何気なく使っている言葉の意味

「出藍 の・誉れ」
(「じゅつらん の・ほまれ」)

 

「皆さん」は

「出藍 の・誉れ」

   と、いう

「慣用・句」を

 

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「出藍 の・誉れ」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「精進 を・重ねた」

(「しょうじん」)

「結・果」

 

「弟子 の・能力」が

「師匠 の・能力」を

「超・え」て

 

「優れて・いる」

   と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「日・本」で は

「将・棋」に

「代表・される」

「様」に

 

「弟・子」が

(「で・し」)

「師・匠」の

(「し・しょう」)

「元」(「もと」) で

 

「修行 を・する」

「文・化」が

「多く の・分野」で

「有・り」ます。

 

「又」

「上・司」「先・輩」

「師・匠」「先・生」

   と、いった

 

「目上 の・人」を

「立て・る」と、いう

「考 え・方」が

「根・付いて」います。

 

「その・ため」

「弟子 の・能力」が

「師匠 を・超え」て

「優れて・いる」事 が

 

「あま・り」

「好ま・しく」
「思われ・ない」事 も

「有・り」ます。

 

「出藍 の・誉れ」は

「カッコ・イイ」と

「思わ・れる」

「一・方」で

 

「恨・み」や

(「うら・み」)

「妬・み」の

(「ねた・み」) 

 

「元 に・なる」
「事」も

「しば・しば」

「有・る」そうです。

 

「しかし」

「出藍 の・誉れ」は

「弟子・だけ」で
「無・く」

 

「師匠 を・称えた」

            (「たたえた」)

「ことわざ」で も

「有・り」ます。

 

「自分 を・超え」る

「優秀 な・弟子」を

「育て・上げた」事 は

「師匠 の・誇り」です。

 

「出藍 の・誉れ」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「中・国」

「戦国・時代」の

「思想・家」

 

「荀 子」の

(「じゅん し」) 

「教・え」に

 

「下・記」が

「有・る」そうです。

 

「学 は もって 已む べからず」

「青 は 之れを 藍 (「あい」) より

   とりて 藍 よりも 青し」

 

(「学問 に 終わり は なく

    怠って は ならない」

「青 は 藍 から 取って

    藍 よりも 青い ものだ」)

 

「学問 は 綿々 と

        (「めんめん」) 

   受け 継がれ て

   積み重なる ことで

 

   更に 発展 して いく

   もので あり

   元 に あった もの より

   後 の もの が

 

  優れて いる べき ものだ」

  と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「青色 の・染料」は

「藍 の・葉」から

「抽出・します」が
「その・色」は


「元」の

「藍 の・葉」よ り

「更・に」

「青・い」事 より

 

「青 は 藍 より 出でて・藍より 青 し」

(「あお は あい より いでて・

    あい より あお し」)
   と、いう

 

「ことわざ」が

「生ま・れ」

「そ こ」か ら

 

「出・藍」と、いう

「語・句」が

「選定・され」

「転じ・て」


「師・匠」よ り

「弟・子」の

「方」が

 

「優れて・いる」

「事」を

「称 え・る」

(「たた え・る」) 

「時」に

 

「用い・られる」

「様」に

「成・り」

 

「出藍 の・誉れ」の

「由・来」に

「成っ・た」そうです。

 

「余談・です」が

「虹」の 事 を

「七色 の・虹」と

「呼び・ます」が

 

「外・側」か ら

「順・番」に

 

「赤」「橙」(「だいだい」)

「黄」「緑」「青」

「藍」(「あい」)「紫」と

 

「必・ず」

「順番・通り」に
「架か・り」ます。
(「かか・り」) 

 

「出藍 の・誉れ」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「将・棋」の

 「藤井 聡太」「四・段」は

                     (「当・時」)

 「2,016・年」

 「中学生 の・時」に

 

 「史上・最年少」で

 「プロ・棋士」と

 「成・り」

 

 「本・戦」で

 「師・匠」の

 「杉本 昌隆」「七・段」に

                       (「当・時」)

 「勝・利」し

 

 「出藍の・誉れ」に

 「成・る」と

 「共・に」

 「恩・返し」を、した。

 

 「敗 れ・た」

 「師・匠」も

 

 「優秀 な・弟子」を

 「育 て・た」

       と、して

 「称・賛」された。

 

・「部・下」や

 「後・輩」が

 「自分 を・超え」て

 

 「出藍の・誉れ」と

 「成・る」事 を

 「嫌・がり」

 

 「教え・たり」

 「指導・したり」

 「しようと・しない」

 「人」は

 

 「師・匠」と

 「呼ば・れる」に

 「値」(「あたい」) しない。

 

「出藍の・誉れ」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「鳶が 鷹を・生む」
  (「トンビ が タカ を・うむ」)

 

 「トンビ」も 「タカ」も
 「タカ・目」「タカ・科」で

 「同じ・仲間」で

 

 「姿」や

 「大き・さ」は

 「似て・いる」が

 

 「トンビ」を

 「平凡 な・もの」に

 「タカ」を

 「優れ た・もの」に

 

 「たと・え」

 「転 じ・て」
 「平凡 な・両親」

       か ら

 

 「優れ た・子」が

 「生ま・れた」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「出藍の・誉れ」の

「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。


・「蛙の子 は・蛙」
  (「カエルのこ は・カエル」)

 「カエル」の

 「子・供」は

 「おたまじゃくし」で

 

 「親」と は

 「全・く」

 「違った・姿」

      です が

 

 「おたまじゃくし」は

 「成長・する」に

 「連・れ」て

 「手足 が・出て」

 

 「最後・は」

 「親と・同じ」
 「姿 ・形」に

 「成・る」

 

 「宿命 に・ある」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 「子・供」が

 「才能 が・有る」

 「様」に

 「見え・て」も

 

 「成長 に・連れ」て

 「少し・ずつ」

 「親」に

 「似 て・くる」

 

 「様・子」を

 「たとえ」た

 「ことわざ」だ、そうです。

 

 「究・極」の

 「意・味」は

 「凡人 の・子供」は

 「凡・人」で

 

 「ほめ・言葉」

       で は

 「有・り」ません。

 

 「使う・時」

        に は

 「十・分」な

 「注・意」が

 

 「必・要」な

 「ことわざ」」です。

 

 「ちな み」に

 「宿・命」は

 (「しゅく・めい」)
 「変えられ・ない」

 「そう・です」が

 

 「運・命」は
 (「うん・めい」)

 「努力 に・より」

 「変え・られる」
 「そ う」です。

 

 

「優 里」は

(「ゆう り」)

「赤 黄 藍色 が 胸の奥」の

「歌詞 が・ある」

 

「ドライ・フラワー」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

「2,020・年」に

「リリース」し た

「配信・限定」

「シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「優 里」は

「1,994 年・生まれ」で

「千葉 県・幕 張」

「出・身」の

 

「男・性」の

「シンガー・ソング」

「ライター」です。

 

「2,019 年・10 月」に

「渋 谷」で  の

「路上・ライブ」で

 

「ロック・バンド」

「MY FIRST STORY」の

『 花 』- 0714 -」を

「演奏・中」に

 

「同・バンド」の

「ボーカル」

   で、ある

「Hiro」が

 

(「森 進一」と

「森 昌子」の

「三・男」」)

 

「飛び・入り」で

「参・加」し

「2 番の・曲」を

 

「一緒 に・歌った」

「事」が

「話・題」に

「成・り」ました。

 

「同 年・12 月」に

「優 里」は

「Hiro」の

「監・修」で

 

「男・目線」で の

「歌・詞」の

「自作・曲」

「かくれんぼ」を

 

「インディーズ」か ら

「配信・限定」で

「リリース」しました。

 

「同・曲」は

「ミュージック・

   ビデオ」の

「再生・回数」が

 

「2,400・万回」を

「突・破」しました。

 

「2,020 年・8 月」に

「ファースト・シングル」

「ピーターパン」で

 

「メジャー」

「デビュー」しました。

 

「同 年・12 月」に

「かくれんぼ」の

「アンサー・曲」と

「成・る」

 

「女・目線」で の

「歌詞 の・曲」

「ドライ・フラワー」を

「リリース」しました。

 

「同・曲」は

「配信・サイト」

「18・冠」を

「達・成」し

 

「リリース」か ら

「13・週」で

「男・性」

「アーティスト」で は

「史上・最速」で

「再生・回数」

「1億・回」を

「突・破」しました。

 

 

「優 里」

「ドライ・フラワー」

「作・詞」「作・曲」

「優 里」

 

多分、私じゃ なくて いいね

余裕の ない 二人 だったし

気付け ば 喧嘩 ばっかり してさ

ごめん ね

 

ずっと 話そう と 思ってた

きっと 私たち 合わない ね

二人きり しか いない 部屋で さ

貴方 ばかり 話して いたよ ね

 

もし いつか 何処か で 会えたら

今日 の 事を 笑って くれる かな

理由 も ちゃんと 話せない けれど

貴方 が 眠った 後に .泣くのは 嫌

 

声 も 顔 も 不器用 な とこ も

全部 全部 嫌いじゃ ない の

ドライ フラワー みたい

君 との 日々も

きっと きっと きっと きっと

色 褪せる (「いろ あせる」)

 

多分、君 じゃ なくて よかった

もう 泣かされる ことも ないし

「私 ばかり」なんて 言葉 も

なく なった

 

あんなに 悲しい 別れ でも

時間が たてば 忘れ てく

新しい 人 と 並ぶ 君は

ちゃんと うまく やれて いるの かな

 

もう 顔 も 見たく ない からさ

変に 連絡して こないで ほしい

都合が いいのは 変わって ないん だね

でも 無視できずに また 少し 返事

 

声 も 顔 も 不器用 な とこも

多分 今 も 嫌いじゃ ないの

ドライ フラワー みたく

時間が たてば

きっと きっと きっと 色 褪せる

 

月灯り (「つきあかり」) に

魔物 が 揺れる (「ゆれる」)

きっと 私 も どうか してる

暗闇に 色彩が 浮かぶ

     

赤 黄 藍色 が 胸の 奥

ずっと 貴方 の 名前を 呼ぶ

好きと いう 気持ち

また 香る (「かおる」)

 

声 も 顔 も 不器用 な とこも

全部 全部 大嫌い だよ

まだ 枯れない 花を

君 に 添え (「そえ」) てさ

ずっと ずっと ずっと ずっと

抱え (「かかえ」) てよ

 

 

「色」の

「三・原色」は

「赤」「黄」「青」で

 

「混ぜ・る」と

「黒」に、なります。

 

「も し」

「歌詞 の・二人」が

「ハッピー・エンド」

   な ら

 

「優 里」は

「三・原色」を

 

「歌・詞」に

   した と

「思・い」ます。

 

「しかし」

「トラジック・エンド」

(「悲劇的 な・結末」)

「だった」為

 

「赤」「黄」「藍」を

「歌・詞」に

「使っ・た」と

「妄・想」して、みました。

 

 

※「色 を・付ける」
(「いろ を・つける」)

「色 を・付ける」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

①「物事 の・扱い」に

 「融通 を・きかせ」

 「ちょっと・した」
 「心・遣い」を、する。

   (「こころ・づかい」)

 

②「値・引き」を

 「した り」

 「おまけ」を

 

 「付け・る」
     と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「色 を・付ける」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「色」に は

「色・彩」の

「他」に

 

「思い・やり」や

「情・愛」と、いう

「意・味」も

「有・る」そうです。

「付 け・る」

   に は

「相・手」を

「思い・やる」

 

「気持・ち」

   と、いう

「意・味」が

「有・る」そうです。

 

「売り・物」を

「安・く」

「販・売」

   した り

 

「おまけ」を

「付 け・る」

「事」が

 

「色 を・付ける」の

「由・来」に

「成っ・た」そうです。

 

「色 を・付ける」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。


・「遠路・はるばる」

 「時間 を・かけ」て

 「買・い」に

 「来た の・だから」

 

 「少 し・位」

 「値引き・して」

 「色 を・付け」て

 「欲・し」い。

 

・「あの・人」は

 「杓子・定規」で

 (「しゃくし・じょうぎ」)

 「融通 が・利か ない」

    の で

 

 「小さ・な」

 「事」に

 「黙っ・て」

 「目 を・つぶり」

 

 「色 を・付ける」
 「事」を

 「知・ら」ない。

 

「色 を・付ける」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「出血・サービス」

  (「しゅっけつ・サービス」)

 

 「商・売」の

 「赤・字」を

 「覚悟 の・上」で

 

 「店・側」が

 「身 を・切り」
 「血 の・出る」

 「思・い」で

 

 「安・値」で

 「客」に

 「商・品」を

 「提供・する」

 

 「サービス」の
 「事」で

 「究・極」の

 「色 を・付け」た

 

 「サービス」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「色 を・付ける」の

「対義・語」を

「検策・して」も

「出て・来」ません。

 

・「情け 容赦 も・無い」
  (「なさけ ようしゃ も・ない」)

 

 「思い・やり」や

 「心・遣い」の

 「ひと・かけら」も

 「無・く」

 

 「非・常」に

 「冷た・く」

 「厳し・い」

 

 「態・度」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「中村 晃子」は

(「なかむら あきこ」)

 

「虹色の 湖」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,967・年」に

「リリース」し た

「7 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「中村 晃子」は

「1,948 年・生まれ」で

「千葉 県・習志野 市」

「出・身」の

 

「歌・手」「女・優」

「声・優」です。

 

「代表・曲」に

 

「虹色の 湖」

「あまい 囁き」

「恋の 綱わたり」等 が

「有・り」ます。

 

「1,963・年」

「私・立」

昭和学院・高校」

「1 年生の・時」に

 

「ミス・エールフランス

   コンテスト」の

「準・ミス」に

「入・選」し

 

「松・竹」に

「スカウト」

   さ れ

「入・社」し

 

「銀・幕」

(「映・画」)

「デビュー」しました。

 

「1,965・年」〜

「1,966・年」は

「田村 正和」と の

「コンビ」で

 

「売り・出す」も

「互・い」に

「芽」が

「出ま・せん」でした。

 

「1,965・年」に

「ファースト・シングル」

「青い 落葉」で

「歌手・デビュー」しました。

 

「1,967・年」に

「7 th・シングル」

「虹色の 湖」を

「リリース」し

 

グループ・サウンズ

「全盛・期」の

「中」に も

「拘 ら・ず」に

 

オリコン・3 位」で

「80・万枚」を

「売り・上げ」る

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「当・時」は

「ミニ・スカート」や

「ミリタリー・ルック」の

「ファッション」でした。

 

「翌」

「1,968・年」に

「同・曲」で

 

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」

   しました が

 

「へそ・出し」

「ルック」で

「歌っ・た」為

「以・後」

「N H K・から」の

「出演・依頼」は

「無く・なり」ました。

 

「1971・年」に

「TBS・テレビ 系」で

「放送・された」

「テレビ・ドラマ」

 

「美しき チャレンジャー」と

「同・名」の「主題・歌」を

「リリース」し「スマッシュ」

「ヒット」しました。

 

「同・年」

「23 歳の 時」に

 

「最・初」の

「ヌード・写真集」を

「発・表」しました。

 

「1,980・年」に

「TBS・テレビ」で

「放送・された」

「テレビ・ドラマ」

 

「離婚 ともだち」の

「主題・歌」に

「起用・された」

「34 th・シングル」

「恋の 綱わたり」が

オリコン・4 位」で

 

「30・万枚」を

「売り・上げ」る

「ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「1,994・年」

「46 歳の・時」に

「2 回・目」の

 

「ヌード・写真集」を

「発・表」し

「熟女・ヌード」が

「話題 を・集め」ました。

 

「現・在」は

「弟・一家」と

「共」に

 

「千葉 県・習志野 市」に

「居・住」し

 

「2,002・年」に

「TBS・テレビ 系」

「生活 情報・番組」
「ジャスト」の

 

「ミスター ちん の

  豪邸 お宅 訪問」

「コーナー」で

「紹・介」さ れ

 

「自家・用」

「エレベーター」を

「導入・した」

「話」等 を

 

「愉・快」に

「語・り」ました。

 

「現・在」

「73・歳」です か

「テレビの・歌番組」に

「出演・する」等

 

「引き・続き」

「活躍・して」います。

 

「私・生活」で は

 

「喧嘩・歴」は
「無・く」

「独・身」を

 

「貫い・て」
「来・た」そうです。

 

 

「中村 晃子」

「虹色の 湖」

「作・詞」:「横井 弘」

「作・曲」:「小川 寛興」

 

幸せ が 住むと いう

虹色 の 湖

幸せ に 会いたくて

旅に 出た 私 よ

ふるさと の 村に ある

歓び も 忘れ て

(「よろこび」) 

あて も なく 呼びかけ た

虹色 の 湖

 

さよなら が 言えない で

うつむい た あの 人

ふるさと の 星くず も

濡れて いた あの 夜

(「ぬれて」)

それなの に ただ 独り

ふりむき も しない で

あて も なく 呼びかけ た

虹色 の 湖

 

虹色 の 湖 は

まぼろし の 湖

ふるさと の 思い出 を

噛み (「かみ」) しめる 私 よ

帰る には おそすぎ て

あの人 も 遠く て

泣き ながら 呼んで いる

まぼろし の 湖

 

 

「出藍 の・誉れ」を

「英・語」で

 

 「He quickly outstripped his teacher」

 

 (「彼 は すぐ に 先生 を 追い 抜く

     腕前 に なった」) と

 「言・う」そうです。