何気なく使っている言葉の意味

「忠言 耳 に・痛し」

 (「ちゅうげん みみ に・いたし」)

 

「皆さん」は「忠言 耳 に・痛し」と、いう

「ことわざ」を「使っ た・事」は「有 り」ませんか ?。

 

「検 索・する」と「忠言 は 耳 に・逆らう」と も

              (「さからう」)

「出 て・来」ます。

 

「忠言 耳 に・痛し」の「意 味」は
「下 記」だ、そうです。

 

「忠告 の・言葉」は「聞 く・者」に「とっ て」は

「耳 が・痛い」の で「素 直」に

「聞 き・入れ」「憎 い」(「にく い」) と、いう

「意 味」だ、そうです。

 

「忠 言」(「ちゅう げん」) と は「真 心 を・込め」て

「他 人」に「不 正」や「欠 点」を「改 め・る」よ う
「忠 告・する」と、いう

「意 味」だ、そうです。

 

「忠言 耳 に・痛し」の「由 来」は

「下 記」だ、そうです。

 

「孔 子 家語」(「こう し けご」) の「六 本」と、いう

「章」に「記 さ・れた」(「しる さ・れた」)

「下 記」「一  節」だ、そうです。

「現 代・文」に「訳 す」と

 

「孔 子・曰く」(「こう し・いわく」)

「良 薬」(「りょう やく」) は

「口 に・苦 (「にが」) けれ」ど も

「常 に・利 (「り」) あり」

 

「忠 言」は「耳 に・逆らえ ど」も

「行 い に・利 あり」と

「書  か・れて」「い る」そうです。

 

「孔 子」が「言 う」に は

「良 い・薬」は「苦 い」が

「常 に」「病 」(「やまい」) に「効 き」(「き き」)

 

「忠 言」は「耳 に」「痛 い・もの」だ が

「良 い」「行 動」を、する 為 に

「役・立つ」と、いう

「意 味」だ、そうです。

 

「忠言 耳 に・痛し」の「代表・的」な

「使用・例」は「下 記」だ、そうです。

 

・「忠言 耳 に・痛し」と「言 う」が

 「真 心」の「込 もっ・た」「忠 告」は
 「自 分」の「ため に・なる」の で

 「受 け・入 れね」ば、ならない。

 

・「上 司」から「忠 告・され」た「時」

 「忠言 耳 に・痛し」と、いう「言 葉」を

 「思 い・出し」「素直 に・従う」事 に した。

 

「忠言 耳 に・痛し」の「類義語」は

「下 記」だ、そうです。

 

・「良薬 口 に・苦し」

 (「りょうやく くち に・にがし」)

 

 「本 当」に「自分 の・為」を「思っ・て」

 「忠告 して・くれる」の は

 「有 り・難い」(「あ り・がたい」) が

 

 「聞 く」の が「辛 い」(「(つら い」) と、いう

 「意 味」だ、そうです。

 

「忠言 耳 に・痛し」の「対義語」は

「下 記」だ、そうです。

 

・「佞 言」は「忠」に「似・たり」

 (「ねい げん」は「ちゅう」に「に・たり」)

 

 「媚 び」(「こ び」) や「諂 い」(「へつら い」) の

 「言 葉」は「忠義 の・言葉」と「似 て・いる」の で

 「注 意・すべき」と、いう

 「意 味」だ、そうです。

 

 

プリンセス・プリンセス」は

「恋しくて 痛い ほど はりさけて 行く心 」の

「歌 詞」が「有 る」

 

「ジュリアン」(「男性 の・名前」) と、いう

「歌」を「歌 い」ました。

 

「1,990 年」に「リリース」し た

「10 th・シングル」で

オリコン・1位」に、なりました。

 

「私」の「P ・C」で は「プリンセス・プリンセス

「ジュリアン」で「検索・する」と

「カラオケ・動 画」に「続 き」

 

「奥原 香」に、よる「ピアノ」「ソロ・ライブ」の

「動 画」が「出 て・来」ます。

(「検索・方法」「検索・日」に、より

「動 画」は「変 わ・り」ます。)

 

プリンセス・プリンセス

「ヒット・メドレー」で「検索・する」と

「ライブ・風景」の「動 画」が

「出 て・来る」か も、しれません。

 

プリンセス・プリンセス」は

「1,983 年」に「結成・され」た「5人・組」の

「ガールズ」「音楽・バンド」です。

「愛 称」(「あい しょう」は「プリ・プリ」です。

 

「女性・のみ」で「構成・され」た

「バンド」の「中」で「商業・的」に

「日 本」で「最」も「成功・した」

「グループ」だ、そうです。

 

「ガールズ・バンド」の

「パイオニア」と、なり

「ヒット・曲」を

「連・発」しました。

 

「1,983 年」に「レコード・会社」の

「オーディション」で

「5・人」が「選 ば・れ」ました。

 

「1,986 年」「ファースト・アルバム」

「Kiss で 犯罪」で

「メジャー・デビュー」しました。

 

「1,989 年」「女性・だけ」の

「バンド」と、して は

「初」と なる「日本・武道館」で の

「単独・ライブ」を「開 催」しました。

 

「こ の」「イベント」は「解散・する」

「1,996 年」ま で「続 き」ました。

 

「同 年」「7 th・シングル」

「Diamonds」が

「初」の「オリコン・1位」で

「ミリオン・セラー」に、なり

 

「一 躍」(「いち やく」)

「トップ・アーティスト」の「仲間・入り」し

「人 気」は「頂 点」に「達 し」ました。

 

「続 く」「世界 で 一番 暑い 夏」

「OH YEAH!」「ジュリアン」「KISS 」も

オリコン・1位」と、なり

 

「5 作・連続」で「シングル」

オリコン・1位」に、なりました。

 

「1,989 年」に「リリース」し た

「5 th ・アルバム」「LOVERS」

「1,993 年」に「リリース」した

「8 th ・アルバム」「BEE- BEEP」まで

 

「4作・連続」で「アルバム」

オリコン・1位」に、なりました。

 

「1,996 年」「メンバー・結成」か ら

「1 3・年」に、して「グループ」を「解 散」し

「メンバー」「各 々」が「ソロ・活動」する、と

「発 表」しました。

 

「2,012 年」「前年 に・起き」た

「東日本・大震災」を「キッカケ」に

「1 6 年・振り」に「1 年・間」の

「期間・限定」で「再・結成」しました。

 

「同 年」「女性・バンド」と、して は

「史 上・初」の「東 京・ドーム」で の

「単独・ライブ」を「開 催」しました。

 

「同 年」「紅白・歌合戦」に

「初・出場」し「自身 の・代表 曲」

「Diamonds」を

「熱 唱」しました。

 

「2,013 年」「東日本 ・大震災」の

「復興・支援」と、して

「開催・した」「ライブ」で の

 

「収益・金」「及 び」「グループ」の

「呼 び・かけ」に「応 じ・て」

「集 まっ・た」「義援・金」の 「中」か ら

 

「岩手 県」「宮城 県」「福島 県」に

「各 々」「5,000・万円」を

「新潟 総合・病院」に「2,000・万円」の

「寄 付」を「実 施」しました。

 

「2,014 年」「第 二次・支援」と、して

「東北 福祉・大学」に「3,000・万円」の

「寄 付」を「実 施」しました。

 

「2,015 年」「第 三次・支援」と、して

「ライブ・ハウス」の「建設・資金」と、して

「残 り」の「義援・金」「全 額」と

 

「開催・した」「ライブ」の「収益・金」

「合 計」「3 億 1,000 ・万円」を

「寄 付」しました。

 

 

「PRINCESS・PRINCESS」「ジュリアン」

「作詞」:「中山 加奈子」「作曲」:「奥居 香」

 

ジュリアン あなた の 笑顔 は 日 ごと に そっと

にじん で ゆくの に あいたさ は ただ つのる ばかり で

 

ジュリアン せめて 夢 の 中 姿 を 見せ て

あなた の ことだけで 心 が あふれて しまい そう

 

何 も できない ままで 時間だけ が 過ぎて ゆく

あの 夜 に あなた と めぐり逢えた こと

それだけ でも 嬉しい けれ ど

 

あいたく て あいたく て あいたく て 今夜 も

恋しく て 恋しく て 恋しく て 痛い ほど

はりさけ て ゆく 心 知らず に あなた は 今 どこで 眠る の

 

ジュリアン あなた の しぐさ を 鏡 で まね して

元気で います か 話しかけ て 涙 が おち た

 

ジュリアン もしも 夢 の 中 許される なら

暖かい 胸 に 包まれて 好きと いえる のに

 

こんな せつない 恋 を  私 は 忘れない でしょう

くだけそう な 心 を まっすぐ に 大切 に

あなた だけに かたむけて いた

 

恋する と 苦しく て あきらめよう と するけれ ど

つぼみ の まま この 想い つむ なんて できない

また いつか 会いたい ね でも もう 二度と 会えない ね

さよなら 言わなきゃ

 

さようなら 優しさ を 想い出 を  涙 を

忘れて た ときめき を せつなさ を ありがとう

言葉では 何ひとつ 言え なかっ た あなた に

この うた を 贈る わ

 

 

※「痛 し・痒 し」

 (「いた し・かゆ し」)

 

「痛 し・痒 し」の「意 味」は

「下 記」だ、そうです。

 

「両 方」に「同・程度」の「良 い・面」と
「悪 い・面」が「有 り」「どちら」か

「片方 を・選ぶ」の に

 

「自 分」が「迷っ・たり」

「苦し ん・だり」する 事、の

「たとえ」だ、そうです。

 

「互 い」に「差 し・障り」が「有 り」
    (「さし・さわり」) 

「一方 が・良い」と「他方 が・悪い」と、いう

「状 態」の「元」で

 

「どう した」ら「よい か」

「決 め・かね」「迷・う」と、いう

「意 味」だ、そうです。

 

「こう した」「状 態」を  「ジレンマ」に

「陥 る」(「おち いる」) と

「言 う」そうです。

 

「痛 し・痒し」の「由 来」は

「下 記」だ、そうです。

 

「掻け ば・痛い」(「かけ ば・いたい」) し

「掻か な・けれ」ば「痒 い」(「かゆ い」) の で

「か く・べき」か「かか ざる・べき」か

「迷っ て・いる」様子 で

 

「どちら に・して」も「苦痛 が・あり」

「困っ て・いる」「状 態」が

「由 来」だ、そうです。

 

「痛 し・痒し」の「代表・的」な

「使用・例」は「下 記」だ、そうです。

 

・「彼」を「立て・れば」「彼女 が・怒る」し

 「彼 女」の「味 方 を・すれ」ば
 「彼」に「恨ま(「うらま」) ・れる 」し

 「正 に」「痛 し・痒 し」だ。

 

・「人 生」の「重要 な・局面」で は

 「どちら の・道」を

 「選 ん・でも」「リスク が・あり」

 

 「痛 し・痒 し」の「選択 を・迫ら れる」

 「事 に・なる 」でしょう。

 

「痛 し・痒 し」の「類義語」は

「下 記」だ、そうです。

 

・「あちら を・立て れ ば」「こちら が・立た ず」
 (「あちら を・たて れ ば」「こちら が・たた ず」)

 

 「一人 の・人」を「立 て・れ ば」

 「もう・一人 」の「人」を

 「立 て・られ」「無 い」と、いう

 

 「葛 籐」(「かっとう」) が「有 る」
 「状 態 に・ある」と、いう

 「意 味」だ、そうです。

 

・「河豚 は・食いた し」「命 は・惜し し」
 (「ふぐ は・くいた し」「いのち は ・おし し」)

 

 「美味・しい」(「おい・しい」) 「フグ」に は

 「猛毒 が・ある」の で「食 べ・る」か

 「食 べ・ない」か の「二 つ」の

 「選択・肢」(「せんたく・し」) の「中」で

 

 「迷っ て・いる」と、いう

 「意 味」だ、そうです。

 

 

「THE ・YELLOW ・MONKEY」は

 (「ザ・イエロー・モンキー」) 

「どんな 痛み にも 耐える あなたに 会えたよ」の

「歌 詞」が「有 る」「DANDAN」と、いう

「歌」を「歌 い」ました。

 

「2,019 年」に「リリース」した「9 Th ・アルバム」

「9 9 9 9」に「収録・され」て、います。

「同・アルバム」は

オリコン・2 位」に、なりました。

 

「ザ・イエロー・モンキー」は

「1,988 年」に「結成・され」た

「4人・組」の「ロック・バンド」です。

 

「略 称」(「りゃく しょう」) は

イエ・モン」です。

 

「イエロー・モンキー」は「主 に」

「西洋・圏」で「使用・され」る

「東洋・人」に「対す・る」

「蔑 称」(「べっ しょう」) です。

 

「洋 楽」へ  の「コンプレックス」か ら

「自虐・的」(「じぎゃく・てき」) 

「意味・合い」で「バンド・名」を

「名付・け」ました。

 

「1,992 年」「ファースト・シングル」

「Romantist Taste」で

「メジャー・デビュー」しました。

「同 曲」は「オリコン・圏外」でした。

             (「300・位」「以下」) 

 

「1,995 年」「4 th・アルバム」「Smile」が

オリコン・4位」に、なりました。

「同 年」「日本・武道館」で「初」の

「単独・ライブ」を「開 催」しました。

 

「1,995 年」「イギリス」で

「レコーディング」した「5 th・アルバム」

「FOUR SEASONS」が「初」の

オリコン・1位」に、なりました。

 

「1,997 年」に「リリース」した

「6 th ・アルバム」「STOCKS 」

「1,998 年」の「7 th・アルバム」

「PUNCH DRANKER 」が

 

オリコン・1位」と、なり

「アルバム・3 作品」が

「連続・1位」に、なりました。

 

「1,998 年」に「リリース」し た

「14 th ・シングル」「球根」が

「シングル」で は「唯 一」(「ゆい いつ」) の

オリコン・1位」に、なりました。

 

「2,001 年」「初」の「東京・ドーム」で の

「単独・ライブ」を「開 催」しました。

「ライブ」「終演・後」

「ステージ・上」で

 

「これ・まで」「忙 し・過ぎ」て

「疲れ て・しまった」事 を

 「理 由」に

「休 業」を「発 表」しました。

 

「ファン」は「活動 の・再開」を

「待 ち・望んで」いました、が

「2,004 年」に「バンド の・解散」が

「正 式」に「発 表」され ました。

 

「2,016 年・1月」「イエロー・モンキー」の

「バンド」「再・結成」を

「発 表」しました。

「2,016 年」「再・結成」「発表・後」

「初 」と なる「2 5 th ・シングル」

「砂 の 塔」を「リリース」しました。

「同 曲」は「オリコン・2 位」に、なりました。

 

「2,017 年」に「8 th ・ベスト アルバム」

THE YELLOW MONKEY IS HERE」を

「リリース」し

オリコン・1位」に、なりました。

 

「2,019 年」「9 th・アルバム」

「9 9 9 9」を「リリース」し

オリコン・2  位」に、なりました。

 

「2,020 年・3 月」「デジタル・シングル」

「未来 は みないで」を「リリース」しました。

 

「紅白・歌合戦」の「出場・歴」は

「無 い」様 です。

 

 

「THE ・YELLOW ・MONKEY」「DANDAN」

「作詞」:「吉井 和哉」「作曲」:「吉井 和哉」

 

ビリー は 朝から 並んだ お目当 の

ブツ を 狙い に (「ねらい に」)

古着 や フード に レコード

日曜日 の 蚤の 市 (「のみの いち」)

 

周年 セール を 伝える 派手な 着物の チンドン屋 さん

裏道 細道 大通り 白い顔 に 青い空

 

何も 言わず に 出てった ボロ い デニム と 缶 コーヒー

恋人 に 別れ を 告げ て

 

ほら  DANDAN いいね  DANDAN

集まった 盟友 (「めいゆう」)

始まった ばかり で そんな 気に しないで いい よ

ほら  DANDAN いいね  DANDAN

風向き も 変わ る

どんな 夢 も 叶え る バンド が できた よ

 

浅瀬 で 遊んだ つもり が 深いとこ まで 持ってか れた

もがけ ど もがけ ど 離岸 流 (「りがん りゅう」)

波 しぶき 慄い た (「おののい た」)

 

悪い 大人 も 見ちゃっ た

人 が 変わって いった

お釈迦 様 (「おしゃか さま」) の 手 の ひら

逃げ 切れ た 人 は いない

 

間違った 出会い と 正しかった 出会い

傷ついて ばかり の あの日 の 君 は ヒーロー

でも  DANDAN そうね  DANDAN

形 だって 変わ る

どんな 夢 も 叶え る あなた に 会えた よ

どんな 痛み にも 耐え る あなた に 会えた よ 

Wonderful World Wonderful World 

 

 

「忠言 耳 に・痛し」を「英 語」で

 

 「Abvice is not welcome」

 

 (「助 言」は「歓 迎」「され・ない」) と

 

 「言 う」そうです。