何気なく使っている言葉の意味

地震・雷・火事・親父」

 

「皆さん」ば「地震・雷・火事・親父」と、いう

 (「じしん・かみなり・かじ・おやじ」)

「ことわざ」を「使った事」が「有り」ませんか?。

 

地震・雷・火事‘・親父」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「この」「ことわざ」が「生まれた・時代」で

 「最も・恐ろしい」と「思われる’・事」を

 「列挙 (「れっきょ」) ・した」だけの

 「ことわざ」だ、そうです。

 

・「地震・雷・火事」は「現代 に・於いて;」も

 「恐ろしい・物」と、して「当時」と「認識 は・共通」です。

 「問題」は「親父」(「おやじ」): が

 「怖いか・どうか」です。

 

 「親父」の「語源」は「台風」や

 「山嵐」(「やまあらし」・「山から・吹き下ろす風」) の

 「大山風」(「おおやまじ」) だ、そうです。

 

 「江戸・時代」では「年長 の・男性」に、よって

 「支配・される」「家族・制度」で、ある

 「家父長・制度」(「かふちょう・せいど」) に

 「縛られて」(「しばられて」) いました。

 

 「その・時代」には「親父」な「怖い・存在」でした。

 「今 の・時代」に「家族・から」「恐れ・られて」いる

 「親父 が・いたら」「会って・みたい」と「思い」ます。

 「パワハラ」の「意味」では「有り」ません。

 

 「娘・から」「お父さん の・洗濯物」と「私 の・洗濯物」を

 「一緒 に・洗わ ないで」と「言われ て・いる」
 「情け ない・親父」は「多い」そうです。

 

 

地震・雷・火事・親父」の「類義語」を「検索」しても

「出て来」ません。

 

・「恐怖 に・慄く」(「きょうふ に・おののく」)

 

 (「戦慄」(「せんりつ」) して「ふるえて・いる」)さま、を

 「表現・する」「言葉」です。)

 

・「顔面・蒼白」(「がんめん・そうはく」)

 

 (「恐怖 の・ため」「顔色」が「青ざめ て・見える」と、いう

 「意味」です。)

 

 

地震雷火事親父」の「対義語」を「検索」しても

「出て来」ません。

 

・「恐れ・知らず」(「おそれ・しらず」)

 

 (「恐怖 を・感じず」に「大胆」(「だいたん」) に

 「行う事 が・出来る」と、いう「意味」です。

 

・「勇気・凛々」(「ゆうき・りんりん」)

 

 (「失敗 や・危険」を「顧みず」(「かえりみず」)

 「勇敢」(「ゆうかん」) に「立ち・向かう」と、いう

 「意味」です。)

 

 辺りが「妥当な・気」が、します。

 

 

「さだ まさし」は「親父の一番長い日」と、いう

「歌」を、歌いました。

 

「1,979年」に「15 tn ・シングル」と、して

「リリース」されました。

 

「同曲」は「さだ まさし」の「代表曲 の・一つ」と

「言われて」います。

 

「さだ まさし」は「1,952年・生まれ」で

「長崎 県・長崎 市」「出身」の

「シンガーソングライター」「タレント」「小説・家」

「ラジオ・パーソナリティー」「國學院 大学・客員 教授」です。

 

「史上・最高」の「4,400;回・以上」の

「ライブ・コンサートを「開催」しました。

「軽妙 な」(「けいみょう な」)「トーク」も「大きな・魅力」で

「コンサート」の「観衆」と「一体・化」(「いったい・か」) しました。

 

「代表・曲」に「雨やどり」「関白宣言」「親父の一番長い日」

北の国から〜遥かなる大地/」等が「有り」ます」

 

「3 歳 の・時」から「バイオリン」を「習い・始め」

「才能 を・現せ」ました。

「中崖 1年生 の・時」「バイオリン・修行」の為

「一人・上京」しました。

 

「東京都立 駒場 高・芸術 学科l」を「受験・しました」が

「不・合格」に、なりなした、

國學院・附属 高校」に「進学」しました。

 

「この・頃」から「バイオリン」の・夢」を「捨て・去り」
「ギター に・よる」「曲・作り」に「没頭」(「ぼっとう」) しました。

國學院・大学」に「進学・する」も「中退」しました。

「ペンキ屋 の・アルバイト」等で「暮らし を・立てて」いました。

 

「1,972年」「肝炎」(「かんえん」) に、なり

長崎県 に・帰郷」(「ききょう」) しました。

「古くから の・友人」「吉田 正美」と

「再・会」(「さい・かい」) しました。

 

「二人‘は「東京」で「共同・生活」を、しながら「グレープ」を「結成」し

「デビュー の・チャンス」を「待ち」ました。

「1,973年」「ゆきの朝」で「メジャー・デビュー」しました。

 

「1,974年」「精霊流し」(「しょうろうながし」) が

「大・ヒット 曲」に、なりました。

「日本・レコード 大賞・作詞 賞」を「受賞」しました。

「1,975年」の「6 th ・シングル」「無縁坂」も「ヒット」しました

 

 「1,976年」「さだ まさし」の「肝炎」の「再発 を・機」に

「グループ」と・しての「音楽・活動」に

「限界 を・感じ」「グレープ」を「解散」しました。

 

「さだ まさし」は「1,976年」「7 th ・シングル」「線香花火」で

「ソロ・デビュー」しました。

「1,977年」に「発売・した」「8 tnh・シングル」「雨やどり」が

「初」の「オリコン・1位」に、なりました。

 

「1,978年」「14 th ・シングルス」「関白宣言」が

「150・万 枚」を「超え・る」「ミリオン・セラー」に、なりました、

「その・後」も「親父の一番長い日」「道化師のソネット

「防人の歌」「驛舎」等「数々 の・ヒット曲」が「続き」ました。

 

「2,000年」「ロンドン」「ロワイアル・ホール」で

「日本人・男性」「初 の・コンサート」を「開催」しました。

 

琥珀・歌合戦」には

 

「1,979年」の「関白宣言」〜

「2,007年」の「Birthday」まで

 

「通算・19 回」「出場・して」います。

 

 

「さだ まさし」「親父の一番長い日」

「作詞」:「作曲」:「さだ まさし」

 

おばあちゃん は 夕餉 の 片付け(「ゆうげ の かたづけ」) を 終えた 時

弟 は 2 階 の ゆりかご の 中で

 

僕と 親父  (「おやじ」) は 街頭 (「がいとう」) テレビ  の  カラテ チョップ  が

 白熱 (「はくねつ」) した頃  に 妹の  誕生を  知った

 

それから 親父 は 占い (「うらない」) の 本と 辞書 と

首っぴき (「くびっぴき」)で

実に  (「じつに」)  一週間 を かけて

 

娘の ため に つまり は きわめて 何事も ない

ありふれた 名前を 見つけ だした

 

お 七夜 (「お しちや」) 宮参り 夫婦は 自画 自讃  (「じが じさん」)

可愛い 娘だ と はしゃぎ 廻る (「まわる」) けれど

僕には ひいき目 に 見ても しわくちゃ の 失敗 作品

やがて 彼女を 訪れる (「おとずれる」) 不幸 に 胸を 痛めた mm・・・
兄貴 (「あにき」) と して mm・・・

 

妹の 生まれた頃 の 我が家 は

お世辞 (「おせじ」) にも 豊かな 状態で なかった が

 

暗闇 (「くらやみ」) の 中 で 何かを きっかけ に

灯り (「あかり」) が 見える ことが ある

そんな 出来事 だった ろう

 

親思う 心に 勝る 親心と やら

そんな訳で 妹は ほんの かけら も

みじめ な 思いを せずに 育て られ た

ただ 顔が 親父に 似たことを 除け ば

 

七五三 新入学 夫婦 は 狂喜 乱舞 (「きょうき らんぶ」)

赤い ランドセル 背負って か 背負われ てか

学校への 坂道 を

足元 ふらふら 下りて (「おりて」) ゆく

一枚の スナップ が 今も 心に 残って いる mm・・・

我が家 の 血筋 か 妹も 足だけは 早くて

学級 対抗 の リレーの 花形 で

 

もっとも 親父の 声援の すごさ に

相手が .気後れを して

随分 (「ずいぶん」) 助けられて は いたが

 

これも 我が家の 血筋 か カナリの 演技派 (「えんぎは」) で

学芸会 (「がくげいかい」) でも ちゃんと 役を もらった

親父の 喜び は 言うまでも ない

たとえ その役 が 一寸法師 の 赤鬼の 役で あったに しても

 

妹 才気 煥発 (「さいき か んぱつ」) 夫婦は 無我 夢中 (「むが むちゅう」)

反抗期 を 過ぎて お 赤飯 (「おせきはん」) を 炊いて (「たいて」)

中学に 入れば 多少 女らしく なるかも 知れぬ と

家族 の 淡い 期待 (「あわい きたい」) あっさり 裏切られて がっかり mm・・・
兄貴 と して mm・・・

妹の 初恋 は 高校 二年の 秋

相手 の バレー部 の キャプテン は よく ある ケース

 

結局 言い出 せる 筈も なく (「はずも なく」)

枯れ葉 の 如く 散った (「かれは の ごとく ちった」)  これも また よくある パターン

 

彼氏の ひとり も いない とは 情け (「なさけ」) ない と

親父は いつも 笑い 飛ばして は いた が

時折 (「ときおり」) かかる 電話 を 一番 気にしていた のは

当の 親父自身 だった ろう

 

危険な 年頃 と 夫婦 は 疑心 暗鬼 (「ぎしん あんき」)

些細な (「ささいな」) 妹の 言葉に 揺れて (「ゆれて」) いた

今は 我が家 の 一番 幸せな ひととき も 少し

このまま いさせ てと 祈って

 いたの でしょう mm・・・
親子 と して mm・・・

或る 日 (「ある ひ」) ひとり の 若者 が 我が家 に 来て

“お嬢さん を 僕に ください” と 言った

親父は 言葉を 失い 頬 染め (「ほほ そめ」) うつ むいた

いつの間 に きれいに なった 娘を 見つめ た

 

いくつもの 思い出 が 親父の 中を よぎり

だから あんな 大声を 出させた

初めて 見る 親父の 狼狽 (「ろうばい」) 妹の 大粒の 涙 (「おおつぶの なみだ」)

家中の 時が 止まった (「とまった」)

 

とりなす お袋 に (「おふくろ に」) とりつく島 も 与えず (「しま も あたえず」)

声を 震わせ て (「ふるわせ て」) 親父は かぶり (「頭の・事」)を 振った

けれど 妹の 真実 を 見た時

目を 閉じ て 深く 息を して

小さな 声で・・・

“わかった 娘 は くれて やる

その 変わり 一度で いい

奪って ゆく 君を 殴らせろ (「なぐらせろ」) と

言った mm・・・
親父 と して mm・・・

妹の 選んだ 男に 間違いは ないと

信じて いた のも やはり 親父 だった

花嫁 の 父は 静か に 娘の手 を 取り

祭壇 の 前(「さいだん の まえ」) に 立った

 

ウェディング・ベル が 避暑地 (「ひしょち」) の 教会 に

鳴り 渡る 時 (「なり わたる とき」) 僕は 親父を 見て いた

まぎれ も ない 父親 の 涙 の 行方 を (「ゆくえを」)

僕は 一生 忘れない だろう

 

思い出 かすんで お袋 が 続く

涙で かすんだ 目の 中に 僕は

今までで いちばん きれいな 妹と

一番 立派 な 親父 の 姿を 刻み 込もう と して いた mmj・・・
兄貴  (「あにき」) と して mm・・・
息子  (「むすこ」) と して

 

 

※「火事場 の・馬鹿 力」(「かじば の・ばか ぢから」)

 

「火事場 の・馬鹿 力」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「追い・込まれ」「窮地 (「きゅうち」) に・立た された 時」に

 

 「普段・では」「想像 も・できない 力」を

 「無 意識 に・発揮 する」(「む いしき に はっき する」) 事の

 「たとえ」だ、そうです。

 

・「馬鹿・力」(「ばか・ぢから」) とは「肉体的 な・力」の 事です。

 

 「人間」には「100 % の・力」を「発揮・出来 ない」様に

 「リミッター が・掛かって いる」そうです。

  (「全力 の・70%〜809%」「程度」)

 「100% の・力」を「発揮 して・しまう」と「肉体・的」に
 「大きな・負担」が「体に・かかる」そうです。

 

 「しかし」「自分 の・体」が

 「壊れ ても・構わない」(「こわれても・かまわない」) と、いう

 「状況」に「追い詰 め・られた 時」「本能・的」に

 「リミッター」を「外す」(「はずす」) そうです。

 

 「火事場 の・馬鹿 力」の 様に「火事 に・なった 時」に

 「リミッターが 外れた」「100 % の 力」が「発揮・され」ます。

 「普段」「寝た きり だった・人」は「命 を・守ろう」と

 「這い・ながら」 (「はい・ながら」) 脱出 を・試み」(「こころみ」) ます。

 

 「呆然 (「ぼうぜん」) と・見ていて」は「家の 中・の」

 (「全て の・財産」を「消失 (「しょうしつ」) ・して」しまいます。

 「その・為」「短・時間」で「出来 る・だけ」「多く の・物」を

 「運 び・だそう」と、します。

 

 「自分 でも・信じられ ない」「力 を・発揮」(「はっき」) し

 「普段・では」「動かすことも・出来 ない」「重い・金庫」も

 「持ち・上げ」て「運び・出して しまう」そうです。

 

 「火事場 の・馬鹿  力」は「限界 を・超えた 力」を「使う・為」

 「後遺・症」(「こうい“・しょう」) が「出や・すい」そうです。

 「注意 が・必要」だ、そうです。

 

 「スポーツ・テレビドラマ」で「大怪我 を・して」も

 「出場し 続ける・シーン」が「有り」ます。

 「火事場 の・馬鹿 力」は「アドレナリン」の「分泌」(「ぶんぴつ」) で

 「発揮・され」ます。

 

 「その・為」「痛み を・感じ 無く」なって、います。

 「指導・者」は「選手・交代」を「すべき」です。

 「しかし」「選手・生命」が「終わって も・良い」から

 「出場・させろ」と「迫られ・たら」「判断 に・悩み」ます。

 

 

*「火事場 の・馬鹿 力」の「類義語」は「下記」だ、そうです。

 

・「心頭 滅却 すれば・火も また 涼し」

 (「しんとう めっきゃく すれば・ひも また すずし」)

 

 「心頭」(「しんとう」) とは「心」の事。

 「滅却」(「めっきゃく」) とは 「消し・去る」こと。

  「どんな」「心の・苦痛」で「有って」も

 「心」の「持ち方・次第」(「しだい」) で

 「いかなる・苦難」(「くなん」) も

 「苦痛 (「くつう」と・感じ無くなく」なり」

 「苦境 を・しのげる」と、いう「意味」だ、そうです。

 

 

「細川 たかし」は「私 馬鹿よね お馬鹿さんよね」の

「歌詞」で「始まる・歌」「心のこり」を、歌いました。

 

「1,975年」に「リリース」された「デビュー・曲」です。

「同曲」で「日本・レコード 大賞」・新人賞」を

「受賞」しました。

 

「細川 たかし」は「「1,950年・生まれ」で

「北海道・真狩 村」(「まっかり むら」)「出身」の「演歌・歌手」です。

「民謡」「三橋 流・名取」(「なとり」) でも「有り」ます。

「札幌・すすきの」の「クラブ」で「歌手・活動」しました。

 

「1,974年」に「地元 の・女性」と「結婚」しました。

「クラブ での・活動」に「注目・した」

「東京」の「プロダクション」から

「メジャー・デビュー」を「勧め (「すすめ」) ・られ」ました。

 

「妻子 を・残し」「単身・上京 する」事に「ためらい」ました。 

「しかし」「妻 の・後押し」で「1年 で・売れ なかった」ら

「戻る・ 覚悟」で「上京」を「決心」しました。

 

「1,975年」「心のこり」で「メジャー・デビュー」しました。

「伸びやか な・高音」と「民謡 で・鍛え 上げ られ」た「肺活・量」で

「迫力 を・持った」「歌声」は「評価・され」

「日本・レコード 大賞・新人 賞」を「受賞」しました。

 

「1,982年」に「リリース」した「18 th・シングル」「北酒場」で

「日本・レコード・大賞」を「受賞」しました。

「1,984」「19 th ・シングル」「矢切の渡し」で「史上・初」の
「日本・レコード・大賞」「2 年・連覇」を「達成」しました。

 

「1,984年」「24 th・シングル」「浪花節だよ人生は」で

「日本・レコード 大賞」・最優秀 歌唱賞」を「受賞」しました。

「これに・より」「新人賞」「最優秀・歌唱賞」「大賞」の

「三・冠」を「達成」しました。

 

「紅白・歌合戦」には

 

「1,975年」の「心のこり」〜

「2,015年」の「心のこり」(「2回・目」) まで

 

「通算」「39 回・出場」しました。

 

 

「細川 たかし」「心のこり」

「作詞」:「なかにし 礼」「作曲」:「中村 泰士」

 

私 馬鹿よね お 馬鹿さんよ ね

うしろ  指 うしろ 指 差され ても

あなた 一人に 命を かけて

耐えて (「たえて」) きた のよ 今日 まで

秋風が 吹く (「ふく」) 港の 町を

船が 出てゆく ように

私も 旅に 出るわ 明日の 朝早く

 

私 馬鹿よね.お馬鹿さんよ ね

大切 な 大切 な 純情 を (「じゅんじょう を」)

わるい人 だと 知って いながら

上げ て (「あげ て」) しまった あなた に

秋風の 中 枯葉 (「かれは」) が ひとつ

枝を はなれる ように

私も 旅に 出る わ あても ない まま に

 

私 馬鹿よね お 馬鹿さんよ ね

あきらめ が あきらめ が 悪い のね

一度  はなれ た 心は 二度 と

もどら ないの よ もと には

秋風が 吹く つめたい 空に

鳥が 旅立つ ように

私も 旅に 出る わ 泣き ながら

 

 

「火事場 の・馬鹿 力」を「英語」で「言う」と「下記」だ、そうです。

 

 「super human strength」

 

 (「普段・だった」ら「絶対・出ない」「力 を・発揮」する。)

 

 と「言う」そうです。