何気なく使っている言葉の意味

「叩けよ さらば・開かれん」

(「たたけよ さらば・

    ひらかれん」)

 

「皆さん」は

「叩けよ さらば・開かれん」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「叩けよ さらば・開かれん」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「迷 い・なく」
 「積 極・的」に

 「取 り・組め」ば

 「おの ず・から」

 

 「道 は・開ける」

    と、いう

 「意・味」の

 「ことわざ」だ、そうです。

 

「叩けよ さらば・開かれん」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「新 約・聖書」

 「マタイ・福音書

 「七・章」に

 「記 述・され」た

 

 「イエス・キリスト」の

 「山上 の・説教」の

 「下 記・一節」が

 「由・来」だ、そうです。

 

 「求め なさい。

    そうすれ ば

    与え られる。」

 

 「探し なさい。

    そうすれ ば

    見つか る。」

 

 「門を 叩き なさい。

    そうすれ ば

    開かれる から。

 

 (「積極的 に・努力すれ」ば

     目的 を・達成 出来る」)

 

「叩けよ さらば・開かれん」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「叩けよ さらば・開かれん」
    と、いう

 「ことわざ」は

 「行動 する・事」の

 

 「大切さ を・教える」
 「西洋 の・ことわざ」

    だ が

 「日・本」にも

 「似 た・意味」の
 「ことわざ」で

 「蒔かぬ種 は・生えぬ」が

 (「まかぬたね は・はえぬ」)

 「有」る。

 

・「苦しい時 の・神頼み」

 (「くるしいとき の・かみだのみ」)

    と、いう

 「ことわざ」が

 「有・る」が

 

 「叩けよ さらば・開かれん」

    と、いう

 「ことわざ」の

 「様」に

 

 「自・ら」が

 「努力し な・けれ」ば

 「神・様」は

 「願い を・叶えては」

 「く れ・ない」そうだ。

 

「叩けよ さらば・開かれん」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「求めよ さらば・与えられん」

   (「もとめよ さらば・

       あたえられん」)

 

・「物事 が・成就する」

              (「じょうじゅ」)

 「為」に は

 「与え ら・れる」

    の を

 

 「待 つ・ので」は

 「無・く」

 「自ら が・積極的」に

 「動 く・姿勢」が

 

 「大切 で・ある」
    と、いう

 「意・味」で

 

 「神様 に・祈れ」ば

 「神・様」が

 「何・で」も
 「叶え て・くださる」と

 

 「解 釈・する」

 「事」は

 「間・違い」だ

    そうです。

 

「叩けよ さらば・開かれん」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「座し て・待つ」

    (「ざし て・まつ」)

 

・「見て いる・だけ」で

 「放 置・する」や

 「危険 を・恐れ」て

 「何 も・せず」に

 

 「手 を・こまねいて」
 「い る・だけ」で

 「行動 に・移さない」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」です。

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「藤 圭子」は

(「ふじ  けいこ」)

 

「圭子の 夢は夜 ひらく」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,970・年」に

「リリース」

   し た

「サード・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に
「成・り」ました。



「藤 圭子」は

「1,951 年・生まれ」で

「北海道・旭川 市」

「出・身」の

 

「歌・手」
「女・優」

   でした。

 

「1,960 年代・末」から

「1,970 年代・初期」に

   かけ て

「夜 の・世界」に

 

「生きる・女」の

「情感 を・描いた」

「暗 く・哀切」な

        (「あいせつ」)
「楽・曲」を

 

「ドス の・効いた」

「ハスキー・ボイス」で

「歌・唱」し
「可憐 な・容姿」との

 

「ギャップ」も

「相・まって」
「一世 を・風靡」

(「いっせい を・ふうび」)

   しました。


「幼 い・頃」から

浪曲師 の・父母」の

「ドサ 回り の・旅」に

「同・行」しました。

 

「勉 強・好き」で

「成績 も・良かった」が

「貧し い・生活」の
「為」に

 

「高 校・進学」を

「断・念」しました。

 

「15 歳の・時」に

「雪 祭り・大会」で

「歌 う・姿」が

「作 詞・家」の

 

「石坂 まさを」の

「目 に・留まり」

「石坂 の・自宅」に
「住 み・込み」で

 

「歌 の・レッスン」を

「受・け」ました。

「1,969・年」

「18 歳の・時」に

「リリース」

   し た

 

「ファースト・シングル」

「新宿の 女」で

「デビュー」しました。

 

「代 表・曲」に

 

「圭子の 夢は夜 ひらく」

「京都から 博多まで」

「女の ブルース」等が

「有・り」ます。

 

「1,970・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・アルバム」

 

「新宿の 女」は

「20 週・連続」で
オリコン・1 位」に

「成・り」

 

「間・髪を 入れず」に

「リリース」

   し た

「セカンド・アルバム」

 

「女のブルース」は

「17 週・連続」で

オリコン・1 位」に

「成・り」

 

「計・37 週間」

「連・続」で

オリコン・1 位」

   と、いう

 

「空 前・絶後」の

「大・記録」を

「樹・立」しました。

 

「シングル・曲」に

「於 い・て」も

「1,970・年」に

「リリース」した

 

「セカンド・シングル」

「女の ブルース」が

「8 週・連続」で
オリコン・1 位」に

 

「同・年」に

「リリース」

   した

「サード・シングル」

 

「圭子の 夢は 夜ひらく」が

「10 週・連続」で

オリコン・1 位」に

「成・り」

 

「計 18 週・連続」で

オリコン・1 位」の

「偉・業」を

「達・成」しました。

 

「歌 の・天才」と

「呼 ば・れた」

「人」は

「何人 も・います」が

 

「藤 圭子」は

「間違 い・なく」

「そ の・一人」
   だった と

 

「私」は

「思っ・て」います。

 

「私・生活」

   で は

「1,971・年」

「20 歳の・時」に

「3 才・年上」で

「共・に」

 

「絶頂期 で・あった」
「内山田 洋」と

   クール ファイブ」の

「ボーカル」

 

「前川 清」と

「結・婚」しました。

「しかし」

「大スター・同士」の

「結 婚・生活」

   に は

 

「す れ・違い」が

「重 な・り」

「翌・年」に

「離・婚」しました。

 

「1,982・年」
「31 歳の・時」に

「3 才・年上」の

「音 楽・プロヂューサー」

「宇多田 照實」と

(「うただ でるざね」)

「再・婚」しました。

「1,983・年」に

「長・女」
(「宇多田 ヒカル」) を

「出・産」しました。

 

「以・後」
「宇多田 照實」との

「間」で

「計・7 回」の

「離婚 と・結婚」を

「繰 り・返し」

「2,007・年」に
「最後 の・離婚」を、しました。

 

「宇多田 ヒカル」が

「15歳 の・時」に

「歌 手・デビュー」

   する と

 

「藤 圭子」は

「芸 能・界」の

「第・一線」を

「退・き」ました。

 

「2,013 年・8 月」に
「新 宿・区」の

「自 宅・マンション」の

「前」で

 

「遺・体」で

「発 見・され」ました。

 

「遺書 は・無いもの」の

「死 亡・状況」から

「飛び 降り・自殺」と

「断 定・され」ました。

 

「自殺 の・原因」は

「37 歳の・頃」

   か ら

「患っ て・いた」

「精 神・疾患」と

        (「しっかん」)

「発 表・され」ました。


「享・年」

(「きょう・ねん」)
「63・歳」でした。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,970・年」の

「圭子の 夢は夜 ひらく」〜

「1,976・年」の

「はしご 酒」まで

 

「通 算・5 回」

「出・場」しました。

 

「藤 圭子」

「圭子の 夢は夜 ひらく」

「作・詞」「石坂 まさお」

「作・曲」「曽根 幸朗」

 

赤く 咲く のは けしの 花

白く 咲く のは 百合の 花

どう 咲きや いいのさ この 私

夢は夜 ひらく

 

十五、十六、十七 と

私の人生 暗かった

過去は どんなに 暗くとも

夢は夜 ひらく

 

昨日 マー坊 今日 トミー

明日は ジョージ か ケン坊 か

恋は はかなく 過ぎて 行き

夢は夜 ひらく

 

夜咲く ネオン は 嘘の 花

夜飛ぶ 蝶々 も 嘘の 花

嘘を 肴に 酒を くみゃ

(「さかな」)

夢は夜 ひらく

 

前を 見るよな 柄じゃ ない

うしろ 向くよな 柄じゃ ない

よそ見 してたら 泣きを みた

夢は 夜ひらく

 

一から 十まで 馬鹿 でした

馬鹿にゃ 未練は ないけれど

忘れられ ない 奴 ばかり

夢は 夜ひらく 夢は 夜ひらく

 

 

※「憎まれ口 を・叩く」

(  「にくまれぐち を・たたく」)

 

「憎まれ口 を・叩く」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「憎まれ口 を・きく」

    と、いう

 「言 い・回し」も
 「有・り」ます。

 

 「憎ま れ・口」とは

 「人か ら・嫌われたり」

 「憎たら しく・思われる」

 「様」な

 

 「話 し・方」や

 「表現 を・する」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「憎まれ口 を・叩く」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「憎まれ・口」とは

 「生意気 な・物言い」や

 「屁理屈 を・言う」等の

 「事」で

 

 「叩・く」とは

 「さかんに」や

 「しばしば」

 「言う・事」が

 

 「由・来」に

 「成っ・た」そうです。

 

 「叩く の・付く」

 「言 い・回し」に

 「無駄口 を・叩く」や

 「陰口 を・叩く」等の

 

 「表・現」も

 「有・り」ます。

 

「憎まれ口 を・叩く」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「反 抗・期」や

 「思 春・期」の

 「子・供」は
 「親 に・対し」て

 

 「憎まれ口 を・叩く」

 「傾向 が・ある」が

 「時期 が・過ぎれ」ば

 「治・る」ので

 

 「心 配・しなくて」も

 「大丈夫」だ、そうだ。

 

・「憎まれ口 を・叩く」
 「人」は

 「もっと・自分」を

 「知っ て・欲しくて」

 

 「わざ と・言う」

 「事」が

 「多・い」そうだ。

 

「憎まれ口 を・叩く」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「減らず口 を・叩く」

   (「へらずぐち を・たたく」)

 

・「減ら ず・口」とは
 「負 け・惜しみ」や
 「生意気 な・内容」で

 「相手 の・気分」を

 

 「害・する」

 「不快 な・言葉」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「目下 の・者」や

 「年下 の・者」が

 「目上 の・人」に

 「対 し・て」

 

 「使っ た・言葉」を

 「目 上・側」が

 「忠 告・する」

 「時」に

 「減らず口 を・叩くな」と

 「使 わ・れる」
 「言・葉」だ、そうです。

 

「憎まれ口 を・叩く」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「愛嬌 が・ある」

   (「あいきょう が・ある」)

 

・「愛・嬌」とは
 「にこやか」で

 「可愛 ら・しい」

 「様・子」や

 

 「憎 め・ない」
 「表情 や・しぐさ」で

 「相手 を・喜ばせる」

 「様」な

 

 「言い方 や・態度」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 「似 た・言葉」に

 「愛・想」が

 (「あい・そう」)
 「有 り・ます」が

 

 「愛・嬌」が

 「生まれ・付き」に
 「そ の・人」に

 「備わっ て・いて」


 「自然 に・出てくる」

 「天・然」な

 「態度 や・しぐさ」に

 「対 し・て」

 

 「愛・想」は

 「相・手」に

 「良 く・思わ れ」

 「様」と、した

 

 「意 図・的」に

 「こび を・売る」

 「振 る・舞い」
    と、いう

 

 「違い が・ある」ので

 「注意 が・必要」だ

    そうです。

 

 

「小林 旭」は

(「こばやし あきら」)

 

「春 には 花咲く 日が

   胸を 叩く」の

「歌詞 が・ある」

 

「熱き 心に」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

1,985・年」に

「リリース」

   し た

「124 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「小林 旭」は

「1,938 年・生まれ」で

「東京 都・世田谷 区」

「出・身」の

 

「俳・優」

「歌・手」で

「柔道 の・腕前」は

「五・段」です。

 

「4 歳の・時」に

「劇・団」
「東・童」に

「所・属」し

「小学・1 年生」の

「時」に

「初・舞台」を

「踏・み」ました。

 

「私・立」

「目黒 学院・高校」を

「経・て」

 

「明治・大学」

「文 学・部」に

「進 学・しました」が

「俳優業 が・多忙」で

「中・退」しました。

 

「1,954・年」

「高 校・在学 中」に

「日 活・ニュー フェイス」の

「オーディ・ション」に

 

「合・格」し
「日活 に・入社」

   しました。

 

「1,956・年」

「23 歳の・時」に

「映・画」

「飢える 魂」で

 

「俳 優・デビュー」

   しました。

 

「以・後」
「渡り鳥・シリーズ」で

「主演 を・務め」

「1 才・年下」の

 

「石原 裕次郎」と

「共」に

「日活 の・黄金 時代」を
「築・き」ました。

「歌・手」と
   して は

 

「1,958・年」に

「リリース」

   した

「ファースト・シングル」

 

「女を 忘れろ」で

「歌 手・デビュー」

   しました。

 

「代 表・曲」に

 

「熱き 心に」

「惜別の 唄」

「さすらい」等が

「有・り」ます。

 

「自動車 ショー 歌」

「恋の 山手線」等の

「コミック・ソング」も

「大・ヒット」しました。

「独・特」の

「甲高い声 を・含む」

「歌 唱・法」は

「アキラ・節」と
「呼 ば・れ」ました。

 

「1,975・年」に

「リリース」

   した

「92 th・シングル」

 

「昔の名前で 出ています」で

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「1,985・年」に

「リリース」

   し た

「124 th・シングル」

 

熱き心に」が

「味の素・AGF」

「マキシム」の

「CM ・ソング」に

「起 用・され」て

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

「レコード・大賞・

   金 賞」を

「受・賞」し

 

「同・曲」で

「紅 白・歌合戦」に

「2・回」

「出・場」しました。

 

「現 在・83 歳」

   です が

「コンサートl」を

「中・心」に

 

「活 躍・して」

「い る」そうです。

 

「私・生活」

   で は

 

「1,960・年」

「22 歳の・時」に

「映画で の・共演」を

「キッカケ」に

 

「2 歳・年下」の

「浅丘 ルリ子」と

「同 棲・する」も

「ルリ子 の・父」に

 

「何処 の・馬の骨」か

「分から ない・男」に

「娘 は・やれぬ」と

「反 対・され」て

 

「同・棲」を

「解・消」しました。

 

「1,962・年」
「29 歳の・時」に

「4 才・年下」の

「歌 手・女優」の

 

「美空 ひばり」と

「結 婚・しました」が

「ひばり の・母親」の

「反・対」で

 

「戸 籍・上」は

「入 籍・して」
「いない」

「事 実・婚」 でした。

 

「1,964・年」に

「美空 ひばり」の

「父 親・代り」と

「自称 して・いた」

 

「暴力 団・山口組
「三代 目・組長」

「田岡 一雄」

   か ら

 

「ひばり」を

「みんな」に

「返して・やりや」と

「引導 を・渡され」て

 

「逆らう・事」が

「出 来・ず」に

「わず か・2 年」で

「事 実・婚」は

「解 消・され」ました。


「こ の・為」

「美空 ひばり」は

「戸籍 上・では」
「生 涯・独身」でした。

 

「1,967・年」

「29 歳の・時」に

「3 才・年上」の

「女・優」

 

「青山 京子」と

「結・婚」し

「一 男・一女」が
「誕・生」しました。

 

「二・人」は
「50 年・以上」

「連 れ・添い」

「おしどり・夫婦」と

「呼ば れ・ました」が

 

「妻」は

「2020 年・1 月」に

「肺ガン の・診断」で

「死・去」しました。

 

「享・年」
「85・歳」でした。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,977・年」の

「昔の名前で 出ています」〜

「1,996・年」の

「北 帰行」まで

 

「通 算・7 回」

「出・場」しました。

 


「小林 旭」

「熱き 心に」

「作・詞」「阿久 悠」

「作・曲」「大滝 詠一」

 

北国の 旅の空

流れる雲 はるか

時に 人 恋しく

くちびる に ふれも せず

別れた 女 いずこ

     (「ひと」)

胸 は 焦がれる まま

 

熱き 心に 時よ もどれ

なつかしい 想い 

つれて もどれよ

あゝ 春 には 花咲く 日が

あゝ 夏 には 星降る 日が

夢を 誘う

愛を 語る

 

熱き 心に きみを 重ね

夜の 更けるまま に 想い つのらせ

あゝ 秋 には 色づく 日が

あゝ 冬 には 真っ白な 日が

胸を 叩く

歌を 歌う 歌を

 

オーロラ の 空の下

夢追い 人 ひとり

風の姿に 似て

熱き 心 きみ に

 

 

「叩けよ さらば・開かれん」を

「英・語」で

 

 「Hit me, farewell, don't open」と

 

 (「叩けよ さらば・開かれん」)

 

 「言・う」そうです。