何気なく使っている言葉の意味

「でっち・上げ」

 

「皆さん」は「でっち・上げ」(「でっち・あげ」) と、いう

「慣用句」(「かんようく」) を「使った事」は「有り」ませんか?。

 

「でっち・あげ」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「事実 で・無い 事」を「本当・らしく」「作り・上げる 事」だ、そうです。

 

 

「でっち・上げ」の「類義語」は「下記」だ、そうです。

 

・「事実 の・捏造」(「じじつ の・ねつぞう」)

 (「事実で・無い 事」を「事実 で・ある かの よう」に

 「架空 の・話」(「かくう の・はなし」を「こしらえる・事」だ、そうです。)

 

・「事実 の・改ざん」(「じじつ の・かいざん」)

 (「文書など の・字句」(「じく」) や「実験 の・データ」等を

 「勝手 に・変える 事」だ、そうです。)

 

・「事実 の・湾曲」(「じじつ の・わんきょく」)

 

 (「事実 を・わざと」「ゆがめ て・伝える 事」だ、そうです。)

 

・「フィクション」

 

 (「架空 の・出来事」「人物」「舞台」等を「背景 に・進められ」

 「作られ た・物語の 事」だ、そうです。

 「テレビ・ドラマ」の「最後」に「この・番組」は「フィクション」で「有り」

 「事実 に・基づく もの」では「有り・ません」と「テロップ」が「流れ」ます。)

 

 

「でっち・上げ」の「対義語」を「検索」しても「出て・来」ません。

 

・「ノン・フィクション」」

 

 (「史実」(「しじつ」) や「実話 に・基き」(「もとづき」) 「作成・された」

 「文書」や「報道」や「放送 の・事」だ、そうです。)

 

 

 辺りが「妥当 な・気が」します

 

 

「平井 堅」は「ノンフィクション」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「2,017年」「テレビ・ドラマ」「小さな巨人」の「主題・歌」と、なり

「42 The・シングル」と、して「リリース」され

オリコン・10 位」に、なりました。

 

「平井 堅」(「ひらい けん」) は「1,972年・生まれ」の

「シンガー・ソング・ライター」です。

 

三重県 立・上野高校」を「卒業・後」「横浜市立・大学」に

「進学」しました。

「大学・在学 中」に「横浜 市内 の・ライブハウス」の

「専属・歌手」に、なりました。

 

「1,995年」「Precious」で「メジャー・デビュー」しました。

「同曲」は「オリコン・50 位」と

「余り」「振るい・ません」でした。

 

「その・後」も「目立った・ヒット 曲」が「無く」

「長い・下積み」を「経験」しました。

 

「2,000年」「これ が・売れ なかった」ら「事務所 との・契約 解除」と、いう

「背水 の・陣」(「はいすい の・じん」) で「臨んだ」(「のぞんだ」)

「8 the ・シングル」「楽園」が「オリコン・7位」と、なる

「ヒット・曲」に、なりました。

 

「183 cm」の・長身」と「純・日本人」ながら「彫り が・深く」(「ほりが・ふかく」)

「日本人・離れ」して「インド人 と・間違え られ」た「端正 な・マスク」と

「聞いて いる・だけ」で「心が・癒や される」(「いや される」) 「歌声」が

「多くの 人・の 間」で「話題 に・なり」ました。

 

「46 作 の・シングル」を「発売」し「5・作」が

オリコン・1位」に、なりました。

 

「2,002年」「リリース」の「大きな古時計

「2,002年」「リリース」の「Ring」

「2,004年」「リリース」の「瞳をとじて」(「自身・最大」の「ヒット・曲」)

「2,004年」「リリース」の「思いがかさなるその前に・・」

「2,005年」「リリース」の「POP STAR」

 

「9 作 の・アルバム」を「発売」し「4・作」が

オリコン・1位」で「ミリオン・セラー」に、なりました。

「この・記録」は「歴代・1位」と、なっています。

 

「同じ・年」に「発売・した」「シングル と・アルバム」が

「同時」に「オリコン・1位」と、なった のは

「平井 堅」と「光GENJI」と「DREAMS COME TRUE 」と

「宇多田 ヒカル」と「嵐」の「5 組・だけ」です。

 

 

「平井 堅」「ノンフィクション」「作詞」:「平井 堅」:「作曲」:「平井 堅」

 

描いた 夢 は 叶わ ない (「えがいた ゆめ は かなわ ない」) ことの 方が 多い

優れた人 を 妬んで (「すぐれたひと をねたんで」) 自分が 嫌に なる

 

浅い眠り に おしつぶされ そうな 夜も ある

優しい 隣人が 陰で 牙を 剥いて いたり

 

(「やさしい りんぃんが かげで きばを むいて いたり」)

 

惰性で (「だせいで」) 見ていた テレビ 消すみたい に

生きてる こと を 時々 やめたく なる

 

人生は 苦痛です か? 成功が 全てです か?

僕は あなた に あなた に ただ 会いたい だけ

 

 (「あなた」は「本当 」の「自分 の 姿」の 事?。)

 

みすぼらしくて いい から 欲まみれ でも いい から

僕は あなた の あなた の 本当 を 知り たい から

響き (「ひびき」) 消える 笑い声 に 一人 歩く 曇り道 (「くもりみち」)

僕は あなた に あなた に ただ 会いたい だけ

 

筋書き 通り (「すじがき とおり」) に いかぬ 毎日は 誰の せい?

熱い戦い (「あつい たたかい」) を ただ ベンチで 眺めて(「ながめて」) ばかり

 

消え そうな 炎 (「ほのお」) 両手で 包む よう に

生きて いる こと を 諦め きれず (「あきらめ きれず」) に いる

 

人生は 悲劇 です か? 成功 は 孤独 です か?

僕は あなた に あなた に ただ 会いたい だけ

正しく なくて いい から くだらなく ても いい から

僕は あなた の あなた の 本当 を 知りたい から

鞄の 奥で 鳴る 鍵 (「かばんの おくで なる かぎ」) 

仲間 呼ぶ カラス の 声

僕は あなた に あなた に ただ 会いたい だけ

 

何の ため に 生きて ます か? 誰の ため に 生きて います か?

僕は あなた に あなた に ただ 会いたい だけ

人生を 恨み (「うらみ」) ます か? 悲しみ は キライ です か?

僕は あなた の あなた の 本当 を 知りたい から

秘密 涙  ひとり 雨 目覚め たら 襲う 不安  (「おそう ふあん」)

僕は あなた に あなた に ただ 会いたい だけ

信じたい ウソ 効かない (「きかない」) クスリ 帰れ ない サヨナラ

叫べ (「さけべ」) 叫べ 叫べ

会いたい だけ

 

 

※「ハッタリ を・かます

 

「ハッタリ を・かます」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「もの を」「実際 より も・大袈裟」(「おおげさ」) に

 「表現・する」事です。

 

・「外見 を・装って」(「がいけん を・よそおって」)
 「別の・者」や「実際・より」「優れ た・者」に (「すぐれた もの に」)

 「見せる・事」です。

 

 

「ハッタリ を・かます」の「語源」は「下記」だ、そうです。

 

・「ハッタリ」とは

 

「賭け・事」 (「かけ・ごと 」) の「際」「相手」に

「賭け の・証拠」と、して「金品」(「きんぴん」) を

「相手 の・前」に「差し 出す・事」を (「さしだす こと を」) 

「張る」(「はる」) と「言い」ます。

 

「胴元」(「どうもと」) は「賭博」 (「とばく」) に

「参加 して いる・客の 気持」を「煽ろう と・して」(「あおろう と・して」)
「さあ」「張ったり!」「張ったり !」(「ハッタリ!」「ハッタリ!」) と

「大声 で・叫び」(「さけび」) ます。

 

「賭博 に・於いて」は「胴元 が・勝つ」のが「一般・的」です。

「胴元」は「自分 の・手役」が「相手 より・下回って いて」も

「虚勢 を (「きょせい を」) ・張って」「強く・見せ かけ」ます。

 

「その・勢い」に「負け」「手役 の・良い 者」も「ビビっ て」

「降りて」(「おりて」・「勝負 を・捨てて」) ・しまい」ます。

「そう・した」「駆け・引き」(「かけ・ひき」) の「時」に

「大袈裟 に・言う 事」を「ハッタリ」と「呼ぶ よう に・なった」そうです。

 

かます」とは

 

「相手 が・怯む様 に」(「ひるむよう に」)

「衝撃 」(「しょうげき」) を「与える・事」だ、そうです。

 

 

「ハッタリ を・かます」の「類義語」は「下記」だ、そうです。

 

・「ホラ を・吹く」(「ほら を・ふく」)

 

 (「大袈裟」(「おおげさ」) な「でたらめ を・言った」り

 「出来そう も・無い」「大きな・事」を「言う・事」だ、そうです。)

 

・「大 風呂敷」を「広げる」(「おお ぶろしき」を (「ひろげる」)

 

 (「現実 に・合わ ない」様な「大袈裟な・事」を

 「言った」り「計画 を・立てる 事」だ、そうです。)

 

 

「ハッタリ を・かます」「人」の「特徴」は「下記」だ、そうです。

 

・「神経質 な 人」は「ハッタリ・屋」に「なる事 は・無理」だ、そうです。

 「陽気」で「話を する・時」に「相手の 目」から「

 「視線」を「ほとんど・離さず」に

 「しゃべる・人」「話の・終わり」を「サッと・切り上げる」「人」が

 「ハッタリ を・かます」「人」だ、そうです。

 

 「話 の・終わり」で「皆んな を・笑わせ」「笑い声 が・終わらない 内」に

 「次から・次へ」と「話し・かけ」「一人の・人」から「他の人に・移る」のに

 「ほとんど」「間が・無い」(「まが・ない」)そうです。

 

 「ハッタリ を・かます」「女性」は「まず・いない」そうです。

 「女性」は「実生活 に・於いて」「保守的 で・堅実」なので

 「ハッタリ・その もの」に「縁が・無い」為「大抵 の・女性」は

 「ハッタリ の・強い」「男」を「嫌う」そうです。

 「稀に」(「まれに」) 「ハッタリ の・強い」「男」を

 「男らしくて・良い」と「評価・して」「好意 を・寄せる」

 「陽気 な・女性」も「いない事 も・無い」そうです。

 

 「程 良い (「はど よい」) 「ハッタリ」は

 「可愛げ (「かわいげ」) が・有り ます」が

 「度を・過ごす」と

 「身を・滅ぼし」(「みを・ほろぼし」) 「かね ない」そうです。

 

HY 」は

「モットー に 「かます」ショット」の「歌詞」が「有る」

「革命」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「エイチ・ワイ」は「2,000年」に「結成」された
「4人組」(「カルテット」) の「ロック・バンド」です。

 

「全員」が「沖縄県・出身」で「現在」は「沖縄県・在住」です。

「エイチ・ワイ」は「全員 の・出身地」「東屋慶名」(「ひがし やけな」)

「Higasi-Yakena」の「頭・文字」を「取り」「 HY 」と「名・付け」ました。

 

「2,001年」「高校・3年生の 時」「ストリート・ライブ」を「始め」ました。

「同年」「高校・在学 中」に「ファースト・アルバム」「Deperture」で

「メジャー・デビュー」しました。

 

「2,002年」「セカンド・アルバム」「Street Story」が

オリコン・1位」で「ミリオン・セラー」に、なりました。

「同年」「47・都道府県」を「回る」「ライブ・ツアー」を「開催」しました。

「2,004年」「3 th・アルバム」「Trunk」が、「オリコン・1位」に、なりました。

 

「2,010年」「時をこえ」で「紅白・歌合戦」に「初出場」しました。

「2,012年」「NHK」の「連続・テレビ 小節」「純と愛」の「主題歌」で

「7th・アルバム」「PARADE」に「収録・され」た

「いちばん近くに」で「2回目」の「紅白・出場」しました。

 

「2,013年」「所属」する「マネジメント・会社」と「契約・解除」し

「ホーム・ページ」「ファン・クラブ」等を「閉鎖」(「へいさ」) し

「レコーディング の・拠点」を「東京」から「沖縄」へ「移し」ました。

「以後」「他と の・コラボネーション」「個人・活動」に「

「重点 を・置いた」「活動」が「増え」ました。

「2,014年」〜「2,019年」までに「5作 の「アルバム」を「

「発売・しました」が「ピーク を・過ぎた」様です。

 

「1作 の・シングル」の「発売 が・無く」
「全て・アルバム」と、いう「珍しい・グループ」です。

 

 

「 H Y 」「革命」「作詞」:「Tun 」作曲」:「Tun」

 

H Y  魂 (「たましい」)、具現化 (「ぐげんか」) 更に 突き進み 時代は 進化

間近に 迫る (「まぢかに せまる」) 世紀末 眼下(「がんか」) 行こう か

次の時代 目指し (「めざし」)

さあ 進もう か

 

更なる 革命 (「かくめい」) 目指し Hip hop 進化」これが 本物 だ

マジ で ノー・ジョーク だ 最強に 最高を 入り交ぜて (「いりまぜて」) 

最好調(「さいこうちょう」)

Time is money を モットーに かます ショット

 

常に 前に迫る 世紀末 これが 本物 だ

マジ でノー・ジョーク だ 最強と最高を 入り交ぜて 最好調」

Time is money をモットーに かますショット

常に前にあるもの は 壁か (「かべか」) 

それを 打ち砕く(「うちくだく」) のが 革命 か

間近に 迫る 世紀末 眼下 千年に 一度 の 魂 具現化

 

常に 前進っての が  H Y  の 精神 かます 真の 力

降りかざし 新しい 時代 を 予言

H Y  曲げず に 進む 信念  H Y の 発想 から なる 存在感

発狂 し (「はっきょう し」) 続ける

ハスラー に ハラショー   (「ロシア・語」で「素晴らしい」の「意味」)

It's show time 時代を 塗り 替えろ (「ぬり かえろ」)

共に 進もう 行こう Hip hop road   (「ラップ・曲」への「道」)

 

H Y  魂 、具現化、更に 突き進む 時代 目指し

間近に 迫る 世紀末 眼下 行こうか 次の時代 目指し

さあ 進もうか

 

Yo !  弾丸 の ように 突き進む 時代は 進化 HY 昇華 (「しょうか」)

ボンネット ! を 揺るがす (「ゆるがす」)  ペース 音 全開

世界を 震撼 (「しんかん」) HIP hop 万歳 (「ばんざい」)

Japanise Rapper (「日本人 で ラップ を 歌う人」)

マジ で 幅きかす (「はばきかす」) まわす まかす

ターン・テーブル 華麗な (「かれいな」) スクラッチ・ビートを キャッチ

暗闇 (「くらやみ」) から 光る 誇りの  バッジ

 

常に 前進って のが  H Y  の精神 かます 真の 力

降りかざし 新しい 時代を 予言

H Y 魂、曲げずに 進む 信念  H Y  の 発想 から なる 存在感

発狂 し続ける ハスラーに ハラショー

Its show time 時代を 塗り替えろ

共に 進もう 行こう  Hip hop road 

 

H Y  魂、具現化、更に 突き進み 時代は 進化

間近に 迫る 世紀末 眼下 行こうか 次の時代 目指し

さあ 進もう か

 

次の時代 目指し  さあ 進もう か

 

H  Y  魂、具現化、更に 突き進み 時代は 進化

間近に 迫る 世紀末 眼下 行こうか 次の時代 目指し

さあ 進もうか

 

次の時代 目指し さあ 進もうか

 

H Y  魂、具現化、更に 突き進み 時代は 進化

間近に 迫る 世紀末 眼下 行こうか 次の時代 目指し

さあ 進もうか

 

 

「でっち・上げ」を「英吾」で「言う」と

 

「completes fabrication 」

 

 (「完璧」な「作り・事」「作り・話」)

 

 と「言う」そうです。