何気なく使っている言葉の意味

「雨 が 降ろう が・槍 が 降ろう が」 (「あめ が ふろう が・やり が ふろう が」) 「皆さん」は「雨 が 降ろう が・槍 が 降ろう が」と、いう 「ことわざ」を「使った・事」は「有り」ませんか?。 「雨 が 降ろう が・槍 が 降ろう が」の「意味」は 「…

何気なく使っている言葉の意味

「女々・しい」 「皆さん」は「女々・しい」(「めめ・しい」」) と、いう 「慣用・句」を「使った・事」は「有り」ませんか?。 「女々・しい」の「意味」は 「下記」だ、そうです。 「考え・方」や「立ち・振る 舞い」(「たち・ふる まい」) が 「女性・ら…

何気なく使っている言葉の意味

「巧緻 は 拙速 に・如か ず」 「皆さん」は「巧遅 は 拙速 に 如か ず」と、いう (「こうち は せっそく に・しか ず」) 「ことわざ」を「使った・事」が「有り」ませんか?。 「2,019 年・11月」〜2,020 年・3月」に、かけて 「テレビ・東京」「月曜 日」…

何気なく使っている言葉の意味

「順風・満帆」 「皆さん」は「順風・満帆」と、いう (「じゅん ぷう・まん ぱん」) 「四字・熟語」を「使った・事」は「有り」ませんか?。 「順風・満帆」の「意味」は 「下記」だ、そうです。 「じゅんぷう・まんぽ」と「読む人 が・いる そう です」が「…

何気なく使っている言葉の意味

「遠きを知りて・近きを知らず」 「皆さん」は「遠きを 知り て・近き を 知ら ず」と、いう (「とおきを しり て・ちかき を しらず」) 「ことわざ」を「使った・事」は「有り」ませんか?。 「遠くを 知り て・近き を 知ら ず」の「意味」は 「下記」だ、…

何気なく使っている言葉の意味

「急ぎ の 文 は・静か に 書け」 「皆さん」は「急ぎ の 文 は・静か に 書け」と、いう (「いそぎ の ふみ は・しずか に かけ」) 「ことわざ」を「使った・事」は「有り」ませんか?。 「急ぎ の 文 は・静か に 書け」の「意味」は 「下記」だ、そうです…

何気なく使っている言葉の意味

「風上 にも・置け ない」「皆さん」は「風上 にも・置け ない」と、いう (「かざかみ にも・おけ ない」) 「ことわざ」を「使った・事」は「有り」ませんか?。 「風上 にも・置け ない」の「意味」は「下記」だ、そうです。 ・「相手」の「性質 や・言動」…

何気なく使っている言葉の意味

「一目・惚れ」 「皆さん」は「一目・惚れ」(ひとめ・ぼれ」) と、いう 「慣用句」(「かんようく」) を「使った・事」は 「有り」ませんか?。 「一目・惚れ」の「意味」は「下記」だ、そうです。 ・「一目 見た・だけ」で「恋に 落ち て・しまう」事の 「意…

何気なく使っている言葉の意味

「余裕 の・よっちゃん」 「皆さん」は「余裕 の・よっちゃん」と、いう 「言葉」を「聞いた・事」が「有り」ますか?。 「余裕 の・よっちゃん」の「意味」は ・「容易 で・簡単で ある」と、いう「意味」です。 (「ようい で・かんたん」) 「普通」に「余…

何気なく使っている言葉の意味

「語る に・落ちる」 「皆さん」は「語る に・落ちる」と、いう (「かたる に・おちる」) 「ことわざ」を「使った事」は 「有り」ませんか?。 「語る に・落ちる」の「意味」は 「下記」だ、そうです。 ・「問う に・落ちず」「語る に・落ちる」が (「とう…

何気なく使っている言葉の意味

「息 が・止まる」 「皆さん」は「息 が・止まる」(「いき が・とまる」) と、いう 「慣用・句」(「かんよう・く」) を「使った事」は 「有り」ませんか?。 「息 が‘・止まる」の「意味」は「下記」だ、そうです。 ・「驚き や・恐怖」等で「一瞬・息 を 止…

何気なく使っている言葉の意味

「墓穴 を・掘る」 「皆さん」は「墓穴 を・掘る」(「ぼけつ を・ほる」と、いう 「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。 「墓穴 を・掘る」の「意味」は「下記」だ、そうです。 ・「自ら」「その」「原因 を・作って」「失敗・した」り 「破滅・…

何気なく使っている言葉の意味

「地震・雷・火事・親父」 「皆さん」ば「地震・雷・火事・親父」と、いう (「じしん・かみなり・かじ・おやじ」) 「ことわざ」を「使った事」が「有り」ませんか?。 「地震・雷・火事‘・親父」の「意味」は「下記」だ、そうです。 ・「この」「ことわざ」…

何気なく使ってる言葉の意味

「継続 は・力 なり」 「皆さん」は「継続 は・力 なり」(「けいぞく は・ちから なり」) と、いう 「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。 「この・名言」を「人生」の「座右 の・銘」(「ざゆう の・めい」) と 「している・人」は「多い」そう…

何気なく使っている言葉の意味

「雀 百まで・踊り 忘れず」 「皆さん」は「雀 百まで・踊り 忘れず」と、いう (「すずめ ひゃくまで・おどりわすれず」) 「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。 「雀 百まで・踊り 忘れず」の「意味」は「下記」だ、そうです。 ・「幼い・頃」(…

何気なく使っている言葉の意味

伊達 の・薄着」 「皆さん」は「伊達 の・薄着」(「だて の・うすぎ」) と、いう 「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。 「伊達 の・薄着」の「意味」は「下記」だ、そうです。 ・「厚着 (「あつぎ」) を・する」と「着膨れ・て」(「きぶくれ・…

何気なく使っている言葉の意味

「余計 な・お節介」 「皆さん」は「余計 な・お節介」(「よけい な・おせっかい」) と、いう 「ことわざ」を「使った事」が「有り」ませんか?。 「余計 な・お節介」の「意味」は「下記」だ、そうです。 ・「頼まれ ても・いない」のに「色々 と・気を 回…

何気なく使っている言葉の意味

「酸いも 甘いも・噛み 分ける」 「皆さん」は「酸いも 甘いも・噛み 分ける」 (「すいも あまいも・かみ わける」) と、いう 「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。 「酸いも 甘いも・噛み 分ける」の「意味」は 「下記」だ、そうです。 「人間…

何気なく使っている言葉の意味

「柳 に・風」 「皆さん」は「柳 に・風」(「やなぎ に・かぜ」) と、いう 「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。 「柳 に・風」の「意味」は「下記」だ、そうです。 ・「相手 に・逆らわず 」(「さからわず」) 「さらり」と 「受け・流し」て「…

何気なく使っている言葉の意味

「指をくわえて・見ている だけ」 「皆さん」は「指を くわえて・見ている だけ」と、いう 「慣用句」(「かんようく」) を「使った事」は「有り」ませんか?。 「指をくわえて・見ている だけ」の「意味」は「下記」だ、そうです。 ・「何 も・せず」に「他…

何気なく使っている言葉の意味

「相思・相愛」 「皆さん」は「相思・相愛」(「そうし・そうあい」) と、いう 「四字・熟語」(「よじ・じゅくご」) を 「使った事」は「有り」ませんか?。 「相思・相愛」の「意味」は「下記」だ、そうです。 ・「相思」(「そうし」) とは「互い・に」「相…

何気なく使っている言葉の意味

「馬脚 を・現す」 「皆さん」は「馬脚 を・現す」「ばきゃくを・あらわす」と、いう 「慣用句」(「かんようく」) を「使った事」は「有り」ませんか?。 「馬脚 を・現す」の「意味」は「下記」だ、そうです。 ・「テレビ・ドラマ」等,で「よく・使われ て…

何気なく使っている言葉の意味

「喧嘩・両 成敗」 「皆さん」は「喧嘩・両 成敗」(「けんか・りょう せいばい」) と、いう 「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。 「喧嘩・両 成敗」の「意味」は「下記」だ、そうです。 ・「けんか」や「争い・事」(「あらそい・ごと」) を、…

何気なく使っている言葉の意味

「三人 寄れば・文殊の 知恵」 「皆さん」は「三人 寄れば・文殊の 知恵」 (「さんにん よれば・もんじゅの ちえ」) と、いう 「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。 「三人 寄れば・文殊の 知恵」の「意味」は「下記」だ、そうです。 ・「たと…

何気なく使っている言葉の意味

「天秤に・かける」 「皆さん」は「天秤 に・かける」(「てんびん に・かける」と、いう 「慣用句」(「かんようく」) を「使った事」は「有り」ませんか?。 「天秤 に・かける」の「意味」は「下記」だ、そうです。 ・「自分 の・心に ある」「相反する・物…

何気なく使っている言葉の意味

「でっち・上げ」 「皆さん」は「でっち・上げ」(「でっち・あげ」) と、いう 「慣用句」(「かんようく」) を「使った事」は「有り」ませんか?。 「でっち・あげ」の「意味」は「下記」だ、そうです。 ・「事実 で・無い 事」を「本当・らしく」「作り・上げ…

何気なく使っている言葉の意味

「屁っ放り・腰」 「皆さん」は「屁っ放り・腰」(「へっぴり・ごし」) と、いう 「慣用句」(「かんようく」) を「使った事」は「有り」ませんか?。 「屁っ放り・腰」の「意味」は「下記」だ、そうです。 ・「いかにも」「自信 の・無さそうな」「言動」(「…

何気なく使っている言葉の意味

「ローマ は 一日にして・成らず」 「皆さん」は「ローマ は 一日にして・成らず」(「ろーま は いちにちにして・ならず」) と、いう「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。 「ローマ は 一日にして・成らず」の「意味」は「下記」だ、そうです。…

何気なく使っている言葉の意味

「一石・二鳥」 「皆さん」は「一石・二鳥」(「いっせき・にちょう」) と、いう 「四字・熟語」を「使った事」は「有り」ませんか?。 「一石・二鳥」の「意味」は「下記」だ、そうです。 ・「一度 の・行為」で「二つ の・利益」を「得る・事」だ、そうです…

何気なく使っている言葉の意味

「苦しい時 の・神頼み」 「皆さん」は「苦しい時 の・神頼み」(「くるしいとき の・かみだのみ」) と、いう 「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。 「苦しい時 の・神頼み」の「意味」は「下記」だ、そうです。 ・「苦しい時 は・神頼み」は「…