何気なく使っている言葉の意味

「百聞は・一見にしかず」

 

「皆さん」は「百聞は・一見にしかず」(「ひゃくぶんは・いっけんにしかず」) と、いう

「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。

 

「百聞は・一見にしかず」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「ある物事に・ついて」「あれこれと・何度も」「人に・聞く」よりも「実際」に

 「自分の目」で「確かめる方が・確実だ」と、いう事の「たとえ」です。

 

 「しかず」とは「如かず」と「書き」「及ばない」と、いう「意味」です。

 

 

「百聞は・一見にしかず」の「由来」は「下記」だ、そうです。

 

・「中国の・古い書物」「漢書」(「かんじょ」) に「書かれて」いる

 「下記・やりとり」です。

 

 「漢の・皇帝」は「敵の・軍勢」(「ぐんぜい」) に、ついて「老・将軍」の

 「趙 充國」(「ちょう じゅうこく」) に「尋ね」ました。

 「敵軍を・抑える」(「おさえる」) には「どれはどの・兵力」が「必要」か?。

 

 「趙 充国」は「百聞は・一見にしかず」と「答え」ました。

    そして「敵軍の・勢力」は「遠く離れいて・いる」為「分かり」ません。

 「私」が「現場まで・行き」「この目で・確認して」から「作戦を・立てましょう」と
 「続け」ました。

 

 

「百聞は・一見にしかず」には「続き」が「存在」する、そうです。

 

「百聞は・一見にしかず」(「ひゃくぶんは・いっけんにしかず」)

     ↓

「百見は・一考にしかず」「ひゃっけんは・いっこうにしかず」)

     ↓

「百考は・一行にしかず」(「ひゃっこうは・いっこうにしかず」)

     ↓

「百行は・一効にしかず」(「ひゃっこうは・いっこうにしかず」

     ↓

「百効は・一幸にしかず」(「ひゃっこうは・いっこうにしかず」)

     ↓
「百幸は・一皇にしかず」(「ひゃっこうはいっこうにしかず」)

 

「皇」(「こう」) とは「国を・治め」(「おさめ」)

 (「周囲の 夢を・叶える」(「かなえる」)「皇帝」(「こうてい」) の事、です。

 

 

「上記 の・言葉」は「以下の・意味」を「持ち」ます。

 

「百回」「人から・聞いた事」より「自分」で「一回・見る事」が「重要」で、ある。

                  ↓

「百回」「見る事」より「自分」で「一回・考える事」が「重要」で、ある。

                  ↓

「百回」「考える事」より「自分」で「一回・行動する事」が「重要」で、ある。

                  ↓

「百回」「行動する事」より「一回・成果を 挙げる事」が「重要」で、ある。

                  ↓

「百回」「成果を挙げる事」より「一回・幸せを 掴む事」が「重要」で、ある。

                  ↓

「百回」「幸せを掴む事」より「「一回・周りの人」を「幸せにする事」が「重要」で、ある。

 

 

「百聞は・一見にしかず」の「類義語」は「下記」だ、そうです。

 

・「論より・証拠」(「ろんより・しょうこ」)

 

 (「言い争う」より「証拠を・出した」方が「物事が・ハッキリ」と、する事。

 

 

「百聞は・一見にしかず」の「対義語」は「下記」だ、そうです。

 

・「見ぬうちが・花」(「みぬうちが・はな」)

 

 (「現実に・見る」よりも「見ないで・想像している」方が、良い。

 

 

DEEN」は「瞳そらさないで」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「ディーン」は「1,993年」に「結成」された「ロック・バンド」です。

「1,990・年代」に「一大・ブーム」を「巻き・起こし」ました。

「現在」は「ヂュオ」(「2人・組」) で「活動・して」います。

「CD・売上枚数」は「1,500・万枚」を「記録して」います。

 

「1,993年」「ファースト・シングル」「このまま君を奪い去りたい」で

「デビュー」し「オリコン・1位」・「ミリオン・セラー」に、なりました。

「1,994年」「5th・シングル」「瞳そらさないで」で

オリコン・1位」に、なりました。

 

「1,997年」「12th・シングル」「君がいない夏」が「テレビ・アニメ」

「名探偵・コナン」の「エンディング・曲」に、なりました。

「同時に・発売」した「1st・アルバム」「DEEN」も「オリコン・1位」に、なりました。
「史上・初」の「1st・シングル」「1st・アルバム」で

オリコン・1位」を「記録」しました。

 

「2,004年」「日本音楽 全面解禁・後」「韓国」で「日本人」と、して

「初」の「単独・ライブ」を「開催」しました。

「2,013年」「デビュー・20周年」を「記念」して「日本・武道館」での

「単独・ライブ」を「開催」しました。

 

 

DEEN」「瞳をそらさないで」「作詞」:「坂井 泉水」「作曲」:織田 哲郎」

「作詞」した「坂井 泉水」(「さかい いずみ」) は「ZARD」(「ザード」) の

「ボーカリスト」です。

 

いつも この時間は 家 (「うち」) に 居た (「いた」) のに・・・
最近 君は 留守 (「るす」) がち だね

やっと 出た 電話の 声も

以前まで と  (「いままでと」)  違う 感じがに 変わった よ

まだ 君の中 に 僕が どれくらい 居るの か

確かめ て みたいん だ look on your eyes

 

瞳 そらさない で 青い夏 の トキメキ の 中で

summer breeze 心 くすぐる よ

ひとり占め したく て 抱き寄せ た あつい 午後

 

「今のまま では 視野が 狭く (「せまく」) なる し・・・
何かが 終わって しまい そう」と

彼女 が 云った (「いった」)

その方が 君にとって 夢が あるの なら

僕は そう しよう

“約束 “だから 海に 来たって 感じ が

一緒に 居るのに 淋しい よ (「さみしい よ」) Look in my eyes

 

話 そらさない で 青い夏 の トキメキ の 中で

summer days 想い出 に しない で

あの頃 の 君が 今も 胸の中 で 微笑ってる  (「わらってる」)

 

もう 一度・・・

瞳 そらさない で 青い夏 の トキメキ の 中で

summer breeze 心を 伝えて

いつまで も 君が そばに 居てくれる と 信じ てる

 

いつまで も 君が そばに 居てくれる と 信じ てる

 

 

※「聞く耳 を・持たない」(「きくみみ を・持たない」)

 

 

聞く耳 を・持たない」(「きくみみ を・もたない」) の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「相手 の・意見」「相手 の・助言」を「聞く・つもり 」が「無い人」の事。

 

・「人の 意見 を・聞き入れ」たり「耳を 傾けて・参考に する」「姿勢 が・無い 人」の事。

 

 

「聞く 耳 を・持た ない」の「類義語」は「下記」だ、そうで。

 

・「有無 を・言わさない」(「うむ を・いわさない」)

 

 (「相手に 反論 の・機会を与えず」「物事 を・決める」事。)

 

・「問答・無用」(「もんどう・むよう」)

 

 (「一方的 に・話し合い」を「終わらせる」事。)

 

 

聞く耳を・持たない 相手」に「話を・聞かせる」「テクニック」と、して

「下記」が「有る」そうです。

 

①「まず は」「相手の・話」を「全て・聞き」ます。

 

聞く耳 を・持たない 人」は「自分の・考え」に「こだわり」が「有り」

「強く・固執」(「こしつ」) して、います。

固執・する」「理由・思い・疑問点」まで「じっくり」と

「訊き・出し」(「きき・だし」) ます。

 

「相手 に・全ての 思い」を「吐き出させた・後」の「あなた の・話」なら

「聴く耳 を・持ってくれる」「可能性」が「有り」ます。

 

②「どんな・意見」も「なるほど」と「受け止め」ます。

 

「聴く耳 を・持たない 人」の「意見」は「否定・したく」なります。

 しかし「否定」すれば「更なる・否定」が「返って」きます。

 

「なるほど」と、いう「言葉 を・使う」と「相手」は

「自分の・主張が通った」と「認識」し「あなたの・話」を

聞く耳を・持ってくれる」「可能性」が「有り」ます。

 

③「落とし穴を・掘り下げて」「質問」します。

 

「あなた」が「正論を・いうより」も「相手」に「自分の頭」で

「考えて・納得させる」事が「大切」です。

「相手の話 に・含まれている」「矛盾点 や・偏見」を「掘り下げて」「質問して」みます。

「相手」は「自分の・頭」で「自分の・間違い」に「気付き」

聞く耳を・持つ」「可能性」が「有り」ます。

 

④「自分の・経験値」に「基づいて」「説得」します。

 

「あなたの・意見も 分かるよ」「私」も「似た こんな経験が・ 有ったよ」

 でも「こうすれば・良かった」「他の方法を取れば・良かった」と

「反省・しているよ」と、いう様に「経験談」で「アドバイス」して、あげます。

「先ず・は」「相手の・立場に 立ち」そこから「次の・展開」に「持ち込めれ」ば

聞く耳を・持つ」可能性」が「有り」ます。

 

 

「本田 路津子」は「耳をすましてごらん」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「本田 路津子」(「ほんだ・るつこ」) は「1949年・生まれ「の「フォーク・シンガー」です。

「天使の 様な・歌声」で「森山 良子」と「並ん」で

「女性 フォークの・第一人者」と、して「活躍」しました。

「1,970年」「秋でもないのに」で「メジャー・デビュー」し「大・ヒット」しました。

 

「1,971年」「一人の手」で「紅白・歌合戦」に「初・出場」しました。

「1,972年」「NHK連続テレビ小説」「藍より青く」(「あいよりあおく」) の「主題歌」

「耳をすましてごらん」を、歌い「茶の間に・広く存在が 知れ」ました。

「同年」「同曲」で「2回目」の「紅白・出場」を「果たし」ました。

 

「1,975年」「結婚 を・機」に「引退」を「発表」し「渡米」しました。

「さよなら・コンサート」で「ゴスペル」(「キリスト教 の・福音歌」) で、ある

「至上の愛」を「熱唱」し「キリスト教」に「帰依」(「きえ」) すると「発表」しました。

「1,989年」に「帰国して・以来」「国・内外」の「教会の・コンサート」で

「神の・愛」を「歌い」「賛美歌」(「さんびか」) の「歌い手」と、して「活躍して」います。

 

 

「本田 路津子」「耳をすましてごらん」「作詞」:「山田 太一」「作曲」:「湯浅 譲ニ」

 

耳を すまして ごらん

あれは はるか な 海の とどろき

めぐり 逢い (「あい」) 見つめ あい

誓い (「ちかい」) あった あの日 から

生きる の 強く

ひとり では ないから

 

旅を つづけて はるか

ひとり ふり向く 遠い ふるさと

想い出 に しあわせ に

寂しく (「さびしく」) ないわ と ほほえん で

生きる の 強く

あの海 が あるから

 

空を 見上げて ごらん

あれは 南の 風の ささやき

時は 過ぎ 人は 去り

冬の 世界 を 歩む とも

生きる の 強く

あの 愛が あるから

 

 

「百聞は・一見にしかず」を「英語」で「言う」と

 

「seeing is believing」

 

 (「見る事」が「信じる事」だ。)

 と「言う」そうです。