何気なく使っている言葉の意味

「歯 痒・い」

(「は がゆ・い」)

 

「皆さん」は

「歯 痒・い」

   と、いう

 

「慣用・句」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「歯 痒・い」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「物・事」が

「思う・よう」に

「成 ら・なく」
「じれっ・たく」て

 

「イラ イラ・する」

   と、いう

「意・味」だ

   そうです。

 

「歯 痒・い」の

「語・源」は

「下・記」だ、そうです。

 

「隔 靴・掻痒」
(「かっ か・そうよう」)

   と、いう

「四 字・熟語」が

 

「語・源」だ

   そうです。

 

「隔 靴・掻痒」の

「隔」は

(「かく」)

「隔・たり」を

(「へだ・たり」)

 

「靴」は

(「か」)

「履 き・物」を

(「は き・もの」)

 

「掻」は

(「そう」)

「引っ・掻く」を

(「ひっ・かく」)

 

「痒」は

(「よう」)

「痒・い」

(「かゆ・い」)

「事」を

 

「表 し・て」

「い る」そうです。

 

「足 が・かゆく」て 

「か き・たい」が

「は き・もの 」が

「じゃま ・して」

 

「かゆ い・ところ」に

「手が・届か ない」

   と、いう

「状・況」を

 

「表 現・して」

「い る」そうです。

 

「歯 痒・い」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼・女」は

 「目 の・前」で

 「彼」が

 「困って・いる」の に

 

 「何 も・手伝えず」に

 「歯 痒・い」

 「思・い」を

 「し て」いた。

 

・「彼」は

 「営 業・トーク」が

 「下・手」で

 「歯 痒・く」て

 

 「見・て」

 「いら・れ」ない。

 

「歯 痒・い」の

「類義・語」は

「下・記」だ。そうです。

・「苛立 た・しい」

   (「いらだ た・しい」)

 

 「思 い・通り」に

 「な ら・なく」て

 「あせ る・様子」や

 「落 ち・着かず」に

 「ジリ ジリ・する」

    と、いう

 「意・味」だ

    そうです。

 

「歯 痒・い」の

「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「麻 姑・掻痒」
   (「ま こ・そうよう」)

 

 「麻・姑」

 (「ま・こ」)

    と は

 

 「中・国」の

 「伝・説」の

 「仙・女」で

 (「せん・にょ」)

 「鳥 の・よう」な

 「長 い・ツメ」を

 「持っ て・いる」

    そうです。

 

 「掻・痒」

 (「そう・よう」)

    と は

 「かゆ い・ところ」を

 

 「か く」

    と、いう

 「意・味」だ

    そうです。


 「麻・姑」の

 「長 い・ツメ」で

 「背・中」を

 「か か・せた」ら

 「さ ぞ」

 「気持ち が・良い」

 「だ ろう」

    と、いう

 

 「事」が

 「由・来」と

 「成・り」

 

 「物・事」が

 「思 う・よう」に

 「成・る」

    と、いう

 

 「意・味」だ

    そうです。

 

 

マルシア」は

「はがゆい 唇」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「高橋 真梨子」が

(「たかはし まりこ」)

「歌っ・た」

「ヒット・曲」の

「カバー・曲」で

 

「2,009・年」に

「リリース」

   し た

「アルバム」

 

「humimingbird」に

「収 録・されて」
   います。

 

マルシア」な

「1969 年・生まれ」で

「ブラジル・サンパウロ

「出・“身」の

 

「日 系・三世」の

「歌・手」

「女・優」

「タレント」です。

 

「1986・年」

「17 歳の・時」に

「ブラジル」で

「開 か・れた」

 

「テレビ・東京 系」の

「歌 謡・番組」

「外国 人・歌謡 大賞」で

「優・勝」し

 

「ブラジル・代表」と

「成・り」

「東・京」で

「開 催・される」

 

「決 勝・大会」

「出・場」の

「為」に

「初・来日」しました。

 

「こ の・時」

「審 査・員」を

「務め て・いた」

「作 曲・家」の

 

「猪俣 公章」の

「目 に・留まり」

「猪 俣」が

「ブラジル」に

 

「足 を・運んで」

「スカウト」

   しました。

 

マルシア」は

「翌・年」に

「祖父 と・共」に

「来・日」しました。

 

「猪俣 の・内弟子

   と、して

「厳しい・修行」に

「耐 え・て」

 

「1989・年」に

「ふリむけば ヨコハマ」で

「歌手・デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

「大・ヒット」し

「レコード・大賞・

   最 優秀・新人 賞」他

 

「新人 賞・レース」を

「総・ナメ」に して

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

(「紅白・出場」は

    こ の・1 回 のみ」)

 

「しか・し」

「ブラジル」に

「凱 旋・帰国」の

(「がい せん・きこく」)

「直・前」に

 

「実・父」は

「心・不全」で

「急・死」し て

   しまいました。

 

「代 表・曲」に

 

「ふりむけば ヨコハマ」

「抱き しめて」

「時の いたずら」等 が

「有・り」ます。

 

「そ の・後」は

「テレビ・ドラマ」や

「バラエティー・番組」に

「出・演」し

 

「女・優」

「タレント」と

   して も

 

「幅・広く」

「活・躍」しました。

 

「2001・年」に

「ブロードウェイ・ミュージカル」

「ジキル & ハイド」に

「出・演」し

 

文化庁 芸術祭 賞

   演劇部 新人賞」を

「受・賞」しました。

 

「2,015・年」に
「日 伯・両国」

「外 交・関係」

「120・周年」を

 

「迎 え・る」に

   あた り

「サッカー」

「元・日本代表 監督」の

 

ジーコ」と

「共・に」

「親 善・大使」に

「任 命・され」ました。

 

「現・在」

「52・歳」

   です が

 

「2,019・年」に

「ミニ・アルバム」
「真夜中の ささやき」を

「リリース・する」等

 

「現・役」で

「活 躍・して」

「い る」そうです。

 

「私・生活」で は

 

「1994・年」

「25 歳の・時」に

「1 歳・年上」の

「俳・優」で

 

「小 説・家」の

大鶴 義丹」と

(「おおつる ぎたん」)

「結・婚」しました。

 

「二・人」は

「一・女」を

「儲 け・ました」が


「大 鶴の・不倫」を

「理・由」に

「2,004・年」に

「離・婚」しました。

 

 

マルシア

「はがゆい 唇」

「作・詞」:「阿木 燿子」

「作・曲」:「羽田 一郎」

 

他人 なら 優しく 出来て も

恋は エゴイスト

淋しさ で 抱き合う の さえ も

(「さみしさ」)

とき に 臆病に なるわ

そう 街は 大きな 鳥籠 ね

                        (「とりかご」)

みんな 飛べない の

はがゆい のよ その 唇

キス する 場所 間違えて る

心の 傷なら そんな ところに ない

はがゆい のよ その 口づけ

私の 中の 落とし穴

ぽっかり 開いて いる

孤独を ふさいで

 

真夜中 に シャワーを 浴びる と

窓に ナルシスト

仄白い 乳房を 映して

(「ほのじろい ちぶさを うつして」)

綺麗 そう 呟いて る

  (「きれい」)  (「つぶやいて る」)

ねえ 少女 じみた せりふ でしょう

時よ このまま で

はがゆい のよ その 唇

仮面の まま じゃ 感じ ない

炎の 疼き に 直接 触れて ね

(「ほのおの うずき」)

はがゆい のよ その 口づけ

夜の 闇を 乱す くらい

ぴったり 二人 の 溜め息 重ね て

 

はがゆい のよ その 唇

キス する 場所 間違えて る

心の 傷なら そんな ところに ない

はがゆい のよ その 口づけ

私の 中の 落とし穴

ぽっかり 開いて いる

孤独を ふさい で

 

 

※「歯 が・ 浮く」

(「は ガ・うく」)

「歯 が・浮く」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「経・薄」で

(「けい・はく」)

「見え・透いた」
(「みえ・すいた」)


「心に も・ない」

「お 世辞 を・言われ」

「不快 な・気分」に

「成・る」

 

    と、いう

「意・味」だ

   そうです。

 

「歯 が・浮く」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「歯 の・根」が

「ゆるん・で」

「歯 が・浮いた」

「様」に

 

「頼 り・なく」

「感 じ・られる」
「事」が

「由・来」だ、そうです。

 

「歯 が・浮く」の

「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「歯 が・浮く」 

 「様」な

 「キザ な・セリフ」を

 「言っ た・なら」


 「果 た・し」て

 「彼・女」は

 「喜 ん・だ」だろうか?

 

・「歯 が・浮く」

 「様」な

 「上 辺・だけ」の

 「お・世辞」に


 「だま さ・れる」

 「程」

 「彼」は

 「馬 鹿・では」ない。

 

「歯 が・浮く」の

「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「舌 先・三寸」

   (「した さき・さんずん」)

 

 「口 先・だけ」の

 「見 え・透いた」

 「言・葉」で

 「上・手」く

 「相・手」を

 「だ ま・し」  

 「あ し・らう」

 「事」や

 

 「うわ べ・だけ」の

 「巧み な・言葉」で
 「真・心」や

 「中・身」が

 

 「伴っ て・いない」

    と、いう

 「意・味」だ

    そうです。

 

「歯 が・浮く」の

「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。


・「誠 心・誠意」

   (「せい しん・せいい」)

 

「偽り の・無い」

「心」で

「物・事」に

「接す る・人」で

 

「信 頼・出来る」

「人」

   と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

 

「10 - FEET」は

(「テン・フィート」)

 

「見え透いた 優しさ が

   綺麗 で」の

「歌詞 が・ある」

 

「蜃気楼」

(「しんきろう」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,012・年」に

「リリース」

   し た

「7 th・アルバム」

 

「thread」に

「収 録・されて」

   います。

 

「同・アルバム」は

オリコン・7 位」に

「成・り」ました。

 

「10 - FEET」は

「1,997・年」に

「京 都」で

「結 成・された」

 

「男 性・3 人 組」の

「ロック・バンド」です。

 

バスケット・ボール」の

「リング の・高さ」で

(「約・3 メートル」)

 

「ジャンプ・して」も

「届 き・そう」で

「届 か・ない」

「位・置」だ が

 

「それ を・承知の 上」で

「高 く・飛び 上がる」

   と、いう

「意味 を・込め」て

 

「10 - FEET」と

「グループ・名」を

「名・付け」ました。

 

「代表・曲」に

 

「CHRRRY BLOSSOM

「RIVER」

「2 %」等 が

「有・り」ます。

 

「2,001・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「april fool」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・200 位」

「以・下」で

「圏・外」でした。

 

「2,002・年」に

「リリース」し た

「サード・シングル」

「RIVER」が

 

「ロング・ヒット」し

「バンド・名」を

「全・国」に

「知 ら・しめ」ました。

 

「2,0017・年」に

「リリース」

   し た

「8 ・th・アルバム」

 

「FIN」が

「自 身・最高 位」の

オリコン・2 位」に

「成・り」ました。

 

「2,020 年・10 月」に

「リリース」

   し た

「19 th・シングル」

 

「シェラの ように」が

オリコン・4 位」に

「成・り」

 

「現・在」も

「人・気」は

「衰え て・いない」

「様」です。

 

 

「10 - FEET」

「蜃気楼」

「作・詞」「作・曲」

「TAKUMA」

 

笑って みて も 泣いて みて も

あの頃 の 様な 高揚 も 弱さ も 無く て

                  (「こうよう」)

孤独さ さえも 肯定して 強く なっちゃっ て

カッコ つけた 背中は 滑稽 に 言い訳 こぼした

                           (「こっけい」)

 

優し そう な 少し 困った

母親に しがみついて 泣いてた 少年 を

見て こぼした 笑み は 少し 堅くて

僕は また 無邪気さ を

無くした 気が したん だ

 

日々に 擦り切れ て 青空が 切なく て

       (「すりきれ」)

見え透いた 優しさ が 綺麗 で

(「みえすいた」)

みんな は 優しく て 

あなた には 会えなく て

明日 は 来て

 

見失って も 遠くに 消えて も

繰り返し の 日々 も 表情 の 無い 日も

ああ 僕 は ぎこちない 朝 

また 同じ 夢を 見て いた

 

あなた が 私に 残した 言葉 は

今も ことある 度 僕を 歩かせ た

孤独も 幸せも 少し 増えた

懐かしさ よ 今だけ 温もり くれない か

                            (「ぬくのり」)

 

悲しみ は 幸せ の

原石 だけれ ど 乗り越え なきゃ

ただの 石ころだって 淋しそうな 顔で

紅茶を 残して また 出かけ た

 

日々 に 擦り切れ て 青空が 切なくて

見え透いた 優しさ が 綺麗 で

みんな 優しく て あなた には 会えなく て

明日 は 来て

 

見失った あの頃 の 夢も 

今では 明日を 生きる 意味 で

ああ 僕は 少し 大人に なって 

驚き方 さえ 忘れ た

 

見失って も 遠くに 消えて も 

繰り返し の 日々 も 表情 の 無い日 も

ああ 僕は ぎこちない 朝 

また 同じ夢 を 見て いた

 

 

「歯 痒・い」を

「英・語」で

 

 「impatient」と

 

 (「歯 痒・い」)

 

 「言・う」そうです。