何気なく使っている言葉の意味

「矢も 盾も・たまらず」

(「やも たても・たまらず」)


「皆さん」は

「矢も 盾も・たまらず」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「矢も 盾も・たまらず」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「一・途」に
 (「いち・ず」)

 「思 い・詰め」て
 「こらえる・事」が

 「出 来・ない」や

 

 「気持ち が・はやって」

 「じっと して・いられず」に

 「行動 を・起こす」

    と、いう

 

 「意・味」の
 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「矢も 盾も・たまらず」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「抑え られ・ない」

 「自分 の・気持ち」を

 「外部からの・攻撃」に

 「例え た・言葉」で

 

 「矢で 反撃・して」も

 「盾 で・防いで」も

 「相手の 攻撃の・勢い」を

 「食い 止める・事」が

 

 「どうにも・出来ず」に

 「耐えられ・ない」
 「事」が

 「由来 に・なった」

 

 「表・現」だ

    そうです。

 

「矢も 盾も・たまらず」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「家・族」が
 「交 通・事故」で

 「入院 した・との」

 「連絡 が・あり」

 

 「矢も 盾も・たまらず」

 「仕事 を・抜け出して」

 「病・院」に
 「駆 け・付け」た。

 

・「彼」が

 「遠方 に・転勤」に

 「なって・しまい」
 「彼・女」は

 

 「矢も 盾も・たまらず」

 「両親の 反対を・押し切り」

 「家」を

 「飛 び・出して」しまった。

 

「矢も 盾も・たまらず」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「居ても立って も・居られない」

   (「いても たっても・いられない」)

 

・「居・る」は

 「座・る」
    と、いう

 「意・味」で

 

 「座る事 も・立つ事」も

 「出 来・ない」
 「事」より

 「心 配・事」や

 

 「期 待・感」で

 「気持ち が・落ち着かず」に

 「じっと・している」

 「事」が

 

 「出 来・ない」
    と、いう

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ、そうです。

 

「矢も 盾も・たまらず」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。


・「肝 が・据わる」

   (「きも が・すわる」)

 

・「腹 が・据わる」

 (「はら が・すわる」)

    と も

 「言・い」

 

 「落ち着い て・いて」

 「並・大抵」の

 「事」では

 「驚 か・ない」や


 「度胸 が・あり」

 「冷静に・判断」し

 「対 処・出来る」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 

「TUBE」は

(「チューブ」)

 

「夏を 待ちきれ なくて」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,993・年」に

「リリース」

   し た

「16 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「チューブ」は

「1,984・年」に
「神奈川 県・座間 市」で

「結 成・した」

 

「男 性・4 人 組」の
「ロック・バンド」

   です。

 

「1,985・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「ベストセラー・サマー」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・13 位」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「あー 夏休み」

「夏を 待ちきれなくて」

「夏を 抱きしめて」等が

「有・り」ます。

 

「1,990・年〜2,004・年」

   まで

「歴 代・2 位」

   と、なる

 

「シングル・曲」が

「15 年・連続」で

オリコン・トップ 10 入り」
   しました。

 

「1,986・年〜2,012・年」
   まで

「歴 代・2 位」

   と、なる

 

「アルバム・曲」が

「27 年・連続」で

オリコン・トップ 10 入り」

   しました。

 

「1,993・年」に

「リリース」した

「16 th ・シングル」

「夏を 待ちきれ なくて」が

 

「シングル・曲」で

「自 身・初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「続・く」

「同・年」に
「リリース」した

「17 th ・シングル」

「だって 夏じゃ ない」

 

「1,994・年」に

「リリース」した

「18 th・シングル」

「夏を 抱きしめて」と

 

「夏 の・歌」が

「3作・廉造」で

オリコン・1 位」に

「成・り」

 

「TUBE = 夏」の

「イメージ」が

「定・着」しました。

 

「アルバム」
   で は

 

「1992・年」に

「リリース」した

「12 th・アルバム」

「納 涼」

 

「1,993・年」に

「リリース」した

「13 th・アルバム」

「浪漫の 夏」

 

「1,994・年」
「リリース」した

「14 th・アルバム」

「終わらない 夏に」が

 

「3作・連続」で

オリコン・1位」に

「成・り」ました。

 

「1,996・年」に

「リリース」した

「16 th・アルバム」

「Only Good Summer」と

 

「2,000・年」に

「リリース」した

「サード・ベスト アルバム」

「TUBE st ・Ⅲ」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「ハワイ」で

「単 独・ライブ」を

「開・催」し

 

「大・盛況」を

「博・し」ました。

 

「2,015・年」に

「リリース」した

「33 th ・アルバム」

YOU TUBE + MY TUBE」が

 

オリコン・4 位」に

「成・り」

レコード大賞・優秀アルバム 賞」を

「受・賞」しました。

 

「同・年」に

「横 浜・アリーナ」で

「単 独・ライブ」を  

「開・催」しました。

 

「2,022 年・6 月」に

「リリース」した

「63 th・シングル」

「夏 立ちぬ」が

 

オリコン・14 位」に

「成・り」

「人気 は・健在」です。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,993・年」の
「夏を 待ちきれなくて」と

「1,998・年」の
「きっと どこかで」で

 

「通 算・2 回」

「出・場」しました。

 

 

「TUBE」

「夏を 待ちきれなくて」

「作・詞」「前田 至輝」
「作・曲」:「春畑 道哉」

 

I love you さえ 言えなくて

想い出には 出来なくて

無理を して 輝いて いた

この 胸の yesterday 

 

波音が 騒げば やがて 夏の 合図

涙は 似合わぬ 季節

きっと 素直に なれる

許せる 気が する

冬を 越せぬ 恋にゃ say good bye 

 

SA・YO・NA・RA さえ 言えなくて

見つめ 合えば 切なくて

ダメ なのに とりつくろ て

もつれてた 二人

SA・YO・NA・RA から 始めよう

燃える よな 恋して みよう

変われる さ 出逢える はずさ

夏を 待ちきれ なくて

 

焼ける 夜風も くすぐられる 純情

裸のままで いい ムード

そうさ 何もかも みんな

眩しく 目に しむ

(「まぶしく」)

あなた 次第 ためらわず に

 

I love you さえ 言えなくて

想い出 には 出来なくて

無理を して 輝いて いた

この 胸の yesterday 

I love you から 始めよう

思い出 はつくる もの

もう 一度 やり直せ そう

夏を 待ちきれ なくて

 

SA・YO・NA・RA さえ 言えなくて

見つめ 合えば 切なくて

ダメ なのに とりつくろ て

もつれてた 二人

SA・YO・NA・RA から 始めよう

燃える よな 恋して みよう

変われる さ 出逢える はずさ

夏を 待ちきれ なくて

 

 

※「矛・盾」

  (「む・じゅん」

 

「矛・盾」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「二つ の・物事」が

 「食い 違って・いて」

 「つじつま が・合わない」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「熟・語」だ
    そうです。

 

「矛・盾」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「中 国・楚の 国」に

              (「そ」)

 「矛と 盾を 売る・商人」が

 (「ほこと たて」)

    いました。

 

 「その  商人は・自慢して」

 「私の 矛は・鋭くて」

 「どんな物 でも・突き通せる」と

 「言・い」

 

 「私の 盾は・堅固」で

 「突き 通せる・もの」は

 「無・い」と
 「豪 語・して」いました。

 

 「あ る・人」が
 「あなた の・矛」で

 「あなた の・盾」を

 「突 き・刺す」と

 

 「どう なり・ます」と

 「尋 ね・る」と

 「商 人・は」

 「グー の音 が・出ず」

 

 「返 す・言葉」が

 「有 り・ません」

    でした。

 

 「商・人」は

 「両 方・同時」に

 「成立 でき・ない」

 「話を して いた・為」に

 

 「矛盾が 生じて・しまい」

 「以・後」
 「前後 の・言動」が

 「一致 して・いない」や

 

 「筋 が・通らず」に

 「つじつま」が

 「合 わ・ない」

 「事」を

 

 「矛・盾」と

 「呼ぶ ように・なった」

 「事」が

 「由・来」だ、そうです。

 

「矛・盾」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「今・日」は

 「あなた」が

 「カレー・ライス」を
 「食べたい と・言うから」

 

 「カレー・屋」に

 「来 た・のに」

 「ハヤシ・ライス」を

 「注文 する・なんて」

 

 「矛盾 して・いる」

    と、しか

 「言い様 が・無」い。

 

・「嘘 を・付く」と

 「必・ず」

 「矛盾が 発生する・ので」

 「勘 の・鋭い」

 

 「彼 女・には」

 「絶対 に・ウソ」は

 「付 け・無」い。

 

「矛・盾」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「二 律・背反」

   (「に りつ・はいはん」)

 

・「あ る・内容」の

 「真 と・偽」は

 (「しん と・ぎ」)

 「両 立・できず」

 

 「どちらか 一方・しか」

 「存在 でき・ない」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

「矛・盾」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「整 合・性」

   (「せい ごう・せい」)

 

・「論理 が・一貫」

 「して・いて」

 「矛盾 が・無い」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「熟・語」だ

    そうです。

 

 

「欅 坂・46」は

(「けやき ざか・

    フォーティー・シックス」)

 

「そんな 不器用さを 守るには

   僕が 盾になるしか ない」の

「歌詞 が・ある」

 

「避 雷・針」

(「ひ らい・しん」)
   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,017・年」に

「リリース」した

「5 th・シングル」

「風に 吹かれても」に

 

「収 録・され」て

   います。

 

「同・シングル」は

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「同・曲」は

「興 和・三次元 マスク」の

「C M・ソング」に

「起 用・され」ました。

 

「欅 坂・46」は

「2,015・年」に

「秋元 康」の

「プロヂュース」で

 

「結 成・され」た

「女・性」の

「アイドル・グループ」

   です。

 

「坂 道・シリーズ」

「第 2・弾」

   と、して

「乃木坂・46」の

 

「関 連・グループ」に

「属・し」

「2,020 年・10 月」に

「櫻 坂・46」に

(「さくら ざか 」)

 

「グループ・名」を

「変・更」しました。

 

「他 の・グループ」と
「一線 を・画し」

「社会 への・反発」を

「訴・え」て

 

「若者 を・中心」に

「絶大 な・支持」を

「得・て」います。

 

「2,016・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

サイレント・マジョリティ」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

「ストライプ・

   インターナショナル」

「メチャカリ」の

 

「C M・ソング」に

「起 用・され」

「女 性・アーティスト」で

「歴 代・最高」の

 

「初 週・売り上げ」を

「記 録・して」

「一・気」に
「トップ・アイドル」に

「上 り・つめ」ました。

 

「代 表・曲」に

 

サイレント・マジョリティー」

「不協 和音」

「黒い 羊」等が

「有・り」ます。

 

「2,017・年」に

「リリース」した

「5 th・シングル」

「風に 吹かれても」

 

「2018・年」に

「リリース」した

「7 th・シングル」

アンビバレント

 

「2,019・年」に

「リリース」した

「8 th・シングル」

「黒い 羊」で

 

「各・々」

「レコード・大賞・
   優秀 作品賞」を

「受・賞」しました。

 

「現 在・まで」に

 

「12・作品」の

「シングル・曲」と

「2・作品」の

「アルバム・曲」を 

 

「リリース」し

「全・て」
オリコン・1 位」に

「成 っ・て」います。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,016・年」の

サイレント・マジョリティ」〜

「2,021・年」の

「流れ 弾」まで

 

「6 年・連続」で

「出 場・中」です。

 

 

「欅坂 46」

「避雷針」

「作・詞」「秋元 康」

「作・曲」「ナスカ」

 

遮断機 降りた ままの

開かずの 踏切みたい

心を 閉ざして 僕を

いつまで 待たせるんだ?

君っていつも 何か 言いかけて

結局 言葉 飲み込む よ

 

古着が 好きなの は

知らない 誰かに なって

本当の 自分 隠して

演じて みたい だけ

今日の 生き方 も

誰かの お古 なのか

どうせ また フリマ 行き

 

どうでも いいけど・・
どうでも よくないし・・
どうにでも なれば いい

毒にも 薬にも ならない

日常は チクタク と

ただ 繰り返す

無駄が 僕たちの

特権だって 主張 して

勿体無い 生産性が ない とか

(「もったいない」)

大人から 見れば 腹立たしい?

君は 何を 放棄したんだ?

そして 何を 諦めたんだ?

でも 強がって 微笑む?

そんなに 不幸に

見えない のは なぜ?

 

君が 気になって しまうよ
AH 面倒臭い その 存在

だって

誰も 理解 できない

ネガティヴ ネガティヴ ネガティヴ

暗い目 を している

そんな 不器用さ を 守る には

僕が その盾 に なるしか ない

世の中 の 常識に 傷つくの なら

君の 代わりに 僕が 炎上して やるさ

いつだって そばに 立ってて やるよ

悪意から の 避雷針

 

警報器 鳴りっぱなし で

意思 なんか 通じない

上下線 何回

通り過ぎれば 開くんだろう?

ずっと 前から 知ってた はずさ 

電車 なんか 来ないって・・

 

一人 が 楽なの は

話さなくて いいから

わかって もらおう なんて

努力も いらないし・・
何も 関わらず 

存在も 知られたく ない

フェードアウト したく なる

 

それでも いいけど・・
それでも 息をして・・
それでも 生きているし・・
いくつの 扉を 閉めたり

鍵を かけて

引きこもって じっとして

ただ 儚すぎる この若さに

(「はかなすぎる」)

萎れる まで

(「しおれる」)

使い きれず 持て余す 時間

過保護な 夢を 殺す だけだ

僕は 何に 惹かれたの?

           (「ひかれ」)

僕は 何に 期待するの?

僕も 不幸に 見えると 言うのか?

 

無関心 は 味方だ

(「君は 感動のない 眼差しで

    僕を 見ていた」)

(「いつだって 味方だ」)

(「信じること は 裏切られる こと

    心を 開くこと は 傷つく こと

    落雷の ような 悲しみに

    打たれない ように・・」)

 

僕は どっち側 に いるの?

AH 扱いにくい その 価値観

だから

きっと 目が 離せない

ポジティブ ポジティブ ポジティブ

君は 君のまま で・・
どんな 理不尽だって 許容できるさ

気配を 消して 支える

 

重箱の隅 を つつかれ たって

僕が 相手に なってやる

平凡な 日々を 今 約束しよう

ここに あるのは 愛の 避雷針

 

 

「矢も 盾も・たまらず」を

「英・語」で

 

「Arrows and ahields are irresistible」と

 

(「矢も 盾も・たまらず」)

 

「言・う」そうです。