何気なく使っている言葉の意味

「奥歯に 物が・挟まる」

(「おくばに ものが・はさまる」)

 

「皆さん」は

「奥歯に 物が・挟まる」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「奥歯に 物が・挟まる」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「自・分」の

 「思って・いる」
 「事」を

 「ハッキリ・言わず」に

 

 「何・か」を
 「隠し て・いる」

 「様」な

 「言 い・方」の


 「たとえ」や

 「言・葉」を

 「ボカシ・たり
 「にごした り・して」

 

 「聞く側 から・する」と

 「何 と・なく」

 「スッキリ・しない」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「奥歯に 物が・挟まる」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「奥歯 の・間」に

 「物 が・挟まれ」ば
 「いつ に・無く」

 「発・音」が

 

 「不明瞭 に・なる」

 「事」が

 「由・来」だ

    そうです。

 

「奥歯に 物が・挟まる」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」が

 「彼女 に・告白する」と

 「彼・女」は
 「首 を・横に振り」

 「NO と・答えたので」

 「理由 を・聞く」と

 「奥歯に 物が・挟まった」

 「様」な

 

 「曖・昧」で
 (「あい・まい」)

 「意 味・不明」な

 「答・え」が


 「返っ て・来た」

    そうだ。

 

・「新入社員 の・ミス」を

 「指 摘・した」ら

 「奥歯に 物が・挟まった」

 「様」な

 

 「言い方 を・したので」

 「後・日」に

 「面接 を・行った」ら

 「自分 の・指示ミス」が

 

 「原因だった・事」が

 「分 か・り」

 「謝・罪」した。

 

「奥歯に 物が・挟まる」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「奥歯 に・衣 着せる」

   (「おくば に・きぬ きせる」)

 

・「思っ て・いる」

 「事」を
 「素直 に・言わず」に

 「遠 回・し」に

 

 「思わ せ・ぶり」な

 「言い方 を・する」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「奥歯に 物が・挟まる」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「歯に 衣・着せぬ」

   (「はに きぬ・きせぬ」)

 

・「思っ た・こと」や

 「感じ た・こと」を

 「遠慮 する・こと」

 「無・く」

 

 「相・手」に

 「ず け・ずけ」と

 「言って・のける」

    と、いう

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 

UVERworld」は

(「ウーバー・ワールド」)

 

「諦めた 悔しさが 今も

   奥歯に 挟まる」の

「歌詞 が・ある」

 

「Forget」

(「忘れる」)

   と、いう

「歌を・歌い」ました。

 

「2,009・年」に

「リリース」

   し た

「4 th・アルバム」

 

「AwakEVE」に

「収 録・されて」
   います。

 

「同・アルバム」は

オリコン・2 位」に

「成・り」ました。

 

「ウーバー・ワールド」は

「2,000・年」に

「結 成・され」た

「全・員」が

「滋賀 県・出身」の

「男 性・6 人 組」の

「ロック・バンド」です。

 

「ドイツ・語」で
「越 え・る」を

「意 味・する」

uber」と

 

「英・語」の
「over」を

「組 み・合わせ」た

「造・語」で

「自分達の 世界をも・越える」

   と、いう

「意味 を・込めて」

「UVERWworld」と

 

「グループ・名」を

「名 付・け」ました。

 

「2,005・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「D - tecnoLife」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は
オリコン・4 位」の

「ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「儚くも永久の カナシ」

「THE OVER」

「AVALANCHE」等 が

「有・り」ます。

 

「2,008・年」に

「リリース」

   し た

「12 th・シングル」

 

「儚くも 永久の カナシ」が

「TBS・テレビ」で

「放 送・され」た

「テレビ・アニメ」

 

「機動 戦士・ガンダム」の

「オープニング・

   テーマ 曲」に

「起 用・され」

 

「シングル・曲」で

「自 身・初」の
オリコン・1位」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「日 本・武道館」で

「単 独・ライブ」を

「開・催」しました。

 

「ウーパー・ワールド」の

「ライブ・形式」は

 

「男 性・のみ」の
「観・客」で

「構 成・する」

「男・祭り」


「女 性・のみ」の
「観・客」で

「構 成・する」
「女・祭り」

 

「客・席」を

「中・央」で

「男 性・席」と
「女 性・席」に

 

「分 け・る
「3・形態」で

「開 催・され」ます。

 

「アルバム」

   で は

 

「2,019・年」に

「リリース」した

「10 th・アルバム」

「UNSER」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「映 像・作品」

   で は

 

「2,008・年」に

「リリース」した

「セカンド」

「映 像・作品」

「PROGLUTION」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,011・年」に

「日 本・武道館」で

「4年・連続」

   と、なる

 

「クリスマス・ライブ」を

「開催 し・自身初」の

ライブ・ビューイング」を

「行・い」

 

「全 国・映画館」
「62 ヶ・所」の

「他」に

「中 国・香港」

「台・湾」の

「映 画・館」で

「観・客」を

「動・員」しました。

 

「2,017・年」に

「さいたま・スーパー ドリーム」で

「アーティスト・史上」

「最・大」の

 

「23,000・人」を

「動 員・した」

「男 祭・り」を

「開・催」しました。

 

「2,018・年」に

「日 本・武道館」で

「男 祭・り」を

 

「横 浜・アリーナ」で
「女 祭・り」を

「同・日」に

「開 催・する」

 

「初 の・ライブ」を

「敢・行」しました。

 

「2,019・年」に

「東 京・ドーム」で

「男・祭り」を

「開・催」し

 

「日 本・新記録」
   と、なる

「45,000・人」の

「男性 を・動員」しました。

 

「2,021 年・12 月」に

「11 th・アルバム」

「3 0」を

「リリース」し

 

オリコン・2 位」に

「成・り」ました。

 

「現 在・まで」に
「40・作品」の

「シングル・曲」を

「リリース」し

 

「38・作品」が

オリコン

「5 位・以内」に

「成 っ・て」います。

 

「13・作品」の

「アルバム・曲」を

「リリース」し

「全・作品」が

 

オリコン
「5 位・以内」に

「成 っ・て」

   います。

 

「紅 白・歌合戦」の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

UVERworld

「Forget」

「作・詞」「TAKUYA」

「作・曲」「UVERworld

 

いつか 受けいられる ように と

僕達に 備えられた 

忘れると いう 機能

立てない くらい 辛い 出来事 は

引き出し には しまえず に

忘れなきゃ 生きても いけない

悲しい 万物 霊長

(「ばんぶつ れいちょう」)

 

昨日 食べたもの なんて

何一つ 覚えて ない

そもそも 食べたか さえ

もう 記憶に 無い し

適当って のも 悪くは ないぜ

 

だって そうだろう?

細胞の 構造に 任せ

単純に 心に ない

わけじゃ ないんだ よ

 

いつか 受けいられる ように と

僕達に 備えられた 

忘れると いう 機能

時々 忘れちゃ いけないこと まで

忘れる のに

どうして そんなに

寂しそう な 顔して

あいつ が 忘れられない と

嘆く君の横顔 は

いつも より 綺麗だ よ

むしろ 忘れたくは ないと 思って

生きる 毎日を 見てる と

誰も皆 悲しみ と 付き合って

生きて いくん だろう

 

あの子 と 付き合って

いた頃 の 思い出 も

何一つ 覚えて いない

そもそも どこに 惚れてた かも

もう 記憶に ない し

心ない わけじゃ ない けど

便利な 機能に 寄りかかって いる

 

いつか 受けいられる ように と

僕達に 備えられた 

忘れる という 機能

時々 忘れちゃ いけないこと まで

忘れる のに

どうして そんなに

難しい顔 を して

何も 変えられない と 気づい て

諦めた 悔しさ が

今も 奥歯に 挟まる

一人で 当たり 散らし て

気が 済むまで 泣き明かし て

そうやって 悔しさ と 上手く

付き合って でっかく なれ よ

 

生まれながら 与えられた

この 機能 も

時として 残酷に 思えること も

悲しい 思い出 は

悲しい ままで いいの に

 

「あなた は 長生き してね」

最後に 残して いった

あの人 の 優しい 寝顔 も

立ち上がれ ない くらい

悲しい 出来事だった のに

楽に なっていく 自分 大嫌い だ

 

忘れて いかない と 生きて いく

ことも 出来ない 悲しい 生き物

思い出じゃ 生きて いけない し

僕らにも 限りは あるし

それで いいんだ よ

これで いいんだ よな

刹那に 生きる 万物 霊長

(「せつな」)

 

 

※「白い歯 を・見せる」

(「しろいは を・みせる」)

 

「白い歯 を・見せる」の

「意・味」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「親しみ や・喜び」を

 「込 め・て」

 「ニコッ と・笑う」や

 「喜び を・表現」し

 

 「笑顔 を・見せる」

    と、いう

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ、そうです。

 

「白い歯 を・見せる」の

「由・来」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「口元を ゆがめ て・笑う」

 「様」な

 「皮肉 な・笑顔」で

 「無・く」

 

 「明る く・ほがらか」に
 「笑 う・時」に

 「白い歯 を・見せる」
 「事」が

 

 「由・来」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「白い歯 を・見せる」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「白い歯 を・見せ」

 「うなずく・様」に

 「軽く会釈 を・しながら」

 「ニッコリ と・微笑む」

 

 「彼女 の・顔」は

 「本・当」に
 「魅 力・的」だった。

 

・「普・段」は
 「仏頂面 な・上司」は

 「何 か・良いこと」が

 「あった・のか」

 

 「珍 し・く」

 「白い歯 を・見せながら」

 「機嫌 良く・話しかけて」

 「来 た・ので」

 

 「面・食らって」

    しまった。

 

「白い歯 を・見せる」の

「類 義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「破 顔・一笑」

   (「は がん・いっしょう」

 

・「腹 を・抱え」て

 「大笑いする の・では」

 「無・く」

 「緊張し た・真面目」な

 

 「面持ち から・一転して」

 「ニッコリ と・笑みをこぼす」

 「様」に

 「白い歯 を・見せて」

 

 「軽 く・笑う」や

 「ほ ほ・笑む」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

「白い歯 を・見せる」の

「対 義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「顔 を・しかめる」

   (「かお を・しかめる」)


・「眉を ひそめ・たり」

 「口を への字 に・結んだり」

    して

 「顔 を・ゆがめ」て

 

 「不快さ を・示す」

    と、いう

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ、そうです。

 

 

「モーニング 娘」は

 

「白い歯の 笑顔を 思い出す

   しょうがない 夢追い人」の

「歌詞 が・ある」

 

しょうがない 夢追い人

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,009・年」に

「リリース」

   し た

「39 th・シングル」で

 

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「モーニング 娘」は

「1,997・年」に
「結 成・され」た

「女 性・アイドル」

 

「ヴォーカル &

   ダンスグループ」です。

 

「モーニング・セット」の

「様」に

「色 々・ついてきて」

「盛り沢山 で・おトク 感」を

「意図 した・ユニット」で

「生みの親 で・ある」

つんく ♂」が

「命・名」しました。

 

「1,998・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「モーニング コーヒー」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・6 位」の

「ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「LOVE マシーン」

「ハッピー・サマー・ウェディング」

「ザ☆ピース!」等が

「有・り」ます。

 

「同・年」に

「リリース」した

「サード・シングル」

「抱いて HOLD ON ME」が

 

「グループ・初」の

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

「レコード・大賞・
   最優秀 新人賞」他

「各種 新人賞・レース」を

「総ナメ に・して」

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「邦 楽・アーティスト」

「女 性・グループ」

   と、して

「下・記」の

 

オリコン・記録」を

「維持・して」います。

 

・「シングル

       オリコン・トップ 10 入り

       作品 数・70 作」

   (「邦楽 アーティスト・歴代 1 位」)

 

・「シングル

       CD オリコン連続トップ 10 入り

      獲得 年数・24 年」

 (「女性グループ・歴代 1 位」)

 

・「アルバム

       連続 オリコン・トップ 10 入り

       獲得 年数・10 年」

  (「 女性グループ・歴代 1 位」)

 

・「アルバム

      通算 オリコン・トップ 10 入り

      作品 数・19 作品」

 (「女性グループ・歴代 1 位」)

 

「現 在・まで」に

 

「71・作品」の

「シングル・曲」を

「リリース」し

「内」

 

「19・作品」が

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「20・作品」の

「アルバム・曲」を

「リリース」し

「内」

 

「4・作品」が

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,998・年」の

「抱いて HOLD ON ME」〜

「2,007・年」の

「LOVE マシーン」他 まで

 

「10 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「モーニング 娘」

「どうしようもない夢追い人」

「作・詞」「作・曲」
つんく

 

これ以上 長く 一緒に 居ると

私も ダメ に なりそう

あなた の 夢が 叶う なんて

いつ なの?

 

まるで 少年 ね いつも キラキラ

したいこと ばかり してる

その瞳を 好きに なった あの日

  (「め」)

 

時間が 過ぎた こと

あなた わかって いるの?

AH 学生の 気分で 居るのね

 

何も 知らない あなた の

寝顔を 見ている と

思い出 と 涙が 溢れ てく

 

これで 最後 と 何度 も

頭を よぎる けど

白い歯 の 笑顔 を 思い出す

 

しょうが ない 夢追い 人

 

それでも 今夜 で 本当に 最後

心に 誓った けれど

そんな日 に 限って やさしく

する のね

 

あなた わかる でしょう?

現実と いう

大きな壁 が あるのを

気づかない フリ している だけでしょ?

 

何度も あきらめた

あなた と 進むのを

AH どうして も ふんぎり が つかない

 

何も 知らない あなた の

洋服に アイロン

してる 手に 涙が 落ちて ゆく

 

いつか あなた の その夢

叶う時 来るの かな

2 人 して 祝福 出来る かな

 

しょうが ない 夢老い 人

 

何も 知らない あなた の

寝顔を 見ている と

思い出 と 涙が 溢れ てく

 

何も 知らない あなた の

洋服に アイロン

してる 手に 涙が 落ちて ゆく

 

いつか あなた の その夢

叶う時 来るの かな

2 人 して 祝福 出来る かな

 

しょうが ない 夢老い 人

 

それなの に あなた が 好き

 

 

「奥歯に 物が・挟まる」を

「英・語」で

 「Things get caught

    in the back teeth」と

 

 (「奥歯に 物が・挟まる」)

 

 「言・う」そうです。