何気なく使っている言葉の意味

「毒を食らわば皿まで」

 

「皆さん」は「毒を食らわば皿まで」(「どくをくらわばさらまで」) と、いう

「ことわざ」を「使った事」は「有り」ませんか?。

 

 

「毒を食らわば皿まで」の「意味」は「下記」です。

 

・「まずい事を、してしまった場合」そのまま「最後まで突き進む」

 

・「毒入りの料理」を「食べて」しまったら「死ぬしかない」ので

 「皿まで食べ尽くしてやる」と、いう「覚悟」

 

・「主に」「悪事に手を染めた人」が「悪い事と知りつつ」も「 途中で止めず」に

 「最後までやり切ってしまう」と、いった「場面」で「使われる・言葉」

 

 

「毒を食らわば皿まで」の「類義語」と、して「下記」が「有る」そうです。

 

・「濡れぬ先こそ露をも厭え」(「ぬれぬさきこそつゆをもいとえ」)

 

「濡れないうち」は「露に濡れることさえ嫌な事」だが「いったん濡れて」しまうと

 「どんなに濡れ」ても「気にならなくなる」

「過ちを一度犯す」と「何度繰り返しても平気」に、なる。

  または「もっと酷い (「ひどい」) 事」を「平気でするようになる」と、いう「たとえ」

 

 

「毒を食らわば皿まで」の「対義語」を「検索」しても「出て来」ません。

 

・「悪い事をしたら、直ぐに謝る」

 

・「犯した罪を、なるべく早く認め、それを償う」(「つぐなう」)

 

・「嘘をつき続ける」と「大変な事になる」

 

・「まだ大丈夫」と「罪を重ねていく」と「気付いた時」には「取り返しのつかない事になる」

 

・「小さなミス」でも「重ねている」と「修正が不可能」になり「いずれ致命的な障害になる」

 

 辺りが「妥当」な「気」が、します。

 

 

「ちょっとしたミス」や「妥協」も「積み重なる」と「とり返しのつかない事」に、なります。

「毒を食べてしまった」と「気付いた時」には「隠し立てせず」「報告」し

「素直に謝る・姿勢」が「大切」だと「思い」ます。

 

 

「GOGO!7188」は「毒リンゴ」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「GOGO !7188l」は、かつて「存在」した「3人組」の「ロックバンド」です。

「2,000年」に「太陽」で「メジャー・デビュー」しました。

「同年」に「発売」した「こいのうた」が「ロングヒット」しました。

日本武道館・ライブ」等で「ファン」の「確固たる・人気」を「獲得」しました。

 

「2,007年」「2回」の「アメリカ・公演」を「実施」しました。

「2,012年」「ギター・ボーカル」の「ユウ」が「脱退」を「申し出た」事、より

「解散」しました。

 

 

「GOGO!7188」「毒リンゴ」「作詞」:「アツコ」「作曲」:「ユウ」

 

美味しい リンゴは いかが?

ひと口 かじれば いい気分

あんたに 気に入れられ たくって

あたし あの女に 嘘ついた

 

あまのじゃくが 笑った  

あまのじゃくが 潜んでいた (「ひそんでいた」)

もぎたて リンゴ 毒入り リンゴ 今が 食べ頃

可愛いあの娘 キレイな まつ毛を 濡らした WOW

 

真っ赤な リンゴは いかが?

かじれば お口 しびれる

あたし 二人を 引き裂いて

とてもうれしい はずなのに

なぜなの 胸が イタイ

 

壊れたものは 直らない

同じようには 戻らない WOW

もぎたて リンゴ 毒リンゴ 今が 食べ頃

愛しい  (「いとしい」) あなたに 優しいし笑顔が 歪んだ (「ゆがんだ」) WOW

おはなしの 続きを 聞かせて

うれしそうに 目を 輝かせて

あたしの 中の 悪魔

 

あまのじゃくが 笑った

あまのじゃくが 潜んでいた WOW

もぎたて リンゴ 毒リンゴ 今が 食べ頃

早く誰か 悪魔を 殺して 最後の 手段は そう

醜い (「みにくい」) あたし 償いの果実 かじった WOW

 

 

「真っ赤な・毒リンゴ」と、いうと「グリム童話」の「白雪姫」を「連想」します。

「ネット」で「白雪姫の・あらすじ」を「ななめ読み」して、みました。

「デズニー・アニメーション」の「白雪姫」と「グリム童話」の「白雪姫」には

「幾つか」の「相違」が「有る」ようです。


「気になる人」は「検索してみて」下さい。

 

 

「天邪鬼」(「あまのじゃく」) は「民話」に「登場」する「いらずら好きな・小鬼」です。

「天邪鬼」な「人」の「特徴」と、して「下記」が「有る」そうです。

 

・「多数派」の「意見」に「逆らう・行動」を、する「素直で無い人」

 

・「「皆んな」が「右」と「言えば」「左」と「言いたくなる人」

 

・「ダメ」と「言われる」と「やりたく」なり「やれ」と「言われる」と

  「やりたくなくなる人」

 

・「誰でも出来る・簡単な事」は「やろうと」せず「皆んな」が「出来ない」と

   「言っている」事に「俄然・やる気を出す人」 

 

 

「天邪鬼を動かす、魔法の言葉」と、して「下記」が「有る」そうです。

 

「例えば」「天邪鬼な・子供」に「勉強させたい場合」に「勉強しなさい」と「言って」も

「大抵の場合」「嫌だ」と、いう「返事」が「返って」きます。

「その言葉を受け」「更に強い口調」で「勉強しなさい!!」と「言う」と

「嫌だ・絶対しない!!」と、なってしまうでしょう。

 

「天邪鬼な人」は「頑固」で「一度言い出し」たら「簡単」には「自分の意見」を

「曲げ」ません。

「そんな時」には「今日は、もう疲れているだろうから、勉強できないよね」と

「言ってみて」下さい。

 

「恐らく」「出来る」と「言い返してくる」と「思い」ます。

「天邪鬼な人」は「反発心が・強く」「出来ないと・思われる」と「悔しくて」

「見返してやろう」と「俄然 (「がぜん」) やる気」を「出す」はず、です。

「心理・戦術」の「一つ」です。

 

「そうなったら」ら「今日は、これ位にして、明日やれば?」と「言ってみて」下さい。

「恐らく」「まだやれる」と「言い返してくる」と「思い」ます。

 私は「心理学」とは「無縁の・世界」で「生きてきました」が「長年の経験」に、より

「多少」は「相手の気持ち」を「見抜ける」様に「なったつもり」です。

 

「天邪鬼な人」には「何らかの才能」 を「感じられ」ます。

「本人」も「その才能を活かす機会」を「探している」「気」が、します。

「天邪鬼な人」には「刺激」と「チャレンジ・精神」が「湧き立つ」様な「課題」を

「与えて」みて、下さい。

 

「私が経験」した「難解な・裁判」の「1つ」に「時効成立・案件」が「有り」ました。

「貸した金」を「返せ」と「請求できる・権利」を「失ってしまう」
「消滅・時効」(「しょうめつじこう」) に「成って」いました。

「第三者・保証人」が「提供」した「十分な・担保」も「取得して」「有り」ました。

 

  しかし「5年間という長い月日」の間「貸した金」を「全く返済のないまま・放置」した為

「時効」が「成立」して、しまっていました。

「時効成立」と「共に」「担保権」も「消滅」し「回収のメド」は「無くなって」いました。

 

「この案件」を「含め」「代筆」に、よる「債務・否認」「保証・否認」等

「シコって」いた「多くの・難解な案件」を

「私の・前任者」が「貸金返還請求事件」と、して「裁判所に・提起」しました。

「前任者」は「第1回の公判」が「開かれる前」に「転勤して」しまいました。

 

「時効を・中断する」為には「請求」「差押」「承認」の「3つの方法」が「有り」ます。

「請求」とは「裁判所」に、対し「「訴訟の申立」「支払督促の申立て」を、する事です。

「差押」(「仮差押を・含む」) とは「債務者の財産」を「差押」する事です。

「承認」とは「債務者」から「債務を認める」「債務承認書」を「差入」させる事です。

 

「第1回の公判」で「裁判長」は「上記・3つの中断方法」が「有った」にも「拘らず」

「何ら対応を・講じなかった」のは「怠慢」で「権利の上にあぐらをかいていた」

「やるべき事も・やらず」に「権利だけを・主張する者」は「保護する」に「値しない」と

「顧問弁護士」を「厳しく叱責」し「顧問弁護士」も「返す言葉」が「有り」ませんでした。

 

「この時」私は「傍聴席」で「聴いて」いましたが「負け」を「覚悟」しました。

「藁(「わら」) にもすがる思い」で「5年間の間」に「この貸金に関わった」「3人」に

「顧問弁護士」と「共に」「事情聴取」 を、しました。

 そして「債務者」が「債務承認書」の「提出」を「拒み続けた事」が「分かり」ました。

 

 「顧問弁護士」と「私」は「債務者」は「時効が近付いている」のを「知り」

「悪意を持って」「意図的」に「担当者をだまし」「時効を成立させた」という

「ストーリー」を「描き」ました。

 

「3人」を「証人」と、して「申請」し「証言台」で「証言」して、もらいました。

「裁判長」も「興味を持った」のか「こちらの話」 を「聴いてくれる」様に、なりました。

「2年近くかかりました」が「私達の・勝訴判決」が「下り」ました。

「時効中断」の「手続き」を「取らなかった」事についての「言及」は「有り」ませんでした。

 

「債務者」が「時効成立日」に「海外にいたこと」は「時効を狙った」「悪意の証明」だと

「見做す」(「みなす」) と「裁判長」は「判決理由」の「主文」を「読み上げ」ました。 

「コツコツ」と「情報を集め」「相手の主張」の「矛盾点」を「突き」

「真綿で首を絞める」ように「相手を追い詰めた」「私達の・勝利」でした。

 

「顧問弁護士」も「最初」から「負けを覚悟」していました。

「ゼロ」からの「スタート」で「勝ち取った」「勝利」でした。

「顧問弁護士」と「私」は「固く・握手」しました。

 

「第三者・保証に」は「死んで」いました。

「東京」の「霞ヶ関」に、ある「高等裁判所」で「相続人」と「何度か・話し合い」

「和解・条件」を「詰め」ました。

「結局」「資産を処分」して「億・単位」の「弁済」を、してくれました。

 

 

「天邪鬼な人」に、似た「人間」に「異端児」(「いたんじ」) が、います。 

「異端児」とは「下記」です

 

「○○界の異端児」と、いうのは「良く聞く・言葉」です。

「異端児」とは「住んでいる・世界」には「似合わない・人間」と、いう「意味」です。

「異端児」は「正統路線」では、無く「特異な存在」と、して「見られて」います。

「異端児」は「既成の物」に「囚われない」「型破り」な「人間」です。

 

 

※「紅皿欠皿」(「べにざらかけざら」)

 

「紅皿欠皿」の「意味」は「下記」です。

 

「継子」(「ままこ」・先妻の子供」) 「いじめ」の「昔話」です。

「継子」で「美しい娘」「欠皿」(「かけざら」) を「継母」(「けいぼ」) と

「実子の・醜い娘」「紅皿」(「べにざら」) が「いじめ」ます。

 

「継母」は「欠皿」を「妬み」(「ねたみ」)「殺そうとしました」が「果たせません」でした。

「欠皿」は「高貴な人の・妻」と、なり「幸せな一生」を「送り」ました。

「継母」と「紅皿」は「哀れな・死」を「遂げ」(「とげ」) ました。

 

「紅皿」とは「化粧用の紅」を「塗りつけてある」「小皿」です。

「欠け皿」とは「欠けている」「皿」です。

「欠け皿」が「紅皿」を「上回っている理由」を「調べ」ても「分かり」ません。

 

「欠け皿」は「欠けてはいても」「元々・持っている素質」が「紅皿」と「比較」して

「格段に上」と、いう「解釈」しか「思い付き」ません。

「お宝鑑定団」でも「本物」は「キズ」が「有って」も「高額の鑑定」が「付き」ます。

「一方」「良く出来」た「偽物」には「無残な鑑定額」しか「付き」ません。

 

「継子いじめ」の「話」は「たくさん有る」そうです。

「日本」では「鎌倉時代・前期」に「書かれた」「作者不詳」の

住吉物語」(「すみよしものがたり」) が「代表格」だ、そうです。

「西洋」では「グリム童話」の「シンデレラ」が「良く知られて」います。

 

「女の子の・大好きな童話」と「言え」ば「シンデレラ」だ、そうです。

「時代が変わって」も「人気」は「衰え」を「知らない」そうです。

 しかし「重箱の隅を楊枝でほじくる」(「じゅうばこのすみをようじでほじくる」)

「人間」は「ガラスの靴」に「疑問 を・呈し」ます。

 

「その人達の・言い分」は「下記」です。

 

・「仙女」(「せんにょ」) の「魔法の杖・一振り」で「シンデレラ」は

  「美しい・ドレス」・「かぼちゃ」で「出来た馬車」・「きらめくガラスの靴」等、を

 「手に入れ」「王子様」が「主催する・舞踏会」に「出る事」が「出来」ました。

 

・「シンデレラ」は「12時を・過ぎる」と「魔法が解けてしまう」事を「思い出し」

   「12時を・告げる」「時計の鐘の音と共に」「片方の・ガラスの靴」を「残して」

  「舞踏会」から「消え」ました。

 

「ガラスの靴」は「魔法が解け」ても「消えないで・残っていた」のは「何故」?、と

「子供の夢を・壊す様な事」を「言っている人」が、いるそうです。

 

「その・回答」と、して「下記の事」を「言う人」が、いるそうです。

 

・「消えなかった・理由」は「ゼロ」から「ガラスの靴」を「作っていたから」だと

   「主張」します。

 

・「靴」「以外の物」は「元となる物」が「有り」それに「魔法をかける事」に、よって

 「美しく」「ゴージャス」な「姿」に「変化」しました。

  しかし「靴」は「別」です。

 

・「シンデレラ」は「靴を脱がされ」「素足の状態」で、そこに「全く新しく」

 「ガラスの靴」を「作って貰い」ました。

 「フェアリー・ゴッドマザー」は「早く靴を脱いで」「新しい靴を作るわ」

 「靴の魔法は得意なの」と「言って」「新しく・ガラスの靴」を「作り」ました。

 

・「魔法が解け」ても「ガラスの靴」が「消えなかった・理由」は

 「ゼロ」から「新しく作り出された物」だからだと、なるそうです。

 

 

「DISH //」は「皿に走れ!!」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「ディッシュ」(「皿・の意味」) は「2,011年」に「結成」された「男性・4人組」の

「ロックバンド」で「楽器を演奏しながら・踊る」と、いう「独特の・スタイル」です。

「みんなの、メインディッシュに、なりたい」と,いう「意味」で「名付けた」そうです。
「ライブ」では「メンバー」が「客席」に「紙皿を投げる」のが「恒例」だ、そうです。

 

「2,013年」「I Can Hear 」で「メジャー・デビュー」しました。

「同年」「セカンド・シングル」「晴れるYA!」が「オリコン・4位」に、なりました。

「2,014年」「初」の「日本武道館・単独公演」で「チケット」が「5分」で「完売」しました。

「2,015年」「千葉県・山武郡九十九里町」の「観光大使」に、なりました。

 

 

「DISH //」「皿に走れ!!」「作詞」:「GK 3」「作曲」:「GK 3」

 

We don't stop!!

Everyday is a new day・・・
Let's go!We don't stop!!

 

バック バック背負って 走り出したぞ この Stoty だ

まるで 超高速で回る ジェットコースター みたいだ

 

it's alright!!  1.2.  1.2. 歩み 止めず 最高に 感動した  Life Course  へ

みんな ピーターパン シンドローム ? 「常に楽しみたい」が 心 (「ここ」)で

Burning!!

 

いつだって Oh  一秒だって たやすく ないんだ

Oh  困難だって 大歓迎だ 突き抜けて やれ!!

 

果てしなく 続いてく 道 君と 行く Yeah!!

WOW WOW Everyday   きっと 僕ら 前だけ 目指して いける?!

Oh the Winding Road   皿に 走れっ!!

 

ギブミー  チョコレート たまには 甘いのも くれよ

走り疲れた 体に 流れ込む 君のエール (I Can hear ♪ )

 

愉快な 旅は 始まった ばかり

いつだって 負けるか!さぁ 晴れる YA!

楽しんでってよ My FREAK SHOW

サイショ恋的 な 刺激 どうぞ

 

いつだって Oh   ”勝ち目“なんて 計れや しないんだ

Oh 簡単 だって 挑む だけさ 突き抜けて やれ!!

 

果てしなく 続いてく 道 君と 行く Yeah!!

WOW WOW Everyday    これからが いいトコ だ

今日は 一度きり だろう?!ならば 妥協は できない

WOW WOW Everyday ずっと 僕ら 笑い 泣ける 旅をする

Oh the Winding Road 皿に 走れっ!!

 

叶えたいもの が ある限り 心で 燃え上がる FLAME

多少の 挫折も 受け入れて ”後悔“ なんかとは 変顔で バイバイだ!!

「だな。」

 

多大な負 を 抱えた 時代を 生きてく 命 (めい)

WOW WOW したたかに 息して

「未熟だ」と 笑われる 世代の視界 でしか

WOW WOW 見えない 事だって ある

 

果てしなく 続いてく 道 君と 行く Yeah!!

WOW WOW  あつらえた 青空

明日は 誰も わからない だから 興味も 尽きない

WOW WOW Everyday きっと 僕ら 前だけ 目指して 行ける?!

Oh theWinding Road 皿に 走れっ!!

 

 

「毒を食らわば皿まで」を「英語」で「言う」と

 

「One crime is everything ; two ; nothing」

  (「一回目の罪には、大きな勇気が必要だが、それ以降は、簡単に行える」)

 

 だ、そうです。