何気なく使っている言葉の意味

「馬 が・合う」

(「うま が・あう」)

 

「皆さん」は

「馬 が・合う」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「馬 が・合う」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「気 が・合う」や

 「意気 投合・する」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「言 い・回し」で

 「基本 的・には」

 「好 意・的」で

 「良 い・イメージ」の

 

 「表現 と・して」

 「用い ら・れる」

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「馬 が・合う」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「乗馬中 の・騎手」と

 「その馬 の・呼吸」が

 「しっかり と・合い」

 「順調 に・走れている」

 

 「姿 から・生まれた」

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 「馬」にも

 「人間 と・同じ」

 「様」に

 「一 匹・一匹」に

 

 「性格 や・個性」が

 「有・り」ます。

 

 「そ の・為」

 「騎手 との・相性」が

 「非常 に・大切」だ

    そうです。

 

 「両者 の・意」が

 「合っ て・いない」と

 「お・互い」の

 「本来 の・力」を

 

 「発 揮・出来」

    ません。

 

 「そうした 背景・から」

 「生まれ た・のが」

 「気が合う と・いう」

 「意味 を・持つ」

 

 「馬 が・合う」

    と、いう

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「馬 が・合う」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「優秀 な・メンバー」を

 「揃えた からと・いって」

 「良 い・仕事」が

 「出来 る・とは」

 

 「必 ず・しも」

 「限・ら」無い。

 

 「メンバー・間」で

 「馬 が・合う」か

 「ど う・か」が

 「重・要」だ。

 

・「彼 女・とは」

 「生まれ も・育ち」も

 「全く違って・いた」が

 「不思議 と・馬が合い」

 

 「意気 投合・して」

 「直 ぐ・に」

 「気の 置け・ない」

 「仲」に、なった。

 

「馬 が・合う」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「反り が・合う」
 (「そり が・あう」)

 

・「反り返り の・ある」

 「刀身 が・鞘」に

 (「かたなみ が・さや」)

 「ぴたり と・収まる」

 「事」から

 

 「波長 が・合い」

 「意気 投合・する」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「一般 的・には」

 「反り が・合わない」と

 「否 定・形」で

 「用い ら・れる」

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「馬 が・合う」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「犬猿 の・仲」

   (「けんえん の・なか」)

 

・「お・互い」に

 「顔を 合わせた・だけ」で

 「喧嘩が 始まって・しまう」

 「程」に

 

 「険悪 な・仲」や

 「大変 な・不仲」

    と、いう

 「意・味」で

 「中 途・半端」な

 「仲の 悪さ・では」

 「用 い・ない」

 「慣 用・句」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

 

「山内 惠介」は

 (「やまうち けいすけ」)

 

「どこか 気が合う

   肌が 合う」の

「歌詞 が・ある」

 

「恋する 街角」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,008・年」に

「リリース・した」

「9 th・シングル」で

「ロング・ヒット」し

 

「同・曲」で

「2,020・年」に

「紅 白・歌合戦」に

「出・場」しました。

 

「山内 惠介」 は

「1,983 年・生まれ」で

「福岡 県・糸島 市」

「出・身」の

 

「演 歌・歌手」

「俳・優」です。

 

「母・親」が

「美空 ひばり」の

「大・ファン」で

「胎教 の・形」で

 

「母・親」の

「お腹 の・中」で

「ひばり の・歌」を

「聴い て・いた」そうです。

 

「産まれ た・後」も

「母親 の・歌」を

「聴 き・ながら」

「育・ち」ました。

 

「1,999・年」

「県・立」

筑前 高等・学校」
「1 年生 の・時」に

 

「初 め・て」

「出 場・した」

「福岡 県・主催」の

「カラオケ・大会」で

 

「作 曲・家」

「水森  英夫」の

「目 に・留まり」

「スカウト・され」ました。

 

「約・1年 間」に

「亘・り」

「月に 1 回・程度」の

「ペース で・上京」し

「レッスン を

「重・ね」ました。

 

「2,001・年」
「18 歳の・時」に

「リリース」

   し た

 

「ファースト・シングル」

「霧 情」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は
オリコン・圏外」で

「全・く・売れません」

   でした。

 

「デビュー・当時」の

「キャッチ・フレーズ」は

「ボク は エンカ な・高校生」

   でした。

 

「代 表・曲」に

 

「誰に 愛されても」

「古 傷」

「恋する 街角」等が

「有・り」ます。

 

「デビュー・から」

「8 年・間」は
「毎・年」
「シングル・曲」を

 

「リリース・する」も

「鳴か ず・飛ばず」で
「売れ ない・時期」が

「続・き」ました。

 

「2,009・年」に

「山内 恵介」

「北川 圭介」

竹島 宏」の

 

「3・人」で

「演 歌・歌手」

「イケメン・トリオ」を

「結・成」し

 

「演 歌・界」の

「貴・公子」と

「呼ば れる・様」に

「成・り」ました。

 

「2,009・年」に

「リリース・した」
「10 th・シングル」

「風 蓮 湖」が

(「ふうれん こ」) 

 

「ロング・セラー」と

「成・り」

「2,010年」に

風蓮湖 が・ある」

 

「北海道・根室 市」の

「味 覚・大使」に

(「み かく」)

「任 命・され」

 

「同・年」に

「出 身・地」の
「福岡 県・糸島 市」の

「ふるさと・大使」に

 

「任 命・され」

   ました。

 

「2,014・年」に

「公開 さ・れた」

「映・画」

昭和歌謡 危機一髪」で

 

「初・主演」し

「俳 優・デビュー」

   しました。

 

「2,014・年」に

「リリース・した」

「15 th・シングル」

「恋の 手本」が

 

「自・身」が
「主演 した・舞台」

「曽根崎 心中」の

「劇 中・歌」に

 

「起 用・され」て

オリコン・9 位」と

「デビュー・13 年 目」

   に、して

 

「自 身・初」の

オリコン

「トップ・10 入り」を

「果 た・し」

 

「レコード・大賞・

   作曲 賞」を

「受・賞」しました。

 

「2,015・年」に

「リリース・した」

「16 tn・シングル」

「スポットライト」で

 

「紅 白・歌合戦」に
「初・出場」しました。

 

「2,022 年・3月」に

「リリース・した」

「23 th・シングル」

「誰に 愛されても」が

 

「自身 最高・位」

「タ・イ」の

オリコン・3 位」に

「成・り」ました。

 

「私・生活」

   で は

 

「現 在・39 歳」

   です が

「結・婚」は

「未・だ」の 様 です。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,015・年」の

「スッポットライト」〜

「2,021・年」の
「有楽町で 逢いましょう」まで

 

「7 年・連続」で

「出 場・中」です。

 

 

「山内 惠介」

「恋する 街角」

「作・詞」「下地 亜記子」

「作・曲」「水森 英夫」

 

夜の 札幌 すすき野 しぐれ

男は ゆきずり 女は 傘をさす

夢待ち 通り 夢 はしご

どこか 気が合う 肌が 合う

惚れたね ほの字 だね ホッホー

惚れたね ほの字 だね ホッホー

恋する 街角

 

名古屋 盛り場 住吉 錦

男は 陽気で 女は 意地っ張り

夢待ち 通り 夢 はしゃぎ

恋は 瑠璃色 バラの 色

(「るりいろ」)

惚れたね ほの字 だね ホッホー

惚れたね ほの字 だね ホッホー

恋する 街角

 

雨の 大阪 道頓堀 あかり

男は 熱燗 女は 水割りで

(「あつかん」)

夜に泣く 人 笑う 人

惚れたね ほの字 だね ホッホー

惚れたね ほの字 だね ホッホー

恋する 街角

 

博多 那珂川 中州の 屋台

男は 照れ屋で 女は 思いやり

夢待ち 通り 夢 さがし

明日に 咲く花 揺れる 花

惚れたね ほの字 だね ホッホー

惚れたね ほの字 だね ホッホー

恋する 街角

 

 

※「名馬 に・癖あり」

(「めいば に・くせあり」)

 

「名馬 に・癖あり」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「優れ た・才能」を
 「持つ 者・には」

 「強 い・個性」や

 「変 わった・癖」を

 「持 つ・者」が

 「多・く」

 「個性 が・無く」

 「おとなしい だけ・では」

 

 「非凡 な・働き」は

 「出 来・ない」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「名馬 に・癖あり」の

「由・来」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「私」は

 「織田 信長」が
 「言った 言葉・だと」

 「思って いま・した」が

 

 「い く・ら」」

 「検 索・して」も

 「織田 信長」の

 「名・前」は

 

 「出 て・来」

    ません。

 

 「優秀 な・馬」は

 「何 か・しら」の

 「癖」を

 「持っ て・おり」

 

 「人 も・同様」に
 「才能 の ・有る」

 「者」ほ ど

 「一般・的」な

 

 「常 識・では」
 「計 れ・ない」

 「個 性・的」な

 「癖」を

 

 「持っ て・いる」

 「事」が

 「由来 の・ことわざ」だ

    そうです。

 

「名馬 に・癖あり」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「名馬 に・癖あり」と

 「言 う・様」に

 「才能 の・ある」

 「人」を


 「型 に・はめる」

 「事」は

 「難かしい の・かも」

 「知・れ」ない。

 

・「彼女 の・歌声」は

 「聞く人・全て」を

 「魅・了」する。
   (「み・りょう」) 

 

 「し か・し」

 「名馬 に・癖有り」と

 「言 う・様」に

 「普段 の・口調」は

 

 「辛・辣」で
 (「しん・らつ」)
 「遠・慮」が、無い。

 

「名馬 に・癖あり」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「癖 ある 馬に・能あり」

 (「くせ ある うまに・のうあり」)

 

 「一・癖」

   (「ひと・くせ」)

 「有る 者・には」

 「何・か」

 

 「特別 な・才能」の

 「持 ち・主」が

 「多・い」

  と、いう

 

 「意・味」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

 

Kinki kids」は

(「キンキ・キッズ」)

 

「照れてるとき 髪を かきあげる

   ボク の 癖を からかうんだね」の

「歌詞 が・ある」

 

「ボク の 背中には 羽根がある」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,001・年」に

「リリース」した

「11 th・シングル」で

「大・ヒット」し

 

「自・身」の

「代 表・曲」の

「一・曲」に

「成・り」ました。

 

「キンキ・キッズ」は

 

「1,993・年」に
「結  成・した」

「ジャニーズ・事務所」に

「所 属・する」


「堂本 光一」と
(「どうもと こういち」)

「堂本 剛」から

(「どうもと つよし」)

「成・る」

 

「男 性・2 人 組」の

「アイドル・ヂュオ」

   です。

 

「2 人 の・姓」は

「同 じ・です」が

「全・く」の

「赤 の・他人」です。

 

「2 人・共」

「1,979 年・生まれ」

   です が

「学 年・では」

 

「光 一」が

「1 年・先輩」です。

 

「1,997・年」に

「リリース」

   し た
「ファースト・シングル」

 

「硝子 の 少年」で

(「ガラスの しょうねん」)

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・1 位」で

「自 身・最高」の
「178・万枚」を

 

「売 り・上げ」る

「ミリオン・セラー」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「デビュー・シングル」の

「C・D」
「売り上 げ・枚数」と

   して は

 

「小柳 ルミ子」の

「デビュー・シングル」

「私の 城下町」の

  (「134・万枚」) 

「記・録」を


「26 年・振り」に

「更・新」しました。

 

「代 表・曲」に

 

「愛の かたまり」

「ボク の 背中には 羽がある」

「硝子の 少年」等が

「有・り」ます。

 

「1,997・年」に

「リリース・した」

「セカンド・シングル」

愛されるより 愛したい

 

「同・年」に
「リリース・した」

「4 th・シングル」

「全部 抱きしめて」

 

「1,999・年」に

「リリース・した」

「7 th・シングル」

「フラワー」は

 

「ミリオン・セラー」で

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「2,002・年」に

「東 京・ドーム」で

「開 催・した」

「コンサート・中」に

 

「デビュー・以来」
「13 曲・連続」で

オリコン・1 位」の

「記・録」が

 

「ギネス」の

「世 界・新記録」に

「認 定・され」た

「事」が

 

「発 表・され」

   ました。

 

「デビュー・以来」
「毎 年・年末」に

「カウントダウン・

   コンサート」を

 

「行 っ・た」

「為」に

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「出場 出来・ません」

  でした が

「2,016・年」に

「作 曲・者」の

 

「山下 達郎」の

「薦め が・有り」

「デビュー・20 周年」を

「記 念・して」


「デビュー・曲」の

「硝子の 少年」で

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

(「紅 白・出場」は
    こ の・1 回 のみ」)

 

「デビュー・曲」

「硝子の 少年」〜

「2,022 年・7 月」に

「リリース・した」

 

「45 lth・シングル」

「Amazing Love」まで

「リリース・した」

「シングル・45 作品」

 

「全・て」が

オリコン・1 位」を

「継 続・中」です。

 

「アルバム」

   で は

 

「21・作品」を

「リリース」し

「内」

「20・作品」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「二 人・共」に
「現在 43 歳・です」が

「結・婚」は

「未・だ」の 様 です。

 

 

Kinki Kids

「ボク の 背中には 羽根がある」

「作・詞」「松本 隆」

「作・曲」「織田 哲郎」 

 

照れてる とき 髪 かきあげる

ボク の 癖を からかうんだね

寂しい 午後 まばたき を して

ほら こんなに 近くに いるよ

 

何かを 言いかけ て

海が おしゃべりを やめる

悩んで 沈んだ 日々も

そばに いれば ホッと した

 

ずっと 君と 生きてくん だね

ボク の 背中には 羽根が ある

どんな 夢も かなう 気が する

君を 抱いて 空も 飛べる

嘘じゃ ないよ

今、「幸福」に 触った みたい

   (「しあわせ」) 

 

好き なんて 声に 出したら

この空気 が ひび割れる かも

草の 匂い 背伸び して 嗅ぐ

                               (「かぐ」)

そんな とこも うりふたつ  だね

 

明るい 笑い声

みんな ふり向いて 見てる

ふと 瞳があった 瞬間

何もかも が 自由 だね

 

ずっと 君と 生きてくん だね

胸に 頬寄せて 確かめる

どんな 辛い 未来が 来ても

二人 だったら 乗り切れるさ

嘘 じゃ ないよ

今、「優しさ」に 触った みたい

 

きっと 君と 生きてくん だね

胸に 頬寄せて 確かめる

どんな 辛い 未来が 来ても

二人 だったら 乗り切れるさ

 

ずっと 君と 生きてくん だね

ボク の 背中には 羽根が ある

どんな 夢も かなう 気が する

君を 抱いて 空も 飛べる

嘘 じゃ ないよ

今、「幸福」に 触った みたい

 

 

「馬 が・合う」を

「英・語」で

 

 「get along well」と

 

 (「馬 が・合う」)

 

 「言・う」そうです。