何気なく使っている言葉の意味

「おっとり・刀」

(「おっとり・がたな」)

 

「皆さん」は

「おっとり・刀」

   と、いう

 

「慣用・句」を
「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「おっとり・刀」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「人・柄」や

「し ぐさ」等 が

「ゆっ たり」

   して いて

 

「おお よう」で

「せせ こま・しく」

「無・い」事 を

「意・味」す る

 

「おっとり」の

「言・葉」が

「付いて・いる」

「為」に

 

「のんびり・している」と

「勘・違」い

「され ・やすい」
「慣用・句」だ、そうです。

 

「おっとり・刀」は

「漢・字」で

「押っ 取り・刀」と

「書・き」

 

「緊急・時」に

「取る・もの」を

「取ら・ず」に


「急い・で」
「駆け・つける」

   と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「おっとり・刀」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「元・々」 の

「意・味」は

「急いで・行く」

「為」に

 

「刀」を

「腰 に・差す」

「余・裕」も

「無・く」

 

「手 に・持って」

「飛 び・出し」て

「走って・行く」

   と・いう

 

「緊迫・した」

「様・子」を

「表・す」

「言・葉」でした。

 

「現・代」で は

「取 る・べき」

「も の」を

「とら・ず」に

 

「急い・で」

「駆 け・付ける」

   と、いう

 

「意・味」に

「成っ・た」

「事」が

 

「おっとり・刀」の

「由・来」に

「成っ・た」

   そうです。

 

「おっとり・刀」の

「代表・的」な

「使用・‘例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「家・族」が

 「交通・事故」で

 「入院・した」と の

 「一報 が・入り」

 

 「おっとり・刀」で

 「病・院」に

 「駆け・つけた」が

 

 「軽・症」

    だ と

 「分か・り」
 「思わ・ず」


 「ホッ」と

 「安堵 の・息」を

 (「あんど の・いき」)

 「吐・い」た。

 

・「大・地震

 「発生・後」の

 「避難・警報」を

 「聞・き」

 

 「住・民」は

 「一・斉」に

 (「いっせい」)

 「家」を

 

 「おっとり・刀」で

 「飛び・出し」て

 「避難・所」に

 「向」かった。

 

「おっとり・刀」の

「類義・語」を

「検・策」して も

「ピ ン」と、来ません。

 

・「馳 せ・参じる」

  (「は せ・さんじる」)

 

 「一・大事」を

 「聞・き」

 「つけ・て」

 「大・急ぎ」で

 

 「目上 の・人」や

 「世話 に・なった」

 「人 」の

 「ところ」に

 

 「駆 け・付ける」

    と、いう

 「意・味」です。

 

「おっとり・刀」の

「対義・語」を

「検・策」して も

「出て・来」ません。

・「悠長 に・構える」

  (「ゆうちょう に・かまえる」)

 「取 り・組み」

 「等」が

 「のん びり」

    して  いて

 

 「危機・意識」に

 「欠け・る」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

SEVENTEEN」は

(「セブンティーン」)

 

「NOW そこまで

   駆けつけ よう」の

「歌詞 が・ある」

 

「CALL CALL CALL」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,018・年」に

「リリース」し た

「ファースト」

「ミニ・アルバム」

 

「WE MAKE YOU」に

「収録・されて」います。

 

「同・ミニ アルバム」は

オリコン・2 位」に

「成・り」ました。

 

「セブンティーン」は

「2,014・年」に

「結成・された」

「韓国人・男性」

 

「13 人・組」の

「アイドル・グループ」です。

 

「ボーカル・チーム」

「ヒップホップ・チーム」

「パフォーマンス・チーム」の

「3・チーム」で

 

「構成・され」

「公・式」

「ファン クラブ・名」は

「カラット」です。

 

「代表・曲」に

 

「VERY NICE」

「Don't Wanna Cry」

「Adore U」等 が

「有・り」ます。

 

「2015・年」に

「4・年間」の

「練習生・期間」を

「経・て」

 

「ミニ・アルバム」

「17・CARAT」で

「韓・国」にて

「デビュー」しました。

 

「2,018・年」に

「ファースト」

「ミニ・アルバム」

「WE MAKE YOU」で

 

「日・本」に て

「デビュー」しました。

 

「2,020 年・4 月」に

「リリース」し た

「セカンド・シングル」

「舞い落ちる 花びら」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「同 年・9 月」に

「リリース」し た

「セカンド」

「ミニ・アルバム」

 

「24 H」が

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,021 年・4 月」に

「サード・シングル」

「ひとりじゃない」を

「リリース」しました。

 

 

SEVENTEEN

「CALL CALL CALL」

「作・詞」「作・曲」

「WOOZI・BUMZU」

 

もし

セカ セカ セカ セカ

セカ セカ セカ セカ

世界 を 敵に したって

 

マジ

ギリ ギリ ギリ ギリ

ギリ ギリ ギリ まで

僕ら は ずっと 一緒

 

君の ことを どんな とき でも 守る よ Ha!

誰が なんて 言おう と

“ すぐ 行くよ “

マイペース な 感じで また

面倒くさい お願い なら

Ah せっかち 急がすの ヤダ

もう 今度は やらない から

問題 難題 だらけで も Yeah 

どんな 時 も 味方 さ ” すぐ 行くよ “

理不尽 と ストレス に

(「りふじん」) 

挟ま れて やるせない よね

(「はさま れて」)

疲れ果て その 胸が

パンク X 2 しそう なら

 

Awoo 今 すぐ 電話 して!

Yeah Ah Yeah  ” 今 すぐ に “

鳴ら して よ

躊躇 わ ないで

(「ためら わ」)

呼んで みて Yeah Baby 

” すぐ 行くよ “
何処へ でも

(「どこへ」)

僕が 走る から

 

O - O - O - Oh O - O - O - Oh 

O - O - O - Oh 

Chiring Chiring 

O - O - O - Oh O - O - O - Oh 

Chiring Chiring Chiring Chiring 

 

Chiring Chiring Chiring Chiring 

Chiring Chiring 

 

” もし もし “

もう 速攻 会いに 行こう

NOW そこまで 駆けつけ よう

NO 泣かない で

直行 する Baby そばに いるよ

 

失敗 思い起こせ ば

逃げ出したい・・・
でも However 

Ah なんでも 悩み込め ば

もう 抜けられ ない ほら Forever 

問題 難題 だらけ でも Yeah

どんな 時 も l味方 さ

” すぐ 行くよ “

抱えて る もどかし さ

僕 に 全部 話して 欲しい

胸の中 カラ に して

笑顔 に なる まで

 

Awoo 今 すぐ 電話 して!

Yeah Ah Yeah  ” 今 すぐ に “

聴かせて よ 君の声 を

会いたい よ Yeah Baby 

” 会いたい よ“
話して よ 僕 に 何も かも

 

Ay 夜も 朝も

Ay 君 だけ Everybody 

想ってる  よ

SEVENTEEN

僕 の スマホ 

バッテリー 切れる くらい

Call me Call me Call me 

Call me !

今 すぐ 電話 して!Yeah Ah Yeah 

” 今 すぐ に ”
鳴らして よ 躊躇 わ ないで

呼ん でみて Yeah Baby 

“ すぐ 行くよ ”
何処へで も 僕が 走る から

 

O - O - O - Oh O - O - O - Oh 

O - O - O - Oh 

Chiring Chiring 

O - O - O - Oh O - O - O - Oh 

Chiring Chiring Chiring Chiring 

 

 

※「武士 の・情け」
 (「ぶし の・なさけ」)

 

「武士 の・情け」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「武・士」が

「自分・より」
「弱 い・者」に

「与え・る」

「恩・恵」の

(「おん・けい」)

「事」か ら
「転じ・て」

 

「強 い・者」が

「弱 い・者」を

「あわ れん」で

 

「温・情」を

「かけ・る」

   と、いう

「意・味」だ、 そうです。

   

「相・手」の

「面・子」を

(「めん・つ」)

「立て・る」

「時」に

 

「使わ・れる」
「事」が

「多・い」

「言・葉」だ、そうです。

 

「武士の・情け」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「武・士」は

「切・腹」

(「せっ・ぷく」)
   す る
「際」に は

 

介錯・人」と

(「かいしゃく・にん」)
「呼ば・れる」
「人」を

 

「後・ろ」に

「付・け」ました。

 

「腹 を・切って」も

「直 ぐ・に」は

「死 ぬ・事」は

「出・来」ません。

 

「その・まま」に
「して・おく」と

「切・腹」し た

「人」は

 

「長・く」

「苦 し・む」

「事」に

「成・り」ます。

 

「切 腹・した」
「人」が

「長・時間」

「苦しま・ない」
「様」に

「首 を・はねる」

「残酷 な・行為」を

 

「敢 え・て」

(「あ え・て」)

「す る」

「介・錯」が

(「かい・しゃく」)

 

「ことわざ」

「武士 の・情け」の

「由・来」だ、そうです。

 

「三島 由紀夫」

(「みしま ゆきお」)

   と、いう

「作・家」を

 

「知って・いる」

「人」は

「少・ない」か も

「知・れ」ません。

 

「潮 騒」

(「しお さい」)
金閣 寺」

   等 の

「作・品」で

 

「世界・的」に

「名」の

「知ら・れた」

「三島 由紀夫」は

 

「1,970・年」に

「陸上・自衛隊

「市ヶ谷・駐屯場」で

「割 腹・自殺」しました。

 

「興味 の・有る」

「人」は

「三島・由紀夫」

「割 腹・自殺」で

 

「検・策」

「して・みて」

   下さい。

 

「武士 の・情け」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「誠・実」な

 「彼・女」が

 「隠 し・事」を

 「す る」と は

 

 「余・程」の

 「事・情」が

 「有・る」に

 「違・い」無い。

 

 「武士 の・情け」で

 「追及・する」

 「事」は

 「やめ・て」おこう。

 

・「仏の 顔 も・三度 まで」

 (「ほとけの かお も・さんど まで」)

    と、いう

 「ことわざ」が

 「有・る」様 に

 

 「武士 の・情け」

    に も

 「限・度」が

 「有」る。

 「次」は

 「勘・弁」しないぞ。

 (「かん・べん」)

 

「武士 の・情け」の

「類義・語」を

「検・策」して も

「ピ ン」と、来ません。

 

・「斟酌・する」
   (「しんしゃく・する」)

 「他・人」の

 「犯・した」

 「過・失」や

 

 「不・利益」を

 「もたら・した」

 「行・為」を

 

 「とがめ・ず」に

 「許・す」

    と、いう

 「意・味」です。

 

「武士 の・情け」の

「対義・語」を

「検・策」して も

「出て・来」ません。

・「情け 容赦 も・無い」

   (「なさけ ようしゃ も・ない」)

 

 「相・手」に

 「対し・て」
 「ひ と・かけら」の

 

 「思い やり」も

 「無・く」

 「非・常」に

 「冷 た・く」

 「厳 し・い」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「新沼 謙治」は

(「にいぬま けんじ」)

 

「情け 川」

   と、いう

「歌を・歌い」ました。

 

「1,986・年」に

「リリース」し た

「27 th・シングル」で

「同・曲」で

 

「紅白・歌合戦」に

「10・回 目」の

「出・場」を

「果た・し」ました。

 

「新沼 謙治」の

「歌」に

   ついて は

 

「2018・12・29」に

「投・稿」し た

「ブログ」

「先見 の・明」で

 

「ヘッドライト」を

「紹・介」

「しました」が

「当・時」は

 

「プロフィール」

   に は

「言及・して」

   いま せん。

 

「今・回」

「情け 川」

   と、いう

「歌 と・共」に

 

「紹・介」

「させ・て」

「頂・き」ます。

 

「新沼 謙治」は

「1,956 年・生まれ」で

「岩手 県・大船渡 市」

「出・身」の

 

「演歌・歌手」

「俳・優」

「タレント」です。

 

「ズーズー・弁」の

「朴訥 と・した」

(「ぼくとつ 」)

「風・貌」の

 

「歌・手」

   と・して

「知ら・れて」います。

 

「代表・曲」に

 

「嫁に 来ないか

「ヘッドライト」

「情け 川」等 が

「有・り」ます。

 

「1,971・年」に

「地元 の・中学校」を

「卒業・後」に

「集団・就職」で

 

「上京・しました」が

「職 を・変え」

「栃木 県・宇都宮 市」の

左官・会社」に

 

「就・職」し

「3 年・間」の

「社会人・生活」を

「経・験」しました。

 

「1,975・年」に

「日本・テレビ 系」の

「オーディション」

「番・組」

 

「スター・誕生」で

「合・格」し

「男・性」

「史上・最多」の

 

「17・社」の

「音楽・事務所」か ら

「オファー」を

「受・け」ました。

 

「1,976・年」に

「ファースト・シングル」

「おもいで 岬」で

「デビュー」しました。

 

「同・年」に

「セカンド・シングル」
「嫁に 来ないか」が

「大・ヒット」し

 

「同年・同曲」で

「レコード・大賞・

 新人賞」を

「受・賞」し

 

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

「2,012・年」に

「N H k」

「東日本・大震災」

「プロジェクト」

 

「明日へ」の

「テーマ・ソング」を

「歌・い」ました。

 

「同・年」に

「52 th・シングル」

「ふるさと は 今も かわらず」を

「リリース」し

 

「母・校」の

「大船渡 市立・

   第一 中学校」の

「生・徒」を

 

「含・む」

「44・人」で

「レコーディング」

   しました。

 

「同・曲」で

   レコード・大賞・
   企画 賞」を

「受・賞」しました。

 

「現・在」

「6 4・歳」

   です が

 

「メディア」へ の

「露・出」は

「ほとん・ど」

「無・く」

 

「た ま」に

「コンサート」で

「歌って・いる」

   そうです。

 

「私・生活」で は

 

「1,986・年」

「30 歳の・時」に

「元」

「バトミントン・選手」で

 

「世界・一」に

「4 回・君臨」し た

「世界・的」

「プレーヤー」で

 

「7 歳・年上」の

「湯木 博恵」と

「結・婚」しました。

 

「二・人」」の

「馴 れ・初め」は
 (「な れ・そめ」)

「バトミントン」が

「趣味・だった」

 

「新 沼」の

「故・郷」

「岩手 県」
「大船渡 市」を

 

「現・役」を

「引退・直後」の

「湯木 博恵」が
「訪・れ」

 

「新 沼」を

「指導・した」

「事」でした。

 

「5 年・間」の

「交際 を・経て」

「結・婚」しました。

 

「おしどり・夫婦」で

「知ら・れ」

「一男・一女」に

「恵ま・れ」ました。

 

「2,011・年」に

「博 恵」は

甲状腺・ガン」の

「診・断」に て

 

「享・年」

(「きょう・ねん」)

「63・歳」で

「他・界」しました。

 

「当・日」

「新 沼」は

 

「東日本・大震災」

「チャリティー
   コンサート」に

「出場・して」お り

 

「最期 を・看取る」

(「さいご を・みとる」)

「事」は

「出 来・ません」でした。

 

「紅白・歌合戦」に は

 

「1,976・年」の

「嫁に 来ないか」〜

「1,990・年」の

「渋谷 ものがたり」ま で

 

「通算・13 回」

「出・場」しました。

 

 

「新沼 謙治」

「情け 川」

「作・詞」:「吉岡 治」

「作・曲」:「市川 昭介」

 

くわえ 煙草 の 赤い 火 が

指で はじけ て 蛍 に なった

                      (「ホタル」)

なにか 言って よ 嘘でも いい の

嘘で  明日 が 生き られる

あなた・・・
どこへ 流れる 情け 川

 

倫 に はずれた 

(「みち」)

恋 だって

燃えた 心 は だませ は しない

抱け ば 苦しい 

捨てれ ば 辛い

          (「つらい」)

泣いて こたえ が 出ぬ もの を

あなた・・・

呼んで せつない 情け 川

 

まわり道 でも その気 なら

いつか 叶う わ

      (「かなう」) 

ふたり の 夢が

風が 変わろ と みぞれ に なろ と

惚れた 男の

(「ほれた」) 

背に すがり

あなた・・・
ふたり 流れる 情け 川

 

 

「おっとり・刀」を

「英・語」で

 

 「rushing to an emergency

    with sword in hand」と

 

 (「刀を 手に・

        大急ぎで 駆けつける」)

 

 「言・う」そうです。

 

 

何気なく使っている言葉の意味

「眦 を・決する」

(「まなじり を・けっする」)

「皆さん」は

「眦 を・決する」

    と、いう

「慣用・句」を

 

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「眦 を・決する」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「気・力」等 に

「満ち・た」
「様・子」で

 

「目」を

「大き・く」

「見開き・ながら」

「物・事」に

 

「臨・む」

(「のぞ・む」)

   と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「眦 を・決する」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「まな・じり」

   と は

「め・じり」の

「事」で

 

「決・する」

   と は

「裂け・る」
(「さけ・る」)

 

   と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「眦 を・決する」

   と は

「テレビ・ドラマ」

「ドクター・X」で

 

「米倉 涼子」が

(「よねくら りょうこ」)

「扮・する」

(「ふん・する」)


「大門 未知子」の

(「だいもん みちこ」)

「様」に

 

「目尻 が・裂ける」

「くらい」に

 

「目」を

「カ ッ」と

「大き・く」

「開・い」て

 

「怒る・事」

   か ら

「転じ・て」

 

「目 を・見 開き」

「真剣 な・表情」に

「成っ・て」

「何事・か」を


「遂行・する」

   と、いう

「意・味」に

「成っ・た」そうです。

 

「眦 を・決する」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼・女」は

 「伝・統」に

 「固執・した」

 (「こしつ」)

 「組・織」の

 

 「悪しき・習慣」を

 (「あしき・しゅうかん」)

 「一掃・しよう」

 (「いっそう」)
    と、して

 

 「眦 を・決して」

 「改・革」に

 「立ち・上が」った。

 

・「彼」は

 「目 が・小さい」

    の で

 「眦 を・決して」も

 

 「目・力」が

 (「め・ぢから」)

 「弱・く」

 「迫・力」が

 「無」かった。

 

「眦 を・決する」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「意 を・決する」

  (「い を・けっする」)

 

 「思い・切って」
 「決心・する」

 「事」や

 

 「覚・悟」を

 「決め・る」
    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「眦 を・決する」の

「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「優柔・不断」
  (「ゆうじゅう・ふだん」)

 

「物・事」の

「決・断」が

「なか・なか」

「出来・ず」に

 

「迷って・ばかり 」

 「い る」

    と、いう

「意・味」で

 

「周囲 の・人」を

「イラ・イラ」

   させ て

 

「煮え切ら・ない」

(「にえきら」)
   と も

「言・う」そうです。

 

 

「堀内 孝雄」は

(「ほりうち たかお」)

 

「君の ひとみ は

   10,000 ボルト」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,978・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」で

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「堀内 孝雄」は

「1,949 年・生まれ」で

「大阪 府」「大阪 市」

「出・身」の

 

「歌・手」「作曲・家」

「俳・優」「タレント」です。

 

「愛・称」は

「名・字」が

「忠臣 蔵」の

 

「堀部 安兵衛」に

「似て・いる」

「事」よ り

「ベー・ヤン」です。

 

「大衆・食道」を

「営・む」

(「いとな・む」)
「家・庭」の

 

「3 人・兄弟」の

「末っ・子」
   と、して

「生ま・れ」ました。

 

「私・立」

「桃山 学院・高校」を

「卒業・後」に

 

「京都 産業・大学」に

「進学・しました」が

「3 年生 の・時」に

「中・退」しました。

 

「代表・曲」に

 

「恋歌 綴り」

「君の ひとみ は 10,000 ボルト」

「愛しき 日々」等 が

「有・り」ます。

 

「1,972・年」に

「谷村 新司」と

「共」に

「フォーク・グループ」

「アリス」を

「結・成」し

 

「チャンピオン」

「遠くで 汽笛を 聞きながら」

「冬の 稲妻」等 の

「名曲 を ・残し」ました。

 

「堀内 孝雄」は

「アリス」

   と、して の

「活動 の・傍」で

(「かたわら」)

 

「1,978・年」に

「ファース・シングル」

「きみの ひとみ は 10,000 ボルト」を

「リリース」し て

 

「ソロ・デビュー」を

「果た・し」ました。

 

「同・曲」は

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「口・髭」が

(「くち・ひげ」)

「トレード・マーク」で

 

「歌 の・最後」に

「サンキュー!」

「ありがとう ございましたー」が

「お・決まり」でした。

 

「歌手・活動」の

「他」に も

「作曲・家」

   と、して

 

「山口 百恵」

(「愛染 橋」)

「五木 ひろし」

(「山 河」)

 等 に

 

「ヒット・曲」を

「提・供」しました。

 

「1,988・年」に

「リリース」し た

「15 th・シングル」

「ガキ の 頃の ように」が

 

「テレビ・ドラマ」

「はぐれ 刑事 純情派」の

「主題・歌」に

「起用・され」

 

「全」

「19・シリーズ」に

「亘・り」

(「わた・り」


「曲」を

「変え・ながら」

「主題・歌」を

「務・め」ました。

 

「1,990・年」に

「リリース」

   し た

「20 th・シングル」

 

「恋歌 綴り」で

(「こいうた つづり」)

「日本・レコード・大賞」を

「受・賞」しました。

 

「現・在」

「71・歳」

   です か

 

「現・役」は

「退い・た」そうです。

(「しりぞい・た」)

 

「私・生活」で は

 

「1,972・年」

「23 歳の・時」に

「一般人・女性」と

「結・婚」しました。

 

「長・男」と

「二・男」が

「お り」

 

「ロック・バンド」

「99 Radio Service」で

「それ・ぞれ」

 

「ギター」

「ボーカル」

   と、して

 

「活躍・している」

   そうです。

 

「紅白・歌合戦」

   に は

 

「1,988・年」の

「ガキ の 頃の ように」〜

 

「2,006・年」の

「愛しき 日々」ま で

(「3 回・目」) 

 

「通算・17 回」

「出・場」しました。

 

「2,001・年」に

「親・友」で

「同 年・4 月」に

「病・死」し た

 

「河島 英五」の

(「かわしま えいご」)

「代表・曲」

「酒と 泪と 男と 女」を

 

「終・始」

(「しゅう・し」)

「泣き・ながら」

「歌・い」

 

「視聴・者」の

「間」で

「話・題」に

「成・り」ました。

 

 

「堀内 孝雄」

「君の ひとみ は 10,000 ボルト」

「作・詞」:「谷村 新司」

「作・曲」:「堀内 孝雄」

 

鳶色 の ひとみ に

(「とびいろ」) 

誘惑 の かげり

金木犀

(「きんもくせい」) 

咲く道 を

銀色の 翼の 馬で

駆けて くる

(「かけて」) 

二十世紀 の

ジャンヌ・ダーク よ

(「ジャンヌ・ダルク」)

 

君の ひとみ は 10,000 ボルト

地上に 降りた 最後の 天使

君の ひとみ は 10,000 ボルト

地上に 降りた 最後の 天使

 

まぶしすぎる 朝に

出会った 時の

そんな 心の ときめき を

知らぬ 間に ふりまき

消えて いった

季節 はずれ の ミストラル

(「フランス 南部に 吹く 地方風」)

君の ひとみ は 10,000 ボルト

地上に 降りた 最後の 天使

君の ひとみ は 10,000 ボルト

地上に 降りた 最後の 天使

 

 

※「目 に・焼き 付ける」
 (「め に・やき つける」)

 

「目 に・焼き 付ける」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

「目 の・当たり」に

(「ま の・あたり」) 

「した・もの」を

 

「強・く」

「記憶 に・留め」て

          (「とどめ」)

 

「忘れ・ない」

「様」に

「する・事」や

 

「見た・もの」を

「しっかり」と

「心 に・刻む」

        (「きざむ」)

   と、いう

 

「言い・回し」の

「言・葉」だ、そうです。

 

「目 に・焼き 付ける」の

「由・来」を

「検・策」して も

「出て・来」ません。

 

「おそ・らく」

「カメラ・アイ」

   から の

「連・想」で

 

「目 の・奥」に

「フィルム」が

「有・る」 

   と、いう

 

「発・想」

「か ら」

「生ま・れた」


「比喩・的」な

(「ひゆ・てき」)

「表・現」だ と

「思わ・れ」ます。

 

「目 に・焼き 付ける」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「あ の」

 「衝撃的 な・シーン」が

 「目 に・焼き 付いて」

    い て

 

 「忘れ・よう」と
 「努力・して」も

 「忘れ る・事」が

 「出・来」ない。

 

・「彼・女」は

 「初・め」て

 「我が・子」が

 「ランドセル」を

 

 「背負っ・て」
 「一・人」で

 「学校 に・向かう」

 「姿」を

 

 「目 に・焼き 付け」て

 「一・生」

 「忘れ・ない」
 「気」が、した。

 

「目 に・焼き 付ける」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「脳裏 に・焼き 付ける」

  (「のうり に・やき つける」)

 「経・験」し た
 「鮮・烈」な

 (「せん・れつ」) な

 「出来・事」を

 

 「忘れ・ない」様 に

 「記憶 に・残す」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「目 に・焼き 付ける」の

「対義・語」を

「検策・して」も

「出て・来」ません。

 

・「忘却 の 彼方 に・消え 去る」

  (「ぼうきゃく の かなた に・

       きえ さる」)

 

 「忘・却」と は

 「忘れ・る」事 を

 「強・調」し た

 「表・現」で

 

 「彼・方」と は

 「あちら の・方」や

 「向こう の・方」の

 「意・味」です。

 

 「忘却 の 彼方 に・消え 去る」

    と は

 「過去 の・出来事」や

 「思い・出」を

 「すっかり」

 「忘れ て・しまう」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「坂本 真綾」は

(「さかもと まあや」)

 

「目に 焼き 付けたい

   赤 青 藍 水 虹 空 色」の

「歌詞 が・ある」

 

「色 彩」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,015・年」の

「9 th・アルバム」

「FOLLOW ME UP」に

「収録・されて」います。

 

「同・アルバム」は

オリコン・4 位」に

「成・り」ました。

 

「坂本 真綾」は

「1,980 年・生まれ」で

「東京 都・板橋 区」

「出・身」の

 

「声・優」「歌・手」

「女・優」「エッセイスト」

「ラジオ・

   パーソナリティー」で

 

「愛・称」は

「マー・ヤ」です。

 

「代表・曲」に

 

トライアングラー

「色 彩」

「躍 動」等 が

「有・り」ます。

 

「8 歳の・時」に

「劇・団」

「こまどり」に

「入・団」し

 

「子・役」

   と、して

「活・躍」しました。

 

「都・立」

「武蔵丘・高校」を

「卒業・後」


「東洋・大学」

「社会・学部」に

「進・学」しました。

 

「1,996・年」

「高校・在学 中」の

「16 歳の・時」に

「テレビ・アニメ」

 

「天空の エスカフローネ」の

「ヒロイン」

「神崎 ひとみ」

「役」で

 

「声・優」

   と、して

「一躍・有名」に

「成・り」ました。

 

「同・アニメ」の

「オープニング」

「主題・歌」に

「成っ・た」

「ファースト・シングル」

「約束は いらない」で

「歌手・デビュー」

   しました。

 

「線 の・細い」

「透明・感」の

「有・る」

「歌・声」が

 

「彼・女」の

「持ち・味」で

「定・評」が

「有・り」ます。

 

「2,003・年」に

「女優 と・して」の

「活・動」を

「本格・化」し

 

「ミュージカル」

レ・ミゼラブル」の

「オーディション」に

「合・格」し

 

「エポ ニーヌ」

「役」で

「出・演」しました。

 

「2,008・年」に

「リリース」し 

「テレビ・アニメ」

マクロス」の

 

「オープニング」

「テーマ・ソング」に

「起用・され 」た

 

「15 th・シングル」

トライアングラー」が

オリコン・3 位」に

「成・り」

 

「自身・最大」の

「売り・上げ」を 

「記・録」しました。

 

「2011・年」に

「リリース」し た

「7 th・アルバム」

「You can't catch me」が

 

「自身・初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」

 

「声・優」

   と、して は

「水樹 奈々」に

「次・ぎ」

 

「史上・二人目」の

「快・挙」を

「成し・遂げ」ました。


「同・年」に

「37・日 間」の

「ヨーロッパ」

「一人・旅」を

 

「題材 に・した」

「長編・エッセイ」

「from everywhere」を 

「出・版」しました。

 

「私・生活」で は

 

「2,011・年」

「31 歳の・時」に

「6 歳・年上」で

「声・優」の

 

「鈴村 健一」と

「結・婚」しました。

 

「二・人」は

「現・在」も

「新婚・時代」と

「変わ・らず」

 

「仲 が・良く」

「おしどり・夫婦」と

「呼ば・れて」

「います」が

 

「残念・ながら」

「子・供」は

「いない」そうです。

 

「紅白・歌合戦」へ の

「出場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「坂本 真綾」

「色 彩」

「作・詞」:「坂本 真綾」

「作・‘曲」:「la la larks」

 

ひとりに なると  聞こえる の

苦しい なら やめて いい と

ブラック ホール みたい に 深く

怖くて 魅力的 な 甘い 声 が

 

あなた の 口癖 を 真似 て

なんでも ない と 言って みる

それ が 嘘でも かまわ ない

立ち 続ける 動機に なれば

 

すべて の 命 に

終わり が ある のに

どうして 人は 怯え

              (「 おびえ」)

嘆くの だろう

(「なげく」) 

いつか は 失う と

知って いる から

あたりまえ の 日々 は

何より 美しい

私 が 視てる 未来 は

ひとつ だけ

永遠 など 少しも

欲しくは ない

一秒 一瞬 が

愛お (「いとお」) しい

あなた が いる 世界 に

私 も 生きてる

 

私 を たしなめる よう に

何度も 同じ夢 を 見る

皮肉な ほど 綺麗な 夢

目覚め (「めざめ」) させて 

逃げたく ない の

 

さよなら まで あなた の

そばに いたい

その日 が 明日 来て も

惜しく (「おしく」) は ない

私 に 色彩 を くれた 人

あなた と いる 世界 を

目に 焼き付け たい

赤 青 藍 水 虹 空 色

 

私 は 女神に なれない

誰かに 祈りを

捧げ (「ささげ」) ない

他人に 何 言われ ても いい

大切な もの が 何か は

わかっ てる

 

これ以上 望むこと は

なんに も ない

私 が 欲しい 未来 は

ここ に ある

はじめて 寂しさ を

くれた 人

ただ の 孤独 に

価値を 与えて くれた ので

私 が 視てる 未来 は

ひとつ だけ

永遠 など 少し も

欲しくは ない

一秒 一瞬 が 愛おしい

あなた が いる 世界 に

私 も 生きて る

 

 

「眦 を・決する」を

「英・語」で

 

 「Decide on a manajiri」

 

 (「眦 を・決する」) と

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「綺羅・星の 如く」
(「きら・ほしの ごとく」)

 

「皆さん」は

「綺羅・星の 如く」

   と、いう

 

「慣用・句」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「綺羅・星の 如く」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「地位 の・高い 人」

「立派 な・人」

「見栄え の・する 人」

「才能 の・有る 人」が

 

「数多 く・集まり」

「居・並ぶ」

(「い・ならぶ」)

   と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「綺羅・星の 如く」の

「語・源」は

「下・記」だ、そうです。

 

「綺羅・星」

   と は

「大・空」で

「美しく・輝く」

 

「沢山 の・星」を

「表現・する」
「言・葉」の

「綺・羅」と

「星」の

「二・つ 」の

「言・葉」で

「成り・立って」います。

 

「綺羅・星の 如く」と

(「きら・ほしの ごとく」)

「使・う」の  が

 

「正し・い」

「使い・方」
   です が

 

「間・髪を 入れず」を

(「かん・はつを いれず」)

「間髪 を・入れず」と

(「かんぱつ を・いれず」)

 

「同・じ」様 に

「熟語 の・区切り」を

「間違え・て」

「使わ・れて」いる

 

「慣用・句」の

「代表・格」だ

   そうです。

  

「しかし」

「時代 の・流れ」と

「共」に

 

「現・在」で は

綺羅星 の・如く」は

「正し・い」

「使い・方」と

 

「認・知」

   され て

「い る」そうです。

 

「綺・羅」と は

「美しい・衣服」

   と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「そして」

「美しい・衣服」を

「まとって・いる 人」が

「転じ・て」

 

「地位 の・高い 人」

「立派 な・人」

「才能 の・ある 人」

   と、いう

 

「意・味」に

「成っ・た」そうです。

 

「綺羅・星の 如く」
   と は

「この・よう」な

 

「素晴ら・しい」

「人」が

「星 の・数」

   ほ ど

 

「多・く」

「集まっ て・いる」と

「形容・した」

   事 が

 

「語・源」に

「成っ・た」そうです。

 

「綺羅・星の 如く」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「ビッグ・ネーム」の

 「二人 の・結婚式」に

 「政 財・界」の

 「お 偉・方」が

 

 「綺羅・星の 如く」

 「多・数」

 「臨・席」した。

 (「りん・せき」)

 

・「本部・各 部署」
 「及・び」

 「支・店」か ら

 「選り・すぐった」

 (「より」)

 

 「綺羅・星の 如く」

 「優・秀」な
 「メンバー」で

 「編成・された」

 

 「新し・い」

 「プロジェクト・
    チーム」は

 

 「間違い・無く」

 「期待・通り」の

 「成果 を・上げる」

 「事」だろう。

 

「綺羅・星の 如く」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「粒・揃い

  (「つぶ・ぞろい」)

 

 「集・まった」

 「人・達」の

 「才・能」や

 「能・力」が

 

 「全・員」

 「同・様」に

 「そろっ・て」

 「優れて・いて」

 「劣 る・者」が

 「い ない」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「綺羅・星の 如く」の

「対義・語」を

「検・策」して も

「出て来」ません。

 

・「玉石・混交」

  (「ぎょくせき・こんこう」)

 

 「玉・石」の

 「玉」は

 「宝・石」を

 「表・し」

 

 「石」は

 「石・ころ」を

 「表し・て」います。

 

 「混・交」は

 「入り・混じる」

 「様・子」を

 「表し・て」います。

 

 「玉石・混交」」は

 「宝・石」も

 「石」も

 

 「ごちゃ・まぜ」な

 「事」か ら

 「転じ・て」

 

 「価値 の・有る 物」と

 「価値 の・無い 物」が

 (「良い・物」と

 「悪い・物」)

 

 「混じ・り」

 「合って・いる」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「糞 味噌・一緒」の

 (「くそ みそ・いっしょ」)

 「類義・語」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「敏 いとう と

   ハッピー & ブルー」は

 

「星降る 街角」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,977・年」に

「リリース」

   し た

「11 th・シングル」で

 

オリコン・順位」は

「不・明」です。


敏いとう

   ハッピー & ブルー」は

 

「1,971・年」に

「結成・された」
「男性・7 人 組」の

「歌謡・グループ」です。

 

「代表・曲」に

 

「星降る 街角」

「わたし 祈ってます」

「よせば いいのに」等 が

「有・り」ます。

 

「敏 いとう」を

「リーダー」

   と、して

 

「リード・

   ボーカル」に

「森本 英世」を

「迎・え」

「1,974・年」に

「リリース」し た

「4 th・シングル」

「わたし 祈ってます」が

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「以・後」

「1,977・年」の

「11 th・シングル」

「星降る 街角」

 

「1,979・年」に

「リリース」し た

「15 th・シングル」

「よせば いいのに」が

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「リード・

   ボーカル」

「森本 英世」の

 

「卓越・した」

「歌唱・力」と
「語る・よう」な
「歌唱・法」で

 

「ムード・歌謡」の

「帝・王」の

「異・名」を

「持・ち」ました。

 

「現・在」も

「グループ」は

「存在・して」

「い ます」が

 

「活・動」は

「休・止」

「して・いる」

   そうです。

 

「紅白・歌合戦」

   へ の

「出場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「敏 いとう と

   ハッピー & ブルー」

「星降る 街角」

「作・詞」「作・曲」

「日高 仁」

 

星の 降る 夜は

あなたと 二人で 踊ろうよ

流れる ボサノバ

ふれあう 指先

ああ 恋の夜

いたずら 夜風が

頬に キス しても 二人は

何も 言わないで

瞳 見つめ あう

あの 街角

 

月の 青い 夜は

二人で あてなく 歩こう よ

そよぐ プラタナス

二つ の くつ音

ああ 恋の夜

いじわる 夜霧が

(「よぎり」) 

行く手 じゃましても 二人は

何も 言わないで

微笑 を かわす

(「ほほえみ」) 

あの 街角

 

風の かおる 夜は

朝まで 二人で 話そうよ

ゆれてる キャンドル

よりそう 肩先

ああ 恋の夜

やきもち 夜霧が

頬を ぬらしても 二人は

何も 言わないで

口づけ を かわす

恋の 夜

 

 

※「名のない 星は・宵から 出る」
(「なのない ほしは・よいから でる」)

 

「名のない 星は・宵から 出る」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「最・初」に

「登場 する・もの」

   に は

 

「ろくな・もの」が

「無・い」

   と、いう

「たと・え」や

 

「待って・いる」

「も の」は

「なか・なか」

「やって・来ない」が

 

「期待 も・せず」

「待って・いない」

「も の」は

「早い・うち」に

   
「やって・来る」

   と、いう

「たと・え」だ、そうです。

 

「名のない 星は・宵から 出る」の

「由・来」は

「特 に・無い」そうです。

 

「名のない 星は・宵から 出る」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「名のない 星は・宵から 出る」
       と、いう

 「ことわざ」の

 「様」に

 

 「選・挙」

    で は

 「ほとん・ど」の

 「場・合」

 

 「当選・見込み」が

 「ほとんど・無い」

 「泡沫・候補」が

 (「ほうまつ・こうほ」)

 

 「真っ・先」に

 「立・候補」し

 

 「本・命」は

 「締切・間際」に

 (「しめきり・まぎわ」)

 「立・候補」する。

 

・「改札・口」で

 「電・車」か ら

 「降りて・来る」

 

 「彼・女」を

 「待って・いた」が

 「名のない 星は・宵から 出る」

 「様」に

 

 「無関係な 人・ばかり」

 「先」に

 「降り・て」

  き て

 

 「彼・女」は

 「最・後」に
 「電車・から」

 「降り・て」きた。

 

「名のない星は・宵から出る」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「大器・晩成」
  (「たいき・ばんせい」

 

 「晩年 に・なって」か ら

 「本領 を・発揮 する」

 (「ほんりょう を・はっき する」)

    と、いう

 「意・味」で

 

 「遅咲き の・花」は

 (「おそざき の・はな」)

 「類義・語」です。

 

「名のない 星は・宵から 出る」の

「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。

・「栴檀 は・双葉より 芳し」

  (「せんだん は・

   ふたばより かんばし」)

 「栴・檀」は

 (「せん・だん」) 

 「成長 が・早い」

 「事」が

 「特・徴」の

 

 「良い・香り」を

 (「よい・かおり」)

 「放・つ」

 「香・木」で

 (「こう・ぼく」)

 

 「成・木」は

 「樹・高」

 「20・m」に

 「成・長」します。

 

 「双・葉」と は

 「種」か ら

 「芽」が

 「出 た・ばかり」の

 

 「2・枚」の

 「子・葉」です。

 (「し・よう」) 

 

 「せんだん の・双葉」は

 「良い・香り」を

 「放・つ」

 「事」よ り

 

 「栴檀 は・双葉より 芳し」は

 「大成・する」
 「者」は

 「幼 い・頃」か ら

 

 「優れ て・いる」

 「事」を

 「たと・え」た

 「ことわざ」だ、そうです。

 

 

「西郷 輝彦」は

(「さいごう てるひこ」)

 

「星の フラメンコ」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,966・年」に

「リリース」

   し た

「26 th・シングル」で

 

「当・時」は

オリコン・ランキング」は

「有り・ません」でした。

 

「西郷 輝彦」は

「1,947 年・生まれ」で

「鹿児 島・鹿児島 市」

「出・身」の

 

「歌・手」「俳・優」

「タレント」です。

 

「芸・名」の

「西 郷」は

「尊敬・する」

「郷土 の・英雄」

 

「西郷 隆盛」に

「ちな・み」ます。

 

「歌手 と・して」は

「橋 幸夫」

「舟木 一夫」と

「共」に

 

「徳川・御 三家」に

(「尾・張」「紀・洲」
 「水・戸」)

「なぞ・らえ」て


「御・三家」と

(「ご・さんけ」) 

「呼ば・れ」ました。

 

「幼い・頃」か ら

「芸事 に・なじみ」

「小・中学校」で は

「野・球」「テニス」他

 

「スポーツ・万能」の

「少・年」でした。

 

「同・時」に

「兄の・影響」で

「音・楽」に

「傾・倒」し

(「けい・とう」)

 

「歌・手」と

「映画・俳優」に

「憧・れ」ました。

(「あこが・れ」)

 

「1,962・年」に

「県・立」

「鹿児島 商業・高校」を

「中・退」しました。

 

「大・阪」の

「アルバイト・サロン」で

「ボーイ」を

「し・ながら」

「有・名」な
「ジャズ・喫茶」の

「オーディション」を

「受け・る」も

 

「不・合格」と

「成・り」

「途・方」に
「暮れて・いる」と

 

「審査・員」が

「バンド・ボーイ」の

「仕・事」を

「紹介・して」くれました。

 

「その・後」

「バンド・ボーイ」

   と、して

 

「京 都」

「名古屋」等 を

「回って・いた」

「時」に

 

「音楽・事務所」に

「スカウト」

「さ れ」ました。

 

「1,964・年」

「17 歳の・時」に

「太陽の・王子」を

「キャッチ・フレーズ」に

 

「ファースト・シングル」

「君だけ を」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

「60・万枚」を

「売り・上げ」る

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「リリース」し た

「4 th・シングル」

「十七 才 の この胸に」も

 

「大 ヒット」し

「両・曲」で

「レコード 大賞・新人賞」を

「受・賞」しました。

 

「代表・曲」に

 

「星の フラメンコ」

「十七 才 の この胸に」

「君だけ を」等 が

「有・り」ます。

 

「十七歳 の この胸に」は

「映画・化」さ れ

「西 郷」は

「主役 を・演じ」

 

「映画・デビュー」を

「果た・し」ました。

 

「以・後」

「数・多く」の

「映画 で・主演」し

 

「1,960・年代」を

「代表・する」

「青春 映画・スター」に

「成・り」ました。

 

「1,966・年」に

「リリース」し た

「26 th・シングル」

「星の フラメンコ」も

 

「大 ヒット」し

「自・身」の

「代表・曲」に

「成・り」ました。

 

「1,975・年」

   から は

「時代・劇」にも

「進・出」し

 

「江戸を 斬る」の

「主人・公」

「遠山 金四郎」を

「演・じ」

 

「最高・視聴率」

「37・%」を

「叩き・出し」

 

「同・作」で

「京都 映画祭・新人賞」を

「受・賞」し

「俳優 と・して」の

 

「地・位」を

「確・立」しました。

 

「現・在」

「74・歳」

   です が

 

「近・年」

   で は

「現代・劇」の

「映・画」や

 

「テレビ・ドラマ」

   に も

「数・多く」

「出・演」し

 

「タレント」と

「し て」も

「バラエティ・番組」に

「出演・する」等

 

「活動 の・場」を

「広げ・て」います。

 

「私・生活」で は

 

「1,972・年」

「25 歳 の・時」に
「3 歳・年下」で

 

「ハーフ」の

「人気・歌手」

「辺見 マリ」と

「電撃・結婚」しました。

 

「二・人」は

「一男・一女」を

「儲・け」ました。

 

「長・女」は

「タレント」

「女・優」の

「辺見 えみり」です。

 

「1,981・年」に

「価値観 の・相違」を

「理・由」に

「離・婚」しました。

 

「1,990・年」

「43 歳 の・時」に

「自身 の・事務所」に

「勤・務」す る

 

「19 歳・年下」の

「一般人・女性」と

「再・婚」し

 

「三・女」を

「儲・け」ました。

 

「紅白・歌合戦」に は

 

「1,964・年」の

「十七歳 の この胸に」〜

 

「1,973・年」の

「星の フラメンコ」ま で

(「2 回・目」) 

 

「連続・10 回」

「出・場」しました。

 

 

「西郷 輝彦」

「星の フラメンコ」

「作・詞」「作・曲」

「浜口 庫之助」

 

好き なんだ けど

離れてる のさ

遠くで 星を 見る ように

好き なんだ けど

だまってる のさ

大事な 宝

かくす ように

君は 僕の 心の 星

君は 僕の 宝

こわしたく ない

なくしたく ない

だから

好き なんだ けど

離れてる のさ

好き なんだ けど

だまってる のさ

 

とどかぬ 星を

恋した 僕の

心を うたう

星の フラメンコ

輝け 星よ

君の 夜空で

歌えよ 涙

僕の 心で

君は 僕の 心の 星

君は 僕の 宝

こわしたく ない

なくしたく ない

だから

歌うよ せめて

心の 歌を

ひびけ 夜空に

星の フラメンコ

星の フラメンコ

 

 

「綺羅・星の 如く」を

「英・語」で

 

 「Like a beautiful stars」と

 

 (「綺羅・星の 如く」) 

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「蛇の 道は・蛇」

(「じゃの みちは・へび」)

 

「皆さん」は

「蛇の 道は・蛇」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「蛇の 道は・蛇」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「蛇 の・’道」を

「へび の・みち」と

「読・む」の は

「間・違い」です。

 

「同じ・世界」に
「住んで・いる

「人」

「又」は

「同・じ」

「専門・分野」に

 

「従事・して」

「いる・人」
   な ら

 

「その・道」は

「熟・知」

「して・いる」

「事 を

 

「たとえ」た

「ことわざ」だ

   そうです。

 

「蛇の 道は・蛇」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「ヘ ビ」と

「聞く・だけ」で

「鳥肌 が・立つ」

(「とりはだ が・たつ」)


「ヘビ・嫌い」な

「人」も

「多・い」と

「思・い」ます。

 

「ヘ ビ」は

「奇・妙」で

「気持ち・悪い」

「容姿・から」

 

「忌み・嫌わ れる」

(「いみ・きらわ れる」)

「動・物」の

「代表・格」
   です が

「一・方」で

「神聖・視」

(「しんせい・し」)

   さ れ

 

「神の・使い」と

「崇め ・られ」た
(「あがめ」)

「事」も

「有っ・た」そうです。

 

「蛇」(「じゃ」)

   と は

「大・蛇」と
(「だい・じゃ」)

「呼ぶ・様」に

 

「大きな・ヘビ」の

「事」です。

 

「日本・神話」に

「登場・する」

 

「天照・大神」の
(「あまてらす・おおみかみ」)

「弟」

スサノオ」は

「8 ・つ」の

「頭 と・尾」を

「持・ち」

 

「人を・食う」

(「ひとを・くらう」)

「大・蛇」

「ヤマタノ オロチ」に

 

「酒 を・飲ませ」

「酔っ・て」

「眠っ・た」

「ところ」を

 

「切・り」

「散ら・し」て

「退・治」し

(「たい・じ」)

「英・雄」に

「成・り」ました。

 

「蛇」(「へび」)

   と は

「小さ な・ヘビ」の

「事」だ、そうです。

 

「つまり」

「小さ な・ヘビ」

   で も

 

「大・蛇」の

「通る・道」を

「知って・いる」

「事」が

 

「蛇の 道は・蛇」の

「由・来」に

「成っ・た」そうです。

 

「蛇の 道は・蛇」の

「代表・的」な

「使用‘・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「経験・豊富」

    なの で

 

 「ヘ ビ」の

       様 に

 「蛇 の・道」を

 

    「数・多く」

 「知って・いる」

      の で

 

 「いい・加減」な

 「事」を
 「言っ・て」も

 

 「直ぐ・に」

 「バ レ」て、しまう。

 

・「指」が

 「違う・場所」に

 「触れ ・て」

 「しまった・為」に

 

 「アイ・パッド」に

 「文字・入力」が

 「出来・無く」

 「成っ・て」しまった。

 

 「訳 も・分からず」

 「あれ・これ」と

 「操作・した」が

 「復・旧」しなかった。

 

 「最後 の・手段」で

 「携帯・ショップ」の

 「店員・さん」に

 「依頼・した」ら

 

 「蛇の 道は・蛇」で

 「アット・いう 間」に

 「直し・て」くれた。

 

「蛇の 道は・蛇」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「海のこと は・漁師に 問え」

  (「うみのこと は・

      りょうしに とえ」)

 

 「物・事」は

 「全・て」

 「その・道」の

 「専門・家」に

 

 「任せ・る」

    の が

 「最・善」の

 

 「やり・方」だ 

    と、いう

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「蛇の 道は・蛇」の

「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「左官 の・垣根」

  (「さかん の・かきね」

 

 「壁や・床」を

 「作・る」の が

 「左官・屋」の

 「仕・事」で

 

 「専門・外」の

 「垣・根」を

 「作って・もらう」
 「様」に

 

 「頼ん・で」も
 「上手 に・作れる」

 「筈」が

 (「はず」)

 「無・‘い」

   .と、いう

 「意・味」だ

    そうです。

 

 

とんねるず」は

「ガラガラヘビ が やって くる」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,992・年」に

「リリース」

   し た

「18 th・シングル」で

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

とんねるず」は

「1,980・年」に

「帝京・高校」の

「同級・生」 だっ た

 

「石橋 貴明」と

「木梨 憲武」が

「結成・した」

 

「お笑い・コンビ」

「歌・手」です。

 

「代表・曲」に

 

「ガラガラヘビが やってくる」

「一番 偉い人へ」

「がじゃ いも」等 が

「有・り」ます。

 

とんねるず」は

「本・業」の

「お・笑い」と

「歌手・活動」を

 

「並行・して」

「行って・来た」

「事」が

「特・徴」で

 

「お・笑い」

「タレント」の

「中」で は

 

「シングル」

「アルバム」の

「売り・上げ」

「枚・数」で

 

「断・トツ」の

「歴 代・1 位」です。

 

「1,981・年」に

「テレビ・アニメ」

「新 ど根性 ガエル」の

 

「主題・歌」に

「起用・された」

 

「ファースト・シングル」

「ピョン吉・ロックンロール」で

「歌・手」

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

「200 位・以下」で

オリコン・圏外」

   でした。

 

「1,985・年」の

「5 th・シングル」

「雨の 西麻布」が

オリコン・5 位」と

 

「初」の

「トップ・5 入り」

   しました。

 

「以・後」

 

「1986・年」の

「6 th・シングル」

「歌謡 曲」が

オリコン・2 位

 

「同・年」の

「7 th・シングル」

「やぶさかで ない」が

オリコン・2 位」

 

「同・年」の

「8 th・シングル」

「寝た子も 起きる 子守唄」が

オリコン・4 位」

 

「同・年」の

「9 th・シングル」

「人情 岬」が

オリコン・2 位」

 

「1,987・年」の

「10 th・シングル」

「嵐の マッチョマン」が

オリコン・2 位」

 

「同・年」の

「11 th・シングル」

「迷惑 でしょうが・・」が

オリコン・5 位」

 

「同・年」の

「12 th・シングル」

「大きな お世話 サマー」が

オリコン・3 位」

 

「同・年」の

「13 th・シングル」

「おら おら」が

オリコン・3 位」

 

「1,991・年」の

「17 th・シングル」

「情けねえ」が

オリコン・3 位」と

 

「トップ・5 入り」

   しました。

 

「情けねえ」で

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「紅白・歌合戦」

   に は

「パンツ・一丁」で

「出演・して」

 

「受信料を 払おう」

   と、いう

「ペインティング」が

「話題 に・なり」

 

「歌手・別」

「視聴・率」で

「2・位」に

「成・り」ました。

 

「ちなみ」に

「1・位」は

「大・トリ」の

「谷村 新司」でした。

 

「1,992・年」に

「リリース」し た

「18 th・シングル」

「ガラガラヘビが やってくる」が

 

「初」の

オリコン・1 位」で

「ミリオン・セラー」に

「成・り」ました。

 

「同・年」の

「19 th・シングル」

「一番 偉い人 へ」

 

「1,993・年」の

「20 th・シングル」

「がじゃ いも」と

 

「シングル」

「3 作・連続」で

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「私・生活」で は

 

「石橋 貴明」は

「1,988・年」

「27 歳の・時」に

 

「元・モデル」の

「女・性」と

「結・婚」し

「長・女」を

 

「儲・け」

   ました、が

「1,998・年」に

「離・婚」しました。

 

「同・年」に

「女・優」の

「鈴木 保奈美」と

「再・婚」しました。

 

「二人の・間」に は

「三・女」が

   います。

 

「木梨 憲武」は

「1,994・年」

「33 歳の・時」に

「女・優」の

 

「安田 成美」と

(「やすだ なるみ」)

「結・婚」しました。

 

「二人の・間」に は

「二男・一女」が

   います。

 

「紅白・歌合戦」に は

 

「1,991・年」の

「情けねえ」〜

「2,000・年」の

「Chicken guys」ま で

 

「通算・4回」

「出・場」しました。

 

とんねるず

「ガラガラヘビが やってくる」

「作・詞」:「秋元 康」

「作・曲」:「後藤 俊次」

 

ガラガラヘビがやってくる

お腹を 空かせて やってくる

        (「すかせて」)

あいつらは グルメじゃ ない

なんでも ペロリ

 

ガラガラヘビが やってくる

やさしい 言葉で 近づいて

気づかない そのうちに

誰で も コン!コン!コン!

 

あの娘 は 可愛い ヘビイチゴ

(「あのこ」)

甘くて 酸っぱいぞ

       (「すっぱい」)

大きく お口を 開けた まま

「こっちへ おいで!」

 

ゴーゴゴゴー ゴーレッツゴー

ゴーゴゴゴー ゴーゴダイゴ

 

ガラガラヘビに 食べられた

おいしい ところを 持ってか れた

憧れの ヘビイチゴ まで

(「あこがれの」)

何回 も コン!コン!コン!

 

「もう一度会える?」

と 聞いた のは

藪蛇 だった

(「やぶへび」)

「別れに 涙は 蛇足 だぜ!」

       (「だそく」)

蛇の 道は 蛇

 

ゴーゴゴゴ ゴーレッツゴー

ゴーゴゴゴ ゴービンゴー

 

ガラガラヘビが やってくる

姿を 変えて やって くる

いつのまにか ニョロニョロ と

あなた の そば よ

 

 

※「道・しるべ」

(「みち・しるべ」)

 

「道・しるべ」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「方向 を・示す」

「ある・い」は

「道」を

「案内・する」

 

「標・識」
   と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「道・しるべ」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「しる・べ」と は

「しる」と
「べ」に
「分け・られ」

 

「漢・字」で は

「しる」は「知る」と

「べ」は「方」と

「書・く」そうです。

 

「方」は

「進んで 行く・先」

「等」の

「意味 を・持ち」

 

「道・しるべ」

   と は

 

「行き・先」の

「道」を

「知・る」

「為」の

 

「案内・役」

   と、いう

「意・味」で

 

「平安・時代」

   か ら

「使わ・れて」

「来・た」そうです。

 

「道・しるべ」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「ことわざ」や

 「格・言」は

 「先・人」が

 「残して・くれた」

 

 「道・しるべ」

     と、して

 「彼の・人生」を

 「導い・て」くれた。

 

・「部・下」が

 「迷・子」に

 「なら・ぬ」

 「様」に

 

 「正し・い」

 「道しるべ」を

 「記・す」

 「事」が

 

 「上・司」の

 「責・務」と

 「信じ・て」

 「い る」が

 「実践・する」

 「事」は

 「難・しい」
 「気」が、する。

 

「道・しるべ」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「オリエンテーション

 

 「もの・ごと」の

 「進路・方向」を

 「定め・る」

 「事」

 

 「又」

 「そ れ」が

 「定・まる」
 「様」に

 

 「指導・する」
 「事」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「道・しるべ」の

「対義・語」を

「検・策」して も

「出て・来」ません。

 

・「五里・霧中」
  (「ごり・むちゅう」)

 「手・掛かり」が

 「無・く」

 「今・後」の

 「方・針」や

 

 「見・通し」が

 「立っ・て」

 「いない」

 「中」で

 

 「漠・燃」と

 (「ばく・ぜん」)

 「手・探り」で

 (「て・さぐり」)

 

 「進・む」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「舞祭組」は

(「ぶさいく」)

「道 しるべ」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,017・年」に

「リリース」

   し た

「4 th・シングル」で

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「舞祭組」は

「2,013・年」に

「結成・された」

 

「ジャニーズ・事務所」

「所・属」で

「男性・4 人 組」の

「アイドル・グループ」です。

 

「同・ユニット」の

「プロヂューサー」

「中居 正広」が

 

「グループ・名」を

「命・名」しました。

 

「代表・曲」に

 

「棚から ぼたもち」

「やっちゃった」

「道 しるべ」等 が

「有・り」ます。

 

「2,013・年」に

「ファースト・シングル」

「棚から ぼたもち」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・2 位」に

「成・り」ました。」

 

「2,014・年」に

「日本・テレビ 系」で

「メンバー・全員」が

「出・演」した

 

「平成 舞祭組 男」が

「放送・され」ました。

 

「2,017・年」に

「リリース」し た

「4 th・シングル」

「道 しるべ」

 

「同・年」に

「リリース」し た

「ファースト・アルバム」

「舞祭組 の・わっ!」

 

「同・年」に

「リリース」し た

「ファースト」

「映像・作品」

 

「舞祭組 の・わっと!

   驚く!第 1 話」が

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

 

「舞祭組」

「道 しるべ」

「作・詞」「作・曲」

「舞祭組」

あなた から もらった

1,000 の 言葉 忘れない

震えた 手 握りしめた

負けないよ 僕ら

 

あなたと いると 何故か

全てが 上手くいく 気がした

戸惑い 迷い 不安 さえも・・・

本当に 2つ に 割れちゃう なんて

お尻 みたいで 嫌だね 嫌だね

そんな 冗談も 言えない から

 

僕ら の 道を 照らしてる

輝く ペリドット 心を 繋ぐ 絆

               (「つなぐ きずな」)

 

ありがとう じゃ 足りない の

想う ほど 切なく

声に 出して 叫び 続けた

届く かな

これからも 僕ら は

夢を乗せて 走るよ

下手 な 歌声でも あなた に

響くように “ ぱにたん ”

「もし“ この 宇宙で

一番 綺麗なもの は 何?” と

訊かれ (「きかれ」) たら、

僕は “ あなたの 笑顔 “ .と 答えます。

あなた は 笑顔で 世界を 救える

スーパーマン です から。」

 

「僕が 大好きな 人が

決めた事 だから、

受け 入れる よ。

笑顔をくれたように、

僕も 笑顔を 届ける よ。

泣いたって 仕方 ない。」

 

「別の道 を 歩くのは

悲しいもの じゃ ない。

人を 成長させる もの なんだ。

僕は 前を向いて 歩く よ。

だから、ありがとう。」

 

「あなた が くれた

笑顔の 日々が、

これからの 僕の 歩む道 を

教えて くれた。

僕らの たくさんの ありがとう を

最後 まで 聴いて 下さい。」

 

前を 見よう 振り向か ず 

僕らは 進める

心 には あなた が いる

これから も

 

僕ら は 世界を 渡る よ

あなた とは 違う道 で

もう 2回 と 来るはず の ない

この 気持ち を

笑われて も 大丈夫

泥臭く 生きる よ

(「どろくさく」)

もう 見当たら ない その 姿

僕らだけ の 道しるべ

 

 

「蛇の 道は・蛇」を

「英・語」で

 

 「Leave it to the professionals」と

 

 (「専門家 に・任せ ま しょう」) 

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「湯水 の ように・使う」

(「ゆみず の ように・つかう)

 

「皆さん」は

「湯水 の ように・使う」

   と、いう

 

「慣用・句」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「湯水 の ように・使う」の
「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「お・金」等 を

「湯 や・水」の

「様」に

 

「惜しげ も・無く」

「無・駄」に

「使・う」と、いう

「意・味」で

 

「非難 の・気持ち」を

「込め・て」

「使・う」

「言・葉」だ、そうです。

 

「湯水 の ように・使う」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「17・世紀」の

「世界・3 大 都市」は

「ロンドン」「パリ」

「江 戸」でした。

 

「その・中」で も

「上・水道」が

「一・番」

「発達して・いた」の は

 

「河川 が・多い」

(「かせん」)

「人口・130 万人」の

「江 戸」でした。

 

「その・結果」

   と、して


「湯 や・水」は

「どこ に・でも」
「たくさん」

「有っ・て」

 

「ふんだん」に

「使える・もの」の

「たとえ」に

「成・り」ました。

 

「更・に」

「水道 の・水」は

「常・に」

「流れて・いない」と

 

「澱ん・で」
(「よどん・で」)

「腐っ・て」しまいます。


「その・為」に

「水・道」は

「水」が

 

「滞り・無く」
(「とどこおり・なく」)

「流れ・る」

「様」に

「設置・され」ました。

 

「そこ・から」

「転じ・て」

「お・金」は

「ためこま・ない」で

「生きた・金」

   と、して

 

「流し・なさい」
   と、いう

「意味 に・なった」

「事」が

 

「湯水 の ように・使う」の

「由・来」に

「成っ・た」そうです。

 

「湯水 の ように・使う」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「資・源」を

 「湯水 の・ように」

 「気前・よく」

 「無・駄」に


 「使っ・て」は

      いけない。

 

 「資・源」は

 「無尽蔵 で・無く」

 (「むじんぞう」)

 「限り・ある」ものだ。

 

・「彼・女」は

 「両・親」に

 「蝶よ・花よ」と
 「育・て」られた。

 「親」が

 「お・金」を

 「出して・くれる」

    と、いう

 

 「甘い・考え」で
 「クレジット・

    カード」を

 「使・い」

 

 「ブランド・品」を

 「買い・漁り」

 (「かい・あさり」)

 

 「湯水 の よう」に
 「お・金」を

 「使っ・て」いた。

 

「湯水 の ように・使う」の

「類義・語」を

「検・策」して も

「ピ ン」と、来ません。

 

・「金 に・糸目は つけぬ」

  (「かね に・いとめは つけぬ」)

 

 「糸・目」と は

 「タコ・あげ」の

 「時」に

 

 「タ コ」の

 「バランス」を 

 「取る・為」に

 

 「表・面」に

 「付け・る」

 「数・本」の

 「糸」の 事で

 

 「タコの・形」や

 「大き・さ」で

 「糸 の・本数」は

 「異・なり」ます。

 

 「糸目 が・切れる」と

 「タ コ」を

 「コントロール

 「出来・ず」に

 

 「タ コ」は

 「風 に・あおられ」て

 「どこ・まで」も
 「飛んで・行き」ます。

 

 「その・事」を

 「金銭・感覚」に

 「たとえ」て

 

 「金 に・糸目は 付けぬ」は

 「お・金」を

 「惜しげ も・無く」

 「どん・どん」と

 

 「使・う」

    と、いう

 「意・味」に

 「成・り」ました。

 

「湯水 の ように・使う」の

「対義・語」を

「検・’策」して も

「出て・来」ません。

 

・「爪 に・火を 灯す」

  (「つめ に・ひを ともす」)

 

 「灯・り」を

 (「あか・り」)

 「とも・す」為 の

 

 「ロウソク・代」も

 「惜し・み」

 「代わり・に」

 

 「自・燃」と

 「伸びて・くる」

 「爪 を・燃やす」

 「程」に

 

 「ケ チ」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

Sonar Pocket」は

(「ソナー・ポケット」)

「君がよく 使う 口癖」の

「歌詞 が・ある」

 

「365 日 の

   ラブ・ストーリー

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,011・年」に

「リリース」し た

「9 th・シングル」で

 

オリコン・13 位」に

「成・り」ました。

 

「歌・ネット」の

「表示・回数」は

「157・万回」を

「超・え」

 

「異・常」な

「数・字」を

「記録・して」います。

 

「ソナー・ポケット」は

「2,005・年」に

「結成・した」

 

「男性・3 人組」の

「音楽・グループ」で

「略・称」は

「ソナ・ポケ」です。

「いつ・でも」

「ポケット」に

「入れ・て」
「持ち・運べる」

 

「聴く・人 」の

「心」に

「寄り・添う」

「歌」を

 

「届け・たい」

   と、いう
「願い を・込め」て

「名・付け」ました。

 

「代表・曲」に

 

「好きだよ〜 100 回 の 後悔〜」

「365 日 の ラブストーリー」

「あなた の 歌」等 が

「有・り」ます。

 

「2,008・年」に

「ファースト・シングル」

「Promise」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・24 位」でした。

 

「2,010・年」に

「リリース」し た

「6 th・シングル」

「あなた の うた」が

 

アリナミン」の

「C M ・ソング」に

「採用・され」

 

「茶の・間」

   で の

「認知・度」が

「高・まり」ました。

 

「同・年」に

「リリース」し た

「ファースト」

「デジタル・シングル」

 

「好きだよ〜

   100 回の 後悔〜」
   か ら

「9 作・連続」で

 

レコチョク

   で の

「ダウンロード」

「チャート・1 位」の

 

「快・進撃」を

「達・成」しました。

 

「2,012・年」に

「リリース」

   し た

「サード・アルバム」

 

「君との 365 日」が

オリコン・2 位」に

「成・り」ました。

 

「2,012・年」に

「開・催」し た

「ライブ」で

 

「観・衆」

「2,200・人」が
「あなたの うた」を

「3 分 間・輪唱」し

 

「ギネス」

「世界・記録」に

「認定・され」ました。

 

「2,013・年」に

「リリース」し た

「4 th・アルバム」

「君という 花」が

 

オリコン・2 位」に

「成・り」ました。

 

 

「ソナー・ポケット」

「365 日 の ラブストーリー」

「作・詞」「作・曲」

Sonar Pocket

 

365 日 全ての 日々を

君と 居たい

どんな 景色も

二人で 見たい

春も 夏も 秋も 冬も

二人の 思い出 作ろう

いつも喜怒哀楽 と 愛を

全て 二人 分け合って

いつまで も 側に 居たい

           (「そばに いたい」)

 

流行 (「はやり」) の love song 

「この 歌詞 本当にすきなの。

こんな .二人に なれたらイイな。」

って 君は 言う 

“  100年先 まで 愛します “

”“ 二人で いつまで も Promise “”
僕も 同じ気持ちで いるんだよ

君が よく 使う 口癖 気付け ば
僕にも うつって て

「似た者 同士?」

いや 似てきたん だろう

メールも 同じ タイミング 

想いは 以心 伝心

(「いしんでんしん」)

運命を 感じて いるよ

 

365 日 全ての 日々を

君と 居たい

どんな 景色も 二人で 見たい

春も 夏も 秋も 冬も

二人の 思い出 作ろう

いつも 喜怒哀楽 と 愛を

全て 二人 分け合って

いつまで も 側に 居たい

 

二人が 付き合った 記念日 

お互いが 生まれた 誕生日

X‘mas バレンタイン ホワイトデー 

イベント 毎 増えて ゆく 思い出

来年 再来年 何年 何十年 経ったって 

二人で 過ごそう (「24/7」)

 

喜んだり 怒ったり 泣いたり 笑ったり 

まるで 映し鏡 の ような

         (「うつしかがみ」)

二人 の memories 

これから も 

楽しいこと も そうじゃ ない こと も

全て 含めて 大切な 日々 だから

 

365 日 全ての 日々 を

君と 居たい

どんな 景色も

二人で 見たい

春も 夏も 秋も 冬も

二人 の 思い出 作ろう

いつも 喜怒哀楽愛 を

全て 二人 分け合って

いつまで も 側に 居たい

 

出逢って から 今日まで 何回

君を 笑顔に できた だろう?

その反対 に 君を 何回 困らせ 

何度 泣かせた だろう?

でも もう 決めた よ 

一生 一緒に 居て

幸せ にすること・・・

 

例えば 生まれ 変わって も

君を 探し 逢いに ゆくよ

離れる こと は もう

二度ど 無い から

 

365 日 全ての 日々 を

君と 居たい

どんな 景色も 二人で 見たい

春も 夏も 秋も 冬も

二人 の 思い出 作ろう

いつも 喜怒哀楽 と 愛を

全て 二人 分け合って

いつまで も 側に 居たい

 

 

※「水掛 け・論」
(「みずか け・ろん」)

「水掛 け・論」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「互・い」が

「相手 の・話」に

「耳・を」

「貸・さず」に

 

「自分 の・主張」を

「譲ら・ず」に

「話・し」が


「一・向」に

「進ま・ない」

   と、いう

「意・味」で

 

「会・議」に

「於い・て」は

「避ける・べき」と

「言わ・れて」います。

 

「水掛 け・論」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです、

 

「狂・言」の
(「きょう・げん」)

「水掛け 聟」の

(「みずかけ むこ」)

 

「下・記」

「やり・取り」が

「由・来」だ、そうです。

 

「日・照り」が

「続い・た」

「ある・日」

 

「隣・り」

「合わ・せ」の

「田・を」

「持・つ」

 

「舅」と

(「しゅうと」)

「婿」が

(「むこ」)

 

「自分 の・田」に

「水 を・引こう」

   と、して

「口論 に・なり」

 

「いつ・まで」も

「言い・争った」

「挙・句」に

(「あげ・く」)

 

「互い の・顔」に

「水」を

「掛 け・合い」ました。

 

「妻」(「舅 の・娘」) が

「仲裁 に・入る」が

(「ちゅうさい」)

「最・後」は

 

「夫」(「婿」) と

「一・緒」に

「父」(「舅」) を

「突き・倒して」

 

「終わ・る」

   と、いう

「話」だ、そうです。

 

「水掛 け・論」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「フランス・革命」と

 「ナポレオン・戦争」の

 「終息・後」に

 (「しゅうそく・ご」)

 

 「ヨーロッパ」の

 「政治・秩序」

 「再・建」の 為に

 「開催・され」

 

 「ヨーロッパ」

 「諸・国」の

 「代・表」が

 「出席・した」

 

 「ウイーン・会議」

    で は

 「領土 を・巡り」

 「不・毛」の

 (「ふ・もう」)


 「水掛 け・論」

    と、なり

 「9  ケ 月・間」

 「結論 が・出ず」

 

 「会議 は・続く」も

 「進展・しない」と

 「揶揄・され」

 (「やゆ」)

 

 「ドイツ」で は

 「会議は 踊る」の

   「作品・名」で

 「映画・化」された。

 

・「テレビ・ドラマ」

    で は

 「言っ・た」
 「言わ・ない」で

 

 「水掛 け・論」に

 「なる・事」を

 「避ける・為」に

 「こっそり」と

 

 「録音・する」

 「シーン」が

 「頻・繁」に

 (「ひんぱん」)

 「出・て」来る。

 

「水掛 け・論」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「堂々・巡り」

  (「どうどう・めぐり」)

 

 「同じ・議論」が

 「延・々」と
 (「えん・えん」)

 「繰り・返され」て

 「いつ・まで」も
 「結論 が・出ない」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「水掛 け・論」の

「対義・語」を

「検索・‘して」も

「出て・来」ません。

 

・「鶴 の・一声」

  (「つる の・ひとこえ」)

 

 「様々 な・意見」を

 「持っ た・人達」が

 「議論・して」

 「いる・時」に

 

 「否応・無し」に

 (「いやおう・なし」)
 「自分 の・意見」に

 「従わ・せる」

 「絶対・的」な

 「有力・者」や

 「権威・者」が

 「放・つ」

 

 「一・言」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「松坂 慶子」は

(「まつざか けいこ」)

 

「乾いた この 花に 水を

   あたえて ください」の

「歌詞 が・ある」

 

「愛 の 水中花」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,979・年」に

「リリース」

   し た

「セカンド・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「松坂 慶子」は

「1,952 年・生まれ」で

「東京 都」「大田 区」

「出・身」の

 

「女・優」「歌・手」

「司会・者」

「タレント」です。

 

「代表・曲」に

 

「愛の 水中花」

「蒲田 行進曲」

「恋の メモリー」等 が

「有・り」ます。

 

「1,960・年」

「小学 2 年生 の・時」に

「くるみ 児童・合唱団」に

「入・団」しました。

 

「1,967・年」

「中学 3 年生 の・時」に

「劇団・ひまわり」に

「入・団」しました。

 

「同・年」に

「コメディ・ドラマ」

「忍者 ハットリ くん」で

「テレビ・デビュー」しました。

 

「1,969・年」

日本大学 第二・高校」

「在学・中」に

 

「大・映」に

「スカウト」さ れ

「ある 女子校医の 記録」で

「女優・デビュー」しました。

 

「1,973・年」
「21 歳の・時」に

「N H K」

「大河・ドラマ」

 

「国盗り 物語」で

「織田 信長」の

「妻」「濃 姫」を

「演・じ」

 

「国・民」に

「広・く」

「知ら れる・様」に

「成・り」ました。

 

「その・後」
「清純・派」か ら

「脱・皮」し

(「だっ・ぴ」)

「体・当たり」の

「演・技」で

「トップ・女優」に

「躍り・出」ました。
「「おどり・で」)

 

「1,979・年」

「27 歳の・時」に

「TBS 系・テレビ」で

「放送・された」


「テレビ・ドラマ」

「愛の 水中花」で

「主・演」し

 

「主題・歌」
「愛の 水中花」が

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「ドラマ・劇中」で

「披露・した」
(「ひろう」)

「妖・艶」な

(「ようえん」)

 

「バニー・ガール」

「姿」が

「話題 に・なり」

 

「その・衣装」で

「人気・音楽 番組」

ザ・ベストテン」に

「出・場」し

 

「男性 の・視線」を

「釘付・け」に

(「くぎづ・け」)

   しました。

 

「2,018・年」に

「大河・ドラマ」

西郷どん」に

「出・演」し

 

国盗り物語

「以・来」

「同・シリーズ」へ 

 

「通算・9 回」

「出・演」し

「新・記録」に

「成・り」ました。

 

「現・在」

「69・歳」

   です が

 

「テレビ・ドラマ」

「出・演」等

「第・一線」で

「活躍・して」います。

 

「私・生活」で は

 

「1,991・年」

「39・歳」の

「時」に

「両・親」の

「大・反対」を

「押し・切り」

 

「2 歳・年下」の

「ギタリスト」

「高内 春彦」と

「結・婚」しました。

 

「1,992・年」に

「長・女」が

 

「1,994・年」に

「ニ・女」が

「誕・生」しました。

 

「紅白・歌合戦」へ の

「出場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「松坂 慶子」

「愛の 水中花」

「作・詞」:「五木 寛之」

「作・曲」:「小松原 まさし」

 

これも 愛 あれも 愛

たぶん 愛 きっと 愛

 

だって 淋しい ものよ

泣けない なんて

そっと 涙で ほほ を

濡らして みたい わ

ひとりぼっち の 部屋の

ベッド の 上で

ちょっと ブルーな 恋の

夢を 見ている

乾いた この 花に

水を あたえて ください

金色の レモン ひとつ

胸に しぼって ください

わたしは 愛の 水中花

これも 愛 あれも 愛

たぶん 愛 きっと 愛

 

だって 悲しい ものよ

酔えない なんて

そっと あなたの 胸に

あまえて みたいの

そうよ 人生 なんて

ドラマ じゃ ないわ

だから 今夜は せめて

夢を 見たいの

乾いた この 花に

水を あたえて ください

バラ色 の ワイングラス

胸に そそいで ください

わたし は 愛の 水中花

これも 愛 あれも 愛

たぶん 愛 きっと 愛

 

 

「湯水 の ように・使う」を

「英・語」で

 

 「spend money like water」と

 

 (「水 の ように・お金 を 使う」) 

 

 「言・う」そうです。

 

 

何気なく使っている言葉の意味

「二番・煎じ」
(「にばん・せんじ」)

「皆さん」は

「二番・煎じ」

   と、いう

 

「慣用・句」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「二番・煎じ」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「過・去」に

「同じ・事」が

「行わ・れて」

   い て

 

「新鮮・味」が

「無・い」

   と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「二番・煎じ」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「煎・じ」と は

「お・茶」や

「薬」を

「煮詰・め」て

(「につ・め」)

 

「成・分」を

「取り・出す」

「事」で

 

「二番・煎じ」

   と は

「一・度」
「煎じた・もの」を 

 

「再・び」

「煎じ・る」事 や

「その・もの」の

「事」で

 

「一度目 の・もの」よ り

「成分 が・弱く」

「味も・薄い」

「事」から

 

「転じ・て」

「前に・あった」

「事」の

「繰り・返し」で

 

「新・味」が

「無・い」

「事」の

「たと・え」に

 

「成っ・た」

「事」が

「由・来」だ、そうです。

 

「二番・煎じ」の

「代表・的」な
「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「ブログ を・書く」に

 「当た・り」

 「標・題」に

 「同じ・言葉」を

 

 「使わぬ・様」に

 「注意して・いる」が
 「類義・語」

 「対義・語」で

 

 「過・去」に

 「同じ・言葉」を

 「使って・いる」

    の で

 

 「二番・煎じ」も

 「多く・なって」

 「しまい・ます」が

 

 「ご・容赦」

 (「ご・ようしゃ」)

 「願・い」ます。

・「あの・人」の

 「話」は

 「過去 に・聞いた」

 「事が・有る」

 

 「二番・煎じ」

 「ばか・り」で

 「新鮮味 が・無く」

 「退・屈」だ。

 

「二番・煎じ」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「二匹目 の・泥鰌

  (「にひきめ の・どじょう」)

 

 「柳の下 の 二匹目 の・

    泥鰌 を狙う」の

 (「やなぎ の した の にひきめ の・
      どじょう を ねらう」)

 

 「略・語」で

 (「りゃく・ご」) 

 

 「過・去」に

 「成・功」を

 「収め・た」

 (「おさめ・た」)

 

 「人」や

 「物・事」の

 

 「真似 を・する」

 (「まね」)

     と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「二番・煎じ」の

「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「創意・工夫」
  (「そうい・くふう」)

 「創・意」と は

 (「そう・い」)

 「新し・い」

 「思い・付き」や

 

 「今・まで」に

 「無かっ・た」

 「独創・的」な

 

 「考・え」 

    と、いう

 「意・味」で

 

 「工・夫」と は

 (「く・ふう」)

 「物・事」を

 

 「実行・する」

 「為」に

 「良い・方策」を

 

 「あれ・これ」と

 「ひねり・出す」

     と、いう

 「意・味」で

 

 「創意・工夫」

 (「そうい・くふう」)

  と は

 「今・まで」に

 

 「誰」も

 「思い・付か」

 「無かっ・た」

 「事」を

 

 「考え・出し」

 「そ れ」を

 「行う・為」の

 「良い・方法」を

 

 「考え・る」

     と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 

「A d o」は

(「アド」)

 

「二番煎じ 言い換えの

   パロディ」の

「歌詞 が・有る」

 

「うっせぇわ」

    と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「代表・曲」に

 

「うっせいわ」

レディメイド

「シカバネーゼ」等 が

「有・り」ます。

 

「社会 や・大人」

   へ  の

「不・満」を

 

「毒々・しい」

(「どくどく」)

「歌・詞」を

「透明感・有る」

「歌・声」で

 

「唯一・無二」の

(「ゆいつ・むに」)

「世界・観」を

「歌い・上げ」て、います。

 

「ア ド」は

「本・名」

「非・公開」で

「2,002 年・生まれ」の

 

「東京 都」

「出・身」の

「女性・歌手」です。

 

「一度・聴く」と

「病み・付き」に
(「やみ・つき」)

「成・る」

 

「中毒・性」の

「有・る」

「独・特」な

「歌・声」と

「高・い」

「歌唱・力」と

「豊か・な」
「表現・力」で

「話・題」に

「成っ・て」

   い る

「アーティスト」です。

 

「2,017 年・1 月」

「高校・生」の

「時」に

 

「ニコニコ・動画」へ

「歌って・みた」

「動・画」を

「投・稿」し

 

「歌・手」と

「し て」の

「活・動」を

「始・め」ました。

 

「2,020 年・10 月」に

「配信・限定」の

「ファースト・シングル」

「うっせえわ」を

 

「リリース」し

「メジャー・

   デビュー」を 

「果た・し」ました。

 

「2,021 年・3 月」に

Billboard Japan

   Hot 100」

「ランキング」で

 

「自身・初」の

「総合・1 位」に

「成・り」ました。

 

You Tube」で の

「ミュージック・

   ビデオ」の

「再生・回数」が

 

「1 億・回」を

「突・破」し

「ソロ・歌手」と

「して」は

 

「史・上」

「最年少・記録」を

「達・成」しました。

 

 

「A d o」

「うっせぇわ」

「作・詞」「作・曲」

「syudou」

 

正しさ とは 愚かさ とは

それが 何か 見せつけて やる

 

ちっちゃな 頃 から 優等生

気づいたら 大人に なって いた

ナイフ の 様な 思考回路

持ち合わ せる 訳も なく

 

でも 遊び 足りない 

何が 足りない

困っちまう これは 誰かの せい

あても なく ただ 混乱する

エイデイ (「毎日?」)

 

それも そっか

最新の 流行は 当然の 把握

経済の 動向も 通勤時 チェック

純情な 精神で 入社し ワーク

社会人 じゃ 当然の ルール です

 

はぁ?うっせぇ うっせぇ

うっせぇ わ

あなた が 思うより 健康です

一切合切 凡庸 な

(「いっさいがっさい

   ぼんよう な」)

あなた じゃ わからない かも ね

嗚呼 よく 似合う

(「ああ」) 

その 可も なく 不可も ない

メロディー

うっせぇ うっせぇ うっせぇ わ

頭の 出来が 違う ので

問題は ナシ

 

つって も 私 模範人間

(「もはん にんげん」)

殴ったり するの は

ノー センキュー

だったら 言葉の 銃口

            (「じゅうこう」)

 

その 頭に 突きつけ て 撃て ば

                         (「うて ば」)

マジ ヤバ ない?

止まれ や しない

不平不満 垂れて 成れの 果て

          (「たれて」)

サディスティック に

変貌 する 精神

 

クソ だりぃ な

酒が 空いた グラス あれば

直ぐに 注ぎ なさい

皆が つまみ 易いように

串 外しなさい

(「くし はずし」)

会計や 注文は 先陣を 切る

不文律 最低限 の マナー です

(「ふぶんりつ」)

 

はぁ? うっせぇ うっせぇ

うっせぇ わ

くせぇ口 塞げ や 限界 です

        (「ふさげ」) 

絶対 絶対 現代の 代弁者は

私 やろ がい

もう見飽きた わ

二番煎じ 言い換えの パロディ

うっせぇ うっせぇ うっせぇ わ

丸々 と 肉付いた

その 顔面 に バツ

うっせぇ うっせぇ うっせえ わ

うっせえ うっせえ うっせぇ わ

私 が 俗に 言う 天才 です

 

うっせぇ うっせぇ うっせぇ わ

あなた が 思うより 健康 です

一切合切 凡庸 な

あなた じゃ わからない かも ね

嗚呼 つまら ねぇ

何回 聞かせ るんだ その メモリー

うっせぇ うっせぇ うっせぇ わ

アタシ も 大概 だけど

          (「たいがい」)

どうだって いいぜ 問題は ナシ

 

 

※「爪 の 垢 を・煎じて 飲む」

(「つめ の あか を・せんじて のむ」)

 

「爪 の 垢 を・煎じて 飲む」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「煎じ・る」と は

「お・茶」や

「薬・草」を

「煮・詰め」) て

(「に・つめ」)


「成・分」を

「取り・出す」

   と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「爪 の 垢 を・煎じて 飲む」

   と は

「優れ た・人」や

「尊敬・出来る」

「人」を

「手本 に・して」

「あやか・る」
「様」に

 

「心・掛ける」

   と、いう

「意・味」の

「ことわざ」だ、そうです。

 

「手本 と・する」

「人」の

「言・動」を 

 

「見・習う」

   と、いう

「意・味」も

 

「含まれ・て」

「い る」そうです。

 

「爪 の 垢 を・煎じて 飲む」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「爪 の・垢」

   と は

「ほ ん」の

「わずか な・もの」の

 

「たと・え」

   と、して

「使わ・れて」

「い る」そうです。

 

「優れた・人」の  

「様」に

「成・る」に は

 

「その・人」の

「爪 の・垢」の

「様」な

 

「わず・か」で

「汚い・もの」で も

「薬 に・して」

「煎じて・飲め」ば

 

「少・し」は

「その・人」に

「似て・来る」

   か も

 

「知れ・ない」

   と、いう

「考・え」が

「由・来」だ、そうです。

 

「爪 の 垢 を・煎じて 飲む」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「あの・人」は

 「ずるい・ところ」が

 「有・る」の で

 

 「正・直」な

 「彼」の

 「爪 の 垢 を・煎じて」

 「飲ま・せ」たい。

 

・「尊敬・出来」る

 「先・輩」の

 「背・中」を

 「見・ながら

 

 「爪 の 垢 を・煎じて 飲む」

 「様」に

 「模・範」に

   「し て」

 

 「一日・一日」を

 「頑・張」れ。

 

「爪 の 垢 を・煎じて 飲む」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「採長・補短」

  (「さいちょう・ほたん」)

 

 「採・長」の

 「長」と は

 「長・所」や

 

 「余っ た・部分」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「補・短」の

 「短」と は

 「短・所」や

 

 「足り ない・部分」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 「採長・補短」

       と は

 「他人の・良い所」を

 「取り・入れ」て


 「自・分」の

 「足り・ない」

    「ところ」を

 

 「補・う」

 (「おぎな・う」)

      と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「爪 の 垢 を・煎じて 飲む」の

「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「他山 の・石」

  (「たざん の・いし」)

 

 「意・味」を

 「勘違い・している」

 「人 が・多い」

 「慣用・句」だ、そうです。

 

 「他・人」の

 「誤・まった」

 「言・動」も

 

 「自・分」を 

 「磨・く」

 (「みが・く」)

 

 「助けと・なる」

      と、いう

 「意・味」で

 

 「反面・教師」の

 (「はんめん・きょうし」)

 「類義・語」です。

 

 

「世良 公則 & ツイスト」は

(「せら きみのり」)

 

「銃 爪」

(「ひき がね」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「ひき・がね」は

「引・金」と

「書・く」の が

「普通・です」が

 

「世良 公則」は

「銃・爪」

(「ひき・がね」)

   と、いう

 

「造・語」を

「使・い」ました。

 

「1,978・年」に

「リリース」し た

「サード・シングル」で

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「ツイスト」は

「大阪 芸術・大学」

「芸術・学部」

「在学・中」に

 

「ボーカル」の

「世良 公則」が

「中・心」に

「成っ・て」

 

「1,997・年」に

「結成・した」

「男性・5 人 組」の

「ロック・バンド」です。

 

「当・時」

「マイナー」

   だっ た

「ロック」を

 

「メジャー」に

「引き・上げ」

「定着・させ」た

 

「最・初」の

「ロック・バンド」です。

 

「代表・曲」に

 

「燃えろ いい女」

「あんたの バラード」

「銃 爪」等 が

「有・り」ます。

 

「1,977・年」に

「リリース」し た

「ファースト・シングル」

 

「あんたの バラード」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・6 位」に

「成・り」ました。

 

「ボーカル」

「世良 公則」の

「ド・派手」な

「アクション」と

 

「余・り」に

「ワイルド」な

「歌唱・スタイル」は

 

「多くの・人」の

「度・肝」を

(「ど・ぎも」)

「抜・き」ました。

 

「続・く」

「セカンド・シングル」

「宿 無し」が

オリコン・3 位」

 

「サード・シングル」

「銃 爪」が

オリコン・1 位」

 

「4 th・シングル」

「性」(「さが」) が

オリコン・5 位」

 

「5 th・シングル」

「燃えろ いい女」が

オリコン・3 位」と

 

「大 ヒット・曲」を

「連・発」し て

「一世 を・風靡」しました。

(「いっせい を・ふうび」)

「ロック・バンド」が

「シングル・ヒット」を

「続け・る」

「事」は

 

「それ・まで」に
「前・例」が

「有り・ません」でした。

 

「更・に」

「1,978・年」の

「ファースト・アルバム」

「世良 公則 & ツイスト」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「日・本」の

「ロック・バンド」が

「デビュー・アルバム」で

 

オリコン・1 位」に

「成・る」の は

「初め・て」でした。

 

「ツイスト」は

「それ・まで」の

「ロック・バンド」に は

「出来・なかった」

「女性・ファン」を

「開・拓」し

(「かい・たく」)

「新たな・潮流」を
(「ちょう・りゅう」)

「生み・出し」て

 

「日・本」の

「音楽・シーン」に

「大き な・衝撃」を

「与・え」ました。

 

「世 良」の

「歌う・姿」を

「見・て」

 

「初め・て」

「ロック 」に

「触れ た・人」も
「多・く」

 

「男 の・子」は

「世 良」の

「アクション」を

 

「真・似」

(「ま・ね」)

   しました。

 

「1,978・年」の

「レコード・大賞」で は

「最 優秀・新人賞」を

「辞・退」しました。

(「じ・たい」)

 

「1,979・年」に

「リリース」し た

「セカンド・アルバム」

「ツイスト・Ⅱ」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「1,981・年」

「絶頂・期」に

「解・散」し

 

「その・後」

「何度・か」

「再・結成」し

 

「2,012・年」に

「9 th・ベストアルバム」

「世良公典/ツイスト・

   ベスト コレクション」を

 

「リリース」

「しま・した」が

「その・後」は

「不・明」です。

 

「紅白・歌合戦」に は

 

「1,978・年」の

「あんたの バラード」と

「1,979・年」の

「燃えろ いい女」で

 

「2 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「世良 公則 & ツイスト」

「銃 爪」(「ひき がね」)

「作・詞」「作・曲」

「世良 公則」

 

あいそづかし の 言葉 が

ダメ な あんた に 似合いサ と

いつも オマエ は 笑うの さ

男の 心の 裏側 に

つば を 吐きかけ なじる

そんなこと の

できる 女 (「やつ」)

まるで 素肌を さらし といて

想い出 ひとつ も 残せ ない

悲しい 女 に なっち まった よ

Tonight Tonight Tonight Tonight 

今夜 こそ オマエ を 

おどして みせる

 

萎えた 時間の 中に だけ

(「なえた」) 

あんた と なら 寝て あげる と

いつも オマエ は そう 言った

けだるい 愛を 背負って は

とても 生きちゃ 行けない と

オマエ の 体は 泣いて いる

まるで 素肌をさらし といて

傷跡 ひとつ も 残せ ない

(「きずあと」) 

苦しむ 女 に なっち まった よ

Tonight Tonight Tonight Tonight 

今夜 こそ オマエ を 

おどして みせる

 

Tonight Tonight Tonight Tonight 

今夜 こそ オマエ を 

おどして みせる

Tonight Tonight Tonight Tonight 

今夜 こそ オマエ を 

おどして みせる

Tonight Tonight Tonight Tonight 

今夜 こそ オマエ を 

おどして みせる

 

 

「二番・煎じ」を

「英・語」で

 

 「That is recycled idea

    of the previous one」と

 

 (「その アイデア

     前回 の 二番煎じ だ」) 

 

 「言 う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「右往・左往」

(「うおう・さおう」)

「皆さん」は

「右往・左往」

   と、いう

 

「四字・熟語」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「右往・左往」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「往」(「おう」) とは

「行・く」

   と、いう

「意・味」で

 

「右往・左往」と は

「右 に・行ったり」

「左 に・行ったり」し て

「あわて・ふためく」事 や

 

「混・乱」して

「秩序 が・無い」

「事」の

「たとえ」だ、そうです。

 

「どう・すれば」

「良・い」」の か

「分から・ず」に

「オロ・オロ」と

「あち・こち」を

「動き・回る」

「事」や

 

「まご・つく」

「様・子」

   と、いう

「意・味」で

 

「少・し」

「ネガティブ」な

「ニュアンス を・持つ」

「言・葉」だ、そうです。

 

「辞書 に・よって」は

「大勢 の・人」と

「定・義」して いる

「そう・です」が

 

「一人・きり」の

「場・合」で

「右往・左往」を

「使う・事」も

 

「間・違い」

   で  は
「無・い」そうです。

 

「右往・左往」の

「由・来」は

「特 に・無い」様 です。

 

「右往・左往」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「組・織」の

 「司令塔 の・指示」が

 「的確 で・無かった」

 「為」に

 

 「部・下」は

 「右往・左往」を

 「繰り・返し」

 

 「時間 が・過ぎる」

 「だけ・で」

 「何 の・進展」も

 「無」かった。

 

・「これ・まで」に

 「走った・事 」の

 「無・い」

 「暗 い・夜道」を

 

 「経・トラック」で

 「右往・左往」し

 「方向・感覚」が

 「無 く・なり」

 

 「逆・方向」へ

 「走っ て・しまった」

 「経・験」が

 「有」る。

 

「右往・左往」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「狼狽・する」

  (「ろうばい・する」)

 

 「不測 の・事態」に

 「巻き・込まれ」て

 「驚・き」

 

 「あわて・ふためき」

 「うろた・える」

     と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「右往・左往」の

「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「泰然・自若」
  (「たいぜん・じじゃく」)

 

 「泰・燃」と は

 「落ち・着いて」

 「何事・にも」

 「動じ・ない」事 で

 

 「自・若」と は
 「驚か・ず」

 「あわて・ず」

 「落ち・着く」事 で

 

 「泰然・自若」と は

 「何・事」

       に も
 「動じ・ず」

 

 「あわて・ない」
    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 

「錦戸 亮」は

(「にしきど りょう」)

 

「右往左往 する より

   進んで いたい」の

「歌詞 が・ある」

 

ノマド

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,019・年」に

「リリース」し た

「ファースト・
   シングル」で

 

ビルボード

   ランキング」

「10・位」に

「成・り」ました。

 

ノマド」の

「本・来」の

「意・味」は

 

「遊牧・民」や

「放浪・者」

「で す」が

「転 じ・て」


「時・間」と

「場・所」に

「とらわ・れず」に

「働 く・人」

 

「もしく・は」

「そう・した」

「働 き・方」

   と、いう

 

「意・味」で

「使 わ・れて」います。

 

「錦戸 亮」は

「1,984 年・生まれ」で

「大阪 府・門真 市」

「出・身」の

 

「シンガーソングライター」

「ギタリスト」

「俳・優」です。

 

「元・関ジャニ∞」の

「ボーカル」で

 

「アイドル・グループ」

「NEWS」

「元・メンバー」

   でした が

 

「2,019 年・9 月」に

「ジャニーズ・事務所」を

「退・所」しました。

 

「代表・曲」に

 

「ラスト ノート」

「コノ世界ニ サヨウナラ」

「ハイ ボール」等 が

「有・り」ます。

 

「1,997・年」

「13 歳の・時」に

「ジャニーズ・事務所」の

「オーディション」に

 

「合・格」し

「関西・ジャニーズ jr」の

「一員 と・して」

「活動・開始」しました。

 

「府・立」

「布施北・高校」に

「進学・しました」が

「中・退」しました。

 

「2,019・年」に
「リリース」し た

「ファースト・シングル」

 

ノマド」で

「ソロ・デビュー」しました。

 

「同・年」に

「ファースト・アルバム」

NOMAD」を

「リリース」し

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,020・年」に

「東京・ドーム」で

「史上・初」の

 

「無・観客」

「ライブ」を

「開・催」しました。

 

「2,021 年・1月」に

「セカンド・アルバム」

「Note」を

「リリース」し

 

オリコン・2 位」に

「成・り」ました。

 

 

「錦戸 亮」

ノマド

「作・詞」「作・曲」

「錦戸 亮」

 

どこまで  行こう 

何が あるんだろう

躓く 暇も

(「つまずく ひま」) 

なさそう だな

一つ一つ 並べて きた

足跡は まだ そこに あるから

急がなく たって いい

迷う ことも ある

回り道 でも 踏み出して

いける ように

 

見慣れない 景色に  

軽くなる 足取り

知らない 筈なのに

         (「はず」) 

どこか 懐かしくて

問いかける ような

向かい風 も

心地 よくて

(「ここち」) 

さぁ 唄って いこうか

 

何でも 出来るって 息巻いて

駆け出した 空に 響かせ よう

鼓動の スピードに 乗って

まだ 見ぬ 場所へ

目的地 なんて 今は まだ

言えなく たって どうだって

いいんだ

足跡 繋げて (「つなげて」)

名前でも 付けよう か

 

頬 (「ほほ」) を 流れる 汗

少し 乾いた 喉 (「のど」)

剥がれ (「はがれ」) 落ちた

瘡蓋 (「かさぶた」)

そうだ 生きてるん だ

試され てる ような

(「ためされ」) .

高い壁 も

心 踊る さぁ 挑んで

               (「いどんで」)

いこう か

 

何でも 出来るって 背伸び して

掴め (「つかめ」) そうな

未来に 届くよう

行こう 無謀だと

他 (「ほか」) に

笑われて いても

選択肢 なんて

(「せんたくし」) 

これまで も

これからも 無数に あるんだ

右往左往 するより

進んで いたい から

 

どこまでも 行こう

何が あるんだろう

高鳴る 胸が

背中を 押すんだ

 

何でも 出来るって 息巻いて

駆け出した 空に 響かせ よう

鼓動の スピードに 乗って

まだ 見ぬ 場所へ

目的地 なんて 今は まだ

言えなく たって

どうだって いいんだ

一つ一つ 並べた

始まりの 一歩 だ

 

 

※「右顧・左眄」

 (「うこ・さべん」)

「右顧・左眄」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「右」か「左」か

「決め・かね」て

「迷・う」

「様」に

 

「人の・思惑」等 

        (「おもわく」)

「周りの・事」

「ばか り」

「気に・して」

 

「決・断」を

「ためら・う」

    と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「右顧・左眄」の

「語・源」は

「下・記」だ、そうです。


「右」「左」は

「方・向」を

「表・す」
「語」だ、そうです。

 

「顧」は

(「こ」) 

「かえり・みる」や

 

「振り・返る」

   と、いう

「意・味」で

 

「眄」は

(「べん」) 

「流し・目」で

「見・る」や

「わき・見」を
「す る」

   と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「顧」も「眄」も

「見・る」

   と、いう

「意・味」で

 

「共通・して」

    お り

「見る・事」を

「強調・した」

 

「言・葉」が

「語・源」だ、そうです。

 

「右顧・左眄」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「かつ・て」

 「彼・女」は

 「大勢 の・人」の

 「前」で は

 

 「意・見」を

 「言え・ない」

 「右顧・左眄」な
 「性格・だった 」が

 

 「現・在」は

 「人 が・変わった」

 「様」に

 

 「組・場」の

 「リーダー」

    と、して

 

 「他・部署」と

 「対・等」に

 「渡り・合って」いる。

 

・「実・際」に

 「採・決」が

 「始・まる」と

 

 「皆・が」

 「急・に」

 「左顧・右眄」

    し て

 

 「挙手・する」

 「者」は

 「なか・なか」」

 「現・れ」なかった。

 

「右顧・左眄」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「迷・う」

  (「まよ・う」)

 

①「行く・べき」
 「道」や
 「方・向」が

 「分から・なく」なる。

 

②「どう・したら」

 「良・い」か
 「決め・られ」

 「無・く」なる。

 

③「欲望 や・誘惑」に

 「負・け」て

 「正常 な・判断力」を
 「失」う。

 

④「死・者」の

 「霊」が

 「成・仏」

 (「じょう・ぶつ」) 

 「出来・ず」に

 

 「現・世」を

 「さ・迷って」いる。

 

 「迷・う」に は

 「上・記」

 「四つ の・意味」が

 「有・る」そうです。

 

「右顧・左眄」の

「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「即決・即断」
  (「そっけつ・そくだん」)

 

 「即・決」と

 「即・断」は

 「共・に」

 「同じ・意味」で

 

 「意・味」を

 「強・調」

    し た

 「言・葉」で

 

 「その・場」で

 「すぐ に・判断」

    し て

 

 「決め・る」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 

「大橋 純子」は

(「おおはし じゅんこ」)

 

「アイペンシル の

   色を 並べて 迷う」の

「歌詞 が・ある」

 

シルエット・ロマンス

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,981・年」に

「リリース」し た

「18 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「代表・曲」に

 

シルエット・ロマンス

「ビューティフル・ミー」

「たそがれ マイ・ラブ」等 が

「有・り」ます。

 

「大橋 純子」は

「1,950 年・生まれ」で

「北海道・夕張 市」

「出・身」の

 

「ポピュラー・

   ミュージック」の

「歌・手」です。

 

「道・立」

「夕張 北・高校」

「卒業・後」

 

「1,972・年」に

「北海道」で

「唯・一」の

「女子・大学」

「藤 女子・短期 大学」に

「進・学」しました。

 

「北海道・大学」の

「軽音楽クラブ・

   バンド」に

「所・属」し

 

「ライブ・活動」は

「地・元」の

「注目 を・浴び」ました。

 

「大学・在学中」に

「北海道」

HBC・ラジオ」で

 

「深夜・放送」の

「ディスク・

   ジョッキー」も

「務・め」ました。

 

「1,974・年」に

「大学・卒業 後」

「単身・上京」し

 

ヤマハ

   音楽 振興会」で

「アルバイト」を

「し・ながら」

 

「バンド・活動」を

「行・い」ました。

 

「日本・人」

「離れ・した」

「歌唱・力」と

「音楽・性」が

「関係・者」の

「耳 に・留まり」

 

「レコード・会社」の

「オーディション」を

「受・け」

「合・格」しました。

 

「1,974・年」に

「ファースト・アルバム」

「フィーリング・ナウ」で

「デビュー」しました。

 

「1,978・年」に

「TBS 系」

「テレビ・ドラマ」

「獅子の ごとく」の

 

「主題・歌」に

「起用・された」

「10 th・シングル」

「たそがれ マイ・ラブ」が

 

「自・身」

「最・大」の

「売り・上げ」を

「記・録」し

 

「レコード 大賞・

   金 賞」を

「受・賞」しました。

 

「1,981・年」に

「リリース」し た

「18 th・シングル」

シルエット・ロマンス」が

 

「ロング・ヒット」と

「成・り」

 

「1,982・年」に

「レコード 大賞・
    最優秀 歌唱賞」を

「受・賞」しました。

 

「2,007・年」に

「純 子」の

「出身・地」

「夕張・市」が

 

「財政 再建・団体」に

「認定・された」

「事」を

「受・け」て

 

「北海道・出身」の

「歌・手」

 

「松山 千春」

「中島 みゆき」

「安全 地帯」

 

「ドリ・カム」

YUKI

GLAY」の

 

「曲」を

「カバー」し た

 

「4 ・th」

「チャリティー

   カバー・アルバム」

 

「Terra」を

「リリース」し

 

「収益・金」を

「寄・贈」しました。

 

「現・在」

「70・歳」

   です が

 

「テレビ」の

「歌・番組」

「出・場」

「ライブ」等 

 

「第・一線」で

「活躍・して」

「い る」そうです。

 

「私・生活」で は

 

「1,979・年」

「29 歳の・時」に

 

「吉川 晃司」

「中森 明菜」

「等」に

「楽曲・提供」し た

 

「作曲・家」の

「佐藤 健」と

「結・婚」しました。

 

「二人の・間」に

「子供 は・いない」

「様」です。

 

「2,018・年」に

「定期・検診」で

「食堂・ガン」が

「発見・され」ました。

 

「不幸・中」の

「幸・い」で

「初期 の・為」に

「手術 は・せず」

 

「抗がん・剤」と

放射線・治療」で

「完・治」しました。

 

「紅白・歌合戦」に は

 

「1,979・年」に

「ビューティフル・ミー」で

 

「1回・のみ」

「出・場」しました。

 

 

「大橋 純子」

シルエット・ロマンス

「作・詞」:「来生 えつこ」

「作・曲」:「来生 たかお」

 

恋する 女 は 夢 見たがり の

いつも ヒロイン つかの間 の

鏡に 向かって アイペンシル の

色を 並べて 迷う だけ

窓辺の 憂い 顔は

     (「うれい」) 

装う 女心

(「よそおう」) 

茜色 の シルエット

(「あかねいろ」) 

 

ああ あなた に

恋心 ぬすまれ て

もっと ロマンス 

私に 仕掛けて きて

ああ あなた に

恋模様 染められ て

もっと ロマンス 

ときめき を 止めない で

 

あなた の くちびる 

首すじ かすめ

私 の 声も かすれ てた

無意識 に イヤリング

気づいたら はずして た

重なり あう シルエット

 

ああ 抱きしめ て 

身動き 出来ない ほど

もっと ロマンス 

甘く だまして ほしい

ああ 抱きしめ て 

鼓動 が ひびく ほどに

もっと ロマンス 

激しく 感じ させて

 

ああ あなた に

恋心 ぬすまれ て

もっと ロマンス 

私 に 仕掛けて きて

ああ あなた に

恋模様 染められて

もっと ロマンス 

ときめき を 止めない で

 

 

「右往・左往」を

「英・語」で

 

 「go this way and that」

 

 (「あっちへ 行ったり・
     こっちへ 行ったり」) と

 

 「言・う」そうです。