何気なく使っている言葉の意味

「胸を 撫で・下ろす」

(「むねを なで・おろす」)

 

「皆さん」は

「胸を 撫で・下ろす」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使っ た・事」は

「有・リ」ませんか?

 

「胸を 撫で・下ろす」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「心配 な・こと」や

 「不安 な・出来事」が

 「解 決・して」

 「ホッ と・して」

 

 「安 心・する」

    と、いう

 「意・味」の

   「慣 用・句」だ、そうです。

 

「胸を 撫で・下ろす」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「胸」とは

 「心 や・心の中」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「撫 で・下ろす」とは
 「ひとまず・安心する」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「胸を 撫で・下ろす」とは

 「心 が・落ち着き」

 「安 堵・する」

(「あんど」)

 「事」が

 

 「由・来」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「胸を 撫で・下ろす」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「会・社」の
 「定期 健康・診断」で

 「引っ掛・かり」
 「精密検査 を・受診した」が

 

 「心配なし と・言われ」

 「思 わ・ず」

 「胸を 撫で・下ろし」た。

 

・「大 学・受験」の

 「合 否・発表日」

 「校・庭」に
 「張り出 さ・れた」

 「掲 示・板」に

 「自分 の・受験番号」が

 「載っ て・いる」

 「事」を

 「確 認・して」

 「ホッ」と

 「胸を 撫で・下ろし」た。

 

「胸を 撫で・下ろす」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「溜飲 が・下がる」

   (「りゅういん が・さがる」)

 

・「溜・飲」とは
 「胃の消化 が・悪い」

 「時」に

 「胸やけ が・して」

 

 「口」に

 「酸っぱい・液」が

 「出て・来る」

 「事」で

 

 「下がる」とは

 「それ が・胃に下がって」

 「スッキリ・する」

 「事」で

 

 「溜飲 が・下がる」とは

 「イライラ や・モヤモヤ」
 「ムカムカ した・怒り」等

 「心 の・つっかえ」に

 

 「成っていた・こと」や

 「不満 な・気持ち」

 「等」が

 「解 消・され」て

 

 「スッキリ と・した」や

 「晴れ晴れ と・した」

 「気持 に・なる」

 「事」を

 

 「表 現・した」

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「胸を 撫で・下ろす」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「気 が・滅入る」

   (「き が・めいる」)

 

・「何」か

 「嫌な事 が・有ったり」

 「失敗し たり・して」

 「気・分」が

 「落ち込んで・しまい」

 「元気 が・無くなる」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 

「NiziU」は

(「ニジュー」)

 

「キミ が くれる

   安心 寄り添って」の

「歌詞 が・ある」

 

「Make you happy」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,020 年・年」に

「リリース」した

「プレ・デビュー」

「デジタル・ミニ アルバム」で

 

「大 ヒット・曲」に
「成・り」ました。


「二ジュー」は

「1 万人・超」が

「応 募・し た」

「日 韓・合同」

「プロジェクト・

   オーディション」で

「最 終・順位」

「上 位・9 人」で

 

「2,020 年・6 月」に

「結 成・した」

「日本 人・8 人」と

「日米 ハーフ・1 人」の

 

「9 人・組」の

「ガールズ・グループ」

   です。

 

「グループ・名」

「niziU」は

「虹 を・意味する
「nizi」と

 

「メンバー や・ファン」を
「意 味・する」

「U」から

「名 付・け」ました。

 

「2,020 年・6 月」に

「ファースト」

「デジタル」

「ミニ・アルバム」

 

「Make you happy」で

「プレ・デビュー」

   しました。

 

「同・アルバム」は

「ミュージック・ビデオ」の

「再 生・回数」が

「2 億・回」を

「突・破」し

 

「レコード 大賞・

「特別 賞」を

「受・賞」し

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「2,020 年・12 月」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「Step and step」で

「正 式・デビュー」

   しました

 

「女 性・グループ」

   と、して は

「デビュー・から」

「29・日」の

 

「史 上・最速」

   で の

「紅 白・出場」と

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「Make you happy」

「Chopstick」

「Take s picture」等が

「有・り」ます。

 

「2,021 年・4 月」に

「リリース」した

「セカンド・シングル」

「Take a picture」が

 

コカ・コーラ
「この瞬間が、私」の

「C M・ソング」に

「起 用・され」て

 

「大・ヒット」し

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,021 年・11 月」に

「リリース」した

「ファースト・アルバム」

「U」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」

「レコード・大賞・
   優秀作品 賞」を

「受・賞」しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,020・年」の

「Make you happy」と

「2,021・年」の

「Take a picture」で

 

「2 年・連続」で

「出 場・中」です。

 

 

「NiziU」

「Make your happy」

「作・詞」「J. Y . Park」

「作・曲」「J. Y . Park」

 

Nothing ヒミツ なら Nothing 

Something 特別な モノ あげるのに

どんなのが いい? 笑顔に したいのに

That thing 探し出す キミ の ために

 

もう ねぇねぇ 何 見て

何 聴いて 幸せ?

話して みて すべて ね

 

Ooh I just wanna make you happy 

あ〜もう! 笑って ほしい

忘れちゃった 笑顔も 大丈夫

ちゃんと 取り戻して

その笑顔 見てるとき ほんと 幸せ

What do you want ?

What do you need ?

Anything 

Everything 

You Tell me 

 

Gave me きれいな 恋 Gave me 

Held me 小さな この手 繋いで

大切よ ひとり には させないよ

Take me この 私 全部 あげたいの

 

バレバレ の ハート

私だけ の カード

忘れず に そばに 来て

 

Ooh I just wanna make you happy 

あ〜もう! 笑って ほしい

忘れちゃった 笑顔も 大丈夫

ちゃんと 取り戻して

その笑顔 見てるとき ほんと 幸せ

What do you want ?

What do you need ?

Anything 

Everything 

You Tell me 

 

Tell me Like OOH - AHH 

FANCY me do not 

be ICY I'm So Hot 

no Good - bye Baby good - bye 

 

キミ が くれる 安心

寄り添って 休める ための 場所

光が 満ちて Feel いつだって

夢見てる の 一緒

 

完全な Sweet な メロディー

本当に 癒してくれる セオリー

Put it on repeat 聴いて ずっと ずっと

Youre my favorite you happy 

 

Ooh I just wanna make you happy 

あ〜もう! 笑って ほしい

忘れちゃった 笑顔も 大丈夫

ちゃんと 取り戻して

その笑顔 見てるとき ほんと 幸せ

What do you want ?

What do you need ?

Anything 

Everything 

You Tell me 

 

 

※「幕 を・下ろす」

(「まく を・おろす」)

 

「幕 を・下ろす」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「幕 を・閉じる」と

 「同 じ・意味」で

 「物事 を・終える」

    と、いう

 

 「意味 を・持つ」

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 「反・対」に

 「物事 の・始まり」の

 「時」は
 「幕 が・上がる」や

 「幕 が・開く」

 (「まく が・あく」)

 「幕 を・切る」等を

 「用・い」ます。

 

「幕 を・下ろす」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「幕 を・下ろす」の

 「幕」とは

 「劇・場」等で

 「使・用・される」

 「巻い・て」

 「上げ 下ろし・する」

 「緞・帳」の
 (「どん・ちょう」)

 「事」で

 

 「江 戸・時代」〜

 「明 治・時代」に

 「緞 帳 が・普及した」

 「事」より

 

 「幕 を・下ろす」

    と、いう

 「言 い・回し」が

 「生 ま・れた」そうです。

 

「幕 を・下ろす」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「30 年・間」

 「地元 の・人達」に

 「愛 さ・れた」

 「スーパー・マーケット」は

 「時代 の・波」に

 「逆ら う・こと」が

 「出 来・ず」に

 「幕 を・下ろし」た。

 

・「何・シリーズ」も

 「続い て・いた」

 「テレビ・ドラマ」が

 「主役 の・高齢化」で

 

 「幕 を・下ろす」

 「事 に・なり」

 「ファン と・して」

 「残・念」だ。

 

「幕 を・下ろす」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「終止符 を・打つ」

   (「しゅうしふ を・うつ」)

 

・「英 語・表現」

    で は

 「ピリオド を・打つ」と

 「言・う」そうです。

 

 「終止符 を・打つ」

 「ピリオド を・打つ」

 「事 に・より」

 「長・く」

 

 「続け て・きた」

 「こと」を

 「終わ ら・せる」
    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「幕 を・下ろす」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「スタートを・切る」

 

・「未・来」に

 「期待 を・込め」て

 「物事 を・始める」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「浜崎 あゆみ」は

(「はまさき あゆみ」)

 

「別れの道 選ぶ ふたり

   静かに 幕を下ろした」の

「歌詞 が・ある」

 

「M」

   と、いう

「歌を歌い」ました。

 

「2,000・年」に

「リリース」

   し た

「19 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「浜崎 あゆみ」 は

「1,978 年・生まれ」で

「福岡 県・福岡 市」

「出・身」の

 

「歌・手」
「女・優」で

「愛・称」 は

「あ ゆ」です。

「幼少 の・頃」に

「父親 が・蒸発」し

「母 子・家庭」に

「育・ち」ました。

 

「小学生 の・時」に
「モデル と・して」

「スカウト・され」

「地・元」の

「福岡中央・銀行」の

「ポスター」や

「地元 商業者 の・広告」に

「登・場」しました。

 

「そ の・後」
「東・京」の

「プロダクション」を

「紹 介・され」

「都 営・浅草線」の

「駅 の・ホーム」に

「ポスター」が

「掲 示・され」ました。

 

「1,993・年」

「14 歳の・時」に
「テレビ・朝日 系」

「テレビ・ドラマ」

 

「ツインズ 教師」に

「出・演」し
「女 優・デビュー」

   しました。

 

「1,996・年」
「私・立」
「堀 越・高校」を

「中 退・後」に

 

「ボイス・トレーニング」の

「為」に

「ニューヨーク」へ

「渡・り」

「歌 手・デビュー」に

「向 け・て」の

「本格的 な 準備」が

「始 ま・り」ました。

 

「1,998・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「poker face 」で

「デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

オリコン・20 位」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「No way to say」

「M」

「Dearest」等が

「有・り」ます。

 

「オリジナル・曲」は

「全・て」

「自分で・作詞」
   しました。

 

「楽曲 は・もちろん」

「衣・装」や

「CD・ジャケット」の
「レイアウト」

 

「ライブ・演出」

「等」にも

「本人 の・徹底した」

「厳しい・チェック」が

「入・り」ました。

 

「1,999・年」に

「リリース」した

「ファースト・アルバム」

A SONG for ××」が

 

「150・万枚」を

「売 り・上げ」て

「ブレイク」

   しました。

 

「女子・中 高生」を

「中・心」に

「ファッション」や

「メイク を・真似する」

若い女性 が・増え」

「マスコミ・等」から

「女子高生 の・カリスマ」と

「呼 ば・れ」ました。

「ファッション・リーダー」

   と、して

「ネイル・アート」

「大き な・サングラス」

 

「豹柄 の・衣装」が

(「ひょう・がら」)
「大・流行」 し

「社 会・現象」に

「成・り」ました。

 

「2,001・年」に
「リリース」した

「24 th・シングル」

「Dearest」

 

「2,002・年」に

「リリース」した

「28 th・シングル」

「Voyage」

 

「2,003・年」に

「リリース」した

「31 th・シングル」
「No way to say」で

 

「3 年・連続」で

「日本・レコード・大賞」に

「輝 く・快挙」を

「成 し・遂げ」ました。

 

「3回 の・大賞 受賞」は

EXILE」の

(「エグザイル」)

「4 回 に・次い」で

「史 上・2 位」です。

 

「2,012・年」に
「6 th・ベスト アルバム」

「A SUMMER BEST 」を

「リリース・して」

 

「シングル・アルバム」の

「合計 売上・枚数」が

「5,000・万枚」を

「突・破」し

 

「男女 を・合わせ」た

「ソロ・アーティスト」

   と、しては

「史上・初」の

 

「快・挙」に

「成・り」ました。

 

「現 在・まで」に

 

「53・作品」の

「シングル・曲」を

「リリース」し

「内」

「36・作品」が

 

「37・作品」の

「アルバム・曲」を

「リリース」し

「内」

 

「18・作品」が

オリコン・1位」に
「成・り」ました。

 

「私・生活」
   では

 

「2,011・年」
「33 歳の・時」に

オーストリア・出身」で

「2 才・年下」の

 

「モデル」

「俳・優」の

マニュエル・シュワルツ」と

「結・婚」し

アメリカ」

「ラスベガス」で

「挙・式」しました。

 

「但・し」

「日 本・国内」での

「結 婚・手続き」を
「しなかった・為」に

 

「戸 籍・上」は

「未婚 の・まま」

   でした。

 

「翌」

「2,012・年」に

「離・婚」

   しました。

 

「2,014・年」

「36 歳の・時」に
「ロサンゼルス・在住」の

アメリカ・人」で

 

「10 才・年下」の

「医学 部・大学院生」と
「結・婚」しました。

 

「本人 の・代理人

   と、して

「母・親」が
「都内 の・区役所」に

「婚 姻・届」と

「米・国」の

「結 婚・証明書」を

「提・出」し

 

「正・式」に

「結 婚・手続き」を

   しました が

「2,016・年」に
「離・婚」しました。

 

「2,020 年・1月 1日」

「41 歳の・時」に

「公 式・ファンクラブ・
   サイト」で

 

「2019 年・末」に

「出産 して・いた」

「事」を

「発・表」しました。

 

「子供 の・父親」の

「名・前」
「等」は

「公 表・されず」

 

「シングル・マザー」

   と、して

「子供 を・育てる」

「意・向」だ、そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,999・年」の

「Boys & Girls」〜

「2,013・年」の

「INSPIRE」まで

 

「15 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「浜崎 あゆみ」

「M」

「作・詞」「浜崎 あゆみ」

「作・曲」「浜崎 あゆみ」

 

‘ MARIA ’  愛すべき 人がいて

キズ を負った 全ての者達・・・

周りを 見渡せば

誰もが 慌ただしく

      (「あわただ」)

どこか 足早に 通り過ぎ

 

今年も 気が付けば

こんなに すぐそば まで

冬の気配が 訪れて てた

今日もきっとこの街のどこかで

出会って 目が 合ったふたり

激しく幕が開けてく

 

それでも 全て には

必ず いつの日 にか

終わりが やって来る ものだから

 

今日もまたこの街のどこかで

別れの 道 選ぶ ふたり

静かに 幕を下ろした

 

‘ MARIA ’ 愛すべき 人がいて

時に 強い孤独 を 感じ

だけど 愛すべき あの人 に

結局 何もかも 満たされる

 

’ MARIA ’ 愛すべき 人がいて

時に 深く深い キズ を負い

だけど 愛すべき あの人に

結局 何もかも 癒されて いる

                 (「いやされて」)

 

‘ MARIA ’  誰も皆 泣いて いる

だけど 信じて いたい

だから 祈って いるよ

これが 最後の恋 で あるように

 

理由 なく始まり は 訪れ

(「わけ」)

終わり は いつだって 理由を もつ

 

 

「胸を 撫で・下ろす」を

「英・語」で

 「Stroking the chest」と

 

 (「胸を 撫で・下ろす」)

 

 「言・う」そうです。

何気なく使っている言葉の意味

「縁の下 の・力持ち」

(「えんのした の・ちからもち」)

 

「皆さん」は

「縁の下 の・力持ち」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「縁の下 の・力持ち」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「人・知れず」に

 「他人 の・為」に

 「陰なが ら・支えたり」

 「苦労 を・する 人」で

 

 「表 舞台 に・立ったり」

 「目立ったり は・しない」が

 「目立た ない・ところ」で

 「重要 な・役割」を

 

 「果たし て・いる」

 「人」を
 「賞賛 する・意味」で

 「用い ら・れる」

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「縁の下 の・力持ち」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「大阪 の・四天王寺」で

 「披 露・された」

 「縁の下 の・舞」は

 「昭和 の・初期」まで

 

 「公・衆」に
 「披露 される・こと」
 「無・く」

 「演・者」は

 「無観客 の・中」で

 「舞 を・踊り」

 「そ の・為」に

 「練習 し・続けた」

    そうです。

 

 「こ の・演者」の

 「様」に
 「誰も 見て・いない」

 「ところ」で

 

 「陰・ながら」

 「努 力・する」

 「姿」が

 「縁の下 の・力持ち」の

 

 「由・来」に

 「成 っ・た」 

    そうです。

 

「縁の下 の・力持ち」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「目立つ・こと」が

 「嫌い だった・ので」

 「縁の下 の・力持ち」を

 

 「やって いる・方」が

 「性に 合って・いる」

    そうだ。

 

・「目標 の・達成」

    に は

 「縁の下 の・力持ち」が

 「多 数・いた」が

 

 「上・司」は

 「自 分・一人」の

 「力」で

 「成 し・遂げた」と


 「上層部 に・アピール」

    していた。

 

「縁の下 の・力持ち」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「影 の・立役者」

   (「かげ の・たてやくしゃ」)

 

・「決 し・て」

 「表に 出る・事」も

 「スポット・ライト」を

 「浴びる事 も・無い」が

 

 「成功 に・導く」

 「為」に

 「非常 に・重要」な

 「役割 を・担っている」

 

 「人達 と・いう」

 「意・味」だ

       そうです。

 

「縁の下 の・力持ち」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「スタンド・プレイヤー」

 

・「スポーツ・等」で

 「観客 の・拍手喝采」を

 「狙って・する」

 「派手 な・プレー」や

 

 「自分 を・強く」

 「印 象・付ける」

 「事」を

 「目的 に・した」

 

 「プレー」を

 「重視 する・人」で

 「自 分・だけ」が

 「活 躍・すれ」ば

 

 「それ で・良い」と

 「満足する・人」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 

SMAP」は

(「スマップ」)

 

「NO 1 に ならなくても いい

   もともと 特別な Only one」の

「歌詞 が・ある」

 

「世界に 一つだけの 花」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,003・年」に

「リリース」

   し た

「35 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「スマップ」は

「1,988・年」に
「結 成・され」た

「男 性・5 人 組」の

(「当 初・6 人 組」)

 

「アイドル・グループ」で

「2,016・年」に

「解 散・まで」の

「28 年・間」


「茶の間 の・顔」

   と、して

「全・国」の

「老若 男女・から」

(「ろうにゃく なんにょ」)

 

「幅広い支持 を・受け」
「国 民・的」な

「アイドル・グループ」と
「称 さ・れ」ました。

 

「Sports・Music・Assemble・People」

(「スポーツ と・音楽をするために

     集められた・人々」)
    と、いう

「意味 を・込め」て

「頭文字 を・取り」

「故・ジャニー 喜多川」が

SMAP」と

「命・名」しました。

 

「1,991・年」に
「日 本・武道館」で

「コンサート」を

「開・催」し

 

「同・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「Can't Stop!LOVIING」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は
オリコン・2 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」

   しました。

 

「代 表・曲」に

 

「世界に 一つだけの 花」

「Triangle」

「夜空ノ ムコウ」等が

「有・り」ます。


「1,994・年」に

「リリース」した

「12 th・シングル」

Hey Hey おおきに毎度あり」が

 

「映・画」

「シュート」の

「挿 入・歌」に

「起 用・され」て

 

「自 身・初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「1,995・年」に

「日 本・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「24 時間・テレビ」

 

「愛は地球 を・救う」の

「メイン・

   パーソナリティ」を

「務・め」ました。

「1,998・年」に

「リリース」した

「27 th・シングル」

「夜空ノ ムコウ」

 

「2,000・年」に

「リリース」した

「32 th・シングル」

「らいおん ハート」が

 

「ミリオン・セラー」の

「大 ヒット・曲」に
「成・り」ました。

 

「2,002・年」に

「1回 の・ライブ」で

「115・万人」の
「観客 を・動員」し

「国 内・最高 記録」を

「樹・立」しました。

 

「2,003・年」に

「リリース」

   し た

「35 th・シングル」で

 

「槇原 敬之・から」

「楽・曲」の

「提供 を・受けた」

「世界に 一つだけの 花」が

 

「フジ・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

「僕の 生きる 道」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

「トリプル・ミリオン」を

「記 録・する」

 

「自・身」
「最大 の・ヒット曲」に

「成・り」

「紅 白・歌合戦」で

 

「グループ と・して」

「史 上・初」の

「大・トリ」を
「務・め」ました。

「2,010・年」に

「史上初 と・なる」

「ライブ」の
「観 客・動員数」

 

「1,000 万人・突破」を

「達・成」し

「同・年」から
「3 年・連続」で

 

「紅 白・歌合戦」の

「大・トリ」を

「務・め」ました。

 

「2,016・年」に
「皆」に

「惜しまれ・ながら
「解・散」しました。

「解 散・まで」に

 

「55・作品」の

「シングル・曲」を

「リリース」し

「内」

「32・作品」が

 

「27・作品」の

「アルバム・曲」を

「リリース」し

「内」

「15・作品」が

 

「19・作品」の

「映 像・作品」を

「リリース」し

「内」

「8・作品」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,991・年」の

「Can't stop !! - LOVING -」〜

「2,015・年」の

「This is SMAP メドレー」まで

 

「通 算・23 回」

「出・場」しました。

 

 

SMAP
「世界に 一つだけの 花」

「作・詞」「作・曲」
「槇原 敬之」

 

花屋の 店先に 並んだ

いろんな 花を 見ていた

ひと それぞれ 好みは あるけど

どれも みんな きれいだね

この中で 誰が一番だ なんて

争うことも しないで

バケツ の 中 誇らしげに

しゃんと 胸を 張って いる

 

それなのに 僕ら 人間は

どうして こうも 比べたがる?

一人一人 違うのに その中で

一番に なりたがる?

 

そうさ 僕らは

世界に 一つだけの 花

一人一人 違う 種を 持つ

その花を 咲かせること だけに

一生懸命に なれば いい

 

困ったように 笑い ながら

ずっと 迷ってる人が いる

頑張って 咲いた花は どれも

きれい だから 仕方ないね

やっと 店から 出てきた

その人が 抱えて いた

色 とりどり の 花束と

うれしそう な 横顔

 

名前も 知らなかった けれど

あの日 僕に 笑顔を くれた

誰も 気づかない ような 場所で

咲いてた 花の ように

 

そうさ 僕らも

世界に 一つだけの 花

一人一人 違う 種を 持つ

その花を 咲かせる こと だけに

一生懸命 に なれば いい

 

小さい花 や 大きな花

一つとして 同じものは ないから

NO 1 に ならなくても いい

もともと 特別な Only one 



※「臥 薪・嘗胆」

(「が しん・しょうたん」)

 

「臥 薪・嘗胆」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「将来 の・成功」や

 「目標 の・達成」の

 「為」に

 「努力 を・惜しまず」に

 

 「現在 の・苦しみ」を

 「我 慢・する」や

 「辛抱 し・耐える」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

「臥 薪・嘗胆」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「臥・薪」とは

 「薪の上 に・寝る」

  (「たきぎ」)

 「事」で

 

 「嘗・胆」とは

 「苦い肝 を・嘗める」

 (「にがいきも を・なめる」)

 「事」で

 

 「臥 薪・嘗胆」とは

 「目的 を・達成する」

 「為」に

 「苦・心」し

 

 「努力 を・重ねる」

    と、いう

 「意味 で・用いられる」

 「様」に

 

 「成っ た・事」が

 「由・来」だ

    そうです。

 

 「明 治・時代」に

 「日・本」は

 「日 清・戦争」で

 「勝 利・して」


 「清 国 の・領土だった」

 「遼 東・半島」を

 (「りょう とう・はんとう」)

 「獲・得」しました。

 「そ の・後」

 「三国干渉 に・より」

 (「ロシア・ドイツ・フランス」)

 「返・還」しました。

 

 「日本の 多くの・国民」は

 「これ に・反発」し

 「復讐 の・日まで」

 「我慢 する・意味」で

 

 「臥 薪・嘗胆」の

 「スローガン」が

 「日本国内 で・叫ばれ」

 「流・行」しました。

 

「臥 薪・嘗胆」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「苦しい・時」や

 「くじけそう に・なった」

 「時」には

 

 「い つ・も」
 「臥 薪・嘗胆」の

 「四・文字」を

 「頭 に・浮かべ」て

 

 「気・持」を
 「奮 い・立たせ」て

 「来・た」そうだ。

 

・「彼・女」が

 「臥薪嘗胆 の・思い」で

 「練習 に・励んで」

 「来 た・のは」

 

 「こ の・日」の

 「為」だった。

 

「臥 薪・嘗胆」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「辛酸 を・嘗める」

   (「しんさん を・なめる」)

 

・「辛・酸」とは
 「からい」と

 「すっぱい」を

 「組み合わせ た・言葉」で

 

 「辛・く」て

 (「つら・く」)

 「大変 な・思い」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「嘗 め・る」とは
 「経 験・する」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「辛酸 を・嘗める」とは

 「苦し い・思い」を
 「経 験・する」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「臥 薪・嘗胆」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「順 風・満帆」

   (「じゅん ぷう・まんぱん」)

 

・「順・風」とは

 「船 の・進行方向」に

 「沿って・吹 く風」の

 「事」で

 

 「満・帆」とは

 「船の帆 に・目一杯」

 「風 を・受ける」

 「事」で

 

 「順 風・満帆」とは

 「順・調」に
 「物事 が・進む」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「四 字・熟語」だ

    そうです。



アン・ルイス」は

 

「女は それを 我慢できない」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,978・年」に

「リリース」

   し た

「14 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

アン・ルイス」は
「1956 年・生まれ」で

「兵庫 県・神戸 市」

「出・身」の

 

「現・在」は

「ニューヨーク」

「在・住」の

「歌・手」です。

 

「アイドル・歌手」
   と、して

「デビュー・した」

「後」は

 

「歌 謡・ロック」の

「第一人・者」

    と、して

「活・躍」しました。

 

「父・親」が

アメリカ軍 の・軍人」

「母・親」が

「日 本・人」の

「ハーフ」で

 

横浜市 に・在った」

「米 海軍の・住宅街」

「ベイサイド・コート」で

「育・ち」ました。

 

「1 4 歳 の・時」

「一・人」で

「外国 人・墓地」を

「散 歩・中」に

 

「作 詞・家」の

「なかにし れい」に

「スカウト・され」

   ました。

 

「1,971・年」に

「リリース」した
「ファースト・シングル」

「白い 週末」で

 

「アイドル・歌手」

    と、して

「デビュー」しました。

 

「代 表・曲」に

 

グッド・バイ・マイ・ラブ

「女は それを 我慢できない」

「六本木 心中」等が

「有・り」ます。

 

「1,974・年」に

「リリース・した」

「6 th・シングル」

グッド・バイ・マイ・ラブ」が

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「その・後」は

「歌 謡・ロック」

「路・線」に

「転・向」し

 

「1,970 年・代」

「後・半」〜

「1,980 年・代」に

「か け・て」

 

「ラ・セゾン」

「女は それを 我慢できない」

「六本木 心中」等の

「昭和 を・代表する」


「ヒット・曲」を

「連・発」し

「多くの・歌手」に

「カバー・され」ました。

 

「ファッション」に

「こだわり」を

「持・ち」

「自・身」で

 

「ステージ・衣装」を

「手 掛・け」ました。

 

キャンディーズ」が

「歌.っ・た」

「やさしい 悪魔」の 

「ステージ・衣装」の

 

「デザイン」も

「考・案」しました。

 

「1,995 年・頃」に

「突・然」に

「パニック・障害」を

「患・い」

 

アメリカ」に

「居・住」を

「移・し」ました。

 

「2,005・年」に
「ロック・歌手」

   と、して

「一 時 復帰・する」も

 

「2,013・年」に
「完・全」に

「芸能 界・から」

「引・退」しました。

 

「私・生活」

   で は

 

「1,980・年」

「24 歳の・時」に

「3 才・年上」で

「ミュージシャン」

 

「俳・優」の

「桑名 正博」と

「結・婚」しました。

 

「翌・年」に

「長・男」で

「ミュージシャン」

「俳・優」の


美勇士」を

(「みゆうじ」)

「出・産」しました。

 

「1,991・年」に

「夫」が

「未 成年・女性」

   へ の

 

「強 制・わいせつ」

「容・疑」で

「逮 捕・され」

 

「更・に」

「同・年」に

「大 麻・パーティ」を

「開・催」し

 

「懲 役・2 年」

「執行 猶予・3 年」の

「有 罪・判決」を

「受・け」ました。

 

アン・ルイス」は

「夫」に

「愛想 を・尽かし」

「別居生活 を・経て」

 

「1,984・年」に

「4 年間 の・結婚生活」に

「ピリオド を・打ち」

「離・婚」しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

アン・ルイス
「女は それを 我慢できない」

「作・詞」「作・曲」

「加瀬 和彦」

 

春には 春の 恋がある

そろそろ おまえと お別れだ

のんびり してたら 捨ててくよ

ぐずぐず 言うなよ 男 だろ

ベタベタ するなよ

おまえ の ウソ など 聞きあきた

 

夏には 夏の陽に 焼けた

男を 探して ひとあばれ

おまえ も どこかで いい 女

探して おいでよ 今 すぐに

モタモタ するなよ

おまえ の 涙は もうあきた

 

心残り は あるけれど

季節 変わり の 恋女

早く 逃げろよ 早く 逃げろよ

このまま いると ヤケド を するよ

うしろを 振り向くな

 

秋には 秋の色を した

男を 見つけて 恋をする

ヤボ だね おまえ は いつまでも

私を 追いかけ ついてくる

バカバカしい のよ

おまえ の 夢など 聞きあき た

 

悪い女 と 思う でしょう

仕方ない のよ 恋女

 

早く 逃げろよ 早く 逃げろよ

このまま いると ヤケド を するよ

うしろを 振り向くな

 

 

「縁の下 の・力持ち」を

「英・語」で

 「Powerful under the edge」と

 

 (「縁の下 の・力持ち」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「義を見て せざる は・勇無き なり」

(「ぎをみて せざる は・

     ゆうなき なり」)


「皆さん」は

「義を見て せざる は・勇無き なり

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「義を見て せざる は・勇無き なり」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「人 と・して」

 「する べき・こと」を

 「分かって・いながら」

 「自分 の・利益」や

 

 「保身 の・為」に

 「実 行・しない」

       の は

 「真 の・勇気」が

 

 「無 い・から」だ

    と、いう

 「意・味」の

 「表・現」で

 

 「困って いる・人」を

 「見か け・たら」

 「手を 差し・伸べる」

 「事」が

 

 「出来 る・人こそ」が

 「勇気 を・持った」

 「人 で・ある」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「義を見て せざる は・勇無き なり」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「孔 子」が

 「言っ た・言葉」を

 「弟 子・達」が

 「まと め・た」

 「論語 の・中 の

 「下 記・一文」が

 「由・来」だ

    そうです。

 

 「見不爲、無勇也」

 

  ( 「正義を 行うべき 時に

  行動しない のは、

  勇気が 無い からだ。」)

 

 「ち な・み」に

 「孔子 の・教え」で

      あ る

 「儒 教・には」

 「五・常」

    と、いう

 「筋道 が・通った」

 「正し い・行い」が

 

 「五 つ・あり」

 「義」は

 「そ の・一つ」で

 「他・に」は

 

 「仁・礼・智・信」が

 「有・る」そうです。

 

「義を見て せざる は・勇無き なり」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「満 員・電車」で

 「お年寄り に・席を譲る」

    の は

 「当・然」の、事だ。

 

 「義を見て せざる は・勇無き なり」で

 「恥ずかしがっ て・いない」で

 「勇気 を・出して」

 「声を 掛ける・べき」だ。

 

・「上・司」は

 「面倒 に・巻き込まれる」

 「事」を

 「厭 わ・ず」に
 (「いと わ・ず」)

 

 「義を見て せざる は・勇無き なり」で

 「困って いる・部下」を

 「見つ け・た」ら

 「損得 勘定・無し」で

 

 「一・緒」に

 「解 決・方法」を

 「模・策」し
 「悩 ん・で」くれる。

 

「義を見て せざる は・勇無き なり」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「首 を・突っ込む」

   (「くび を・つっこむ」)

 

・「他・人」に

 「求め られ・たり」

 「促さ れ ・たり」

 (「うなが」)

 「する ので・無く」

 

 「自ら が・積極的」に

 「関わっ て・行く」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「義を見て せざる は・勇無き なり」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「触らぬ 神に・祟りなし」

   (「さわらぬ かみに・たたりなし」)

 

・「物・事」に
 「関係 しな・けれ」ば

 「面倒 な・こと」や

 「厄介 な・こと」に

 

 「巻き込 ま・れる」

 「事 は・無く」

 「余計なこと は・せず」に

 「傍観 して・いるのが」

 

 「一 番・賢明」で

 「無難 な・対応」だ

    と、いう

 「意・味」の

 

 「ことわざ」だ

      そうです。

 

 

「西城 秀樹」は

(「さいじょう ひでき」)

 

「勇気が あれば」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,979・年」に

「リリース」

   し た

「30 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に
「成・り」ました。

 

「西城 秀樹」は

「1,955 年・生まれ」で

「広島 県・広島 市」

「出・身」の

「歌・手」
「俳・優」です。

 

「小学 3・年生」の

「頃・から」

「ジャズ・スクール」に

「通・い」

 

「エレキ・ギター」
「ベース・ギター」

「ドラム」を

「習・得」し

 

「中学 1・年生」の

「時」に

「文 化・祭」の

「ステージ に・立ち」

 

「女 子・生徒」を

「中・心」に

「絶・賛」を

「受・け」ました。


「私・立」
「山 陽・高校」
「1 年生 の・時」に

「R & B・喫茶」で

 

「アルバイト・中」に

「歌唱 して・いた」

「ところ」を

「スカウト・され」

 

「親 の・反対」を

「押 し・切り」
「家 出・同然」で
「単身 にて・上京」し

 

「芸能 界・入り」

   しました。

 

「1,972・年」

「17 歳の・時」に

「リリース」した

「ファースト・シングル」


「恋する 季節」で

「デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は
オリコン・42 位」に
「成・り」ました。

 

「キャッチ・フレーズ」は

「ワイルド な・17 歳」で

「愛称 は・カタカナ」の
「ヒデキ」でした。

 

「代 表・曲」に

 

「YOUNG MAN」

「愛の 十字架」

「傷だらけの ローラ」等が

「有・り」ます。

 

「同・年」に

「リリース」した

「サード・シングル」

「チャンスは 一度」で

 

「一躍 に・して」

「トップ・歌手」の

「仲 間・入り」を

「果 た・し」

 

「郷 ひろみ」
「野口 五郎」と

「共・に」

「新・御 三家」と

 

「称 さ・れ」て

「人・気」を

「不動 の・もの」に

   しました。

 

「1,973・年」に

「リリース」した

「6 th・シングル」
「ちぎれた 愛」と

 

「1,974・年」に

「リリース」した

「7 th・シングル」

「愛の 十字架」が

 

「2 作・連続」で

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「ちぎれた 愛」で

「レコード・大賞・
   歌唱 賞」を

「受・賞」しました。

 

「誰・も」が
「紅 白・出場」を
「確 信・しました」が

「落・選」しました。

 

「日本 には・元々」

「歌」は

「じっくり 聴かせる・もの」

   と、いう

 

「既 成・概念」や

「固 定・観念」が

「有・り」ました。

 

「そう した」

「古い概念 を・持つ」

「重 鎮・達」が

(「じゅう ちん・たち) 

 

「西城 秀樹」の

「大胆な衣装 を・まとい」
「体全体 を・使いながら」

「絶叫 する・歌唱法」は

NHK」で

「放送 される・には」
「余 り・にも」

「規格 外・だと」


「評 価・した」

「為」に

「落 選・させた」

   そうです。

 

「1,974・年」に

「リリース」した

「10 th・シングル」
「傷だらけの ローラ」で

 

「2 年・連続」で

「レコード・大賞・
   歌唱 賞」を

「受・賞」しました。

 

「この実績 に・より」
NHK・出場」に
「異を 唱える・者」は

(「いを となえる」)

「いな く・なり」

 

「同・年」の

「紅 白・歌合戦」に

「文 句・なく」

「初・出場」し

「快 傑・ゾロ」の

「衣装 を・纏い」
            (「まとい)

「白 組・トップ バッター」を
「務・め」ました。

 

「以・後」

「1,983・年」の

「ギャランドウ」まで

「通 算・11 回」


「レコード・大賞」の

「各 種・部門 賞」を

「受・賞」しました。

 

「1,979・年」

   に は

「社会現象 に・まで」

「成 っ・た」

「外国人・作曲家」の

「カバー・曲」で

「日本人・訳詞」の

「28 th・シングル」

 

「YOUNG・MAN」が

(「Y・M・C・A」)

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「日本・レコード・大賞」は

「邦・楽」が
(「ほう・がく」)

「審 査・対象」の

「為」に

 

「YOUNG・MAN」は

「大ヒット 曲・ながら」

「対 象・外」でした。

 

「同曲 の・代わり」に

「同・年」に

「リリース」した

「30 th・シングル」

 

「勇気が あれば」で

「日本・レコード・大賞」に

「エントリー・して」

「決選投票 まで・残る」も

 

「ジュディー・オング」の

「魅せら れて」に

「あ と・一歩」

「及 び・ません」でした。

 

「西城 秀樹」には
「熱 狂・的」な

「女 性・ファン」が
「多・く」

 

「コンサート」では

「失神 する・若い女性」が

「数多 く・出た」り

「中・に」は

 

「ステージ」に

「駆 け・上がり」

「握手 を・求める」

「女性 も・おり」

 

「収拾 が・つかなく」

「成っ た・事」も

「数・多く」

「有 っ・た」そうです。

 

「山口 百恵」や
「岩崎 宏美」等

「同・世代」の

「アイドル 達・にも」

 

「西城 秀樹」の

「ファン」は

「多かっ・た」
   そうです。

 

「1,976・年」に

「リリース」した

「18 th・シングル」

「若き獅子 たち」で

 

「レコード・大賞・

   歌唱 賞」を

「受賞 した・時」

   に は

 

「同じ壇上 に・いた」

「彼 女・達」は

「自分 の・事」の

「様」に

 

「喜・び」
「号泣した と・いう」

「エピソード」が

「有 っ・た」そうです。

 

「山口 百恵」から
「ラブレター」を

「もらっ・た」

   と・いう

 

「噂」が

「まこと し・やか」に

「ささ や・かれ」
   ました。

 

「2,001 年・秋」

「46 歳の・時」に

「仕事 から・帰宅した」
「際」に

 

「新婚 の・妻」に

「ふら つく」

「しゃべり づらい」と

「不調 を・訴え」ました。

 

「病 院・での」

「検 査・結果」は

脳梗塞 の・中で」も
「1 番 症状 が ・軽い」

 

ラクナ・梗塞」で

「緊 急・入院」

   しました。

 

(「私」が

「2,017・3・8」に

「発症 した・のも」

ラクナ・梗塞」でした。)

 

「疾患 は・軽度」で

「再発 の・心配」は

「無・い」と
「診 断・され」て

「わ ず・か」

「1 週間 の・入院」で

「退・院」しました。

 

「2,003・年」
「48 歳の・時」に

「韓 国・での」
「ディナー・ショー」で

 

「2 度・目 の

「脳・梗塞」を

「発・症」

   しました。

「ショー」を

「最 後・まで」

「や り・遂げ」て

「空路 にて・帰国」し

「日本 の・病院」に
「緊 急・入院」

   しました。

 

「1 ヶ月・間」

「懸・命」の

「リハビリ」の

「後」に

 

「記 者・団」に

「芸能 界・への」

「復 帰・会見」を

「行・い」ました。

 

「しかし」

「歌手 の・命とも」

「い え・る」
「言葉 を・正確」に

 

「発音 する・事」が

「出 来・ず」に
「引退 を・覚悟」
   しました、が

 

「妻」に

「すぐ に・結論」を

「出 さ・ず」に

「時間 を・かけて」

「ゆっくり」と

「治して・いけば」と

「諭 さ・れ」て
「芸 能・活動」を

「続け な・がら」

「回・復」に

「励 む・道」を

「選・び」ました。

 

「2,004・年」に

「著・書」
「あきらめ ない・

   脳梗塞 からの 挑戦」を

「発・表」し

「同じ 病気 を・患った」

「人達 に・役立てば」と

「医 療・シンポジウム」や

 

「講 演・会」も

「積 極・的」に

「行・い」ました。

 

「2,006・年」
「51 歳の・時」に

「最初 の・脳梗塞

「発 症・後」

 

「5 年・振り」で

「生 涯・最後」に

「成っ・た」

「86 th・シングル

 

「めぐり 逢い 」を

「リリース」

   しました。

 

「2,011・年」
「56 歳の・時」に

「3 度・目」の
脳梗塞 を・発症」し

「右 半身・麻痺」の

              (「まひ」)

「後 遺・症」が

「残・り」ました。

 

「懸命 の・リハビリ」

   に、より

「舞台 に・立つ」

「事」が

 

「出来 る・よう」に

「成 り・ました」が

脳梗塞 の・他」に

「小脳 の・機能」に

 

「障害 が・及ぶ」
「多 系統・萎縮症」も

「併発 して・いる」と

「診 断・され」て

 

「徐 々・に」

「病」に

「蝕 ま・れて」

(「むしば ま・れて)」)

「行・き」ました。

 

「2,018・4・25」

「自・宅」で

「家族 団らん・中」に

「倒・れ」て

 

「病・院」に

「救急 搬入・される」も

「意識 が・戻る」

「事・無く」

「2,018・5・16」に

「急 性・心不全」の

「診 断・にて」
「永・眠」しました。

「享 年・64 歳」
   でした。

 

「私・生活」

   で は

 

「長ら く・独身」

   でした、が

「2,001・年」

「46 歳の・時」に

 

「18 才・年下」の

「一般 人・女性」と

「結 婚・する」も

「新 婚・生活」


「真っ 只・中」の

(「まっ ただ・なか」)

「3 ヶ月・後」に

「秀 樹」は

 

「最・初」の

「脳・梗塞」を
「発・症」しました。


「2,002・年」に

「長・女」が

「2,003・年」に

「長・男」が

「2,005・年」に

「二・男」が

「誕・生」しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,974・年」の

「傷だらけの ローラ」〜

「2,001・年」の

「Jasmine」まで

 

「通 算・18 回」

「出・場」しました。

 

 

「西城 秀樹」

「勇気が あれば」

「作・詞」「山川 啓介」

「作・曲」「筒美 京平」

 

幸せに 輝く あの人 だって

若い日の 弱さを 悔やんでいる はず

あの時に もう少し 勇気が あったら

今より 遠くへ 行けたの にと

 

勇気を お持ち あなたの ために

そして 愛する 誰かの ために

哀しみに くもった 窓を 拭いたら

そこ に ほら 明日 が

 

幸せに はぐれて うつむく 時も

太陽は 燃えている  あなたは 生きてる

あきらめの 涙なら いつでも 流せる

もう一度 流そう 心の 汗を

 

勇気を お持ち 胸の 片隅

しまい 込んだ 忘れた 勇気を

哀しみに ぬられた 壁を 越えれば

そこ に ほら 明日 が

 

勇気を お持ち あなたの ために

そして 愛する 誰かの ために

哀しみに くもった 窓を 拭いたら

そこ に ほら 明日 が

 

 

※「見て見 ぬ・振り」

   (「みてみ ぬ・ふり」)

 

「見て見 ぬ・振り」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・①「本当 は・見て いた」

       「事」を

       「見て いな・かった」

       「様」に

 

      「振 る・舞う」
         と、いう

      「一 般・的」な

      「意味 の・他」に

 

  ②「見 て・いた」

     「失敗 や・ミス」を

     「見 な・かった」

     「事 に・して」

    「責 め・ない」
       と、いう

    「2 つ の・意味」を

    「持・つ」

 

    「慣 用・句」だ

       そうです。

 

「見て見 ぬ・振り」の

「由来 や・語源」は

「特 に・無い」

   そうです。

 

「見て見 ぬ・振り」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「彼女 が・忙しく」て

 「昼食 も・取れない」のを

 「見 て・いながら」も

 

 「見て見 ぬ・振り」を

    し て

 「手伝おう・とも」

    しなかった。

 

・「上・司」は

 「私が ミス・する」

 「場・面」を

 「見 て・いた」が

 

 「見て見 ぬ・振り」を

    し て

 「目 を・つぶって」

 「見 逃・して」くれた。

 

「見て見 ぬ・振り」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「知ら ぬ・存ぜず」

   (「しら ぬ・ぞんぜず」)

 

・「自・分」は
 「何 一つ・知らない」

    と、いう

 「事」を

 

 「主 張・する」
 「時」に

 「常 套・的」に

 (「じょう とう・てき」)

 「用い ら・れる」

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「見て見 ぬ・振り」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

・「重箱の隅 を・つつく」

   (「じゅうばこのすみ を・つつく」)

 

・「本来 で・あれ」ば

 「気に し・なくて」も

 「問題 無い・様」な

 「細か い・こと」を

 

 「一 々・取り上げ」て

 「文句 を・言う」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「ことわざ」

    です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「YOASOBI」は

(「ヨアソビ」)

 

「見て見ぬ フリ してる 

   だけの 作りもん さ」の

「歌詞 が・ある」

 

「怪 物」

(「かい ぶつ」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,021・年」に

「リリース」した

「ファースト」

「CD・シングル」で

 

「フジ・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・アニメ」

BEAST ARS」の

 

「オープニング・テーマ」に

「起 用・され」て

オリコン・2 位」に

「成・り」ました。

 

「ヨアソビ」は

「2,019 年・年」に

「結 成・され」た

「音 楽・クリエイター」

 

「Ayase」と

(「アヤセ」)

「シンガー・ソング・

   ライター」の

 

「ikura」から

(「幾田 りら」) 

「成・る」

「2 人・組」の

「音 楽・ユニット」です。

 

ソニー・ミュージック」が

「運 営・する」

「小説  &  イラスト」

「投 稿・サイト」

 

「monogatary. com」に

「投 稿・され」た

「小・説」を

「原作 に・して」

 

「詞と曲 を・付け」

「映 像・化」
「す る・事」を

「コンセプト」に

「楽曲 制作・するのが」

「ヨアソビ の・歌」の

「最大 の・特色」だ

   そうです。

 

「よ っ・て」
「歌・詞」が

「小 説・風」で

「奥・深さ」や

 

「重・み」が

「有・り」ます。

「2,019 ・年」に

「星野 舞夜 の・小説」

タナトス の 誘惑」を

「原作 と・した」

 

「ファースト」

「配信 限定・シングル」

「夜に 駆ける」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

「2,020 年・10 月」

「時・点」で

You Tube」での

 

「再 生・回数」が

「1 億・回」を

「突・破」

   しました。

 

「2,020 年・12 月」に

「夜 に 駆ける」が

Billboard Japan」
(「ビルボード・ジャパン」)

「ランキング」で

 

「年間 総合・1 位」を

「獲・得」し

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」し

 

「メディア」に

「向 け・て」

「初 の・歌唱」を

   しました。

 

「代 表・曲」に

 

「夜に 駆ける」

「怪 物」

「群 青」等が

「有・り」ます。

 

「2,020・年」に

「山口 つばさ」

「原・作」の

「5 th・シングル」

「群 青」を

(「ぐん じょう」) 

「リリース」

   しました。

 

「同・曲」は

「2,022・年」

「春 の・選抜」

「高校 野球・大会」の

 

「入 場・行進曲」に

「採 用・され」て

Billboard Japan」

「ランキング」

 

「1・位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。


「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,020・年」の

「夜に 駆ける」と

「2,021・年」の

「群 青」で

 

「2 年・連続」で

「出 場・中」です。

 

「YOASOBI」

「怪 物」

「作・詞」「作・曲」
「Ayase」

 

素晴らしき 世界に 今日も 乾杯

街に 飛び交う 笑い声も

見て見ぬ フリ

してる だけの 作りもん さ

気が 触れ そうだ

ラクラ するほど の

良い 匂い が

ツン と 刺した 鼻の奥

目を 覚ます 本能の まま

今日は 誰の 番だ?

 

この世界 で 何が 出来るのか

僕には 何が出来る のか

ただ その 真っ黒な目 から

涙 溢れ落ちない ように

 

願う未来 に 何度でも ずっと

食らい つく

この 間違いだらけ の 世の中

君だけは 微笑って ほしいから

もう 誰も 傷つけ ない

強く 強くなりたいん だよ

僕が 僕で いられる ように

 

素晴らしき 世界は 今日も 安泰

街に 渦巻く 悪い話 も

知らない 知らない フリ して

目を 逸らした

  (「そらし」)

正気の沙汰 じゃ ないな

      (「さた」)

真面目に 着飾った 行進

鳴らす 足音が 弾む 行き先は

消えない 消えない

味が 染み付いて いる

裏側の 世界

 

清く 正しく 生きる こと

誰も 悲しませずに 生きること

はみ出さず 真っ直ぐに 生きること

それが 間違わないで 生きる こと?

ありのまま 生きる ことが 正義か

騙し騙し 生きる ことが 正義か

(「だましだまし」)

僕の 在るべき 姿とは なんだ

教えて くれよ

教えて くれよ

 

今日 も

答えのない 世界の中 で

願ってるん だよ

不器用 だ けれど

いつまでも 君と ただ

笑って いたい から

跳ねる 心臓 が

体 揺らして 叫ぶん だよ

今こそ 動き出せ

 

弱い 自分を 何度でも ずっと

喰らい 尽くす

この 間違いだらけ の 世の中

君に 笑ってほしい から

もう 誰も 泣かない よう

強く 強くなりたいん だよ

僕が 僕で いられる ように

 

ただ 君を 守る ために

走る 走る 走るんだ よ

僕の中 の 僕を 超える

 

 

「義を見てせざる は・勇無きなり」を

「英・語」で

 「I have no choice but 

    to see righteousness」と

 

 (「義を見てせざる は・勇無きなり」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「奥歯に 物が・挟まる」

(「おくばに ものが・はさまる」)

 

「皆さん」は

「奥歯に 物が・挟まる」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「奥歯に 物が・挟まる」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「自・分」の

 「思って・いる」
 「事」を

 「ハッキリ・言わず」に

 

 「何・か」を
 「隠し て・いる」

 「様」な

 「言 い・方」の


 「たとえ」や

 「言・葉」を

 「ボカシ・たり
 「にごした り・して」

 

 「聞く側 から・する」と

 「何 と・なく」

 「スッキリ・しない」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「奥歯に 物が・挟まる」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「奥歯 の・間」に

 「物 が・挟まれ」ば
 「いつ に・無く」

 「発・音」が

 

 「不明瞭 に・なる」

 「事」が

 「由・来」だ

    そうです。

 

「奥歯に 物が・挟まる」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」が

 「彼女 に・告白する」と

 「彼・女」は
 「首 を・横に振り」

 「NO と・答えたので」

 「理由 を・聞く」と

 「奥歯に 物が・挟まった」

 「様」な

 

 「曖・昧」で
 (「あい・まい」)

 「意 味・不明」な

 「答・え」が


 「返っ て・来た」

    そうだ。

 

・「新入社員 の・ミス」を

 「指 摘・した」ら

 「奥歯に 物が・挟まった」

 「様」な

 

 「言い方 を・したので」

 「後・日」に

 「面接 を・行った」ら

 「自分 の・指示ミス」が

 

 「原因だった・事」が

 「分 か・り」

 「謝・罪」した。

 

「奥歯に 物が・挟まる」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「奥歯 に・衣 着せる」

   (「おくば に・きぬ きせる」)

 

・「思っ て・いる」

 「事」を
 「素直 に・言わず」に

 「遠 回・し」に

 

 「思わ せ・ぶり」な

 「言い方 を・する」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「奥歯に 物が・挟まる」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「歯に 衣・着せぬ」

   (「はに きぬ・きせぬ」)

 

・「思っ た・こと」や

 「感じ た・こと」を

 「遠慮 する・こと」

 「無・く」

 

 「相・手」に

 「ず け・ずけ」と

 「言って・のける」

    と、いう

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 

UVERworld」は

(「ウーバー・ワールド」)

 

「諦めた 悔しさが 今も

   奥歯に 挟まる」の

「歌詞 が・ある」

 

「Forget」

(「忘れる」)

   と、いう

「歌を・歌い」ました。

 

「2,009・年」に

「リリース」

   し た

「4 th・アルバム」

 

「AwakEVE」に

「収 録・されて」
   います。

 

「同・アルバム」は

オリコン・2 位」に

「成・り」ました。

 

「ウーバー・ワールド」は

「2,000・年」に

「結 成・され」た

「全・員」が

「滋賀 県・出身」の

「男 性・6 人 組」の

「ロック・バンド」です。

 

「ドイツ・語」で
「越 え・る」を

「意 味・する」

uber」と

 

「英・語」の
「over」を

「組 み・合わせ」た

「造・語」で

「自分達の 世界をも・越える」

   と、いう

「意味 を・込めて」

「UVERWworld」と

 

「グループ・名」を

「名 付・け」ました。

 

「2,005・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「D - tecnoLife」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は
オリコン・4 位」の

「ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「儚くも永久の カナシ」

「THE OVER」

「AVALANCHE」等 が

「有・り」ます。

 

「2,008・年」に

「リリース」

   し た

「12 th・シングル」

 

「儚くも 永久の カナシ」が

「TBS・テレビ」で

「放 送・され」た

「テレビ・アニメ」

 

「機動 戦士・ガンダム」の

「オープニング・

   テーマ 曲」に

「起 用・され」

 

「シングル・曲」で

「自 身・初」の
オリコン・1位」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「日 本・武道館」で

「単 独・ライブ」を

「開・催」しました。

 

「ウーパー・ワールド」の

「ライブ・形式」は

 

「男 性・のみ」の
「観・客」で

「構 成・する」

「男・祭り」


「女 性・のみ」の
「観・客」で

「構 成・する」
「女・祭り」

 

「客・席」を

「中・央」で

「男 性・席」と
「女 性・席」に

 

「分 け・る
「3・形態」で

「開 催・され」ます。

 

「アルバム」

   で は

 

「2,019・年」に

「リリース」した

「10 th・アルバム」

「UNSER」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「映 像・作品」

   で は

 

「2,008・年」に

「リリース」した

「セカンド」

「映 像・作品」

「PROGLUTION」が

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,011・年」に

「日 本・武道館」で

「4年・連続」

   と、なる

 

「クリスマス・ライブ」を

「開催 し・自身初」の

ライブ・ビューイング」を

「行・い」

 

「全 国・映画館」
「62 ヶ・所」の

「他」に

「中 国・香港」

「台・湾」の

「映 画・館」で

「観・客」を

「動・員」しました。

 

「2,017・年」に

「さいたま・スーパー ドリーム」で

「アーティスト・史上」

「最・大」の

 

「23,000・人」を

「動 員・した」

「男 祭・り」を

「開・催」しました。

 

「2,018・年」に

「日 本・武道館」で

「男 祭・り」を

 

「横 浜・アリーナ」で
「女 祭・り」を

「同・日」に

「開 催・する」

 

「初 の・ライブ」を

「敢・行」しました。

 

「2,019・年」に

「東 京・ドーム」で

「男・祭り」を

「開・催」し

 

「日 本・新記録」
   と、なる

「45,000・人」の

「男性 を・動員」しました。

 

「2,021 年・12 月」に

「11 th・アルバム」

「3 0」を

「リリース」し

 

オリコン・2 位」に

「成・り」ました。

 

「現 在・まで」に
「40・作品」の

「シングル・曲」を

「リリース」し

 

「38・作品」が

オリコン

「5 位・以内」に

「成 っ・て」います。

 

「13・作品」の

「アルバム・曲」を

「リリース」し

「全・作品」が

 

オリコン
「5 位・以内」に

「成 っ・て」

   います。

 

「紅 白・歌合戦」の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

UVERworld

「Forget」

「作・詞」「TAKUYA」

「作・曲」「UVERworld

 

いつか 受けいられる ように と

僕達に 備えられた 

忘れると いう 機能

立てない くらい 辛い 出来事 は

引き出し には しまえず に

忘れなきゃ 生きても いけない

悲しい 万物 霊長

(「ばんぶつ れいちょう」)

 

昨日 食べたもの なんて

何一つ 覚えて ない

そもそも 食べたか さえ

もう 記憶に 無い し

適当って のも 悪くは ないぜ

 

だって そうだろう?

細胞の 構造に 任せ

単純に 心に ない

わけじゃ ないんだ よ

 

いつか 受けいられる ように と

僕達に 備えられた 

忘れると いう 機能

時々 忘れちゃ いけないこと まで

忘れる のに

どうして そんなに

寂しそう な 顔して

あいつ が 忘れられない と

嘆く君の横顔 は

いつも より 綺麗だ よ

むしろ 忘れたくは ないと 思って

生きる 毎日を 見てる と

誰も皆 悲しみ と 付き合って

生きて いくん だろう

 

あの子 と 付き合って

いた頃 の 思い出 も

何一つ 覚えて いない

そもそも どこに 惚れてた かも

もう 記憶に ない し

心ない わけじゃ ない けど

便利な 機能に 寄りかかって いる

 

いつか 受けいられる ように と

僕達に 備えられた 

忘れる という 機能

時々 忘れちゃ いけないこと まで

忘れる のに

どうして そんなに

難しい顔 を して

何も 変えられない と 気づい て

諦めた 悔しさ が

今も 奥歯に 挟まる

一人で 当たり 散らし て

気が 済むまで 泣き明かし て

そうやって 悔しさ と 上手く

付き合って でっかく なれ よ

 

生まれながら 与えられた

この 機能 も

時として 残酷に 思えること も

悲しい 思い出 は

悲しい ままで いいの に

 

「あなた は 長生き してね」

最後に 残して いった

あの人 の 優しい 寝顔 も

立ち上がれ ない くらい

悲しい 出来事だった のに

楽に なっていく 自分 大嫌い だ

 

忘れて いかない と 生きて いく

ことも 出来ない 悲しい 生き物

思い出じゃ 生きて いけない し

僕らにも 限りは あるし

それで いいんだ よ

これで いいんだ よな

刹那に 生きる 万物 霊長

(「せつな」)

 

 

※「白い歯 を・見せる」

(「しろいは を・みせる」)

 

「白い歯 を・見せる」の

「意・味」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「親しみ や・喜び」を

 「込 め・て」

 「ニコッ と・笑う」や

 「喜び を・表現」し

 

 「笑顔 を・見せる」

    と、いう

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ、そうです。

 

「白い歯 を・見せる」の

「由・来」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「口元を ゆがめ て・笑う」

 「様」な

 「皮肉 な・笑顔」で

 「無・く」

 

 「明る く・ほがらか」に
 「笑 う・時」に

 「白い歯 を・見せる」
 「事」が

 

 「由・来」の

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

「白い歯 を・見せる」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「白い歯 を・見せ」

 「うなずく・様」に

 「軽く会釈 を・しながら」

 「ニッコリ と・微笑む」

 

 「彼女 の・顔」は

 「本・当」に
 「魅 力・的」だった。

 

・「普・段」は
 「仏頂面 な・上司」は

 「何 か・良いこと」が

 「あった・のか」

 

 「珍 し・く」

 「白い歯 を・見せながら」

 「機嫌 良く・話しかけて」

 「来 た・ので」

 

 「面・食らって」

    しまった。

 

「白い歯 を・見せる」の

「類 義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「破 顔・一笑」

   (「は がん・いっしょう」

 

・「腹 を・抱え」て

 「大笑いする の・では」

 「無・く」

 「緊張し た・真面目」な

 

 「面持ち から・一転して」

 「ニッコリ と・笑みをこぼす」

 「様」に

 「白い歯 を・見せて」

 

 「軽 く・笑う」や

 「ほ ほ・笑む」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「四 字・熟語」だ

    そうです。

 

「白い歯 を・見せる」の

「対 義・語」は
「下・記」だ、そうです。

 

・「顔 を・しかめる」

   (「かお を・しかめる」)


・「眉を ひそめ・たり」

 「口を への字 に・結んだり」

    して

 「顔 を・ゆがめ」て

 

 「不快さ を・示す」

    と、いう

 「意・味」の

 「慣 用・句」だ、そうです。

 

 

「モーニング 娘」は

 

「白い歯の 笑顔を 思い出す

   しょうがない 夢追い人」の

「歌詞 が・ある」

 

しょうがない 夢追い人

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,009・年」に

「リリース」

   し た

「39 th・シングル」で

 

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「モーニング 娘」は

「1,997・年」に
「結 成・され」た

「女 性・アイドル」

 

「ヴォーカル &

   ダンスグループ」です。

 

「モーニング・セット」の

「様」に

「色 々・ついてきて」

「盛り沢山 で・おトク 感」を

「意図 した・ユニット」で

「生みの親 で・ある」

つんく ♂」が

「命・名」しました。

 

「1,998・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「モーニング コーヒー」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・6 位」の

「ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「LOVE マシーン」

「ハッピー・サマー・ウェディング」

「ザ☆ピース!」等が

「有・り」ます。

 

「同・年」に

「リリース」した

「サード・シングル」

「抱いて HOLD ON ME」が

 

「グループ・初」の

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

「レコード・大賞・
   最優秀 新人賞」他

「各種 新人賞・レース」を

「総ナメ に・して」

 

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「邦 楽・アーティスト」

「女 性・グループ」

   と、して

「下・記」の

 

オリコン・記録」を

「維持・して」います。

 

・「シングル

       オリコン・トップ 10 入り

       作品 数・70 作」

   (「邦楽 アーティスト・歴代 1 位」)

 

・「シングル

       CD オリコン連続トップ 10 入り

      獲得 年数・24 年」

 (「女性グループ・歴代 1 位」)

 

・「アルバム

       連続 オリコン・トップ 10 入り

       獲得 年数・10 年」

  (「 女性グループ・歴代 1 位」)

 

・「アルバム

      通算 オリコン・トップ 10 入り

      作品 数・19 作品」

 (「女性グループ・歴代 1 位」)

 

「現 在・まで」に

 

「71・作品」の

「シングル・曲」を

「リリース」し

「内」

 

「19・作品」が

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「20・作品」の

「アルバム・曲」を

「リリース」し

「内」

 

「4・作品」が

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,998・年」の

「抱いて HOLD ON ME」〜

「2,007・年」の

「LOVE マシーン」他 まで

 

「10 年・連続」で

「出・場」しました。

 

 

「モーニング 娘」

「どうしようもない夢追い人」

「作・詞」「作・曲」
つんく

 

これ以上 長く 一緒に 居ると

私も ダメ に なりそう

あなた の 夢が 叶う なんて

いつ なの?

 

まるで 少年 ね いつも キラキラ

したいこと ばかり してる

その瞳を 好きに なった あの日

  (「め」)

 

時間が 過ぎた こと

あなた わかって いるの?

AH 学生の 気分で 居るのね

 

何も 知らない あなた の

寝顔を 見ている と

思い出 と 涙が 溢れ てく

 

これで 最後 と 何度 も

頭を よぎる けど

白い歯 の 笑顔 を 思い出す

 

しょうが ない 夢追い 人

 

それでも 今夜 で 本当に 最後

心に 誓った けれど

そんな日 に 限って やさしく

する のね

 

あなた わかる でしょう?

現実と いう

大きな壁 が あるのを

気づかない フリ している だけでしょ?

 

何度も あきらめた

あなた と 進むのを

AH どうして も ふんぎり が つかない

 

何も 知らない あなた の

洋服に アイロン

してる 手に 涙が 落ちて ゆく

 

いつか あなた の その夢

叶う時 来るの かな

2 人 して 祝福 出来る かな

 

しょうが ない 夢老い 人

 

何も 知らない あなた の

寝顔を 見ている と

思い出 と 涙が 溢れ てく

 

何も 知らない あなた の

洋服に アイロン

してる 手に 涙が 落ちて ゆく

 

いつか あなた の その夢

叶う時 来るの かな

2 人 して 祝福 出来る かな

 

しょうが ない 夢老い 人

 

それなの に あなた が 好き

 

 

「奥歯に 物が・挟まる」を

「英・語」で

 「Things get caught

    in the back teeth」と

 

 (「奥歯に 物が・挟まる」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「細 く・長く」

(「ほそ く・ながく」)

 

「皆さん」は

「細 く・長く」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「細 く・長く」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「目立ち は・しない」

 「も の」の

 「地道 に・長く続く」

 「様・子」や

 

 「力強く は・ない」

 「も の」の

 「途絶え る・事」

 「無・く」

 

 「長 く・続く」

 「様・子」

    と、いう

 「意・味」だ、そうです。

 

 「又」

 「近 親・者」の

 「長寿 を・願う 言葉」

    と、して も

 

 「用い ら・れる」
 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 「更・に」
 「長期間 の・人生」を

 「見 据・え」て
 「無 理・せず」に

 

 「コツコツ と・生きる」

    と、いう

 「意・味」も

 「有・る」そうです。

 

「細 く・長く」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「江 戸・時代」に

 「定 着・した」
 「年越 し・そば」を

 「食べ る・風習」が

 

 「由・来」と

 「言われ て・いる」

    そうです。

 

 「当時 の・人々」は

 「大・みそか」に

 「年越 し・そば」を

 「食べる・事」で

 

 「細 く・長く」

 「生き ら・れる」

 「事」を

 「念 じ・ながら」

 

 「翌・年」も

 「健・康」で
 「生 活・出来る」

 「事」を

 

 「祈 願・する」

 「様」に

 「成っ・た」そうです。

 

「細 く・長く」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「体調 が・悪い」

 「時 期・には」

 「細 く・短い」

 

 「人・生」を
 「覚 悟・した」が

 「今」は

 「元気 に・なり」

 

 「細 く・長く」

 「余生 を・送る」

 「つもり」だ

    そうだ。

 

・「継続 は・力なり」

    と、いう

 「ことわざ」が

 「有・る」が

 

 「細 く・長く」

 「続け る・こと」が

 「成功 の・秘訣」と

 「言 わ・れて」いる。

 

「細 く・長く」の

「類 義・語」を

「検 索・して」も

「ピ ン と・来」ません。

 

・「愛は 小出し に・せよ」

   (「あいは こだし に・せよ」)

 

・「愛・情」は

 「激 し・過ぎる」と
 「冷める のも・早い」

 「事」から

 

 「人 を・愛する」には

 「少し づつ・愛し」て

 「長 く・愛する」

 「事」が

 

 「長続 き・する」

 「良 い・方法」

    と、いう

 「意・味」です。

 

「細 く・長く」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「太 く・短く」

   (「ふと く・みじかく」)

 

・「一・生」を

 「短期間 に・精力的」な

 「生き方 を・する」

 「事」で

 

 「将来 の・事」を

 「さほど・気にせず」

 「今」さえ

 「楽し く・過ごせれ」ば

 

 「良・い」
    と、いう

 「態度 で・生きる」

 「刹那 的・人生観」を

  (「せつな てき」)

 

 「たとえ」た

 「慣 用・句」だ

    そうです。

 

 

「チューリップ」は

 

「君の 心へ つづく

 長い道 は

    細い道 だった けど」の

「歌詞 が・ある」

 

「青春の 影」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,974・年」に

「リリース」

   し た

「6 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

 

「チューリップ」は

「1,971・年」に

「福岡 市」で

「結 成・され」た

 

「男 性・5 人組」の

「音 楽・グループ」

   です。

 

「アマチュア・時代」

   か ら

「地 元・福岡」の

「ライブ・では」

 

「プロ をも・上回る」

「人気 を・博し」

「評・判」を
「聞 き・つけた」

 

東芝 音楽・工業」

「プロダクション」に

「スカウト・され」ました。

 

「1,972・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「魔法の 黄色い靴」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

「200 位・以下」で

オリコン・圏外」

   でした。

 

「代 表・曲」に

 

「青春の 影」

「心の 旅」

「サボテンの 花」等が

「有・り」ます。

 

「1,973・年」に

「リリース」した

「サード・シングル」

「心の 旅」が

 

「自 身・初」の

オリコン・1 位」に

「成・り」

「ブレイク」しました。

 

「1,974・年」に

「リリース」した

「6 th・シングル」

「青春の 影」が

 

「フジ・テレビ 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・ドラマ」

「一つ屋根の 下」の

 

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

「大 ヒット・曲」に
「成・り」

 

「自・身」の

「代 表・曲」の

「一・曲」に

「成・り」ました。

 

「以・後」も

 

「1,975・年」に

「リリース」した

「8 th・シングル」

サボテンの花

 

「1,979・年」に

「リリース」した

「16 th・シングル」

「虹とスニーカーの 頃」等

 

「数・々」の

「ヒット作品 を・輩出」し

「その名 を・不動のもの」に

   し て

 

「一・時代」を
「築・き」

「日本 の・ビートルズ」と

「称・され」ました。

 

「そ の・後」

「10 回 に・亘る」

「メンバー の・交代」が

「続・き」

 

「1,989・年」に

「一 旦・解散」し

「ボーカル」の

「財津 和夫」は

 

「ソロ・活動」を

「始・め」ました。

 

「1,997・年」に

「8 年・振り」の

「再・結成」を

「記 念・して」

 

「日 本・武道館」で
「単 独・ライブ」を

「開・催」しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   へ の

「出 場・歴」は

「無・い」様 です。

 

 

「チューリップ」

「青春の 陰」

「作・詞」「作・曲」
「財津 和夫」

 

君の心 へ つづく

長い 一本道 は

いつも 僕を 勇気づけた

とても とても けわしい

細い道 だった けれど

今 君を 迎えに ゆこう

自分 の 大きな夢 を 追うことが

今までの 僕の 仕事だった けど

君を 幸せにする それこそ が

これから の 僕の 生きる しるし

 

愛を知った ために 涙が こぼれて

君の ひとみを こぼれた とき

恋の よろこび は

愛の きびしさ への

かけはし に すぎない と

ただ 風の中に たたずん で

君は やがて みつけて いった

ただ 風に 涙を あずけ て

君は 女に なって いった

 

君の家 へ つづく あの道 を

今 足もとに たしかめ て

今日から 君は ただの 女

今日から 僕は ただの 男

 

 

※「一日 の・長」

  (「いちじつ の・ちょう」)

 

「一日 の・長」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「いちにち の・ちょう」と

 「読 む・事」も

 「間違 い・では」

 「無・い」そうです。

 

 「ほん の・少しだけ」

 「年齢 が・上である」

 「事」から

 「転 じ・て」

 

 「他 の・人より」も

 「経験 が・豊富」で

 「知識 や・技能」等が

 「少 し・だけ」

 

 「優れ て・いる」

    と、いう

 「意・味」だ

    そうです。

 

 「長 い・経験」を

 「持 つ・人」に

 「対 し・て」

 「尊敬して・使った」り

 

 「自分 の・知識や技能」が

 「他の 人・より」も

 「少 し・だけ」

 「優れて いる・時」に

 

 「謙 遜・して」

 「使 う・表現」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「一日 の・長」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「中・国」の
 「儒教 の・始祖」

 「孔 子」の

 「言・葉」を

 

 「弟子 が・編纂した」

 「論・語」の
 「下 記・一節」が

 「由・来」だ、そうです。

 

 「吾 一日 爾より 長ずる を 以て、

    吾を 以て すること なかれ」

 

 (「私は あなたたち より

     少し 年が 上だ けれど

     だからと いって

     遠慮する 必要は ない」)

 

「一日 の・長」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「先・輩」は

 「一日 の・長」と

 「謙遜 して・いる」が

 「百 年・経って」も

 

 「足 元・にも」
 「及 び・そう」に
 「無」い。

 

・「一日 の・長」

    と、いう が

 「彼・女」は

 「幼 く・して」

 

 「天賦 の・才」を

 (「てんぷ」)

 「発・揮」し
 「経験 と・関係なく」

 

 「他 の・人との」

 「違・い」を

 「イヤ と・いう程」に

 「見 せ・つけ」た。

 

「一日 の・長」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「亀の甲 より・年の 功」

   (「かめのこう より・

       としの こう」)

 

・「亀」は

 「万年 も・生きる」と

 「言 わ・れ」て

    い て

 

 「長生き する・動物」

    と、して

 「有・名」です。

 

 「しかし」

 「万 年・生きようと」も
 「甲羅 は・甲羅の 価値しか」

 「有・り」ません。

 

 「一・方」
 「人間 が・積み重ねて きた」

 「年 の・功」は

 「長くて・100年 です」が

 

 「その 歳月の間 に・培った」

 「知識 や・経験」は

 「甲羅より も・充実した」

 「価値 が・有り」ます。

 

 「そこから・転じて」
 「年 長・者」が

 「長年 を・かけて」

 「積んで きた・経験 は

 

 「価値 が・あり」

 「年長者 の・意見」は

 「聞いた方 が・良い」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「一日 の・長」の

「対 義・語」を

「検索して」も

「ピ ン と・来」ません。

 

・「昔千里 も・今一里」

   (「むかしせんり も・いまいちり」)

 

・「昔」は

 「千里先・まで」

 (「4,000・km」)

 「行くこと が・出来た」
 「名 馬・でも」

 

 「今」では

 「老 い・て」
 「動き が・鈍くなり」

 「たった・一里しか」

 

 「行 く・こと」が

 「出 来・ない」

 「事」から

 「転・じ」て

 

 「優れ た・能力」を

 「持 つ・人 でも」

 「年 を・取る」と

 「人並 み・以下」に

 

 「成っ て・しまう」

 「事」を

 「たとえ」た

 「ことわざ」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な

 「気」が、します。

 

 

「小椋 佳」は

(「おぐら けい」)

 

「白い 一日」
   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,974・年」に

「リリース」した

「9 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

 

「小椋 佳」は

「1,944 年・生まれ」で

「東京 都・台東 区」

「出・身」の

 

「シンガーソング・

   ライター」

「作 詞・家」

「作 曲・家」です。

 

「都・立」

「上 野・高校」を

「卒 業・後」

「一浪 した・後」に

 

「東 京・大学」

「法 学・部」に

「進・学」しました。

 

「1,966・年」
「大 学・在学 中」に

「ラジオ・番組」

「5分間 何でも・

   コーナー」に

 

「出・演」し
「自作 の・歌」を

「披・露」しました。

 

「D・J」の

「寺山 修司」は

「歌 の・イメージ」

   か ら

 

「歌っ て・いる」

   の は

「美少年 に・違いない」と

「思っ・て」いました。

 

「しかし」

「会っ て・みて」

「風・貌」と

(「ふうぼう」) 
「歌・声」の


「ギャップ の・大きさ」に

「驚 い・た」そうです。

 

「1,967・年」に
「大 学・卒業 後」

「日本 勧業・銀行」に

(「現在 の・みずほ 銀行」)

「入・行」しました。

 

「銀 行・マン」

   と、して

「証券部 証券企画・次長」

「浜 松・支店長」


「本店 財務サービス・部長」

「等」を

「歴 任・する」

「傍」で

(「かたわら」)

 

「音楽・活動」を

「継・続」しました。

 

「1,971・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」


「さらば 青春」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

「大 ヒット・曲」に
「成・り」

「1,994・年」に

 

「同・曲」で

「紅 白・歌合戦」に

「出・場」しました。

 

「代 表・曲」に

 

「さらば 青春」

「めまい」

「白い 一日」等が

「有・り」ます。

 

「小椋 佳」は

「銀行員・との」

「二足 の・ワラジ」の

「故」か

 

「コンサート」も

「開 催・せず」

「テレビ」等

   へ の

 

「メディア・露出」も

「有 り・ません」でした。

 

「歌」を

「聞い た・こと」は

「有・る」が

「ほとんど の・人」は


「歌 う・姿」を

「見たこと が・無く」

「神秘的 な・歌手」と

「言 わ・れ」ました。

 

「1,975・年」
「布施 明」に
「楽 曲・提供 した」
シクラメンの かほり」が

 

「大・ヒット」し

「日本・レコード・大賞」を
「受・賞」しました。

 

「1,974・年」に

「リリース」

   し た

「9 th・シングル」で


「井上 陽水」の

「作・曲」で

「話題 に・なった」

「白い 一日」が

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「私」の

「勝手 な・想像です」が

「本 来・銀行」は

「副 業・禁止」

「だっ た・はず」です。

 

「しかし」

「銀行 の・経営陣」は

「小椋 佳」から

「歌 を・取り上げる」

「事」は

 

「忍 び・ない」と
「判・断」し

「表舞台 に・立たない 」
「事 を・条件」に

 

「音 楽・活動」を

「継続する・事」を

「許 可・した 」と

「思っ・て」います。

 

「しかし」

シクラメンの かほり」の

「大・ヒット」

   に、より

 

「小椋 佳」を

「隠 し・通す」

「事」は
「無 理・だ」と

 

「銀・行」も
「腹 を・くくり」

「銀行 の・広告塔」に

「据 え・よう」と

 

「考え を・変えた 」と

「私」は

「考えて」います。

 

シクラメンの かほり」の

「大・ヒット」の

「翌・年」の

「1,976・年」に

 

「小椋 佳」は
NHK・ホール」で

「初 の・コンサート」を

「開・催」し

 

「衆目 の・前」に

「姿 を・現し」
「コンサート」の

「一 部・始終」が

 

「テレビ」で

「放 映・され」

   ました。

 

「予 想・通り」

「歌手 と・して」は

「凡庸 な・風貌」でした。

(「ぼんよう な・ふうぼう」)

 

「アルバム」

   で は

 

「1,975・年」に

「リリース」した

「8 th・アルバム」

「夢追い 人」〜

 

「1,976・年」に

「リリース」した

「10 th・アルバム」

「遠ざかる 風景」まで

 

「3 作・連続」で

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「作詞 家・作曲家」

   と、して は

 

シクラメンの かほり」

(「布施 明」)

「俺たちの 旅」

(「中村 雅俊」)

 

「愛 燦燦」(「あい さんさん」)

(「美空 ひばり」)

「夢 芝居」他

(「梅沢 富美男」)

 

「数 多・く」の

「大 ヒット・曲」を

「提・供」しました。

 

「2,000・年」に
「胃・ガン」で

「胃の・3/4」を

「切除」しました。

 

「2,012年」には

「劇 症・肝炎」

(「げき しょう・かんえん」) 

「生死 を・さまよい」

   ました。

 

「しかし」

「病 の・後」も
「1 日・2 箱」の

「タバコ」は

 

「欠か さ・ない」

   そうです。

 

「現在 78歳・です」が

「2,022・年」に

「デビュー・50 年」を

「迎・え」

 

「芸 能・界」を

「引 退・する」

   そうです。


「私・生活」

   で は

 

「1,968・年」

「24 歳の・時」に

「小学生 の・頃から」の

「知 り・合い」の

 

「一般人・女性」と

「結・婚」し
「1,969・年」に

「第一子・長男」が

 

「1,973・年」に

「第二子・二男」が

「誕・生」しました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,993・年」の

「山に 抱かれて」〜

「2,007・年」の

「愛 燦燦」まで

 

「通 算・3 回」

「出・場」しました。

 

 

「小椋 佳」

「白い 一日」

「作・詞」「小椋 佳」

「作・曲」「井上 陽水」

 

真っ白な 陶磁器 を

眺めては あきも せず

かといって ふれも せず

そんな風に 君のまわり で

僕の一日が 過ぎて ゆく

 

目の前の 紙くず は

古くさい 手紙だし

自分でも おかしい し

破りすてて 寝ころがれ ば

僕の一日が 過ぎて ゆく

 

ある日 踏切の 向こうに 君がいて

通り過ぎる 汽車を 待つ

遮断機が 上がり 振りむいた 君は

もう 大人の 顔をしてる だろう

 

この腕を さしのべ て

その肩を 抱きしめ て

ありふれた 幸せ に

落ち込めれば いいのだ けど

今日も 一日が 過ぎて ゆく

 

真っ白な 陶磁器 を

眺めては あきも せず

かといって ふれも せず

そんな風に 君のまわり で

僕の一日が 過ぎて ゆく

 

 

「細 く・長く」を

「英・語」で

 

 「Thin and long」と

 

 (「細 く・長く」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「一巻 の・終わり」

(「いっかん の・おわり」)

 

「皆さん」は

「一巻 の・終わり」

   と、いう

 

「慣 用・句」を

「使っ た・事」は

「有・り」ませんか?

 

「一巻 の・終わり」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「物事 の・結末」が

 「全て ついて・しまい」

 「何をして も・手遅れ」で

 「絶望的 な・状況」や

 

 「死・まで」を

 「覚悟 せ・ざる」を

 「得な い・程」の」

 「絶 望・的」で

 

 「悲劇的 な・場面」

    と、いう 

 「非常 に・ネガティヴ」な

 「局・面」を

 

 「表 現・した」

 「慣 用・句」だ

       そうです。

 

「一巻 の・終わり」の

「語・源」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「一・巻」とは

 「書物 や・フィルム」

 「巻・物」等の

 「始まり から・終わりまで」


 「ひ と・巻き」

 「全て と・いう」

 「意・味」だ

    そうです。

 

 「明 治・時代」や

 「大 正・時代」では

 「活動 写真 の・上映」が

 (「昔 の・映画」)

 「終 わ・る」と

 

 「弁・士」が

 (「無声 映画 を・説明する人」)

 「上映 の・終わり」を

 「知らせ る・決まり文句」

    と、して

 

 「観衆 に・向かって」

 「一巻 の・終わり」と

 「言っ て・いた」

    そうです。

 

 「こ の・決まり文句」が

 「一巻 の・終わり」の

 「語・源」だ、そうです。

 

「一巻 の・終わり」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼」は

 「高校生 の・時」

 「毎・年」

 「夏休み を・利用して」

 

 「北・アルプス」を

 「縦 走・した」が

 「足を 滑らせ・たら」

 「谷底 に・転落」し

 

 「一巻 の・終わり」

    なの で

 「慎・重」に
 「歩 を・進めた」そうだ。

 

・「私」が

 「高校生 の・時」

 「1 日・400 mm」の

 「大雨 が・降り」

 

 「東側 の・山」が

 「崩 壊・して」

 「土砂 が・侵入」し

 「家 が・傾いた」が

 

 「西側 に・そびえ立つ」

 「松 の・大木」に

 「支え ら・れて」

 「家 が・ペシャンコ」に

 

 「成・り」

 「全 壊・する」

 「事」は

 「何とか・免れ」た。

 

 「も し・あの木」が

 「無かっ・た」ら

 「私 達・家族」の

 「命」は

 

 「おそらく」

 「一巻 の・終わり」

    だった に. 
 「違・い」ない。

 

「一巻 の・終わり」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「万 事・休す」

   (「ばん じ・きゅうす」)

 

・「思いつく・こと」は

 「全 て・やった」が

 「効果 が・無く」

 「今・更」

 

 「何 を・やって」も

 「無駄 だ・という」

 「絶望的 な・状況」に

 「陥・り」

 

 「ギブアップ・する」

    と、いう

 「意・味」の

 「ことわざ」だ、そうです。

 

「一巻 の・終わり」の

「対 義・語」を

「検 索・して」も

「出 て・来」ません。

 

・「起 死・回生」

   (「き し・かいせい」)

 

・「危機的 な・状況」や

 「望みの 少ない・状態」を

 「回 復・させる」

    と、いう

 

 「意・味」の

 「四 字・熟語」です。

 

 「辺・り」が

 「妥・当」な
 「気」が、します。

 

 

「欧陽 非非」は

(「オーヤン・フィーフィー」)

 

「Love is over 悲しい けれど

   終わりに しよう」の

「歌詞 が・ある」

 

「ラヴ・イズ・オーヴァー」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,980・年」に

「リリース」

   し た

「18 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「オーヤン・フィーフィー」は

「1,949 年・生まれ」で

「台 湾・台北 市」

「出・身」の

 

「女・性」の

「歌・手」です。

 

「1,967・年」

「18 歳の・時」に

台北市 に・ある」

「レストラン・シアター」

 

「中 央・酒店」で

「歌 手・デビュー」

   しました。

 

「そ の・後」に

「ナベ・プロ」に

「スカウト・され」て

「来・日」しました。

 

「1,971・年」

「22 歳の・時」に

「リリース」した

「ファースト・シングル」で

 

ザ・ベンチャーズ

「作・曲」の

「雨の 御堂筋」で

「日 本・デビュー」しました。


「同・曲」は

オリコン・1 位」で

「ミリオン・セラー」を

「記 録・する」

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

「レコード・大賞・

   新人 賞」他

 

「各・種」
「新人 賞・レース」を

「総・ナメ」に
   しました。

 

「代 表・曲」に

 

「ラヴ・イズ・オーヴァー」

「雨の 御堂筋」

「雨の エアーポート」等が

「有・り」ます。

 

「1,972・年」に

「リリース」した

「サード・シングル」

「恋の 追跡」で

 

「外国人・初」と

「成・る」

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「1,980・年」に
「リリース」

   し た

「21 th・シングル」

 

「ラヴ・イズ・オーヴァー」が

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「レコード・大賞・
   ロングセラー 賞」を

「受・賞」しました。

 

「1,991・年」に

「発 売・から」

「8 年・振り」に

 

「同・曲」で

「3 度・目」の

「紅 白・歌合戦」に

「出・場」し

 

「自身 の・代表曲」の

「一・曲」に
「成・り」ました。

 

「現 在・72 歳」

   です が

 

「第 一線・から」は

「退い て・いる」
「様」です。

 

「私・生活」
   で は

 

「1,978・年」

「29 歳の・時」に

「10 才・年上」で

バツ・イチ」の

 

「カー・レーサー」

「式場 壮吉」と

「結・婚」しました。

 

「夫」は

「2,016・年」に

「死 去・しました」が

「二人 の・間」に

 

「子供 は・いない」

   そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,972・年」の

「恋の追跡」〜

「1,991・年」の

「ラヴ・イズ・オーヴァー」まで

 

「通 算・3 回」

「出・場」しました。

 

 

「欧陽 非非」

「ラヴ・イズ・オーヴァー」

「作・詞」「作・曲」

「伊藤 薫」

 

love is over 悲しい けれど

終りに しよう きりが ないから

love is over ワケ など ないよ

ただ ひとつ だけ あなたの ため

 

love is over 若い あやまち と

笑って 言える 時が 来るから

Love is over  泣くな 男だろう

私の 事は 早く 忘れて

 

わたしは あんたを 忘れは しない

誰に 抱かれても 忘れは しない

きっと 最後の 恋だと 思うから

 

Love is over  わたしは あんたの

お守りで いい  そっと 心に

Love is over  最後に ひとつ

自分を だましちゃ いけない よ

 

お酒 なんか で ごまかさ ない で

本当の 自分を じっと 見つめ て

きっと あんたに お似合いの 人がいる

 

Love is over  悲しい よ

早く 出てって ふりむか ない で

Love is over uh ・・・
元気で いてね Love is over 

 

 

※「終り良けれ ば・すべて良し」

 (「おわりよけれ ば・すべてよし」)


「終り良けれ ば・すべて良し」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「物・事」の

 「キッカケ」や

 「途 中・経過」は

 「問題 に・ならず」

 

 「結果 が・良ければ」

 「全て の・事」が

 「良 く・なる」

    と、いう

 

 「人・生」の

 「機・微」を
 (「き・び」)

 「表 現・した」

 「ことわざ」だ、そうです。

 

 「色々あっ た・けれど」

 「最後 は・めでたし」

    と、いう

 「ニュアンス」で

 

 「結果 を・出す」

 「為」なら

 「何をして も・良い」

    と、いう

 

 「解・釈」は

 「間・違い」です。

 

「終り良けれ ば・すべて良し」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「イギリス の・劇作家」

 「ウィリアム・シェイクスピア」の

 「戯・曲」
 「終わりよけれ ば・すべてよし」が

 「由・来」で


 「美しく も・貧しい」

 「女・性」が

 「貴族 で・裕福」な

 「男性 の・心」を

 

 「あの 手・この手」で

 「掴 み・取り」
 「めでたく・結婚する」

    と、いう

 

 「ハッピー・エンド」の

 「筋・書き」だ

    そうです。

 

「終り良けれ ば・すべて良し」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「彼 の・一生」は

 「山 あり・谷あり」と

 「波乱 万丈・だった」が
 「最・期」は

 

 「静か に・幕を閉じ」て

 「正・に」

 「終り良けれ ば・すべて良し」

    だった。

 

・「終り良けれ ば・すべて良し」
    と、いう

 「ことわざ」が

 「有・る」が

 

 「始め や・途中」の

 「努力 が・無けれ」ば

 「終わり が・良くなる」
 「事」は

 

 「有り 得・ない」し

 「不・可能」だ。

 

「終り良けれ ば・すべて良し」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「有終の美 を・飾る」

   (「ゆうしゅうのび を・かざる」)

 

・「しっかり」と

 「最・後・まで」

 「や り・遂げる」

 「事」が

 

 「立派 で・美しい」

 「終わ り・方」だ

    と、いう

 「意・味」の

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「終り良けれ ば・すべて良し」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「仏作っ て・魂 入れず」

   (「ほとけつくっ て・

     たましい いれず」)

 

・「仏像 を・作って」も
 「魂 を・入れなけれ」ば

 「単 なる・木」や

 「石 と・同じ」で

 

 「有る 事・から」

 「転 じ・て」
 「一 番・大切」な

 「物」が

 

 「抜け落ち て・いる」
 「事 を・たとえ」た

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

 

WANDS」は

(「ワンズ」)

 

「世界が 終るまでは」

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,994・年」に

「リリース」

   し た

「8 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に
「成・り」ました。

 

「ワンズ」は

「1,991・年」に
「結 成・した」

「男性 3人・組」の

 

「ロック・バンド」

   です。

 

「タロット・カード」の

wands」を

(「魔法 の・杖」)

「参・考」に


「理想 や・情熱」に
「向かっ・て」

「進・む」

   と。いう

 

「意味 を・込め」

「グループ・名」を

「名・付け」ました。

 

「1,991 ・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「寂しさ は 秋の色」で

「デビュー」しました。

 

「同・曲」は

オリコン・63 位」に

「成・り」ました。

 

「代 表・曲」に

 

「世界が 終るまでは」

「もっと強く 抱きしめたなら」

「世界中の 誰よりきっと」等が

「有・り」ます。

 

「1,992・年」に

「リリース」した

「サード・シングル」

「もっと 強く 抱きしめた なら」が

 

「三井 生命」の

「CM・ソング」に

「起 用・され」て

「自 身・初」の

 

オリコン・1 位」で

「ミリオン・セラー」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「同・年」に

「リリース」した

「中山 美穂」との

「ファースト」

 

「コラボレーション・シングル」

「世界中の 誰よりきっと」が

「フジ・テレビ 系」で
「放 送・され」た

 

「テレビ・ドラマ」

「誰かが彼女を 愛してる」の

「主 題・歌」に

「起 用・され」て

 

「183・万枚」を

「セールス」し

「ミリオン・セラー」で

オリコン・1 位」の

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「1,993・年」に

「4 th ・シングル」

「時の 扉」と

「同・名」の

 

「セカンド・アルバム」

「時の 扉」を

「リリース」し

「共・に」

 

オリコン・1 位」で

「ミリオン・セラー」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「これ に・より」
「ワンズ」は

「日本 の・音楽 界」に

「於 い・て」

 

「トップ・アーティスト」の

「地・位」を

「確・立」しました。

 

「同・年」に

「リリース」した
「5 th ・シングル」

「愛を語る より
   口づけを かわそう」と

 

「6 th ・シングル」

「恋せよ 乙女」が

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「1,994・年」に

「リリース」した

「8 th・シングル」

「世界が 終るまでは」が

 

「テレビ・朝日 系」で

「放 送・され」た

「テレビ・アニメ」

SLAM DUNK」の

 

「エンディング・テーマ 曲」に

「起 用・され」て

オリコン・1 位」で

「ミリオン・セラー」の

 

「大 ヒット・曲」で

「自身 の・代表曲」の

「一・曲」に

「成・り」ました。

 

「1,995・年」に

「リリース」した

「4 th・アルバム」

「PIECE OF MY SOUL」が

 

「自 身・最後」の

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「2,000・年」に

「音楽性 の・違い」を

「理・由」に

「惜しま れ・ながら」

 

「グループ」を

「解・散」しました。

 

「2,019 年・11月」に

「新・ヴォーカル」

「上原 大史」を

「迎・え」

 

「活動 の・再開」を

「発・表」しました。

 

「2,020・年」に
「リリース」した

「16 th・シングル」

「真っ赤 な  L I p」は

 

「テレビ・アニメ」

「名探偵・コナン」の

「オープニング・テーマ 曲」に

「起 用・され」ました。

 

「2,021 年・11 月」に

「リリース」した

「19 th ・シングル」

「YURA YURA」は

 

オリコン・9 位」に

「成・り」ました。

 

 

WANDS

「世界が 終るまでは」

「作・詞」「上杉 昇」

「作・曲」「織田 哲郎」

 

大都会 に 僕は もう 一人 で

投げ捨て られ た 

空きカン の ようだ

互いの すべて を 

知りつくす まで が

愛 ならば いっそ

永久に 眠ろう か

(「とわ」)

 

世界が 終るまで は 

離れる 事も ない

そう 願ってた 幾千の 夜と

                     (「いくせん」)

戻らない 時だけ が 

何故 輝いて は

やつれ 切った 心までも 壊す

はかなき想い この Tragedy Night 

                      (「悲劇的な 夜」)

 

そして 人は 形を 求めて

               (「こたえ」)

かけがえの ない 何かを 失う

欲望だらけの  街じゃ 夜空の

星屑も 僕らを 灯せ ない

                 (「ともせ」)

 

世界が 終る前に 聞かせて おくれ よ

満開の花が 似合いの Catastrophe

                                 (「大惨事」)

誰もが 望みながら 永遠を 信じない

なのに きっと 明日を夢見てる

はかなき 日々と この Tragendy Night

 

世界が 終るまでは 離れる 事も ない

そう 願ってた 幾千の 夜と

戻らない 時だけ が 何故 輝いて は

やつれ 切った 心までも 壊す

はかなき 想い この Tragedy Night 

 

この Tragedy Night 

 

 

「一巻 の・終わり」を

「英・語」で

 

 「End of volume」と

 

 (「一巻 の・終わり」)

 

 「言・う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「雨降れば 必ず・土砂降り」

(「あめふれば かならず・
    どしゃぶり」)

 

「皆さん」は

「雨降れば 必ず・土砂降り」

   と、いう

 

「ことわざ」を

「使った・事」は

「有・り」ませんか?

「雨降れば 必ず・土砂降り」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「土 砂・降り」の

 「雨」は

 「一般 的・には」

 「外 出・時」は

 

 「好ま れ・ない」や

 「歓迎 され・ない」

 「邪魔 な・もの」と

 「見な さ・れて」います。

 

 「そ こ・から」

 「雨 降れば・

    必ず 土砂降り」は

 「悪 い・こと」や

 

 「不運 な・こと」が

 「何時 も・同時」に

 「同じ人 の・身の上」に
 「起こ る・時」に

 

 「使 わ・れる」

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「雨降れば 必ず・土砂降り」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「イギリス の・ことわざ」

 「It never rains but it pours」が

 (「雨が降れば・土砂降りとくる」)
 「由・来」だ、そうです。

 

「雨降れば 必ず・土砂降り」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「ケータイ」を

 「水槽 に・落とし」て

 「使えなく・なり」

 「買 い・換えた」が

 

 「前 の・ケータイ」の

 「データ」を

 「復元 出来ない・かも」

 「知 れ・ない」と

 

 「言 わ・れ」て

 「ショック を・受け」

 「呆然 と・なり」

 「正・に」

 

 「雨降れば 必ず・

      土砂降り」の

 「心・境」だった。

       

・「彼」は

 「仕事 に・失敗して」

 「落ち込ん で・いた」ら
 「知ら ぬ・間」に

 

 「財・布」も
 「失くして・しまい」

 「いくら・捜して」も

 「見つ か・らず」

 

 「雨降れば 必ず・

    土砂降り」で

 「泣き たく・なった」

    そうだ。

 

「雨降れば 必ず・土砂降り」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「泣きっ面 に・蜂」

   (「なきっつら に・はち」)

 

・「江戸 いろは・かるた」が

 「由・来」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

 「苦・痛」で

 「泣い て・いる」

 「人」や

 「辛 い・思い」で

 

 「苦しん で・いる」

 「人 の・所」に

 「蜂が 飛んで・来て」

 「その人 を・刺して」

 

 「更」に

 「苦痛 を・与える」

    と、いう

 「意・味」で

 

 「悪 い・事」が

 「起きて いる・最中」に

 「追い打ち を・かける」

 「様」に

 

 「悪い事 が・重なり」

 「人 を・苦しめる」

    と、いう

 「意・味」の

 

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

「雨降れば 必ず・土砂降り」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「鴨がネギ を・背負ってくる」

   (「かもがネギ を ・しょってくる」)

 

・「カモ・ネギ」と

 「省略 して・使われる」

 「事」が

 「多 い・ことわざ」です。

 

 「カモ肉 と・ネギ」は

 「相性 が・良く」

 「カモ鍋 に・ネギ」は

 「欠 か・せ」ません。

 

 「カモ鍋 の・食材」の

 「カモ が・ネギ」を

 「背負っ て・くる」

 「事」は

 

 「上手 い・事」が

 「重 なっ・て」

 「好・都合」で

 「あ る・こと」や

 「相・手」が

 「望み通り の・もの」を

 「持って・現れる」

 「事」で

 

 「多・く」は

 「少 し・間の抜け」た

 「お 人・好し」な

 「人」が

 

 「他・人」の

 「利益 に・なる」

 「もの」を

 「持っ て・現れる」

 

 「状・況」で

 「使 わ・れる」

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

 

SixTONES」は

(「ストーンズ」)

 

「飛び立つ のさ

   土砂降りの 雨の中」の

「歌詞 が・ある」

 

「Imitation Rain」

(「偽りの 雨」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「2,020・年」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

ストーンズ」は

「2,015・年」に

「東 京・銀座」で

「結 成・され」た

 

「ジャニーズ・事務所」に

「所 属・する」

「男 性・6 人 組」の

「アイドル・グループ」で

 

「6 人 の・音」と

「6 つ の・原石」

    と、いう

「意味を・込め」て

 

「故」

「ジャニー・喜多川」が

SixTONES」と

「名・付け」ました。

 

「デビュー・前」から

「話 題・沸騰」で

「桁違い の・実力」を

「見 せ・て」

 

「多くの・期待」を

「背 に・受けて」の

「デビュー」でした。

 

「2,020 年・1 月」に

「リリース」

   し た

「ファースト・シングル」

 

「Imitation Rain」で

「デビュー」

   しました。

 

「同・曲」は

X JAPAN 」の

YOSHIKI」が

「プロヂュース」し

 

「133・万枚」を
「売 り・上げ」る

「ミリオン・セラー」を

「記・録」し

 

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

 

「紅白・歌合戦」に

「特 別・枠」で

「初・出場」しました。

 

「同 年・7 月」に

「リリース」した

「セカンド・シングル」

「NAVIEGATION」

 

「同 年・11 月」に

「リリース」した

「サード・シングル」

「NEW ERA」

 

「2,021 年・2 月」に

「リリース」した

「4 th・シングル」

「僕が僕じゃない みたいだ」

 

「同 年・8 月」に

「リリース」した

「5 th・シングル」

「マスカラ」

 

「2,022・年」に

「リリース」した

「6 th・シングル」

「共 鳴」と

 

「デビュー・から」

「リリース」した

「シングル・6 作品」

「全・て」が

 

オリコン・1 位」の

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「アルバム」

   で は

 

「リリース」した

「2・作品」が

「共・に」

オリコン・1 位」の

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「映 像・作品」

   で は

 

「リリース」
   した

「2・作品」が

「共・に」

 

オリコン・1 位」に

「成・り」ました。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「2,019・年」の

「Let's Go to 2,020 Tokyo」〜

(「特別・枠」)

「2,021・年」の

「マスカラ」まで

 

「3 年・連続」で

「出 場・中」です。

 

 

SixTONES

「Imitation Rain」

「作・詞」「作・曲」

YOSHIKI

 

Imitation Rain 

 

You said I will be the sky and 

you will be the sun to shine 

Fake dream 壊れて ゆく

ガラス の 薔薇の ように

Ah 

 

Imitation Rain 

時には 激しく 心に 降り注ぐ

Shall we play this game 

紅に 染まる まで 雨に 打たれて

(「くれない」)

 

目を 閉じて 翼を 広げて

Close your eyes 

Lalala lalala lalala you will be loved 

飛び立つ のさ 土砂降り の 雨の中

We'll fly 

 

Imitation Rain 

時には 激しく 心に 降り注ぐ

shall we play this game 

紅に 染まる まで 雨に 打たれて

Dancing in the raintill

iove comes to life 

 

What's the meaning oflife 

What's the point of getting it right 

Cause everything is fake 

Everybody blames 

To keep the faith 

Just say, everything breaks 

Pnce of fame What's to blame 

Cuts my mind like a razor blade 

Breaking down I'm breaking down 

Piece of mind is shutting down 

Should play this endless game 

 

Dancing in the rain  夢を求めて

Keep dancing in the raintill

love comes to life 

 

Shall we play this game 

紅に染まるまで 雨に打たれて

 

戻れ ない 時代を 振り返る

              (「とき」)

流れる 時間を 止めて

My friend いつかは たどり着く よ

夢の 世界に

 

Imitation Rain 

時には 激しく 心に 降り注ぐ

Shall we play this game 

紅に 染まる まで 雨に 打たれて

 

 

※「雨 降って・地 固まる」
  (「あめ ふっ て・じ かたまる」)

 

「雨 降って・地 固まる」の

「意・味」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「いざこざ」や

 「いさかい」の

 「後」は

 「かえって」


 「以 前・より」も

 「基盤 が・固まり」

 「状態 が・良くなる」

    と、いう

 

 「たとえ」の

 「ことわざ」だ

    そうです

 

「雨 降って・地 固まる」の

「由・来」は

「下・記」だ、そうです。

・「四 百年・以上」

 「前」の

 「江 戸・時代」の

 「小・説」

 

 「浮世 草子・でも」

 「引用 されて・いる」

 「表・現」だ

       そうです。

 

 「昔 の・道」は

 「雨 が・降る」と

 「地面 が・ぬかるみ」

 「歩 き・づらく」


 「服 も・汚れる」

 「事」より

 「雨= 嫌な事」

    でした。

 

 「しかし」

 「天候 が・回復する」と

 「地面 が・固まり」

 「以 前・より」も

 

 「より 良い・状態」に

 「成 る・事」が

 「雨 降って・地 固まる」

    と、いう


 「ことわざ」の

 「由・来」だ

    そうです。

 

「雨 降って・地 固まる」の

「代 表・的」な

「使 用・例」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「大・喧嘩」を

 「し て・から」は

 「互 い・に」

 「遠慮 会釈・無く」

 (「えんりょ えしゃく」)

 

 「本音 を・ぶつけ合える」

 「間柄 に・なり」

 「正・に」

 「雨 降って・地 固まる」だ。

 

・「喧嘩する ほど・仲が いい」

     と、いう 

 「ことわざ」が

 「有・る」が

 

 「二・人」は

 「長 い・間」

 「上手に・喧嘩して」

 「不満を・溜めず」に

 

 「雨 降って・地 固まる」を

 「実践 して・来た」の

    だろう。

 

「雨 降って・地 固まる」の

「類 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「禍を 転じて・福と なす」

   (「わざわいをてんじて・

       ふくと なす」)

 

・「自分 の・身」に

 「降 り・かかった」

 「災難 や・不運」を

 「上手 く・利用して」

 「逆・に」

 「自・分」に

 「有利 に・なる」
 「様」に

 

 「創意 工夫・する」

    と、いう

 「意・味」の

 「ことわざ」だ、そうです。

 

「雨 降って・地 固まる」の

「対 義・語」は

「下・記」だ、そうです。

 

・「覆水 盆に・返らず」

   (「ふくすい ぼんに・かえらず」)

 

・「いったん・離縁した」
 「夫婦 の・仲」は

 「元 に・戻らない」

 「事 から・転じ」て

 

 「一度 して・しまった」

 「失・敗」は
 「取り返し が・つかない」

    と、いう

 

 「たとえ」の

 「ことわざ」だ

    そうです。

 

 「ちなみ」に

 「過・去」に

 「関係 の・あった」

 「男・女」が

 「再・び」

 「元の 鞘に・収まる」

 (「もとの さやに・おさまる」)

 「事」を

 「焼け木杭 に・火が付く」と

 (「やけぼっくい に・ひがつく」)

 「表 現・する」そうです。

 

 

「川中 美幸」は

(「かわなか みゆき」)

 

「遣らずの 雨」

(「やらずの あめ」)

   と、いう

「歌 を・歌い」ました。

 

「1,983・年」に

「リリース」

   し た

「12 th・シングル」で

 

「大 ヒット・曲」に

「成・り」ました。

 

「遣らずの 雨」とは

「好きな人 と・少しでも」

「長く一緒 に・いたい」

   と、いう

「切ない・恋心」を
「表 現・した」

「恋愛 に・まつわる」
「慣 用・句」で

 

「帰ろう と・する」

「恋・人」を

「引 き・とめる」かの
「様」に

 

「急・に」

「降って くる・雨」

   と、いう

「意・味」です。

 

「川中 美幸」は

「1,955 年・生まれ」で

鳥取 県・米子 市」

「出・身」の

「演 歌・歌手」

「女・優」です。

 

「小 学・3 年生」の

「時」に

「ちびっこ・

   のど自慢 大会」に

 

「飛 び・入り」で

「参・加」し

「優・勝」しました。

 

「これ を・キッカケ」に

「歌手 の・道」を

「目射 す・よう」に

「成・り」

 

「中 学・卒業」と

「同・時」に
「単 身・にて」

「上・京」しました。

「1,973・年」

「17 歳 の・時」に

「春日 はるみ」の

「芸 名・にて」

 

「リリース」した

「ファースト・シングル」
「新宿 天使」で

「デビュー」しました。

 

「しか し」

「ヒット・せず」

「1,977・年」に
「芸・名」を

 

「川中 美幸」に

「改・名」し

「あなた に 命がけ」で

「再 デビュー・する」も

 

「鳴か ず・飛ばず」で

「長 い・下積み」を

「余儀 なく・され」

   ました。

 

「1,980・年」
「24 歳の・時」に

「こ れ」が

「売 れ・なかった」ら

 

「引退 と・いう

「背水 の・陣」で

「臨 ん・だ」

「4 th・シングル」

 

「ふたり 酒」が

「自 身・最大」の

「ヒット・曲」に

「成・り」

 

「ミリオン・セラー」を

「記・録」し

「翌・年」の

「1,981・年」に


「同・曲」で

「紅 白・歌合戦」に

「初・出場」しました。

 

「代 表・曲」に

 

「ふたり 酒」

「二輪 草」

「遣らずの 雨」等が

「有・り」ます。

 

「1,983・年」に

「リリース」
   し た

「12 th・シングル」

 

「遣らずの 雨」が

「大 ヒット・曲」に

「成・り」

「紅 白・歌合戦」に

「同・曲」で

「2 回・出場」し

「若い 世代・にも」

「隠れ ファン が・多い」

 

「自・身」が

「愛し て・やまない」

「一・曲」に
「成・り」ました。

 

「2,006・年」には

「ふたり 酒」で
(「2 回・目」)

「紅組 の・大トリ」を

「務・め」

 

「大・御所」

(「おお・ごしょ」)
「演 歌・歌手」

   と、して

 

「揺る ぎ・ない」

「確 固・たる」

「地・位」を

「確・立」しました。

 

「演 歌・歌手」

「以 外・に」も
「遠山 の 金さん」や

「水戸 黄門」等の

 

「時 代・劇」や

「テレビ・ドラマ」の

「他・に」

「N H K・テレビ」の

 

「連・続」

「テレビ・小説」

「てっぱん」に

「レギュラー・出演」し

 

「女優 と・して」も
「めざ ま・しい」

「活・躍」を

「見・せ」ました。

 

「現 在・66 歳」

   です、が

 

「毎 年・必ず」

「新・曲」を

「発 表・して」おり

「2,022 年・2 月」に

「80 th・シングル」

「冬の 華」を

「リリース・する」等

「第・一線」で


「活躍 して・いる」

   そうです。

 

「私・生活」

   で は

 

「1,991・年」

「3 5 歳 の・時」に

「2 歳・年下」で

「関 西・テレビ」の

 

「ディレクター」と

「結・婚」しました。

 

「結 婚・後」の

「二・人」は

「芸能 界・屈指」の
「仲 の・良い」


「おしどり・夫婦」

   と、して

「知 ら・れて」

   いました。

 

「2,000・年」に

「夫」が

覚醒剤 所持・違反」で

「現行 犯・逮捕」され


「懲 役・2 年」

「執行 猶予・3 年」の

「判・決」を

「受・け」ました。

 

「更 に・夫」に

「愛人 が・いた」
「事」が

「明るみ に・なり」

 

「離 婚・危機」が

「取 り・沙汰」

(「と り・ざた」)

「さ れ」ました。

 

「しか し」

「美 幸」は
「記 者・会見」で

「離婚説 を・否定」し

 

「夫 の・更生」と
「社 会・復帰」

「罪 の・償い」の

「為」に

 

「夫 婦・二 人」で

「協 力・して」

「努力 して・行く」と

「表・明」しました。

 

「現 在・夫」は

「美 幸」の

「個 人・事務所」の

「代表 を・務め」

「二 人・三脚」で
「公 私・共」に

「支え合っ て・い る」
   そうです。

 

「二人 の・間」に
「子・供」は

「いな い」そうです。

 

「紅 白・歌合戦」

   に は

 

「1,981 年」の

「ふたり 酒」〜

「2,011 年」の

「二輪 草」まで

 

「通 算・24 回」

「出・場」しました。

 

 

「川中 美幸」

「遣らずの 雨」

「作・詞」「山上 路夫」

「作・曲」「三木 たかし」

 

元気で 暮らせよ なんて 

優しい 言葉

言って 欲しく なかった わ

あなたへの 想い を それじゃ

たち切る 力も 弱まる わ

差し出し た 傘も 受け取らず

雨の中 へと消えた 人

見送れ ば もう 小さな 影ばかり

私も 濡れる やらずの 雨

 

幸せ 掴めぬ ように 

生まれて きた と

飲んで あなたは 笑ってた

二人して 探して みれば

見つける こと も 出来た はず

その胸に 泣いて 

泣いて くずれ落ち

あれが 最後の 夜でした

追ったって 

もう 今では 無駄なこと

私の 涙 やらずの 雨

 

追いかける 夢に 

夢に 疲れたら

どうか 帰って この町 に

見送れ ば 

もう 遥かに 消えてゆく

   (「はるか」)

私も 濡れる やらずの 雨

 

 

「雨降れば 必ず・土砂降り」を

「英・語」で

 

 「it never rains but it purrs 」と

 

 (「雨降れば 必ず・土砂降りとくる」)

 

 「言・う」そうです。