何気なく使っている言葉の意味

物言えば唇寒し秋の風

 

「皆さん」は「物言えば唇寒し秋の風」(「ものいえばくちびるさむしあきのかぜ」) と、いう

「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。

 

物言えば唇寒し秋の風」の「意味」は

 

・「松尾 芭蕉」(「まつおばしょう」) が「詠んだ」(「よんだ」)「俳句」です。

 

・「物言えば」とは「悪口や・自慢」と、いった「余計なことを・言う事」を「意味」します。

 

・「唇寒し秋の風」とは「物を言う」為に「唇を開ければ」

   「秋の・冷たい風」が「唇に触れで・寒い思いをする」事を「意味」します。

 

・「人の欠点・短所」などの「悪口」や「自慢」など「余計な事」を「言ったり」すると

  「思いがけない・災難」を「招く事」に、なるから「謹んだ方が良い」と、いう事です。

 

・「人の悪口を・言うと」「自分の・器の小ささ」を「実感」し「後味が悪く」

 「空しい気持ちに・なる」と、いう「意味」です。

 

・「うっかり・物を言う」と「それが・原因」に、なって「災いを招く」と、いう「意味」です。

 

 

物言えば唇寒し秋の風」の「類義語」は「下記」です。

 

・「雉も鳴かずば撃たれまい」(「きじもなかずばうたれまい」)

 

 (「余計な事を言ってしまって、自ら災難を招く事」)

 

・「口は禍の門」(「くちはわざわいのかど」)

 

 (「言葉には十分に慎む」(「つつしむ」・「気を付ける;」)べきだという「いましめの事」)

 

・「口は災いの元」(「くちはわざわいのもと」)

 

 (「言葉は災いの元になりかねない」ので「十分に慎む」べきだという「たとえの事」)

 

 

 

物言えば唇寒し秋の風」の「対義語」は「下記」です。

 

・「思うこと言わねば腹ふくる」(「おもうこといわねばはらふくる」)

 

 (「思っていることを言わなければ、すっきり出来ないという事」)

 

・「物言わぬは腹ふくる」(「ものいわぬははらふくる」)

 

 (「思っている事を言えないのは、ストレスが溜まって落ちつかないという事」)

 

 

 

「松田 聖子」(まつだせいこ」)/は「風は秋色」という「歌」を、歌いました。

 

「松田 聖子」は「1,962年・生まれ」の「歌手」「女優」です

「1,970年代」を「代表する・アイドル」「山口 百恵」が「引退した」「1,980年」に

裸足の季節」で「歌手・デビュー」しました。

「その後のシングル」も「大ヒット」し「1,980年代」を「代表する」「アイドル」でした。

 

「伸びがあり・透明感」の、ある「歌声」で「突出した・表現力」を「持って」いました。

「いくらでも、声が出てきて、マイクがいらない」と「言った・音楽家」もいた、そうです。

 

「可愛らしい容貌」と「仕草」は「ぶりっこ」と「呼ばれ」ました。

「トレードマーク」と、なった「ヘアスタイル」「聖子ちゃんカット」は「若い女性の間」で

「大流行」し「真似た・髪型」(「まねたかみがた」) が「街に・溢れかえり」ました。

 

「デビュー・3曲目」の「風は秋色」から(「1,980年」) 「8年後の・シングル」(「26枚目」)
  「旅立ちはフリージア」まで「24曲連続」「オリコンシングル・1位」を「獲得」しました。

 

「1,885年」「映画で・共演した」のを「きっかけ」に「12歳・年上」の

石原プロ・所属」の「神田 正輝」と「結婚」しました。

「結婚・披露宴」は「テレビ中継」され「平均視聴率」「34.9%」を「記録」しました。

「翌年」「長女」「神田 沙也加」を「出産」しました。

 

「出産後」も「歌手活動」を「継続」し「ママドル」と、いう「呼称」が「生まれ」ました。

「1,996年」「松田 聖子・自身が「作詞」した「あなたに逢いたくて〜Missing You〜」が

「ミリオンセラー」と、なり「自身・最大」の「ヒット曲」に、なりました。

 

「その一方で」「週刊誌」の「過剰な・不倫スキャンダル報道」

 (「近藤真彦」他、計・3人」) が、有り「1,997年」「神田 正輝」と「離婚」しました。

「1,998年」「6歳・歳下」の「開業医」と「交際・2ヶ月」で「結婚」しました。

「2,000年」「2度目の・離婚」を、しました。

 

「2,012年」「2歳・年下」で「慶應義塾大学・医学部」の「準・教授」と

「3度目の・結婚」を、しました。

「恋多き・女」と「呼ばれ」「読者が選ぶ・嫌いな女」で

「上位に入った・時期」も、有りました。

 

「一方で」「現在も・歌い続ける」「松田 聖子」を「永遠の・アイドル」と

「高く・評価する人」も「大勢いる」そうです。

「紅白・歌合戦」に「22回・出場」し「記録更新中」です。

 

 

 

「松田 聖子」「風は秋色」「作詞」「三浦 徳子」「作曲」:「織田 裕一郎」

 

La La  La・・・Oh、ミルキィ・スマイル

あなたの腕の中で  旅をする

On、ミルキィ・スマイル 抱きしめて

やわらかな その愛で

 

忘れるために 訪れた (「おとずれた」) 海辺の街

ちぎれた愛が指に髪に 離れない

泣き虫なのは  あなたのせいよ

ふるえる心  愛のせいなの

冷たい砂 足跡 振り返れば

遠くで ほほえむ

あなたを あなたを 感じてるわ

On、ミルキィ・スマイル 抱きしめて

あなたの腕の中で  旅をするわ

Oh、nミルキィ・スマイル 受けとめて

やわらかな その愛で

 

恋する切符 (「きっぷ」) をy 手に入れた この街で

ひとつのソーダが  二本 揺れてた

泣き虫なのは  あなたのせいよ

心のあざは 愛のせいなの

冷たい秋 ひとりぼっちの 夕暮れ

遠くで ほほえむ

誰かが 誰かが 横切るのよ

Oh、ミルキィ・スマイル 抱きしめて

あなたの腕の中で  旅をする

On、ミルキィ・スマイル 受けとめて

やわらかな その愛で

 

La  La  La・・・Oh、ミルキィ・スマイル

あなたの腕の中で 旅をする

Oh、ミルキィ・スマイル 抱きしめて

やわらかな その愛で

 

 

 

※「女心と秋の空」(「おんなごころとあきのそら」)

 

「女心と秋の空」の「意味」は「下記」です。

 

・「変わりやすい・秋の空模様」の、様に「女性の・気持ち」も「コロコロ」と「変わ」る。

・「秋の空が変わりやすい」のは

 

「空の抜ける様な・青空」を「秋晴れ」と「言い」ます。

「高く済んだ秋の空」は「移動性・高気圧」の「乾いた・空気」のせい、で「他の季節」より

「上空の・雲」まで「よく見え」ます。

 

「一方」「秋の・天気」は「低気圧と・高気圧」が「交互に・通る」為、

「天気が・変わりやすい時期」です。

 

・「女心と秋の空」は「明治時代」の「ある時期」から「使われる様になった」そうです。

 

室町時代」から「男心と秋の空」と「言う」「ことわざ」が「使われてきた」そうです。

「女性に・対する」「男性の・気持ち」は「秋の空のように」「変わりやすい」と

「解釈」されています。

「すなわち」「男心は・移ろいやすく」「男の浮気ぐせ」は「治らないt」という「解釈」です。

 

「紫 式部」が「書いた」「源氏物語」の「主人公」で「女性遍歴」(「へんれき」)を「重ねた」

「光 源氏」は「男心と秋の空」の「代表格」と「言われて」います。

 

「男心と秋の空」は「恋愛に特化」した「言葉」です。

「女心と秋の空」は「恋愛を含め・生活全般」で「使われて」います。

「女性の方が」「喜怒哀楽の感情」が・激しく」「泣いていたかと思えば・すぐ笑っている」

「食べ物の・好み」や「趣味や興味」が「ちょくちょく変わる」等の「傾向が・有る」そうです。

「女心と秋の空」も「男心と秋の空」も「正しい言葉」です。

「女心と秋の空」という「言葉」が「広辞苑」に「初めて・掲載」されたのは「1,998年」と

「ごく・最近の話」で「説明文」は

・「心の変わりやすいことのたとえ」「男心と秋の空」の「男心」を「女心」を

 「置き換えしたもの」と「表現」されて、います。

 

 

「10月」を「旧暦」で「神無月」(「かんなづき」) と「言い」ます。

「全国の・神様」は「島根県」の「出間大社」(「いずもたいしゃ」) に、集まります。

「その為」他の地域の・神社」には「神様が・いなくなってしまう」為

「神無月」と「呼ばれる様に・なった」と、いう「説」が、あります。

 

「島根館」では「全国の・神様」が「集まっている」ので

神有月」(「かみありづき」)と「呼び」「神事」が「執り行われて」います。

「全国の・神社」には「留守番役の・神様」が「残っている」為「神社参り」は

「有効」と」いう「説」が「有力」です。

 

「1・10・14」「全日本大学駅伝」「箱根駅伝」と「並ぶ」「三大駅伝」の「一つ」

「第31回・出雲駅伝」が「テレビ・放映」されました。

「スタート・地点」を「出雲大社鳥居前」とし「ゴール・地点」を「出雲ドーム前」と、する

「全長・45.1km」「全・6区間」で「争われ」ました。

 

「下克上」(「げこくじょう」) で「私が大学生」の、頃の「上位・常連校」は

「予選通過」が「出来なかった」のか「1校も・出場」して、いませんでした。

「来年の・シード権」を「獲得した・入賞校」は「下記」でした。

三大駅伝」で「初優勝」した「國學院大学」の「台頭」(「たいとう」) は

「余りにも鮮烈」(「せんれつ」) でした。

 

「1位」  「國學院大学

「2位」  「駒沢大学

「3位」  「東洋大学

「4位」  「東海大学

「5位」  「青山学院大学

「6位」  「立命館大学

「7位」  「帝京大学

「8位」  「順天堂大学

 

以上が「来年の・シード権」を「獲得」しました。

 

 

「高田 みづえ」は「秋冬」(「しゅうとう」)と、いう「歌」を、歌いました。

「男心と秋の空」を「恨む歌詞」(「うらむかし」) に、なっています。

 

「高田 みづえ」は「「1,960年・生まれ」の「歌手」「タレント」です。

「1,977年」「硝子坂」で「アイドル歌手」と、して「デビュー」しました。

「硝子坂」「だけど・・・」「ビードロ恋細工」「花しぐれ」と「4曲・連続」「ヒット」し

「同年」「硝子坂」で「日本・レコード大賞・新人賞」を「受賞」しました。

 

「紅白・歌合戦」には「歌手生活・8年」) の、内「7回・出場」しました。

「1,985年」「当時・大関」で「大相撲・人気力士」だった

若嶋津」(「わかしまづ」) との「婚約発表」をし「芸能界引退・宣言」を、しました。

「同年」の「紅白・歌合戦」では「秋冬」を「歌い・感極まって」「涙声」に、なりました。

 

「同年」に「ホテル・ニューオータニ」で「行われた」「披露宴」は「テレビ中継」され

「30.2%」の「平均視聴率」を「記録」し「話題」に、なりました。

「1,987年」「若嶋津」が「引退」した後は「松ヶ根部屋」の「おかみさん」と、なり

「相撲部屋の・切り盛り」を「する様に」なりました。

 

 

「高田 みづえ」「秋冬」「作詞」:「中山 丈二」「作曲」:「堀江 童子

 

しゃれた日焼けに 涙が 流れる

あー 秋かしら

やさしく 説く (「とく」) ように 別れを告げた

あなた でした

心の水面に (「みなもに」)  さざ波がが 立って

あー 秋ですね

鏡を見つめて  小さな声で

一人で つぶやく 秋の詩 (「あきのうた」)

季節の 変わり目を

あなたの心で 知るなんて

もう恋も もう恋も 終わるのね

 

好きな曲ばかり ラジオに流れる

あー 秋かしら

私の わがままに いつも微笑んだ

あなた でした

深い空から 枯れ葉が 舞って

あー 秋ですね

あなたが返した 合鍵が 似合う

無口な 私に なりました

季節の 変わり目を

あなたの心で 知るなんて

もう恋も もう恋も 終わるのね

 

別れの 北風が

あなたと 私に 吹き込んで

もう冬も もう冬も 近いのね

 

 

物言えば唇寒し秋の風」を「英語」で「言う」と

 

「silence is goldfen 」

 

(「沈黙は金」)

 

と「言う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「馬子にも衣装」

 

「皆さん」は「馬子にも衣装」(「まごにもいしょう」) と、いう「ことわざ」を

「使った事」は「有り」ませんか?。

 

「孫にも衣装」(「まごにもいしょう」) と「勘違いしている人」が「いるそう」ですが

「誤用・表現」なので「気をつけて」下さい。

 

 

「馬子にも衣装」の「意味」は「下記」です。

 

 

・「馬子」(「まご」) とは「仔馬」(「こうま」) の事では「有り」ません。

 

・「馬子」とは「馬を引いて」「人や・荷物」を「運ぶ事を・職業」と、する「人」です。

 「うまおい」「うまかた」と「呼ばれて」います。


・「どんな人」で、あっても「身なりを・きちんと」すれば「良く見える」事です。

 

・「誰でも」「素敵な衣装を・着れば」「立派に見える」事です。

 

・「人」は「見かけ」に、より「容易に・印象」が「変わってしまう」事です。

 

・「豪華で無く」ても「清潔な・身なり」を「心掛ける」事は「大切」だと「思い」ます。

 

 

「馬子にも衣装」の「由来」は「下記」です。

 

・「当時」「馬子になる人」は「身分が低く・下働きの人」でした。

 

・「普段の服装」は「働きやすい・身なり」で「綺麗とは・言えない」「いでたち」でした。

 

・「そんな・馬子」でも「立派な衣装」を「身に付けると」「別人」に「見え」ます。

 

・「着ている物が・良い物」だと「立派に見えて」しまいます。

 

・「大した人物で無く」ても「地位・職位」が「有る」と「立派な人物」に

 「見えてしまう」のと「一緒」です。

 

 

「馬子にも衣装」と、いう「言葉を使う時」に「気を付けるべき事」は「下記」だ、そうです。

 

・「他人に対しての・褒め言葉」と、して「使う」のは「失礼に当たり」「不適切」です。

 

・「衣装が似合って」いたら「お似合いですね」「センスが良いですね」

 「何を着ても・お似合いですね」辺りが「妥当な・褒め言葉」の、様な「気が」します。

 

・「自分の・身内」が「褒められた時」には「謙遜」(「けんそん」) して

   「いえいえ、馬子にも衣装ですよ」と「言う」のは「正しい使い方」です。

 

・「親しい間柄の・相手」を「からかいの・気持ち」を、込めて「冗談半分」に

 「馬子にも衣装」と「言う」のは「許容範囲」だと「思い」ます。

 

 

「馬子にも衣装」の「類義語」と、しては「下記」が「有る」そうです。

 

・「鬼瓦にも化粧」(「おにがわらにもけしょう」)

 

 (「醜い容貌」(「みにくいようぼう」) の者も、化粧次第で美しく見える」)

 

・「猿にも衣装」(「さるにもいしょう」)

 

 (「誰でも外面を飾れば立派に見える」)

 

・「木株にも物着せよ」(「きかぶにもものきせよ」)

 

 (「形の悪い、木の切り株であっても、飾れば結構良く見える」)

 

 

 

「馬子にも衣装」の「対義語」と、しては「下記」が「有る」そうです。

 

・「公家にも綴れ」(「くげにもつづれ」)

 

  (「高貴な人でも、着ているものが粗末であれば、卑しく(「いやしく」) 見える」)

 「つづれ」とは「ぼろの着物の事」)

 

・「君飾らざれば家臣敬わず」(「きみかざらざればかしんうやまわず」)

 

   (「身分の高い人」で、あっても「着ているもの」が、粗末であれば、下品に見える」)

 

 

 

「1・7・7」〜「1・9・15」に、かけて「ラグビー」を「題材」に、した「テレビドラマ」

ノーサイド・ゲーム」が「放送」されました。

「原作者」は「池井戸 潤」で「ビジネス」(「仕事」) と

「ヒューマン」(「人間性」) を「テーマ」に、した「テレビドラマ」でした。

 

「大泉 洋・扮する」「君島 隼人」は「大手・自動車メーカー」の「中堅・サラリーマン」で

「会社に尽くし」「自分の仕事」に「誇りを・持って」いました。

  しかし「君島」は「上司と・対立」し「子会社」に「左遷」(「させん」)されました。

「其処で」「ラグビー部」の「GM」「ジェネラルマネージャー」を「命じられ」ました。

 

ラグビー部」「アストロズ」は「かつては・強豪チーム」でしたが「現在」は

「不振に喘いで」(「ふしんにあえいで」) いました。

ラグビー」の「知識も・経験」も、無い「君島」に「チーム・再建」と、いう「重責」が

「課せられ」ました。

 

「低迷」する「ラグビー部」と「出世の道を・断たれた」「君島」の

「再起を賭けた・闘い」が「始まり」ました。

 

「主演」の「大泉 洋」は「とてつもなく・長いセリフ」に「感動的な・言葉」を

「散りばめ」私を「何度も・泣かせ」ました。

「主題歌」は「馬と鹿」と、いう「歌」でした。

 

「歌った」のは「米津 玄師」(「よねづげんし」) でした。

「このドラマ」の、為に「書き下ろし」(「かきおろした」) た「歌」でした。

「再建を誓い」「奮起する・男の背中」を「力強く押してくれる」ような「曲」です。

 

「米津 玄師」は「1,991年・生まれ」の「シンガーソングライター」

イラストレーター」「映像作家」です。

「身長」が「188lcm」も「有り」「歌う姿」には「迫力」が「感じられ」ます。

 

「2,013年」「サンタマリア」で「歌手・デビュー」しました。

「2,015•年」「Flowerwall」が「オリコン初登場・3位」に「ランクイン」しました。

「2,017年」「orion」が「NHK・TVアニメ」「3月のライオン」の

「エンディング曲」に「採用」されました。

 

「2,018年」「Flamingo」が「オリコン初登場・1位」と、なりました。

「同年」「Lemon」で「紅白・歌合戦」に「初出場」しました。

「テレビ番組」に「生・出演」し「歌を・披露」したのは「これが・初めて」でした。

「これからが・楽しみ」な「歌手の・一人」だと「思い」ます。

 

「米津 玄師」「馬と鹿」「作詞」:「米津 玄師」「作曲」:「米津 玄師」

 

歪んで (ゆがんで) 傷だらけの春    (理不尽な仕打で、ボロボロになったが、いつか花が咲く」)

麻酔 (「ますい」) も打たずに 歩いた   (「耐えられない痛みを我慢し、闘ってきた」)

身体の奥底で 響く   (「秘められた・闘志と気力」が「体の中」で「うずいている」)

生き足りないと 強く   (「まだ、諦めないという、強い気持ち」)

 

また 始まるさ       (「現状から這い上がろう」と、する「気持ち」)

噛み 終えた  (「かみおえた」) ガムの味    (「頑張った」でも「未だ、やり尽くせていない」)

やりきれないままの 心で  (「切ない気持ちだけど」)

一つ一つ無くした 果てに  (「余分な物を捨て去った結果」)

ようやく 残ったもの     (「闘う精神」だけが「残った」)

 

これが 愛じゃ なければ   (「愛」とは「同じチームで一緒に闘う仲間との絆?」)

何と呼ぶのか 僕は知らなかった

呼べよ 花の名前を    (「花の名前」とは「到達しよう」と「努力」している「目標」)

ただ一つだけ 張り裂ける くらいに

 

鼻先が 触れる    (「ラグビー」で「スクラム」を「組む」と「相手の顔とぶつかる」)

呼吸が 止まる    (「力一杯に押す」ためには「呼吸は出来ない」)

痛みが 消えないままで 良い    (「体はボロボロ」でも「気持ち」で「闘う」)

Wou wou ・・・

何に 喩えよう (「たとえよう」)

君と 僕を    (「君」とは「ラグビー部員」「僕」とは「君島・GM?」)

踵に  残る 似た傷を    (「ラグビー部」も「君島・GM」も「辛い思い」を、した」)

晴れ間を 結えば「ゆえば」) まだ続く  (「希望を持ち続ければ、もっと先にまで行ける」)

行こう 花の咲かない うちに    (「目標を達成する」為には「たゆまぬ努力」が「必要」)

 

これが 愛じゃ なければ

何と呼ぶのか 僕は知らなかった

呼べよ 恐れるままに 花の名前を

君じゃなきゃ 駄目だと

 

鼻先が 触れる

呼吸が 止まる

痛みが 消えないままで 良い

 

あまりに くだらない世界が 消えない   (「枝葉末節」(「しようまっせつ・「どうでも良い

馬鹿 くさい           ささいな事」) を「騒ぎ立てる・世の中」は「変わらない」)

 

「難解な・歌詞」なので「私なりの・解釈」を「入れて」みました。

「最後の・2行」が「再建・復活」と「どう繋がるのか」「いくら考えて」も「分かり」ません。

「再建・復活」させても「新たな・敵」が「出現」し「元の木阿弥」と、なる「意味?」
「馬鹿くさい」は「馬鹿」の「否定的意味」なのか「肯定的意味」なのか「分かり」ません。

 

 

「1・10・13」「ラグビー」「日本」×「スコットランド」戦が、ありました。

「日本」は、これまで「ロシア」「アイルランド」「サモア」と「三連勝」し

「ベスト・8」へ「あと一歩」まで、来ていました。

「勝つが・引き分け」で「決勝・トーナメント」「進出・決定」でした。

 

「前半・40分」で「日本」は「3個」の「トライ」を奪い」「21 :  7」で「リード」しました。

「後半」の「スコットランド」の「逆襲」に「少しだけ・胸騒ぎ」が「有り」ました

  しかし「28 : 21」で「ノーサイド」と、なり「私の胸騒ぎ」は「杞憂」(「きゆう」) でした。

「日本」は「初の・準決勝進出」を「果たし」ました。

 

ノーサイド」とは「試合終了」を「意味」する「ラグビー・用語」です。

「試合が終われ」ば「勝利者・サイド」も「敗者・サイド」も「無い」と、いう

「崇高」(「すうこう」) な「ラグビー・精神」に「繋がっている」そうです。

 

 

※「馬鹿」

 

「馬と鹿」から「と」を、取ると「馬鹿」(「ばか」) に、なります。

「馬鹿」は「真逆の意味」で「使われる」と「言われ」て、います。

 

1・「否定的意味」(「ひていてきいみ」)

 

・「知能が劣り、愚かな事」

 

・「社会常識に、欠けている事」

 

・「役に立たず、機能を果たさない事」

 

2・「肯定的意味」(「こうていてきいみ」)

 

・「不器用ながらも、一つの道を曲げずに、歩き続ける事」

 

・「正直者は損をしたり、馬鹿をみる事」(「イワンの馬鹿」)

 

・「大馬鹿には、大物になる可能性がある事」

 

 

「米津 玄師」が「歌った」馬と鹿」の「歌詞」は「勿論」「後者」です。

 

 

 

「馬鹿の語源」には「何種類か・有ります」が「もっともらしい・説」を「採用」します。

 

・「昔」「秦の・2代皇帝」「胡亥」の、時代「権限を振るった」 

「宦官」(「かんがん」・「去勢」(「きょせい」された「官吏」(「かんり」) の

「趙高」は「謀反を企み」「廷臣」の、うち「自分の味方と・敵」を、「判別する」為

「一策を・案じ」ました。

 

「彼」は「宮中」に「鹿」(「しか」) を「引いて」こさせ「珍しい馬」(「うま」) が

「手に入りました」と「皇帝に・献上」しました。

「皇帝」は「これは「鹿」では、ないのか?」と「尋ね」ました。

「趙高」は「左右の・廷臣」に「これは「馬」に、相違あるまい?」と「聞き」ました。

 

「趙高を・恐れる者」は「馬」と「言い」ました。

「趙高を・恐れぬ」「気骨のある者」は「鹿」と「言い」ました。

「趙高」は「その後」「鹿と・答えた者」を「全て・殺した」そうです。

 

「常軌を逸した」(「じょうきをいっした」)「愚かな行為を・成した」「趙高」を

「後に・人々」は「馬鹿」と「言い」ました。

 

 

「鶴田 浩二」は「歌の中」に「馬鹿と阿呆のからみあい」と、いう「歌詞」が「有る」

「傷だらけの人生」と、いう「歌」を「耳に左手を、当てがいながら」歌いました。

 

「鶴田 浩二」は「1,924年・生まれ」(「大正・13年」) の「俳優」「歌手」です。

「昭和を・代表」する「映画・スター」と、して「数多く」の

「映画」「ドラマ」に「主演」しました。

「歌手」と、しても「多くの‘・ヒット曲」を、生み「独特の・歌唱法」で「有名」でした。

 

「1,948年」「長谷川  一夫」「主演」の「映画」「遊侠の群れ」で「デビュー」しました。

「甘さと・翳り」(「かげり」) を「兼ね備え」た「抜群の風貌」で「一躍」(「いちやく」)

「トップスター」に「踊りで」ました。

「1,949年」「フランチェスカの鐘」で「初・主演」を「果たし」ました。

 

「佐田 啓二」(「中井 貴一の父」)・「高橋 貞二」と、共に

「松竹」「三羽ガラス」と「謳われ」(「うたわれ」) ました。

「1,950年代」に「入って」も「甘い美貌」と「虚無の匂い」を「漂わせ」

「スター街道」を「駆け上がり」ました。

 

「芸能・雑誌」「平凡」「明星」の「人気投票」では「2位の・池部 良」
「3位の・長谷川 一夫」を「大きく引き離し」「1位」と、なりました。

「プロマイド」の「売り上げ」も「1位」と、なりました。

 

「恋人」と「噂された」「岸 恵子」と「共演」した「戦後初の・ロケ映画」

「ハワイの夜」も「大ヒット」しました。

「戦後・最大」の「ロマンス」と「言われた・2人」でしたが「岸が・所属する」

「松竹」は「結婚を・許さず」「傷心」した「鶴田 浩二」は「自殺未遂」を、しました。

 

「失意のどん底」に、いた「鶴田 浩二」を「励ました」のが「女優」の「中尾 照子」でした。

「1,955年」に「二人」は「結婚」しました。

「二人の間」には「3人の・娘」が、います。

 

「1,952年」「男の夜曲」で「歌手・デビュー」しました。

「その後」も「次々」と「ヒット曲」を「飛ばし」「戦後を・代表する」

「大スター」と、なって、行きました。

 

「1,953年」「鶴田 浩二・襲撃事件」が「発生」しました。

「当時」「鶴田 浩二」は「美空 ひばり」の「兄貴的・存在」でした。

「美空 ひばり」の「父親代わり」と「自称していた」「暴力団」「山口組・三代目組長」

「田岡  一雄」の「指示で起きた」「襲撃事件」でした。

 

「後に」「田岡」は「鶴田 浩二」の「脅しや・暴力」に「屈せず」

「筋を通す・生き方」を「認め」「和解」しました。

「三代目の前」で「堂々としていられる」のは「鶴田 浩二・しかいない」と

「周囲の・関係者」は「驚きを隠す事」が「出来ません」でした。

 

「襲撃事件」は「大きく・報道され」「山口組」は「地方の組織」から

「全国組織」へと「勢力を・拡大」して、行きました。

「襲撃事件」後も「鶴田 浩二」の「人気は・衰えず」「1日の・拘束」で

「出演料」「300万円」と、いう「日本映画史上」「最高の・ギャラ」を「得」ました。

 

「1,970年代」に、なると「傷だけの人生」が「大ヒット」し「同名」で「映画化」されました。

「左手を・耳に添えて歌う」「独特の・歌唱法」に「皆・驚き」ました。

「第二次・世界大戦」で「左耳が・難聴」に「なったせい」で「あの歌い方」を、したと

「言う人も・いれば」「死んだ・戦友の声」を「聞いている」と」「言う人」も、いました。

 

「1,985年」に「ガン」で、ある事が「判明」しましたが「本人」には

「告知」されませんでした。

「1,987年」「肺ガン」の為「「62歳」で「没し」ました。

「葬儀」には「軍服を・着た」「多くの・戦友」も「参列」し「軍歌を歌い・見送り」ました。

 

「鶴田 浩二」の「死」から「僅か・1か月後」には「同じく・昭和」の「大スター」だった

「石原 裕次郎」が「肝臓ガン」の為「52歳」で「逝去」しました。

「1年後」には「昭和の・歌姫」と「呼ばれて」いた「美空 ひばり」が

「肺炎と・呼吸不全」の為「死去」し「昭和の・大スター」が「次々」に「永眠」しました。

 

 

「鶴田 浩二」「傷だらけの人生」「作詞」:「藤田 まさと」:「作曲」:「吉田 正」

 

  <セリフ>

 

「古い奴だと、お思いでしょうが、古い奴こそ

新しいものを、欲しがるもんで、ございます。

どこに新しいものが、ございましょう。

生まれた土地は荒れ放題、今の世の中、

右も左も真っ暗闇じゃ、ございませんか。」

 

何から何まで  真っ暗闇よ

すじの通らぬ ことばかり

右を向いても 左を見ても

馬鹿と阿呆の からみあい

どこに男の ゆめがある

 

  <セリフ>

 

「好いた惚れた(「ほれた」) と、けだものごっこ、が

まかり通る世の中で、ございます。

好いた惚れたは、もともと、心が決めるもの・・・
こんなことを、申し上げる、私も

やっぱり古い人間で、ござんしょうかね。」

 

ひとつの心に 重なる心

それが恋なら それもよし

しょせんこの世は 男と女

意地に裂かれる(「さかれる」)  恋もあり

夢に消される 意地もある

 


  <セリフ>

 

「なんだかんだと、お説教じみたことを、申して参りましたが

そういう私も、日陰育ちのひねくれ者、

お天道様 (「おてんとうさま」) に、背中を向けて歩く・・・馬鹿な人間で、ございます。」

 

真っ平御免と (「まっぴらごめん」) と 大手を振って  (「おおでをふって」)

歩きたいけど 歩けない

嫌だ嫌です お天道様よ

日陰育ちの 泣きどころ

明るすぎます 俺ら (「おいら」) には

 

 

「馬子にも衣装」を「英語」で「言う」と

 

「Fine feafhers make fine birids 」

 

 (「立派な羽が、立派な鳥を作る」)

 

 と「言う」そうです。

 

 

何気なく使っている言葉の意味

「真綿で首を絞められる」

 

「皆さん」は「真綿で首を絞められる」(「まわたでくびをしめられる」)  と、いう

「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。

 

「1・10・9」「ノーベル・化学賞」を「受賞」した「吉野 彰・氏」 (「よしのあきら」) が

「記者団」からの「質問」に、対し「この言葉を・使い」「回答」しました。

「受賞理由」は「ケータイ」など、にも「使用されている」

リチウムイオン電池」の「開発」でした。

 

「吉野 彰・氏」は「旭化成」の「名誉フェロー」(「特別研究員」) です。

「研究開発費が・膨らむ中」(「ふくらむなか」)「実用化が・進まず」

「会社からの・期待」を「一身に・背負い」「製品化」に「努力した・日々」を

「真綿で首を絞められる」「毎日だった」と「表現」しました。

 

 

「真綿で首を絞められる」の「意味」は 

 

・「遠まわし」に「じわじわ」と「責め」られたり「痛めつけ」られたり、する事。

 

・「すぐに・とどめを刺さず」「時間をかけ」て「いたぶられる」事。

 

 が、「該当」するそうです。

 

 

『補足』

桑の葉」を「主食」に、する「蚕」(「カイコ」) は

「チョウ目・カイコ科」に「属する」「昆虫の・幼虫」です。

「絹」(「きぬ」) を「吐き出し」「蛹」(「サナギ」) の「すみか」と、なる

「繭」(「まゆ」) を「作り」ます。

 

「日本」でも「カイコ」に、よる「養蚕」(「ようさん」) は

「古代からの・歴史」が「有る」そうです。

 

「真綿」(「まわた」) とは「絹の一種」で「カイコの・まゆ」を「煮た物」(「にたもの」) を

「引き伸ばし」て「綿」(「わた」) に「した物」です。

「良質の物」は「生糸」(「きいと」) (「シルク」) と、して「絹製品」に「加工され」ました。

 

「真綿」は「白く」「光沢」(「こうたく」) が、有り「柔らかく・保湿性」に「富んで」います。

「昔から」「布団」「綿帽子」「防寒着」の、中に「詰め込む素材」と、して

「利用されて」きました。

「私が子供の頃」「家の・土間」(「どま」) で「カイコ」を「飼育」して、いました。

 

「2,014年」に「世界遺産に・登録」された「群馬県の・富岡製糸場」は

「1,872年」(「明治・5年」) に「生糸」を「取り出す・製糸場」と、して「建築」されました。
「日本」は「江戸時代・末期」に「開国」した際「生糸」が「主要な・輸出品」でした。

 

室町時代」に「綿花」(「めんか」) の「栽培技術」が「伝来」されました。

「綿花の・種子」は「成熟する」と「はじけて」「綿毛」(「わたげ」) が「現れ」ます。

「綿花畑」(「めんかはたけ」) には「ふわふわ」な「綿毛」が「密生」(「みっせい」) します。

「綿花」を「加工した・物」が「木綿」(「もめん」) (「コットン」) です。

 

「綿」には「動物性」の「真綿」と「植物性」の「木綿」が「有り」ますが

「全く・別物」です。

「真綿」は「木綿」より「白くて・光沢」が、有り「柔らかく」「保湿性」に

「優れて」います。

 

「真綿色」とは「真綿の・白く光沢がある色」の事です。

 

「真綿で首を絞められる」の「真綿」は「まゆ」から「取られた・繊維」で、有り

「しなやかで・強度が強い」ことから「首を・ゆっくりと」「絞めあげる事」が

「可能」なのだと「思い」ます。

「因みに」(「ちなみに」)「『締』められる」は「誤字」です。

 

「余談」ですが

「夏木 マリ」は「絹の靴下」と、いう「歌」を、歌いました。

「太田 裕美」は「木綿のハンカチーフ」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「私が支店を回っていた頃」「ある支店の・スタッフさん二人」と「一緒」に

「会議室」で「呟くように」(「つぶやく」)「木綿のハンカチーフ」を

「ハミングしてしまった事」が「有り」ました。

 

「三人共」「前日」に「同じ・テレビドラマ」を「観て」いました。

「ドラマの中」で「太田 裕美」が「木綿のハンカチーフ」を「歌っていた事」で

「話が・盛り上がって」しまいました。

 

 

「真綿で首を絞められる」の「類義語」と、しては

 

・「蛇の生殺し」(「へびのなまごろし」)

 

・「半殺し」(「はんごろし」)

 

・「生かさず殺さず」(「いかさずころさず」)

 

  (「徳川家康」は「百姓は生かさず殺さず」と「言いました」)

 

 が、「該当」するそうです。

 

 

「真綿で首を絞められる」の「対義語」を「検索」しても「出て来」ません。

 

・「秒殺」(「びょうさつ」・「瞬き(「まばたき「) する間に、相手をやっつける」)

 

・「安楽死」(「あんらくし」・「本人や・周囲の人」の「希望」に、より

 「苦痛の少ない・薬物」を「用い」「楽に・死なせる事」)

 

・「尊厳死」(「そんげんし」・「本人あるいは・家族」が「承認した時」

 「生命維持装置」を「取り外す」などして「死なせる事」

 「人間としての・尊厳」を「重んじる」為に「選択される・死の事」)

 

   辺りが「妥当」な「気が」します。

 

 

「布施 明」は「真綿色したシクラメン」の「歌詞」で、始まる

シクラメンのかほり」と、いう「歌」を、歌いました。

「真綿色」を「白い・綿花」が「咲き乱れる」「綿畑」(「わたはたけ」) を

「イメージ・していた人」は「多いのではないか」と「思い」ます。

 

「30・11・12」に「投稿」した「ブログ」「あちこち」で「紹介させて頂きました」が

  私は「30・9・30」に「開催」された「中学校の・同窓会」の「二次会」で

「この歌」を「歌い」ました。

 

「布施 明」は「1,947年・生まれ」の「歌手」「シンガーソングライター」「俳優」です。

横浜市立大学」の「学長を・努めた」「布施 勉」は「実兄」です。

「1,965年」「君に涙とほほえみを」で「歌手・デヴュー」しました。

 その後「恋」「霧の摩周湖」「「愛は不死鳥」「積み木の部屋」などが「ヒット」しました。

 

「1,975年」「シンガーソングライター」の「小椋 佳」(「おぐらけい」) より「提供」された

シクラメンのかほり」が「大ヒット」し「日本・レコード大賞」他

「数々の・賞」を「受賞」しました。

 

「その後」も「傾いた道しるべ」「陽ざしの中で」「落葉が雪に」「君は薔薇より美しい

「恋のサバイバル」等「ヒット曲」を「連発」しました。

「紅白・歌合戦」にも「常連・出場」し「日本を・代表する」「男性・アーティスト」へと

「確実に・成長」しました。

 

「1,980年」「ハリウッド・女優」「オリヴィア・ハッシー」と「結婚」し

「話題を・呼び」ました。

「同年」「アメリカ」に、渡り「歌手活動」や「ミュージカル」などで「活躍」しました。

「1,983年」「息子」が「生まれ」ました。

 

「1,989年」「布施 明」の「アメリカ」での「活動が・低調」に、なった事を「理由」に

「離婚」し「日本に・帰国」しました。

「当時の・日本」では「考えられない額」の「慰謝料・養育費」が「話題」に、なりました。

 

「2,013年」「65歳の・時」「50歳」の「歌手」(「代表曲」は「SHOW ME」) の

「森川 由香里」と「結婚」し「話題を・呼び」ました。

「紅白・歌合戦」には「通算・25回」「出場」しました。

「昭和を・代表する」「男性・歌手」の「一人」だと、私は「思って」います。

 

 

「布施 明」「シクラメンのかほり」「作詞」:「作曲」「小椋 佳」

 

真綿色 した シクラメン ほど

清しい  (「すがしい」) ものは ない

出逢いの時の 君の ようです

ためらいがちに かけた 言葉に

驚いたように ふりむく 君に

季節が 頬  (「ほほ」) を そめて 過ぎて ゆきました

 

うす紅色  (「うすべにいろ」) の シクラメン ほど

まぶしい ものは ない

恋する時の 君の ようです

木もれ陽  (「こもれび」) あびた 君を 抱けば  (「いだけば」)

淋しさ (「さみしさ」) さえも おきざりに して

愛が いつのまにか 歩き始め ました

 

疲れを 知らない 子供の ように

時が 二人を 追い越して ゆく

呼び戻すことが できるなら

僕は 何を 惜しむだろう

 

薄紫 (「うすむらだき」) の シクラメン ほど

淋しい  (「さみしい」) ものは ない

後ろ姿の 君のよう です

暮れ惑う街 (「くれまどうまち」) の 別れ道 には

シクラメンの かほり むなしく ゆれて

季節が 知らん顔して 過ぎて ゆきました

 

疲れを 知らない 子供の ように

時が二人を 追い越して ゆく

呼び戻すことが できるなら

僕は 何を 惜しむ だろう

 

 

※「シクラメン」の「花言葉

 

シクラメン」の「花言葉」は「照れ屋」「恥ずかしがり屋」「はにかみ屋」が

「代表的」で「控え目な・イメージ」の「言葉」ばかり、です。

 

Kinki Kids」(「キンキキッズ」) は「照れてるとき、髪をかきあげる」の「歌詞」で「始まる」

ボクの背中には羽根がある」と、いう「歌」を、歌いました。

 

キンキキッズ」は「1,993年」に「結成」され「堂本 光一」「堂本 剛」の「2人」で

「構成」する「アイドル・ヂュオ」(「ヂュエット」) です。

「2人の・姓」は「一緒」ですが「全くの・赤の他人」です。

「2人・共」「1,979年・生まれ」ですが「学年」では「光一」が「1年・先輩」です。

 

「1,997年」「硝子の少年」(「がらすのしょうねん」) で「デヴュー」しました。

「同曲」は「オリコン初登場・第1位」と、なり「178万枚」の「CD・売上」を

「記録」しました。

 

「デヴュー・シングル」の「売り上げ枚数」と、しては「小柳 ルミ子」の「私の城下町」

  (「1,971年・134万枚」) の「記録」を「26年・ぶり」に「更新」しました。

 

「デヴュー・以降」に「発売」した「愛されるより愛したい」「全部抱きしめて」

「フラワー」は「ミリオンセラー」と、なりました。

 

「2,002年」「東京ドーム」で「開催」された「コンサート中」に

「デヴュー以来・13曲」「連続」で「オリコンチャート・1位」の「記録」が

「ギネスに・認定された事」が「発表」されました。

 

「デヴュー・以来」「毎年・年末」に「カウントダウン・コンサート」を「行った」為

「紅白・歌合戦」には「出場」出来ませんでした。

「2,016年」「作曲者」で、ある「山下 達郎」の「薦め」が、有り「デヴュー曲」

「硝子の少年」で「紅白・歌合戦」に「初登場」しました。

 

 

Kinki Kids」「僕の背中には羽根がある」「作詞」:「松本 隆」「作曲」:「織田 哲郎」 

 

照れてるとき 髪かきあげる

ボクの癖を からかうんだね

寂しい午後 まばたきを して

ほら こんなに 近くに いるよ

 

何かを 言いかけて

海が おしゃべりを やめる

悩んで 沈んだ 日々も

そばにいれば ホッと した

 

ずっと 君と 生きてくんだね

ボクの背中には 羽根がある

どんな夢も かなう気が する

君を抱いて 空も飛べる

嘘じゃ ないよ

今、「幸福」(「しあわせ」) に 触った みたい

 

好きなんて 声に 出したら

この空気が ひび割れる かも

草の匂い 背伸びして 嗅ぐ(「かぐ」)

そんなとこも うりふたつ だね

 

明るい 笑い声

みんな ふり向いて 見てる

ふと 瞳があった 瞬間

何もかもが 自由だね

 

ずっと 君と生きてくん だね

胸に 頬寄せて 確かめる

どんな辛い 未来が 来ても

二人だったら 乗り切れるさ

嘘じゃ ないよ

今、「優しさ」に 触った みたい

 

きっと 君と生きてくん だね

胸に 頬寄せて 確かめる

どんな 辛い未来が 来ても

二人だったら 乗り切れるさ

 

ずっと 君と生きてくん だね

ボクの背中には 羽根が ある

どんな夢も かなう 気がする

君を抱いて 空も飛べる

嘘じゃ ないよ

今、「幸福」に 触った みたい

 

 

「真綿で首を絞められる」を「英語」で「言う」と

 

「They tormented me by slow degrees」  (「tormented」は「苦しみの過去形」)

                    (「slow degrees」は「ゆっくりと」)

  (「彼らは、ゆっくりと、私を苦しめた」)

 

 と「言う」そうです。

何気なく使っている言葉の意味

「逃した魚は大きい」

 

「皆さん」は「逃した魚は大きい」(「にがしたさかなはおおきい」) と、いう

「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。

 

「のがした」で「検索」しても「出て来」ますが「言葉の意味を・考える」と

「にがした」が「正しい」と「思い」ます。

 

「逃した魚は大きい」の「意味」は

 

・「一度手に入れかけた」のに「失った物」は「実際よりも・素晴らしく」「見える」です。

 

・「一度手に入りかけた物」を「失って」「惜しくなり」「実際より大きな価値」に

 「感じる事」です。

 

・「後に・振り返って」「失った物」に「実際よりも大きな・価値」を「感じ」

 「後悔する」事です。

 

・「恋愛において・良く使われる」「言葉」です。

 

 

「何か」を「手に入れ損ねた時」「その逃した物」が「大きな物だった様に感じて」

「後悔する事」は「有り」がちです。

 

「後悔している最中」には「失った物」が「実際には・大した物ではなかった」事に

「なかなか・気付かない」で「実物より・美化」(「びか」) して、しまうのが
「世の常」(「普通であること」) だ、そうです。

 

「冷静」に「物事を・判断する」「能力」を「身に付け」「後悔の・沼」から

「一刻も早く・抜け出し」「次に進む」のが「賢明」だと「思い」ます。

 そもそも「過ぎ去った時間」は「元には戻らず」「やり直す事はできない」ので

「後悔すること自体」が「未練がましい・行為」の、様な「気が」します。

 

 

「逃した魚は大きい」の「由来」は

 

・「三寸」(「約・9.09cm」) の「鯛」(「タイ」) でも「釣り上げる・寸前」に「逃がして」

 しまうと「逃げた鯛の・大きさ」は「一尺」(「約・30.3cm」) に、見える」

 

 だ、そうです。

 

 

「逃した魚は大きい」の「類義語」と、しては

 

・「逃がした物に小さい物なし」(「にがしたものにちいさいものなし」)

 

 (「逃したものは大きく見える事」)

 

・「逃げた鯰は大きく見える」(「にげたなまずはおおきくみえる」)

 

  (「逃がしたものは実際のそれよりも良く感じる事」)

 

・「死ぬる子は眉目よし」(「しぬるこはみめよし」)

 

 (「早く死んだ子は才能があったと惜しまれる事」)

 

・「死んだ子は賢い」(「しんだこはかしこい」)

 

 (「過去に去った者はその美点が目に付くという事」)

 

 が「該当」する、そうです。

 

 

「逃した魚は大きい」の「反対語」と、しては

 

・「酸っぱい葡萄」(「すっぱいぶどう」)

 

  (「何かを手に入れよう」と、して「失敗した時」に「その物の価値を・下げ」

 「悔しさを紛らわせ」「心の安定を・図ろうとする事」)

 

 が「該当」する、そうです。

 

イソップ寓話」(「ぐうわ」) に「酸っぱい葡萄」と、いう「物語」が「有り」ました。

 

「ある日」「お腹を空かせた・一匹のキツネ」が「森の中を・歩いて」いました。

 すると「目の前」に「大きな実をつけた・立派なブドウの木」が「生えて」いました。

「キツネ」は「舌なめずり」して「手を伸ばし」「ブドウを・取ろうと」しました。

 しかし「ブドウ」は「大きな木の・上の方」に「なって」おり「手が届き」ませんでした。

 

「全力で・ジャンプ」しても「手が届くこと」は「有り」ませんでした。

「キツネ」は「いくら頑張っても」「ブドウを・手に入れられない事」を「思い知り」ました。

「キツネ」は「うらめしそう」に「ぶどうの木を・見上げ」「言い」ました。

 

「なんだ、どうせ、あのブドウは・熟していないに決まっている」

「酸っぱいブドウの実なんて・欲しくもなんともないや」

 

「キツネ」は「自分の・力不足」を「認めず」「不合理な・言い訳」を、しました。

「キツネの・考え方」は「自分にとって・不都合な事」を

「覆い隠そう」(「おおいかくそう」) と、する

「心理学」に、於ける「合理化」に「相当」するそうです。

 

 

  私が「小学生の頃」「隣町」に「坂田の池」と、いう「大きな池」が「有り」ました。

「水際」には「沢山の・葦」(「あし」) が「生えて」いました。

「現在は・公園の一部分」に、なっています。

「池の周りは・遊歩道」が「囲い」「当時の面影」は「全く・残って」いません。

 

  私は「一人で」「自転車に・乗り」「たまに・釣りに行き」ました。

「竹で出来た・簡易な釣竿」で「エサ」は「ミミズ」でした。

「ある日」「とてつもない・大物」を「ヒット」して、しまいました。

「釣竿が・しなり」「池の中へ・引きずりこまれて」しまいました。

 

「何十分・格闘」したか「覚えて」いません。

「相手も疲れてきた」のか「魚影」(「ぎょえい」) を「見せ」ました。

「優に・1m」は「有る」「鯉」(「コイ」) でした。

「恐らく」「この池の・主」(「ぬし」) だと「思い」ました。

 

  私は「少しずつ」「陸に近づき」ました。

「私の持っていた」「たも網に・入る大きさ」では「有りません」でした。

「あと少しで」「体が」「池から陸に上がる時」でした。

「コイ」は「糸を切って・逃げて」しまいました。

 

「それからしばらくして」「池の近くにある・床屋」(「とこや」) に「行き」ました。

「床屋」には「大きな・魚拓」(「ぎょたく」) が「飾って」「有り」ました。

「床屋の・主人」に「尋ねる」と「1m・20cm」の「コイ」で「口には釣針が・1本」

「刺さっていた」と「答え」ました。

 

   私が「逃した・コイ」に「間違い有り」ません。

  私が「逃した魚」は「思い込み」で、無く「実際に・大きかった」のです。

  私は「悔しさを・感じません」でした。

 「子供の私」には「あの・コイ」を「陸まで・引き上げる」事は「無理」でした。

 

 

モーニング娘」は「逃がした魚は大きいぞ」の「歌詞」で「始まる」

「直感〜時として恋は〜」と、いう「歌」を、歌いました。

 

モーニング娘」は「1,997年」に「結成」された

「女性アイドル・ヴォーカル&ダンスグループ」です。

「モーニングセット」の、様に「色々ついてくる」「盛り沢山」「おトク感」を

「意図」した「ユニット」で「生みの親」で、ある「つんく」が「命名」しました。

 

「1,998年・1月」「モーニングコーヒー」で「メジャー・デヴュー」しました。

「歴代1位」の「21年連続」「オリコン・トップ10入り」を「果たし」で、います。

「紅白・歌合戦」には「1,998年」から「連続・10年」「出場」しました。

「レコード・大賞」も「4回」「受賞」しました。

 

 

モーニング娘」「直感〜時として恋は〜」「作詞」:「つんく」「作曲」:「つんく

 

逃した魚は 大きいぞ

出会い頭が 大切なのに

逃した魚は 大きいぞ

またこの次なんて あるわけ ないじゃん

 

そうだ  そうだ  そうだ  全く

そうだ  そうだ  そうだ  全く

そうだ   そうだ そうだ 全く その通り

 

この次に 出会う人

その先に 出会う人 そうだ そうだ そうだ 全く

欲望に きりは無く

夢ばかりが 広がる そうだ そうだ そうだ 全く その通り

 

目が合った その瞬間

女だけが 持っている そうだ そうだ そうだ 全く

ものすごい

直感が働く ときもある

 

そうだ そうだ そうだ 全く

そうだ そうだ そうだ 全く

そうだ そうだ そうだ 全く その通り

 

信じて 進むのか? そうだ そうだ そうだ そうだ そうだ そうだ そうだ

疑って 進むか? そうだ そうだ そうだ そうだ そうだ そうだ そうだ

どっちが 楽しい恋 ですか?

賢い人なら 分かるわ?

 

押したり 引いたり するけれど

自分に素直に 進めば いいじゃん

押したり 引いたりする たびに

裏目裏目に 結果が出たり・・・

そうだ そうだ そうだ 全く

そうだ そうだ そうだ 全く

そうだ そうだ そうだ 全く その通り

 

大好きと デザートは

入る場所が 違う そうだ そうだ そうだ 全く

電話より メールより

睡魔が  NO.1  そうだ そうだ そうだ 全く その通り

 

あわてんぼう さみしんぼう

かわいい 行動 そうだ そうだ そうだ 全く

でもなぜか 恋人に

見せるのとは 全く違う

 

そうだ そうだ そうだ 全く

そうだ そうだ そうだ 全く

そうだ そうだ そうだ 全く その通り

 

いつが 潮時か? そうだ そうだ そうだ そうだ そうだ そうだ そうだ

年収で 決めますか? そうだ そうだ そうだ そうだ そうだ そうだ そうだ

本当の愛って 何ですか?

分厚い辞書には 載って(「のって」) ますか?

 

逃した魚は 大きいぞ

出会い頭が 大切なのに

逃した魚は 大きいぞ

またこの次なんて あるわけ ないじゃん

 

そうだ そうだ そうだ そうだ そうだ そうだ そうだ 全く そうだ そうだ そうだ

そうだ そうだ そうだ そうだ そうだ そうだ そうだ 全く そうだ そうだ そうだ

 

逃した魚は 大きいぞ

出会い頭が 大切なのに

逃した魚は 大きいぞ

またこの次なんて あるわけ ないじゃん

 

逃した魚は 大きいぞ

出会い頭が 大切なのに

またこの次なんて あるわけ ないじゃん

 

 

※「逃避行」(「とうひこう」)

 

「逃避行」の「意味」は

 

・「すべてを投げ出して自由になる」と、いう「意味」では、有りません。

 

・「逃避」とは「取り組むべき事」に「困難や・不安」を「感じて」

   「逃げたり」「避けたり」する事、です。

 「現実逃避」(「げんじつとうひ」) と、いう「言葉」で「使われて」います。

 

・「行」は「いく」「すすむ」「あるく」等の「意味」が「有り」ます。

 

・「逃避」に「行」が「プラスされ」「逃げ出していってしまう」事に、なります。

 

・「逃避行」は「後ろめたい事がある人」「犯罪を犯した人」が「世間の目を避けて」

 「居場所」を「転々とする事」で「テレビドラマ」に「よく出て」きます。

 

 

「麻生 ようこ」は「逃避行」(「とうひこう」) と、いう「歌」を、歌いました。

 

「麻生 ようこ」は「1,955年・生まれ」の「歌手」です。

「1,974年」「逃避行」で「デビュー」しました。

「同年」「レコード大賞・最優秀新人賞」を「受賞」しました。

  私より「1歳・年下」なので「名前」「曲名」に「記憶」が「有り」ました。

 

「デビュー曲・以降」は「目立った・ヒット曲」に「恵まれなかった」様です。

「結婚を・契機」に「引退した」様ですが「時期」「相手の名前」は「不明」です。

 

「麻生 ようこ」「逃避行」「作詞」:「千家 和也」「作曲」「都倉 俊一」

 

あのひとから  言われたのよ

午前五時に  駅で待てと

知らない街へ  ふたりで 行って

一からやり直す ために

あのひとから  言われたのよ

友達にも  打ち明けるな

荷物をつめた  トランク さげて

また 空いた汽車を  空いた汽車を

見送ったー

昨日の酒に  酔いつぶれて いるのだわ

おそらく あの人の ことよ

それがなきゃ  いい人 なのに

あきらめたわ  私ひとり

キップ 買うー

 

あのひとにも  念を おした

裏切ったら  お別れだと

今までずっと  泣かされたけど

今度だけは 賭けて みると

あのひとにも  念を おした

遅れたなら  先に行くと

柱の時計  横眼で にらみ

また 空いた汽車を  空いた汽車を

見送ったー

女のひとに  引きとめられてるの だわ

おそらく あのひとの ことよ

それがなきゃ  いい人 なのに

あきらめたわ  私ひとり

汽車に 乗るー

 

 

「逃した魚は大きい」を「英語」で「言う」と

 

「You don't know what you've got, til it's gone」

 

 (「失った時やっとその良さが分かる」)

 

 と「言う」そうです。

 

 

 

何気なく使っている言葉の意味

「 背に腹はかえられぬ」

 

「皆さん」は「背に腹はかえられぬ」(「せにはらはかえられぬ」) と、いう

「ことわざ」を「使った事」が「有り」ませんか?。

「断腸の思い」(「だんちょうのおもい」) と、いう「ことわざ」と

「セット」で「使われる事が多い」「ことわざ」です。

 

 

「背に腹はかえられぬ」の「意味」は「下記」です。

 

・「背の為に腹を代えられぬ」と「言う」と「分かりやすい」「気が」します。

 

・「背中」は「体の中でも・面積が広く」「大切な・場所」です。

 

・「腹」には「五臓六腑」(「ごぞうろっぷ」) が「詰まって」おり「背中より・大切」です。

 

   (「お酒を飲んだ時」に「五臓六腑に・染み渡る」(「しみわたる」) と、いう「ことわざ」を

  「使う人」が、います)

 

  (「五臓」とは「心臓」・「肝臓」・「肺臓」・「腎臓」・「脾臓」(「ひぞう」) の事」)

  「六腑」とは「胃」・「大腸」・「小腸」・「胆」(「たん」)・「膀胱」(「ぼうこう」)

                      「三焦」(「さんしょう」「リンパ系・全般の事」) 

 

・「背中を・犠牲」に、しても「腹は・守らなけば」なりません。

 

・「大事を成し遂げる」為、には「必要・不可欠な物」は「守り切らなければなりません」が

  「他の物を・犠牲にして」も「やむを得ない」事の「たとえ」です。

 

・「究極の選択」(「きゅうきょくのせんたく」) を「迫られた時」に

   「止むを得ず」と、いう「シュチュエーション」で「使われる・言葉」です。

   「そうした状況の時」「その人」の「本音」や「価値観」が「分かる」そうです。

 

・「腹」を「自分」に「背中」を「他人」に「例えるとの・説」も「有り」ます。

 

  (「いくら大切な他人」(「背中」) で、あっても「自分」(「腹」) を「優先して・守る」)

  (「追い詰められた・状況」に、なったら「他人を気遣う・余裕」が、ない」)

 

 

「背に腹はかえられぬ」の「類義語」と、しては「下記」が「有る」そうです。

 

・「なりふりかまっていられない」

 

・「泣く泣く」

 

・「涙をのんで」

 

・「やむを得ない」

 

・「肉を切らせて骨を断つ」(「にくをきらせてほねをたつ」)

 

  (「自分自身も傷つく・覚悟」を、して「相手」に「より大きな・ダメージ」を「与える」)

 

 

「背に腹はかえられぬ」の「対義語」を「検索」しても「出て来」ません。

 

「なりふりかまっていられない」の「反対語」から「連想」して

 

・「武士は食わねど高楊枝」(「ぶしはくわねどたかようじ」)

 

  (「本当」は「生きる為に」「ご飯を食べる事が・大切」だが「そんなそぶり」は

  「一切・見せず」「あたかも・お腹いっぱい」の「ふりをする」)

 

・「渇しても盗泉の水を飲まず」(「かっしてもとうせんのみずをのまず」)

 

  (「どんなに辛く・苦しく」ても「不正」は「行わない」)

 

   辺りが「妥当」な「気が」します。

 

 

DADARAY」は「歌の中」に「背に腹はかえられぬ」の「歌詞」が「有る」

「WOMAN  WOMAN」と、いう「歌」を、歌いました。

 

DADARAY」(「ダダレイ」) は「2,018年」に「結成」された「男1人・女2人」の

「3人組」(「トリオ」) の「バンド」です。

 

「ユニット・名」「DADARAY」は「既成の秩序や常識」に、対する「否定・攻撃・破壊」と

  いった「思想」を「大きな特徴」と、する「DADAISM」(「ダダイズム」) の「DADA」と

「光」を「意味」する「RAY」を「組み合わせた・造語」です。

 

「既成の秩序や常識を、破壊する光」と、いう「意味合い」が「込められている」そうです。

「これからの活躍が・期待される」「ユニット」です。

 

 

DADARAY」「WOMAN  WOMAN」「作詞」:「川谷 絵音」「作曲」:「川谷 絵音」

 

ディナーの前に 化粧をなおす

私は 準備万端よ (「じゅんびばんたん」)

気持ちのいいことだけ しましょう

 

これは 想像の話

良い女にも 悪くも なれない

あなただけ  あなただけ

何人の幸せを 吸って 太ったの

 

かくして 私の1日は 何もなく 終わるんです

兎にも 角にも 歌いますから 覚悟して 聴いてね

 

どうして こんなに 早まるんでしょう

生きる仕草が 疎ましい (「うとましい」) のよ

刹那 (「せつな」) に 酔ってく あなたを 羨むわ (「うらやむ」)   (「刹那」・「極めて短い時間」)

一生 かけて

こうして つまらない 人生を

誰にも 共有出来ない のよ

かすかに 酔っている 私は 未熟者

好きに して

 

赤の他人の 成功を スクープ

好きな男に 売り飛ばしちゃおう

白い妬み (「ねたみ」) の 餌  (「えさ」)  の方が  値段は 下がるけど

 

大して 美しくない あなたも 使い方が 上手いよね

『背に腹はかえられぬ』 が  出来なかったのよ 私は

 

どうして こんなに 早まるんでしょう

生きる仕草が 疎ましいのよ

刹那に 酔ってく あなたを 羨むわ

一生 かけて

こうして つまらない 人生を

誰にも 共有出来ない のよ

かすかに 酔ってる私は 未熟者

好きに して

 

こんなに 楽しいこと ばかりを

頭の中で 踊らせる のに

一つも 華やかに (「はなやかに」)  羽ばたけない のは

私の せいね

こうして つまらない 人生を

誰にも 共有出来ない のよ

かすかに 酔っている 私は 未熟者

好きに して

 

 

※「背水の陣」 (「はいすいのじん」)

 

「背水の陣」は「時代劇」や「テレビドラマ」にも「よく出て」くる「ことわざ」です。

 

「背水の陣」の「意味」は「下記」です。

 

・「背水の陣」の「背水」とは「背中に水がある」つまり「自分の後ろに・川や海が有る」

   「状況」を「表し」「後がない」「逃げられない」事、です。

 

・「陣」とは「兵隊を設置すること」で「相手に勝つ為に敷かれる・兵隊の立ち位置」

     (「スタンス」) の事、です。

 

・「絶体絶命」(「ぜったいぜつめい」) の「状況下」で「決死の覚悟を・持ち」

   「戦い抜く」事、です。

 

・「後がない状況」で「必死に・戦いに挑む」事、です。

 

・「諦めざるを得ない・状況の中」で「諦めることなく・必死に物事に取り組む」事、です。

 

 

「背水の陣」の「由来」は「下記」です。

 

・「背水の陣」の「由来」は「中国・秦(「しん」) の「時代が・去り」

   「漢王朝」(「かんおうちょう」) との「戦い」を「迎えた・時代」に「さかのぼり」ます。

 

・「劉邦」(「りゅうほう」) の「軍師」「韓信」(「かんしん」) は「敢えて」「兵士達」を

   「川の前に配置」させ「負ければ・死を覚悟」と、いう「状況に・追い込み」

   「必死に・戦わせる」ことで「見事に・勝利」を「収め」ました。

 

・「後ろに川がある陣」の「敷き方」は「生きるか・死ぬか」の「覚悟を決めさせる」為

   「敵兵」に「何とも・愚かな陣地を敷いたものだ」と「油断させる」

   「心理的な・戦略」でも「有り」ました。

 

 

「亀と 山p」は「背中越しのチャンス」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「2017年・4月期」に「放送」された「土曜・10時ドラマ」「ボク、運命の人です」の

「主題歌」の、為に「亀梨 和也」と「山下 智久」が「タッグを・組んだ」

「限定版・ユニット」です。

 

「亀梨 和也」(「かめなし かずや」) は「1,986年・生まれ」の「俳優」「タレント」で

「男性・アイドルグループ」「KAT-TUN」の「メンバー」です。

 

「亀梨 和也」「赤西 仁」「田中 淳之介」「田口 聖」「上田 竜也」「中丸 雄一」の

「6人組」(「セクステット」) で「グループ・名」は「メンバーの・名字」の「イニシャル」を

「繋げて」(「つなげて」) おり「「勝運」(「かつうん」) に「引っ掛けて」います。

 

「2,010年」に「赤西」「2,013年」に「田中」「「2,016年」に「田口」が「脱退」しました。

「残る・3人」(「トリオ」) で「1年・8ヶ月間」の「充電期間」(「活動停止」) を「経て」

「2,018年・1月」に「再始動」しました。

 

「山下 智久」は「1,985年・生まれ」で「千葉県・松戸市」「出身」の「歌手」「俳優」です。

「愛称」で、ある「山p」の「p」は「山下」が「好んで・ピンク色の服」を「着ていた」為

「pink」の「頭文字」から「とられた」と「言われて」います。

 

 

「亀と 山p」「背中越しのチャンス」「作詞」:「作詞」「作曲」:「KOUDAI  IWATUBO」

 

100回の 恋も

君がいなくちゃ   unhappy

気づいて いたんだぜ

ふいに見せた 笑顔

昔から 一緒で

 

こんな僕で いいかな

Fu  Fu  Fu  Fu

ほら  on  your  face

寝グセも 気分屋も

このまま  このままじゃ ダメ・・・?

yeah  yeah  yeah

 

いっそ 僕ら

何回でも 恋をして

何回でも 愛していこう

ちゃんと 言う 君に

ちゃんと 言う

好きの 二文字を この声で

何回でも 更新しよう

最高の 思い出を

現実的じゃ なくてもいい

君との 運命

描いて いこう

僕らだけに 見える  happiness

 

四苦八苦から 千載一遇で (「せんざいいちぐう」)

baby  この物語

中越しの チャンスは

いつも 空回り

 

説明が できない

Fu  Fu  Fu  Fu

そう  is  this  love

気づいて いないフリ

このまま  このままじゃ ダメ・・・?

 yeah  yeah  yeah

 

きっと 僕ら

何回 間違ったって

何回でも 愛していこう

ちゃんと 言う 僕は

ちゃんと 言う

やっぱり 君が好き なんだ

何回でも 更新しよう

最後の 笑い声を

境界線は なくて いい

君との キセキ

繋いで (「つないで」)  いこう

出会いから 続いた  happiness

 

Up  &  Down   右に  左に

決断一つで  Roll, Rolling

でも いつだって この人生

君が いれば

it's  OK!!・・・

ほら

 

難解な この恋を

何回でも 解いていこう

ちゃんと 言う 君に

ちゃんと 言う

運命の恋 願い 込めて

 

ずっと 僕ら

何回でも 恋をして

何回でも 愛していこう

ちゃんと 言う 君に

ちゃんと 言う

好きの 二文字を この声で

何回でも 更新しよう

最高の 思い出を

現実的じゃ なくていい

君との 運命

描いて いこう

僕らだけに 見える  happiness

 

恋 しようぜ

愛して いこう

 

 

お「背に腹はかえられぬ」を「英語」で「言う」と

 

「Necessity has no law」

 

  (「必要の前に法律は無い」)

 

  と「言う」そうです。

何気なく使っている言葉の意味

「獅子奮迅」

 

「皆さん」は「獅子奮迅」(「ししふんじん」) と、いう

「四字熟語」を「使った事」が「有り」ませんか?。

 

「獅子」(「しし」) とは「ライオン」の事、です。

「ライオン」は「百獣の王」とも「呼ばれ」る「ネコ科・最大級」の「食肉・動物」です。

「雄」(「オス」) には「見事な・鬣」(「たてがみ」) が「生えて」います。

「成長」すると「オスの・体長」は「250cm」「体重」は「240kg」に「達する」そうです。

 

「主に・中央アフリカ」に「生息」し「シマウマ」「インパラ」「ヌー」などの

「大型・草食動物」を「主食」にして、います。

 

「獅子」には「上記とは・違う意味」が、「有り」ます。

「招福駆邪」(「しょうふくくじゃ」・「福を招き入れ」「邪気を追い払う」) の、為に

「舞う」「獅子舞」(「ししまい」) や「神社の狛犬」(「こまいぬ」) は

「獅子が・元」に、なったと「言われて」います。

 

「中国」には「ライオン」は「生息」しておらず「獅子」は

「想像上の・生き物」と、されていました。

 

チベット」から「ライオンの・特徴」で、ある「鬣」(「たてがみ」) を、持つ

シーズー」と、いう「小型犬」が「渡来」し「間違って」「獅子」と

「名付けられて、しまった」そうです。

 

「言われてみれば」「シーズーの・顔」は「獅子舞」の「獅子の顔」「神社の・狛犬の顔」に

「似ている気」が、します。

「現在」でも「シーズー」の「中国名」は「獅子」だ、そうです。

 

 

「獅子奮迅」(「ししふんじん」) の「意味」は

 

・「獅子奮迅」の「獅子」は「ライオン」の「意味」です。

   「獅子奮迅」の「奮迅」は「激しく奮い立つ」(「ふるいたつ」) と、いう「意味」です。

 

・「ライオン」は「百獣の王」で「動物界の・頂点」に「立つ・存在」です。

 

    つまり「とても強い人」「最強の人」と、いう「意味」が「込められて」います。

 「そのような人」が「激しく奮い立つ」のですから「途方も無い力を持つ人間」と、して

 「大活躍する」「ドラゴンボール」の「悟空」(「ごくう」)を「イメージ」させます。

 

 

「獅子奮迅」の「類義語」と、しては

 

・「疾風怒涛」(「しっぷうどとう」)

 

    (「激しく吹く風」や「激しく打ち寄せる波」の、様に「迫力のあるさま」の事)

 

・「天下無双」(「てんかむそう」)

 

    (「天下に並び立つものがいない」くらい「強い人」)

 

・「一騎当千」(「いっきとうせん」)

 

    (「一人の力」が「千人の力」に「匹敵する」の、「意味」から

   「人並み外れた」「能力」や「経験を持つ人」の「たとえ」)

 

・「破竹の勢い」(「はちくのいきおい」)

 

   (「猛烈な勢いで進んでいく事」「勢いが激しく止める事が出来ない」)

 

 

  辺りが「妥当」する、そうです。

 

 

「獅子奮迅」の「対義語」を「検索」しても「出て来」ません。

 

・「烏合の衆」(「うごうのしゅう」)

 

    (「カラスの群れ」の様に「規律」も「統制」も、無い「大勢の人の集まり」)

 

・「斜陽」(「しゃよう」・「太宰 治」の「小説の題名」)

 

   (「没落していくこと」の「もののあわれ」(「しみじみとした情緒」)を「表現した言葉」)

 

・「凡庸」(「ぼんよう」)

 

    (「平凡」で「とりえがない事」「優れた点も無い・凡人」) 

 

 

   辺りが「妥当」な「気が」します。

 

 

「高倉 健」は「唐獅子牡丹」(「からじしぼたん」) と、いう「歌」を、歌いました。

 

「高倉 健」は「1,931年・生まれ」の「俳優」「歌手」です。

「1,998年」に「紫綬褒章」「2,006年」に「文化功労賞」「2,013年」に「文化勲章」を

「受賞」した「大・スター」でした。

「1,956年の・映画」「電光空手打ち」で「芸能界・デヴュー」しました。

 

「1,964年」「日本侠客伝」に「主演」し「寡黙な・立ち姿」と「目力」が「印象的」でした。

「以降」「任侠映画」で「活躍」し「耐えに耐えた末・自ら死地に赴く・ヤクザ役」を

「好演」しました

 

「1,964年」から「始まる」「日本侠客伝シリーズ」「1,965年」から「始まる」

網走番外地シリーズ」で「東映」の「看板スター」に、なりました。

 

「1,966年」には「昭和任侠伝シリーズ」の「主題化」「唐獅子牡丹」が「大ヒット」しました。

 

「1,970年代」「安保」を「巡る・社会情勢」の「中」で

「鍛えられた肉体の・背筋」を「ピン」と「伸ばし」

「寡黙に」理不尽で不条理」な「仕打ちに耐え」「言い訳をせず・筋を通し」

「遂には・復習を果たす」と、いう「役柄」が「主」でした。

 

「高倉 健」が「演ずる・主人公」は「サラリーマン」や

学生運動に・身を投じる学生」等

「当時の・男性」から「熱狂的な・支持」を「集め」ました。

「オールナイト興行」でも「立ち見」が「溢れ」ました。

 

「1,959年」「初代・三人娘」の「一人」「江利 チエミ」と「結婚」しました。

「1,971年」「江利 チエミ」からの「申し出」で「離婚」しました。

「高倉 健」は「その後」「独身を・貫き」ました。

「江利 チエミ」は「脳卒中」で「45歳の・若さ」で「不慮の死」を「遂げ」ました。

 

「1,976年」「任侠路線を・継続」する「東映・映画」と「対立」し「退社」しました。

「1,977年」「八甲田山」「幸福の黄色いハンカチ」に「主演」し「ブルーリボン賞」と

日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞」との「ダブル・受賞」に「輝き」ました。

「2,013年」「政府」は「高倉 健を・含む」「5人」に「文化勲章」を「授与」しました。

 

「2,014年・11月」「悪性・リンパ腫」の為「満・83歳」で「死去」しました。

「高倉 健」の「遺志」に、より「近親者のみ」に、より「密葬」が「執り行われ」ました。

「高倉プロモーション」から「死亡を報告する」「FAX」が「配信され」ました。

『往く道は精進にして、忍びて終わり悔いなし』の「言葉が・添えられて」いました。

 

 

「高倉 健」「唐獅子牡丹」「作詞」:「水城 一狼」「作曲」:「水城 一狼」

 

義理と人情を  秤(「はかり」) にかけりゃ

義理が重たい  男の世界

幼なじみの  観音様にゃ     (「観音様」とは「浅草観音」の事」)

俺の心は  お見通し

背中(「せな」) で吠えてる(「ほえてる」)   唐獅子牡丹

 

親の意見を  承知ですねて

曲がりくねった  六区の風を    (「六区」とは・「東京随一の盛り場」「浅草・六区」の事」)

つもり重ねた  不孝(「ふこう」) のかずを

なんと詫び(「わび」) よか  おふくろに

背中で泣いてる  唐獅子牡丹

 

おぼろ月でも  隅田の水に

昔ながらの  濁らぬ(「にごらぬ」) 光

やがて夜明けの  来るそれまでは

意地でささえる  夢ひとつ

背中で呼んでる  唐獅子牡丹

 

 

※「眠れる獅子」

 

「眠れる獅子」(「ねむれるしし」) の「意味」は 

 

・「大きな力を持ちながら」も「その力」を「十分に発揮しないままでいる人」の事。

 

・「潜在能力は高い」と「評されている」が「今はまだその能力を発揮できず」

   「鮮烈な活躍が出来ていない人」の事。 

 

   だ、そうです。

 

 

「子供が選んだ、最強動物・ベスト5」は

 

「1位」「ライオン」

 

「2位」「チーター」

 

「3位」「トラ」

 

「4位」「クマ」

 

「5位」「カバ」 

 

だ、そうです。

 

「何れの・動物」も「覚醒」(「かくせい」・「目覚めれいる事」) している事が「条件」です。

「自らの意思」で「わざと眠っているのか」

「或いは」「誰かに」「眠らされているのか」「分かりません」が

「眠っていた」ら「ネズミ」も「馬鹿にして「体の上を・歩いていく」かも「知れ」ません。

 

「目覚めよ!」「本来の自分」と「隠された本能」と「言った人」が、いました。

「自分の能力を知り」「「限界まで・使い切った人」が「人生の勝者」です。

 

「自分の・能力」を「知る為」には「自分から・積極的」に「行動して」

「多くの経験を・積む以外」には「無理」と、思います。

 

「多くの経験」を「重ねていく中」で「今まで想像だにしなかった・潜在能力」に

「遭遇する事」は「有りがち」な「話」です。

「考えていて」も「答え」は「見つからない」と「思う」ので「兎に角」(「とにかく」)

「動く事」を「お勧め」します。

 

 

「岩崎 宏美」(「いわさき ひろみ」)は「さあ眠りなさい」の「歌詞」で「始まる」

「聖母」(「マドンナ」) たちのララバイ」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「岩崎 宏美」は「「1,958年・生まれ」の「歌手」「女優」です。

「歌手」「女優」の「岩崎 良美」は「3歳・年下の」「実妹」(「じつまい」)です。

「岩崎 宏美」は「1,975年」「二重唱」(「ヂュエット」) で「デビュー」しました。

「セカンドシングル」「ロマンス」が「大・ヒット」し「紅白・歌合戦」に「初出場」しました。

 

「1,977年」「思秋期」(「ししゅうき「) が「大・ヒット」し

「日本・レコード大賞・歌唱賞」を「受賞」しました。

「1,982年」「聖母たちのララバイ」が「大・ヒット」しました。

「1,983年」「センバツ高校野球大会」の「入場行進曲」に「選ばれ」ました。

 

「1,986年」「妹」の「岩崎 良美」の「青春」(「タッチ」の「主題歌」) が

センバツ高校野球大会」の「入場行進曲」に「選ばれ」ました。

 

「1,988年」「青年実業家」と「結婚」し「2人の・男児」を「出産」しました。

「1,995年」に「協議離婚」が{成立」しました。

「夫」は「岩崎 宏美」に「芸能界を引退」し「家庭に入る事」を「望んだ」そうです。

  しかし「岩崎 宏美」は「家事」「子育て」を「行いながら」「歌手活動を継続」しました。

 

「協議離婚」の「条件」は「子供の親権」を「相手に渡す事」でした。

「岩崎 宏美」は「子供」と「2ヶ月に一回」しか「会えなくなり」ました。

「この意味」が「私には理解でき」ません。

 

「岩崎 宏美」が「この条件」に「不満があったのであれば」ば

「協議離婚」で、無く「裁判所を・介した」「離婚調停」で

「決着すべきだった」と「思い」ます。

「夫」は「離婚の翌年」に「再婚」しました。

 

「後妻」は「二人の子供」と「養子縁組」した「結果」「後妻」が

「二人の子供」の「母親」と、なりました。

「岩崎 宏美」は「裁判を起こそう」と「考えた」そうですが

「裁判中は子供に会わせない」と「言われ」「主張」を「取り下げた」そうです。

 

「岩崎 宏美」は「2,009年」に「俳優」の「今 拓哉」と「再婚」しました。

「年齢のせい」か「二人の間」には「子供」は「いない」そうです。

「前・夫」との「二男」と「三人」で「仲良く・暮らして」いる、そうです。

 

 

「岩崎 宏美」「聖母たちのララバイ」「作詞」:「山川 啓介」「作曲」:「大森 俊之」

 

さあ  眠りなさい

疲れきった  体を投げ出して

青いその  まぶたを

唇でそっと  ふさぎましょう

 

ああ  できるのなら

生まれ変わり  あなたの母に なって

私の  いのちさえ

差しだして  あなたを 守りたいのです

 

この都会(「まち「) は  戦場 だから

男は みんな  傷を負った 戦士

どうぞ  心の痛みを ぬぐって

小さな 子供の昔に 帰って

熱い胸に  甘えて

 

そう  私にだけ

見せてくれた  あなたの その涙

あの日から  決めたの

その夢を支えて  生きて ゆこうと

 

恋ならば  いつかは 消える

けれども  もっと深い愛が あるの

ある日 あなたが  背中を 向けても

いつも私は  あなたを 遠くで

見つめている  聖母(「マドンナ」)

 

今は  心の痛みを ぬぐって

小さな子供の昔に  帰って

熱い胸に  甘えて

 

 

「獅子奮迅」を「英語」でも「言う」と

 

「Like Fury Mad」

 

  (「獅子奮迅の勢いで」)

 

  と「言う」そうです。

 

 

何気なく使っている言葉の意味

唐変木

 

「皆さん」は「唐変木」(「とうへんぼく」) と、いう「慣用句」を「使った事」は

「有り」ませんか?。

 

「何故か」「唐突」(「とうとつ」) に「この言葉」を「思い出し」ました。 

「昔」は「相手」を「罵る時」(「ののしるとき」) に「良く・使って」いました。

唐変木」は「死語」(「しご」) に「なりつつある・言葉」かも「知れ」ません」

「変わり者」を「揶揄」(「やゆ」・「からかう」) する時に「使う言葉」でした。

 

 

唐変木」の「意味」は

 

・「偏屈」(「へんくつ」)「で「かたくな」で「素直で無い」人。

 

・「強情」で「風変り」で「ひねくれた」人。

 

  だ、そうです。

 

 

唐変木」の「由来」は

 

・「遣唐使」(「けんとうし」) が「中国」から「持ち帰った木」が「変な形の木」だった事。

 

  だ、そうです。

 

 

唐変木」の「類義語」は

 

・「分からず屋」(「わからずや」)

 

・「意地っ張り」(「いじっぱり」)

 

・「変人」(「へんじん」)

 

・「強情」(「ごうじょう」)

 

・「頑固」(「がんこ」)

 

・「気難しい」{「きむずかしい」)

 

・「へそ曲がり」(「へそまがり」)

 

・「エキセントリック」(「性格や行動が普通でない人」「風変わりな人」)

 

  辺りが「該当する」そうです。

 

 

唐変木」の「対義語」は

 

・「素直」(「すなお」)

 

・「柔順」(「じゅうじゅん」「性格的におとなしく、逆らわない事」)

 

・「温順」(「おんじゅん」」「性格の穏やかさ」「人に逆らわない性格」であるさま」)

 

  辺りが「該当する」そうです。

 

 

欅坂46」は「エキセントリック」と、いう「歌」を、歌いました。

 

欅坂46」(「けやきざか・46」は「2,015年」に「結成」された「アイドルグループ」です。

「坂道シリーズ・第2弾」と、して「乃木坂46」の「関連グループ」に「属して」います。

「2,016年」「サイレントマジョリティ」で「デビュー」しました。

 

「2,016年」「サイレントマジョリティ」「紅白・歌合戦」に「初出場」しました。

「2,018年」まで「3年連続・出場中」です。

 

 

欅坂46」「エキセントリック」「作詞」:「秋元 康」「作曲」:「ナスカ」

 

あいつが ああだって 言ってた

こいつが こうだろって 言ってた  差し出す人のない 噂の類 (「うわさのたぐい」)

確証ないほど  拡散する

 

意外に ああ見えて こうだとか

やっぱり そうなんだ なんてね

本人も 知らない 僕が  出来上がってる

違う自分  存在するよ

 

何が真実(「ほんと」) なんて  どうでもいい

わかってもらおうなんて  無理なんだ

倒れて行く  悪意の ドミノ

止めようたって  止められない

 

訂正した  とこで

また同じことの  繰り返し

 

もう、そういうの  うんざり なんだよ

 

誰もが 風見鶏 (「かざみどり」) みたいに

風の向き 次第で

あっちこっち へと コロコロ 変わる

世間の声に 耳を塞いで (「ふさいで」)

生きたいように  生きるしか ない

だから  僕は 一人で

心閉ざして 交わらない (「まじわらない」) んだ

 

I am eccentric   変わり者で いい

理解されない方が  よっぽど楽だと 思ったんだ

他人 (「ひと」) の目  気にしない  愛なんて 縁を 切る

はみ出して しまおう  自由なんて そんなもの

 

あれって ああだって 聞いたよ

ホントは こうらしいって 聞いたよ

推測だらけの  伝言ゲーム

元のネタは  どこにある?

 

絶対 誰にも 言うなよ

ここだけの話って 耳打ち

漏れない 秘密  いつも 筒抜けで

口が固い奴など  いるものか

 

もう 誰が味方なんて  どうでもいい

損得は  関係ない

信じる  信じない

無責任な  友達ごっこ

 

肯定も  否定も  嘘も

都合いいように  されるだけ

 

もう、そういうの  勘弁してよ

 

すべてが フィクション  妄想だって

大人気ない  イノセンス (「無実」「無罪」「天真爛漫」「無邪気」)

嘘とか 欺瞞 (「ぎまん」) に溢れる (「あふれる」) 世界

キレイな川には  魚はいないと      (「鴨 長明」「方丈記」の「一節」)

したり顔して 誰かは 言うけど

そんな  汚い川 なら

僕は 絶対 泳ぎたくは ない

 

I am eccentric  変わり者で いい

普通なんか  ごめんだ  僕は僕で  生きさせて くれ

敬遠 されたって  好きなように  生きてくよ

カメレオン みたいに 同じ色に 染まれない

 

冗談じゃ  ない

興味も  ない

合わせたく  ない

そんなに  あんなに  器用じゃ ない

普通でいることって  何だ?

僕は 普通と 思ってる

みんなこそ  変わり者 だ

 

I am eccentric  変わり者で いい

理解されない 方が  よっぽど 楽だと 思ったんだ

他人 (「ひと」) の目  気にしない  愛なんて 縁を切る

はみ出して しまおう  自由なんて そんなもの

 

 

  たまたま「エキセントリック」と、いう「言葉」を「思い出して」しまったら

「この歌」に「たどり着いて」しまいました。

「欅坂 46」いう「グループ」が「有る事」は「知って」いましたが

「歌う姿」は「You・Tube」を「見て・初めて知り」ました。

 

「こんなに・露骨な歌詞」「長い・歌詞」に「出会った」のは「初めて」です。

「真っ向」から「唐変木」を「肯定して」(「こうていして」) います。

「もっと・早く」「この歌に・出会っていた」ら

  私は「涙を浮かべながら」「歌詞を読んでいた」に「違いない」と「思い」ます。

 

 

 

※「石頭」(「いしあたま」)

 

「60年近く・昔」「石頭」で「頭突き」を「得意技」と、していた「大木 金太郎」と、いう

「プロレスラー」が、いました。

「同じく・石頭」で「頭突き」を「武器にしていた」「アメリカ・出身」の

「黒人・レスラー」に「ボボ・ブラジル」が、いました。

 

「二人が対戦する」と「必ず・頭突き合戦」に、なりました。

「互い」に「数十発の・頭突き」を「繰り出しました」が「「頭のぶつかる・鈍い音」が

「響く」だけで「両者は一歩も引き」ませんでした。

「勝敗」は「別の技」で「決着」しました。

 

 

「石頭」(「いしあたま」) の「意味」は

 

・「石のように固い頭」で「固くて・打って」も「痛みを感じない」ような「頭」。

 

・「融通がきかず」「考え方」が「かたくな」である「人」。

 

・「物の見方」「考え方」に「柔軟性が無い」「人」。

 

・「物分かり」が「悪い」「人」。

 

  だ、そうです。

 

 

「石頭」には「人間性」として「良いイメージ」は「何一つ」「感じられ」ません。

唐変木」も「悪い・イメージ」で「使われる・言葉」です。

 

  しかし「唐変木」には「他人の意見に惑わされず」「信念を貫く事」と、いう

「大事な・意味」が「隠されている」と「私は」思っています。

 

 

「ベリーグッドマン」は「ライオン」という「歌」を、歌いました。

「歌詞の中」に「その信念を曲げないで」と、いう「一節」が「有り」ます。

 

「ベリーグッドマン」は「「2,013年」に「結成」された「3人組」(「トリオ」) の

「音楽グループ」です。

「2,016年」「ありがとう〜旅立ちの声〜」で「デビュー」しました。

「現在」「人気・急上昇中」の「ヴォーカル・ユニット」だ、そうです。

 

「美しい・ハーモニー」「極上の・ラップ」を「絡ませ」(「からませ」)

「メロディとリズム」そして「独特の歌詞」で「幅広い層」に

「支持されて」いる、そうです。

「今後」「どれだけの「スター」に「成長」するか「楽しみ」です。

 

「2,018年」に「発売」された「Hello」(「ヒーロー」) も「ヒット」しました。

「現在」「人気」も「活動の幅」も「拡大中」だ、そうです。

「ベリーグッドマン」の「真骨頂」(「しんこっちょう」)は

「聴くと元気が出る」「背中を押される」と、いう「応援歌」です。

 

「ベリーグッドマン」の「歌」は「プロ野球選手の・登場曲」と、して

「多くの選手が・採用している」そうです。

「2,019・1・20」に「開催された」「大阪城・ホール」での「公演」では

「チケット」は「彼らの姿を見ようと」「即・完売」だった、そうです。

 

 

「ベリーグッドマン」「ライオン」

「作詞」:「ベリーグッドマン」「作曲」:「ベリーグッドマン」

 

負けない 気持ちが あるから  また君の 力に なれる

戦う気持ちは 雲突き抜け  今日もまた 日が昇る

 

磨り減った (「すりへった」) 靴が 辛い日々を 物語る

あと少しは このまま 歩けるかな

「心強くあれ」と 無理でも 踏み出せる

そんな自分を  誇りに思える

 

鬣 (「たてがみ」) なびかせて   I like a  ライオン

ただ がむしゃらに今 前に 前に

孤独な 戦いに  終わりは ない

でも 諦めなければ終わりじゃ ない

雨に うたれても  風に乗り また雪に 足とられ 転んでも

夏の 太陽の 陽(「ひ」) を あびて「ここでは終われない」と 走り出す

どんな困難も  立ち向かう

 

負けない 気持ちが あるから  また君の力に なれる

戦う気持ちは 雲突き抜け  今日もまた 日が昇る

 

Try again  誰だって 時に つまずいて

立ち上がって「あぁ、もうダメだ」って

思った時から すでに 2回戦が 始まってる

Try again  絶対に負けないで  今の自分には 負けないで

『その信念を曲げないで』One for all 、All for one

 

1日の終わりに 君は何を思うの だろう?

「もう少し先まで  歩けたかな」

後悔を 嘆くより  ぶれない 決意を

明日の君は 今日の君を 超える

 

誰にも言えない 悩み抱え  ライバルが 先に夢を叶え (「ゆめをかなえ」)

不器用な自分を 嫌いになったが 自分の代わりは いなかった

「絶対に 負けない」雲の上  また あいつの分まで 頑張って

噛みつく(「かみつく」) 勇気と 忍耐で「ここでは 腐れない」と 走り出す

どんな困難も  立ち向かう

 

今は これ以上  戦えない  もう無理 怖じ気づき (「おじけづき」)

部屋でうずくまる 感じる 鼓動 (「こどう」) と 体温

涙がこぼれるのは なぜ?

 

泣いて 悩み もがき 苦しむ 中で

ようやく 今の仲間に 出会えた

だから 今日も立ち止まらず また走り出す

ライオン のように  強くなりたいから

 

幸せを 願ってるから  まだ君の 力になれる

明日も 君のために 戦う 自分になる

 

try again 誰だって 時に つまづいて

立ち上がって「あぁ、もうダメだ」って

思った時から すでに 2回戦が 始まってる

Try again 絶対に 負けないで  今の自分には 負けないで

その『信念を曲げないで』One for all、All for one

 

戦う気持ちは 雲突き抜け  今日もまた 日が昇る

 

 

 

唐変木」を「英語」で「言う」と

 

「Tang Tree」    (「Tang」)の「意味」は「独特の味」「強い臭い」)

 

(「クセの有る人」)

 

と「言う」そうです。