何気なく使っている言葉の意味

「功 を・奏する」 (「こう を・そうする」) 「皆さん」は 「功 を・奏する」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「功 を・奏する」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「事前 の・計画」や 「努力をした・結果」 「…

何気なく使っている言葉の意味

「とばっちり を・食う」 (「とばっちり を・くう」) 「皆さん」は 「とばっちり を・食う」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「とばっちり を・食う」の 「意・味」は「下・記」だ、そうです。 ・「漢 字・では」 「迸り を…

何気なく使っている言葉の意味

「心血 を・注ぐ」 (「しんけつ を・そそぐ」) 「皆さん」は 「心血 を・注ぐ」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「心血 を・注ぐ」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「目標 に・向かって」 「自分 の・力」の …

何気なく使っている言葉の意味

「掛け替え の・無い」 (「かけがえ の・ない」) 「皆さん」は 「掛け替え の・無い」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「掛け替え の・無い」の 「意・味」は 「下記」だ、そうです。 ・「掛け替え の・無い」 「人」や 「…

何気なく使っている言葉の意味

「自分で 自分を・褒める」(「じぶんで じぶんを・ほめる」) 「皆さん」は 「自分で 自分を・褒める」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「自分で 自分を・褒める」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「読んで 字…

何気なく使っている言葉の意味

「おちょくる」 「皆さん」は 「おちょくる」 と、いう 「言・葉」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「おちょくる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「からかう」や 「冷やかす」 と、いう 「意・味」の 「表・現」だ そうです。 「も…

何気なく使っている言葉の意味

「右に出る 者が・いない」 (「みぎにでる ものが・いない」) 「皆さん」は 「右に出る 者が・いない」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「右に出る 者が・いない」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「その 人・…

何気なく使っている言葉の意味

「火中の 栗を・拾う」 (「かちゅうの くりを・ひろう」) 「皆さん」は 「火中の 栗を・拾う」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「火中の 栗を・拾う」の 「意・味」は「下・記」だ、そうです。 ・「他人 の・利益」の 「為…

何気なく使っている言葉の意味

「歯に 衣・着せぬ」 (「はに きぬ・きせぬ」) 「皆さん」は 「歯に 衣・着せぬ」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「歯に 衣・着せぬ」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「衣・とは」 (「キヌ」) 「着物 の・事…

何気なく使っている言葉の意味

「急が ば・回れ」 (「いそが ば・まわれ」) 「皆さん」は 「急が ば・回れ」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は「有・り」ませんか? 「急が ば・回れ」の「意・味」は「下・記」だ、そうです。 ・「一般的・には」 「急いでいる・相手」に 「対 し…

何気なく使っている言葉の意味

「お 手並み・拝見」 (「お てなみ・はいけん」) 「皆さん」は 「お手並み・拝見」) と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「お手並み・拝見」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「相・手」の 「腕前 や・能力」が 「…

何気なく使っている言葉の意味

「押しても 駄目なら・引いてみろ」 (「おしても だめなら・ひいてみろ」) 「皆さん」は 「押しても 駄目なら・引いてみろ」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「押しても 駄目なら・引いてみろ」の 「意・味」は 「下・記」…

何気なく使っている言葉の意味

「自分で蒔いた 種は・ 自分で 刈り取る」 (「じぶんでまいた たねは・ じぶんで かりとる」) 「皆さん」は 「自分で蒔いた 種は・ 自分で 刈り取る」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「自分で蒔いた 種は・ 自分で 刈り取…

何気なく使っている言葉の意味

「引っ 張り・だこ」 (「ひっ ぱり・だこ」) 「皆さん」は 「引っ 張り・だこ」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「引っ 張り・だこ」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「た こ・とは」 「海 に・棲む」 (「すむ…

何気なく使っている言葉の意味

「脇目 も・振らず」 (「わきめ も・ふらず」) 「皆さん」は 「脇目 も・振らず」 と、いう 「慣 用・句」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「脇目 も・振らず」の 「意・味」は「下・記」だ、そうです。 ・「横を見る 事も・しない」や 「周りの …

何気なく使っている言葉の意味

「音 を・上げる」 (「ね を・あげる」) 「皆さん」は 「音 を・上げる」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は「有・り」ませんか? 「音 を・上げる」の 「意・味」は「下・記」だ、そうです。 ・「困難 な・状況」に 「耐える 事が・出来ず」 「悲…

何気なく使っている言葉の意味

「成り行き・任せ」 (「なりゆき・まかせ」) 「皆さん」は 「成り行き・任せ」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「成り行き・任せ」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「自主性 や・主体性」を 「自・ら」 「放棄…

何気なく使っている言葉の意味

「突拍子 も・ない」 (「とっぴょうし も・ない」) 「皆さん」は 「突拍子 も・ない」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「突拍子 も・ない」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「常識に 外れて・いて」 「呆れ る…

何気なく使っている言葉の意味

「発破 を・掛ける」 (「はっぱ を・かける」) 「皆さん」は 「発破 を・かける」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「発破 を・かける」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「優しい言葉 では・無く」 「激しい言…

何気なく使っている言葉の意味

「運・鈍・根」 (「うん・どん・こん」) 「皆さん」は 「運・鈍・根」 と、いう 「三 文字・熟語」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「運・鈍・根」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「成功 に・必要」な 「三・要素」を 「意 味・する…

何気なく使っている言葉の意味

「己の欲せざる 所は・ 人に施すなかれ」 (「おのれのほっせざる ところは・ ひとにほどこすなかれ」) 「皆さん」は 「己の欲せざる 所は・ 人に施すなかれ」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「己の欲せざる 所は・ 人に施…

何気なく使っている言葉の意味

「性懲り も・無い」 (「しょうこり も・ない」) 「皆さん」は 「性懲り も・無い」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「性懲り も・無い」の 「意・味」は「下・記」だ、そうです。 ・「自分 の・失敗」や 「嫌な 過去が・…

何気なく使っている言葉の意味

「暗礁に 乗り・上げる」(「あんしょうに のり・あげる」) 「皆さん」は 「暗礁に 乗り・上げる」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「暗礁に 乗り・上げる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「思いも よら・な…

何気なく使っている言葉の意味

「正 念・場」(「しょうねんば 」) 「皆さん」は 「正 念・場」 と、いう 「三 字・熟語」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「正 念・場」の 「意・味」は「下・記」だ、そうです。 ・「ここぞ と・いう」 「大切 な・場面」や 「真価 を・問われる…

何気なく使っている言葉の意味

「新風を 吹き・込む」 (「しんぷうを ふき・こむ」) 「皆さん」は 「新風を 吹き・込む」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「新風を 吹き・込む」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「今まで と・違った」 「新…

何気なく使っている言葉の意味

「梃子 でも・動かない」 (「テコ でも・うごかない」) 「皆さん」は 「梃子 でも・動かない」 と、いう 「ことわざ」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「梃子 でも・動かない」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「どん な・手段」を …