何気なく使っている言葉の意味

「突拍子 も・ない」

(「とっぴょうし も・ない」)

 

「皆さん」は

「突拍子 も・ない」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?


「突拍子 も・ない」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「常識に 外れて・いて」

 「呆れ る・ほど」に

 (「あきれる」)

 「程度が はなはだ・しい」

 「様・子」を

 「表 現・した」

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「突拍子 も・ない」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「突拍子・とは」

 「古 典・的」な

 「打楽器 の・奏法」の

                 (「そうほう」)

 「事」で

 

 「それまで の・テンポ」

    か ら

 「大きく 起伏を・つける」や

 「大きく 調子を・変える」と

 「い う・意味」で

 「使 わ・れた」

    そうです。

 

 「そ こ・から」

 「呆れ る・ほど」

 「調 子・外れ」

 (「ちょしっ・ぱずれ」)
    と、いう

 

 「意・味」に

 「成 っ・た」

    そうです。

 

 「突拍子 も・ない」の

 「な い」は

 「否定語 では・無く」

 「強調する・意味」で

 

 「使わ れ・た」

 「事」が

 「由・来」だ

    そうです。

 

「突拍子 も・ない」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「突・然」に
 「上・司」が

 「突拍子 も・ない」
 「大声を 出した・ので」

 

 「部 下・一同」

 「何 事・かと」

 「顔」を
 「見 合・わせ」た。

 

・「彼・女」が
 「出した・提案」に

 「他 の・誰も」が

 「常識から・外れ」た

 

 「突拍子 も・ない」

 「アイデア・だと」

 「呆 れ・たり」

 「感心 し・たり」した。

 

「突拍子 も・ない」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「常軌 を・逸する」

   (「じょうき を・いっする」)

 

・「常 軌・とは」
 「普通 の・やり方」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「逸する・とは」

 「ある 範囲・から」

 「外 れ・る」と

 「い う・意味」で

 

    「常軌 を・逸する」

       と は

    「常 識・から」

 「かけ 離れて・いる」と

 

 「い う・意味」の

 「慣 用・句」で

 「ポジティブ」な

 「ニュアンス・でも」

 

 「ネガティヴ」な

 「ニュアンス・でも」

 「使 用・可能」だ

    そうです。

 

「突拍子 も・ない」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「有り 触れ・た」

   (「あり ふれ・た」)

 

・「世・間」の
 「どこに でも・あり」

 「平・凡」で

 「珍し く・無い」と

 

 「い う・意味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「浦島 坂田船」は

(「うらしま さかたせん」)

 

「根拠もなくて、

   突拍子も ないけど」の

「歌詞 が・ある」

 

「月 夜」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2021・年」に

「リリース」

   し た

「6 th・アルバム」

 

「LooVE」に

「収 録・され」て

   います。

 

「同・アルバム」は

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・作」に

「成・り」ました。

 

「浦島 坂田船」は

「2013・年」に

「結 成・した」

「うら たぬき」

 

「志 麻」

「となりの 坂田」

「センラ から・なる」

 

「男 性・4 人組」の

「音 楽・ユニット」

   です。

 

「それぞれ の・名前から」

「2〜3・文字」を

「取っ・て」
「グループ・名」を

 

「浦島 坂田船」と

「名・付け」

「ファン の・名称」は

「crew」です。

(「クルー」)

 

「4 人・全員」が

「ニコニコ・動画」で

「生放送 を・行う」

「生 主・出身」の

(「なまぬし」)

 

「歌 い・手」で
「歌・手」です。

「個・人」で
「活動していた 時・から」

「多くの・ファン」を
「獲得していた・4 人」が

 

「集まった・事」で

「一躍 に・して」

「人 気・グループ」に

「成・り」ました。

 

「2015・年」に

「リリース・した」

「ファースト」

「ミニ・アルバム」

 

「はじまり の・合図」で

「メジャー・デビュー」を

「果 た・し」ました。

 

「同・ミニアルバム」が

「ヒット・したか?」は
「不・明」です。

「代 表・曲」に

 

「Peacock Epock」

「誠 - Live for Justice -」

「Storry Cruise」等が

「有・り」ます。

 

「2019・年」に

「リリース・した」

「セカンド・シングル」

「明日への Bye Bye」

 

「同・年」に

「リリース・した」

「サード・シングル」

「Gotchan!!」

「2023・年」に

「リリース・した」

「4 th・シングル」

「SHINY」が

 

「シングル・曲」で

「自 身・最高位」の

オリコン・4 位」に

「成・り」ました。

 

「アルバム」

   で は

 

「2018・年」に

「リリース・した」

「サード・アルバム」

「V - emus」

 

「2021・年」に

「リリース・した」

「6 th・アルバム」

「LooVE」

 

「2022・年」に

「リリース・した」

「7 th・アルバム」

「Tonight」が

 

「各・々」
オリコン・1 位」の

「大 ヒット・作」に

「成・り」ました。

 

「紅 白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「浦島 坂田船」

「月 夜」

「作・詞」「作・曲」

「SHIROSE」

 

君と月夜と ダンシング
Are you ready?
この後、俺と ドライビング

 

かいだことない 香水
なんて種類の におい?
嗅覚が、君と関係を 持てと
指令 してる。

 

By my self
根拠もなくて、突拍子もないけど
By my self
別の場所で 俺と話さない? 今夜。
(「返事 聞かせろ」)

 

君と月夜と ダンシング
Are you ready?
この後、俺と ドライビング

 

照らしてる 月夜
こっから 非日常。
先に言っとくけど 何か
起こるよ。
「hi hi hi」早くして
「hi hi hi」もう少し
「hi hi hi」満足?
あのさぁ、どうしたいの?

 

君と月夜と ダンシング
Are you ready?
この後、俺と ドライビング。
愛させろ。

 

ガラスの靴を 脱がす
あなたも僕を 濡らす。
話してる だけでも
何かが始まってると 感じる

 

By my self
今日 この関係
始める前に 言うね
By my self
終わった 後も
大事に させて。
(「返事 聞かせろ」)

 

君と月夜と ダンシング
Are you ready?
この後、俺とドライビング

 

照らしてる 月夜
こっから 非日常。
先に言っとくけど 何か
起こるよ。
「hi hi hi」早くして
「hi hi hi」もう少し
「hi hi hi」満足?
あのさぁ、どうしたいの?

 

君と月夜と ダンシング
Are you ready?
この後、俺と ドライビング。
愛させろ。

 

帰り道、君の手を 離した。
寂しがって、どうか。
もし握り返して くれたら
もう離せないかも しれない。
帰さないよ?

 

君と月夜と ダンシング
Are you ready?
この後、俺と ドライビング

 

照らしてる 月夜
こっから 非日常。
先に言っとくけど 何か
起こるよ。
「hi hi hi」早くして
「hi hi hi」もう少し
「hi hi hi」満足?
あのさぁ、どうしたいの?

 

君と月夜と ダンシング
Are you ready?
この後、俺と ドライビング。
愛させろ。

 

 

※「拍 子・抜け」

(「ひょうし・ぬけ」)

 

「拍 子・抜け」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「予 想・より」も

 「手応え が・無かった」り

 「反応が 鈍い・等」で
 「張り合い が・無くなる」と

 

 「い う・意味」の

 「慣 用・句」で

 「素晴 ら・しい」と

 「思って いた・事」が

 

 「大し た・事」が

 「無 かっ・た」り

 「大変 だと・思って」

 「気構えて いた・事」が

 

 「すぐに 終わって・しまう」

 「時」等に

 「用い る・表現」だ

    そうです。

 

「拍 子・抜け」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

・「拍 子・とは」

 「音楽 の・リズム」を

 「形 成・する」

 「基 本・単位」で

 

 「抜 け・とは」

 「リズム が・抜ける」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「拍子 抜け・とは」

 「リズム が・抜ける」や

 「調子が 狂う・から」

 「転 じ・て」

 

 「期 待・外れ」で

 「ガッカリ・する」
    と、いう

 「意・味」に

 

 「成った・事」が

 「由・来」だ

    そうです。

 

「拍 子・抜け」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「相 手・チーム」は

 「前 評判・では」

 「強・豪」と

 「言わ れて・いた」が

 

 「蓋」を

 (「フタ」)
 「開け て・みれ」ば

 「我 が・チーム」の
 「圧・勝」で

 「拍 子・抜け」

    だった。

 

・「彼 は・壁」に

 「突 き・当た」り

 「四 苦・八苦」

 (「し く・はっく」)

 「して・いた」が

 

 「発・想」を

 「転換して・みた」ら

 「アッサリ・答え」が

 「出 て・来」て

 

 「拍子抜け・した」

    そうだ。

 

「拍 子・抜け」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「暖簾 に・腕押し」

   (「のれん に・うでおし」)

 

・「暖 簾・とは」

 「居酒屋・等」の

 「玄・関」に

 「吊り 下げ・られ」た

 

 「日よけ や・目隠し」

 「用」の

 「布 の・事」です。

 

 「こ れ・を」

 「腕 で・押して」も

 「少し も・手応え」を

 「感 じ・ず」に

 

 「張り合い が・無い」

 「事 を・例え」た

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「拍 子・抜け」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「打て ば・響く」

   (「うて ば・ひびく」)

 

・「打て ば・響く」

 「叩け ば・鳴る」

 「当たれ ば・砕く」と

 「続けても・言う」

 

 「ことわざ」

    です。

 

 「受け た・刺激」に

 「対 し・て」

 「敏・感」で

 「反応 が・早く」


 「し か・も」

 「そ の・反応」が

 「優れて・いて」

 「張 り・合い」が

 

 「有・る」と

 「い う・意味」の

 「ほ め・言葉」

    です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

 

加藤ミリヤ」は

(「かとう ミリヤ」)

 

「期待はずれの 人生

   理想とは ほど遠い」の

「歌詞 が・ある」

 

「20 - CRY -」

(「トウェンティ・クライ」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2009・年」に

「リリース」

   し た

「14 th・シングル」で

 

「ケータイ 音楽・ドラマ」

「20 - CRY -」の

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

 

オリコン・7 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「加藤 ミリヤ」は

「1988 年・生まれ」で

「愛知 県・豊川 市」

「出・身」の

 

「シンガーソング・ライター」

「ファッション・デザイナー」

「小 説・家」
「女・優」です。

 

「小 学・校」に

「入 学 した・頃」

「安室 奈美恵」や

ローリン・ヒル」等に

 

「あこが・れ」て

「歌・手」を

「目 指す・様」に

「成・り」

 

「10 歳の・時」

   か ら

「作・詞」を

「始・め」ました。

 

「2001・年」

「13 歳の・時」に

ソニー・ミュージック」

「主・催」の

「オーディション」を

「受・け」

「見・事」に

「合・格」しました。

 

「14 歳の・時」に

「生 徒・会長」の

「重・積」を

「こなし・ながら」

 

「作・曲」を

「本 格・的」に

「始・め」ました。

 

「中学生・時代」の

「3・年間」は

「週・末」に

「上・京」し

 

「歌 の・レッスン」を

「受・け」る

「日・々」を

「送・り」ました。

 

「中学 卒業・後」

「私・立」

「明治 学院・高校」

   へ  の

 

「進・学」を

「機」に
「単 身・にて」

「上・京」しました。

 

「2004・年」

「高校 1 年生の・時」に

「13 歳の・時」に

「作詞 作曲・した」

 

「ファースト・シングル」

「Never let go 」を

「リリース・して」

「歌 手・デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・15 位」の

「スマッシュ・ヒット」に

「成・り」ました。

 

「若者 の・気持ち」を

「代弁 する・歌詞」と

「独特 の・世界観」と

「個・性」で

 

「女 子 ・高生」の

「カリスマ と・呼ばれ」

「圧倒的 な・支持」を

「獲・得」しました。

 

「代 表・曲」に

 

「A i t a i」

「SAYONARA ベイビー」

「W H Y」等が

「有・り」ます。

 

「2006・年」

「高校 3 年生の・時」に

「自・身」が

「デザイン・する」

 

「洋・服」の

「ファッション・

   ブランド」

「Kawi Jamele」を

「立 ち・上げ」ました。

 

「2008・年」に

「リリース・した」

「ファースト」

「コンビレーション・

   アルバム」

 

「BEST DESTINY」が

「自 身・初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2009・年」に

「キャリア・初」の

「日 本・武道館」に

「於 け・る」

 

「単 独・ライブ」を
「開・催」し

「好・評」を

「博・し」ました。

 

「2010・年」に

「リリース」

   し た

「5 rh・アルバム」

 

「HEAVEN」が

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・作」に

「成・り」ました。

 

「2011・年」

「23 歳の・時」に

「生まれたままの 私を」を

「執 筆・出版」し

 

「小 説・家」

   と、して

「デビュー」し

「以・後」

 

「2019・年」の

「あらゆる 小さな運命のこと」

   ま で

「6・作品」を

「発・表」

   しました。

 

「同・年」に

「リリース・した」

「ファースト」

ベスト・アルバム

 

「M BEST」が

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・作」に

「成・り」ました。

 

「2014・年」に

「ワールド・カップ

「開 催・中」の

「ブラジル」

 

リオデジャネイロ」の

「特 設・会場」で

「アジア・代表」

   と、して」

 

「10・万人」の

「観衆 の・前」で

「F I F A・大会」

「公 式 ・ソング」

 

「Fighter」を

「独・唱」しました。

 

「2020・年」に

「フ ジ・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「織田 裕二」
(「おだ ゆうじ」)

 

「主・演」の

「弁護士・ドラマ」

「SUITS」に

(「スーツ」) 

「出・演」し

 

「女 優・デビュー」

   しました。

 

「現 在・35 歳」

   です が

 

「数 ・々」の

「テレビ や・ラジオ」

「番組 に・出演」し

「活 躍・して」います。 

 

「私・生活」

   で は

 

「2019・年」

「31 歳の・時」に

「10 才・年上」で

「和 食・料理人」の

 

「一般 人・男性」

黒木純 さん」と

「結・婚」し

「同・年」に

 

「第・一子」が

「2021・年」に

「第・二子」が

「誕・生」しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「加藤 ミリヤ」

「20 - CRY -」

「作・詞」「作・曲」

Miliyah

 

人混みの中 ひとりきり

「寂しい」と 呟く

              (「つぶやく」)
誰も気付かない 誰も気にしない 

誰も いない
私はひとり いつもひとり 

ずっと ひとりで
歩いて 行くのかな 

とても 苦しいのに

 

どうして私は ここにいるの

baby
どうして私は 生きているの...

ツライ

 

ねぇ 誰か助けて
ねぇ どうしたらいいの
もう わからないよ

私が生まれた その意味を
ねぇ 私に気付いて
ねぇ この世界で

一人だけで いい
ただ あなただけ

 

期待はずれの 人生 

理想とは ほど遠い
私の行く道 その行方未知 

ひとり 歩けない
大人になったの 怖くなるの 

泣きたくも なるよ
すべて わかってるの 

だから こんなにも

虚しいの だけど

(「むなしい」)

 

会いたい人には きっと会えない 

ひとつに なれない
この思いも あなたに届かない 

あ あ

 

ねぇ 誰か助けて
ねぇ どうしたらいいの
もう わからないよ

私が生まれた その意味を
ねぇ 私に気付いて
ねぇ この世界で

一人だけで いい
ただ あなただけ

 

この悲しい  My life
何求め 何期待したらいいの
私は ここだよ
ひとり CRY
なぜ悲しみが あるの
なぜ喜びを 求めるの
なぜ不安に なるの
ねぇなぜ 生きてるの

 

人は 一人きりでは

生きては いけないんだ
だから私を お願い

だからひとりに しないで
ねぇ どうか私を 必要としてよ 

私を 愛してよ
この涙が 乾くころには

きっと朝が またくるから
私は 生きてるよ
生きてるよ...

 

 

「突拍子 も・ない」を

「英・語」で

 

 「no surprises」と

 

 (「突拍子 も・ない」)

 

 「言・う」そうです。