何気なく使ってる言葉の意味

「不撓不屈」

 

「皆さん」は「不撓不屈」(ふとうふくつ)という「四字熟語」を

「使った事」が、有りませんか?。

 

「不撓不屈」の意味は

 

・『「強い意志」を「持って」どんな「苦労・困難」にも「くじけない」こと

・『どんな「困難・障害」をも「乗り越える」「強い意志」を「持っている」こと

 

   です。

 

不撓不屈」の「類義語」としては

 

・「独立不撓」(どくりつふとう)

・「百折不撓」(ひゃくせつふとう)

・「七転八起」(しちてんはっき・七転び八起き)

・「堅忍不抜」(けんにんふばつ)

・「雑草精神」(ざっそうせいしん)

・「反骨精神」(はんこつせいしん)

 

辺りが「妥当」するそうです。

 

「不撓不屈」の「対義語」を「検索」しても、出てきません。

 

・「エリート意識」

・「温室育ち」

・「臆病」

・「追従」(ついしょう)

 

辺りが「妥当」な、気がします。

 

 

「昇進伝達式」(しょうしんでんたつしき)というのは「大相撲の番付会議」で

「新横綱」「新大関」が「誕生した場合」「使者」が

「当該力士」のもとへ「赴いて」(おもむいて)「昇進の旨」を伝える「儀式」です。

 

  この時「力士」が行う「所信表明しょしんひょうめい)が「口上」(こうじょう)です。

『「所信表明」を「初心表明」』・『「口上」を「向上」』と

「勘違いしている人」が、いるそうです。

 

「所信表明」とは「決意表明」(けついひょうめい)と「同じ意味」です。

「自分の信じる所」・「心に決めた事」を「明確に表す事」です。

 

「口上」の意味は

「口頭で申し述べる事」「口のきき方」「物言い」

  です。

 

 

 

藤島部屋」は「貴乃花」」の「実父」「貴ノ花」」が

「親方」として「起こした」「相撲部屋」です。

 

貴ノ花」は「1,950年」「10人きょうだい」の「末っ子」として「生まれ」ました。

「残念ながら」「ガンの為」「55歳」で、亡くなりました。

「長兄」は「土俵の鬼」と言われた「横綱」「先代・若乃花」でした。

「2人の間」には「22歳」の「年の差」が、ありました。

 

貴ノ花」は「中学生」の時は「水泳選手」でした。

「専門」は「バタフライ」で「中学新」を「連発」し「オリンピック候補選手」でした。

 

「無駄な贅肉」(むだなぜいにく)は「一切無く」恐らく

体脂肪率」は「5%程度」だと、私は「想像して」いました。

「当時、小学生」だった、私は「上手く水に浮かなかった」のに「貴ノ花」は

「何故」「水に浮き」「早く泳げるのか?」私は「不思議に思って」いました。

 

貴ノ花」は「周囲の大反対」を「押し切り」「中学卒業後」

「大相撲の世界」に、入りました。

「入門した」「二子山部屋」の「親方」は「長兄」の「元横綱若乃花」でした。

「先代・若乃花」は「貴ノ花」の「入門」に「大反対」しました。

  しかし「中学校を卒業」したばかりの「貴ノ花」」の「決意」は、変わりませんでした。

 

「止むを得ず」「先代・若乃花」は『「自分」を「兄」と思うな「敵」だと思え』と

『「兄弟の縁」を「切る事」』を「条件」に「入門を許可」しました。

貴ノ花」が「水泳選手」では「メシを食っていけない」と「言った」との話が

「相撲の世界」を「選択した理由」だと「まことしやかに」「噂」されました。

 

貴ノ花の「最高位」は「東大関」でした。

「身長」「183cm」「体重」「114Kg」と「均整の取れた体」と「甘いマスク」から

角界のプリンス」と「呼ばれて」いました。

「大相撲界の歴史」史上、または『「日本の「スポーツ界」史上」』

『「屈指」の「人気」を「博し」(はくし)ました』

 

貴ノ花」は「引退後」「藤島部屋」を「開き」ました。

「弟子」(でし)が「大関」「横綱」に「昇進」した時の「口上」に

「四字熟語」を「取り入れ」させました。

 

「1,993年」「貴ノ花」の「二男」「貴乃花」が「大関に昇進」した時

貴乃花」は『「不撓不屈」(ふとうふくつ)の「精神」で「相撲道」に

「精進」(しょうじん)いたします』と

「口上」しました。

 

「フィギアスケート」の「本田 真凛」(ほんだまりん)「選手」も

「不撓不屈」を「座右の銘」(ざゆうのめい)にしているそうです。

 

「1,994年」「貴乃花」が「横綱に昇進」した時の「口上」

 

『「相撲道」に「不惜身命」(ふしゃくしんみょう)を「貫く所存」(つらぬくしょぞん)です』 と

 

「口上」しました

 

「不惜身命」の意味は

 

・「命・体」を「惜しむ(おしむ)事無く」「全力で事に当たる」こと

 

     です。

 

「1,993年」「貴ノ花」の「長男」「若乃花」が「大関に昇進」した時の「口上」

 

『「一意専心」の「気持ち」を忘れず「相撲道」に「精進」します』

 

「一意専心」(いちいせんしん)の、意味は

 

・「他」(ほか)に「心」を「動かされる」事無く「一つの事」に「心を集中させる」こと

 

    です。

 

「1,998年」「若乃花」が「横綱に昇進/」した時の「口上」

 

『「堅忍不抜」(けんにんふばつ)の「精神」で「精進」していきます』

 

堅忍不抜」(けんにんふばつ)の、意味は

 

・「意志が固く」何事にも「心が揺るがない」こと

 

    です。

 

 

「1,994年」「若・貴」の「弟弟子」(おとうとでし)

貴ノ浪」(たかのなみ)が「大関に昇進」した時の「口上」

 

『「今後」は「相撲道」に「勇往邁進」する「所存」です』

 

「勇往邁進」(ゆうおうまいしん)の意味は

 

・「目標・目的」に向かって「恐れる事なく」「まっすぐ進む」こと

・「困難」を「恐れる事なく」「勇んで(いさんで)」「前進する」こと

 

    です。

 

「一番分かりやすい」「口上」と、言われるのは

「2,014年」に「横綱に昇進」した「鶴竜」(かくりゅう)の「口上」です。

 

「一生懸命努力します」

 

「モンゴル人」なので「難しい言葉」を「避けた」(さけた)事は「賢明(けんめい)だったと

   私は、思いました。

 

   私は「この数年間」「大相撲」の「テレビ中継」を「見て」いません。

 

 

元号」が「昭和」から「平成」に「変わって間もなく」の頃「空前の相撲ブーム」が

「巻き起こり」ました。

『「貴花田」(貴乃花)・「若花田」(若乃花)の「兄弟力士」』による

若貴・フィーバー」でした。

 

  この「社会現象」によって、これまであった「相撲界の常識」は「一変」しました。

「学校や職場」では「頻繁」に「相撲の話題」が交わされる様になり

「年配層」が多かった「国技館」には「若い世代」が、詰めかけました。

 

  ついには「相撲ギャル」なる「ファン」が「登場」しました。

  その「ギャル」を「ナンパ」する「目的」で「チャラ男」が、集まって来ました。

「祭り」と「同じ光景」です。

「両国」は「カオス」(混沌・こんとん)状態」に、なりました。

 

  特に「貴乃花」の「人気」は「絶大」でした。

貴乃花」は「1,972年」「10月」生まれ」です。

「父親」は「当時・現役」で「関脇」だった「貴ノ花

「母親」は「元女優」の「藤田 憲子」(ふじたのりこ)でした。(2,001年離婚)

 

貴乃花」は「小学4年生」の時「わんぱく相撲・全国大会」「4年生の部」で

「優勝」した事を「契機」に「本気」で「相撲に打ち込む決心」を、しました。

「1,985年」「明治大学付属中野中学」に「進学」しました。

「同校の「相撲部」に「所属」し「中学3年間」で「40勝1敗」の「成績」を、残しました。

 

「1,988年」「実父」「貴ノ花」が「親方」を「務めていた」

藤島部屋」に「入門」しました。

「持って生まれた才能」と「努力」で「瞬く間」(またたくま)に「頭角」(とうかく)を

「現し」(あらわし)ました。

 

「1,988年」「11月場所」に「17歳」で「十両」に「昇進」しました。

「1,990年」「5月場所」に「17歳」で「幕内」に「昇進」しました。

「1,991年」「5月場所」に「18歳」の時「初日」に「大横綱」「千代の富士」と「対戦」し

「初対戦」で「勝利」しました。

 

千代の富士」は「この敗戦」で「自分の時代は終わった」と、感じ

「場所中」に「引退」しました。

「1992年」「1月場所」「19歳」で「初優勝」しました。(「14勝1敗」・「3賞」も「受賞」)

「1,993年」「1月場所後」「20歳」で「大関に昇進」しました。

 

  とに角「世間の目」は「貴乃花」に「注がれて」(そそがれて)いました。

「1992年」「11月場所前」「宮沢 りえ」との「婚約」を「発表」しました。

「当時」「国民的な人気」を「誇っていた」「2人の若者同士の交際」に対し「国中」に

「激震が走り」ました。

 

「宮沢 りえ」は「1,973年」「4月生まれ」で「貴乃花」の「1学年後輩」でした。

「日本人の母親」と「オランダ人の父親」を持つ「ハーフ」でした。

「1,983年」「11歳の時」「モデル」として「デヴュー」しました。

「1,985年」「13歳の時」「明星食品」「チャルメラ」の「CM」で「芸能活動」を

「スタート」しました。

 

「1,988年」「15歳の時」「映画」「ぼくらの7日間」の「主演女優」を果たし

日本アカデミー賞・新人賞」を「受賞」しました。

「1,989年」「16歳の時」「小室 哲哉」(こむろてつや)「作曲」の

「ドリーム・ラッシュ」という「歌」で「歌手デヴュー」しました。

 

「カレンダー」での「大胆な」「ふんどしルック」(「相撲取り」のような)が

「話題を呼び」ました。

「1,990年」「17歳の時」「セカンド・シングル」「NO TITLIST」が

オリコン・1位」を「獲得」し「第41回NHK紅白歌合戦」に「初出場」しました。

「1,991年」「18歳の時」「ヘアヌード・写真集」(篠山紀信  写」が「150万部」の

「大ヒット」となり「ベスト・セラー」に、なりました。

 

「1,992年」「11月」「19歳の時」「貴乃花」との「婚約発表」を、しました。

「当時」「国民的人気」を「誇っていた2人」の「婚約」は「世紀のカップル誕生」と

「大きな話題」と、なりました。

 

   しかし「1,993年」「1月」「人生最高のパートナーになれなかった」という

「コメント」を「発表」し「わずか2ヶ月間」で「婚約解消」しました。

「2人の・破局」を「画策」したのは「宮沢 りえ」の「母」(りえママ)だったそうです。

「2人が結婚」すれば「宮沢 りえ」は「相撲部屋」の「女将」(おかみ)になるが

「りえ」が「女将」として「やっていけるわけがない」と「案じた」ようです。

 

  そして「りえママ」は「懇意」(こんい)にしていた「美川 憲一」に

「宮沢 りえ」を「説得して欲しい」と頼んだそうです。

「美川 憲一」は「宮沢 りえ」に「電話」で「自分の身の上話」を含め

「婚約解消を説得」したそうです。

 

「宮沢 りえ」は「泣きながら」「話を聞き」「婚約解消」を「約束」したそうです。

「美川 憲一」は「おねえ」の様な「いでたち」「ふるまい」ですが

「頼まれたらイヤと言えない」「男気(おとこぎ)ある性格」だそうです。

  だから「悪役」を「買って出る勇気」が有ったのだと、私は思っています。

 

  それにしても、「電話1本」で「婚約解消を納得させる」為に「どんな話」をしたか

  私は「気になりました。

「恐らく」「目先の話」ではなく「人生の話」をしたのだと、私は思っています。

 

 

「宮沢 りえ」は「1,990年」「セカンド・シングル」で

「ノン・タイトリスト」 という「歌」を、歌い「NHK紅白歌合戦」に「初出場」しました。

「宮沢 りえ」が「歌手」だった事を「知らない人」は「多い」かも、知れません。

「宮沢 りえ」「歌・動画」で「検索」すると「愛くるしい」「姿・声」が、出てきます。

 

 

「宮沢 りえ」「ノン・タイトリスト」」「作詞」:「川村 真澄」「作曲」:「小室 哲哉」

 

ターミナル前のシグナル

いっせいに変わるブルー

虚ろな(うつろな)目のスクランブル

肩がぶつかる

 

聞こえてくるボイスには

心が見つからない

明日の天気  今日のニュース

今日からはいらない

 

ナイフのような三日月  雲のあいまに消えてく

何も知らない強さが  さあここにあるよ

 

NO  NO  imitation  (ニセモノ、真似ごと) It’s  my Sensation (感覚、気持ち)

誰かのまねを したくはない

感じたことしか表現できない  子猫のように

NO  NO  imitation  It’s  my Sensation

誰かのまねじゃ  つまらないよ

今は自分にタイトルなんて  つけたくないよ

 

新しいビルの入り口に

集まるグループ

行き先さえ  決まらない

おしゃれも無駄にして

 

君の赤い靴に  Cellebration  (祝い事)

君のハートケーキに  Celebration 

さあ踊ろうよ  Say  Yes!(同意する)

さあ走ろうよ  Hey  come   on!(さあおいで)

 

どんな言葉で聞かれても

返す瞳(ひとみ)はひとつさ

何も見えないままでいい

さあ飛び出そうよ

 

NO  NO  imitation   It’s  my   sensation (感覚、気持ち)

誰かの後を 行きたくない

テレビの前で夢見るのが  目的じゃない

NO  NO  imitation  it’s   my  Generation (同世代の人々)

誰より先を歩いていたい

どんな時でも退屈なんて  言いたくないよ

Yes・yes・yes

 

NO NO Imitation、it's my Sensation

誰かのまねを  したくはない

感じたことしか表現できない  子猫のように

NO NO Imitation、Its my Generaton

誰かのまねじゃ  つまらないよ

今は自分にタイトルなんて  つけたくないよ

今は自分にタイトルなんてつけたくない

 

 

 

「自然薯栽培」

 

「ブログ」「芽生える」で、私は「自然薯栽培」が

「順風満帆」(じゅんぷうまんぱん)だと「捉え」(とらえ)かねない」

「言い方lを、してしまいました。

 

  数日後」「虫の知らせ」が有り「現地」に「赴き」(おもむき)ました。

  私は「ビックリ」してしまいました。

「ツルの先端」にある「成長点」が「溶ける」(とける)ように「無くなっていた物」が

「何本も」有りました。

 

  又「成長点」が「フキノトウ」の様に「丸まって」「ツルの成長」が

「止まってしまった物」が「何本も」有りました。

 

「ヒョットして」「アブラムシ」が「原因」ではないかと思い「消毒」しました。

   しかし「改善」は「見られません」でした。

   私は「種イモ」の「生産者」である「群馬県」にある「種苗会社」に「電話」しました。

 

「以前」にも「1度」「電話した事が有った」ので

「担当者」は「気持ちよく」「電話に出て」くれました。

   私が「事情を説明」すると「思いがけない返事」が、有りました。

「種イモ」を「定植ていしょく)する前に」「消毒」を、しましたか?」

 

   私は「消毒した種イモ」を「出荷してくれた」と「思い込んでいた」ので

「何もしません」でした。

   私は「脳味噌」を『「直接」に「トンカチ」で「殴られた」様な

「ショック」を、受けました。

 

「せめてもの救い」は「説明不足ですみませんでした」と「謝ってくれた」事でした。

「芽が出た」「種イモの先端部分」を「多目に切り取り」「廃棄するよう」

「アドバイス」されました。

「残った種イモ」が「再び発芽」する「可能性」が有ると、言われました。

 

   私は「直ぐに」「実行」しました。

「数日経ちます」が「発芽の気配」は、有りません。

 

   私の「経験不足」が「見事に」「露呈」(ろてい)してしまいました。

「経験値ある農家」にとっては「買った種イモ」を「消毒」してから「定植」する事は

「常識」なのかも、知れません。

   私は「一生懸命」「餅を描いた」ようです。

   (「絵に描いた餅」・えにかいたもち)

   或いは「一生懸命」「砂の上」に「家を建てた」ようです。

   (「砂上の楼閣」・さじょうのろうかく)

 

「種苗店の担当者」から「梅雨明け」には『「病気が発生する可能性」が高い』とも

   言われました。

   私は「ウイルス」に「感染」していない「ウイルス・フリー」の「種イモ」なので

「病気にならない」と「勘違い」し「竹を使い」「ツル」を「山に誘導」する

「仕組み」を「作って」しまいました。

「病気が発生」しても「防除」(ぼうじょ)する事は、出来ません。

「せめてもの救い」は「担当者」が「私の栽培方法」に「興味を持ってくれた事」でした。

 

「上手な農家」は「90%位」「良い自然薯」を「作る」そうです。

   私は「20%位」(20本)出来れば「御の字」(おんのじ)だと。考えています。

「全滅」しても「止むなし」の「覚悟」は、「既に」出来ました。

 

   私は「今回失敗した」のは「ある意味」「良かった」と「考えること」に、しました。

「素人の私が」「さしたる苦労無く」「成功」してしまったら、

 「自信たっぷり」で「傲慢」(ごうまん)で「嫌味」(いやみ)な

「私が嫌う人間」に「成ってしまった」かもしれません。

 

  私は「切羽詰まった顔」(せっぱつまったかお)を、「人に見せたく」有りません。

『「諦め無ければ」「終わること」は無い』という「言葉」は「テレビドラマ」で

「良く使われて」います。

   私には、まだ「気力」は「十分に」残っています。

「今年の失敗」を「バネとし」「来年」は「違った切り口」で「挑戦」するつもりです。

 

「一朝一夕で事ならず」(いっちょういっせきでことならず)は

  私の「好きな言葉」の「1つ」です。意味は(私なりの解釈)

 

『「成功」を「収める」(おさめる)事」は「長い年月」を掛け「一歩ずづつ」「積み上げた」

「努力の結晶」』だと、私は「考えて」います。

 

「簡単」に「成功」してしまっては「面白くも・可笑しくも」ありません。

「失敗」を繰り返し」「経験値」を積み上げ「成し遂げた事」を「成功」と

   私は「考えて」います。

   私は「目先の事」に「一喜一憂」(いっきいちゆう)したくは、有りません。

 

 

 

『(三代目) J SOUL BROTHERS from 「EXILE」TRIBE(家族・仲間)』は

『J.S.B.HAPPINESS」という「歌」を、歌いました。

「UTUBE」を見ると「中島みゆき」が歌った「地上の星」を、連想させます。

 

「2,017年・12月」に「リリース」し

『「オリコン・週間ランキング「1位」』に、なりました。

 

「歌詞」の中に「不撓不屈」(ふとうふくつ)が、出てきます。

   他にも「歌詞の中」に「四字熟語」が「盛り込められて」います。

 

「勇往邁進」(ゆうおうまいしん・「貴ノ浪」の「口上」で説明済み)

 

「百花繚乱」(ひゃっかりょうらん)  意味は

・「いろいろのの花」が「咲き乱れる」

・「すぐれた業績・人物」が「一時期」に「数多く現れる」こと

    です。

 

「捲土重来」(けんどちょうらい)  意味は

・「敗れた者」が「再び勢いを得て」「巻き返しにかかる」こと

・「一度は失敗」してしまっているが「再びチャンスを得て」「挽回していく」こと

   です。

 

「この歌」を「歌う事」は、私には「無理」ですが、

「この歌」の「リズム・歌詞」は「松山千春」の「歌」「君を忘れない」の

「リズム・歌詞」と同様」に、私に「勇気」を「与え」私を「励まし」ます。

 

 

「歌手」:『「三代目」J SOUL BROTHERS

「作詞」:「SAKURA」

「作曲」:「Takashi Fukuda ・SAKURA」

 

Love  Dream  & Happiness  誰もが願うのさ満ち足りた Full Life

タイムライン映し出す  世界中が充実しているいるような Image

心にフィルター  淀みなき空に浮かぶ雨雲にも似た焦燥

試された時こそ  未来にフォーカスして  追い風を巻き起こせ

 

「勇往邁進」(ゆうおうまいしんKeep on  finding(「発見した事」)

  幸せは見かけじゃ測れない

「百花繚乱」(ひゃっかりょうらん)  Waiting for the sun  (「太陽」を、待ち続ける)

  素朴でも派手でも  君だけの Story を語れたら  それでいいさ

 

Oh!悔しさを知っているからこそ Oh!喜び  幸せ感じられる

Oh!Yeah Oh! Yeah! 高く手をかかげて J.S.B HAPPINESS

Oh!誰かが君を見守っている Oh!君にエールを送り続けている

Oh!Yeah Oh! Yeah! 忘れないでいて J.S.B HAPPINESS

 

Love  Dream & Happiness 誰もが求めている  一握りの Hope

埋もれさせはしない  時代を先回りする  道無き道を行け

 

「不撓不屈」(ふとうふくつ)  I will promise you 

  ライバルは昨日の自分

「捲土重来」(けんどちょうらい) Justt Keep on、Keep Trying (「努力」し続ける)

  情熱の炎静寂の平和を  その胸に秘めてゆこう

 

Oh!寂しさを知っているからこそ Oh!喜び  幸せ感じられる

Oh!Yeah!Oh!Yeah! 心を合わせて J.S.B  HAPPINESS

Oh!誰かが君を見守ってる Oh!君にエールを送り続けている

Oh!Yeah!Oh!Yeah ! 忘れないでいて J.S.B  HAPPINESS

 

たった一度きりの  この時間  この景色

分かち合える喜び  ひとつになれ

 

悲しみの雨くぐり抜けて  喜び  幸せの虹見上げて

Oh!Yeah!Oh!Yeah!HAPPINESS is here!HAPPINESS is near!

 

Oh!悲しみを知っているからこそ Oh!喜び  幸せ感じられる

Oh!Yeah!Oh!Yeah! 高く手をかかげて J.S.B  HAPPINESS

Oh!誰かが君を見守ってる Oh!君にエールを送り続けている

Oh!Yeah!Oh!Yeah! 忘れないでいて J.S.B  HAPPINESS

 

 

「不撓不屈」(ふとうふくつ)を、「英語」で

 

「Inflexlbility」

 

  (不撓不屈)

 

と、言うそうです。