何気なく使っている言葉の意味

「赤 の・他人」

(「あか の・たにん」)

 

「皆さん」は

「赤 の・他人」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「赤 の・他人」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「全・く」
 「縁も・ゆかり」も

 「無・い」
 「他・人」や

 

 「完・全」に

 「無・関係」な

 「よ そ・者」
     と、いう

 

 「意・味」だ

    そうです。

 

 「身・内」と

 「そ れ・以外」の

 「区・別」を

 「ハッキリ」と

 

 「さ せ・たい」

 「時」に

 「多・く」

 「使 わ・れる」

 

 「言 い・回し」だ

    そうです。

 

「赤 の・他人」の

「語・源」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「赤」には

 「真っ赤 な・嘘」

 (「まっか な・うそ」)

 「赤 っ・恥」

 (「あかっ・ぱじ」)

 

 「赤・裸々」

 (「せき・らら」)
 「等」に

 「代 表・される」

 「様」に

 

 「全 く・の」や

 「明 ら・か」な

    と、いう

 「意味 が・有り」ます。

 

 「このこと・から」

 「派 生・して」

 「全・く」の

 「他・人」や

 

 「明 ら・か」な
 「他・人」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「赤 の・他人」

    と、いう

 「言・葉」が

 「生 ま・れた」そうです。

 

「赤 の・他人」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「夫・婦」は

 「0 親等・ながら」も

 「元 を・ただせ」ば

 「赤 の・他人」で

 

 「残 念・ながら」

 「紙 切れ・一枚」で

 「つながっ て・いる」

 「儚 い・関係」だ。

 

・「縁」も

 「ゆ か・り」も

 「無・い」

 「赤 の・他人」に

 

 「と や・かく」と

 「口・うるさく」

 「文・句」を

 「言 わ・れる」

 

 「筋・合い」は

 「無」い。

 

「赤 の・他人」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「よ そ・者」
   (「よ そ・もの」)

 

 「他 の・地域」や

 「社・会」
    か ら

 「入っ て・きた」


 「知 ら・ない」

 「人」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「排 他・的」な

 (「はい た・てき」)

 「ニュアンス」が

 「強 い・言い方」です。

 

「赤 の・他人」の

「対 義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「身・内」

   (「み・うち」)

 

 「親・子」や

 「きょう・だい」

 「おじ や・お ば」

 「いとこ」等 

 

 「血 縁・関係」の

 「有・る」

 「仲・間」だ

    そうです。

 

 「血は 水より も・濃い」

    と、いう

 「ことわざ」が

 「有 る・様」に

 

 「血 縁・関係」に

 「よ る」

 「繋 が・り」

    に は


 「非・常」に

 「強 い・もの」が

 「有・り」ます。

 

 

「矢吹 健」は

(「やぶき けん」)

 

「あゝ うしろ姿は

   他人でも」の

「歌詞 が・ある」

 

「うしろ 姿」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,969・年」に

「リリース」

   し た

「4 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に
「成・り」ました。

 

「矢吹 健」は

「1,945 年・生まれ」で

「山梨.県・甲府 市」

「出・身」の

「歌・手」

「作 曲・家」でした。

 

「県・立」

甲府 商業・高校」を

「卒 業・後」に

「上・京」し

 

「作 曲・家」の

「藤本 卓也」に

「師・事」しました。

 

「1,968・年」
「23 歳の・時」に

「リリース」

   し た

 

「ファースト・シングル」

「あなたの ブルース」で

「デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

「大・ヒット」し

「150・万枚」を

「売 り・上げる」

 

「ミリオン・セラー」に

「成・り」

「レコード・大賞・
   新人 賞」他

 

「各・種」

「新人賞・レース」を

「総・ナメ」に

   しました

「ミスティー・ボイス」と

「呼 ば・れた」
「ハスキー」で

「ため 息・まじり」の

 

「絶 唱・スタイル」に

「世・間」は

「驚・き」で
「目 を・見張り」ました

 

「代 表・曲」に

 

「あなたの ブルース」

「うしろ 姿」

「女の 爪あと」等が

「有・り」ます。

 

「そ の・後」も

 

「1,969・年」に

「リリース」した

「4 th・シングル」

「うしろ 姿」

 

「1,973・年」に

「リリース」した

「14 th・シングル」

「女です もの」

 

「1,980・年」に

「リリース」した

「22 th・シングル」

「女の 爪あと」と

 

「ヒット を・飛ばし」

「売れっ 子・歌手」の

「仲 間・入り」を 

   しました。

 

「し か・し」

「人・気」は
「長続 き・せず」

「以・後」は

 

「スナック」や

「キャバレー」を

「回・り」
「営・業」しました。

 

「1,999・年」に

「歌 手・活動」を

「し て・いた」

「一 人・息子」が

 

「20 代の・若さ」で

「病・死」しました。

 

「2,003・年」に

「妻」が

「相 模・湖」で

「遺体 に・なり」

 

「浮かん で・いる」のが

 「発 見・され」

「湖畔 に・残され」た
「バッグ」には

 

「息子 の・形見」の

「携 帯・電話」が

「入っ て・いた」

「事」より

 

「死 ん・だ」

「息・子」の
「後追 い・自殺」と

「疑 わ・れ」ました。

 

「元・々」

「酒癖 が・悪く」

「息子 と・妻」を

「立 て・続け」に

 

「失っ て・から」は

「更」に

「飲 酒・癖」が

「悪・化」し

「体 を・気遣う」

「生 活・では」

「有り ま・せん」

   でした。

 

「2,015 年・6 月」に

「山梨 県・甲府 市」で

「家 賃・4 万円」の

「アパート」で

 

「一 人・暮らし」を

「し て・いた」

「矢 吹」が

「死亡し て・いる」のを

 

「高齢 者・向け」

「弁 当・業者」の

「配 達・員」が

「発・見」しました。

「69 歳・没」

   でした。

 

「紅 白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「矢吹 健」

「うしろ 姿」

「作・詞」「山口 洋子」

「作・曲」「藤本 卓也」

 

帰っちゃ いや と

言えない あたし

今夜 も くる と は 

言わない あなた

なんでも ないよ な 

顔を して

足音 だけ が 遠ざか る

あゝ うしろ姿 は 他人 でも

ゆうべ の あなた は

あたし の あたし の 

あたし の もの

 

気まま な 夜に 

つい さそわれ て

ともした あかり 

あたし の 命

あなた は 遊び と 

言う けれ ど

遊びじゃ 恋は できない わ

あゝ 今朝 の あなた は 

他人 でも

ゆうべ の あなた は

あたし の あたし の 

あたし の もの

 

二人 で いて も 淋しい 夜を

一人 に させた あなた が 憎い

誰も いない この 部屋 の

灯り を つけて 恋を 消す

あゝ 別れ 言葉 は 他人 でも

ゆうべ の あなた は

あたし の あたし の 

あたし の もの

 

 

※「赤信号 が・付く」

  (「あかしんごう が・つく」)

 

「赤信号 が・灯る」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「事態 が・悪化」し

 「危険 な・状態」に

 「陥・り」

 「早・急」に

 「対・策」を
 「考 え・る」

 「必要 が・ある」

    と、いう

 

 「意・味」だ

    そうです。


「赤信号 が・付く」の

「由来 や・語源」は

「特 に・無い」

   そうです が

 

・「昭 和・55 年」に

 「フジ・テレビ 系」で
 「放 送・された」

 「THE MANZAI」で

 

 「ビート・たけし」は

 「赤信号 みんなで

    渡れば・怖くない」

    と、いう

 

 「集団心理 を ・突いた」

 「ギャグ を ・飛ばし」て

 「流 行・語」に

 「成 り・ました」が

 

 「現・在」では

 「死・語」に

 「成 っ・た」

 「様」です。

 

「赤信号 が・付く」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

・「終盤 に・入って」

 「1 - 0」で

 「リード・している」が

 「相 手・チーム」の

 

 「猛・攻撃」が

 「始 ま・り」

 「楽 勝・ムード」に

 「赤信号 が・付い」た。

 

・「既・に」
 「全盛期 を・過ぎ」て

 「今・回」の
 「コンサート」で

 

 「チケット」が

 「売れ残 る・様」な

 「事 が・あれ」ば

 「今・後」の

 「歌 手・生活」に

 「赤信号 が・付いて」

    しまう。

 

「赤信号 が・付く」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「予断 を・許さない」

   (「よだんを・ゆるさない」)

 

・「予・断」とは
 「前もっ て・判 断する」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「予断 を・許さない」とは

 「情勢 が・不安定」で

 「逼迫し た・状態」に

 (「ひっぱく」)

 「成・り」

 

 「今後 の・展開」が

 「予測 でき・ない」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「赤信号 が・灯る」の

「対 義・語」を

「検 ・索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「順 風・満帆」

   (「じゅん ぷう・まんぱん」)

 

・「追 い・風」を

 「帆・一杯」に

 「受 け・て」

 「船」が

 

 「快適 に・進む」

 「事」より

 「物・事」が

 「全・て」

 

 「順調 に・進行する」

 「事」を

 「たとえ」た

 「四 字・熟語」です。


 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「欅 坂・46」は

(「けやき ざか・

    フォーティー・シックス」)

 

「信号は 青なの か

   それとも 緑なの か」の

「歌詞 が・ある」

 

「黒い 羊」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,019・年」に

「リリース」

   し た

「8 th・シングル」で

 

「イオンカード」

「U - 25 新生活キャンペーン」

「C M・ソング」に

「起 用・され」て

 

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

「欅 坂・46」は

「2,015・年」に

「秋元 康」

「プロヂュース」で

 

「結 成・され」た

「女・性」の

「アイドル・グループ」です。

「坂 道・シリーズ」

「第 2・弾」

   と、して

「乃木坂・46」の

「関 連・グループ」に

「属・し」

「2,020 年・10 月」に

「櫻 坂・46」に

(「さくらざか」)

 

「グループ・名」を

「変・更」しました。

「他 の・グループ」と
「異 な・り」

「社会へ の・反発」を

「訴・え」て

「若者 を・中心」に

「絶大 な・支持」を

「得・て」います。

 

「2,016・年」に

「リリース」した

「ファースト・シングル」

サイレント・マジョリティ」で

「デビュー」し

「ストライプ・

   インターナショナル」

「メチャカリ」の

 

「C M・ソング」に

「起 用・され」

「女 性・アーティスト」で

「歴 代・最高」の

 

「初 週・売り上げ」を

「記 録・して」

「一・気」に
「トップ・アイドル」に

「上 り・つめ」ました。

 

「代 表・曲」に

 

サイレント・マジョリティー」

「不協 和音」

「黒い 羊」等が

「有・り」ます。

「2,017・年」に

「リリース」した

「5 th・シングル」

「風に 吹かれても」

 

「2018・年」に

「リリース」した

「7 th・シングル」

アンビバレント

 

「2,019・年」に

「リリース」した

「8 th・シングル」

「黒い 羊」で

 

「各・々」

「レコード・大賞・
   優秀 作品賞」を

「受・賞」しました。

 

「現 在・まで」に

 

「12・作品」の

「シングル・作品」と

「2・作品」の

「アルバム・作品」を 

 

「リリース」し

「全・て」
オリコン・1 位」に

「成 っ・て」います。

 

「紅 白・歌合戦」

   へ は

 

「2,016・年」の

サイレントマジョリティ」〜

「2,021・年」の

「流れ 弾」まで

 

「6 年・連続」で

「出 場・中」です。

 

「欅坂 46」

「黒い 羊」

「作・詞」「秋元 康」

「作・曲」「ナスカ」

信号は 青なのか

それとも 緑なのか

どっち なんだ?

あやふや な ものは

はっきり させたい

夕暮れ の 商店街 の 雑踏 を

通り抜ける のが 面倒で

踏切を 渡って 

遠回り して 帰る

 

放課後 の 教室は 苦手だ

その場 に いるだけ で

分かり合える ようで

話し合い に ならない し

白けて しまった

僕は 無口に なる

言いたい こと 言い合って

解決しよう

なんて 楽天的 すぎる よ

 

誰か が ため息を ついた

そう それが 本当の 声だろう

 

黒い羊 そうだ 

僕だけ が いなくなれ ば いいんだ

そうすれ ば 止まった針 は また

動き出すん だろう?

全員 が 納得する そんな

答えなんか あるものか!

反対 が 僕だけ なら いっそ

無視すれ ば いいんだ

みんな から 説得される 方が

居心地 悪くなる

目配せ してる 仲間には 僕は

(「めくばせ」)

厄介者 でしか ない

 

真っ白 な 群れに

悪目立ち してる

(「わるめだち」)

自分だけ が 真っ黒 な 羊

と 言ったって 同じ色 に

染まりたく ないんだ

 

薄暗い 部屋 の 灯り を つける

タイミングって 一体

いつ なんだろう?

スマホ には 愛のない

過去だけ が 残ってる

人間関係 の 答え合わせ なんか

僕には できない し

そこに いなければ よかった と

後悔 する

 

人生 の 大半 は

思うよう には いかない

 

納得できない こと ばかり だし

諦めろ と 諭されてた けど

           (「さと」)

それなら やっぱ

納得なんか しない まま

その度 に 何度も 唾を 吐いて

噛みついちゃ いませんか?

 

No No No No

全部 僕の せい だ

 

黒い羊 そうだ 

僕だけ が いなくなれば いいんだ

そうすれ ば 

止まってた 針は また

動き出すん だろう?

全員 が 納得する そんな

答え なんか あるものか!

反対 が 僕だけ なら いっそ

無視すれば いいん だ

みんな から 説得される 方が

居心地 悪く なる

目配せ してる 仲間に は

僕は 厄介者 でしか ない

わかってる よ

 

La La La 

 

白い羊 なんて 僕は

絶対 なりたく ないん だ

そうなった 瞬間 に

僕は 僕じゃ

なくなって しまうよ

まわり と 違う そのこと で

誰かに 迷惑 かけた か?

髪の毛 を 染めろ と 言う

大人は 何が 気に入ら ない?

反逆の 象徴に なるとでも

思って いるの か?

自分の色 とは 違う

それだけ で 厄介者 か?

 

Oh

自らの 真実を 捨て

白い羊 の ふりを する者 よ

黒い羊 を 見つけ 

指を 差して 笑うの か?

それなら 僕は いつ だって

それでも 僕は いつ だって

ここで 悪目立ち してよう

 

 

「赤 の・他人」を

「英・語」で

 

 「a complete stranger」と

 

 (「赤 の・他人」)

 

 「言・う」そうです。