何気なく使っている言葉の意味

「枚挙 に・いとま が ない」

(「まいきょ に・いとま が ない」)

 

「皆 さん」は「枚挙 に・いとま が ない」と、いう

「慣用・句」を「使っ た・事」は

「有・り」ませんか ?。

 

「枚挙 に・いとま が ない」の「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

「枚挙 して・いる」

「いとま が・無い」と「読 み・変える」と

「分か り・やすい」様 な

「気」が、します。

 

「物事 の・数」が「多・過 ぎ」て

「いち いち」「数え て・いる」

「時・間」が、無い。

 

「数 え・あげる」と「キリ が・なく」

「数え 切れ・ない」「ほ ど」「物・事」が

「たくさん」「有 り・過ぎる」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「枚挙 に・いとま が ない」の「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「枚・挙」(「まい・きょ」) と は

「一つ・ずつ」「又 は」「一 枚・ずつ」 

「数 え・挙げる」(「あげる」) と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「いとま」と は「漢・字」で

「暇」(「ひま」) と「書・き」

「時間 の・余裕」を「意味・する」
「言・葉」だ、そうです。

 

「休憩 (「きゅうけい」)・時 間」や

「やる べき・事」が「無・い」

「ひま な・時間」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「時 代・劇」や「昔 の・ドラマ」等 で は

「休・暇」を  「取 る・時」に

「お いとま」を「頂 き・ます」と

「表・現」して、います。

「現・代」で も「忙 し・く」て

「休 む・時間」が「無 い・時」に

「休・む」「いとま」が「無・い」と

「表・現」す る「人」が、います。

 

「枚挙 に・いとま が ない」と

「組 み 合わ・せる」 と

 

「たくさん・あり 過ぎ」て

「いち いち」「一つ・ずつ」

「数え て・いる」

 

「時間 の・余裕」が

「無・い「」と、いう

「意 味 に・なる」そうです。

 

「枚挙 に・いとま が ない」の「代表・的」な

「使用・例」は「下・記」だ、そうです。

 

・「美・人」で「性格 の・良い」「彼・女」と

 「付き 合い・たい」と

 「思っ て・いる」「男・性」は

 

 「枚挙 に・いとま が ない」「ほ ど」

 「たく さん」「い る」だろう。

 

・「彼」の「悪 い・部分」を

 「一つ・ずつ」「数 え・挙げる」と

 「枚挙 に・いとま が ない」「ほ ど」

 「たく さん」ある。

 

「枚挙 に・いとま が ない」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「掃い て・捨てる ほど」

 (「はい て・すてる ほど」)

 

 「物」の「数」が「非常 に・多く」て

 「あ り・余る」事 の

 「たとえ」だ、そうです。

 

・「星 の・数 ほど」

 (「ほし の・かず ほど」)

 

 「数」が「おびただ・しく」

 「多・い」事 の

 「たとえ」だ、そうです。

 

「枚挙 に・いとま が ない」の

「対義・語」を「検・索」して も

「出 て・来」ません。

 

・「only・one 」

 (「オンリー・ワン」)

 

 「唯一・無二」(「ゆいつ・むに」) で

 「掛け替え の・無い」(「かけがえ の・ない」)

 「大・切」な「人」や「物」と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が「妥当 な・気」が、します

 

 

「大塚 愛」(「おおつか あい」) は

 

「数え きれ ない 星空」の

「歌・詞」が「有・る」

プラネタリウム」と、いう

「歌」を「歌・い」ました。

 

「2,005 年」に「リリース」した

「10 th・シングル」で

オリコン・1位」に、なりました。

 

「T B S 系」「テレビ・ドラマ」

「花 より 男子」(「はな より だんご」) の

「イメージ・ソング」に、なりました。

 

 

「大塚 愛」は「1,982 年・生まれ」で

「大阪 府」「大阪 市」「出・身」の

 

「シンガー・ソング・ライター」

「女・優」「イラスト・レーター」

「絵本・作家」「小説・家」で

「愛・称」は「愛 ちゃん」です。

 

「幼少 の・頃」か ら「ピアノ」と「水・泳」を

「習・い」「絵 を 描く・事」が「得・意」で

「小学生・時代」は

「漫画・家」に「なる・事」が「夢」でした。

 

「音・楽」も「得・意」で「1 4・歳」の「時」

「大 阪」で「開催・され」た

「ORC  ヴォーカル・コンテスト」

ティーンズ・部門」で「優・勝」しました。

 

「府・立」「港南・高校」か ら

「大阪 芸術・大学」「短期 大学・部」「保育・科」に

「進・学」し「幼稚 園・教諭」「社会 福祉・主事」

「保 育・士」の「資・格」を「有 し・て」います。

 

「高校生・時代」に「音楽・事務所」

「サン・ミュージック」に

「所・属」しました。

 

「自・作」の「デモ・テープ」が

「エイベックス・社」の「審査・員」の

「目 に・留ま」り

「メジャー・デビュー」が「決・定」しました。

 

「2,003 年」「ファースト・シングル」

「桃 ノ 花ビラ」で

「メジャー・デビュー」しました。

「同・曲」は「オリコン・2 4 位」でした。

 

「同・年」「セカンド・シングル」

さくらんぼ」を「リリース」しました。

「同・曲」は「ロング・ヒット」に、なり

オリコン・5位」に、なりました。

 

「翌」「2,004 年」に「同・曲」で

「日本・レコード 大賞・最 優秀 新人賞」を

「受・賞」し

「紅白・歌合戦」に「初・出場」しました。

 

「同・曲」は「2,004 年」に「着・うた」

「史上・初」の「100・万 件」

「ダウン・ロード」を

「記・録」しました。

 

「2,005 年」に「リリース」し た

「8 th・シングル」「SMILY /ビー玉」と

「1 0 th・シングル」「プラネタリウム

 

「2,007 年」に「リリース」し た

「1 5 th・シングル」「PEACE HEALTH 」が

オリコン」「1・位」に、なりました。

 

「2,004 年」に「リリース」した

「セカンド・アルバム」「LOVE JAM」〜

「2,009 年」に「リリース」した

「4 th ・アルバム」「LOVE PIECE」

「セカンド」「ベスト・アルバム

「LOVE is BEST 」まで

「アルバム」「5・作」が「連・続」で

オリコン・1位」に、なりました。

 

「2,013 年・頃」よ り「絵本・作家」と、して

「活・動」を「開・始」しました。

 

「2,020 年・8 月」「小説 時代」「9 月・号」に

「処女・作」「開けちゃ いけないん だよ」を  

「寄・稿」(「き・こう」) し

「小説・家」と、して「デビュー」しました。

 

「私・生活」と、して は

 

「2,010 年」に「音楽・グループ」

RIP SLYME」の「メンバー」「S U」と

「結・婚」しました。

 

「2,011 年」「第一・子」「女・児」を

「出・産」しました。

 

「2,018 年」「S U」の「浮・気」が「原・因」で

「離・婚」しました。

 

「紅白・歌合戦」に は

 

「2,004 年」の「さくらんぼ」〜

「2,009 年」の「I  s」ま で

 

「6 年・連続」で「出・場」しました。

 

 

「大塚 愛」「プラネタリウム

「作・詞」「作・曲」:「愛」

 

夕月 夜 (「ゆうづき よ」) 顔 出す 消えて く 子供 の 声

遠く 遠く この 空 の どこか に 君 は いる ん だろう

夏 の 終わり に  2 人 で  抜け 出し た この 公園 で 見つけ た

あの 星座 (「せいざ」) 何だ か 覚えて る ?

 

会えなく ても 記憶 を たどっ て 同じ 幸せ を 見たいん だ

あの 香り (「かおり」)  と とも に 花火 が ぱっ と 開く

 

行きたい よ 君 の ところ へ 今 すぐ かけだし て 行きたい よ

まっ暗 で 何 も 見え ない 怖く (「こわく」) て も 大丈夫

数え きれ ない 星空 が 今 も ずっと ここ に あるんだ よ

泣か ない よ 昔 君 と 見た きれい な 空 だった から

 

あの 道 まで 響 く(「ひびく」) 靴 の 音 が 耳 に 残る

大き な 自分 の 影 を 見つめ て 想う の でしょう

ちっと も 変わら ない はず なの に せつない 気持ち ふくらんで く

どんな に 想ったっ て 君 は もう いない

 

行きたい よ 君 の そば に 小さくて も 小さくて も

1 番 に 君 が 好きだ よ 強く いられ る

願い を 流れ星 に そっと 唱え て (「となえ て」) みた けれ ど

泣か ない よ 届く だろう きれい な 空 に

 

会え なく ても 記憶 を たどっ て 同じ 幸せ を  見たい んだ

あの 香り と とも に 花火 が ぱっ と 開く

 

行きたい よ 君 の ところ へ 小さな 手 を にぎり しめ て

泣き たい よ それは それは きれい な 空 だった

願い を  流れ星 に そっと 唱え て みた けれ ど

泣き たい よ 届か ない 想い を この 空 に・・・。

 

 

※「キリ が・ない」

 

「キリ」が「な い」の「意・味」は
「下・記」で、そうです。

 

「やって も・やって も」「終わ ら・無く」

「際限 (「さいげん」) が・無く」

「果て (「は て」) が・無い」事 で

 

「嫌 に・なる」と、いう「ニュアンス」が

「こもっ・た」

「言・葉」だ、そうです。

 

「私」は「サラリー・マン」の

「現役・だった」「頃」に

 

「キリ」が「無・い」と

「続け る・事」を

「諦 め (「あきら め」)・そう 」に
「なっ・た」「人」を

 

「キリ」が「無 け・れ」ば

「トンカチ」(「かなづち」) が

「有・る」と「励 まし・た」事 が
「有・り」ました。

 

「キリ が・ない」の「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「もともと」は「限・り」(「かぎ・り」) が

「無・い」事 を「意・味」す る

「言・謀」だった、そうです。

 

「限」(「キリ」) と は「最・後」

「終・り」・「際・限」(「さい・げん」)

「限・界」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「ピン」か ら「キリ」ま で と、いう

「言 い・回し」が「有・り」ます。

 

「ピン・キリ」と は

「始・め」〜 「終わ・り」ま で「又・は」

「最・上」〜 「最・底」ま で と、いう

「意・味」です。

 

「キリ」が「無・い」事 は

「終わ・り」が「無・い」と、いう

「意・味」で「世 の・中」に

「広まっ・た」そうです。

 

「キリ が・ない」の「代表・的」な

「使 い・方」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」の「悪 い・クセ」を

 「挙 げ・たら」(「あ げ・たら」)

 「キリ」が、ない。

 

・「彼・女」と の「思 い・出」を

 「語 リ・出し」た ら

 「キリ」が、ない。

 

「キリ が・ない」の「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「終わり が・見え ない」

 (「おわり が・みえ ない」)

 

 「現・在」の「状・態」が

 「長 く・続く」事 が「予想・され」

 「完了・する」「目・処」(「め・ど」) が

 

 「立 た・ない」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

・「エンド・レス」

 

 「終わり の・ない」事 や
 「果てし の・ない」事 で

 「永遠 に・続く」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 

「藤井 風」(「ふじい かぜ」) は

「キリ が ない から」と、いう

「歌」を「歌・い」ました。

 

「2,020 年・5 月」に「リリース」し た

「ファースト・アルバム」

「HELP EVER HURT NEVER」に

「収録・され」て、います。

 

「同・アルバム」の「オリコン・順位」も

「同・曲」の「再生・回数」も

「不・明」です。

 

「藤井 風」は「1,997 年・生まれ」で

「瀬戸内海」に「面・した」

「岡山 県」「里庄 町」「出・身」の

「シンガー・ソング・ライター」です。

 

「両・親」は「地・元」で「喫茶・店」を「営・み」

「4 人・兄弟」の「末っ・子」と、して

「育・ち」ました。

「兄 の・名前」は「陸」「海」「空」です。

 

「幼少・期」よ り「喫茶・店」に「流 れ・る」

「ジャズ」「クラシック」「ポップス」

「歌謡・曲」「演・歌」等

 

「あらゆる」「ジャンル」の「音・楽」を

「聞 い・て」「育・ち」

「ミュージシャン」を

「志・し」(「こころざ・し」) ました。

 

「父・親」の「勧・め」で

「ピアノ」「サックス」「英・語」を

「独・学」で「覚・え」ました。

 

「県内・屈指」の「進学・校」

「県・立」「岡山 城東・高校」「音楽・科」に

「進・学」しました。

 

「高校・卒業」「後」は

「大・学」へ  は「進学・せず」

「音・楽」の「プロ の・道」を

「選・び」ました。

 

「父・親」から の

「これ から」は「You Tube」の

「時代・だ」と の

「アドバイス」を「受・け」

 

「1 2・歳」の「時」に

「喫茶・店」で「撮影・した」

「ピアノ」「カバー・動画」を

You Tube」に「投・稿」しました。

 

「そ の・後」も「様々・な」

「カバー・動画」を「投・稿」し

「総」「再生・回数」は「3,000・万回」を

「超・え」ました。

 

「2,019 年」に「単身・上京」し

「ファースト」「配信 限定・シングル」

「何なん w」を「リリース」しました。

 

「同・年」「ファースト・アルバム」

「HELP EVER HURT NEVER」を

「リリース」し

 

ビルボード・ジャパン」の「総・合」

「アルバム」「チャート・ランキング」で

「1位」に、なりました。

 

ビルボード・ジャパン」と は

アメリカ」で「採用・され」る

「音楽・チャート」の「日本・版」で

 

「C・D」の「売 り・上げ」のみ で

「ランキング」を「決定・する」

オリコン」と「異・なり」

 

「C・D」の「売 り・上げ」に「加・え」

「P・C」「スマホ」に、よる

「ダウンロード・数」

You Tube」で の「再生・回数」

 

「ラジオ」で の「オンエア・回数」

「ツイート・数」等 が

「加・味」され て、います。

 

「2,020 年」「9・月」に

「テレビ・朝日 系」「番・組」

「報道・ステーション」で

「藤 井」が「特集・され」ました。

 

「同 年・10 月」「日本・武道館」に て

「観・客」「スタッフ」「他」「全・て」

「マスク・着用」で「単独・ライブ」を

「開・催」しました。

 

「2,020 年・1 0 月」に

「配信・限定」「サード・シングル」

「へ でも ねーよ」と

 

「配信・限定」「4 th・シングル」

「青春 病」を

「同時・リリース」しました。

 

「純・日本人」の「割・に」

「ホリ の・深い」「顔立・ち」

「181・cm」の「長・身」も「相・まって」

 

「今・後」「ブレイク」が「期待・され」る

「アーティスト」の「一・人」だ と、いうの が

「業・界」の「評・価」だ、そうです。

 

 

「藤井 風」「キリ が ない から

「作・詞」「作・曲」:「藤井 風」

 

Ah - ah - ah - ah - ah

Ah - ah - ah - ah - ah- ah - ah 

Ah - ah - ah - ah - ah

Ah - ah - ah - ah - ah - ah - ah - yes 

Ah - ah - ah - ah - ah

Ah - ah - ah - ah - ah - ah -ah 
Ah - ah - ah - ah - ah

Ah- ah - ah - ah - ah - ah - ah 

 

キリ が ない から

ここで 終わ らす だけ なの

さも なけ りゃ 永遠 (「えいえん」)  に 永遠 に 

彷徨 う (「さまよ う」)  ザマ

 

あと が ナイ から

ここ で 戦う だけ なの

この 旅 は そんな に そんな に 甘 か ない わ

 

迷える 可愛い 子羊 (「こひつじ」) たち

彷徨 う 間 に  月日 は 経ち (「たち」)

気づけ ば ハタチ は 遠い 過去

いや 夢 ? マボロシ

何 も 知ら ない  十 四 (「じゅう よん」) の 秋

いつ まで ひきずる  中 ニ (「ちゅう に」) の  時

ここら で そろぼち 舵 (「かじ」) を 切れ

いま 行け 未開 (「みかい」) の 地

 

Ah - ah - ah - ah - ah

Ah - ah - ah - ah - ah- ah - ah 

Ah - ah - ah - ah - ah

Ah - ah - ah - ah - ah - ah - ah 

Ah - ah - ah - ah - ah

Ah - ah - ah - ah - ah - ah -ah 
Ah - ah - ah - ah - ah

Ah- ah - ah - ah 

 

キリ が ない から

 

キリ が ない から

ここで 終わらす だけ なの

この 旅 は そんな に そんな に 甘 か ない わ

 

迷える 可愛い 子羊 たち

彷徨 う 間 に 月日 は 経ち

気づけ ば ハタチ は 遠い 過去

いや 夢 ?

 

 

「枚挙 に・いとま が ない」を「英・語」で

 

 「There hare been so many incidents like that」

 

 (「その よう」な 「事・案」は「枚挙 に・いとま が ない」) と

 

 「言・う」そうです。