何気なく使っている言葉の意味

「親 の 甘茶 が・毒 と なる」

 (「おや の あまちゃ が・どく と なる」)

 

「皆さん」は「親 の 甘茶 が・毒 となる」と、いう

「ことわざ」を「使った・事」は「有り」ませんか?。

 

「親 の ;「甘茶 が・毒 と 「なる」の「意味」は 

「下記」だ、そう です。

 

「親」が「子供」を 「甘やか して」育てる・事」は

「将来・的」に「子供 に・とって「悪い」「育て 方」だ

 と、いう「意味」だ、そうです。

 

「親 の 甘茶 が・毒 となる」の  「類義語」は

「下記」だ、そうです。

 

・「親・馬鹿」(「おや・ばか」)

 

 「我が 子 jの 可愛 さ の 余り に

 「子供 の「適切 な 評価 が「出来」ず

 

 「他人 から 見る」と「愚か な「行動 を する・事 だ、そう です。

 

 

「親 の 甘茶 が 毒と・なる」の「対義語」は

「下記」だ、そう です。

 

・「思う子 に 旅 を・させよ」

 

  「我が 子」が「可愛 いh なら」ば

 「 甘 や かせ て」育てる より」も
 「苦労 を させた 方 却っ で

「子供 の ため に 良い と いう

 「意味」だ、そうです。

 

 

「石井 明美」は「甘い 誘い はねつけ る」の

「歌詞 が・有る」CHA-GHA -CHA 」を

「歌い」ました。

 

「石井 明美」は「1,965 年・生まれ」で

「千葉 県・館山 市」「出身」の

「歌手」です。

 

「XJAPAN」の「YOSHKI」TOSHI」とは
「中学生 の・時」「同級生」でした。

「高校卒業・後」「美容免許遠」を「取得」しており

「銀座 の 美容室」で「働いて・いました」が

 

「退職」し「六本木」で「クラブ・歌手」の

「アルバイト」を、していて・「スカウト」されました。

 

「1,986 年」「テレビ・ドラマ」「男女 7 人 」「夏物語」の

「主題・歌」 CHA- CHA -CHA」で

「メジャー・デビュー」しました。

 

「同曲」は「ミリオン・セラー」と、なり

オリコン・シングル  「1位」に、なり ました。

「翌」「1,989 年」の

 

「春  の「選抜・高等 学校」「野球 大会」の

「入場・行進 曲」に「採用」されました。

 

「1,989 年」「セミ・ヌード・「写真集」を「発売」しました。

「1,990) 年」「ランバダ」(「楽曲「泣きながら」の

 「カバー曲」)が「ヒット」しました。

 

「ランバダ」とは(「ブラジル」で 「生ま  れた」

「ダンス・アンド」「ダンス・ミュージック」です。

 

「2,002 年」「テレビ・番組」「あの人は今?」で

「友人」の「経営する「雑貨屋」を「手伝って居る」と

「明かし」ました。

 

「2,007 年」「タモリ」の  「笑っていいとも」に「出演」し

「同じく」「雑貨屋」を「手伝って居る」と「語り」ました。

「2,015年」「中居正広」の「こうして 「私」はやっちゃいました」

「神センス ☆ 塩 センス!」に「出演」し

 

「酒癖が悪い上に」に「呑んで  (「のんでいる」) いる「姿」を

「隠し撮り・された」「際に」「ある「アイドル・グループ」への

「不満」を「漏らして」いる「姿」が「放送 され」ました。

 

「私・生活と して」は「1,990 年」ドラマー の

「男性 」と 「結婚」し

「後」に「長男」を「儲け」ました。

 

「しかし」「僅 か 3 年」で「離婚」しました。

「男性」の 「浮気」が「離婚・理由  だった」そうでう。

 

「2013 年」「虎ノ門」の「創作 料理店」の

「料理 店長」と「再婚」しました。

 

「石井 明美」は「彗星 の ように 現れ 去っ た」

「歌い手」の ようです。

「その 後  の ヒット曲 には」「恵まれ なかった」よう です。

「所謂」(「いわゆる」) 「一発・屋」で「終わって・しまい」ました。

 

「1,986 年」「蒼きはtutu 」「作詞」阿木 燿子」「作曲」「堤 京平」

「1,987 年」「L‘MAMANANT 」「作詞」松本 隆」「作曲」「堤 京平」

「同年」「JOY 」「作詞」「ちあき 哲也」「作曲」「堤 京平」

「TBS系」「テレビ・ドラマ」「恋に恋して恋気分」の「挿入歌」

 

「1,987 年」GOOD LUCK 」「作詞」「暮 齬遊」「作曲」「堤 京平」

「1,989 年」「SHAKE UP」〜抱きしめて〜「作詞」「AKEMi」「作曲」「高中 正義」

「TBS」「テレビ系」「テレビ・ドラマ」

花王」「愛の 劇場」「料理 物語」「主題・歌」

 

「1,989 年」「オリーブの 首飾り」「作詞」「なかにし 礼」「作曲」「C Morgann 」

「世界・不思議 発見」「テーマソング」

「1,993 年」「あなた らしく いて」「作詞」「鮎川 めぐみ」「作曲」「堤 京平」

「TBS ・系」「テレビ・ドラマ」「花王 愛の・劇場」

「年上 でも」「いいじゃ ない」「主題歌」

 

「1,994 年」 「貴方の もの」「日本語 詞」「阿木 燿子」「作曲」「DOLLY PARTON

「TBS 系」「テレビ・ドラマ」「人のn不幸は 蜜の味」「主題・歌」

「1,996 年」「ときめき は 眠らない」作詞」「工藤 哲雄」「作曲」「羽場 仁志」

「TBS 系」「山田邦子の 幸せに してよ」)「エンディング・テーマ・曲」

「1,997 年」バラード」「作詞」「作曲」「ジョーリノイエ」

日本テレビ 系」「火曜・サスペンス・劇場」「主題・歌」等

「ヒット・曲」に、なっても「何ら 不思議で・無い」「歌」を
「発売」しました。

 

「しかし」現実」は「売れ ません」でした。

「ヒット・曲」「請負人」の「メンバー」の

「作品・ばかり」です。

「聴いて いて」も「良い歌」に「聞こえ」ます。

 

「2,020 年」「7月」「5日」の事でした、

「私」は「既に」「3日間」かけて「自然薯」の

「圃場」(「ほじょう」) の「草取り」と

追肥」(「ついひ」) 「作業」は「終えて」いました。

 

「圃場」は「私」が「不安要素」に「感じた 通り」

「支柱が・倒れ」」「縄」や「縄」に「結んだ」「竹の 棒」も

「落ちて」いました。

 

「圃場より は・高く」「自然薯」の「ツル」は

「縄」や「竹 の・棒」に「絡み 付き」「上へ」と

「伸びようと」して、います。

 

「草取り」を「していた・時」に「すぐに」「気付いた」のは

「土」が「雨で・流され」て「ツル の 生えて いる」「先端 部分」が

「現れそう」に「なっている 事」でした。

 

「自然薯」が「暑さ」に「弱い事」は「去年」の

「ムカゴ」(「自然薯」の「ツル」に「付く」「肉芽」)「栽培」で

「嫌となる・程」「知ら されて」います。

 

「私」は「土」を「採取」しました。

「土」は「重い ため」「少し でも」「圃場」に「近付こう」と、して

「草」の「生えた」「畑」に「車」を「乗り 入れ」ました。

「途中 から」「雨が 降り・始め」ました。

「私」は「カッパ  を 着て」「作業」を「続け」ました。

「ふと」「不安」に「なり」「車」を「運転  して」みました。

「悪い予感」は「的中 して」しまいました。

「車の タイヤ」は「雨に濡れ」た「赤土」に「はまり」

 

「もがけ」ば「もがく・程」「タイヤ」は

「深く もぐり」ました。

「私」は「何度」も「海 の 砂」に「はまり」ました。

 

「その 都度」「スコップ」で「後輪 の タイヤ」の「砂」を

「掻き出し」(「かきだし」) 「脱出」しました。

「しかし」「今度」は「赤土」で「タイヤ の・下」が

「見えない・程」「深く」「はまって」しまいました。

 

「私」「一人 では」「解決 出来 」そうも

「ありません」でした。

「その日 に 限って」「スマホ」を

「家に」「置いて」「来て」しまいました。

 

「私」は「歩いて」「兄」の「自宅」へ「行き」

「救助」を「要請」しました。

 

「兄」に「ハンドル」を「頼み」

「私」は「火事場」の「馬鹿力」を

「出し続け」ました が、「車」は

「出ません」でした。

 

「兄」は「隣 の 家」に「助け」を

「求め に行き」ました。

「応援」に「駆け付け」て「くれた」のは

「私」が「実家」から「通勤 して いた・頃」は

「小学校・低学年生」「だった・人」でした。

 

「大型 の パジェロ」と「私の 車」を「繋ぎ」

「引っ張り 出し」て くれました。

 

「私」は「2,020 年」「5月」「31日」に

「火事場」の「馬鹿力」を「投稿」しました。

「人間」は「普段」「80 % の 力」で

「本能的」に「リミッター」が「かかり」

 

「リミッター」を「外し」「100 %」の

「火事場」の「馬鹿力」を「出す」と

「何らか」の 「後遺症」が「出る」と

「書き」ました。

 

「今回」「私」は「長時間」に「渡って」

「火事場」の「馬鹿力」を「出して」しまいました。

「私」は「作業」を「止めて」「帰宅 する・事」に
  しました。

 

「帰宅 途中」「ピッピ」と、いう「音」が

「何度 も」しました。

「サイド・ミラー」を「見る」と

 「兄」の 「緑」の「軽 トラック」が「映り」ました。

 

「私」は「コンテナ」の「ドアー」が

「空いて いる」の だと 「気付き」

「慌てて」「路肩」に「停車」しました。

「案の定」「サイド・ドアー」が「空いて」いました。

 

「帰り の 運転」で「違和感」を「感じ」ました。

「思った様」に「運転出来 ません」でした。

「何とか」「帰宅 しました」が

「自分」が「何を 考えて  いる」のか

 

「分かり ません」でした。

「話す・言葉」も「ロレツ」が

「回り ません」でした。

「妻」は「脳梗塞」が「再発 した」か

 

認知症」に、なった、と「言い」ました。

「病院」に「行け」と「言い」ました。

「私」は「一過性」で、あると

「信じて」いました。

 

「悪い事」は「重なる」と、いう「ことわざ」が

「有り」ます。

「その晩」「パソコン」が「機能 しなく」なりました。

「最初」は「音」が「 出なく なり」

 

「遂に」は「起動・しなく」なりました。

「翌日」には「テレビ」の「音」が

「出なく」なりました。

 

「頭」は「徐々」に「回復  して」「来 ました」が

「指先 が」「思う」に「ならず」「キーボード」が

「打て ません」でした。

 

「数日・後」「ブログ」を「開設して・くれた」

「パソコン の 先生」と「連絡」が「付き」ました。

「先生」は「テレビ」が「原因では ないか?」と

「言い」ました。

 

「2日・前」に「先生」は「私」の

「テレビ」と「パソコン」を「見に 来て」

「くれ」ました。

「リモコン」の「電池 を 替える」と

 

「テレビ」と「パソコン」は「復旧」しました。

「2 本 の 電池 の 内」「1 本」が「古く なり」

「電流・不足」に「なって いた」そうです。

 

「テレビ」を「買う事」を「覚悟 して・いた」
「私」は「ホット」しました。

「今日 に なって」「キーボード」も「チャン」と

「打てる・様」に「成り」ました。

 

「もう 一つ」の 「不幸」は「自然薯」「事件」

「以前」に「書いて・おいた」「数千・文字」の

「文章」が「保存・されて」「いなかった」

  と、いう事 です。

 

「そうなる・原因」は「先生に・聞いて」いました。

iPad」の 「スタート」「ボタン」を

「二度」「続けて・押す」と「小さな・画面」が

「隠れて いる事」が「有り」ます。

 

「これを」「放置 する」と「上書き・保存」

「されない事」が「有り」ます。

「小さな 画面」を「指」で「上へ」「飛ばす」と

「消え去り」ます。

 

「銀行」の「営業」の 「仕事 を している」

「女子・行員」や「生命・保険」の

「外交」を している「女子・社員」は

iPad」を「持ち歩い」て います。

 

「もし」「私と・同じ」「事態 が・起き たら」

「参考」に・して「 頂 けれ」ば「幸い」です。

 

「石井 明美」「CHA-GHA -CHA

「日本語 訳詞」:「今野 雄二」「作曲」:B Retano」

 

Baby  Get On  CADILLIC(「キャディラック・車の名前」)

Oh No I Wanna Dance My CHA CHA CHA

街で噂の 辛くち セクシー・ギャル 

甘い誘いはねつけるスパイシーギャル

花の金曜日(「ウィークエンド」) 匂いも ファンキー・ナイト

格好だけなら また今度Good ウ (「グッ」) (「グッ Night (「ナイト」)

I Wanna Dance  Do You  Like CHA CHA  CHA  CHA

Romancin 気分 CHA  CHA 

I Wanna Dance Do You Like CHA  CHA CHA

A Virgin 気分 CHA ,GHA

 

I  Wanna Dances  Do You Like CHA  CHA CHA

A Virgin 気分 CHA CHA 

I Wanna Dance Do You LIKE CHA CHA  CHA

A Virgin 気分 CCHA CHA 

 

IWanna 7Dance Do You LIke  GHA CHA CHA

A Virgin 気分 GHA  CHA

肌を染める バラ色エクスタシー

濡れる ルージュ ほろ苦いファンタジー

 I IWanna Dance Do You Like GHA CHA  CH Ai

Romancicin  気分 GHA  CHA 

A Virgin 気分 CHA CHA

CHA CHA CHA

 

 

CHA-CHA-CHA」「日本語・訳詞」「今野 雄二」

 

 

落ち込ん で なんか いられ ないわ よ

 

ロックンロール や リズム & ブルース

選択 に 迷う 必要 さえ ないん だ から

 

私 と 組んで みて よ

私 の 夢 の 中 では スパイシー

魚 が 輝き 各々 の 場面 は どれ も 素晴ら しい

もしも 行き 場所 が 分からない の ならば

私の 隣 に いれば いい

私 の 空想 の 中 で

 

私 は 踊り たい

あなた は チャチャチャ は 好き なの?

チャチャチャ を 踊って ロマンチック な 気分 に 浸り ましょう

 


※「酔い醒 め の 水 は 甘露 の・味」

 (「よいざ め の みず は かんろ の・あじ」)

「酔い醒 め の 水 は 甘露 の・味」の「意味」は

「下記」だ、そうです。

 

「酒」の「酔い」が さめた時 に「飲む」「水」は「非常」に

「美味」で「有る」と、いう「意味」だ、そうです。

 

 

「酔い醒 め の 水 は 甘露 の・味」の 「類義語」は

「下記」だ、そうです。

 

「酔い醒 め の 水 下戸 知ら ず」

 (「よいざ め の みず げこ しら ず」)

 

「酒に 酔って 眠り 目覚めた・時  に 飲む 水 の うまさ は

「酒飲み に しか わから ない と、いう

「意味」だ、そうです。

 

「野口 五郎」は 「1,956 年・生まれ」で 

「岐阜 県・「美濃 市・出身」の
「歌手」「俳優」です。

 

「1,956 年」「15 歳 の・時」「フジテレビ・系」

「日清・ちびっこ のど自慢」で「荒木  一郎」の

「今夜は踊ろう」を「歌い」「優勝」しました。

 

「同・年」「中部 日本・放送」で「ザ・ワイルドワンズ」の

「青空のあろ限り」を「歌い」「優勝」しました。

「ちびっこ のど自慢」を「キッカケ」に 「本格的」に「歌手」を

「目指す」事 を「決意」し「自ら」「ソウル・ソング」と、いう

美空ひばり」の「歌」「リンゴ追分」(「おいわけ」) と,いう 

「歌 」を「作曲 した」「米山 正夫」の

「門下生」と、なり「オーディション」に「何度」も「出演」し

 

「中学 2年生 の・時」プロ」を「目指 して」「両親 と共に」

「上京」しました。

 

「東京 浅草橋」の「叔父」の「経営」する

「印刷 工場」の「一室」に「下宿」し「美濃 市・美濃 中学」から

台東区 立」「台東 中学校」に「転校」し「ポリドール」の

「アルカート・プロダクション」の「第一号」「タレント」と、して

「所属」して「所属」し「堀越高校」に「進学」しました。

 

「1,971 年」「高校 1 年生 の・時」「念願」が「叶い」

「メジャー・デビュー」の「声が」「係り」ました。

「同年」「演歌・師」「博多みれん」で「デビュー」しました。

「いかし」「同曲」は「全く」「売れません」でした。

 

「セカンド・シングル」「青いりんご」が「スマッシュ・ヒット」し

「若い・女性」の「心 を「掴み」(「つかみ」) ました。

「1,972 年」「当時 として」は「最年少」の「16 歳・10 カ 月」で

「めぐり合う青春」を「歌い」「紅白・歌合戦」に「初・出場」しました。

「1,973 年」「オレンジ色の雨」が「オリコン「トップ 10 位 入り」し

「続く」「君が美しすぎて」が「オリコン・3位」に なリ ました。

「1,974 年」 「甘い生活」が「オリコン・1位」と、なり

「自身」最大」の「ヒット・曲」に、なりました。

「1,975 年「実兄」「作曲 に よる「私鉄沿線」が

「有線 放送」を「キッカケ」に

「大・ヒット」し「甘い生活 に「続き」

オリコン・1位」に、なりました。

 

「同曲」で「日本・レコード・大賞」

「歌唱 賞」を 「受賞」しました。

 

「1,975 年〜「1,983 年」に「かけて」

日本テレビ 系」「バラエティ・番組」
カックラキン」「大放送」に

「メイン・タレント」と、して

「レギュラー」「出演」しました。

 

「視聴・者」に「コミカル」な「面」を 

「アピール」し「広く」「一般 大衆」の

「人気 を 獲得」しました。

 

「私・生活」と、しては

 

「2004 年」に」「 女優」「タレント」

「元・・レース・クイーン」の

「三井 ゆり」と「結婚」し

「一男」・「一女」を「儲け」ました。

 

「紅白・歌合戦」には

 

「1,972 年」の 「めぐり逢う青春」〜

「1,983 年」の「19:00 の 街」まで

「通算・11 回」「出場」しました。

 

「野口 五郎」「甘い生活

「作詞」:「山上 路夫」「作曲」:「堤 京平」

 

あなた と 揃い の (「そろい の」) モーニン・カップ

この まま 誰か に あげよ か

二人 で 暮らす と はがき で 通知 を

出した 日 は 帰ら な い

愛 が あれ ば それで いい と

甘い 夢 を はじめ た が

 

今 で は  二人 からだ

寄せて も 愛 は 哀し い

何か が こわれ 去った

ひととき の 甘い 生活 よ

 

土曜 の 夜 には あなた を 誘っ て

町 まで 飲み にも 行った よ

なじみ の お店 も この 町 はなれ りゃ

もう 二度 と こない だろ

壁 の 傷 は ここ  に ベッド

入れた 時 に つけた もの

 

今 では そんな こと も

こころ に 痛い 想い出

何か が こわれ 去った

ひととき の 甘い 生活 よ

 

今 では 二人 からだ

寄せて も 愛 は 哀しい

何か が こわれ 去った

ひととき の 甘い 生活 よ

 

 

 「親 の 甘茶 が 毒 となる」を「英語」で「言う」と

 

 「Parents sweet tea serves as Poison」

 

 (「親 の 甘茶 が 毒 と なる」) と

 

 「言う」そうです。