何気なく使っている言葉の意味

「当たらずと 雖も・遠からず」 (「あたらずと いえども・ とおからず」) 「皆さん」は 「当たらずと 雖も・遠からず」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「当たらずと 雖も・遠からず」の 「意・味」は 「下・記」だ、そう…

何気なく使っている言葉の意味

「見切 り・発車」 (「みき り・はっしゃ」) 「皆さん」は 「見切 り・発車」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「見切 り・発車」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「議論 が・十分」に 「尽くされ て・おらず…

何気なく使っている言葉の意味

「泣いて 暮らすも 一生・ 笑って 暮らすも 一生」 (「ないて くらすも いっしょう・ わらって くらすも いっしょう」) 「皆さん」は 「泣いて 暮らすも 一生・ 笑って 暮らすも 一生」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「…

何気なく使っている言葉の意味

「縦のものを 横にも・しない」 (「たてのものを よこにも・しない」) 「皆さん」は 「縦のものを 横にも・しない」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「縦のものを 横にも・しない」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうで…

何気なく使っている言葉の意味

「転がる 石には・苔が 生えぬ」 (「ころがる いしには・ こけが はえぬ」) 「皆さん」は 「転がる 石には・苔が 生えぬ」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「転がる 石には・苔が 生えぬ」の 「意・味」は 「下・記」だ、…

何気なく使っている言葉の意味

「鼻 が・高い」 (「はな が・たかい) 「皆さん」は 「鼻 が・高い」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「鼻 が・高い」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「鼻・高々」 (「はな・たかだか」) とも 「表 現・する…

何気なく使っている言葉の意味

「煮え 切ら・ない」 (「にえ きら・ない」) 「皆さん」は 「煮え 切ら・ない」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「煮え 切ら・ない」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「態度 や・言動」が 「ハッキリ・しない…

何気なく使っている言葉の意味

「取って 付けた・よう」(「とって つけた・よう」) 「皆さん」は 「取って 付けた・よう」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「取って 付けた・よう」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「相手 の・言動など」が…

何気なく使っている言葉の意味

「おんぶ に・抱っこ」 (「おんぶ に・だっこ」) 「皆さん」は 「おんぶ に・抱っこ」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「おんぶ に・抱っこ」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「漢・字・では」 「負んぶ に・…

何気なく使っている言葉の意味

「論 より・証拠」 (「ろん より・しょうこ」) 「皆さん」は 「論 より・証拠」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「論 より・証拠」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「口・先」で 「あ れ・これ」と 「議論を …

何気なく使っている言葉の意味

「堂 々・巡り」 (「どう どう・めぐり」) 「皆さん」は 「堂 々・巡り」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「堂 々・巡り」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「考え方 や・議論」が 「同じ事 の・繰り返し」で …

何気なく使っている言葉の意味

「去る者 は・追わず」 (「さるもの は・おわず」) 「皆さん」は 「去る者 は・追わず」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「去る者 は・追わず」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「自 分・から」 「離れ て・…

何気なく使っている言葉の意味

「送る 月日に・関守なし」 (「おくる つきひに・せきもりなし」) 「皆さん」は 「送る 月日に・関守なし」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「送る 月日に・関守なし」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「月・日…

何気なく使っている言葉の意味

「一を 知りて・二を 知らず」 (「いちを しりて・にを しらず」) 「皆さん」は 「一を 知りて・二を 知らず」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「一を 知りて・二を知らず」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「…

何気なく使っている言葉の意味

「旋風を 巻き・起こす」 (「せんぷうを まき・おこす」) 「皆さん」は 「旋風を 巻き・起こす」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「旋風を 巻き・起こす」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「新たな・時流」を …

何気なく使っている言葉の意味

「愛想 が・尽きる」 (「あいそ が・つきる」) 「皆さん」は 「愛想 が・尽きる」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「愛想 が・尽きる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「愛想 が・尽きる」を 「よ り・一層…

何気なく使っている言葉の意味

「外堀 を・埋める」 (「そとぼり を・うめる」) 「皆さん」は 「外堀 を・埋める」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「外堀 を・埋める」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「本来 の・目的」に 「対 し・て」 …

何気なく使っている言葉の意味

「焼け石 に・水」 (「やけいし に・みず」) 「皆さん」は 「焼石 に・水」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「焼け石 に・水」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「何・か」の 「悪 い・出来事」が 「既・に」 …

何気なく使っている言葉の意味

「半 信・半疑」 (「はん しん・はんぎ」) 「皆さん」は 「半 信・半疑」 と、いう 「四 字・熟語」を 「使った・事」は「有・り」ませんか? 「半 信・半疑」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「半分は 信じて・いる」が 「半分は 疑って・いて…

何気なく使っている言葉の意味

「鬼の首を 取った・よう」 (「おにのくびを とった・よう」) 「皆さん」は 「鬼の首を 取った・よう」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「鬼の首を 取った・よう」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「他人 の …

何気なく使っている言葉の意味

「一 から・十まで」 (「いち から・じゅうまで」) 「皆さん」は 「一 から・十まで」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「一 から・十まで」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「何 から・何まで」や 「始め か…

何気なく使っている言葉の意味

「聞き耳 を・立てる」 (「ききみみ を・たてる」) 「皆さん」は 「聞き耳 を・立てる」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「聞き耳 を・立てる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「一生・懸命」に 「小さ な・…

何気なく使っている言葉の意味

「肩 を・貸す」(「かた を・かす」) 「皆さん」は 「肩 を・貸す」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか。 「肩 を・貸す」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「傷付い た・人」等を 「自・分」の 「肩に つかまら・…

何気なく使っている言葉の意味

「卵が 先か・鶏が 先か」 (「タマゴ が さきか・ ニワトリ が さきか」) 「皆さん」は 「卵が 先か・鶏が 先か」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「卵が 先か・鶏が 先か」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・…

何気なく使っている言葉の意味

「愚・直」(「ぐ・ちょく」) 「皆さん」は 「愚・直」 と、いう 「二 字・熟語」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「愚」の (「おろか」) 「付 く・言葉」で 「ほ め・言葉」は 「愚 直・以外」に 「私」は 「知・り」ません。 「愚・直」の 「意…

何気なく使っている言葉の意味

「鳶に 油揚げを・さらわれる」 (「トビ に あぶらあげを さらわれる」) 「皆さん」は 「鳶に 油揚げを・さらわれる」 と、いう 「ことわざ」を 「使った事」は 「有・り」ませんか? 「鳶に 油揚げを・さらわれる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです…

何気なく使っている言葉の意味

「弁慶 に・薙刀」 (「べんけい に・なぎなた」) 「皆さん」は 「弁慶 に・薙刀」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「弁慶 に・薙刀」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「十分 に・強い者」が 「得意 と する …

何気なく使っている言葉の意味

「涙 を・呑む」 (「なみだ を・のむ」) 「皆さん」は 「涙 を・呑む」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「涙 を・呑む」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「涙 を・飲む」と (「なみだ を・のむ」) 「表記 する…

何気なく使っている言葉の意味

「葦を ふくむ・雁」 (「アシ を ふくむ・カリ」) 「皆さん」は 「葦を ふくむ・雁」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「葦を ふくむ・雁」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「何か の・行動」を 「起こ す・際…

何気なく使っている言葉の意味

「火に 油を・注ぐ」 (「ひに あぶらを・そそぐ」) 「皆さん」は 「火に 油を・注ぐ」 と、いう 「ことわざ」を 「使った事」は 「有・り」ませんか? 「火に 油を・注ぐ」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「勢いの 激しい・もの」に 「いっそう…