何気なく使っている言葉の意味

「柳 に・風」

「皆さん」は「柳 に・風」(「やなぎ に・かぜ」) と、いう

「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。

 

「柳 に・風」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「相手 に・逆らわず 」(「さからわず」) 「さらり」と

 「受け・流し」て「あしらう」事の「たとえ」だ、そうです。

 

・「柳」(「やなぎ」) が「風 に・なびく」様に「逆らわ・なければ」

 「災い (「わざわい」) を・受け ない」と、いう「意味」だ、そうです。

 

・「柳 の・枝」は「どんな に」「強い風 が・吹い ても」

 「さらり と・受け 流し」「折れる・事」は「有り」ません。

 

 「このこと・から」

 「手強い・相手」(「てごわい・あいて」) で、あっても

 「さらり と・かわして」「巧み に (「たくみ に」)

 「やり・過ごす」(「すごす」) 事の「たとえ」だ、そうです。

 

 

「柳 に・風」の「類義語」は「下記」だ、そうです。

 

・「柳 に雪折れ・なし」(「やなぎ にゆきおれ・なし」)

 (「柔ら・かく」」 (「やわら・かく」) 「しなやか な・もの」は
 「意外・にも」「堅い・もの 」(「かたい・もの」) より も

 「丈夫 (「じょうぶ」) ・だ」と、いう「意味」だ、そうです。)

・「馬の耳 に・風」(「うまのみみ に・かぜ」)

 (「人 の・意見」や「批判」(「ひはん」) を

 「聞き・流す」事だ、そうです。)

 

 

「柳 に・風」の「対義語」は「下記」だ、そうです。

 

・「出る杭 は・打たれる」(「でるくい は・うたれる」)

 

 (「余計 な・事 (「よけい な・こと」) を・する」事で

 「邪魔 扱い・される」(「じゃま あつかい・される」) 事。

 

 「又は」「風」に「身 を・任せ」「自分・から」「行動 を・起こさ ない」
 「柳 に・風」とは「真“・逆」(「ま・ぎゃく」) で

 「自分 から・行動 を 起こす 事」に、よって「目立って・しまい」
 「標的 に・される」(「ひょうてき に・される」) 事だ、そうです。)

 

 

「半崎 美子」は「柳のように 風に負けない人に なって」の

「歌詞」が「有る」

「明日へ向かう人」とI、いう「歌」を、歌いました。

 

「2,015年」に「リリース」した

「4 th・アルバム」「明日へ向かう人」に

「収録・された」「歌」です。

 

「半崎 美子」(「はんざき よしこ」) は「1,980年・生まれ」の

「シンガーソングライター」です。

「地元」の「私立」「札幌・大学」「在学・中」に「音楽 に・目覚め」(「めざめ」)

「1 年・終了 時」に「中退」し「1 人・上京」しました。

 

「パン・屋」に「住み・込み」で「働き・ながら」
「楽曲」を「作り・続け」ました。

「一度」も「事務所」等に「所属する 事・無く」「ショッピング・モール」を

「中心」に「活動 を・続け」ました。

 

「デビュー・前」の「2,016年」に「サザンオール・スターズ」の
「桑田 佳祐」が「担当・する」「ラジオ・番組」

「桑田 佳祐のやさしい夜遊び」に「出演」しました。

 

「桑田」から「和製」(「わせい」)「アニタ・ベイカー」だと

「絶賛・され」(「ぜっさん・され」) ました。

「この・一件」で「レコード・会社」

「5 社 の・争奪戦」(「そうだつ せん」) が「起きた」そうです。

 

「同・番組」で「ベスト・20」

「歴代」「スポット・ライト」「賞」を「受賞」しました。

 

「17・年間」「気持ち」が「途切れる (「とぎれる」) 事・無く」

「下積み (「したづみ」) を・経験」しました。

 

「2,017年」に「36・歳」で「ミニ・アルバム」「うた弁」に

「収録・された」「お弁当ばこのうた〜あなたへのお手紙〜」で

「メジャー・デビュー」しました。

「良い花 は・後から」の「ことわざ」の「通り」でした。

 

(「目先 に・ある 物」に「飛び ついて」も「大した物 では・無く」

「本当 に・良い 物」は「後 から・現れる」)

 

「同曲」で「日本・有線放送大賞・新人賞」を「受賞」しました。

「全国」の「ショッピング・モール」を「回り」「歌い・続け」

「出会った・人々」の「人生」「涙」に「触れ」(「ふれ」) ました。

 

「そうした・経験」から「生ま・れた」

「彼女 の・歌」の「背景」(「はいけい」) が「様々 の・メディア」に

「採り・上げ」られ「ショッピング・モール」の「歌・姫」(「うた・ひめ」) と

「称・される」('「しょう・される」) 様に、なりました。

 

 

「半崎」が「リリース」した「シングル」「5・作」「アルバム」「2・作」で

オリコン」「最高・順位」は「20・位」です。

「不思議 で・なり」ません。

 

「種」「桔梗の咲く頃」(「ききょうのさくころ」) も

「泣か せる・歌」だと「思い」ます。

 

「詩」「曲」「歌唱・力」を「勘案」(「かんあん」) すると

「こんな・順位」に「甘んじて・いる」「歌手」とは

「思え」ません。

 

「半崎」の「歌」には

 

「自分・自身」と「真・正面」から「向き合う 事 の・大切さ」

「毎日 を・精一杯」「生きる 事の・尊さ」(「とうとさ」)

「心 の・奥底」に「秘め た・熱い気持ち」を「持つ事 の・素晴しさ」を

「感じ」させ「聴く人 の・心 」を「ゆさぶり」ます。

 

 

「遅咲きの 花 は・大輪 に 成る」と、いう「ことわざ」が「有り」ます。

(「おそざきの はな は・たいりん に なる」)

 

(「良い花 は・後 から」と「同じ・意味」で「同義語」です。)

 

「私」は「ブレイク」の「予感」を

「禁じ・得」(「きんじ・え」) ません。

 

 

「半崎 美子」「明日へ向かう人」「作詞」:「半崎 美子」作曲」:「半崎 美子」

 

悔し涙 (「くやし なみだ」) を 流した 時 心の 奥が 熱く なった

嬉し涙 (「うれし  なみだ」) を 流した 時 胸の奥が 熱く なった

 

季節 はずれ の 桜の ように 冬に 負けない 人に なって

苦しい時 こそ 根を 張って 春を待たず に 咲き 誇ろう (「さき ほころう」)

 

遠い空 に 光る 星 先を 急ぐ あなたを 照らせ (「てらせ」)

立ち向かう その 背中 を 優しく 讃える (「たたえる」) ように

 

前を 向く それだけ でも 辛い (「つらい」) ことが 時には ある

それでも 進むこと を あきらめ ないで

 

時に しだれる 柳の ように 風に 負けない 人に なって

悲しい時 こそ 手を 取って 何も 言わず に 揺れ て (「ゆれ て」) いよう

 

西の空 に 沈む 陽よ (「しずむ ひよ」) 明日へ 向かう あなた を 照らせ (「てらせ」)

傷ついた その 背中 を 優しく 支える ように

 

声を 枯らして (「からして」) 泣いて も

 辿り着け ない (「たどりつけ ない」) 場所が ある

それでも 生きる こと を 信じる ことを あきらめ ない で

 

前を 向く それだけ でも 辛いことが 時には ある

それでも あなた は 進むこと を あきらめ ないで

 

悔し涙 を 流した 時 心の奥 が 熱く なった

嬉し涙 を 流した 時 胸の奥 が 熱くなった

 

 

 

※「柔よく・剛を 制す」(「じゅうよく・ごうを せいす」)

「柔よく・剛を 制す」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「しなやか な・もの」は「かたく て・強い もの」の

 「矛先 を・巧み に かわ して」(「ほこさき を・たくみに かわ して」)
 「結局 は・勝利を 得る」(「しょうりを うる」) 事だ、そうです。

 

 「しなやか」とは「動き が・スムーズ」で「柔軟・性 が ある」と、いう

 「意味」です。

 「しなやか な・力の 方」が「固くて・強い もの」に

 「勝利・する」事だ、そうです。

 

「私」が「卒業 した・高校」の「モットー」は

「文武・両道」(「ぶんぶ・りょうどう」) と

「貧しき 者 にも・門戸 を 開く」でした、

(「まずしき もの にも・もんこ を .ひらく」)

 

「靴 を・買え ない」「貧しい・学生」をも

「受け・入れる」様

「下駄・履き」(「ゲタ・ばき」) での

「通学 が・認め られて」いました。

 

「もちろん」「私」は「3 年・間」「ゲタ」で

「通学」しました。

「おそらく」「県内 で・唯一」(「ゆいつ」) の

「高校・だった」と「思い」ます。

 

「男子」には「週 に・何度」か

「格闘‘・技」(「かくとう・ぎ」) の「授業」が「有り」ました。

「柔道」と「剣道」の「何れ・か」(「いずれ・か」) を
「選択」しました。

 

「私」は「柔道」を「選択」しました。

「授業 の・先生」は「柔道部・顧問」の

「三原・先生」でした。

 

「柔よく・剛を 制す」は

「柔道」の「基本的 な・考え方」です。

 

「普通 に・考え」れば「体格 が・大きな 人」が「有利」です。

「まとも に・組み 合え」ば「体 の・小さな」

「小兵」(「こひょう」には

「勝ち・目」は「有り」ません。

 

「しかし」「技 を・かける 前」に

「予備・動作」(「よび・どうさ」) で

「相手の・体勢 」を「崩し て (「くずし て」) ・しまえ」ば

「簡単」に「大男 を・投げ 飛ばす」事が「出来」ます。

 

「柔道」では「力 で・無く」「瞬発・力」と

「しなやか な・柔軟 性」で

「相手 に・勝つ」事が「可能」です。


「ここから」「柔軟性 を・活か して」(「いかして」)

「堅固 (「けんご」) な・者」に「勝つ」と、いう「意味」で

「柔よく・剛を 制す」と、いう「言葉」が

「使わ・れて」います。

 

 

「柔よく・剛を 制す」の「類義語」は「下記」だ、そうです。

 

・「堅い木 は・折れる」(「かたいき は・おれる」)

 

 (「硬い・もの」は「壊れ やすい」(「こわれ やすい」) 事の

 「たとえ」だ、そうです。)

 

・「歯 亡び・舌 存す」(「は ほろび・した そんす」)

 

 (「硬く 丈夫 に・見える もの」は「早く・亡び」(「ほろび」)
 「柔軟 な・もの」が「長く・生き 残る」事の

 「たとえ」」だ、そうです。)

 

 

「柔道」は「日本・古来」の「武術」(「ぶじゅつ」) から

「派生」(「はせい」) した

「格闘技」(「かくとうぎ」) です。

 

「柔道 の・始祖」(「しそ」) は

「嘉納 治五郎」(「かのう じごろう」) だと

「言わ・れて」います。

 

「柔道 の・総本山」(「そうほんざん」) で、ある

講道館」(「こうどうかん」) を

「創設」(「そうせつ」) しました。

 

「治五郎」は「1,860生」(「江戸・時代」) 〜

「1,938年」(「昭和・13 年」) の

「柔道・家」「教育・者」です。

 

「東大・文学部」「哲学・科」を「卒業」しました。
「多く の・名言」を「残し」ました。

 

「様々」な「流儀 の・武術」を「学び」「良い所 を・まとめ」

「柔道」と、いう「格闘技」を「作り・上げ」ました。

「国内」で「柔道 が・普及」(「ふきゅう」) し「柔道・人口」は

「瞬く・間」(「またたく・ま」) に「増加」しました。

 

「姿 三四郎」(「すがた さんしろう」) と、いう

「マンガ・本」や「映画」は「大・ヒット」しました。

「映画」では「9・作」が「放映」され

「加山 雄三」「竹脇 無我」「三浦 友和」は

「姿 三四郎」を「演じ」ました。

 

「テレビ・ドラマ」では「6・作」が「放送」され

「竹脇 無我」「勝野 洋」「加藤 成亮」(「NEWS」) が

「主演」しました。

 

「テレビ・アニメ」でも「放送」され「西城 秀樹」が

「姿 三四郎」の「声優」を「務め」(「つとめ」) ました。

 

「平成 の・三四郎」と「呼ばれた」のは

「1,992年」「スペイン」の「バルセロナ」で「開催・された」
バルセロナ・オリンピック」の「柔道・男子」「71 kg・級」で

「金・メダル」を「獲得」した「古賀 稔彦」(「こが としひこ」) です。

「1,990年」「体重・無差別」の「全日本・柔道 選手権 大会」で

「重量級 の・選手」を「次々 と・撃破」(「げきは」) し

「決勝 に・進出」しました。

 

「当時」「最・重量級」の「世界・チャンピオン」だった

「小川 直也」(「おがわ なおや」(「後に・プロレスラー」 に 「転向」) と

「決勝 で・戦い」「敗退」しました。

 

「姿 三四郎」は「小柄 な・男」が「大男 に・勝つ」「イメージ」から

「生ま・れた」「実在 の・人物」を「モデル に・した」
「ヒーロー」でした。

 

 

「1,989年」「治五郎」は「柔道・普及」の為「ヨーロッパ」へ

「赴き」(「おもむき」) ました。

「その・船の 中」で「大きな・外国人」を「投げ・飛ばし」て

「柔道 を・披露」(「ひろう」) しました。

 

「治五郎」の「弟子・達」(「でし・たち」) も「積極・的」に
「世界・中」に「柔道」を「広め」ました。

「日本 に・やって 来た」「外国 人」は「柔道 を・学び」

「自国 で・広め」「世界中 の・柔道 人口」は「増え・続け」ました。

 

「柔道」が「正式・競技」に「なった」のは

「1,964年」の「東京・オリンピック」が「最初」です。

「その・時」には「4・階級」で

「競われ」(「きそわれ」) ました。

 

「女子・柔道」が「正式 競技 に・なった」のは

「女性」の「社会・進出」が「認め・られる」ように「なった」

「1,988年」に「開催・され」た

「ソウル・オリンピック」が「最初」です。

 

 

「私」は「オランダ」の「柔道・家」

アントン・ヘーシンク」の
「名前」を「忘れる・事」が「出来」ません。

「身長・198 cm」の「大男」でした。

 

「東京・オリンピック」で

「無差別・級」(「むさべつ・きゅう」) の

「決勝」に「進出」しました。

 

「日本・から」は

「全日本・選手権」で「優勝」した「身長・179 cm」の

「神永 昭夫」(「かみなが あきお」) が「無差別・級」の

「決勝」に「進出」しました。

 

「対戦の・結果」は
「寝技 」の「袈裟・固め」(「けさ・がため」) で

「ヘーシンク」が「勝利」しました。

 

「日本 の・お家 芸」(「おいえ げい」) が

「儚く・散り」(「はかなく・ちり」)

「国民」は「驚き の・あまり」
「呆然」「ぼうぜん」) と「なり」ました。

 

「柔よく・剛を 制す」と、いう「ことわざ」が

「むなしく・聞こえ」ました

 

 

「村田 英雄」(「むらたひでお」) は

「柔道一代」と、いうg「歌」を、歌いました。

「1,963年」に「発売」された「歌」です。

 

オリコン・順位」は「不明」です。

「同曲」で「紅白・歌合戦」に「出場・して」います。

 

「村田 英雄」は「1,929年・生まれ」の「演歌・歌手」「俳優」でした。

「愛称」(「あいしょう」) は「ムッチー」でした。

 

浪曲」(「ろうきょく」) で「鍛え・上げた」(「きたえ・あげた」)

「歌声」と「男 らしい・風貌」(「ふうぼう」) と

「独自 の・世界・観」を

「持ち・味」(「もち・あじ」) と、しました。

「戦後 の・歌謡 界」で

「黄金・期」(「おうごん・き」) を「リード」した

「歌謡・界」を「代表 する・歌手」の「一人」でした。

 

「福岡県・うきは市」で「誕生」し「生後・間も 無く」「母」

「大衆・演劇」の「姉・弟子」(「あね・でし」)  の「元」へ

「養子」に「出され」ました。


「4歳 の・時」「大衆・演劇」の「初 舞台 を・踏み」ました。

「5歳 の・時」「浪曲・師」(「ろうきょくし」) に

「弟子・入り」(「でし・いり」) しました。

「13歳 の・時」「真打」(「しんうち」) に「昇進」しました。

 

「14歳 の・時」

「一座 の・座長」(「ざちょう」) と、なり

「地方・公演」を「続け」ました。

 

「1,945年」「16歳 の・時」「太平洋・戦争」の

「海軍 に・志願」し「戦争 に・参加」しました。

終戦・後」「しばらく」は

浪曲・師」と、して「活動」しました。

 

「1,958年」「無法松の一生」で「歌手・デビュー」しました。

「1,961年」「38 th・シングル」「王将」(「おうしょう」) が

「当時 と・して」は「異例」の「300・万枚」を「売り・上げ」る

「トリプル・ミリオン セラー」に、なりました。

 

「同曲」で「日本・レコード大賞・特別 賞」を「受賞」し

「紅白・歌合戦」に「初・出場」しました。

「王将」は「紅白・歌合戦」で「4 回・歌われ」

「村田」の「代表・曲」に、なりました。

「村田 の・歌」は「デビュー」から

「一貫・して」(「いっかん・して」)

「男」「人生」「夫婦」を「題材」と、しました。

 

「王将」は「映画・化」され

「三国 連太郎」&「淡島 千景」

「勝 新太郎」& 「中村 玉緒」の

「W・主演」で「2 回」「上映・され」ました。

 

「俳優」と、しては「1,939 年」〜「1,074 年」まで
「任侠・映画」(「にんきょう・えいが」) で

「多数・主演」しました。

 

「任侠・映画」に「欠かせ・ない」

「主演・スター」と、して「活躍」しました。

「鶴田 浩二」「高倉 健」「千葉 慎一」「北島 三郎」らと

「多数・共演」しました。

 

「1,973年」「持病」(「じびょう「) の

「糖尿・病」(「とうにょう・びょう」) の

「悪化 で・倒れ」「1 年・間」「休業」しました。


「糖尿 病 と・闘い ながら」「演歌」が

「再び」「注目 される まで・歌う」と、いう

「執念」(「しゅうねん」) で「精力 的  に・活動」し

「話題 を・集め」ました。

「村田」は「無類 の・酒 好き」で

「肉 を・好み」

「大 の・野菜 嫌い」でした。

 

「こうした」「生活・習慣」が「影響」し

「35歳 の・時」「糖尿・病」を

「発症」(「はっしょう」) しました。

 

「以後」「村田 の・人生」は

「糖尿・病」との「闘い」でした。

 

「65・歳」の「1,995年」まで

「ステージ」に「立ち・続け」ました。

「同年」「糖尿・病」の

「合併・症」(「がっぺい・しょう」) が

「深刻 に・なり」ました。

 

「急性・心筋 梗塞」「心・不全」で

「危篤・状態」(「きとく・じょうたい」) に

「なり」ました。

 

「1,991年」「三人 の・会」

 (「村田」「春日 八郎」「三橋 美智也」) の「内」

「5 年・先輩」の「春日 八郎」が

「没・し」(「ぼっ・し」) ました。

 

「1,996年」「1 年・先輩」の「三橋 美智也」が

「死去」しました。

「村田」が「一番・信頼 して」いた「三橋 の・死去」は

「村田 に・とって「大き な・ショック」でした。

 

「1,996年」「そうした」「心労 が・重なり」

 (「しんろう が・かさなり」)
「下脚 が・壊死」(「かし が・えし」) する「病気」で

「右脚 を・切断」しました。

 

「村田」は「一切」(「いっさい」) 無に・なりたい」) と

「剃髪」(「ていはつ」) しました。

「坊主・頭」と「作務衣」(「さむえ」) 「姿」が

「トレード・マーク」に、なりました。

 

「1,997年」「大月 みやこ」の「公演」に

「特別・出演」しました。

「全国・公演」を「実施」し

「快復 を・アピール」しました。

 

「同年」「今・まで」「飲んだ 事 の・無かった」

「白・ワイン」を

「酒 と・知らず」に「大量・摂取 した」為
「生死 を・さまよい」ました。

 

「2,001年」には「左脚 も・切断」しました。

「村田」は「脚 が・無く」ても「歌える」と

「自ら を・鼓舞」(「こぶ」) し

「ますます」「存在・感」を「示し」ました。

 

「2,001年」「同じく」「浪曲 師・出身」で

「長年 の・ライバル」と「言われ」た

「6 年・先輩」で「1,964年」に「開催」された

 

「東京・オリンピック」の「テーマソング」

「東京 五輪・音頭」(「おんど」) を「歌った」

「三波 春夫」が「逝去」(「せいきょ」) しました。

 

「村田」は「これで」「生き・残って いる」のは

「俺・だけだ」と

「憔悴・仕切った」(「しょうすい・しきった」)「表情」で

「インタビュー」に「応じ」ました。

 

「同年」「もう」「時間 が・無い」と「言い」

「三人 の・会」の「オリジナル・曲」を

「レコード・会社」の「枠 を・超え」(「わく を・こえ」)

「CD・化」に「こぎつけ」ました。

 

「2,002年」「合併・症」に、よる「肺炎」で

「永眠」(「えいみん」) しました。

「享年」(「きょうねん」「満・年齢」+「1・歳」)

「74・歳」でした。

 

「没後」(「ぼつご」) に

「勲 四等・瑞宝 章」

(「くん よんとう・ずいほう しょう」) を

「授与」(「じゅよ」) されました。

 

「2,004年」「故郷」で、ある「佐賀県唐津市」の

「有志」(「ゆうし」) に、より

「村田 英雄・記念館」が「オープン」しました。

 

「紅白・歌合戦」には

「1,961年」の「王将」〜

「1,989年」の「王将」(「4・回目」) まで

「通算・27 回」「出場」しました。

 

 

「村田 英雄」「柔道一代」「作詞」:「星野 哲郎」「作曲」:「山路 縉一」

 

いかに 正義の道 とは いえど

身に 降る 火の粉 は (「みに ふる ひのこ は」) 

払わにゃ ならぬ (「はらわにゃ ならぬ」)

柔道  一代 (「じゅうどう いちだい」)

この世 の 闇に (「このよ の やみに」)

俺は 光を  なげる のさ

 

人は 力で たおせる けれど

心は. 情け は (「なさけ は」)

力じゃ とれぬ

春の 夜風に (「 よかぜに」)

吹かれる 柳 (「ふかれる やなぎ」)

みたぞ まこと の 男ぶり

 

若い うち だよ きたえて おこう

いまに おまえの 時代が くるぞ

泣きた かった ら 講道館 の (「こうどうかん の」)

青い 畳 の (「たたみ の」) 上で 泣け

 

 

※「自然薯・栽培」(「じねんじょ・さいばい」)

 

「5 月・4 日」「実父 の・命日」なので

「墓・参り」に「行き」ました。

 

「お墓 の・近く」に「有る」

「自然薯 の・圃場」(「ほじょう」) に

「立ち・寄り」ました。

「20 本・程度」が「発芽・して」いました。

 

「2,019年」「9 月・5 日」に「発生」した「台風・15号」は

「9 月・9 日」に「関東・地方」に「上陸」しました。

「関東・地方」に「上陸 した・台風」と、しては「観測・史上」

「最強・クラス」の「巨大・勢力」(「せいりょく」) でした。

 

「千葉県 を・t中心」に「甚大 な・被害」

 (「じんだい な・ひがい」) が「発生」しました。

「最大」「瞬間・風速」「50・m」の「風」で

「自然薯 の・圃場」は「壊滅」(「かいめつ」) しました。

「荒れ・地」(「あれ・ち」) の「上に・造った」「圃場」は

「完成・まで」に「3ヶ月・間」を「要し」(「ようし」) ました。

「砂 の・採取」(「さいしゅ」)  「自然薯 の・ツル」を

「山 まで・伸ばす」「仕掛けを・作り」ました。

 

「私 に・とって」は「多額 の・資金」を「使い」ました。

「言葉・では」「言い 尽くせ ・無い」(「いい つくせ・ない」

「労力 を・費やし」(「ついやし」) ました。

 

「去年」は「自然薯 の・ツル」を「山 へ・誘導 する」為に

「枯れ た・竹」を「使い」ました。

「枯れ た・竹」は「硬く・頑丈」(「がんじょう」) です。

 

「しかし」「弾力・性」(「だんりょく・せい」) が

「有り」ません。

「その・弱点」を「台風 の・強風」に

「見事 に・突かれ」(「みごと に・つかれ」)  ました。

 

「強風 に・負け」「柔軟性 の・無い」
「竹」は「折れ」ました。

「自然薯 の・葉」は「地面 に・落ち」ました。

「自然薯」を「植えて・ある」「圃場」より「低い」為

光合成 で・出来」た「澱粉」(「でんぷん」) を

「自然薯 に・運ぶ」事が「出来・ず」

「自然薯 は・成長 しません」でした。

 

「私」は「同じ 鉄 を・踏み」(「おなじ てつ を・ふみ」)
「去年」と「同じ・失敗」を「繰り・返す」事は

「したく」「有り」ません。

 

「私」は「今年」は「柳 に・風」を「イメージ」して

「縄」(「ナワ」) を「使う・事」に「決めて」いました。

「ナワ」は「風 に・揺られ」

「切れ る・事」は「無い・はず」です。

「表面 が・ザラザラ して」おり

「ツル が・つかまえ やすい はず」です。

 

「揺れる・振幅」(「ゆれ る・しんぷく」) が

「大き・過ぎる」と

「根元 の・ツル」が「千切れ て・しまう」

(「ちぎれ て・しまう」) 

「可能性 が・有り」ます。 

 

「揺れ」を「抑える ・工夫」を、しました。

 (「おさえる・くふう」) 

「簡単 な・やり方」です。

 

「僅か」(「わずか」)「3・日 間」で

「作り・上げ」ました。

 

「まだ」「不安・要素」(「ふあん・ようそ」が

「幾つか」(「いくつか」)「有り」ます。

「ツル の・成長」に「合わせ」「手 を・加える」

「予定」です。

 

「去年 の・仕掛け」と「比べる」と

「如何にも」「貧弱 に・見え」ます。

 (「いかにも・ひんじゃく」) 

 

「貧弱 に・見えて」も「実 は・強い」事を

「照明・したい」と「思い」ます。

 

「もし」「失敗・したら」

「来年」は「別の・やり方」で「挑み」(「いどみ」) ます。

 

「昨日」「現地 を・見て」きました。

「地面」に「頭を 出した・ばかり」のを「含める」と

「50 本・程度」が「発芽・して」いました。

 

「早い・物」は「ツル」が「50 cm・以上」に、なり

「ナワ に・絡まり」(「からまり」)

「上へ・と」「伸びて」いました。

 

「個体・差」が「有り」「これから」「発芽・する物」が

「有る」と「思い」ます。

 

「先ず・は」(「まず・は」)「予定・通り」で

「ここまで」は「順調 に・来て」います。

 

 

「柳 に・風」を「英語」で「言う」と

 

 「The willow bends to the wind」

 

 (「柳 は・風に なびく」)

 

 と「言う」そうです。