何気なく使っている言葉の意味

「明日の 事を 言え ば・鬼が 笑う」 (「あしたの ことを いえ ば・ おにが わらう」) 「皆さん」は 「明日の 事を 言え ば・鬼が 笑う」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「明日の 事を 言え ば・鬼が 笑う」の 「意・味」…

何気なく使っている言葉の意味

「急いては事 を・仕損じる」 (「せいてはこと を・しそんじる」) 「皆さん」は 「急いて は事 を・仕損じる」 と、いう 「こと わざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「急いては事 を・仕損じる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「急…

何気なく使っている言葉の意味

「真っ赤 な・嘘」(「まっか な・うそ」) 「皆さん」は 「真っ赤 な・嘘」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「真っ赤 な・嘘」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「明らか な・嘘」 「全く の・嘘」 「完全 なる・嘘…

何気なく使っている言葉の意味

「ない もの・ねだり」 「皆さん」は 「ない もの・ねだり」 と、いう 「慣用・句」を「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「ない もの・ねだり」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「漢・字」に 「する」と 「無い 物・強請り」と 「書・く」そ…

何気なく使っている言葉の意味

「井の中 の 蛙・大海 を知らず」 (「いのなか の かわず・ たいかい をしらず」) 「皆さん」は 「井の中 の 蛙・大海 を知らず」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「井の中 の 蛙・大海 を知らず」の 「意・味」は 「下・記…

何気なく使っている言葉の意味

「一・途」 (「いち・ず」) 「皆さん」は 「一・途」 と、いう 「二字・熟語」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「一・途」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「一・途」に は 「ずっ・と」 と、いう 「意・味」も 「含まれ て・おり」 「…

何気なく使っている言葉の意味

「途方 に・暮れる」 (「とほう に・くれる」) 「皆さん」は 「途方 に・暮れる」 と、いう 「慣用・句」を「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「途方 に・暮れる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「途方を・失う」 (「とほう を・うしなう」…

何気なく使っている言葉の意味

「自責の念 に・駆られる」 (「じせきのねん に・かられる」) 「皆さん」は 「自責の念 に・駆られる」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「自責の念 に・駆られる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「自責 の・念…

何気なく使っている言葉の意味

「風前 の・灯火」 (「ふうぜん の・ともしび」) 「皆さん」は 「風前 の・灯火」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「風前 の・灯火」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「物・事」が 「危・険」に 「さら・され」て…

何気なく使っている言葉の意味

「辻褄 を・合わ せる」 (「つじつま を・あわ せる」) 「皆さん」は 「辻褄 を・合わ せる」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「辻褄 を・合わ せる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「物・事」や 「話」の 「前…

何気なく使っている言葉の意味

「相好 を・崩す」 (「そうごう を・くずす」) 「皆さん」は 「相好 を・崩す」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「相好 を・崩す」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「そうこう を・くずす」と 「読・む」の は 「…

何気なく使っている言葉の意味

「豚 に・真珠」 (「ぶた に・しんじゅ」) 「皆さん」は 「豚 に・真珠」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「豚 に・真珠」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「全・燃」「似合っ・て」 「いな い」 と、いう 「意・…

何気なく使っている言葉の意味

「頭の上 の・蠅を 追え」 (「あたまのうえ の・ハエを おえ」) 「皆さん」は 「頭の上 の・蠅を 追え」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「頭の上 の・蠅を 追え」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「他・人」の …

何気なく使っている言葉の意味

「顔 に・書いて ある」 (「かお に・かいて ある」) 「皆さん」は 「顔 に・書いて ある」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「顔 に・書いて ある」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「言葉 に・出して」 「言わ・…

何気なく使っている言葉の意味

「おっとり・刀」 (「おっとり・がたな」) 「皆さん」は 「おっとり・刀」 と、いう 「慣用・句」を「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「おっとり・刀」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「人・柄」や 「し ぐさ」等 が 「ゆっ たり」 して い…

何気なく使っている言葉の意味

「眦 を・決する」 (「まなじり を・けっする」) 「皆さん」は 「眦 を・決する」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「眦 を・決する」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「気・力」等 に 「満ち・た」「様・子」で …

何気なく使っている言葉の意味

「綺羅・星の 如く」(「きら・ほしの ごとく」) 「皆さん」は 「綺羅・星の 如く」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「綺羅・星の 如く」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「地位 の・高い 人」 「立派 な・人」 「…

何気なく使っている言葉の意味

「蛇の 道は・蛇」 (「じゃの みちは・へび」) 「皆さん」は 「蛇の 道は・蛇」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「蛇の 道は・蛇」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「蛇 の・’道」を 「へび の・みち」と 「読・…

何気なく使っている言葉の意味

「湯水 の ように・使う」 (「ゆみず の ように・つかう) 「皆さん」は 「湯水 の ように・使う」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「湯水 の ように・使う」の「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「お・金」等 を 「湯 …

何気なく使っている言葉の意味

「二番・煎じ」(「にばん・せんじ」) 「皆さん」は 「二番・煎じ」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「二番・煎じ」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「過・去」に 「同じ・事」が 「行わ・れて」 い て 「新鮮・味…

何気なく使っている言葉の意味

「右往・左往」 (「うおう・さおう」) 「皆さん」は 「右往・左往」 と、いう 「四字・熟語」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「右往・左往」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「往」(「おう」) とは 「行・く」 と、いう 「意・味」で …

何気なく使っている言葉の意味

「血と 汗の・結晶」 (「ちと あせの・けっしょう」) 「皆さん」は 「血と 汗の・結晶」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「血と 汗の・結晶」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「血と 涙の・結晶」の 「言い・回し…

何気なく使っている言葉の意味

「七転・八起」(「しちてん・はっき」)「皆さん」は 「七転・八起」 と、いう 「四字・熟語」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「七転・八起」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「何・回」 「失敗・して」も 「挫け・ず」 (「くじけ・ず」…

何気なく使っている言葉の意味

「顔色 を ・窺う」 (「かおいろ を・うかがう」) 「皆さん」は 「顔色 を ・窺う」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「顔色 を ・窺う」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「顔色 を・伺う」と (「かおいろ を・う…

何気なく使っている言葉の意味

「出藍 の・誉れ」(「じゅつらん の・ほまれ」) 「皆さん」は 「出藍 の・誉れ」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「出藍 の・誉れ」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「精進 を・重ねた」 (「しょうじん」) 「結・…

何気なく使っている言葉の意味

「笛吹けども・踊らず」 (「ふえふけども・おどらず」) 「皆さん」は 「笛吹けども・踊らず」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「笛吹けども・踊らず」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「人」を 「踊らせ・よう」…

何気なく使っている言葉の意味

「傷口 に・塩を塗る」 (「きずぐち に・しおを ぬる」) 「皆さん」は 「傷口 に・塩を塗る」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「傷口 に・‘塩を塗る」の「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「悪い・事」を「抱えて・い…

何気なく使っている言葉の意味は

「下手の・横好き」 (「へたの・よこずき」) 「皆さん」は 「下手の・横好き」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「下手の・横好き」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「本・人」が 「すき・好んで」 「自分・なり」…

何気なく使っている言葉の意味

「十人・十色」 (「じゅうにん・といろ」) 「皆さん」は 「十人・十色」 と、いう 「四字・熟語」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「十人・十色」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「人」に は 「それ ぞれ」「違・う」 「好・み」や「性…

何気なく使っている言葉の意味

「手に・余る」 (「てに・あまる」) 「皆さん」は 「手に・余る」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「手に・余る」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ①「量」が「多・過ぎ」て 「手」に「抱えきれ・ない」 と、いう …