何気なく使っている言葉の意味

「チャンスの神様には前髪しかない」

 

「皆さん」は「チャンスの神様には前髪しかない」

   (「ちゃんすのかみさまにはまえがみしかない」)

  と、いう「西洋の・ことわざ」を「聞いた事」は「有り」ませんか?

 

「チャンスの神様」とは「ギリシャ神話」に「出て来る・神」で「翼を持ち」

「チャンス」を「司る神」(「つかさどるかみ」)「カイロス」の事、です。

 

カイロス」は「全知全能の・神」と、言われる「ゼウス」の「末っ子」です。

カイロス」の「風貌の特徴」と、して「頭髪」が「挙げられ」ます。

カイロスの・頭髪」は「前髪は長い」が「後頭部がハゲた・美少年」と「表されて」います。

 

「日本」でも「後ろ髪を引かれる」という「言い回し」が、有ります。

「後ろ髪を引かれる」の「意味」は

「未練がある気持ち」「心残りがある気持ち」です。

 

 

「チャンスの神様には前髪しかない」の「意味」は

 

・「一瞬にして目の前を走り抜ける」「カイロス」=「チャンス」を「捕まえる」には

   「瞬間の判断」で「前髪を掴む・しか」「方法」がない。

 

    「通り過ぎた後」を「追いかけ」ても「後ろ髪が無い」ので

    「捕まえる事」は「出来」ない。

   「前髪を摑まえよう」と「近付いて」も「気づかれて」「逃げられて」しまう。

 

・「時間は戻らない」ので「一度」「チャンスを逃したら」「たとえ・神様」でも

   「逃した・チャンス」を「捉える事」は「出来」ない。

 

・「チャンス」が「目の前に有って」も「捉える事ができるのは一瞬」で

   「後からそのチャンス」を「捉えようとしても」「出来」ない。

 

  だ、そうです。

 

 

「チャンスの神様には前髪しかない」の「類義語」を「検索」しても「出て来」ません。

 

・「幸運の女神には前髪しかない」(「レオナルド・ダ・ヴィンチ」「言」)

 

・「チャンスは待つ物ではなく作る物」

 

・「千載一遇」(「せんざいいちぐう」)

      (「千年に一度の出会い」の「意味」から「滅多に訪れそうもない良い機会」

   「二度とこないかもしれないほどの恵まれた状態」)

 

  辺りが「妥当」な、気がします。

 

 

「チャンスの神様には前髪しかない」の「対義語」を「検索」しても「出て来」ません。 

 

・「果報は寝て待て」(「かほうはねてまて」)

 

・「優柔不断」(「ゆうじゅうふだん」)

 

   辺りが「妥当」な、気がします。

 

 

「ほとんどの人」は「二度とない・チャンス」を「逃して」いるそうです。

「一瞬の・チャンス」を「つかめる人」の「特徴」と、しては「下記」が、あるそうです。

 

・「目標が明確」

 

「チャンスを掴める人」は「目標が明確」なので「自分が欲しい事も明確」に、なっていて

「何が」「自分にとってのチャンス」なのか、を「しっかり見極められて」います。

「チャンスでないもの」を「排除できる」ので「チャンスを掴みやすく」なります。

 

・「常に備えている」

 

「チャンスを掴める人」は「いつチャンス」が「転がってきてもいいよう」に

「常に備えて」います。

「チャンスが転がってきた時」に「それを掴むための行動」が「直ぐに」「取れます。

 

・「自分から積極的に動く」

 

「チャンスを掴める人」は「チャンス」が「自分の元に転がって来る可能性を・高める為」に

「自分から積極的」に「動き」ます。

「その結果」「情報量」が「増え」「チャンスに出会える・確率」も」上がり」ます。

 

・「すぐに動く」

 

「チャンスを掴める人」は「目の前に転がってきた物」を

「チャンスと・判断」したら「迷わず」「すぐに動き」ます。

「シンプル」ですが「チャンスを掴む」には「不可欠」です。

 

・「変化を好む」

 

「チャンスを掴める人」は「変化する事」を「怖れず」むしろ「好み」ます。

「常にいろんな情報に触れ」「自分の世界を広げ」「チャンス」を「見つけに行き」ます。

 

・「常に考える癖がついている」

 

「チャンスを掴める人」は「自分の頭で考える癖」が、ついて、います。

「自分にとってチャンスである物」に「しっかり気付けるように」「訓練されて」います。

 

・「失敗を恐れない」

 

「チャンスを掴める人」は「失敗を怖れていて」は

「チャンス」を「掴むことができない事」を「知って」います。

「失敗を怖れ」「動かないでいたら」「一生チャンスを掴め」ません。

 

 

「チャンスを逃す人の特徴」と、しては「下記」が、あるそうです。

 

・「なにもかもがあいまい」

 

「チャンスを逃す人」は「何がやりたい」とか「何をするべき」とか

「何がやりたくない」とか・・・「いろいろあいまい」です。

「自分にとってチャンス」が「転がってきて」も「気づけず」「チャンスを逃して」しまいます。

 

・「いいわけからはいる」

 

「チャンスを逃す人」は「何かにつけ」「いいわけ」という

「ネガティヴ」(「消極的」) な「行動」から「入り」ます。

「その結果」「チャンスを掴むこと無く」「終って」しまいます。

 

・「あとでやる」が、好き

 

「チャンスを逃す人」は「すぐに行動に移し」ません。

「あとでやる」「明日にする」が「大好き」です。

「先延ばし」は「100%悪い事」では「有りません」が「後回しが基本の人」は

「チャンスを逃し」ます。

「すぐ行動すれば掴めるチャンス」を「掴み損ね」ます。

 

・「間違った思い込みが激しい」

 

「チャンスを逃す人」は

「A・が正解」と「教えてもらって」も「勝手な根拠のない」「ずれまくった思考」で

「B・が正解」と「決め付けて」「行動し続けます。

「その結果」「間違ったまま進み続け」「正しく進めば掴めた」かも、しれない

「チャンス」を「逃し」ます。

 

 

「チャンスをものにする方法」と、しては「下記」が「有る」そうです。

 

‘・「素直に学び行動する」

 

「素直に学び行動しないと」「絶対にチャンスをモノ」に、出来ません。

「余計な事は考えず」「素直に受け入れ」「素直に学び」「素直に行動」して、下さい。

 

・「試行錯誤を怠らない」

 

「素直に学び実践」しても「思い通りにならない事」が「結構」「有り」ます。

「そのたび」に「しっかり考え」「「改善し」「それを積み重ねていく」事が

「チャンス」を「モノにする」為には「必要」です。

 

・「コツコツ継続する」

 

「短期間」で「チャンスをものにする事」は「余程の幸運に恵まれなければ」「不可能」です。

「コツコツ」と「継続すること」に、より」「スキルも向上」し、

「チャンス」を「ものにできる可能性」が「大きく」なります。

 

 

「AKB 48」は「チャンスの順番」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「AKB 48」は「2,005年」に「結成された」「アイドルグループ」です。

「グループ名」から「メンバー数」は「48人」と「誤解されがち」ですが

「正規メンバー・48人」の他に「研修生」が、おり

「総勢・100名」を「超えるメンバー」が「在籍して」います。

 

「2,006年」「桜の花びらたち」で「デビュー」しました。

「2,009年」「RIVER」で「初」の「オリコン・1位」を「獲得」しました。

  その後「発表する曲」が「次々と・1位」と、なり「メディア」から

「AKB 現象」「国民的アイドル」と「0呼ばれ」ました。

 

「2,011年」に「フライングゲット」で「日本・レコード‘・大賞」を「初受賞」しました。

「2,012年」には「真夏のsounds good!」で「2年連続して「受賞」しました。

「紅白・歌合戦」には「11回・出場権」しています。

 

 

「AKB 48」「チャンスの順番」「作詞」:「秋元 康」「作曲」:「小西 裕子」

 

チャンスの順番  次は君に来る

どんなに 負けてても  今度は 勝ちに行こう

あきらめなければ  夢は叶うんだ

ずっと  頑張って来た

君の努力  報われるように・・・

 

空を流れる  白い雲たちの

どれが 速いかなんて  意味がないと  思う

昨日の君が  出遅れていても

そのうち  風の向きも 変わり始める

 

自分には  何が足りないのだろう

一人  悩んだ時も あった

だけど  立ち止まっていても  しょうがない

 

じゃんけん みたいに  運は巡る(「めぐる」) もの

今まで ついてなかった  今度は  君の番だ

くじけちゃ いけない  泣いちゃ いけない

長い冬の後 には

君の春が  すぐそこに来てる

 

まわりの 友は  一人  また一人

夢に続く 階段  上って 行ったよ

たとえビリでも  焦る(「あせる」)こと ないさ

どこかで  風が吹いたら  追いつき  追い越せる

 

途中で 誰かと 比べる よりも

本来の自分  信じるんだ

君のペースで ゴールまで  走り抜けろ!

 

夢の方 からは  そっぽ 向かないよ

勝手に こっちから  背を向けて しまうもの

何があったって  その手  伸ばすんだ

運は がむしゃらの 味方

君にできる  すべてのことを  やれ!

 

チャンスの順番  いつかきっと 来る

まだ 先のようでも  確かに 近づいている

声が 掛かるまで  光当たるまで

君は 今まで 以上に

どんな時も  輝いていよう 

 

 

 

※「災いを転じて福となす」

 

「災いを転じて福となす」(「わざわいをてんじてふくとなす」 )の「意味」は

 

・「災難や失敗にあって」も「それを上手に利用」して「自分の有利」に「導く」事。

 

・「やっかいごと」が「一転して」「幸の種」になる」事。

 

・「脳梗塞の・お陰」で「私の体調が回復したよう」に「怪我の功名」と、なる事。

 

・「ピンチ」を「チャンス」に「6変える」事。

 

だ、そうです。

 

 

※「ピンチをチャンスに変える」

 

・「ピンチはチャンス」と「言わ」れる「理由」は

 

「ピンチな状態」は「ピンチ」で、あり「チャンスな状態」では「決して」ありません。

「辛い」「大変だ」という「気持ち」だけで「終わってしまう人」が「大多数」だ、そうです。

  しかし「ピンチの中」には「チャンス」も「含まれて」おり「それを見つけ出せ」れば

「チャンスを掴むキッカケ」に、なるそうです。

 

「ピンチになると」「火事場のクソ力」が「発揮され」

「自分の・眠っていた力」(「潜在力」) を「発見し・驚く」でしょう。

「普通の状態では気付かぬ事」でも「ピンチの状態だから気づく事ができる事」を

「ピンチな時ならではの・視点」と「言う」そうです。

 

・「ピンチの中にどんなチャンスがあるのか」

 

「多くの場合」「それまで」に「変えたいと思って」も「変える事」が「できなかった」

「習慣」や「慣行」を「破る・チャンス」と、なります。

「ピンチ」は「自分の考え方を変える」「人生の生き方を変える」「キッカケ」と、なります。

「ピンチの時」こそ「冷静に」「物事を見る」ように「心掛ける必要」が、あるそうです。

 

「多くのピンチ」を「経験していく」と「新たに発生したピンチ」は

「自分の・人間力」を「試す・良い機会」と「想えるように」なります。

「ピンチを乗り越え」たら「自分の成長」に「自信」が「積み重なり」ます。

「ダメだったら」「自分の未熟さ」を「認識」でき、「良い反省材料」に、なります。

 

 

・「人生の糧」(「かて」) にして「成長できると思え!」

 

「経験を・たくさん積む事」で、「人として・成長ができる」ので

「ピンチを糧にすれば」「ピンチ」は「チャンス」に「思えて」きます。

「人生には」「経験でしか学べない事」が「多く」有ります。(「経験理」)

 

「厳しい言葉」ですが「(若いうちの)「苦労は買ってでもしろ」と、いう

「ことわざ」が「有り」ます。

「思い」「悩み」「考え」「努力した事」は「決して無駄にはならない」と

  私は「折り紙を付けます。(「おりがみをつける」・「鑑定保証書を付ける」)

 

 

KoKIA」は「ピンチはチャンス」と、いう「歌」を、歌いました。

 

KOKIA」は「1,976年・生まれ」の「シンガーソングライター」です。

「本名」は「吉田 亜希子」で「ヴァイオリニスト」の「吉田 恭子」は「実姉」です。

KOKIA」は「亜希子」(「あきこ」)を「逆から読み」「ローマ字」に、したものです。

「1,998年」「愛しているから」で「デビュー」しました。

 

「音楽性」「歌声」では「音楽関係者」から「高い評価」を「得て」

「国外での活動が主流」だった、そうです。

 

 

KOKIA」「ピンチはチャンス」「作詞」:「KOKIA」「作曲」:「KOKIA

 

優しい 言葉に  励まされて

また少し 進める  上向いて  歩き出そう

 

諦めないで  まだ  がんばれる

こんな事じゃ  へこたれない!

 

Yes 君ならYes できるよ Yes ピンチは チャンス

Yes 今しかYes できない Yes ことが あるよ

 

崖っぷち  だからこそ  いさぎよく

踏み出せる  第一歩  決断の時は 今

 

悩む なぁんて  当たり前 だよ

みんな そうして  進んでる

 

Yes 君ならYes できるよ Yes ピンチは  チャンス

Yes 君しかYes できない Yes ことが あるよ

 

肩の力 抜いていこうよ  行きづまった 気晴らしに

気のおける 仲間を呼んで   lot’s parrty time.

 

Yes 出来たよ Yes やったよ Yes イメージ  してさぁ

Yes 1番 Yes じゃなくたって Yes 君は 最高

Yes 君しか Yes できないYes ことが あるよ

 

 

世界陸上」と「ラグビー・ワールドカップ」が「同時期に・開催されて」います。

「どちらも・私の好きな」「スポーツ」です。

「しばらくの間」「テレビ・鑑賞」が「主力」に、なると「思われ」ます。

 

 

「チャンスの神様には前髪しかない」を「英語」で言う」と

 

「God of chance has only bangs」

 

  (「チャンスの神様には前髪しかない」)    (「bangs」の「意味」は「前髪」)

 

  と「言う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「笑う門には福来る」

 

「皆さん」は「笑う門には福来る」(「わらうかどにはふくきたる」) と、いう「ことわざ」を

「使った事」は「有り」ませんか?。

 

「笑う門には福来る」の「意味」は

 

・「門」は「かど」よ「読み」ます。

    「もん」と「読んで」しまうと「家の門」を「意味して」しまいます。

    「かど」と「読む」と「個人」「家庭」「家族」「一族」と、いう

   「意味」に、なるそうです。

 

・「いつも笑いが絶えない家庭」には「幸運が訪れる」

 

・「いつも笑いが絶えない人」には「幸運が訪れる」

 

  だ、そうです。

 

 

「笑う門には福来る」の「類義語」と、しては

 

・「笑う所へ福来る」(「わらうところへふくきたる」)

 

・「笑門来福」(「しょうもんらいふく」)

 

・「神さまは笑う人に近づく」

 

・「泣いて暮らすも一生」・「笑って暮らすも一生」

     (「泣いて暮らす」も「笑って暮らす」も「自分の心」の「持ち方次第」)

 

・「一陽来復」(「いちようらいふく」)

     (「悪い事」が、あっても「必ず良い方向」へ「向かう」)

 

・「和気財を生ず」(「わきざいをしょうず」)

     (「いつも明るく楽しい家庭」なら「自分に幸せがやって来」て「財産にも恵まれる」

 

   辺りが「該当」するそうです。

 

 

「笑う門には福来る」の「反対語」を「検索」しても「出て来」ません。

 

・「泣いてばかり」いると「不幸」が、やってくる」

 

・「泣き顔に、幸少なし」(「なきがおにさちすくなし」)

 

・「仏頂面」に「天使」は「近寄らず」(「ぶっちょうづらにてんしはちかよらず」)

 

・「病は気から」(「やまいはきから」)

     (「後ろ向きな気持ち」で、いると「本当に病気」に、なってしまう」)

 

・「ペシミスト」(「悲観主義者」)  (「対義語」は「オプチミスト」(「楽観主義者」)

 

  辺りが「妥当」な「気」が、します。

 

 

 

「笑い方の種類」と、しては

 

・「爆笑」(「ばくしょう」)  (「笑顔度・120%」)

 

「声を出して、大きな口を開けて、笑う」

「飾り気の無い笑顔で、好感度が、アップする」

 

・「満面の微笑み」(「まんめんのほほえみ」)  (「笑顔度・100%」)

 

「嬉しい事があった時や、幸せを感じた時の笑い」

「歯を見せ、目尻を下げ「にっこり」と笑う」

 

・「写真を撮ってもらう時の笑顔」(「笑顔度・80%」)

 

「意識をすれば、作れる笑顔」

「挨拶の時や普段の会話で、この笑顔を自然に作れる人は

「何時」も「にこにこ」している人、という「印象を与える」

 

・「口角を上げた微笑み」(「こうかくをあげたほほえみ」)  (「笑顔度・60%」)

 

「人の顔の印象」は「口角」(「こうかく」) で「決まる」と、言われています。

「口角が下がっている」と「不幸せなオーラ」が、出てしまいます。

「良い印象を与える事」が、出来ません。

「歯を見せて笑う必要」は、無く「口角を上げて軽く微笑む程度」で、十分です。

 

「それだけ」で「話しかけやすそうな人」との「印象を与え」ます。

「何かに夢中」に、なったり「疲れている時」には「無表情になりがち」ですが

「そんな時」こそ「口角を意識した微笑み」が「大事」だ、そうです。

 

・「笑顔は元気になれる」「魔法のような存在」

 

「疲れている時」や「テンションの上がらない時」に「少し無理」しても

「笑顔でいようとする」と「脳が楽しいと錯覚」して「ハッピーな・気分になる」と

「言われて」います。

 

「笑顔には幸せをもたらす効果」が、有り「それが周りの人に伝染」して

「皆んな」が「楽しい気分になれる」そうです。

「辛い時」や「大変な時」にも「それを、そのまま表情に出すのではなく」

「そんな時」こそ「笑顔でいられる」ように、すれば「気持ちを切り替えるキッカケ」

  に、なるかも知れません。

 

 

DREAMS COME TRUE」(「ドリカム」) は「笑顔の行方」(「えがおのゆくえ」) と、いう

「歌」を、歌いました。

 

「ドリカム」は「1,988年」に「結成」された「バンド」です。

「夢はかなう」を「意味」する「DREAMS COME TRUE」に「改名」しました。

「1,990年代」には「アルバム・セール」に、於いて「圧倒的な存在感」を「示し」ました。

「シングル」では「1,990年」「発売」の「笑顔の行方」が「大ヒット」しました。

 

「芸能界」でも「ドリカム」の「ファン」は「多く」「MISIA」「中島 美嘉」「倖田 來未」

  等が「有名」だ、そうです。

「1,990年」「笑顔の行方」で「紅白・歌合戦」に「初出場」しました。

「紅白・歌合戦」には「通算・15回」「出場」して、います。

 

 

DREAMS COME TRUE」「笑顔の行方」「作詞」:「 吉田 美和」「作曲」:「中村 正人」

 

卒業アルバムの  最初の春のページ

無邪気に笑う  私がいる・・・

 

I Just Wanna Hold You

  Just Wanna Be Your Side

  Just Wanna Hold You

I Wanna Be Your Side  

 

思い切り  抱きしめたい

 この腕を  伸ばして

 

髪を 上手に編めるように なって

 マニュキアだって  うまく塗れるわ

もうあの頃の  私じゃない

 同じ笑顔は できなくても

 

手を伸ばす 勇気に換えた  

ベクトルの  行方は

あなただけに  向かっている

 まっすぐに

たった一言が  いつも言えなくて

 泣いてばかりの  私を消した

何もなくしてなど  いない  

同じ笑顔は できなくても

 

きっと言える  きっと届く

会いたい夜も  逢えない夜も  超えて

 

思いきり  抱きしめたい

 この腕を  伸ばして

あなただけが  握っている

 この笑顔の  行方を

 

今ならもっと         イマナラモット

素直に笑える         ワラエル

最初の春に            イマナラモット

負けないくらい     マケナイクライニ

 

 

※「モナリザの謎」

 

モナリザ」は「約・500年前」「イタリア・ルネサンス期」を「代表と」する「画家」

レオナルド・ダ・ヴィンチ」に、より「描かれた・絵画」です。

 

ダ・ヴィンチ」は「音楽」「数学」「物理学」「解剖学」「動植物学」にも「精通」し

「研究手稿」に、よると「現代に通用」する「高度なレベル」に「達して」おり

「万能の・天才」と「呼ばれて」います。

 

モナリザ」は「縦・77cm」「横・53cm」と「当時の絵画」と、しては「小型の作品」で

「ポプラの・板」に「描かれて」います。

「3年〜4年」かけて「製作された」そうです。

「その後」も「手放さず」「繰り返し・何度も」「筆を入れ続けた痕跡」が「有る」そうです。

 

モナリザ」の「モデル」は「フィレンツェ」の「裕福な商人の妻」

リザ・デル・ジョコンド」だと「言われて」います。

 

  しかし「製作された当時」「リザ」は「24歳」で、ある事が「判明」しました。

「描かれている人」は「もっと、年齢が高く見える」との「理由」で

「別人ではないか?との説」・「モデルは存在せず、理想の女性を描いた?との説」

ダ・ヴィンチ」自身を、描いた「自画像」?との説」が「飛び交い」ました。

「現在」では「メモの存在より」「リザが・モデル」と、いうのが「定説」だ、そうです。

 

モナリザ」と、いえば「微笑んでいる女性」と、いうのが「印象的」です。

「この微笑み」も「謎が多く」「議論の対象」と、なっています。

「この絵が製作された時代」には「人前で笑う事は恥ずかしい事」と「言われて」います。

  それなのに「何故」「モナリザは微笑んでいるのか?」「真実」は「謎」です。

 

モナリザ」は「色彩をぼかす・スフマート」と「呼ばれる」

「色をぼかして塗る・技法」で「描かれて」います。

「この技法を駆使」し「自然な陰影」や「色彩感覚」を「表現」しています。

 

「決して笑っているのでは無く」「口元に塗られて生じた陰影」が「視覚現象効果」に、より

「微笑みを浮かべているように見える」との「見解」が「強く叫ばれて」いますが

「真実」は「謎」です。

  私には「口角が上がり」「微笑んでいるように」見えます。

 

ダ・ヴィンチ」は「暗号」や「記号」を「絵の中に描き入れ」「メッセージ」を

「暗示させる・手法」を「多用した・画家」と「言われて」います。

「研究家」は「モナリザ」の「右目に・LV」「左目に・CE」の「文字」が

「隠されている」と「発表」しました。

 

「右目の・LV」は「レオナルド・ダ・ヴィンチ」(「Leonarde da Vinci」) の「アルファベット」

  との「説」が「有り」ますが「左目」の「CE」の「真実」は「謎」です。

 

モナリザの・絵の下」には「もう一枚」「モナリザの・絵」が

「隠されている」との「説」も「有り」ます

「ポプラの・板」に「描いた絵」の、他に

「もう一枚絵が有る」と、いう「意味」では、ありません。

 

「一度描いた絵の上」に「今見えている絵」を「描いた」という「説」が「発表され」ました。

モナリザ」は「4層」で「描かれている」そうです。

「1層」には「大まかな」「アウトライン」が「描かれている」そうです。

「2層」には「ヘアピン」や「真珠の髪飾り」が「描かれている」そうです。

 

「現在の見えている層」の「すぐ下の3層」には「モナリザ」とは

「別の女性」が「描かれている」そうです。

「若く」「シャープな・顔立ち」で「視線は遠くを見据え」

「表情には・微笑は無い」そうです。

 

「この女性こそ」が「リザ・デル・ジョコンド」との「主張」です。

  それでは「4層目」の「現在の・女性」は「誰なのか?」

ダ・ヴィンチ」は「絵を手放さず、何度も書き換えたのは何故か?」

モナリザ」の「謎」は「深まるばかり」です。

 

「私が支店を回っていた頃」「この話」を「何人かに」しましたが

「反応」は「小さかった」「気」が、します。

「1人だけ」「絵を描くのが趣味」と、いう「スタッフさん」は

「興味を持って」くれましたが「信用した様子」は「有り」ませんでした。

 

 

ザ・タイガース」は「モナリザの微笑」(「もなりざのほほえみ」) と、いう「歌」を

「歌い」ました。

 

ザ・タイガース」は「「1,966年」に「結成」された「グループ・サウンズ」です。

「ヴォーカル」は「ブログ」「人事を尽くして天命を待つ」(「1・7・15」に「投稿」)で

「紹介」させて頂いた「沢田 研二」(「ジュリー」) です。

 

「1,967年」「僕のマリー」で「デビュー」しました。

「同年」「シーサイド・バウンド」が「ヒット」しました。

 

「1,968年」「君だけに愛を」「花の首飾り」「銀河のロマンス」「シー・シー・シー」と

「立て続け」に「大ヒット曲を・連発」し「多様な人気を集め」「グループ・サウンズ」の

「頂点を極め」ました。

「1,970年」「グループ・サウンズ」の「人気・急降下」に、より「解散」しました。

 

 

ザ・タイガース」「モナリザの微笑」「作詞」:「橋本 淳」「作曲」「すぎやま こういち」

 

雨がしとしと 日曜日

僕は  一人で

君の帰りを  待っていた

 

壁に飾った  モナリザ

なぜか  今夜は

すてきな  笑顔 忘れてる

 

どんなに遠く  離れていても

僕はあの娘(「あのこ」)  の  心が 欲しい

 

涙ポロポロ 日曜日

僕は  いつでも

あの娘の笑顔  待ってる

 

どんなに遠く  離れていても

僕はあの娘の  心が 欲しい

 

涙ポロポロ 日曜日

僕は  いつでも

あの娘の笑顔  待ってる

 

 

「笑う門には福来る」を「英語」で

 

「Laugh and grow fat」

 

  (「笑っていると、豊かに育つ」)

 

  と「言う」そうです。

何気なく使っている言葉の意味

「風の便り」

 

「皆さん」は「風の便り」(「かぜのたより」) と、いう「慣用句」を

「使った事」が「有りませんか?。

 

「慣用句」(「かんようく」) とは

 

・「習慣として長い間広く使われて来た」「ひとかたまりの・言葉」「文句」「言い回し」

 

・「二語以上の単語」が「結びつき」「会話・文章上」で「用いられる」「言葉」

 

・「ことわざ」「格言」とは「一線を画す」「言葉」

 

だ、そうです。

 

『「風のうわさ」で、聞いたんだけど・・・』と、いう「使い方」を「した事」が

「有り」ませんか?。

 

「風の便り」は「間違いやすい・慣用句」「ランキング・3位」と「言われて」います。

 

                   (「誤」)                        (「正」)

 

「1位」「足元をすくわれる」→「足をすくわれる」

  (「出し抜かれたり意表を突かれるさま」)

 

「2位」「間が持たない」→「間が持てない」

  (「会話が途切れで、続かない時に使う言葉」)

 

「3位」「風のうわさ」→「風の便り」

 

 

「風の便り」の「意味」は

 

・「どこからともなく伝わってくる」『うわさ』「風聞 (「ふうぶん」)

 

・「吹く風が伝えるもの」(「風の使い」)

 

・「ふとした機会」

 

  だ、そうです。

 

 

「風の便り」の「同義語」は

 

・「うわさ話」(「うわさばなし」)

 

・「風説の流布」(「ふうせつのるふ・株価操縦」)

 

・「伝え聞き」(「つたえぎき」)

 

・「また聞き」(「またぎき」)

 

・「耳に挟む」(「みみにはさむ」)

 

・「聞き及ぶ」(「ききおよぶ」)

 

   辺りが「妥当」だ、そうです。

 

 

「風の便り」の「対義語」を「検索」しても「出て来」ません。

 

 

・「直接確かめる」(「ちょくせつたしかめる」)

 

・「表沙汰になる」(「おもてざたになる」)

 

・「明るみに出る」(「あかるみにでる」)

 

・「周知される」(「しゅうちされる」)

 

・「公になる」(「おおやけになる」)

 

  辺りが「妥当」な「気」が、します。

 

 

「渚 ゆう子」(「なぎさ ゆうこ」)は『風のうわさ』を信じて・・・』で「始まる」

「京都の恋」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「作曲」したのは「アメリカ」の「インストゥルメンタルバンド」(「楽器だけの演奏」)

ザ・ベンチャーズ」で「1,970年」に・開催された」「大阪万博」を「記念」し

「同年」に「日本で発売した・シングル」です。

「作詞家」の「林 春生」が「歌詞」をつけ「渚 ゆう子」が「カバー」し「大ヒット」しました。

 

「林 春生」は「風のうわさ」が「誤用語である事」を「知らぬはず」が「有り」ません。

「曲を聴いて」みると「ザ・ベンチャーズ」の「軽快なリズム」に「風の便りを信じて・・・」

  では「乗り切れ」ません。

「風のうわさを信じて・・・」だと「スッと」「心に’・溶け込んで」きます。

 

「当時」「言葉遣いが間違っている」と「いう声」は「誰からも上がりません」でした。

「小さな事」に「目くじらを立てて」(「他人の欠点を非難をする事」)

「とやかくいう人」は「誰もいません」でした。

「皆んな」「大局的な目」で「間違い」を「許し」ました。

 

「渚 ゆう子」は「1,945年・生まれ」の「歌手」です。

「1,967年」「ハワイアン・歌手」と、して「早くキスして」で「デビュー」しました。

「1,970年」「ベンチャーズ」「作曲」の「京都の恋」「京都慕情」を「日本語の・歌詞」で

「歌い」「大・ブレイク」しました。

 

「1,971年」「筒美 京平」(「つつみ きょうへい」)「作曲」の「さいはて慕情」で

「レコード・大賞・歌唱賞」を「受賞」しました。

「レコード・大賞」は「日本人」による「楽曲」が「対象」です。

ベンチャーズ」「作曲」の「歌」は「対象外」でした。

 

「同年」「京都慕情」で「紅白・歌合戦」に「初出場」しました。

「1,972年」「風の日のバラード」で「紅白・裏合戦」に「連続出場」しました。

 

 

「渚 ゆう子」「京都の恋」「作詞」:「林 春生」「作曲」「ザ・ベンチャーズ

 

風の噂 (「かぜのうわさ」) を信じて  今日からは

あなたと別れ  傷ついて

旅に出かけて  来たの

 

私の心に  鐘がなる

白い京都に  雨が降る

後姿(「うしろすがた」) の  あの人は

今は帰らぬ  遠い人

 

涙見せたくないの  今日からは

一度離れた  恋なんか

二度とは  したくない

 

このまま死んで  しまいたい

白い  京都に  つつまれて

 

恋によごれた女は  明日から

白い京都の  片隅に(「かたすみに」)

想い出を  すてるの

思い出を  すてるの

 

 

※「常識の嘘」(「じょうしきのうそ」)

 

『「タラバガニ」は「カニ」ではない』

 

「ネット」で「検索」すると「馴染み深い」「カニの・種類」「ランキング」と、しては

 

1・「ズワイガニ」(「松葉ガニ」「越前ガニ」)

 

2・「タラバガニ」

 

3・「花咲ガニ」

 

4・「毛ガニ」

 

5・「ワタリガニ

 

6・「タカアシガニ

 

と「出て来」ました。

 

カニ」は「私の・大好物」です。

「特に・毛ガニ」が「好き」です。

 

「私と・妻」の「新婚旅行」は「北海道」でした。

「乗った・飛行機」は「プロペラの・双発機」「YS・11」でした。

 

「何泊の・旅行」だったのか「ハッキリとは・覚えて」いません。

「宿泊ホテル」では「毎日」「毛ガニ」が「出て来」ました。

「毛ガニ」は「それ程大きなカニ」では「有りません」が「味が・濃厚」で

「特に・ミソ」は「絶品」でした。

 

「北海道・名産」の「タラバガニ」も「沢山・食べた」と「思い」ます。

  しかし「身は多いものの」「毛ガニ」に「比べる」と「大味」でした。

「タラバガニ」に、対し、私は「良い印象を持っていなかった」為

「美味しいと・感じなかった」の、かも「知れ」ません。

 

カニの王様」(「キング・クラブ」)とも「呼ばれる」「タラバガニ」は「カニ」では無い。

  私は「小学校・低学年の頃」「他の・カニの足」が「10本」なのに

「タラバガ二の・足」は「8本」しか「無い事」に「気付き」ました。

  私は「図書館」に、行き「一生懸命」「調べ」ました。

 

「当時」は「分からない事」や「思い出せない事」を「調べる」には「辞書を引いたり」

「図鑑を見たり」「書籍」で「確認する以外」「方法」が「有りません」でした。

「現在」は「キーワード」を「覚えている」か「「キーワード」に「辿りつく言葉」を

「発見出来」れば「ネットで・検索すれば」「素早く」「正解」を「見付け出せ」ます。

 

「図書館で・調べた結果」

「タラバガニ」は「オホーツク海」や「知床半島の・沖合」に多く・生息」し

「魚の・タラ」が「多く獲れる場所」で「捕獲される」為「タラ場」=「タラバ」と

「名付けられた」そうです。

 

「タラバガニ」は「エビ目・ヤドカリ下目・タラバガニ科」と、いう「分類」で

「ヤドカリ」の「一種」だ、そうです。

 

「常識」や「マニュアル」を「鵜呑みにしない」(「うのみにしない」) と、いう

   私の「ヒネクレ・根性」は「子供の頃」に「培われた」(「つちかわれた」) の、かも

「知れ」ません。

 

「ちなみに」「カニとヤドカリ」の「関係と・似た関係」に「エビとザリガニ」が

「有る」そうです。

 

「昔見た・テレビ番組」で「食通を自負する人達」が「調理された」「一匹・数千円」の

「伊勢海老」と「一匹・数十円」の「ザリガニ」を「食べ比べ」て

「間違い」「恥をかき」ました。

 

「服を着ていれば判る」が「服を脱いだら分からなくなる」「外面」(「そとづら」) だけを

「見て」「物事を判断する人」に「有りがちな話」です。

  私は「外面ではなく」「内面で判断できるよう」「自分」を「鍛えてきたつもり」です。

 

「手土産」に「割れせん」(「われせん」)「3種類」を「よく使い」ます。

「割れた・せんべい」でも「割れていない・せんべい」と「味に変わり」は「有り」ません。

「店の人」に「いつも「聞きます」が「両者の価値の違い」を「ハッキリ」と

「答えてくれた人」は「今まで」に、いません。

 

「皆んな」「割れていなけれ」ば「1枚」「百円位です」と「答え」ます。

  私が「せんべい」は「割って・食べますよね?」と「言う」と「笑いながら」

「そうですよね」と「答え」ます。

 

「割れせん」の「値段の価値」を「計算した人」は「いない」ようです。

  私の「勘」では「5〜七倍の・価値」は「十分に有る」「気」が、します。

「私の持論」は「外見より・中身が大切」です。

 

 

「小林 旭」(「こばやし あきら」) は「ヤドカリの歌」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「小林 旭」の「プロフィール」に、ついては「1・8・21」に「投稿」した

「意気地なし」で「紹介」させて「頂き」ました。

 

「小林 旭」「やどかりの歌」「作詞」:「星野 哲郎」「作曲」:「四方 章人」

 

背(「せな」) の荷物も  おろさぬうちに

またも旅かよ  やどかりは

小石だらけの  さみしい磯を

情が島(「じょうがしま」) とか  言うけれど

 

岩の割れ目を  一夜の宿に

住めば  うつぼ が  じゃまをする

どこへ逃げても  苦労とやらの

重い甲羅(「こうら」) が  ついてくる

 

泣くなやどかり  つらいだろうが

しょせん  この世は  仮の宿 (「かりのやど」)

ころり  ころりと  ころがるたびに

角(「かど」) もとれます  まるくなる

 

波を枕の  船頭さんも

いわば  この世の  やどかりさ

百里  二百里  間切って(「まぎって」) みても   (「間切る」・「波を切って船を進める」)

狭い海から  抜けられぬ

狭い海から  抜けられぬ

 

 

「風の便り」を「英語」で「言う」と

 

「The News of  the wind」

 

  (「風の便り」)

 

  と、「言う」そうです。

 

 

何気なく使っている言葉の意味

「断腸の思い」

 

「皆さん」は「断腸の思い」(「だんちょうのおもい」) と、いう「ことわざ」を

「使った事」が「有り」ませんか?。

 

「断腸の思い」の「意味」は「下記」です。

 

・「「腸がちぎれる」ほど、「悲しくて・辛い思い」「深い悲しみ」の事。

 

・「とても悲しく」て「辛い心情を表す言葉」の事。

 

・「身体的な・痛み」では無く「心がとにかく苦しい・辛い」と、いう「意味」の事。

 

 

「断腸の思い」の「由来」は「下記」です。

 

「中国の・戦国時代」に「桓温」と「言う名」の「武人」が、いました。

「ある日」「桓雄」が「戦場に向かう」為に「船に乗って谷を過ぎた時」

「家臣の一人」が「猿の子」を「捕まえて」しまいました。

「その様子を見ていた・母猿」は「小猿を・取り戻そうと」「船を追いかけ」ました。

 

「随分と・長い距離」を「追いかけ」「追いつく」と「母猿」は「船に・飛び乗り」ました。

  しかし「母猿」は「心身の労を・使い果たしており」「苦しみながら」

「泣き喚いた後」(「なきわめいた」) 後「死んでしまい」ました。

「母猿の・腹」を「裂いてみると」「腸が激しく・ちぎれて」いました。

 

 

「断腸の思い」の「類義語」は「下記」です。

 

・「胸が張り裂けそうな」(「むねがはりさけそうな」)

 

・「身を切るような」(「みをきるような」)

 

・「苦渋の」(「くじゅうの」)

 

・「悲痛な」(「ひつうな」)

 

 

 

「断腸の思い」の「対義語」を「検索」しても「出て来」ません。

 

・「容易い」(「たやすい」)

 

・「造作もない」(「ぞうさもない」)

 

・「気楽」(「きらく」)

 

  辺りが「妥当」な「気」が、します。

 

 

「工藤 静香」(「くどう しずか」) は「慟哭」(「どうこく」) という「歌」を、歌いました。

「慟哭」とは「悲しみのあまり・声を上げて泣く」「人目をはばからず泣く」事、です。

 

「工藤 静香」は「1,970年・生まれ」の「歌手」「女優」「宝飾デザイナー」「画家」です。

「夫」は「俳優」「タレント」「歌手」の「木村 拓哉」です。

「二女」は「作曲家」「モデル」の「Koki」です。

「ソロデビュー・前」から「おニャン子クラブ」の「一員」として」「活動して」いました。

 

「1,987年・8月」「禁断のテレパシー」で「ソロ・デビュー」し

オリコン・1位」に、なりました。

「以後」「1,980年代・後半」から「1,990年代・後半」に、至り

「ヒット曲」を「連発」しました。

 

「工藤 静香」「中山 美穂」「南野 陽子」「浅香 唯」は「女性アイドル・四天王」と

「呼ばれ」ました。

 

「同年・10月」より「1年・3ヶ月」の間「連続」で「ドラマ出演」するなど

「女優としても・活躍するように」なりました。

「画家」と、しての「才能を開花させ」

「二科展の特選・1回」「入選・14回」を「果たし」ました。

 

「1,989年」「恋一夜」「風の素顔」「黄砂に吹かれて」と

「大ヒット曲」を「連発」しました。

 

「その年の・年間ランキング」では「3曲とも」「トップテン」に、入りました。

黄砂に吹かれて」(「作詞」は「中島 みゆき」) は

オリコン6週連続・1位」を「記録」しました。

「紅白・歌合戦」には「通算・10回」「出場」しました。

 

「2,000年・12月」「SMAP」の「メンバー」「木村 拓哉」と「結婚」しました。

「工藤 静香」は「妊娠・4ヶ月」で「20世紀最後の大物・カップル」と「言われ」ました。

 

 

「工藤 静香」「慟哭」「作詞」:「中島 みゆき」「作曲」:「後藤 次利」

 

避けられてるかも  しれない予感

それとなく  それとなく  感じてた

愛されてるかも  しれない期待

かろうじて  かろうじて  つないだ

話がある、と

照れるように  言いかけた  あなた

逃げる 私

聞けよ、イヤよ、聞けよ、知ってるわ

ひと晩じゅう泣いて  泣いて  泣いて

気が ついたの

友達なんかじゃないと いう想い

ひと晩じゅう泣いて  泣いて  泣いて

わかったのに

おまえ早く だれかを  さがせよと

からかわないで、エラそうに

 

あやしまれるほど  耳もと近く

ひそやかに  あなたから  たずねた

どう思う?  なんて  視線の先

愛された人が  たたずんでた

そうね 二人とても   似合うわ

ひと晩じゅう泣いて  泣いて  泣いて

気がついたの

ともだち なんかじゃないと いう想い

ひと晩じゅう泣いて 泣いて  泣いて

わかったのに

いちばん先に 知らせた  ともだちが

私だなんて  皮肉だね

 

でも、笑ってるわ

でも、ちゃかしてるわ

こんな人  どこに 隠してたの

 

ひと晩じゅう泣いて  泣いて  泣いて

気がついたの

ともだち なんかじゃないと  いう想い

ひと晩じゅう泣いて  泣いて 泣いて

わかったのに

おまえも 早くだれかを さがせよと

からかわないで、エラそうに

 

 

※「泣きっ面に蜂」

 

「泣きっ面に蜂」(「なきっつらにはち」) の「意味」は

 

・「泣いてむくんだ顔を、更に蜂に刺される」事。

 

・「不幸」や「不運」が「重なる」事。

 

  です。

 

 

「泣きっ面に蜂」の「類義語」と、しては

 

・「踏んだり蹴ったり」(「ふんだりけったり」)

 

・「弱り目に祟り目」(「よわりめにたたりめ」)

 

・「一難去ってまた一難」(いちなんさってまたいちなん」)(

 

  辺りが「該当」する、そうです。

 

 

「泣きっ面に蜂」の「対義語」と、しては

 

・「鴨がネギを背負ってくる」(「かもがねぎをしょってくる」)

 

・「棚からぼたもち」(たなからぼたもち」)

 

・「漁夫の利」(「ぎょふのり」)

 

  辺りが「該当」する、そうです。

 

 

「内山田 洋と・クールファイブ」は「男泣き」という「歌」を、歌いました。

「交感神経」から来る「怒り」「悔しさ」に、よる「男泣き」ですので

「出る涙」は「勢い良く溢れ出て」「味」は「しょっぱい」です。

  私も「何度か」「男泣き」を、した「経験」が「有り」ました。

 

「内山田 洋と・クールファイブ」は「1,976年」に「結成」された「歌謡グループ」です。

「ヴォーカル」は「前川 清」です。(「藤圭子」との「結婚歴」あり)

「1,969年」「長崎は今日も雨だった」で「メジャーデビュー」しました。

「日本・レコード大賞・新人戦」を「受賞」し「紅白・歌合戦」に「初出場」しました。

 

「1,987年」「前川 清」が「自然気胸」を「患い」「退団」しました。

「2,006年」「内山田 洋」が「肺ガン」の為「死亡」しました。(「享年・70歳」)

 

「同年」「前川 清」が「復帰」し「前川 清と・クールファイブ」を「結成」しました。

「クールファイブ」は「紅白・歌合戦」に「通算・11回」「出場」し

「その後」「前川 清」が「ソロ」で「通算・18回」「出場」しています。

 

 

「内山田 洋と・クールファイブ」「男泣き」「作詞」:「千家 和也」「作曲」「猪俣 公章」

 

噂の好きな  人目をさけて

街を離れる  この身のつらさ

何処に行こうか  行けばいいのか

過去を引きずる  この足で

声を 殺して  男泣き

 

歯の浮く様な  なぐさめよりも

わずかひとつぶ  涙がほしい

聞いちゃいけない  聞く耳もたぬ

嘘の混じった  いたわりは

影に かくれて  男泣き

 

血の にじむ程  口唇 (「くちびる」) かんで

耐える  くやしさ  他人は笑う

悩みたくない  悩みはしない

不幸続きの  身の上を

無理に こらえる  男泣き

 

 

「断腸の思い」を「英語」で「言う」と

 

「to be cne‘s heart 」

 

  (「血を吐く思いをする」)

 

  と「言う」そうです。

何気なく使っている言葉の意味

「青天の霹靂」

 

「皆さん」は「青天の霹靂」(「せいてんのへきれき」) という「ことわざ」を

「使った事」は「有り」ませんか?。

 

「晴天の霹靂」は「誤った言葉」なので「使用しないで」下さい。

 

「青天」(「せいてん」)とは「晴れ渡った青空」「空が澄み切っている状態」の事、です。

 

「霹靂」(「へきれき」) とは「突如として、雷が激しく鳴り響く事」です。

 

 

「青天の霹靂」の「意味」は

 

・「予想外の事件が起こる」事。

 

・「予想もしなかった様な、事態が起こる」事。

 

・「突然に受けた衝撃」の「たとえ」

 

   だ、そうです。

 

 

「青天の霹靂」の「同義語」と、しては

 

・「寝耳に水」(「ねみみにみず」)

 

・「藪から棒」(「やぶからぼう「)

 

・「予想外の」

 

・「裏をかかれる」

 

   辺りが「妥当」する、そうです。

 

 

「青天の霹靂」の「対義語」と、しては

 

・「予定調和」(「よていちょうわ・「予定通りの結果になる事」)

 

・「示し合わせ」

 

   辺りが「妥当」する、そうです。

 

 

「劇団 ひとり」は「1,977年・生まれ」の「千葉市花見川区」「出身」の「お笑いタレント」

「俳優」「作詞家」「小説家」「映画監督」です。

 

「1,992年」「高校・1年生」の時「天才・たけしの元気が出るテレビ」で

「芸能界・デヴュー」しました。

「2,006年」「陰日向に咲く」(「かげひなたにさく」) で「小説家・デヴュー」しました。

「同小説」は「2,008年」に「映画化」されました。

 

「2,008年」『「我はゴッホになる!」〜愛を彫った男・棟方志功とその妻〜』で

「テレビドラマ・初主演」しました。

「2,009年」「タレント」の「大沢 あかね」と「結婚」しました。

「同年」「CHEMISTRY」が「歌った」「キミマツボク」で「作詞家・デヴュー」しました。

 

「2,010年」「小説」「青天の霹靂」(「せいてんのへきれき」)が「刊行」されました。

「2,014年」「劇団 ひとり」が「監督と・なり」「「同名」で「映画化」されました。

「主演」は「マルチタレント」の「大泉 洋」「ヒロイン」は「柴咲 コウ」他

「豪華・キャスト」で「涙なくして、観る事が、できない映画」との「評価」を、得ました。

 

 

「映画」「青天の霹靂」の「主題歌」」「放たれる」を「歌った」のは

Mr.Children」(「ミスターチルドレン」)です。

 

ミスターチルドレン」は「1,989年」に「結成」された「4人組」(「カルテット」)の

「ロックバンド」です。

「ミスター」とは「大人」を「チルドレン」とは「子供」を「イメージ」し

「大人から子供まで・幅広く聞いてもらいたい」と、いう「願い」から「名付け」ました。

 

「1,992年」「EVERYTHING」で「メジャー・デビュー」しました。

「1,994年」「innocennt world」が「オリコン・1位」と、なりました。

「日本・レコード大賞・最優秀賞」を「受賞」しました。

 

「1,995年」「シーソーゲーム〜勇敢な恋の歌〜」で「日本・レコード大賞」を「受賞」しました

「2,004年」「Sing」で「日本・レコード大賞」を「受賞」しました。

「CD」「売上枚数」「5,920万枚」(「2,017年・1月時点」)「歴代・2位」を「記録」しました。

 

ミスターチルドレン」は「実績」より「紅白・歌合戦」に

「何度も出場しても」「おかしくない」「グループ」です。

「しかし「歌で勝ち負け」を「決めるのはおかしい」

「年末・年始」は「今後の活動の準備に使いたい」と「オファー」を「断り続け」ました。

 

「2,008年」(「第・59回」) に「デヴュー・16年目」に、して「初めて」(「1回だけ」)

「出場」しました。

「この年に開催」された「北京・オリンピック・パラリンピック」で

NHK」が「ミスターチルドレンの歌」を「テーマソング」に、し「義理を果たす」為

「出場せざるを得なかった」と「言われて」います。

 

「但し」「NHK・ホール」では「歌わず」「別のスタジオ」で「歌った」為

「録画説」が「まことしやか」に「噂され」ました。

 

 

Mr.Children」「放たれる」「作詞」:桜井 和寿」「作曲」:「桜井 和寿」

 

閉じ込められていた 気持ちが

今静かに 放たれていく

重たく冷たい 扉を開けて

微かな(「かすかな」)  光を感じる

 

あきらめかけた いくつかの

愛  希望  憧れ  幸せ

朝顔が空に 伸びるみたいに

その光を たぐり寄せる

 

右へ左へ  迷いながら

その度に 蔓(「つる」) を巻き

陽(「ひ」) のあたる 場所に登りたい

あなたも  そこに来て

 

もう一度 その温もり(「ぬくもり」)に

その優しさに 包まれて生きたい

払い落としても  消えない愛が

ひとつ あるの

それで 強く いられる

 

あるときはもっと  滅茶苦茶(「めちゃくちゃ」) に

自分を傷つけたい 衝動に かられてしまう

誰のせいにも 出来ない 不運を目の前に

 

だけどたった今  分かったのは

誰もが 「生きる奇跡」

産まれてきた  ただそれだけで

愛されている 証(「あかし」)

 

カラタチの 木の棘(「とげ」) のように

あらゆるものに 尖り(「とがり」)  自分を守った

でも今は 恐れることは 何もないと

つよがりじゃなく 思える

 

遥か遠い(「はるかとおい」)  記憶の中で

あなたは 手を広げ

抱きしめて くれた

まるで大きなものに  守られている

そんな安らぎを 感じる

今でも

 

もう二度と その温も「ぬくもり」)に

その優しさに 触れないと しても

いつまでも 消えない愛が

ひとつ あるの

それで 強くなれる

だからもう恐れることは 何もないの

心は 空に

今そっと 放たれる

 

 

※「泣き方の種類」

 

「テレビドラマ」を「見ている」と「泣く・シーン」が

「沢山」(「たくさん」)「出て」きます。

「以前の・ブログ」でも「紹介」しましたが、私は「高い音が聞きづらい・難聴」です。

「2階の・自分の部屋」で「字幕付きの・テレビ」を「見て」います。

 

「涙を流しながら」「泣いている・シーン」では「嗚咽」(「おえつ」)

「号泣」(「ごうきゅう」) と、いう様に「字幕が・表示」されます。

 

「嗚咽」(「おえつ」) を「吐き気」と「勘違いしている人」が、いるそうです。

「吐く時」に「おえっ」と「なるから」かも「知れ」ません。

 

 

「嗚咽」(「おえつ」) の「意味」は

 

・「むせび泣く」事。(「こみ上げる感情」で「息をを詰まらせながら泣く」事)

 

・「声を詰まらせて泣く」事。

 

 

「号泣」(「ごうきゅう」) の「意味」は

 

・「大声を上げて泣く」事。

 

・「激しく泣く」事。

 

 

「慟哭」(「どうこく」の「意味」は

 

・「声を張り上げるほど、激しく泣く」事。

 

・「人目をはばからず泣く」事。

 

 

「すすり泣き」の「意味」は

 

 

・「鼻ですするように泣く」事。

 

・「鼻で細かく息をする様に泣く」事。

 

 

「忍泣き」(「しのびなき」) の「意味」は

 

・「声を抑えて泣く」事。

 

・「人に知られぬように泣く」事。

 

 

「感泣」(「かんきゅう」) の「意味」は

 

・「感激のあまり泣く」事。

 

・「深く感動して泣く」頃。

 

 

「嬉し泣き」(「うれしなき」) の「意味」は

 

・「うれしさのあまり泣く」事。

 

・「喜びの為、感極まって泣く」事。

 

   だ、そうです。

 

 

「人間」は「泣くと・涙」が、出ます。

「感情が高まると・涙」が、出ます。

「泣く仕組み」は「感情の仕組み」に、より

「下記の・2種類」に「別ける事が」「出来る」そうです。

 

「その前提」として

 

・「体性神経」とは「自分の意思」で「動かす事が出来る・神経」です。

 

・「自律神経」とは「自分の意思」で「コントロール出来ない・神経」で

   「交感神経」と「副交感神経」が「有り」ます。

 

・「交感神経」とは

 

「運動している時」には「興奮状態」に、なります。

「この時」「心臓」の「脈拍は・早く」なり「汗が・分泌」されます。

「体を・活発にさせる時」に「働く神経」が「交感神経」です。

 

・「副交感神経」は「交感神経」の「逆の働き」を、すると「考える」と

   「分かり易い」です。

   「体を休めている時」に「強く・働き」ます。 

 

 

「泣く仕組み」は

 

1・「怒り」「悔しさ」に、よるもの」(「交感神経」)

 

・「「アドレナリン」も「分泌」され「かなりの興奮状態」と、なる為

   「激しく・涙」が、出ます。

 

2・「嬉しさ」「悲しさ」「感動」に、よるもの」(「副交感神経」)

 

・「にじみ出る」ように「ジワジワと・涙」が、出ます。

    「水っぽく」て「味が薄い」のが「特徴」です。

 

「以上の・説」が「有り」ますが「本当の理由」は「解明されていない」そうです。

  ただ「一つだけ」「分かっている」のは

「人間」は「泣く事」で「ストレスを・解消している」事、だ、そうです。

 

 

「八代  亜紀」(「やしろ あき」) は「なみだ恋」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「八代 亜紀」は「1,950年・生まれ」の「歌手」「女優」「タレント」「画家」です。

「1,971年」「愛は死んでも」で「歌手・デヴュー」しました。

 

「1,973年」「なみだ恋」が「ミリオンヒット」し、続いて「しのび恋」「愛ひとすじ」

「ともしび」「もう一度逢いたい」「おんな港町」「愛の終着駅」等

「女心を歌った歌」が「次々と・ヒット」しました。

 

「1,979年」「新境地を・開いた」「男心」を「歌った」「舟唄」が「大ヒット」しました。

「1,980年」「雨の慕情」で「日本・レコード大賞」を「受賞」しました。

「上記‘・2曲」は「紅白・歌合戦」で「2年・連続」「大トリ」を「務め」

「演歌の・女王」と「称され」ました。

 

 

「八代 亜紀」「なみだ恋」「「作詞」:「悠木 圭子」「作曲」:「鈴木 淳」

 

夜の新宿  裏通り

肩を寄せあう  通り雨

誰を恨んで(「うらんで」)  濡れるのか

逢えば(「あえば」) せつない  別れがつらい

しのび逢う恋  なみだ恋

 

夜の新宿  こぼれ花

一緒に暮らす  しあわせを

一度は夢に  みたけれど

冷たい風が  二人を責める

しのび逢う恋  なみだ恋

 

夜の新宿  裏通り

夜咲く花が  雨に散る

悲しい運命(さだめ」)  を占う二人

何故か今夜は  返したくない

しのび遭う恋  なみだ恋

 

 

「青天の霹靂」を「英語」で「言う」と

 

「it is like a bolt from the blue」

 

  (「青天の霹靂」)

 

  と「言う」そうです。

 

 

何気なく使っている言葉の意味

「両雄並び立たず」

 

「皆さん」は「両雄並び立たず」(「りょうゆうならびたたず」) という「ことわざ」を

「使った事」は「有り」ませんか?。

 

「両雄並び立たず」の「意味」は

 

・「両雄」とは「二人の英雄」(「ヒーロー」 )と、いう「意味」です。

 

・「並び立たず」とは「並んで立つことは出来ない」と、いう「意味」です。

 

・「二人の・英雄」(「ヒーロー」) は「共存できない」

 

・「同じ位の力量を持った英雄」が、いると「必ず・勢力争い」が、起こり

   「どちらか一方が倒れる事になる」

 

・「二人の優れた人物は・共存が出来ない」

 

   という「意味」だ、そうです。

 

 

「両雄並び立たず」の「類義語」と、しては

 

・「両虎相闘えば勢い倶には生きず」(「りょうこあいたたかえばいきおいともにはいきず」)

 

「両雄並び立たず」では「どちらか一方が・倒れ」

「どちらか一方は・生き残る」事を「意味」します。

 

「両虎相闘えば勢い倶には生きず」の「場合」は

「両方倒れるかも知れない」という「意味合い」が「含まれて」います。

 

 

「両雄並び立たず」の「対義語」を「検索」しても「出て来」ません。

 

・「共存共栄」(「きょうそんきょうえい」)

 

・「相互扶助」(「そうごふじょ」)

 

・「持ちつ持たれつ」

 

・「かばい合い」

 

   辺りが「妥当」な「気が」します。

 

 

 

「タッチ」という「マンガ」を「読んだ」或いは「テレビで見た」人は

「結構・多い」と「思い」ます。

「テレビアニメ」の・主題歌」「タッチ」は「岩崎 宏美」の「妹」

「岩崎 良美」が「歌い」「大ヒット」しました。

 

「マンガの・作者」は「あだち 充」です。

「あだち 充」は「H・2」という「マンガ」を「書き」ました。

「H・2」は「テレビアニメ化」されました。

「タッチを・上回る」「名作」だと、私は「思って」います。

 

高校野球」を「テーマ」と、した「長編野球漫画」です。

「H・2」の「主人公」は「投の・ヒーロー」「国見 比呂」(「くにみ・ヒーロー」) と

「打のヒーロー」「橘 英雄」(「たちばな・ヒーロー 」) という「二人の・ヒーロー」です。

  そこに「雨宮 ひかり」「古賀 春華」と、いう「二人のヒロイン」が「絡み」ます。

 

「初恋は実らない」と、いう「ほろ苦い・最終回」を「迎え」ます。

「あらすじ」は「書ききれ」ません。

  もし「興味があれば」「読んでみて」下さい。

 

 

「歴史上」の「英雄同士の・戦い」で「真っ先に・思い付いた」のは

「1,612年」に「決闘」した「宮本 武蔵」(「みやもと むさし」) と

「佐々木 小次郎」(「ささき こじろう」) の「巌流島」(「がんりゅうじま」) の「戦い」です。

 

「巌流島」は「山口県下関市」に、有る「離れ小島」です。

「武者修行を・続け」「腕を磨き上げた二人」が

「雌雄」(「しゆう」) を「決した闘い」です。

 

「小次郎」は「物干し竿」(「ものほしざお」) と「呼ばれた」「刃渡り・約1m」の

「長い太刀」(「ながいたち」) の「使い手」でした。

「その長い太刀」を「目にも止まらぬ速さ・で自在振るう」

「秘剣・燕返し」(「ひけん・つばめがえし」) の「技」を「持って」いました。

 

「武蔵」は「二刀流の名手」で「13歳の・時」「新当流の使い手」の「有馬 喜平」との

「決闘」に「初めて・勝利し」「以後」「60回以上の・勝負」に「勝ち続け」ました。

「生涯負け知らずの・剣豪」でした。

 

五輪書」(「ごりんしょ」) と、いう「兵法書」(「へいほうしょ」) を「書き」

「多くの・名言」を「残し」ました。

  いわゆる「文武両道」(「ぶんぶりょうどう」)  な「侍」(「さむらい」) でした。

 

「小次郎」は「決闘時間」より「かなり早く・巌流島」に、着き

「武蔵の到着」を「待ち」ました。

「武蔵」は「グッスリと・寝」「朝食も・十分に」とりました。

 

「巌流島」に「向かう途中」で「船頭」から「艪」(「ろ」) を、もらい「小刀で削って」

「小次郎の刀より・長い」「木刀」(「ぼくとう」) を「作り」ました。

 

「決闘の予定時間」に「2時間以上遅れ・船に揺られながら到着」した「武蔵」に、対し

「小次郎」は「遅いぞ・武蔵」「臆したか!」(「おじける事」) と「言い」ました。

「武蔵」は「木刀を持ち」「船から砂浜に・飛び降り」ました。

「しびれを切らしていた」「小次郎」は「刀を抜き・鞘」(「さや」) を「海に」捨てました。

 

「それを見て」「武蔵」は「小次郎・敗れたり!」「勝つつもりなら鞘は捨てぬはず!」と

「挑発」しました。

「小次郎」は「怒って」「武蔵の・眉間」を、打ち「武蔵の・鉢巻」(「はちまき」) は

「ハラリ」と、落ち「すかさず」「武蔵の・木刀」は「小次郎の頭を」「叩き割り」ました。

 

「この・巌流島の戦い」で「武蔵の凄さ」を、私は「感じ」ました。

 

・「如何に・二刀流の達人」とは、言え「小次郎」が「自在に操る長い刀」を

  「かいくぐり」「自分の剣が届く・間合いに近づく事」は「不可能」です。

    そこで「小次郎の・長剣」より「更に長い艪を削った・木刀を使う」と、いう

  「逆転の発想」を、しました。

 

  「一対一の・真剣勝負」で「木刀を・使う事」など「あり得」ません。

  「武蔵」は「艪で作った・重い木刀」は「刀に劣らぬ・殺傷力が有る」と

  「判断した」の、だと「思います、

 

  「武蔵」は「身長」「180cm」「体重」「80kg」を「超える」「当時としては・大男」で

  「抜群の・身体能力」も「持っていた」と「言われて」います。

 

・「武蔵」は「わざと・遅刻をし」更に「小次郎を・苛立たす事」を、言い「小次郎」に

   「最初の一太刀」(「さいしょのひとたち」) を「打たせ」

   「ハチマキ」だけを「切らせ」ました。

   「小次郎の・剣」を「紙一重のところで」「見切り」ました。

 

   「ボクシング」でも「強いボクサー」は「無駄な動きをせず」「ギリギリの所」で

   「相手のパンチ」を「見切り」ます。

   「私達の・普段の生活」でも「相手の力・能力」を「見切れるように・なると」

   「相手の言いたい事」「やろうとする事」の「見当が付き」「未然に防御」「出来」ます。

 

   「小次郎」は「渾身の・一太刀」(「こんしんの・ひとたち」) を「見切られてしまい」

   「態勢を立て直す事」が「出来」ません」でした。

     そこに「ボクシング」で、言えば「強烈な・カウンターパンチ」で、ある

   「武蔵の・木刀剣」を「防ぐ事」は「出来ません」でした。

 

 

「安室 奈美恵」は「Hero」(「ヒーロー」) という「歌」を、歌いました。

 

「安室 奈美恵」は「1,977年9月・生まれ」の「歌手」「ダンサー」です。

「1,990年代」に「数多くの・ヒット曲」を「連発し」「平成の・歌姫」と「呼ばれ」ました。

「40歳の・誕生日」を「迎えた」「2,017年・9月・29日」に

「芸能界からの・引退」を「発表」し「2,018年・9月・16日」を、以って「引退」しました。

 

「1,995年・4月」「太陽のSEASON」で「実質上の・デヴュー」を、しました。

「翌週」には「小室 哲哉」「プロヂュース・第1弾シングル」「Body Feels EXIT」を

「12月」には「小室・第2弾」「Chase the Chance」が

オリコン・首位」を「達成」しました。

 

「TRY ME 〜私を信じて〜」で「レコード大賞・最優秀作品賞」を「受賞」しました。

「Chase the Ghance」で「紅白・歌合戦」に「初出場」しました。

「1,997年」「1,998年」と「連続」して「レコード大賞・歌唱賞」を「受賞」しました。

「紅白・歌合戦」には「「9年連続を含め」「合計・10回」「出場」しました。

 

「1,997年」「20歳の・時」「日本を代表する・ダンサー」「SAM」と「結婚」しました。

「15歳の・年齢差」と「すでに・妊娠していた」と、いう事で「話題」に、なりました。

「2,002年」に「離婚」しました。

「以後」「シングルマザー」を「貫き」ました。

 

 

「安室 奈美恵」「Hero」(「ヒーロー」)

「作詞」:「Ryousuke Imai・SUNNY BOY」

「作曲」:「Rrousuke Imai・SUNNY BOY」

 

I'll be your  hero

I'll be your  hero

 

いろんな色で 染まる  世界で 一人で

 

振り向かなくても いい

今までの君のまま 進めばいいから

あきらめないで  everyday

 

君だけの ための  hero

どんな日も そばに いるよ

Oh Oh・・I'll be your  hero

君だけの  hero

 

強くなれる 訳は  大切な人が

 

常に笑顔で 支えてくれた

だから 乗り越えられる

険しい 道のりも

 

君と 交わした  約束の場所

たどりついて みせる

いつか 必ず  forevermore

 

君だけの ための  hero

どんな日も そばに いるよ

Oh Oh・・I'll be your  hero

Oh Oh・・And  you are my  hero

 

どこまでも

すべて 君のために 走る

永遠に

輝く あの星の ように

 

君だけの ための  hero

限りなく 遠い道も

君となら どこまでも

夢つかむ まで きっと

 

君だけの ための  hero

いつまでも そばに いるよ

君だけの ための  hero

君だけの ための  hero 

Oh Oh・・I'll be your  hope

Oh Oh・・AND you are my  hero

 

Oh Oh・・I'll be your  hero

Oh Oh・・I'll be your  hero

 

 

※   「凪のお暇」(「なぎのおいとま」)

 

「TBS・テレビ」「金曜ドラマ」(「22:00〜22:54」)

「人生・リセットストーリー」

「漫画家」「コナリミサト」の「漫画作品」が「原作」

「次回」「最終話」(「1・9・20」)

 

「大島 凪」(「おおしま なぎ」・黒木 華」) と「我聞 慎二」(「がもん しんじ・高橋  一生」)

「ゴン」(「中村 倫也」) が「共演」する「人間の生き様」を「問う」「ドラマ」です。

 

「最終話」で「凪」を、巡る「三角関係」に「終止符」が「打たれる」事と「思い」ます。

「ハッピーエンド」と、なるか「トラジックエンド」(「悲劇的な・結末」) と、なるか

「分かり」ません。

「凪」が「今までの行き方」から「脱皮できるか」「分かりません」

 

「凪」(「なぎ」) の「意味」は

「風が止んで、波が無くなり、海面が静まる事」です。

「平凡な事」の「象徴」だと「思い」ます。

 

「お暇」(「おいとま」) の「意味」は

・「お暇させていただきます」の、様に「帰る」という「意味」

・「お暇をいただきます」の、様に「休ませてもらう」「休暇をもらう」

   「職場を辞める」と、いう「意味」も「有り」ます。

 

「主人公」の「大島 凪」は「大会社」で「そつなく」「さり気なく」「自我を・殺し」

「貼り付けた・笑顔」で「無難に・仕事をこなし」「読み過ぎるくらい・空気を読んで」

「体裁」(「ていさい」) を・整え」て「一般的な・会社員」と、して「張り詰めた・心」で

「生きてきた」「28歳の・女性」でした。

 

「普通に見える・生き方」は「大島 凪」が「必死に作ってきた・生き方」でした。

「張り詰めていた・心」を「木っ端微塵に・砕いた」のは「恋人」の「我聞 慎二」でした。

「凪」は「慎二」と「別れ」「会社を辞め」「培ってきた・人間関係」を「全て捨て」

「ネットも・遮断」し「ボロ・アパートに・引越し」「人生の・リセット」を「試み」ました。

 

  しかし「世間の風当たりは・厳しく」「次々と・試練」が「襲って来」ます。

「凪」は「自立しよう」と「生き方を変えよう」と、しますが「出来」ません。

 

「一番の・原因」は「凪」が「空気を・読み過ぎるせい」だと、私は「思い」ます。

「空気を読む事」は「その場の雰囲気を・壊さない為」には「必要」です。

「空気を読めない人」よりは「社会的に立派な存在」です。

 

  しかし「過剰に・空気を読み過ぎる」と「一人で・苦しんだり」

「自分を犠牲」に、したりして「疲れ切って」しまいがちです。

 

「空気を・読み過ぎる人」の「特徴」と、しては

 

・「人の顔色を・常に伺う」

 

「空気を・読み過ぎる人」の「最たる・特徴」です。

「相手の・テンション」に「合わせ」「自分の・テンション」を「変える」言わば

「カメレオン」の、様な「技を持って」います。

「本人」は「これでいいのか?」と「疑問を・持っている」と「思い」ます。

 

・「コミュニケーション・障害」

 

「空気を・読み過ぎる人」は「人と接するのが・苦手な傾向」に「有り」ます。

「人の顔色を伺い」「場の雰囲気に・合わせる事」に「徹底する」為

「疲れてしまうから」です。

 

・「同調するのに・必死」

 

「同調する事」が「一番無難な・方法」で。あると「思っている」ので

「とりあえず」「人の話」に「同調」します。

  しかし「本心」では「同調していない」事も「有るはず」です。

 

「周りの空気を読んで」「空気を壊さない」為に「同調する事」を

「常に心掛けて」しまい「一歩を踏み出せ」ません。

 

・「自分を・出さない」

 

「自分を出す事」に、より「場の雰囲気を・壊す頃」を「怖れ」「自己主張」せず

「場の流れに・身を任せ」て、しまいます。

「相手の反応を・気にし過ぎる」為に「思い切って・面白い話」を、する事が

「出来」ません。

 

・「良い人・止まり」

 

「空気を・読み過ぎる人」は「可もなく・不可もない」「生き方」なので

「良い人h・止まり」に「終わって」しまいます。

「いても・いなくても同じ」様な「存在感」に、なってしまいます。

「恋愛」でも「相手に・気を使いっぱなし」で「本当の姿」を、出せません。

 

・「人に・意見しない」

 

「人に合わせるのに・必死」なので「余程のことで・なけれ」ば

「否定する事なく・頷き」「褒めたり」しようと、します。

 

「空気を読み過ぎる人」は「空気を読む事」で「疲れて」しまいます。

「存在感」が「少なく」「オール・イエス」なので

「仕事を押し付けられやすく」なります。

「思い切った・楽の仕方」が、できず「自分を犠牲」に、しがちです。

 

「大島 凪」の、様に「空気を読みすぎて」いたら「自立が・出来ず」

「人生の・リセット」など「出来るわけ」が「有り」ません。

「余分な空気を・読まない」様「考え方を変えねば」いけません。

 

「余分な空気を・読む事を止める」と「以下の様な・効果があり」

「新しい自分」に「リセット」(「生まれ変わる」) 事が「出来る」と、私は「思い」ます。

 

・「自分を出すことが・できる」

 

「自分を出す事が・出来れば」「その場にいる事が楽」に、なります。

「空気を壊さない程度」に「自分を出して」下さい。

「慣れてくれば」「意識をしなくても」「空気を壊す事無く」

「自分を出せる」様に「成れる」はずです。

 

「人間味が・出る」

 

「自分の存在」を「思う存分に・出している人」に「人間味」を「感じませんか?。

「自分のしたい事をしたり」「言いたい事を言ったりする人」には

「人間味」が「有る」そうです。

 

・「いつも・楽しくなる」

 

「どんな・場所」に「どんな人が・いようとも」「自分を変える事なく」

「楽しめ」ます。

「積極的に発言し・積極的に行動し」それが「受け入れられば」

「自信」にも「繋がり」ます。

 

 

「暇」(「いとま」) と、いう「言葉」は「フォーマル」(「形式的ばった・言い方」) で

「一般的」には「暇」(「ひま」) で「十分に・通用」します。

「暇」(「ひま」) とは「為すべきことが何もない時間」と、いう「意味」も「有り」ます。

 

「五月 みどり」(「さつき みどり」」) は

「おひまなら来てね」と、いう「歌」を、歌いました。

 

「五月 みどり」は「1,939年・生まれ」の「歌手」「女優」「画家」です。

「歌手」「女優」の「小松 みどり」は「妹」です。

「プロボウリング・選手」「西条 正明」は「弟」です。

「プロゴルファー」「西川 哲」は「長男」です。

 

「1,958年」「お座敷ロック」で「歌手・デヴュー」しました。

「1,961年」「おひまなら来てね」が「大ヒット」しました。

「子供だった・私」で、さえ「可愛らしさ」「色気」を「感じ」ました。

「1,962年」「紅白・歌合戦」に「初出場」しました。

 

「その後」も「一週間に十日来い」「忙しくても来てね」「明日も来てね」

「温泉芸者」等が「ヒット」し「3年連続」「紅白・出場」を「果たし」ました。

 

「1,965年」「プロダクション・社長」の「西川 幸男」と「結婚」しました。

「1,971年」「2人の子供」を「西川が・引き取る」と、いう条件で「離婚」しました。 

「離婚の原因」は「西川」の「DV」の「せい」だと「言われて」います。

 

「五月 みどり」は「子供に会いたくて・夜も眠れず」「家の近くに行っては・泣いた」と

「苦しみ」ました。

  やがて「苦しみを乗り越え」「会えなくても」「子供が生きていれば幸せだ」との

「心境」に「至った」そうです。

 

「1,976」「日本テレビ・ディレクター」だった「面高 昌義」と「再婚」しました。

「1,984年」「離婚」しました。

「1,985年」「46歳」の時「20歳・年下」の「歌手」「立花淳一」と「3度目の・結婚」を

  しましたが「立花の・浮気」が「原因」で「1,987年」「離婚」しました。

 

 

「五月 みどり」「おひまなら来てね」「作詞」:「枯野 迅一郎」「作曲」:「遠藤 実」

 

おひまなら来てネ  私淋しいの

知らない  意地悪

本当に一人よ  一人で待ってんの

酒場の花でも  浮気なんていやよ

来てね来てね  本当に来てよネ

 

おひまなら来てよネ  私せつないの

知らない  意地悪

女は惚れたら(「ほれたら」)  何もいらないの

私の負けなの  みんなあんたに上げる

来てね来てね  本当に来てよネ

 

おひまなら  来てよね  私淋しいの

知らない  意地悪

電話じゃ言えない  大事な話なの

死ぬほど好きなの  これが本当の恋よ

来てね来てね  本当に来てよネ   

 

 

「両雄並び立たず」を「英語」で

 

「They are not standing in line」

 

  (「両雄並び立たず」) 

 

  と「言う」そうです。

 

何気なく使っている言葉の意味

「情けは人の為ならず」

 

「皆さん」は「情けは人の為ならず」(「なさけはひとのためならず」)

という「ことわざ」を「使った事」が「有り」ませんか?。 

 

「情けは人の為ならず」は「役不足」と、共に「誤用されている言葉」の

「ツー・トップ」だ、そうです。

 

役不足」を「力不足」の「同義語」と「勘違いしている人」が「多い」そうです。

「実は」「対義語」です。

 

「A」『私は「役不足」なので「この仕事」は「務まり」ません』

「B」『私は「力不足」なので「この仕事」は「務まり」ません』

 

「重大な・仕事」を、任されそうになって「断る・場合」は「B」です。

「力不足」とは「与えられた役目」を「果たすだけの力量」が「無い事」です。

 

「A」の「役不足」だと

「自分にとって」は「仕事が軽すぎて・不満」という「意味」に、なります。

役不足」とは「力量に比べ」て「不相応に軽い事」です。

 

「この・難しい仕事」は「自分には・役不足」と「言ってしまう」と「凄い・自信家」と

「勘違いされる・恐れ」が「有り」ます。

 

 

「情けは人の為ならず」を「座右の銘」に「している人」は、「結構いる」そうです。

「そのような人」と「会話しても・大丈夫」に、なるよう

「正しい意味」を「知っておく事」を「お勧め」します。

 

「情けは人の為ならず」の、「意味」を「半数の人」が「間違った解釈をしている」との

文化庁の・統計」が「有り」ます。

「間違った解釈」とは

「情けをかける事」は「かえって・その人の為」には「ならない」と、いう「解釈」です。

 

「情けは人の為ならず」の「正しい・意味」は

 

・「人に情けをかける」と、それが「めぐりめぐって」「自分のためになる」です。

 

・「誰かに親切にしてあげる」と「その人はいつか恩返し・してくれる」です。

 

・「目先の利益ばかり考える」より「先々の事まで考える方」が

    「最終的に自分のメリット」に「なりやすい」です。

 

 

「情けは人の為ならず」の「類義語」と、しては

 

・「思えば思われる」(「自分が相手に好意的に接すれば、相手も好意的になってくれる」)

 

・「人を思うは身を思う」(「他人に情けをかければ、やがては自分の為になる」)

 

・「善因善果」(「ぜんいんぜんか・良い事をすれば、必ず良い報いが有る」)

 

・「積善の家には必ず余慶あり」(「せきぜんのいえにはかならずよけいあり」)

     (「善行を積み重ねた家は、その報いとして子孫に必ず幸福がおとずれる」)

 

 

「情けは人の為ならず」の「対義語」と、しては

 

・「悪因悪果」(「あくいんあっか・悪い行いには、必ず悪い結果や報いがある」)

 

・「情けが仇」(「なさけがあだ・同情や思いやりで、した事が、逆に相手のためにならない」)

 

・「情けも過ぐれば仇となる」(「なさけもすぐればあだとなる」)

     (「過度な親切や同情は、かえって相手にとって、迷惑となる場合がある」)

 

 

「阿部 真央」(「あべまお」) は「情けない男の唄」という「歌」を、歌いました。

 

「阿部 真央」は「1,990年・1月生まれ」の「シンガーソングライター」です。

「愛称」は「あべま」です。

 

「2,009年」「ふりぃ」で「歌手・デヴュー」しました。

「同年」「貴方の恋人になりたいのです」を「リリース」し「オリコンチャート」

「トップ10」に「入り」ました。

 

「2,015年・1月」「CORE  OF SOUL」の「飯塚 啓介」と「結婚」しました。

「同年・9月」「男児を・出産」しました。

「2,016年・3月」「離婚」しました。

 

 

「阿部 真央」「情けない男の唄」「作詞」:「阿部 真央」「作曲」:「阿部 真央」

 

好きなものだけ食べて  好きなだけ笑って

好きな唄だけ歌って  好きなだけ寝よう

 

好きな人だけ愛して  好きなだけキスして

そんな感じで生きられたら  どれだけ素敵なことでしょう

 

何をしてても考えてるんだ  あなたのこと

何にでも当てはめちゃうんだ  あなたのこと

 

大好きさ  こんなに愛しているよ

こんなに本気な俺って  すげぇ久しぶりだよ

どうしてさ?  こっち見てくんないの?

どうか気づいとくれよ  情けない男の唄に

 

何をやってもダメなんだ  つまづいちゃうよ

何をやっても上手くいかないんだ  貴方のせいだ

 

大好きさ  こんなに愛しているよ

こんなに本気な俺って  すげぇ久しぶりだよ

なんでかな?  うまく伝わらないよ

だから唄にのせるよ  情けない男の唄に

 

ハッピーエンドのラブソング  貴方とこんな風に

恋がしたいんだよ  あぁ

 

大好きさ  こんなに愛しているよ

こんな本気な俺って  すげぇ久しぶりだよ

どうしてさ?  こっち見てくんないの?

どうか気づいとくれよ  情けない男の唄に  

 

 

※「台風15号」から「4日目」(「1・9・12」」)

 

「夜・妻」から「聞かされ」私は「兄の家」が「停電のままである事」を「知り」ました。

「知らぬが仏」とは「こういう事」を「言う」の、かも「知れ」ません。 

 

  私は「病院に行く事」と「金魚の水替え・エサやり」と「ブログを書く事」と

「テレビドラマを、見る事」で「1日を・過ごして」いました。

  私は「翌日」「兄に・電話」して「何の力にもなれなかった事」を「詫び」ました。

 

「台風のあった日」「自然樹の・圃場」を、見て「兄の家には寄らず」

  そのまま「帰って」しまいました。

「その時」私には「虫の知らせ」も「聴こえず」「胸騒ぎ」も「有りません」でした。

 

「来てもらって」も「手伝ってもらえる事」は「何も無い」と「言われた」ので

「兄の家」には「行きません」でした。

「午後には」「私の・長男」が「発電機」を「設置しに行く」「予定」でした。

 

 

  私が「17歳で・高校3年生」で、あった「夏休み」に「1日・400mm」を、超える

「大雨が「降り」ました。

「地盤が緩み」「ドーンと・いう音」と、共に「実家の「東側の・山」が

「土砂崩れ」し「家が潰され」ました。

 

「幸い」に「家の・西側」に「そびえていた」「直径・50cm」を「優に超える」

「松の大木」に「支えられ」「家が・ペシャンコ」に、なる事は「避けられ」ました。

 

「家」は「30度位・傾き」「土砂」は「炊事場を「飲み込み」

「座敷」に、まで「侵入」していました。

「全ての障子」が「綺麗な波型」に「破れていた」のが「印象的」でした。

 

  あの「松の・大木」が「無かったらと・思う」と「今でも・ゾッと」します。

「その時」私は「文化放送の・ラジオ番組」「セイ・ヤング」という「深夜放送」を

「聴きながら「受験勉強」を、していました。

 

「当時」「近隣」には「予備校は・無く」「一部の裕福な家で育った人」だけが

蒸気機関車」で「都会まで出て行き」「予備校」に「通って」いました。

「もちろん」私は「予備校は行かず・独学」でした。 

 

  それでも「全・都道府県」が「一斉に実施」した「統一模擬テスト」では

  私は「私大・文系の部」で「県内・4位」の「成績」でした。

「担任」だった「青木 慶成・先生」は「大学受験」に、ついては

「太鼓判」を「押して」くれました。

 

「私と・彼女」は「授業が終わり」「学校から・駅に向かう時」には「皆んなとは違う」

「人通りの少ない・細い道」を「わざと・回り道」を、しながら「帰った事」が

「何度も・有り」ました。

「3年生」に、なると「どちらからともなく」「手を求め」手をつないで・歩って」いました。

 

「私達」が「高校・3年生」の時「行なわれた・修学旅行」(「10月」) は

「観光バス」での「奈良・京都見学」でした。

 

  私達は「修学旅行」では「皆んなと離れ」て「2人で・別行動」しようと

「約束して」いました。

  しかし「引率の・先生」「級友の・目」が「有り」「約束」は「果たせません」でした。

 

 

 

「舟木  一夫」(「ふなき かずお」) は「修学旅行」という「歌」を、歌いました。

 

「舟木  一夫」は「1,944年生まれ」の「歌手」「タレント」です。

「橋 幸夫」「西郷 輝彦」と、共に「御三家」と「呼ばれ」ました。

 

「学生服」と「八重歯」が「トレードマーク」でした。

「デヴュー・当時」は「学園ソング」と「呼ばれる」「高校生活」を「テーマ」と、する

「歌」を「多数・歌い」ました。

 

「1,963年」「高校を卒業したばかり」だった「舟木 一夫」は「母校の・学生服姿」で

「高校三年生」を「歌い」「デヴュー」しました。

「高校三年生」は「大ヒット」し「レコード大賞・新人賞」を「獲得」しました。

「学園三部作」と「言われ」た「修学旅行」「学園広場」も「大ヒット」しました。

 

「1,966年」には「絶唱」「夕笛」「初恋」が「大ヒット」し「絶唱」で

レコード大賞・歌唱賞」に「選ばれ」ました。

「舟木 一夫」の「歌唱力」は「高く・評価」され「第一人者的・存在」に、なりました。

 

「1,967年」「映画」「その人は昔」で「内藤 洋子」と、共に「主演」しました。

「伝説の・漫画」「愛と誠」は「この映画を・ヒント」に「書かれた」そうです。

「コミック界」では「有名」な「エピソード」だ、そうです。

 

「1,970年代」に、なると「多数出演」していた「歌謡映画」が廃れ(「すたれ」)

「歌手」としての「仕事」も「激減」しました。

「これを苦」に「1,970年」「1,971年」「1972年」と「3回」「自殺を図り」ましたが

  いづれも「未遂」に「終わり」ました。

 

 

「舟木 一夫」「修学旅行」「作詞」:「丘灯 至夫」「作曲」:「遠藤 実」

 

二度とかえらぬ  思いで乗せて

クラス友達  肩よせあえば

ベルが鳴る鳴る  プラットホーム

ラララ・・・

汽車はゆく  汽車はゆく

はるばると  はるばると

若いぼくらの  修学旅行

 

地図をひろげて  夢見た町を

僕のカメラで  撮した君を(「うつしたきみを」)

思い出すだろう  いついつまでも

ラララ・・・

汽車はゆく  汽車はゆく

ひとすじに  ひとすじに

若いぼくらの  修学旅行

 

霧の港に  湖畔の宿に(「こはんのやどに」)

名残り(「なごり「)つきない  手と手を振れば

あとを追うよな  小鳥の群よ(「むれよ」)

ラララ・・・

 

汽車はゆく  汽車はゆく

さようなら  さようなら

若いぼくらの  修学旅行

 

 

「情けは人の為ならず」を「英語」で「言う」と

 

「One good turn deserves another」

 

  (「一つの善行はもう一つの善行に値する」)    (「deserve」の意味」は「値する」)

 

  と「言う」そうです