何気なく使っている言葉の意味

「明日は 明日の・風が吹く」

(「あしたは あしたの・かぜがふく」)

 

「皆さん」は

「明日は 明日の・風が吹く」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「明日は 明日の・風が吹く」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「物・事」は
 「なるように しか・ならず」

 「あまり 深く・考えず」に

 「成り行きに・任せた方」が

 

 「良い と・いう」

 「意・味」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「明日は 明日の・風が吹く」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「1,952・年」に

 「公 開・され」た

 「アメリカ の・映画」
 「風と共に 去りぬ」の

 (「Gone with the wind」)

 「中」で

 

 「名・女優」
 「ヴィヴィアン・リー」が

 「扮 し・た」

  「スカーレット・オハラ」が

 「言 っ・た」

 

 「Tomorrow is another day」が

 (「明日は 明日の・風が吹く」)

 (「直訳 で : 明日は また・別の日」)

 「由・来」だ

    そうです。

 

 「映画 の・シーン」

    で は

 「スカーレット・オハラ」が

 「苦境 に・立たされた」

 「場・面」で

 

 「私 には、故郷が ある」

 「明日 は、また 別の日」が

 「あ る・はず よ」と
 「物・事」が

 

 「良い 方向へ・向かう」

 「事 を・信じ」て

 「放 た・れた」

 「名・セリフ」が

 

 「由・来」の

 「ことわざ」だ

    そうです。  

 

 「映 画・では」

 「明日は 良い日に・なる」と

 「希望を 持つ・言い回し」に
 「成っ て・います」が

 

 「現代 の・使われ方」

    で、ある

 「成り行き に・任せる」

    と は

 

 「若・干」

 「ニュアンス」に

 「ズ・レ」を
 「感 じ・ます」が

 

 「明日 が・ある」と

 「前 向・き」に

 「考え る・事」は

 「望 ま・しい」と

 

 「個人 的・には」
 「思・い」ます。

 

「明日は 明日の・風が吹く」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「仕・事」で

 「失敗して・しまった」が

 「彼・女」が

 

 「明日は 明日の・風が吹く」

    か ら

 「くじ け・ないで」と

 「励 ま・して」くれた。

 

・「今日 の・結果」は

 「良 く・なかった」が

 「明日は 明日の・風が吹く」

    と、いう

 

 「ことわざ」を

 「信 じ・て」
 「明・日」も
 「頑・張」ろう。

 

「明日は 明日の・風が吹く」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「沈む瀬 あれば・浮かぶ瀬あり」

   (「しずむせ あれば・

       うかぶせあり」)

 

・「人 生・には」

 「良 い・こと」も
 「悪 いこと」も

 「有・り」

 

 「不運な こと・ばかり」

 「続く わけでは・ない」

    の で

 「くよくよ・して」も

 

 「仕方 が・無い」や

 「無・駄」だ

    と、いう

 「意・味」の

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「明日は 明日の・風が吹く」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「明日ありと 思う心の・仇桜」

 (「あすありとおもうこころの・
       あだざくら」)

 

・「明日 が・ある」と

 「悠・長」に

 (「ゆう・ちょう」)

 「の ん・びり」と

 「構え て・いる」と

 

 「桜 の・花」が

 「風 に・吹かれ」て

 「はか なく・散る」

 「様」に


 「せっ・かく」の
 「好・機」を

 「失う事 に・なる」

    と、いう

 

 「世 の・無常」を

 (「この世に 永遠不変 な
     ものなど・無い」)

 「た と・え」た

 「ことわざ」だ、そうです。

 

 

SHAZNA」は

(「シャズナ」)

 

「踊ろう September Love 

   明日 は 明日」の

「歌詞 が・ある」

 

「すみれ September Love」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,997・年」に

「リリース」

   し た

「セカンド・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「シャズナ」は

「1,993・年」に

「結 成・した」

「男 女・6 人 組」の

 

「ヴィジュアル・系」

「ロック・バンド」

   です。

 

「シャズナ と・いう」

「バンド 名・には」

「特 に・意味」は

「無・い」そうです。

 

「ほ・ぼ」

「同・時期」に

「メジャー・デビュー」
   し た

 

MALICE MIZER

「FANATIC ◇ CRISIS」

「La‘ cryma Christi」と

「共・に」

 

「ヴィジュアル・系」

「ロック・バンド」の

「四 天 王」と

(「してんのう」) 

「呼 ば・れ」ました。

 

「3 年・間」の

「インディーズ」

「経・験」を

「経・て」

 

「1,997・年」に

「リリース・した」

「ファースト・シングル」

Melty Love」で

 

「メジャー・デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は
「テレビ・朝日 系」で

「放 送・され」た

「バラエティー・番組」

 

「所さんの これ

   アリ じゃ ないの?」の

「エンディング・テーマ 曲」に

「起 用・され」て

 

「88・万枚」の

「売 り・上げ」を

「記 録・して」

オリコン・2 位」の

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「White Silent Night」

「すみれ Septenber Love」

Melty Love」等が

「有・り」ます。

 

「続 い・て」

「同・年」に

「リリース」

   し た

 

「セカンド・シングル」

「すみれ Septenber Love」が

「テレビ・朝日 系」で

「放 送・され」た

 

「バラエティー・番組」

「ビート たけし の

   TV タックル」の

「エンディング・テーマ 曲」に

「起・用・され」て

 

「65・万枚」の

「売 り・上げ」を

「記 録・して」

オリコン・2 位」の

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「更・に」

「同・年」に

「リリース・した」

「サード・シングル」

 

「White Silent Night」が

「TBS・テレビ 系」で

「放 送・中」の

「バラエティー・番組」

 

「王様の ブランチ」の

「エンディング・テーマ 曲」に

「起 用・され」て

「自 身・初」の

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「1,998・年」に

「リリース・した」

「ファースト・アルバム」

「GOLD SUN AND

   SILVER MOON」が

 

「ミリオン・セラー」を

「記・録」し

オリコン・1 位」に
「成・り」

 

「シャズナ・現象」と

「呼 ば・れた」

「空 前・絶後」の

「人気 を・獲得」し

 

「テレビ・にも」

「引っ張り・だこ」に

「成・り」ました。

 

「結果 と・して」

「彼・等」に

「待ち 受けて・いた」

   の は

 

「1・日」の

「睡 眠・時間」が

「1〜2 時間・しか」

「無い と・いう」

 

「常軌 を・逸した」

(「じょうき を・いっした」)

「多・忙」な

「スケジュール」でした。

 

「2,010・年」に

「デビュー・から」

「わず か・3 年」

   に、して


「活 動・休止」を

「発・表」しました。  

 

「活動 休止・後」

「メンバー」

「各・人」は

「ソロ・アーティスト」や

 

「俳優 と・して」

「活・躍」しました。

 

「2,006・年」

「6 年・振り」に

「グループ」を

「再 結成・する」も

 

「2,008・年」に

「再 結成・から」

「わず か・2 年」

   に、して 

 

「2,009 年・末」を

「以っ・て」
「解散 する・事」を
「発・表」しました。

 

「2,017・年」に
「メジャー・デビュー」

「20・周年」を

「記・念」して

 

「メンバー」を

「入 れ・替え」

「グループ・名」を

「新 華」に

(「しん か」)

 

「変 更・して」

「再 々・結成」し

「ライブ・活動」を

「中・心」に

「活躍 して・いる」

   そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

SHAZNA

「すみれ September Love」

「作・詞」「竜 真知子」

「作・曲」「土屋 昌巳」


それは 九月 だった

あやしい 季節 だった

夕やみ をドレス に 変えて

君が 踊れば 都会も 踊る

 

まるで マンハッタン・ストーリー

君さえいれば パラダイス

昔 見た シネマ の ように

恋に 人生 賭けて みようか

 

You・You・You・誘惑 の 摩天楼

You・You・You・夢が 花咲く

 

すみれ September Love 

踊ろう September dancing 

明日 は 明日 ライラ ライラ

君は 夢か 幻

すみれ September Love again 

今夜 は September dreaming 

ゆら ゆら ゆられて ライライライライ

 

君は 奇跡 だった

優しい 天使 だった

あきらめ を 覚えかけてた

僕の心 に ふれた 微笑

 

You・You・You・許されるもの ならば

You・You・You・夢の 続き を

 

すみれ September Love 

踊ろう September dancing 

明日 は 明日 ライラ ライラ

君は 君の 幻

すみれ September Love again 

今夜 は September dreaming 

ゆら ゆら ゆられて ライライライライ

 

 

※「風 の・便り」

(「かぜ の・たより」)

 

「風 の・便り」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「風 の・うわさ」と

 「誤用して いる・人」が

 「非常に・多い」

 「慣 用・句」で

 

 「注意 が・必要」な

 「表・現」の
 「代 表・格」だ

    そうです。

 

 「風 の・便り」

    と は

 「何処から とも・なく」

 「伝わっ て・くる」

 

 「うわさ と・いう」

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「風 の・便り」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「風」とは

 「空気 の・流れ」で

 「具体的 な・形」は
 「無 い・もの」の

 

 「常 に・どこか」を

 「ふわ ふわ」と

 「漂っている いる・もの」の

 「事」で

 

 「便・り」とは

 「知らせ や・手紙」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「風 の・便り」

       と は

 「どこから か・吹いてくる」

 「風 の・知らせ」

 

 「転 じ・て」

 「人から 伝わって・きた」

 「うわさ と・いう」

 「意・味」が

 

 「由・来」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「風 の・便り」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「既」に

 「数ヶ月・前」に

 「結婚 して・いた」

 「彼」は

 

 「別れ た・彼女」が

 「結婚 した・らしい」と

 「風の便り で・知り」

 「心・から」

 

 「彼女 の・幸せ」を

 「願 い・祈った」

    そうだ。

 

・「後・輩」が

 「昇 進・した」と

 「風の 便り で・聞き」

 「失礼と は・思った」が

 

 「電話 で・祝意」を
 「伝・え」た。

 

「風 の・便り」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「人伝 に・聞く」

   (「ひとづて に・きく」)

 

・「その 人・から」

 「直接 で・無く」

 「他 の・人」の

 「口 を・通し」て

 

 「聞 い・て」

 「事実 を・知る」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「風 の・便り」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「百聞は 一見に・しかず」

(「ひゃくぶんは いっけんに・しかず」)

 

・「百回 聞く・より」も

 「一回 見た・方が」

 「確実 と・いう」

 「意味 から・転じ」て

 

 「人から 話を・聞いて」

 「分かっ た・気」に

 「なる ので・無く」

 「何・事」も

 

 「自分で・体験して」

 「みる・事」が

 「大・切」だ

    と、いう

 

 「意・味」の

 「ことわざ」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

 

天童よしみ」は

(「てんどう よしみ」)

 

「風の便り なの

   人のうわさ なの」の

「歌詞 が・ある」

 

「美しい 昔」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,003・年」に

「リリース」

   し た

「43 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「天童 よしみ」は

「1,954 年・生まれ」で

「大阪 府・八尾 市」

「出・身」の

 

「演 歌・歌手」

「タレント」です。

 

「演 歌・好き」の

「父親 の・影響」で

「7 歳 の・時」に

「TBS・テレビ 系」の

 

「のど 自慢・番組」

「素 人・名人会」に

「出・場」し
「大人 を ・押し退け」て


「見・事」に

「名 人・賞」を

「獲・得」しました。

 

「そ の・後」も

「多・く」の

「のど 自慢・大会」で

「優・勝」し

 

「のど 自慢・荒らし」と

「呼 ば・れ」ました。

 

「私・立」
「阪緑涼・高校」

「1 年生 に・在学中」で

「15 歳の・時」に

 

「日 本・テレビ 系」の

「オーディション・番組」

「全日本 歌謡・選手権」で

「10 週・連続」で

 

「勝 ち・抜き」

「グランド・チャンピオン」に

「輝・き」
「スカウト・され」ました。


「1,972・年」
「17 歳の・時」に

「リリース・した」

「ファースト・シングル」

 

「風が 吹く」で

「デビュー」

   しました。

 

「し か・し」

「発売 する・曲」は

「全・く」
「売 れ・ず」に

 

「10 年間 に・亘る」
「低迷 期間 が・続き」

「一旦 は・引退」を
「決 意・する」も

 

「両親 の・説得」で

「思 い・とどまり」
   ました。

 

「1,985・年」に

「リリース・した」

「13 th・シングル」

「道頓堀 人情」は

(「どうとんぼり」)

 

「1 ヶ月・間」に

「300 回・以上」の

「営業 を・こなした」

「結・果」

 

「有線 放送・から」

「じわ じわ」と

「人・気」が

「出 始・め」て

 

「80・万枚」を

「セールス・する」

「大 ヒット・曲」に
「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「珍島 物語」

(「ちんど ものがたり」)

「あなたに咲いた 花だから」

「美しい 昔」等が

「有・り」ます。

 

「1,993・年」
「39 歳の・時」に

「リリース・した」

「24 th・シングル」

 

「酒 きずな」で

「デビュー・24 年目」

   に、して

「念・願」の

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「1,996・年」に

「リリース・した」

「28 th・シングル」で

「韓 国・珍島」の

 

「海・割れ」を
「モチーフ に・した

「珍 島 物語」が

「自 身・最大」の

 

「120・万枚」を

「売 り・上げる」

「ミリオン・セラー」を

「記 録・して」

 

「自・身」の

「代 表・曲」の

「一・曲」に
「成・り」ました。

 

「2,003・年」に

「リリース・した」

「43 th・シングル」

「美しい 昔」は

 

ベトナム の・太陽」と

「呼 ば・れた」

「カイン・リー」の

「カバー・曲」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

「紅 白・歌合戦」に

「出・場」し

 

「紅 組・トリ」の

「重・責」を

「務・め」ました。

 

「レコード・大賞」

   で は

 

「1,996・年」の

「珍 島・物語」

「2,012・年」の

「女の 山河」

 

「2,017・年」の

「夕日 おけさ」で

「最 優秀・歌唱賞」を

「受・賞」しました。

 

「私・生活」
   で は

 

「現 在・68 歳」

   です が

「独身 を・貫いて」

「来・た」そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,993・年」の

「酒 きずな」〜
「2,021・年」の

「あんたの 花道」まで

 

「通 算・26 回」

「出 場・中」です。

 

 

「天童 よしみ」

「美しい 昔」

「訳・詞」「高階 真」

「作・曲」「SON・TRINH・CONG」

 

赤い.地の果て に あなた の 知らない

愛が あることを 教えた のは 誰?

風の 便り なの 人の うわさ なの

愛を 知らない で いて くれた ならば

私 は 今も あなた の そばで

生命 つづく まで 夢みてた のに

(「いのち」)

今は 地の果て に 愛を 求めて

雨に 誘われ て 消えて 行く あなた

 

来る日 も 来る日 も 雨は 降り続く

お寺の 屋根 にも 果てしない 道にも

青空 待たず に 花は しおれて

ひとつ また ひとつ 道に 倒れて いく

誰が 誰が 雨を 降らせる のよ

この空 に いつまで も いつまで も

雨よ 降る ならば 思い出 流す まで

涙の ように この大地 に 降れ

 

私 は 今も あなた の そばで

生命 つづく まで 夢みてた のに

今は 地の果て に 愛を 求めて

雨に 誘われ て 消えて 行く あなた

 

 

「明日は 明日の・風が吹く」を

「英・語」で

 

 「Tomorrow is another day」と

 

 (「明日は 明日の・風が吹く」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「思い内に あれば・色外に 現る」

(「おもいうちに あれば・
    いろそとに あらわる」)

 

「皆さん」は

「思い内に あれば・色外に 現る」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「思い内に あれば・色外に 現る」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「色」とは

 「顔色 や・表情」

 「行・動」の

 「事」で

 

 「心」に

 「何 か・思う」

 「事」が

 「有・る」と

 

 「自・然」に
 「表情 や・態度」に

 「現 れ・る」

    と、いう

 

 「た と・え」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「思い内に あれば・色外に 現る」の

「由・来」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません、が

 

「下 記・和歌」に

「関係 が・ある」

「気 が・して」
「成・り」ません。

 

・「しのぶれど 色に出にけり わが恋は

       ものや思ふと 人の問ふまで」

 

 (「心に 秘めてきた けれど、

     顔や表情に 出てしまって いた ようだ。

 「恋の 想いごとでも しているのか?」と

    尋ねられるほどに なっていた。)

 

「思い内に あれば・色外に 現る」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「思い内に あれば・

       色外に 現る」

    と、いう

 「ことわざ」が

 「有・る」が

 

 「彼 の・顔色」で

 「心 の・中」が

 「手に 取る・様」に

 「分・か」る。

 

・「彼・女」は

 「嘘 を・付く」

 「時」に

 「思い内に あれば・

       色外に 現る」で

 

 「まばたき を・する」

 「癖が ある・ので」

 「直・ぐ」に

 「バ レ」て、しまう。

 

「思い内に あれば・色外に 現る」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「隠す より・現る」
   (「かくす より・あらわる」)

 

・「秘密に して・おいた」

 「つも り・でも」

 「隠し事は いつ の・間に」か

 「他人に 知られて・しまう」や

 

 「隠そう と・する」と

 「いつもと 違う・行動」に

 「周囲が 好奇心を・持ち」

 「かえ っ・て」

 「知れ 渡る・事」に
 「成ると いう・意味」の

 「慣 用・句」だ
       そうです。

 

「思い内に あれば・色外に 現る」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「ポーカー・フェイス」

 

・「トランプ・ゲーム」の

 「ポーカー・ゲーム」が

 「由・来」の

 「表・現」で

 

 「感情 や・表情」

 「行・動」等の

 「外 面・部分」を

 「一 切・表さず」に

 

 「一 見・する」と

 「考え て・いる」

 「思・考」や
 「行・動」が

 

 「読め ない・人」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「星野 源」は

(「ほしの げん」)

 

「秘めた 想いは 色づき

   白鳥は 運ぶわ」の

「歌詞 が・ある」

 

「恋」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,016・年」に

「リリース」

   し た

「9 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「星野 源」は

「1981 年・生まれ」で

「埼玉 県・川口 市」

「出・身」の

 

「シンガーソング・ライター」

「俳・優」

「随 筆・家」

「著 作・家」等


「いくつ・も」の

「顔 を・持つ」

「マルチ・タレント」

   です。

 

「校則 や・試験」が

「無い事 で・有名」な

「埼玉県 に・在する」

「中 高・一貫校」の

 

「私・立」
「自由の 森・学園」

「中学生 の・時」に

「ギター と・演劇」を
「始・め」


「同・高校」
「3 年生 の・時」に

「同級生 を・誘い」

「バンド を・結成」し

 

「本 格・的」に

「音 楽・活動」を

「開・始」しました。

 

「高校 卒業・後」に

「松尾 スズキ・主宰」の

「演 劇・集団」

「大人 計画」に

 

「所 属・して」

「芸能 界・入り」の

「キッカケ」に

「成・り」ました。

 

「2,010・年」
「29 歳の・時」に

「リリース・した」

「ファースト・アルバム」

 

「ばかの うた」で

「歌 手・デビュー」

   しました。

 

「同・アルバム」は

オリコン・36 位」

   でした。

 

「代 表・曲」に

 

「喜 劇」

「恋」

「SUN」等が

「有・り」ます。

 

「2,012・年」
「31 歳の・時」に

「くも膜下・出血」を

「発・症」し

 

「2 回 の・手術」を

「受・け」

「退 院・して」
「完治 する・まで」


「2 年・間」

「活・動」を

「休・止」しました。

 

「2014・年」に
「日 本・武道館」で
「復 帰・ライブ」を

「開・催」しました。

 

「同・年」に

「映・画」
「箱入り 息子の 恋」で

「俳 優・デビュー」し

 

「日 本・アカデミー賞

   新人 賞」を

「受・賞」しました。

 

「そ の・後」も

「数・多く」の

「映・画」と

「テレビ・ドラマ」で

 

「主・演」

   しました。

 

「2,015・年」に

「リリース・した」

「8 th・シングル」

「SUN」が

 

「フジ・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

「心が ポキッ とね」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

「大 ヒット・曲」に
「成・り」

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「2,016・年」に

「TBS・テレビ 系」で

「放 送・され」て

「大ヒット・した」

 

「テレビ・ドラマ」

「逃げるは 恥だが 役に立つ」の

「主 題・歌」に

「起 用・され」た

 

「9 th・シングル」

「恋」が

「大・ヒット」し

「恋 ダンス を・含め」

 

「社会 現象・化」

   しました。

 

「2,017・年」に

「リリース・した」

「10 th・シングル」
「Family song」が

 

「自 身・初」の

オリコン・1位」に

「成・り」ました。

 

「2,018・年」に

「リリース・した」

「11 th・シングル」

ドラえもん」が

 

「シングル・曲」

「2 作・連続」で

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,021・年」に

「リリース・した」

「4 th・配信シングル」

「不思議」が

 

ビルボード・ランキング」

「1・位」に

「成・り」ました。

 

「アルバム」

   で は

 

「2,015・年」に

「リリース・した」

「4 th・アルバム」

「YELLOW DANCER」と

 

「2,018・年」に

「リリース・した」

「5 th・アルバム」

「POP VIRUS」が

 

「2 作・連続」で

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「私・生活」

   で は

 

「2,021 年・5 月」

「40 歳の・時」に

「7 才・年下」の

「女・優」

 

「新垣 結衣」と

「結・婚」

   しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,015・年」の

「SUN」〜

「2,021・年」の

「不思議」まで

 

「7 年・連続」で

「出 場・中」です。

 

 

「星野 源」

「恋」

「作・詞」「作・曲」

「星野 源」

 

営み の

(「いとなみ」)

街が 暮れたら 色めき

風たちは 運ぶわ

カラス と 人々の 群れ

 

意味 なんか

ないさ 暮らしが あるだけ

ただ 腹を 空かせて

君の元 へ 帰るんだ

 

物心 ついたら ふと

見上げて 思うこと が

この世に いる 誰も

二人 から

 

胸の中に あるもの

いつか 見えなく なるもの

それは 側に いること

いつも 思い出し て

君の中 に ある もの

距離の中 に ある 鼓動

恋をした のさ 貴方 の

指の 混ざり 頬の 香り

夫婦 を 超えて ゆけ

 

みにくい と

秘めた 想いは 色づき

白鳥は 運ぶ わ

当たり前 を 変えながら

 

恋せずに いられない な

似た 顔も 虚構 にも

          (「きょこう」)

愛が 生まれる のは

一人 から

 

胸の中 に あるもの

いつか 見えなくなる もの

それは 側に いること

いつも 思い出し て

君の中 に あるもの

距離の 中に ある 鼓動

恋をした の 貴方 の

指の 混ざり 頬の 香り

夫婦 を 超えて ゆけ

 

泣き顔 も 黙る 夜も

揺れる 笑顔 も

いつまで も いつまで も

 

胸の中 に あるもの

いつか 見えなくなる もの

それは 側に いること

いつも 思い出し て

君の中 に ある もの

距離の中 に ある 鼓動

恋をした のさ 貴方 の

指の 混ざり 頬の 香り

夫婦 を 超えて ゆけ

二人 を 超えて ゆけ

一人 を 超えて ゆけ

 


※「焼き餅 は・狐色」

(「やきもち は・きつねいろ」)

 

「焼き餅 は・狐色」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「嫉妬 する・なら」
 「ほんのり・黄金色」に

            (「キツネ・色」)

 「なる・くらい」が

 「丁 度・良い」

 

 「女・性」の
 「適度 の・焼き餅」は

 「可愛 ら・しく」て

 「好 ま・しい」が

 

 「度 を・過ぎる」と

 「嫌 わ・れる」

    と、いう

 「戒・め」の

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「焼き餅 は・狐色」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「ヤキ・モチ」は

 「妬・く」

 (「や・く」)

 「事」か ら

 

 「焼・く」と

 「か け・て」
 「洒・落」で
 (「シャ・レ」)

 

 「餅」が

 「添 え・られ」た

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「焼き餅 は・狐色」の

「代 表・的」な

「使 用・例」

「下・記」だ、そうです。

 

・「焼き餅 は・狐色」

    と、いう 

 「ことわざ」の

 「様」に

 

 「ヤキモチ」も

 「焼 き・餅」も

 「ほ ど・ほど」に

 「上手く 焼 く・のが」

 

 「長・く」

 「愛 され・続ける」

 「為」の

 「コ・ツ」だ、そうだ。

 

・「嫉 妬・する」のは

 「自・分」に
 「自信 が・ない」

 「か ら」だ、 そうだ。

 

 「焼き餅 は・狐色」で

 「度 の・過ぎた」

 「嫉妬をする・暇」が

                    (「ひま」)

 「有っ・た」ら

 

 「自分 の・魅力」を

 「磨 い・て」
 (「みが い・て」)

 「自信 を・つける」

 「べ き」だ、そうだ。

 

「焼き餅 は・狐色」の

「類 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「焼き餅焼く とて・手を焼くな」

   (「やきもちやく とて・

       てをやくな」)

 

・「嫉・妬」も

 (「しっ・と」)
 「度 を・越せ」ば

 「災い を・招く」

    か ら


 「ほどほど に・せよ」

    と、いう

 「戒・め」の

 「ことわざ」です。

 

 「手 を・焼く」は

 「処置 に・窮する」

            (「きゅうする」)

     と、いう

 

 「意・味」だ

      そうです。

 

「焼き餅 は・狐色」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「女房の 妬く ほど・

       亭主 もても せず」)

   (「にょうぼうの やく ほど・

       ていしゅ もても せず」)


・「妻 という・もの」は

 「と・かく」

 「ヤキモチ」を

 「妬く もの・だが」

 

 「妻」が

 「考え る・ほど」

 「夫」が

 「モテ る・こと」は

 

 「無い と・いう」

 「意・味」の

    「ことわざ」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

チェッカーズ」は

 

「哀しくて ジェラシー」

    (「しっと、ねたみ」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

1984・年」に

「リリース」

   し た

「サード・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

チェッカーズ」は

 

「1,980・年」に

「結 成・した」

「男 性・7 人 組」の

「ポップス・バンド」で

 

「デビュー・時」の

「キャッチ・フレーズ」は

「退 屈・退治」でした。

(「たい くつ・たいじ」)

 

「1,983・年」に

「リリース」

   し た
「ファースト・シングル」

 

「ギザギザハートの 子守唄」で

「デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

オリコン・8 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「涙の リクエスト」

「哀しくて ジェラシー」

「ジュリアに 傷心」等が

「有・り」ます。

 

「1,984・年」に
「リリース」

   し た

「セカンド・シングル」

 

「涙の リクエスト」が

オリコン・2 位」の

「大 ヒット・曲」に
「成・り」

 

チェッカーズ」の

「名・前」を

「一躍 に・して」

「全国区 に・押し上げ」

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「同・年」に

「リリース・した」

「サード・シングル」

「哀しくて ジェラシー」が

 

「自 身・初」の

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「こ の・時点」で

オリコン・トップ 10」に

「デビューから の・3 曲」が

「同・時」に

 

「ランクイン・する」

   と、いう

「異 常・事象」が

「起・き」ました。

 

「そ の・人気」は

「社会 現象・化」し

「ファッション」

「等」にも

 

「大き な・影響」を

「与・え」ました。

 

「1,992・年」に

「メンバー・各々」が

「ソロ 活動・する」

「事 を・理由」に

 

「惜しま れ・つつ」

「グループ」を

「解・散」しました。

 

「ボーカル」を

「担 当・した」

「藤井 フミヤ」は

「ソロ・デビュー」し

 

「TRUE LOVE」

「ANOTHER ORION」

「Go the Distance」

「勝利の 空へ」等の

 

「大 ヒット・曲」を

「世 に・送り出し」

   ました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は 

 

「1,984・年」の

「涙の リクエスト」〜

「1,992・年」の

「フェア ウェル・

   メドレー」まで

 

「9 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

チェッカーズ

「哀しくて ジェラシー」

「作・詞」「売野 雅勇」

「作・曲」「芦沢 廣明」

 

濡れた 瞳 ah han han 

お前の 罠 ah han han 

     (「わな」)

泣いてちゃ 解らないぜ

lonely lonely lonely lonely 

浮気な 恋 ah han han 

言い訳 する ah han han 

その瞳 せつない ぜ Jealously 

愛されて いるのに いけない

Your heart 

 

男と 女は すれ違い

初めて 本気で 愛した のに

男と 女は 哀しい ね

二つ の 淋しさ 重ねた から

Wow Wou Jealousy

 

胸に 嵐 ah han han 

吹き 荒れる よ ah han han 

肌に 刺さる うしろめたさ

lonely lonely lonely lonely 

濡れた 髪をah han han 

ふいて やるさ ah han han 

虚しさを 消して くれるJealousy

(「むなしさ」)

愛されて いるのに いけない

Your heart

 

男と 女で 見る夢は いつでも 裏切り

背中 合わせ

男と 女は 哀しいね

二つの 淋しさ 重ねたら

Wow Wou Jealousy

男と 女は すれ違い

初めて 本気で 愛した のに

男と 女は 哀しいね

二つの 淋しさ 重ねたら

Wow Wou Jealousy

 

 

「思い内に あれば・色外に 現る」を

「英・語」で

 

 「If you have it in your mind,

    it will appear out of color」と

 

 (「思い内に あれば・色外に 現る」)

 

 「言・う」そうです。

 

 

何気なく使っている言葉の意味

「一線 を・画す」

(「いっせん を・かくす」)

 

「皆さん」は

「一線 を・画す」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「一線 を・画す」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「境界線 を・引いて」

 「けじめ を・つける」や

 「区切り を・つける」

    と、いう


 「意・味」の
 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 「似 た・意味」を

 「持 つ・言葉」に

 「一線 を・引く」が

     (「いっせん を・ひく」)

 「有 り・ます」が


 「恋人との・関係」に
 「一線 を・引く」や

 「友人 と・一線」を

 「引 い・て」

 

 「心 を・閉ざす」の

 「様」に

 「境 界・線」を

 「引 い・て」

 

 「それ を・超えない」

 「暗黙 の・ルール」を

 「築・き」

 「互い に・守る」等

 

 「人に 対して・のみ」

 「用い ら・れる」

 「表・現」で

 「使 い・道」が

 

 「限 定・され」て

      います。

 

 

「一線 を・画す」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「昔」は

 「一線 と いう・言葉」も
 「画す と いう・言葉」も

 「ど ち・ら」も

 

 「線 を・引く」

    と、いう

 「意 味・だった」

    そうです。

 

 「時代 に・つれ」て

 「意味 が・多様化」し

 「ハッキリ・区別する」

    と、いう

 

 「意・味」に

 「変化 した・事」が

 「由・来」だ

    そうです。

 

「一線 を・画す」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「上・司」は

 「部・下」と

 「一線 を・画す」

 「為」に

 

 「常・に」

 「威厳 ある・態度」を

 「取 り・続け」て

    いた。

 

・「彼・女」の

 「歌 う・歌」は

 「他 の・人達」の

 「歌う 歌・とは」

 

 「明 ら・か」に

 「一線 を・画して」

    い て

 「おもむろ」に

 

 「彼・女」が

 「歌 い・出す」と

 「そ れ・まで」

 「騒々 し・かった」

 

 「店・内」は

 「一瞬 に・して」

 「水 を・打った」

 「様」に

 

 「静 まり・かえって」

    しまった。

 

「一線 を・画す」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「群 を・抜く」

   (「ぐん を・ぬく」)

 

・「大勢 の・中」で

 「能力 や・成績」

 「技術 や・容姿」

 「等」が

 

 「ず ば・抜け」て

 「優れ て・いる」
    と、いう

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「一線 を・画す」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「十 把・一絡げ」

   (「じっ ぱ・ひとからげ」)

 

・「様々 な・物」を

 「大・雑把」に
 (「おお・ざっぱ」)
 「ひ と・まとめ」

       に、して」

 

 「明確 な・区別」を

 「付 け・ず」に

 「扱 う・時」に

 「用い る・表現」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです

 

 

「amazarashi」は

(「アマザラシ」)

 

「境 界 線」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,021・年」に

「リリース」

   し た

「7 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「アマザラシ」は

「2,007・年」に

「結 成・した」
「青森 県・出身」の

 

「男 女・2人 組」の

「ロック・バンド」

   です。

 

「芸・名」は

「日常 に・降りかかる」
「悲しみ や・苦しみ」を

「雨 に・例え」て

 

「僕・ら」は

「雨 ざらし・だが」

(「アマ・ザラシ」) 

「そ れ・で も」

「良 い・歌」を

 

「歌 い・たい」

 と、いう

「意味 を・込め」で

「名・付け」ました。

 

「1 年・間」の

「インディーズ」

「経・験」を

「経・て」

 

「2,010・年」に

「リリース・した」

「ファースト」

「ミニ・アルバム」

 

「爆弾の 作り方」で

「メジャー・デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

「全 く・売れず」

オリコン・圏外」

   でした。

 

「代 表・曲」に

 

「季節は次々 死んでいく」

「空に 歌えば」

「境 界 線」等が

「有・り」ます。

 

「アマザラシ」の

「ライブ」は

「楽曲 に・込めた」

「メッセージ」を

 

「伝 え・たい」

「為」に

「ステージ の・前面」に

「紗幕 を・張り」

(「しゃまく」)

 

「その裏 で・演奏」し

「姿 を・見せない」
「スタイル」で

「行 な・われ」る

   そうです。

 

「2,013・年」に

「リリース・した」

「7 rh・ミニ・アルバム」

「ねえママ あなたの言う通り」が

 

「自 身・初」の

オリコン

「トップ・10 入り」

   しました。

 

「2,015・年」に

「台 湾・にて」

「自 身・初」の

「海 外・ライブ」を

「開・催」しました。

 

「2,017・年」に

「リリース・した」
「サード・シングル」

「命に ふさわしい」が

 

「シングルス」で

「自 己・最高 位」の

オリコン・5位」に

「成・り」ました。

 

「2,018・年」に

「リリース」

   し た

「6 th・映像 作品」

 

理論武装 解除」が

「自 身・唯一」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,020・年」に

「リリース・した」

「5 th・アルバム」

「ボイコット」が

 

「アルバム」で

「自 己・最高 位」の

オリコン・2位」に

「成・り」ました。

 

「2,021 年・11 月」に

「リリース・した」

「7 th・シングル」

「境 界 線」が

 

「日 本・テレビ 系」で

「放 送・され」た
「テレビ・アニメ」

「エイティー・シックス」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」
   ました。

 

「紅 白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」 様 です。

 

 

「amazarashi」

「境 界 線」

「作・詞」「作・曲」
「秋田 ひろむ」

 

どんな 風景 その目 に 映した

星が 灯った 最後の 瞬き

(「ともった」)

諦観、それも 今となれば 野暮 か

(「ていかん」)

夜は 暗い 誰も 明かりを 持たねば

 

誰も 知ら ない 名付け られ ない

僕らの 火花 が 少し 照らした のは

干からびた 土 焦げた 瓦礫

                           (「がれき」)

確かに 笑った 君の日々

 

境界線 の 向こう側 で

忘れさられ 終わる 定め

そう 知り ながら

屈服する ことを 許さぬ あの声 は

かつて の 戦友 か 己の 心か

存在意義 は いつだって 自分 以外

例えば 君 その声 だけ

届く 距離 ならば

微かに 灯る 火を

(「かすか」)

僕は 希望だって

呼べる 気が したんだ

 

こんな 風景 見たくは なかった

泣いた 声を 塞いだ 泣き声

            (「ふさいだ」)

「向こうは 怖い」と

どでかい 声が して

それが 伝播して 残響が 人を 刺した

       (「でんぱ」)

善良を 粗暴へ 容易く 変える

                 (「たやすく」)

その一声 は 紛れない 正義 だ

惨い 獣に 姿を 変える のは

(「むごい」)

いつの 時代も 守る ため

 

境界線 の 向こう側 で 

打ちのめされ て

悲嘆に 暮れて それでも 尚

自分 偽ることを

咎める あの声 は

(「とがめる」)

故郷の 残像 か 己の 心か

存在意義 は いつだって 自分 以外

例えば 君 その声 だけ

届く 距離 ならば

微かに 灯る 火を

僕は 希望だって

呼べる 気が したんだ

 

薄情な 決断 も 

選び取った 無謀 も

屈した 敗北 も 

妥協した 選択肢 も

こう ならざるを 得なかった

昨日を 恨む から 

次こそ 選ぶんだ

僕が 許せる 僕を 今日も

 

境界線 の 向こう側で 

足掻く 人々

(「あしかく」)

嘆く 人々 目に しながら

沈黙すること を 選択する ならば

僕らは 共犯者 人たりえた のか

存在価値 は いつだって 自分の 中

個々に 宿る 銘々の 色

胸に 抱いた なら 

微かに 灯る 火が

最後の 星空 と 

どこか 似ていた んだ

 

 

※「平行線 を・辿る」
 (「へいこうせん を・たどる」)

 

「平行線 を・辿る」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「ど こ・まで」も

 「意見 や・主張」の
 「対立 が・続いて」

 「妥協 や・一致」を

 

 「みない と・いう」

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「平行線 を・辿る」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「平・行」な

 「位置関係 に・ある」

 「二本 の・線」は
 「いつ まで・経って」も

 

 「決 し・て」

 「互・い」に
 「交わ ら・無い」

 「事」が

 

 「由・来」だ

       そうです。

 

「平行線 を・辿る」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「こ れ・では」

 「お互い の・意見」は

 「い つ・まで」

 「経っ て・も」

 

 「平行線 を・辿る」

 「だ け・だから」
 「今日 の・話し合い」は

 「打 ち・切り」

 

 「次・回」に
 「持ち 越す・事」に
      しよう。

 

・「子育て の・方針」に

 「付 い・て」
 「夫婦 の・意見」が

 「分 か・れて」

 

 「どちら も・譲らず」

 「平行線 を 辿った」

    ま ま、だった。

 

「平行線 を・辿る」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「水 掛け・論」

   (「みず かけ・ろん」)

 

・「互・い」が

 「相手 の・話」に

 「耳・を」

 「貸・さず」

 

 「自分 の・主張」を

 「譲 ら・ず」に

 「話・し」が

 「一・向」に

 

 「前 に・進まない」

    と、いう

 「意・味」の

 「慣 用・句」で

 

 「会・議」に

 「於 い・て」は

 「避け る・べきだ」と

 「言 わ・れて」います。

 

「平行線 を・辿る」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「鶴 の・一声」

  (「つる の・ひとこえ」)

 

 「様々 な・意見」を

 「持っ た・人達」が

 「議 論して・いる」
 「時」に

 

 「否 応・無し」に

 (「いや おう・なし」)
 「自分 の・意見」に

 「従 わ・せる」

 

 「絶 対・的」な

 「有 力・者」や

 「権 威・者」が

 「放・つ」

 

 「一言 と・いう」

 「意・味」の

 「慣 用・句」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

perfume」は

(「パヒューム」)

 

「距離は 平行線

   一番大事な 気持ちを」の

「歌詞 が・ある」

 

「願 い」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,009・年」に

「リリース」

   し た

「サード・アルバム」

 

「トライアングル」

「収 録・され」て

   います。

 

「同・アルバム」は

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「パヒューム」は

「2,000・年」に
「広島 県」で

「結 成・され」た

 

「女 性・3 人 組」の

「音 楽・ユニット」

   です。

 

Perfume」は

「英・語」で
「香・水」の

「意・味」です。

 

「インディーズ・での」

「3 年・間」の
「下積 み・経験」を

「経・て」

 

「2,005・年」に

「リリース」
   し た

「ファースト・シングル」

 

「リニア モーター・ガール」で

「メジャー・デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

オリコン・99 位」と

「振る い・ません」

   でした。

 

「代 表・曲」に

 

「再 生」

FLASH

「ナナナナナイロ」等が

「有・り」ます。

 

「2,007・年」に

「リリース・した」

「5 th・シングル」

「ポリ・リズム」が

 

オリコン・4 位」に

「成・り」

「紅 白・歌合戦」に
「初・出場」しました。

 

「2,008・年」に

「リリース・した」

「サード・アルバム」
「GAME」が

 

「自 身・初」の

オリコン・1位」に

「成・り」

 

「レコード・大賞・

   優秀 アルバム 賞」を

「受・賞」しました。

 

「同・年」に

「リリース・した」
「7 th・シングル」

love the world's」が

 

「シングル・曲」で

「自 身・初」の

オリコン・1位」に

「成・り」

 

「大・ブレイク」し

「パフューム」

「人・気」は

「社 会・現象」を

 

「巻 き・起こし」

   ました。

 

「2,010・年」に

「東 京・ドーム」で

「単 独・ライブ」を

「開・催」しました。

 

「国・内」の

「女 性・グループ」が

「東 京・ドーム」で

「単 独・ライブ」を

 

「開催 する・のは」

「SPEED」に

(「スピード」

「次・ぎ」


「史 上・2 組 目」

   でした。

 

「2,012・年」に

「自 身・初」の
「海 外・公演」を

「台湾・香港」

 

「韓 国」

シンガポール」で

「開・催」しました。

 

「現 在・まで」に

 

「27・作品」の

「シングル・曲」を

「リリース」し

「内」

「2・作品」が

 

「9・作品」の

「アルバム・曲」を

「リリース」し

「内」

「8・作品」が

 

「17・作品」の

「映 像・作品」を

「リリース」し

「内」

「9・作品」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,008・年」の

「ポリ・リズム」〜

「2,021・年」の

「ポリゴン・ウェイブ」まで

 

「14 年・連続」で

「出 場・中」です。

 

 

perfume

「願 い」

「作・詞」「作・曲」
「中田 ヤスタカ」

 

早く目が 覚めた 今日 の

髪を なでる 風

キミ の ことが ぼんやり と

浮かぶ 雲みたい だね

空が 高くなって きて

肌寒い 空気

キミ は 何を 思うの?

一人 考えて いた

 

もう少し の 勇気が あれば

叶うかも しれない よね

だけど もしか したらって

距離 は 平行線

一番 大事な 気持ち を

後回しに してきた ね

2 つ に 分かれた 自分

くっつける ための 願い

 

長く 眠れた 今日 の

心地よい 風 に

のせて 歌う 鼻歌

ラララ ラララ ラララ

空が 高くなって きて

肌寒い 夜に

キミ は 何を 思うの?

一人 考えて いた

 

もう少し の 勇気が あれば

叶うかも しれない よね

だけど もしか したらって

距離 は 平行線

一番 大事な 気持ち を

後回しに して きたね

2 つ に 分かれた 自分

くっつける ための 願い

 

もう少し の 勇気が ないと

叶わない こと ばかり で

だけど もしか したらって

距離 は 平行線

一番 大事な 気持ち に

嘘は つけない と 決めた

遠回り を したけど

これが 本当の 願い

 

 

「一線 を・画す」を

「英・語」で

 

 「Stand out from others」と

 

 (「一線 を・画す」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「嵐の前 の・静けさ」

(「あらしのまえ の・しずけさ」)

 

「皆さん」は

「嵐の前 の・静けさ」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「嵐の前 の・静けさ」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「普段 の・落ち着いた」

 「静けさと は・異なり」

 「こ の・後」に

 「何・か」

 

 「大変 な・事」が

 「起こ り・そう」な

 「予感 や・不安」を

 「感じ る・様」な

 

 「不気味 な・静けさ」

    と、いう

 「意・味」の

 「ことわざ」だ、そうです。

 

「嵐の前 の・静けさ」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「暴風雨 の・来襲前」に

 「一時的 に・風雨が収まり」

 「静かな状態 に・なる」

    と、いう

 

 「気 象・現象」が

 「由・来」の

 「表・現」だ

    そうです。

 

「嵐の前 の・静けさ」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「普・段」は

 「口数 の・多い」
 「上司 の・沈黙」に

 「彼」は

 

 「嵐の前 の・静けさ」

    と、でも

 「言 う・べき」

 「不 気・味」で


 「不吉 な・予感」を

 「感 じ・た」そうだ。

 

・「彼 女・との」

 「音 信・不通」は

 「今・思え」ば

 「嵐の前 の・静けさ」

 

 「だった の・だと」

 「気付 い・た」が
 「既・に」
 「手・遅れ」だった。

 

「嵐の前 の・静けさ」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「虫 の・知らせ」

   (「むし の・しらせ」)

 

・「何 の・根拠」も

 「無 い・のに」

 「良く ない・出来事」が

 「起こ り・そうだ」と

 

 「胸騒ぎ が・して」

 「怯 え・る」

 (「おび え・る」)

    と、いう

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」だ

      そうです。

 

「嵐の前 の・静けさ」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「幸先 が・いい」

   (「さいさき が・いい」)

 

・「物事 を・始める」に

 「当 た・り」

 「何か 良い・こと」が

 「有・り」

 

 「今・後」も

 「上手 く・いきそう」な

 「予感 が・する」
    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 

「太田 裕美」は

(「おおたひろみ」)

 

「September rain rain 

   九月の 雨の 静けさ が」の

「歌詞 が・ある」

 

「九月 の 雨」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,977・年」に

「リリース」

   し た

「9 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「太田 裕美」は

「1,955 年・生まれ」で

「東京 都・荒川 区」

「出・身」の

 

「シンガーソング・

   ライター」です。

 

「小 学・3 年生」の

「時」に

「家 庭・教師」を

「迎・え」て

 

「ピアノ」を

「習 い・始め」

「コーラス・部」に

「所・属」しました。

 

「1,967・年」に

「私・立」

「上野 学園・中学」

「音声 指導・科」

 

「声 楽・科」に

「進・学」しました。

 

「中 学・3 年生」の

「時」に

「友・人」の

「代 わ・り」に

 

「スクール・メイツ」の

「オーディション」を

「受・け」て

「合・格」し

 

「学校 に・内緒」で

「タレント・養成所」

「東京 音楽・学院」に

「入・学」しました。

 

「1,972・年」

「上野 学園・高校」

「3・年生」の

「時」に

 

NHK の・テレビ番組」

「ステージ・101」の

「レギュラー・グループ」

「ヤング・101」の

 

「オーディション」に

「合・格」し
「同・番組」に

「レギュラー」で

 

「出・演」

   しました。

 

「1,973・年」に

「テレビ・朝日 系」の

「オーディション」

「番・組」

 

「スター・オン・ステージ・

   あなたなら OK」で

「グランプリ」を

「獲 得・して」

「音楽 事務所・から」

「スカウト・され」

「芸能 界・入り」

   しました。

 

「1,974・年」

「19 歳の・時」に
「リリース・した」

「ファースト・シングル」

 

「雨 だれ」を

「ピアノ・弾き語り」で

「歌 唱・して」

「デビュー」し

 

「レコード・大賞・
   新人 賞」を

「受・賞」しました。

 

「代 表・曲」に

 

「木綿の ハンカチーフ」

「九月 の 雨」

「赤い ハイヒール」等が

「有・り」ます。

 

「1,975・年」に

「リリース」

   し た

「4 th・シングル」

 

「木綿 のハンカチーフ」が

「87・万枚」を

「売 り・上げ」

オリコン・2 位」で

 

「自身・最大」の

「ヒット曲 に・なり」

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。


「当・時」は

「アイドル・歌手」の

「様」な

「扱い を・受け」

 

「学 園・祭」に

「多 数・出演」し

「学 園・祭」の

「女・王」の

 

「異・名」を

「取・り」ました。

 

「木綿の ハンカチーフ」は

「現 在・でも」

「幅広 い・世代」の

「人 達・から」

 

「深 い・愛着」と

「思 い・入れ」を

「寄 せ・られ」て

「老 若・男女」

 

「多く の・ファン」に

「愛され て・いる」

   そうです。

 

「1,977・年」に

「リリース」した

「9 th・シングル」

「九月 の 雨」が

 

「大・ヒット」し

「2 回・目」の
「紅 白・出場」に

「於 い・て」は

 

キャンディーズ

「山口 百恵」

桜田 淳子」が

「各・々」

「傘を 差し・ながら」

「バック・ダンサー」を
「務・め」ました。

 

「1,982・年」に

「歌 手・活動」を

「一 時・休業」し

「語学習得 の・為」に

 

「ニューヨーク」に

「8 ヶ月・間」

「単 身・留学」

   しました。

 

「現 在・67 歳」

   です が

 

「2,020 年・には」

「20 回・以上」の

「ライブ」に

「参 加・する」等

 

「現役 と・して」

「第・一線」で

「活躍 して・いる」

   そうです。

 

「私・生活」

   で は

 

「1,985・年」

「30 歳の・時」に

「1 歳・年上」で

「実 業・家」

 

「音 楽・プロヂューサー」

「ディレクター」の

「福岡 智彦」と

「結・婚」し

 

「1,989・年」に

「長・男」が

「1,991・年」に

「二・男」が

 

「各・々」

「誕・生」しました。

 

「2,019・年」

「64 歳の・時」に

「乳・がん」が

「見つ か・る」も

 

「手術 に・より」

「完 治・した」

   そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,976・年」の

「木綿の ハンカチーフ」〜

「1,980・年」の

「南 風・SOUTH WIND」まで

 

「5 年・連続」で

「出・場」しました。 

 

 

「太田 裕美」

「九月 の 雨」

「作・詞」「松本 隆」

「作・曲」「筒美 京平」

 

車の ワイパー 透かして 見てた

都会に うず巻く イリュミネーション

くちびる 噛みしめ タクシー の 中で

あなた の 住所を ポツリ と 告げた

September rain rain 

九月の雨 は 冷たくて

September rain rain 

思い出に さえ 沁みて いる

                 (「しみて」)

愛は こんなにも 辛いもの なら

私ひとり で 生きて いけない

September rain 

九月の雨 は 冷たくて

 

ガラスを飛び去る 公園通り

あなたと座った 椅子も 濡れてる

さっき の 電話で あなた の 肩の

近くで 笑った 女は 誰なの?
                  (「ひと」)

September rain rain 

九月の雨 の 静けさ が

September rain rain 

髪の しずくを ふるわせる

愛が こんなに 悲しいの なら

あなたの 腕に たどりつけ ない

September rain 

九月の雨 の 静けさ が

 

季節に 褪せない 心が あれば

        (「あせない」)

人って どんなに 幸福 かしら

ライト に 浮かんで 流れる 傘に

あの日 の 二人が 見える 気もした

September rain rain 

九月の雨 は 優しくて

September rain rain 

涙も 洗い流す のね

愛が 昨日を 消して 行くなら

私 明日に 歩いてく だけ

September rain rain 

九月の雨 は 冷たくて

September rain rain 

九月の雨 は 優しくて

 

 

※「台 風・一過」

(「たい ふう・いっか」)

 

「台 風・一過」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「台 風・一家」は

 「誤 字・なの」で

 「注意 が・必要」だ

    そうです。

 

 「台・風」が

 「通り 過ぎた・後」に

 「空 が・晴れ渡り」
 「気温 が・上昇」し

 

 「清 々・しい」

 (「すが すが・しい」)

 「良い天気 に・なる」

 「事 から・転じ」て

 

 「騒動 が・収まり」

 「晴れ晴れ と・する」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

「台 風・一過」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「昭 和・10 年」に
 「北条 清一 と・いう」

 「小説家 が・書いた」と

 「言 わ・れる」

 

 「武州 このごろ 記」の

 「中」に

 「台 風・一過」の

 「一文 が・あり」

 

 「こ れ」が

 「由 来・だと」

 「され て・いる」

    そうです。

 

「台 風・一過」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「監 督・官庁」の

 「立ち 入り・検査」で

 「嵐の ような・忙しさ」に

 「見 舞わ・れた」が

 

 「無事 に・終わり」

 「社 員・一同」

 「台 風・一過」の

 「心・境」だった。

 

・「誤 っ・て」

 「消し て・しまった」

 「データ」が

 「復 元・出来」て

 

 「彼 の・心」は

 「正・に」

 「台 風・一過」の

 「様」に

 

 「晴れ晴れ と・した」

 「気持 ち・だった」

    そうだ。

 

「台 風・一過」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「雨 過・天晴」

(「う か・てんせい」)

 

・「雨 が・止み」

 「空 が・晴れ渡る」

 「事 から
 「転・じ」て

 

 「悪かった・状況」が

 「好 転・する」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

「台 風・一過」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「渦中 に・巻き込まれる」
   (「かちゅう に・

       まきこまれる」)

 

・「台風 の・渦」に

                 (「うず」)

 「巻き 込ま・れる」

 「様」に

 

 「いつの 間・にか」

 「事件 や・争い」等の

 「ゴ タ・ゴタ」に

 「引 き・込まれ」て

 

 「そ こ・から」

 「抜け 出せ・なく」

 「成・る」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」です。

 

 「辺・り」が
 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

 

「岩崎 宏美」は

(「いわさき ひろみ」

 

「たとえ 嵐でも

   たとえ 遠くでも」の

「歌詞 が・ある」

 

「ロマンス」

(「恋 愛・物語」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,975・年」に

「リリース」

   し た

「セカンド・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に
「成・り」ました。

 

「岩崎 宏美」は

「1,958 年・生まれ」で

「東京 都・江東 区」

「出・身」の

 

「歌・手」

「女・優」です。

 

「タッチ」が

「代 表・曲」で

「歌 手・女優」の
「岩崎 良美」は

 

「3 歳・年下」の

「実・妹」です。

(「じつ・まい」)

 

「中 学・3 年生」の

「時」に

「日 本・テレビ」の

「オーディション・番組」

 

「スター・誕生」に

「出・場」し
「最 優秀・賞」に
「輝・き」


「8 社・から」

「スカウト を・受け」

「ビクター・レコード」と

「契・約」し


「芸能 界・入り」

   しました。

 

「1,975・年」
「私・立」
「堀 越・高校」

「在 学・中」に

 

「リリース」した

「ファースト・シングル」

「二 重 唱」で

(「ヂュエット」) 

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・19 位」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「聖母たちの ララバイ」

(「マドンナ」)

「ロマンス」

「思 秋 期」等が

「有・り」ます。

 

「同・年」に

「リリース」
   し た

「セカンド・シングル」


「ロマンス」が

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「レコード・大賞・
   新人 賞」他

「各種 新人賞・レース」を

「総ナメ に・して」

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」し
「紅・組」

「トップ・バッター」の

 

「重・責」を

「務・め」ました。

 

「同・年」に

「リリース」

   し た

「サード・シングル」

 

「センチメンタル」が

「連 続・して」

オリコン・1 位」に

「成・り」

 

「春」の

「選抜 高校・野球大会」の

「入場 行進・曲」に

「採 用・され」ました。

 

「1,977・年」に

「リリース・した」

「11 th・シングル」

「思 秋 期」で

 

「レコード・大賞・
   歌唱 賞」を

「受・賞」しました。

 

「1,982・年」に

「リリース」した

「28 th・シングル」

「聖母たちの ララバイ」が

 

「日 本・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「火曜 サスペンス・劇場」の

「主 題・歌」に

 

「起 用・され」て

「130・万枚」を

「売 り・上げ」る

「ミリオン・セラー」を

 

「記・録」し

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「春」の

「選抜 高校・野球大会」の
「入 場・行進曲」に

「採 用・され」ました。

 

「1,986・年」に

「実・妹」の

「岩崎 良美」が

「歌・い」

 

「大 ヒット・曲」に

「成 っ・た」

「青 春」が

(「タッチ の・主題歌」) 

 

「春」の

「選抜 高校・野球大会」の

「入 場・行進曲」に

「採 用・され」

 

「姉 妹・共」に

「同・大会」の

「入 場・行進曲」に

「選 ば・れた」

 

「唯一 の・歌手」に

「成・り」ました。

 

「現 在・65 歳」

   です が

 

「2021 年・11 月」に

「最 新・シングル」

「好きなんて 言えなかった」を

「リリース・する」等

 

「現役 と・して」

「第・一線」で
「活躍 して・いる」

   そうです。

 

「私・生活」

   で は

 

「1,988・年」
「30 歳の・時」に

「三 井・財閥」の

「御・曹司」で

(「おん・ぞうし」)

 

「商 事・会社」に

「勤 努・する」

「一般 人・男性」

「結・婚」し

「玉の 輿・婚」と
(「たまの こし・こん」)

「呼 ば・れ」

   ました。


「1,989・年」に

「長・男」が
「1,892・年」に

「二・男」が

 

「誕 生・する」も

「1,995・年」に

「協 議・離婚」

   しました。

 

「夫」は

「宏 美」に

「芸 能・界」を
「引・退」し

「家庭 に・入る」
「事」を

「望 ん・だ」
   そうです。


「し か・し」

「宏 美」は

「家事 や・子育て」を
「行 い・ながら」

 

「芸 能・活動」を

「継・続」し

「離 婚・原因」の

「一・つ」に

 

「成 っ・た」

   そうです。

 

「協 議・離婚」の

「条・件」は
「子供 の・親権」を

「夫 が

 

「子供 の・養育権」を

「宏美 が・得る」

   と、いう

「条・件」でした。

 

「元・夫」は

「離 婚・成立」の
「翌・年」に
「再・婚」しました。

 

「後・妻」は

「二人 の・子供」と

「養子縁組 した・結果」

「養育権 を・得て」

 

「後・妻」が

「二人 の・子供」の

「実・母」に
「成・り」ました。

 

「宏 美」は

「裁・判」を

「起 こ・そう」と

「考 え・ました」が

 

「公 判・中」は

「子 供・には」

「一 切・会わせない」 と

「言 わ・れ」

「泣 く・泣く」

「主・張」を

「取 り・下げ」

   ました。

 

「宏 美」は

「2,009・年」

「51 歳の・時」に

「10 才・年下」で


「舞 台・俳優」の
「今 拓哉」と

「再・婚」

    しました。

 

「年齢 の・せい」か

「二人 の・間」に

「子供 は・いない」
   そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,975・年」の

「ロマンス」〜

「1,988・年」の

「未 成年」まで

 

「14 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「岩崎 宏美」

「ロマンス」

「作・詞」「阿久 悠」

「作・曲」「筒美 京平」

 

あなた お願いよ 席を 立たない で

息がかかる ほど そばに いてほしい

あなた が 好き なんです

 

ひとりで いる のが こわく なる

このまま 逢えなく なり そうで

くちづけ さえ 知らない けれど

これが 愛なの ね

 

もしも とべる なら

とんで ついて 行く

たとえ 嵐でも たとえ 遠く ても

あなた が 好き なんです

まるで 今の 私 迷い子の ようね

あなた が 好き なんです

 

生まれて 始めて 愛され て

私は きれい に なって 行く

甘い 甘い ロマンス なの

しあわせ な 私

 

こんな 私 だから 抱きしめていてね

あなた お願い よ 席を 立たないで

息がかかる ほど そばにいて ほしい

 

あなたお 願いよ 席を 立たないで

息がかかる ほど そばにいて ほしい

 

 

「嵐の前 の・静けさ」を

「英・語」で

 

 「The calm before the storm」と

 

 (「嵐の前 の・静けさ」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「お安 い・御用」
(「おやす い・ごよう」)

 

「皆さん」は

「お安 い・御用」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「お安 い・御用」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「相 手・から」の

 「依頼 に・対 し」て
 「そ の・頼み」は

 「全・く」

 

 「苦で は・ない」や

 「簡単 に・出来る」

 「事」を

 「表 現・する」

 

 「言 い・回し」で

 「相手 の・恐縮」を

 「和 ら・げる」

 「為」に

 

 「ふざけ・半分」で

 「使 わ・れる」

 「言・葉」だ

    そうです。

 

 「目上 の・人」に

 「対・し」て

 「使 う・には」

 「不適切 な・表現」で

 

 「かしこま り・ました」

 「うけ たまわり・ました」

 「おまか せ・ください」

 「等」と

 

 「返事 する・のが」

 「無・難」な

 「言 い・回し」だ

    そうです。

 

「お安 い・御用」の

「由来 や・語源」は

「特 に・無い」そうです。

 

「お安 い・御用」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「餅 は・餅屋」

 (「もち は・もちや」)

    と、いう

 「たとえ」が

 「有・る」が

 

 「アイ・パッド」が

 「不 調・だった」ので

 「ケータイ・ショップ」の
 「店 員・さん」に

 

 「相 談・した」ら

 「お安 い・御用」と

 「言 い・ながら」
 「アッと いう・間」に

 

 「元・通り」に
 「直 し・て」くれた。

 

・「仕事 が・手一杯」で

 「期・限」に
 「間に 合い・そう」も

 「無かっ た・ので」

 

 「彼・女」に

 「応援 を・頼んだ」ら

 「お安 い・御用です」と

 「快 諾・して」くれた。

 

「お安 い・御用」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「造作 も・ない」
   (「ぞうさ も・ない」)

 

・「造・作」とは
 「手 が・かかる」や

 「面倒 が・掛かる」
    と、いう

 

 「意・味」で

 「これ を・否定した」

 「造作 も・ない」

    と は

 

 「面倒 で・なく」

 「容・易く」
 (「た・やすく」)

 「簡単だ と・いう」

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」だ

       そうです。

 

「お安 い・御用」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「骨 が・折れる」

   (「ほね が・おれる」)

 

・「実・際」に
 「骨 折・する」

 「事」では

 「無・く」

 

 「そ れ・ほど」に

 「精神的 や・肉体的」に

 「負担 が・かかる」

 「事」を

 

 「表 現 ・した」

 「慣 用・句」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「FUNKY MONKEY BABY’S」は

(「ファンキー・モンキー・

    ベイビーズ」)

 

「簡単じゃ ないからこそ

   夢は こんなに 輝く」の

「歌詞 が・ある」

 

「あとひとつ」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,010・年」に

「リリース」

   し た

「14 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「ファンキー・モンキー・
   ベイビーズ」は

「2,004 年・元旦」に

「結 成・した」

「男 性・3 人 組」の

 

「音楽・グループ」で

「全・員」が

「東京 都・八王子 市」

「出・身」です。

 

「グループ・名」は

「そ れ・ぞれ」が

「ソ ロ・活動」

「し て・いた」

 

「ファンキー・加藤」と

「モン・吉」が

「グループ」を

「結・成」し

 

「ファンキー・

   モンキー」と

「名 付・けた」

「事」が

「由・来」です。

 

「ベイビーズ」

   と は

「グループ」を 

「応援 して・くれる」

 

「ファン」の

「事」で

「略・称」は

「ファン・モン」です。

 

「C D の・楽曲」の

「イメージ」に
「ふさ わ・しい」

「有名人 を・選び」

 

「ジャケット」の

「顔・写真」と

「プロモーション・

    ビデオ」に

 

「起 用・する」

「事」が

「恒・例」に

「成っ・て」います。

 

「今・回」

「紹 介・する」

「あと ひとつ」

   に は

 

「東北 楽天

   ゴールデン イーグルス」の

「田中 将大・投手」が

「起 用・されて」います。

 

「代 表・曲」に

 

「あと ひとつ」

「ありがとう」

「桜」等が

「有;・リ」ます。

 

「2,006・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「そのまんま 東へ」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン

「77・.位」でした。

 

「2,009・年」に

「リリース・した」

「サード・アルバム」

「ファンキー・モンキー・

   ベイビーズ 3」が

 

「自 身・初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「自 身・初」の

「日 本・武道館」
   で の

 

「単 独・ライブ」を

「開・催」しました。

 

「同・年」に

「リリース・した」

「11 th・シングル」

「ヒーロー」が

 

「日 本・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「情 報・番組」

「ズームイン」の

 

「テーマ・ソング」に

「起 用・され」て

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」

   しました。

 

「2,010・年」に

「リリース・した」

「14 th・シングル」

「あと ひとつ」が

 

「夏の 高校・野球」の

「応 援・ソング」に

「起 用・され」

「自身 の・代表曲」の

 

「一曲」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「リリース・した」

「ファースト」

ベスト・アルバム

 

「ファンキー・モンキー・
    ベイビーズ BEST」が

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,011・年」に

「リリース・した」

「4 th・アルバム」

「ファンキー・モンキー・
   ベイビーズ 4」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,012・年」に

「メンバー の・1 人」

「DJ・ケミカル」が

「実家 の・寺」の

 

「住職を・継ぐ」

「準備 に・入る」

「事」を

「理・由」に

  

「2,013・年」に

「実 施・予定」の

「全 国・ツアー」の

「終了 を・以って」

 

「グループ」を
「解 散る・する」と

「突・然」に

「発・表」しました。

 

「2,013 年・2 月」に

「グループ」

「結 成・時」から

「支えて・くれ」た

 

「全て の・人」に

 「感 謝・する」

「意・味」の

「21 th・シングル」で

「ラスト・シングル」に

「成っ・た」

「ありがとう」を 

「リリース」しました。

 

「同 年・3 月」に

「リリース」した

「セカンド」

ベスト・アルバム

 

「ファンキー・モンキー・
   ベイビーズ・
   LAST BEST」が

「自 身・最後」の

 

オリコン・1 位」に

「成・リ」ました。

 

「同 年・6 月」に

「東 京・ドーム」で

「ラスト・ライブ」を

「開・催」し

 

「惜しまれ・つつ」

「グループ」を

「解・散」

   しました。

 

「2,021・年」に

「ファンキー・加藤」と

「モン・吉」の

「2 人・体制」で

「8 年・振り」に

「活動 再開・する」

「事」を

「発・表」し

 

「22 th・シングル」

「エール」を

「リリース」

   しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,009・年」の

「ヒーロー」〜

「2,012・年」の

「サヨナラじゃ ない」まで

 

「4 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「FUNKY MONKY BABY‘S」

「あとひとつ」

「作・詞」「作・曲」
「FUNKY MONKY BABY’S」

 

あと一粒 の 涙で 

ひと言 の 勇気で

願い が かなう 

その時 が 来るって

僕は 信じている から

君も あきらめないで いて

何度 でも この 両手 を

あの 空へ

 

あの日 も こんな 夏だった

砂まじり の 風が 吹いてた

グドラウンド の 真上の 空

夕日 が まぶしくて

どこまで 頑張れば いいんだ

ぎゅっと 唇を 噛みしめ た

そんな 時 同じ 目を した

君に 出会ったん だ

 

そう 簡単じゃないから こそ

夢は こんなに 輝くんだ と

そう あの日 の 君の 言葉

今でも 胸に 抱きしめてる よ

 

あと一粒 の 涙で 

ひと言 の 勇気で

願い が かなう 

その時 が 来るって

僕は 信じている から

君も あきらめないで いて

何度 でも この 両手 を

あの 空へ

のばし て あの 空へ

 

いつも どうしても  

素直 に なれず に

自信なんて まるで 持てず に

校舎 の 裏側 

人目 を 気にして 歩いて た

誰かと ぶつかりあう こと を

心の どこかで 遠ざけて た

それは 本当の 自分 を

見せる のが

怖いだけ だったんだ と

 

教えて くれた のは

君と 過ごした

今日までの 日々

そう 初めて 口に 出来 た

泣きたい くらい の

本当の 夢を

 

あとひとつ の 坂道 を

ひとつだけ の 夜を

越えられた なら

笑える 日が くるって

今日 も 信じてる から

君も あきらめないで いて

何度 でも この両手 を

あの 空へ

 

あつく なって も

無駄 なんて 言葉

聞き飽きた よ

もしも そうだと して も

抑えきれない この気持ち を

希望 と 呼ぶ なら

いったい 誰が 止められる と

言うの だろう

 

あと一粒 の 涙が 

ひと言 の 勇気 が

明日 を 変える

その時 を 見たんだ

なくし かけた 光

君が 思い出させて くれ た

あの日 の 景色 忘れ ない

 

あと一粒 の 涙で 

ひと言 の 勇気 で

願い が かなう 

その時 が 来るって

僕は 信じている から

君も あきらめないで いて

何度 でも この両手 を

あの 空へ

のばし て あの 空へ

 

 

※「二 つ・返事」

  (「ふた つ・へんじ」)

 

「二 つ・返事」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「相手 の・要望」に

 「対・し」て

 「はい、分かりました」や

 「もちろん、引き受けます」と

 

 「躊 躇・無く」

 (「ちゅう ちょ」)

 「快 諾・する」

 「イメージ」で

 

 「二つ返事」で

 「引 き・受ける」と

 「使 う・のが」

 「定番 な・言い回し」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「二 つ・返事」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「一 つ・返事」と

 「使 う・人」が

 「多い 様・です」が

 「誤・用」で

 

 「一 つ・返事」

    と、いう

 「言・葉」は
 「存在 しない・ので」

 

 「注意 が・必要」だ

    そうです。

 

 「二 つ・返事」とは

 「はい、はい」と

 「は い」を

 「二 つ・重ね」て

 

 「返事 を・する」

 「様・子」で
 「相手 から・何か」を

 「頼まれ た・時」に

 

 「はい、はい」と

 「続けて・言う」

 「程」に

 「躊 躇・なく」

 

 「素 早・く」

 「キッパリ」と

 「返 事・する」

 「事」から

 

 「二 つ・返事」

    と、いう

 「慣 用・句」が
 「生 ま・れた」そうです。

 

「二 つ・返事」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼・女」は

 「彼・から」の

 「付き合って・欲しい」

    と の

 

 「申 し・出」に

 「対 し・て」

 「待っ て・ました」と

 「ば か・り」に

 

 「間 髪を・入れず」に

 「二 つ・返事」で

 「了・解」した。

 

・「彼」は

 「頼みごと を・する」と

 「自分 の・仕事」を

 「後回し に・して」

 

 「気持 ち・良く」

 「二 つ・返事」で

 「引 き・受け」て

    くれる。

 

「二 つ・返事」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「嫌な顔 ひとつ・せず」

   (「いやなかお ひとつ・せず」)

 

・「本・当」は
 「面倒 な・こと」を

 「顔 に・出さず」に

 「面 倒・くさがらず」

 

 「嫌 がる・事」

 「無・く」

 「即座 に・行う」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

      そうです。

 

「二 つ・返事」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「素っ 気・ない」

   (「そっ け・ない」)

 

・「他人 に・対する」

 「思 い・やり」や

 「温 か・さ」が
 「感じ ら・れず」

 

 「態度 や・返事」が
 「冷・淡」で

 「愛想 が・無い」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 

「岸 洋子」は

(「きし ようこ」)

 

「私の 旅は

   返事の ない 旅」の

「歌詞 が・ある」

 

「希 望」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「歌詞 の・中」に

「何度 も・出てくる」

「あなた」は

「人の事 では・無く」

 

「希・望」の
「事」です。

 

「1,970・年」に

「リリース」

   し た

「シングル・曲」で

 

「大 ヒット・曲」に
「成・り」ました。

 

「岸 洋子」は

「1,935 年・生まれ」で

「山形 県・酒田 市」

「出・身」の

 

シャンソン・歌手」

カンツォーネ・歌手」

   でした。

 

「越路 吹雪」と

( こしじ ふぶき ) 

「人・気」を

「二・分」し

 

「魅せ る・越路」

(「みせ る」)

「聴かせ る・ 岸」と

「評 価・されて」
   いました。

 

「小 学・5 年 生」の

「時」に

「加藤 千恵」に

「師・事」し

 

「県・立」

「酒田 東・高校」を

「卒 業・後」に

 

「東京 芸術・大学」

「声 楽・専攻科」に

「進・学」し
「卒 業・後」に

 

「同・大学」の

「大 学・院」を
「修・了」しました。

 

「1,962・年」
「27 歳の・時」に

「たわむれ ないで」で

「デビュー」しました。

 

「代 表・曲」に

 

「希 望」

「夜明の・うた」

「恋 心」等が

「有・り」ます。

 

「1,964・年」に

「リリース」

   し た

「夜明けの うた」で

 

「レコード・大賞・
   歌唱 賞」を

「受・賞」し

「紅 白・歌合戦」に

 

「初・出場」

   しました。

 

「1,970 年・9 月」

「35歳 の・時」に

「故・郷」
「山形 県・酒田 市」の

 

「イベント・会場」で

「倒・れ」て
「緊 急・入院」

   しました。

 

「病・名」は

「膠 原・病」で

(「こう げん・びょう」)

「闘 病・生活」を

 

「余 儀・なく」 

「さ れ」ました。

 

「同・年」に

「リリース・した」

「シングル・曲」

「希 望」で

 

「自 身・2 度目」の

「レコード・大賞・
   歌唱 賞」を

「受・賞」しました。

 

「し か・し」

「入院中 の・為」に

「授 与・式」に

「出 席・出来ず」

 

「電 話・での」

「対・応」と

「成・り」ました。

 

「同・曲」は

「翌」

「1,971・年」に

「開 催・され」た

 

「春」の

「選抜 高校・野球大会」の
「入 場・行進曲」に

「採 用・され」て

 

「自身 の・代表曲」の

「一・曲」に

「成・り」ました。

 

「洋 子」は

「病と 闘い・ながら」も

「歌 手・活動」を

「続・け」

 

「1,984 年・には」

「歌 手・生活」

「25・周年」

「記 念・リサイタル」を

 

「開・催」し
「芸術 祭・優秀賞」を

「受・賞」

   しました。

 

「1,992 年・11 月」に

「膠 原・病」の

「再発 に・より

「同 年・12 月」に

 

「敗 血・症」の

(「はい けつ・しょう」)

「診 断・にて」

「享 年・58 歳」で

 

「帰ら ぬ・人」に

「成・り」ました。

 

「私・生活」
   で は

 

「1,961・年」

「27 歳の・時」に

「1 才・年下」の

「一般人・男性」と

 

「両・親」の

「反対 を・押し切り」

「駆け 落ち・同然」で

「結・婚・する」も


「時・期」は
「不 明・です」が

「価値観 の・違い」を

「理・由」に

 

「離・婚」

   しました。

 

「二人 の・間」に

「子供 は・いなかった」

   そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,964・年」の

「夜明けの うた」〜

「1,971・年」の

「希 望」まで

 

「通 算・7 回」

「出・場」しました。

 

 

「岸 洋子」

「希 望」

「作・詞」「藤田 敏雄」

「作・曲」「いずみ たく」

 

希望という 名の  

あなた を たずね て

遠い国 へと  

また 汽車に のる

あなた は 昔の  

私 の 思い出

ふるさと の 夢  

はじめて の 恋

けれど 私 が  

おとな に なった 日に

だまって どこか へ  

立ち去った あなた

いつか あなた に  

また あう まで は

私の旅 は  

終わり の ない 旅

 

希望という 名の  

あなた を たずね て

今日 も あて なく  

また 汽車に のる

あれから 私 は  

ただ ひとり きり

あした は どんな

 町に つく やら

あなた の うわさ も  

時折 聞く けど

見知らぬ 誰か に

すれ違う だけ

いつも あなた の

名を 呼び ながら

私の旅 は  

返事の ない 旅

 

希望という 名の  

あなた を たずね て

寒い 夜更け に  

また 汽車に のる

悲しみ だけ が  

私 の 道づれ

となり の 席に  

あなた が いれば

涙ぐむ 時  

その時 聞こえる

希望という 名の  

あなた の あの 歌

そうよ あなた に  

また 逢う ため に

私の旅 は  

今 また はじまる

 

 

「御安 い・御用」を

「英・語」で

 

 「That's no big deal 

    You can leave it to me」と

 

 (「御安 い・御用」です。
 「お 任・せ」ください。」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「足 手・まとい」
(「あし で・まとい」)

 

「皆さん」は

「足 手・まとい」
   と、いう


「慣 用・句」を

「使っ・た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「私」が
「サラリー・マン

「現 役・だった」

「頃」に

 

「他 部署・から」
「転勤 して・来た」

「女・性」が

「朝 の・ミーティング」で

 

「早く 仕事 に・慣れ」

「皆さん」の

「足 手・まとい」に
「なら ない・様」に

 

「頑張 り・ます」

   の で

「よ ろ・しく」

「お願 い・します」と

 

「挨 拶・した」

「事」を

「覚 え・て」

   います。

 

「足 手・まとい」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「漢 字・では」
 「足 手・纏い」と

 「書・く」

    そうです。

 

 「手・足」に

 「まとわ り・ついて」

 「自由 な・行動」の

 「妨げ に・なる」や

 

 「ものごと を・する」

    の に

 「邪魔 に・なる」

 「人 と・いう」

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ
    そうです。

 

「足 手・まとい」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「足 手・とは」

 「物事 を・行う」

 「際」に

 「使 用・する」


 「非常 に・重要」な

 「人体 の・部位」

    です。

 

 「まとい・とは」

 「纏・う」が
 (「まと・う」)
 「変 化・した」
 「言・葉」で

 

 「巻 き・付く」や

 「絡 ま・る」

 (「から ま・る」)

    と、いう

 

 「意・味」だ

    そうです。

 

 「足 手・まとい」

    と は

 「足 や・手」に

 「巻 き・つく」や

 

 「他・人」の

 「足 や・手」に

 「絡 ま・り」

 「自由 な・行動」を

 

 「妨 げ・る」

 「事」が

 「由・来」だ
    そうです。

 

「足 手・まとい」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼・女」は

 「自・分」を
 「足 手・まとい」と

 「勝・手」に

 

 「思い込ん で・いた」が

 「彼」に

    とって、は

 「かけがえ の・ない」

 

 「唯 一・無二」の

 (「ゆ いつ・むに」)

 「存・在」だった。

 

・「上・司」は

 「普 段・から」

 「働き の・悪い」

 「部・下」を

 

 「足 手・まとい」と

 「けなし て・いる」が

 「実」は

 「自・分」が


 「皆 の・足」を

 「引 っ・張り」

 「邪魔 して・いる」

 「事」に

 

 「全・く」

 「気 付い・て」

    いなかった。

 

「足 手・まとい」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「お荷物 に・なる」

   (「おにもつ に・なる」)

 

・「みんな の・力に なれず」に

 「足を 引っ張って・しまう」や

 「周り の・人達」に

 「迷惑 を・かけて」

 

 「負担を かける・だけ」の

 「存在 に・なる」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「足 手・まとい」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「掛け替え の・ない」

   (「かけがえ の・ない」)

 

・「他」に

 「代わり に・なりうる」

 「存・在」が

 「無 い・程」に

 

 「大切 な・人」や

 「大切 な・もの」や

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「森 雄二」と

(「もり ゆうじ」)

「サザン・クロス」は

 

「足 手・まとい」
   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,977・年」に

「リリース」

   し た

「8 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「森 雄二」と

「サザン・クロス」は

「1,975・年」に

「結 成・され」た

 

「森 雄二」を

「リーダー」

   と、する

「男 性・4 人 組」の


「ムード 歌謡・
   グループ」

   でした。

 

「1,975・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「さようなら 幸せに」で

「メジャー・デビュー」

   しました。

 

「代 表・曲」に

 

「足手 まとい」

「好きです サッポロ」

「意気地 なし」等が

「有・り」ます。

 

「メイン・

   ボーカリスト

「菅野 ゆたが」の

「鼻 に・かかった」

 

「独特 の・声質」で

「男女 の・別れ」を

「テーマ と・した」

「切 ない・歌詞」の

「歌」を

「多 く・歌った」

「事」が

「特・色」でした。

 

「1,976・年」に

「リリース」した

「サード・シングル」

「意気地 なし」と

 

「1,977・年」に

「リリース」

   し た

「8 th・シングル」


「足手 まとい」が

「ヒット」し

「カラオケ・ファン」は

「歌・詞」に

 

「身 に・つまされ」て

「共・感」し

「思い入れ を・込め」て

「歌 っ・て」いました。

 

「1,981・年」に

「リリース」

   した

「21 th・シングル」

 

「好きです サッポロ」は

「同・年」に

「開 催・され」た

「札幌 雪まつり」の

 

「テーマソング」に

「採 用・され」て

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「2,018・年」に

「リーダー」で

「ギター・担当」の

「森 雄二」が

 

「腎・不全」の

「診 断・にて」

「75・歳」で

「死・去」しました。

 

「存命 する・3 人」は

「現・在」も

「北海道・放送」の

「テレビ や・ラジオ番組」で

 

「活 躍・して」

「一定 の・人気」を

「保っ て・いる」

   そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は
「無・い」様 です。

 

 

「森 雄二 と サザン・クロス」

「足手 まとい」

「作・詞」「高畠 じゅんこ」

「作・曲」「中川 博之」

 

足手まとい  だから  別れて  行きます

ゆうべ  ひとり で きめ ました

あなた に だまって 旅立つ こと は

身を きる ような

身を きる ような おもい です

わかって くださいますね

あなた なら

 

足手まとい  だから 別れて 行きます

ふたり 眠る夜 は ない けれど

あなた の 未来 にわたし が いて は

お荷物 だから

お荷物 だから 行く の です

わかって ください ます ね 

あなた なら

 

足手まとい  だから 別れて 行きます

かぞえきれぬ 愛を ありがとう

ボストン・バッグ に 涙を つめて

静かに ドア を

静かに ドア を しめ ました

わかって ください ます ね 

あなた なら

 

 

※「手も足 も・出ない」

  (「てもあしも・でない」)

 

「手も 足も・出ない」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「力 が・足りず」に

 「為す術 が・無く」

 (「なすすべ」)

 「どう する・こと」も

 

 「出 来・ず」に

 「お 手・上げ」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「無 力・感」を

 「表 現・した」

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「手も 足も・出ない」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「手」とは

 「体 の・一部分」で

 「肩 から・指先」の

 「事」で

 

 「足」とは

 「体 の・一部分」で

 「脚 から・つま先」の

 「事」で

 

 「手・足」は

 「動作 を・する」

 「時」に

 「一・番」に

 

 「よく 使わ・れる」

 「体 の・部位」です。

 

 「手も足 も・出ない」

    と は

 「手足 が・萎縮して」

 「動か す・事」が

 

 「困難 な・様子」が

 「由・来」の

 「慣 用・句」だ

    そうです

 

「手も 足も・出ない」の

「代 表・敵」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「向こう・見ず」で

 「怖いもの・無し」
    なの で

 

 「強 敵・相手」に

 「挑 ん・だ」が

 「赤子 の・手」を

 「ひねる・様」に

 「簡・単」に

 「あし ら・われ」て

 「手も 足も・出ない」

    まま に

 

 「逃 げ・去った」

    そうだ。

 

・「彼・女」は

 「ブランド・品」の

 「バッグ」が

 「目 に・留まり」

 

 「思 わ・ず」
 「値札 を・見た」が

 「手も 足も・出ない」

 「値段 だった・ので」

 

 「指を くわえ・ながら」

 「立 ち・去」った。

 

「手も 足も・出ない」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「太刀 打ち・できない」

   (「たち うち・できない」)

 

・「刀 で・斬り合う」

 「事 を・意味する」
 「太刀 打ち・から」

 「転・じ」て

 

 「相手 が・強すぎ」て

 「張 り・合って」
 「勝負 を・争う」

 「事」が

 

 「到・底」

 「出 来・ない」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「手も 足も・出ない」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「朝 飯・前」

   (「あさ めし・まえ」)

 

・「起 床 して・から」

 「朝ご飯 を・食べる」

 「前」の

 「わずか な・時間でも」

 

 「苦 も・無く」

 「こなせる・程度」の

 「作業 と・いう」

 「意・味」や

 

 「空腹 な・状態」でも

 「出来 て・しまう」

 「程」に

 「簡単な・こと」や

 

 「た やすい・さま」

    と、いう

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ、そうです。

 

 

「Aqua・Times」は

(「アクア・タイムズ」)

 

「小学生 の、

   手と足が 一緒に 出ちゃう

   行進 みたい」の

「歌詞 が・ある」

 

「決意の 朝に」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,006・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

アクア・タイムズ」は

 

「2,003・年」に

「結 成・した」

「男 女・5 人 組」の
「ロック・バンド」で

 

「愛・称」は

「アクア」です。

 

「aqua」は

「ラテン・語」で
「水」の

「意・味」だ、そうです。

 

「2,005・年」に

「リリース」した

「ファースト・

   ミニ アルバム」

 

「空いっぱい に 奏でる 祈り」で

「インディーズ」

   か ら

「デビュー」しました。

 

「同・アルバム」は

「インディーズ・ながら」

「80 万枚・超」を

「セールス・して」

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,006・年」に

「リリース」した

「セカンド・

   ミニ アルバム」

 

「七色 の 落書き」で

「メジャー・デビュー」

   しました。

 

「同・アルバム」は

オリコン・5 位」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「虹」

「決戦の 朝に」

「千の夜をこえて」等が

「有・り」ます。

 

「同・年」に

「リリース」した

「ファースト・シングル」

「決意の 朝に」が

 

「松 たか子」と

「大泉 洋」が

「声優 を・担当」し

「話題 に・なった」

 

「アニメ・映画」

ブレイブ・ストーリー」の
「主 題・歌」に

「起 用・され」て

 

「自 身・初」の

「ミリオン・セラー」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「2,008・年」に

「リリース」した

「6 th ・シングル」

「虹」が

 

「日 本・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「仲間 由紀恵」と

「松本 潤」が

 

「W・主演」

   し た

「テレビ・ドラマ」

「ごくせん」の

 

「主 題・歌」に
「起 用・され」て

「シングル・曲」で

「自 身・最高位」の

 

オリコン・2 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「2,009・年」に

「リリース」した

「ファースト」

ベスト・アルバム

 

「THE BEST of Aqua Times」が

オリコン・1 位」に

「成・り」

「史 上・初」の

 

「インディーズ」と

「メジャー」で

オリコン・1 位」を

「獲・得」しました。

 

「2,013・年」に

「ハワイ」の

「ホノルル」で

「開 催・され」た

 

「HONOLULU  EKIDEN  &  

   MUSIC  2,013」に

「参・加」し

「自 身・初」の

 

「海 外・公演」を

「行・い」ました。

 

「2,018 年・10 月」に

「ち ば」

アクアライン

   マラソン」に

 

「ゲスト・ランナー」

   と、して

「出・場」しました。

 

「同 年・11月」に
「全て を・出し切り」

「燃え 尽きた・事」を

「理・由」に

 

「横浜・アリーナ」で

「開 催・した」

「ラスト・ライブ」

「last dance を・以て」

 

「惜し まれ・ながら」

「グループ」を

「解・散」しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,006・年」の

「決意の 朝に」と

「2,008・年」の

「虹」で

 

「通 算・2 回」
「出・場」しました。

 

 

「Aqua Times」

「決意の 朝に」

「作・詞」「作・曲」

「太 志」

 

どうせなら もう ヘタクソ な 夢を

描いて いこうよ

どうせなら もう ヘタクソ で 明るく

愉快な 愛のある 夢を

「気取んなくて いい

   かっこう つけない 方が

    おまえ らしい よ」

 

一生懸命に なれば なる程

空回りして しまう 僕らの 旅路 は

 

小学生 の、

手と足 が 一緒に 出ちゃう

行進 みたい

それも また いいんじゃ ない?

生きて ゆく こと なんて さ

きっと 人に 笑われる くらい が

ちょうど いいんだ よ

 

心の奥の奥 閉じ込めてた

本当の 僕

生身 の 36度 5分

(「なまみ」)

飾らず に いざ We don't stop 

けど まだ 強がってるん だよ

まだ バリア を 張ってるん だよ

痛みと 戦ってるん だよ

 

辛い 時 辛い と

言えたら いいのに なぁ

僕達は 強がって 笑う 弱虫 だ

淋しい のに 平気 な

振り を している のは

崩れ落ちて しまい そうな

自分を 守るため なの さ

 

僕だけじゃ ない はず さ

行き場の ない この 気持ち を

居場所の ない この 孤独 を

抱えて いる のは・・

 

他人の 痛みには 無関心

そのくせ 自分の 事と なる と

不安に なって 人間を 嫌って

不幸なの は 自分だけって 思ったり

与えられない 事を ただ 嘆い て

三歳児 の ように わめいて

愛という名 の おやつ を

座って 待ってる 僕は

アスファルト

照り返し にも 負けず に

自分の足 で 歩いてく人達 を

見て おもった

動かせる 足が ある なら

向かいたい 場所が ある なら

この足 で 歩いて いこう

 

もう二度 と 本当の 笑顔 を

取り戻す こと

できないかも しれないと 思う

夜も あった けど

 

大切な 人達 の 温かさ に 支えられ

もう一度 信じて みようかな と

思い ました

 

辛い 時 辛い と

言えたら いいのに なぁ

僕達は 強がって 笑う 弱虫 だ

淋しい のに 平気 な

振りを している のは

崩れ落ちて しまい そう な

自分を 守るため だけ ど

 

過ちも 傷跡 も 途方に 暮れ

べそ かいた 日も 僕が 僕として

生きてきた 証に して

             (「あかし」)

どうせ なら 

これから は いっそ 誰より も

思い切り ヘタクソ な

夢を 描いて ゆこう

言い訳 を 片付け て 

堂々と 胸を 張り 自分と いう

人間 を 歌い つづけ よう

 

 

「足 手・まとい」を

「英・語」で

 

 「Be in someone way」と

 

 (「足手まとい に・なる」)

 

 「言・う」そうです。

何気なく使っている言葉の意味

「金は 天下の・回り物」

(「かねは てんかの・まわりもの」)

 

「皆さん」は

「金は 天下の・回り物」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「金は 天下の・回り物」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「金」は

 「一箇所 に・留まる」

 「物 で・無く」

 「常」に

 

 「人 から・人へ」と

 「回っている 物・だから」

 「今は お金の・ない所」

    に も

 

 「いつか は・回ってくる」
       の で

 「それ まで・辛抱しなさい」

    と、いう

 

 「励 ま・し」の

 「ことわざ」だ

      そうです。

 

「金は 天下の・回り物」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「天・下」とは

 「この世 の・全て」や

 「全 世界 と・いう」

 「意・味」だ、そうです。

 

 「昔」は

 「現 代・より」も

 「貧富の 差が・大きく」

 「どんな に・頑張って」も

 

 「大金を 手に・入れる」

 「事」は

 「至難 の・業」

 (「しなん の・わざ」)

    でした。

 

 「し か・し」

 「だから と・言って」

 「貧し い・者」が

 「自 暴・自棄」に

 (「じぼう・じき」)

 「成・り」

 

 「怠け られ・ては」

 「潘 や・国」が

 「立ち 行か・なく」

 「成 っ・て」しまいます。

 

 「そ こ・で」

 「金は 天下の・回り物」

    と、いう

 「ことわざ を・広め」

 

 「た と・え」」

 「今は 貧しく・ても」

 「金は いつかは・回って」
 「来る 物・だから」

 

 「頑張っ て・働く」

 「様・に」

       と・いう」

 「教・え」を

 

 「民・衆」に

 「植 え・付けた」

 「事」が

    「金は 天下の・回り物」の

 

 「由・来」だ

      そうです。

 

「金は 天下の・回り物」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「金は 天下の・回り物」と

 「言 う・ので」

 「彼」は

 「いつか は・巡り巡って」

 

 「自・分」に
 「良い報いが 返って・くる」と

 「信 じ・て」

 「情けは 人のため・ならず」で

 

 「人助け を・した」

    そうだ。

 

・「先・輩」が

 「お 昼・ご飯」を

 「おご っ・て」

    くれた。

 

 「お礼 を・言う」と

 「お金 の・こと」は
 「気にしなく て・いいよ」

 「だ っ・て」


 「金は 天下の・回り物」

 「だ から・ネ」と

 「言ってくれた」

       の で

 

 「気 が・楽」に

 「成っ」た。

   

「金は 天下の・回り物」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「金銀 は・回り持ち」

   (「きんぎん は・まわりもち」)

 

・「金」は

 「人 から・人へ」と

 「渡 り・回って」

 「行 く・もの」で

 

 「いつか は・自分」に

 「回って くる・はず」

    なの で

 「た と・え」

 

 「今は 貧しく・ても」

 「くよ くよ・するな」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」だ

       そうです。

 

「金は 天下の・回り物」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「金と子供は・片回り」

   (「かねと こどもは・かたまわり」)

 

・「お金 や・子供」は

 「持って いる・者」に

 「集まっ て・来る」が

 「無い 者・には」

 

 「全・く」

 「集ま ら・ない」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」だ

       そうです。

 

 

「浜田 省吾」は

(「はまだ しょうご」)

 

「MONEY」

(「マネー・金」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,984・年」に

「リリース」

   した

「9 th・アルバム」

 

「DOWN BY THE

   MAINSTREET」に

「収 録・され」て

   います。


「同・アルバム」は

オリコン・2 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「同・曲」は

「コンサート」

   で は

「必 ず・歌われる」

 

「自・身」の
「代 表・曲」の

「一・曲」に

「成・り」ました。

 

「浜田 省吾」は

「1,952 年・生まれ」で

「広島 県・竹原 市」

「出・身」の

 

「シンガーソング・
   ライター」で

「愛・称」は

「ハマ・ショウ」です。

 

「サン・グラス」が

「トレード・マーク」で

「人前 で・外した」

「事 は・無く」

 

「テレビ」等の

「メディア・露出」も

「ほと ん・ど」

「有・り」ません。

 

「9 歳 の・時」に

「ギター を・始め」
「音楽 に・触れ」
   ました。

 

「県・立」

「呉 三津田・高校」

「時・代」に

「バンド を・結成」し

 

「ボーカル」と

「ドラム」を

「担・当」しました。

 

「高 校・卒 業 後」に

「神奈川・大学」

「法・学部」に

「進 学・しました」が

 

「音・楽」に
「のめ り・込み」

「3 年生 の・時」に

「中・退」しました。

 

「1,976・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「路地裏の 少年」で

「デビュー」しました。

 

「しかし」

「当・時」は

「フォーク が・全盛」で

「極め て・内省的」で

 

「苦悩 に・満ちた」

「歌詞 の・同曲」は

「全・く」

「売 れ・ず」に

 

「長・い」

「下積 み・生活」を

「経・験」しました。

 

「代 表・曲」に

 

「悲しみは 雪のように」

「もうひとつの 土曜日」

「MONEY」等が

「有・り」ます。

 

「1,986・年」に

「リリース」

   し た

「12 th ・アルバム」

 

「J  BOY」が

「デビュー・から」

「10 年 に・して」

「遂・に」

「自 身・初」の

オリコン・1位」に

「成・り」ました。

 

「1,992 年」に

「リリース」した

「23 th・シングル」

「悲しみ は 雪の ように」が


「フジ・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

「愛という 名のもとに」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「同・曲」は

「シングル・曲」で

「歴 代・47 位」

   と、なる

 

「170・万枚」を

「売 り・上げ」る

「ミリオン・セラー」に

「成・り」

 

「シングル・曲」で

「自 身・唯一」の

オリコン・1位」を

「獲・得」し

 

「空・前」の

「ハマショウ・ブーム」が

「巻 き・起こり」

   ました。

 

「1,998・年」に

「4 年・がかり」で

「世紀 を・またぐ」

「全 196・公演」の

 

「ロング・ツアー」を

「成 功・させ」

   ました。

 

「2,000・年」に

「デビュー・25 周年」を

「記 念・して」

「リリース」した

 

「ファースト」

ベスト・アルバム

「The Hiistory of

    Shogo Hamada」が

 

「ミリオン・セラー」を

「記 録・して」 

オリコン・1位」に

「成・り」ました。

 

「2,011・年」に

「東日本 大震災・復興」

「チャリティー・コンサート」を

「開・催」し

 

「ライブ の・模様」を

「収 録・した」

「ファースト」

「映 像・作品」

 

「ON THE ROAD」が

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,020・年」

「67 歳の・時」に

「ライブ・ツアー」を

「収 録・した」

 

「12 th・映像 作品」

「曇り 時々雨 のち 晴れ」を

「リリース」し

「ソロ・アーティスト」の

 

オリコン・1 位」

「獲・得」

「最 年長・記録」を

「更・新」しました。

 

「現 在・まで」に

 

「38・作品」の

「アルバム」を

「リリース」し

「内」

 

「10・作品」が

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「12・作品」の

「映 像・作品」を

「リリース」し

「内」

 

「6・作品」が

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「現 在・69 歳」

   です、が

 

「2,02 年・7 月」に

「13 th・映像 作品」

「ON THE ROAD」を

「リリース・する」等

 

「コンサート」を

「中・心」に

「第 一・線」で

「活 躍・して」います。

 

「私・生活」
   で は

 

「1,978・年」

「26 歳の・時」に

「一般・人」で

「年上 の・女性」と

 

「結・婚」

   しました。

 

「デビュー・前」の

「20 歳の・時」に
「駅」で

「風邪 を・ひいて」

「会社を・早退」し

 

「早 く・家」に

「帰り たかった・のに」

「傘 が・無く」て

「困っ て・いた」

 

「現在 の・妻」に

「入りませんか?」と

「声 を・かけ」て

「相 合・傘」で

(「あい あい・がさ」)


「家・まで」

「送って・いった」

「事」が

「キッカケ」で

 

「交際 が・始まり」

「6 年間 を ・経て」

「結婚 に・至った」

   そうです。

 

「残 念・ながら」

「子 供・には」

「恵ま れ・なかった」

   そうです。


「紅 白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「浜田 省吾」

「MONEY」

「作・詞」「作・曲」
「浜田 省吾」

 

この町 の メインストリート

僅か 数百 メートル

さびれた 映画館 と バー が 5、6 軒

ハイスクール 出た 奴ら は 次の 朝

バック を かかえて 出てゆく

兄貴 は 消えっち まった

親父 の かわり に

油に まみれ て 俺を 育てた

奴は 自分の 夢 俺に 背負わ せて

心 ごまかして いるのさ

 

MONEY MONEY makes him crazy 

MONEY MONEY changes everything 

いつか 奴等 の 足元 に BIG MONEY 

叩きつけて やる

 

彼女は 夢見てる 

華やか な MONEY STAR 

湖の 畔に 車を 止めて

  (「ほとり」

俺達 楽しむ のさ シート を 倒して

むし暑く 長い 夏の夜

あの時 彼女は こう 喘ぎ 続ける

                            (「あえぎ」)

“ 愛してる 愛してる もっと もっと ”
だけど  ゆうべ は どこか の

金持ちの 男と 町を 出て行った

 

MONEY MONEY makes him crazy 

MONEY MONEY changes everything 

いつか あいつ の 足元 に BIG MONEY 

叩きつけて やる

 

俺 は 何も 信じない

俺 は 誰も 許さない

俺 は 何も 夢見ない

何もかも みんな 爆破 したい

 

純白 の メルセデス

プール付き の マンション

最高 の 女と ベッド で

ドン・ペリニヨン

欲しいもの は 全て ブラウン管の 中

まるで 悪夢の ように

 

MONEY MONEY makes him crazy 

MONEY MONEY changes everything 

いつか この手に つかむぜ BIG MONEY 

I've got nothing nothing to lose

 

 

※「一銭を 笑う者は・一銭に 泣く」

 (「いっせを わらうものは・
     いっせんに なく」)

 

「一銭を 笑う者は・一銭に泣く」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「一・銭」とは
 「1 円 の・100 分 の 1」で

 「わずか な・金額」の

 「た と・え」だ、そうです。

 

 「わずか な・金額」で

 「あ っ・て」も

 「お・金」を

 「粗末 に・して」は

 

 「な ら・ない」

    と、いう

 「戒め の・ことわざ」だ
    そうです。

 

 「又」

 「貯蓄 や・倹約」の

 「大 切・さ」を

 「諭す 時・にも」

  (「さとす」)

 

 「使 わ・れる」

      そうです。

 

「一銭を 笑う者は・一銭に泣く」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「はした 金・だと」

 「馬鹿に する・者」は

 「その はした・金」が

 「無・く」て

 

 「い つ・か」
 「泣 く・思い」を

 「す る・だろう」

 「事」が

 

 「由・来」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「一銭を 笑う者は・一銭に泣く」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「あ の・人」は

 「酒 を・飲んで」

 「酔・う」と

 「気が 大きく・なり」

 

 「邪 魔・なので」

 「小銭 の・おつり」は

 「い ら・ない」と

 「断っ て・いた」が

 

 「い ず・れ」

 「一銭を 笑う者は・一銭に泣く」

 「事」に

 「成・る」だろう。

 

・「彼が 子供の・時」は
 「一 回・5 円」で

 「く じ・引き」が

 「出来 た・ので」

 

 「一銭を 笑う者は・一銭に泣く」

    と、いう

 「ことわざ」を

 「ご く・身近」に

 

 「感じ て・いた」

    そうだ。

 

「一銭を 笑う者は・一銭に泣く」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「一円を 笑う者は・一円に泣く」

  (「いちえんを わらうものは・
      いちえんになく」)

 

・「一銭を 笑う者は・一銭に泣く」を

 「現代 の・通貨」に

 「置 き・換えた」

 「ことわざ」で

 

 「全・く」

 「同 じ・意味」だ

    そうです。

 

「一銭を 笑う者は・一銭に泣く」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「金に 糸目を・付けない」

 (「かねに いとめを・つけない」)

 

・「糸・目」とは
 「揚げ た・凧」の

 (「あげ た・たこ」)

 「バランス を・とる」

 「為」に

 

 「凧 の・表面」に

 「付 け・る」

 「数本 の・糸」の

 「事」です。

 

 「糸目 を・付けて」

 「いな い・凧」は

 「制 御・不能」で

 「風 に・任せ」て

 

 「ど こ・まで」も

 「飛ん で・行って」

    しまいます。

 

 「そ ん・な」

 「糸目 を・付け」て

 「いな い・凧」に

 「た と・え」て

 

 「惜しげ も・無く」

 「湯水 の・よう」に

 「お金 を・無駄使い」

 「する と・いう」

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

 

「吉 幾三」は

(「よし いくぞう」)

 

「銭 コァ 貯めて

   東京で ベコ 飼うだ」の

「歌詞 が・ある」

 

「俺ら 東京さ 行ぐだ」

(「おら とうきょうさ ゆぐだ」)

    と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,984・年」に

「リリース」

   し た

「8 th・シングル」で

 

「35 万枚 を・売上」て

オリコン・4 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

 

「吉 幾三」は

「1,952 年・生まれ」で

「青森 県・五所川原 市」

「出・身」の

 

「歌・手」

「作 詞・家」

「作 曲・家」

「タレント」です。

 

「父」は

「民 謡・歌手」で

「昭 和・天皇」の

「面・前」で

「歌」を

「披露 した・程」の

「民・謡」の

「名・手」でした。

 

「母 は・踊り子」で

「9 人・きょうだい」の

「末っ子 と・して」

「生 ま・れ」

 

「両 親と・一緒」に

「歌 を・歌って」

「村 を・回り」
「おひねり」を

 

「も ら・う」

   と、いう

「貧し い・生活」

   でした。

 

「両・親」を

「楽 に・したい」

    と、いう

「気持 ち・から」

 

「中学生 の・時」に

「歌手 を・目指す」
「決・心」を

   しました。

 

「地・元」の

「金本 南・中学校」を

「卒 業・後」に

 

「父・親」の

「大反対 を・押し切り」

「母・親」が
「買っ て・くれた」

 

「ギター」と

「空 の・トランク」を
「片・手」に

「単 身・上京」し

 

「アルバイト」で

「生計を 立て・ながら」

「米山 正夫」

「音 楽・学園」に

 

「週」に

「1〜2 回・通い」

「レッスン」に

「励・み」ました。

 

「1,973・年」

「2 1 歳 の・時」に

「アイドル・歌手」

   と、して

 

「山岡 英二」の

「芸 名・にて」

「リリース」

   し た

 

「ファースト・シングル」

「恋人は 君ひとり」で

「デビュー」しました。

 

「し か・し」

「同・曲」は

「全・く」

「売 れ・ず」に

 

「1,977・年」に

「吉 幾三 と・改名」し

「再・デビュー」
   しました。

 

「同・年」に

「リリース」した

「サード・シングル」で

「コミック・ソング」の

 

「俺は ぜったい  プレスリー」が

「自身 も・出演した」

「映・画」
「俺は 田舎の プレスリー」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」

「スマッシュ・ヒット」
   しました。

 

「代 表・曲」に

 

「雪 国」

「俺ら 東京さ 行ぐだ」

「酒 よ」等が

「有・り」ます。

 

「し か・し」
「そ の・後」は

「ヒット・曲」に
「恵ま れ・ず」

 

「7 年・間」の

「低迷 が・続き」

「飲み屋 の・流し」

「等」で

 

「何 とか・生計」を

「維・持」しました

 

「1,984・年」に

「リリース」した

「8 th ・シングル」で

「コミック・ソング」の

 

「俺ら 東京さ 行くだ」は

「自身 も・出演した」

「同名 の・映画」の

「主 題・歌」に

 

「起 用・され」て

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「1,986・年」に

「リリース」した
「12 th ・シングル」

「雪 国」が

 

「ミリオン・セラー」を

「記 録・する」

「自 身・初」の

オリコン・1 位」の

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「以・後」

「コミック・ソング」

「歌・手」

   か ら

 

「正 統・派」の

「演 歌・歌手」

   へ と

「路 線・変更」し

 

「大・御所」と

(「おお・ごしょ」)
「呼 ば・れて」

   います。

 

「現 在・69 歳」

   です が

 

「毎・年」

「新曲 を・発表」し

「2,022 年・3 月」に

「69 th・シングル」

 

「頼り頼られ・・」を

「リリース・する」

「等」

「第・一線」で


「活躍 して・いる」

   そうです。

   

「私・生活」

   で は

 

「1,975・年」

「23 歳・で」

「下積み・時代」に

「製薬 会社・OL」の

 

「一般 人・女性」と

「結・婚」しました。

 

「入 籍・当初」は

「お金 が・無く」

「10 年・後」の

「1,985・年」に

 

「子 連れ・結婚式」を

「挙・げ」ました。

 

「二人の 間・には」

「一 男・二女」の

「3 人 の・子供」が

「誕・生」しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,986・年」の
「雪 国」〜

「2,001・年」の

「出逢いの 歌」まで

 

「16 年・連続」で
「出・場」しました。

 

 

「吉 幾三」

「俺ら 東京さ 行ぐだ」

「作・詞」「作・曲」
「吉 幾三」

 

テレビ も 無ェ ラジオ も 無ェ 

自動車 もそれほど 走って 無ェ 

(「くるま」)

ピアノも 無ェ バー も 無ェ 

巡査 毎日ぐーる ぐる

(「おまわり」)

朝起ぎ で 牛連れ で

二時間 ちょっと の 散歩道

電話 も無ェ 瓦斯 も無ェ 

バス は一日 一度 来る

俺ら こんな村 いやだ 

俺ら こんな村 いやだ

東京へ 出るだ 東京へ 出たなら

銭 コァ 貯めて

東京で ベコ 飼うだ

         (「牛」)

 

ギター も 無ェ ステレオ 無ェ

生まれて このかた 見たことァ 無ェ

喫茶 も 無ェ 集いも 無ェ

まったぐ 若者ァ 俺 一人

婆さん と 爺さん と

数珠を 握って空 拝む

(「じゅず」)

薬屋 無ェ 映画 も 無ェ

たまに 来るのは 紙芝居

俺らこんな村 いやだ 

俺らこんな村 いやだ 

東京へ 出るだ 東京へ 出たなら

銭 コァ 貯めて

東京で 馬車 引ぐだ

 

ディスコ も 無ェ のぞき も 無ェ

レーザー・ディスク は 何者だ?

カラオケ は ある けれど

かける 機械を 見だことァ 無ェ

新聞 無ェ 雑誌 も 無ェ

たまに 来るのは 回覧板

信号 無ェ ある訳 無ェ

俺らの 村には 電気が 無ェ

俺らこんな村 いやだ 

俺らこんな村 いやだ 

東京へ 出るだ 東京へ 出たなら

銭 コァ 貯めて

銀座に 山買う だ

 

俺らこんな村 いやだ 

俺らこんな村 いやだ 

東京へ 出るだ 東京へ 出たなら

銭 コァ 貯めて

東京 で ベコ 飼うだ

 

 

「金は 天下の・回り物」を

「英・語」で

 

 「money is the world」と

 

 (「金は 天下の・回り物」)

 

 「言・う」そうです。