何気なく使っている言葉の意味

「雀 百まで・踊り 忘れず」

 

「皆さん」は「雀 百まで・踊り 忘れず」と、いう

 (「すずめ ひゃくまで・おどりわすれず」)

「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。

 

「雀 百まで・踊り 忘れず」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「幼い・頃」(「おさない・ころ」) の「悪 い・習慣」(「しゅうかん」) は
 「一生・治ら ない 」(「いっしょう・なおら ない」) と、いう

 「意味」だ、そうです。

 

・「良 い・習慣」の「意味」で「使う・事」は「出来」ません。

 

 

「雀 百まで・踊り忘れず」の「由・来」(「ゆ・らい」) は

「下記」だ、そうです。

 

「すずめ」は「スズメ・目」「スズメ・科」「スズメ・属」に

「分類・される」「体長・15 cm 程度」「体重・17 g 程度」の

「可愛・らしい」(「かわい・らしい」)「小鳥」(「ことり」です。

 

「人家 の・近く」に「生息」(「せいそく」) して、います。

「1 番・良く」「見かける・鳥」です。

「「外出・すれ ば」「必 ず・見かけ」ます。

 

「生まれ た・時」から「チュン・チュん」と「鳴き・ながら」

「地面 を・両足」で「チョン・チョン」と

「踊る・よう」に「飛び・跳ね」(「とび・はね」) ながら

「歩く・習性」(「しゅうせい」) が「有り」ます。

 

「そして」「その・習性」は

「死ぬ まで・治ら ない」 (「なおら ない」)  そうです。

 

「転じ・て」(「てんじ・て」)

「若い・頃」に「身 に・付いた」「道・楽」(「どう・らく」) は

「歳 を・とって」も「治ら・ない」と、いう

「意味 に・なる」そうです。

 

「スズメ」の「飛び・跳ねる」「歩き・方」を
ホッピング」と「呼ぶ」そうです。

 

「鷲」(「わし」) や「鷹」(「たか」) や「ハヤブサ」等は

「猛禽・類」(「もうきん・るい」) で

「小・動物」や「小・鳥類」を「エサ」に、します。

 

「人里・離れた」(「ひとざと・はなれた」) 

「奥  深い・森」等を「生息・地」(「せいそく・ち」) と、して

「生活・して」います。

 

「スズメ」は「人の 住む・領域」(「りょういき」) が

「一番・安全」だと「本能・的」(「ほんのう・てき」) に

「知って」います。

 

「人を・見て」も「逃げ」ません。

「人 懐こい・鳥」(「ひと なつこい・とり」) です。

「時 に・は」「人の ・後」を「追い かけ る・よう 」に
「ついて・来」ます。

 

 

「雀 百まで・踊り 忘れず」の「類義語」は「下記」だ、そうです。

 

・「三つ子 の 魂・百 まで」(「みつご の たましい・ひゃく まで」)

 

 (「幼い 頃 の・性格」は「歳 を・とって」も「治ら・ない」) と、いう

 「意味」だ、そううです。)

 

・「頭 禿げて も・浮気 は 止まず」

 (「あたま はげても・うわき は やまず」)

 

 (「歳 を・とって」も「浮気・癖」(「うわき・ぐせ」) は
 「治ら・ない」と、いう「意味」だ、そうです。

 

・「漆 剥げて も・生地 は 剥げ ぬ」

 (「うるし はげて も・きじ は はげ ぬ」)

 

 (「人 や・物」の「本質 や・性格」は「死ぬ・まで」
 「変わら・ない」と、いう「意味」だ、そうです。

 

 

「雀 百まで・踊り 忘れず」の「対義語」は「下記」だ、そうです。

 

・「昔 取った・杵柄」(「むかし とった・きねづか」)

 

 (「若・頃 」に「身 に・付けた」「能力」 は

 「歳を・とって」も「衰 え・無い」(「おとろ え・ない」) と、いう

 「意味」だ、そうです。)

 

 

「荻野目 洋子」(「おぎのめ ようこ」)  は

「銀の  シューズ で  踊って」(「おどって」) の

「歌詞」が「有る」

ダンシング・ヒーロー」と、いう

「歌」を、歌いました。

 

「1,985年」に「リリース」された「7 th・シングル」で

オリコン・5位」に、なりました。

「同曲」で「紅白・歌合戦」に「初・出場」しました。

 

「私」が「30 歳・代」の「頃」は「飲 み・会」は
「仕事  の・延長」(「えんちょう」) でした。

 

「特別 な・用事」が「無 い・限り「酒や・歌」を

「好ま・ない」「人」も「皆 と・一緒」に

「スナック」に「行き」ました。

 

「当・時」は「パソコン」も「携帯・電話」も
「有り・ません」でした。

「テレビを・見る」「時間 的・余裕」も

「有り・ません」でした。

 

「好き な・歌」を「聞ける・チャンス」は

「スナック」しか「有り・ません」でした。

「私」は「歌 の・上手」な「若い・女性」に「たびたび」

ダンシング・ヒーロー」を「リクエスト」しました。

 

「アップ・テンポ」な「歌」で「乗り・やすい」「歌」です。

「この・歌」を「聞く」と「気力」や「モチベーション」が

「充電・され」(「じゅうでん・され」) ました。

 

「曲 の・リズム」に「祭り の・神輿」(「みこし」) を

「担ぐ (「かつぐ」) 時」の「掛 け・声」(「かけ・ごえ」)

「アリャー・ドシタイ」が「不思議 に・合い」ました。

 

「スナック」で「この・曲」の「イントロ」が
「流れ・る」と「「勇気 の・ある 男女」は

「ステージ」に「駆 け・上がり」(「か  け・あがり」) ました。

 

「そして」「勝手 な・振り 付け」(「ふり つけ」) で

「踊 る・人」が「数・多く」いました。

「私」が「大学生・時代」に「何度 か・行った」
「ディスコ・状態」に、なりました。

 

 

「荻野目 洋子」(「おぎのめ ようこ」) は「1,968・生まれ」で

「千葉 県・柏 市」「出身」の「歌手」「女優」「声優」です。

「1,980年・代」を「代表・する」「アイドル」でした。

 

「1,986年」〜「1,989年」まで「4年・連続」で

「日本・レコード大賞・金賞」を「受賞」しました。

 

「姉・2人」「兄・1人」の「4人・兄弟」の「末っ子」で

「次・姉」(「じ・し」) は「女優」の「荻野目 慶子」です。

「夫」は「プロテニス・選手」の「辻野 隆三」です。

「二人 の・間」には「3・女」が、います。

 

「1,977年」「小学校・3年 生」の「時」

「次姉 の・慶子」と「共に」

「映画」「獄門島」の「子・役」(「こ・やく」) で「出演」し

「女優・デビュー」しました。

 

「中学・2年 生」の「時」「フジテレビ 系」

「テレビ・アニメ」「みゆき」の「ヒロイン」
「若松 みゆき」「役」の「声優 に・抜擢」(「ばってき」) され

「声優・デビュー」しました。

 

「1,984年」「堀越 高校」「在学・中」に

未来航海」で「歌手」と、して
「メジャー・デビュー」しました。

 

「同曲」は「オリコン・32位」と

「健闘」(「けんとう」) しました。

 

「1,985年」「17 歳 の・時」
「7 th・シングル」「ダンシング・ヒーロー」を

「リリース」し「大ヒット」し

オリコン・5位」に、なりました。

 

「動画 を・見る」なら

「ヤフー」で「何か・を」「検索・した」「画面」で

 

「おぎのめ ようこ」
ダンシング・ヒーロー」で

「検索・して」下さい。
「この・動画」も「延々 と・続き」ます。

 

「赤い・ドレス」を「着た・動画」を

「クリック」して、下さい。

「若い頃 の・動画」で「この・動画」が

「一番・ふさわしい」と「思い」ます。

 

「1,987年」「12 th・シングル」「さよならの果実たち」を

「リリース」し「初・の」「オリコン・1位」に、なりました。

「1,987年」「14 th・シングル」「ストレンジャー  -tonight」が

オリコン・1位」に、なりました。

 

「2,001年」「松岡 修造」が「唯一」(「ゆいつ」) 「勝て・なかった」

「天才・テニス 選手」「辻野 隆三」と「結婚」しました。

「二人」は「3・女」に「恵まれ」「洋子」は「子育て に・追われ」
「芸能・活動」は「長期・休業」と、なりました。

 

「2,014年」「デビュー・30 周年」を「記念」して

ダンシング・ヒーロー」が「収録・され」た「カバー・アルバム」

「ディア・ポップシンガー」を 「リリース」しました。

「同・アルバム」は「オリコン・38位」に、なりました。

 

「2,017年」「ダンシング・ヒーロー」の「曲 に・合わせ」

「踊っ・た」「大阪府 立・登美丘 高校」「ダンス・部」が

「日本 高校 ダンス 部・選手権」の「全国・大会」で

「準・優勝」しました。

 

「その・You-Tube」「動画」が「1ヶ月・間」で「900・万回」の

「驚異 的・再生 数」を「記録」しました。

 

ダンシング・ヒーロー」は「リバイバル・ヒット」に、なりました。

「同年」「登美丘・高校」「ダンス・部」との「コラボ・ネーション」が

「テレビ・各局」の「間」で「引っ張り・だこ」に、なりました。

 

「気に なる・人」は

「ヤフー」の「トップ・画面」で

 

「おぎのめ ようこ」

ダンシング・ヒーロー

「とみおか こうこう」「登美丘・高校」で

「検索・して」下さい。

 

「上から・4 番目」の「動画」が

「おすすめ」です。

「ダンス 」の「厳しい・練習 風景」も

「見る事 が・出来」ます。

 

「多く」の「女子・高校生」が「一糸乱れぬ・動き」で

 (「いっしみだれぬ・うごき」)

「踊って」います。

 

「紅白・歌合戦」には

 

「1,986年」の「ダンシング・ヒーロー」〜

「1,992年」の「コーヒー・ルンバ」まで

「5 回・出場」しました。

 

 

「荻野目 洋子」「ダンシング・ヒーロー」「作詞」:「作曲」:「A.Kyte ・T.Baker」

 

「愛してる よ・・・」なん て

誘って も (「さそっても」) くれ ない

キャンドル・ライト が 素敵な 夜よ

ガラス の 靴 なら 星屑j (「ほしくず」) に 変えて

真夜中 の メリーゴーランド
ついて ゆきたい の・・・
今夜 だけで も シンデレラ・ボーイ

Do you wanna danc tonioht 

ロマンチック を さらって

Do you wanna hold me tonight 

ちょっと きどった シンデレラ・ボーイ

Do you wanna hold me tight 

銀の シューズ で 踊って (「おどって」)

Do you wanna hold me tight 

 

「君が 好き だ・・・」なんて

抱きしめて も くれ ない

不思議色 の 月光  (「ムーンライト」) 素敵な 夜よ

瞳 に (「ひとみ  に」) 飛ばす の 誘惑 (「ゆうわく」) の レーザー

ふたり だけ の パラダイス

飛んで みたい のよ・・・
今夜 だけで も シンデレラ・ボーイ

Do you wanna dance tonight 

熱い ビート を 鳴らし て

Do you wanna hold me tonight 

スパンコール の シンデレラ・ボーイ

Do you wanna dance tonight 

夢の 扉 を 開い て

Do you wanna hold me tight 

 

ビーズ の ため息 夜空に こぼし て

ステップ 踏む (「ふむ」) エンジェル

感じて 欲しい の・・・
今夜 だけで も シンデレラ・ボーイ

Do you wanna banse tonight 

ロマンチック を さらっ て

Do you wanna hold me tonight 

 

Dont you know 

ハート を 赤く 火花 散らして (「ひばな ちらして」)

もっと !( i love  you )

もっと !( I love you )

もっと !(I love you )

ア・ツ・ク 熱い ビート を 鳴らし て

Do you wanna hold the tight 

 

 

※「着た きり・雀」(「きた きり・すずめ」)

 

「着た きり・雀」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「今 着て いる・もの」)「以外」に「着る・もの」が「無い・為」

 「ずっと」「同じ・衣服」(「いふく」) を

 「着・続 ける」「人」の

 「意味」だ、そうです。

 

 「童・話」(「どう・わ」)「舌切り・雀」(「したきり・すずめ」) と

 「発・音」(「はつ・おん」) は「似て・います」が

 「意味」は「全く・違い」ます。

 

 

「着たきり・雀」の「類義語」は「下記」だ、そうです。

 

・「着の 身・着の まま」(「きの み・きの まま」)

 

 (「着・替える」「時間 的・余裕」が「無く」

 「今」「着て・いる」「服装 の・まま」の
 「格好 で・いる しか」「無い」と、いう

 「意味」だ、そうです。

 

 「家 が 火事 に・なり」「脱出する・時」に
 「パジャマ・姿 」の「まま・で」

 「命・からがら」「逃げ・出す」「時」に

 「この・言葉」を「テレビ・ドラマ」等で

 「よく・耳 に」します。

 

 

「増田 恵子」は「雀」(「すずめ」) と、いう

「歌」を、歌いました。

 

「1,981年」に「リリース」した

「ファースト・シングル」で

オリコン・8位」に、なりました。

 

「恵子」は「1,957年・生まれ」で

「静岡 県・静岡 市」「出身」の「歌手」

「女優」「タレント」です。

 

「恵子」は「ピンク・レディー」の

「ケイ」と、して

「一世 を・風靡」(「いっせい を・ふうび」)

   しました。

 

「4 歳 の・時」「父親 の・死去」に「伴い」(「ともない」)

「母・の」「実 姉・夫婦」の「養・女」(「よう・じょ」) に、なりました。

「1,971年」「静岡 市立・末広 中学校」に「転校」し

「ミー」と「出会い」ました。

 

「ミー」「現・「未唯 mie 」)  と「ケイ」(「増田 恵子」) から「成る」

「二人・組」」の「ヂュオ」「ピンク・レディー」は

「1,976年」「ペッパー警部」で「デビュー」しました。

 

「S・O・S」「カルメン・77」「渚のシンドバッド」「ウオンテッド」

「U F O 」「サウスポー」「モンスター」「透明人間」等

「大・ヒット曲」を「連発」しました。

 

「9 曲・連続」で「オリコン・1位」に、なりました。

「10 曲・連続」で「ミリオン・セラー」に、なりました。

「当時 の・新記録」を「塗り・替え」(「ぬり・かえ」) ました。


オリコン・史上」「初」の「シングル・レコード」「売上・合計」

「1,000・万枚」を「達成」しました。

 

「1,981年」「突然」「解散」しました。

 

「解散・理由」を「尋ね・られ」(「たずね・られ」) ても

「ごめんなさい」と「謝る・だけ」(「あやまる・だけ」)で

「解散・理由」は「謎 に・包ま れて」いました。

 

「野口 五郎」は「恵子」の「1 歳・年下」で

「新・御三家」(「しん・ごさんけ」) の「一人」でした。

 (「西城 秀樹」(「故人」)「郷 ひろみ「野口 五郎」)

 

「当時」「跳ぶ鳥を・落とす」(「とぶとりをおとす」)「勢い」で
「人気・絶頂」に「有り」ました

 

「恵子」と野口 五郎」との「熱・愛」(「ねつ・あい」) が

ピンク・レディー」の「解散・理由」だと

「巷」(「ちまた」) では「まことしやか」に

「囁かれ」(「ささやかれ」) ました。

「互い」の「所属・事務所」から

「強烈 な・圧力」が「有り」ました。

「仕事 を・選ぶ」か「結婚 を・選ぶか」と

「迫・られ」(「せま・られ」) ました。

 

「二・人」は「仕事 を・選び」ました。

「恵子」と「野口 五郎」の「恋愛」は

「破・局」(「は・きょく」) しました。

 

「恵子」は「「ピンク・レディー」「解散 と・同時」に

「1,981年」「24 歳 の・時」に「中島 みゆき」の

「作詞」「作曲」に、よる「楽・曲」(「がっ・きょく」)

「雀」(「スズメ」) で「ソロ・デビュー」しました。

 

ピンク・レディー」」の「楽曲」とは「正・反対」で

「しっとり」と「歌い・上げ」る「楽曲」です。

 

「中島  みゆき」の「感性」(「かんせい」) が

「存分 に・発揮 された」(「ぞんぶん に・はっき された」)

「名・曲」だと「思い」ます。

 

「同曲」は「オリコン・8位」に、なり

「有線 放送 大賞・特別 賞」を「受賞」しました。

 

「女優 と・して」も「数・多く」の「映画」「テレビ・ドラマ」に

「出・演」しました。

 

「1,988年」には「フランス」に「渡り」「かねて・から」

「興味 が・あった」「シャンソン」を「学び」ました。

「1,989年」「音楽 出版・会社」の「バックアップ」の「下」(「もと」) で

「フランス」で「デビュー」しました。

 

「2,017年」「恩・師」(「おん・し」) で「作詞・家」だった「阿久 悠」の

「没・後」(「ぼつご」」) 「10・年」を「記念」して

「ミー」と「ケイ」の「1日・限り」の「ピンクレデー」を

「結成」し「ステージ」に「立ち」ました。

 

「同じ く・恩・師」で「作曲・家」都倉 俊一」の

「指揮 に・よる」「オーケストラ」を「バック」に

ペッパー警部」「ウオンテッド」「U F O」を

「メドレー」で「披露」(「ひろう」) しました。

 

「2,018年」には「阿久 悠」の

「遺・作」「い・さく」・「死後 に・残され」た「未 発表 の・作品」) に

「加藤 登紀子」が「曲を・手掛け」た「最後の恋」を

「13 年・振り」に「10 th・シングル」と、して

「リリース」しました。

 

 

「増田 恵子」「雀」(「すずめ」)「作詞」:「中島 みゆき」「作曲」:「中島 みゆき」

 

別れの 話 は 陽の (「ひの」) あたる

テラスで 紅茶 を 飲み ながら

あなたと 私の 一日 の

一ページ を 読む よう に

別れの 話 を する 時 は

雨降る 夜更 に (「よふけ に」) 呼ば ない で

あなた と 私 の 一生 が (「いっしょう が」)

終わる よう に 響く から (「ひびく から」)

 

時計 の 中 に だれか が いる の

旅立つ 支度 の (「したく の」) あなた

今なら 汽車 に (「きしゃ に」) 間に 合う (「まに あう」) かし ら

車を さがして くるわ

雀 (「すずめ」) 雀 私の 心

あなた の そば を 離れ (「ななれ」) たく ない

なの に なの に ふざけてる ばかり

雀の よう に はしゃいでる ばかり

 

あなた に もらった パステル の

私の 似顔 を (「にがお を」) 捨てたい わ

焼く (「やく」) のは あまり に つらい から

夜の 海に 捨て たい わ

 

いつも の ように 手を 振り ながら

あなた の 車が 消える

ついで の よう に 見送り ながら

私 いつか 走り 出す

雀 雀 私の 心

あなた の そば を 離れ られ ない

呼ん で 呼ん で 雀 の よう に

あなた の あと を 追いかけて ゆく の

 

雀 雀 私の 心

あなた の そば を 離れ られ ない

呼ん で 呼ん で 雀 の ようnに

あなたのあとを 追いかけてゆくの

 

 

「雀 百まで・踊り 忘れず」を「英語」で「言う」と

 

 「What is leaned in the cradele is carriied to the tomb」

 

 (「ゆりかご」の「中で 覚えた‘・こと」は「墓場」まで「運ば」れる」)

 (「ゆりかご」の 「なかで おぼえた・こと」は 「はかば」まで 「はこば」れる」)

 

 と「言う」そうです。