何気なく使っている言葉の意味

「嵐の前 の・静けさ」

(「あらしのまえ の・しずけさ」)

 

「皆さん」は

「嵐の前 の・静けさ」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「嵐の前 の・静けさ」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「普段 の・落ち着いた」

 「静けさと は・異なり」

 「こ の・後」に

 「何・か」

 

 「大変 な・事」が

 「起こ り・そう」な

 「予感 や・不安」を

 「感じ る・様」な

 

 「不気味 な・静けさ」

    と、いう

 「意・味」の

 「ことわざ」だ、そうです。

 

「嵐の前 の・静けさ」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「暴風雨 の・来襲前」に

 「一時的 に・風雨が収まり」

 「静かな状態 に・なる」

    と、いう

 

 「気 象・現象」が

 「由・来」の

 「表・現」だ

    そうです。

 

「嵐の前 の・静けさ」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「普・段」は

 「口数 の・多い」
 「上司 の・沈黙」に

 「彼」は

 

 「嵐の前 の・静けさ」

    と、でも

 「言 う・べき」

 「不 気・味」で


 「不吉 な・予感」を

 「感 じ・た」そうだ。

 

・「彼 女・との」

 「音 信・不通」は

 「今・思え」ば

 「嵐の前 の・静けさ」

 

 「だった の・だと」

 「気付 い・た」が
 「既・に」
 「手・遅れ」だった。

 

「嵐の前 の・静けさ」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「虫 の・知らせ」

   (「むし の・しらせ」)

 

・「何 の・根拠」も

 「無 い・のに」

 「良く ない・出来事」が

 「起こ り・そうだ」と

 

 「胸騒ぎ が・して」

 「怯 え・る」

 (「おび え・る」)

    と、いう

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」だ

      そうです。

 

「嵐の前 の・静けさ」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「幸先 が・いい」

   (「さいさき が・いい」)

 

・「物事 を・始める」に

 「当 た・り」

 「何か 良い・こと」が

 「有・り」

 

 「今・後」も

 「上手 く・いきそう」な

 「予感 が・する」
    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 

「太田 裕美」は

(「おおたひろみ」)

 

「September rain rain 

   九月の 雨の 静けさ が」の

「歌詞 が・ある」

 

「九月 の 雨」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,977・年」に

「リリース」

   し た

「9 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「太田 裕美」は

「1,955 年・生まれ」で

「東京 都・荒川 区」

「出・身」の

 

「シンガーソング・

   ライター」です。

 

「小 学・3 年生」の

「時」に

「家 庭・教師」を

「迎・え」て

 

「ピアノ」を

「習 い・始め」

「コーラス・部」に

「所・属」しました。

 

「1,967・年」に

「私・立」

「上野 学園・中学」

「音声 指導・科」

 

「声 楽・科」に

「進・学」しました。

 

「中 学・3 年生」の

「時」に

「友・人」の

「代 わ・り」に

 

「スクール・メイツ」の

「オーディション」を

「受・け」て

「合・格」し

 

「学校 に・内緒」で

「タレント・養成所」

「東京 音楽・学院」に

「入・学」しました。

 

「1,972・年」

「上野 学園・高校」

「3・年生」の

「時」に

 

NHK の・テレビ番組」

「ステージ・101」の

「レギュラー・グループ」

「ヤング・101」の

 

「オーディション」に

「合・格」し
「同・番組」に

「レギュラー」で

 

「出・演」

   しました。

 

「1,973・年」に

「テレビ・朝日 系」の

「オーディション」

「番・組」

 

「スター・オン・ステージ・

   あなたなら OK」で

「グランプリ」を

「獲 得・して」

「音楽 事務所・から」

「スカウト・され」

「芸能 界・入り」

   しました。

 

「1,974・年」

「19 歳の・時」に
「リリース・した」

「ファースト・シングル」

 

「雨 だれ」を

「ピアノ・弾き語り」で

「歌 唱・して」

「デビュー」し

 

「レコード・大賞・
   新人 賞」を

「受・賞」しました。

 

「代 表・曲」に

 

「木綿の ハンカチーフ」

「九月 の 雨」

「赤い ハイヒール」等が

「有・り」ます。

 

「1,975・年」に

「リリース」

   し た

「4 th・シングル」

 

「木綿 のハンカチーフ」が

「87・万枚」を

「売 り・上げ」

オリコン・2 位」で

 

「自身・最大」の

「ヒット曲 に・なり」

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。


「当・時」は

「アイドル・歌手」の

「様」な

「扱い を・受け」

 

「学 園・祭」に

「多 数・出演」し

「学 園・祭」の

「女・王」の

 

「異・名」を

「取・り」ました。

 

「木綿の ハンカチーフ」は

「現 在・でも」

「幅広 い・世代」の

「人 達・から」

 

「深 い・愛着」と

「思 い・入れ」を

「寄 せ・られ」て

「老 若・男女」

 

「多く の・ファン」に

「愛され て・いる」

   そうです。

 

「1,977・年」に

「リリース」した

「9 th・シングル」

「九月 の 雨」が

 

「大・ヒット」し

「2 回・目」の
「紅 白・出場」に

「於 い・て」は

 

キャンディーズ

「山口 百恵」

桜田 淳子」が

「各・々」

「傘を 差し・ながら」

「バック・ダンサー」を
「務・め」ました。

 

「1,982・年」に

「歌 手・活動」を

「一 時・休業」し

「語学習得 の・為」に

 

「ニューヨーク」に

「8 ヶ月・間」

「単 身・留学」

   しました。

 

「現 在・67 歳」

   です が

 

「2,020 年・には」

「20 回・以上」の

「ライブ」に

「参 加・する」等

 

「現役 と・して」

「第・一線」で

「活躍 して・いる」

   そうです。

 

「私・生活」

   で は

 

「1,985・年」

「30 歳の・時」に

「1 歳・年上」で

「実 業・家」

 

「音 楽・プロヂューサー」

「ディレクター」の

「福岡 智彦」と

「結・婚」し

 

「1,989・年」に

「長・男」が

「1,991・年」に

「二・男」が

 

「各・々」

「誕・生」しました。

 

「2,019・年」

「64 歳の・時」に

「乳・がん」が

「見つ か・る」も

 

「手術 に・より」

「完 治・した」

   そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,976・年」の

「木綿の ハンカチーフ」〜

「1,980・年」の

「南 風・SOUTH WIND」まで

 

「5 年・連続」で

「出・場」しました。 

 

 

「太田 裕美」

「九月 の 雨」

「作・詞」「松本 隆」

「作・曲」「筒美 京平」

 

車の ワイパー 透かして 見てた

都会に うず巻く イリュミネーション

くちびる 噛みしめ タクシー の 中で

あなた の 住所を ポツリ と 告げた

September rain rain 

九月の雨 は 冷たくて

September rain rain 

思い出に さえ 沁みて いる

                 (「しみて」)

愛は こんなにも 辛いもの なら

私ひとり で 生きて いけない

September rain 

九月の雨 は 冷たくて

 

ガラスを飛び去る 公園通り

あなたと座った 椅子も 濡れてる

さっき の 電話で あなた の 肩の

近くで 笑った 女は 誰なの?
                  (「ひと」)

September rain rain 

九月の雨 の 静けさ が

September rain rain 

髪の しずくを ふるわせる

愛が こんなに 悲しいの なら

あなたの 腕に たどりつけ ない

September rain 

九月の雨 の 静けさ が

 

季節に 褪せない 心が あれば

        (「あせない」)

人って どんなに 幸福 かしら

ライト に 浮かんで 流れる 傘に

あの日 の 二人が 見える 気もした

September rain rain 

九月の雨 は 優しくて

September rain rain 

涙も 洗い流す のね

愛が 昨日を 消して 行くなら

私 明日に 歩いてく だけ

September rain rain 

九月の雨 は 冷たくて

September rain rain 

九月の雨 は 優しくて

 

 

※「台 風・一過」

(「たい ふう・いっか」)

 

「台 風・一過」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「台 風・一家」は

 「誤 字・なの」で

 「注意 が・必要」だ

    そうです。

 

 「台・風」が

 「通り 過ぎた・後」に

 「空 が・晴れ渡り」
 「気温 が・上昇」し

 

 「清 々・しい」

 (「すが すが・しい」)

 「良い天気 に・なる」

 「事 から・転じ」て

 

 「騒動 が・収まり」

 「晴れ晴れ と・する」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

「台 風・一過」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「昭 和・10 年」に
 「北条 清一 と・いう」

 「小説家 が・書いた」と

 「言 わ・れる」

 

 「武州 このごろ 記」の

 「中」に

 「台 風・一過」の

 「一文 が・あり」

 

 「こ れ」が

 「由 来・だと」

 「され て・いる」

    そうです。

 

「台 風・一過」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「監 督・官庁」の

 「立ち 入り・検査」で

 「嵐の ような・忙しさ」に

 「見 舞わ・れた」が

 

 「無事 に・終わり」

 「社 員・一同」

 「台 風・一過」の

 「心・境」だった。

 

・「誤 っ・て」

 「消し て・しまった」

 「データ」が

 「復 元・出来」て

 

 「彼 の・心」は

 「正・に」

 「台 風・一過」の

 「様」に

 

 「晴れ晴れ と・した」

 「気持 ち・だった」

    そうだ。

 

「台 風・一過」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「雨 過・天晴」

(「う か・てんせい」)

 

・「雨 が・止み」

 「空 が・晴れ渡る」

 「事 から
 「転・じ」て

 

 「悪かった・状況」が

 「好 転・する」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

「台 風・一過」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「渦中 に・巻き込まれる」
   (「かちゅう に・

       まきこまれる」)

 

・「台風 の・渦」に

                 (「うず」)

 「巻き 込ま・れる」

 「様」に

 

 「いつの 間・にか」

 「事件 や・争い」等の

 「ゴ タ・ゴタ」に

 「引 き・込まれ」て

 

 「そ こ・から」

 「抜け 出せ・なく」

 「成・る」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」です。

 

 「辺・り」が
 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

 

「岩崎 宏美」は

(「いわさき ひろみ」

 

「たとえ 嵐でも

   たとえ 遠くでも」の

「歌詞 が・ある」

 

「ロマンス」

(「恋 愛・物語」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,975・年」に

「リリース」

   し た

「セカンド・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に
「成・り」ました。

 

「岩崎 宏美」は

「1,958 年・生まれ」で

「東京 都・江東 区」

「出・身」の

 

「歌・手」

「女・優」です。

 

「タッチ」が

「代 表・曲」で

「歌 手・女優」の
「岩崎 良美」は

 

「3 歳・年下」の

「実・妹」です。

(「じつ・まい」)

 

「中 学・3 年生」の

「時」に

「日 本・テレビ」の

「オーディション・番組」

 

「スター・誕生」に

「出・場」し
「最 優秀・賞」に
「輝・き」


「8 社・から」

「スカウト を・受け」

「ビクター・レコード」と

「契・約」し


「芸能 界・入り」

   しました。

 

「1,975・年」
「私・立」
「堀 越・高校」

「在 学・中」に

 

「リリース」した

「ファースト・シングル」

「二 重 唱」で

(「ヂュエット」) 

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・19 位」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「聖母たちの ララバイ」

(「マドンナ」)

「ロマンス」

「思 秋 期」等が

「有・り」ます。

 

「同・年」に

「リリース」
   し た

「セカンド・シングル」


「ロマンス」が

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「レコード・大賞・
   新人 賞」他

「各種 新人賞・レース」を

「総ナメ に・して」

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」し
「紅・組」

「トップ・バッター」の

 

「重・責」を

「務・め」ました。

 

「同・年」に

「リリース」

   し た

「サード・シングル」

 

「センチメンタル」が

「連 続・して」

オリコン・1 位」に

「成・り」

 

「春」の

「選抜 高校・野球大会」の

「入場 行進・曲」に

「採 用・され」ました。

 

「1,977・年」に

「リリース・した」

「11 th・シングル」

「思 秋 期」で

 

「レコード・大賞・
   歌唱 賞」を

「受・賞」しました。

 

「1,982・年」に

「リリース」した

「28 th・シングル」

「聖母たちの ララバイ」が

 

「日 本・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「火曜 サスペンス・劇場」の

「主 題・歌」に

 

「起 用・され」て

「130・万枚」を

「売 り・上げ」る

「ミリオン・セラー」を

 

「記・録」し

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「春」の

「選抜 高校・野球大会」の
「入 場・行進曲」に

「採 用・され」ました。

 

「1,986・年」に

「実・妹」の

「岩崎 良美」が

「歌・い」

 

「大 ヒット・曲」に

「成 っ・た」

「青 春」が

(「タッチ の・主題歌」) 

 

「春」の

「選抜 高校・野球大会」の

「入 場・行進曲」に

「採 用・され」

 

「姉 妹・共」に

「同・大会」の

「入 場・行進曲」に

「選 ば・れた」

 

「唯一 の・歌手」に

「成・り」ました。

 

「現 在・65 歳」

   です が

 

「2021 年・11 月」に

「最 新・シングル」

「好きなんて 言えなかった」を

「リリース・する」等

 

「現役 と・して」

「第・一線」で
「活躍 して・いる」

   そうです。

 

「私・生活」

   で は

 

「1,988・年」
「30 歳の・時」に

「三 井・財閥」の

「御・曹司」で

(「おん・ぞうし」)

 

「商 事・会社」に

「勤 努・する」

「一般 人・男性」

「結・婚」し

「玉の 輿・婚」と
(「たまの こし・こん」)

「呼 ば・れ」

   ました。


「1,989・年」に

「長・男」が
「1,892・年」に

「二・男」が

 

「誕 生・する」も

「1,995・年」に

「協 議・離婚」

   しました。

 

「夫」は

「宏 美」に

「芸 能・界」を
「引・退」し

「家庭 に・入る」
「事」を

「望 ん・だ」
   そうです。


「し か・し」

「宏 美」は

「家事 や・子育て」を
「行 い・ながら」

 

「芸 能・活動」を

「継・続」し

「離 婚・原因」の

「一・つ」に

 

「成 っ・た」

   そうです。

 

「協 議・離婚」の

「条・件」は
「子供 の・親権」を

「夫 が

 

「子供 の・養育権」を

「宏美 が・得る」

   と、いう

「条・件」でした。

 

「元・夫」は

「離 婚・成立」の
「翌・年」に
「再・婚」しました。

 

「後・妻」は

「二人 の・子供」と

「養子縁組 した・結果」

「養育権 を・得て」

 

「後・妻」が

「二人 の・子供」の

「実・母」に
「成・り」ました。

 

「宏 美」は

「裁・判」を

「起 こ・そう」と

「考 え・ました」が

 

「公 判・中」は

「子 供・には」

「一 切・会わせない」 と

「言 わ・れ」

「泣 く・泣く」

「主・張」を

「取 り・下げ」

   ました。

 

「宏 美」は

「2,009・年」

「51 歳の・時」に

「10 才・年下」で


「舞 台・俳優」の
「今 拓哉」と

「再・婚」

    しました。

 

「年齢 の・せい」か

「二人 の・間」に

「子供 は・いない」
   そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,975・年」の

「ロマンス」〜

「1,988・年」の

「未 成年」まで

 

「14 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「岩崎 宏美」

「ロマンス」

「作・詞」「阿久 悠」

「作・曲」「筒美 京平」

 

あなた お願いよ 席を 立たない で

息がかかる ほど そばに いてほしい

あなた が 好き なんです

 

ひとりで いる のが こわく なる

このまま 逢えなく なり そうで

くちづけ さえ 知らない けれど

これが 愛なの ね

 

もしも とべる なら

とんで ついて 行く

たとえ 嵐でも たとえ 遠く ても

あなた が 好き なんです

まるで 今の 私 迷い子の ようね

あなた が 好き なんです

 

生まれて 始めて 愛され て

私は きれい に なって 行く

甘い 甘い ロマンス なの

しあわせ な 私

 

こんな 私 だから 抱きしめていてね

あなた お願い よ 席を 立たないで

息がかかる ほど そばにいて ほしい

 

あなたお 願いよ 席を 立たないで

息がかかる ほど そばにいて ほしい

 

 

「嵐の前 の・静けさ」を

「英・語」で

 

 「The calm before the storm」と

 

 (「嵐の前 の・静けさ」)

 

 「言・う」そうです。