何気なく使っている言葉の意味

「眉に 唾を・つける」

(「まゆに つばを・つける」)

 

「皆さん」は

「眉に 唾を・つける」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「眉に 唾を・つける」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「人」から

 「だまさ れ・ない」

 「様」に

 「用 心・する」や

 

 「出来 過ぎて・いる」と

 「思わ れる・話」を

 「疑・う」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 「ち な・み」に

 「眉・唾」や
 (「まゆ・つば」)

 「眉 唾・もの」

    と、いう

 

 「言 い・回し」が

 「有 り・ます」が

 「眉に 唾を・つける」から

 「派生 した・用語」で

 

 「本当 か・どうか」

 「疑って かかる・べき」や

 「あやしい・事柄」で

 「真・偽」の
 (「しん・ぎ」)

 

 「定かで ない・もの」で

 「だまさ れ ない・様」に

 「用 心・すべき」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「眉に 唾を・つける」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「キツネ や・タヌキ」は

 「化け たり・だます」

 「時」は

 「人 の・眉毛」の

 

 「本・数」を
 「数 え・る」と

 「言わ れて・いた」
    そうです。

 

 「そ こ・で」
 「眉毛を 唾で・塗り固め」て

 「眉毛 の・本数」を

 「数えさせ ない・様」に

 

 「し た・事」が

 「由・来」の
 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「眉に 唾を・つける」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「楽を しな・がら」

 「儲 か・る」

    と、いう

 「彼 の・話」は

 

 「眉に 唾を・つけて」

 「疑って・かかった」

 「方」が

 「無・難」だ。

 

・「ダイエット」の

 「Before・After」の

 (「ビフォア・アフター」)

 「C・M」を

 「眉に 唾を・つけて」

 

 「見 て・いる」が

 「挑 戦・者」の

 「想像 を・絶する」

 「努力 が・無けれ」ば

 

 「不・可能」な

 「気」が、する。

 

「眉に 唾を・つける」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「胡 散・臭い」

   (「う さん・くさい」)

 

・「何 と・なく」

 「疑 わ・しい」や

 「怪しい と・いう」

 「意・味」で

 

 「だまさ れ・ない」

 「様」に

 「用 心・すべき」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「眉に 唾を・つける」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。


・「折り 紙・付き」

   (「おり がみ・つき」)

 

・「信頼する に・足る」

 「第三者・から」

 「そ の・人物」や

 「その人が 持つ・能力」

 

 「ある い・は」

 「書画 や・骨董 等」に

 「絶・対」に

 「間違いが ない・との」

 

 「保証が 付いて・いる」

    と、いう

 「意・味」の

 「慣 用・句」です。

 

 「ち な・み」に

 「權威 や・力」を

 「持 つ・人」が
 「これ で・良い」と

 

 「認め る・事」を

 「お 墨・付き」と

 (「お すみ・つき」)

 「言・う」そうです。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

 

桜田 淳子」は

(「さくらだ じゅんこ」) 

 

「夏に ご用心」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,976・年」に

「リリース」

   し た

「15 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

桜田 淳子」は

「1,958 年・生まれ」で

「秋田 県・秋田 市」
「出・身」の

 

「歌・手」

「女・優」です。

 

「1,972・年」

「中学 2・年生」の

「時」に

「毎週 観て・いた」

 

「オーディション・番組」

「スター・誕生」で

「自分 と・同学年」の

「森 昌子」が

 

「グランプリ」に

「輝・き」

「芸能界・入り」が

「決・定」しました。

 

「同・年」に
「地 元・秋田県」で

「開催 さ・れた」
「同・番組」の
「予選 に・於いて」

 

「7,000・人」の

「中」で

「最 高・点」を

「叩 き・出し」ました。

 

「同・年」に

「後楽 園・ホール」で

「開催 さ・れた」

「決勝 大会・で も」

 

「審 査・員」の

「圧倒的 な 支持」で

「グランプリ」を
「獲・得」し

 

「番 組・史上」

「最多 の・25 社」の

「音楽 事務所・から」

「スカウト・され」ました。

 

「同・年」に

「単身 にて・上京」し
「叔 母・宅」に

「身 を・寄せ」

 

「私・立」

「品 川・中学校」に

「転・入」しました。

 

「中 学・3 年生」の

「時」に

「同 じ・クラス」に

「山口 百恵」が

 

「転 入・して」
「来・ま」した。

 

「同・じ」

「スター 誕生・出身」で
「境遇 が 似て・いた」
「事 より

 

「す・ぐ」に

「打 ち・解け」

「仲・良し」に

「成・り」ました。

 

「1,973・年」
「15 歳の・時」に

「リリース」した
「ファースト・シングル」

 

「天使も 夢見る」で

「デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は
オリコン・12 位」に

「成・り」ました。

 

「歌 う・時」に
「かぶっ て・いた」

キャスケット

「帽・子」が

 

「淳 子」の

「トレード・マーク」で

「真似 を・する」

若い女性 が・多く」

 

「帽・子」は

「エンジェル・ハット」と

「呼 ば・れ」
「社 会・現象」が

「起・き」ました。

 

「スター ・誕生」

「出・身」で

「同・学年」の

「森 昌子」

 

「山口 百恵」と

「共」に

「花の 中三・トリオ」と

「呼 ば・れ」


「トリオ の・名称」は

「3 年・後」の

「高 三・トリオ」まで

「続・き」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「私の 青い鳥」
「夏に 御用心」

「幸せ 芝居」等が

「有・り」ます。

 

「同・年」に

「リリース」した

「サード・シングル」

「わたしの 青い鳥」で

 

「レコード・大賞・ 

   最優秀 新人賞」を

「受・賞」しました。

 

「1,974・年」に
「リリース」した

「8 th・シングル」

「はじめての 出来事」が

 

「自 身・初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「以・後」も

「ヒット・曲」を

「連・発」し

「名\ 実・共」に

 

「1,970 年・代」を

「代 表・する」

「トップ・アイドル」の

「一・人」に

「成・り」ました。

 

「ま た」
「コメディー・タレント」

    と、して の

「センス も・あり」

 

「特」に

「8時だヨ 全員集合」で

「見 せ・た」

「志村 けん」との

 

「夫婦 コント・での」
「秋田 弁・丸出し」の

「絶妙 な・かけ合い」は

「人気 を・博し」ました。

 

「1,980・年」に

「ミュージカル」

「アニーよ 銃をとれ」で

「初・主演」し

 

「大き く・才能」を

「開 花・させ」

「当・時」

「史 上・最年少」で

 

「芸術 祭・優秀賞」を

「受・賞」しました。

 

「1,983・年」に

「リリース」した

「小椋 佳」
「作・曲」の

 

「シングル・曲」

「眉 月 夜」を
(「まゆ づき よ」)

「最・後」に

 

「歌 手・活動」を

「停・止」し

「女 優・業」に

「専・念」しました。

 

「その・後」は

「数・多く」の

「映・画」

「テレビ・ドラマ」

 

「舞・台」で

「活・躍」し

「芸術 選奨・新人賞」

「他」

 

「多く の・賞」を

「受・賞」しました。

 

「私・生活」

   で は

 

「1,992・年」
「34 歳 の・時」に

「6 歳・年上」で

「工場 を・経営」し

 

「淳 子」と

「同 じ・く」

「統 一・教会」の

「信・徒」の

 

「一般 人・男性」と

「統 一・教会」の
「合 同・結婚式」で

「結・婚」しました。

 

「恋愛 結婚・では」

「無・く」

「教・団」の

「マッチング」で

 

「結 婚・相手」が

「決 め・られ」

   ました。

 

「淳 子」は

「姉 の・影響」で

「19 歳 の・頃」に

「統一・教会」に

 

「入・信」し

「信・者」でした。

 

「こ の」

「合同 結婚式・には」

「淳 子」の

「他」にも

 

「何 人・もの」

「著名人 が・参加」し

「世 間・から」
「注 目・され」ました。

 

「二人 の・間」には

「一 男・二女」の

「三人 の・子供」が
「自・宅」で

「自 然・分娩」で

「誕 生・した」

   そうです

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,974・年」の

「黄色い リボン」〜

「1,982・年」の

「セーラー服と 機関銃」まで

 

「9 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

桜田 淳子」

「夏に ご用心」

「作・詞」「阿久 悠」

「作・曲」「森田 公一」

 

夏は 心の鍵を 甘く するわ 
ご 用心

恋が ドレスの 裾をくすぐる のよ 

ご 用心

それでも がまん など 

出来なく なる

なやましげ な なやましげ な

そよ風 吹けば

誰かと 不意に くちづけ する かも

あぶない あぶない

夏は ほんと に ご 用心

白い水着 の あと が

まぶしく 見える 夏の 午後

 

夏は いけない 夢を見たく なるわ 

ご 用心

恋が くちびる寄せて ささやくのよ 

ご 用心

それでも がまん など 

出来なく なる

キラキラ した キラキラ した

太陽 の 下

すてきな ひとに 誘惑され そう

あぶない あぶない

夏は ほんと に ご 用心

焼けた からだ の 砂が

こぼれて 落ちる 夏の 午後

 

焼けた からだ の 砂が

こぼれて 落ちる 夏の 午後

 

 

※「愁眉 を・開く」

  (「しゅうび を・ひらく」)

 

「愁眉 を・開く」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「人」は

 「不・安」や
 「心配事 が・ある」と

 「眉・間」に

 (「み・けん」)

 

 「シワ を・寄せ」て

 「眉と眉の・間」が

 「狭・く」

 「成・り」ます。

 

 「し か・し」

 「そ れ・まで」の

 「不・安」や

 「心 配・事」が

 

 「解 消・され」て

 「無 く・なる」と

 「安 心・して」

 「ホッ と・した」

 

 「表・情」に

 「自・然」と

 「変 わ・り」ます。

 

 「愁眉 を・開く」とは

 「文 字・通り」に

 「眉と 眉の・間」が

 「開 い・て」

 

 「晴れやか な・表情」に

 「成・る」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 「愁・眉」と

 「同 じ・読み方」に

 「秀・眉」が

 「有 り・ます」が

 

 「秀・眉」とは

 「男性 の・きれい」に
 「形 の・整っ た」
 「眉 と・いう」

 

 「意・味・なの」で

 「勘違 い・しない」

 「様」に

 「注意 が・必要」だ

    そうです。

 

「愁・眉」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「古 代・中国」

 「後漢 の・時代」に

 「女 性・達」は
 「化・粧」で

 

 「眉」 を

 「い ろ・いろ」な

 「描 き・方」を 

 「して いま・した」が

 

 「そ の・一つ」に

 「細 く・曲がっ た」

 「三 日・月」の
 「様」な


 「描 き・方」が

 「有 っ・ た」

       そうです。

 

 「こ の・よう」に
 「描 か・れた」

 「眉」が
 「愁 を・帯びた」

 (「うれい を・おびた」)

 

 「表・情」に

 「成る こと・から」

 「愁・眉」

    と、いう

 

 「言・葉」が

 「生 ま・れた」
    そうです。

 

「愁眉 を・開く」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼・女」の

 「さり げ・ない」

 「仕・草」に

 「ヒョット・した」ら

 

 「彼・女」も

 「こ ち・ら」に

 「気が あるの ・では」
 「な い・か」と

 

 「期待 して・いた」

 「時」に

 「彼・女」が

 「こちら を・向き」

 

 「コクリ」と

 「頷 き・ながら」

 「微笑ん で・くれ た」
    の で

 

 「も う・大丈夫だ」と

 「愁眉 を・開く」

 「事」が

 「出・来」た。

 

・「彼」は
 「にえきら・ない」

 「態・度」で

 「周囲 の・人」を

 

 「イラ・イラ」

 「させ て・いた」が

 「愁眉 が・開いた」

       の か

 

 「や っ・と」

 「重い腰 を・上げる
 「決心 が・ついた」

 「様」だ。

 

「愁眉 を・開く」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「胸を 撫で・下ろす」

 (「むねを なで・おろす 」)

 

 「心 配・事」や

 「不安 な・出来事」が

 「解・決」し

 「緊張 が・解け」て


 「胸に 手を・当て」

 「大きな 息を・吐き」

 「安 心・する」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「愁眉 を・開く」の

「対 義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「眉 を・顰める」
 (「まゆ を・ひそめる」)


 「心配事 が・あったり」

 「他人 の・嫌な行為」に
 「不快 を・感じて」

 「眉根 を・寄せ」て

 

 「顔 を・しかめる」

    と、いう

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 

「King & Prince」は

(「キング・アンド・プリンス」)

 

「ご安心 あれ!目を 閉じて!

   夏を 感じて!」の

「歌詞 が・ある」

 

「サマー・デイズ」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,021・年」に

「リリース」

   し た

「サード・アルバム」

 

「RE : SENSE」に

「収 録・され」て

   います。

 

「同・アルバム」は

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「キング・アンド・プリンス」は

「2,015・年」に

「結 成・され」た

「ジャニーズ・事務所」に

「所 属・する」

 

「男 性・5 人 組」の

(「当 初・6 人 組」)
「アイドル・グループ」で

「ジャニー・喜多川」が

「生 涯・最後」に

 

「デビュー・させ」た
「グループ」で

「愛・称」は
「キン・プリ」です。

 

「楽曲 だけで・なく」

「メンバー・各人」が

「映・画」や

「テレビ・ドラマ」等

 

「多・方面」で

「活 躍・して」
   います。

 

「2,018・年」に

「リリース」し た

「ファースト・シングル」

「シンデレラ・ガール」が

 

「TBS・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

「花のち 晴れ」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」て
オリコン・1 位」の

「大ヒット曲 に・なり」

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「代 表・曲」に

 

「シンデレラ ガール」

「恋降る月夜に 君想ふ」

「koi - wazurai」等が

「有・り」ます。

 

「以・後」

 

「2,022 年・4 月」に
「リリース」し た

「9 th・シングル」

「Lovin‘ you」まで

 

「リリース・した」

「シングル・曲」

「9・作品」が
「全・て」

 

オリコン・1 位」に

「成 っ・て」います。


「4・作品」の

「アルバム・曲」と

「4・作品」の

「映 像・作品」を

 

「リリース・して」

「全・て」

オリコン・1 位」に

「成 っ・て」います。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,018 年」の

「シンデレラ・ガール」〜

「2,021・年」の

「恋降る月夜に 君想ふ」まで

 

「4 年・連続」で

「出 場・中」です。

 

 

「King & Prince」

「サマー・デイズ」

「作・詞」「草川瞬」

「作・曲」「Susumu Kawaguchi」

 

Yeah !! Yeah Yeath Yeah ・・
Shake it Shake it Shake it ・・

 

待ち 焦がれた 熱い 季節

太陽 より 燃え上がる SOUL 

サングラス 越し 狙うきみ の ハート

「I want you I want you Yeah Yeah」

魅惑の 季節 ココナッツ の 香り

もう 止まらない

今すぐ 胸の 高鳴る 方へ

 

砂浜に 夢描き 波に 願った

流されて 消えない ように

これ以上 ない神展開! 

感謝 ハレルヤ!

君と 今 Shake it Shake it

Shake it ShAke it 

I LOVE YOU 

灼熱の 恋 火傷 ご注意!

(「しゃくねつ」) (「やけど」)
愛も 夢も 全て 夏に 捧ごう

いつまで も Shake it Shake it

Shake it Shake it 

I LOVE YOU 

 

鳴り響く 恋の ファンファーレ

赤く 染まる 心 

溶けて しまう ほどに

そうさ 終わらない 常夏 モード

                          (「とこなつ」)

身も 心も 焦がして

世界で 一番! サマー デイズ!

 

地平線に 沈む 夕日 

星空が 照らす 二人

夜に なっても 止まら ない

エキサイティング

「I want you I want you Yeah Yeah」

朝まで Party time 

情熱的 な ダンス で

その手 を 引いて  捕まえるのさ

今夜 キメる ぜ

 

青春の ページ 戻らない 瞬間

                                    (「とき」)

マグマ級 の  Love 注入

ココロ ハレルヤ!
君だけ に Shake it Shake it

Shake it Shake it 

I LOVE YOur

打ち上がる 恋の 花火

夜空を 駆け巡る 恋の 光

美しく 

Shake it Shake it Shake it Shake it 

I LOVE YOU

さりげなく 肩 抱き寄せて

不意打ち の Kiss でも 夏に 許して

そうさ 大胆に ハメ を 外して

飛ばした 海岸線

世界で 一番! サマー デイズ!
この夏 は‘ 最高“ を 日々 更新中 さ!
もしかして 物足り ない?

ご安心 あれ!目を 閉じて!
夏 感じて!まだまだ ハレルヤ

 

君と 今 Shake it Shake it

Shake it Shake it 

I LOVE YOU 

灼熱の 恋 火傷 ご注意!

愛も 夢も 全て 夏に 捧ごう

いつまで も Shake it Shake it

Shake it Shake it 

I LOVE YOU 

 

鳴り響く 恋の ファンファーレ

赤く 染まる 心 

溶けて しまう ほど に

そうさ 終わらない 常夏 モード

身も 心も 焦がし て

世界で 一番!サマー デイズ!

 

 

「眉に 唾を・つける」を

「英・語」で

 

 「Spit on the eyebrows」と

 

 (「眉に 唾を・つける」)

 

 「言・う」そうです。