何気なく使っている言葉の意味

「聞き耳 を・立てる」

(「ききみみ を・たてる」)

 

「皆さん」は

「聞き耳 を・立てる」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「聞き耳 を・立てる」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「一生・懸命」に
 「小さ な・声」や

 「物音 を・聞き取ろう」

    と、して

 

 「耳」を

 「声 や・音」の
 「す る・方向」に

 「向・け」て

 

 「意 識・して」

 「聞 き・取ろう」と

 「する と・いう」

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」だ

       そうです。

 

「聞き耳 を・立てる」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「犬 や・猫」や

 「ウサギ や・馬」

 「等」の

 「動・物」が


 「声 や・物音」を 

 「聞 き・取ろう」と

 「耳 を・立てる」

 「事」が

 

 「由・来」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「聞き耳 を・立てる」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「昼食 休憩・時」に

 「一人で 食事して・いた」

 「彼・女」に


 「一緒 に・食べよう」と

 「声 を・掛けた」が
 「隣 の・テーブル」の

 「女・性」が

 

 「聞き耳を 立てて・いる」

 「気が した・ので」

 「離れ た・席」に

 「移・動」した。

 

・「時・に」は

 「ふと 立ち・止まって」

 「自 分・自身」の

 「心 の・声」に

 

 「聞き耳 を・立てる」

 「事」も

 「必・要」な
 「気」が、する。

 

「聞き耳 を・立てる」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「耳 を・澄ます」

   (「みみ を・すます」)

 

・「通 常・では」

 「聞こえ・にくい」や

 「聞き 逃して・しまう」
 「様」な

 「わずかな 声や・音」を

 「注意を 集中・させて」

 「聞き取ろう と・する」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「聞き耳 を・立てる」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「右の耳 から・左の耳」
   (「みぎのみみ から・

        ひだりのみみ」)

 

・「右の 耳・から」

 「入って きた・事」が

 「素 通り・して」

 「左 の・耳」へ

 

 「抜け て・しまう」

    と、いう

 「意・味」の

 「表・現」で

 

 「たった・今」

 「聞い た・内容」を
 「す っ・かり」と

 「忘れ て・しまう」や

 

 「人の忠告 や・意見」を

 「聞き 流して・しまい」

 「無 視・する」

    と、いう

 

 「たとえ」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 

「V・6」は

(「ヴイ・シックス」)

 

「誰かの声に 聞き耳立て

   明日を ちょっと 疑った」の

「歌詞 が・ある」

 

ジャスミン

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,007・年」に

「リリース」

   し た

「31 th・シングル」で

 

「テレビ・朝日 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

「警視庁 捜査一課」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

「通 算・18 作目」と

「成・る」

 

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「V・6」は

「1,995・年」に
「結 成・され」た

「ジャニーズ・事務所」

「所・属」の

 

「男性・6 人 組」の

「元」

「アイドル・グループ」で

「バレー・ボール」

「ワールド・カップ」の

「イメージ・キャラクター」

   と、して

「結 成・され」ました。

 

「 V ・には」

「volleyboll」(「バレーボール」) 

「victory」(「ビクトリー」)

「visual」(「ビジュアル」) の

「意味が 込め・られて」います。

 

「1,995・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「MUSIC FOR THE
   PEOPLE 」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・3 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「愛 なんだ」

TAKE ME HIGHER

「Darling」等が

「有・り」ます。

 

「1,996・年」に

「リリース・した」

「セカンド・シングル」

「MADE IN JAPAN」が

 

「自 身・初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「1,997・年」に

「テレビ・での」
「レギュラー・番組」

「学校へ 行こう!」が

 

「放送開始 に・なり」

「2,008 年・まで」

「11 年間 に・亘り」

「大役 を・務め」ました。

 

「2,000 年代・には」

「台湾・韓国・香港」等
「アジア・進出」を

「図・り」

 

「2,004・年」に

「アジア・文化交流

   貢献 有効賞」を

「受・賞」しました。


「2,005・年」に

「デビュー・10 周年」を

「記 念・して」

「代々木・競技場」で

 

「ライブ を・開催」し

「デビュー・から」
「通 算・して」

「500・万人」の

 

「観・客」を

「動・員」
   しました。

 

「2,021 年・3 月」に

「デビュー・26 周年」と

「成・る」

「同 年・11 月 1 日」を

 

「以 っ・て」

「グループ を・解散する」

「事」を

「発・表」し

 

「ジャニーズ・史上」

「最長 の・歴史」に

「幕 を・下ろし」

   ました。

 

「現在・まで」に

 

「53・作品」の

「シングル・曲」を

「リリース・して」

「全・て」が

 

オリコン」で

「トップ・5 入り」し

「内」

「34・作品」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「21・作品」の

「アルバム・作品」を

「リリース・して」

「全・て」が

 

オリコン」で

「トップ・3 入り」し

「内」

「15・作品」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,014・年」の

「WA になって おどろう」〜

「2,016・年」の

「Smile !メドレー」まで

 

「3 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「V・6」

ジャスミン

「作・詞」「作・曲」
「近藤 薫」

 

朝日 と あくび と

いつもより 苦め の コーヒー

頭を もたげた 

ジャスミン が 胸に あるよ

 

誰かの 声に 聞き耳 立て

明日を ちょっと 疑った

気持ちの 花束 

誰かに 届くかな OH 

 

問題は やがて クール に

いつしか ハッピー に 咲き誇るよ

咲かない 種などは 無いから

快晴が 続く 程に 

少し 不安で 眠れない けど

涙も そっと しおれ そうな 心 に

さよなら 今の 僕

「Ah Say Hello !!」新しい 朝 へ

 

並べ て 壊し て 

形を 整える けれど

完成 手前 で 

また ゴミ箱 に 丸める

 

古き 友の 誘いに さえ

うなずけず に いる けれど

心は 根を 張り 

繋がって いるんだ OH 

(「つながって」)

 

感情は どんな ルール も

追い越して 君だけを 守るよ

そんな 魔法が

誰にだって あるんだ

同情に 抱かれ ながら

泣いて 枯れて 進めない 夜は

振り返って 

落ち込んで ばかり いた

さよなら 今の 僕

「Ah Say Hello !!」

終わらない 夢へ

 

感情は どんな ルール も

追い越して 君だけを 守るよ

そんな 魔法が

誰にだって あるんだ

 

問題は やがて クール に

いつしか ハッピー に

咲き誇るよ

咲かない 種などは 無いから

快晴が 続く 程に 

少し 不安で 眠れない けど

涙も そっと しおれ そうな 心 に

さよなら 今の 僕

「Ah Say Hello !!」

 

新しい 朝 終らない 夢 

胸の ジャスミン

 

 

※「耳にタコ が・出来る」

 (「みみにたこ が・できる」)

 

「耳にタコ が・出来る」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「耳・タコ」と

 「省 略・して」

 「使わ れる・事」が

 「多 い・慣用句」で

 

 「同 じ・話」を

 「何度 も・聞かされ」て

 「イヤ に・なる」

    と、いう

 

 「意・味」だ

    そうです。

 

 「話す側 と・して」は

 「大切な 話・なの」で

 「何度 も・繰り返して」

 「いる つもり・でも」

 

 「聞く側 に・とって」

 「聞 き・飽き」て
 「ウンザリ・する」

 「時」に

 

 「こ の・慣用句」を

 「使・う」そうです。

 

「耳にタコ が・出来る」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「タ コ」は

 「漢・字」で

 「胼・胝」と

 「書・き」

 

 「ペン・ダコ」の

 「様」に
 「同 じ・事」を

 「続け て・いる」と

 

 「摩擦 に・よって」

 「皮膚 が・固くなった」

 「状態 の・もの」

    です。

 

 「同 じ・よう」に

 「ず っ・と」

 「同 じ・話」を

 「聞い て・いる」と

 

 「あたか も・耳」に

 「タコ が・出来る」

 「ようだ と・いう」

 「た と・え」で

 

 「江戸 時代・から」

 「使われ て・いる」

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「耳にタコ が・出来る」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「上・司」は

 「耳」に

 「タコ が・出来る」

 「程」に

 

 「毎・日」

 「同 じ・話題」で

 「説教 する・ので」

 「部下 は・全員」

 

 「ウンザリ・して」

       いる。

 

・「そ の・歌」は

 「耳」に

 「タコ が・出来る」

 「位」に

 

 「何度も 聞いた」

       の で

 「全て の・歌詞」を

 「覚 え・て」いる。

 

「耳にタコ が・出来る」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「辟 易・する」

   (「へき えき・する」)

 

・「ウンザリ・して」

 「嫌気 が・さす」や

 「呆 れ・はてる」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「耳にタコ が・出来る」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「傾 聴・する」

   (「けい ちょう・する」)

 

・「話 し・相手」に
 「関心 を・寄せ」

 「相手 の・話」を

 「聞き漏ら す・まい」と

 

 「耳 を・傾け」て

 「熱心 に・聞く」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 

Mrs. GREEN APPLE」は

(「ミセス・グリーン・アップル」)

 

「耳にタコが できる程 聞いた

   I Love You の 言葉だって」の

「歌詞 が・ある」

 

「StaRt」

(「スタート」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,017・年」に

「リリース」

   し た

「セカンド・アルバム」

 

Mrs. GREEN APPLE」に

「収 録・され」て

   います。

 

「同・曲」は

「花 王・メリット」の

「C M・ソング」に

「起 用・され」て

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「ミセス・グリーン・アップル」は

「2,013・年」に

「結 成・した」

「男 性・3 人 組」 の

(「当 初・男女 5 人 組」)

 

「ロック・バンド」で

「略・称」は

「ミセス」です。

 

「中 性・的」な

「イメージ」を

「持 つ・Mrs」と

(「既婚 の・女性」)

 

「初心 の・気持ち」を

「持ち 続け・たい」

   と、いう

「願い を・込め」

 

「熟 す・前」の

「GREEN  APPLE」を

   (「青・リンゴ」) 

「組 み・合わせ」て

 

「バンド・名」を

Mrs. GREEN APPLE」と

「名・付け」ました。

 

「2 年・間」の

「インディーズ」

   で の

「活動 を・経て」

 

「2,015・年」に

「リリース」

   し た

「サード・ミニアルバム」

 

「Variety」で

「メジャ・デビュー」

   しました。

 

「同・アルバム」は
オリコン・38 位」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「点描の 歌」

(「てんびょう」)

インフェルノ

「StaRt」等が

「有・り」ます。

 

「同・年」に

「リリース・した」

「ファースト・シングル」

「Speaking」が

 

「テレビ・東京 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・アニメ」

遊戯王 ARC - V」の

 

「エンディング・

   テーマ曲」に

「起 用・され」て

オリコン・シングル」

「自 己・最高位」の

 

「3・位」に

「成・り」ました。

 

「2,019・年」に

「自 身・初」の

「海 外・ライブ」を

「台・湾」で

 

「開・催」し

「成功 を・収め」

   ました。

 

「同・年」に

「リリース・した」

「4 th・アルバム」

「Attitude」が

 

「自 身・初」の

ビルボード

   ランキング」で

「1・位」に

「成・り」ました。

 

「2,020・年」に

「リリース・した」

「ファースト」

ベスト・アルバム

 

「5」が

オリコン・最高位」の

「2・位」に

「成・り」ました。

 

「デビュー・5 周年」

   と、なる

「2,020 年・7 月」に

「フェーズ・1」の

 

「完結 を・宣言」し
「表 舞台・での」

「活動 を・休止」

   しました。

 

「2,021 年・12 月」に

「メンバー・2 名」の

「グループ・脱退」が

「発 表・され」ました。

 

「2,022 年・3 月」に

「フェーズ・2」の

「開幕 を・宣言して」

「3 名・での」

 

「活動 を・再開」し

「5 th・デジタルシングル」

「ニュー・マイ・ノーマル」を

「リリース」しました。

 

「2,022 年・7 月」に

「リリース・した」

「最・新」の
「4 th・ミニアルバム」

 

「Unity」が

オリコン・3 位」に

「成・り」ました。

 

「紅 白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

Mrs. GREEN APPLE

「StaRt」

「作・詞」「作・曲」

「大森 元貴」

 

やっとこさ 幕開け だ

ほら 寄って 集まって 

お手を 拝借!

(「はいしゃく」)

スタートライン に 立った 今

そう 武装と 創と 造で 登場!!!

                (「そうと ぞう」)

 

ここは 遊び心 で 満ちよう!

敢えての 策略なのら。ララララ ♪

一人でも 多くの

マヌケ が 居るなら

正すこと から 始め ましょう。

 

幸せな 時間を どれだけ

過ごせる かは

微々たる もの でも

愛に 気づけるか。

さあ 試され よう

パッパッパッ 晴れた 町に

チャプチャプチャプ 雨の 心

独りじゃない と 否定出来る ように

僕は 探すんだ

 

静けさ と 1 対 1

そう「依然 負けん気」

「お手を 拝借」!

スタート 合図は 鳴り止ま なく

もう 苦悩 と 煩と悩は 上等!

                 (「ぼんとのう」)

ここは 時 既に 戦の場

                 (「いくさのば」)

敢えて 名を付ける なら ナニヶ原?

一人でも 多く なで肩が 泣くなら

なで肩 ブーム で イイ でしょう!?

 

「忘れたくない なぁ」を

如何に 増やせるかだ。

微々たるもの でも 愛に

気付けぬ なら

スタート に 戻ろう

 

パッパッパッ 晴れた 町に

チャプチャプチャプ 雨の心

独りじゃない と

否定してくれる 貴方を

僕は 探すんだ

 

I can You can , We can って

耳に タコ が 出来る程 聞いた

I love you の 言葉だって

どこから 信じれば いいの?

箱に 荷物を 詰めた だけ

気持ち が 軽くなった 様だ

悲しみ も 仕舞うべき ところ に

仕舞うべき だ

 

幸せと 思える 貴重な 時間を

どれだけ 過ごせるか は

「いつでも スタート で 居よう」

 

パッパッパッ 晴れた 町に

パッパッパッ 晴れた 笑顔

独りじゃない と 否定出来る ように

明日も 唄うんだ

 

 

「聞き耳 を・立てる」を

「英・語」で

 

 「to listen attentively」と

 

 (「聞き耳 を・立てる」)

 

 「言・う」そうです。