何気なく使っている言葉の意味

冷や水 を・浴びせる」

(「ひやみず を・あびせる」)

 

「皆さん」は

冷や水 を・浴びせる」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

冷や水 を・浴びせる」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「相手 の・気分」が
 「高・揚」し

 (「こう・よう」)

 「やる気・十分」な

 「時」や

 

 「物・事」に
 「夢中  に・なって」

 「いる・時」に

 「そ の・気持」を

 

 「一・気」に
 「萎 え・させ」

 (「なえ」)

 「冷ま し・たり」

 

 「挫 く・様」な

 (「くじ く」)

 「事」を

 

 「わざ と・言う」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

冷や水 を・浴びせる」の

「由来 や・語源」は

「特 に・無い」

「そ う・です」が

 

・「燃え て・いる」
 「も の」に

 「冷た い・水」を

 「掛 け・る」と

 

 「冷た い・水」に

 「冷やさ れ・て」

 「燃 焼・物」の

 「温・度」が


 「発火 点・より

 「低 く・なり」

 「燃 え・盛る」
 「炎」が 

 

 「消え て・しまう」

 「事」が

 「由来 の・様」な

 「気」が、します。

 

冷や水 を・浴びせる」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「出る杭 は・打たれる」
   (「でるくい は・うたれる」)

    と、いう

 「ことわざ」が

 「有・る」が

 

 「せっかく」

 「やる気 に・なって」も

 「冷や水 を・浴びせられ」て

 「何 も・出来」ない。

 

・「これまで」に

 「誰」も

 「挑戦した人 が・いない」と

 「思われ る・栽培方法」で

 

 「意気込ん で・始め」た

 「自然薯栽培・だった」が

 「台風 と・いう」

 「自然・災害」に

 

 「冷や水 を・浴びせられ」て

 「情・熱」が
 「一気 に・冷めて」

    しまった。

 

冷や水 を・浴びせる」の

「類 義・語」を

「検 索・して」も

「ピ ン」と、きません。

 

・「若い芽 を・摘む」

   (「わかいめ を・つむ」)

 

・「上・司」や
 「先・輩」が

 「優秀 な・若手」の

 「出現 を・知りl

 

 「若い芽 は・早め」に
 「摘んで・しまおう」

    と、いう

 「言 い・方」を

 

 「テレビ・ドラマ」

 「等」で

 「使 わ・れて」
    いました。

 

 「その・言葉」

    に は

 「部下や・後輩」を

 「育てよう と・いう」

 

 「気・持ち」が

 「微・塵」も

 (「み・じん」)

 「感 じ・られ」ません。

 「若い芽 を・摘む」

    と は

 「将・来」の

 「成長 や・発展」の

 「可 能・性」の

 「あ る・物」を

 「早・期」に

 「取 り・除く」

 

 「悪・意」が
 「感じ ら・れる」

 「表・現」です。

 

冷や水 を・浴びせる」の

「対 義・語」」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。


・「出藍 の・誉」

   (「しゅつらん の・ほまれ」)

 

・「青は 藍より 出で て・
       藍より 青し」

   (「あおは あいより いで で・

        あいより あおし」)

        と、いう

 

 「ことわざ」を

 「四 字・熟語」に

 「し た・もの」です。

 

 「精・進」を

 (「しょう・じん」)
 「重ね た・結果」
    と、して

 

 「弟子 の・能力」が

 「師匠 の・能力」を

 「超 え・た」

    と、いう

 「意・味」です

 

 「日 本・で は」

 「囲 碁 や・将棋」に

 「代 表・される」

 「様」に

 

 「弟・子」が

 (「で・し」)

 「師・匠」の

 (「し・しょう」)

 「元」で

 「修行 を・する」

 「文・化」が

 「多く の・分野」で

 「有・り」ます。

 

 「又」

 「上司 や・先輩」

 「師匠 や・先生」

    と、いった

 

 「目上 の・人」を

 「立 て・る」

    と、いう

 「考 え・方」が

 「伝・統」

    と、して

 「根・付いて」います。

 

 「そ の・ため」

 「弟子 の・能力」が

 「師匠 を・超え」る

 「事」が

 

 「あ ま・り」

 「好ま し・く」
 「思わ れ・ない」
 「事」も

 「有・る」そうです。

 

 「出藍 の・誉」は

 「カッコ・イイ」と

 「思 わ・れる」

 「一・方」で

 

 「僻・み」や

 (「ひが・み」)

 「妬み・嫉み」の

 (「ねたみ・そねみ」)

 

 「元 に・なる」
 「事」も

 「しば・しば」

 「有・る」そうです。

 

 「しかし」

 「出藍 の・誉」は

 「弟 子・だけ」で
 「無・く」

 

 「師・匠」も
 「称・え」た
  (「たた・え」)

 「四 字・熟語」で す。

 

 「自分 を・超え」る

 「優秀 な・弟子」を

 「育て・上げ」た

 「事」は

 

 「師・匠」の
 「誇・り」です。

 「将・棋」の

 「藤井 聡太・四冠」の

 「師・匠」

 「杉本 昌隆・八段」は

 

 「自分 を・越え」た

 「優秀 な・弟子」を

 「育てた と・して」

 「尊 敬・されて」います。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

 

スピッツ」は

 

「冷たい水 で こじあけ て

   今 せかされる ように」の

「歌詞 が・ある」

 

「チェリー」
   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,996・年」に

「リリース」

   し た

「13 th・シングル」で

 

オリコン・1 位」で

「ミリオン・セラー」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

スピッツ」は

「1,987・年」に

「結 成・され」た

「男 性・4 人 組」の

「ロック・バンド」です。

「弱いくせに・よく 吠える」 
「意・味」で

「バンド・名」を

「名 付・け」ました。

 

「1,991・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「ヒバリの こころ」で

「デビュー」しました。


「同・曲」は

「200 位・以下」で

オリコン・圏外」でした。

 

「代 表・曲」に

 

「チェリー」

「ロビンソン」

「空も 飛べる はず」等が

「有・り」ます。

 

「1,994・年」に

「リリース」した

「8 th・シングル」

「空も 飛べる はず」が

 

「フジ・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

「白線 流し」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「自 身・初」の

「ミリオンセラー」で

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「1,996・年」に

「リリース」した

「13 th・シングル」

「チェリー」

 

「同・年」に

「リリース」した

「14 th・シングル」

「渚」

 

「1,997・年」に

「リリース」した

「15 th・シングル」

「スカーレット」

 

「2,004・年」に

「リリース」した

「28 th・シングル」

「スターデイザー」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「アルバム」では

「現 在・まで」に

「26・作品」を

「リリース」し

「内」

 

「11・作品」が

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「特・に」

「1,995・年」に

「リリース」した

「6 th・・アルバム」

 

「ハチミツ」が

オリコン・1位」と

「ミリオンセラー」を

「記・録」し

 

レコード大賞

   最優秀 アルバム 賞」を

「受・賞」しました。

 

スピッツ」は

「テレビ・出演した」

「実績 は・無い」

   そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   への

「出 場・依頼」を

「断 り・続け」て

「来・た」 そうです。

 

スピッツ」が

「テレビ・等」の

「メディア・露出」 を

「拒 む・理由」は

 

「公 の・舞台」 で

「皆・に」

「チヤ・ホヤ」

「され たく・無い」

 

「本・当」に
「自分達 の・音楽」を

「大切に 聞いて・くれる

「ファン」を

「大事 に・したい」
   と の

「考え・から」だ

   そうです。

 

「紅 白・出場」を

「一 流・歌手」

   へ の

「登 竜・門」や

(「とう りゅう・もん」)

 
「ステータス」と

「考え る・歌手」が

「ほとんど」だ

   そうです。

 

「しかし」

「ロック・歌手」

   に は

「ロック・魂」

   と、いう

 

「反 骨・心」 を

「持 つ・歌手」が

「多・く」

「紅 白・出場」を

「辞 退・する」

 

「ロック・歌手」は

「結・構」

「多・い」そうです。

 

 

スピッツ

「チェリー」

「作・詞」「作・曲」

「草野 正宗」

 

君を 忘れない

曲がり くねった 道を 行く

産まれたて の 太陽 と

夢を 渡る 黄色い 砂

二度 と 戻れ ない

くすぐり あって 転げた 日

きっと 想像した 以上 に

騒がしい 未来 が 僕を 待ってる

 

「愛してる」の 響き だけ で

強く なれる 気が した よ

ささやか な 喜び を

つぶれる ほど 抱きしめ て

 

こぼれ そうな 思い

汚れた 手で 書き上げ た

あの手紙 は すぐにで も

捨てて 欲しい と 言った のに

少しだけ 眠い

冷たい水 で こじ開け て

今 せかされる よう に

飛ばされる よう に

通り過ぎて く

 

「愛してる」の 響きだけ で

強く なれる 気がした よ

いつか また この 場所 で

君と めぐり会い たい

 

どんな に 歩いて も

たどりつけ ない

心の雪 で 濡れた 頬

                     (「ほほ」)

悪魔 の ふり して

切り裂いた 歌を

(「きりさいた」)

春の風 に 舞う

花びら に 変えて

 

君を 忘れない

曲がりくねった 道を 行く

きっと 想像した 以上 に

騒がしい 未来 が 僕を 待ってる

 

「愛してる」の 響き だけ で

強く なれる 気が したよ

ささやか な 喜び を

つぶれる ほど 抱きしめ て

ズル しても 真面目にも

生きて ゆける 気が したよ

いつか また この 場所 で

君と めぐり会い たい

 

 

※「脚光 を・浴びる」

  (「きゃっこう を・あびる」)

 

「脚光 を・浴びる」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「世 間・から」

 「注 目・される」
 「事」や

 

 「人・々」の

 「注目 の・的」に

 「成る と・いう」

 「意・味」だ、そうです。

 

「脚光 を・浴びる」の

「語・源」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「脚・光」とは

 「別・名」で
 「フット・ライト」と

 「言・い」

 

 「舞台 の・前面」から

 「俳優 や・歌手」を

 「照ら し・出す」

 「照・明」だ、そうです。

 

 「暗 い・ところ」で

 「足 元・から」の
 「照明 を・浴びる」と

 「光 を・浴びた」

 「人」は

 

 「浮か び・上がる」

 「様 に・見え」て

 「とて も」

 「目・立つ」そうです。

 

 「当・然」の

 「様」に
 「観客 の・視線」も

 「集ま り・ます」が

 

 「そ の・こと」が

 「語源 と・なって」

 「人々・から」

 「注目 を・浴びる」

 「事」を

 

 「脚光 を・浴びる」と

 「呼 ぶ・様」に

 「成っ・た」そうです。

 

「脚光 を・浴びる」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「そ れ・まで」
 「ほとんど」

 「注目さ れ・なかった」
 「地方 の・ローカル 線」が

 

 「バラエティー・番組」の

 「ロケ で・使 われて から」

 「一・気」に
 「脚光 を・浴びて」いる。

   

・「彼 が・書いた」

 「ベストセラー・小説」は

 「ドラマ 化・された」

 「上」に

 

 「作 品・賞」を

 「受・賞」し

 「一・躍」

 「脚光 を・浴び」た。

 

「脚光 を・浴びる」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「好評 を・博す」

   (「こうひょう を・はくす」)

 

・「博・す」とは

 「獲 得・する」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「好評 を・博す」

    と は

 「世間 の・人」から

 「良 い・評価」や

 

 「評判 を・得る」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「脚光 を・浴びる」の

「対 義・語」を

「検 策・して」も

「出 て・来」ません。

・「鳴り を・潜める」

   (「なり を ・ひそめる」)

 

・「鳴・り」とは

 「声 や・物音」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「潜 め・る」とは

 (「ひそ め・る」)

 「静か に・なり」


 「目立 た・なく」

 「成・る」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「鳴り を・潜める」

    と は

 「音 や・声」を

 「立 て・ず」

 

 「目立 た・ない」

 「様 に・する」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「Superfly」は

(「スーパーフライ」

 

「太陽の光を 浴びて 輝く

   夜空の月が そうしてる」の

「歌詞 が・ある」

 

「輝く 月の ように」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,012・年」に

「リリース」

   し た

「15 th・シングル」で

 

オリコン・6 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「スーパーフライ」は

「2,004・年」に

「ボーカル」の

「越智 志保」と

(「おち しほ」)

 

「ギター」の

「多保 孝一」

(「たほ こういち」)

   に、より

 

「愛媛 県・松山 市」で

「結 成・され」た

「男 女・2 人 組」の

「音 楽・ヂュオ」です。

 

「同・年」

「結 成・から」

「半・年」で

「多保 孝一」が

「脱・退」し


「以・後」

「活・動」の

「舞・台」を

「裏方へ と・移し」

 

「作・曲」と

「編・曲」を
「担・当」しました。

 

「これ に・より」

「越智 志保」の

「ソロ・ユニット」に

「成・る」も

 

「Super tly」の

「芸・名」は

「継・続」しました。

 

「越智 志帆」は

「1,984・年」

「生 ま・れ」で

 

「愛媛 県・今治 市」

「出・身」の

「歌・手」です。

 

「3 歳・から」

「ピアノ」と

「ギター」を

「習・い」ました

 

「県・立」

今治 北・高校」を

「卒 業・後」

 

「松山 東雲・短期 大学」

「秘 書・科」に

「進・学」し
「卒・業」しました。

 

「大学生・時代」は

「軽音楽・部」に

「所・属」し
「多保 孝一」と

 

「知 り・合い」

「Superfly」を

「結・成」しました。

 

「2,007・年」に

「リリース」

  し た

「ファースト・シングル」

 

「ハロー・ハロー」で

「デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

オリコン・31 位」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「愛をこめて 花束を」

「Beautiful」

「輝く月の ように」等が

「有・り」ます。

 

「153・cm」と

「小・柄」で

「華 奢・ながら」

(「きゃ しゃ」)

 

「パワフル」で

「圧 倒・的」な

「歌 唱・力」で

「人・々」に


「元気 と・共感」を

「与え る・歌詞」で

「多く の・人」を

「魅了・して」います。

 

「2,008・年」に

「リリース」した

「4 th・シングル」

「愛をこめて花束を」が

 

「TBS・テレビ 系」で

「放 送・され」た
「テレビ・ドラマ」

エジソンの 母」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」

オリコン・13 位」

「な が・ら」

 

「シングル・曲」で

「自 身・最大」の

「セールス」に

「成・り」ました。

 

「2,010・年」に

「リリース」

   し た

「7 th・シングル」

 

「My Best Of My Lire」が

「選抜高校・野球大会」の

「入 場・行進曲」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「リリース」した

「10 th・シングル」

「Wild flower & Cover」が

 

「シングル・曲」で

「自 身・初」の

オリコン・1位」に

「成・り」ました。

 

「2,015・年」に

「Beautiful」で

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました

 

「アルバム」

   で は

 

「2,008・年」に

「リリース」した

「ファースト・アルバム」

「Superfly」k〜

 

「2,012・年」に

「リリース」した

「4 th・アルバム」

「Force」まで

 

「4・作品」が

「連 続・して」
オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,013・年」の

「ファースト」

ベスト・アルバム

「Superfly BEST」〜

 

「2,017・年」の

「セカンド」

ベスト・アルバム

「LOVE PEACE & FIRE」と

 

「2・作品」が

「連 続・して」
オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,019・年」に

「TBS・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」


「わたし、定時で

   帰ります」の

「主 題・歌」に

 

「25 th・シングル」

「Ambitious」が

「起 用・され」ました。

 

「同・年」に

NHK・テレビ」で

「放 送・され」た


「連続 テレビ・小説」

「スカーレット」の
「主 題・歌」に

 

「4 th・配信限定 シングル」

「フレア」が

「起 用・され」ました。

 

「2,020 年・4 月」に

「デビュー・13 周年」を

「記 念・して」

「リリース」した

 

「D V D 」

「Superfly Arena」が

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「私・生活」
   で は

「2,018・年」

「34 歳の・時」に

「4 才・年上」で

「ロック・バンド」

 

「フジ・ファブリック」の

「キーボード・担当」の

「金澤 ダイスケ」と

「結・婚」しました。

 

「2,021 年・12 月」に

「第一・子」を
「妊 娠・して」


「2,022 年・春」に
「出 産・予定」

   だ と

「発・表」しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,015・年」の

「Beautiful」〜

「2,020・年」の

「愛をこめて 花束を」まで

 

「通 算・5 回」

「出・場」しました。

 

 

「Superfly」

「輝く月の ように」

「作・詞」「越智 志帆」

「作・曲」「多保 孝一」

 

どれくらい 感謝したって

足りない から

あなた を 全心で 見つめ 返す

太陽の光 を 浴びて 輝く

夜空の月 が

そうして いる みたい に

 

雲の空 隠れるよう に

彷徨う 私に

(「さまよう」)

光を ぶつけて くれたね

ひとり きり 閉ざした心 こじ開け

私の すべて を

受け止め て くれたん だ

 

誰か を 頼る心、強く 通じる 心

きっと、あなた に 出逢った から

素直に なれたん だ

 

愛を 知って 輝き出すん だ

人も みんな 世界を 照らして く

夜空の月 の ように

こんな にも 輝いてる よ

見える かな

逃げないで 強くなって く

あなた に 笑って 欲しい から

こんなに ね 見て 光る よ

 

不思議だ ね、

笑顔の 奥で 泣いてた 頃の

私に さよなら 出来たん だ

ありがとう

だから、苦しい 時に は

私の光 で 守って あげたい

 

誰か の ために なりたい

誰か の ために 生きたい

きっと、あなた に 出逢った から

生まれ変われ たんだ

 

愛を 知って 輝き出すん だ

うれしい よ

不器用 な 私だって

まだ 小さい 光だって

どうか ずっと 見守って いてね

いつまで も

無限に 繰り返す

心に 抱く 想い よ

飛んで ゆけ ありがとう

 

どうしよう どうしたら いい?

こんなに も ‘  誰か を 愛せる “ って

涙が 溢れ出す

 

愛を 知って 輝いてる よ

迷わない で 世界を 照らして く

夜空の月 の よう に

こんな にも 輝いてる よ

 

ほら、この空 で

 

見 て、

光る よ

 

 

冷や水 を・浴びせる」を

「英・語」で

 

 「Soak in cold water」と

 

 (「冷や水 を・浴びせる」)

 

 「言・う」そうです。