何気なく使っている言葉の意味

「手前・味噌」
(「てまえ・みそ」)

 

「皆さん」は「手前・味噌」

    と、いう「四字・熟語」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「若い世代の・人」に は
「聞き・慣れない」

「言・葉」か も

「知れ・ません」が

 

「手前・味噌」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「手前 味噌・ですが」

「又・は」

「手前 味噌」で

「恐縮・ですが」と

 

「前置き・して」

「使う事が・多い」

「表現・です」が

 

「自・分」で

「自分や・身内」の

「ある・事柄」

   に、ついて


「自慢・する」

「時」に

「使う・言葉」です。

 

「他人の・自慢話」は

「聞き・苦しく」

「反発・したく」

「成り・ます」が

 

「手前・味噌」を

「使・う」と

「自・慢」に

「なって・しまい」

 

「申し・訳」

「有り・ません」が

   と、いう

 

「謙・虚」な

(「けん・きょ」) 

「ニュアンス」を

 

「聞く・人」に
「与える・事」が

「可・能」に

「成・り」ます。

 

「真・正面」か ら

「自慢・する」 

   の では「無・く」

 

「遜り・ながら」も

 (「へり・くだり」)

「誇りに・思う」

 

「事・柄」

   に、ついて

「自慢する・時」に

 

「手前・味噌」は

「使わ・れる」

「言・葉」です。

 

「手前・味噌」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「今」では

「スーパー」等で

「簡単に・手に入る」

「味・噌」です が

 

「古・く」は

「各・家庭」で

「手作り・されて」いました。

 

「味・噌」に は
「各 家庭・それぞれ」の

「作り・方」や「味」が

「有・り」

「自分の・家」の

「味・噌」の

「出来・栄え」が

「良い・事」や

 

「味・噌」を

「作るに・あたって」

「工夫・した」

「ポイント」を

 

「自慢する・際」に
「誇・らしげ」に

「使った・言葉」

 

「手・前」(「自・分」) 

「味・噌」に

「由来・する」そうです。

 

「手前・味噌」の

「代表的な・使用例」は

「下・記」です。

 

・「手前・味噌」です が

 「私が・作る」
 「カップ・焼きそば」は

 「熱・湯」に

 「2 分・間」「浸・し」

                     (「ひた・し」)

 

 「湯切り・した」

 「後」で

 

 「2 分・間」

 「電子・レンジ」で

 「加熱・する」為

 

 「麺に・ソース」が

 「しみ・込み」

 「生麺の・様」に

 「ふっくら」し て

 

 「美味・しく」

 「感・じ」ます。

 

・「手前・味噌」で

 「恐縮・です」が

 「ペガサス」と

 「名・付け」た

 

 「コンテナ」を

 「積ん・だ」
 「軽・トラック」は

 

 「見た・目」と

 「乗り・心地」は

 「良い・とは」
 「言え・ません」が

 

  「コンテナ」の

 「中」は

 「装・備」が

 「充実・した」

 

 「世界・中」に

 「1 台しか・無い」

 「貴・重」な

 「車」です。

 

「手前・味噌」の

「類義・語」は

「下・記」です。

 

・「自画・自賛」
  (「じが・じさん」)

自我・自賛」と

「書・く」の は

「間・違い」です。

 

・「自分が・描いた」

 「絵・画」を

 「自分で・ほめる」
 「事」より

                    

 「自・分」が

    「行っ・た」
 「行・為」を

 

 「自・分」で

   「称賛・する」

       と、いう

 「意・味」です。

      

 

「手前・味噌」の

「対義・語」は

「下・記」です。

 

・「謙遜・卑下」

 (「けんそん・ひげ」)

 

 「謙・遜」とは

 「自・分」を

 「低・く」
 「評価・する」

 

 「下に・見る」

     と、いう

 「意・味」です。

 

 「一・方」

 「卑・下」とは

 「自・分」を

 「わざ・と」

 

 「劣った・人間」と

 「評価・する」

 「意・味」です。

 

 

mihimaru GT」は

(「ミヒマル・

    ジーティー」) 

 

「人生 まるで バラ色 なんて
   思い込めば 手前味噌」) の

「歌詞が・有る」

 

「アンロック」

   と、いう

「歌を・歌い」ました。

 

「2,009・年」に

「リリース」した

「22 th・シングル」で

 

オリコン・8 位」に

「成・り」ました。

 

「ミヒマル・ジーティ」は

「2,003・年」に

「結成・した」

 

「男女・2人組」の

   (「ヂュオ」) 

「音楽・グループ」です。

 

「ユニット・名」の

「由・来」は

「二人の・名前」の

「頭・文字」

 

miyake」の「mi」と

「hiroko」の「hi」と

 

「船名の・末尾」に

「付け・られる」

「maru」(「丸」) と

「車名の・末尾」

「付け・られる」

「G T」の

 

「4・語」を

「組み・合わせ」ました。

 

「G・T」には

「ガッツ & タフ」

   と、いう

 

「意・味」も

「有・り」ます。

 

「代表・曲」に

 

「気分上々↑↑」

「かけがえのない 詩」

「恋する 気持ち」等 が

「有・り」ます。

 

「2,003・年」に

「ファースト・シングル」

「約 束」で

「デビュー」しました。

 

「以・後」

「鳴かず・飛ばず」で

「苦難の・時期」を

「過ご・し」ました。

 

「2,006・年」に

「9 th・シングル」

「気分↑↑」が

「大・ヒット」しました。

 

「同・曲」は
「ヘア・カラー」の

「C・M」「ソング」に

「採用・され」ました。

 

「同・年」「同・曲」で

レコード大賞・金賞」を

「受・賞」し

 

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「シングル」の

オリコン

「最高・順位」は

 

「2,006・年」に

「リリース」した

「いつまで続くこの melody#」の

「3・位」でした。

 

「アルバム」で は

「2,007・年」に

「リリース」した

 

「ファースト」

「ベストアルバム」

「THE BEST of

    mihimaru GT」と

 

「2,008・年」に

「リリース」した

「4 th・アルバム」

「mihimarise」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました、

 

「2,013・年」に

「それぞれ」が

「ソロ・活動」を

「行・う」事 を

 

「理・由」に

「解・散」しました。

 

「紅白・歌合戦」に は

 

「2,006・年」の

「気分上々↑↑」〜と

「2,007・年」の

「俄然 Yeah」で

 

「2年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

mihimaru GT

「アンロック」

「作・詞」「作・曲」

「hiroko ・mitsuyuki miyake

 

とろける 様 Sexual Breeae

大人でしょ? 

捨てな おしゃぶり

(「Yeath」)  

チラ チラ チラリズム

誘惑に 弱いんだ ズバリ  M

テクニック タイミング 重視

重くなって リップ

いざ 勝負!!

格好 ばっか 出直して きな

カッと なっちゃうぜ 

ほんと シビア

 

哲学者 ぶった 

理屈なんか いらない

アホ でも ケッコウ 

ダメモトでも 信じてる

 

開けて よ

ダレカレ 構わず (「かまわず」)  

傷付けて きた

判った (「わかった」) 様な

キレイ事で 錆びついた 扉を

感じ て

ダメダメな 私に 気付けた なら

優しく なれるかも 愛の カギ

 

刺激的な ファッション に

身を 包み

そう 熟れた (「うれた」)

果実は フルーティー

人生まるで バラ色

なんて 思い込めば 

手前 味噌

Is that DReally Ok  

気付けば ボロ儲け 

さぁ 憂い (「うれい」)

無く しては 幸は 無い

感じない SEX は いらない

 

災い (「わざわい」) の モト 

また 口が 滑って (「すべって」)

四面 楚歌 (「しめん そか」) でも 

雨上がりは きっと 来る

 

探して (「さがして」)  

ジタバタ もがいて 

今 ここに いる

 

赤い恥 積もり 積もって

錆びついた 扉を

壊して

アベコベな 感情も

抱きしめ 合えたら

格好 悪くても いいよ 

愛の カギ

 

蹴り返す 喧騒 (「けんそう」)

都会の 真ん中で

消えない 痛みと

今日も 戦う あなたへ

届 け

 

(「Rap」)

 

一難 去って また 一難

拭い (「ぬぐい」) 切りたい 

危機感

いつか 一番 なんて 夢見て

何度も コースリターン

Master Key  いつも

傍 (「そば」) に

自分に 問う 

「どう しますか?」

今こそ 開ける 時 

遥か (「はるか」) なる 旅

Let's get start it !

誰も ひとりでは

生きられ ないから

脅え (「おびえ」) ないで

隠したまま 

凍りついた 扉を

開けるよ

ダメダメな 私に

気付いた なら

忘れた 胸の 奥へ 

今  アンロック

諦めない 心が 

愛の カギ

 

 

※「味噌を・つける」

(「みそを・つける」)

 

「味噌を・つける」の

「意・味」は

「下・記」です。

 

「失敗・する」

「しくじる」事 で

「面目を・失う」

(「めんもくを・うしなう」)

 

「失敗・して」

「恥を・かく」

  と、いう

 

「ネガティブ」な

「ニュアンス」の

「慣用・句」です。

 

「味噌を・つける」の

「語・源」は

「下・記」です。

 

①「味・噌」(「みそ」) が

 「火・傷」(「やけど」) や

 「怪・我」(「けが」) に

 「利・く」(「きく」) と

 

 「昔」は「考え・られ」て

 「味・噌」=「悪い・ところ」

 「失・敗」に「つける・物」と

 「考えられて・いた」事。

 

②「江・戸」の

 「かんざし・職人」は

 「火」を

 「よく・使う」為

 

 「火傷・した」

 「時」に

 「味・噌」を

 「つけて・いる」と

 

 「腕が・悪い」

 「失敗・した」と

 「考え・られた」事。

 

 「①も②も」

 「味・噌」が

 「薬の・代わり」と

 「考えられて・いた」事 が

 

 「味噌を・つける」=

 「悪い・ところ」の

 「認・識」が

 

 「味噌を・つける」

    と、いう

 「慣用・句」の

 

 「由・来」に

 「成っ・た」そうです。

 

「味噌を・つける」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」です。

 

・「あの・人」は「ミス」を

 「しっかり」と

 「隠した つもり・だった」が

 「偶・燃」に「バレて・しまい」

 

 「本・人」の

 「知らない・ところ」で

 「味噌を・つけて」しまった。

 

・「一・度」「味噌を・つける」と

 「信・頼」を「回復・する」に は

 「相・当」な「時間が・必要」で

 

 「最悪の・場合」に は

 「多くの・顧客」を

 「失う・事」に

 「なり・かね」ない。

 

「味噌を・つける」の

「類義・語」は

「下・記」です。

 

・「泥を・塗る」

  (「どろを・ぬる」)

 

 「何・か」

 「悪い・事」が

 「有った・為」に

 

 「それ・まで」に

 「有っ・た」

 「良・い」
 「評・判」が

 

 「ダ メ」に

 「成って・しまう」

    と、いう

 「意・味」です。

 

「味噌を・つける」の

「対義・語」は

「下・記」です。

 

・「腕を・鳴らす」

  (「うでを・ならす」)

 

 「実・力」が

 「認め・られ」て

 「評判に・なる」

 

 「名・声」を

 「獲得・して」


 「評判が・上がる」

    と、いう

 「意・味」です。

 

 

「テゴ・マス」は

「ミソスープ」

 と、いう

「歌を・歌い」ました。

 

「2,006・年」に

「リリース」した

「ファースト・シングル」で

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「テゴ・マス」は

「2,006・年」に

「結成・した」

 

「ジャニーズ・

   事務所」の

「NEWS」から

「派生・した」

「手越 祐也」と

「増田 貴久」から

「成・る」

 

「2 人・組」の

「ヴォーカル・

   ユニット」で

 

「2人の・名字」から

「2・文字」ずつ

「取・り」

 

「テゴ・マス」と

「名・付け」ました。

 

「2,006・年」に

「Tegomasu」の

「芸・名」で

 

Miso Soup」を

スウェーデン」で

「発・売」し

 

「ジャニーズ・

   事務所」では

「初」の

 

「欧・州」で の

「先・行」

「デビュー」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「日・本」で

「テゴ・マス」の

「芸・名」で

 

「ファースト・シングル」

「ミソスープ」で

「デビュー」し

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,007・年」に

「TBS・テレビ 系」で

「放送・された」

「アニメ」

 

ラブ★コン」の

「テーマ・曲」と

「成っ・た」

「セカンド・シングル」

「キッス〜帰り道の

   ラブソング〜」を

「リリース」し

 

オリコン・2 位」に

「成・り」ました。

 

「2,008・年」に

「サード・シングル」

「アイアイ 傘」を

「リリース」し

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,009・年」に

「4 th[・シングル」

「七夕 祭り」と

 

「ファースト・アルバム」

「テゴマスの うた」を

「リリース」し

「共・に」

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「初」の

「国立 代々木・競技場」と

大阪城・ホール」で の

 

「単独・ライブ」を

「開・催」しました。

 

「2,011・年」に

「サード・アルバム」

「テゴマスの まほう」を

「リリース」し

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,020・年」に

「手越 祐也」が

「新・型」

「コロナ・ウィルス」

「感染・拡大」
「緊急・宣言」の

「期間・中」に

 

「酒・席」に

「参加 して・いた」

「事 」が

「報道・され」

 

「同年・6月」に

「ジャニーズ・

   事務所」との

 

「専属・契約」を

「解・除」し

「ユニット」は

「解・散」しました。

 

 

「テゴ・マス」

「ミソスープ」

 

「作・詞」:「ZOPP

「作・曲」:「Shusui

                      Stefan Aberg」

 

バイトの あとは コンビニ

いつもと 同じ棚から ディナー

一人の 味にも 慣れたよ

でも なんか 疲れたよ

 

実家からの 荷物

「ちゃんと

   ご飯食べて ますか?」

届いたよ の 電話

「年末には 帰って くるの?」

 

ミソスープ 作る 手は

優しさに 溢れてた

大きくない 僕だから

寒くしない ように

温めて くれた

そんな 優しさ 

会いたく なるね

 

風邪気味 の 夜は

何も食べず に

テレビ を 観てた

一人の 夜にも 

慣れた よ

でも ちょっと 

淋しい (「さみしい」) よ

 

キッチン から

咲いた 丸い 笑顔

懐か (「なつか」) しいな 

元気で いるのかな?

今年こそは 帰ろうかな

 

ミソスープ 思い出す

どんなに 辛い (「つらい」) 時も

迷子に ならない ように

手を 繋いだ まま

ずっと そばに いた

母の 笑顔を

 

都会の 速さに

疲れた 時は

いつも ここに  

いる から

帰って おいで

 

ミソスープ 作る 手は

優しさに 溢れてた

大きくない 僕だから

寒くしない ように

温めて くれた

母の 優しさ

会いたく なるね

 

会いたく なるね

 

 

「手前・味噌」を

「英・語」で

 

「I don't mean to brag」

 

(「自慢する わけでは・

   ない ですが」) と

 

「言・う」そうです。