何気なく使っている言葉の意味

「竜 頭・蛇尾」

(「りゅう とう・だび」)

 

「皆さん」は

「竜 頭・蛇尾」

   と、いう

 

「四 字・熟語」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「竜 頭・蛇尾」の

「意・味」は

「下・記」だそうです。

・「始・め」は

 「盛ん な・意気込み」で
 「威勢 が・よかった」が

 「長 続き・せず」

 

 「徐・々」に

 「勢い を・失い」

 「意気 地・無し」に
 「成る と・いう」

 

 「意・味」の

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

「竜 頭・蛇尾」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「中・国」
 「北 宋・時代」に

 「編 纂・され」た

 「歴 史・書」が

 

 「由・来」だ

    そうです、が

 「長・く」て
 「写 し・切れ」ません。

 「興味 の・ある」

 「人」は

 「検索 して・みて」

    下さい。

 

「竜 頭・蛇尾」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「マラソン・大会」で

 「最・初」は

 「先頭 を・走っていた」が

 

 「中盤 で・失速」し

 「最・後」は
 「途 中・棄権」し

 「竜 頭・蛇尾」な

 

 「結果に・成って」

       しまった、そうだ。

 

・「頑 張・ろう」と

 「意 気・込んで」
 「始め て・みたもの」の

 「気力 が・続かず」

 

 「結・局」

 「竜 頭・蛇尾」で

 「不・本意」な
 「結・末」で

 

 「終わ ・って」
    しまった。

 

「竜 頭・蛇尾」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

・「頭 でっかち・尻 つぼみ」

   (「あたま でっかち・しり つぼみ」)

 

・「始・め」は
 「大 き・く」て

 「堂々 と・している」が
 「次・第」に

 「小 さ・く」て

 「貧弱 に・なる」や

 「盛ん な・意気込み」で

 「威勢が 良かった・のが」

 

 「だん・だん」に

 「勢い を・失って」

 「意気地 が・なくなる」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「竜 頭・蛇尾」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。


・「始めは 処女の 如く・

       後は 脱兎の 如し」

   (「はじめは しょじょの ごとく・
       あとは だっとの ごとし」)


・「脱・兎」とは

  (「だっ・と」)
 「逃げ て・行く」

 「ウサギ」の

 「事」で

 

 「非常 に・早く」

 「素 早・い」

 「事」の

 「た と・え」です。

 

 「始・め」は

 「処女 の・よう」に

 「しお ら・しく」

 「振 る・舞い」

 

 「相・手」を
 「油 断・させ」て

 「後」に

 「脱兎 の・如く」

 

 「俊敏 に・行動」し

 「相・手」に
 「応じ る・隙」を

 「与えな い・戦法」で

 

 「中・国」

 「春 秋・時代」に

 「記 さ・れ」た

 「兵 法・書」

 

 「孫子 に・ある」

 (「そんし」)

 「戦・術」の
 「一・つ」です。

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「指原 莉乃」は

(「さしはら りの」)

 

意気地なしマスカレード

                (「仮面 舞踏会」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「指原 莉乃」は

「1,992 年・生まれ」で

「大分 県・大分 市」

「出・身」の

 

「歌・手」

「タレント」

「プロヂューサー」です。

 

「AKB・48」の

「派 生・ユニット」

Not yet」の

「メンバー」で

 

「女 性・アイドルグループ」

「= LOVE」の

「プロヂューサー」を

「務 め・て」います。

 

「通 信・高校」の

「クラーク 記念国際・

   高校」に

「在 学・中」の

「2,007・年」

「16 歳の・時」に

「AKB・48」の

「オーディション」に

 

「合・格」し
「翌・年」に」

「選抜 メンバー・入り」

   しました。

 

「2,013・年」に

「AKB・選抜 総選挙」で

「1 位の・座」を

「勝 ち・取り」ました。

 

「2015・年」と

「2,016・年」と

「2,017・年」にも

「1 位 に・選出」され

 

「同・選挙」
   で の

「3・連覇」は

「史 上・初」でした。

 

「2,012・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「それでも 好きだよ」で

「ソロ・デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は
「日 本・テレビ 系」で
「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

 

「ミューズの 鏡」の

「主 題・歌」に

「起 用・され」

オリコン・2 位」の

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「意気地なし マスカレード」

「それでも 好きだよ」

「if の 妄想」等が

「有・り」ます。

 

「2,012・年」に

「リリース」した

「セカンド・シングル」

「意気地なし マスカレード」が

 

「映・画」
「マイ・プリティ・ドール」の

「主 題・歌」に

「採 用・され」て

 

「自 身・初」の

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。


「2,018・年」に

「東 京・ドーム」で

「ソロ・コンサート」を

「開・催」しました。

 

「2,018・年・12 月」に
「AKB ・48 」を

「卒 業・する」と

「発・表」しました。

 

「現・在」は

「タレント」

「プロヂューサー」を

「中・心」に

「活躍 して・いる」

   そうです。

 

「私・生活」

   で は

「現在・29 歳」

   です が

 

「ま・だ」
「未・婚」の

   様 です。

 

「紅 白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

「指原 莉乃」

「意気地なし マスカレード」

「作・詞」「秋元 康」

「作・曲」「田中 俊亮」

 

雨に 濡れた アスファルト 

君は 走り出す

ヒール なんか 脱ぎ捨てて 

ずぶ濡れの まま で

モノクロ の 街角

ヘッドライト すり抜け て 

僕は 追いかける

ラクション に 負けないで

名前を 呼んだよ

 

君の ために

僕は 生きて いる

愛が すべて なんだ

最後の ミューズ よ

 

意気地なし の マスカレード

ホント の 気持ち 仮面 つけて

君を 傷つけぬ ように

そうサヨナラ を 贈った

許してくれ マスカレード

僕は 今さら 気づいた よ

引き止めなきゃ いけない

午前 0 時 の パーティー

 

交差点の 真ん中で 

君は 振り向く

まるで 捨て猫 みたい に

悲しい 目を して

点滅する シグナル

腕を掴み 抱き寄せ て 

僕は キス する

与えられた 運命に

従うだけ だよ

 

僕の ために

そっと 微笑んで

君が すべて なんだ

唯一 の ミューズ よ

 

意気地なし の マスカレード

このまま ずっと 踊って も

やがて 朝が やって来て

そう 音楽は 鳴り止む

カッコ つけた マスカレード

弱い 素顔を 隠してた

永遠を 手に入れ て

僕は 仮面を 外そう

 

「僕の心 は、いつも

   仮面をつけて いる。

   正体を見破られたく ないんだ。

   近寄るな!

   愛で 怪我する」

 

意気地なし の マスカレード

ホント の 気持ち 仮面 つけて

君を 傷つけぬ ように

そう サヨナラ を 贈った

すべて 捨てたはず だった

心 殺して 身を 引いて

他の 誰か 探せよ

愛してる から マスカレード

 

 

※「尻 を・叩く」

 (「しり を・たたく」)

 

「尻 を・叩く」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「相・手」が
 「やる気 を・出す」

 「様」に

 「励ま し・たり」

 

 「促・す」
 (「うなが・す」)

    と、いう

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」だ

       そうです。

 

「尻 を・叩く」の

「由・来」は
「下・記」だ、そうです。


・「お・尻」は
 「脳 から・離れ」て

 「脂肪 も・厚い」

    の で

 

 「叩いて も・大丈夫」

    と、いう

 「安易 な・発想」

    か ら


 「尻 を・叩く」

 「事」が

 「定 着・した」

    そうです。

 

 「昭 和・時代」は

 「両 親・だけ」で

 「無・く」
 「教・師」等も

 

 「激励 の・意味」を

 「込 め・て」

 「尻 を・叩いて」

 「い ま・した」が

 

 「平 成・時代」に

 「入 る・頃」には

 「パ ワ・ハラ」に

 「該 当・する」と

 

 「非 難・され」

 「自然 に・すたれ」て

    いき ました。

 

「尻 を・叩く」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「若 い・女子社員」の

 「尻 を・叩いて」
 「励ま し・た」ら

 「見ていた・人」に

 

 「尻 を・触った」と

 「つげ 口・され」

 「セクハラ・だと」

 「評判 に・成り」

 

 「上・司」に
 「注 意・され」て

    しまった。

 

・「尻 を・叩かれ」て

 「やる気 を・出す」

 「タイプ」と

 「プレッシャー」に

 

 「感じ る・タイプ」の

 「人 が・いる」ので

 「尻 を・叩く」のは
 「良 し・悪し」だ。


「尻 を・叩く」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「発破 を・かける」

   (「はっぱ を・かける」)

 

・「前 に・進めない」で

 「立 ち・止まって」
 「迷って いる・人」に
 「気合 を・入れ」たり

 

 「励 まし・たり」

    し て
 「奮い 立た・せる」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

      そうです。

 「ち な・み」に

 「檄 を・飛ばす」

 (「げき を・とばす」)

    と は

 

 「自分 の・主張」を

 「周囲 の・人達」に

 「知 ら・せ」て

 「同意 を・得る」や

 

 「決起 を・うながす」

    と、いう

 「意味 の・慣用句」で
 「有・り」

 「激 励・する」

    と、いう

 「ニュアンス」は

 「無 い・ので」

 

 「尻 を・叩く」の

 「類 義・語」

    で は

 「有・り」ません。

 

「尻 を・叩く」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「足 を・引っ張る」

   (「あし を・ひっぱる」)

 

・「相・手」が
 「前進しよう と・する」

 「事」を

 「邪 魔・する」や

 

 「妨 害・する」

    と、いう

 「意・味」で

 「意図 的・なのか」

 「偶 発・的」な

 「出来 事・なのか」は

 「問・い」ません。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「DEEEN」は

(「ディーン」)

 

「素直に なれず

   励まし さえ

   拒んで いた 夜も」の

「歌詞 が・ある」

 

「ひとりじゃ ない」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,996・年」に

「リリース」

   し た

「9 th・シングル」で

 

「フジ・テレビ 系」で
「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

ドラゴンボール・GT」の

 

「エンディング・

   テーマ・曲」に

「起 用・され」て

オリコン・3 位」の

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

ディーン」は

「1,993・年」に
「結 成・した」

「男 性・2 人 組」で

(「当 初・4 人 組」)

 

「元・ビーイング 系」の

「ロック・バンド」です。

 

「1,990・年代」に
「一 大・ブーム」を

「巻 き・起こし」

   ました

「2,019 年・時点」で

「C D・売上 枚数」は

「1,500・万枚」を

「記 録・して」います。

 

「1,993・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「このまま 君を 奪い去りたい」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

「NTT・ドコモ」

「ポケット・ベル」の
「C M・ソング」に

 

「起 用・され」て

「ミリオン・セラー」を

「記 録・して」

オリコン・2 位」の

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「このまま君を 連れ去りたい」

「ひとりじゃ ない」

「瞳をそらさないで」等が

「有・り」ます。

 

「1,994・年」に

「リリース」した

「5 th・シングル」

瞳そらさないで」が

 

「大 塚・製薬」

「ポカリ・スエット」の

「CM・ソング」に

「起 用・され」て

 

「ミリオン・セラー」で

「自 身・初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「リリース」した

「ファースト・アルバム」

DEEN」が

 

「ミリオン・セラー」を

「記 録・して」

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「ファースト・シングル」と

「ファースト・アルバム」が

「共・に」

「ミリオン・セラー」を

「記 録・する」

   の は

「史 上・初」でした

 

「1,995・年」に

「初 の・メンバー」

「作 詞 ・作曲」

   に、よる

 

「7 th・シングル」

「未来の ために」が

オリコン・1 位」に

「成・り」

 

「テレビ・番組」に

「初・出演」

   しました。

 

「1,997・年」に

「リリース」した
「12 th・シングル」

「君がいない 夏」が

 

「テレビ・アニメ」

「名探偵・コナン」の

「エンディング・曲」に

「起 用・され」ました。

 

「1,998・年」に

「リリース」した

「ファースト」

ベスト・アルバム

 

「SINGLES + 1」が

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,004・年」に

「韓・国」で

「日 本・人」

   と、して

 

「初」の

「単 独・ライブ」を

「開・催」しました。

「2,013・年」に

「デビュー・20周年」を

「記 念・して」
「日 本・武道館」での

 

「単 独・ライブ」を

「開・催」しました。

 

「2,021 年・12 月」に

「20 th・アルバム」

シュプール」を

「リリース」し

 

「存 在・感」を

「放 っ・て」います。


「紅 白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

DEEN

「ひとりじゃない」

「作・詞」「池森 秀一」

「作・曲」「織田 哲郎」

 

自分勝手 に 思い込んで

裏目に 出ること よくある けど

生きて ゆきたい 今日より 明日へ

 

社会の 中で 何を 求め

(「ひと」)

追いかけてたん だろう

言葉だけ じゃ、わかり 合えず

傷つけて 涙した

もがけ ば もがく ほど

孤独 を 彷徨ってた

      (「さまよって」)

 

ひとりじゃ ない

君が 希望に 変わって ゆく

    (「ゆめ」)

向かい風 も 羽ばたける

微笑って いて おくれ

(「わらって」)

ひとつ に なろう

ふたり が ここまで きたことが

僕の 勇気の 証し だから

              (「あかし」)

変わり続けて いる この世界で

 

確実な もの は

何もない 世紀末 だけど

          (「よのなか」)

君と 笑い 君と 泣いて

僕は 僕に 戻る

 

素直に なれず

励まし さえ 拒んでいた 夜も

こんな 僕を

包むよう に 見守っていて くれた

君の家 が 見えてきた

足早に なって ゆく

 

ひとりじゃ ない

もっと 自由に なれる はずさ

プライド や 猜疑心 とか

               (「うたがい」)

もう 捨てて しまおう

そばに いる 誰かが

喜んで くれる こと

ひとを 信じる 始まり だと

やっと わかったよ

君に 出会って

 

ひとりじゃ ない

もっと 自由に なれる はずさ

プライド や 猜疑心 とか

もう 捨てて しまおう

そばに いる 誰かが

喜んで くれる こと

ひとを 信じる 始まり だと

やっと わかったよ

君に 出会って

 

ひとりじゃ ない

君が 希望に 変わって ゆく

向かい風 も 羽ばたける

微笑って いて おくれ

ひとつ に なろう

ふたり が ここまで きたことが

僕の 勇気の 証し だから

変わり 続けている この世界で

 

変わり 続けている この世界で

 

 

「竜 頭・蛇尾」を

「英・語」で

 「Go up like a rocket and

       come gown like a stick」と

 

 (「竜 頭・蛇尾」)

 

 「言・う」そうです。