何気なく使っている言葉の意味

「大事の 前の・小事」

(「だいじの まえの・しょうじ」)

 

「皆さん」は

「大事の前 の・小事」と、いう

「ことわざ」を「使った・事」は

「有・り」ませんか?

 

「大事の前 の・小事」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「大きな・事」を

「行う・場合」に は

 

①「小さな・手抜き」を

 「しない・ように」

 「気を付け・ないと」

 「失敗を・招く」

 

②「取るに・足りない」

 「小さな・事」は

 「犠牲に・して」も

 「構わ・ない」と

 

「前後の・言葉」に、より

「意味が・変わる」

「珍ら・しい」

「ことわざ」だ、そうです。

 

「一般・的」には

「② 」の

「意・味」で

「使わ・れる」そうです。

 

「大事の 前 の・小事」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「大・事」と は

(「だい・じ」)
「大規模な・事業」の 事で

 

「小・事」と は

(「しょう・じ」) 

「使い・方」に「よっ・て」

「意・味」が

 

「上・記」「①と②」の 様に

「ほとん・ど」

「正反対に・なる」事 が

「由・来」だ、そうです。

 

「大事の前 の・小事」の

「①と②」の「代表・的」な

「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

①「大事の 前の・小事」と

 「言・う」か ら

 「この・問題」を

 「クリア」「出来な・けれ」ば

 「次」の「ステップ」へ

 「進む・事」は

 「出・来」ない。

 

②「彼」は

 「小・中学校」の

 「運動・会」の

 「騎馬・戦」で は

 

 「いつ・も」
 「大将・馬」の

 「騎・手」だった が

 

 「大事の 前の・小事」で

 「敵」の

 「大将・馬」の

 「騎・手」の

 

 「ハチマキ」を

 「奪う・為 」に は

 「味・方」の

 「馬」の

 

 「多少の・犠牲」は

 「やむを・得ない」と

 「覚悟・して」いた。

 

「大事の前 の・小事」の

「②」の「類義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「小の虫を 殺して・大の虫を 助ける」

  (「しょうのむしを ころして・

       だいのむしを たすける」)

 

 「すべてを・救う」事 は

 「不可能・だから」

 「小さな・もの」を

 「犠牲に・して」

 

 「大きな・もの」を

 「生・かす」

 「事」や

 

 「全体を・生かす」為 に

 「一部を・切り捨てる」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「大事の前 の・小事」の

「②」の「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「神は 細部 に・宿る」

  (「かみは さいぶ に・やどる」)

 

 「細かい・事」に も

 「妥協・せず」

 「こだわって」こ そ

 

 「素晴ら・しい」

 「も の」に

 「仕・上がる」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 

「大事 MAN・ブラザーズ・

   バンド」は

「それが 大事」と、いう

「歌を・歌い」ました。

 

「1,991・年」に

「リリース」し た

「サード・シングル」で

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「大事 MAN ・ブラザーズ・

   バンド」は

「1,990・年」に

「ボーカル」

「立川 俊之」の

「出身・地」

「埼玉県・草加市」で

 

「結成・され」た

「男女・混合」
「7人・組」の

「ロック・バンド」です。

 

「代表・曲」に

 

「それが 大事」

「うたを うたおう」

「等」が

「有・り」ます。

 

「1,991・年」に

「ファースト・シングル」

「MO - RIO」で

「デビュー」しました。

 

「以・後」

「1 枚の・シングル」と

「2 枚の・アルバム」を

「リリース」しました。

 

「しかし」

「ヒットに・至らず」

「所属・事務所」か ら

 

「次の・作品」が

「ダ メ」な ら

「契約・解除」と

「通・告」され ました。

 

「同・年」に
「背水の・陣」で

(「はいすいの・じん」)
「臨ん・だ」

(「のぞん・だ」)

 

「サード・シングル」

「それが 大事」を

「リリース」しました。

 

「同・曲」は

「フジ・テレビ 系」で

「放送・された」

 

「邦ちゃんの

 かつてない テレビ」の

「テーマ・ソング」に

「起用・され」

オリコン・1 位」で

「160・万枚」の

「売り・上げ」を

「記録・する」

 

「ミリオン・セラー」に

「成・り」ました。

 

「1,992・年」に

「4 th・シングル」

「うたを うたおう」を

「リリース」しました。

 

「同・曲」は

クレヨンしんちゃん」の

「エンディング テーマ・曲」に

「採用・され」ました。

 

「しかし」

オリコン・22 位」に

「とど・まり」

 

「売り・上げ」も

「4・万枚」と

「低・迷」しました。

 

「以・後」

 

「10・作」の「シングル」

「6・作」の「アルバム」を

「リリース・しました」が

「ヒット」に「繋がら・ず」

 

「1,996・年」に

「解・散」し

一発屋の・代表格」と

「呼ば・れ」ました。

 

 

「大事 MAN・ブラザーズ・バンド」
「それが 大事」

「作・詞」「作・曲」

「立川 俊之」

 

負け ない 事・投げ 出さない 事・

逃げ 出さない 事・信じ 抜く 事

駄目に なりそうな 時 

それが 一番大事

負け ない 事・投げ 出さない 事・

逃げ 出さない 事・信じ 抜く 事

涙 見せても いいよ 

それを 忘れな ければ

Oh ー

 

高価な 墓石を 建てる より 

安くても 生きている方が

すばら しい

ここに 居るだけで

傷ついている 人は いるけど

さんざん 我儘 (「わがまま」)

言った 後 

あなた への 想いは

変わらない けど

見えてる やさしさに

時折 負けそうに なる

 

ここに あなたが 居ないのが

淋しい のじゃ なくて

ここに あなたが 居ないと

思う事が 淋しい

 

負け ない 事・投げ 出さない 事・

逃げ 出さない 事・信じ 抜く 事

駄目に なりそうな 時 

それが 一番 大事

 

高価な ニットを あげる より 

下手でも 編んだ 方が 美しい

ここに 無いものを

信じれるか どうかに ある

今は 遠くに 離れてる 

それでも 生きていれば

いつかは 逢える

でも 傷つかぬ ように

嘘は 繰り返さ れる

 

ここに あなたが 居ないのが

せつない のじゃ なくて

ここに あなたが 居ないと

思う事が せつない

 

負け ない 事・投げ 出さない 事・

逃げ 出さない 事・信じ 抜く事

涙 見せても いいよ 

それを 忘れな ければ

負け ない 事・投げ 出さない 事・

逃げ 出さない 事・信じ 抜く 事

駄目に なりそうな 時 

それが  一番  大事

 

負け ない 事・投げ 出さない 事・

逃げ 出さない 事・信じ 抜く 事

駄目に なりそうな 時 

それが 一番 大事

負け ない 事・投げ 出さない 事・

逃げ 出さない 事・信じ 抜く 事

涙 見せても いいよ 
それを 忘れな ければ

 

 

※「大は 小を・兼ねる」

(「だいは しょうを・かねる」)

 

「大は 小を・兼ねる」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「大きい・もの」は

「小さい・もの」の

「役割を ・果たす」事 が

「出・来」

 

「幅・広く」
「役に・立つ」が

「逆・に」

 

「小さい・もの」は

「大きい・もの」の

 

「役割を・果たす」事 は

「出来・ない」 と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「大は 小を・兼ねる」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「中・国」「漢の・時代」の

「学・者」「董 仲舒」の

「著・作」「春秋 繁露」の

 

「下・記」「記・述」が

「由・来」だ、そうです。

 

「夫己有者、又兼小者、

   天下能是之、況人乎」

 

(「賢者は 愚者の 振る舞いを 

    できる 一方で、

    愚者は 賢者の 振舞いを

   する事が できない」)

 

「大は 小を・兼ねる」の

「代表・的」な「使用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「iPadの・容量」を

 「どの・位」に、する か

 「ショップの・店員さん」か ら

 「尋・ね」られた。

 

 「ブログ」を「いつ・まで」
 「続け・られる」か

 「見・当」が

 「付かな・かった」の で

 

 「大は 小を・兼ねる」で

 「念の・為」に

 「一・番」

 「大きな・もの」に、した。

 

・「スーパー」に

 「買い・物」に

 「行く・時」に は

 「大は 小を・兼ねる」で

 

 「念の・ため」

 「大き・い」

 「マイ・バッグ」を

 「持参・して」いる。

 

「大は小を・兼ねる」の

「類義・語」を

「検索・して」も

「出て・来」ません。

 

・「大きい 事は・いい 事だ」

  (「おおきい ことは・いい ことだ」)

 

 「1,968・年」に

 (「昭和 43・年」) 

 「大・流行」した

 「言・葉」です。

 

 「流行語・大賞」は

 「昭和 59・年」に

 「新設・され」ました。

 

 「も し」

 「流行・当時」に

 「流行語・大賞」が

 「有・れ」ば

 

 「間違い・無く」

 「受賞・した」と

 「思・い」ます。

 

 「大きい 事は・いい 事だ」は

 「同・年」に

 「発売・され」た

 「森永・エール チョコ」の

 

 「C・M」の

 「キャッチ」

 「フレーズ」でした。

 

 「ヒゲの・指揮者」と、して

 「有名・だった

 「山本 直純」は

 (「やまもと なおずみ」)

 

 「気球に・乗り」

 「大・空」で

 「オーバー」

 「アクション」に て

 

 「CM・ソング」の

 「指・揮」を

 「取り・ながら」

 

 「地・上」に

 「集・まった」

 「群・衆」に
 「向かっ・て」

 

 「大きい 事は・いい 事だ」と

 「大・声」で「叫・び」

 「またたく・間」に

 「流行・語」に、なりました。

 

 「時・代」は
 「高度・成長」の

 「真っ只・中」で

 (「まっただ・なか」)

 

 「重厚・長大」な

  (「じゅうこう・ちょうだい」)

 「経済・成長」を
 「推し・進める」様 な

 

 「キャッチ・コピー」は

 「世・相」と

 (「せ・そう」) 

 「マッチ」しました。

 

「大は 小を・兼ねる」の

「対義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「杓子は・耳掻きに ならず」

  (「しゃくしは・

      みみかきに ならず」)

 「杓・子」と は
 (「しゃく・し」)

 「しゃもじ」や

 「おたま」の 事で

 「耳・掻き」と
 (「みみ・かき」)

 「形」は

 「似て・いる」が

 

 「大き・過ぎ」て

 「耳・掻き」と、しては

 「使え・ない」事 より

 

 「大きい・もの」が

 「小さい・もの」の

 「代わ・り」に

 「使え・る」と は

 

 「必ず・しも」

 「限ら・ない」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 

「広末 涼子」は

(「ひろすえ りょうこ」)

「大 スキ!」と、いう

「歌を・歌い」ました。

 

「1,997・年」に

「リリース」し た

「セカンド・シングル」で

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「広末 涼子」は

「1,980 年・生まれ」で

高知県高知市

「出・身」の

 

「女・優」

「歌・手」です。

 

「代表・曲」に

 

「Maji で Koi する5秒前」

「とまどい」「大 スキ!」

「風の プリズム」等 が

「有・り」ます。

 

「小学・校」に

「入る・前」か ら

「芸能・界」に

「憧・れ」

 

「1,994・年」

「中学・校」

「3 年生の・時」に

 

クレアラシル」の

「オーディション」に

「応・募」し

 

「2,589・人」の

「中」か ら

「グランプリ」を

「獲・得」しました。

「1,995・年」に

クレアラシル」の

「イメージ」

「ガール」と、して

 

「C ・M」の

「デビュー」を

「果た・し」ました。

 

「同・年」に

「NTT ・ドコモ」の

「ポケ・ベル」の

「C ・M」に「出・演」し

 

「認知・度」は

「全国・区」に

「拡・大」しました。

「同」「C ・M 」は

「10 作品・以上」に

「渡っ・て」
「シリーズ・化」し

「CM ・アイドル」の

「座」を

「確・立」しました。

 

「余勢 を・かって」

「フジ・テレビ 系」

「テレビ・ドラマ」

「ハートに S」で

 

「女優・デビュー」を

「果た・し」ました。

「1,996・年」に

「私・立」

「品川 女子学院・

   高等 部」に

 

「進学・する」為 に

「高・知」から

「上・京」し

 

「神奈川県・横浜市」の

「叔母 夫婦・宅」で

「暮らし・始め」ました。

 

「同・年」に

「写真集・2 冊」を

「同・時」に

「リリース」し

 

「ベスト・セラー」に

「成・り」

「47・万部」を

「売り・上げ」

 

「歴代・1 位」の

「販売・数」を

「記・録」しました。

 

「1,997・年」に

「竹内 まりや」

「プロジュース」の

「ファースト・シングル」

 

「Maji で Koi 5秒前」で

「歌手・デビュー」し

オリコン・2 位」に

「成・り」ました。

 

「続・く」

「岡本 真夜」

「プロジュース」の

「セカンド・シングル」

 

「大スキ!」で

オリコン・1 位」を

「獲・得」し

 

「同・曲」で

「紅白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

(「紅白・出場」は

「この・1回のみ」)

 

「女・性」の

「アイドル・歌手」が

「デビュー・年」に

「紅白・出場」した の は

 

「1,980・年」の

「松田 聖子」「以・来」

「17 年・振り」でした。

 

「正・に」

「王・道」の

「アイドル・路線」を

「爆・進」し

 

「中・高 生」を

「中・心」に

「世・間」の

「フィーバー・振り」は

 

「最高・潮」に
(「さいこう・ちょう」)

「達・し」ました。

「同・年」に

「20世紀 ノスタルジア」で

「映・画」

「デビュー」しました。

 

「同」「映画の・演技」で

「映画・賞」の

「新人・賞」を

「総・ナメ」に、しました。

 

「テレビ・ドラマ」で は

ビーチ・ボーイズ

「聖者の 行進」等 で

「ヒロイン」を「演・じ」

 

「軒・並み」
(「のき・なみ」)

「高・視聴率」を

「叩き・出し」

 

「バラエティ」に も

「対・応」し

 

「トップ・アイドル」の

「地・位」を

「盤・石」に、しました。

(「ばん・じゃく」)

 

「1,998・年」に

「高校を・卒業  後」に

「自己・推薦」
「入・試」に て

「早稲田・大学」

「教育・学部」

「国語 国文・学科」に

「進・学」し

 

「同・大学」の

「卒業・生」で

「大・女優」の


「吉永 小百合」

「二・世」と

「騒が・れ」ました。

 

「しか し」

「多・忙」に、より

「入学・式」に も

「出席・せず」

 

「3ヶ月・間」
「登・校」

「無し・だった」為

 

「涼 子」に「対・し」

「世間・から」

「批・判」が

「集・中」しました。

 

「学力・試験」の

「無・い」

「一芸・入試」

「だった・為」

 

「芸能・人」を

「優遇・した」

「売名・行為」で

 

「涼 子」を

「入学・させた」と

「非・難」の

「矛・先」は

(「ほこさき」) 

 

「大・学」に も

「向け・られ」ました。

 

「3 ヶ月・後」の

「初 登校・時」に は

「マスコミ」が
「100人・以上」

 

「学・生」や「ファン」

「野次・馬」が

「3,000 人・以上」

「集・まり」

 

「テレビ・中継」

「される・等」

「大・騒動」に
「成・り」ました。

 

「1,999・年」に

「初・コンサート」を

「日本・武道館」

 

「名古屋」

「レインボー・ホール」

大阪城・ホール」で

「開・催」しました。

 

「2,003・年」に

「女優・業」に

「専念・したい」と の

 「理・由」で

 

「大・学」を
「中・退」しました。

 

「2,017・年」に

「フジ・テレビ 系」で

「放送・され」た

「貴族 探偵」で

 

「19 年・振り」に

「テレビ・ドラマ」に

「出・演」しました。

 

「2,021 年・2 月」に

「竹内 まりや」との

「コラボ・レーション」で

 

「新・曲」

「キミの 笑顔」を

You Tube」で

「配・信」しました。

 

「私・生活」で は

 

「2,003・年」に

「モデル」の

「岡沢 高宏」と

「結・婚」し

 

「2,004・年」に

「長・男」を

「出・産」しました。

 

「2,008・年」に

「離・婚」しました。

 

「2,010・年」に

「キャンドル・アーティスト」の

「Candle JUNE」と

「再・婚」しました。

 

「2 人の・間」に は

「一男・一女」が

「いる」そうです。

 

 

「広末 涼子」

「大 スキ!」

「作・詞」「作・曲」

「岡本 真夜」

 

とっても 大スキよ。 

ダーリン

I like you ダーリン

 

2 回目の ドライブ 

Doki Doki しちゃう

広がる 青い空 

最高 だね

 

あなたと いると 楽しい

2つに 並ぶ 缶ジュース

なんか もう 

うれし すぎて

ホッペに チュッ て

したく なる

だけど 今は 運転中

横顔を 見つめて いよう

 

とっても 大スキ よ 

ダーリン

I like you 

ダーリン

あ・い・し・て・る。 

ダーリン

I love you  

ダーリン

 

写真 いっぱい 撮ったね

「今すぐ 見たいよお」

 

夕焼けの 帰り道 

予定 変更

スピード 写真に 寄り道

「1時間後です。」(「O K 」)

あと 1時間 ドライブ

ごめんね ほんと は

もう 少し 

一緒に いたかったんだ

 

とっても 大スキ だから。 

ダーリン

I like you  

ダーリン

ずっと そばに いたい。 

ダーリン

I love you  

ダーリン

 

はじめて 撮った 写真は

なんだか ちょっと 

くすぐったい

でも 顔が 

にやけて きちゃう

もうすぐで 

さよなら だね

今日 ね すごく ね 

むちゃ くちゃ

楽しかった

ありがと、 

ダーリン

 

とっても 大スキ だよ。 

ダーリン

I like you 

ダーリン

あ・い・し・て・る。 

ダーリン

I love you  

ダーリン

 

ずっと そばに いて。 

ダーリン

I love you  

ダーリン

あ・い・し・て・る。 

ダーリン

I love you  

ダーリン

 

 

「大事の 前の・小事」を

「英・語」で

 

 「Small things before important things」

 

 (「大事の 前の・小事」) と

 

 「言・う」そうです。