何気なく使っている言葉の意味

「義を見て せざる は・勇無き なり」 (「ぎをみて せざる は・ ゆうなき なり」) 「皆さん」は 「義を見て せざる は・勇無き なり と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「義を見て せざる は・勇無き なり」の 「意・味」は …

何気なく使っている言葉の意味

「奥歯に 物が・挟まる」 (「おくばに ものが・はさまる」) 「皆さん」は 「奥歯に 物が・挟まる」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「奥歯に 物が・挟まる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「自・分」の 「思…

何気なく使っている言葉の意味

「細 く・長く」 (「ほそ く・ながく」) 「皆さん」は 「細 く・長く」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「細 く・長く」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「目立ち は・しない」 「も の」の 「地道 に・長く…

何気なく使っている言葉の意味

「一巻 の・終わり」 (「いっかん の・おわり」) 「皆さん」は 「一巻 の・終わり」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「一巻 の・終わり」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「物事 の・結末」が 「全て ついて…

何気なく使っている言葉の意味

「雨降れば 必ず・土砂降り」 (「あめふれば かならず・ どしゃぶり」) 「皆さん」は 「雨降れば 必ず・土砂降り」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「雨降れば 必ず・土砂降り」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 …

何気なく使っている言葉の意味

「竜 頭・蛇尾」 (「りゅう とう・だび」) 「皆さん」は 「竜 頭・蛇尾」 と、いう 「四 字・熟語」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「竜 頭・蛇尾」の 「意・味」は 「下・記」だそうです。 ・「始・め」は 「盛ん な・意気込み」で 「威勢 が・…

何気なく使っている言葉の意味

「匙 を・投げる」 (「さじ を・なげる」) 「皆さん」は 「匙 を・投げる」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「匙 を・投げる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「こ れ・以上」 「どんな に・努力して」も 「…

何気なく使っている言葉の意味

「物も 言いよう で・角が 立つ」 (「ものも いいよう で・ かどが たつ」) 「皆さん」は 「物も 言いよう で・角が 立つ」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「物も 言いよう で・角が 立つ」の 「意・味」は 「下・記」だ…

何気なく使っている言葉の意味

「他山 の・石」 (「たざん の・いし」) 「皆さん」は 「他山 の・石」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「他山 の・石」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「他・人」の 「誤っ た・言行」も 「自分の・行い」の…

何気なく使っている言葉の意味

「水は 方円 の・器に 随う」 (「みずは ほうえん の・ うつわに したがう」) 「皆さん」は 「水は 方円 の・器に 隨う」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「水は 方円 の・器に 隨う」の 「意・味」は 「下・記」だ、そう…

何気なく使っている言葉の意味

「公然 の・秘密」 (「こうぜん の・ひみつ」) 「皆さん」は 「公然 の・秘密」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「公然 の・秘密」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「公・然」とは 「周囲 の・誰も」が 「知…

何気なく使っている言葉の意味

「背中 を・押す」 (「せなか を・おす」) 「皆さん」は 「背中 を・押す」 と、いう 「慣用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか。 「背中 を・押す」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「何か を・すること」に 「ためらっ て・いる」…

何気なく使っている言葉の意味

「棒 に・振る」 (「ぼう に・ふる」) 「皆さん」は 「棒 に・振る」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「棒 に・振る」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「こ れ・まで」に 「長 い・間」 「積み重ね て・来た」…

何気なく使っている言葉の意味

「上には上 が・ある」 (「うえにはうえ が・ある」) 「皆さん」は 「上には上 が・ある」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「上には上 が・ある」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「上には上 が・いる」と 「…

何気なく使っている言葉の意味

「日 常・茶飯事」(「にち じょう・さはんじ」) 「皆さん」は 「日 常・茶飯事」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「日 常・茶飯事」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・①「毎・日」の 「いつも の・よう」な 「…

何気なく使っている言葉の意味

「赤 の・他人」 (「あか の・たにん」) 「皆さん」は 「赤 の・他人」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「赤 の・他人」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「全・く」 「縁も・ゆかり」も 「無・い」 「他・人」…

何気なく使っている言葉の意味

「手のひらの 上で・踊らされる」 (「てのひらの うえで・ おどらされる」) 「皆さん」は 「手のひらの 上で・踊らされる」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「手のひらの 上で・踊らされる」の 「意・味」は 「下・記」だ、…

何気なく使っている言葉の意味

「迷え る・羊」 (「まよえ る・ひつじ」) 「皆さん」は 「迷え る・羊」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「迷え る・羊」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「どうすれ ば・良い」か 「分か ら・ず」に 「迷っ…

何気なく使っている言葉の意味

「夜明け前 が・一番 暗い」(「よあけまえ が・いちばん くらい」) 「皆さん」は 「夜明け前 が・一番 暗い」 と、いう 「ことわざ」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「夜明け前 が・一番 暗い」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「日…

何気なく使っている言葉の意味

「味も 素っ気 も・ない」 (「あじもそっけ も・ない」) 「皆さん」は 「味も 素っ気 も・ない」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「味も 素っ気 も・ない」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「味 わ・い」や …

何気なく使っている言葉の意味

「一 諾・千金」 (「いち だく・せんきん」) 「皆さん」は 「一 諾・千金」 と、いう 「四 字・熟語」を 「聞い た・事」は 「有・り」ませんか? 「一 諾・千金」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「一・諾」 (「いち・だく」) と は 「一 度・…

何気なく使っている言葉の意味

「ばつ が・悪い」 (「ばつ が・わるい」) 「皆さん」は 「ばつ が・悪い」 と、いう 「慣用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「ばつ が・悪い」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「ば つ」に 「相 当・する」 「漢・字」は 「無…

何気なく使っている言葉の意味

「朴・念.・仁」 (「ぼく・ねん・じん」) 「皆さん」は 「朴・念・仁」 と、いう 「慣 用・句」を「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「朴・念・仁」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「人 の・性格」を 「表 す・表現」で 「無・口」で 「…

何気なく使っている言葉の意味

「叩けよ さらば・開かれん」 (「たたけよ さらば・ ひらかれん」) 「皆さん」は 「叩けよ さらば・開かれん」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「叩けよ さらば・開かれん」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「…

何気なく使っている言葉の意味

「一 泡・吹かせる」 (「ひと あわ・ふかせる」) 「皆さん」は 「一 泡・吹かせる」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「一 泡・吹かせる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「創 意・工夫」を 「凝 ら・し」て …

何気なく使っている言葉の意味

「名無し の・権兵衛」 (「ななし の・ごんべえ」) 「皆さん」は 「名無し の・権兵衛」 と、いう 「慣 用・句」を 「聞い た・事」は 「有・り」ませんか? 「子供 の・頃」に 「当た り・前」の 「様」に「使っ て・いた」 「言 い・回し」を 「突・然」に…

何気なく使っている言葉の意味

「我 を・忘れる」 (「われ を・わすれる」) 「皆さん」は 「我 を・忘れる」 と、いう 「慣 用・句」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「我 を・忘れる」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「物・事」に 「心」を 「奪 わ・れる」 「事…

何気なく使っている言葉の意味

「怖い もの・知らず」 (「こわい もの・しらず」) 「皆さん」は 「怖い もの・知らず」 と、いう 「慣 用・句」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「怖い もの・知らず」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「怖・い」と 「恐・い」は 「…

何気なく使っている言葉の意味

「水 清けれ ば・魚 棲まず」 (「みず きよけれ ば・うお すまず」) 「皆さん」は 「水 清けれ ば・魚 棲まず」 と、いう 「ことわざ」を 「使っ た・事」は 「有・り」ませんか? 「水 清けれ ば・魚 棲まず」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・…

何気なく使っている言葉の意味

「起 死・回生」 (「き し・かいせい」) 「皆さん」は 「起 死・回生」 と、いう 「四 字・熟語」を 「使った・事」は 「有・り」ませんか? 「起 死・回生」の 「意・味」は 「下・記」だ、そうです。 ・「生・死」 と、いう 「極端 な・意味」を 「持 つ・…