何気なく使っている言葉の意味

「夢 見・心地」

(「ゆめ み・ごこち」)

 

「皆さん」は

「夢 見・心地」

   と、いう

 

「四 字・熟語」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「夢 見・心地」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「夢・心地」と も

(「ゆめ・ごこち」)

「言・う」そうです。

 

「夢・見」は

(「ゆめ・み」)

「寝て・いる」

「間」に

 

「生 じ・る」

「幻 覚・体験」の

(「げん かく」)

「事」で

 

「心・地」は

(「ごこ・ち」)

「物事 に・接した」

「時」の

 

「心 の・状態」の

「事」だ

   そうです。

 

「夢 見・心地」

   と は

「美 し・い」

「も の」に

 

「うっとり・する」

「気 持・ち」を

「表・す」

「言 い・回し」で

   

「美 しい・景色」や

「会い た・かっ た」

「人」に

「会え た・時」等

「心・から」

「嬉し く・なった」

「時」に

「感 動・しながら」

 

「使 う・言葉」だ

   そうです。

 

「ち な・み」に
「夢 見・心地」を

「花・言葉」に

「持 つ・花」は

 

「カスミ ソウ」だ

   そうです。

 

「夢 見・心地」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「平安 時代」の

「歌・人」

「藤原 義孝」が

「記 し・た」

「義孝 集」の

「下 記・一節」が

「由・来」だ

   そうです。

 

「はるばる の 花を あだに
   とみしもの を

   昔の人 の 夢ここち する」の

 

「夢・ここち」が

「由・来」だ

   そうです。

 

「夢 見・心地」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼・女」は

 「美し い・景色」を

 「目 の・当たり」に

    し て

 

 「うっ とり」と

 「夢 見・心地」で

 「見 入っ・て」いた。

 

・「彼」は

 「憧れ の・彼女」と

 「デート」の

 「約束 を・取り付け」

 

 「思 わ・ず」

 「夢 見・心地」に

 「成っ て・しまった」

       そうだ。

 

「夢 見・心地」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「有・頂天」

    (「う・ちょうてん」)

 

 「嬉し く・て」

 「舞 い・上がり」

 「我 を・忘れ」て

 「上 の・空」の

 

 「状態 に・なる」
    と、いう

 「意・味」だ

    そうです。

 

「夢 見・心地」の

「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「夢 が・覚める」

   (「ゆめ が・さめる」)

 

   「夢 の・世界」

    か ら

 「現・実」の

 「世・界」に

 

 「戻っ て・くる」

    と、いう

 「意・味」だ

    そうです。

 

 

「相川 七瀬」は

(「あいかわ ななせ」)

 

「夢見る 少女じゃ いられない」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,995・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「相川 七瀬」は

「1,975 年・生まれ」で

「大阪 府・大阪 市」

「出・身」の

 

「歌・手」

「作 詞・家」です。

 

「中 学・3 年生」の

「時」に

ソニー・主催」の

「オーディ・ション」を

 

「受 け・る」も
「不・合格」と

「成・り」
「歌手 を・諦め」

 

「府・立」
「北 淀・高校」に

「進・学」

   しました。

 

「約・1 年 後」

「オーディション」の

「審査 員・だった」

「織田 哲郎」か ら

 

「直・接」に

「電・話」で

「スカウト」
   さ れ

 

「高校 を・中退」し

「上・京」

   しました。

 

「ボイス」

「トレーニング」

「等」の

 

「厳 し・い」

「レッスン」に

「必 死・で」

「耐・え」て

 

「1,995・年」

「20 歳の・時」に

「夢見る 少女じゃ いられない」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン

「最 高・順位」

「12 位・ながら」

 

「ロング・ヒット」に

「成・り」

「翌・年」に

「同・曲」で

 

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

(「紅白・出場」は

「こ の・1 回 のみ」)

 

「代 表・曲」に

 

「夢見る 少女じゃ いられない」

「恋 心」

「Round ZERO」等 が

「有・り」ます。

 

「1,996・年」に

「ファースト・アルバム」

「R E D」を

「リリース」し

 

「同・アルバム」は

オリコン・1 位」に

「成・り」

 

「アルバム」

「歴 代・41 位」の

「254・万枚」を

「売 り・上げ」る

 

「ダブル・ミリオン」に

「成・り」ました。

 

「1,997・年」に

「リリース」

   し た

「セカンド・アルバム」

 

「paraDOX」も

オリコン・1 位」で

「ミリオン・セラー」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「デビュー・から」

「わ ず・か」
「1 年・10 ヶ月」で

 

「日 本・武道館」で

「単 独・ライブ」を

「開・催」しました。

 

「1,998・年」の

「サード・アルバム」

「crimson」と

 

「1,999・年」の

「ファースト」

ベスト・アルバム

「I D」も

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,018・年」に

「約・2 年 間」の

「猛・勉強」の

「末」に

 

「高卒 認定・試験」に

「合・格」し

「2,020・年」

「45 歳の・時」に

 

國學院・大学」

神道 文化・学部」に

「入・学」しました。

 

「私・生活」

   で は

 

「2,001 年・2 月」

「26 歳の・時」に

「一般人・男性」と

「結・婚」しました。

 

「同 年・9 月」に

「第 一子・長男」が

「誕・生」しました。

 

「2,007・年」に

「第 二子・二男」

「2,012・年」に

「第 三子・長女」が

 

「誕・生」

   しました。

 

 

「相川 七瀬」

「夢見る 少女じゃ いられない」

「作・詞」「作・曲」

「織田 哲郎」

 

午前 0時 の 交差点 

微熱 まじり の 憂鬱

(「びねつ」) (「ゆううつ」)

なんだか すれ違う 恋心

夜の扉 すり抜け て 

明日 に たどりつき たい

約束 なんか 欲しい 訳じゃ ない

 

車 走らせる あなた の 横顔 

嫌いじゃ ない

少し だまって よ

ハート が どこか 灼ける ように 痛いよ

                       (「やける」)

ウィンドウ あけて 街中 に

Bang!Bang!Bang!Bag !

もっと 激しい 夜に 抱れ たい NO NO 

それじゃ 届かない

素敵な 嘘に 溺れたい NO NO 

それじゃ ものたり ない

 

鏡の 中 今も ふるえて る

あの日 の 私が いる

夢見る 少女じゃ いられない

 

中途半端 な 距離ね 

一番 わかって 欲しい

言葉だけ が 絶対 言えなく て

噂話 や 流行り の ギャグ なんて

         (「はやり」)

もう いいよ

赤い月 が 照らしてる

 

きっと 誰か が いつか この世界 を

変えて くれる

そんな 気で いたの

もう 自分の 涙に.なんて 酔わない

ウィンドウ あけて 街中 に

Bang!Bang!Bang!Bag !

 

もっと 心まで 抱きしめ て NO NO 

愛が 届かない

本気な 嘘に 溺れたい NO NO 

それじゃ 踊れない

 

鏡の 中 今も 見つめて る

解って る いつ までも

(「わかって る」)

夢見る 少女じゃ いられない

 

もっと 激しい 夜に 抱れたい NO NO 

それじゃ 届かない

素敵な 嘘に 溺れたい NO NO 

それじゃ ものたり ない

 

もっと 心まで 抱きしめ て NO NO 

愛が 届かない

本気な 嘘に 溺れたい NO NO 

それじゃ 踊れない

 

鏡の 中 今も ふるえて る

あの日 の 私が いる

夢見る 少女じゃ いられない

 

 

※「夢 は・逆夢」

  (「ゆめ は・さかゆめ」)

 

「夢 は・逆夢」の

「意・味」は

「下・‘記」だ、そうです。

 

「夢」は

「現実 に・起こる」

「事」と

「逆 の・かたち」で

 

「現 わ・れる」

「事」が

「多・い」と

「言 わ・れて」います。

「悪 い・夢」を

「見 た・時」の

「縁 起・直し」の

「言葉 と・して」

 

「夢 は・逆夢」と

「使・う」そうです。

 

「良 い・夢」を

「見 た・時」は

「夢 は・正夢」と

(「まさゆめ」)

 

「ポジティブ」に

「使 い・分ける」
「事」が

「大・切」だ、そうです。

 

「夢 は・逆夢」の

「由 来・語源」は

「特 に・‘無い」

   そうです。

 

「夢 は・逆夢」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「昨・夜」

 「怖 い・夢」を

 「見・て」

 

 「気に して・いた」

    の で

 「夢 は・逆夢」で

 「良 い・こと」が

 

 「起 こ・る」
 「前 兆・だ」と

 「励ま し・て」

    やった。


・「夢 は・逆夢」と

 「言・う」が

 「夢 は・正夢」

    と、いう

 

 「ことわざ」も

 「有・る」の で

 「用 心・する」

 「事・に」した。

 

「夢 は・逆夢」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「当たるも 八卦・当たらぬも 八卦
   (「あたるも はっけ・
        あたらぬも はっけ」)

 

 「占・い」は

 「当 た・る」

 「こ と」も

 「有・る」し

 

 「外 れ・る」

 「こ と」も
 「有・る」

    の で

 

 「占い の・吉凶」は

 「気 に・するな」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「主・に」

 「悪 い・卦」が

              (「け」)

 「出 た・時」に

 

 「使 わ・れる」

 「言・葉」だ

       そうです。

 

「夢 は・逆夢」の

「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「夢 は・正夢」

   (「ゆめ は・まさゆめ」)

 

 「いわ ゆる」

 「予 知・夢」の

 (「よ ち・む」)
 「事」で

 

 「夢」で

 「見 た・こと」が

 「そ の・まま」

 「現実 に・なり」

 

 「明 け・方」の

 「時 間・帯」に

 「見 る・こと」が

 「多・い」と

 

 「言 わ・れて」

       います。

 

 

「渥美 二郎」は

(「あつみ じろう」

 

「夢追い 酒」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,978・年」に

「リリース」

   し た

「サード・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「渥美 二郎」は

「1,952・年」

「生 ま・れ」で

「東京 都・足立 区」

「出・身」の

「演 歌・歌手」です。

 

「私・立」
「駒 込・高校」を

「中 退・後」

 

「地・元」の
「北・千住」で

「流し の・歌手」

   と、して

 

「活・動」を

「始・め」ました。

 

「1,976・年」に

「ファースト・シングル」

「可愛い おまえ」で

「デビュー」しました。

 

「代 表・曲」に

 

「夢追い 酒」

釜山港へ 帰れ」

「忘れて ほしい」等 が

「有・り」ます。

 

「1,978・年」の

「夢追い 酒」が

「ロング・ヒット」し

オリコン・1 位」で

 

「シングル・売り上げ」

「歴 代・35 位」の

「280・万枚」を

「売 り・上げる」

 

「ダブル・ミリオン」に

「成・り」

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

(「紅白・出場」は

    こ の・1 回 のみ」)

 

「1,989・年」に

「胃・ガン」と

「診断 され・ました」が

「克・服」しました。

 

「2,016・年」に

「歌 手・生活」

「40・周年」を

「記 念・して」

 

「渋 谷・公会堂」で

「コンサート」を

「開・催」し

「ギター や・ピアノ」等

 

「複数 の・楽器」を

「使 用・して」

「弾 き・語り」を

「披・露」しました。

 

「現 在・69 歳」

   です が

「歌 手・活動」や

「作 詞・活動」で

 

「活 躍・して」

「い る」

   そうです。

 

「私・生活」

   で は


「結 婚・歴」を

「調 べ・ました」が

「該 当・する」

「記・事」は

「有 り・ません」
   でした。

 

 

「渥美 二郎」

「夢追い 酒」

「作・詞」「星野 栄一」

「作・曲」「遠藤 実」

 

悲しさ まぎらす この 酒を

誰が 名付けた 夢追い酒 と

あなた なぜ なぜ わたし を 捨てた

みんな あげて つくし た その 果て に

夜の 酒場 で ひとり 泣く

 

死ぬまで 一緒と 信じて た

わたし 馬鹿 です 馬鹿 でした

あなた なぜ なぜ わたし を 捨てた

指を からめ 眠った 幸せ を

思い出さ せる 流し 唄

 

おまえ と 呼ばれ た 気が したの

雨に にじん だ 酒場の 小窓

あなた なぜ なぜ わたし を 捨てた

じん と お酒 心に 燃えさせ て

夢を 追いましょ もう 一度

 

 

「夢 見・心地」を

「英・語」で

 

 「live the dream」と

 

 (「夢の中 みたい に・

    楽しく 過ごす」)

 

 「言・う」そうです。