何気なく使っている言葉の意味

「ボタン を・掛け違える」

(「ぼたん を・かけちがえる」)

 

「皆さん」は

「ボタン を・掛け違える」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「ボタン を・掛け違える」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「手順 や・やり方」を

 「最初 の・段階」で

 「間違え て・しまう」と

 「当事者 の・間」に

 

 「途 中・では」

 「気付 き・にくい

 「認識 や・考え」の

 「ズレ が・生じ」

 

 「最後 に・なって」

 「ヤッ・と」

 「間違い が・あった」

 「事」に

 

 「気付く と・いう」

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

       そうです。

 

「ボタン を・掛け違える」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「洋服 の・ボタン」を

 「掛け る・際」に

 「最初 の・ボタン」を

 「掛 け・間違える」と

 

 「その後 が・ずっと」

 「ズレ て・しまい」

 「最後 の・ボタン」を

 「掛ける時 に・なって」

 

 「初め て・気付く」

 「事」から

 「転・じ」て

 「最初 の・方」で

 

 「何 ら・か」の

 「ズレ が・生じる」と

 「そ の・影響」が

 「ズッと 続いて・しまい」

 

 「結・局」
 「最後 の・最後」に

 「気付 く・事」が

 「由・来」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「ボタンを・掛け違える」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「ボタン を・掛け違える」
 「事」を

 「未然 に・防ぐ為」に

 

 「常・に」

 「係内 は・もちろん」

 「他係の 人・とも」

 「積 極・的」に

 

 「コミュニケーション」を

 「図 る・努力」を

 「欠かさ な・かった」
    そうだ。


・「二人 の・話」を

 「聞い て・いる」と

 「勘違い に・よる」

 「考え方の ズレが・あり」

 

 「ボタン を・掛け違えている」

 「節が あった・ので」

 「共通認識 を・図るべく」

 「再・度」


 「話し合い の・場」を

 「持 つ・事」に、した。

 

「ボタン を・掛け違える」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「歯車 が・狂う」
   (「はぐるま が・くるう」)

 

・「時間 が・経つに つれ」て

 「ズレ が・生じ」て

 「順調に 進んで ・いた」

 「事」が

 

 「徐・々」に

 「上手く いかなく・なる」や

 「目も当て られ・ない」

 「結果に成る と・いう」

 

 「意・味」の
 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「ボタン を・掛け違える」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「しっくり・くる」

 

・「物 と・物」や

 「人と人 の・心」が

 「調和 し・安定して いる」
    と、いう

 

 「意・味」の

 「表・現」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「U r u」

(「ウル」) は

 

「掛け違えて いた ボタン

   一つ ずつ 下から 順に」の

「歌詞 が・ある」

 

「それを愛と 呼ぶなら」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,022 年・6 月」に
「リリース」

   し た

「12 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に
「成・り」ました。

 

「U r u」は

「本・名」

「出 身・地」

「生 年・月日」等

 

「全・て」
「非・公開」で

「謎・だらけ」な

「シンガー」の

 

「異名 を・持つ」

「女・性・歌手」
   です。

 

「2,013 年・頃」

   か ら

You Tube 」の

「動 画・サイト」に

 

「自身 の・歌」を

「投 稿・して」

   いました。

 

「動画 を・見ていた」

「音 楽・事務所」の
「関 係・者」に

「スカウト・され」て

 

「芸能 界・入り」

   しました。

 

「2,016・年」に

「リリース」

   し た
「ファースト・シングル」

 

「星の中 の 君」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・22 位」に

「成・り」

  

「歌唱力 の・高さ」

「切 なく・透き通った」

「歌声 が・評判」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「あなたが いることで」

「プロローグ」

「Love Song」等が

「有・り」ます。

 

「2,017・年」に

「リリース」した

「サード・シングル」

「フリージア」

 

「TBS・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「人 気・アニメ」

「機動 戦士・ガンダム」の

 

「エンディング・テーマ」に

「採 用・され」
「ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「2,020・年」に

「リリース」した

「ファースト」

「デジタル・シングル」

 

「あなたが いることで」が

「TBS・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

 

テセウス の 船」の

「主 題・歌」に

「起 用・され」

オリコン

 

「デジタル・ランキング」

「1・位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「リリース」した

「セカンド・アルバム」

「オリオン・ブルー」が

 

「自 身・最高 位」の

オリコン・4 位」に

「成・り」ました。

 

「2,022 年・6 月」に

「リリース」した

「12 th・シングル」

「それを愛と 呼ぶなら」が

 

「TBS・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「二宮 和也」と

「多部 未華子」が

 

「W 主演・した」

「テレビ・ドラマ」

「マイ・ファミリー」の

「主 題・歌」に

 

「起 用・され」て

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「私・生活」

   で は

「ま だ・未婚」の

「様」です。

 

「紅白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「U r u」

「それを愛と 呼ぶなら」

「作・詞」「作・曲」

「U r u」

 

掛け違えて いた ボタン 

一つ ずつ

下から 順に 外して

もう一度 重ねて いく

君が くれた 時間と 温かさ を

この胸が 教えて いる

 

空が 青いとか 花が 咲く とか

君が 笑うとか 抱きしめる とか

すぐそば に あった この幸せ を

今 痛いくらい 感じてる よ

 

守りたい ものが あると、

そこに 未来が あるん だと

君のいる 場所まで 迎えに いくから

雨風に 打たれて ボロボロ に なったら

不恰好な姿 を 笑って くれ

一度転んだから こそ

見える 世界が あるなら

もう二度と その手を 離さない ように

やっと 気づいたん だ 

君と 過ごす 日々

本当に 欲しかった もの が 

そこに あるんだ よ

 

一人で 歩いて 来た 顔を して

失いかけて から ようやく目を 覚ました

そばに あった 存在の その 温もり

僕は そう 大馬鹿者 だ

 

初めて 知る 自分の 弱さとか

隠しきれ なかった この 幼さも

きっと 君は 知って いたん だろう

それでも 信じて くれた こと

 

返したい ものが あると、

見つけたい ものが あると

君のいる 場所まで 迎えに いくから

雨風に 打たれて ボロボロ に なっても

変わらない この想い を 伝えに いくよ

 

見落として きた 涙も 

すり替えて きた 感情も

取り戻す ように 走れ 走れ

同じものは ない たった 一つの 輝き

 

支え合える 喜び も

分かち合える 悲しみ も

いつの日か 揺るがない 形に なって

世界中を 探しても

ここにしか ないもの

それを 愛と 呼ぶなら

 

守りたい ものが あると、

そこに 未来が あるんだ と

君のいる 場所まで 迎えに いくから

今 はっきりと 言えるよ 大切な 人よ

いつまでも 僕のそば には 

君が いて 欲しい

 

 

※「見ると 聞く とは・大違い」

 (「みると きく とは・おおちがい」)

 

「見ると 聞く とは・大違い」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「聞くと 見る とは・大違い」

    と も

 「言・う」そうです。

 

 「人 から・聞いた」

 「話」と

 「実際 に・見たもの」
 「と の・間」で

   

 「見 た・もの」が

 「聞いて いた・より」

 「劣っ て・いる」

 「時」に


 「比 喩・的」に

 (「ひ ゆ・てき」)

 「用い る・事」が

 「多 い・表現」で

 

 「人 の・噂」と

 「事・実」は

 「違う と・いう」

 「意味 も・持つ」

 

 「ことわざ」だ

      そうです。

 

「見ると 聞く とは・大違い」の

「語源 や・由来」は

「特 に・無い」そうです。

 

「見ると 聞く とは・大違い」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「可愛 い・新人女優」が

 「デビュー・した」と

 「聞 き・付け」て
 「テレビ で・見た」ら

 

 「見ると 聞く とは・大違い」で

 「ガッカリ」した。

 

・「景色 の・良い」と

 「評・判」の

 「観 光・スポット」を

 「訪 れ・た」が

 

 「見ると 聞く とは・大違い」で

 「故郷 の・景色」と

 「大 差・なく」て

 「失・望」した。

 

「見ると 聞く とは・大違い」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「百聞は 一見 に・しかず」

   (「ひゃくぶんは いっけん に・

       しかず」)

 

・「百 回・聞くより」も

 「たった 一回・だけ」

    で も

 「自分 の・目」で

 

 「直・接」に

 「確認 した・方」が

 「確・実」だ

    と、いう

 

 「意・味」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「見ると 聞く とは・大違い」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「耳を 信じて・目を疑う」

   (「みみを しんじて・

        めをうたがう」)

 

・「人」は

 「自・分」に

 「自信 が・無かったり」

 「相・手」に

 

 「心酔 して・しまう」と

 (「しんすい」)

 「自分 を・否定して」

 「そ の・人」の

 

 「言 う・こと」を

 「信じ て・しまう」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

 

「back number」は

(「バック・ナンバー」)

 

「あなたは それを

   見る でしょう」の

「歌詞 が・ある」

 

「水平線」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,021 年・8 月」に

「リリース」

   し た

「4 th・配信 シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「バック・ナンバー」は

 

「ボーカル」と

「作 詞・作曲」

「担・当」の

「清水 依与吏」を

(「しみず  いより」) 

 

「中・心」に

「2,004・年」に

「群馬 県・にて」
「結 成・した」

 

「男 性・3 人 組」の

「ロック・バンド」

   です。


「2,009・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・アルバム」

 

「逃した 魚」で

「インディーズ」

   か ら

「デビュー」しました。

 

「同・アルバム」は

オリコン・132 位」と

「振る い・ません」

   でした。

 

「2,011・年」に

「リリース」

  し た

「ファースト・シングル」

 

「はなびら」で

「メジャー・デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

「テレビ・東京 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

 

「JAPAN COUNT DOWN」の

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

オリコン・45 位」でした。

 

「代 表・曲」に

 

「水平線」

「HAPPY BIRTHDAY」

「怪 盗」等が

「有・り」ます。

 

「2,015・年」に

「リリース」

   し た

「5 th・アルバム」

 

「シャンデリア」が

「自 身・初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「リリース」

   し た

「14 th・シングル」

 

クリスマス・ソング」が

「シングル」で

「自 身・最高 位」と

「成・る」

 

オリコン・2 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「同・曲」は

「フジ・テレビ 系」で

「放 送・され」た
「テレビ・ドラマ」で

 

「石原 さとみ」と

「田中 圭」が

「W・主演」し

 

「大・ヒット」に

「成っ・た」

「5 ⇒ 9 〜 私に恋した

   お坊さん〜」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」

   ました。

 

「2,019 年・時点」で

「ミュージック・
   ビデオ」の

「再 生・回数」が

 

「1 億・回」を

「突・破」し

「以・後」

クリスマス・ソング」の

 

「定 番・曲」に

「成・り」ました。

 

「2,017・年」に

「リリース・した」

「セカンド・映像 作品」

「All our yesterday」

 

「2,019・年」に

「リリース・した」

「6 th・アルバム」

「MAGIC」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,021 年・5 月」に

「リリース」した

「サード・配信 シングル」

「怪 盗」が

 

「日 本・テレビ 系」で

「放 送・され」

「石原 さとみ」と

「綾野 剛」が

「W 主演・した」

 

「テレビ・ドラマ」

「恋は Deep に」の

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

 

「ストリーミング」の

「再 生・回数」が

「1 億・回」を

「突・破」しました。

 

「2,021 年・8 月」に

「リリース」した

「4 th・配信 シングル」

「水平線」が

 

「ミュージック・ビデオ」と

「ストリーミング」の

「再 生・回数」が

「共 に・1 億回」を

 

「突 破・する」

「大 ヒット・曲」に
「成・り」ました。

 

「紅 白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「back number」

「水平線」

「作・詞」「作・曲」
「清水 依与吏」

 

出来るだけ 嘘は 無いように

どんな時も 優しく あれる ように

人が 痛みを感じた 時には

自分の事の ように 思える ように

 

正しさを 別の 正しさ で

失くす 悲しみ にも 出会う けれど

 

水平線 が 光る 朝に

あなた の 希望が 崩れ落ち て

風に 飛ばされる 欠片 に

                     (「かけら」)

誰かが 綺麗と 呟いてる

悲しい 声で 歌い ながら

 

いつしか 海に 流れ着い て 

光って

あなた は それを 見る でしょう

 

自分の 背中は 見えないの だから

恥ずかしがらず 人に 尋ねると いい

心は 誰にも 見えないの だから

見える ものよりも 大事に すると いい

 

毎日が 重なる 事で

会えなくなる 人も 出来る けれど

 

透き通る ほど 淡い夜 に

あなた の 夢が ひとつ 叶って

歓声と 拍手の 中に

誰かの 悲鳴が 隠れて いる

耐える 理由を 探し ながら

いくつも 答えを 抱えながら 悩んで

あなた は 自分を 知る でしょう

 

誰の 心に 残る事 も

目に 焼き付く事も ない 今日も

雑音と 足音の 奥で

私は ここだと 叫んで いる

 

水平線 が 光る 朝に

あなた の 希望が 崩れ落ち て

風に 飛ばされる 欠片 に

誰かが 綺麗と 呟いてる

悲しい 声で 歌い ながら

いつしか 海に 流れ着いて 

光って

あなた は それを 見る でしょう

 

あなた は それを 見る でしょう

 

 

「ボタン を・掛け違える」を

「英・語」で

 

 「Put buttons in the buttonholes 

    start from wrong button」と

 

 (「ボタン を・掛け違える」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「善 は・急げ」

(「ぜん は・いそげ」)

 

「皆さん」は

「善 は・急げ」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「善 は・急げ」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

・「善」とは

 「道理 に・かなった

 「事 と・いう」
 「意・味」で

 

 「善 い・こと」を

 「す る・のに」
 「ためら う・な」

    と・いう」

 

 「た と・え」で

 「好機 は・逃すな」と
 「行動 を・促す」

 「時」に

 

 「使 用・される」

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「善 は・急げ」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「仏・教」の
 「最古 の・経典」

 「ダンマバダ」に

 「記 さ・れた」

 

 「下 記・一節」が

 「由・来」だ

    そうです。

 

 「善を 為すのを 急げ

    悪から 心を 避けよ

    善を 緩く したら

    心は 悪事を 楽しむ」

 

 (「善いこと をする のに

    ノロノロ している と

    悪い行為 や 習慣 に

    負けて しまう」)

 

「善 は・急げ」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼・女」は

 「善 は・急げ」を

 「座右 の・銘」に

 「して いる・ので」


 「良い と・思ったら」

 「すぐ に・行動」に

 「移 し・て」いる。

 

・「提 出・期限」は

 「3 日 後・だが」

 「善 は・急げ」

    と、いう

 

 「ことわざ」が

 「有 る・ので」

 「今日 提出・して」

    しまおう。

 

「善 は・急げ」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「思い立った が・吉日」

   (「おもいたった が・きちじつ」)

 

・「何か を・しよう」

    と、いう

 「気 持・ち」が

 「起き た・なら」ば

 

 「日を 選んで・から」

 「やり 始める・より」も

 「先 延ばし・せず」に

 「今・すぐ」に

 

 「始め た・方」が

 「良・い」

       と、いう」

 「意・味」の

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「善 は・急げ」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「急いては 事を・仕損じる」

   (「せいては ことを・しぞんじる」)

 

・「急・く」とは
 (「せ・く」)

 「早 く・行おう」

      と、して

 

 「焦る と・いう」

 「意・味」で

 「物・事」は

 「あ せ・る」と

 

 「失敗 し・やすい」

    と、いう

 「意・味」で

 「戒・め」の

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

 

「堀内 孝雄」は

(「ほりうち たかお」)

 

「急ぐ 命を

   笑い ますか」の

「歌詞 が・ある」

 

「愛しき 日々」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,986・年」に

「リリース」
   し た

「12 th・シングル」で

 

「日 本・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「時代 劇・ドラマ」

「白 虎・隊」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」

「40・万枚」を

「売 り・上げ」る

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「堀内 孝雄」は

「1,949 年・生まれ」で

「大阪 府・大阪 市」

「出・身」の

 

「歌・手」
「作 曲・家」

「俳・優」

「タレント」で

 

「愛・称」は

「ベー・ヤン」

   です。

 

「大 衆・食道」を

「営・む」

(「いとな・む」)
「家・庭」の

 

「3 人・兄弟」の

「末っ・子」
   と、して

「生ま・れ」ました。

 

「私・立」

「桃山 学院・高校」を

「卒 業・後」に

 

「京都 産業・大学」に

「進 学・しました」が

「3 年生 の・時」に

「中・退」しました。

 

「1,972・年」に

「高・校」の

「1 年 先輩・だった」

「谷村 新司」

 

「矢沢 透」と

「共」に

「男 性・3 人 組」の

「フォーク・グループ」

 

「アリス」を

「結・成」し

「同・年」

「23 歳の・時」に

 

「リリース」した

「ファースト・シングル」

「走っておいで 恋人よ」で

「メジャー・デビュー」し

 

「チャンピオン」

「遠くで 汽笛を 聞きながら」

「冬の 稲妻」

「等」の

 

「名・曲」を

「残・し」ました。

 

「堀内 孝雄」は

「アリス」と

   して の

「活動 の・傍」で

 

「1,978・年」に

「リリース」した

「ファース・シングル」

「きみの ひとみ は 10,000 ボルト」で

 

「ソロ・デビュー」を

「果 た・し」

   ました。

 

「同・曲」は

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「愛しき 日々」

「君の ひとみ は 10,000 ボルト」

「恋歌 綴り」等 が

「有・り」ます。

 

「口・髭」が

(「くち・ひげ」)

「トレード・マーク」で

「コンサート」では

 

「歌 の・最後」に

「サンキュー!」

「ありがとう ございましたー」が

「決ま り・文句」でした。

 

「歌 手・活動」の

「他」にも

「作 曲・家」

   と、して

 

「山口 百恵」

(「愛染 橋」)

「五木 ひろし」

(「山 河」)

「等」に

 

「大 ヒット・曲」を

「提・供」

   しました。

 

「1,988・年」に

「リリース」し た

「15 th・シングル」

「ガキ の 頃の ように」が

 

「テレビ・ドラマ」

「はぐれ 刑事 純情派」の

「主 題・歌」に

「起 用・され」

 

「全」

「19・シリーズ」に

「亘・り」

(「わた・り」


「曲」を

「変 え・ながら」

「主 題・歌」を

「務・め」ました。

 

「1,990・年」に

「リリース」

   し た

「20 th・シングル」

 

「恋歌 綴り」で

(「こいうた つづり」)

「日 本・レコード・大賞」に

「輝・き」ました。

 

「現 在・71 歳」

   です か

 

「第・一線」は

「退 い・た」

(「しりぞ い・た」)
   そうです。

 

「私・生活」

   で は

 

「1,972・年」

「23 歳の・時」に

「一般人・女性」と

「結・婚」しました。

 

「長・男」と

「二・男」が

「お り」

「ロック・バンド」

 

「99 Radio Service」で

「そ れ・ぞれ」

「活躍 して・いる」

   そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,988・年」の

「ガキ の 頃の ように」〜

「2,006・年」の

「愛しき 日々」まで

   (「3 回・目」) 

 

「通 算・17 回」

「出・場」しました。

 

「2,001・年」の

「紅 白・では」

「同 年・4 月」に

「病・死」した

 

「親・友」

「河島 英五」の

(「かわしま えいご」)

「代 表・曲」

「酒と 泪と 男と 女」を

「終・始」

「泣 き・ながら」

「歌・い」

 

「視 聴・者」の

「間」で

「話・題」に

「成・り」ました。

 

「堀内 孝雄」

「愛しき 日々」

「作・詞」「小椋 佳」

「作・曲」「堀内 孝雄」

 

風の 流れ の 激しさ に

告げる 想い も 揺れ 惑う

かたくな まで の ひとすじ の 道

愚か者 だと 笑い ますか

もう少し 時が

ゆるやか で あった なら

 

雲の 切れ間 に 輝い て

空しい 願い また 浮かぶ

(「むなしい」)

ひたすら 夜を 飛ぶ 流れ星

急ぐ命 を 笑い ますか

もう少し 時が

優しさ を 投げたなら

愛しき 日々 の はかなさ は

消え残る 夢 青春の 影

 

気まじめ 過ぎた と 

まっすぐ な 愛

不器用者 と 笑い ますか

もう少し 時が 

おだやか に 過ぎた なら

愛しき 日々 は ほろ にがく

一人 夕日 に 浮かべる 涙

 

愛しき 日々 の はかなさ は

消え残る 夢 青春の 影

 

 

※「虫の居所 が・悪い」

  (「むしのいどころ が・わるい」)

 

「虫の居所 が・悪い」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「普・段」は
 「そ ん・な」に

 「気に 触ら・ない」

 「事」でも

 

 「何故 か・非常」に

 「腹が 立って・しまい」

 「怒りっぽ く・なる」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「虫の居所 が・悪い」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「中国 の・道教
    で は

 「人間 は・生まれた」

 「時」から

 

 「体 の・中」に

 「三尸 と・呼ばれる」

 (「さんし」)

 「3 匹 の・虫」が

 

 「棲ん で・いる」と

 (「すん で」)

 「考えられ て・いて」

 「3 匹 の・虫」は

 

 「上・尸」
 (「じょう・し」)

 「中・尸」
 (「ちゅう・し」)
 「下・尸」と
 (「げ・し」)

 

 「呼 ば・れた」
    そうです。

 

 「上・尸」は
 「頭の中 に・棲み」

 「首から上 の・病気」を

 「引き起こ し・たり」

 

 「宝・貨」を

 (「ほう・か」)

 「好 ま・せ」

 

 「中・尸」は

 「腹の中 に・棲み」

 「臓器 の・病気」を

 「引き起こ し・たり」

 

 「大・食」を

 (「たい・しょく」)

 「好 ま・せ」


 「下・尸」は

 「脚の中 に・棲み」

 「腰から 下の・病気」を

 「引き起こ し・たり」

 

 「淫・欲」を

 (「いん・よく」)

 「好 ま・せる」と
 「考えられ て・いた」

    そうです。

 

 「三尸 は・人間」の

 「心の中 の・意識」や

 「感情 を・呼び起こす」と
 「考え ら・れて」

 「その 事・から」

 「虫の居所 が・悪い」とは

 「三尸の居所 が・悪い」
 「為」に

 

 「チョット した・こと」でも

 「不機嫌に なったり・する」

    と、いう

 「考 え・方」が

 「由・来」だ

    そうです。

 

 「ち な・み」に

 「虫が 付く・言葉」に

 「虫 の・知らせ」や

 「虫 が・いい」

 

 「腹の虫 が・収まらない」

 「等」が

 「有・り」ます。

 

「虫の居所 が・悪い」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「普・段」なら

 「笑って・済ませる」

 「冗 談・なの」に

 「彼」は

 

 「虫の居所 が・悪かった」

    の か

 「目を三角 に・して」

 「怒 り・出し」た。

 

・「彼・女」は

 「朝から 機嫌 が・悪く」

 「虫の居所 が・悪そう」

 「だっ た・ので」

 

 「触らぬ 神に・祟りなし」で

 (「さわらぬ かみに・たたりなし」)

 「声 を・掛ける」

 「事」は

 「止・め」た。

 

「虫の居所 が・悪い」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「へそ を・曲げる」

   (「へそ を・まげる」)

 

・「機嫌 を・損ね」て

 「意固地 に・なる」や

 「気に 入ら・ない」

 「事」が

 

 「有 っ・て」

 「わざ と・意地悪する」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「虫の居所 が・悪い」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「気 分・上々」

   (「き ぶん・じょうじょう」)

 

・「気持ち の・状態」が

 「非常 に・良く」

 「最高 の・気分」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

 

Official 髭男 dism」は

(「オフィシャル・ひげだん・

     ディズム」)

 

「悪者 は

  僕だけで いい」の

「歌詞 が・ある」

 

「イエスタデイ」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,019・年」に

「リリース」した

「セカンド・アルバム」

「Traveler」の

 

「リード・曲」で

「同・アルバム」は

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「又、同 曲」は

「アニメ・映画」

HELLO WORLD」の

「主 題・歌」に

 

「起 用・され」て

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「オフィシャル・ひげだん・

   ディズム」は

「2,012・年」に

「結 成・され」た

 

鳥取 県・出身」の

「男 性・4 人組」の
「ピアノ・ポップ・

   バンド」で

 

「愛・称」は

「ヒゲ・ダン」

   です。

 

「髭」の

(「ひげ」) 

「似合 う・歳」に

「成 っ・て」も

 

「誰・も」が

「ワクワク・する」

「様」な

「音・楽」を

 

「4 人 の・メンバー」で

「ずっと・続け たい」

   と、いう

「願い を・込め」

 

「バンド・名」を

「名・付け」た

   そうです。

 

「3 年・間」の

「インディーズ」

「経・験」を

「経・て」

 

「2,018・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「ノー ・ダウト」で

「メジャー・デビュー」

   しました。

「同・曲」は

オリコン・51 位」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「Pretender」

「I・LOVE」

「Laughter」等 が

「有・り」ます。

 

「2,019 年・5 月」に

「リリース」

   し た

「セカンド・シングル」

 

「Pretender」が

「映・画」
「コンフィデンス マン JP・

   ロマンス 編 -」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」

ビルボード

   ランキング」で

 

「1 位 と・なる

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」

   しました。

 

「同・曲」は
オリコン・週間」

「ストリーミング・

   ランキング」で も

 

「1・位」を

「獲・得」し

あいみょん」が

「歌 っ・た」

 

「マリー・ゴールド」の

「連 続・記録」を

「23・週」で

「阻・止」し

 

「バンド」は

「大・ブレイク」を

「果 た・し」

   ました。

 

「2,019 年・10 月」に

「リリース」

   し た

「セカンド・アルバム」

 

「Traveler」が

「自 身・初」の

オリコン・1位」に

「成・り」ました。

 

「2,021 年・8 月」に

「リリース」

   し た

「サード・アルバム」

 

「E ditorial」も

オリコン・1 位」に

「成・り」

「アルバム・2 作」が

 

「連 続・して」

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,020 年・2 月」に

「リリース」

   し た

「4 th ・シングル」

 

「I・LOVE ・・」が

ビルボード・ジャパン
   ストリーミング・

   ソングス」で

 

「再 生・回数」が

「歴 代・記録」を

「大幅 に・更新」し

「6 週・連続」で

 

「1 位 を・獲得」し

「TBS ・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」で


「上白石 萌音・主演」の

「恋は続くよどこまでも」の

「主 題・歌」に

「起 用・され」ました。

 

「2021 年・8 月」に

「リリース」

   し た

「サード・アルバム」

 

「Editorial」が

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

「2,022 年・4 月」に

「リリース」した

「7 th・

「デジタル・シングル」

「ミックス・ナッツ」が

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,019・年」の

「Pretender」と

「2,020・年」の

「I・LOVE」で

 

「2 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

Official 髭男 dism」

「イエスタディ」

「作・詞」「作・曲」
「藤原 聡」

 

何度 失ったって 

取り返して みせるよ

雨上がり 虹が かかった

空みたいな 君の 笑みを

例えば その代償 に

誰かの 表情を

曇らせて しまったって いい

悪者 は 僕だけで いい

 

本当は いつでも 誰も と

思いやり あって いたい

でも そんな 悠長な 理想論 は

             (「ゆうちょう」)

ここで 捨てなくちゃな

 

遥か 先で 君へ

狙いを 定めた 恐怖を どれだけ

僕らは はらい切れる んだろう?

半信 半疑 で 世間体

気にして ばかり の イエスタディ

ポケット の 中で 怯えた この手 は

まだ 忘れられない まま

 

「何度 傷ついたって

   仕方ないよ」と 言って

うつむいて 君が こぼした

儚く なまぬるい 涙

(「はかなく」)

ただの 一粒 だって

僕を 不甲斐なさで 溺れさせて

理性を奪うには十分過ぎた

 

街の クラクション も サイレン も

届きや しない ほど

 

遥か 先へ 進め 身勝手 すぎる 恋だと

世界が 後ろから 指差して も

振り向かず 進め 必死 で

君の元へ 急ぐよ

道の 途中で 聞こえた SOS さえ

気づかない ふり で

 

バイバイ イエスタディ ごめんね

名残惜しい けれど 行くよ

いつかの 憧れと 違う 僕でも

ただ 1 人 だけ 君 だけ

守るため の 強さを

何よりも 望んで いた

この手 に 今

 

遥か先へ 進め 幼すぎる 恋だ と

世界が 後ろから 指差して も

迷わず 進め 進め

2 人 だけ の 宇宙へ と

ポケット の 中で 震え た

この手 で 今 君を 連れ出し て

 

未来の 僕は 知らない

だから 視線は 止まら ない

謎めいた 表現技法

意味深 な 君の 気性

 

アイラブユー さえ 風に

飛ばされそう な 時でも

不器用 ながら 繋い だ

この手 は もう 決して 離さず に

虹の 先へ

 

 

「善 は・急げ」を

「英・語」で

 「Strike while the iron is hot」と

 

 (「善 は・急げ」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「惚れ た・腫れた」

(「ほれ た・はれた」)

 

「皆さん」は

「惚れ た・腫れた」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使った ・事」は

「有・り」ませんか?

 

 

「惚れ た・腫れた」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「恋」に

 「夢中に なっ て・いる」
 「事」を

 「強調 した・表現」で

 

 「そう した・相手」を

 「からかっ て・用 いる」

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「惚れ た・腫れた」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「惚 れ・た」とは

 「好き に・なった」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「腫 れ・た」とは

 「恋 の・病」に

 「陥 っ・て」

 「炎症 を・起こし」て

 

 「はれ て・しまう」

 「病気 に・かかる」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「惚れ た・腫れた」とは

 「〜れた、〜れた」と

 「語呂 を・良くした」

 「表・現」で

 

 「恋 に・浸り」

 「心」が

 「赤く 腫れて・しまう」

 「事」が

 

 「由・来」だ

    そうです。

 

「惚れ た・腫れた」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

・「結・婚」を

 「間近 に・控えた」

 「後輩 に・とって」は

 「夢のない 話・だが」


 「惚れ た・腫れた」は

 「恋 愛・中」や

 「新婚 中・だけ」で

 「それ を・過ぎる」と

 

 「互・い」に

 「変わっ て・しまう」と

 「アドバイス・して」

    やった。

 

・「二・人」は

 「惚れ た・腫れた」と
 「夢中 に・なっている」が

 「近年 の・統計」では

 

 「例 え・ば」

 「年間 の・結婚 件数」が
 「30・万件」

 「有・る」と

 

 「年間 の・離婚 件数」が

 「10・万件」も

 「有・る」

    と、いう

 

 「厳し い・現実」を

 「知っ・て」欲しい。

 

「惚れ た・腫れた」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「首 っ・たけ」

   (「くび っ・たけ」)

 

・「足元 から・首まで」
 「ど っ・ぷり」と

 「はま り・こむ」

 「様」に

 

 「異・性」に
 「恋愛感情 を・抱き」

 「メロ・メロ」に

 「なっている・様子」を

 

 「表し た・言い回し」で

 「少 し・だけ」
 「好意 を・持っている」

 「程・度」で

 「用い る・には」

 「相応 しく・ない」

 「表・現」だ

    そうです。

 

「惚れ た・腫れた」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

・「惚れた腫れた は・当座の内」

   (「ほれたはれた は・とうざのうち」)

 

・「男女 が・互い」に

 「惚 れ・た」り

 「惚れ ら・れた」り

    し て


 「夢中 に・なる」

 「時・期」は

 「恋愛中 や・新婚」の

 「内・だけ」で

 

 「い ず・れ」は

 「現・実」や

 「日々 の・生活」に

 「追 い・回され」て

 

 「所 帯・じみ」

 「なり ふり・構わなく」

 「成・る」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

 

「増位山 太志郎」は

(「ますいやま だいしろう」)

 

「そんな 夕子 に ほれました」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,974・年」に

「リリース」

   し た

「サード・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「増位山  太志郎」は

「1,948 年・生まれ」で

「兵庫 県・姫路 市」

「出・身」の

「歌・手」

「元・力士」です。

 

「7 代目・増位山」の

(「大・関」) 

「長男 と・して」

「誕・生」しました。

 

「日大 一中・高校」の

「時・代」は

「水 泳・部」に

「所・属」し

 

「インター・ハイ」
   に も

「出・場」しました。

 

「1,967・年」

「19 歳の・時」に

「周囲 の・反対」を

「押 し・切り」

「父・親」が

「親方 を・務める」

三保ヶ関・部屋」に

「入・門」しました。

 

「1,968・年」に

「父 の・四股名

          (「しこな」)

「増位山」を

「継・ぎ」ました。

 

「身 長・182  cm」

「体 重・116  kg」の

「均整 の・取れた」

「細身 の・体型」でした。

 

「小 兵・ながら

(「こ ひょう」)

「多彩 な・技」で
「1,980・年」に


「史 上・最 年長」の

「31 歳・2 ヶ月」で

「大・関」に

「昇・進」しました。

「1,981・年」

「33 歳の・時」に

「ケガ に・より」

「現役 を・引退」し

三保ヶ関・部屋」の
「親方 と・して」

「父 の・跡」を
「継・ぎ」ました。

 

「師匠 で・ある」

「父 親・から」

「相 撲・だけ」を

「やっ て・いて」は

 

「人・間」に

「幅 と・奥行き」が

「出てこな い・ので」

「何でも いい・から」


「やっ て・みて」

「芸 を・身につけろ」と
「アドレス・され」

   ました。

「1,972・年」

「十 両・力士」の

「時」に

「リリース」した

 

「ファースト・シングル」

「いろは 恋歌」で

「歌 手・デビュー」

   しました。

 

「代 表・曲」に

 

「そんな 夕子 に ほれました」

「そんな 女の ひとりごと」

「男の 背中」等が

「有・り」ます。

 

「1,974・年」に

「リリース」

   し た

「サード・シングル」

 

「そんな 夕子 に ほれました」が

「120・万枚」を

「セールス・する」

「ミリオン・セラー」の

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「1977・年」に
「リリース
   し た

「8 th・シングル」

 

「そんな 女の ひとりごと」も

「130・万枚」を
「セールス・する」

「ミリオン・セラー」の

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「1,976・年」に

「おゆき」を

「歌・い」

「大・ヒット」した

「将・棋」の

「内藤 国雄」

「元 棋聖・王位」と

「共・に」

 

「異 色・歌手」と

「呼 ば・れ」ました。

 

「2,013・年」に

「日 本・相撲 協会」を

「定 年・退職」

   しました。

 

「現 在・73 歳」

   です が

 

「ちゃんこ 鍋・店」を

「営 む・傍」で

(「いとな む・かたわら」)

「2,020・年」に

 

「新曲 を・発表する」等

「歌 手・活動」も

「継続 して・いる」

   そうです。

 

「私・生活」
   で は

 

「1,973・年」

「23 歳の・時」に

「一般人・女性」と

「結・婚」し

 

「二人 の・孫」が

「い る」そうです。

 

「紅 白・歌合戦」の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「増位山 太志郎」

「そんな 夕子 に ほれました」

「作・詞」「海老名 香葉子」

「作・曲」「山路 進一」

 

やさしい ことば 暗い 過去

みんな 鏡が しって いる

一人 ぼっち の かわいい 女

そんな 夕子 に・・・
そんな 夕子 に ほれ ました

 

小さな 一間 アパート に

       (「ひとま」)

白い お鍋 が 光って た

ソッ と 生きてる かわいい 女

そんな 夕子 に・・・
そんな 夕子 に ほれ ました

 

グラス を もつ手 ふるわせ て

愛が 欲しい と ないて いた

ナイト・クラブ の かわいい 女

そんな 夕子 に・・・
そんな 夕子 に ほれ ました

 

キャベツ を きざむ 手を 止めて

今日 は この まま 側に いて

いつも 甘える かわいい 女

そんな 夕子 に・・・
そんな 夕子 に ほれ ました

 

 

※「惚れて 通えば・千里も一里」

(「ほれて かよえば・

    せんりも いちり」)

 

「惚れて 通えば・千里も一里」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「愛し い・相手」に

 「会いに 行く・時」は

 「遠 い・道のり」も

 「短く 感じる・事」や

 

 「惚れ た・相手」の

 「為」に

 「自分 が・好き」で

 「す る・事」は

 

 「どん な・苦労」も

 「苦 に・ならない」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「惚れて 通えば・千里も一里」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「江 戸・時代」に

 「大 成・された」

 「七・七・七・五」

 「調」の

 

 「都都逸・扇歌」の

 (「どどいつ・せんか」)

 「下 記・歌」が

 「由・来」だ、そうです。

 

 「惚れて 通えば・千里も 一里」

 「遭わずに 戻れ ば・また 千里」

 

 (「惚れた恋人に 会うため なら

     千里もの 道のり も

     一里ほどに しか 感じない

    また、千里もの 道のり を

 

    歩いてきた のに、

    会えずに 帰る時 にも

    また 千里の 道のりを 歩く」)

 

 「里」とは

 (「り」)

 「距離 を・表す」

 「単・位」で

 「一・里」は

 「約・4 km」で

 「千・里」は

 「約・4,000 km」です。

 

「惚れて通え ば・千里も一里」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「大学生・時代」に

 「待合 せ・場所」を

 「間違 え・て」

 「彼・女」は

 

 「惚れて 通えば・千里も一里」で

 「3 時間 以上・かけて」

 「上・京」し

 「2 時間 以上・待った」

 

 「挙句 の・果て」に

 「会えず・じまい」で

 「帰し た・事」が

 「有っ・た」が

 「おそ ら・く」

 「帰 り・道」は

 「とて も・長く」

 「感じ た・はず」で

 

 「本・当」に
 「罪な事 を・した」と

 「反 省・した」

 「記・憶」が、ある。

 

・「惚れて 通えば・千里も一里」

    と、いう

 「ことわざ」が

 「有・る」が

 

 「遠距離・恋愛」の
 「50・%」は

 「半 年・以内」に

 「破局する と・いう」

 

 「統計 が・ある」

    そうだ。

 

「惚れて 通えば・千里も一里」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「遠くて 近き は・男女の 仲」

   (「とおくてちかき は・

       だんじょの なか」)

 

・「千・里」も

 (「遠・い」)

 「一・里」より

 (「近・い」)

 「類 義・語」

    と、して

 「成 り・立つ」

    そうです。

 

 「男性 と・女性」は

 「精 神・的」に

 「離れ た・関係」と

 「思われ て・いる」が

 「思って いる・ほど」

 「そ ん・な」に

 「離れ た・関係」では

 「無・く」

 

 「いつの 間・にか」

 「互い に・近付き」

 「結びつい て・しまう」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「惚れて 通えば・千里も一里」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「惚れた が・因果」

   (「ほれた が・いんが」)

 

・「惚れ て・しまった」

 「以・上」は

 「それ が・原因」で

 「苦労 する・事」も

 

 「運命 で・あり」

 「止む を・得ない」

    と、いう

 「意 味・合い」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 

「大塚 愛」は

(「おおつか あい」)

 

「あなたが 恋しくて

   恋しくて」の

「歌詞 が・ある」

 

「大好き だよ。」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,004・年」に

「リリース」した

「6 th・シングル」で

NHK・テレビ」で

 

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

「トキオ 父への伝言」の

「主 題・歌」に

 

「起 用・され」て

オリコン・3 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「大塚 愛」は

「1,982 年・生まれ」で

「大阪 府・大阪 市」
「出・身」の

 

「シンガー・ソング・
   ライター」

「女・優」

「イラスト・レーター」

 

「絵 本・作家」

「小 説・家」で

「愛・称」は

「愛 ちゃん」です。

 

「幼少 の・頃」から

「ピアノ」と

「水・泳」を

「習・い」

 

「似 顔・絵」を

「描 く・事」も

「大 の・得意」で
「多芸 に・秀で」て

 

「小学 生・時代」は

「漫 画・家」に

「な る・事」が

「夢」でした。

 

「音楽 も・得意」で

「14 歳の・時」に

「大・阪」で

「開 催・され」た

 

「ORC  ヴォーカル・

   コンテスト」

ティーンズ・部門」で

「優・勝」しました。

 

「府・立」

「港 南・高校」
「卒 業・後」に

 

「大阪 芸術・大学」

「短期 大学・部」

「保 育・科」に

「進・学」し

 

「幼稚 園・教諭」と

「保 育・士」の

「資・格」を

「保・有」しました。

 

「高校 生・時代」に

「音 楽・事務所」

「サン・ミュージック」に

「所・属」し

「持 ち・込んだ」

「自・作」の

「デ モ・テープ」が

「エイベックス・社」の

「審 査・員」の

「目 に・留ま」り

「メジャー・デビュー」が

「決・定」しました。

 

「2,003・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「桃 ノ 花ビラ」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・24 位」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

プラネタリウム

さくらんぼ」

PEACH」等が

「有・り」ます。

 

「同・年」に

「リリース」

   し た

「セカンド・シングル」

 

さくらんぼ」が

「ロング・ヒット」し

オリコン・4 位」

   なが ら

 

「自 身・最大」の

「セールス」を

「記・録」しました。

 

「翌・年」の

「2,004・年」に

「同・曲」で

 

「レコード・大賞・

   最 優秀・新人賞」を

「受・賞」し

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」
   しました。

 

「同・曲」は

「2,004・年」に

「着・うた」

「史 上・初」の

 

「100・万件」

「ダウン・ロード」を

「記・録」しました。

 

「2,004・年」に

「リリース」した

「セカンド・アルバム」
LOVE JAM

 

「2,005・年」に

「リリース」した

「8 th・シングル」

「SMILY」

 

「同・年」に

「リリース」した

「1 0 th・シングル」

プラネタリウム

 

「同・年」に
「リリース」した

「4 th ・アルバム」

「LOVE PIECE」

 

「2,007・年」に

「リリース」した

「15 th・シングル」

PEACH

 

「同・年」の

「ファースト」

ベスト・アルバム

「愛 am BEST」

 

「2,009・年」の

「セカンド」

ベスト・アルバム

「LOVE is BEST」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,013・年」

   よ り

「絵 本・作家」

   と、して

 

「活・動」を

「開・始」しました。

 

「2,020・年」に

「小説 時代」

「9 月・号」に

「処 女・作」

 

「開けちゃ・

   いけないん だよ」を  

「寄・稿」し

(「き・こう」) 

 

「小 説・家」

   と、して

「デビュー」

   しました。

 

「私・生活」

   で は

 

「2,010・年」

「28 歳の・時」に

「音 楽・グループ」

RIP SLYME」の

 

「メンバー」で

「9 才・年上」の

「S U」と

「結・婚」しました。

 

「2,011・年」に

「第一・子」

「長・女」を

「出・産」しました。

 

「2,018・年」に

「S U」の

「浮気 が・原因」で

「離・婚」しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,004・年」の

さくらんぼ」〜

「2,009・年」の

「I  s」まで

 

「6 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「大塚 愛」

「大好きだよ。」

「作・詞」「作・曲」

「愛」

 

なんだか あなた の コト

思い出す のが もったいない よ

あたしだけ の ものに

しておきたい から

なんだ か あなた の コト

思い出すの ヤだ よ

だって 1 人で にやけて

はずかしい よ

 

徹夜で 帰ってきて 疲れてる のに

だっこ して くれて

夢の中に いても わかった よ

 

あなた が 恋しくて 恋しくて

これ 以上 どうしようも なくて

あなた が 恋しくて 恋しくて

ずっと ずっと 大好き だよ

 

知ってた? あの夜 にね

2 人で ドライブ に 行った 時

バイク の 後ろ座席 で 願った コト

知ってた? あの夜 にね

2 人で 見上げた 星空 に

あなた と あたし の

幸せが 見えた よ

 

たった1つ の

転がって いた あたし を

綺麗に してくれ て いつ だって

支えて くれた

 

あなた が 恋しくて 恋しくて

これ 以上 離れたく ない よ

あなた が 恋しくて 恋しくて

ずっと ずっと 大好き だよ

 

あなた が 恋しくて 恋しくて

これ 以上 どうしよう も なくて

あなた が 恋しくて 恋しくて

 

ずっと ずっと ずっと ずっと

ずっと ずっと 大好き だよ ラララ

 

 

「惚れ た・腫れた」を

「英・語」で

 

 「Fall in love with swelling」と

 

 (「惚れ た・腫れた」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「雲 散・霧消」

(「うん さん・むしょう」)

 

「皆さん」は

「雲 散・霧消」

   と、いう

「四 字・熟語」を

 

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「雲 散・霧消」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「今 まで・あった」

 「物」が

 「跡形 も・無く」

 「立 ち・消える」や

 

 「心の中 に・あった」

 「もやもや・した」

 「思・い」や

 「不安 な・気持」が

 「消え て・無くなる」

    と、いう

 「意・味」の

 「四 字・熟語」で

 

 「物・事」から

 「人 の・気持」まで

 「使 う・事」が

 「出 来・る」

 

 「便利 な・表現」だ

    そうです。

 

「雲 散・霧消」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「雲」が

 「散り散り に・なって」

 「消え て・行く」

 「様・子」や

 「霧」が

 「晴 れ・て」

 「無くなって・行く」

 「様・子」に

 

 「着想 を・得て」

 「完 成・された」

 「事」が

 「四 字・熟語」の

 

 「由・来」だ

    そうです。

 

「雲 散・霧消」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「小・まめ」に

 「データ」を

 「保存 して・おかない」と

 「せっかく・作った」

 

 「大事 な・資料」が

 「雲 散・霧消」

 「し て・しまう」

 「事」に

 

 「成っ て・しまう」

    の で

 「十分 な・注意」が

 「必・要」だ。

 

・「心配 して・いた」

 「事」が

 「杞 憂・だった」と

 「分 か・り」

 

 「胸 の・モヤモヤ」が

 「雲 散・霧消」し

 「スッキリ」した。

 

「雲 散・霧消」の

「類 義・語」を

「検・索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「溜飲 が・下がる」

   (「りゅういん が・さがる」)

 

・「不平 や・不満」

 「等」の

 「わだかまり」が

 「取 れ・て」

 

 「スッキリ・した」

 「気持ち に・なる」や

 「胸 が・せいせい する」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」です。

 

「雲 散・霧消」の

「対 義・語」を

「検・索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「鬱憤 が・溜まる」

    (「うっぷん が・たまる」)

 

・「外 に・出さず」に

 「心 の・中」に

 「怒り や・不満」

 「恨・み」等が

 

 「積も り・重なる」

    と、いう

 「意・味」の

 「慣 用・句」で

 

 「通・常」は
 「鬱憤 を・晴らす」と

 「表・現」します。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「布施 明」は

(「ふせ あきら」)

 

「霧の 摩周湖

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,966・年」に

「リリース」

   し た

「7 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「摩 周・湖」は

「北海道 の・東部」

「阿寒 b公立・公園」に

「在・し」

 

「ロシア」の

「バイカル・湖」に

「次 い・で」

「世界 で・2 番 目」に

「透明度 が・高い」

「湖」です。

 

「同・曲」が
「ヒット する・まで」は

「ほとん ど・知られない」

「マイナー な・湖でした」が

 

「同曲 が・キッカケ」で

摩周湖= 霧」

「神秘 の・湖」

   と、いう

 

「イメージ」が

「定・着」し

「霧 が・晴れ」た

摩周湖 を・見る」と

 

「婚期 が・遅れる」

   と、いう

「伝・説」も
「有・る」そうです。

 

「年間 に・100 日 以上」

「霧に 包まれ て・いる」と

「言われ て・いる」

摩周湖・です」が

 

「特」に

「6 月〜8 月 に・かけて」

「数種類 の・霧」が

「発 生・する」そうです。

 

「布施 明」は

「1947 年・生まれ」で

「東京 都・三鷹 市」

「出・身」の

「歌・手」

「俳・優」です。

「都・立」
「府 中・高校」に

「入 学・後」に

「2 年生 の・時」に

 

「私・立」
「豊島 学院・高校」に

「転・校」し
「卒・業」しました。

 

「高 校・在学 中」に

「オーディション・番組」

「ホイホイ・ミュージック」に

「出・場」し

 

「見事 に・合格」し

「ナベ・プロ」に

「スカウト・され」

   ました。

 

「1,965・年」

「17 歳の・時」に

「リリース」した

「ファースト・シングル」

 

「君に涙と ほほえみを」で

「デビュー」しました。

 

「代 表・曲」に

 

シクラメンの かほり」

「君は 薔薇より 美しい」

「霧の 摩周湖」等が

「有・り」ます。

 

「1,966・年」に

「リリース」した

「7 th・シングル」

「霧の 摩周湖」が

 

「60・万枚」を

「売 り・上げ」る

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「レコード・大賞・

   作曲 賞」を
「受・賞」しました。

「1,967・年」に

「リリース」した

「8 th・シングル」

「恋」で

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」

   しました。

 

「そ の・後」も

「1,970・年」の

「21 th・シングル」
「愛は 不死鳥」

 

「1,974・年」に

「リリース」した

「33 th・シングル」

「積み木の 部屋」と

 

「大 ヒット・曲」を

「放・つ」も

「賞・レース」に

「縁 が・無く」

「無冠 の・帝王」と

「呼 ば・れ」ました。


「1,975・年」に

「小椋 佳」から

「提供 を・受け」た

「35 th・シングル」

 

シクラメンの かほり」が
「ミリオン・セラー」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

「遂・に」
「日 本・レコード・大賞」他

「数多く の・賞」を

「総・ナメ」に、して

 

「日本 を・代表する」

「男 性・アーティスト」に

「上 り・詰め」

   ました。

 

「2,005・年」に

「マイ・ウエイ」を

「歌・い」

「紅 白・歌合戦」に

「25 回・目」の

「出場 を・果たし」

「同 年・限り」で

「紅白 勇退 を・宣言」し

 

「ポップス 歌手・出場枠」を
「後進 に・譲る」

「意・向」を

「明 か・し」ました。

 

「現 在・74 歳」

   です が

 

「2,021 年・5 月」に

「カバー・アツバム」を

「リリース・する」等

「第・一線」で

 

「元・気」に

「活躍 して・いる」

   そうです。

 

「私・生活」
   で は

 

「1,980・年」
「33 歳の・時」に

「4 才・年下」で

「イギリス・出身」の

 

「ハリウッド・女優」

オリビア・ハッセー」と

「結・婚」しました。


「1,983・年」に

「長・男」を

「儲 け・ました」が
「すれ違い を・理由」に

 

「1,989・年」に

「離・婚」し
「3・億円」の

「慰謝料 と・養育費」が

 

「世間 の・話題」に

「成・り」ました。

 

「2,013・年」

「65 歳の・時」に

「15 歳・年上」の

「歌・手」

 

「森川 由加里」と

「再・婚」

   しました。

 

「布施 明」は

「再 婚・でした」が

「森川 由加里」は

「初・婚」でした。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,967・年」の

「恋」〜

「2,009・年」の

「マイ・ウエイ」まで

 

「通 算・25 回」

「出・場」しました。

 

 

「布施 明」

「霧の 摩周湖

「作・詞」「水島 哲」

「作・曲」「平尾 昌晃」

 

霧に だかれて しずかに 眠る

星も 見えない 湖に ひとり

ちぎれた 愛の 思い出 さえも

映さぬ 水に あふれる 涙

(「うつさぬ」)

霧に あなた の 名前を 呼べば

こだま せつない 摩周湖の 夜

 

あなたが いれば 楽しい はずの

旅路の 空も 泣いてる 霧に

(「たびじ」)

いつか あなた が 話して くれた

北の さいはて 摩周湖の 夜

 

 

※「五 里・霧中」

(「ご り・むちゅう」)

 

「五 里・霧中」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「五 里・四方」の

 (「20・km」)

 「深い霧 に・包まれ」て

 「方向感 を・失い」

 

 「あちこち を・さまよい」

 「にっち も・さっち」も

 「いか ない・事」から
 「転 じ・て」

 

 「物事 の・状況」や

 「手 掛・かり」が

 「全く 掴め・無い」

 「事」や

 

 「事・情」が
 「分か ら・ない」

 「中」で
 「策も 立てら・れず」

 

 「途・方」に

 「暮れ て・いる」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

「五 里・霧中」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

・「五 里・夢中」は

 「誤 字・なの」で

 「注意 が・必要」だ

    そうです。

 

 「中・国」
 「後漢 の・時代」の

 「歴 史・書」

 「後 漢・書」の

 

 「故事 が・由来」だ

    そうです、が

 「長 過ぎ・て」
 「写 し・切れ」ません。

 

 「興・味」の
 「有 る・人」は
 「検索 して・みて」

    下さい。

 

「五 里・霧中」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「支店 勤務・から」

 「全く 経験 の・ない」
 「本 部・勤務」に

 

 「異動 に・なった」が

 「何・から」

 「手を 付け・れば」

 「良いの か・分からず」に

 

 「気 だけ・焦り」

 「五 里・霧中」の

 「状 態・だった」

    そうだ。

 

・「彼・女」は
 「助け て・くれる」

 「人 も・無く」

 「五 里・霧中」の

 

 「中 に・いた」が

 「突 破・口」を

 「見つ け・よう」と

 「あ れ・これ」と

 「試 行・錯誤」

    して、いた。

 

「五 里・霧中」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「暗 中・模索」

   (「あん ちゅう・もさく」)

 

・「暗闇 の・中」で

 「手掛かり・無し」に

 「悪 戦・苦闘」を

 「続 け・ながら」も

 「諦 め・ず」に

 「試行 錯誤・する」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「五里 霧中・より」は

 「ポジティブ」な

 「ニュアンス」の

 「表・現」の

 

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

「五 里・霧中」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「一 目・瞭然」

   (「いち もく・りょうぜん」)

 

・「一・目」とは
 「一 度・見る」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「瞭・然」とは
 「ハッキリ・している」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「一 目・瞭然」とは

 「一度 見た・だけ」で

 「物事 の・全容」が

 「ハッキリ・と」や

 

 「スッキリ」と

 「分 か・る」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

 

BUMP OF CHICKEN」は

(「バンプ・オブ・チキン」)

「手探りで 今日を 歩く

   今日の 僕が」の

「歌詞 が・ある」

 

「なないろ」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,021 年・12 月」に

「リリース」

   し た

「27 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

バンプ・オブ・チキン」は

「1,996・年」に

「結 成・した」

「男 性・4 人 組」の

 

「ロック・バンド」で

「略・称」は

バンプ」です。

 

「全・員」が

「1,979・年」

「生 ま・れ」の
「幼・馴染」で

(「おさな・なじみ」)


「中 学・3 年生」の

「時」に

「バンド を・結成」し

「文 化・祭」で

 

「ステージ に・上り」

「ライブ」を

「披・露」しました。

 

「バンド・名」は

「臆病者 の・一撃」の

(「おくびょうもの」)

「意味 を・込め」

「名・付け」ました。

 

「インディーズ」を

「経・て」

「2,000・年」に

「リリース」した

 

「セカンド・シングル」

「ダイヤモンド」で
「メジャー・デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は
オリコン・15 位」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「天体 観測」

「アカシア」

「なないろ」等が

「有・り」ます。

 

「2,001・年」に

「リリース」し た

「サード・シングル」

「天体 観測」が

 

「フジ・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ

「天体 観測」の

 

「挿 入・歌」に

「起 用・され」て

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「詩的 な・歌詞」と

「ステレート」な

「メロディ」が

「好評 を・博し」

 

「広 く・世間」に

「バンド・名」が

「知 れ・渡り」
   ました。

 

「2,002・年」に
「リリース」

   し た

「サード・アルバム」

 

「Jupiter」が

(「ジュピター・木星」)
「自 身・初」の

オリコン・1位」に

「成・り」ました。

 

「2,004・年」に

「リリース」した

「4 th・アルバム」

ユグドラシル

 

「同・年」に

「リリース」した

「8 th・シングル」

「オンリー・ロンリー・

   グローリー」

 

「2,006・年」に

「リリース」した

「12 th・シングル」

「涙の ふるさと」

 

「2,007・年」に

「リリース」した

「13 th・シングル」

「花の 名」

 

「2,010・年」に

「リリース」した

「16 th・シングル」

「HAPPY」

 

「同・年」に

「リリース」した

「17 th・シングル」

「魔法の 料理〜君から君へ〜」

 

「同・年」に

「リリース」した

「18 th・シングル」

「宇宙飛行士 への 手紙」

 

「2,012・年」に

「リリース」した

「22 th・シングル」

「グッド・ラック」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「アルバム」

   で は

 

「2,010・年」に

「リリース」した

「6 th・アルバム」

「COSMONAUT」

 

「2,014・年」に

「リリース」した

「7 th・アルバム」

「RAY」

 

「2,016・年」に

「リリース」した

「8 th・アルバム」

「Butterflies」

 

「2,019・年」に

「リリース」した

「9 th・アルバム」

「aurora」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,021 年・12 月」に

「リリース」 し た

「27 th・シングル」

「なないろ」が

 

NHK・テレビ」で

「放 送・され」た

「連続 テレビ・小説」

「おかえりモネ」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

「シングル・曲」で

「9 年 11ヶ月・振り」に

 

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「2,001・年」の

「サード・シングル」

「天体 観測」〜

 

「2,021 年・12 月」の

「27 th・シングル」

「なないろ」まで

「シングル・25 作品」が

 

「連 続・して」
オリコン・トップ 5 入り」し

「安定 した・人気」を

「誇 っ・て」います。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,015・年」の

「ray」と

「2,021・年」の

「なないろ」で

 

「通 算・2 回」

「出 場・中」です。

 

 

「BUNK OF CHICKEN」

「なないろ」

「作・詞」「作・曲」
「藤原 基央」

 

闇雲に でも 信じたよ

(「やみくも」)

きちんと 前に 進んでいるって

よく晴れた 朝には 時々

一人ぼっち に されちゃう から

 

ヤジロベエ みたいな 正しさ だ

今 この景色 の 全てが

笑ってくれる わけじゃ ないけど

それでも いい これは 僕の旅

 

昨夜の雨 の 事なんか

覚えていない ような お日様 を

昨夜 出来た 水たまり が

映して キラキラ キラキラ

(「うつして」)

息を している

 

高く 遠く 広すぎる 空の下 

おはよう

僕は 昨日から やってきた よ

失くせない 記憶も 傘の ように

鞄の 中で 出番を 待つ

(「カバン」)

 

手探りで 今日を 歩く 今日の 僕が

あの日 見た 虹を 探す この道 を

疑って しまう 時は 教える よ

あの時 の 心の色

 

胸の 奥 君が いる 場所

ここでしか 会えない 瞳

ずっと 変わらない まま だから

ほっと したり 

たまに 目を 逸らし たり

             (「そらし」)

 

思い出す と 寂しい けど

思い出せ ないと 寂しい 事

忘れない 事しか 出来ない

夜を 越えて 続く 僕の旅

治ら ない 古い 傷は

無かった かの ように 隠す

お日様 が

昼間の星 と 同じ だね

本当 は キラキラ キラキラ

この 街中 に

 

歯磨き して 顔洗って 着替えたら

いつもと 同じ足で 出かけよう ぜ

相変わらず の 猫背でも いいよ

僕が 僕を 笑える から

 

涙の 砂 散らばる 銀河の 中

疲れた 靴で どこまで だって いける

躓いて 転んだ 時は 教える よ

(「つまずいて」)

起き方 を 知っている 事

 

乾いて 消える 水たまり が

それでも キラキラ キラキラ

青く 揺れる

 

高く 遠く 広すぎる 空の下 

おはよう

僕は 昨日から やって きたよ

失くせない 記憶も 傘の ように

鞄の中 で 明日へ 向かう

 

手探りで 今日を 歩く 今日の 僕が

あの日 見た 虹を 探す 今日の 僕を

疑って しまう 時は 教える よ

あの時 の 心の色

 

いつか また 会うよ

戻れない あの日 の 七色

 

 

「雲 散・霧消」を

「英・語」で

 「Clouds and fog disappear」と

 

 (「雲 散・霧消」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「恥も 外聞 も・ない」

(「はじも がいぶん も・ない」

 

「皆さん」は

「恥も 外聞 も・ない」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「恥も 外聞 も・ない」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「恥」とは

 「自分の欠点 や・失敗」を

 「恥ずかし く・思う」

 「事」や

 

 「名誉 や・名声」が

 「損な わ・れて」

 「面目 を・失う」

 「事」で

 

 「外・聞」とは

 「世間体 や・体裁」

 「人から の・評価」の

 「事」で

 

 「恥も 外聞 も・ない」

    と は

 「失・敗」や

 「名誉 の・喪失」を

 

 「恥ずかし い・とも」

 「思 わ・ず」に
 「世間体 を・気にしない」

    と、いう

 

 「意・味」だ

    そうです。

 

「恥も 外聞 も・ない」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「人・間」は
 「絶 体・絶命」の

 「ピンチ」に

 「追い込 ま・れて」

 

 「死に 直面・した」

 「時」に

 「生き 抜く・ため」の

 「方・便」で

 

 「恥も 外聞 も・なくなる」と

 「考え ら・れる」

 「事」が

 「由・来」だ、そうです。

 

「恥も 外聞 も・ない」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「背に腹 は・かえられぬ」

    と、いう

 「ことわざ」が

 「有・る」が

 

 「社・長」は

 「会社 の・倒産」を

 「免れ る・べく」

 「恥も 外聞 も・なく」

 

 「金・策」に
 「走 り・回」った。

 

・「彼」は

 「仕事 で・失敗」し

 「左・遷」の

 (「さ・せん」)

 

 「崖っ・ぷち」に

 「追 い・込 まれ」

 「恥 も・外聞 」も

 「かなぐり・捨て」て

 「上・司」に

 「もう 一度・だけ」

 「チャンス」を

 「下 だ・い」と

 

 「必・死」に
 「懇・願」した。
 (「こん・がん」)

 

「恥も 外聞 も・ない」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「体裁 を・繕わない」

   (「ていさい を・つくろわない」)

 

・「見た目 や・世間体」を

 「気 に・せず」に
 「ありのまま に・振る舞う」

 「事」や

 

 「人・から」

 「良く 見ら・れる」

 「様」に

 「意 識・して」

 

 「行動 する・事」が

 「無い と・いう」

 「意・味」の

 「表・現」だ、そうです。

 

「恥も 外聞 も・ない」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「世間体 を・気にする」
   (「せけんてい を・きにする」)

 

・「世 の・中」や

 「周囲の 人・から」

 「自・分」が

 「どう 思われて・いるか」を

 

 「常」に

 「心配 し・気にする」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「言 い・回し」だ

    そうです。

 

 

TOKIO」は

(「トキオ」)

 

「無力な 自分 と

   恥じる その前 に」の

「歌詞 が・ある」

 

「花 唄」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,002・年」に

「リリース」

   し た

「25 th・シングル」で

 

「日 本・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

「ナース・マン」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

「大 ヒット・曲」に
「成・り」ました。

 

TOKIO」は

「1,989・年」に

「結 成・され」た

「男 性・3 人 組」

(「当 初・5 人 組」)

 

「ジャニーズ・事務所」

「所・属」の

「アイドル・グループ」

「ロック・バンド」です。

 

「1,994・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「LOVE YOU ONY」で

「デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

オリコン・3 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」
   しました。

 

「代 表・曲」に

 

「宙 船」

(「そら ふね」)

「花 唄」

「雨 傘」等が

「有・り」ます。

 

「1,995・年」に

「日 本・テレビ 系」で

「放 送・中」の

「長 寿・番組」

 

「ザ・鉄腕ダッシュ!」の

「放送 が・開始」し
「冠・番組」に

「成・り」ました。

 

「1,998・年」に

「日 本・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「愛は 地球を 救う」の


「メイン」

「パーソナリティ」を

「自 身・初めて」

「務・め」

 

「2,003・年」に

「2 度・目」の

「大・役」を

「務・め」ました。

 

オリコン・1 位」

    と、なった

「作・品」は

「下・記」です。

 

「2,001・年」に

「リリース」した

「22 th ・シングル」

「メッセージ」

 

「2,002・年」に

「リリース」した

「27 th・シングル」

「dling 〜dong/glider」

 

「同・曲」は

「TBS・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

 

「やん パパ」の

「主 題・歌」に

「起 用・され」

   ました。

 

「2,003・年」に

「リリース」した

「28 th・シングル」

「AMBITIOUS JAPAN」

 

「同・曲」は

「J R ・東海」の

「イメージ・ソング」に

「採 用・され」ました。

 

「2,004・年」の

「ファースト」

「カバー・アルバム」

TOKIO

 

「同・アルバム」は

「デビュー・10 周年」を

「記 念・して」

「リリース」しました。

 

「2,006・年」に

「リリース」した

「33 th・シングル」

「Mr. ETraveling Man」

 

「同・曲」は

「TBS・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

 

「夜王〜YAOH〜」の

「主 題・歌」に

「起 用・され」

   ました。

 

「2,006・年」に

「リリース」した

「35 th・シングル」

「宙 船/do !do !do !」

 

「同・曲」は

「中島 みゆき」から

「提供 を・受け」た

「楽・曲」で

 

「日 本・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

マイ★ボス マイ★ヒーロー」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」

   ました。

 

「2,007・年」に

「リリース」した

「38 th・シングル」

「青春 .SEISYUN

 

「同・曲」は

「長渕 剛」から
「提供 を・受け」た

「楽・曲」で

 

「TBS・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

「歌 姫」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」
   ました。

 

「2,010・年」に

「リリース」した

「42 th・シングル」

「- 遥か -」

 

「同・曲」は
「TUBE」から

「提供 を・受け」た

「楽・曲」で

 

「ザ・鉄腕 DASH 」

「DASH 海岸」の

「テーマ・ソング」に

「成・り」ました。

 

「2,014・年」の

「サード」

ベスト・アルバム

「HEART」

 

「同・アルバム」は

「デビュー・20 周年」を

「記 念・して」

「リリース」しました。

 

「2,018 年・4月」に

「山口 達也」が

「共 演・した」

「女 子・高生」に

 

「飲 酒・させ」た

「上・に」

「わいせつ・行為」に

「及・び」

 

TOKIO
   か ら

「脱 退・する」と

「共・に」

 

「ジャニーズ・事務所」も

「退・所」しました。

 

「こ の・影響」で

TOKIO」は

「音 楽・活動」を

「休・止」しました。

 

「2,020 年・7月」

「長瀬 智也」が

「2,021年・3 月」を

「以 っ・て」


TOKIO」から

「脱・退」し

「ジャニーズ・事務所」を

「退・所」し

 

「芸能 界・から」

「引 退・する」と

「発・表」しました。

 

「残・る」

「城島 茂」
「国分 太一」

「松岡 昌宏」の

 

「3・人」は

「グループ・活動」を

「継 続・する」箏を

「発 表・して」います。

 

「紅 白・歌合戦」
   に は

 

「1,994・年」の

「LOVE YOU ONLY」〜

「2,017・年」の

「AMBITIOUS」まで

 

「ジャニーズ・事務所」

   で は

「最・多」で

「歴 代・11 位」の

 

「24 回・蓮速」で

「出・場」

   しました。

 

 

TOKIO

「花 唄」

「作・詞」「TAKE - SHI」

「作・曲」「鈴木 秋則」

 

嗚呼〜花が 咲く 理由も ないけど

(「ああ」)

肩落とす 僕の上 凛と 微笑む

                   (「りんと ほほえむ」)

やたら 咲き誇る エラク も ないけど

泣き出し そうな 僕の ために

舞う 花吹雪

 

痩せた 時代 の 鏡に うつる

ガサ つく 唇のそいつが 僕なら

キス した だけで 傷つけるん だろう

優しすぎる 君の唇と 微笑み を

 

嗚呼〜鳥が 飛ぶ 急ぐわけじゃ なく

汚れゆく 青空 を 引き裂いて ゆく

無力な 自分 と 恥じる その前 に

絶望の 風に 羽根 ひろげて

舞え 花吹雪

 

常識という 正義の せいで

君の 悩みひとつ 救えない まま だ

間違って でも 罪だと 知って も

見失わずに いよう 本当の 願い事

 

僕らが いる 意味は 考えない

そのまま でも これから も 

ここから でも

そして 歩き出す 迷っても いいさ

果てしなき 道の ド 真ん中 で

明日を 信じる

 

無口 でも さあ 伝えよう

満開の 桜木 が はげましてる から

 

嗚呼〜花が 咲く 理由も ないけど

肩落とす 僕の上 凛と 微笑む

やたら 咲き誇る エラク も ないけど

泣き出し そうな 僕の ために

舞う 花吹雪

 

La 〜 la la la la la 

泣き出し そうな 僕の ために

舞う 花吹雪

そして 今 君に 心 込めて 

唄を うたおう

 

 

※「厚 顔・無恥」

  (「こう がん・むち」)

 

「厚 顔・無恥」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「厚 顔・無知」や

 「紅 顔・無恥」は

 「誤 用・なの」で

 「注意 が・必要」です。

 

 「厚・顔」とは

 「面の皮 が・厚く」

 (「つらのかわ」)

 「恥・知らず」で

 

 「図 々・しい」

 (「ずうずう・しい」)

     と、いう

 「意・味」で

 

 「無・恥」とは

 「恥ず べき・こと」を

 「恥 だと・思わない」

 「事」で

 

 「似 た・意味」を

 「二つ・重ね」た

 「厚 顔・無恥」

      と は

 

 「厚か ま・しく」て

 「恥・知らず」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「厚 顔・無恥」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「中国 最古 の・詩集」

 「詩 経 に・記され」た

 「下 記・一節」が

 「由・来」だ、そうです。

 

 「巧言くわうの 如く、

    顔の 厚きや」

 

 (「巧みな 言葉で 外面 を

    取り つくろい、

     内面の 恥を 隠す」)

 

「厚 顔・無恥」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「意地悪 を・して」

 「新 人・女性社員」を

 「泣か せた・のに」

 

 「いけ しゃあ・しゃあ」と

 「平然と して・いて」
 「厚 顔・無恥」も

 「甚・だ」しい。
 (「はな は・だ」)

 

・「普・段」は

 「人 の・頼み」を

 「断って おき・ながら」

 「困った 時・だけ」

 

 「泣きつい て・来る」

      と は

 「厚 顔・無恥」も

 「い い・ところ」だ。

 

「厚 顔・無恥」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「破 廉・恥」

   (「ハレンチ」)

 

・「性的 に・みだら」な

 「様子 を・表す」

 「意・味」で

 「使われる・事」が

 

 「多 い・言 葉」
    です、が

 「本来 の・意味」は

 「厚 顔・無恥」と

 

 「同・じ」だ

      そうです。

 

「厚 顔・無恥」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「遠 慮・会釈」

   (「えんりょ・えしゃく」)

 

・「つつま し・く」

 「控 え・目」に

 「他人 の・こと」を

 「思 い・やる」

 

 「態度 で・接する」

    と、いう

 「意・味」の

 「表・現」で

 

 「通・常」は

 「否定語 が・伴い」

 「遠慮会釈 も・無い」と

 「傲慢 な・態度」を

 

 「非難 する・時」に

 「用い ら・れる」

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

 

「安室 奈美恵」は

(「あむろ なみえ」)

 

「膝をつくこと は

   恥では ない」の

「歌詞 が・ある」

 

「Fight Together」

(「ファイト・トゥギャザー」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,008・年」に

「リリース」

   し た

「37 th・シングル」で

 

「フジ・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・アニメ」

ONE PIECE」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「安室 奈美恵」は

「1,977 年・生まれ」で

「沖縄 県・那覇 市」

「出・身」の

 

「歌・手」

「女・優」

「ダンサー」でした。

 

「1,990・年代〜
「2,010・年代」

   に、 かけて

「数 多・く」の

 

「記録 を・打ち立て」

「平成 を・代表する」

「歌姫 の・地位」を

「築・き」ました。

 

「4 歳 の・時」に

「両親 が・離婚」し

「母 子・家庭」に

「育・ち」ました。

 

「小学・5 年生」の

「時」に

「友達 の・付き添い」で

「タレント・養成所」

 

「沖・縄」
「アクターズ・スクール」に

「レッスン を・見学に行った」

「際」に

 

「スカウト・される」も

「家庭 の・事情」で

「月謝 が・払えない」と
「辞 退・する」と

 

「学校 の・校長」の

「鶴 の一声 に・より」

「異例 の・扱い」で

「授業 料・免除」の

 

「特 待・生」で

「入・校」しました。

 

「1,992・年」

那覇 市・立」

「石 嶺・中学校」

「在 学・中」で

 

「15 歳の・時」に
「リリース」

  し た

「ファースト・シングル」

 

「恋の キューピット」で

「歌 手・デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

オリコン・29 位」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「Hero」

「Love Story」

「Fight Together」等が

「有・り」ます。

 

「1,995・年」に

「リリース」した

「ファースト・アルバム」

「DANCE TRACKS VOL. 1」が

 

「自 身・初」の

オリコン・1 位」で

「ミリオン・セラー」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「リリース」した

「小室 哲哉」

「プロヂュース」の

 

「4 th・シングル」

「Chase the Chance」が

「シングル・曲」で

「自 身・初」の

 

オリコン・1 位」で

「ミリオン・セラー」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」
   しました。

 

「1,996・年」

「19 歳の・時」に

「リリース」した

「5 th・シングル」

 

「Don't wanna cry」が

「史 上・最年少」にて

「日 本・レコード・大賞」に

「輝・き」ました。

 

「1,997・年」に

「リリース」した

「9 th・シングル」

CAN YOU CELEBRATE?」で

 

「2 年・連続」で

「日 本・レコード・大賞」

「受賞 の・快挙」を
「成 し・遂げ」ました。

 

「2,017 年・9月」に

「デビュー・25 周年」を

「機」に

「2,018年 9月 を・以って」

 

「芸能界・から」の

「引退 を・発表する」と

「共・に」
「同・時」に


「6 th・ベスト アルバム」

「Finally」を

「リリース」

  しました。

 

「同・アルバム」は

「ミリオン・セラー」を

「記・録」し

「前 代・未聞」の


「10・歳代〜40・歳代」の

「4 年代・連続」で

「ミリオン・セラー」

「獲得 の・快挙」を


「記 録・した」
「唯・一」の

「ソロ・アーティスト」に

「成・り」ました。

 

「引 退・まで」に

 

「47・作品」の

「シングル・曲」を

「リリース」し

「内・13 作品」が

 

「18・作品」の

「アルバム」を

「リリース」し

「内 ・14 作品」が

 

「17・作品」の

「映 像・作品」を

「リリース」し

「内・6 作品」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「レコード・大賞」では

「通 算・6 回」

「各・賞」を

「受・賞」しました。

 

「私・生活」
   で は

 

「1,997・年」

「20歳 の・時」に

「日本 を・代表する」

「ダンサー」で

 

TRF の・メンバー」の

「一 人・だった」

「SAM」と

「結・婚」しました。

 

「15 才 の・年齢差」と

「妊娠 3ヶ月・だった」

「事」が

「話題 に・なり」ました。

 

「翌・年」に
「長男 を・出産する」も

「2,002・年」に

「価値観 の・相違」で

 

「離・婚」し
「以・後」は
「シングル・マザー」を
「貫 い・て」います。


「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,995・年」の

Chase the Chance」〜

「2,017・年」の

「Hero」まで

(「特 別・枠」)

 

「通 算・10 回」

「出・場」しました。

 

 

安室奈美恵

「Fight Together」

「作・詞」「nao ‘ ymt」
「作・曲」「nao ’ ymt」

 

夜が 明ける 前に 旅立とう

まだ 見ぬ 明日を 迎えに いこう

そう 決めたこと 悔いは ない

Oh I know what I'm supposed to do 

どんな 試練が 待ち受けて いようと

高鳴る 鼓動 止められは しない

目指す場所 は ただ ひとつ

 

Fly to the light 

たがい の 果てに 得た 絆

誰にも 傷つけさせは しない

握りしめた 手 開け ば

そこに 力が 宿る

 

さあ 始めよう

新しい世界 が 呼んで いる

ほら 見て ごらん

いくつ の 海 隔てて いたと しても

いつだって 支えて いる

恐れず に 前へ

忘れない で

We fight together 

 

風を受けた 鳥が はばたく

あの 虹を くぐった 先 には

希望という 花が 咲く

The flowers will never die 

まっすぐに 伸びていく その想い

心に しまい込んだ まま じゃ

窮屈すぎ は しないかい?

 

Fly to the light 

偽りで 何が 守れる

膝を つくことは 恥では ない

立ち上がる さ 何度 でも

きっと また 会える から

 

さあ 始めよう

新しい世界 が 呼んで いる

ほら 見て ごらん

いくつ の 海 隔てて いたと しても

いつだって 支えて いる

恐れず に 前へ

忘れない で

We fight together 

 

穢した ことは ない

(「けがした」)

あの 日 見上げ た

どこまで も 高く 広い空

ずいぶん と 遠くまで 来た

それぞれ の 誓いを 胸に

迷いなど ない

背負うもの が ある

 

陽が 昇り

悲しみさえ 等しく 照らす

信じて いるんだ

いつか ひとつに 繋がる 未来を

一緒に 見つけに いこう

君の 代わりは いない

忘れない で

We fight together 

 

Life goes on × 6

 

忘れない で

We fight together 

 

 

「恥も 外聞 も・ない」を

「英・語」で

 

 「No shame of hearing」と

 

 (「恥も 外聞 も・ない」)

 

 「言・う」そうです。

 

 

何気なく使っている言葉の意味

「引導 を・渡す」

 (「いんどう を・わたす」)

 

「皆さん」は

「引導 を・渡す」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使 っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「引導 を・渡す」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「相・手」に
 「諦め る・よう」に

 「促・す」や

 「最・早」
 (「も・はや」)

 

 「厳しい 状況・だと」

 「思い 知ら・せる」

    と、いう

 「ニュアンス」で

 

 「最 終・宣告」の

 「意・味」で

 「用い ら・れる」

 「ことわざ」だ、そうです。

 

「引導 を・渡す」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「元々 は・仏教用語」で

 「死者 が・迷わず」に

 「あの世 に・行ける」
 「様」に

 

 「葬・儀」等で

 「お経 を・唱える」

 「事」から

 「転 じ・て」

 

 「最終的 な・通告をして」

 「相手を 諦め・させる」

 「意味 に・なった」

 「事」が

 

 「由・来」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「引導 を・渡す」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼 は・彼女」に

 「愛想 を・尽かされ」て

 「別・れ」を

 「切 り・出され」た

 

 「挙句 の・果て」に
 (「あげく」)

 「引導 を・渡された」

    そうだ。

 

・「彼」は

 「上 司・から」

 「成・績」が

 「上がら な・ければ」

 

 「他・部署」に
 「転 勤・させる」と

 「引導 を・渡されて」

    しまった、そうだ。

 

「引導 を・渡す」の

「類 義・語」を

「検 索・して」も

「ピン と・来」ません。

 

・「因果 を・含める」

   (「いんが を・ふくめる」)

 

・「因・果」とは
 「原因 と・結果」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「含 め・る」とは

 「言 い・聞かせ」て

 「諦めさせる と・いう」

 「意・味」で

 

 「因果 を・含める」とは
 「相・手」に

 「止む を・得ない」
 「状況 を・説明して」

 

 「納得 の・上」で

 「諦めさせる と・いう」

 「意・味」の

 「慣 用・句」です。

 

「引導 を・渡す」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「叱咤 激励・する」

   (「しった げきれい・する」)

 

・「叱・咤」とは
 「大声 で・叱る」

             (「しかる」)

    と、いう

 「意・味」で

 

 「激・励」とは

 「励ま し・元気付ける」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「叱 咤・激励」とは

 「くじけ・そう」や

 「諦 め・そう」に

 「成っ た・人」の

 

 「気 持・ち」を

 「奮い立た せ・よう」

    と、して. 
 「大きな声 で・励まし」

 

 「元気 付・ける」

    と、いう

 「意・味」の

 「慣 用・句」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「岡村 孝子」は

(「おかむら たかこ」)

 

「夢を あきらめ ないで」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,987・年」に

「リリース」

   し た

「5 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「岡村 孝子」は

「1,962 年・生まれ」で

「愛知 県・岡崎 市」

「出・身」の

 

「シンガーソング・

   ライター」で

「あみん」

「メンバー・でも」
「有・り」ます。

 

「幼少 の 頃・から」

「ピアノ を・習い」

「音楽 に・親しみ」

   ました。

 

「県・立」
「岡崎北・高校」
「2 年生 の・時」に

「作詞 作曲・教室」に

 

「通・い」

「シンガーソング
   ライター の・道」を

「目 指・し」ました。

 

「高 校・卒業 後」

「椙山 女学園・大学」に

(「すぎやま」)

「進 学・しました」が

「中・退」しました。

 

「大 学・1年生」の

「時」に
「同 級・生」の

「加藤 陽子」と

 

「共・に」

「フォーク・ヂュオ」

「あみん」

「結・成」しました。

 

「20 歳の・時」に

ヤマハ

   ポピュラー・コンスト」に
「出・場」し

 

「グランプリ」に

「輝・き」
「芸能 界・入り」

   しました。

 

「1,986・年」に

「リリース」した

「ファースト・シングル」
「待つわ」が

 

「ミリオン・セラー」を
「記 録・する」

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。
(「紅 白・出場」は

     こ の・1 回 のみ」)

 

「加 藤」の

「学業 に・専念したい」

   と の

「意・向」で

 

「1,983・年」に

「活 動・期間」

「わずか・1 年半」にて

「解 散・しました」が

 

「2,007・年」に

「再・結成」

   しました。

 

「岡 村」は

「大学 4 年生 の・時」に

「中・退」し
「23 歳の・時」に

「シンガーソング・
   ライター」

   と、して

「ソロ・活動」を
「開・始」しました。

 

「1,984・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「風は 海から」で

「ソロ・デビュー」

   しました。

 

「1,987・年」に

「リリース」

   し た

「5 th・シングル」

 

「夢を あきらめ ないで」 が

「ロング・ヒット」し

「応援歌 的・歌詞」より

「幅広い層 の・支持を得」て

 

「自身 の・代表曲」に
「成・り」ました

 

「代 表・曲」に

 

「夢を あきらめ ないで」

「はぐれそうな 天使」

「Believe」等が

「有・り」ます。

 

「1,988・年」に

「リリース」した

「4 th・アルバム」

「SOLEIL」が

 

「自 身・初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「1,989・年」に

「リリース」した

「5 th・アルバム」

「Eau Du Ciel」

 

「1,990・年」に

「リリース」した

「6 th・アルバム」

「Kiss 〜a cote de la mer 〜」

 

「1,991・年」に

「リリース」した

「7 th・アルバム」

「Chou - fieur」

 

「1,992・年」に

「リリース」した

「8 th・アルバム」

「mistral」と

 

「アルバム・5 作品」が

「連 続・して」

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「現 在・59 歳」

   です が

 

「2,019・年」に

「急 性・白血病

   と の

「診断 を・受け」

 

「長 期・入院」

   しました。

 

「2,021 年・9 月」に

「デビュー・35 周年」を

「記 念・して」

「12 th・セレクション

   アルバム」

 

「T‘s BEST season」を

「リリース」

   しました。

 

「私・生活」
   で は

 

「1,997・年」

「27 歳の・時」に

「2 才・年下」の

プロ野球・選手」の

(「現・参議院 議員」)

 

「石井 浩朗」と

「結 婚・して」

「同・年」に

「長・女」を
「儲 け・ました」が

 

「2,003・年」に

「価値観 の・違い」を

「理・由」に

「離・婚」しました。


「ソロ・での」

「紅 白・出場」は

「無・い」様 です。

 

 

「岡村 孝子」

「夢を あきらめ ないで」

「作・詞」「作・曲」
「岡村 孝子」

 

乾いた 空に 続く 坂道

後姿 が 小さく なる

優しい 言葉 探せない まま

冷えた その手を 振り 続けた

 

いつか は 皆 旅立つ

それぞれ の 道を 歩いて いく

 

あなた の 夢を あきらめ ない で

熱く 生きる 瞳が 好きだわ

負けない ように 悔やまぬ ように

あなた らしく 輝いて ね

 

苦しい ことに つまずく 時も

きっと 上手 に 越えて 行ける

心配 なんて ずっと しないで

似てる 誰かを 愛せる から

 

切なく 残る 痛みは

繰り返す たびに 薄れて いく

あなた の 夢を あきらめ ない で

熱く 生きる 瞳が 好きだわ

あなた が 選ぶ 全ての ものを

遠くに いて 感じて いる

 

あなた の 夢を あきらめ ないで

遠くに いて 感じて いる

 

 

※「渡り に・船」

(「わたり に・ふね」)

 

「渡り に・船」の

「意・味」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「困っ て・いる」

 「状況 の・時」に

 「思いが け・ない」

 「助け が・ある」や

 

 「望んで いる・もの」が

 「都合 良く・得られる」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「渡り に・船」の

「由・来」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「法華経 の・書物」

 (「ほけきょう」)

 「薬王品」に

 「記 さ・れた」

 

 「下記・一節」が

 「由・来」だ

    そうです。

 

 「如子得母渡得船」

 

(「川の 向こう 岸」に

    渡ろうと していた」

「時 に・都合よく」
 船が 置いて あった」)

 

「渡り に・船」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「こちら・から」

 「声 を・掛けよう」と

 「し て・いた」ら
 「彼女 の・方から」

 

 「先」に

 「声を 掛けて・きて」

 「渡り に・船」

    だった。

 

・「彼」は

 「食べ る・こと」が

 「好き だった・ので」

 「高い出演料 が・貰える」

 

 「グルメ・リポーター」の

 「仕・事」は

 「渡り に・船」

    だった。

 

「渡り に・船」の

「類 義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「願った り・叶ったり」

   (「ねがった り・かなったり」)

 

・「願っ た・物事」が

 「すぐ に・叶えられる」や

 「物・事」が

 「思っ た・以上」に

 

 「上手 く・いく」

    と、いう

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ、そうです

 

「渡り に・船」の

「対 義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「一難去っ て・また一難」

   (「いちなんさっ て・またいちなん」)

 

・「望んでいる・助け」が

 「手 に・入らず」に

 「やっと・乗り切った」と

 「思って・いた」ら

 

 「またして も・逆境」に

 「陥・る」
    と、いう

 「意・味」の

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

 

「薬師丸 ひろ子」は

(「やくしまるひろこ」)

 

「ああ 時の河 を

   渡る船 に オール は ない」の

「歌詞 が・ある」

 

「Woman ” Wの 悲劇 ” より」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。


「1,984・年」に

「リリース」

   し た

「4 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「薬師丸 ひろ子」は

「1,964 年・生まれ」で

「東京 都・港 区 」
「出・身」の

 

「女・優」

「歌・手」です。

 

「多・忙」な

「芸 能・活動」と

「学・業」を

「両 立・させ」て

 

「都・立」
「八潮 高等・学校」を

「卒 業・後」

 

「玉川・大学」

「文学 部・英米 学科」に

「進・学」し

「病気 に・よる」

「1 年・間」の
「留年 を・経て」

「5 年・間」で

「卒・業」しました。

 

「中 学・1 年生」の

「時」に

「角 川・映画」の

「第・3 弾」

 

「野生 の・証明」の

「ヒロイン」
「長井 頼子」

「役」の

 

「オーディション」に

「応 募・して」

「選 ば・れ」ました。

 

「1,978・年」

「中学 2 生生 の・時」に

「野生 の・証明」で

「高倉 健」と

 

「W・主演」し

「女 優・デビュー」

   しました。

 

「1,981・年」

「高校 2 年生 の・時」に

「映・画」
「セーラー服 と 機関銃」で

 

「主・演」し

「大・ヒット」
   しました。

 

「同・年」に

「映画 と・同名」の

「ファースト・シングル」

「セーラー服と 機関銃」で

 

「歌 手・デビュー」
   しました。

 

「同・曲」は

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「Woman ” Wの悲劇 ” より」

「セーラー服と 機関銃」

「探偵 物語」等が

「有・り」ます。

 

「1,983・年」に

「赤川 次郎・原作」で

「自身 が・主演した」

「映・画」

 

「探偵 物語」の

「主 題・歌」に

「起 用・され」た

「セカンド・シングル」

 

「探偵 物語」が

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「デビュー・から」

「2 作・連続」で

オリコン・1 位」に

「成・り」

 

「ソロ・歌手」

「史 上・初」の
「快・挙」を

「成 し・遂げ」ました。

 

「1,984・年」に

「映・画」

「W の 悲劇」で
「主・演」し

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」た

「4 th・シングル」

「Woman ” Wの悲劇 ” より」が

 

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

「演・技」も

 

「評 価・され」

「ブルー リボン・賞」

「主演 女優・賞」を

「受・賞」しました。

 

「角 川・映画」

「時を かける 少女」で

「主 演・した」

「原田 知世」

 

「渡辺 典子」と

「並・び」

「角 川・三人 娘」と

「称・され」

 

「角 川・映画」の

「看 板・女優」

   と、して

「揺る ぎ・無い」

 

「地・位」を

「築 き・上げ」
   ました。

 

「2,000 年・代」に

「入っ て・から」は

「テレビ・ドラマ」

「木更津・キャッツ アイ」

 

「タイガー  & ドラゴン」

あまちゃん

「エール」等

「数々 の・作品」で


「好・演」し
「存 在・感」を

「見 せ・付け」ました。

 

「2,014・年」

「50 歳の・時」に

「Woman ” Wの悲劇 ” より」で

「紅 白・歌合戦」に

 

「正 式・枠」で

「初・出場」

   しました。

 

「現 在・58 歳」

   です が

 

「女 優・活動」の

「一 ・方」で

「歌手 と・して」も

「2,021 年・11 月」に

 

「デビュー・40 周年」を

「記 念・して」

「セカンド」

「配 信・シングル」

 

「Come Back To Me 〜
   永遠の 横顔」を

「リリース」

   しました。

 

「私・生活」

   で は

 

「1,991・年」

「27 歳の・時」に

「6 才・年上」で

「人 気・バンド」

 

「安全 地帯」の

「ボーカ・リスト」

「玉置 浩二」と

「結・婚」し

 

「超・人気 女優」と
「人 気・歌手」の

「大 物・カップル」

「誕・生」と

 

「世・間 を

「騒 が・せる」も

「1,998・年」に

「離・婚」しました。

 

「二人 の・間」に

「子供 は・いない」

   そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,013・年」の

潮騒の メモリー」〜
     (「特 別・枠」)

 

「2,021・年」の

「Woman ” Wの悲劇 ” より」まで

       (「2 回・目」)

 

「通 算・3 回」

「出・場」しました。

 

 

「薬師丸 ひろ子」

「Woman ” Wの悲劇 ” より」

「作・詞」「松本 隆」

「作・曲」「松任谷 由実」

 

もう 行かないで そばに いて

窓のそばで 腕を組んで

雪のような 星が降るわ

素敵 ね

 

もう 愛せないと 言うのなら

友だちでも かまわない わ

強がっても ふるえるのよ

声 が・・・

 

ああ 時の河を 渡る船 に

オール は ない 流されてく

横たわった 髪に 胸に

降りつもる 星の 欠片

                     (「かけら」)

 

もう 一瞬で 燃えつきて

あとは 灰に なっても いい

わがまま だと 叱らないで

今 は・・・

 

ああ 時の河を 渡る船に

オール は ない 流されてく

やさしい 眼で 見つめ 返す

二人きり の 星降る町

 

行かないで そばに いて

おとなしく してる から

せめて 朝の陽 が 射す まで

              (「ひが さす」)

ここに いて 眠り顔 を

見て いたい の

 

 

「引導 を・渡す」を

「英・語」で

 

 「Pass the guidance」と

 

 (「引導 を・渡す」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「親しき仲 にも・礼儀あり」

(「したしきなか にも・れいぎあり」)

 

「皆さん」は

「親しき仲 にも・礼儀あり」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「親しき仲 にも・礼儀あり」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「近しき仲 にも・礼儀あり」

 (「ちかしき」)

    と も

 「言・う」そうです。

 

 「釣った 魚に・餌はやらぬ」

 (「つった さかなに・

    えさはやらぬ」)

    と、いう

 「ことわざ」が

 「有 る・様」に

 

 「相・手」を

 「手中 に・する」と

 「緊張感 が・薄れ」

 「気 が・ゆるみ」

 

 「親しく・なる」
 「前」は

 「常 識・だった」

 「最低限 の・礼儀すら」

 

 「欠 き・がち」に

 「成 る・事」も

 「有・り」ます。

 

 「結果 と・して」

 「相手 に・対する」

 「思 い・やり」を

 「忘れ て・しまい」

 

 「関係 が・壊れ」て

 「不和 の・元 になる」

 「事」も

 「有 る・ので」

 

 「初心 を・忘れず」

   「礼儀 は・守るべき」で

 「必 要・不可欠」だ

    と、いう

 

 「戒め を・込めた」

 「言・葉」だ、そうです。

 

 「親しき仲 にも・礼儀あり」は

 「家族 に・対して」も

 「当て はまり・ます」が

 「恋人 や・友達」

 

 「職場の人 に・対して」も

 「当 て・はまる」

 「教え の・ことわざ」だ

    そうです。

 

 「守る べき・礼儀」

    に は

 

・「敬語 を・使う」

・「挨拶 を・する」

・「ありがとう」の

 「言葉 を・忘れない」

 

 「等」が

 「有・る」そうです。

 

「親しき仲 にも・礼儀あり」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「中・国」
 「儒教 の・祖」

 「孔子 の・言葉」を

 「弟子 が・まとめた」

 

 「論語 に・記された」
 「下 記・一節」が
 「ことわざ」の

 「由 来・だと」

 

 「言われて・いる」

    そうです。

 

 「孔子 曰く、礼の用は

    和を貴しと 為す。

  先生の 道も、

     斯を 美と 為す。

 

  小大之に 由るも

     行われざる所 あり。

  和を知りて和して 礼を以て

    之を 節せざれば、

  亦 行はる べからざる なり」

 

 (「和 が・あっても

    礼儀 が・なかったら

    関係 を・保てない」)

    と、いう

 

 「礼儀 の・大切さ」を

 「説い た・文章」だ

    そうです。

 

「親しき仲 にも・礼儀あり」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「ありがとう」

    と、いう

 「感謝 の・言葉」は

 「日本語 で・一番美しい」

 

 「言葉と 言われて・いる」が

 「親しき仲 にも・礼儀あり」で

 「感謝 の・気持ち」は

 「言葉に して・伝えるべき」だ。

 

・「何で も・言い合える」

 「仲と は・いえ」

 「親しき 仲にも・礼儀あり」で

 「最低限 の・気遣い」を

 

 「忘れ て・しまう」と
 「アッと いう・間」に

 「関・係」が
 「壊 れ・て」しまう。

 

「親しき仲 にも・礼儀あり」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「心安い は・不和のもと」

 (「こころやすい は・

        ふわのもと」)

 

・「心・安い」とは

 「相手 に・対して」

 「遠慮 や・気遣い」が

 「不要 な・程」に

 

 「心を 開いて・いる」

    と、いう

 「意・味」だ

    そうです。

 

 「他 人・同士」は

 「気を 使い・ながら」

 「付き 合い・ます」が

 「仲 良く・なる」と

 

 「気を 使わ・なく」

 「成っ て・しまう」

 「事」も

 「有・り」ます。

 

 「親しく なり・過ぎる」と

 「かえ っ・て」

 「ケンカ」等が

 「多く なる・ので」

 

 「良 し・悪し」だ

   と、いう」

 「教・え」や

 

 「親し い・関係」に

 「有 っ・て」も

 「相手 の・自由」を

 「拘束して は・ならず」

 

 「過剰 な・干渉」は

 「結果 と・して」

 「不仲 の・原因になる」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「親しき仲に も・礼儀あり」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「気 が・置けない」

   (「き が・おけない」)

 

・「相手に・対して」

 「遠 慮・したり」

 「気を 使ったり・する」

 「必要 が・無く」

 

 「心・から」

 「打ち解ける

 「事」が

 「出来る と・いう」

 

 「意・味」の
 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 「礼儀 が・大切」

    と、いう

 「ニュアンス」は

 「無 い・ので」

 

 「正・反対」の
 「対 義・語」

    で は
 「有・り」ません。

 

 

GReeeen」は

(「グリーン」)

 

「これから先 何年、何十年と

   変わらない 僕らがいいね」の

「歌詞 が・ある」

 

「愛し 君へ」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。


「2,013・年」に

「リリース」

   し た

「22 th・シングル」で

 

「フジ・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

「Oh,My,Dad!!」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「グリーン」は

「2,004・年」に

「福島 県」に

「開 校・する」

 

「私・立」

「奥 羽・大学」

「在 学・中」に

「結 成・され」た


「男 性・4 人 組」の

「ボーカル・グループ」

   です。


「4 人・共」に

「歯 科・医師 」で

「アーティスト」

   と の

 

「二足 の・わらじ」を

「両 立・させ」て

   います。

 

「本業 に・支障」が

「無 い・様」に

「顔 も・本名」も

「公 表・して」いません。

 

「バンド・名」は

「新・人」や

「未 熟・者」を
「意 味・する」

 

「Green Boy 」を

「ヒント」に

「名 付・け」

   ました。

 

「2,007・年」に

「ファースト・シングル」

「道」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・39 位」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「キセキ」

「愛 唄」

「愛し 君へ」等 が

「有・り」ます。

 

「2,008・年」に

「リリース」

   し た

「7 th・シングル」

 

「キセキ」が

「自 身・初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」

 

「テレビ・ドラマ」

「ROOKIES」の

「主 題・歌」に

「起 用・され」ました。

 

「同・曲」は

「日 本・国内」に

「於 い・て」

「最 も・多く」

 

「ダウンロード」

「さ れ・た」

「シングル・曲」

   と、して

 

「2,009・年」に

「ギネス・記録」に

「認 定・され」

   ました。

 

「同 年・同 曲」で

レコード大賞

   最優秀・アルバム 賞」を

「受・賞」し

 

「授賞 式・には」

「声のみ で・出演」し

「受賞 の・喜び」を

「語・り」ました。

 

「メディア」に

「肉音 を・披露した」
   の は

「初 め・て」でした。

 

「2,008・年」に

「リリース」した

「セカンド・アルバム」

「あっ、ども。

   おひさしぶりです」と

 

「2,009・年」に

「リリース」した

「サード・アルバム」

「塩、コショウ」が

 

「連 続・して」

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,013・年」に

「リリース」した

「セカンド・配信シングル」

「BEST FRIEND」

 

「2,014・年」に

「リリース」した

「5 th・配信シングル」

「風」

 

「2,015・年」に

「リリース」した

「7 th・配信シングル」

「ビリーヴ」

 

「2,020・年」に

「リリース」した

「19 th・配信シングル」

「星影の エール」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,011・年」に

「地・元」の

「福島 県」で

「東 日本・大震災」を

 

「目 の・当たり」に

   し て

「被 災・者」を

「元 気・付ける」

 

「復 興・支援」

「プロジェクト」を

「実・施」しました。

 

「2,017・年」に

「デビュー・10 周年」を

「記 念・して」

「埼 玉・アリーナ」で

 

「単 独・ライブ」を
「開 催」し

「幕越 し・での」

「姿」を

 

「初 め・て」

「ファン の・前」に

「現・し」ました。

 

「同・年」に

「リリース ・した」

「サード」

ベスト・アルバム

 

「ALLSINGLEeees」が
オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,020・年」に

「リリース」した

「34 th・シングル」

「星影の エール」で

 

「特別 企画・枠」

   に て

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

 

GReeeeN

「愛し 君へ」

「作・詞」「作・曲」
GReeeeN

 

僕の 隣に いつも

君が 居る 事

ここで 良かった と 

思って くれる かな

世界が もしも 明日 

悲しみに あふれて も

君が いる から 

僕は 生きて いく

 

握りしめた 小さな 手が

運んで くれた 大きな 愛が 

僕を 動かすんだ

 

「愛」って 何か 

わからな かった

そんな 過去も あった けれど

       (「とき」)

心 震えた 涙 あふれた

胸が ギュッ と 苦しかった

「君が いる」それだけ で

今日も 明日も 進む意味 です

大切な もの 見失わない ように

この歌 唄おう

君と 笑い合えた

ささいな 出来事 も

君の 涙を 見て 痛む 胸も

二人で 過ごして いく 

日々は 増え続けて いく

僕の 気持ちと 同じように ね

 

君の声 や 笑顔 涙 も

恋しくって 愛 あふれ て 

僕は 動き出すん だ

 

好きって なんだ あの 過去 僕は

それすらも わからない ほど

夢中に なって 君を 見つめて

伝えたい 言葉 探した

限られた 時の 中 

どれだけ の 愛 返せる だろう

大切だ よ 愛してる よ 

これからも ずっと ずっと

 

きっと 目の前に 願わない 

困難も あるだろう

君と だったら 挑む価値が ある

ずっと 浮き沈み 繰り返し 

そんな ところ だろう

だけど 君とだから 

素敵に 想えるん だろう

 

瞳 閉じれば いつも 浮かんで くる

大切な 人 大切な 事

きっと もっと ずっと 信じてく

 

あぁ 今まで 一緒 これから 一生

続いてく 僕らの メロディー

この一瞬を 過ごして いっそう

「思い出」と「明日」を 描こう!

ありがとう どんな 辛い 日々でも

楽しく 想える のは

君の おかげ 君の 面影 唄おう

声が 枯れる まで!!

 

これから 先、何年、何十年 と

変わらない 僕らが いいね

大人に なって 涙 増えても

寄り添って 手をつないで さ

ありがとう 思い出せ ば

いろんな 事を 超えて 来れた

同じ 笑顔 同じ 涙 

同じ トキ を 過ごした

「君が いるから」

「今が あるから」

心 から 愛し 君へ

 

 

※「有 り・難し」

 (「あ り・がたし」)

 

「有 り・難し」の

「意・味」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「有 る・こと」が

 「難・い」
 (「かたい・むずかしい」)

    と、いう

 「事」で

 

 「滅多 に・ない」や

 「珍し く・貴重」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「有 り・難し」の

「語・源」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「象阿含経

 (「ぞうあごんきょう」)

    と、いう
 「仏教 の・経典」に

 「書かれ て・いる」


 「お 釈迦・様」と

 「弟 子・との」

 「やりとり」が

 「語・源」だ、そうです。

 

 「ありがとう」

    と、いう

 「言・葉」は

 「盲亀浮木 の・誓え」に

 (「もうきふぼく の・たとえ」) 

 

 「由 来・する」

    そうです、が
 「長・過ぎ」て

 「写 し・きれ」ません。

 

 「興味 が・有る 人」は

 「ありがとう 」の

 「語・源」で

 「検 索・して」下さい。

 

「有 り・難し」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「当たり前 の・日常」も
 「誰か の・努力」で

 「成り立っ て・いる」
 「事 を・知り」

 

 「有 り・難い」と

 「感・謝」した。

 

・「言わぬこと は・聞こえぬ」

    の で

 「有 り・難い」と

 「感じ た・時」は

 

 「ありがとう」と

 「声 に・出し」て

 「ハッキリ」と

 「言 う・べき」だ。

 

「有り・難し」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。


・「感 謝・感激」

   (「かん しゃ・かんげき」)

 

・「たいへん」に

 「感謝 し・感激して」

 「い る・事」を

 「少 し・ふざけた」

 

 「言 い・方」で

 「表 現・した」

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

「有り・難し」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「当た り・前」
   (「あた り・まえ」)

 

・「どんな に・大変」な

 「事」でも

 「やっ て・もらって」

 「当た り・前」

 

 「し て・くれて」

 「当た り・前」と

 「思 っ・た」

 「時・点」で

 

 「感・謝」の

 「気 持・ち」は

 「無 く・なって」

    しまいます。

 

 「やっ て・もらって」

 「当た り・前」と

 「思っ て・いた」

 「事」に

 

 「有 り・難さ」を
 「感 じ・て」

 「ありがとう」と

 「お礼を 言う・こと」が

 

 「相手 との・関係」を

 「長続 き・させる」
 「秘・訣」だ

 (「ひ・けつ」)

    そうです。

 

 「余談 に・なります」が

 「ありがとう」

    と、いう

 「感謝 の・気持」が

 

 「幸・せ」を

 「呼び 込む・のは」

 「下記 理由・から」だ

     そうです。

 

1.「今 ある・もの」を

   「大切 に・出来る」

 

 「私・達」は

 「妬み や・嫉妬」の

 (「ねたみ や・しっと」) 

 「せ い」で

 

 「隣 の・芝生」が

 「青 く・見えて」

 「羨 ま・しい」と
 (「うらや ま・しい」)

 「思 い・がち」です。

 

 「無 い・物」を

 「求め続け る・事」は

 「満た さ・れる」

 「事 の・無い」

 

 「苦し く・辛い」
              (「つらい」)

 「生 き・方」だ

    そうです。

 

 「今 ある・物」に

 「感 謝・出来れ」ば

 「不満 や・欲望から」
  「逃 れ・られる」そうです。

 

2.「物事 を・プラス」に

 「捉える 事が・出来る」

 

 「失敗 や・苦労」も
 「経験 や・学び」に
 「変え る・事」が

 「出 来・る」そうです。

 

 「全て の・出来事」

 「全て の・出会い」も
 「一期・一会」で

 (「いちご・いちえ」) 


 「二・度」と

 「取り 戻せ・無い」

 「かけがえ の・無い」

 「瞬・間」だ、そうです。

 

 「そ れ」を

 「自分 に・とって」

 「意味ある事 に・するか」

 「無駄 に・するか」は

 

 「自分 の・心持ち」で

 「決 ま・る」そうです。

 

3.「いつも の・日常」が

 「特別な 日に・変わる」

 

 「繰 り・返し」の

 「退屈 な・日々」や

 「健康 で・いる」
 「事」が

 

 「当た り・前」と

 「思っ て・いて」も

 「そ の・事」の

 「有 り・難さ」は

 

 「失っ て・初めて」

 「気 付く・事」だ

    そうです。

 

 「感謝 の・気持」が
 「有・れ」ば

 「価 値・観」が

 「変 わ・る」そうです。

 

4.「他人 を・優劣無く」

 「対等 な・存在」

    と、して

 「見る事 が・出来る」

 

 「人・間」は 

 「一 人・では」

 「生きら れ・ない」

 「弱 い・存在」です。

 

 「他者 と・寄り添い」

 「支 え・合い」

 「共 に・生きて」
      います。

 

 「感謝 の・気持ち」が

 「有・れ」ば

 「他・者」は

 「敵 では・無く」

 

 「味 方・だと」

 「考え る・事」が

 「出 来・る」

       そうです。

 

 「優劣 も・無く」

 「上下 も・無く」

 「争い も・無く」

 「穏や か・に」

 

 「暮らして・いける」

    そうです。

 

5.「自・分」は

 「幸 せ・だと」
 「実 感・出来る」

 

 「感謝 の・気持」が

 「有・れ」ば
 「多く の・気付き」を

 「持つ事 が・出来」

 

 「そ れ」は

 「今 ある・幸せ」に

 「気付く事 に・より」
 「生 ま・れる」そうです。

 

 「幸・せ」は

 「与え ら・れる」

 「物で は・無く」

 「自分 の・中」に

 

 「築 く・物」 だ
    そうです。

 


「石原 裕次郎」は

(「いしはら ゆうじろう」)

 

「夜霧よ 今夜も 有難う」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,967・年」に

「リリース」

   した

「シングル・曲」で

 

「自・身」と

「浅丘 ルリ子」が

「W 主演・した」

「同名 の・映画」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

「255・万枚」を

「売 り・上げる」

 

「大 ヒット・曲」で

「自身 の・代表曲」の

「一・曲」に
「成・り」ました。

 

「石原 裕次郎」は

「1,934 年・生まれ」で

「兵庫 県・神戸 市」

「出・身」の

 

「俳・優」

「歌・手」

「マルチ・タレント」

   でした。

 

「実・兄」は
「前・東京都 知事」で

「一橋 大学・在学 中」に

「太陽の 季節」で

 

「芥 川・賞」を

「受 賞・した」

「故・石原 慎太郎」

   です。

 

「甥」は

(「おい」)  

「石原 伸晃」(「政治家」)

「石原 良純」(「タレント」)

   です。

 

慶應 義塾・高校」を
「卒 業・後」に

慶應 義塾・大学」

「法・学部」に

 

「進 学・する」も

「中・退」しました。

 

「1,956・年」
「22 歳の・時」に

「兄・慎太郎」の

「小説を 映画 化・した」

 

「太陽の 季節」で
「主・演」し

「俳 優・デビュー」

   しました。

 

「以・後」

「主 演・映画」が

「連 続・ヒット」し

「瞬 く・間」に
(「またた く・ま」) 

 

「昭和 を・代表する」

「大・スター」の

「一・人」に

「成・り」ました。

 

「1,963・年」
「29歳の・時」に

「渡 哲也」

「舘 ひろし」

 

「神田 正輝」等を

「従 え・て

「石 原・プロモーション」を

「設・立」し

 

「太陽に ほえろ」

「大 都会」等の

「テレビ・ドラマ」で

「活・躍」しました。

 

「石原 裕次郎」の

「性・格」は
「体育 会・系」で

 

・「困った事 が・起きる」と

   「自ら 率先して・動く」

   「タイプ」でした。

 

・「人 の・悪口」は

   「絶対 に・言うな」

 

・「人に して・あげた

 「事」は

   「すぐ に・忘れろ」

 

・「人に して・もらった」

 「事」は

   「一 生・忘れるな」

      と、いう

 

   「ポリシー」を

 「持 っ・て」
    いました。

 

「気遣い の・出来る」

「優し い・性格」と
「豪快 な・人柄から」

「石 原・プロモーション」に

 

「所属する・俳優」は
「もちろん の・こと」

「ドラマ・西部警察」で

「共 演・した」

 

「三浦 友和」

「柴 俊夫」

「等・から」も

「石 原・社長」と

 

「呼 ば・れ」て
「慕 わ・れ」

   ました。

 

「チェーン・スモーカー」で

「休 暇・中」は

「朝 から・ビール」を

「飲 ん・で」いました。

 

「歌・手」と

   して は


「1,961・年」に

「リリース」した

「牧村 旬子」

   と の

 

「ヂュエット・ソング」

「銀座の 恋の 物語」が

「335・万枚」

 

「1,962・年」に

「リリース」した

「赤い ハンカチ」が

「275・万枚」

 

「1,965・年」に

「リリース」した

「二人の 世界」が

「285・万枚」

 

「1,967・年」に

「リリース」した

「夜霧よ 今夜も 有難う」が

「255・万枚」と

 

「ミリオン・セラー」

「以・上」の

「大 ヒット・曲」
「12・作品」を

 

「世 に・送り出し」

   ました。


「1,981・年」

「47 歳の・時」に

「背中 と・胸」に

「激痛 が・走り」

 

「緊 急・入院」し

「解離 性・大動脈瘤」と

(「かいり せい・

    だいどうみゃくりゅう」)

「診 断・され」

 

「大・手術」を

「受・け」ました。

 

「生 存・率」

「3 % と・言われる」も

「奇跡的 な・回復を遂げ」

「退・院」しました。

 

「1,984・年」に

「肝 臓・ガン」が

「発 覚・しました」が

「本 人・には」

 

「告知 され・ません」

   でした。

 

「1,987・年」に

「肝 臓・ガン」の

「診 断・にて」

「逝・去」しました。

 

「享・年」
「53・歳」でした。

 

「墓 碑・には」
「妻 の・直筆」で

「次のよう な・言葉」が

「綴 ら・れて」います。

 

・「美しき 者に 微笑みを」

 「淋しき 者に 優しさを」

 「たくましき 者に 更に力を」

 「全ての 友に 思い出を」

 

 「愛する 者に 永遠を」

 「心の夢 醒めること 無く」

           (「さめる」)

 

「私・生活」
   で は

 

「1,960・年」

「26 歳の・時」に

「1 才・年上」の

「大・女優」

 

「北原 三枝」と

「結・婚」し

「超 の・付く」

「おしどり・夫婦」と

 

「呼 ば・れて」
「い ま・した」が

「残 念・ながら」

「子 供・には」

 

「恵ま れ・なかった」

   そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「俳・優」が

「本 業・だから」

   と の

「理・由」で

 

「出 場・歴」は

「無・い」

   そうです。

 

 

「石原 裕次郎

「夜霧よ今夜も 有難う」

「作・詞」「作・曲」
「浜口 庫之助」


しのび会う 恋を つつむ 夜霧よ

知って いるのか ふたりの 仲を

晴れて 会える その日 まで

かくして おくれ 夜霧 夜霧

僕等は いつも そっと 言うのさ

夜霧よ 今夜も 有難う

 

夜更けの 街に うるむ 夜霧よ

知って いるのか 別れの つらさ

いつか 二人で つかむ 幸せ

祈って おくれ 夜霧 夜霧

僕等は いつも そっと 言うのさ

夜霧よ 今夜も 有難う

 

 

「親しき仲 にも・礼儀あり」を

「英・語」で

 

 「There is also courtesy

     to close friends」と

 

 (「親しき仲 にも・礼儀あり」)

 

 「言・う」そうです。