何気なく使っている言葉の意味

「明日は 明日の・風が吹く」 (「あしたは あしたの・かぜがふく」) 「皆さん」は 「明日は 明日の・風が吹く」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「明日は 明日の・風が吹く」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・…

何気なく使っている言葉の意味

「思い内に あれば・色外に 現る」 (「おもいうちに あれば・ いろそとに あらわる」) 「皆さん」は 「思い内に あれば・色外に 現る」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「思い内に あれば・色外に 現る」の 「意・味」は 「…

何気なく使っている言葉の意味

「一線 を・画す」 (「いっせん を・かくす」) 「皆さん」は 「一線 を・画す」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「一線 を・画す」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「境界線 を・引いて」 「けじめ を・つける…

何気なく使っている言葉の意味

「嵐の前 の・静けさ」 (「あらしのまえ の・しずけさ」) 「皆さん」は 「嵐の前 の・静けさ」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「嵐の前 の・静けさ」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「普段 の・落ち着いた」…

何気なく使っている言葉の意味

「お安 い・御用」(「おやす い・ごよう」) 「皆さん」は 「お安 い・御用」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「お安 い・御用」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「相 手・から」の 「依頼 に・対 し」て 「そ …

何気なく使っている言葉の意味

「足 手・まとい」(「あし で・まとい」) 「皆さん」は 「足 手・まとい」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ・た・事」は 「有・り」ませんか? 「私」が「サラリー・マン」 「現 役・だった」 「頃」に 「他 部署・から」「転勤 して・来た」 「女・性」が …

何気なく使っている言葉の意味

「金は 天下の・回り物」 (「かねは てんかの・まわりもの」) 「皆さん」は 「金は 天下の・回り物」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「金は 天下の・回り物」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「金」は 「一箇…

何気なく使っている言葉の意味

「三度目 の・正直」 (「さんどめ の・しょうじき」) 「皆さん」は 「三度目 の・正直」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「三度目 の・正直」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「一度目 や・二度目」に 「物・…

何気なく使っている言葉の意味

「十 年・一日」 (「じゅう ねん・いちじつ」) 「皆さん」は 「十 年・一日」 と、いう 「四 字・熟語」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「十 年・一日」の 「意・味」は 「下・記」だそうです。 ・①「同 じ・状態」が 「ずっ と・続いて」 「進歩…

何気なく使っている言葉の意味

「面 目・躍如」 (「めん ぼく・やくじょ」) 「皆さん」は 「面 目・躍如」 と、いう 「四 字・熟語」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「面 目・躍如」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「めん もく・やくじょ」と 「読 む・方」が 「…

何気なく使っている言葉の意味

「悪銭 身に・付かず」 (「あくせん みに・つかず」) 「悪銭 身に・付かず」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「不当 な・手段」や 「ギャンブル」等 「苦 労・せず」に 「手に 入れた・お金」は 「無・駄」に 「使っ て・しまい」 「残 ら・ない…

何気なく使っている言葉の意味

「絵 空・事」 (「え そら・ごと」) 「皆さん」は 「絵 空・事」 と、いう 「三 字・熟語」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「絵 空・事」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「絵」には 「描い た・人」の 「趣向 が・加わり 「実物 そ…

何気なく使っている言葉の意味

「眉に 唾を・つける」 (「まゆに つばを・つける」) 「皆さん」は 「眉に 唾を・つける」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「眉に 唾を・つける」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「人」から 「だまさ れ・な…

何気なく使っている言葉の意味

「夏の虫 氷を・笑う」 (「なつのむし こおりを・わらう」) 「皆さん」は 「夏の虫 氷を・笑う」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「夏の虫 氷を・笑う」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「昆虫 の・寿命」が …

何気なく使っている言葉の意味

「風 の・吹き回し」 (「かぜ の・ふきまわし」) 「皆さん」は 「風 の・吹き回し」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「風 の・吹き回し」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「主」に 「どうした 風の・吹きまわ…

何気なく使っている言葉の意味

「後 の・祭り」 (「あと の・まつり」) 「皆さん」は 「後 の・祭り」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「後 の・祭り」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「やる べき・時」に 「やる べき・事」を 「し な・か…

何気なく使っている言葉の意味

「火の無い 所に・煙は立たぬ」 (「ひのない ところに・ けむりはたたぬ」) 「皆さん」は 「火の無い 所に・煙は立たぬ」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「火の無い 所に・煙は立たぬ」の 「意・味」は 「下・記」だ、そう…

何気なく使っている言葉の意味

「杓 子・定規」 (「しゃく し・じょうぎ」) 「皆さん」は 「杓 子・定規」 と、いう 「四 字・熟語」を 「使った事」は 「有・り」ませんか? 「杓 子・定規」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 「杓 子・定規」の 「意・味」は 「下・記」だ、そう…

何気なく使っている言葉の意味

「噴火山の 上で・踊る」 (「ふんかざんの うえで・おどる」) 「皆さん」は 「噴火山の 上で・踊る」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」が 「有・り」ませんか? 「噴火山の 上で・踊る」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「極 め・て」」…

何気なく使っている言葉の意味

「他愛 も・ない」 (「たわい も・ない」) 「皆さん」は 「他愛 も・ない」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「他愛 も・ない」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「たあい も・ない」と 「読 む・のも」 「間違…

何気なく使っている言葉の意味

「四 六 時・中」 (「し ろく じ・ちゅう」) 「皆さん」は 「四 六 時・中」 と、いう 「四 字・熟語」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「四 六 時・中」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「一 日・中」や 「いつ も・ずっと」 と、い…

何気なく使っている言葉の意味

「判 官・贔屓」 (「ほう がん・びいき」) 「皆さん」は 「判 官・贔屓」 と、いう 「四 字・熟語」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「判 官・贔屓」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「はん がん・びいき」と 「読 む・のも」 「間違…

何気なく使っている言葉の意味

「首っ・たけ」 (「くびっ・たけ」) 「皆さん」は 「首っ・たけ」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「首っ・たけ」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「異・性」に 「対 し・て」 「用い られる・事」が 「多 い…

何気なく使っている言葉の意味

「反故 に・する」 (「ほご に・する」) 「反故 に・する」の 「意・味」は「下・記」だ、そうです。 ・「反・故」を 「はん・こ」と 「読 む・のは」 「間・違い」です。 「不・要」に 「成っ た・もの」 と、して 「捨 て・る」や 「約束 や・契約」 「等…

何気なく使っている言葉の意味

「気が 置け・ない」 (「きが おけ・ない 「皆さん」は 「気が 置け・ない」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「気が 置け・ない」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「緊張 し・たり」 「遠 慮・する」 「等」の…

何気なく使っている言葉の意味

「目から 鱗が・落ちる」 (「めから うろこ が・おちる」) 「皆さん」は 「目から 鱗が・落ちる」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「目から 鱗が・落ちる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「目から 鱗が・取…

何気なく使っている言葉の意味

「矢も 盾も・たまらず」 (「やも たても・たまらず」) 「皆さん」は 「矢も 盾も・たまらず」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「矢も 盾も・たまらず」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「一・途」に (「いち…

何気なく使っている言葉の意味

「足下 から・鳥が立つ」 (「あしもと から・とりがたつ」) 「皆さん」は 「足下 から・鳥が立つ」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「足下 から・鳥が立つ」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「足・下」は 「足…

何気なく使っている言葉の意味

「雲の 上は・いつも 晴れ」 (「くもの うえは・いつも はれ」) 「皆さん」は 「雲の 上は・いつも 晴れ」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「雲の 上は・いつも 晴れ」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「四 字…

何気なく使っている言葉の意味

「無い 袖は・振れない」 (「ない そでは・ふれない」) 「皆さん」は 「無い 袖は・振れない」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「無い 袖は・振れない」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「こ の・ことわざ」は…