何気なく使っている言葉の意味

「酸いも 甘いも・噛み 分ける」

「皆さん」は「酸いも 甘いも・噛み 分ける」

 (「すいも あまいも・かみ わける」) と、いう

「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。

 

「酸いも 甘いも・噛み 分ける」の「意味」は

「下記」だ、そうです。

 

「人間 の・舌」(「した」) は「5つ の・味覚」(「みかく」) を

「感じ」ます。

 「甘味」(「あまみ」)「酸味」(すいみ」)「塩味」(「しおみ」)

「辛味」(「からみ」)「渋味」(「しぶみ」) の「5つ の・味覚」です。

 

①「酸い」(「すい」) とは「酸っぱい・物」「悪い・事」です。

 

 「酸」の「付く・言葉」と、して「5つ の・味覚」(「みかく」) の、中の

 「酸味」(「すいみ」・「すっぱい・味」) が「有り」ます。

 

 「辛酸」(「しんさん」) と、いう「言葉」が「有り」ます。

 「辛酸 を・嘗める」(「しんさんを・なめる」) と「使う」のが

 「一般的」です。

 「意味」は「つらい・目に 合う」「苦しい・思いをする」事です。

 

②「甘い」(「あまい」) とは「甘い・物」「良い・事」です。

 

 「甘」の「付く・言葉」には「甘味」(「あまみ」) や

 「甘い汁 を・吸う」(「あまいしる を・すう」と、いう

 「言葉」が「有り」ます。

 「意味」は「苦労・せず」に「利益だけ を・得る」)  事です。

 

③「噛み・分ける」(「かみ・わける」) とは

 「違い を・区別」して「味わう・事」の

 「意味」だ、そうです。

 

①〜③を「総合・する」と

 「酸いも 甘いも・噛み 分ける」と、なります。

 

 「酸っぱい・物」と「甘い・物」を「区別・出来」

 「良い・事」と「悪い・事」の「区別」も

 「知り 尽くして ・いる」(「しり つくして・いる」と、いう

 「意味」に、なります。

 

 「長い・間」に「色々 な・人生 経験」を「積み」

 「人情」(「にんじょう」) や「世の中 の・事」に

 「良く・通じ」「長け て・いる」(「たけ て・いる」) と、いう

 「意味」に、なります。

 

 

「酸いも 甘いも・噛み 分ける」」の「類義語」は「下記」だ、そうです。

 

・「機微 に・通じる」(「きび に・つうじる」)

 

 (「表面 だけ・では」「捉える (「とらえる」) ・事」の「出来・無い」

 「微妙 (「びみょうな」) な・事情」や「趣」(「おもむき」) を

 「詳しく  (「くわしく」) 「知って・いる」事だ、そうです。)

 

・「世・慣れる」(「よ・なれる」)

 

 (「多く の・経験」を「積み」「世間 の・出来事」に
 「慣れ て・いる 事」だ、そうです。)

 

・「花 も・実も ある」(「はな も・みも ある」)

 

 (「外観 (「がいかん」) だけで・無く」

 「内容 も・優れて いる」事だ、そうです。」

 

 

「酸いも 甘いも・噛み 分ける」の「対義語」を「検索」しても

「出て来」ません。

 

・「小童」(「こわっぱ」)

 

 (「時代・劇」等で「良く・使われる」「言葉」です。

 「幼く 未熟 な・人」の 事だ、そうです。)

 

・「青・二才」(「あお・にさい」)


 (「経験 が・浅く」「未熟 な・人」の事だ、そうです。)

 

 辺りが「妥当な・気」がします。

 

 

「西野 カナ」は「 Honey 」と、いう「歌」を、歌いました。

 

Honey」(「ハニー」) の「意味」は

 

・「蜂蜜」(「はちみつ」) の事、です。

 

・「又は」「いとしい・人」「恋人」「我が・子」等

 「愛する・人」への「呼び・掛け」(「よび・かけ」) の

 「言葉」です。

 

Honey 」は「2,012年」に「リリース」した「4 th・アルバム」

「Love Place」に「収録 されて・いる」事が「分かり」ました。

「同」「アルバム」は「オリコン・2位」に、なりました。

「自身 の・人気 曲」「ランキング・5位」だ、そうです。

 

 

「西野 カナ」は「三重県・出身」で「1989年・生まれ」の

「歌手」です。

「愛称」(「あいしょう」は「カナやん」です。

「歌詞」は「全て」「自身 が・作詞」して、います。

 

「2,006年」「16歳 の・時」「母親 が・応募」した

「オーディション」で

「4万人・の 中」から「歌手 の・素質」を

「見出・され」「みいだ・され」) ました。

 

「歌う・歌」の「歌詞」に「若い・女性」は

「共感 」(「きょうかん」) しました。

 

「ファッション・リーダー」と、しての「一面」(「いちめん」) も

「有り」ました。

「西野」の「ファッション」は

「10代〜20代」の「女性」から「支持 を・得」ました。

 

「西野」の「ライブ」は「ステージ」で

「巧み な・話術」(「たくみ な・わじゅつ」) を「駆使・して」(「くし・して」)
「観客・と」「一体 に・なり」「盛り・上がる」(「もり・あがる」) のが

「特徴」でした。

 

「2,008年」「18 歳 の・時」「 I 」(「アイ」) で

「メジャー・デビュー」しました。

 

「同曲」は「オリコン・155 位」と「振るい・ません」でした。

「同年」「出身・地」の「三重県・知事」の

「推薦」(「すいせん」) で「史上・最年少」で

「みえの 国・観光 大使」に「就任」しました。

 

「2,009年」「10 th・シングル」「会いたくて会いたくて」を

「リリース」し「オリコン・2位」に、なりました。

 

「2,010年」「セカンド・アルバム」「to LOVE 」を「発売」し

「自身・初」の「オリコン・1位」に、なりました。

「同曲」で「日本・レコード大賞」・アルバム 賞」を

「受賞」しました。

 

「同・アルバム」に「収録・された」「全曲」が

オリコン・トップ 10 入り」しました。

「アルバム」に「収録・された」「Beat Friends」で

「紅白・歌合戦」に「初・出場」しました。

 

「2,011年」「自身・初」の「全国・ライブ ツアー」を

「開催」しました。

「最終・日」は「日本・武道館」で

「締め・くくり」ました。

 

「2,019年」「自身」の「公式・ウェブサイト」

「公式・ファンクラブ」を「通じ」て

「無期・活動 休止」を「発表」しました。

「後に」「一般・男性」と

「結婚して・いた」事が

「引退 の・理由 だった」と

「発表・され」ました。

 

「日本・レコード・大賞」では

「2,010年」の「to LOVE」〜

「2,018年」の「Bedtime Story 」まで

「9年・連続」で「各・部門 賞」を「受賞」しました。

 

「紅白・歌合戦」には

「2,010年」の「Beat Friend 」〜

「2,018年」の「トリセン」(「2回・目」) 迄 (「まで」)

「9年・連続」で「出場」しました。

 

 

「西野 カナ」「Honey」「作詞」:「西野 カナ」

「作曲」:「 DJ Mass ( VIVID Neon )・Kyoko Osako・Toshihiro Takita 」

 

もしもし   Honey

もう 12時

ねえ そろそろ 起きて よ

今日は 日曜 外は 雲一つ も ない Sunny Day (「晴れ渡った・天気」)

前は  二人 はりきって 朝から 出かけた のに

ちょっと 映画とか 行かない の?

そう いや 私 も

 

最近 スッピン ばっかで ダメ だね

今日は ちゃんと 可愛く(「かわいく」) してく から

どっか 連れてっ て (「つれてって」)

 

I love you love you love you 言わなく ちゃ

伝わら ない ことも ある の

性格も 癖も (「くせも」) 好きな もの も 全部  分かってる けど

I love you love you love you  聞かせて よ

いつでも 素直な 気持ち を

どんな 日 も そう 出会った 日 の

二人で いよう いつまで も

 

Lalala   Lalalove 

My Honey

Lalala  Lalalove

Sweet  Honey

 

もしもし  Honey

今日 何の日 か ちゃんと 覚えて いる?

ちょっと ご飯とか いかない の?

そういや 私 も

 

最近 手料理 なんて しない ね

今日は 久しぶり に 気合い 入れて

なんか 作ろうか な

 

So everytime   I  need your  Big  Big  Love  My  Hony?!

 

Let  me. hear. you. say !!

“Love  You!!  Love. You !”
Hey  now  say !!

“Love  You !!  Love  You!!”

Hey  anytime  I  need. your  Sweer  Love. My  Honey?!

 

“Love  You !!  Love  You!!”
“Love. You !!  Love  You!!”
“Love  You!!   Love  You!!”
“Love  You!!   Love  You!!”

I love Your love You love you  言わなく ちゃ

伝わら ない ことも ある の

性格も 癖も 好きな もの も 全部 分かってる けど

I  love  You  love  You  love. You  聞かせ てよ

いつも 素直な 気持ち を

どんな 日 も そう 出会った 日 の

二人で いよう いつまで も

 

Lalala   Lalalove 

My Honey

Lalala  Lalalove

Sweet  Honey 

 

Lalala   Lalalove 

My Honey

Lalala  Lalalove

Sweet  Honey

 


「歌詞 の・内容」は

 

「甘く・とろける」ような「蜜月 の・新婚 期間」
(「みつげつ の・しんこん きかん」) が

「過 さ・去り」(「すぎ・さり」) ました。

 

「夫婦 の・愛情 」が「冷め  (「さめ」) ・かける」)

「危機」(「きき」) ・ に

「陥って」(「おち いって」) います。

「古・女房」(「ふる・にょうぼう」) に
「なり かけて・いる」事を

「妻」は「知り」ました。

 

「妻」は「かつて」「夫・に」

「愛されて いた・頃」の 、ような

「新鮮」(しんせん」) で 「可愛い・女」に

「戻る・よう」「努力・する」事を

「決心」しました。

 

「だから」「昔の・よう」に「愛して・欲しい」と

「妻」が「夫」に「訴えて・いる」 (「うったえて・いる」)
「歌詞 に・聞こえ」ます。

 

「慣れ」(「なれ」) は「人の・気持」を

「変え」ます。

 

「初々・しい」(「ういうい・しい」)

「張り・つめた」

「緊張・感」(「きんちょうかん」) を

「失い」ます。

 

「人の・気持ち」は「変わり・やすい」と

「言わ・れて」います。

 

「しかし」「相手」を「尊敬 する・気持ち」は
「何年・経って」(「たっても」)も

「変わら・無い」そうです。

 

「言わぬ 事 は・聞こえぬ」と、いう

「ことわざ」の「意味 で・有る」

 

「言わなく・ちゃ」「伝わら・無い」   と、いう

「歌詞」も「有り」ます。

 

 

※「甘言・蜜語」(「かんげん・みつご」)

 

「甘言・蜜語」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「甘言」(「かんげん」) とは「甘い・言葉) の

 「意味」だ、そうです。

 

 「蜜語」(「みつご」) とは「蜜 (「みつ」) の・よう」に

 「甘い・言葉」の「意味」だ、そうです。

 

 「甘言・蜜語」は

 「似た・意味」の「熟語」(「じゅくご」) を

 「2つ」「重ね・合わせ」「意味 を・強調」した

 「四字・熟語」です。

 

 

「甘言・蜜語」の「意味」は

 

・「人の・気持ち」を 「誘う・様な」「さそう・ような」

 「悪魔 」(「あくま」) の
 「甘い・囁き」(「あまい・ささやき」だ、そうです。

 

・「わざと・らしい」「歯 の・浮く ような」(「は の・うく ような」

 「偽り の・言葉」(「いつわり の・ことば」の

 「意味」だ、そうです。

 「オレオレ・詐欺」(「サギ」) や「結婚・詐欺」に

 「代表・される」様に

 「詐欺・師」(「さぎし」) は「相手 を・誘惑」(「ゆうわく」) し

 「騙 ・そうと」(「だま・そうと」) します。

 

 

「甘言・蜜語」の「類義語」は「下記」だ、そうです。

 

・「巧言・令色」(「こうげん・れいしょく」)

 

  (「口先・だけ」の「甘い・言葉」で
 「人を・だまそうと」「する・事」だ、そうです。)

 

 

「平 浩二」は「甘い・言葉」「聞かせ ・ないで」の「歌詞」が「有る」

「バス・ストップ」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「1,972年」に「7 th ・シングル」と、して「リリース」され

「自身」「最大 の・ヒット 曲」に、なりました。

オリコン・順位」は「不明」です。

 

 

「平 浩二」(「たいら こうじ」は「1,949年・生まれ」で

長崎県・出身」の「歌手」です。

 

「歌手」の「前川 清」(「まえかわ きよし」) とは

「小学校」「中学校」の「同級・生」です。

 

「平 浩二」は「優・男」(「やさ・おとこ」) に

「見え・ます」が 「見かけ に・よらず」

「中学」「高校」と「柔道部 に・所属」し

「柔道・初段」の「黒・帯」(「くろ・おび」) です。

 

「県立」「佐世保 工業・高校」を「卒業」し

「一旦」(「いったん」「大阪」の「船井 電機」に「就職」しました。

「しかし」「歌手 の・夢」を「捨て・切れ」ず

「5ヶ月・間」「勤めた・後」「退職」し「一人・上京」しました。

 

「長い・下積み」(「ながい・したづみ」を「経験」し

「1,969年」「24歳 の・時」「なぜ泣かす」で

「メジャー・デビュー」しました。

 

「1,970年」に「女の意地」を「発売」し

「西田 佐知子」(「にしだ  さちこ」・「関口 宏」の「妻」) と

「競・作」(「きょうさく」)  に、なりました。

 

「平 浩二」は「小・ヒット」と、なりました。

「西田 佐知子」の「方・は」
「大・ヒット 曲」に、なりました。


「1,972年」「バス・ストップ」を「リリース」しました。

「自身・最大」の

「大・ヒット 曲」に、なりました。

 

「現在」も「歌手・活動」を「継続 して・いる」様、ですが

「目立った・ヒット 曲」には「恵まれ・無かっ た」様、です。

「いわゆる」「一発・屋」(「いっぱつ・や」) で

「終わって・しまった」様、です。

 

「2,015年」「初代」「佐世保」「観光 名誉・大使」を

「委嘱」(「いしょく」)  されました。

 

「私」は「30歳 代 の・頃」「支店 の・同僚」と「一緒」に

「よく」「スナック」に「行き」ました。

「私」は「ママ・さん」「ホステス・さん」から

「3 曲・100 円」と「呼ば・れて」いました。

 

「その・意味」を「聞いて」も

「教えて・くれません」でした。

 

「3 曲・歌って」も

「100 円 」の「価値 しか・無い」

「3 曲・歌え」ば「飲み・代」(「のみ・だい」) を
「100 円」を「値引き して・くれる」の

 

「いずれか」だと

「私」は「思って」いました。

 

「飲み に・行け」ば「必ず」

「3・曲」「歌わ・され」ました。

「3・曲」の「組み・合わせ」は

「その日 の・気分」で「変わり」ました。

 

「しかし」「3 曲 の・中」には「必ず」

「バス・ストップ」が

「入って」いました。

 

「1 番・多かった」「3・曲」の「組み・合わせ」は

 

「平 浩二」の

「バス・ストップ」と

 

「アロー・ナイツ」の

「献身」(「けんしん」) と

 

「布施 明」(ふせ あきら」) の 

「積み木の部屋」(「つみきのへや」)

「又は」「シクラメンのかほり」でした。

 

「当時」は「意識・して」「いません・でした」が

「全部」「男女 の・別れの 歌」(「失恋・ソング」)

「ばかり」でした。

 

「当時」「私」は「松山 千春」(「まつやま・ちはる」) の

「存在」を「知り・ません」でした。

「残念 で・たまり」ません。


「知って・いれ」ば「間違 い・無く」

「3 曲 の ・中」に「松山 千春」の「歌」を

「入れ た・はず」です。


「松山・千春」の「歌」を「動画」で「検索・する」と

「ほとんど」が「物・真似」 (「もの・まね」) です。

「本人」が「歌って いる・動画」を

「聴く・事」は「難しい」(「 むずかしい」) です。

 

「しかし」「歌を・聴け」ば「本人の・歌」が

「誰か の・ものまね」か「分かり」ます。

「レベル」が「違い」ます。

 

「もし」「気に なる・人」が、いたら

「ヤフー」で「何か を 検索した・画面」で

「松山 千春」(「まつやま ちはる」)

「凡庸」(「ぼんよう」) で「検索・して」下さい。

 

「いつも」「不思議 に・思う」の、ですが

「ヤフー の・トップ 画面」で「検索・する」と
「違う・動画」が「出て・来て」しまいます。

「検索する 日・に よって」「動画 の・位置」が
「変わる・事」も「有り」ます。


「一番上 」の「凡庸・松山千春You Tube」と
「表示・された」「動画」を「クリック・して」下さい。

「本人」が「歌って」います。

「歌声 は・もちろん」ですが

「歌詞 が・素晴らしい」と「思い」ます。

「この・動画」も「延々と・続き」ます。

「初め」は「ライブ・コンサート」「風景」ですが

「ものまね」「他の・歌」「得意 の・毒舌」(「どくぜつ」)

トーク・ショー」も「出て・来」ます。

 

「松山  千春」の「歌」は「殆どが」(「ほとんど・が」)

「女・目線」で「男女 の・別れ」を「歌い・上げ」ます。

 

「しかし」「凡庸・だけ は‘

「女・目線 なの か「男・目線 か

「あるいは」男女 を・問わ ない」「人間・目線 なの」か

「分かり」ません。

 

「動画 の・2 曲 目」では「坊主・頭」(「ぼうず・あたま」) の

「松山 千春」が「歌って」います。

「歌詞」が「テロップ」で「表示・されて」います。

 

「私 は・毎日」「軽・トラック」を「運転・しなが」ら

「CD から・流れて 来る」

「松山 千春」の「音楽 に・合わせ」

「大声 で・歌って」います。

 

「車を・止め」「iPad」で「自分 の・歌」を

「5 曲・録画」しました。

 

「それぞれ の・歌」の「イメージ に・合った」

「風景 の・場所」を「選んだ・つもり」です。

「動画」を「ブログ に・載せる・つもり」でした。

「その・為」「1 曲・1 分」を「目安・に」しました。

 

「1・度」「動画 を・貼り 付けた」「ブログ」を

「投稿 しました。

「しかし」「すぐに」「動画 は・削除・され」ました。

著作権・侵害」(「ちょさくけん・しんがい」)  に

「抵触 (「ていしょく」)・ して」しまった・せい」だと「思い」ます。

 

iPad」と「スマホ」を「同期 (「どうき」) させ」て
「有り」ます

スマホ」で「動画 で’・歌」を「聴く・事」が、できます。

「自分 の・歌」を「スマホ」で「聴き・ながら」  

iPad」で「ブログ を・書く事」も

「時々・有り」ます。

 

 

「平 浩二」「バス・ストップ」「作詞」「千家 和也」「作曲」:「葵 まさひこ」

 

バス を 待つ間 に 泪を ふくわ (「なみだを ふくわ」)

知ってる 誰か に 見られ たら

あなた が 傷つく (「きずつく」)

何を とり上げ ても 私 が 悪い

過ち (「あやまち」) つぐなう その 前に

 

別れ が 来たの ね

甘い 言葉 聞かせ ない で

独り で (「ひとり で」) 帰る 道 が とても 辛い わ (「つらい わ」)

バス を 待つ間 に 気持ち を 変える

つないだ この手 の 温もり を (「ぬくもり を」)

忘れる ため にも

 

・・どうぞ 顔を のぞか ない で

後の  事 を (「あと の こと を」) 気に しない で

独りで 開ける (「あける」) 部屋 の 鍵は 重たい (「かぎは おもたい」)

バス を 待つ間 に 気持ち を 変える

うるん だ その 眼 の 美しさ (「め の うつくしさ」)

忘れる ため にも

 

 

「酸いも 甘いも・噛み 分ける」を「英語」で「言う」と

 

 「know both the bitter and the sweet of life 」

 

 (「人生」の「苦しみ」や「喜び」を「知って」いる。)

 

 と「言う」そうです。