何気なく使っている言葉の意味

「語る に・落ちる」

「皆さん」は「語る に・落ちる」と、いう

  (「かたる に・おちる」)

「ことわざ」を「使った事」は

「有り」ませんか?。

 

「語る に・落ちる」の「意味」は

「下記」だ、そうです。

・「問う に・落ちず」「語る に・落ちる」が
 (「とう に・おちず」「かたる に・おちる」)

 「語源」(「ごげん」) の「ことわざ」だ、そうです。

 「他人に 質問され て・いる 時」には「警戒・して」

 「秘密 を・守っている 人」でも


 「自分 から・話をする 時」には「つい・うっかり」と

 「本当 の・事」を「口 に して・しまう」

 「うっかり・ ポロリ」と「白・状」(「はく・じょう」)
 「して・しまう」と、いう「意味」だ、そうです。

 

 「語る に・落ちる」を

 「語る に・足らず」(「かたる に・たらず」)

 「語る 価値 も・無い」(「かたる かち も・ない」) と
 「混同 して・いる」「人 が・多い」そうです。

 

 

「語る に・落ちる」の「類義語」は

「下記」だ、そうです。

 

・「口 が・滑る」(「くち が・すべる」)

 

 「つい」「本当 の・事」を「しゃべっ て・しまう」と、いう

 「意味」だ。そうです。

 「誰 と・でも」「気軽 に・話す人」は「口 を・滑らす 事」が

 「多い・傾向」に「有る」そうです。

 

・「口・走る」(「くち・ばしる」)

 

 「言う べき で・無い」「本当 の・事」を
 「言っ て・しまう」と、いう

 「意味」だ、そうです。

 

 「ビジネス の・世界」では「コンプライアンス」や

 「守秘・義務」(「しゅひ・ぎむ」) 等で

 「大き・な」「社会・問題」に「発展 する・リスク」を

 「内包・して」(「ないほう・して」) います。

 

 「インサイダー・取引」を「含め」

 「言って は・いけない 事」を「親しい・人」に

 「しゃべっ て・しまう 事」は「有り・がち」です。

 

 「コミュニケーション」の「あり・方」が

 「問わ れる 時代 に・なって」しまいました。

 

 「パワハラ」や「セクハラ」等の「言葉 が・無く」

 「厳しい 指導 が・出来」「卑猥 な・歌」を

   (「きびしい しどう が・でき」「ひわい な・うた」)

 

 「男女・皆 で」で「歌った」「遠い・昔」の

 「学生・時代」が 「懐か・しく」なります。

 

 「私」は「退職・した」ので「S・N・S」への

   (「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」)

 「ブログ・投稿」が「可能 に・なり」ました。

 

 「しかし」「退職・後」も「一定・期間」
 「会社 の・ツール」に「縛られ て・いる」事も
   (「しばられ て・いる」)

 「有り」ます。

 

 

「語る に・落ちる」の「対義語」を

「検索・して」も「出て・来」ません。

 

・「口 が・固い」(「くち が・かたい」)

 

 「言うべき で・無い」事を「むやみに」

 「他言・しない」(「たごん・しない」) と、いう

 「意味」です

 

 「辺り」が「妥当 な・気 が」します。



「須田 景凪」は「語るに落ちる」と、いう

「歌」を、歌いました。

 

「シングル」と、しては「リリース」「されて・おらず」

「アルバム」に「収録 されて・いる」と「思い・ます」が

「アルバム・名」を「特定・出来」ません。

 

 

「須田 景凪」(「すだ けいな」) は「1,993年・生まれ」で

「出身地・未 公表」の「シンガーソングライター」

「作詞・家」「作曲・家」です。

「ポカロ・p」と、しての「名称」は「バルーン」です。

 

「ポカロ・p」とは「音声 合成・ソフト」で

「楽曲 を・制作」し「動画 投稿・サイト」へ

「投稿 する・音楽 家」を「目指・す 人」の

「俗称」(「ぞくしょう」) だ、そうです。

 

「今」や「飛ぶ鳥 を・落とす」「勢いが・有り」

ラグビー テレビ・ドラマ」「ノーサイド‘・ゲーム」の

「主題・歌」「馬と鹿」を「歌った」「米津 玄史」も

「ポカロ・p」「出身」だ、そうです。

 

「須田 景凪」は

「中学生 の・時」「ドラム を・習い 初め」

「バンド・活動」を「行い」ました。

 

「スタジオ・ミュージシャン」を「目指・し」

「国立 音楽・大学」に

  (「くにたち おんがく・だいがく」) 

「進学」しました。

 

「しかし」「ドラマー と・して」

「活動・する」事に「限界 を・感じ」ました。

 

「そして」「ドラム の・機材」を「売り・払い」

「パソコン」と「ギター」を「買い」

「作詞」「作曲」を「始め」ました。

 

「2,013年」「初めて の・作品」「造形街」を

「ニコニコ・動画」に「初・投稿」しました。

「それ・から」「ポカロ・p」「バルーン」と、して

「活動 を・開始」しました。

 

「2,016年」「8,300・万回」の

「動画」「再生・回数」を「記録・した」

「代表・曲」「シャルル」を「投稿」し「

「数々 の・歌い手」が「カバー」しました。

 

「2,017年」「須田 景凪」の「芸名」で

「シンガーソングライター」と、して

「活動・する」事を「発表」しました。

 

「2,018年」「ファースト・アルバム」「Quote 」で

「デビュー」しました。

「同年」「初」の「ワンマン・ライブ」「Quote」を

「渋谷・WWW 」で「開催」しました。

 

「2,019年」「ファースト・EP」

「teeter」を「リリース」し

「歌手」と、して「メジャー・デビュー」しました。

「同曲」は「オリコン・13 位」に、なりました。

 

「2,019年」「セカンド・EP」「porte 」を「リリース」し

オリコン・7 位」に、なり

「映画」「二ノ国」の「主題・歌」に、なりました。

 

「テレビ・アニメj」「炎炎の消防士」の

「エンデイング・主題 歌」に

「採用・され」ました。

 

「E P 」とは「シングル」と「アルバム」の

「中間 に・位置」し「概ね」(「おおむね」)

「3〜5・曲」が「収録・された

「C D 」だ、そうです。

 

 

「須田 景凪」「語るに落ちる」

「作詞」:「須田 景凪」「作曲」:「須田 景凪」

 

これ から あなた と いつまで

顔を 合わせて いられる か

ぼんやり 考えて 野暮 だと 気付く (「やぼ だと きづく」)

 

代わり に あなた の 心を 少し 分けて よ

聞こえ ない その 言葉 の ひとひら で 良い

 

横並ぶ 影 (「よこならぶ かげ」) を 見て いた

黄昏 が 伸し掛かる (「たそがれ が のしかかる」) 様だ

目に 映る (「うつる」) 全て を 抱いて 生きて 行くん だろう

 

愛せなく ても 仕方ない から 下ら ない (「くだら ない」) 世界 だから

大層 な (「たいそう な」) 意味 なんて 見つけよう と しなくて いい から

ただ 少し だけ 我儘 で (「わがまま で」) いい あなた が そう 思え たら

幸福 だ (「こうふく だ」) 皮肉 だね (「ひにく だね」) でも 願って いるよ

 

それ から あなた と 多く の 話を したね

その度 に (「そのたび に」) 弱さ を また 知って 優しく なる

 

息をする 目を 瞑る (「めを つぶる」) 嫌な夢 で 目が 覚める (「さめる」)

一つ だって 覚えて は いない 曖昧 な(「あいまい な」) 胸の 痛み だけだ

 

朝の 獣 が (「けもの が」) 鳴いて (「ないて」) いる

微睡 を奪い  去る (「まどろみ をうばい さる」) 様に

身に 余る 熱に 嘆い て(「みに あまる ねつに なげい て」) 生きて 行くん だろう

 

愛せ なく ても 仕方ない から 下ら ない 世界 だから

精一杯 生きる のが 美徳 (「びとく」) なんて 甚 しい (「はなはだ しい」) よ な

話さ ない でね 硝子 越し (「がらす ごし」) でも 手を 伸ばして くれた なら

その時 は どんな顔 で 何 を 話そう

 

今 更 (「いま さら」) 遅い かな そうだ よな

あなた は あなた を 演じ て (「えんじ て」) いた

もどかしい なんて 言葉では 表せ ない

 

深い 夜 為す 術も 無い (「なす すべも ない」) だから

あなた は あなたを 殺して いた

咲く心 すら 隠して は 生きて いた

 

愛せ なく ても 仕方ない から 下らない 世界 だから

随分と (「ずいぶん と」) 考え た いつまで も 遊んで いよう ぜ

ただ 少し だけ 我儘 で いい あなた が そう 思え たら

幸福 だ 皮肉 だね でも それで いい でも 願って いる よ

 

これ から あなた と いつ まで

顔を 合わせて いられる か

ぼんやり と 考えて 野暮 だと 気付く

 

 

※「目 から・鱗が 落ちる」

 (「め から・うろこが おちる」)

 

「目 から・鱗が 落ちる」の「意味」は

「下記」だ、そうです。

 

・「うろこ」とは「文字・通り」

 「魚 の・ウロコ」の、事です。

 

 「薄い・フィルター」が「両目 に・張り 付き」

   (「りょうめ に・はり つき」)

 

 「見えて いた・つもり」が「実・は」(「じつは」)
 「何も 見え て・いな かった」) と、いう

 「意味」だ、そうです。

 

 「それ まで」「気 にも・とめ なかった」様な

 「日常・での」「小さ な・発見」「前々・から」

 「不思議」に「思って いた・疑問」が

 「解消 され た・時」

 

 「果て・は」(「はて・は」)「人生観 が‘・変わる 程」の

 「大き な・気 付き」(「きづき」) を「得 た・瞬間」に

 「目 から・鱗が 落ちた」「又は」「目 から・ウロコ」と

 「使う」そうです。

 

 

「目 から・鱗が 落ちる」の「類義語」は

「下記」だ、そうです。

 

・「開眼・する」(「かいがん・する」)

 

 「物事 の・コツ」を「つかむ・事」

 「物事 の・真理」が「ハッキリ・見えて くる」事

 「目 が 見える 様 に・なる」と、いう

 「意味」だ、そうです。

 

・「腑 に・落ちる」(「ふ に・おちる」)

 

 「腑」(「ふ」) とは「内臓・はらわた」の事、で

 「古い・時代」では「腑」には

 「心 が・宿る」(「こころ が・やどる」) と

 「言われ て・いた」そうです。

 

 「腑 に・落ちる」とは

 「頭 だけ で・無く」「身体・全体」で

 「深く・理解 する」と、いう

 「意味」だ、そうです。

 

 

「小林 明子」は「恋に落ちて」と、いう

「歌」を、歌いました。

 

「1,985l年」に「リリース」した

「ファースト・シングル」です。

 

「大・ヒット」し
「日本・レコード大賞・作曲奨励 賞」を

「受賞」しました。

 

 

「小林 明子」は「1,958年・生まれ」で

「東京 都・出身」の

「歌手」「作詞・家」「作曲・家」

「キーボード・奏者」です。

 

「中学・3年 生」の「時」「路上・ライブ」を、していた

「無名・の」「洋楽・グループ」の「楽曲 を・聴き」

「感動・して」「「音楽へ の・道」を

「志・し」(「こころ・ざし」) ました。

 

「1,980年」「学習院・大学」「哲学・科」を「卒業・後」

「都倉 俊一」「率いる」「音楽・同好会」に「所属」しました。

東京大学・教授」の「秘書 の・アルバイト」を「経て」(「へて」)

「音楽 出版・会社」に「勤務」しました。

 

「1,984年」「ブレッド & バター」に「ムーンアイス」の

「楽曲 を・提供」し

「作詞・家」「作曲・家」「デビュー」しました。

 

「1,983年」「TBS・系列」で「22:00」〜23:00」に「放送・された」
「金曜 テレビ・ドラマ」で「不倫・ドラマ」の

金曜日の妻たちへ」(「金妻・キン ツマ」) が

「放送・され」ました。

 

「古谷 一行」「小川 知子」「いしだ あゆみ」「佐藤 友美」

「竜 雷太」「石田 えり」「泉谷 しげる」等の

「豪華・キャスト」でした。

 

「主婦 が・電話 に・出ない」と、まで

「言わ れた・程」「大・ヒット」しました。

 

「大人 の・恋」に「憧 れ・る」(「あこがれ・る」)

「O・L」「女・学生」にも

「人気 が・波及」(「はきゅう」し

「社会・現象」を「巻き・起こし」ました。

 

「小林 明子」は

「この」「ドラマ の・主題歌」

「恋に落ちて-Fall in love -」で「歌手・デビュー」し

「大 ヒット・曲」に、なりました。

 

「同曲」で「日本・レコード大賞・作曲奨励 賞」を

「受賞」しました。

「歌手 と・して」も「作詞・家」「作曲・家」と、しても
「高く 評価・され」ました。

 

「明子 の・歌声」が「「カーペンターズ」の「ボーカル」

「カレン・カーペンター」に「似て・いる」事から

「カレン の・兄」「リチャード・カーペンター」に

接触・する」様「スタッフ・から」「勧め・られ」ました。

 

「デモ・テープ」を「聞い・た」「リチャード」は

「明子 の・歌声」を「気 に・入り」「プロヂュース」を

「引き・受け」ました。

 

「1,988年」に「アルバム」

「CITY OF ANGEL」を

「リリース」しました。

 

サウンド」は「全盛・期」(「ぜんせい・き」) の

カーペンターズ」を

「彷彿・させる」(「ほうふつ・させる」)

「作品」に、なりました。

 

「作詞・家」「作曲・家」と、しては

 

「香坂 みゆき」「中森 明菜」「松本 伊代」

「森口 博子」「ハイハイ・セット」「アグネス・チャン

「三田 寛子」「斉藤 由貴」「沢田 知可子」「南 沙織」等

「数多くの・歌手」に「楽曲・提供」しました。

 

「1,992年」「ロンドン」に「活動・拠点」を

「移し」ました。

「holi」「名義」で「数々 の・アーティスト」との

「共作 を・発表」しました。

 

「2,001年」「5 歳・年下」の「イギリス 人・公認会計 士」と

「結婚」しました。

 

「現在・は」「ロンドン を・中心」に

「過去 の・成功」に「捉われ・ず」(「とらわれず」)
「常 に・新しい」「境地・を」
「開拓 して・いる」そうです。

 

 

「小林 明子」「恋に落ちて」

「作詞」「湯川 れい子」「作曲」「小林 明子」

 

もし も 願い が 叶うなら(「かなう なら」)

吐息 を (「といき を」) 白い バラ に 変え て

逢え ない (「あえ ない」) 日 には 部屋 じゅう に

飾り ましょう 貴方 を 想い ながら (「あなた を おもい ながら」)

 

Darling, I want you  逢いたく て

ときめく 恋 に 駆け 出し (「かけ だし」) そう なの

迷子 (「まいご」) の ように 立ち すくむ

わたし を すぐに 届け たく て

 

ダイヤル 回し て 手を 止めた (「てを とめた」)

I'm just womann 

Fall  in love (「恋 に・落ちた」)

If my wishes can be turue 

Will you change my sights 

To roses whiter roses 

Decorate them for  you 

Thinkin‘ boute you every night 

And find out where I am 

I am not 

Living in your heart 

 

Darling you love me  今 すぐ

貴方の 声 が 聞きたく なるの よ

両手で 頬 を (「ほほ を」) 押さえて も

途方 に暮れる (「とほう に くれる」) 夜が 嫌い (「きらい」)

 

ダイヤル 回して 手を 止めた

I'm just a woman 

Fall in love 

 

Don't you remember 

When You were here 

Without a thinking 

We were caught in fire 

I've got a love song 

But Where it goes 

There lovinng hearts are 

Pllin’ apart of one 

 

Can't stop you. Can't hold you 

Can't wait no more 

I'm  just a woman 

Fsll in love 

I'm  just s woman 

Fall in love



「私」は「1 週間・程 前」「頼み・事」が「有り」

「私 の・ブログ」を「開設 して・くれた」

「パソコン の・先生」を「1 年・振り 位」で

「訪ね」(「たずね」) ました。

 

「用件 が・済む」と「先生」は「突然」

「パソコン を・修理 しない」と「いけませんね」と

「言い・出し」ました。

 

「先生」は「1 年・程度 前」に「ワイファイ の・交換の 為」

「私 の・部屋」で「作業」しました。

「その・際」「私の パソコン を・見て」「一眼・で」

「壊れ て・いる」と「分かった」そうです。

 

「私の パソコン」は「15 年 位・前」に「長男」が

「用意 して・くれ」た「テレビ と・パソコン」が

「一体・化 した 物」です。

 

「リモコン・ボタン」で

「テレビ・画面」と「パソコン・画面」を

「切り・替え」て、います。

「テレビ・には」「不・具合」は「有り・ません。

 

「15 年・間」「1 回 も メンテナンス・無し」で

「使い・続け」て、きました。

「ウインドウズ・7」「仕様」(「しよう」) です。
「延長 サポート・期間」も「修了・して」います。

 

「修理 する・以前」の「私 の・パソコン」は

「下記 の・様」な「状態」でした。

 

「ツール・バー」の「表示」が

「全て・消えて」いました。

「I M E ・パッド」も「反応・せず」

「手書き 文字・検索」も「出来・ません」でした。

 

「歌詞 を・写す 際」「読め ない・漢字」が

「出て・来る」と「苦労」しました。

「読め 無けれ」ば「書く事 は・出来」ません。

「時間 を・掛け」「経験 と 勘 で・読ん で」きました。

 

「一度・だけ」「どうして も・読め」ず

「妻 の・パソコン」で「調べて・もらい」ました。

 

「パソコン が・ウィルス」に

「感染・した」のかも「知れ」ません。

「フィッシング・詐欺?」なのか

「分かり・ません」でした。

 

「1 時間 に・1 回 位」「キュン」という「音と・共」に

「5つ 位の・画像」が・飛び・だし て」きます。

「最後」に「キーン」と、いう「甲高 い・音」と「共」に

「2 回・連続」で「画像 が・飛び 出し」て、きました。

 

「パソコン」を「修理 に・出している

「間」は「知り たい・事」を

スマホ で・検索」しました。

 

「驚い た・事」に「何文字 も・入力 しない」のに

「私」が 「検索 したい・言葉」が

「検索・候補」と、して「表示・され」ました。

 

「修理 が・終わった」「ウィンドウズ・10 仕様」の

「パソコン も・同じ」です。

 

「読め なかった・歌詞」も「フリガナ・付き」で

「出て・来」ました。

「マウス の・反応」が

「非常 に・良く なり」ました。

「文字 の・消え かかった」「キーボード」も

「交換」しました。

 

「入力・相違」が「激減」(「げきげん」) しました。

「パソコン の・反応 時間」も「全く・違い」ます。

 

「You Tubo」で「検索 した・動画」も

「以前 の・パソコン」で「検索 した・動画」と

「全く・異なり」ます。

 

「ブログ を・始めtek「1 年・8ヶ月」

「経ち」(「たち」) ました。

 

「私」は「お金 」を「惜しんだ・代償」と、して

「多くの・時間」の「浪費」 と「無駄 な・労力」を

「強いられ て (「しいられて」)・いた」事を

「知ら・され」ました。

 

「これから」は「ブログ を・書く・時間」は

「短縮 される・はず」です。

「浮い た・時間」を「他の 事に・回す つもり」です。

 

「時代」は「日進・月歩」(「にっしん・げっぽ」です。

「他人 に・説教 めいた」事を「言い・ながら」

「自分」が「10 年・以上」「時代 から・取り 残されて」いました。

「正・に」「まさに」「目 から 鱗が・落ちた」「思い」です

 

 

「語る に・落ちる」を「英語」で「言う」と

 

 「Inadvertently reveal」

 

 (「うっかり」「本音」(「ほんね」) を「言って・しまった」)

 

 と、「言う」そうです。