何気なく使っている言葉の意味

「志 は・木の葉に 包む」
(「こころざし は・

     このはに つつむ」)

 

「皆さん」は

「志 は・木の葉に 包む」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「志 は・木の葉に 包む」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「志 は・松の 葉」

   と も

「言・う」そうです。

 

「こころざし は・

   きのはに つつむ」と

「読 ・む」

   の も

 

「間違 い・で」は
「無・い」様 です。

 

①「贈る側 の・気持ち」が

 「こもっ て・いれ」ば

 「木の葉 で・包む」

 「様」な

 

 「細やか な・物で」も

 「問題 が・ない」

 

②「真心 さえ・あれ」ば

 「贈り物 の・中身」は

 「問 わ・ない」

 「葉 に・包んだ」

 「わずか な・物で」も
 「贈 る・気持」が

 「大・事」

 

 「相手 に・贈り物」を

 「渡 す・時」に

 「こ の・言葉」を

 「添・え」ます。

 (「そ・え」)

 

「志 は・木の葉に 包む」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「日・本」の

 「中・世」〜「近・世」に

 「流行っ た・語りの 文芸」

 (「はやっ た」)

 「説教節 の・曲」

 

 「愛 護・若」に

  (「あいご の・わか」)

 「其御代より、

   (「ききぎょだい ?」)

 

   「志は 木の葉に 包め」

      と、いう

     「一・節」が

 「由・来」だ、そうです。

 

「志 は・木の葉に 包む」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「お金 で・解決する」

 「世の中・より」

 「志 は・木の葉に 包む」

 「人」が

 

 「多 く・なる」

 「事」が

 「彼」の

 「願・望」だ。

 

・「彼・女」は

 「原価 は・安い」が

 「手間 の・掛かった」

                  (「かかった」)

 

 「志 は・木の葉に 包む」

 「様」な

   「手・編み」の

 「セーター」を

 

 「彼」の

   「誕生・日」に

 「手 渡・した」ら

 「彼」は

 「ど ん、な」

 「高価 な・物」

    よ り

 

   「うれしい」と

   「涙 を・浮かべ」て

 「ありがとう」と

 「言っ て」くれた。

 

「志は・木の葉に 包む」の

「類 義・語」を

「検策・して」も

「出 て・来」ません。

・「気 は・心」

   (「き は・こころ」)

 

・「贈 り・物」の

 「量 や・金額」は

 「た と・え」

 「わず か・で」も

 

 「真・心」が

 「こもっ て・いる」
    と、いう

 

 「意・味」の

 「ことわざ」です。

 

「志 は・木の葉に 包む」の

「対 義・語」を

「検策・して」も

「出 て・来」ません。

・「巧言・令色」

    (「こうげん・れいしょく」)

・「巧言令色・鮮なし 仁」と

    (「こうげんれいしょく・
        すくなし じん」)

 「表現・する」のが

 「一般・的」です。

 

 「巧・言」と は

 「相・手」に

 「気 に・いられる」

 「様」に

 「巧・み」に
 (「たく・み」)

 「飾られ た・言葉」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「令・色」と は

 「愛想・よく」

 「取 り・.繕った」

 (「と り・つくろった」)

 

 「顔・色」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「巧言・令色」

       と は

 「真心が・無く」
 「口先・だけ」で

 

 「うま い・事」を

 「言った・り」

 「うわ べ・だけ」

 「愛想・よく」

 

 「取 り・繕ろう」や

 「媚 び・諂う」

 (「こ び・へつらう」)

 

    「人」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「back number」は

(「バック・ナンバー」)

 

「君が喜ぶ プレゼントって

   なんだろう  僕だけ  が

   あげられる もの」の

「歌詞 が・ある」

 

クリスマス・ソング
   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

「2,015・年」に

「リリース」

   し た

「13 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「バック・ナンバー」は

群馬県・にて」

「ボーカル」と

「作詞 作曲・担当」の

 

「清水 依与吏」を

(「しみず  いより」) 

「中・心」に

 

「2,004・年」に
「結成・され」た

「男性・3 人 組」の

「ロック・バンド」です。


「2,009・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・アルバム」

 

「逃した 魚」で

「インディーズ」

   か ら

「デビュー」しました。

 

「同・アルバム」は

オリコン・132 位」と

「振る い・ません」

   でした。

 

「代表・曲」に

 

「クリスマス ・ソング」

「ハッピー ・エンド」

「水平 線」等 が

「有・り」ます。

 

「2,011・年」に

「リリース」

  し た

「ファースト・シングル」

 

「はなびら」で

「メジャー・デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

「テレビ・東京 系」で

「放送され て・いた」

「テレビ・ドラマ」

 

「JAPAN COUNT DOWN」の

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

オリコン・45 位」でした。

 

「2,015・年」に

「リリース」

   し た

「5 th・アルバム」

 

「シャンデリア」が

「自 身・初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「リリース」

   し た

「14 th・シングル」

 

クリスマス・ソング」が

「シングル」で

「自 身・最高 位」と

「成・る」

 

オリコン・2 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「同・曲」は

「フジテレビ 系」で

「放送・され」た
「テレビ・ドラマ」で

 

「石原 さとみ」と

「田中  圭」が

「W・主演」し

 

「大・ヒット」に

「成っ・た」

「5 ⇒ 9 〜 私に恋した

   お坊さん〜」の

 

「主題・歌」に

「起用・され」

   ました。

 

「2,019 年・時点」で

「ミュージック・
   ビデオ」の

「再生・回数」が

 

「1 億・回」を

「突・破」し

「自身・最大」の

「ヒット・曲」に

「成・り」

 

「以・後」

クリスマス・ソング」の

「定番・曲」に

「成・り」ました。

 

「他」に

クリスマス・ソング」の

「人 気・曲」に

 

・「All Want for Christmas Is You」

  (「マライア・キャリー」)

 

・「クリスマス・イブ」

  (「山下 達郎」)

・「クリスマス キャロルの 頃には」

  (「稲垣 潤一」)

 

   「等」が

  「有・り」ます。

 

「2,017・年」に

「リリース・した」

「セカンド・映像 作品」

「All our yesterday」

 

「2,019・年」に

「リリース・した」

「6 th・アルバム」

「MAGIC」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,021 年・9 月」に

「リリース」

   し た

「21 th・シングル」

 

「黄 金」が

オリコン・3 位」で

「人・気」は

「健・在」です。

 

 

「back number」

「クリスマス ソング」

「作・詞」「作・曲」

「清水 依与史」

 

どこかで 鐘が 鳴って

らしくない 言葉が 浮かんで

寒さが 心地よく て

あれ なんで 恋なんか

してるん だろう

 

聖夜だ なんだ と

繰り返す 歌と

わざとらしく きらめく

街のせい かな

 

会いたい と 思う 回数 が

会えない と 痛い この胸 が

君の事 どう 思う か

教えよう と している

いいよ そんな事

自分で 分かってる よ

サンタ と やらに 頼んで も

仕方ないよ なぁ

 

できれば 横にいて  欲しくて

どこにも 行って 欲しく なくて

僕の事だけ を ずっと

考えて いて 欲しい

でも こんんな事 を

伝えたら 格好 悪い し

長くなる だけ だから まとめる よ

君が 好きだ

 

はしゃぐ 恋人達 は

トナカイ の ツノ なんか 生やして

よく 人前で 出来る なぁ

いや 羨ましく なんて ない けど

   (「うらやましく」)

 

君が 喜ぶ プレゼント って

なんだろう

僕だけ が あげられる もの って

なんだろう

 

大好きだ と 言った 返事 が

思ってた の とは 違って も

それだけ で 嫌いに なんて

なれや しない  から

星に願い を なんて さ 

柄じゃ ないけど

(「がら」)

結局 君じゃない と 嫌なん だって

見上げてる んだ

 

あの時 君に

出会って ただ それだけ で

自分も 知らなかった

自分が 次から 次に

 

会いたい と 毎日 思って て

それを 君に 知って 欲しく て

すれ違う 人混み に

君を 探して いる

こんな日 は 他の誰か と

笑ってる かな

胸の奥 の 奥が 苦しく なる

 

できれば 横にいて 欲しく て

どこにも 行って  欲しく なく て

俺の事 だけ を ずっと

考えて いて 欲しい

やっぱり こんな事 伝えた ら

 格好悪い し

長くなる だけ だから まとめる よ

君が 好きだ

 

聞こえる まで 何度だって 言う よ

君が 好き だ

 

 

 

※「昔 は・今の 鏡」

  (「むかし は・いまの かがみ」)

 

「皆さん」は

「昔 は・今の 鏡」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使っ  た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「昔 は・今の 鏡」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「現在 行って・いる」

 「事」は

 「昔に も・あった」

 「事」で

 

 「手本 に ・なる」
    の で

 「昔 あった・こと」を  

 「調 べ・て」

 

 「参考に・すれ」ば

 「役 に・立つ」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「昔 は・今の 鏡」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「昔」と は

 「現在・から」

 「向かっ・て」

 「過 ぎ・去っ た」

 「時 を・表す」

 「言・葉」だ

       そうです。

 

 「鏡」と は
 「過・去」を

 「映 し・出す

 (「うつ し」)

 「事」の

 

 「比喩・的」な

 (「ひゆ・てき」)

 「表・現」だ

      そうです。

 

 「昔 は・今の 鏡」

    と は

 「現在 起きて・いる」

 「事」は

 

 「昔 にも・あった」

 「事」で

 「手本 に・なる」

    の で

 

 「昔」に

 「起き た・事」を  

 「調 べ・て」

 「参考 に・すれ」ば

 

 「役 に・立つ」

    と、いう

 「意・味」だ

    そうです。

 

 「今 は・昔」

 (「いま は・むかし」)

    とも

 「表・現」し

   

 「昔・話」や

 「噂・話」に

 「代表・され」る

 「説・話」や

 (「せつ・わ」)

 

 「物語・文学」の

 「書 き・出し」に

 「用 い・られ」る

 「慣用・句」です。

 

 「現・在」の

 「出来事・で は」

 「無 い・事」が

 「由・来」だ、そうです。

 

「昔 は・今の 鏡」の

「代 表・的」な

「使 用・的」な

「下・記」だ、そうです。

 

・「昔 は・今の 鏡」

       と、いう

 「ことわざ」は

 「有・る」が

 

 「昔」は

   「どう で・あろう」

    とも

 「時・代」は

 

 「日進・月歩」し

 (「にっしん・げっぽ」)

  「今と は・違う」の

        だか ら

 

 「昔 は・どうで」

    「あろ う・と」も

    「今」も

 「同 じ・で」


 「有 る・べき」

    と、いう

    「議・論」は

 「成 り・立た」無い。

 

・「昔と・今」は

 「状・況」が

 「違・う」の

    だか ら

 「昔 は・今の 鏡」と

 「言う・様」に

 「固定・観念」や

    「既存の概念」

 

 「常・識」や

 「伝・統」

 「マニュアル」に

 「縛 ら・れ」て

 

 「新 た・な」

 「手・法」に

 「チャレンジ 」

 「しな く・て」も

 

 「構 わ・ない」

    と、いう

 「屁・理屈」は

 (「へ・りくつ」

 

 「決 し・て」

 「成 り・立た」

 「無」い。

 

「昔 は・今の 鏡」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「古きを 温て・新しきを 知る」

  (「ふるきを たずねて・

      あたらしきを しる」)

 

・「四字・熟語」で
 「温故・知新」と
 (「おんこ・ちしん」)

 「言・い」ます。

 

 「昔 の・出来事」を

 「研・究」し

 「そ こ・から」

 「新 し・い」

 

 「知識 や・道理」を

 「得・る」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「昔は・今の 鏡」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「昨日 は昨日・今日 は 今日」

  ( 「きのう は きのう・

        きょう は きょう」)

 

・「昨日・起き」た

 「事」が

 「今・日」も

 「起 き・る」と

 

 「油断・して」

       いる と

   「痛 い・目」に

 「逢」う。

 

 「昨日と・今日」は

 「違・う」
    と、いう」

 「意・味」だ、そうです。

 

 

松任谷 由実」は

(「まつとうや  ゆみ」)

 

「昔 となり の おしゃれ な

   おねえさん は クリスマス の 日

   私に 云った」の

「歌詞 で・始まる」

 

「恋人 は サンタクロース」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,980・年」に

「リリース」

   し た

「10 th・アルバム」

 

「SURF & SNOW」に

「収録・され」て
   います。

 

「同・アルバム」は
 「オリコン・7 位」に

「成・り」ました。

 

「同・アルバム」に

「収録・され」て

   い る

「恋人が サンクロース」が

 

「一・時期
「セーラー服 と 機関銃」で

「一世 を・風靡」した

(「いっせい を・ふうび」)

 

「薬師丸 ひろ子」と

(「やくしまる」)

「人気 を・二分」

   し た

 

「原田 知世」が

       (「ともよ」)

「主演・した」

「映・画」

 

「私を スキー に 連れてって」の

「挿入・歌」に

「起用・され」

   ました。

 

「余談・です」が
「薬師丸 ひろ子」は

「現・在」

 

「TBS・テレビ 系」

「金曜・10 : 00」に

「放送・され」て

   い る

 

「サスペンス・

   ラブストーリー」

「テレビ・ドラマ」

「最 愛」で

 

「主・演」の

「吉高 由里子」の

「母・親」で

「真田・ホールディングス」

 

「社・長」

「真田 莉央」の

(「さなだ りお」)

「役」で

 

「出演・して」

   います。

 

「薬師丸 ひろ子」は

「現・在」

「57 歳・です」が

「非・常 に

 

「若々・しく」

「今 も・可愛い」

「人」です。

 

松任谷 由美」 は

「1,954 年・生まれ」で

「東京 都・八王子 市」

「出・身」の

 

「シンガー・ソング・

   ライター」です。

 

「旧 姓・旧 芸名」は

「荒井 由実」

(「あらい ゆみ」) で

「愛・称」は
ユーミン」です。

「地上 の 星」

「糸」

「等」が

「代表・曲」の

 

「中島 みゆき」と

「対比・され」

   ました。

 

ユーミン」は

「時代 の・トレンド」に

「合 わ・せた」た

「歌 を・歌い」

 

「中島 みゆき」は

「己の道 を・進み」

(「おのれ」)

 

「太陽 と・月」

「光 と・影」と

「並 び・称され」

   ました。

 

ユーミン」は

「恋愛歌 の・女王」

「中島 みゆき」は

「失恋歌 の・女王」と

 

「形・容」

「さ れ」ました。

 

「中島 みゆき」は

「結婚・歴」は

「有 り・ません」が

「若 い・頃」に

 

「恋」が

「代表・曲」で
「同 じ ・北海道」

「出・身」の

 

「松山 千春」

   と の

「ゴシップ・話」は

「有っ た・様」です。

 

ユーミン」は

「6 歳 から・ピアノ」を

「11 歳 から・三味線」を

「14 歳 から・ベース ギター」を

 

「習 い・始め」

   ました。

 

「私・立」

「立教 女学院・高校」を

「経・て」

 

「多摩 美術・大学」

「絵画・学科」に

「進・学」し

「卒・業」しました。

 

「子供 の・頃」は

「絵本・作家」で

「活躍・する 」

「事」が

 

「夢・だった」

   そうです。

 

「1,972・年」
「大学・1 年生」の

「時」に


「ファースト・シングル」

「返事は いらない」で

「デビュー」し

オリコン・圏外」でした。

 

オリコン・圏外」は

「シングル・曲」で

オリコン 200  位」

「以・下」で

 

「アルバム・曲」で

オリコン  300 位」

「以・下」で

 

オリコン・順位」が

「公表・され」て 

   いません。

 

「毎・年」

「数多 の・歌手」が

(「あまた」)

「デビュー・します」が

 

「殆ど  の・歌手」は

オリコン・圏内」に

「入れな い・儘」に

「姿」を

「消 し・去り」

「残れ る・歌手」は

「ほん の・一握り」です。

 

「話 が・外れ」て

   しました が

 

ユーミン」の

「代表・曲」に

 

「ルージュ の 伝説」

(「フランス・語」で

「赤」の「意・味」)

 

「やさしさ に 包まれた なら」

「守って あげたい」等 が

「有・り」ます。

 

「1,975・年」に

「リリース」した

「6 th・シングル」

「あの日 に かえり.たい」が

 

「TBS・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

 

「家庭の 秘密」の

「主 題・歌」に

「起用・され」

 

「自身・初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「1,993・年」の

「24  th・シングル」

真夏の夜の夢

 

「1,994・年」の

「25 th・シングル」

「Hello , my friend」

 

「同・年」の

「26 th・シングル」

「春よ、来い」が

オリコン・1 位」に

 

「成・り」

   ました。

 

「1,981・年」の

「12 th・アルバム」

「昨晩お会いしましょう」

    か ら

 

「1,997・年」の

「28 th・アルバム」

「Cowgirl Dreaming」

   ま で

 

「17 作・連続」で

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,016・年」に

「リリース」

   Lし た

「38 th・アルバム

 

「宇宙 図書館」が

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「1,976・年」の

「ファースト」

ベスト・アルバム

YUMING BRAND」〜


「2,019・年」の

「9 th・ベスト アルバム」の

「内」で

「5・作」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「アルバム」

「連 続・1位」

「獲 得・年数」

「18・年」他

 

「数・々」の

「史上 1 位・記録」を

「保 有・して」

   います。

 

「2,013・年」に

「紫綬・褒章」を

(「しじゅ・ほうしょう」)

「受・賞」しました。

 

「現 在・67 歳」

   です が

「2,020 年・12 月」に

「リリース」した

 

「39 th・アルバム」

「深海の 街」が

オリコン・3 位」に

「成・り」

 

「人・気」に

「翳・り」は

(「か げ・り」)

「無 い・様」です。

 

「私・生活」

   で は

 

「1,976・年」

「22 歳の・時」に

「3 歳・年上」の

「編 曲・者」

 

松任谷 正隆」と

「結・婚」

   しました。

 

「残念・なが」ら

「二人 の・間」に

「子供 は・いない」

   そうです。

 

「紅白・歌合戦」
   に は

 

「2,005・年」の

「Smile again」〜

 

「2,020・年」の

「守ってあげたい」まで

(「特 別・枠」)

 

「通 算・5 回」

「出・場」しました。

 

 

松任谷 由実」

「恋人が サンタクロース」

「作・詞」「作曲」

松任谷・由実」

昔 となり の おしゃれ な.
おねえさんん は

クリスマス の 日 私に 云った

                                  (「いった」)

 

今夜 8時 に なれば

サンタ が 家にやって 来る

 

ちがうよ それは 絵本だけ の おはなし

でも ね 大人に なれば

あなた も わかる そのうち に

 

恋人 が サンタクロース

本当 は サンタクロース

つむじ風 追い越して

恋人 が サンタクロース

 

 

あれから

いくつ 冬が めぐり来た でしょう

今も 彼女 を

思い出す けど

ある日 遠い街へ と

サンタ が つれて 行った きり

 

そうよ 明日に なれば

私も きっと わかる はず

 

恋人 が サンタクロース

本当 は サンタクロース

プレゼント を  かかえ て

恋人 が サンタクロース

雪の街から 来る

恋人 が サンタクロース

つむじ風 を  追い越し て

恋人 が サンタクロース

つむじ風 を  追い越し て

恋人 が サンタクロース

背の高い サンタクロース

私の家 に 来る

 

恋人 が サンタクロース

本当 は サンタクロース

プレゼントを かかえ て

恋人 が サンタクロース

寒そう に サンタクロース

雪の街 から 来る

恋人 が サンタクロース

背の高い サンタクロース

私の家 に 来る

 

恋人 が サンタクロース

背の高い サンタクロース

本当 は サンタクロース

プレゼント を  抱え て

恋人 が サンタクロース

雪の街 から 来る

恋人 が サンタクロース

本当 は サンタクロース

つむじ風 追い越し て

恋人 が サンタクロース

 

本当 は サンタクロース

背の高い サンタクロース

 

恋人 が サンタクロース

背の高い サンタクロース

寒そう に サンタクロース

雪の街 から 来る

つむじ風 追い越し て

恋人 が サンタクロース

背の高い サンタクロース

私の家 に 来る

 

 

「志 は・木の葉に 包む」を  

「英・語」で

 

 「Wrap your aspirations 

    in the leaves」と

 

 (「志 は・木の葉に 包む」)

 

 「言・う」そうです。

 

「昔 は・今の 鏡」を

「英・語」で

 

 「The old mirror」と

 

 (「昔 は・今の 鏡」)

 

 「言・う」そうです。