何気なく使っている言葉の意味

「唯 一・無二」 (「ゆい いつ・むに」) 「皆さん」は 「唯 一・無二」 と、いう 「四 字・熟語」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「唯 一・無二」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「こ の・世」に 「一つし か・無い」 「大切 な・もの…

何気なく使っている言葉の意味

「沈黙は 金・雄弁は 銀」 (「ちんもくは きん・ゆうべんは ぎん」) 「皆さん」は 「沈黙は 金・雄弁は 銀」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「沈黙は 金・雄弁は 銀」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「何」も …

何気なく使っている言葉の意味

「初心 忘れ る・べからず」 (「しょしん わすれ る・べからず」) 「皆さん」は 「初心 忘れ る・べからず」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「初心 忘れ る・べからず」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「習 い…

何気なく使っている言葉の意味

「浮き 足・立つ」 (「うき あし・だつ」) 「皆さん」は 「浮き 足・立つ」 と、いう 「慣 用・句」を「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「浮き 足・立つ」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「喜び や・期待」を 「感 じ・て」 「落 ち・着か…

何気なく使っている言葉の意味

「まんじりと も・しない」 「皆さん」は 「まんじりと も・しない」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか。 「まんじりと も・しない」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「心 配・事」や 「考 え・事」を 「抱 え・る」…

何気なく使っている言葉の意味

「夢 見・心地」 (「ゆめ み・ごこち」) 「皆さん」は 「夢 見・心地」 と、いう 「四 字・熟語」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「夢 見・心地」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「夢・心地」と も (「ゆめ・ごこち」) 「言・う」そう…

何気なく使っている言葉の意味

「汝の敵 を・愛せよ」 (「なんじのてき を・あいせよ」) 「皆さん」は 「汝の敵 を・愛せよ」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「汝の敵 を・愛せよ」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「自分 に・対して」 「敵・…

何気なく使っている言葉の意味

「月夜 の・蟹」 (「つきよ の・カニ」) 「皆さん」は 「月夜 の・蟹」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「月夜 の・蟹」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「見か け・倒し」で 「中身 が・伴わ ない」 「事」の 「…

何気なく使っている言葉の意味

「上げ潮 に・乗る」(「あげしお に・のる」) 「皆さん」は 「上げ潮 に・乗る」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「上げ潮 に・乗る」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「機運 が・良く」 「物・事」が 「順・調」…

何気なく使っている言葉の意味

「焼き餅 焼くとて・手を 焼くな」 (「ヤキモチ やくとて・てを やくな」) 「皆さん」は 「焼き餅 焼くとて・手を 焼くな」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「焼き餅 焼くとて・手を 焼くな」の 「意・味」は 「下・記」だ…

何気なく使っている言葉の意味

「明けな い・夜は ない」 (「あけな い・よるは ない」) 「皆さん」は 「明けな い・夜は ない」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「明けな い・夜は ない」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「人・生」に 「於 …

何気なく使っている言葉の意味

「固唾 を・呑む」 (「かたず を・のむ」) 「皆さん」は 「固唾 を・呑む」 と、いう 「慣用・句」を「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「固唾 を・呑む」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「物・事」の 「成 り・行き」 か ら 「目 が・離せ…

何気なく使っている言葉の意味

「歯 痒・い」 (「は がゆ・い」) 「皆さん」は 「歯 痒・い」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「歯 痒・い」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「物・事」が 「思う・よう」に 「成 ら・なく」「じれっ・たく」て …

何気なく使っている言葉の意味

「朱に 交われ ば・赤く なる」 (「しゅに まじわれ ば・あかく なる」) 「皆さん」は 「朱に 交われ ば・赤く なる」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「朱に 交われ ば・赤く なる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうで…

何気なく使っている言葉の意味

「一 言・居士」 (「いち げん・こじ」) 「皆さん」は 「一 言・居士」 と、いう 「四 字・熟語」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「一 言・居士」の「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「いち ごん・こじ」と 「読・む」 の も 「正 し・い」…

何気なく使っている言葉の意味

「好 機・逸す べからず」(「こう き・いっす べからず」) 「皆さん」は 「好 機・逸す べからず」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「好 機・逸す べからず」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「良 い・機会」は …

何気なく使っている言葉の意味

「細工は 流流・仕上げ を ご覧じろ」 (「さいくは りゅうりゅ・しあげ を ごろうじろ」) 「皆さん」は 「細工は 流流・仕上げ を ご覧じろ」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「細工は 流流・仕上げ を ご覧じろ」の 「意・…

何気なく使っている言葉の意味

「産み の・苦しみ」 (「うみ の・くるしみ」) 「皆さん」は 「産み の・苦しみ」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「産み の・苦しみ」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「物・事」を 「新 し・く」 「作 り・出し…

何気なく使っている言葉の意味

「パンドラ の箱 を・開ける」 (「パンドラ のはこ を・あける」) 「皆さん」は 「パンドラ の箱 を・開ける」 と、いう 「西洋 の・ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「パンドラ の箱 を・開ける」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうで…

何気なく使っている言葉の意味

「飛んで火に 入る・夏の虫」 (「とんでひに いる・なつのむし」) 「皆さん」は 「飛んで火に 入る・夏の虫」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「飛んで火に 入る・夏の虫」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「自 …

何気なく使っている言葉の意味

「ぐうの音 も・出ない」 (「ぐうのね も・でない」) 「皆さん」は 「ぐうの音 も・出ない」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「ぐう の音 も・出ない」の 「意・味」は 「下・味」だ、そうです。 「痛 い・所」を 「突か れ…

何気なく使っている言葉の意味

「罪 が・無い」(「つみ が・ない」) 「皆さん」は 「罪 が・無い」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「罪 が・無い」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ①「無邪気 で・ある」 ②「悪気 が・無い」 ③「憎 め・ない」 …

何気なく使っている言葉の意味

「濡れ手 で・粟」 (「ぬれて で・あわ」) 「皆さん」は 「濡れ手 で・粟」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・‘り」ませんか? 「濡れ手 で・粟」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「濡れ手 で・泡」と 「書・き」 「いく ら」 「努…

何気なく使っている言葉の意味

「十八・番」 (「おは・こ」) 「皆さん」は 「十八・番」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか。 「十八・番」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「そ の・人」の 「最」も 「得意 と・する」 「事」や 「達者 な・芸」 と…

何気なく使っている言葉の意味

「一人相撲 を・取る」 (「ひとりずもう を・とる」) 「皆さん」は 「一人相撲 を・取る」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「一人相撲 を・取る」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「相・手」も 「い な・い」 「…

何気なく使っている言葉の意味

「目と鼻 の・先」 (「めと はな の・さき」) 「皆さん」は 「目と鼻 の・先」 と、いう 「慣用・句」を「使っ た・事」は 「有・り」ませんが? 「目と鼻 の・先」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「物 理・的」な 「近・さ」 と、いう 「意味 で…

何気なく使っている言葉の意味

「段取り 八分・仕上げ 二分」 (「だんどり はちぶ・しあげ にぶ」) 「皆さん」は 「段取り 八分・仕上げ 二分」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「段取り 八分・仕上げ 二分」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「…

何気なく使っている言葉の意味

「後は 野と なれ・山と なれ」 (「あとは のと なれ・やまと なれ」) 「皆さん」は 「後は 野と なれ・山と なれ」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「後は 野と なれ・山と なれ」の 「意・味」は 「下・記」 「3・種類」…

何気なく使っている言葉の意味

「胸襟 を・開く」 (「きょうきん を・ひらく」) 「皆さん」は 「胸襟 を・開く」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有‘・り」ませんか? 「胸襟 を・開く」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「胸・筋」と 「書・く」 の は 「間・違い…

何気なく使っている言葉の意味

「狩 人・罠に かかる (「かりゅう ど・わなに かかる」) 「皆さん」は 「狩 人・罠に かかる」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「狩 人・罠に かかる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「人」を 「陥 れ・よう」…