何気なく使っている言葉の意味

「善 は・急げ」

(「ぜん は・いそげ」)

 

「皆さん」は

「善 は・急げ」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「善 は・急げ」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

・「善」とは

 「道理 に・かなった

 「事 と・いう」
 「意・味」で

 

 「善 い・こと」を

 「す る・のに」
 「ためら う・な」

    と・いう」

 

 「た と・え」で

 「好機 は・逃すな」と
 「行動 を・促す」

 「時」に

 

 「使 用・される」

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「善 は・急げ」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「仏・教」の
 「最古 の・経典」

 「ダンマバダ」に

 「記 さ・れた」

 

 「下 記・一節」が

 「由・来」だ

    そうです。

 

 「善を 為すのを 急げ

    悪から 心を 避けよ

    善を 緩く したら

    心は 悪事を 楽しむ」

 

 (「善いこと をする のに

    ノロノロ している と

    悪い行為 や 習慣 に

    負けて しまう」)

 

「善 は・急げ」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼・女」は

 「善 は・急げ」を

 「座右 の・銘」に

 「して いる・ので」


 「良い と・思ったら」

 「すぐ に・行動」に

 「移 し・て」いる。

 

・「提 出・期限」は

 「3 日 後・だが」

 「善 は・急げ」

    と、いう

 

 「ことわざ」が

 「有 る・ので」

 「今日 提出・して」

    しまおう。

 

「善 は・急げ」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「思い立った が・吉日」

   (「おもいたった が・きちじつ」)

 

・「何か を・しよう」

    と、いう

 「気 持・ち」が

 「起き た・なら」ば

 

 「日を 選んで・から」

 「やり 始める・より」も

 「先 延ばし・せず」に

 「今・すぐ」に

 

 「始め た・方」が

 「良・い」

       と、いう」

 「意・味」の

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「善 は・急げ」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「急いては 事を・仕損じる」

   (「せいては ことを・しぞんじる」)

 

・「急・く」とは
 (「せ・く」)

 「早 く・行おう」

      と、して

 

 「焦る と・いう」

 「意・味」で

 「物・事」は

 「あ せ・る」と

 

 「失敗 し・やすい」

    と、いう

 「意・味」で

 「戒・め」の

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

 

「堀内 孝雄」は

(「ほりうち たかお」)

 

「急ぐ 命を

   笑い ますか」の

「歌詞 が・ある」

 

「愛しき 日々」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,986・年」に

「リリース」
   し た

「12 th・シングル」で

 

「日 本・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「時代 劇・ドラマ」

「白 虎・隊」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」

「40・万枚」を

「売 り・上げ」る

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「堀内 孝雄」は

「1,949 年・生まれ」で

「大阪 府・大阪 市」

「出・身」の

 

「歌・手」
「作 曲・家」

「俳・優」

「タレント」で

 

「愛・称」は

「ベー・ヤン」

   です。

 

「大 衆・食道」を

「営・む」

(「いとな・む」)
「家・庭」の

 

「3 人・兄弟」の

「末っ・子」
   と、して

「生ま・れ」ました。

 

「私・立」

「桃山 学院・高校」を

「卒 業・後」に

 

「京都 産業・大学」に

「進 学・しました」が

「3 年生 の・時」に

「中・退」しました。

 

「1,972・年」に

「高・校」の

「1 年 先輩・だった」

「谷村 新司」

 

「矢沢 透」と

「共」に

「男 性・3 人 組」の

「フォーク・グループ」

 

「アリス」を

「結・成」し

「同・年」

「23 歳の・時」に

 

「リリース」した

「ファースト・シングル」

「走っておいで 恋人よ」で

「メジャー・デビュー」し

 

「チャンピオン」

「遠くで 汽笛を 聞きながら」

「冬の 稲妻」

「等」の

 

「名・曲」を

「残・し」ました。

 

「堀内 孝雄」は

「アリス」と

   して の

「活動 の・傍」で

 

「1,978・年」に

「リリース」した

「ファース・シングル」

「きみの ひとみ は 10,000 ボルト」で

 

「ソロ・デビュー」を

「果 た・し」

   ました。

 

「同・曲」は

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「愛しき 日々」

「君の ひとみ は 10,000 ボルト」

「恋歌 綴り」等 が

「有・り」ます。

 

「口・髭」が

(「くち・ひげ」)

「トレード・マーク」で

「コンサート」では

 

「歌 の・最後」に

「サンキュー!」

「ありがとう ございましたー」が

「決ま り・文句」でした。

 

「歌 手・活動」の

「他」にも

「作 曲・家」

   と、して

 

「山口 百恵」

(「愛染 橋」)

「五木 ひろし」

(「山 河」)

「等」に

 

「大 ヒット・曲」を

「提・供」

   しました。

 

「1,988・年」に

「リリース」し た

「15 th・シングル」

「ガキ の 頃の ように」が

 

「テレビ・ドラマ」

「はぐれ 刑事 純情派」の

「主 題・歌」に

「起 用・され」

 

「全」

「19・シリーズ」に

「亘・り」

(「わた・り」


「曲」を

「変 え・ながら」

「主 題・歌」を

「務・め」ました。

 

「1,990・年」に

「リリース」

   し た

「20 th・シングル」

 

「恋歌 綴り」で

(「こいうた つづり」)

「日 本・レコード・大賞」に

「輝・き」ました。

 

「現 在・71 歳」

   です か

 

「第・一線」は

「退 い・た」

(「しりぞ い・た」)
   そうです。

 

「私・生活」

   で は

 

「1,972・年」

「23 歳の・時」に

「一般人・女性」と

「結・婚」しました。

 

「長・男」と

「二・男」が

「お り」

「ロック・バンド」

 

「99 Radio Service」で

「そ れ・ぞれ」

「活躍 して・いる」

   そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,988・年」の

「ガキ の 頃の ように」〜

「2,006・年」の

「愛しき 日々」まで

   (「3 回・目」) 

 

「通 算・17 回」

「出・場」しました。

 

「2,001・年」の

「紅 白・では」

「同 年・4 月」に

「病・死」した

 

「親・友」

「河島 英五」の

(「かわしま えいご」)

「代 表・曲」

「酒と 泪と 男と 女」を

「終・始」

「泣 き・ながら」

「歌・い」

 

「視 聴・者」の

「間」で

「話・題」に

「成・り」ました。

 

「堀内 孝雄」

「愛しき 日々」

「作・詞」「小椋 佳」

「作・曲」「堀内 孝雄」

 

風の 流れ の 激しさ に

告げる 想い も 揺れ 惑う

かたくな まで の ひとすじ の 道

愚か者 だと 笑い ますか

もう少し 時が

ゆるやか で あった なら

 

雲の 切れ間 に 輝い て

空しい 願い また 浮かぶ

(「むなしい」)

ひたすら 夜を 飛ぶ 流れ星

急ぐ命 を 笑い ますか

もう少し 時が

優しさ を 投げたなら

愛しき 日々 の はかなさ は

消え残る 夢 青春の 影

 

気まじめ 過ぎた と 

まっすぐ な 愛

不器用者 と 笑い ますか

もう少し 時が 

おだやか に 過ぎた なら

愛しき 日々 は ほろ にがく

一人 夕日 に 浮かべる 涙

 

愛しき 日々 の はかなさ は

消え残る 夢 青春の 影

 

 

※「虫の居所 が・悪い」

  (「むしのいどころ が・わるい」)

 

「虫の居所 が・悪い」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「普・段」は
 「そ ん・な」に

 「気に 触ら・ない」

 「事」でも

 

 「何故 か・非常」に

 「腹が 立って・しまい」

 「怒りっぽ く・なる」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「虫の居所 が・悪い」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「中国 の・道教
    で は

 「人間 は・生まれた」

 「時」から

 

 「体 の・中」に

 「三尸 と・呼ばれる」

 (「さんし」)

 「3 匹 の・虫」が

 

 「棲ん で・いる」と

 (「すん で」)

 「考えられ て・いて」

 「3 匹 の・虫」は

 

 「上・尸」
 (「じょう・し」)

 「中・尸」
 (「ちゅう・し」)
 「下・尸」と
 (「げ・し」)

 

 「呼 ば・れた」
    そうです。

 

 「上・尸」は
 「頭の中 に・棲み」

 「首から上 の・病気」を

 「引き起こ し・たり」

 

 「宝・貨」を

 (「ほう・か」)

 「好 ま・せ」

 

 「中・尸」は

 「腹の中 に・棲み」

 「臓器 の・病気」を

 「引き起こ し・たり」

 

 「大・食」を

 (「たい・しょく」)

 「好 ま・せ」


 「下・尸」は

 「脚の中 に・棲み」

 「腰から 下の・病気」を

 「引き起こ し・たり」

 

 「淫・欲」を

 (「いん・よく」)

 「好 ま・せる」と
 「考えられ て・いた」

    そうです。

 

 「三尸 は・人間」の

 「心の中 の・意識」や

 「感情 を・呼び起こす」と
 「考え ら・れて」

 「その 事・から」

 「虫の居所 が・悪い」とは

 「三尸の居所 が・悪い」
 「為」に

 

 「チョット した・こと」でも

 「不機嫌に なったり・する」

    と、いう

 「考 え・方」が

 「由・来」だ

    そうです。

 

 「ち な・み」に

 「虫が 付く・言葉」に

 「虫 の・知らせ」や

 「虫 が・いい」

 

 「腹の虫 が・収まらない」

 「等」が

 「有・り」ます。

 

「虫の居所 が・悪い」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「普・段」なら

 「笑って・済ませる」

 「冗 談・なの」に

 「彼」は

 

 「虫の居所 が・悪かった」

    の か

 「目を三角 に・して」

 「怒 り・出し」た。

 

・「彼・女」は

 「朝から 機嫌 が・悪く」

 「虫の居所 が・悪そう」

 「だっ た・ので」

 

 「触らぬ 神に・祟りなし」で

 (「さわらぬ かみに・たたりなし」)

 「声 を・掛ける」

 「事」は

 「止・め」た。

 

「虫の居所 が・悪い」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「へそ を・曲げる」

   (「へそ を・まげる」)

 

・「機嫌 を・損ね」て

 「意固地 に・なる」や

 「気に 入ら・ない」

 「事」が

 

 「有 っ・て」

 「わざ と・意地悪する」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「虫の居所 が・悪い」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「気 分・上々」

   (「き ぶん・じょうじょう」)

 

・「気持ち の・状態」が

 「非常 に・良く」

 「最高 の・気分」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

 

Official 髭男 dism」は

(「オフィシャル・ひげだん・

     ディズム」)

 

「悪者 は

  僕だけで いい」の

「歌詞 が・ある」

 

「イエスタデイ」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,019・年」に

「リリース」した

「セカンド・アルバム」

「Traveler」の

 

「リード・曲」で

「同・アルバム」は

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「又、同 曲」は

「アニメ・映画」

HELLO WORLD」の

「主 題・歌」に

 

「起 用・され」て

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「オフィシャル・ひげだん・

   ディズム」は

「2,012・年」に

「結 成・され」た

 

鳥取 県・出身」の

「男 性・4 人組」の
「ピアノ・ポップ・

   バンド」で

 

「愛・称」は

「ヒゲ・ダン」

   です。

 

「髭」の

(「ひげ」) 

「似合 う・歳」に

「成 っ・て」も

 

「誰・も」が

「ワクワク・する」

「様」な

「音・楽」を

 

「4 人 の・メンバー」で

「ずっと・続け たい」

   と、いう

「願い を・込め」

 

「バンド・名」を

「名・付け」た

   そうです。

 

「3 年・間」の

「インディーズ」

「経・験」を

「経・て」

 

「2,018・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「ノー ・ダウト」で

「メジャー・デビュー」

   しました。

「同・曲」は

オリコン・51 位」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「Pretender」

「I・LOVE」

「Laughter」等 が

「有・り」ます。

 

「2,019 年・5 月」に

「リリース」

   し た

「セカンド・シングル」

 

「Pretender」が

「映・画」
「コンフィデンス マン JP・

   ロマンス 編 -」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」

ビルボード

   ランキング」で

 

「1 位 と・なる

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」

   しました。

 

「同・曲」は
オリコン・週間」

「ストリーミング・

   ランキング」で も

 

「1・位」を

「獲・得」し

あいみょん」が

「歌 っ・た」

 

「マリー・ゴールド」の

「連 続・記録」を

「23・週」で

「阻・止」し

 

「バンド」は

「大・ブレイク」を

「果 た・し」

   ました。

 

「2,019 年・10 月」に

「リリース」

   し た

「セカンド・アルバム」

 

「Traveler」が

「自 身・初」の

オリコン・1位」に

「成・り」ました。

 

「2,021 年・8 月」に

「リリース」

   し た

「サード・アルバム」

 

「E ditorial」も

オリコン・1 位」に

「成・り」

「アルバム・2 作」が

 

「連 続・して」

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,020 年・2 月」に

「リリース」

   し た

「4 th ・シングル」

 

「I・LOVE ・・」が

ビルボード・ジャパン
   ストリーミング・

   ソングス」で

 

「再 生・回数」が

「歴 代・記録」を

「大幅 に・更新」し

「6 週・連続」で

 

「1 位 を・獲得」し

「TBS ・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」で


「上白石 萌音・主演」の

「恋は続くよどこまでも」の

「主 題・歌」に

「起 用・され」ました。

 

「2021 年・8 月」に

「リリース」

   し た

「サード・アルバム」

 

「Editorial」が

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

「2,022 年・4 月」に

「リリース」した

「7 th・

「デジタル・シングル」

「ミックス・ナッツ」が

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,019・年」の

「Pretender」と

「2,020・年」の

「I・LOVE」で

 

「2 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

Official 髭男 dism」

「イエスタディ」

「作・詞」「作・曲」
「藤原 聡」

 

何度 失ったって 

取り返して みせるよ

雨上がり 虹が かかった

空みたいな 君の 笑みを

例えば その代償 に

誰かの 表情を

曇らせて しまったって いい

悪者 は 僕だけで いい

 

本当は いつでも 誰も と

思いやり あって いたい

でも そんな 悠長な 理想論 は

             (「ゆうちょう」)

ここで 捨てなくちゃな

 

遥か 先で 君へ

狙いを 定めた 恐怖を どれだけ

僕らは はらい切れる んだろう?

半信 半疑 で 世間体

気にして ばかり の イエスタディ

ポケット の 中で 怯えた この手 は

まだ 忘れられない まま

 

「何度 傷ついたって

   仕方ないよ」と 言って

うつむいて 君が こぼした

儚く なまぬるい 涙

(「はかなく」)

ただの 一粒 だって

僕を 不甲斐なさで 溺れさせて

理性を奪うには十分過ぎた

 

街の クラクション も サイレン も

届きや しない ほど

 

遥か 先へ 進め 身勝手 すぎる 恋だと

世界が 後ろから 指差して も

振り向かず 進め 必死 で

君の元へ 急ぐよ

道の 途中で 聞こえた SOS さえ

気づかない ふり で

 

バイバイ イエスタディ ごめんね

名残惜しい けれど 行くよ

いつかの 憧れと 違う 僕でも

ただ 1 人 だけ 君 だけ

守るため の 強さを

何よりも 望んで いた

この手 に 今

 

遥か先へ 進め 幼すぎる 恋だ と

世界が 後ろから 指差して も

迷わず 進め 進め

2 人 だけ の 宇宙へ と

ポケット の 中で 震え た

この手 で 今 君を 連れ出し て

 

未来の 僕は 知らない

だから 視線は 止まら ない

謎めいた 表現技法

意味深 な 君の 気性

 

アイラブユー さえ 風に

飛ばされそう な 時でも

不器用 ながら 繋い だ

この手 は もう 決して 離さず に

虹の 先へ

 

 

「善 は・急げ」を

「英・語」で

 「Strike while the iron is hot」と

 

 (「善 は・急げ」)

 

 「言・う」そうです。