何気なく使っている言葉の意味

「青は藍よりいでて藍より青し」 「皆さん」は「青は藍よりいでて藍より青し」(「あおはあいよりいでてあいよりあおし」) と 「言う」「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。 「高校」の「古典の・授業」で「出て来た・言葉」だと「記憶して」い…

何気なく使っている言葉の意味

「鉄は熱いうちに打て」 「皆さん」は「鉄は熱いうちに打て」(「てつはあついうちにうて」) と、いう「ことわざ」を 「使った事」は「有り」ませんか?。 「鉄は熱いうちに打て」と、いう「言葉」は「ビジネス」でも「プライベート」でも 「使う機会」が「多…

何気なく使っている言葉の意味

「泥舟に乗る」 「皆さん」は「泥舟に乗る」(「どろぶねにのる」) と、いう「ことわざ」を 「使った事」が「有り」ませんか?。 「泥舟」は「ウサギ」が「お婆さん」を「殺した」「タヌキ」に「復讐を果た」した 「民話」「かちかち山」にも「登場」しました…

何気なく使っている言葉の意味

「毒を食らわば皿まで」 「皆さん」は「毒を食らわば皿まで」(「どくをくらわばさらまで」) と、いう 「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。 「毒を食らわば皿まで」の「意味」は「下記」です。 ・「まずい事を、してしまった場合」そのまま「最…

何気なく使っている言葉の意味

「一糸乱れぬ」 「皆さん」は「一糸乱れぬ」(「いっしみだれぬ」) と、いう「慣用句」を「使った事」は 「有り」ませんか?。 「一糸乱れぬ」の「意味」は「以下」です。 ・「ほんのわずか」な「乱れもなく」「ピッタリ」と「揃って」(「そろって」) いる」…

何気なく使ったいる言葉の意味

「柳緑花紅」 「皆さん」は「柳緑花紅」(「りゅうりょくかこう」と、いう 「四字熟語」を「聞いた事」が「有り」ますか?。 「ことわざ」で「言う」と「柳は緑花は紅」(「やなぎはみどりはなはくれない」) です。 「柳緑花紅」の「意味」は「2つ」「有る」そ…

何気なく使っている言葉の意味

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」」 「皆さん」は「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」 (「きくはいっときのはじ、きかぬはいっしょうのはじ」)と、いう「ことわざ」を 「使った事」は「有り」ませんか?。 「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」の「…

何気なく使っている言葉の意味

「好きこそ物の上手なれ」 「皆さん」は「好きこそ物の上手なれ」(「すきこそもののじょうずなれ」) と、いう 「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。 「どんな事にも興味を持ち」「自分の物にする人間になりたい」と、いう「意味」で 「好きこそ…

何気なく使っている言葉の意味

「物言えば唇寒し秋の風」 「皆さん」は「物言えば唇寒し秋の風」(「ものいえばくちびるさむしあきのかぜ」) と、いう 「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。 「物言えば唇寒し秋の風」の「意味」は ・「松尾 芭蕉」(「まつおばしょう」) が「詠…

何気なく使っている言葉の意味

「馬子にも衣装」 「皆さん」は「馬子にも衣装」(「まごにもいしょう」) と、いう「ことわざ」を 「使った事」は「有り」ませんか?。 「孫にも衣装」(「まごにもいしょう」) と「勘違いしている人」が「いるそう」ですが 「誤用・表現」なので「気をつけて…

何気なく使っている言葉の意味

「真綿で首を絞められる」 「皆さん」は「真綿で首を絞められる」(「まわたでくびをしめられる」) と、いう 「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。 「1・10・9」「ノーベル・化学賞」を「受賞」した「吉野 彰・氏」 (「よしのあきら」) が 「記…

何気なく使っている言葉の意味

「逃した魚は大きい」 「皆さん」は「逃した魚は大きい」(「にがしたさかなはおおきい」) と、いう 「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。 「のがした」で「検索」しても「出て来」ますが「言葉の意味を・考える」と 「にがした」が「正しい」と…

何気なく使っている言葉の意味

「 背に腹はかえられぬ」 「皆さん」は「背に腹はかえられぬ」(「せにはらはかえられぬ」) と、いう 「ことわざ」を「使った事」が「有り」ませんか?。 「断腸の思い」(「だんちょうのおもい」) と、いう「ことわざ」と 「セット」で「使われる事が多い」「…

何気なく使っている言葉の意味

「獅子奮迅」 「皆さん」は「獅子奮迅」(「ししふんじん」) と、いう 「四字熟語」を「使った事」が「有り」ませんか?。 「獅子」(「しし」) とは「ライオン」の事、です。 「ライオン」は「百獣の王」とも「呼ばれ」る「ネコ科・最大級」の「食肉・動物」…

何気なく使っている言葉の意味

「唐変木」 「皆さん」は「唐変木」(「とうへんぼく」) と、いう「慣用句」を「使った事」は 「有り」ませんか?。 「何故か」「唐突」(「とうとつ」) に「この言葉」を「思い出し」ました。 「昔」は「相手」を「罵る時」(「ののしるとき」) に「良く・使っ…

何気なく使っている言葉の意味

「チャンスの神様には前髪しかない」 「皆さん」は「チャンスの神様には前髪しかない」 (「ちゃんすのかみさまにはまえがみしかない」) と、いう「西洋の・ことわざ」を「聞いた事」は「有り」ませんか? 「チャンスの神様」とは「ギリシャ神話」に「出て来…

何気なく使っている言葉の意味

「笑う門には福来る」 「皆さん」は「笑う門には福来る」(「わらうかどにはふくきたる」) と、いう「ことわざ」を 「使った事」は「有り」ませんか?。 「笑う門には福来る」の「意味」は ・「門」は「かど」よ「読み」ます。 「もん」と「読んで」しまうと…

何気なく使っている言葉の意味

「風の便り」 「皆さん」は「風の便り」(「かぜのたより」) と、いう「慣用句」を 「使った事」が「有りませんか?。 「慣用句」(「かんようく」) とは ・「習慣として長い間広く使われて来た」「ひとかたまりの・言葉」「文句」「言い回し」 ・「二語以上…

何気なく使っている言葉の意味

「断腸の思い」 「皆さん」は「断腸の思い」(「だんちょうのおもい」) と、いう「ことわざ」を 「使った事」が「有り」ませんか?。 「断腸の思い」の「意味」は「下記」です。 ・「「腸がちぎれる」ほど、「悲しくて・辛い思い」「深い悲しみ」の事。 ・「…

何気なく使っている言葉の意味

「青天の霹靂」 「皆さん」は「青天の霹靂」(「せいてんのへきれき」) という「ことわざ」を 「使った事」は「有り」ませんか?。 「晴天の霹靂」は「誤った言葉」なので「使用しないで」下さい。 「青天」(「せいてん」)とは「晴れ渡った青空」「空が澄み切…

何気なく使っている言葉の意味

「両雄並び立たず」 「皆さん」は「両雄並び立たず」(「りょうゆうならびたたず」) という「ことわざ」を 「使った事」は「有り」ませんか?。 「両雄並び立たず」の「意味」は ・「両雄」とは「二人の英雄」(「ヒーロー」 )と、いう「意味」です。 ・「並び…

何気なく使っている言葉の意味

「情けは人の為ならず」 「皆さん」は「情けは人の為ならず」(「なさけはひとのためならず」) という「ことわざ」を「使った事」が「有り」ませんか?。 「情けは人の為ならず」は「役不足」と、共に「誤用されている言葉」の 「ツー・トップ」だ、そうです…

何気なく使っている言葉の意味

「急がば回れ」 「皆さん」は「急がば回れ(「いそがばまわれ」) という「ことわざ」を 「使った事」は「有り」ませんか?。 「急がば回れ」の「意味」は ・「回り道を選ぶ」からといって「のんびりと行く」いう「意味に・捉えては」いけません。 ・「急ぎで…

何気なく使っている言葉の意味

「秋茄子は嫁に食わすな」 「皆さん」は「秋茄子は嫁に食わすな」(「あきなすはよめにくわすな」) という 「ことわざ」を「知って」いますか?。 「秋なす」の「秋」は「旧暦の・秋」で「晩夏〜初秋」(「8月下旬〜9月末」) の事です。 「秋なす」が「美味し…

何気なく使っている言葉の意味

「逆転の発想」 「皆さん」は「逆転の発想」という「言葉」を「使った事」が「有り」ませんか?。 「逆転の発想」の「意味」は ・「認識」が「従来と・全く異なる」事。 ・「世間で一般的な・認識」の「逆の事を・考える」事。 ・「○○がダメなら(「無ければ…

何気なく使っている言葉の意味

「前門の虎後門の狼」 「皆さん」は「前門の虎後門の狼」(もんのとら、こうもんのおおかみ)と、いう 「ことわざ」を「使った事」が「有り」ませんか?。 「虎」・「狼」という「怖い動物・2匹」に「挟まれた状態」を「イメージ」し ・「挟み撃ち」(「はさみ…

何気なく使っている言葉の意味

「傍若無人」 「皆さん」は「傍若無人」(ぼうじゃくぶじん) という「四字熟語」を「使った事」が 「有り」ませんか?。 「テレビドラマ等」を「観ている」と「結構・頻繁」に「使われて」います。 「傍若無人」の「「意味」は 「傍らに(「かたわら」に・「身…

何気なく使っている言葉の意味

「帯に短し襷に長し」 「皆さん」は「帯に短し襷に長し」(「おびにみじかしたすきにながし」) という 「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。 ・「帯(「おび」) とは 「着物の上」から「腰の上に巻いて」「結ぶこと」で「着物を体に固定させる」 …

何気なく使っている言葉の意味

「すずめの涙」 「皆さん」は「すずめの涙」(「すずめのなみだ」) と、いう「ことわざ」を 「使った」事は「有り」ませんか?。 「すずめの涙」の「意味」は 「小さな・すずめ」が「流す程度」の「ごく・少量の涙」から「転じ」 「極めて僅かの物」の「たと…

何気なく使っている言葉の意味

「便りが無いのは良い便り」 「皆さん」は「便りが無いのは良い便り」(たよりがないのはよいたより) という 「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。 「便りが無いのは良い便り」の「意味」は ・「長い間・連絡が無く」とも「悪い知らせ」が「来た…