何気なく使っている言葉の意味

「諦めは 心の・養生」 (「あきらめは こころの・ ようじょう」) 「皆さん」は 「諦めは 心の・養生」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「諦めは 心の・養生」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「過去 の・失敗」…

何気なく使っている言葉の意味

「桜切る 馬鹿・梅切らぬ馬鹿」 (「さくらきる バカ うめきらぬバカ」) 「皆さん」は 「桜切る 馬鹿・梅切らぬ馬鹿」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「桜切る 馬鹿・梅切らぬ馬鹿」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうで…

何気なく使っている言葉の意味

「溜息 を・吐く」 (「ためいき を・つく」) 「皆さん」は 「溜息 を・吐く」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「溜息 を・吐く」の 「意・味」は 「下・記」だ、 そうです。 ・「嘆息 を・はく」は 「誤 読・なの」で 「…

何気なく使っている言葉の意味

「備えあれば 憂い・なし」(「そなえあれば うれい・なし」) 「皆さん」は 「備えあれば 憂い・なし」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「備えあれば 憂い・なし」の 「意・味」は「下・記」だ。そうです。 ・「事前 の・準…

何気なく使っている言葉の意味

「大目玉 を・食う」 (「おおめだま を・くう」) 「皆さん」は 「大目玉 を・食う」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「大目玉 を・食う」の 「意・味」は 「下・記」だ。そうです。 ・「大目玉 を・食らう」や 「大目玉 を…

何気なく使っている言葉の意味

「瓜・二つ」(「うり・ふたつ」) 「皆さん」は 「瓜・二つ」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「瓜・二つ」の 「意・味」は「下・記」だ、そうです。 ・「親・子」や 「きょうだい・など」 「血縁の ある・人」の 「外・見」…

何気なく使っている言葉の意味

「海老で 鯛を・釣る」 (「えびで たいを・つる」) 「皆さん」は 「海老で 鯛を・釣る」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか。 「海老で 鯛を・釣る」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「エビ・とは」 「魚を 釣る時に…

何気なく使っている言葉の意味

「感・極まる」(「かん・きわまる」) 「皆さん」は 「感・極まる」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「感・極まる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「極まる・とは」 「限度 に・達する」 と、いう 「意・味…

何気なく使っている言葉の意味

「何食わぬ・顔」 (「なにくわぬ・かお」) 「皆さん」は 「何食わぬ・顔」 と、いう 「慣 用・句」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「何食わぬ・顔」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「ウソ を・ついた」り 「失敗したり・して」 「…

何気なく使っている言葉の意味

「苦肉 の・策」 (「くにく の・さく」) 「皆さん」は 「苦肉 の・策」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「苦肉 の・策」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「苦 し・紛れ」に (「くるし・まぎれ」) 「編 み・出…

何気なく使っている言葉の意味

「猫が 顔を洗うと・雨」 (「ネコが かおをあらうと・あめ」) 「皆さん」は 「猫が 顔を洗うと・雨」 と、いう 「ことわざ」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「猫が 顔を洗うと・雨」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「ネコ が 顔を…

何気なく使っている言葉の意味

「見る 影も・ない」 (「みる かげも・ない」) 「皆さん」は 「見る 影も・ない」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「見る 影も・ない」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「過去 の・華やかさ」が 「想像 でき…

何気なく使っている言葉の意味

「どんぶり・勘定」(「どんぶり・かんじょう」) 「皆さん」は 「どんぶり・勘定」 と、いう 「慣 用・句」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「どんぶり・勘定」の「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「収支を 計算・した」り 「帳簿等に 記…

何気なく使っている言葉の意味

「煮え切ら・ない」 (「にえ きら・ない」) 「皆さん」は 「煮え切ら・ない」 と、いう 「慣 用・句」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「煮え切ら・ない」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「態度 や・考え方」が 「曖・昧」で (「あ…

何気なく使っている言葉の意味

「四つ に・組む」 (「よつ に くむ」) 「皆さん」は 「四つ に・組む」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「四つ に・組む」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「互・い」に 「正 面・から」 「ぶつかり・合って…

何気なく使っている言葉の意味

「足を 向けて・寝られない」 (「あしを むけて・ねられない」) 「皆さん」は 「足を 向けて・寝られない」 と、いう 「慣 用・句」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「足を 向けて・寝られない」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「恩…

何気なく使っている言葉の意味

「表 裏・一体」 (「ひょうり・いったい」) 「皆さん」は 「表 裏・一体」 と、いう 「四 字・熟語」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「表 裏・一体」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・①「一 見・する」と 「全く 別々の・もの」に 「…

何気なく使っている言葉の意味

「味噌 を・付ける」 (「みそ を・つける」) 「皆さん」は 「味噌 を・付ける」 と、いう 「ことわざ」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「味噌 を・付ける」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「失 敗・して」 「恥 を・かく」や 「し …

何気なく使っている言葉の意味

「当たるも八卦・当たらぬも八卦」 (「あたるもはっけ・ あたらぬもはっけ」) 「皆さん」は 「当たるも八卦・当たらぬも八卦」 と、いう 「ことわざ」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「当たるも八卦・当たらぬも八卦」の 「意・味」は 「下・記…

何気なく使っている言葉の意味

「猫の 手も・借りたい」(「ねこの ても・かりたい」) 「皆さん」は 「猫の 手も・借りたい」 と、いう 「ことわざ」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「猫の 手も・借りたい」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「めちゃ・くちゃ」に …

何気なく使っている言葉の意味

「顔を 洗って・出直す」 (「かおを あらって・でなおす」) 「皆さん」は 「顔を 洗って・出直す」 と、いう 「ことわざ」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「顔を 洗って・出直す」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「仕 事・等」で …

何気なく使っている言葉の意味

「根を断ちて 葉を・枯らす」 (「ねをたちて はを・からす」) 「皆さん」は 「根を断ちて 葉を・枯らす」 と、いう 「ことわざ」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「根を断ちて 葉を・枯らす」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「誤り …

何気なく使っている言葉の意味

「泣き の・一回」 (「なき の・いっかい」) 「皆さん」は 「泣き の・一回」 と、いう 「言・葉」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか。 「泣き の・一回」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「泣き の・一回」と 「い う・言葉」は 「慣用…

何気なく使っている言葉の意味

「背 を・向ける」 (「せ を・むける」) 「皆さん」は 「背 を・向ける」 と、いう 「慣 用・句」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「背 を・向ける」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「その 事に・対し」て 「反 対・する」や 「無関…

何気なく使っている言葉の意味

「醍 醐・味」 (「だい ご・み」) 「醍 醐・味」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「物・事」の 「本当 の・面白さ」 「深 い・味わい」や 「真・髄」と 「い う・意味」の 「三 文字・熟語」だ そうです。 「醍 醐・味」の 「由・来」は 「下・…

何気なく使っている言葉の意味

「狭き門 より・入れ」 (「せまきもん より・はいれ」) 「皆さん」は 「狭き門 より・入れ」 と、いう 「ことわざ」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「狭き門 より・入れ」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「事を なす・時」に 「簡…

何気なく使っている言葉の意味

「元も 子も・ない」 (「もとも こも・ない」) 「皆さん」は 「元も 子も・ない」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「元も 子も・ない」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「本来 の・意義」や 「当初の 目的・…

何気なく使っている言葉の意味

「ベール を・脱ぐ」 (「ベール を・ぬぐ」) 「皆さん」は 「ベール を・脱ぐ」 と、いう 「慣 用・句」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「ベール を・脱ぐ」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「顔 に・ベール」を 「被っ て・いた」…

何気なく使っている言葉の意味

「木・枯らし」(「こ・がらし」) 「皆さん」は 「木・枯らし」 と、いう 「気 象・用語」を 「使 った・事」は 「有・り」ませんか? 「木・枯らし」の「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「晩 秋・から」 「初冬の 間に・吹く」 「毎 秒・8 メートル…

何気なく使っている言葉の意味

「踵 を・返す」(「きびす を・かえす」) 「皆さん」は 「踵 を・返す」 と、いう 「慣 用・句」を 「漬かっ た・事」は 「有・り」ませんか? 「踵 を・返す」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「来 た・道」を 「後 戻り・する」や 「引 き・返…