何気なく使っている言葉の意味

「枯れ木 も・山 の 賑わい」

(「かれき も・やま の にぎわい」)

 

「皆 さん」は「枯れ木 も・山 の 賑わい」と、いう

「ことわざ」を

「使っ た・事」は「有・り」ませんか ?。

 

「枯れ木 も・山 の 賑わい」の「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「枯 れ・木」の 様 な「つまら ない」

「人」や「物」で も

「数 の・中」に「加 わ・れ」ば

 

「座」(「ざ」) を「賑 わ・し」(「にぎ わ・し」)

「景 気・付け」(「けい き・づけ」) に、なる から

「いない」より は「マ シ」と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「老・人」が「若・者」に「混じっ・て」

「何・か」を「す る・時」に

 

「謙・遜」 (「けん・そん」) し て

「使 わ・れる」事 が「多・い」)
「言・葉」だ、そうです。

 

「自・分」や「身・内」を

「へり くだって」「使・う」の が

「原・則」で「有・り」

「他人 に・対し」て「使・う」と

 

「失 礼 に・なる 」の で

「注 意・して」下さい。

 

「枯れ木 も・山 の 賑わい」の
「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

「何 も・無い」「殺 風・景」な

      (「さっ ぷう・けい」) 

「ハ ゲ・山」より も

 

「たと え」「葉」が 「茂っ て・おらず」

「花」や「実」も「付 け・ない」

「みすぼ ら・しい」「枯 れ・木」で も

 

「有 れ・ば」「山」に「趣・き」を

         (「おもむ・き」) 

「添 え・て」(「そ え・て」) く れ

 

「風・情」(「ふ・ぜい」) を

「賑 わ・して」(「にぎ わ・して」)

「く れ・る」事 が

「由・来」に、なった そうです。

 

「枯れ木 も・山 の 賑わい」の

「代 表・的」な「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「老・体」(「ろう・たい」) の「私」で も

 「枯れ木 も・山 の 賑わい」「程・度」に は

 「な る」でしょう。

 

・「誘 い・文句」(「さそ い・もんく」) に

 「枯れ木 も・山 の 賑わい」と は

 「何・て」「失・礼」な

 「言い方 を・する」「人」だ。

 

「枯れ木 も・山 の 賑わい」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「蟻 も・軍勢」

 (「あり も・ぐんぜい」)

 

 「いなくて も・よい」様 な
 「非・力」(「ひ・りき」) な

 「者」で も


 「いな い・より」は

 「マ シ」だ と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

「枯れ木 も・山 の 賑わい」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「無用 の・長物」

 (「むよう の・ちょうぶつ」)

 

 「有っ・て」も「役」に「立 た・ない」

 「むしろ」「邪 魔 に・なる」

 「存・在」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 

「フェアリーズ」(「妖精 たち」) は

「賑わう 街を 笑みで 染め」の

「歌・詞」が「有・る」

 

「White Angel 」と、いう

「歌」を「歌・い」ました。

 

「2,012 年」に「リリース」し た

「5 th・シングル」で

オリコン・5位」に、なりました。

 

「フェアリーズ」は「海・外」で

「勝負 して・いける」

「実力 派・グループ」を  

「コンセプト」に

 

「2,011 年」に「結 成・された」

「女 性・5 人 組」の

  (「当・初」は「女 性・7人 組」) 

「ダンス & ボーカル」「グループ」です。

 

「グループ・名」は「日 本・テレビ 系」

「テレビ・番組」「スッキリ」の

「特 別・企画」で「一 般・公募」さ れ

 

「踊っ て・いる」「姿」が

「まるで」「妖・精」(「よう・せい」) が

「踊って いる・ようだ」と、いう

「理・由」で「名付 け・られ」ました。

 

「ファン」は「彼 女・達」を

「フェアラー」と

「呼 ん・で」いました。

 

「安室 奈美恵」「M A X」「SPEED」等 を

「排・出」(「はい・しゅつ」) し た

ライジング・プロダクション」が

「手 掛・けた」「グループ」でした。

 

「2,011 年」に「当・時」の

「ヴィジュアル・ファクトリー」か ら

 

「7・人」の「女 子・中学生」が

「選 抜・され」「グループ」を

「結・成」しました。

 

「2,011 年」に「ファースト・シングル」

「More Kiss /Song for you」で

「メジャー・デビュー」しました。

「同・曲」は「オリコン・11 位」でした。

 

「同・年」「同・曲」で
「日本・レコード 大賞・ 最 優秀 新人 賞」を

「受・賞」しました。

 

「当・時」の「メンバー」の

「平均・年齢l」は

「13. 6・歳」で

「話・題」に、なりました。

 

「2,012 年」に「5 th・シングル」

「White Angel」を「リリース」し

 

「初」の

オリコン・トップ 1 0 入り」と、なる

オリコン・5 位」に、なりました。

 

「同・年」「同・曲」で

「日本・レコード  大賞・  優秀作品 賞」を

「受・賞」しました。

 

「2,013 年」に「清村」が

「学業 に・専念 する」為 に

「2,014 年」に「伊藤」が

「ソロ 活動・する」為 に

 

「グループ」を「脱・退」し

「5 人・体制」に

「成・り」ました。

 

「2,018 年」に「16 th・シングル」

「HEY HEY 〜Light Me Up 〜」を

「リリース」し


「自 身・最高 位」の

オリコン・2 位」に、なりました。

 

「2,020 年・6 月」に

「井上」「野元」「林田」の

「3・名」が

 

ライジング・プロダクション」と の

「契 約・満了」を「理・由」に

「グループ」から の

「脱・退」を「発・表」しました。

 

「残・る」「伊藤 萌々音」と
「下村 実生」は

 

「グループ」を「継 続・する」と

「表 明して・います」が

「今後 の・活動」は

「未・定」と、して います。

 

 

「フェアリーズ「White Angel」

「作・詞」:「Satomi」

「作・曲」:「BOY SKI MASK ・SHIKATA & IGGY」

 

白 い 天使 の 歌 が 賑わう (「にぎわう」) 街 を

笑み で 染め (「えみ で そめ」)

今 心 の Candlen に 灯 (「ひ」) を

点して (「ともして」) ゆく

 

今年 最高 の present 

あの とき ふたり が 出会え た こと

I Want To Show You Everything Tonight for Love 

それだけ で イイ

 

Beautiful Angel  星 が 奏で る (「かなで る」) Melody  に

Beautiful Angel Oh, 永遠 の 愛 を 誓う 

Dance, Dance,  Dance 

街 に 流れ る Garol  に 心 まで  Dance 

Beautiful Angel  ねぇ 、いつまで も 一緒 に いて ね

If It's Tonight With You, The Time Will Move 

 

恋 を 重ねて きて 私 は キミ に 出会え た

昨日 に 今日 積み ながら 未来 へ 向かう With You 

 

星 が 最愛 なる 星 へ と

まっすぐ 流れてく 様 に

I Want To Show You Everything Together For Love 

届ける 想い

 

Beautiful Angel  真冬 に 舞い降り た 天使

Beautiful Angel Oh,  羽根 が 軌跡 (「きせき」) えがい て 

Dance Dance Dance 

キミ への 甘い 感情 も 星空 で  Dance 

Beautiful Angel  ねぇ、最果 て (「さいは て」) の

未来 の 向こう へ

i Need To Be With You Together 

 

ツライ 恋 も あった だから 今 が ある と

そう 思える そう 思い たい 愛し て いる から

The Way That I Hug You, The Way That Kiss You 

変わら ぬ 気持ち を 誓い あおう

The Way That I Hug You, The Way That Kiss You 

The Way That I Love You  白 い 世界 で・・・

 
Beautiful Angel  星 が 奏で る  Melody  に

Beautiful Angel Oh,  永遠 の 愛 を 誓う 

Dance Dance Dance 

街 に 流れ る Carol  に 心 まで  Dance 

Beautiful Angel  ねぇ 、いつまで も 一緒 に いて ね

If It's Tonight With You, The Time Will Move 

 

 

※「木 を 見 て・森 を 見ず」

 (「き を み て・もり を みず」)

 

「木 を 見 て・森 を 見ず」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

「細か い・部分」に「こだわる」と

「視・野」(「し・や」) が

「狭・く」(「せま・く」) な り

 

「全 体・増」(「ぜん たい・ぞう」) を
「見・失う」(「み・うしなう」) と、いう

「意・味」だ、そうです。

 

「些細 (「ささい」) な・事」に

「こだわり」「過 ぎ・る」と

「物・事」の「本・質」や

「全 体・観」を「見 誤・る」事 が

「有・る」と、いう

 

「格・言」 と、して「使 わ・れる」

「言・葉」だ、そうです。

 

「木 を 見 て・森 を 見ず」の

「語・源」は

「下・記」だ、そうです。

 

「ヨーロッパ」で「昔」から

「使わ れて・いる」

「下・記」「ことわざ」が

「由・来」だ、そうです。

 

「You cannot see the wood for rhe trees」

 

(「木」を「見 て・いる」と
「森」が「見え なく・なる」)

 

「一本 の・木」に「注 目・する」
「あまり」に

 

「森・全体」を「見 る・事」を

「忘れ て・しまう」と、いう

「意・味」だ、そうです。

「ちなみ」に「林」と「森」の

「決 め・方」は

「木」の「本・数」の

「多・寡」(「た・か」) で

 

「決 め・る」の で は「無・く」

「人」の「感・性」で

「呼 び・方」を

「決 め・る」そうです。

 

「木 を 見 て・森 を 見ず」の
「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は「木 を 見 て・森 を 見ず」の

 「言葉 の・通り」「自分 の・利益」や

 「自分 の・目的」を「優・先」し 


 「他 の・メンバー」に

 「迷・惑」を「か け・る」

 「傾・向」が「有」る。

 

 「リーダー」に は「向い て・いない」

 「気」が、する。

 

・「そ の・靴」は「デザイン」が

 「凝っ・て」(「こっ・て」) い て

 「見 た・目」は「オシャレ」だ が

 

 「木 を 見 て・森 を 見ず」で

 「肝・腎」(「かん・じん」) の

 「歩 き・やすさ」は

 「如・何」(「いかが」) ですか ?。

 

「木 を 見 て・森 を 見ず」の
「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「木 を 数えて・林 を 忘 れる」

  (「き を かぞえて・はやし を わすれる」)

 

 「細・部」に「ばかり」に

 「気」を「取 ら・れる」と「全 体・を」

 「見 忘・れる」と、いう

 「格・言」だ、そうです。

 

・「鹿 を 追う者 は・山 を 見ず」

 (「しか を おうもの は・やま を みず」)

 

 「獲・物」に「気」を「取られ て・いる」と

 「山」「全・体」が「見 え なく・なる」事 から

 「転 じ・て」

 

 「一つ の・事」に「夢中 に・なる」と

 「心 の・余裕」が「無 く・なる」と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 「目先 の・利益」ばか り に

 「気」を「取られ て・いる」と

 「大き な・利益」を

 「損 ね・る」(「そこ ね・る」と、いう

 

 「商・売」の

 「戒・め」(「いまし・め」) に も

 「使 わ・れる」
 「言・葉」だ、そうです。

 

「木 を 見 て・森 を 見ず」の

「対 魏・語」を「検・策」して も

「ピ ン」と「来・る」「言・葉」が

「有・り」ません。

 

・「神 は・細部 に 宿る」

 (「かみ は・さいぶ に やどる」)

 

 「こ の」「西・洋」の

 「ことわざ」は

 「昨・年」「テレビ・朝日 系」で

 「放 送・され」た

 

 「テレビ・ドラマ」

 「相・棒」の「中」で

 「杉下 右京」(「演」:「水谷 豊」) が

 「言っ・た」「言・葉」です。

 

 「神」は「細部 に・宿る」の

 「意・味」は「下・記」です。

 

 「詳・細」(「しょう・さい」) な

 「部・分」に、まで

 「こだわり・抜く」事 に より

 「全・体」と、して の

 「完 成・度」が「高・まる」と、いう

 「意・味」です。

 

 「辺・り」が「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「ジャッキー・吉川」と

「ブルー・コメッツ」は

「森 と 泉 に かこまれて」の

「歌・詞」で「始 ま・る」

 

「ブルー・シャトー」と、いう

「歌」を「歌・い」ました。

 

「1,967 年」に「リリース」し た

「8 th・シングル」で

「大 ヒット・曲」に、なりました。

 

「ブルー・コメッツ」は

「米 軍・キャンプ」

「回・り」を、して いた

「バンド・マン」を「中・心」に

 

「1,957 年」に「結 成・された」

グループ・サウンズ」です。

 

「ど の・星 」より も

「光 り・輝く」

「彗・星」 (「すい・せい」) を
「イメージ」し て

 

「グループ・名」を

「決・め」ました。

「略・称」は 

「ブル・コメ」です。

 

グループ・サウンズ」=「不・良」の

「イメージ」が「強 かっ・た」

「1,960 年・代」「当・時」に

「数・多」(「あま・た」) の

 

グループ・サウンズ」の

「中」で

ザ・ワイルド・ワンズ」と

「共・に」

 

「N H K」へ の「出・演」が

「許 さ・れた」

「優等 生・バンド」でした。

 

「1,966 年」「ファースト・シングル」

「サンダー・ボール」で

「メジャー・デビュー」しました。

 

「以・後」「スマッシュ・ヒット」が
「続・き」ました。

 

「1,967 年」に「リリース」し た

「8 th・シングル」

「ブルー・シャトー」が

「150・万枚」を「超・す」

 

「ミリオン・セラー」と、なり

「自 身・最大」の

「ヒット・曲」に、なりました。

 

「同・年」「同・曲」で

「日本・レコード・大賞」を

「受・賞」しました。

 

「1,970 年・代」に、なる と
「ムード・歌謡 曲」の

「台・頭」(「たい・とう」) に、より

 

グループ・サウンズ」は

「次・々」と

「解・散」しました。

 

「しかし」「ブルー・コメッツ」は

「メンバー」の「交・代」を

「経 (「へ」) な・がら」

 

「現・在」も「全国・ツアー」を

「展 開・して」いる そうです。

 

「紅白・歌合戦」に は

 

「1,966 年」の「青い 瞳」〜

「1,968 年」の「マリア の 泉」ま で

 

「3 年・連続」で「出・場」しました

 

 

「ジャッキー・吉川」と「ブルー・コメッツ」

「ブルー・シャトー」

「作・詞」:「橋本 淳」「作・曲」:「井上 忠夫」

 

森 と 泉 に かこまれ て

静か に 眠る ブルー・ ブルー ・ブルー ・シャトー

あなた が ぼく を 待って いる

暗く て 淋しい (「さみしい」) ブルー・ ブルー ・ブルー・ シャトー

 

きっと あなた は 赤い バラ の

バラ の 香り が 苦しく て

涙 を そっと 流す でしょう

 

夜霧 の ガウン に つつまれ て

静か に 眠る ブルー・ ブルー・ ブルー・ シャトー

ブルー・ ブルー・ ブルー ・ブルー ・ブルー

ブルー・ シャトー

 

きっと あなた は 赤い バラ の

バラ の 香り が 苦しくて

涙 を そっと 流す でしょう

 

夜霧 の ガウン に つつまれ て 

静か に 眠る ブルー ・ブルー ・ブルー・ シャトー

ブルー ・ブルー ・ブルー ・ブルー ・ブルー

ブルー・ シャトー

 

 

「枯れ木 も・山 の 賑わい」を「英・語」で

 

「Dead trees are better than nothing」

 

(「枯 れ・た」「木」で も
「何 も・無い」より は「マ シ」) と

 

「言・う」そうです。