何気なく使っている言葉の意味

「尻 に・火が つく」
(「しり に・ひが つく」)

 

「皆さん」は

「尻 に・火が つく」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?


「尻 に・火が つく」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

「時間 よ・止まれ」と

「いくら・願って」も

「時間 が・止まる」

「事 は・無く」

 

「時間 に・追われ」て

「事態 が・切迫」し 

「のんび り・モード」

   か ら

 

「一・気」に
「急ぎ の・モード」に

「突 入・する」

   と、いう

 

「意・味」だ

   そうです。

 

「尻 に・火が つく」の

「由・来」は
「下・記」だ、そうです。

「尻」は

「体の 後方・部位」

   なの で

「尻 に・火が 近づけ」ば

 

「人・間」は

「ど う・して」も

「逃げ だそう と・して」

「前 に・進み」ます。

 

「こ の・事」は

「やるべ き」

「事」を

「ダラダラ」と

 

「先 延・ばし」に

「し て・いる」

「人」が

「後 ろ・から」

 

「火」が

「迫っ て・くれ」ば

「い や・で」も

「前・方」に

 

「逃 げ・出し」

「や る・べき」

「事」を

「や ら・ざる」を

 

「得 な・い」

   と、いう

「事」だ

   そうです。

 

「つ ま・り」

「放置 して・いた」

「事」を

「嫌・で」も


「始 め・る」

「事」が

「由来 に・なった」

   そうです。

 

「計 画・的」に

「日・々」を

「過ごし て・いる」

「人」は

 

「後 ろ・から」

「火」が

「迫っ て・来る」

「前」に

「自 発・的」に

「動 い・て」

「事 を・始めて」

「い・る」の で

「尻 に・火が つく」

「事」は

「無・く」

 

「やる べき・事」に
「向か っ・て」

「歩 み・出し」て
「いな い・人」の

 

「お・尻」に
「し ば・しば」

「火 が・つ く」

「事」が

 

「有・る」

   と、いう

「意・味」だ

   そうです。

 

「尻 に・火が つく」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「レポート」の

 「提 出・期限」が

 「迫・り」

 

 「尻 に・火が つく」

    まで は

 「決 し・て」

 「重 い・腰」を

 

 「上 げ・よう」

    と は

 「し な」かった。

 

・「彼・女」は

 「尻」に

 「火 が・つか ない」

 「様」に

 

 「決め ら・れた」

 「締 切・期限」

    か ら

 「逆 算・して」

 

 「計 画・的」に

 「仕・事」を
 「進 め・て」いた。

 

「尻 に・火が つく」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

・「切 羽・詰まる」

   (「せっ ぱ・つまる」)

 

 「切・羽」と は

 「刀 の・つば」に

 「使 う・金具」の

 「事」で

 

 「こ・れ」が

 「詰 ま・る」と

 「刀 が・抜けない」

 「事」か ら

 

 「転 じ・て」

 「時間 が・切迫」し

 「追い詰 め・られ」て

 「ど う・しよう」も

 

 「な く・なる」

    と、いう

 「意・味」だ
    そうです。

 

「尻 に・火が つく」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

・「泰 然・自若」

   (「たい ぜん・じじゃく」)

 

 「泰・然」と は

 「安らか な・心」で

 「落ち着い て・いる」

 「事」で

 

 「自・若」も

 「同 じ・様」な

 「意・味」を

 「持・ち」

 「泰 然・自若」

    と は

 「ど っ・しり」と

 「構え て・いて」

 

 「うろた え・る」

 「事 が・無い」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 

「矢沢 永吉」は

(「やざわ えいきち」)

 

「時間 よ 止まれ」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました

 

「1,978・年」に

「リリース」

   し た

「5 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「矢沢 永吉」は

「1,949 年・生まれ」で

「広島 県・広島 市」

「出・身」の

 

「ロック・

   ミュージシャン」

「俳・優」

「タレント」で


「愛・称」は

「永 ちゃん」です。

 

「母・親」は

「永 吉」が

「わず か・3 歳」の

「時」に

 

「父・親」と

「永 吉」を

「残 し・て」

「蒸・発」しました。

 

「小 学 ・2 年生」の

「時」に

「広 島」で

「被 爆・した」

 

「父・親」と

「死・別」し
「父方 の・祖母」に

「育 て・られ」

「極・貧」の

(「ご く・ひん」)

「少 年・時代」を

「過 ご・し」ました。

 

「私・立」

「広島 国際学院・

   高 校」を

「卒 業・後」に

 

「横浜 市」で

「アルバイト」を

「しな が・ら」

「ロック・バンド」

 

「キャロル」を

「結 成・しました」が

「1,975・年」に

「解・散」しました。

 

「1,976・年」に

「ファースト・シングル」
「I LOVE YOU」で

「ソロ・デビュー」しました。

「同・曲」は

オリコン・43 位」と

「振る い・ません」

   でした。

 

「代 表・曲」に

 

「時間よ 止まれ」

「止まら ない Ha 〜 Ha 〜」

「チャイナ タウン」等 が

「有・り」ます。

 

「1,977・年」に

「ロック・

   ソロ ・アーティスト」

   と、して は

「初」の

「日 本・武道館」で

「単 独・ライブ」を

「開・催」し

 

「元・祖」

「ロックン・

   ローラー」と

「称 さ・れ」ました。

 

「1,978・年」に

「リリース」

   し た

「5 th・シングル」

 

「時間 よ 止まれ」が

「資生 堂・アクエア」の

「C M・ソング」に

「抜 擢・され」

 

オリコン・1 位」で

「ミリオン・セラー」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に
「自 叙・伝」

「成り あが り・者」を

「出・版」し

 

「100・万部」を

「超 え・る」

「ベスト・セラー」

   と、なり

 

「社 会・現象」を

「巻 き・起こし」

   ました。

 

「こ の・年」の

「ヒーロー」と

「呼べ る・人物」

   と、して

 

「王 貞治」に

「次・い」で

「2・位」に
「成・り」ました。

 

「1,978・年」の

「4 th・アルバム」

「ゴールド・ラッシュ」

「1,982・年」の

「9 th・アルバム」

「P. M. 9」

 

「1985・年」の

「13 th・アルバム」

「YOKOHAMA 二十才前」

 

「1,989・年」の

「6 th・ライブ アルバム」

「STAND UP」

 

「1,990・年」の

「26 th・シングル」

「PURE GOLD」

 

「1,993・年」の

「21 th・アルバム」

「HEART」

 

「1,994・年」の

「22 th・アルバム」

「the Name Is ・・」

 

「2,013・年」の

「14 th・ベスト アルバム」

「ALL TIME BEST ALBUM」

 

「2,019・年」の
「34 th・アルバム」

「いつか、
   その日が 来るまで・・」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「いつか、

   その日が来るまで・・」は

「70 歳・0 ヶ月」

   で の


オリコン・1 位」

「獲・得」と

「成・り」

 

「2,016・年」に

「小田 和正」が

「あの日 あの時」で

「記 録・した」

 

「68 歳・8 ヶ月」を

「上 回・り」

「最年 長・記録」に

「成・り」ました。

 

「現 在・72 歳」

   です か

「2,021 年・10 月」

   か ら

 

「全 国・ツアー」を

「開・催」し

「健 在・振り」を 

「アピール・して」います。

 

「私・生活」

   で は

 

「1,972・年」

「22 歳の・時」に

「会 社・員」

   だっ た

 

「一般人・女性」と

「結・婚」し
「3 人の・子供」を

「儲 け・ました」が

 

「1,989・年」に

「離・婚」しました。

 

「翌 1,990・年」に

「モデル」の

「女・性」と

「結・婚」しました。

 

「1,998・年」に

「元・側近」の

「巨 額・横領」

「詐 欺・事件」で

 

「35・億円」の

「借・金」を
「背負 い・ました」が

「妻 の・励まし」で

 

「酒浸りの・生活」

   か ら

「立 ち・直り」

「必死 で・働き」

 

「わず か・6 年」で

「借・金」を
「完 済・した」

   そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,009・年」の

「時間 よ 止まれ」と

「2,012・年」の

「IT‘S UP TO YOU !」で

 

「通 算・2 回」

「特 別・出演」

   しました。

 

 

「矢沢 永吉」

「時間 よ止まれ」

「作・詞」「山川 啓介」

「作・曲」「矢沢 永吉」

 

罪な やつ さ Ah PACIFIC 

碧く 燃える 海

(「あおく」)

どうやら おれの 負けだ ぜ

まぶた 閉じよう

夏の日 の 恋なんて

幻と 笑い ながら

この女 に 賭ける

(「ひと」)

 

汗を かいた グラス の

冷えた ジン より

光る肌 の 香り が

おれ を 酔わ せる

幻で かまわ ない

時間 よ止まれ

生命 の めまい の 中で

(「いのち」)

罪な やつ さ Ah PACIFIC 

都会 の 匂い を

忘れかけ た この おれ

ただ の 男さ

思い出 に なる 恋と

西風,が 笑う けれど

この 女 に 賭ける

Mm STOP THE WORLD 

Mm STOP THE WORLO 

 

 

※「顔 から・火が 出る」

  (「かお から・ひが でる」)


「顔 から・火が 出る」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

「恥ず か・しい」

「事」を

「人 に・見られ」

「恥ず か・しく」て

 

「顔」が

「真っ赤 に・なる」

   と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「顔 から・火が 出る」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「顔」と は

「顔・面」の

(「がん・めん」)

「事」で

 

「火」と は

「熱 と・光」を

「出 す・物体」の

「事」です。

 

「人」は

「恥ず か・しい」

「気・持」に

「成・る」と

 

「顔」が

「赤 く・なり」
「そ れ」を

「火」に

 

「たと え・た」

「事」が

「顔 から・火が 出る」の

「由・来」だ、そうです。

 

「顔 から・火が 出る」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」に は

 「相手 の・椅子」の

 「隣・り」に

 「しゃが み・込ん」で

 

 「話し を・する」

 「行儀 の・悪い」

 「癖」が

 「有」った。

 

 「あ る・支店」で

 「立 ち・上がる」

 「時」に

 「う っ・かり」

 

 「周囲 の・人」

    に も

 「聞こ え・る」

 「様」な

 

 「大 き・な」

 「音」の

 「お な ら」を

 「し て」しまい

 

 「顔 から・火の 出る」

 「様」な

 「恥ず かしい思い」を

    「した」そうだ。

 

 「皆・から」

 「嘲 笑・された」が

 「出物 腫れ物・所 嫌わず」と

 (「でもの はれもの・

    ところ きらわず」)

 

 「すか さ・ず」

 「言 い・訳」し
 「一矢 を・報い」た

    そうだ。

 

・「彼・女」は

 「重要 な・会議」で

 「居 眠・り」を

 「し て・しまい」

 

 「議 長・から」

 「注 意・され」て

 「顔 から・火が 出る」

 「ほ ど」

 

 「恥ず か・しい」

 「思・い」を、した。

 

 「仕・事」で

 「疲れ て・いた」

 「事」が

 「原 因・だった」が

 「いさぎ よ・く」

 「言い 訳・せず」に

 「素・直」に
 「謝・罪」した。

 

「顔 から・火が 出る」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「合わせ る・顔が ない」

   (「あわせ る・かおが ない」)


 「自分 の・失敗」で

 「相・手」に
 「迷惑 を・かけ」て

    しま い

 

 「恥ず か・しく」て

 「対面 出来・ない」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「顔 から・火が 出る」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「鼻 が・高い」

   (「はな が・たかい」)

 

 「鼻・高々」
 (「はな・たかだか」)

    と も

 「表・現」し

 

 「自・分」や

 「我 が・子」
 「等」の

 「親しい・人」が

 

 「他 人・から」

 「ほ め・られた」り

 「讃 え・られ」る

 「様」な

 

 「良い事 を・した」り

 「素晴 ら・しい」

 「実績 を・残 した」り

    し て

 

 「誇 ら・しい」

    と、いう

 「意・味」だ

    そうです。

 

 

「椎名 林檎」は

(「しいな りんご」)

 

「大人に なって

   恥じらいを 覚えて」の

「歌詞 が・ある」

 

「青春 の 瞬き」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,019・年」に

「リリース」し た

「ファースト」

ベスト・アルバム

 

ニュートン の 林檎」に

                     (「りんご」)

「収 録・され」て

   います。

 

「同・アルバム」は

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「同・曲」で

「2,016・年」に

「紅 白・歌合戦」に

「出・場」しました。

 

「椎名 林檎」は

「1,978 年・生まれ」で

「埼玉 県・浦和 市」

「出・身」の

 

「シンガーソング・

   ライター」です。


「子供 の・頃」は

「恥ずかしが り・屋」で

「学・校」で
「先生 に・指される」と

 

「直・ぐ」に
「ほっぺ・た」が

「真っ赤 に・なった」

「事」が


「椎名 林檎」の

「芸・名」の
「由・来」だ

   そうです。

 

「先天 性・

   食道 閉鎖症」を

「抱 え・て」

「生まれ た・為」に

 

「2 日・間 」に
「及・ぶ」

「大・手術」を

「受・け」ました。

 

「中学生 の・時」に

「バンド を・結成」し

「文 化・祭」で

「演奏 を・披露」しました。

 

「福岡 県・立」

「筑 前・高校」に

「進 学・しました」が

「中・退」し

 

「フリーター」を

「し な・がら」

「バンド を・組み」

「活・動」しました。

 

「1,996・年」に

「The MUSIC QUEST JAPAN」に

「出・場」し

「スカウト・され」ました。

「1,998・年」

「20 歳の・時」に

「ファースト・シングル」

「幸福 論」を

 

「リリース」

   して

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・10 位」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「丸の内 サディスティック」

「歌舞伎町 の 女」

「罪 と 罰」等 が

「有・り」ます。

 

「2,000・年」に

「リリース」

   し た

「セカンド・アルバム」

 

「勝訴 ストリップ」が

「自 身・初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「同・年」の

「6 th・シングル」

「絶頂 集」

 

「2,002・年」の

「ファースト」

「カバー・アルバム」

「唄ひ手 冥利」

 

「2,003・年」の

「サード・アルバム」

加爾基 精液 栗ノ花

 

「同・年」の

「8 th・シングル」

「茎〜大名遊ビ 編〜」

 

「2,007・年」の

「ファースト」

「企 画・アルバム」
「平成 風俗」

 

「2,008・年」の

「12 th・映像 作品」

「私 の 発電」

 

「2,009・年」の

「4 th・アルバム」

「三文 ゴシップ」

 

「2,019・年」の

「ファースト」

ベスト・アルバム
ニュートン の 林檎」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,004・年〜2,012・年」

   に は

「ロック・バンド」

「東京 事変」の

 

「ボーカル」

   と、して

「活・躍」しました。

 

「2,009・年」に

「芸術 選奨・新人賞」を

(「大衆 芸能・部門」)

「受・賞」しました。

 

「私・生活」

   で は

 

「2,000・年」

「22 歳の・時」に

「10 才・年上」で

「ギタリスト」の

 

「弥吉 淳二」と

「結・婚」

   しました。

 

「2,001・年」に

「長・男」が

「誕・生」

「す る」も

 

「2,002・年」に

「理・由」は

「不 明・です」が

「離・婚」しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,011・年」の

カーネーション」〜

「2,019・年」の

「人生は 夢だらけ」ま で

 

「通 算・7 回」

「出・場」しました。

 

 

「椎名 林檎」

「青春 の 瞬き」

「作・詞」「作・曲」

「椎名 林檎」

 

美しさ と 正しさ が 等しく ある と

疑わない で 居られる のは

若さ故 なんだ

子供みたい に 疲れ を 忘れ て

寄り掛り 合え ば

(「よりかかり」)

僕らは たった 独りで いるより も

有りの 侭に なる

     (「まま」)

時よ 止まれ 何ひとつ

変わって は ならない のさ

今 正に 僕ら 目指して いた 場所 へ

辿り 着いた んだ

(「たどり」)

 

新しさ と 確かさ を 等しく もとめ

生命 を ほんの 少し だけ

(「いのち」)

前借り したん だ

(「まえがり」)

大人に なって 恥じらい 覚え て

寄り掛り 合え ば

僕らは きっと 互いの 重さ を

疎ましく 思う だろう

(「うとましく」)

いつも 何故か 気付いた 時に は

もう 跡形も 無い

伸ばす 手の先 で 消え 失せる

物程 欲しく なるん だ

 

 

「尻 に・火が つく」を

「英・語」で

 

 「The butt catches fire」と

 

 (「尻 に・火が つく」)

 

 「言・う」そうです。