何気なく使っている言葉の意味

「顔色 を ・窺う」 (「かおいろ を・うかがう」) 「皆さん」は 「顔色 を ・窺う」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「顔色 を ・窺う」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「顔色 を・伺う」と (「かおいろ を・う…

何気なく使っている言葉の意味

「出藍 の・誉れ」(「じゅつらん の・ほまれ」) 「皆さん」は 「出藍 の・誉れ」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「出藍 の・誉れ」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「精進 を・重ねた」 (「しょうじん」) 「結・…

何気なく使っている言葉の意味

「笛吹けども・踊らず」 (「ふえふけども・おどらず」) 「皆さん」は 「笛吹けども・踊らず」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「笛吹けども・踊らず」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「人」を 「踊らせ・よう」…

何気なく使っている言葉の意味

「傷口 に・塩を塗る」 (「きずぐち に・しおを ぬる」) 「皆さん」は 「傷口 に・塩を塗る」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「傷口 に・‘塩を塗る」の「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「悪い・事」を「抱えて・い…

何気なく使っている言葉の意味は

「下手の・横好き」 (「へたの・よこずき」) 「皆さん」は 「下手の・横好き」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「下手の・横好き」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「本・人」が 「すき・好んで」 「自分・なり」…

何気なく使っている言葉の意味

「十人・十色」 (「じゅうにん・といろ」) 「皆さん」は 「十人・十色」 と、いう 「四字・熟語」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「十人・十色」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「人」に は 「それ ぞれ」「違・う」 「好・み」や「性…

何気なく使っている言葉の意味

「手に・余る」 (「てに・あまる」) 「皆さん」は 「手に・余る」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「手に・余る」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ①「量」が「多・過ぎ」て 「手」に「抱えきれ・ない」 と、いう …

何気なく使っている言葉の意味

「色眼鏡で・見る」 (「いろめがねで・みる」) 「皆さん」は「色眼鏡で・見る」 と、いう 「慣用・句」を「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「色眼鏡で・見る」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「先入・観」や 「偏・見」に 「支配・された」…

何気なく使っている言葉の意味

「大事の 前の・小事」 (「だいじの まえの・しょうじ」) 「皆さん」は 「大事の前 の・小事」と、いう 「ことわざ」を「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「大事の前 の・小事」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「大きな・事」を 「行う・場…

何気なく使っている言葉の意味

「魚心 あれば・水心」 (「うおごころ あれば・みずごころ」) 「皆さん」は 「魚心 あれば・水心」 と、いう 「ことわざ」を「使っった・事」は 「有・り」ませんか? 「魚心 あれば・水心」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「あなた」が 「私」を…

何気なく使っている言葉の意味

「賽は・投げられた」 (「さいは・なげられた」) 「皆さん」は 「賽は・投げられた」と、いう 「ことわざ」を「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「賽は・投げられた」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「賽」(「さい」) と は 「博・打」(「ば…

何気なく使っている言葉の意味

「手前・味噌」(「てまえ・みそ」) 「皆さん」は「手前・味噌」 と、いう「四字・熟語」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「若い世代の・人」に は「聞き・慣れない」 「言・葉」か も 「知れ・ません」が 「手前・味噌」の 「意・味」は 「下・記…

何気なく使っている言葉の意味

「冬来たりなば・春遠からじ」 (「ふゆきたりなば・ はるとおからじ」) 「皆さん」は 「冬来たりなば・春遠からじ」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「冬来たりなば・春遠からじ」の 「意・味」は 「下・味」だ、そうです。…

何気なく使っている言葉の意味

「恩に・着る」 (「おんに・きる」) 「皆さん」は「恩に・着る」 と、いう 「慣用・句」を「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「恩に・着る」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです」 「恩に・着ります」は 「誤・表現」で 「恩に・着ます」が 「正し…

何気なく使っている言葉の意味

「月に叢雲・花に風」 (「つきにむらくも・はなにかぜ」) 「皆さん」は 「月に叢雲・花に風」と、いう 「ことわざ」を「使った・事」は「有・り」ませんか? 「月に叢雲・花に風」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「物・事」が「上手・く」 「いっ…

何気なく使っている言葉の意味

「舌を・巻く」 (「したを・まく」) 「皆さん」は 「舌を・巻く」 と、いう 「慣用・句」を「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「舌を・巻く」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「非・常」に「驚 い・たり」 「感 心・したり」する 「様・子」…

何気なく使っている言葉の意味

「人の噂も・七十五日」 (「ひとのうわさも・しちじゅうごにち」) 「皆 さん」は 「人の噂も・七十五日」と、いう 「ことわざ」を「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「人の噂も・七十五日」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「人の噂も・四十…

何気なく使っている言葉の意味

「雉も鳴かずば・撃たれまい」 (「きじもなかずば・うたれまい」) 「皆さん」は 「雉も鳴かずば・撃たれまい」と、いう 「ことわざ」を「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「雉も鳴かずば・撃たれまい」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「うっ…

何気なく使っている言葉の意味

「戸惑いを・覚える」 (「とまどいを・おぼえる」) 「皆さん」は 「戸惑いを・覚える」と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「戸惑いを・覚える」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「戸・惑い」とは 「予想外の・出来事…

何気なく使っている言葉の意味

「踏んだり・蹴ったり」 (「ふんだり・けったり」) 「皆さん」は「踏んだり・蹴ったり」と、いう 「ことわざ」を「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「踏んだり・蹴ったり」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「重ね・重ね」(「かさね・がさね」…

何気なく使っている言葉の意味

「目の上の・たんこぶ」 (「めのうえの・たんこぶ」) 「皆さん」は 「目の上の・たんこぶ」と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は「有・り」ませんか ? 「目の上の・たんこぶ」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「自分・より」「職位が上の・…

何気なく使っている言葉の意味

「柳に・雪折れなし」 (「やなぎに・ゆきおれなし」) 「皆さん」は「柳に・雪折れなし」と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は「有・り」ませんか? 「柳に・雪折れなし」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「一見・する」と「弱々・しく」 「頼…

何気なく使っている言葉の意味

「干天の・慈雨」 (「かんてんの・じう」 「皆さん」は「干天の・慈雨」と、いう 「慣用・句」を「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「干天の・慈雨」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「待ち・望んで」い た 「物・事」の「出・現」や 「困っ…

何気なく使っている言葉の意味

「空前・絶後」 (「くうぜん・ぜつご」) 「皆さん」は「空前・絶後」と、いう 「四字・熟語」を 「使った・事」は「有・り」ませんか? 「空前・絶後」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「空・前」(「くう・ぜん」) とは 「今・まで」に「見た・事…

何気なく使っている言葉の意味

「株を守りて・兎を待つ」 (「かぶをまもりて・うさぎをまつ」) 「皆さん」は 「株を守りて・兎を待つ」と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は「有り」ませんか ? 「株を守りて・兎を待つ」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「古い・習慣」に…

何気なく使っている言葉の意味

「真骨頂を・発揮する」 (「しんこっちょうを・はっきする」) 「皆さん」は 「真骨頂を・発揮する」と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は「有・り」ませんか? 「真骨頂を・発揮する」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「その・人」」が「潜在…

何気なく使っている言葉の意味

「産声を・上げる」 (「うぶごえを・あげる」 「皆さん」は「産声を・上げる」と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は「有り」ませんか? 「産声を・上げる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「赤ちゃん」が「産ま・れて」 「初め・て」「声を…

何気なく使っている言葉の意味

「ならぬ堪忍・するが堪忍」 (「ならぬかんにん・するがかんにん」) 「皆さん」は 「ならぬ堪忍・するが堪忍」と、いう 「ことわざ」を「使った・事」は 「有り」ませんか? 「ならぬ堪忍・するが堪忍」の 「意味」は 「下記」だ、そうです。 「普通の・人」…

何気なく使っている言葉の意味

「揚げ足を・取る」 (「あげあしを・とる」) 「皆さん」は 「揚げ足を・取る」と、いう 「慣用句」を 「使っ た・事」は 「有り」ませんか? 「揚げ足を・取る」の 「意味」は 「下記」だ、そうです。 「相手」の「言い 間違い」や 「チョット した」「失敗…

何気なく使っている言葉の意味

「握れば 拳・開けば 掌」 (「にぎれば こぶし・ひらけ ば てのひら」) 「皆さん」は「握れば 拳・開けば 掌」と、いう 「ことわざ」を 「使った・事 」は「有り」ませんか ? 「握れば 拳・開けば 掌」の 「意味」は 「下記」だ、そうです。 「たとえ」「同…