何気なく使っている言葉の意味

「当たらずと 雖も・遠からず」

(「あたらずと いえども・

    とおからず」)

 

「皆さん」は

「当たらずと 雖も・遠からず」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「当たらずと 雖も・遠からず」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「当たらず とも・遠からず」は

   (「あたらず とも・とおからず」)

 「誤 表現・なの」で

 「注意 が・必要」だ

    そうです。

 

 「当たらずと 雖も・遠からず」

    と は

 「弓・から」

 「放たれ た・矢」が

 

 「的 の・中心」に

 「ピタリ・とは」

 「命中して・いない」が

 「それ ほど・には」

 

 「外れ て・いない」

 「事」より

 「ほ ぼ・正しい」が

 「完璧な 正解・では」

 

 「無い と・いう」

 「た と・え」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「当たらずと 雖も・遠からず」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「中 国・宋 時代」の

 「儒教 の・経典」

 「礼・記」に

 (「らい・き」)

 「記 さ・れた」

 

 「下 記・一節」が

 「由 来・だと」

 「言わ れて・いる」

    そうです。

 

 「心 誠に 之を 求むれば、

    中らずと 雖ども 遠からず」

 (「こころ まことに これを もとむれば、

     あたらずと いえども とおからず」)

 

 (「家族を 愛するような 気持ち で

     政治を 行えば、

     完全では 無くても 庶民の 気持ち に

     応える 事が できる」)

 

「当たらずと 雖も・遠からず」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼 の・予想」は

 「結果 と・して」

 「当たらずと 雖も・遠からず」

 「だっ た・ので」

 

 「何 と・か」
 「面・目」を

 (「めんぼく」)

 「保 て・た」そうだ。

 

・「彼女 の・反論」は

 「問題の 核心・から」

 「当たらずと 雖も・遠からず」

 「だっ た・ので」

 

 「上・司」は

 「返答 に・窮し」て
 「黙 り・込んで」

    しまった。

 

「当たらずと 雖も・遠からず」の

「類 義・語」を

「検 索・して」も

「ピン と・来」ません。

 

・「紙・一重」

   (「かみ・ひとえ」)

 

 「紙・一枚」の

 「厚 さ・程」の

 「わずか な・差」で

 「ほと ん・ど

 

 「違い が・無い」

    と、いう

 「意・味」の

 「三 字・熟語」です。

 

「当たらずと 雖も・遠からず」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「図星 を・指す」

   (「ずぼし を・さす」)

 

・「図星 を・突く」

 (「ずぼし を・つく」)

    と も

 「言・い」ます。

 

 「図 星・とは」

 「弓を 射る・時」に

 「狙・う」

 「的 の・中心」の

 

 「黒 い・点」の

 「事」で

 「図星を 指す・とは」

 「物事を 推測・して」

 

 「ピタリ と・当てる」

    と、いう

 「意・味」の

 「慣 用・句」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

 

「長山 洋子」は

(「ながやま ようこ」)

 

「鉛色した 空の色 春は

   私にゃ 遠すぎる」の

「歌詞 が・ある」

 

「じょんがら 女節」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,003・年」に

「リリース」

   し た

「28 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「長山 洋子」は

「1,968 年・生まれ」で

「東京 都」「大田 区」

「出・身」の

 

「演 歌・歌手」

「女・優」です。

 

「4 歳 の・頃」に
「父親 の・影響」で

「民 謡・教室」に

「通 い・始め」ました。

 

「10 歳 の・時」に

「三 味・線」を

「習 い・始め」

「現・在」は

「津 軽・三味線」

「澤 田・流」の

「名・取」で

(「な・とり」)

「澤田 勝姫」の

(「さわだ かつき」)

「芸・名」を
「持 っ・て」います。

 

「ビクター・

   少年 民謡会」に
「所属 して・いた」

「中学生 の・時」に

 

「芸 能・事務所」に

「スカウト・され」て

「芸能 界・入り」

   しました。

 

「1,984・年」

「堀 越・高校」

「在学中・だった」

「16 歳の・時」に

 

「アイドル・歌手」

   と、して

「春 は SA- RA -SA- RA 」で 

「デビュー」しました。

 

「アイドル・歌手」

「時 ・代」の

「9 年・間」に

「5・作品」が

 

オリコン

   トップ 10・入り」

   しました。

 

「1,990・年」に

「歌手 を・休業」し

「テレビ・ドラマ」や
「映画 に・出演」し

 

「女優 と・して」

「数・多く」の

「作・品」に

「出・演」しました。

 

「1,993・年」に
「演歌歌手 と・して」

「リリース・した」

「ファースト・シングル」

 

「蜩 - ひぐらし」で

「再・デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

「関 係・スタッフ」の

「心配 を・よそ」に

「大・ヒット」し

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「代 表・曲」に

 

「じょんがら 女節」

「今さら ねぇ」

「捨てられて」等が

「有・り」ます。

 

「1,994・年」に

「リリース・した」

「5 th ・シングル」

「めおと 酒」で

 

「レコード・大賞・

   最 優秀賞」を

「受・賞」しました。

 

「1,995・年」に
「リリース・した」

「7 th・シングル」

「捨てられて」が

 

「でも ね・ポーズ」で
「話題 と・なり」

「大・ヒット・曲」に

「成・り」

 

「レコード・大賞・
    最優秀 作品賞」を

「受・賞」しました。

 

「2,003・年」に
「リリース・した」
「30 th・シングル」

「じょんがら 女節」で

 

「三 味・線」の

「立 ち・弾き」を

(「た ち・びき」) 

「披・露」し

 

オリコン
   演歌 チャート・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「現 在・55 歳」

   です が

 

「毎・年」

「シングル・曲」を

「リリース」し

「2,022 年・9 月」に

 

「リリース・した」

「54 th・シングル」

「今さら ねぇ」が

「大 ヒット・する」等

 

「第・一線」で
「活 躍・して」

   います。

 

「私・生活」

   で は

 

「2,009・年」

「41 歳の・時」に

「年 商・2 0 億円」の

「I ・T」

 

「人材 派遣・会社」を

「経 営・する」

アメリカ・人」と

「結・婚」し

 

「2,010・年」に
「第一子・女 児」が

「誕・生」しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,993・年」の
「蜩 - ひぐらし」〜

「2,007・年」の
「じょんがら 女節」まで

 (「3 回・目」) 

 

「通 算・14 回」

「出・場」しました。

 

 

「長山 洋子」

「じょんがら 女節」

「作・詞」「鈴木 紀代」

「作・曲」「西 つよし」

 

雪は 下から 舞い 上がり

 赤い 裳裾に まとい つく

   (「もすそ」)

太棹 三味線 女の 旅路

(「ふとざお」)

燃える くすぶる はじける 愚図る

離れられ ない 男が いる

                     (「ひと」)

じょんがら じょんがら 

わかって 欲しい

 

バチ の 乱れは 気の 乱れ

別れ 言葉は 言わせ ない

深みに はまった 女の 弱み

男ごころ は 風より 軽い

月に かくれて される まま

じょんがら じょんがら

哭かせて 欲しい

(「なかせて」)

 

鉛色 した 空の 色

(「なまりいろ」)

春は 私にゃ 遠 すぎる

太棹 たたけば 糸さえ 切れる

憎い いとしい せつない 辛い

指に からまる 女 節

じょんがら じょんがら

あんた が 欲しい

 

 

※「当たり 障り・ない」

  (「あたり さわり・ない」)

 

「当たり 障り・ない」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・①「他・に」

  「悪 い・影響」を
  「及ば さ・ない」

  「様・子」で

 

  「特・に」

  「人 や・物」に

  「害」を

  「与 え・ない」

 

 ②「人 間・関係」に

  「波風 を・立てず」に

  「無難 や・穏便」に

  「済 ま・せる」

 

 ③「問題 を・起こす」

  「可能性 が・低く」

  「リスク が・少なく」て

  「安心 で・ある」

 

 「上・記」

 「3 つ の・意味」が

 「有 る・慣用句」だ

    そうです。

 

「当たり 障り・ない」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「当た り・とは」

 「ぶつかる から・転じ」て

 「体に 害に・なる」と

 「い う・意味」で

 

 「障 り・とは」

 「差し支え から・転じ」て

 「悪い 影響を・与える」と

 「い う・意味」で

 

 「当たり 障り・ない」

    と は

 「害 に・なった」り

 「悪 い・影響」を

 

 「与え ない・事」が

 「由・来」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「当たり 障り・ない」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「何・時」も

 「当たり 障り・ない」

 「話・題」で

 

 「彼・女」と

 「過ご した・事」を

 「後悔 して・いる」

    そうだ。

 

・「彼・女」は

 「雑誌 記者と・して」

 「大事 な・時間」を

 「使 っ・て」

 

 「当たり 障り・ない」

 「記・事」を

 「書 く・つもり」は

 「全 く・無い」そうだ。

 

「当たり 障り・ない」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「沈香も 炊かず・屁も 放らず」

  (「ちんこうも たかず・

      へも ひらず」)

 

・「沈 香・とは」

 「熱帯 地方に 自生・する」

 「良い におい を・放つ」

 「香・木」で

 (「こう・ぼく」)

 

 「天然 香料と・して」

 「用いら れて・いる」

 「樹・木」だ

    そうです。

 

 「沈香も 炊かず・屁も放らず」

    と は

 「沈香 の・よう」な

 「良い 香りも・無い」が

 

 「屁 の・よう」な

 (「おなら」)

 「悪臭を 放つ・こと」も
 「無い 事・より」

 

 「可 も・なく」

 「不可 も・ない」

 「人 畜・無害」で

 (「じん ちく・むがい」)

 

 「平凡 な・人物」や

 「生 き・方」

    と・いう」

 「意・味」の

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「当たり 障り・ない」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「エキサイティング」

 

・「英・語」の

 「exciting」に

 (「エキサイティング」)

 「由 来・する」

 「カタカナ・語」で


 「興奮 さ・せる」や

 「わくわく さ・せて」

 「面白 く・心踊る」
    と、いう

 

 「意・味」の

 「ポジティブ」な

 「ニュアンス を・持つ」

 「表・現」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

 

「ずっと 真夜中で いいのに」は

(「ずっと まよなかで いいのに」)

 

「当たり障りの ない

   儀式 みたいな」の

「歌詞 が・ある」

 

「あいつら 全員同窓会」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,021・年」に

「リリース・した」

「11 th・デジタル
   シングル」で

 

オリコン・6 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「ずっと 真夜中で いいのに」は

「ACA ね と・いう」

「女 性・ヴォーカル」が

「率 い・る」

 

「音 楽・ユニット」と
「言われ て・います」が

「実態 は・不明」だ

   そうです。

 

「ACA ね」は

(「あかね」)

「1,998・年」

「生まれ・です」が

 

「出 身・地」等は

「非・公開」で

「通・称」は

「ず と・まよ」です。

 

「2,018 年・6 月」
「20 歳の・時」に

「動画 投稿・サイト」へ

「ミュージック・ビデオ」

 

「秒針 を 噛む」を

(「びょうしんをかむ」)

「投 稿・して」

「音 楽・活動」を

「開・始」し

 

「2,021 年・9 月」に

「同・動画」の

「再 生・回数」が

「1 億・回」を

 

「突・破」

   しました。

 

「代 表・曲」に

 

「秒針を 刻む」

ヒューマノイド

「眩しい DNA だけ」等が

「有・り」ます。

 

「2,018 年・11 月」に
「ファースト」

「ミニ・アルバム」

「正しい 偽りからの 起床」で

「メジャー・デビュー」

   しました。

 

「同・アルバム」は

オリコン・8 位」の

「スマッシュ・ヒット」に

「成・り」ました。

 

「2,019・年」に

「セカンド」

「ミニ・アルバム」

「今は今で 誓いは 微笑みで」を

「リリース」

   しました。

 

「同・アルバム」は

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・作」に

「成・り」ました。

 

「同 年・10 月」に

「自 身・初」の

「全 国・ツアー」を

「展・開」しました。

 

「同・月」に

「自 身・初」の

「フ ル・アルバム」

「潜 潜 話」を

 

「リリース」し

オリコン・5 位」に

「成・り」ました。

 

「2,022 年・2 月」に

「リリース・した」

「4 th・ミニ アルバム」

「伸び仕草 懲りて 暇乞い」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,022 年・8 月」に

「リリース・した」

「セカンド・映像作品」

「鷹は 飢えても 踊り忘れず」が

 

オリコン・1 位」に 

「成・り」ました。

 

「紅 白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「ずっと 真夜中で いいのに」

「あいつら 全員同窓会」

「作・詞」「作・曲」

「ACA  ね」

 

思い 通りに 起きれ ない

急いで 飲み込む 納豆巻き

当たり障りの ない 儀式 みたい な

お世話 に なって います

手帳 開くと もう 過去

先輩に 追い越せ ない 論破 と

明る日 も 来る日 も

道草 食って 帰る のが 贅沢

 

もう ダンス ダンス ダンス

誰も 気づいて いない

ジェメオス より も

ゆうもわ な 落書き に

もう ステイ ステイ 捨てる

下積み の 正義

嫌味 に 費やす ほど

   (「ついやす」)

人生 長くない の

 

どうでも いいから 置いてった

あいつ ら 全員 同窓会

ステンハイミー 自然体 に

シャイ な 空騒ぎ

        (「からさわぎ」)

ねばった 戦績 飛んでった

なりたい 自分に 絡まる 電柱

ぼーっ と して 没頭 して

身勝手 な 僕で いい

どうでも いいから 置いてった

あいつ ら 全員 同窓会

ステンバイミー 自然体 に

シャイ な 空騒ぎ

ねばった 成績 飛んでった

なりたい 自分に 絡まる 電柱

ぼーっ と して 没頭 して

身勝手 な 僕で いい

 

会って も 癒えない 世界 で

           (「いえない」)

匿名 の 自分に なって

誰を 批判しなく たって

発散 できる 言葉 探し てる

Hip hop けって

濃いめ の 愛 闇 拭って

    (「やみ ぬぐって」)

誰を 批判しなく たって

発散 できる ファッション 探し てる

 

どんな 名言 も 響かない 僕 から

何も 生まれ は しない けど

目に 見える 世界 が

全て じゃ ないって

わかり たかった だけ

 

どうでも いいから 置いてった

あいつ ら 全員 同窓会

ステンハイミー 自然体 に

シャイ な 空騒ぎ

ねばった 戦績 飛んでった

なりたい 自分 に 絡まる 電柱

ぼーっ と して 没頭 して

身勝手 な 僕で いい

どうでも いいから 置いてった

あいつ ら 全員 同窓会

ステンバイミー 自然体 に

シャイ な 空騒ぎ

ねばった 成績 飛んでった

なりたい 自分 に 絡まる 電柱

ぼーっ と して 没頭 して

身勝手 な 僕で いい

 

誰か を けなし て 

けなし て 自分 は 真っ当

      (「まっとう」)

前後を 削った 一言 だけ を

集団 攻撃 小さな 誤解 が 命取り

あんた は 僕の 何なんだ

そんな やつ に 心 引き裂かれ たんだ

粘り強い けれど 打たれ 弱い し

心臓 を 競争する 前に

 

どうでも いいから 置いてった

どうでも いいから 飛んでった

 

どうでも いいから 置いてった

あいつ ら 全員 同窓会

ステンハイミー 自然体 に

シャイ な 空騒ぎ

ねばった 戦績 飛んでった

なりたい 自分 に 絡まる 電柱

ぼーっ と して 没頭 して

身勝手 な 僕で いい

どうでも いいから 置いてった

あいつ ら 全員 同窓会

ステンバイミー 自然体 に

シャイ な 空騒ぎ

ねばった 成績 飛んでった

なりたい 自分 に 絡まる 電柱

ぼーっ として 没頭 して

身勝手 な 僕で いい

 

お疲れ様 です 風邪気味 です

冗談 なのか 本心 なのか

わからな すぎ 問題

了解 も 災害 も 大 嫌い

夜道 歩き 孤独 に 浸ったり

変な パジャマ の 人と

目が 当ったり

それだけ の 時間 を 増やし たい

それでも 夜道 は 風邪 ひくよ

 

人 の ダメ な とこ ばっか

見つけ て

指摘 して、自分 棚に 上げ すぎ

心と 体 終わって く

こんな 自分 そんな 身分じゃ ない

言い切れる こと は ない

言い切れた こと は 自分 に

言い聞かせ てる こと

また 笑い転げ られる のさ

あばら の 骨が 折れる まで

 

 

「当たらずと 雖も・遠からず」を

「英・語」で

 

 「not exactly correct,

    but pretty near to it」と

 

 (「ど真ん中では ない が、

     それに とても 近い」)

 

 「言・う」そうです。

何気なく使っている言葉の意味

「見切 り・発車」

(「みき り・はっしゃ」)

 

「皆さん」は

「見切 り・発車」

   と、いう


「慣 用・句」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「見切 り・発車」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「議論 が・十分」に

 「尽くされ て・おらず」

 「煮 詰めて・いない」

 「点」や

 

 「未解決 の・問題」が

 「有る にも・拘らず」に

 「次 の・段階」に

 「進ん で・しまう」と

 

 「い う・意味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「見切 り・発車」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「電車 や・バス」が

 「発車時間 を・過ぎた」り

 「車・内」が

 「満員に なったり・して」

 

 「乗客 の・全員」が

 「乗り切ら ない・まま」に

 「やむ を・得ず」

 「発車 する・事」が

 

 「由来 に・なった」

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「見切 り・発車」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「時間 に・追われ」

 「やむ を・得ず」

 「見切 り発車・した」

 「プロジェクト・だが」

 

 「案 の・定」

 「機 能・せず」に

 「暗礁 に・乗り上げ」て

 「難 航・して」いる。

 

・「彼」は

 「準備が 出来る・まで」

 「待って・いる」

 「時・間」が

 

 「もったい・なく」て

 「何・時」も

 「途中 で・不足分」を

 「補 い・ながら」

 

 「見切 り・発車」を
 「し て・いる」が

 「そ の・方」が

 「効率 が・良く」

 

 「作・業」が

 「はか ど・る」

    そうだ。

 

「見切 り・発車」の

「類 義・語」

「下・記」だ、そうです。

 

・「時 期・尚早」

  (「じ き・しょうそう」)

 

・「何・か」を

 「実行 する・には」

 「未・だ」
 (「ま・だ」)

 

 「タイミング」が

 「早・過ぎる」と

 「い う・意味」の

 「四 字・熟語」で

 

 「今」は

 「ま だ・早過ぎる」が

 「ひ た・すら」に

 「待っ て・いれ」ば

 

 「や が・て」

 「そ の・時期」が

 「来 る・だろう」

    と、いう

 

 「期・待」が

 「込め ら・れた」
 「表・現」だ

    そうです。

 

「見切 り・発車」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「機 が・熟す」

   (「き が・じゅくす」)

 

・「機・とは」

 「事 を・起こす」

 「きっかけ や・機会」と

 「い う・意味」で

 

 「熟 す・とは」

 「果 実・等」が
 「十分 に・うれる」と

 「い う・意味」で

 

 「機が 熟す・とは」

 「物事を 始める・のに」

 「タイミング」

    と、して

 

 「絶好 の・時期」が

 「訪れた と・いう」

 「意・味」の

 「慣 用・句」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

 

「BOYS AND MEN」は

(「ボーイズ・アンド・メン」)

 

「発車の ベル が 鳴り響く 今

   VIEW と 行くぜ 進化 セヨ」の

「歌詞 が・ある」

 

「ニュー・チャレンジャー」
   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,021・年」に

「リリース・した」

「25 th・シングル」で

「テレビ・東京 系」で

 

「放 送・され」た

「テレビ・アニメ」

「新幹線 変形型

   ロボンカリシオン・Z」の

 

「オープニング・

   テーマ 曲」に

「起 用・され」て

オリコン・3 位」の

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「ボーイズ・アンド・メン」は

「2,010・年」に

「結 成・され」た

「男 性・6 人 組」の

(「当 初・9 人 組」)

 

「音 楽・グループ」で

「略・称」は

「ボ イ・メン」です。

 

「東海 地方・出身」の

「メンバー で・構成され」た

「ご・当地」
「アイドル・グループ」で


「メンバー・各自」が

「ミュージカル」や

「テレビ・ラジオ」

「雑 誌・等」で

 

「幅・広く」

「活 躍・中」で

「音 楽・性」と

「タレント・性」を

 

「兼 ね・備え」た
「グループ」と

「評 さ・れて」
   います。

 

「2,015・年」に

「リリース」

   し た

「12 th・シングル」

 

「ARC of Smile」で

「C D・デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

オリコン・6 位」の

「スマッシュ ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「進化 理論」

「ガッタン ゴットン GO!」

「帆を上げろ!」等が

「有・り」ます。

 

「同・年」に

「メンバー・総出演」の

「日 本・映画」

「サムライ・ロック」が

「東 海・地方」

「及・び」
「北 陸・地方」で

「封 切・られ」

 

「順 次・全国」で

「上 映・され」ました。

 

「2,016・年」に

「リリース」

   し た

「17 th・シングル」

 

「YAMATO ☆ Dancin」で

「レコード・大賞・
   新人 賞」を

「受・賞」しました。

 

「2,016・年」に

「リリース」

   し た

「15 th・シングル」

 

「BOYMEN NINJA」が

「自 身・初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「リリース・した」

「16 th・シングル」

「Wanna be !」

 

「同・年」に

「リリース・した」

「5 th・アルバム」

「威風 堂々〜B・

   M・C・A」

 

「2,017・年」に

「リリース・した」

「7 th・アルバム」

「友 ありて・・・」

 

「2,018・年」に

「リリース・した」

「20 th・シングル」

「進化 理論」

 

「2,019・年」に

「リリース・した」

「23 th・シングル」

「ガッタン ゴットン GO !」

 

「2,020・年」に

「リリース・した」

「24 th・シングル」

「Oh Yeah」が

 

「各・々」

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「紅白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「BOYS AND MEN」

「ニュー・チャレンジャーl

「作・詞」「作・曲」

Hayato Yamamoto」

 

進め!進め!新時代 到来

やったろー!行け。

 

ガーン!ガーン!ガーン!

進化 すんだ!

全速 前進 いざ 進め

CHANCE!CHANCE!CHANCE!

ニューチャレンジャー!

 

ワクワク が 幕 開けて

高鳴る ZE ファンファーレ

走れ 走れ 僕らの 夢

遠慮は いらない

 

欲張り だって いい

君と なら 強く なれる

トキメキ 探しに 行こう

 

誰か の レール なんて

走りたく 無い よ

東西 南北 無限の 旅!

トビラ が 開く

 

出発 進行 走り 出せ!

GO GO GO !

トップギア

Let's GO !

夢見てる 僕たち 最高 さ!

走り 出せ GO GO GO !

巻き 起こせ

時代を つかめ GO!

出発の ベル が 鳴り響く 今

VIEW ン と 行くぜ 進化 セヨ!

 

ガーン!ガーン!ガーン!

進化 すんだ!

全速 前進 いざ 進め

CHANCE!CHANCE!CHANCE!

ニューチャレンジャー!

 

ドッキドキ の 未来図 へ

一直線で 大冒険

Ready GO !GO !

明日を 探しに いこう

進め!進め!新時代 へ

 

「負け」なんて 言葉 

僕ら いらない よ

一点 突破 テッペン が カギ!

踏み 出して ゆけ

 

出発 進行 立ち 上がれ

GO GO GO !

トップ 目指せ

Let's GO !

ガンガン 挑め 僕ら 最強 さ

夢見てる 僕たち 最高 さ!

熱く なれ GO GO GO !

超 スピード で

キラリ と 光れ GO!

キャッチ The future 

みなぎって きた

Z  と いくぜ 進化 セヨ

 

ガーン!ガーン!ガーン!

進化 すんだ!

全速 前進 いざ 進め

CHANCE!CHANCE!CHANCE!

ニューチャレンジャー!

トンネル さぁ 超え たら

誰も が ニューチャレンジャー

もっと 鮮やかな 景色を 見たい だけ

いつか じゃ なくて 今 叶えたい

 

進め!進め!声 上げて

進め!進め!どこまで も

進め!進め!新時代 へ

やったろー!

 

出発 進行 走り出せ!

GO GO GO !

トップギア

Let's GO !

夢見てる 僕たち 最高 さ!

走り 出せ GO GO GO !

巻き 起こせ

時代を つかめ GO!

出発の ベル が 鳴り響く 今

VIEW ン と 行くぜ 進化 セヨ!

 

ガーン!ガーン!ガーン!

進化 すんだ!

全速 前進 いざ 進め

CHANCE!CHANCE!CHANCE!

ニューチャレンジャー!

 

 

※「見切りを・付ける」

(「みきり を・つける」)

 

「見切りを・付ける」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「現・在」
 「手掛けて いる・物事」に

 「問題 や・トラブル」が

 「発 生・して」

 

 「そ れ・が」

 「解決しそう に・無く」

 「こ の・まま

 「続け て・いて」も

 

 「仕方 が・ない」や

 「望み が・無い」と

 「判 断・して」

 「あきらめ・る」や

 

 「ほ と・ほと」

 「嫌 に・なり」

 「見 限・る」と

 「い う・意味」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「見・切り」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「見 切り・とは」

 「将来 を・見据え」て

 「現・在」
 「やって いる・事」を


 「見 限っ・て」

 「切 り・捨てる」

 「事」が

 「由来 に・なった」

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「見切りを・付ける」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「自分 の・存在」が

 「彼・女」の

 「重荷に なる・だけ」と

 

 「判 断・して」

 「長 い・交際」に

 「見切りを・付け」て

 「別れ る・事」を

 

 「断腸 の・思い」で
 「決 心・した」

    そうだ。

 

・「友人 の・商売」は

 「時代 の・流れ」に

 「逆行 して・いて」

 「ど う・頑張って」も

 

 「無理 だ・から」

 「傷口が 浅い・うち」に

 「見切りを・付け」て

 「違 う・商売」に

 

 「切 り・替える」

 「様」に

 「アドバイス

      した。

 

「見切りを・付ける」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「愛想 が・尽きる」

   (「あいそ が・つきる」)

 

・「愛想も 小想も・尽き果てる」

 (「あいそも こそも・
        つきはてる」)

       と、いう

 「ことわざ」も

 「有 り・ます」が

 

 「呆 れ・果て」て

 (「あき れ」)

    と、いう

 「ニュアンス」の

 

 「有 無・以外」は

 「意・味」は

 「ほ ぼ・同じ」だ

    そうです。

 

 「又」

 「愛・想」を
 (「あい・そ」)

 「あい・そう」と

 「読 む・のは」

 

 「誤 読・なの」で

 「注意 が・必要」だ

    そうです。

 

 「愛想が 尽きる・とは」

 「元 は・あった」

 「相手 に・対する」

 「好意 や・信頼」が

 

 「今 や・全く」

 「無く なって・しまった」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「見切りを・付ける」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「惚 れ・直す」

   (「ほ れ・なおす」)

 

・「元々 好き・だった」

 「人 に・対し」て

 「改めて 心を・奪われ」

 「惚れ た・思い」を

 

 「強 く・する」

 「様子 の・事」で

 「好き な・異性」や

 「心酔 する・相手」の

 

 「そ れ・まで」

 「知らず に・いた」

 「素晴 ら・しい」

 「一・面」を

 

 「発見 し・喜ぶ」

    と、いう

 「意・味」の

 「慣 用・句」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「中島 みゆき」は

(「なかじま みゆき」)

 

「あなたが 早く私に

   愛想を 尽かすまで」の

「歌詞 が・ある」

 

「悪 女」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,981・年」に

「リリース」

   し た

「11 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「中島 みゆき」は

「1952 年・生まれ」で

「北海道・札幌 市」

「出・身」の

 

「シンガー・ソング・ライター」

「ラジオ・パーソナリティー

   です。

 

「道・立」

「帯広 柏葉・高校」を

「卒 業・後」に

「札幌市 に・在する」

 

カトリック 系」の

「女 子・大学」

「藤 女子・大学」

「文学 部・国文科」に

 

「進・学」し

「4 年・間」で
「卒・業」しました。

 

「幼稚園 の・頃」

   か ら

「ピアノ を・習い」

「高校生 の・時」に

 

「ギター と・曲作り」を

「独学 で・学び」

「引っ込 み・思案」な

「性・格」を

 

「変 え・よう」

   と、して

「学園祭 の・舞台」に

「立・ち」ました。

 

「1,975 年・5 月」

「23 歳の・時」に

ヤマハ・主催」の

「ポピュラー・コンテスト」で

 

「入・賞」し
「スカウト・され」

「芸能界・入り」

   しました。

 

「同 年・9 月」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「アザミ嬢の ララバイ」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・38 位」の

「スマッシュ・ヒット」に

「成・り」ました。

 

「同 年・11 月」に

「出 場・した」

「世 界・音楽祭」

   に て

 

「セカンド・シングル」

「時 代」で

「グランプリ」に

「輝・き」ました。

 

「同・曲」は

「フジ・テレビ 系」で
「放 送・され」た
「テレビ・ドラマ」

 

北の国から , 98」の

「挿 入・歌」に

「起 用・され」て

オリコン・順位」は

 

「14 位・ながら」も

「大 ヒット・曲」に
「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「糸」

「地上の 星」

「悪 女」等が

「有・り」ます。

 

「1,977・年」に

「リリース」

   し た

「5 th・シングル」

 

「わかれ うた」が

「自 身・初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「1,981・年」に

「リリース・した」
「11 th・シングル」

「悪・女」が

 

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「1,994・年」に

「リリース・した」

「31 th・シングル」

「空と君の あいだに」が

 

「日 本・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

「家 なき・子」の

 

「主 題・歌」に
「起 用・され」て

「147・万枚」を

「セールス」し

 

「ミリオン・セラー」を

「記 録・して」

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,002・年」に

「リリース・した」

「37 th・シングル」

「地上の 星」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「1,970・年代 」〜

「2,000・年代」まで

「4 つ の 年代・にて」

「シングル・曲」で

 

オリコン・1 位」を

「達 成・した」

「唯・一」の

「アーティスト」です。

 

「1,976・年」に

「研 ナオコ」に

「提 供・した」

「あばよ」

 

「1,989・年」に

「工藤 静香」に

「提 供・した」

「黄砂に 吹かれて」

 

「1,993・年」に

「工藤 静香」に

「提 供・した」

「慟 哭」

(「どう こく」)

 

「2,006・年」に

TOKIO」に

「提 供・した」

「宙 船」

(「そら ふね」)

 

「2,014・年」に

「ももいろ クローバー ・Z」に

「提 供・した」

「泣いても いいんだよ」と

 

「1,970・年代 」〜

「2,010・年代」
   ま で

「5 つ の・年代」で

 

「他」の

「アーティスト」

   へ  の

「シングル・提供曲」が

 

オリコン・1 位」を

「達 成・した」

「唯・一」の

「アーティスト」です。

 

「アルバム」

   で は

 

「1,979・年」に

「リリース・した」

「5 th・アルバム」

「親愛なる 君へ」

 

「1,980・年」に

「リリース・した」

「7 th・アルバム」

「生きていても いいですか」

 

「1,981・年」に

「リリース・した」

「8 th・アルバム」

「臨 月」

 

「1,982・年」に

「リリース・した」

「9 th・アルバム」

「寒 水 魚」

(「かんすいぎょ」)

 

「1,983・年」に

「リリース・した」

「10 th・アルバム」

「予 感」

 

「1,984・年」に

「リリース・」した

「11 th・アルバム」

「はじめまして」

 

「1,985・年」に

「リリース・した」

「12 th・アルバム」

「御色 なおし」

 

「同・年」に

「リリース・した」

「13 th・アルバム」

「miss M.」

 

「1,986・年」に

「リリース・した」

「14 th・アルバム」

「36 . 5℃」

 

「1,988・年」に

「リリース・した」

「16 th・アルバム」

「グッバイ ガール」

 

「1,994・年」に

「リリース・した」

「22 th・アルバム」

「LOVE OR NOTHING」

 

「1,996・年」に

「リリース・した」

「5 th・ベストアルバム」

「大 吟 醸」が

(「だいぎんじょう」)


「各・々」

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「1,979・年」に

「ニッポン・放送」で

「放 送・され」た

「ラジオ・番組」

 

「中島 みゆき」の

「オールナイト・

   ニッポン」が

「スタート」し

 

「軽妙 な・語り口」が

「リスナー の・間」で

「大き な・人気」を

「集・め」ました

 

「2,006・年」に

「シンガーソング・
   ライター」

   と、して は

 

「初」の

「芸術 選奨・

   文部科学大臣 賞」を

「受・賞」しました。

 

「2,009・年」に

「紫 綬・褒章」を
(「しじゅ・ほうしょう」)

「受・賞」しました。

 

「こ の・時」の

「記 者・会見」で

「みゆき」

「棚 から・ぼた餅」を

(「たな から・ぼたもち」) 

 

「棚 から・本マグロ」と
「表・現」し

「話・題」に

「成・り」ました。

 

「2 歳・年下」の

松任谷 由美」が

(「ユーミン」)

「みゆき」

「ライバル・だと」

 

「世・間」は

「はや し・たて」

   ました。

 

「1,980 年・代」

「以・降」

ユーミン」は

「時代 の・トレンド」に

「合 わ・せた」

「楽・曲」で

「ヒット・曲」を

「連・発」し

 

「みゆき」

「己の道 を・進み」

「太陽 と・月」や

「光 と・影」と

 

「対 比・され」
   ました。

 

ユーミン」は

「恋愛歌 の・女王」

「みゆき」

「失恋歌 の・女王」と

 

「形 容・され」

   ました。

 

「現 在・70 歳」

    です が

 

「2,022 年・2 月」に

「リリース・した」

「7 th・ライブ アルバム」

「結果 オーライ」が

 

オリコン・2 位」に

「成・る」等

「人気 に・翳り」は

             (「かげり」)

「有・り」ません。

 

「私・生活」
   で は

 

「若い・頃」に

「同・じ」
「北海道・出身」の

「松山 千春・との」

 

「ゴシップ・話」は

「有 り・ました」が

「結 婚・歴」は

「無・く」

 

「独・身」を
「貫い て・来た」

   そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,002・年」の

「地上の 星」と

「2,014・年」の

「麦の 唄」で

 

「通 算・2 回」

「出・場」しました。

 

 

「中島 みゆき」

「悪 女」

「作・詞」「作・曲」
「中島 みゆき」

 

マリコ の 部屋 に 電話を かけて

男と 遊んでいる 芝居

続けて きた けれど

あのこ も わりと 忙しい ようで

そうそう つきあわせても いられ ない

 

土曜で なけりゃ映画も 早い

ホテル の ロビー も

いつまで 居られる わけも ない

悪女に なる なら

裸足で 夜明けの 電車で 泣いて から

涙 ぽろぽろ ぽろぽろ

流れ て 涸れて から

       (「かれて」)

帰れる あての あなた の 部屋も

受話器をはずした ままね 話し中

 

悪女に なる なら 月夜は およしよ

素直に なりすぎる

隠して おいた 言葉が ほろり

こぼれて しまう「行かないで」

悪女に なる なら

裸足で 夜明けの 電車で 泣いて から

涙 ぽろぽろ ぽろぽろ

流れて 涸れて から

 

女の つけぬ コロン を 買って

深夜の サ 店 の 鏡で

うなじ に つけた なら

夜明けを 待って 一番電車

凍えて 帰れば わざと 捨て ゼリフ

(「こごえて」)

 

涙も 捨てて 情けも 捨てて

あなた が 早く 私に

愛想を 尽かす まで

あなた の 隠す あの娘の もとへ

                             (「こ」)

あなた を 早く 渡して しまう まで

 

悪女に なる なら 月夜は およしよ

素直に なりすぎる

隠して おいた 言葉が ほろり

こぼれて しまう「行かないで」

悪女に なる なら

裸足で 夜明けの 電車で 泣いて から

涙 ぽろぽろ ぽろぽろ

流れ て 涸れて から

 

 

「見切 り・発車」を

「英・語」で

 

「closeout departure」と

 

(「見切 り・発車」)

 

「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「泣いて 暮らすも 一生・
   笑って 暮らすも 一生」

(「ないて くらすも いっしょう・
    わらって くらすも いっしょう」)

 

「皆さん」は

「泣いて 暮らすも 一生・
   笑って 暮らすも 一生」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「泣いて 暮らすも 一生・
   笑って 暮らすも 一生」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「泣いて 暮らす・のも」

 「笑って 暮らす・のも」

 「同じ 一生・なら」

 「くよ くよ・せず」に

 

 「楽し く・笑って」

 「暮ら す・方」が

 「得 で・良い」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

 「仮・に」

 「嫌なこと が・あって」も

 「人生 には・苦労」は

 「つきもの と・考え」て

 

 「いつ まで も・うじうじ」と

 「思 い・悩まず」に

 「小さな 事に・こだわらず」

 「明るく 生きる・べき」と

 

 「い う・教え」も

 「含ん で・いる」

    そうです。

 

 「徳 島 県」の

 「阿波踊り の・掛け声」

 「踊る阿呆に 見る阿呆、

    同じ阿呆なら 踊らにゃ 損々」を

 

 「何 と・なく」
 「連 想 して・しまい」

    ました。

 

「泣いて 暮らすも 一生・
   笑って 暮らすも 一生」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「ドイツ」の

 「次 の・ことわざ」が

 「由・来」だ
    そうです。

 

 「Die Lebensspanne ist dieselbe,

    ob man sie lachend oder 

    weinend verbringt」

 

 (「笑って 暮らすも 一生、

     泣いて 暮らすも 一生」)

 

 「日・本」の

 「ことわざ・とは」

 「泣く と・笑う」が

 「逆」です。

 

「泣いて 暮らすも 一生・
   笑って 暮らすも 一生」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「泣いて 暮らすも 一生・
      笑って 暮らすも 一生」と

 「い う・ことわざ」が

 「有・る」が

 

 「昭和 60 年・代」に

 「指圧 療法・創始者」の

 「浪越 徳次郎」が

 (「なみこしとくじろう」)

 

 「アーッ・ハッハ」と

 「豪快に 笑い・ながら」

 「指圧の 心は・母心、
    押せば 命の・泉湧く」と

 

 「名・言」を

 「放っ た・事」を

 「思 い・出し」て
    しまった。

 

・「彼・女」は

 「泣いて 暮らすも 一生・

      笑って 暮らすも 一生」

    と、いう

 

 「ことわざ」を

 「座右 の・銘」に

 「している・ので」

 「何・時」も

 

 「笑顔を 絶や・した」

 「事 が・無く」

 「こちら の・気持ち」も

 「それに つら・れて」

 

 「明る く・なって」

    しまう。

 

「泣いて 暮らすも 一生・

   笑って 暮らすも 一生」の

「類 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「笑う 顔に・矢立たず」

   (「わらうかおにやたたず」)

 

・「笑顔の 者・には」

 「矢を 向け・られ」ず

 「攻撃 出来・ない」

 「事」から

 

 「普・段」
 「憎いと 思って・いる」
 「相 手・でも」
 「笑顔で 接して・くれ」ば

 

 「自・然」と

 「憎しみ や・敵意」が

 「消え て・しまう」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「ことわざ」です。

 

「泣いて 暮らすも 一生・
   笑って 暮らすも 一生」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

「少・し」
「ニュアンス」が

「違・う」

「気 が・します」が

 

・「ため息を つくと・幸せが 逃げる」

 (「ためいきを つくと・

     しあわせが にげる」)

 

・「あ る・時」

 「ため息 を・不快」に

 「感じ た・人」が

 「ため息を 吐いた・人」に

 

 「こ の・よう」に

 「言 い・聞かせ」て

 「止め させた・こと」が

 「始 ま・り」で

 

 「ため息 を・吐く」

    ほど の

 「ネガティヴ」な

 「生 き・方」は

 

 「不幸 な・生活」と

 「い う・意味」で

 「伝 承・され」た

 「迷・信」です。

 

 「実 際・には」

 「ため息 を・吐く」と

 「バランス の・崩れ」た

 「自律神経 の・回復」に

 

 「効果 が・ある」と

 「言わ れ・て」います。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

 

「ハニー・ナイツ」は

 

「泣いて いるの か

   笑って いるの か」の

「歌詞 が・ある」

 

「ふりむか ないで」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,972・年」に

「リリース」

   し た

「シングル・曲」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「ハニー・ナイツ」は
「1,958・年」に

「結 成・した」

「男 性・4 人 組」の

 

「コーラス・グループ」

   でした。

 

「1,974・年」に

「解 散・する」

   まで、に

「C M・ソング」や

 

「アニメ・ソング」を

「中・心」に
「5,000 曲・以上」を

「吹 き・込み」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「ふりむか ないで」

「オー・チン・チン」

ウルトラマン・A」等が

「有・り」ます。

 

「1,972・年」に

「リリース」

   し た

「シングル・曲」

 

「ふりむか ないで」が

エメロン

   クリーム リンス」の

「C M・ソング」に

 

「起 用・され」て

「大・ヒット」

   しました。

 

「レコード・では」

「6 番 まで・です」が

「原 曲・では」

「72 番・まで」

 

「都市名 の・入った」

「歌・詞」が
「作ら れて・いた」
   そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「ハニー・ナイツ」
「ふりむか ないで」

「作・詞」「池田 友彦」

「作・曲」「小林 亜星」

 

泣いて いるの か 笑って いるの か

うしろ 姿の すてきな あなた

ついて ゆきたい あなたの あとを

ふりむか ないで 東京の 人

 

ポプラ 並木に ちらつく 雪が

あなた の 足を 急がせる のか

しばれる 道が 気にかかる のか

待って 欲しいな 札幌の 人

 

あなた 祭りの 一番町 で

     (「いちばんちょう」)

ふと ゆきあって 目と目が あった

ゆかた 姿の すてきな あなた

ささやき たいな 仙台の 人

 

雨の 今池 小さな スナック

(「いまいけ」)

一人 ぼんやり している あなた

ほろり 涙が まつげ に たまる

抱きしめ たいな 名古屋の 人

 

今にも 空が 泣き出し そうな

道頓堀 の 橋の たもとで

(「どうとんぼり」)

何を 思案の こいさん 一人

声かけ たいな 大阪の 人

 

泣いて いるの か 笑って いるの か

那珂川 ばたに たたずむ あなた

(「なかがわ」)

ついて ゆきたい あなたの あとを

ふりむか ないで 博多の 女

 

 

※「今 泣いた カラス が・もう笑う」

  (「いま ないた カラス が・

      もうわらう」)

 

「今 泣いた カラス が・もう笑う」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「主・に」
 「子供 や・赤ちゃん」が

 「たった 今・まで」

 「泣いて いた・のに」

 

 「あっと いう・間」に
 「機嫌 を・直し」て

 「笑っ て・いる」
 「様・子」を

 

 「例 え・た」

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

 「大人 に・対し」て

 「使わ れる・事」は

 「ま れ・です」が

 「喜 怒・哀楽」が

 (「き ど・あいらく」)

 

 「激し い・人」に
 「皮肉 を・込め」て

 「わざと 使う・場合」が

 「有 り・ます」が

 

 「失礼 な・表現」と

 「思われ かねない・ので」

 「注意 が・必要」だ

    そうです。

 

「今 泣いた カラス が・もう笑う」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「カラス」の

 「脳 の・大きさ」は

 「ニワトリ の・5 倍」も

 「有・り」

 

 「鳥類の 中・では」

 「1 番・目」に

 「動物の 中・でも」

 「チンパンジー 」に

 

 「次 い・で」

 「2 番・目」に

 「知能 が・高く」

 「7 歳・程度」の

 

 「人間.の・知能」に

 「匹敵 する・とも」

 「言わ れて・いる」

    そうです。

 

 「しか し・ながら」

 「真っ黒 な・容姿」や

 「集積所 の・ゴミ」を

 「荒らす 等・より

 

 「ず る・賢い」
    と、いう

 「イメージ」が

 「有・り」ます。

 

 「こ の・ずる賢い」

 「カラス」を

 「泣いて いる・時」に
 「欲し い・もの」を

 

 「与 え・たり」

 「喜 ば・せる」と

 「直・ぐ」に

 「機嫌 を・直し」て


 「ニコ・ニコ」と

 「笑・う」
 「あど け・ない」

 「子供 の・ずるさ」に

 

 「例え た・事」が

 「ことわざ」の

 「由・来」だ

    そうです。

 

「今 泣いた カラス が・もう笑う」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「さっき・まで」

 「泣い て・いた」

 「子・供」が
 「欲し い・物」を

 

 「買って もらっ・たら」

 「今 泣いた カラス が・もう笑う」

 「様」に

 「笑 っ・て」いる。

 

 「子供 の・感情」の

 「変化の 激しさ・には」

 「手 こ・ずる」が

 「無邪気 で・憎め」ない。

 

・「友・人」は
 「感情 の・起伏」が

 「非・常」に
 「激 し・く」て

 

 「今 泣いた カラス が・もう笑う」

 「様」に

 「気分 が・コロコロ」と

 「変・化」する。

 

「今 泣いた カラス が・もう笑う」の

「類 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。


・「お 天気屋・さん」

    (「お てんきや・さん」)

 

・「天・気」は
 「その 時・その時」で

 「色々 と・変わる」

 「事」から

 

 「機嫌 や・気分」が

 「変わり やすい・人」と

 「い う・意味」の

 「慣 用・句」です。

 

「今 泣いた カラス が・もう笑う」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「泰 然・自若」

   (「たい ぜん・じじゃく」)

 

・「緊 迫・した」

 「状況 に・あって」も

 「常・に」

 「落ち 着き・払って」

 

 「冷静 な・様子」

    と、いう

 「意・味」の

 「四 字・熟語」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

 

「いきもの がかり」は

 

「笑いながら泣くような日々を

   泣きながら笑うような日々を」 の

「歌詞 が・ある」

 

「笑 顔」

   と、いう

「歌を歌い」ました。

 

「2,013・年」に

「リリース」

   し た

「26 th・シングル」で

 

「東 宝・映画」

「ポケット・モンスター」の

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

 

「レコード・大賞・
   優秀 作品賞」を

「受・賞」しました。

 

「いきもの がかり」は

 

「1,999・年」に

「結 成・した」

「吉岡 聖恵」と
(「よしおか きよえ」)

 

「山下 穂尊」と

(「やました ほたか」)

「水野 良樹・から」

「成・る」

 

「男 女・3 人 組」の

「音 楽・グループ」

   です。

 

「神奈川 県」

「海老名・市立」
「海老名・小学校」

「時 代・から」の

 

「同 級・生」で

「有 っ・た」

「山下 穂尊」と

「水野 良樹」は

 

「1,999 年・2 月」

「県・立」
「厚木・高校」

「3 年生 の・時」に

 

「男 性・2 人 組」の

「アマチュア

   バンド」を

「結・成」しました。

 

「同 年・11 月」に

「県・立」
「海老名・高校」

「1 年・生」の

 

「吉岡 聖恵」が

「ボーカル」

   と、して

「加・入」し

 

「現・在」の
「男 女・3 人 組」

「体・制」に

「成・り」ました。

 

「いきもの がかり」

   と、いう

「バンド・名」は
「山下 と・水野」が

 

「小学・1 年生」の
「時」に

「係・活動」で

「金・魚」に

 

「エサ を・あげる」

「生き物 係・だった」

(「いきもの がかり」)

「事」に

 

「由・来」し

「名 付・け」ました。

 

「2 年・間」の

「インディーズ」

「経・験」を

「経・て」

 

「2,006・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」


「SAKURA」で

「メジャー・デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

オリコン・17 位」の

「スマッシュ・ヒット」

   なが ら

 

「NTT DENPO ・
   115」の

「 C M・ソング」に

「起 用・され」


「ロング・セラー」を

「記 録・して」

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「代 表・曲」に

 

「ありがとう」

「YELL」

(「エール」)

「笑 顔」等が

「有・り」ます。

 

「2,009・年」に

「リリース」

   し た

「15 th・シングル」

 

「YELL」が

「N H K・テレビ」の

「みんなの うた」に

「採 用・され」


「レコード・大賞・
   優秀 作品 賞」と

「日本 有線・大賞」を

「受・賞」し


「シングル・曲」で

「自 身・最高 位」の

オリコン・2 位」に

「成・り」ました。

 

「2,010・年」に

「リリース・した」

「18 th・シングル」

「ありがとう」が

 

「N H K・テレビ」の

「連続 テレビ・小説」

「ゲゲゲ の 女房」の

「主 題・歌」に


「起 用・され」て

「レコード・大賞・
   優秀 作品 賞」を

「受・賞」し

 

「シングル・曲」で

「自身 最高位・タイ」の

オリコン・2 位」に

「成・り」

 

「そ れ・まで」

「若者 を・中心」

   と、した

「支 持・層」が

 

「幅 広い ・世代」に

「拡・大」しました。

 

「同・年」に

「自 身・初」の

「日本 武道館・での」

「ライブ を・開催」し

 

「成功 を・収め」

   ました。

 

「2,012・年」に

「リリース・した」

「24 th・シングル」

「風が 吹いている」が

 

「N H k・テレビ」

「ロンドン オリンピック・
   パラリンピック」の

「番組 テーマ・ソング」に

 

「起 用・され」て

オリコン・3 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「レコード・大賞・
「優秀 作品 賞」を

「受・賞」しました。

 

「アルバム」

   で は

 

「2,008・年」に

「リリース・した」

「サード・アルバム」

My song your song

 

「2,009・年」に

「リリース・した」

「4 th・アルバム」

ハジマリノウタ

 

「2,012・年」に

「リリース・した」

「5 th・アルバム」

「NEWTRAL」

 

「2,013・年」に

「リリース・した」

「6 th・アルバム」

「 I 」

 

「2,014・年」に

「リリース・した」

「7 th・アルバム」

「FUN! FUN! FANFARE!」と

 

「5・作品」が

「連 続・して」

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,010・年」に

「リリース・した」

「ファースト」

ベスト・アルバム

「BEST セレクション」

 

「2,012・年」に

「リリース・した」

「セカンド」

ベスト・アルバム

「バラ ー 丼」

 

「2,016・年」に

「リリース・した」

「サード」

ベスト・アルバム

「てんねん 記念 メンバーズ」と


ベスト・アルバム

「3 作品が 連続・して」

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「レコード・大賞」

   で は

「通算 7 回・各賞」を

「受・賞」しました。

 

「数・々」の
「ヒット・曲」を
「世」に

「送 り・出し」


「音 楽・ファン」が

「選・ぶ」
「好きな アーティスト・
   ランキング」で

 

「2,010・年〜 

   2,013・年」まで

「4 年・連続」で
「2・位」に

「成・り」ました。

 

「2,021 年・6 月」に

「山下 穂尊」が

「音楽 の・方向性」の

「違い を・理由」に

 

「同 年・夏」を
「以っ・て」

「グループ」を
「脱 退・し」

 

「芸 能 界」を

「引 退・する」と

「発 表・して」

「大き な・話題」に

 

「成・り」

「ファン」に

「ショック」を

「与・え」ました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,008・年」の

「SAKURA」〜

「2,019・年」の

「風が 吹いて いる」まで

 

「通 算・11 回」

「出・場」しました。

 

 

「いきもの がかり」

「笑 顔」

「作・詞」「作・曲」

「水野 良樹」

 

だから 僕は 笑って ほしいんだ

だから 君と 生きて いたいんだ

かけがえの ない ひとよ

僕は 君を 守り続け たい

君が そこに いてくれる こと が

ただ その小さな 奇跡が

なによりも あたたかい だから

僕は 強く なりたい

 

花が また 咲いて いる

僕は ちっぽけな 一歩を 踏む

思い出に 変わる この日々 に

何度も サヨナラ を するよ

 

どこ までも どこ までも

明るく なれる 君の 声が

いつ だって 一番の ひかり

背中を ちゃんと 押して いるよ

 

優しい ひとに なりたい

いつもの 君が 言ったね

心の なかで くすぶる

切ない もの つたえて よ

そうさ 君が 笑ってくれる なら

僕は なんでも できるよ なんて

ちょっと 強がってる かな でも ね

なぜ か 勇気が わくんだ

花が 散って 咲くように なんども

しあわせを 繰り返せた なら

そうやって 生きて いこう

だから 僕は 強く なりたい

 

ごめんね と 言えなく て

もどかしさ を ぶつけたりも した

いちばん 近くに いること に

甘えて ばかり じゃ だめだね

 

楽しい ひとで ありたい

受け入れる ことを 恐れず

ひたむき な 時を かさねて

たしかな もの みつけ たい

 

抱えきれぬ さびしさの なかで

もしも 君が ひとりで いるの なら

ばかみたい に がむしゃら に

僕は ずっと 手を 伸ばしたい んだ

わかりあうこと は 難しい けど

分かち合うこと は 僕にも できる

ただ となりに いるから

いつも 君の そばに いるから

 

いつだって 真ん中に あるよ

たいせつな ものは ここに ある

つつむような 君の その手が 優しい

強く 握り返す よ

 

いつか ちょっと 悲しいことも ある

でも ぜんぶ 笑えたら いい

ぜんぶ 抱え 生きて いけたら いい

すべてが また 変わって しまって も

なんどでも 花を 咲かせよう

しあわせ に なれる ように

君と ともに 歩いて いける ように

笑いながら 泣くような 日々 を

泣きながら 笑うような 日々 を

そうやって 生きて いこう

だから 僕は 強く なりたい

 

 

「泣いて 暮らすも 一生・
   笑って 暮らすも 一生」を

「英・語」で

 

 「Live your life crying,

    live your life laughing」と

 

 (「泣いて 暮らすも 一生・
    笑って 暮らすも 一生」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「縦のものを 横にも・しない」

(「たてのものを よこにも・しない」)

 

「皆さん」は

「縦のものを 横にも・しない」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「縦のものを 横にも・しない」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「横のものを 縦にも・しない」

 (「よこのものを たてにも・しない」)

    と も

 「言・う」そうです。

 

 「面倒 くさ・がって」

 「簡単に 出来る・こと」も

 「やら ない・こと」の

 「た と・え」や

 

 「モ ノ・グサ」で

 「なか なか・やる気」を

 「出 さ・ない」

 「横着な 人の・たとえ」と

 

 「い う・意味」の

 「慣 用・句」だ

       そうです。

 

「縦のものを 横にも・しない」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「縦に なって・いる」

 「も の」を

 「ちょっと 横に・する」

 「くらいの こと・さえ」も

 

 「し ない・程」に

 「横 着・者」で

 「怠け 者・だ 」と
 「い う・事」が

 

 「由・来」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「縦のものを 横にも・しない」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「縦のものを 横にも・しない」

 「面倒くさがり 屋・なの」で

 「た ま・に」

 

 「部屋を 見に・行く」と

 「散らか り・放題」で
 「ゴ ミ・屋敷」に

 「成 り・かかって」いる。

 

・「昔」は

 「縦のものを 横にも・しない」

 「夫」も

 「珍し く・なかった」が

 

 「夫婦 共働き・時代」

    で は

 「直ぐ に・離婚」を

 「切り 出さ・れる」だろう。

 

「縦のものを 横にも・しない」の

「類 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「尻に 根が・生える」

   (「しりに ねが・はえる」)

 

・「座布団 に・座った」

 「姿・勢」が

 「居心地 が・良く」て

 「ま る・で」

 

 「尻から 根が・生えた」

 「様」に
 「その 場・から」

 「動か なく・なる」と

 

 「い う・意味」の

 「慣 用・句」です。

 

「縦のものを 横にも・しない」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「フットワーク が・軽い」

   (「フットワーク が・かるい」)

 

・「軽量級 の・ボクサー」の

 「様」に

 「足の 運びが・軽快」で

 「俊敏である から・転じ」て

 

 「体の 動きが・迅速」で

 「行動 の・切り替え」も

 「素 早い・さま」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「amazarashi」は

(「アマザラシ」)

 

「面倒臭いな なんて

   一人 ごちる」の

「歌詞 が・ある」

 

「初 雪」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「私」の

「住ん で・いる」
「地 方・にも」

「一昨日 の・晩」に

 

「少 し・だけ」
「初・雪」が
「降・り」ました。

 

「2,022・年」に

「リリース」

   し た

「6 th・アルバム」

 

「七号線 ロストボーイズ」に

「収 録・され」て

   います。

 

「同・アルバム」は

オリコン・4 位」の

「大 ヒット・作」に

「成・り」ました。

 

「アマザラシ」は

「2,007・年」に

「結 成・した」
「青森 県・出身」の

 

「秋田 ひろむ」と

「豊川 真奈美」

   か ら

「成・る」

 

「男 女・2人 組」の

(「ヂュオ」)

「ロック・バンド」

   です。

 

「バンド・名」は

「日常 に・降りかかる」
「悲しみ や・苦しみ」を

「雨 に・例え」て

 

「僕・ら」は

「雨 ざらし・だが」

(「アマ・ザラシ」) 

「そ れ・で も」

 

「良 い・歌」を

「歌 い・たい」

 と、いう

「願い を・込め」で

 

「amazarashi」と

「名・付け」ました。

 

「1 年・間」の

「インディーズ」

「経・験」を

「経・て」

 

「2,010・年」に

「リリース・した」

「ファースト」

「ミニ・アルバム」

 

「爆弾の 作り方」で

「メジャー・デビュー」

   しました。

 

「同・アルバム」は

「全 く・売れず」

オリコン・圏外」

   でした。

 

「代 表・曲」に

 

「季節は次々 死んでいく」

「空に 歌えば」

「境 界 線」等が

「有・り」ます。

 

「アマザラシ」の

「ライブ」は

「楽曲 に・込めた」

「生 と・死」

「希望 と・絶望」

   と、いう

「真・逆」の

「メッセージ」を

 

「伝 え・たい」

「為」に

「ステージ の・前面」に

「紗幕 を・張り」

(「しゃまく」)

 

「その 裏で・演奏」し

「姿 を・見せず」に

「行 な わ・れる」

   そうです。

 

「2,013・年」に

「リリース・した」

「7 rh・ミニ アルバム」

「ねえママ

   あなたの言う通り」が

 

「自 身・初」の

オリコン

「トップ・10 入り」

   しました。

 

「2,015・年」に

「台 湾・にて」

「初 め・て」の

「海 外・ライブ」を

 

「開・催」し

「成功 を・収め」

   ました。

 

「2,017・年」に

「リリース・した」
「サード・シングル」

「命に ふさわしい」が

 

「シングルス・曲」で

「自 己・最高位」の

オリコン・5 位」に

「成・り」ました。

 

「2,018・年」に

「リリース」

   し た

「6 th・映像 作品」

 

理論武装 解除」が

「自 身・唯一」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,020・年」に

「リリース・した」

「5 th・アルバム」

「ボイコット」が

 

「アルバム・作品」で

「自 己・最高位」の

オリコン・2 位」に

「成・り」ました。

 

「2,021・年」に

「リリース・した」

「7 th・シングル」

「境 界 線」が

 

「日 本・テレビ 系」で

「放 送・され」た
「テレビ・アニメ」

「エイティー・シックス」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」
   ました。

 

「紅 白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」 様 です。

 

 

「amazarashi」

「初 雪」

「作・詞」「作・曲」
「秋田 ひろむ」


青森駅 に 雪が 降る

果たせなかった いつかの 約束が

バス停に 留まる 少女が 吐いた

         (「とどまる」)

白い息と 一緒に 夜空に 消えた

積もり出した のは 彼女の 記憶と

感傷と わずかな 後悔

長く伸びる 僕の 足跡も

やがて それに 消される だろう

 

思えば 遠くに 来たもんだ いや

と 言うより 振り出しに 戻った のか

自嘲気味に 踏み出す その 一歩は

(「じちょうぎみ」)

今日も 変わらず 迷って ばかり

それでも ここに 留まる よりは

いくらか ましだと 信じてる

肩に 積もった 雪を見て 思う

少し 休みすぎた みたい だな

 

行かないで くれと 

呼び 止める 思い出 を

振りほどいて 僕は

どこまで いけるの だろ

 

初雪 が 風に 吹かれて

僕らの 街 通り過ぎた だけ

君の 優しさ 風に 吹かれて

僕の 胸 通り過ぎた だけ

 

雪は 昨日から 止むことを 知らず

出かけようと ドア を 開けた手を 止める

綺麗だな と 思うより 早く

面倒くさいな なんて 一人ごちる

                            (「独り言 を・言う」)

傘は ないし 時間も 無い

ましてや 期待なんて あるはずも 無く

ただ 向かうべき 目的地 と

焦燥だけは 捨てるほど ある

(「しょうそう」)

 

そんな 毎日を 生きてます

僕は なんとか やってます

これを 幸福とは 思いません が

かといって 不幸とも 思いません

ただ 君が いなくなった こと で

出来た 空白を 埋められず に

白黒に 見える 街の 景色

決して 雪のせいでは ないの でしょう

 

悲しいこと なんて

ある ものか ある ものか

振りほどいて 僕は 

急いで 出かけなく ちゃ

 

初雪 が 風に 吹かれて

僕らの 街 通り過ぎた だけ

君の 優しさ 風に 吹かれて

僕の 胸 通り過ぎた だけ

 

雪は 今日も 止むことを 知らず

急ぐ 僕の足は もつれる

笑い合った 長い 月日 も

確かに 分かり合えた 何か も

全部 嘘だと 言い切れ たら

僕は 簡単に 歩ける のに

でも 大丈夫 ちゃん と

前に 進めている よ

 

初雪 が 風に 吹かれて

僕らの 街 通り過ぎた だけ

僕は それに 少し 泣いた だけ

冬の 空に 心 揺れた だけ

 

 

※「縦 横・無尽」

  (「じゅう おう・むじん」)

 

「縦 横・無尽」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「自分の 思うが・まま」に

 「自 由・自在」に

 「物事を 行う・様子」と

 「い う・意味」の

 

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

「縦 横・無尽」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「縦 横・とは」

 「縦と横 から・転じ」て

 「四方八方 全ての・方向」と

 「い う・意味」で

 

 「無 尽・とは」

 「尽き無い から・転じ」て

 「限界 が・無い」と

 「い う・意味」で

 

 「縦横 無尽・とは」

 「四方 八方・全て」に

 「際限 が・無い」

 「事」が

 

 「由来 に・なった」

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

「縦 横・無尽」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「友・人」の

 「縦 横・無尽」で

 「自 由・奔放」な

 (「じ ゆう・ほんぽう」)

 「発・想」は

 

 「支持 する・人」が

 「誰 も・いなく」て

 「結・局」
 「日の目 を・見る」

 

 「事・無く」

 「廃案 に・なった」

    そうだ。

 

・「彼・女」の

 「コート・上」を

 「縦 横・無尽」に

 「走 り・回る」

 

 「プレイ・スタイル」は

 「長年 の・厳しい」

 「トレーニング・から」

 「生まれ た・もの」で

 

 「誰・も」が

 「真似 できる・もの」
    で は

 「決し て・無」い。

 

「縦 横・無尽」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「自 由・自在」

   (「じ ゆう・じざい」)

 

・「自 在・とは」

 「縛り が・無く」

 「自由 な・状態」と

 「い う・意味」で

 

 「自由 自在・とは」

 「自分の 考え・通り」に

 「思う存分 に・振る舞う」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

「縦 横・無尽」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「手 枷・足枷」

   (「て かせ・あしかせ」)

 

・「枷・とは」

 「首 や・手足」を

 「動け なく・する」

 「道具 の・事」で

 

 「手枷 足枷・とは」

 「行動 の・自由」を

 「束縛 する・もの」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

 

「mihimaru・GT」は

(「ミヒマル・ジーティー」)

 

「違いを認める ことで 始まる

   縦横 無尽 踊れ 天地 開闢」の

                          (「世界 の・初め」)

「歌詞 が・ある」

 

「マスター・ピース」

(「最 高・傑作」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,011・年」に

「リリース」

   し た

「25 th・シングル」で

 

「テレビ・東京 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・アニメ」

「遊☆戯☆王・ZEXAL」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「ミヒマル・GT」は

「2,003・年」に

「結 成・した」

「男 女・2 人 組」の

(「ヂュオ」)

 

「音 楽・グループ」で

「略・称」は
「ミヒマル」です。

   

 

「ユニット・名」の

「由・来」は

「二人 の・本名」の

「頭・文字」

 

miyake」の
「 m i 」と

「hiroko」の

「 h i 」と

 

「船名 の・末尾」に

「付け ら・れる」

「 m a r u 」と

(「丸」) 

 

「車名 の・末尾」に

「付け ら・れる」

「 G T 」の

「4・語」を

 

「組 み・合わせ」た

「造・語」だ

   そうです。

 

「G T・には」

「ガッツ & タフ」と

 「い う・意味」も

「有・る」そうです。

 

「2,003・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「約 束」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・156 位」と

「振る い・ません」

   でした。

 

「以・後」も

「鳴か ず・飛ばず」で

「苦難 の・時期」を

「過 ご・し」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「気分 上々↑↑」

「かけがえのない 詩」

「マスター・ピース」等が

「有・り」ます。

 

「2,006・年」に
「リリース・した」

「9 th・シングル」

「気分 上々↑↑」が

 

「テレビ・東京 系」で

「放 送・され」た

「バラエティー・番組」

スキバラ」の

 

「エンディング・

   テーマ 曲」

「起 用・され」

オリコン・7 位」の

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

「レコード・大賞・

   金 賞」を

「受・賞」し

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」

   しました。

 

「シングル・曲」の

オリコン

「自・身」

「最 高・順位」は

 

「2,006・年」に

「リリース・した」

「いつまで続く

   この melody」の

「3・位」でした。

 

「アルバム・曲」

   で は

 

「2,007・年」に

「リリース・した」

「ファースト」

ベスト・アルバム

 

「THE BEST of

    mihimaru GT」と

 

「2,008・年」に

「リリース・した」

「4 th・アルバム」

「mihimarise」が

 

「各・々」

オリコン・1 位」に

「成・り」ました、

 

「2,013・年」に

「そ れ・ぞれ」が

「ソロ・活動」に

「転向 する・事」を

 

「理・由」に

「10 年・間」の
「活・動」に
「ピリオド を・打ち」

 

「惜しまれ・つつ」
「ユニット」を

「解・散」しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,006・年」の

「気分 上々↑↑」と

「2,007・年」の

「俄然 Yeah」で

 

「2 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「mihimaru・GT」

「マスター・ピース」

「作・詞」「作・曲」

「hiroko ・miyake

 

雨の 日も 風の 日も

極寒の 吹雪も 灼熱の 太陽も

(「ごっかん」) (「しゃくねつ」)

全て 日々を 彩る 材料

へこたれない で 意思と 愛を

君が くれた 優しさ は 厳しさ

ぶつかることで 知った 

もどかしさ

違いを 認めることで 始まる

縦横 無尽 踊 れ 天地 開闘

                    (「てんち かいびゃく」)

 

本当は さびしかった 

君に 会うまで は

ひとりで いるほうが

気楽 なんだって

うそ ついて いた

 

好きな 本も 趣味 も 

まるで あわない けど

君だけ だよ 

うなずいて くれた のは

喜び と 悲しみ と 怒り と

ド と レ と ミ と ファ と

ソ と ラ と シ と ド

違わなきゃ 出来ない

ハーモニー と シナリオ

 

誰も 同じじゃ ない

それこそ が 生きている

意味 だから

時として 出した 音が 

不協和音 でも

だから あきらめない 

信じぬける 強さで

辿り着ける 世界の 果て で

君と見る 景色が 真実 なんだ

 

本当は 探して いた 

君に 会うまで は

つなぐ ための 手のひら が

すぐ そばに ある事

 

ぶつかり合う 事は 

とても 怖いけど

心の底 から 笑いあい たい

 

赤、青、黄 と 白と 黒と

大地と 海と 空と 宇宙と

違わなきゃ 見えない

風景と シナリオ

 

誰も ひとりじゃ ない

それぞれの 物語 重ねれば

移り変わってく 季節 

迷ったと しても

その手を 離さない 

信じぬける 強さで

歩いて ゆく 旅の 途中

君と 見る景色が 真実 なんだ

 

リミット スピード で

行きます Knock 

君と あの日 交わした 約束

覚えて いますか? 語った 夢

色褪せは しない Wonderful デイズ

(「いろあせ」)

陽の差す 方へ ツヨク 踏み出し た

(「ひのさす」)

共に 流した 悔し涙

日々 葛藤しながら 格闘

逆境だって 笑え 楽勝

 

段々と 強くなる 決心

前進前進 培う 精神

          (「つちかう」)

踏まれたって 立ち上がって こう

お天道様 に ありがとう

(「おてんとうさま」)

そう 僕らは いつも

繋がってる んだ

同じ 地球の上 生きて るんだ

   (「ほし」)

ピース & ピース 合わせ ゆこう

輝 け マスターピース

 

同じ 朝を 同じ 夜を 

過ごして 違う事を 感じても

大事 なのは 同じ空を

見ている こと いつ だって

 

誰も 同じじゃ ない

それこそが が 生きてる

意味 だから

時として 出した 音が 

不協和音 でも

だから あきらめない 

信じぬける 強さで

辿り着ける 世界の 果て で

君と見る 景色が 真実 なんだ

君と見た 景色が 真実 なんだ

 

雨の 日も 風の 日も

極寒の 吹雪も 灼熱の 太陽も

全て 日々を 彩る 材料

へこたれないで 意思と 愛を

君が くれた 優しさは 厳しさ

ぶつかる ことで 知った もどかしさ

違いを 認めることで 始まる

縦横 無尽 踊 れ 天池 開闘

 

 

「縦のものを 横にも・しない」を

「英・語」で

 

 「Do not turn vertical 

    objects horizontally」と

 

 (「縦のものを 横にも・しない」)

 

 「言・う」そうです

 

何気なく使っている言葉の意味

「転がる 石には・苔が 生えぬ」

(「ころがる いしには・

    こけが はえぬ」)

 

「皆さん」は

「転がる 石には・苔が 生えぬ」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「転がる 石には・苔が 生えぬ」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「次 の・様」に

 「一つ の・言葉」の

 「中」に

 「全 く・反対」の

 

 「意味 を・持つ」

 「珍 し・い」

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

 「ど ち・ら」の

 「意 味・なのか?」は

 「言葉が 使わ・れた」

 「時」の

 

 「シチュエーション」で

 「判断 する・しか」

 「無・い」そうです。

 

①「職・業」や

 「住・居」を

 「転々 と・する」

 「人」は

 

 「金も 貯ま・らず」

 「成功 出来・ない」

 「事」を

 「た と・え」た

 

 「ネガティヴ」な

 「ニュアンス」を

 「持・つ」

 「ことわざ」

 

②「常」に

 「積 極・的」に

 「行動 して・いる」

 「人」は

 

 「健・康」で

 「生き生き して・いる」

 「事」を

 「た と・え」た

 

 「ポジティブ」な

 「ニュアンス」を

 「持・つ」

 「ことわざ」

 

「転がる 石には・苔が 生えぬ」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「イギリス の・ことわざ」

 「A rolling stone gather no moss」が

 (「転がる 石には・苔が 生えぬ」)

 「由・来」だ、そうです。

 

 「イギリス・では」

 「① の・意味」で

 「用 い・られ」

 

 「アメリカ・では」

 「② の・意味」で

 「用い ら・れる」

    そうです。

 

 「こ の・考え方」の

 「違・い」は

 「イギリス」は

 「保守的 な・考え方」

 

 「アメリカ」は

 「改革的 な・考え方」に

 「由 来・する」
       そうです。

 

「転がる 石には・苔が 生えぬ」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「転がる 石には・苔が 生えぬ」と

 「言 う・様」に

 「何・度」も
 「職を 変えて・いる」と

 

 「周 囲・から」の

 「信・用」を

 「得 る・事」が
 「出・来」ない。

 

・「彼 は・常」に

 「新し い・事」に

 「チャレンジ・して」
    いる。

 

 「正・に」

 「転がる 石には・苔が 生えぬ」の

 「見本 の・様」な

 「生 き・方」だ。

 

「転がる 石には・苔が 生えぬ」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「流れる 水は・腐らず」

  (「ながれる みずは・くさらず」)

 

・「流水 は・腐らず」

   (「りゅうすい は・くさらず」)
    と も
 「言・う」そうです。

 

 「流・れ」が

 「新し い ・水」を

 「運んで くる・様」に

 「常に 動いて・いれ」ば

 

 「水」は

 「腐 ら・ない」と

 「い う・意味」の

 「ことわざ」で

 

 「常 日頃・から」

 「勉強 や・仕事」等を

 「頑張っ て・いる」

 「人」は

 

 「常 に・何かしら」の

 「進歩 が・見られる」
    と、いう

 「意・味」も

 

 「持っ て・いる」

    そうです。

 

「転がる 石には・苔が 生えぬ」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。


・「尻 が・重い」

   (「しり が・おもい」)

 

・「腰 が・重い」

   (「こし が・おもい」)

    と も

 「言・い」ます。

 

 「動作 が・鈍く」

 「な か・なか」
 「腰を 上げ・ない」や

 「物事を 始めに・あたり」

 

 「なか なか・行動」に

 「移 さ・ない」と

 「い う・意味」の

 「慣 用・句」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「ももいろ クローバー・Z」は

(「ももいろ クローバー・ゼット」)

 

「動き出すよ 君の 元へ

   走れ!走れ!走れ」の

「歌詞 が・ある」

 

「走 れ!」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,010・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

行くぜっ!怪盗少女」の

「中」に

「収 録・され」て

   います。

 

「同・シングル」は

オリコン・3 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「ももいろ クローバー・Z」は

「2,008・年」に
「結 成・した」

「女 性・4 人 組」の

 

「音 楽・グループ」で

「愛・称」は

「もも・クロ」や

「もも クロ・ちゃん」です。

 

「ピュア な・女の子」が

「幸せ を・運びたい」

   と、い う

「意・味」で

 

「ももいろ クローバー・Z」と

「名付 け・られ」た

   そうです。

 

「結 成・当時」は

「全・員」が

「中 高 生・だっ た」

「為」に

 

「週 末・しか」

「活 動・できず」

「週 末・ヒロイン」と

「呼 ば・れ」ました。

 

「ライブ・では」

「 Z  の・文字」を
「宙 に・描いて」

「指を 突き・出す」

「ポーズ」を

「常用 して・いる」

   そうです。

 

「結 成・から」

「デビュー・まで」は
「紅 白・歌合戦」

   へ の

 

「出場 と・いう」

「夢を 持ち・ながら」

「路 上・ライブ」

「等」で

 

「下積 み・時代」を

「過 ご・し」ました。

 

「持 ち・歌」は

「自・ら」の
「スタンス」を

「示・す」

 

「人・生」の
「応 援・ソング」が

「主・力」です。

 

「1 年・間」の

「インディーズ」

「経・験」を

「経・て」

 

「2,010・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「いくぜっ!怪盗少女」で

「メジャー・デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

オリコン・3 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「結 成・以来」の

「悲 願・だった」

「紅 白・歌合戦」に
「初・出場」しました。

 

「代 表・曲」に

 

「走 れ!」

行くぜっ!怪盗少女

「サラバ、

   愛しき 悲しみたちよ」等が

「有・り」ます。

 

「2,013・年」に
「女 性・アーティスト」

   と、して

「史 上・初」の

 

「横浜 国際・競技場」で

「単独ライブ を・開催」し

「6・万人」を

「動・員」しました。

 

「2,014・年」に

「女 性・グループ」

   と、して

「初の 快挙と・なる」

 

「国 立・競技場」

   で の

「単 独・ライブ」を
「開・催」し

 

「2 日・間」で
「11・万人」を

「動・員」しました。

 

「同・年」に

「中島 みゆき・から」

「提供 された・楽曲」で

「11 th・シングル」

 

「泣いても いいんだよ」が

「シングル で・初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「アルバム」

   で は

 

「2,013・年」に

「リリース・した」

「セカンド・アルバム」

「5TH DIMENSIONS」

 

「2,016・年」に

「リリース・した」

「4 th・アルバム」

「白金の 夜明け」

 

「2,019・年」に

「リリース・した」

「5 th・アルバム」

「MOMOIRO CLOVER・Z」

 

「2,022・年」に

「リリース・した」

「6 th・アルバム」

「祝 典」が

 

「各・々」
オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,022・年」に

「コロナ の・影響」で

「2 年・続け」て

「延期 に なって・いた」

 

「地域 密着型・ライブ」

ももクロ 春の 一大事」を

福島県」で

「開・催」しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,012・年」の

行くぜっ!怪盗少女」〜

「2,014・年」の

「My Dear Fellow with 

   Mononofu JAPAN」まで

 

「3 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

ももいろクローバー・Z」

「走れ!」

「作・詞」「INFLAVA」

「作・曲」「Koji Oba」

 

笑顔が 止まらない!

踊る ココロ 止まらない!

動き出すよ 君の 元へ

走 れ!走 れ!走 れ!

 

ずっと キミ を

同じ 電車で 見る たびに

いつから だろう?

ボク の ココロ の 中で

大きく なっていた 想い

 

話しかける ことも

出来なくて いつも

友達と 一緒に 喋ってる ふり で

横目で 見てた 僕 だけど

 

気付いた この感情 に

もう 後悔なんて したく ない

僕は 僕に ウソ を ついて

逃げたく も ない

溢れ 出しそう な  

キモチ を 一つ 残らず

言葉に 全部 詰め込もう

 

笑顔が 止まらない!

踊る ココロ 止まらない!

動き出すよ 君の 元へ

走れ!走れ!走れ!

今は まだ 勇気が 足りない!

少しの きっかけが 足りない!

動き出して 僕 の 体

走れ!走れ!走れ!

 

いつだって 踏み出す 前に

言い訳 ばっかり 考えて

結局 何も 出来なく て

時間が 過ぎて

忘れていく ことに 慣れて た

僕 の ココロ が 走り 出した

 

こんなに 広い 世界から すれ ば

僕 なんて ちっぽけ だろうな

でも キミ への 僕の 想い は

この 空よりも 大きい から

 

笑顔が 止まらない!

踊る ココロ 止まらない!

動き出すよ 君の 元へ

走れ!走れ!走れ!

今は まだ 勇気が 足りない!

少しの きっかけが 足りない!

動き出して 僕 の 体

走 れ!走 れ!走 れ!

 

待っていて も 始まん ない

キミ と 全力で 向き合い たい

同じ この星に 生まれて

同じ この時代に 生まれて これて

偶然 なんて 簡単な 言葉 で

すれ違い 離れて しまう なんて

考えるだけ で 胸の奥が 痛く て

純粋 に キミ と

繋がって いたいよ 今も

何年も 何十年も この先の 未来も

一度きり の 人生 だから

キミ の 前じゃ 素直で いたいんだ

 

それでも 答えは 出せない よ

少しの 言葉 出せない よ

「君が 好き」それだけ で

世界を 変える? 変わる?

 

笑顔が 止まらない!

踊る ココロ 止まらない!

動き出すよ 君の 元へ

走れ!走れ!走れ!

今は まだ 勇気が 足りない!

少しの きっかけが 足りない!

動き出して 僕の 体

走 れ!走 れ!走 れ!

 

 

※「虚仮の 一念・岩をも 通す」

 (「こけの いちねん・

     いわをも とおす」)

 

「虚仮の 一念・岩をも 通す」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「岩の 上に・生えた」

 「苔 の・根」が

 「岩 を・貫い」て

 「長く 伸びる・様子」を

 

 「イメージ・する」

 「人 が いる・かも」
 「知 れ・ません」が
 「誤・り」です。

 

 「虚 仮・とは」

 (「こけ」)

 「植物類 の・苔」で

                    (「コケ」)

 「無・く」

 

 「虚仮 に・する」が

 (「馬鹿 に・する」)

 「代 表・的」な

 「使 用・例」の

 

 「愚か な・人」や

 「思慮の 浅い・人」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「虚仮の 一念・岩をも 通す」

    と は

 「どんな に・愚か」な

 「人」でも

 

 「ただ 一つ の・事」に

 「精神を 集中・すれ」ば

 「岩をも 貫通・する」

 「様」な

 

 「大き な・仕事」が

 「出 来・る」
    と、いう

 「意・味」の

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「虚仮の 一念・岩をも 通す」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「中・国」

 「前漢 の・将軍」で

 「弓 の・名人」の

 「李 広」は

 (「りこう」)

 

 「あ る・時」

 「草むら に・虎」が
 「潜んで いる・のを」

 「見 付・け」て

 

 「矢 を・射って」

 「突 き・刺さった」

 「場・所」を

 「見 に・行く」と

 

 「そ れ・は」

 「虎で 無く・岩だった」

    と、いう

 「伝説 が・由来」で

 

 「何・事」も
 「一点の 曇りも・なく」

 「信念 を・持って」

 「臨・め」ば


 「必・ず」

 「願・い」は

 「成 就・する」と

 「い う・意味」に

 

 「成 っ・た」

    そうです。

 

「虚仮の 一念・岩をも 通す」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「取 り・立て」て

 「取り柄 の・ない」

 「凡庸な 人間・だが」

 

 「上司 の・はからい」で

 「プロジェクト・チーム」の

 「一員 に・選ばれ」て

 「他 の・メンバー」に

 

 「置いて 行かれ・ない」

 「様」に

 「虚仮の 一念・岩をも 通す」の

 「気 持・ち で


 「必・死」に

 「皆 の・後」を

 「追いかけ て・いた」

    そうだ。

 

・「虚仮の 一念・岩をも 通す」
    と、いう

 「ことわざ」が

 「有・る」が

 

 「誰でも・愚直」に

 「一つ の・事」に

 「集 中・して」

 「取 り・組め」ば

 

 「必・ず」

 「目・標」を

 「達 成・出来る」

    そうだ。

 

「虚仮の 一念・岩をも 通す」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「為せ ば・成る」
   (「なせ ば・なる」)

 

・「為せ ば・成る」

 「為さ ねば・成らぬ」

 「何 事・も」

 「成らぬ は・人」の

 

 「為さぬ なり・けり」と

 「続・く」

 「ことわざ」です。

 

 「江戸 時代・中期」の

 「米沢 藩・9 代 藩主」

 「上杉鷹山 が・詠んだ」

 (「うえすぎ ようざん」)

 「短・歌」で

 

 「どんな 事・でも」

 「強い 意志を・持って」

 「頑 張・れ」ば
 「必・ず」

 

 「成し遂げ ら・れる」
    と、いう

 「意・味」の

 「教・訓」で

 

 「こ の・言葉」を

 「座右 の・銘」に

 「して いる・人」は

 「多・い」そうです。

 

「虚仮の 一念・岩をも 通す」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「及ばぬ 鯉の・滝登り」
   (「およばぬ こいの・

       たきのぼり」)

 

・「鯉」は

 (「コイ」)

 「激流に 逆らい・ながら」

 「泳 ぐ・能力」を

 「持っ て・いる」が

 

 「そんな 鯉・でも」

 「上から 降って・くる」

 「滝を登る 事は・出来ない」

 「事」より

 

 「どんな に・頑張って」も

 「到 底・不可能」な

 「事 から・転じ」た

 「ことわざ」で

 

 「鯉と 恋を・かけ」て

 「叶う ことの・ない」

 「恋 = 悲恋」に

 「対 し・て」も


 「用い ら・れる」
 「表・現」です。

 

 「辺・り」が
 「妥・当」な
 「気」が、します。

 


「萩原 健一」は

(「はぎわら けんいち」)

 

「愚か者 よ」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,987・年」に

「リリース」

   し た

「16 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「萩原 健一」は

「1,950 年・生まれ」で

「埼玉 県・さいたま 市」

「出・身」の

 

「歌・手」
「俳・優」で

「愛・称」は
ショーケン」でした。

 

「中学生 の・頃」

   か ら

「不良 と・して」

「知 ら・れ」

 

「私・立」
「聖 徳・高校」に

「進 学・する」も

「1 年生 の・時」に

 

「歌手 と・して」

「スカウト・され」

「2 年生 の・時」に

「中・退」しました。

 

「1,967・年」

「16 歳の・時」に

グループ・サウンズ

「ザ・テンプターズ」の

 

「ボーカリスト

   と、して

「リリース」

   し た

 

「ファースト・シングル」

「忘れ得ぬ 君」で

「デビュー」しました。

 

「そ の・後」

 

「エメラルドの 伝説」

「神様 お願い」

「今日を 生きよう」

「純 愛」等

 

「大 ヒット・曲」を

「連 発・して」

ザ・タイガース」と

「共・に」

 

グループ・サウンズ」の

「最盛期 を・支え」た

「バンド の・一つ」に

「成・り」ました。

 

「ザ・テンプターズ」は

「1,970・年」に
「惜しま れ・つつ」

「解・散」しました。

 

「萩原 健一」は
「ザ・テンプターズ

「解 散・後」は
「ソロ・歌手」


「俳・優」に

「転・向」しました。

 

「歌・手」と
   して は

「代 表・曲」に

 

「愚か者 よ」

(「近藤真彦 と・競作」)

「大阪で生まれた 女」

「お前に 惚れた」等が

「有・り」ます


「俳・優」と

   して は

 

「1,972・年」に

「大・女優」

「岸 惠子」と

「W 主演・した」

 

「松 竹・映画」

「約 束」で

「デビュー」

   しました。

 

「同・年」に

「日 本・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」


「太陽に ほえろ」で

「マカロニ 刑事・役」で 

「出・演」し
「ブレイク」しました。

 

「以・後」


「傷だらけの 天使」

「祭りばやしが 聞こえる」

「前略 おふくろ様」

「等」の

 

「連・発」
「テレビ・ドラマ」で

「主・演」を
「務・め」ました。

 

「萩原 健一」の

「主 演・映画」

「約 束」や

「雨の アムステルダム」で

 

「共 演・した」

「三国 連太郎」は

ショーケン」は

「面 白・かった」

 

「な に・せ」

「彼」は

「何 を・する」か

「分か ら・ない」

 

「演・技」で

「毎 回・全部」

「違 う・役」を

「や っ ・て」くる。

 

「彼 の・よう」な

「俳優 は・二度」と

「現れ ない・だろう」と

「評 し・た」そうです。

 

「あ る・映画 監督」は

「ジュリー・には」

(「沢田 研二」)

「演技 の・引き出し」が

 

「1〜 2 個・しか」

「無・い」が

ショーケン」は

「5 個 も・6 個」も

 

「次々と 出て・くる」

「格 の・違い」を
「感 じ・た」と

「述 べ・た」そうです。

 

「1,983・年」
「33 歳の・時」に
大麻 不法・所持」で

「逮 捕・され」

 

「懲 役・1 年」
「執行 猶予・3 年」の

「有 罪・判決」を

「受・け」

 

「1 年・間」

「全ての 活動・停止」を

「余儀 なく・され」

   ました。

 

「1,984・年」に

「飲 酒・運転」で

「人 身・事故」を

「起 こ・し」

 

「業務上 過失

   傷害・罪」で

「逮 捕・され」

   ました。

 

「1,985・年」に

「プロレスラー」

「アントニオ 猪木」の

「妻 で・女優」の

「倍賞 美津子」

   と の
「ツー・ショット」

「写・真」を


「週 刊・誌」に
「載 せ・られ」

「激・昂」し

(「げき・こう」)

「カメラ・マン」と

 

「編 集・者」に

「暴・行」し

「書類 送検・され」

   ました。

 

「1,987・年」に

「リリース」

   し た

「16 th・シングル」

 

「愚か者 よ」が

「自身 の・愚行」を

「連 想・させ」

「大・ヒット」しました。

 

「私・生活」

   で は

 

「1,975・年」
「25 歳の・時」に

「1 才・年上」で

「モデル」の

 

「小泉 一十三」と

(「こいずみ ひとみ」)

「結・婚」し
「同・年」に

「女児 が・誕生する」も

 

「1,978・年」に

「萩原 の・浮気」が

「原・因」で

「離・婚」しました。

 

「1,980・年」

「30 歳の・時」に

「2 才・年上」で

「歌・手」

 

「女・優」の
「いしだ あゆみ」と

「再 婚・する」も

「萩 原」が

 

「大 麻・所持」で

「逮捕 された・事」と

「萩原の・浮気」が

「原・因」で

 

「1,984・年」に

「離・婚」しました。

 

「1,996・年」

「46 歳の・時」に

ヘアーメイク

   アーティスト」の

 

「一般人・女性」と
「3 度・目」の
「結婚 を・する」も

「原因は 不明・です」が

 

「2,006・年」に
「離・婚」しました。

 

「2,011・年」
「61 歳の・時」に

「12 才・年下」で
「モデル」の

 

「冨田 リカ」と

「4 度目 の・結婚」を

   しました。

 

「ジェット・コースター」の
「様」な

「人生 だった・けれど」

「今後 は・2 人」で

 

「メリー・ゴーランド」の

「様」な

「ゆったり と・した」

「人生 を・歩みたい」と

 

「プロポーズ・した」

   そうです。

 

「2,011・年」

「61 歳の・時」に

「G I S T」を

(「消化管 間質・腫瘍」)

「発・症」し

 

「芸 能・活動」を

「続 け・ながら」
「闘・病」を
「続 け・る」も

 

「2,019・年」に

「都内 の・病院」で

「G I S T」の

「診 断・にて」

 

「妻」に

「看取 られ・ながら」

「68・歳」で
「没・し」

 

「破 天 荒」な

(「はてんこう」)

「人・生」は

「静・か」に

「幕 を・閉じ」ました。

 

「紅 白・歌合戦」

   へ  の

「出 場・歴」は
「無・い」様 です。

 

 

「萩原 健一」

「愚か者 よ」

「作・詞」「作・曲」
「井上 尭之」

 

愚か者 よ

お前の 流した 涙を 受けよう

愚か者 よ

私の 胸に ほほを うずめて

今夜は 眠れよ

 

見果てぬ 夢に

男は さまよい 女は こがれる

ルージュ を 引けば

偽りだけ が いつも 真実

それが 人生

 

ごらん 金と 銀の 器を 抱いて

罪と罰 の 酒を 満たした

愚か者 が 街を 走るよ

 

おいで 金と銀 の 器を 抱いて

罪と罰 の 酒を 飲もうよ

ここは 愚か者 の 酒場 さ

 

愚か者 よ

お前の 失くした 時間を 探そう

                       (「とき」)

愚か者 よ

私の 胸に 夢を あずけて

今夜は 眠れよ

 

失くした 時間 を

男は 振り向き 女は 消し去る

仮面 を つけて

悦楽 だけが いつも 真実

(「よろこび」)

それが 人生

 

ごらん 金と銀 の 器を 抱いて

罪と罰 の 酒を 満たした

愚か者 が 街を 走るよ

 

おいで 金と銀 の 器を 抱いて

罪と罰 の 酒を 飲もうよ

ここは 愚か者 の 酒場 さ

 

おいで 愚か者 よ 早く おいで

愚かな者 よ

 

 

「転がる 石には・苔が 生えぬ」を

「英・語」で

 

 「A rolling stene gathers 

    no moss」と

 

 (「転がる 石には・苔が 生えぬ」)

 

 「言・う」そうです

 

何気なく使っている言葉の意味

「鼻 が・高い」

(「はな が・たかい)

 

「皆さん」は

「鼻 が・高い」

   と、いう


「慣 用・句」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「鼻 が・高い」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「鼻・高々」

 (「はな・たかだか」)

    とも

 「表 現・する」

    そうです。

 

 「自分 や・身内」

 「等」が

 「他・人」に
 「自 慢・できる」

 

 「結果 を・出し」て

 「誇 ら・しい」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「鼻 が・高い」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「日本 の・妖怪」

 「天・狗」が

 (「テング」)

 「由 来・との」

 「説」が

 

 「有 力・だと」

 「言わ れて・いる」

    そうです。

 

 「天・狗」は

 「もと・もと」は

 「仏教 の・道」を

 「歩ん で・いた」

 

 「山・伏」や

 (「やま・ぶし」)

 「僧 侶・だった」
    そうです。

 

 「し か・し」

 「何か に・つけ」て

 「物知り で・ある

 「事」を

 

 「自 慢・した」り

 「人に 教えた・がる」

 「余計 な・お節介」が

 「度 を・過ぎ」て

 

 「仏教 界・から」

 「追 放・され」て

 「魔界 に・堕ち」て

  (「まかい に・おち」)

 「妖・怪」に

 

 「成っ て・しまった」

    そうです。

 

 「そ う・した」

 「慢心 な・性格」の

 「天狗 の・鼻」が

 「高い 事・から」

 

 「得 意・気」な
 「さま と・して」

 「鼻 が・高い」と

 「用い られた・事」が

 

 「由・来」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「鼻 が・高い」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「高嶺 の・花」と

 「半・ば」
 (「なか・ば」)

 「諦め て・いた」

 

 「女・性」を

 「彼女 に・出来」て

 「鼻 が・高かった」

    そうだ。

 

・「彼・女」は

 「子・供」が

 「ピアノ・コンクール」で

 「優・勝」し

 

 「うれし く・て」

 「黙って いら・れず」に

 「ママ・友」に

 「自 慢・した」ら

 

 「そ れ・は」

 「おめでとう ございます」

 「さ ぞ・や」

 「鼻が 高いで・しょうね」と

 

 「嫉妬 が・滲んだ」

 (「しっと が・にじんだ」)

 「嫌・味」を

 「言わ れて・しまった」

      そうだ。

 

「鼻 が・高い」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「得 意・満面」

  (「とく い・まんめん」)

 

・「誇ら し・気」な

 「様・子」が

 「顔・全体」に

 「現れる と・いう」

 

 「意・味」の

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

「鼻 が・高い」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「肩身 が・狭い」

   (「かたみ が・せまい」)

 

・「恥ず か・しい」
    と、いう

 「気持 ち・から」

 「他・人」や

 

 「世間 に・対し」て

 「面目が 立た・ない」や

 「顔を 合わせられ・ない」

    と、い う

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

 

「BEGIN」は

(「ビギン」)

 

「オジー 自慢 の

   オリオンビール

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「オジー・とは」

「沖 縄・方言」で

「おじい ちゃん」

   と、いう

 

「意・味」だ

   そうです。

 

「オリオン・ビール」は
「沖 縄・県」に

「本拠 を・置く」

「国内 シェア・5 位」の

 

「ビール・メーカー」

「オリオン・ビール 」
「株 式・会社」の

「ブランド・名」です。

 

「2,003・年」に

「リリース・した」

「沖縄 限定・発売」の

「24 th・シングル」で

 

NHK・テレビ」

「B S ・プレミアム」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

 

「甲子園と オバー と

               (おばあ ちゃん」)

   爆弾 なべ」の

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「ビギン」は

「沖縄 県・石垣 島」で

「生ま れ・育っ た」

「3・人」が


「1,988・年」に

「結 成・した」

「音 楽・ユニット」

   です。

 

「結 成・当初」は
ハード・ロック 系」の

「楽曲 を・中心」に

「演 奏・して」いました。

 

「し か・し」

「歌声 が・ロック」に

「合わ ない・との」

「周囲の 指摘も・あり」


「次・第」に

「ブルース・系」の
「楽・曲」に

「移・行」し

 

「結果 と・して」

「温か味 の・ある」

(「あたたかみ」)
「声」と

「歌・詞」が

 

「高 い・評価」を

「獲・得」しました。

 

「1,989・年」に
「当・時」

「爆発 的 な・人気」を

「誇っ て・いた」

 

「TBS・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「音 楽・バンド」

「オーディション・番組」

 

「三宅 裕司 の・

   いかす バンド 天国」

 (「イ カ・天」) 

   へ の

「出・場」が

「決・定」しました。

 

「アマチュア・バンド」

「同士 が・対決」し

「5 週・連続」で

「勝 ち・抜け」ば


「メジャー・デビュー」

「出来る と・いう」

「企・画」の

「音 楽・番組」でした。

 

「ビギン」ば

「見・事」に

「5 週・連続」で
「勝 ち・抜き」

 

「2 代・目」の

イカ 天・キング」に
「輝・き」ました。

 

「毎・回」

「審査 員・から」

「手放し の・称賛」の

「声が 掛け・られ」


「地・元」の
「石垣 島・では」

「勝ち 抜く・度」に
「お祭 り・騒ぎ」の

 

「フィーバー」が

「巻 き・起こり」

   ました。

 

「1,990・年」に

「リリース・した」

「ファースト・シングル」

「恋しくて」で

 

「メジャー・デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

「日産 自動車」の

「C M・ソング」に

「採 用・され」

 

「シングル・曲」と

「アルバム・曲」を

「通・じ」て

「自 身・最高位」の

 

オリコン・4 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に


「島人ぬ 宝」

(「しまんちゅうぬ たから」)

「オジー自慢の オリオンビール

三線の 花」等が

(「さんしんの はな」)

「有・り」ます。


「2,002・年」に

「リリース・した」

「23 th・シングル」

「島人ぬ 宝」は

 

「郷・土」

「石垣 島・への」

「思い を・綴った」

「歌・詞」で

 

「自身 の・代表曲」の

「一曲 に・なり」

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「2,005・年」に

「デビュー・15 周年」を

「記 念・して」

「自 身・初」の

 

「日 本・武道館」と

大阪城 ホール・での」

「コンサート」を

「開・催」しました。

 

「夏川 りみ・とは」
「同・郷」で

「2,001・年」に
「大・ヒット」し

 

「り み」の
「代表作 に・なった」

「涙 そうそう」を

(「なだ」) 

「作・曲」し

 

「楽 曲・提供」

(「作詞 は・森山 良子」) 

   しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,002・年」の

「島人ぬ 宝」と

「2,003・年」の
「涙 そうそう」で

 

「2 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「BEGIN」

「オジー自慢の オリオンビール

「作・詞」「作・曲」

「BEGIN」


島と つくもの なんでも 好きで

酒 に マースー ぞうり まで

          (「塩」)

かりゆし ウェアーで まーかい が

 (「アロハシャツ 着て どこ行くの」)

オバー が 夕飯 炊いてるさ

(「おばあ さん」)

 

今日は 那覇市 の ビアガーデン へ

野球 応援 甲子園

明日は 準々決勝 ど

夜から 応援して おくさ

 

三ツ星 かざして 高々 と

ビール に 託した ウチナー の

                        (「沖縄」)

夢と 飲むから 美味しい さ

ジー 自慢の オリオンビール

(「おじいさん」)

ジー 自慢の オリオンビール

 

どんな 映画を 見に行く よりも

ジー と 飲んで 話したい

不景気 続きで ちゃーならん

                 (「どうにも ならない」

内地 で 仕事を 探そう かね

 

金が ないなら 海にが 行くさ

魚が あれば 生きられる

なんくる ないさ やって みれ

(「何とかなるさ」)

働くから こそ 休まれる

 

三ツ星 かざして 高々 と

ビール に 託した ウチナー の

夢と 飲むから 美味しい さ

ジー 自慢の オリオンビール

ジー 自慢の オリオンビール

 

戦後復帰 を 迎えた 頃は

みんな おんなじ 夢を 見た

夢は 色々 ある方が 良い

夢の数 だけ あっり 乾杯

               (「ほら!」)

 

三ツ星 かざして 高々 と

ビール に 託した ウチナー の

夢と 飲むから 美味しい さ

ワッター 自慢の オリオンビール

(「私達」)

ワッター 自慢の オリオンビール

 

ワッター 自慢の オリオンビール

 

新築祝いで あっり 乾杯

入学祝いで あっり 乾杯

にーびち さびたん あっり 乾杯

(「結 婚・結納」)
ジー と 一緒に あっり 乾杯

 

 

※「山高きが 故に・貴からず」

  (「やまたかきが ゆえに・

       たっとからず」)

 

「山高きが 故に・貴からず」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「外見が 立派で・あって」も

 「内容が 伴わ・なけれ」ば

 「優れて いる・とは」

 「言 え・ない」や

 

 「物事は 見かけ・だけ」で

 「判断 しては・ならない」と

 「い う・意味」の

 「ことわざ」だ、そうです。

 

「山高きが 故に・貴からず」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「江 戸・時代」の

 「寺 子 屋」の

 「教科書 で・使われた」

 「実 語 教」の

 (「じつごきょう」)

 

 「次 の・一節」が

 「由・来」だ

    そうです。

 

 「山 高きが 故に 貴からず、

    樹 有るを 以て 貴しと なす」

 

 (「山が 高いから 尊い訳で なく、

     樹木が 生い茂っている から こそ、

     尊い のだ」)

 

 「こ の・教科書」

    で は
 「尊・い」を

 (「たっと・い」)

 

 「同 じ・読み方」の

 「貴・い」と
 「表現 して・いる」

 「様」です。

 

「山高きが 故に・貴からず」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「先・輩」は

 「一・見」

 「立派な 人に・見える」が

 「話 を・伺う」と

 

 「軽薄 に・感じ」

 「山高きが 故に・貴からず」で

 「違 和・感」を

 「禁 じ・得」なかった。

 

・「彼」は

 「友・人」が

 「外 見・ばかり」

 「気にして いた・ので」

 

 「山高きが 故に・貴からず」で

 「内面 を・磨け」ば

 「自・然」と
 「外見も 良くなる・はず」と

 

 「アドバイス

 「し て・やった」

    そうだ。

 

「山高きが 故に・貴からず」の

「類 義・語」を

「検 索・して」も

「ピン と・来」ません。

 

・「人は 見かけに・よらぬもの」

   (「ひとは みかけに・よらぬもの」)

 

・「人」は

 「外見 とは・違った」

 「意外 な・一面」を

 「持ち 合わせて・おり」

 

 「見た 目・だけ」で

 「そ の・人」を

 「判断する・事」は
 「出 来・ない」と

 

 「い う・意味」の

 「ことわざ」です。

 

「山高きが 故に・貴からず」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。


・「名 実・ともに」

   (「めい じつ・ともに」)

 

・「名前 や・名称」が

 「実力 や・実体」に

 「釣り 合って・いて」

 「ふさわ しい・状態」に

 

 「成っ て・いる」

    と、いう

 「意・味」の

 「慣 用・句」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「守屋 浩」は

(「もりや ひろし」)

 

「一ツ とせ

   人は 見かけに よらぬもの

   軟派 張る奴ぁ ?大生」の

「歌詞 が・ある」


「大学 かぞえうた」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,962・年」に

「リリース」

   し た

「21 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「守屋 浩」は

「1,938 年・生まれ」で

「千葉 県・市川 市」

「出・身」の

 

「歌・手」

「俳・優」でした。

 

「東京 に・在する」

「私・立」
「安田 学園・高校」を

「卒 業・後」の

 

「1,957・年」

「19 歳の・時」に

「ロカビリー・バンド」

「スウィング・ウェスト」の

 

「バンド・ボーイ」

   と、して」

「芸能界・入り」

   しました。

 

「1,959・年」に

「東 宝・映画」

「檻の中の 野郎たち」に

(「おり」)

「出・演」し

 

「同・映画」と

「同名 の・主題歌」に

「成 っ・た」

「ファースト・シングル」の

 

「檻の中の 野郎たち」で

「歌手 デビュー・する」も

「少年院 を・脱走する」

   と、いう

 

「映画 の・ストーリー」に

「社会的 な・批判」が

「続 出・して」

「レコード・販売」

 

「中・止」の

「憂き目 に・あい」
   ました。

 

「同・年」に

「当 代・屈指」の

「ヒット・メーカー」

「浜口 庫之助・から」

 

「楽曲 の・提供」を

「受・け」た

「セカンド・シングル」

「僕は 泣いちっち」が

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。 

 

「翌・年」に

「公 開・され」た

「同名 の・映画」

「僕は 泣いちっち」の

 

「主 題・歌」に
「起 用・され」

「自身 も・準主役」で

「出・演」しました。

 

「代 表・曲」に

 

「僕は 泣いちっち」

「大学 かぞえうた」

「有り難や 節」等が

「有・り」ます。

 

「1,962・年」に

「リリース・した」

「21 th・シングル」

「大学 かぞえうた」は

 

「全国 の・さまざま」な

「大学が 持つ・特色」を

「数に 乗せて・歌う」

「数 え・歌」で

 

「大・ヒット」し
「自身 の・代表曲」の

「一・曲」に

「成・り」

 

「同・曲」で

「3 回・目」の

「紅 白・歌合戦」に

「出場 した・際」は

 

「時間 の・関係上」

「6 番・まで」の

「歌・唱」に
「成・り」ました。

 

「本・歌」の

「元・歌」は

「旧 制 高知・高等学校」

(「現・高知 大学」)

「南原寮 の・寮歌」

 

「豪 気 節」だ

(「ごうきぶし」)

   そうです。

 

「ち な・み」に

「豪 気・とは」

「強く勇ま・しい」

「気・性」や

 

「大・胆」で
「細か い・事」に

「こだわ ら・ない」

   と、いう

 

「意・味」だ

   そうです。

 

「1,976・年」

「37 歳の・時」に

「芸 能・界」を

「引 退・後」は

 

「ホリ・プロ」の

「スカウト・担当」

「社員 と・して」

「榊原 郁恵」


「堀 ちえみ」他

「数・多く」の

「アイドル」を

「発・掘」しました。

 

「1,986・年」

「46 歳の・時」に

「会社 を・退職後」は

「歌手活動 を・再開」し

 

「70 歳の・頃」に

脳梗塞 で・倒れる」も

「懸命 の・リハビリ」で

「復・帰」し

 

「テレビ」の

「音楽 番組・では」

「椅子 に・座って」

「歌・い」

 

「音 楽・活動」を

「継 続・して」

   きました。

 

「2,020 年・9 月」に

前立腺・ガン」の

「診 断・にて」

「家・族」に

 

「看取ら れ・ながら」

(「みとら れ」)

「81・歳」で

「永・眠」しました。

 

「ち な・み」に

「前 立 腺」は

(「ぜんりつせん」)

「男性 に・しか」

「無 い・臓器」で

 

「精・子」に

「栄養を 与え・たり」

「保護 する・役割」を

「持 っ・て」います。

 

「私・生活」
   で は

 

「1,967・年」

「29 歳の・時」に

「7 才・年下」で

「清純 派・女優」

 

「清純 派・歌手」の

「代表 的・存在」

「本間 千代子」と

「結 婚・する」も

 

「1,975・年」に

「離・婚」しました。

 

「1,976・年」

「38 歳の・時」に

「一般 人・女性」と

「再・婚」し

 

「一 男・一女」を

「儲 け・た」そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,960・年」の

「僕は 泣いちっち」〜

「1,963・年」の

「がまの 油売り」まで

 

「4 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「守屋 浩」

「大学 かぞえうた」

「作・詞」「仲田 三孝」

「作・曲」「不・明」


一 ツ とせ

(「ひとつ」)

人は 見かけに よらぬ もの

軟派 張る 奴ぁ ? 大生

そいつぁ ゴーキ だね

そいつぁ ゴーキ だね

 

二 ツ とせ

二目と 見られぬ オカメ でも

(「ふため」)

窓から 顔出す ? 大生

そいつぁ ゴーキ だね

そいつぁ ゴーキ だね

 

三 ツ とせ

見れば 逆立ち したく なる

座布団 ぼうし の ? 大生

そいつぁ ゴーキ だね

そいつぁ ゴーキ だね

 

四 ツ とせ

夜の 夜中に 飛び 起きて

昼は 寝呆ける ? 大生

   (「ねぼける」)

そいつぁ ゴーキ だね

そいつぁ ゴーキ だね

 

五 ツ とせ

いつも 神田で たたき 売り

バイト する 奴ぁ ? 大生

そいつぁ ゴーキ だね

そいつぁ ゴーキ だね

 

六 ツ とせ

むかむか するよな カッコ して

ウィンク する 奴ぁ ? 大生

そいつぁ ゴーキ だね

そいつぁ ゴーキ だね

 

七 ツ とせ

何にも しないで 卒業 して

世に出て 恥かく ? 大生

そいつぁ ゴーキ だね

そいつぁ ゴーキ だね

 

八 ツ とせ

破れ タオル で 頬っかむり

         (「ほっかむり」)

こえ桶 かつぐ は ? 大生

そいつぁ ゴーキ だね

そいつぁ ゴーキ だね

 

九 ツ とせ

くどく あるよう な 面を して

(「功・徳」)           (「つら」)

ぬれ手 で もうける ? 大生

そいつぁ ゴーキ だね

そいつぁ ゴーキ だね

 

十 とせ

(「とお」)

とうとう 出ました 女子 大生

亭主 尻しく ? 大生

そいつぁ ゴーキ だね

そいつぁ ゴーキ だね

 

十 一 とせ

(「じゅういち」)

十字架 背負って ケンカ する

キリスト 泣かせ の ? 大生

そいつぁ ゴーキ だね

そいつぁ ゴーキ だね

 

終わり とせ

尾張 名古屋 は 城で もつ

天下の 大学 俺で もつ

そいつぁ ゴーキ だね

そいつぁ ゴーキ だね

 

 

「鼻 が・高い」を

「英・語」で

 

 「high nose」と

 

 (「鼻 が・高い」)

 

 「言・う」そうです。

 

 

何気なく使っている言葉の意味

「煮え 切ら・ない」

(「にえ きら・ない」)

 

「皆さん」は

「煮え 切ら・ない」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「煮え 切ら・ない」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「態度 や・言動」が

 「ハッキリ・しない」や

 「いつまで・経っても」

 「結論 を・出さず」

 

 「曖昧 な・様子」を

 「表 現・した」

   「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「煮え 切ら・ない」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「鍋 の・中身」が

 「完・全」に

 「煮え て・いない」や

 「生煮え の・状態」で

 

 「まず く・て」

 「食べ られ・ない」

 「事」が

 「由・来」の

 

 「慣 用・句」だ

       そうです。

 

「煮え 切ら・ない」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」の

 「突然 の・告白」に

 「驚 い・た」

 「彼・女」が

 

 「二 つ・返事」で

 「応 諾・せず」

 「煮え 切ら・ない」 

 「態度 だった・為」

 

 「彼」は

 「柄 に・なく」

 「短・気」を

 「起 こ・し」て

 

 「10 年・間」の

 「交・際」に

 「ピリオド」を

 「打・ち」

 

 「別れ る・決心」を

 「し て・しまった」

    そうだ。

 

・「友・人」は
 「上 司・から」の

 「誘い に・対し」て
 「煮え 切ら・ない」

 

 「態度を・取った」

 「為」に

 「折・角」の
 (「せっ・かく」)

 「チャンス」を


 「棒 に・振って」
    しまった。

 

「煮え 切ら・ない」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「優 柔・不断」

   (「ゆう じゅう・ふだん」

 

・「優 柔・とは」

 「煮 え・切らず」

 「ハキハキ・しない」と

 「い う・意味」で

 

 「不 断・とは」

 「グズグズ して・いて」

 「じれ っ・たい」と

 「い う・意味」で

 

 「優柔 不断・とは」

 「慎 重・すぎ」て

 「決断力 に・欠ける」

    と、いう

 

 「ネガティヴ」な

 「ニュアンス」の

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

「煮え 切ら・ない」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「即 断・即決」

   (「そく だん・そっけつ」)

 

・「即 決・即断」

(「そっ けつ・そくだん」)

    と も

 「言・う」

    そうです。

 

 「全く 迷いが・無く」

 「間 髪を・入れず」に

 「決断 を・下す」

    と、いう

 

 「ポジティブ」な

 「ニュアンス」の

 「四 字・熟語」だ

    そうです。



CHEMISTRY」は

(「ケミストリー」)

 

「行き場のない この恋路 に

   煮え切らない メールを 重ね」の

「歌詞 が・ある」

 

「キスから はじめよう」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,011・年」に

「リリース・した」

「セカンド」

「ベストアルバム」

 

CHEMISTRY

   2,001〜 2,011」に

「収 録・され」て

   います。

 

「同・アルバム」は

オリコン・6 位」の

「スマッシュ ヒット・作」に

「成・り」

 

「同・曲」は

「映・画」
「ブーリング家の 姉妹」の

「イメージ・ソング」に

 

「起 用・され」

   ました。

 

「ケミストリー」は

「2,001・年」に

「結 成・され」た

「男 性・2 人 組」の

 

「ツィン・ボーカル」

「ヂュオ」です。

 

「1,999・年」に

「テレビ・東京」が

「企 画・した」

「オーディション・番組」

 

ASAYAN・超男子」で

「2 万人の 応募者・から」

「二・人」が

「選 ば・れ」ました。

 

「二人 の・才能」が

「一つ に・なる」と

「どん な・相乗効果」が

「派 生・ する」か

 

「実 験・したい」

   と、いう

「趣 旨・から」

「プロヂューサー」が

 

「ヂュオ を・提案」し

「英・語」で

「化 学・反応」を

「意 味・する」

 

「ケミストリー」と

「名・付け」ました。

 

「2,001・年」に

「リリース」

   し た
「ファースト・シングル」

 

PIECES OF A DREAM」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・1 位」で

「ミリオン・セラー」を

「記 録・する」

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「PIECES OF A DREAM」

You Go Your Way

「Period」等が

「有・り」ます。

 

「同・年」に

「リリース・した」

「セカンド・シングル」

Point of No Return

 

「同・年」に

「リリース・した」

「サード・シングル」

You Go Your Way」が


「各・々」

オリコン・1 位」に

「成・り」

「デビュー・から」

「シングル・曲」が

「3 作 連続・して」

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,002・年」に

「リリース・した」
「5 th・シングル

「FLOATIN」

 

「同・年」に

「リリース・した」

「6 th ・シングル」

IT Takes Two

 

「2,003 年」に

「リリース・した」

「8 th ・シングル」

「アシタ ヘ カエル」も

「各・々」

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「アルバム」

   で は

 

「18・作品」を

「リリース」し

「内」

「6・作品」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「特・に」

「2,001・年」に

「リリース・した」

「ファースト・アルバム」

 

「The Way Are」は

「アルバム・売り上げ」

「歴 代・42 位」

   と、なる

 

「247・万枚」の

「ダブル・ミリオン」を

「セールス」し

「男 性・アーティスト」の

 

「デビュー・アルバム」

「売 り・上げ」

「歴 代・1 位」を

「達・成」し

 

「同・アルバム」の

「収 録・曲」

You Go Your Way」で

「紅 白・歌合戦」に

 

「初・出場」

   しました。

 

「2,012・年」に

「川畑 要」

「堂珍 嘉邦」の

「本・名」で

 

「ソロ 活動 を・開始」し

「ヂュオ と・して」の

「活・動」を

「休・止」しました。

 

「2,017・年」に

「ヂュオ を・再結成」し

「6 年 振りと・なる」

「3 5 th ・シングル」

 

「Windy」を

「リリース」し

オリコン・7 位」に

「成・り」ました。

 

「2,021 年・10 月」に

「デビュー・20 周年」を

「記 念・して」

「全 国・ツアー」を

 

「開・始」
   しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,001・年」の

You Go Your Way」〜

「2,005・年」の
almost in love」まで

 

「5 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

CHEMISTRY

「キスから はじめよう」

「作・詞」「作・曲」
「合山 端枝」

 

逢い たい

後先も なく 素直に 求めあえたら

行き場の ない この 恋路 に

                          (「こいじ」)

煮え切らない メール を 重ね

僕たち は 行き先も 告げず

引き返せ ない one way to way 

 

心が ふるえる 方へ

ウィンカー をあげた だけ なのに

 

愛して いた sweet love song 

外環を 抜けて

(「がいかん」)

雪 明かり 抱き合って 永久を 誓うよ

                                     (「とわ」)

辿り 着いたら white in love 

秘めた 唇に

かけがえ の ないもの 気付かせ たいよ

もう 言葉じゃ 越えられりゃ しない

キス から. はじめよう 二人 で

 

携帯電話 の ベル が

何度も 鳴るのを 横目 に

もしも 僕が 今 この手で

逃げ場 を 断ち切って みせたら

どんな 顔するの 君 は?

スリル は 現実に 負けるの?

 

心が もつれあう 方へ

その身 を 委ねた だけ なのに

            (「ゆだねた」)

 

愛して. いた sweei love song 

朝焼け を 超えて

縛れない 純愛 に 音色を 変えるよ

                         (「ねいろ」)

分かち合う たび fall in love 

揺れる 眼差し に

かけがえ の ないもの 気付かせ たいよ

もう 誰にも 離せや しない

キス から はじめよう 二人 で

 

もしも 君が 僕を 選ぶ 勇気 を

痛みと 呼ぶの ならば

積み重ね た わずかな 過去 より

鮮やかな 未来 描き 続けるさ

 

愛して いた sweet love song 

外環を 抜けて

雪 明かり 抱き合って 永久を 誓うよ

辿り 着いたら white in love 

秘めた 唇に

かけがえ の ないもの 気付かせ たいよ

もう 言葉じゃ 越えられりゃ しない

キス から はじめよう 二人 で

 

もう 誰にも 離せや しない

キス から はじめよう 二人 で

 

キス から はじめよう 二人 で

 

 

※「業 を・煮やす」

(「ごう を・にやす」)

 

「業 を・煮やす」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「物・事」が
 「思う様 に・進まず」

 「イライラ・する」や

 「相手 の・態度」が

 

 「じれっ たい・のを」

 「我 慢・できず」に

 「腹 を・立てる」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「業 を・煮やす」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「業・とは」

 (「ごう」)

 「仏 教・語」で

 「心 の・動き」と

   「い う・意味」で

 

 「煮や す・とは」

 「火 に・かけ」て

 「熱する 事・から

 「怒り や・苛立ち」の

                 (「いらだち」)

 

 「気 持・ち」を

 「激し く・感じる」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「平静 で・あった」

 「心 の・動き」が

 「怒りで 激しく・なる」

 「事」を

 

 「業 を・煮やす」と

 「表現 した・事」が

 「由・来」だ

    そうです。

 

「業 を・煮やす」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼・女」は

 「優 柔・不断」で
 「ハッキリ・しない」

 「彼 の・態度」に

 

 「業 を・煮やし」

 「サッサ」と

 「違 う・男性」と

 「結 婚・して」しまった。

 

・「上・司」は
 「仕事 は・出来る」が

 「態度 の・悪い」

 「部・下」に

 

 「業 を・煮やして」

 「我 慢・できず」に

 「遂・に」
 「怒鳴 り・付け」た。

 

「業 を・煮やす」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「堪忍袋の 緒が・切れる」

   (「かんにんぶくろの おが・

       きれる」)

 

・「堪忍袋・とは」

 「怒り を・こらえ」て

 「許 す・度量」を

 「袋に 例えた・もの」で

 

 「緒が 切れる・とは」

 「堪忍袋を 結んで・いた」

 「糸や ひもが・切れて」

 「爆発 した・状態」で

 

 「堪忍袋の 緒が・切れる」

    と は

 「我慢が 出来なく・なって」

 「つ い・に」

 

 「怒りが 爆発・する」と

 「い う・意味」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「業 を・煮やす」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。


・「忍 之・一字」

   (「にん の・いちじ」)

 

・「物・事」を
 「成 し・遂げる」

 「為」には

 「我慢 や・忍耐」が

 

 「一 番・大切」

    と、いう

 「意・味」の

 「四 字・熟語」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

 

「中森 明菜」は

(「なかもり あきな」)

 

「限界 なんだわ 坊や

   イライラ するわ」の

「歌詞 が・ある」

 

「十 戒」

(「じっかい」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,984・年」に

「リリース」

   し た

「9 th・シングル」で


オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「十 戒・とは」

「モーゼ」が

「神から 与え・られた」

   と、される

 

「モーゼ の・十戒」の

「事」だと

「思・い」ます。

 

「中森 明菜」は

「1,965 年・生まれ」で

「東京 都・清瀬 市」

「出・身」の

 

「歌・手」

「女・優」です。

 

「松田 聖子」 と

「共・に」

「1,980 年・代」を

「代 表・する」

 

「アイドル」の

「双・璧」で

(「そう・へき」)

「2 大・女王」と

「呼 ば・れ」ました


「1,981・年」

「私・立」

明治大学 附属・

   中野高校 定時制

 

「在 学・中」の

「16 歳の・時」に

「日 本・テレビ 系」で

「放送 されて・いた」


「オーディ・ション」

「番・組」

「スター・誕生」に

「合・格」し

 

「高校 を・中退」し

「芸能 界・入り」

   しました。

 

「1,982・年」

「16 歳の・時」に

「リリース」

   し た

 

「ファースト・シングル」

「スロー・モーション」で

「歌 手・デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

オリコン・30 位」の

「スマッシュ ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「DESIRE」

「セカンド・ラブ」

「十 戒」等が

「有・り」ます。

 

「同・年」に

「リリース・した」

「セカンド・シングル」

「少女 A」が

 

「大・ヒット」し

「知 名・度」が

「一・気」に

「上 が・り」ました。

 

「1,985・年」に
「リリース・した」

「11 th・シングル」

「ミ・アモーレ」と

 

「1,986・年」に

「リリース・した」

「14 th・シングル」

「DESIRE」で

(「デザイア」)

 

「女 性・歌手」
   と、して は

「史 上・初」と

「成・る」

 

「2 年・連続」で
「日本・レコード・大賞」の

「栄・冠」に

「輝・き」

 

「弱 冠・20 歳」で

「押し も・押されぬ」

「歌謡界 の・トップ」に

「上 り・詰め」ました。

 

「現 在・まで」に

 

「51・作品」の

「シングル・作品」を

「リリース・して」

「内」

「21・作品」が

 

「51・作品」の

「アルバム・作品」を

「リリース・して」

「内」
「18・作品」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「女・優」と

   して は

 

「1,985・年」

「20 歳の・時」に

「映・画」
「愛 旅立ち」で

 

「近藤 真彦」と

「W・主演」し

「女 優・デビュー」

   しました。

 

「1,992・年」に
「フ ジ・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

 

「素顔の ままで」で

「安田 成美」と

「W・主演」

   しました。

 

「1,998・年」に

「日 本・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「連 続・テレビ ドラマ」

 

「冷たい 月」で

「永作 博美」と

「W・主演」

   しました。

 

「2,010・年」

「45 歳の・時」

「体 調・不良」に

(「うつ 病・摂食障害」)

   よ り

 

「芸 能・活動 の

「無 期限・休止」を

「発・表」しました。

 

「2,014・年」に

「紅 白・歌合戦」に

「サプライズ・ゲスト」

   と、して

 

「ニューヨーク」

   か ら

「生・中継」で

「歌・い」

 

「芸 能・活動」

   へ の

「復・帰」を
「果 た・し」ました。

 

NHK・ホール」

   で の

「紅 白・出場」は

「無・い」様 です。

 

「現 在・57 歳」

   です が

 

「公の 場・には」

「姿を見せ・ません」が

「アルバム の・発売」等

「音楽 活動・には」

 

「意 欲・的」に

「取 り・組ん」で

「い る」様 です。

 

「私・生活」

   で は

 

「1,989・年」

「24 歳の・時」に

「初恋 の・相手」で

「交際 中・だった」

 

「近藤 真彦」の

「自・宅」で
「リスト・カット」の

「自殺 未遂・事件」を

 

「起 こ・し」て

「マス・コミ」に
「大き く・報道」

「さ れ」ました。

 

「近 藤」と

「松田 聖子」の

「熱 愛・発覚」が

「原・因」で

 

「当・時」
「松田 聖子」は

「俳・優」の
「神田 正輝」と

 

「結 婚 して・おり」

「いわ ゆ・る」

「不 倫・関係」

   でした。

 

「そ の・せい」か

「分か り・ません」が
「現 在・まで」

「明 菜」に

 

「結 婚・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「中森 明菜」

「十 戒」

「作・詞」「売野 雅勇」
「作・曲」「高中 正義」

 

愚図 ね カッコ つけてる だけで

何も ひとりきり じゃ できない

 

過保護 すぎた ようね

優しさ は 軟弱さの 言い訳 なのよ
            (「よわさ」) 

発破 かけたげる さあ カタつけて よ 

(「はっぱ」)

やわな 生き方を 変えられない かぎり   

限界 なんだ わ 坊や・・・

イライラ する わ

 

すぐに 愛を口に するけど

それじゃ 何も 解決 しない  

 

ちょっと 甘い顔 するたび に

ツケ上がる の 悪い 習慣 だわ

                           (「くせ」) 

 

優しい だけじゃ もう 物足り ないの よ

今の 男の子 涙 見せたがり 

甘えてる わ 止めて 冗談じゃ ない

 

ちゃん と ハッキリ してよ この辺 で

ギリギリよ もどかしい わね

 

救い の ない人 ね 哀しく  なる のよ

私 好きなら 方法 あるはず よ

で なきゃ さよなら ね 

いいわ 冗談じゃ ない

 

発破 かけたげる さあ カタ つけて よ

やわな 生き方を

変えられたら きっと

好きに なれた はず・・・坊や

イライラ する わ

 

 

「煮え 切ら・ない」を

「英・語」で

 

 「indecisive」と

 

 (「優 柔・不断」)

 

 「言・う」そうです。