何気なく使っている言葉の意味

「青は藍よりいでて藍より青し

 

「皆さん」は「青は藍よりいでて藍より青し」(「あおはあいよりいでてあいよりあおし」) と

「言う」「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。

「高校」の「古典の・授業」で「出て来た・言葉」だと「記憶して」います。

 

「私が支店を回っていた頃」「藍」(「あい」) と、いう「名字」の「青年」が、いました。

「普段の私」で、あれば「この・ことわざ」を「持ち出し」「話の種」に、して

「親交」を「つかもう」と、したと「思い」ます。

  しかし、私は「話題にしなかった」「気が」します。

 

 

「青は藍より出でて藍より青し」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「藍色」(「あいいろ」) とは「薄い・青色」(「青と紫の・中間色」?) 「色」です。

 

・「弟子」(「青」) が「師匠」(「藍」) を「上回る能力」を、持つ事。

 

・「糸や布」を「青」に「染める為には」「藍の葉」を「使い」ます。

   「藍の葉」は「緑」で「素人」が「青」を「イメージする事」は「困難と・思い」ます。

  しかし「藍の葉」を「加工」すると「鮮やか」な「青の・染料」を「作れ」ます。

 

「青」(「弟子」) は「藍」(「師匠」) に「育て」られ、やがて「弟子」は

「師匠」を「凌ぐ」(「しのぐ」) 事より「この・ことわざ」が「生まれ」ました。

「弟子」が「師匠」を「超える」事は「発展」・「進化」を「意味」し

「良い意味の・言葉」と、して「使われて」います。

 

 

「青は藍より出でて藍より青し」の「類義語」と、して「下記」が「有る」そうです。

 

「弟子」に「超えられる」のを「恐れ」「持っている・ノウハウ」を「教えない」と、いう

「考え方の人」は「師匠」と「呼ばれるに・値しない」

「器の小さな・人間」だと「思い」ます。

 

・「出藍の誉」(「しゅつらんのほまれ」)

 

 (「青は藍より出でて藍より青し」と「同じ・意味」

    「弟子」が「師匠」を「越えてくれる事」は「師匠としても・名誉な事」)

 

・「氷は水より出てて、水よりも寒し」(「こおりはみずよりいでてみずよりもさむし」)

 

 (「水から出来た氷」は「水よりも冷たい」と、いう事から「氷」(「弟子」) が

 「水」(「師匠」を「越える事」の「たとえ」)

 

・「鳶が鷹を生む」(「とび・とんびがたかをうむ」)

 

 (「平凡な・親」が「優れた・子」を「生む」事の「たとえ」)

 

 

「青は藍より出でて藍より青し」の「対義語」を「検索」しても「出て来」ません。

 

「鳶が鷹を生む」の「対義語」を「イメージ」して

 

「蛙の子は蛙」(「かえるのこはかえる」)

 

 (「子供の頃」には「素晴らしい才能を・見せて」も「成長するに従い」

 「親と同じ・凡人」に「成って」しまう事の「たとえ」)

 「私は」この「ことわざ」には「後ろ向きな・イメージ」) しか無く「嫌い」です。

 

 辺りが「妥当な気が」します。

 

 

「今井 美樹」は「Blue Rain」(「青い雨」) と、いう「歌」を、歌いました。

「テレビ・朝日」「木曜日」「20;00〜20:54」に「放送」されている「テレビドラマ」

科捜研の女」の「主題歌」です。

「次の時間帯」には「ドクターX」が「有り」「毎週・欠かさず」「観て」います。

 

「今井 美樹」(「いまいみき」) は「1,963年・生まれ」の「歌手」「女優」です。

「夫」は「ロック・ミュージシャン」「ギタリスト」の

「布袋 寅泰」(「ほてい ともやす」) です。

「2,012年」「夫婦・と娘」の「3人」で「ロンドン」に「移住」しました。

 

「今井 美樹」は「1,986年」「黄昏のモノローグ」で「歌手・デビュー」しました。

「1,990年」「テレビドラマ」「あしたがあるから」で「主演」し

「自身が・歌った」「主題歌」「PIECE OF MY WISH」が「ミリオンヒット」しました。

「1,996年」「布袋 寅泰の・提供曲」「PRIDE」が「自身最大の・ヒット曲」に、なりました。

 

「1,999年」「離婚歴の・有る」「布袋 寅泰」と「結婚」し

「3年後」の「2,002年」に「長女」を「出産」しました。

「2,006年」「紅白・歌合戦」に「PRIDE」で「初出場」しました。

「2,015年」「紅白・歌合戦」に「PIECE OF MY WISH」で「2回目の・出場」を、しました。

 

 

「今井 美樹」「Blue Rain」「作詞」:「micca」「作曲」:「Yoshiniri Ohashi」

 

薄紅色の 光纒い (「まとい」)

涙色の空 駆けて (「かけて」) 行く私

思い出と まだ 言えない

心 紡いだ (「つむいだ」) 大好きだった 日々

 

街の 街路樹 (「がいろじゅ」) が 目覚め 始めたわ

冷たい この指も 溶けて (「とけて」) ゆくわ

偽り (「いつわり」) ない風 問いかけて みては

切なさの 代わりに 今 歌うの

 

黄昏色 (「たそがれいろ」) に 染まった 木々

あれから どれくらい 経った (「たった」) ので しょうね

突然の 雨の匂い

懐かしさ 急に込み上げる 坂道

Blue   rain

 

木漏れ日 (「こもれび」) に描く (「えがく」) 明日の 私は

どんな色を 放って (「はなって」) 輝く かな

愛された よりも 愛してきた 事

それが 私の中の 宝物

 

どんなに 小さな幸せ でも 良い

心に 飾って 生きて 行くの

夜空に 輝く あの星 みたいに

私らしく 生きて 行くわ

 

 

「因み」に「ドクターX」の「主題歌」は「PINK」が、歌う「ソー・ホワット」です。

「ピンク」は「世界中」に「名を知られる」「アメリカ」の

「女性・ロック歌手」です。

 

「歌詞」の「和訳」には「病院という組織」に「属さず」「フリーランス」と、して

「一匹狼」で「生きている」「大門 未知子」と「重なる部分」が「有る」気が、します。

 

 

「ピンク」「ソー・ホワット」「作詞」:  (「和訳済」)「ピンク」「作曲」:「ピンク」

 

So, so what? I'm still arock star

だから 何? あたしは ロックスター なのよ!

 

I got my rock moves And I don't need you

ロック魂 の 赴く (「おもむく」) まま 行動してるの

あんたなんて 要らないわ

 

And guess what I'm having more fun

だから 言っておくけど 今 すっごく 楽しんでるし

And guess what I'm gonna show you tonight

それに あたし達は もう 終わったわ

今夜は それを 分らせて あげる

 

I'm alight

あたしは 平気

 

I'm just fine

ほんと 元気だし

 

And you're a tool

あんたなんて ただの 道具なのよ

 

So, so what ? I am a rock star

だから 何? あたしは ロックスター なの

I got my rock moves    And I don't want tonight

ロック魂 の 赴くまま 生きて いるんだから

今夜 あんたに 一緒にいて 欲しいなんて 思ってない

  

 

※「蜜柑が黄色くなると医者が青くなる」「みかんがきいろくなるといしゃがあおくなる」

 

「黄色」と「青色」は「反対色」です。

 

「蜜柑が黄色くなると医者が青くなる」の「意味」は「下記」だ、そうです。

 

・「みかん」が「黄色に・熟す時期」は「気候が・良い」ので

   「医者に掛かる・病人」が「少なく」なり「医者」は「収入が・減り」「顔が・青くなる」)

 

 

「蜜柑が黄色くなると医者が青くなる」の「類義語」は「下記」だ、そうです。

 

・「柿が赤くなると医者が青くなる」(「かきがあかくなるといしゃがあおくなる」)

 

 (「蜜柑が黄色くなると医者が青くなる」と「同じ・意味」)

 

・「秋刀魚が出ると按摩がひっこむ」(「さんまがでるとあんまがひっこむ」)

 

 (「サンマ」が「出回る・秋」は「気持ちが良く」「食欲が出・健康に成る」為

 「アンマ」を「頼む人が・減る」)

 

・「枇杷が黄色くなると医者が忙しくなる」(「びわがきいろくなるといしゃがいそがしくなる」)

 

 (「びわ」が「黄色くなる・季節」は「初夏」で「夏になる」と「病人が・増え」

 「医者が・忙しくなる」)

 

 

緑黄色社会」は「sabotage」(「サボるの・意味」) と、いう「歌」を、歌いました。

「TBS・テレビ」「火曜日」「22:00〜23:00」に「放送」されている「テレビドラマ」

「G線上のあなたと私」の「主題歌」です。

 

緑黄色社会」(「りょくおうしょくしゃかい」) は「2,015年」に「結成」された

「男2人・女2人」の「カルテット・バンド」です。

 

「グループ名」「緑黄色社会」は「作詞」「作曲」「ヴォーカル」 を「担当」する

「長屋 晴子」が「野菜ジュース」を「飲んでいる」と「メンバーの・1人」が

「緑黄色野菜」と「言った」ところ「他のメンバー」が「緑黄色社会」と

「聞き違えた」事より「名付け」られ、ました。

 

「2,018年」「初の・アルバム」「「緑黄色社会」で「デビュー」しました。

「2,019年・11月」「初の・シングル」「sabotage」を「発売」しました。

 

 

緑黄色社会」「sabotage」「作詞」:「長屋 晴子」「作曲」:「長屋 晴子」

 

せーので 駆け出した はずなのに どうして

まるで 私だけが サボタージュ

YES か NO の 間で なんとなく 生きて

まとわりついた 悪いクセ

 

そんなはずは ない

だって 集めてきた 好きな モノ と ヒト

あれ なんだったっけ

 

なんだか 今なら

愛される より 愛したい とさえ 思う

まだ 間にあう かな

私 このまま 消えちゃわない ように 刻むの (「きざむ」) の

 

いつもは 似たもの同士 なのに どうして

どうせ 私だけが サボタージュ

一度や 二度の 過ちが なんだ

数えりゃ 1,2,3,4・・・

 

ならば ここからだって 奮い立てよ (「ふるいたてよ」)

好きな モノ  や ヒト

集めて 行け

 

追い越され ながら

見つけた のは 自分らしさの 欠片 (「かけら」)

まだ 間に合う かな

私 このまま 消えちゃわない ように 刻むの

 

何も 出来なく たって 持ってなく たって

追いかけてる 今が 楽しいんだって 思えたの

きっと 浮かれて いる

だけど 輝いてる

ああ 生きて いる

 

なんだか 今なら

愛される より 愛したい とさえ 思う

まだ 間に合う かな

私 このまま 消えちゃいたく ない

これが 私だと

少しだけ なら

今は 胸を張って 言えるの

 

 

「青は藍より出でて藍より青し」を「英語」で「言う」と

 

「one day the student will become the teacher」

 

  (「弟子は、いつか、師匠を、追い抜く」)

 

    と「言う」そうです。