何気なく使っている言葉の意味

「惚れ た・腫れた」

(「ほれ た・はれた」)

 

「皆さん」は

「惚れ た・腫れた」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使った ・事」は

「有・り」ませんか?

 

 

「惚れ た・腫れた」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「恋」に

 「夢中に なっ て・いる」
 「事」を

 「強調 した・表現」で

 

 「そう した・相手」を

 「からかっ て・用 いる」

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「惚れ た・腫れた」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「惚 れ・た」とは

 「好き に・なった」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「腫 れ・た」とは

 「恋 の・病」に

 「陥 っ・て」

 「炎症 を・起こし」て

 

 「はれ て・しまう」

 「病気 に・かかる」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「惚れ た・腫れた」とは

 「〜れた、〜れた」と

 「語呂 を・良くした」

 「表・現」で

 

 「恋 に・浸り」

 「心」が

 「赤く 腫れて・しまう」

 「事」が

 

 「由・来」だ

    そうです。

 

「惚れ た・腫れた」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

・「結・婚」を

 「間近 に・控えた」

 「後輩 に・とって」は

 「夢のない 話・だが」


 「惚れ た・腫れた」は

 「恋 愛・中」や

 「新婚 中・だけ」で

 「それ を・過ぎる」と

 

 「互・い」に

 「変わっ て・しまう」と

 「アドバイス・して」

    やった。

 

・「二・人」は

 「惚れ た・腫れた」と
 「夢中 に・なっている」が

 「近年 の・統計」では

 

 「例 え・ば」

 「年間 の・結婚 件数」が
 「30・万件」

 「有・る」と

 

 「年間 の・離婚 件数」が

 「10・万件」も

 「有・る」

    と、いう

 

 「厳し い・現実」を

 「知っ・て」欲しい。

 

「惚れ た・腫れた」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「首 っ・たけ」

   (「くび っ・たけ」)

 

・「足元 から・首まで」
 「ど っ・ぷり」と

 「はま り・こむ」

 「様」に

 

 「異・性」に
 「恋愛感情 を・抱き」

 「メロ・メロ」に

 「なっている・様子」を

 

 「表し た・言い回し」で

 「少 し・だけ」
 「好意 を・持っている」

 「程・度」で

 「用い る・には」

 「相応 しく・ない」

 「表・現」だ

    そうです。

 

「惚れ た・腫れた」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

・「惚れた腫れた は・当座の内」

   (「ほれたはれた は・とうざのうち」)

 

・「男女 が・互い」に

 「惚 れ・た」り

 「惚れ ら・れた」り

    し て


 「夢中 に・なる」

 「時・期」は

 「恋愛中 や・新婚」の

 「内・だけ」で

 

 「い ず・れ」は

 「現・実」や

 「日々 の・生活」に

 「追 い・回され」て

 

 「所 帯・じみ」

 「なり ふり・構わなく」

 「成・る」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

 

「増位山 太志郎」は

(「ますいやま だいしろう」)

 

「そんな 夕子 に ほれました」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,974・年」に

「リリース」

   し た

「サード・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「増位山  太志郎」は

「1,948 年・生まれ」で

「兵庫 県・姫路 市」

「出・身」の

「歌・手」

「元・力士」です。

 

「7 代目・増位山」の

(「大・関」) 

「長男 と・して」

「誕・生」しました。

 

「日大 一中・高校」の

「時・代」は

「水 泳・部」に

「所・属」し

 

「インター・ハイ」
   に も

「出・場」しました。

 

「1,967・年」

「19 歳の・時」に

「周囲 の・反対」を

「押 し・切り」

「父・親」が

「親方 を・務める」

三保ヶ関・部屋」に

「入・門」しました。

 

「1,968・年」に

「父 の・四股名

          (「しこな」)

「増位山」を

「継・ぎ」ました。

 

「身 長・182  cm」

「体 重・116  kg」の

「均整 の・取れた」

「細身 の・体型」でした。

 

「小 兵・ながら

(「こ ひょう」)

「多彩 な・技」で
「1,980・年」に


「史 上・最 年長」の

「31 歳・2 ヶ月」で

「大・関」に

「昇・進」しました。

「1,981・年」

「33 歳の・時」に

「ケガ に・より」

「現役 を・引退」し

三保ヶ関・部屋」の
「親方 と・して」

「父 の・跡」を
「継・ぎ」ました。

 

「師匠 で・ある」

「父 親・から」

「相 撲・だけ」を

「やっ て・いて」は

 

「人・間」に

「幅 と・奥行き」が

「出てこな い・ので」

「何でも いい・から」


「やっ て・みて」

「芸 を・身につけろ」と
「アドレス・され」

   ました。

「1,972・年」

「十 両・力士」の

「時」に

「リリース」した

 

「ファースト・シングル」

「いろは 恋歌」で

「歌 手・デビュー」

   しました。

 

「代 表・曲」に

 

「そんな 夕子 に ほれました」

「そんな 女の ひとりごと」

「男の 背中」等が

「有・り」ます。

 

「1,974・年」に

「リリース」

   し た

「サード・シングル」

 

「そんな 夕子 に ほれました」が

「120・万枚」を

「セールス・する」

「ミリオン・セラー」の

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「1977・年」に
「リリース
   し た

「8 th・シングル」

 

「そんな 女の ひとりごと」も

「130・万枚」を
「セールス・する」

「ミリオン・セラー」の

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「1,976・年」に

「おゆき」を

「歌・い」

「大・ヒット」した

「将・棋」の

「内藤 国雄」

「元 棋聖・王位」と

「共・に」

 

「異 色・歌手」と

「呼 ば・れ」ました。

 

「2,013・年」に

「日 本・相撲 協会」を

「定 年・退職」

   しました。

 

「現 在・73 歳」

   です が

 

「ちゃんこ 鍋・店」を

「営 む・傍」で

(「いとな む・かたわら」)

「2,020・年」に

 

「新曲 を・発表する」等

「歌 手・活動」も

「継続 して・いる」

   そうです。

 

「私・生活」
   で は

 

「1,973・年」

「23 歳の・時」に

「一般人・女性」と

「結・婚」し

 

「二人 の・孫」が

「い る」そうです。

 

「紅 白・歌合戦」の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「増位山 太志郎」

「そんな 夕子 に ほれました」

「作・詞」「海老名 香葉子」

「作・曲」「山路 進一」

 

やさしい ことば 暗い 過去

みんな 鏡が しって いる

一人 ぼっち の かわいい 女

そんな 夕子 に・・・
そんな 夕子 に ほれ ました

 

小さな 一間 アパート に

       (「ひとま」)

白い お鍋 が 光って た

ソッ と 生きてる かわいい 女

そんな 夕子 に・・・
そんな 夕子 に ほれ ました

 

グラス を もつ手 ふるわせ て

愛が 欲しい と ないて いた

ナイト・クラブ の かわいい 女

そんな 夕子 に・・・
そんな 夕子 に ほれ ました

 

キャベツ を きざむ 手を 止めて

今日 は この まま 側に いて

いつも 甘える かわいい 女

そんな 夕子 に・・・
そんな 夕子 に ほれ ました

 

 

※「惚れて 通えば・千里も一里」

(「ほれて かよえば・

    せんりも いちり」)

 

「惚れて 通えば・千里も一里」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「愛し い・相手」に

 「会いに 行く・時」は

 「遠 い・道のり」も

 「短く 感じる・事」や

 

 「惚れ た・相手」の

 「為」に

 「自分 が・好き」で

 「す る・事」は

 

 「どん な・苦労」も

 「苦 に・ならない」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「惚れて 通えば・千里も一里」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「江 戸・時代」に

 「大 成・された」

 「七・七・七・五」

 「調」の

 

 「都都逸・扇歌」の

 (「どどいつ・せんか」)

 「下 記・歌」が

 「由・来」だ、そうです。

 

 「惚れて 通えば・千里も 一里」

 「遭わずに 戻れ ば・また 千里」

 

 (「惚れた恋人に 会うため なら

     千里もの 道のり も

     一里ほどに しか 感じない

    また、千里もの 道のり を

 

    歩いてきた のに、

    会えずに 帰る時 にも

    また 千里の 道のりを 歩く」)

 

 「里」とは

 (「り」)

 「距離 を・表す」

 「単・位」で

 「一・里」は

 「約・4 km」で

 「千・里」は

 「約・4,000 km」です。

 

「惚れて通え ば・千里も一里」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「大学生・時代」に

 「待合 せ・場所」を

 「間違 え・て」

 「彼・女」は

 

 「惚れて 通えば・千里も一里」で

 「3 時間 以上・かけて」

 「上・京」し

 「2 時間 以上・待った」

 

 「挙句 の・果て」に

 「会えず・じまい」で

 「帰し た・事」が

 「有っ・た」が

 「おそ ら・く」

 「帰 り・道」は

 「とて も・長く」

 「感じ た・はず」で

 

 「本・当」に
 「罪な事 を・した」と

 「反 省・した」

 「記・憶」が、ある。

 

・「惚れて 通えば・千里も一里」

    と、いう

 「ことわざ」が

 「有・る」が

 

 「遠距離・恋愛」の
 「50・%」は

 「半 年・以内」に

 「破局する と・いう」

 

 「統計 が・ある」

    そうだ。

 

「惚れて 通えば・千里も一里」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「遠くて 近き は・男女の 仲」

   (「とおくてちかき は・

       だんじょの なか」)

 

・「千・里」も

 (「遠・い」)

 「一・里」より

 (「近・い」)

 「類 義・語」

    と、して

 「成 り・立つ」

    そうです。

 

 「男性 と・女性」は

 「精 神・的」に

 「離れ た・関係」と

 「思われ て・いる」が

 「思って いる・ほど」

 「そ ん・な」に

 「離れ た・関係」では

 「無・く」

 

 「いつの 間・にか」

 「互い に・近付き」

 「結びつい て・しまう」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「惚れて 通えば・千里も一里」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「惚れた が・因果」

   (「ほれた が・いんが」)

 

・「惚れ て・しまった」

 「以・上」は

 「それ が・原因」で

 「苦労 する・事」も

 

 「運命 で・あり」

 「止む を・得ない」

    と、いう

 「意 味・合い」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 

「大塚 愛」は

(「おおつか あい」)

 

「あなたが 恋しくて

   恋しくて」の

「歌詞 が・ある」

 

「大好き だよ。」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,004・年」に

「リリース」した

「6 th・シングル」で

NHK・テレビ」で

 

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

「トキオ 父への伝言」の

「主 題・歌」に

 

「起 用・され」て

オリコン・3 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「大塚 愛」は

「1,982 年・生まれ」で

「大阪 府・大阪 市」
「出・身」の

 

「シンガー・ソング・
   ライター」

「女・優」

「イラスト・レーター」

 

「絵 本・作家」

「小 説・家」で

「愛・称」は

「愛 ちゃん」です。

 

「幼少 の・頃」から

「ピアノ」と

「水・泳」を

「習・い」

 

「似 顔・絵」を

「描 く・事」も

「大 の・得意」で
「多芸 に・秀で」て

 

「小学 生・時代」は

「漫 画・家」に

「な る・事」が

「夢」でした。

 

「音楽 も・得意」で

「14 歳の・時」に

「大・阪」で

「開 催・され」た

 

「ORC  ヴォーカル・

   コンテスト」

ティーンズ・部門」で

「優・勝」しました。

 

「府・立」

「港 南・高校」
「卒 業・後」に

 

「大阪 芸術・大学」

「短期 大学・部」

「保 育・科」に

「進・学」し

 

「幼稚 園・教諭」と

「保 育・士」の

「資・格」を

「保・有」しました。

 

「高校 生・時代」に

「音 楽・事務所」

「サン・ミュージック」に

「所・属」し

「持 ち・込んだ」

「自・作」の

「デ モ・テープ」が

「エイベックス・社」の

「審 査・員」の

「目 に・留ま」り

「メジャー・デビュー」が

「決・定」しました。

 

「2,003・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「桃 ノ 花ビラ」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・24 位」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

プラネタリウム

さくらんぼ」

PEACH」等が

「有・り」ます。

 

「同・年」に

「リリース」

   し た

「セカンド・シングル」

 

さくらんぼ」が

「ロング・ヒット」し

オリコン・4 位」

   なが ら

 

「自 身・最大」の

「セールス」を

「記・録」しました。

 

「翌・年」の

「2,004・年」に

「同・曲」で

 

「レコード・大賞・

   最 優秀・新人賞」を

「受・賞」し

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」
   しました。

 

「同・曲」は

「2,004・年」に

「着・うた」

「史 上・初」の

 

「100・万件」

「ダウン・ロード」を

「記・録」しました。

 

「2,004・年」に

「リリース」した

「セカンド・アルバム」
LOVE JAM

 

「2,005・年」に

「リリース」した

「8 th・シングル」

「SMILY」

 

「同・年」に

「リリース」した

「1 0 th・シングル」

プラネタリウム

 

「同・年」に
「リリース」した

「4 th ・アルバム」

「LOVE PIECE」

 

「2,007・年」に

「リリース」した

「15 th・シングル」

PEACH

 

「同・年」の

「ファースト」

ベスト・アルバム

「愛 am BEST」

 

「2,009・年」の

「セカンド」

ベスト・アルバム

「LOVE is BEST」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,013・年」

   よ り

「絵 本・作家」

   と、して

 

「活・動」を

「開・始」しました。

 

「2,020・年」に

「小説 時代」

「9 月・号」に

「処 女・作」

 

「開けちゃ・

   いけないん だよ」を  

「寄・稿」し

(「き・こう」) 

 

「小 説・家」

   と、して

「デビュー」

   しました。

 

「私・生活」

   で は

 

「2,010・年」

「28 歳の・時」に

「音 楽・グループ」

RIP SLYME」の

 

「メンバー」で

「9 才・年上」の

「S U」と

「結・婚」しました。

 

「2,011・年」に

「第一・子」

「長・女」を

「出・産」しました。

 

「2,018・年」に

「S U」の

「浮気 が・原因」で

「離・婚」しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,004・年」の

さくらんぼ」〜

「2,009・年」の

「I  s」まで

 

「6 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「大塚 愛」

「大好きだよ。」

「作・詞」「作・曲」

「愛」

 

なんだか あなた の コト

思い出す のが もったいない よ

あたしだけ の ものに

しておきたい から

なんだ か あなた の コト

思い出すの ヤだ よ

だって 1 人で にやけて

はずかしい よ

 

徹夜で 帰ってきて 疲れてる のに

だっこ して くれて

夢の中に いても わかった よ

 

あなた が 恋しくて 恋しくて

これ 以上 どうしようも なくて

あなた が 恋しくて 恋しくて

ずっと ずっと 大好き だよ

 

知ってた? あの夜 にね

2 人で ドライブ に 行った 時

バイク の 後ろ座席 で 願った コト

知ってた? あの夜 にね

2 人で 見上げた 星空 に

あなた と あたし の

幸せが 見えた よ

 

たった1つ の

転がって いた あたし を

綺麗に してくれ て いつ だって

支えて くれた

 

あなた が 恋しくて 恋しくて

これ 以上 離れたく ない よ

あなた が 恋しくて 恋しくて

ずっと ずっと 大好き だよ

 

あなた が 恋しくて 恋しくて

これ 以上 どうしよう も なくて

あなた が 恋しくて 恋しくて

 

ずっと ずっと ずっと ずっと

ずっと ずっと 大好き だよ ラララ

 

 

「惚れ た・腫れた」を

「英・語」で

 

 「Fall in love with swelling」と

 

 (「惚れ た・腫れた」)

 

 「言・う」そうです。