何気なく使っている言葉の意味

「無くて 七 癖・有って 四十八 癖」

(「なくて なな くせ・あって しじゅうはち くせ」

 

「皆さん」は「無くて 七 癖・有って 四十八 癖」と、いう

「ことわざ」を「掬っ た・事」は「有・り」ませんか ?。

 

「無くて 七 癖・有って 四十八 癖」の「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「一 見・して」「癖 が・無い」様 に

「見 え・る」「人」で も

「何 か・しら」の「癖 」が「有・る」もの で

 

「まして」「癖 が・ある」と「言 わ・れる」

「人」なら ば「尚・更」(「なお・さら」)

「多・く」の「癖」が「有・る」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「無くて 七 癖・有って 四十八 癖」の

「語・源」は「下・記」だ、そうです。

 

「七・癖」の「七」(「なな」) は

「無 く・て」の「な」と「音」を「合 わ・せ」

「言葉 の・リズム」を「良 く・する」為  に

「用い た・もの」で

 

「七」に は「特・別」の「意・味」は

「無・い」そうです。

 

「四十八・癖」の「四十八」は「相・撲」の

「決ま り・手」を「四十八・手」と、いう 様 に

「種類 が・多い」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「無くて 七 癖・有って 四十八 癖」の「代表・的」な

「使用・例」は「下・記」だ、そうです。

 

・「無くて 七 癖・有って 四十八 癖」と、いう が

 「あ の・人」は「悪  い・癖」を「たく さん」

 「持っ て・いる」が「特・に」「酒癖 の・悪さ」は
 「天下・一品」だ。

 

・「無くて 七 癖・有って 四十八 癖」と、いう が

 「自・分」の「悪 い・癖」は

 「気付 き・にくい」もの で

 「人の 振り 見て・我が 振り 直せ」だ。

 

「無くて 七 癖・有って 四十八 癖」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「人 に・一 癖」

 (「ひと に・ひと くせ」)

 

 「どん な」「人・間」で も「必・ず」

 「一つ・ぐらい」は

 「癖 が・ある」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

・「人 に 七 癖・我が 身 に 八  癖」

 (「ひと に なな くせ・わが み に や くせ」)

 

 「他・人」の「悪 い・癖」は
 「目」に「付 き・やすい」が

 「自・分」の「悪 い・癖」に は
 「気 付き・にくい」そうです。

 

 「自・分」を「棚 に・上げ」
 「他・人」の

 「悪 い・癖」を「責 め・る」

 

 「目糞 鼻糞 を・笑う」事 に

 (「めくそ はなくそ を・わらう」

 「なり かね・ない」の で

 

 「むやみ」に「他人 を・責める」事 は

 「ひかえ る・べき」だ と、いう

 「戒・め」(「いまし・め」の

 「言・葉」だ、そうです。

 

「無くて 七 癖・有って 四十八 癖」の

「対義・語」を

「検・索」して も「出 て・来」ません。

 

・「無味・無臭」

 (「むみ・むしゅう」)

 

 「あじ」も「にお い」も「無・い」事 から

 「転 じ・て」

 「言・動」に「面 白・味」 や

 「味・わい」 が「無・い」為

 「つまら・なく」「退・屈」と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が「妥当 な・気」が、します。

 

 

「浜田 省吾」(「はまだ しょうご」) は

「髪 を かきあげる 癖 」の

「歌・詞」が「有・る」

 

「あれ から  二人」と、いう

「歌」を「歌・い」ました。

 

「1,996 年」に「リリース」し た

「2 0 th・アルバム」

「青空 の 扉」に

「収録・され」て、います。

 

「同・アルバム」は

オリコン・1位」に、なりました。

 

「浜田 省吾」は「1,952 年・生まれ」で

「広島 県」「竹原 市」「出・身」の

「シンガー・ソング・ライター」です。

 

「愛・称」(「あい・しょう」) は

「ハマ・ショウ」です。

 

「サングラス」がトレード・マーク」で

「テレビ」等 の「メディア・露出」は

「ほとんど」「有・り」ません。

 

「9 歳 の・時」「ギター」を「始・め」ました。

「県・立」「呉 三津田・高校」「卒業・後」

「神奈川・大学」「法・学部」に

「進・学」しました、が「中・退」しました。

 

「1,976  年」「ファースト・シングル」

「愛に 向かって」で

「メジャー・デビュー」しました。

「しかし」「同・曲」は「全・く」

「売 れ・ません」でした。

 

「1,986 年」に「リリース」し た

「1 2 th ・アルバム」「J  BOY」が

「デビュー・1 0 年」に、して「初」の

オリコン・1位」に、なりました。

 

「1,992 年」に「フジ・テレビ 系」で

「放送・され」た「テレビ・ドラマ」

「愛と いう 名の もとに」の

「主題・歌」に、なっ た

 

「23 th・シングル」

「悲しみ は 雪の ように」が

「大 ヒット・曲」に、なりました。

 

「同・曲」は「シングル」

「歴 代・4 7 位」と、なる

「170・万枚」を「売 り・上げ」る

「ミリオン・セラー」に、な り

 

「シングル」で「初」の

オリコン・1位」を

「獲・得」しました。

 

「2,000 年」に「デビュー・2 5 周年」を

「記・念」し て「リリース」し た

「ファースト」「ベスト・アルバム

 

「The Hiistory of Shogo Hamada」が

オリコン・1位」に、なりました。

 

「2,015 年」に「リリース」し た「3 1 th・・アルバム」

「Journey of a Songwriter 〜旅するソングライター」が

「15 年・振り」に

オリコン・1位」に、なりました。

 

「2,017 年」に「ミニ・アルバム」

「THe moonlighting Cats radio shoe」を

「リリース」し

オリコン・1位」に、なりました。

 

「現・在」「6 8・歳」です が

「コンサート」等 にて

「第 一・線」で「活躍・して」います。

 

「私・生活」と、して は

 

「1,978 年」に「年・上」の

「一般人・女性」と「結 婚」しました。

「二人 の・間」に は「子・供」は

「いない」様 です。

 

「紅白・歌合戦」へ の「出場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「浜田 省吾」「あれ から  二人」

「作・詞」「作・曲」:「浜田 省吾」

 

この 想い が どこ に

辿り 着く (「たどり つく」) の か

今 は まだ わから ない けど

重ね た 唇 の その 柔らか な

温もり (「ぬくもり」) 感じて る

いつも 放課後 君 が 教科書 を かかえ て

グラウンド を 歩く 姿  

遠く から 見送って た

校舎 の 窓 に もたれ て 1 6 才 の 夏

あれから 二人 別々 の 夢 追いかけ 

都会 を さまよい

あれから 二人 別々 の 愛 失い

今夜 いたわる よう に ふれ あう

 

おれ の レコード 聴いた こと が ある と

からかう よう に 話す 君 の 

髪 を かきあげる 癖 も

笑い声 も 仕草 (「しぐさ」) も  

あの 頃 の まま

駅 の ホーム で 君 を 見た とき 

夢中 で 追いかけ た

思い出 話 途切れる 頃 には 気付い た

今 でも 君 が 好きだ と

 

君 が 駆け抜け (「かけぬけ」) た

日々 の 痛み も 喜び も

感じ る 君 の 肌 から 

君 の 吐息 (「といき」) から

 

傷つく こと も 失う こと も 

覚悟 の 上で 恋 に 落ち る

裏切る こと も 奪い取る こと も 恐れ ず

今夜 いたわる よう に ふれ あう

 

失くした 愛 も くじけた 夢 も かかえ て

いたわる よう に ふれ あう

 

 

※「名馬 に・癖 あり」

(「めいば に・くせ あり」)

 

「名馬 に・癖 あり」の「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「優れ た・才能」を「持 つ・者」に は

「強 い・個性」や「変 わっ・た」「癖」を
「持 つ・者」が「多・い」

 

「個性 が・無く」「おとな しい・だけ」で は

「非凡 な・働き」は「出 来・ない」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「名馬 に・癖 あり」の「由・来」は
「下・記」だ、そうです。

 

「織田 信長」の「言っ た・言葉」だ と

「私」は「ズッ・と」「思って・いま した」が

「いくら」「検索・して」も「織田 信長」の

「名・前」は「出 て・来」ません。

 

「優秀 な・馬」は「何 か・しら」の

「癖」を「持っ・て」お り

「人」も「同・様」に「才能 の ・有る」「者」ほ ど

「一般・的」な「常・識」で は「計 れ・ない」

 

「個性・的」な「癖」を「持っ て・いる」事 が

「由・来」だ、そうです。

 

「名馬 に・癖 あり」の「代表・的」な

「使用・例」は「下・記」だ、そうです。

・「名馬 に・癖 あり」と「言・う」様 に

 「才能 の・ある」「人」を


 「型 に・はめる」事 は

 「難 か・しい」の かも

 「知・れ」ない。

 

・「彼・女」の「歌・声」は
 「聞 く・人」「全・て」を

 「魅・了」(「み・りょう」) する。

 「しかし」「名馬 に・癖 有り」と

 「言・う」様 に

 「普・段」の「口・調」は、きつい。

 

「名馬 に・癖 あり」の「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「癖 ある 馬 に・能 あり」

 (「くせ ある うま に・のう あり」)

 

 「一・癖 」(「ひと・くせ」)

 「有 る・者」に は

 

 「何・か」「特別 な・才能」の

 「持 ち・主」が「多・い」と、いう

 「意・味」だ、そうです。



ソルティー・シュガー」は

「いならぶ 名馬 を ごぼう 抜き」の

「歌・詞」が「有・る」

 

「走れ コウタロー」と、いう

「歌」を「歌・い」ました。

 

「1,997 年」に「リリース」し た

「セカンド・シングル」で

オリコン・1位」と

「ミリオン・セラー」に、なりました。

 

ソルティー・シュガー」は

「都・立」「日比谷・高校」の

「卒業・生」を「中・心」に

「1,969 年」に「結成・され」た

 

「男・性」「4 人・組」(「カルテット」) の

「フォーク・グループ」でした。

「メンバー」の「山本 コウタロウ」は

「日比谷・高校」「卒業・後」

「一橋・大学」「社会・学部」に「進・学」し

「卒・業」しました。

 

ソルティー・シュガー」

  (「砂・糖」と「塩」) の

「芸・名」は「大学・進学」の 為 に

「メンバー」を「脱・退」し た

「佐藤 敏夫」(「さとう」と「しお」) の

「名・前」を「バンド・名」に

「残・そう」と、して

「名・付け」ました。

 

「1,969 年」「ファースト・シングル」

「ああ 大学生」で

「メジャー・デビュー」しました。

 

「同・曲」は「わず・か」

「3,000・枚」し か

「売 れ・ません」でした。

 

「結成・当時」は「5人・組」の

「フォーク・グループ」で

「いつ も」「丸の内・公演」で

「練習・して」いました。

 

「メンバー」の「一・人」

「山本 コウタロウ」が

「練・習」に「遅 刻・ばかり」

「して ・いた」の で

 

「走れ コウタロウ」と、いう「歌」が

「生 ま・れ」ました。

 

「コミック・ソング」の「一 ・曲」で

「発表・から」「4 0 年・以上」「経っ・た」

「現・在」で も「運動・会」の


「徒・競走」(「と・きょうそう」) の

「B・G・M」と、して

「使 わ・れる」事 が

「有・る」そうです。

 

「1,970 年」に「セカンド・シングル」

「走れ コウタロウ」を

「リリース」「予定・でした」が

「発・売」の「3 ヶ月・前」に


「グループ」の「リーダー」で

「走れ コウタロウ」を「作・詞」し た

「池田 謙吉」が「2 1・歳」の「若・さ」で

「急性・心不全」の「診・断」に て

 

「死亡・する」と、いう「アクシデント」に

「見 舞わ・れ」ました。

 

「脱・退」して いた「佐藤 敏夫」が

「1 年・限り」の「約・束」で

「再・加入」しました

 

「走れ コウタロウ」は

オリコン・1位」で

「ミリオン・セラー」の

「大 ヒット・曲」に、なり

 

「日本・レコード 大賞・

   新人 賞」を

「受・賞」しました。

 

「佐藤」と の「約束 を・守り」

「1 年・後」の「1,971 年」に

「グループ」を「解・散」しました。

 

「山本」は

 

「山本 コウタロウ」と

「ウィーク・エンド」を

「結・成」し「1,974 年」に

 

「岬 めぐり」を「発・売」し

「大 ヒット・曲」に、なりました。

 

「私」の「個人・的」な

「感・想」です が

「岬 めぐり」(「みさき めぐり」) は

「オ・ススメ」です。

 

 

ソルティー・シュガー」「走れ コウタロー

「作・詞」:「池田 謙吉」「作・曲」:「前田 伸夫」

 

これから 始ま る 大 レース

ひしめき あっ て いななく  は

天下 の サラブレッド 四歳 馬

今日 は ダービー めでたい な

 

走れ 走れ コウタロー

本命 穴馬 (「あなうま」)  かき わけ て

走れ 走れ コウタロー

追いつ け 追いこ せ 引っこ ぬけ

 

スタート ダッシュ で 出 遅れ る

どこ まで いって も はなさ れる

ここで おまえ が 負けた なら

おいら の 生活 まま なら ぬ

 

走れ 走れ 走れ コウタロー

本命 穴馬  かき わけ て

走れ 走れ 走れ コウタロー

追いつ き 追いこ せ 引っこ ぬけ

 

エー このたび、公営 ギャンブル を、どのように 廃止 する か、

と いう 問題に つきまして、慎重に 検討を 重ねて まいり  ました 結果、

本日 の 第 4  レース、大本命 は ホタルノヒカリ

穴馬 は アッと 驚く 大三元 と いう 結論に 達した もので あります。

各馬 ゲートイン から いっせい に スタート。

第 2 コーナー を まわった ところ で、先頭 は 予想 通り ホタルノヒカリ

さら に 各馬 一団 と なって、タメゴロー、ヒカルゲンジ、リンシャンカイホー、

メンタンピンドライチ、コイコイ、ソルティーシュガー、オッペケペ、

コウタロー と つづいて おります。

第 3 コーナー を まわって  第 4 コーナー に かかっ た ところ で、

先頭 は 予想 どおり ホタルノヒカリコウタロー は 大き く ぐっと あいて。

さあ、最後 の 直線 コース に 入った。

あっ、コウタロー  が ぐんぐん 出て 来た。

コウタロー  速い。コウタロー  速い。

トップ の ホタルノヒカリ けんめい の しっ 走。

これ を コウタロー が ひっ死 に 追っかけ る。

コウタロー  が 追いつく か、ホタルノヒカリ が 逃げ きる か。

コウタロー  か  ホタルノヒカリ

ホタルノヒカリ が マドノユキ、あけ てぞ けさ は 別れ ゆく。

 

ところ が 奇跡 か 神 がかり

いならぶ 名馬 を ごぼう 抜き

いつしか トップ に おどり 出て

ついで に 騎手 (「きしゅ」) まで 振り 落 す

 

走れ 走れ 走れ コウタロー

本命 穴馬 かき わけ て

走れ 走れ 走れ コウタロー

追いつ き 追いこ せ 引っこ ぬけ

 

走れ 走れ 走れ 走れ 走れ コウタロー

本命 穴馬 かきわけ て

走れ 走れ 走れ 走れ 走れ コウタロー

追いつ き 追いこ せ  引っこ ぬけ

 

 

「無くて 七 癖・有って 四十八 癖」を「英・語」で

 

 「Every man has his faults」

 

 (「人」に は「誰・でも」「欠・点」が「有・る」) と

 

 「言・う」そうです。