -」

「作・詞」「作・曲」:「J.Y. Park」

 

そんな 日が ある

ひとり ぼっち 感じる 日

どこにも 居場所 (「いばしょ」) が

ない みたい で

下 向い ちゃう 日

 

その 度 (「たび」) いつ も

どれ くらい 大事 か

言って くれる 君 の 一言 (「ひとこと」)

Everything's alnight 

冴え ない (「さえ ない」)  Nobody 

変わる の Somebody 

特別 に 成る

 

You make me feel spectal 

世界 が 私 倒して も

痛い 言葉 胸 刺して も (「さして も」)

君 が いれば 笑う

That's what you do 

 

Again I feel special 

意味 の ない 存在でも

消えそう な 存在 でも

君 の 声 が すれ ば

I feel loved, I feel so special 

 

隠れ たく なる の

向き 合う の 嫌 で

全て 意味 ない よう に

自分 を 消す よう に

座り込ん でる (「すわりこん でる」) 時

 

目 の 前 に 現れ た (「あらわれ た」)

あったかい 笑顔 その 手

Everything's alnight 

冴え ない Nobody 変わる の Somebody

特別 になる

 

You make me feel special 

世界 が 私 倒して も

痛い 言葉 胸 刺して も

君 が いれば 笑う

That's what you do 

 

Again I feel epecial 

意味 の ない 存在 でも

消え そう な 存在 でも

君 の 声 が すれ ば

I feel loved, I feel so special 

You make everything alnight 

厚 い 雲 陽 の 光 (「ひ の ひかり」) も ない

でも 君 こそ Shining light 

That's what you do 

暗 い 夜 も 眩し い (「まぶし い」)  Daylight 

I owe it to you 

Because you make me reel 

 

You meke me feel special 

世界 が 私 倒して も

痛い 言葉 胸 刺して も

君 が いれば 笑う

That's what you do 

 

Again I feel special 

意味 の ない 存在 でも

消え そう な 存在 でも

君 の 声 が すれ ば

I feel loved, I feel so special 

 

 

「独壇・場」を「英・語」で

 

 「The stage became his standing unrivaled」

 

 (「舞・台」は「彼」の「独壇・場」に「成っ・た」) と

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「枕 を 高く して・寝る」

 (「まくら を たかく して・ねる」)

 

「皆さん」は「枕 を 高く して・寝る」と、いう
「ことわざ」を「使った・事」は

「有・リ」ませんか ?。

 

「枕 を 高く して・寝る」の「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「心 配・事」が「全・く」「無・く」

「安 心・して」「グッスリ」と

「眠・る」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「枕 を 高く して・寝る」の「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「中・国」の「戦国・時代」に

「活躍・した」と、いう

「遊説・家」(「ゆうぜい・か」) 

「張 儀」が「魏」の「王・様」に

 

「秦」と「同・盟」する 様 に

「提・案」し た「時」に

「言っ・た」「下・記」「言・葉」が

「由・来」だ、そうです。

 

「隣・国」で「強・国」だっ た

「秦」と「同・盟」すれ ば

「敵・国」で、ある「楚」と「漢」の

「両・国」は「恐れ を・なし」て

 

「魏」を「攻 撃・する」事 が

「出 来 なく・なる」でしょう。

 

「そう なる」と「争 い・事」の「無・い」

「平・和」な「日・々」が
「訪・れる」(「おとず・れる」) 

「事」で、しょう。

 

「結・果」と、して

「大・王」(「魏 の・国王」) は

「枕」を「高 く・して」

「寝 る・事」が「出 ・来」

 

「魏 の 国・から」は「心 配・事」が

「消 え・去リ」

 

「民」(「たみ」) も「安・心」し て

「枕 を 高くして・寝る」事 が

「出 来・る」でしょう。

 

「ちな み」に「戦国・時代」に は
「戦・場」で は「敵・から」の

「不・意」の「襲・撃」に「備・え」て

「地・面」に「耳 を・つけ」て「寝」た リ

 

「遠く の・音」が「聞 こ・える」様 に

「えびら」(「矢」を「入・れ」て

「背 負う・道具」) を「枕」に、して

「寝・た」そうです。

 

「そして」「戦・い」が「終 わ・る」と

「敵 から の・襲来」の「心・配」も

「無 く・なり」「安・心」して「眠 る・事」が

「出 来・た」そうです。

 

「枕 を 高く して・寝る」の「代表・的」な
「使用・例」は「下・記」だ、そうです。

 

・「第一・志望」に「合 格・する」 事 が

 「出 来・た」の で「今・夜」は

 「枕 を 高く して・寝る」事 が、できる。

 

・「不安・要素」が「多・く」
 「残っ て・いる」「現・状」で

 「枕 を 高く して・寝る」事 が

 「出 来・る」「人」は

 

 「大・物」と「言・う」より も

 「た だ」の「馬・鹿」なの だろう。

 

「枕 を 高く して・寝る」の「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「愁眉 を・開く」

 (「しゅうび を・ひらく」)

 

 「愁・眉」(「しゅう・び」) と は

 「心 配・事」が「有 る・時」に

 「眉」(「まゆ」) を「寄 せ・て」い る

 「表・情」だ、そうです。

 

 「開 ・く」(「ひら ・く」) と は

 「解 消・する」事 だ、そうです。

 

 「愁眉 を・開く」と は

 「心 配・事」が「解・決」し
 「安・心」し て「眠 る・事」が

 

 「出 来・る」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「枕 を 高く して・寝る」の「対義・語」を

「検・策」して も「出 て・来」ません。

 

・「足 を 高く して・寝る」

 (「あし を たかく して・ねる」)

 

 「ずっ と」「椅・子」に

 「座りっ・ぱなし」だっ た「せ い ?」か

 「私」の「左・足」が「むくん・だ」「時」に

 「主 治・医」か ら「言 わ・れ」た

 「言・葉」です。

 

 「辺・リ」で「勘・弁」(「かん・べん」) 

 「願・い」ます。

 

 

「小坂 恭子」(「こさか きょうこ」) は

「想い出 まくら」と、いう

「歌」を「歌・い」ました。

 

「小坂 恭子」は「1,953 年・生まれ」で

「宮崎 県」「日南 市」「出・身」の

「シンガー・ソング・ライター」です。

 

「1,973 年」「ヤマハ」「主・催」の

「ポピュラー・ソング・コンテスト」に て

「歌唱・賞」を

「受・賞」しました。

 

「翌・年」「同・コンテスト」に て

「グランプリ」に「輝・き」

「デビュー」が

「決・定」しました。

 

「同・年」「ファースト・シングル」

「恋の ささやき」で

「メジャー・デビュー」を

「果 た・し」ました。

 

「1,975 年」に「サード・シングル」

「想い出 まくら」を

「リリース」しました。

 

「同・曲」は「130・万枚」を「超 え・る」

「売 り・上げ」を「記・録」す る

「ミリオン・セラー」と、な る

「大 ヒット・曲」に、なりました。

 

「そ の・後」も「シングル」と「アルバム」を

「リリース」しました が

「ヒット・曲」と は、なら ず

 

「1,987 年」の「1 6 th ・シングル」

「うぃにんぐ ラン」を「最・後」に

「表・舞台」を「去・リ」ました。

 

「6 7・歳」の「現・在」も

「地・方」の「ステージ」を

「中・心」に「活・躍」し

 

「他」の「シンガー」へ の

「楽 曲・提供」等 も

「手 掛け て・いる」そうです。

 

 

「小坂 恭子」「想い出 まくら」

「作・詞」「作・曲」:「小坂 恭子」

 

こんな 日 は あの 人 の 真似 (「まね」)  を して

けむた そう な 顔 を して 煙草  (「タバコ」) を すう わ

そう いえ ば いたずら に 煙草 を すう と

やめろ よ と 取り上げ て くれ たっけ

 

ねぇ あなた ここに 来て

楽しかった 事 なんか 話して よ 話して よ

こんな 日 は あの 人 の 小さな 癖 (「くせ」) も

ひとつ ずつ ひとつ ずつ 想い出し そう

 

こんな 日 は 少し だけ お酒 を 飲ん で

あの 人 が 好き だった 歌 を うたう わ

ゆらゆら と 酔った ら うで に 抱かれ て

髪なん か なでら れて 眠り たい

 

ねぇ あなた ここ に 来て

楽しかった 事 なん か 話して よ 話して よ

こんな 日 は あの 人 の  小さな 癖 も

ひとつ ずつ ひとつ ずつ 想い出し そう

 

こんな 日 は あの 人 の 想い出 まくら

眠り ましょ 眠り ましょ 今夜 も 一人

 

ねぇ あなた ここ に 来て

楽しかった 事 なん か 話して よ 話して よ

こんな 日 は あの 人 の 小さな 癖 も

ひとつ ずつ ひとつ ずつ 想い出し そう

 

こんな 日 は あの 人 の 想い出 まくら

眠る のが 眠る のが いい でしょう

 

 

※「枕 を・濡らす」

 (「まくら を・ぬらす」)

 

「枕 を・濡らす」の「意・味」は
「下・記」だ、そうです。

 

「寝 なが・ら」も「とて・も」「深・く」
「悲 し・み」「涙・し」なが ら

「寝 入・る」(「ね い・る」) と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「枕 を・濡らす」の「語・源」は

「下・記」だ、そうです。

 

「平安・時代」「中・期」に「活 躍・した」

「女流・作家」「紫 式部」の「代 表・作」

「源氏・物語」の「主人・公」「光 源氏」は

「多くの・女性」を「泣 か・せ」ました。ー

 

「平安・時代」は「現・代」の「結・婚」と

「異・なり」「通・常」は

「通 い・婚」(「かよ い・こん」) でした。

 

「その ため」「妻」は「夫」が

「訪 れ・る」(「おとず れ・る」) の を

「待 つ・事」が「当た リ・前」でした。

 

「そし て」「妻」が「いく ら」

「待っ・て」も「夫」が

「訪 れ・ない」事 も「珍 し・く」

「有 リ・ません」でした。

 

「当・時」は「一夫・多妻」「制・度」で

                  (「いっぷ・たさい」)
「妻 の・立場」に、あ る「女・性」は

「一 人・だけ」で は

「あ リ・ません」でした。

 

「その ため」「来 る・か」

「来 ない・か」「分 から・ない」

「夫」を「思・い」

「枕 を・濡らす」ほど の

 

「涙 を・流した」と、いう

「表・現」が

「生 ま・れた」そうです。

 

「ちな み」に「現・代」で は

「常・識」に、なって いる

「一夫 ・一婦」「制・度」は
(「いっぷ ・いっぷ」)


「明治・3 1 年」に「施行・され」た
「民・法」の「戸籍・法」の

「変・更」に て「妾」(「めかけ」) の

「廃・止」に、より

 

「西・洋」か ら「持 ち・込まれ」た

「男女・平等」と、いう「認 識 の・下」で

「確 立・され」た、そうです。

 

「それ まで」は「妾」(「めかけ」) に は
「妻」と「同 じ・だけ」の 

「法・的」・「社会・的」な「地・位」が

「有っ・た」そうです。

 

「枕 を・濡らす」の「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼女 の・事」を「いく ら」「思っ・て」も

 「こ の」「恋」は「叶 わ (「かな わ」)・ない」

 「毎・夜」「枕 を・濡らす」ばかりだ。

 

・「猛・勉強」を、して

 「挑 ん・だ」(「いどん・だ」)

 「試・験」だった が「結・果」は

 「不・合格」だった。

 

 「余・り」の

 「悔 し・さ」(「くやし・さ」) に

 「枕 を・濡ら」した。

 

「枕 を・濡らす」の「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「浮・枕」
 (「うき・まくら」)

 

 「枕 を・濡らす」「涙」が

 「寝・床」(「ね・どこ」) に

 「溜 ま・り」(「た ま・り」)

 

 「溜 まっ・た」「涙」に

 「枕 」が「浮 き・上がる」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

・「滝・枕」

 (「たき・まくら」)

 

 「涙」が「枕」に「滝 の・様」に

 「注・ぐ」(「そそ・ぐ」) と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 


「シャ乱  O」(「シャラン・キュー」) は

「シングル・ベッド で 二人 涙 拭いてた 頃」の

「歌・詞」が「有・る」

 

「シングル・ベッド」と、いう

「歌」を「歌・い」ました。

 

「1,994 年」に「リリース」した

「6 th ・シングル」で

「シャ乱  Q」の「人気・曲」

「ランキング」で「1・位」です。

 

「ヴォーカル」の「つんく♂」は

「モーニング 娘」の

「生み の・親」と、して 

「知 ら・れて」います。

 

「シャ乱  Q」は「1,988 年」に

「近畿・大学」の「学・生」を「中・心」に

「結 成・され」た「4 人・組」の

「ロック・バンド」です。

 

「1,992 年」に「ファースト・シングル」

「1 8ヶ月」で
「メジャー・デビュー」しました。

 

「しかし」「デビュー・後」「長・ら」く

「低・迷」(「てい・めい」) しました。

 

「1,994 年」に「リリース」し た

「6 th・シングル」
「シングル・ベッド」が

 

「ロング・ヒット」し

「ミリオン・セラー」の

「大 ヒット・曲」に、なりました。

 

「1,995 年」に「7 th ・シングル」
「ズルい 女」を「リリース」し

「ミリオン・セラー」に、なりました。

 

「同・年」「同・曲」で「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「同・年」に「リリース」し た

「5 th ・アルバム」

「勝負師・ギャンブラー」も

「ミリオン・セラー」に、なりました。

 

「1,996 年」に「リリース」し た

「10 th・シングル」「いい わけ」と

「ファースト」「ベスト・アルバム

 

「シングルベッド 10 ⭐︎ おまけつき ☆」が

「ミリオン・セラー」に、なりました。

 

「1,997 年」「大阪・ドーム」

「完 成・記念」「コンサート」を

「開・催」しました。

 

「同・年」に「主 演・映画」

「シャ乱 Q の 演歌 の 花道」の

「主題・歌」と、なった

 

「1 4 th ・シングル」

「パワー・ソング」を

「リリース」しました。

 

「紅白・歌合戦」に は

 

「1,995 年」の「ズルい 女」〜

「1,997 年」の「パワー・ソング」まで

 

「3 年・連続」で「出・場」しました。

 

 

「シャ乱  Q」「シングル・ベッド」

「作・詞」:「つんく♂」「作・曲」「はたけ」

 

流行 (「はやり」) の 唄 (「うた」) も

歌え なくて

ダサイ はず の この 俺

おまえ と 離れ 一年 が 過ぎ

いい 男性 (「おとこ」) に

なった つもり が

それ でも この 年齢 (「とし」) まで 俺 が

育てた 裸 の 心 は

おシャレ を して も 

車 替え (「かえ」) て も

結局 変化 も ない まま

 

早く 忘れる はず の 

ありふれた 別れ を

あの 時 の メロディー  が

思い出さ せる

 

シングルベッド で 夢 と

お前 抱いて た 頃

くだらない 事 だって 

二人 で 笑えた ね

今夜 の 風 の 香リ (「かおり」) は 

あの 頃 と 同じ で

次 の 恋 でも して りゃ 

辛く (「つらく」) ない のに

 

寄り道 (「よりみち」) みたい な

始まり が 

二年 も 続いた あの 恋

初め て お前 抱いた 夜 ほら  

俺 の 方 が 震えて た ね

 

恋 は 石ころ より も

あふれてる と 思って た

なの に ダイヤモンド より 

見つけ られ ない

 

シングルベッド で 二人 

涙 拭いて (「ふいて」) た 頃

どっち から 別れ話 する か

賭け(「かけ」) て た

 

あの 頃 に もどれる なら 

お前 を 離さ ない

 

シングルベッドで 夢 と

お前 抱いた 頃

くだらない 事 だって 

二人 で 笑えた ね

今夜 の 風 の 香リ は 

あの 頃 と 同じ で

次 の 恋 でも して りゃ 

ああ 辛く ない のに

 

 

「早 い・もの」で

「ブログ」の「初・投稿」か ら

「約・2 年」が「経・ち」(「た・ち」)

 

「本・作」が「200・回 目」の

「投・稿」に、なります。

 

「書 き・溜め」(「かき・だめ」) の

「在・庫」も「か・なり」「有・り」

「もう・少し」は

「続  け・られ」そうです。

 

 

「枕 を 高く して・寝る」を「英・語」で

 

 「To be able to sleep on both ears」

 

 (「左・右」「どちら」の「耳」を「下 に・して」も

 「安 心・して」「眠 る・事」が「出 来・る」) と

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「無くて 七 癖・有って 四十八 癖」

(「なくて なな くせ・あって しじゅうはち くせ」

 

「皆さん」は「無くて 七 癖・有って 四十八 癖」と、いう

「ことわざ」を「掬っ た・事」は「有・り」ませんか ?。

 

「無くて 七 癖・有って 四十八 癖」の「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「一 見・して」「癖 が・無い」様 に

「見 え・る」「人」で も

「何 か・しら」の「癖 」が「有・る」もの で

 

「まして」「癖 が・ある」と「言 わ・れる」

「人」なら ば「尚・更」(「なお・さら」)

「多・く」の「癖」が「有・る」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「無くて 七 癖・有って 四十八 癖」の

「語・源」は「下・記」だ、そうです。

 

「七・癖」の「七」(「なな」) は

「無 く・て」の「な」と「音」を「合 わ・せ」

「言葉 の・リズム」を「良 く・する」為  に

「用い た・もの」で

 

「七」に は「特・別」の「意・味」は

「無・い」そうです。

 

「四十八・癖」の「四十八」は「相・撲」の

「決ま り・手」を「四十八・手」と、いう 様 に

「種類 が・多い」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「無くて 七 癖・有って 四十八 癖」の「代表・的」な

「使用・例」は「下・記」だ、そうです。

 

・「無くて 七 癖・有って 四十八 癖」と、いう が

 「あ の・人」は「悪  い・癖」を「たく さん」

 「持っ て・いる」が「特・に」「酒癖 の・悪さ」は
 「天下・一品」だ。

 

・「無くて 七 癖・有って 四十八 癖」と、いう が

 「自・分」の「悪 い・癖」は

 「気付 き・にくい」もの で

 「人の 振り 見て・我が 振り 直せ」だ。

 

「無くて 七 癖・有って 四十八 癖」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「人 に・一 癖」

 (「ひと に・ひと くせ」)

 

 「どん な」「人・間」で も「必・ず」

 「一つ・ぐらい」は

 「癖 が・ある」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

・「人 に 七 癖・我が 身 に 八  癖」

 (「ひと に なな くせ・わが み に や くせ」)

 

 「他・人」の「悪 い・癖」は
 「目」に「付 き・やすい」が

 「自・分」の「悪 い・癖」に は
 「気 付き・にくい」そうです。

 

 「自・分」を「棚 に・上げ」
 「他・人」の

 「悪 い・癖」を「責 め・る」

 

 「目糞 鼻糞 を・笑う」事 に

 (「めくそ はなくそ を・わらう」

 「なり かね・ない」の で

 

 「むやみ」に「他人 を・責める」事 は

 「ひかえ る・べき」だ と、いう

 「戒・め」(「いまし・め」の

 「言・葉」だ、そうです。

 

「無くて 七 癖・有って 四十八 癖」の

「対義・語」を

「検・索」して も「出 て・来」ません。

 

・「無味・無臭」

 (「むみ・むしゅう」)

 

 「あじ」も「にお い」も「無・い」事 から

 「転 じ・て」

 「言・動」に「面 白・味」 や

 「味・わい」 が「無・い」為

 「つまら・なく」「退・屈」と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が「妥当 な・気」が、します。

 

 

「浜田 省吾」(「はまだ しょうご」) は

「髪 を かきあげる 癖 」の

「歌・詞」が「有・る」

 

「あれ から  二人」と、いう

「歌」を「歌・い」ました。

 

「1,996 年」に「リリース」し た

「2 0 th・アルバム」

「青空 の 扉」に

「収録・され」て、います。

 

「同・アルバム」は

オリコン・1位」に、なりました。

 

「浜田 省吾」は「1,952 年・生まれ」で

「広島 県」「竹原 市」「出・身」の

「シンガー・ソング・ライター」です。

 

「愛・称」(「あい・しょう」) は

「ハマ・ショウ」です。

 

「サングラス」がトレード・マーク」で

「テレビ」等 の「メディア・露出」は

「ほとんど」「有・り」ません。

 

「9 歳 の・時」「ギター」を「始・め」ました。

「県・立」「呉 三津田・高校」「卒業・後」

「神奈川・大学」「法・学部」に

「進・学」しました、が「中・退」しました。

 

「1,976  年」「ファースト・シングル」

「愛に 向かって」で

「メジャー・デビュー」しました。

「しかし」「同・曲」は「全・く」

「売 れ・ません」でした。

 

「1,986 年」に「リリース」し た

「1 2 th ・アルバム」「J  BOY」が

「デビュー・1 0 年」に、して「初」の

オリコン・1位」に、なりました。

 

「1,992 年」に「フジ・テレビ 系」で

「放送・され」た「テレビ・ドラマ」

「愛と いう 名の もとに」の

「主題・歌」に、なっ た

 

「23 th・シングル」

「悲しみ は 雪の ように」が

「大 ヒット・曲」に、なりました。

 

「同・曲」は「シングル」

「歴 代・4 7 位」と、なる

「170・万枚」を「売 り・上げ」る

「ミリオン・セラー」に、な り

 

「シングル」で「初」の

オリコン・1位」を

「獲・得」しました。

 

「2,000 年」に「デビュー・2 5 周年」を

「記・念」し て「リリース」し た

「ファースト」「ベスト・アルバム

 

「The Hiistory of Shogo Hamada」が

オリコン・1位」に、なりました。

 

「2,015 年」に「リリース」し た「3 1 th・・アルバム」

「Journey of a Songwriter 〜旅するソングライター」が

「15 年・振り」に

オリコン・1位」に、なりました。

 

「2,017 年」に「ミニ・アルバム」

「THe moonlighting Cats radio shoe」を

「リリース」し

オリコン・1位」に、なりました。

 

「現・在」「6 8・歳」です が

「コンサート」等 にて

「第 一・線」で「活躍・して」います。

 

「私・生活」と、して は

 

「1,978 年」に「年・上」の

「一般人・女性」と「結 婚」しました。

「二人 の・間」に は「子・供」は

「いない」様 です。

 

「紅白・歌合戦」へ の「出場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「浜田 省吾」「あれ から  二人」

「作・詞」「作・曲」:「浜田 省吾」

 

この 想い が どこ に

辿り 着く (「たどり つく」) の か

今 は まだ わから ない けど

重ね た 唇 の その 柔らか な

温もり (「ぬくもり」) 感じて る

いつも 放課後 君 が 教科書 を かかえ て

グラウンド を 歩く 姿  

遠く から 見送って た

校舎 の 窓 に もたれ て 1 6 才 の 夏

あれから 二人 別々 の 夢 追いかけ 

都会 を さまよい

あれから 二人 別々 の 愛 失い

今夜 いたわる よう に ふれ あう

 

おれ の レコード 聴いた こと が ある と

からかう よう に 話す 君 の 

髪 を かきあげる 癖 も

笑い声 も 仕草 (「しぐさ」) も  

あの 頃 の まま

駅 の ホーム で 君 を 見た とき 

夢中 で 追いかけ た

思い出 話 途切れる 頃 には 気付い た

今 でも 君 が 好きだ と

 

君 が 駆け抜け (「かけぬけ」) た

日々 の 痛み も 喜び も

感じ る 君 の 肌 から 

君 の 吐息 (「といき」) から

 

傷つく こと も 失う こと も 

覚悟 の 上で 恋 に 落ち る

裏切る こと も 奪い取る こと も 恐れ ず

今夜 いたわる よう に ふれ あう

 

失くした 愛 も くじけた 夢 も かかえ て

いたわる よう に ふれ あう

 

 

※「名馬 に・癖 あり」

(「めいば に・くせ あり」)

 

「名馬 に・癖 あり」の「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「優れ た・才能」を「持 つ・者」に は

「強 い・個性」や「変 わっ・た」「癖」を
「持 つ・者」が「多・い」

 

「個性 が・無く」「おとな しい・だけ」で は

「非凡 な・働き」は「出 来・ない」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「名馬 に・癖 あり」の「由・来」は
「下・記」だ、そうです。

 

「織田 信長」の「言っ た・言葉」だ と

「私」は「ズッ・と」「思って・いま した」が

「いくら」「検索・して」も「織田 信長」の

「名・前」は「出 て・来」ません。

 

「優秀 な・馬」は「何 か・しら」の

「癖」を「持っ・て」お り

「人」も「同・様」に「才能 の ・有る」「者」ほ ど

「一般・的」な「常・識」で は「計 れ・ない」

 

「個性・的」な「癖」を「持っ て・いる」事 が

「由・来」だ、そうです。

 

「名馬 に・癖 あり」の「代表・的」な

「使用・例」は「下・記」だ、そうです。

・「名馬 に・癖 あり」と「言・う」様 に

 「才能 の・ある」「人」を


 「型 に・はめる」事 は

 「難 か・しい」の かも

 「知・れ」ない。

 

・「彼・女」の「歌・声」は
 「聞 く・人」「全・て」を

 「魅・了」(「み・りょう」) する。

 「しかし」「名馬 に・癖 有り」と

 「言・う」様 に

 「普・段」の「口・調」は、きつい。

 

「名馬 に・癖 あり」の「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「癖 ある 馬 に・能 あり」

 (「くせ ある うま に・のう あり」)

 

 「一・癖 」(「ひと・くせ」)

 「有 る・者」に は

 

 「何・か」「特別 な・才能」の

 「持 ち・主」が「多・い」と、いう

 「意・味」だ、そうです。



ソルティー・シュガー」は

「いならぶ 名馬 を ごぼう 抜き」の

「歌・詞」が「有・る」

 

「走れ コウタロー」と、いう

「歌」を「歌・い」ました。

 

「1,997 年」に「リリース」し た

「セカンド・シングル」で

オリコン・1位」と

「ミリオン・セラー」に、なりました。

 

ソルティー・シュガー」は

「都・立」「日比谷・高校」の

「卒業・生」を「中・心」に

「1,969 年」に「結成・され」た

 

「男・性」「4 人・組」(「カルテット」) の

「フォーク・グループ」でした。

「メンバー」の「山本 コウタロウ」は

「日比谷・高校」「卒業・後」

「一橋・大学」「社会・学部」に「進・学」し

「卒・業」しました。

 

ソルティー・シュガー」

  (「砂・糖」と「塩」) の

「芸・名」は「大学・進学」の 為 に

「メンバー」を「脱・退」し た

「佐藤 敏夫」(「さとう」と「しお」) の

「名・前」を「バンド・名」に

「残・そう」と、して

「名・付け」ました。

 

「1,969 年」「ファースト・シングル」

「ああ 大学生」で

「メジャー・デビュー」しました。

 

「同・曲」は「わず・か」

「3,000・枚」し か

「売 れ・ません」でした。

 

「結成・当時」は「5人・組」の

「フォーク・グループ」で

「いつ も」「丸の内・公演」で

「練習・して」いました。

 

「メンバー」の「一・人」

「山本 コウタロウ」が

「練・習」に「遅 刻・ばかり」

「して ・いた」の で

 

「走れ コウタロウ」と、いう「歌」が

「生 ま・れ」ました。

 

「コミック・ソング」の「一 ・曲」で

「発表・から」「4 0 年・以上」「経っ・た」

「現・在」で も「運動・会」の


「徒・競走」(「と・きょうそう」) の

「B・G・M」と、して

「使 わ・れる」事 が

「有・る」そうです。

 

「1,970 年」に「セカンド・シングル」

「走れ コウタロウ」を

「リリース」「予定・でした」が

「発・売」の「3 ヶ月・前」に


「グループ」の「リーダー」で

「走れ コウタロウ」を「作・詞」し た

「池田 謙吉」が「2 1・歳」の「若・さ」で

「急性・心不全」の「診・断」に て

 

「死亡・する」と、いう「アクシデント」に

「見 舞わ・れ」ました。

 

「脱・退」して いた「佐藤 敏夫」が

「1 年・限り」の「約・束」で

「再・加入」しました

 

「走れ コウタロウ」は

オリコン・1位」で

「ミリオン・セラー」の

「大 ヒット・曲」に、なり

 

「日本・レコード 大賞・

   新人 賞」を

「受・賞」しました。

 

「佐藤」と の「約束 を・守り」

「1 年・後」の「1,971 年」に

「グループ」を「解・散」しました。

 

「山本」は

 

「山本 コウタロウ」と

「ウィーク・エンド」を

「結・成」し「1,974 年」に

 

「岬 めぐり」を「発・売」し

「大 ヒット・曲」に、なりました。

 

「私」の「個人・的」な

「感・想」です が

「岬 めぐり」(「みさき めぐり」) は

「オ・ススメ」です。

 

 

ソルティー・シュガー」「走れ コウタロー

「作・詞」:「池田 謙吉」「作・曲」:「前田 伸夫」

 

これから 始ま る 大 レース

ひしめき あっ て いななく  は

天下 の サラブレッド 四歳 馬

今日 は ダービー めでたい な

 

走れ 走れ コウタロー

本命 穴馬 (「あなうま」)  かき わけ て

走れ 走れ コウタロー

追いつ け 追いこ せ 引っこ ぬけ

 

スタート ダッシュ で 出 遅れ る

どこ まで いって も はなさ れる

ここで おまえ が 負けた なら

おいら の 生活 まま なら ぬ

 

走れ 走れ 走れ コウタロー

本命 穴馬  かき わけ て

走れ 走れ 走れ コウタロー

追いつ き 追いこ せ 引っこ ぬけ

 

エー このたび、公営 ギャンブル を、どのように 廃止 する か、

と いう 問題に つきまして、慎重に 検討を 重ねて まいり  ました 結果、

本日 の 第 4  レース、大本命 は ホタルノヒカリ

穴馬 は アッと 驚く 大三元 と いう 結論に 達した もので あります。

各馬 ゲートイン から いっせい に スタート。

第 2 コーナー を まわった ところ で、先頭 は 予想 通り ホタルノヒカリ

さら に 各馬 一団 と なって、タメゴロー、ヒカルゲンジ、リンシャンカイホー、

メンタンピンドライチ、コイコイ、ソルティーシュガー、オッペケペ、

コウタロー と つづいて おります。

第 3 コーナー を まわって  第 4 コーナー に かかっ た ところ で、

先頭 は 予想 どおり ホタルノヒカリコウタロー は 大き く ぐっと あいて。

さあ、最後 の 直線 コース に 入った。

あっ、コウタロー  が ぐんぐん 出て 来た。

コウタロー  速い。コウタロー  速い。

トップ の ホタルノヒカリ けんめい の しっ 走。

これ を コウタロー が ひっ死 に 追っかけ る。

コウタロー  が 追いつく か、ホタルノヒカリ が 逃げ きる か。

コウタロー  か  ホタルノヒカリ

ホタルノヒカリ が マドノユキ、あけ てぞ けさ は 別れ ゆく。

 

ところ が 奇跡 か 神 がかり

いならぶ 名馬 を ごぼう 抜き

いつしか トップ に おどり 出て

ついで に 騎手 (「きしゅ」) まで 振り 落 す

 

走れ 走れ 走れ コウタロー

本命 穴馬 かき わけ て

走れ 走れ 走れ コウタロー

追いつ き 追いこ せ 引っこ ぬけ

 

走れ 走れ 走れ 走れ 走れ コウタロー

本命 穴馬 かきわけ て

走れ 走れ 走れ 走れ 走れ コウタロー

追いつ き 追いこ せ  引っこ ぬけ

 

 

「無くて 七 癖・有って 四十八 癖」を「英・語」で

 

 「Every man has his faults」

 

 (「人」に は「誰・でも」「欠・点」が「有・る」) と

 

 「言・う」そうです。

 

 

何気なく使っている言葉の意味

「枚挙 に・いとま が ない」

(「まいきょ に・いとま が ない」)

 

「皆 さん」は「枚挙 に・いとま が ない」と、いう

「慣用・句」を「使っ た・事」は

「有・り」ませんか ?。

 

「枚挙 に・いとま が ない」の「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

「枚挙 して・いる」

「いとま が・無い」と「読 み・変える」と

「分か り・やすい」様 な

「気」が、します。

 

「物事 の・数」が「多・過 ぎ」て

「いち いち」「数え て・いる」

「時・間」が、無い。

 

「数 え・あげる」と「キリ が・なく」

「数え 切れ・ない」「ほ ど」「物・事」が

「たくさん」「有 り・過ぎる」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「枚挙 に・いとま が ない」の「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「枚・挙」(「まい・きょ」) と は

「一つ・ずつ」「又 は」「一 枚・ずつ」 

「数 え・挙げる」(「あげる」) と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「いとま」と は「漢・字」で

「暇」(「ひま」) と「書・き」

「時間 の・余裕」を「意味・する」
「言・葉」だ、そうです。

 

「休憩 (「きゅうけい」)・時 間」や

「やる べき・事」が「無・い」

「ひま な・時間」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「時 代・劇」や「昔 の・ドラマ」等 で は

「休・暇」を  「取 る・時」に

「お いとま」を「頂 き・ます」と

「表・現」して、います。

「現・代」で も「忙 し・く」て

「休 む・時間」が「無 い・時」に

「休・む」「いとま」が「無・い」と

「表・現」す る「人」が、います。

 

「枚挙 に・いとま が ない」と

「組 み 合わ・せる」 と

 

「たくさん・あり 過ぎ」て

「いち いち」「一つ・ずつ」

「数え て・いる」

 

「時間 の・余裕」が

「無・い「」と、いう

「意 味 に・なる」そうです。

 

「枚挙 に・いとま が ない」の「代表・的」な

「使用・例」は「下・記」だ、そうです。

 

・「美・人」で「性格 の・良い」「彼・女」と

 「付き 合い・たい」と

 「思っ て・いる」「男・性」は

 

 「枚挙 に・いとま が ない」「ほ ど」

 「たく さん」「い る」だろう。

 

・「彼」の「悪 い・部分」を

 「一つ・ずつ」「数 え・挙げる」と

 「枚挙 に・いとま が ない」「ほ ど」

 「たく さん」ある。

 

「枚挙 に・いとま が ない」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「掃い て・捨てる ほど」

 (「はい て・すてる ほど」)

 

 「物」の「数」が「非常 に・多く」て

 「あ り・余る」事 の

 「たとえ」だ、そうです。

 

・「星 の・数 ほど」

 (「ほし の・かず ほど」)

 

 「数」が「おびただ・しく」

 「多・い」事 の

 「たとえ」だ、そうです。

 

「枚挙 に・いとま が ない」の

「対義・語」を「検・索」して も

「出 て・来」ません。

 

・「only・one 」

 (「オンリー・ワン」)

 

 「唯一・無二」(「ゆいつ・むに」) で

 「掛け替え の・無い」(「かけがえ の・ない」)

 「大・切」な「人」や「物」と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が「妥当 な・気」が、します

 

 

「大塚 愛」(「おおつか あい」) は

 

「数え きれ ない 星空」の

「歌・詞」が「有・る」

プラネタリウム」と、いう

「歌」を「歌・い」ました。

 

「2,005 年」に「リリース」した

「10 th・シングル」で

オリコン・1位」に、なりました。

 

「T B S 系」「テレビ・ドラマ」

「花 より 男子」(「はな より だんご」) の

「イメージ・ソング」に、なりました。

 

 

「大塚 愛」は「1,982 年・生まれ」で

「大阪 府」「大阪 市」「出・身」の

 

「シンガー・ソング・ライター」

「女・優」「イラスト・レーター」

「絵本・作家」「小説・家」で

「愛・称」は「愛 ちゃん」です。

 

「幼少 の・頃」か ら「ピアノ」と「水・泳」を

「習・い」「絵 を 描く・事」が「得・意」で

「小学生・時代」は

「漫画・家」に「なる・事」が「夢」でした。

 

「音・楽」も「得・意」で「1 4・歳」の「時」

「大 阪」で「開催・され」た

「ORC  ヴォーカル・コンテスト」

ティーンズ・部門」で「優・勝」しました。

 

「府・立」「港南・高校」か ら

「大阪 芸術・大学」「短期 大学・部」「保育・科」に

「進・学」し「幼稚 園・教諭」「社会 福祉・主事」

「保 育・士」の「資・格」を「有 し・て」います。

 

「高校生・時代」に「音楽・事務所」

「サン・ミュージック」に

「所・属」しました。

 

「自・作」の「デモ・テープ」が

「エイベックス・社」の「審査・員」の

「目 に・留ま」り

「メジャー・デビュー」が「決・定」しました。

 

「2,003 年」「ファースト・シングル」

「桃 ノ 花ビラ」で

「メジャー・デビュー」しました。

「同・曲」は「オリコン・2 4 位」でした。

 

「同・年」「セカンド・シングル」

さくらんぼ」を「リリース」しました。

「同・曲」は「ロング・ヒット」に、なり

オリコン・5位」に、なりました。

 

「翌」「2,004 年」に「同・曲」で

「日本・レコード 大賞・最 優秀 新人賞」を

「受・賞」し

「紅白・歌合戦」に「初・出場」しました。

 

「同・曲」は「2,004 年」に「着・うた」

「史上・初」の「100・万 件」

「ダウン・ロード」を

「記・録」しました。

 

「2,005 年」に「リリース」し た

「8 th・シングル」「SMILY /ビー玉」と

「1 0 th・シングル」「プラネタリウム

 

「2,007 年」に「リリース」し た

「1 5 th・シングル」「PEACE HEALTH 」が

オリコン」「1・位」に、なりました。

 

「2,004 年」に「リリース」した

「セカンド・アルバム」「LOVE JAM」〜

「2,009 年」に「リリース」した

「4 th ・アルバム」「LOVE PIECE」

「セカンド」「ベスト・アルバム

「LOVE is BEST 」まで

「アルバム」「5・作」が「連・続」で

オリコン・1位」に、なりました。

 

「2,013 年・頃」よ り「絵本・作家」と、して

「活・動」を「開・始」しました。

 

「2,020 年・8 月」「小説 時代」「9 月・号」に

「処女・作」「開けちゃ いけないん だよ」を  

「寄・稿」(「き・こう」) し

「小説・家」と、して「デビュー」しました。

 

「私・生活」と、して は

 

「2,010 年」に「音楽・グループ」

RIP SLYME」の「メンバー」「S U」と

「結・婚」しました。

 

「2,011 年」「第一・子」「女・児」を

「出・産」しました。

 

「2,018 年」「S U」の「浮・気」が「原・因」で

「離・婚」しました。

 

「紅白・歌合戦」に は

 

「2,004 年」の「さくらんぼ」〜

「2,009 年」の「I  s」ま で

 

「6 年・連続」で「出・場」しました。

 

 

「大塚 愛」「プラネタリウム

「作・詞」「作・曲」:「愛」

 

夕月 夜 (「ゆうづき よ」) 顔 出す 消えて く 子供 の 声

遠く 遠く この 空 の どこか に 君 は いる ん だろう

夏 の 終わり に  2 人 で  抜け 出し た この 公園 で 見つけ た

あの 星座 (「せいざ」) 何だ か 覚えて る ?

 

会えなく ても 記憶 を たどっ て 同じ 幸せ を 見たいん だ

あの 香り (「かおり」)  と とも に 花火 が ぱっ と 開く

 

行きたい よ 君 の ところ へ 今 すぐ かけだし て 行きたい よ

まっ暗 で 何 も 見え ない 怖く (「こわく」) て も 大丈夫

数え きれ ない 星空 が 今 も ずっと ここ に あるんだ よ

泣か ない よ 昔 君 と 見た きれい な 空 だった から

 

あの 道 まで 響 く(「ひびく」) 靴 の 音 が 耳 に 残る

大き な 自分 の 影 を 見つめ て 想う の でしょう

ちっと も 変わら ない はず なの に せつない 気持ち ふくらんで く

どんな に 想ったっ て 君 は もう いない

 

行きたい よ 君 の そば に 小さくて も 小さくて も

1 番 に 君 が 好きだ よ 強く いられ る

願い を 流れ星 に そっと 唱え て (「となえ て」) みた けれ ど

泣か ない よ 届く だろう きれい な 空 に

 

会え なく ても 記憶 を たどっ て 同じ 幸せ を  見たい んだ

あの 香り と とも に 花火 が ぱっ と 開く

 

行きたい よ 君 の ところ へ 小さな 手 を にぎり しめ て

泣き たい よ それは それは きれい な 空 だった

願い を  流れ星 に そっと 唱え て みた けれ ど

泣き たい よ 届か ない 想い を この 空 に・・・。

 

 

※「キリ が・ない」

 

「キリ」が「な い」の「意・味」は
「下・記」で、そうです。

 

「やって も・やって も」「終わ ら・無く」

「際限 (「さいげん」) が・無く」

「果て (「は て」) が・無い」事 で

 

「嫌 に・なる」と、いう「ニュアンス」が

「こもっ・た」

「言・葉」だ、そうです。

 

「私」は「サラリー・マン」の

「現役・だった」「頃」に

 

「キリ」が「無・い」と

「続け る・事」を

「諦 め (「あきら め」)・そう 」に
「なっ・た」「人」を

 

「キリ」が「無 け・れ」ば

「トンカチ」(「かなづち」) が

「有・る」と「励 まし・た」事 が
「有・り」ました。

 

「キリ が・ない」の「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「もともと」は「限・り」(「かぎ・り」) が

「無・い」事 を「意・味」す る

「言・謀」だった、そうです。

 

「限」(「キリ」) と は「最・後」

「終・り」・「際・限」(「さい・げん」)

「限・界」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「ピン」か ら「キリ」ま で と、いう

「言 い・回し」が「有・り」ます。

 

「ピン・キリ」と は

「始・め」〜 「終わ・り」ま で「又・は」

「最・上」〜 「最・底」ま で と、いう

「意・味」です。

 

「キリ」が「無・い」事 は

「終わ・り」が「無・い」と、いう

「意・味」で「世 の・中」に

「広まっ・た」そうです。

 

「キリ が・ない」の「代表・的」な

「使 い・方」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」の「悪 い・クセ」を

 「挙 げ・たら」(「あ げ・たら」)

 「キリ」が、ない。

 

・「彼・女」と の「思 い・出」を

 「語 リ・出し」た ら

 「キリ」が、ない。

 

「キリ が・ない」の「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「終わり が・見え ない」

 (「おわり が・みえ ない」)

 

 「現・在」の「状・態」が

 「長 く・続く」事 が「予想・され」

 「完了・する」「目・処」(「め・ど」) が

 

 「立 た・ない」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

・「エンド・レス」

 

 「終わり の・ない」事 や
 「果てし の・ない」事 で

 「永遠 に・続く」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 

「藤井 風」(「ふじい かぜ」) は

「キリ が ない から」と、いう

「歌」を「歌・い」ました。

 

「2,020 年・5 月」に「リリース」し た

「ファースト・アルバム」

「HELP EVER HURT NEVER」に

「収録・され」て、います。

 

「同・アルバム」の「オリコン・順位」も

「同・曲」の「再生・回数」も

「不・明」です。

 

「藤井 風」は「1,997 年・生まれ」で

「瀬戸内海」に「面・した」

「岡山 県」「里庄 町」「出・身」の

「シンガー・ソング・ライター」です。

 

「両・親」は「地・元」で「喫茶・店」を「営・み」

「4 人・兄弟」の「末っ・子」と、して

「育・ち」ました。

「兄 の・名前」は「陸」「海」「空」です。

 

「幼少・期」よ り「喫茶・店」に「流 れ・る」

「ジャズ」「クラシック」「ポップス」

「歌謡・曲」「演・歌」等

 

「あらゆる」「ジャンル」の「音・楽」を

「聞 い・て」「育・ち」

「ミュージシャン」を

「志・し」(「こころざ・し」) ました。

 

「父・親」の「勧・め」で

「ピアノ」「サックス」「英・語」を

「独・学」で「覚・え」ました。

 

「県内・屈指」の「進学・校」

「県・立」「岡山 城東・高校」「音楽・科」に

「進・学」しました。

 

「高校・卒業」「後」は

「大・学」へ  は「進学・せず」

「音・楽」の「プロ の・道」を

「選・び」ました。

 

「父・親」から の

「これ から」は「You Tube」の

「時代・だ」と の

「アドバイス」を「受・け」

 

「1 2・歳」の「時」に

「喫茶・店」で「撮影・した」

「ピアノ」「カバー・動画」を

You Tube」に「投・稿」しました。

 

「そ の・後」も「様々・な」

「カバー・動画」を「投・稿」し

「総」「再生・回数」は「3,000・万回」を

「超・え」ました。

 

「2,019 年」に「単身・上京」し

「ファースト」「配信 限定・シングル」

「何なん w」を「リリース」しました。

 

「同・年」「ファースト・アルバム」

「HELP EVER HURT NEVER」を

「リリース」し

 

ビルボード・ジャパン」の「総・合」

「アルバム」「チャート・ランキング」で

「1位」に、なりました。

 

ビルボード・ジャパン」と は

アメリカ」で「採用・され」る

「音楽・チャート」の「日本・版」で

 

「C・D」の「売 り・上げ」のみ で

「ランキング」を「決定・する」

オリコン」と「異・なり」

 

「C・D」の「売 り・上げ」に「加・え」

「P・C」「スマホ」に、よる

「ダウンロード・数」

You Tube」で の「再生・回数」

 

「ラジオ」で の「オンエア・回数」

「ツイート・数」等 が

「加・味」され て、います。

 

「2,020 年」「9・月」に

「テレビ・朝日 系」「番・組」

「報道・ステーション」で

「藤 井」が「特集・され」ました。

 

「同 年・10 月」「日本・武道館」に て

「観・客」「スタッフ」「他」「全・て」

「マスク・着用」で「単独・ライブ」を

「開・催」しました。

 

「2,020 年・1 0 月」に

「配信・限定」「サード・シングル」

「へ でも ねーよ」と

 

「配信・限定」「4 th・シングル」

「青春 病」を

「同時・リリース」しました。

 

「純・日本人」の「割・に」

「ホリ の・深い」「顔立・ち」

「181・cm」の「長・身」も「相・まって」

 

「今・後」「ブレイク」が「期待・され」る

「アーティスト」の「一・人」だ と、いうの が

「業・界」の「評・価」だ、そうです。

 

 

「藤井 風」「キリ が ない から

「作・詞」「作・曲」:「藤井 風」

 

Ah - ah - ah - ah - ah

Ah - ah - ah - ah - ah- ah - ah 

Ah - ah - ah - ah - ah

Ah - ah - ah - ah - ah - ah - ah - yes 

Ah - ah - ah - ah - ah

Ah - ah - ah - ah - ah - ah -ah 
Ah - ah - ah - ah - ah

Ah- ah - ah - ah - ah - ah - ah 

 

キリ が ない から

ここで 終わ らす だけ なの

さも なけ りゃ 永遠 (「えいえん」)  に 永遠 に 

彷徨 う (「さまよ う」)  ザマ

 

あと が ナイ から

ここ で 戦う だけ なの

この 旅 は そんな に そんな に 甘 か ない わ

 

迷える 可愛い 子羊 (「こひつじ」) たち

彷徨 う 間 に  月日 は 経ち (「たち」)

気づけ ば ハタチ は 遠い 過去

いや 夢 ? マボロシ

何 も 知ら ない  十 四 (「じゅう よん」) の 秋

いつ まで ひきずる  中 ニ (「ちゅう に」) の  時

ここら で そろぼち 舵 (「かじ」) を 切れ

いま 行け 未開 (「みかい」) の 地

 

Ah - ah - ah - ah - ah

Ah - ah - ah - ah - ah- ah - ah 

Ah - ah - ah - ah - ah

Ah - ah - ah - ah - ah - ah - ah 

Ah - ah - ah - ah - ah

Ah - ah - ah - ah - ah - ah -ah 
Ah - ah - ah - ah - ah

Ah- ah - ah - ah 

 

キリ が ない から

 

キリ が ない から

ここで 終わらす だけ なの

この 旅 は そんな に そんな に 甘 か ない わ

 

迷える 可愛い 子羊 たち

彷徨 う 間 に 月日 は 経ち

気づけ ば ハタチ は 遠い 過去

いや 夢 ?

 

 

「枚挙 に・いとま が ない」を「英・語」で

 

 「There hare been so many incidents like that」

 

 (「その よう」な 「事・案」は「枚挙 に・いとま が ない」) と

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「溺れる 者 は・稾 をも つかむ」

(「おぼれる もの は・わら をも つかむ」)

 

「皆さん」は「溺れる 者 は・稾 をも つかむ」と、いう

「ことわざ」を「使っ た・事」は
「有・り」ませんか?。

 

「溺れる 者 は・稾 をも つかむ」の「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「人」は「パニック・状態」に

「陥・る」(「おち い・る」) と

「思 考・能力」(「しこう・のうりょく」) が

「停 止・する」為「心 細 く・なり」

「何 に・でも」「良 ・い」か ら
「すが り・たく」なります。

 

「人」は「おぼれ て・いる」「時」に
「側・に」「浮い て・いる」「ワ ラ」を

「つか ん・で」も「助 かる・はず」が

「無 い・事」を「知 っ・て」います。

 

「それで」も「非・常」に「困って・いて」

「どうに も・ならない」「時」に は

「役」に「立た・ない」「物」に でも

「すがっ・て」「助 か・ろう」と

 

「無駄 な・足掻 き」(「むだな・あが き」)  と

「知 リ・つつ」も「本能・的」に

「も が・き」「苦 し・む」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「溺れる 者 は・稾 をも つかむ」の「由 来」は

「下 記」だ、そうです。

 

「ワ ラ」は「頼 り・無い」「物」の「たとえ」で

「おぼれ て・いる」「人」は「ワ ラ」の 様 な

「浮・力」(「ふ・りょく」) の「無・い」「物」で も

 

「つかん」で「助 か・ろう」と「す る・事」が

「由・来」だ、そうです。

 

「溺れる 者 は・稾 をも つかむ」の

「代表・的」な「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「あんな」に「ケ チ」だっ た「人」が

 「大・病」(「たい・びょう」) を、して から

 「溺れる 者 は・稾 をも つかむ」様 に

 「あやしげ」な「健 康・食品」に

 

 「望みを・賭け」て「高・額」を

 「費・し」(「ついや ・し」) て いる。

 

・「彼・女」は「転勤 して・きた」ばかり で

 「仕事 が・分から ない」と「知 リ・つつ」も

 「溺れる 者 は・稾 をも つかむ」「気・持」で

 「応・援」を「お・願い」した。

 

「溺れる 者 は・稾 をも つかむ」の「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「苦 しい・時」の「神・頼み」

 (「くる しい・とき」の「かみ・だのみ」)

 

 「日・頃」(「ひ・ごろ」) は「神」も「仏」も

 「拝 ん・だ」(「おが ん・だ」) 事 が「無・い」

 「信・心」(「しん・じん」) の「無・い」「者」が

 「苦 しい・時」や「困 っ た・時」に、だけ

 

 「神・仏」(「しん・ぶつ」) に「願 っ・て」
 「助 ・け」を「求 め・る」

 「あつかま・しい」「人」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

・「今際 の・念仏」「誰 も・唱え る」

 (「いまわ の・ねんぶつ」「だれ も・となえ る」)

 

 「不・信心」(「ふ・しんじん」) な「人」で も

 「死 に・際」(「し に・ぎわ」) に は

 「誰 で・も」「念・仏」を「唱 え・る」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「溺れる 者 は・稾 をも つかむ」の「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「喉 元・過ぎ れ」ば「熱さ を・忘れる」
 (「のど もと・すぎ れ」ば「あつさ を・わすれる」)

 

 「熱・い」「も の」を「飲 み・こん」で

 「しま え・ば」「そ の」「熱・さ」を

 「忘・れ」て、しまう。

 

 「転 じ・て」「苦 し・かった」「経・驗」も

 「過 ぎ・去って」しまえ ば「そ の」「時」の

 「苦 し・さ」を「忘 れ て・しまう」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 

「華原 朋美」(「かはら ともみ」) は

「届きそう で つかめ ない」の

「歌・詞」が「有・る」「I'm  proud」と、いう

「歌」を「歌・い」ました。

 

「1,996 年」に「リリース」し た

「サード・シングル」で

「ミリオン・セラー」に、なりました。

 

「華原 朋美」は「1,974 年・生まれ」で

「千葉 県」「浦安 市」「出・身」の

「歌・手」「ミュージカル・女優」です。

「愛・称」は「朋 ちゃん」です。

 

「3 歳・頃」か ら「乗・馬」を「始・め」

「高校・生」まで「継 続・して」いました。

 

「2,016 年」「2 0 年・以上」の

「ブランク」を「乗 リ・越え」

「馬・術」の「国 内・大会」

「ジャパン・オープン」で

「強・豪」を  「押 し・のけ」て

「優・勝」しました。

 

「将・棋」で も「日・本」「将棋・連盟」

「アマチュア」「3・級」の「資・格」を「持・ち」

「N H K」「衛 星・テレビ」で「解 説・者」を

「務 め・た」事 も「有・り」ます。

 

「都・内」の「私・立」「松蔭・高校」

「1 年・生」の「時」「全・日本」

「国民 的・美少女」「コンテスト」に

「応・募」しました。

 

「しかし」「母・親」から「芸能 界・入り」を

「強・く」「反 対・された」 為「途・中」で

「辞・退」しました。

 

「高校 卒業・後」は「美 容・師」を「目 指・し」

「美・容」「専門・学校」に「進 学・しま した」が

「芸能 界・入り」の「夢」を「捨 て・切れ」ず

「中・退」しました。

 

「1,994 年」「アイドル」と、して「バラエティ・番組」

「天使 の U・B・U・G 」に「レギュラー」

「出・演」して いる「姿」を「小室 哲哉」に

「見・初め」(「み・そめ」) ら れ

 

「当・時」「飛ぶ 鳥 を・落とす」

「勢・い」だっ た「小 室・ファミリー」の

「一.・員」と、して「歌 手・デビュー」が

「内・定」しました。

 

「1,995 年」「9・月」に「リリース」し た

「ファースト・シングル」

「keep Yourself alive」で

「メジャー・デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・8 位」でした。

 

「同・年」「1 0・月」に「リリース」し た

「セカンド・シングル」「I  BELIEVE」が
「驚 異・的」な「ロング・セラー」に、なり

「ミリオン・セラー」を「記・録」しました。

 

「同・曲」は「オリコン・4 位」と、なり

「年・末」に「発 表・され」る

「日本・レコード・大賞」他「各・種」

「新人・賞」を「総・なめ」に、しました。

 

「1,996 年」「サード・シングル」

「I'm  proud」を「リリース」しました。

 

「同・曲」は「シングル・売上」

「歴・代」「100・位」と、なる

「170・万枚」を

「売 り・上げ」ました。

 

「同・曲」は「年・間」「カラオケ」

「リクエスト・ランキング」で

「1・位」に、なりました。

 

「同・曲」で「日本・レコード大賞
   優秀作品 賞」を

「受・賞」しました。

 

「同・年」「6・月」「ファースト・アルバム」

LOVE BRACE」を「リリース」しました。

「同・アルバム」は「アルバム」

「歴・代」「3 9 ・位」と、なる

 

「257・万枚」を「売 り・上げ」る

「ダブル・ミリオン」と、なり

「初」の「オリコン・1位」に、なりました。

 

「同年・10 月」「5 th・シングル」

save your dream」で

「シングル」と、して は「初」の

オリコン・1位;」に、なりました。

 

「続・く」「シングル・曲」
Hate tell a lie」・「LOVE IS ALL MUSIC

たのしく たのしく やさしくね」も

オリコン・1位」と、なり

 

「4 作・連続」で「シングル・曲」

オリコン・1位」に、なりました。

 

「1,998 年」「理由 は・不明」です が

「約」「5・年間」「一緒 に・歩んだ」

「小室 哲哉」と

「袂 を・分ち」(「たもと を ・わかち」)

 

「所・属」「レコード・会社」を

「退・社」しました。

 

「以・後」も「2,016 年」ま で

「シングル」「アルバム」を

「多・数」「リリース」しました が


「小室 哲哉」と、いう

「バック・グラウンド」「無・し」で は

「大 ヒット・曲」に「めぐり・合う」事 は

「望 む・べく」も「有 リ・ません」でした。

 

「私・生活」と、して は

 

「2,019 年」「4 5 ・歳 」の「時」
「未・婚」の、まま「第 一・子」

「長・男」を「出・産」した と

「公・表」しました。

 

「父・親」は「外資 系・企業」に

「勤 務・する」

「一般人・男性」だ、そうです。

 

「紅白・歌合戦」に は

 

「1,996 年」の「I'm  proud 」〜

「2,003 年」の「ありがとね!」ま で

 

「通 算・5  回」「出・場」しました。

 

 

「華原 朋美」「I'm  proud」

「作・詞」「作・曲」:「小室 哲哉」

 

Lonely   くじけ そうな 姿 

恋 に 映して (「うつして」)

あて も なく 歩い た 人 知れ ず ため息 つく

I'm  proud  壊れ (「こわれ」) そう で

崩れ (「くずれ」) そう な 情熱 を

つなぎ とめる 何か いつ も

捜し (「さがし」) 続けて た

どうして あんな に 夢 が

素直 に 見れなく なって た ?
街中 で 居る (「いる」) 場所 なん て

どこにも ない

体中 から 愛 が こぼれ て いた

 

人 混み を すりぬけ る 大人 が 誘い の 手 を

経験 が 増えて いく 避けて 通れなく なって いた

さまよっ たって 愛する こと 誇れる 誰か に

会えな そうで 会えそ な 気が していた から 生きて た・・・
I'm  proud  届き そうで つかめ ない いちご の 様 に

甘く 切ない 事  夜中 思い浮かべ てた

ひとつ ふたつ 消えてく 家 の 明かり 数えて いた

街中 で 寝る場所 なんて どこにも ない

体中 から 涙 こぼれて いた

 

最善 を 尽くして も

理解 り (「わか リ」) あえない 人 も いた

めちゃ くちゃ 言っ たっ て 

瞳 (「ひとみ」) の 奥 の 優しさ を

持って いる 人 持って いる 私 を あげ たい

忘 れ ないで ね 寂しく たって 私 は 負け ない

 

Lonely 壊れそう で 崩れそう な 情熱 を

つなぎ とめる 何か いつ も 捜し 続け てた

I'm  proud  いつから 自分 を 誇れる 様 に

なってきた の は きっと あなた に 会えた 夜 から

 

声 に ならなく て も 想い が とき には 伝わら なくて も

笑顔 も 泣き顔 も 全て みんな

かならず あなた に 知って もらう の・・I'm  proud 

 

 

※「策士 策 に・溺れる」

(「さくし さく に・おぼれる」)

 

「策士 策 に・溺れる」の「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「策・略」(「さく・りゃく」) の

「上手 な・人」は「自分 の・策略」に

「自信 を・持ち 過ぎ」て

 

「かえっ・て」「失 敗・する」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「策士 策 に・溺れる」の「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「中・国」「三国・志」(「さんごく・し」) の

「中」で「知・ら」れ 「天 才・軍師」の

「異・名」(「い・みょう」)  を「持・つ」

「諸葛 孔明」(「しょかつ こうめい」) が

 

「ライバル」だっ た

「曹 操」(「そう そう」) の 事 を  

「指 し・て」「言っ・た」「言・葉」が

「由・来」だ、そうです。

 

「策・士」(「さく・し」) と は

「謀」(「はかりごと」) の

「巧・み 」(「たく・み」) な「人」

 

「好 ん・で」「謀」を する

「人」の 事 だ、そうです。

 

「策 ・略」(「さく・りゃく」) を
「好 む・人」は「策・略」を

「廻ら ・し」(「めぐら・し」)「過・ぎ」て

 

「逆」に「失 敗・する」事 が

「有・る」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「自分 の・力」を「過 信・する」事 を

「戒 め・る」(「いまし め・る」) と、いう

「意・味」も「有・る」そうです。

 

「策士 策 に・溺れる」の「代表・的」な

「使用・例」は「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は「彼・女」に「気 に・入られ」よう と

 「策 を・ねって」「近 付・いた」が

 「策士 策 に・溺れる」で「魂・胆」(「こん・たん」) を

 「見透 か・され」「嫌・われ」て「振・ら」れた。

 

・「他人 の・意見」を  「聞 か・ず」

 「自分 の・経験」や「勘」(「かん」) だけ に

 「こだわ・り」「頼っ て・しまう」と

 

 「策士 策 に・溺れる」と、いう 事 に

 「なり・かね」ない。

 

「策士 策 に・溺れる」の「類義・語」は

「下・記」だ、そうです

 

・「泳 ぎ・上手」は「川 で・死ぬ」

 (「およぎ・じょうず」は「かわ で・しぬ」)

 「自分 の・力」を「過・信」し て

 「慣れ た・こと」「得意 な・こと」で

 「失 敗・した」リ「身 を・滅 ぼす」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

・「河童 の・川 流れ」

 (「かっぱ の・かわ ながれ」)

 

 「名・人」や「達・人」で、あって も

 「甘 く・見た」り「油 断・して」

 「失 敗・する」こと が「有・る」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 

バーブ 佐竹」(「ばーぶ さたけ」) は

「恋に おぼれ て しまったの」の

「歌・詞」が「有・る」「女心 の 唄」と、いう

「歌」を「歌・い」ました。

 

バーブ 佐竹」は「1,936 年・生まれ」で

「北海道」「釧路 市」「出・身」の

「歌・手」です。

 

「中学・卒業」「後」「地・元」「北海道」で

「流・し」の「ギター・弾き」と、して

「音 楽・活動」を「始・め」ました。

 

「2 2 歳 の・時」「歌・手」を
「志・し」(「こころ・ざし」) て

「単 身・上京」しました。

 

「流・し」や「ナイト・クラブ」の

「専 属・歌手」等 で「生計 を・立て」

「長・い」「下積 み・時代」を
「経・験」しました。

 

「1,964 年」「ファースト・シングル」

「女心 の 唄」で

「メジャー・デビュー」しました。

 

「同・曲」は「250・万枚」を「超 え・る」
「売 リ・上げ」を「記・録」す る

「ダブル・ミリオン」の

「大 ヒット・曲」に、なりました。

 

「同・曲」で「日本・レコード 大賞・
   新人・賞」を「受・賞」し

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「独・特」の「低・音」は

バーブ・節」(「ぶし」) と

「呼 ば・れ」ました。


「そ の・後」も「ネオン 川」

「カクテル 小唄」等 が

「ヒット」しました。

 

「美・男子」と は「呼 び・がたい」

「風・貌」(「ふう・ぼう」) で

「男」は「顔じゃ ない よ、心 だよ」の

「名・文句」を「キャッチ・フレーズ」に

 

「菅原 洋一」「牧 伸二」ら と

モスラ の・会」を「結・成」し

「話・題」に、なりました。

 

「1998 年・頃」か ら「糖 尿・病」を

「患・い」(「わずら・い」)

「以・後」も「ステージ」に

「立 ち・続け」ました が

 

「2,013 年」に「多 機能・不全」の

「診・断」に て

「6 8・歳」で「他・界」しました。

 

「紅白・歌合戦」に は

 

「1,965 年」の「女心 の 唄」〜

「1,968 年」の「雨 おんな」ま で

 

「4 年・連続」で「出・場」しました。

 

 

バーブ 佐竹」「女心 の 唄」

「作・詞」:「:山北 由紀夫」

「作・曲」:「吉田矢 健治」

 

あなた だけは と 信じ つつ

恋 に おぼれ て しまった の

心 変わり が せつなく て

つのる 思い の しのび 泣き

 

どうせ 私 を だます なら

だまし 続け て ほし かった

酔って いる 夜 は 痛まぬ が

さめて なお ます 胸 の 傷

 

うわべ ばかり と つい 知ら ず

ほれて すがっ た 薄 情け (「うす なさけ」)

酒 が いわせ た ことば だと

なんで いま さら 逃げる の よ

 

女 です もの 人 並み に

夢 を 見た の が なぜ 悪い

今夜 しみじみ 知ら され た

男心 の うら おもて

 

逃げた 人 なぞ 追う もの か

追えば なお さら つらく なる

遠い あの 夜 の 思い出 を

そっと 抱く だけ つい ほろり

 

寄って 砕け た (「くだけ た」)  夢 の 数

つなぎ あわせ て 生きて ゆく

いつか 来る 春 幸福 (「しあわせ」) を

のぞみ すで に ひとり 待つ

 

 

「溺れる 者 は・稾 をも つかむ」を「英・語」で

 

 「A drowning man will clutch at a straw」

 

 (「溺れる 者 は・稾 をも つかむ」) と

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「毒 にも 薬 にも・ならない」

(「どく にも くすり にも・ならない」)

 

「皆 さん」は

「毒 にも 薬 にも・ならない」と、いう

「ことわざ」を「使っ た・事」は

「有 り」ませんか?。

 

「毒 にも 薬 にも・ならない」の「意 味」は

「下 記」だ、そうです。

 

「邪魔 (「じゃま」) には・ならない」が

「大 し・て」「役」に「立 た・ない」

「有っ・て」も「無 く・て」も

「どうで も・いい」

 

「居 て (「い て」) も・居 なく」て も

「何 の・影響」も「無 い」
「人」や「物」と、いう

「意 味」だ、そうです。

 

「毒 にも 薬 にも・ならない」の「由 来」は

「下 記」だ、そうです。

 

「毒 に・なる」わけ でも「無 く」

   か と「言っ・て」
「薬 に・なる」わけ でも「無 く」

 

「目 立・たず」「印象 が・弱く」

「影 が・薄い」と、いう 事 から

「転 じ・た」「ことわざ」だ、そうです。

 

「毒 にも 薬 にも・ならない」の

「代表・的」な「使用・例」は

「下 記」だ。そうです。

 

・「あ の・人」は「いつ も」

 「毒 にも 薬 にも・ならない」

 「どうで も・良い」「話・ばかり」する。

 

 「た ま」に は「仕 事」や「人 生」に

 「役 に・立つ」「実 (「み」) の・ある」

 「話」を「聞 き・たい」ものだ。

 

・「彼」は「会議 の・席」で「人 の・話」を

 「黙っ・て」「聞いて・いた」だけ で

 「毒 にも 薬 にも・ならない」

 「存 在」だった。

 

「毒 にも 薬 にも・ならない」の「類義語」は

「下 記」だ、そうです。

 

・「人畜・無害」

 (「じんちく・むがい」)

 

 「他 の・人」に「影響 を・与え 」ず

 「当たり・障り」(「さわり」) の「無 い」

 「人」や「物 事」と、いう

 「意 味」だ、そうです。

 

「毒 にも 薬 にも・ならない」の「対義語」は

「下 記」だ、そうです。

 

・「悪 に 強けれ ば・善 にも 強い」

 (「あくに つよけれ ば・ぜん にも つよい」)

 

 「どんな」に「悪 い・事」を した「悪 人」で も

 「改 心 (「かい しん」) ・する」事 に、よ り

 「善 人」(「ぜん にん」に「生ま れ・変わる」事 を

 「たとえ」た「ことわざ」だ、そうです。

 

 「毒 にも 薬 にも・なら ない」は

 「プラス」に も「マイナス」に も

 「な ら・ない」「空 気」の 様 な

 「存 在」を「表 現・して」います が

 

 「悪 に 強け れば・善 にも 強い」は

 「中途・半端」な「存 在」で は「無 く」

 「一・度」「地 獄 を・見た」「者」が

 

 「天 国」に「這 い・上がる」様 な

 「マイナス」か ら「プラス」に

 「変 身」す る 「力・強い」「イメージ」を

 「感 じ・させ」る「言 葉」だ、そうです。

 

 

「反町 隆史」(「そりまち たかし」) は

「POISON (「毒」) 〜   言いたい 事も 言えない

  こんな 世の中 は〜」と、いう

「歌」を「歌 い」ました。

「1,998 年」に「リリース」した

「4 th・シングル」です。

 

「フジ・テレビ 系」「テレビ・ドラマ」

「G T O 」と の「タイアップ・曲」で

「主題・歌」と、して「制 作・され」ました。

オリコン・順位」は「不 明」です。

 

「反町 隆史」は「1,973 年・生まれ」で

「埼玉 県」「浦和 市」「出 身」の

「俳 優」「歌 手」です。

 

「中学・校」「在学・中」に

「ジャニーズ・事務所」に「所 属」し

「光 GENJI」の「バック・ダンサー」を

「務 め」(「つと め」) ました。

 

「浦和 専門・学校」「在学・中」の

「1 6  歳 の・時」

「モデル・事務所」に「所 属」し

 

「ファッション・モデル」と、して

「パリ・コレクション」に も

「出 演」しました。

 

「1,994 年」「テレビ・ドラマ」
「毎度 ごめんなさい」に「出 演」し

「俳 優・デビュー」しました。

 

「以 後」「バージン ロード」

「ビーチ ボーイズ」「G T O 」等 の

「話 題・作」で「主 演」しました。

 

「特」に「G T O」は「最 高・視聴 率」
「3 5. 7 %」を「叩 き・出す」

「大 ヒット・作」に、なりました。

 

「1,997 年」「ビーチ ボーイズ」の
「主 題・歌」「forever」で

「歌 手・デビュー」しました。

 

「同・年」「同・曲」で

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「1,998 年」「フジ・テレビ 系」

「テレビ・ドラマ」「G T O 」の

「主 題・歌」と、なった

「4 th ・シングル」

「POISON 〜言いたい 事 も 言えない

   こんな 世の中 は〜」を

「リリース」しました。

 

「2,020 年」に「同 曲」を「聴 か・せる」と

「赤ちゃん」が「必 ず」「泣 き・止む」と

「ネット」で「話 題」に、なった そうです。

 

「最 近」の「テレビ・ドラマ」で は

「2,019 年」の「相 棒」「season ・18」

「リーガル・ハート〜 いのち の 再建 弁護士〜」に

「出 演」しました

 

「2,020 年」の「相 棒」「season・19」で も

「冠城 亘」「役」で「出 演」し

「水谷 豊」が「演 じ・る」「杉下 右京」と

「息 の・合った」「相 棒」を「演 じ・て」います。

 

「私・生活」と、して は

 

「2,001 年」に「G T O」で「共 演」し た

「効い た・よね」「早め の ・パブロン」の

「C・M 」で「なじみ・深い」

「松嶋 菜々子」と「結 婚」しました。

 

「当 時」「二人 の・人気」は

「絶 頂・期」に、あり

「ビッグ・カップル」「誕 生」と

「騒 が・れ」ました。

 

「2,004 年」に「長・女」が

「2,007 年」に「二・女」が

「誕 生」しました。

 

 

「反町 隆史」「POISON  (「毒」) 〜

「言いたい 事 も 言えない こんな 世の中 は〜」

「作 詞」:「反町 隆史」「作 曲」:「井上 慎二郎」

 

いつ まで も 信じて いたい

最後 まで 思い 続け たい

自分 は 生きる 意味 が ある はず と

 

冷め た (「さめ た」) 目 で 笑い かけて る

魂 を 侵され た 奴

(「たましい を おかされ た やつ」)

涙 を 流す 痛み は ある の かい ?

 

言いたい 事 も 言えない こんな 世 の 中 じゃ POISON 

俺 は 俺 を だます こと なく 生きて ゆく OH OH

 

まっすぐ 向きあう 現実 (「いま」) に

誇り を 持つ ため に

戦う 事 も 必要 なの さ

 

階段 に すわり こん で

終ら ない 夢 の 話 を

夜 が 明ける まで 語り 続け てた

 

さりげ なく 季節 は 変わ り

無意識 に 視線 を 落と し

流さ れる 事 に 慣れ て (「なれ て」) くの か

 

小さ な 夢 も 見れ ない こんな 世 の 中 じゃ POISON

自分 らしさ ずっと いつでも 好き で いたい OH OH 

 

自由 に 生きて く 日々 を

大切 に したい から

行き たい 道 を 今 歩き だす

 

汚い 嘘 や 言葉 で 操られ たく ない POISON

(「きたない うそ や ことば で あやつられ たく ない」)

素直 な 気持ち から 目 を そらし たく ない

 

言い たい 事 も 言えない こんな 世 の 中 じゃ POISON

俺 は 俺 を だます こと なく 生きて ゆく OH OH 

 

まっすぐ 向きあう 現実 に

誇り を 持つ ため に

戦う 事 も 必要 なの さ

 

 

※「夏炉・冬扇」

 (「かろ・とうせん」)

 

「夏炉・冬扇」の「意 味」は

「下 記」だ、そうです。

 

「夏 炉」(「か  ろ」) の「炉」(「ろ」) は

「火 鉢」(「ひ ばち」) の 事 で

「寒 い・季節」に「使 い」ます。

 

「冬 扇」(「とう せん」) の

「扇」(「おおぎ」) は「うちわ」「同 様」に

「暑 い・季節」に「使 い」ます。

 

「夏炉・冬扇」と は
「季 節・外れ」(「き せつ・はずれ」) や

「時 期・外れ」で「役 に・立た ない」事 の

「たとえ」だ、そうです。

 

「そこ から」「転 じ」て「今 と・なって」は

「役 に・立た ない」「人」や「物」と、いう

「意 味 に・なった」そうです。

 

「夏炉・冬扇」の「由 来」は

「下 記」だ、そうです。

 

「中 国」「後漢・時代」の「思想・家」
「王 充」が「記 し・た」(「しる し・た」)

「遭 遇」が「出 展」だ、そうです。

 

「王 充」は「役」に 「立 た・ない」「才 能」や

「足 し」(「た し」) に も「な ら・ない」「意 見」を

「君 主」(「くん しゅ」) に

「捧・げる」(「ささ・げる」) 事 は

 

「夏」に「囲炉裏」(「いろり」) を

「冬」に「扇」(「おおぎ」) を

「差 し・上げ」る「様 な・もの 」だ と

「述 べ」(「の べ」) た、そうです、

 

「こ の」「文 章」を「簡 略・した」の が

「夏炉・冬扇」と、いう

「四字・熟語」だ、そうです。

 

「夏炉・冬扇」の「代表・的」な

「使用・例」は「下 記」だ。そうです。

 

・「こんな」に「寒 く・なった」の に

 「夏 物」の「半袖・シャツ」が

 「部 屋」に「散 ら・かって」いる と は

 「正 に」「夏炉・冬扇」だ。

 

・「夏 に・鍋 物」(「なべ もの」) を

 「冬 に・アイスクリーム」を

 「食べ る・事」を「夏炉・冬扇」と

 「言 う」の は「間・違い」だ。

 

「夏炉・冬扇」の「類義語」は

「下 記」だ、そうです。

 

・「屋上 屋 を・架す」

 (「おくじょう おく を・かす」)

 

 「既 に」「屋根 が・ある」の に

 「そ の・上」に「更 に」

 「屋 根」を「架・ける」事 で

 

 「無駄 (「むだ」) な・事」

 「役 に・立た ない」事 の

 「たとえ」だ、そうです。

 

・「六菖・十菊」

 (「りくしょう・じゅうぎく」)

 

 「端午 の・節句」や

 (「たんご の・せっく・  5 月 5 日」)

 「重陽 の・節句」に

 (「ちょうよう の・せっく・. 9 月 9 日」) 

 

 「ショウブ」や「キク」の「花」が

 「咲 く」の が「一・日」「遅 れ・た」為

 「役」に「立た な・かった」事 の

 「たとえ」だ、そうです。

 

 「現 代・流」で「言 え」ば

 「2 月 ・15 日」の
 「バレンタイン・チョコレート」

 

 「1 2 月・2 6 日」の

 「クリスマス・ケーキ」が

 「同 じ・意味」だ と「思 い」ます。

 

「夏炉・冬扇」の「対義語」は

「下 記」だ、そうです。

 

・「時期・尚早」
  (「じき・しょうそう」)


 「ある こと」を「行 ・なう」に は

 「ま だ」「早・過ぎ る」事

 

 「ま だ」「そ の・時期」が

 「来 て・いない」と、いう

 「意 味」だ、そうです。

 

 

「上白石 萌音」(「かみしらいし もね」) は

「巡る 季節が 通り過ぎ ても」の

「歌 詞」が 「有 る」「告 白」と、いう

「歌」を「歌 い」ました。

 

「2,017 年」に「リリース」し た

「ファースト」「配 信・シングル」です が

「再 生・回数」は「不 明」です。

「馬鹿 な・事」に「私」は

「名 前」が「似 て・いた」の で

「実・妹」「上白石 萌歌」(「もか」) の

「歌」を「選 曲・して」しまい ました。

 

「今 回」は「歌」の「歌 詞」か ら

「熟・語」「ことわざ」を

「決 め・る」「作 戦・だった」の で

 

「ブログ」の「手・直し」の 為 に

「スタート・ライン」に「戻っ・て」
「一・から」「出 直・し」ました。

 

「私」が「嫌・う」「無 駄」 な

「時・間」と「労・力」を

「費 (「つい」) や・して」しまいました。

 

「幸 い」に「時間・的」「余 裕」が

「有っ・た」の で

「切 羽・詰まる」(「せっ ぱ・つまる」) 事 は

「有 り・ません」でした。

 

 

「上白石 萌音」は「1,998 年・生まれ」で

「鹿児島 県」「鹿児島 市」「出 身」の

「女 優」「歌 手」です

 

「小学校・1年生」の「頃」「鹿児島・市内」の

「ミュージカル・スクール」に

「通 い・始め」ました。

 

「中学・1年生」の「時」

「シンデレラ・オーディション」で

「審査 員・特別 賞」を「受 賞」し

「東 宝・芸能」に「所 属」しました。

 

「中学 生・時代」は「週 末」に「鹿児島」か ら

「東 京」まで「通 い」「仕 事」を「こな し」ました。

「東 京」の「実践 学園・高校」 へ の「進 学」を

「機」に「上 京」しました。

 

「高校 卒業・後」「明治・大学」
「国際 日本・学部」に

「進 学」し

 

「得 意」の「英 語」に

「磨き を・かけ」

「仕 事」と「学 業」を

「両 立・させた」ようです。

 

< 「女優・活動」>

「2,011 年」「N H K」「大河・ドラマ」

「江〜姫たち の 戦国〜」で

「女優・デビュー」しました。

 

「2,012 年」「ミュージカル」「王様 と 私」で

「初・舞台」を「踏 み」「長 編 アニメ・映画」

「おおかみ と こども の 雨と雪」で は

「声 優」を「務 め」ました。

 

「2,014 年」に「公 開・され」た
「映 画」「舞妓 は・レディ」で

「800・人」を「超 え・る」

 

「オーディション」

「参 加・者」の「中」か ら

「主演 の・座」を「獲 得」し

「映 画」「初・主演」しました。

 

「監 督」の「周防 正行」か ら

「平 成」の「オードリー・ヘプバーン」と

「絶 賛」(「ぜっ さん」) され ました。

 

「演 技・力」が「評価・され」

「日本・アカデミー・新人 賞」他

「数々 の・賞」を「受 賞」しました。

 

「2,020 年」「1 月〜3 月」に

「T B S ・テレビ 系」で

「放送・され」た「テレビ・ドラマ」

 

「恋は つづくよ どこまでも」で

「佐藤 健」と「W・主演」し

「テレビ・アカデミー・主演 女優賞」を

「受 賞」しました。

 

「現 在」「放 送・中」の

「テレビ・ドラマ」に も

「多 数 の・番 組」に

「出 演・して」います。

 

<「歌手・活動」>

 

「2,016 年」「ファースト」「カバー・アルバム」

「chouchou」を「リリース」し

「歌手・デビュー」しました、

「同・アルバム」は「オリコン・3 位」でした。

 

「2,017 年」「初」の「オリジナル・曲」

「告 白」が「めざまし・テレビ  アクア」の

「テーマ・ソング」と、して「オン・エア」さ れ

「楽 曲・配信」が「開 始」され ました。

 

「2,020 年・8月」「サード・アルバム」

「note」を「リリース」し

オリコン・3位」に、なりました。

 

 

「上白石 萌音」「告白」

「作 詞」「作 曲」:「秦 基博」

 

最後 に 伝えよう と した の

あなた 気づいて いたよ ね

 

それなの に はぐら かし て

ズルイ よ 言えず じまい だ

 

こんな にも 苦しい 日 が あった こと も

いずれ 忘れて しまう の かな

あんな にも 愛しい (「いとしい」) 人 が いたこと も

いつか 忘れ られる かな

 

ハラハラ 散る 花びら に 紛れ (「まぎれ」) て く

あなた の 背中 ずっと 眺め て (「ながめ て」) いた

2 人 は 近づき も せず 遠く なる

巡る (「めぐる」) 季節 が 通り 過ぎて も

動けない まま 私 だけ が

 

あの 時 打ち明け て いて も

同じ 未来 だった の ?

 

子ども 扱い を して さ

すぐに からかう あなた

 

古 ぼけた 白い校舎 の 壁 が

いやに 輝いて 映った (「うつった」)

どれほど に 強く 願った と しても

二度 と 戻れ は しない のに

 

今 では 無い 花びら を 見上げて る

向こう の 空 が 透明 に 澄んだ (「すんだ」)

1 人 じゃ 支え (「ささえ」) きれず に うずくま る

今日 の 日差し は その 笑み (「えみ」) の よう に

狂 お (「くる お 」) しい ほど 優しい から

 

ハラハラ 散る 花びら に 消えて った

あなた の 幻影 (「かげ」) に そっと 手 を 伸ばし た

私 は いくあて も なく 歩 き 出す

幾度 (「いくど」) 季節 を こえた と して も

この 傷痕 (「きずあと」) を 抱えた まま

 

悲しい くらい

あなた の こと が 好き でした

 

 

「毒 にも 薬 にも・ならない」を「英 語」で

 

 「Neither Poison normedicine」

 

 (「毒 にも 薬 にも・ならない」) と

 

 「言 う」そうです。